ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

17年天皇賞・春展望


 今週末からゴールデンウィークですが、俺のゴールデンウィークは3週間前に終了しています(笑) 暦の関係ない生業なので、昨日も今日も明日もふつーにお仕事ですよ?

 福島、水沢への旅打ちで荒稼ぎしたのも今は昔。この10日ほどはぱっとしません。もちろんまだ今年の回収率は大幅プラスですが、GIで連戦連敗してたら、5月末には100%、6月末には80%とかになりかねない(笑) 9月末までそれなりにプラスでいられたら、年間収支もプラスで押し切れるかもしれないし、負の流れをここで断ち切る。本命党は逃げ馬、穴党は末脚もある。俺は本命党ですから、セーフティリードを保ち続けるしかありません。春天ですが、今回の展望は簡略版。短評は省略。

☆チェックポイント(連対馬ベース)☆
・牝馬……いない
・京都芝と重賞の連対歴が共になく、前走4着以下……いない
・前走・条件戦、OP特別……いない
・前走がGIIIで負けている…ラブラドライド、ファタモルガーナ、プロレタリアト
・前走3着以下の7歳以上馬(GI連対馬は除く)……ファタモルガーナ、タマモベストプレイ
・ 前走・阪神大賞典で7人気以下……スピリッツミノル
・ 前走・大阪杯でGI連対がない…いない

たった5頭しか絞れていません。去年よりもさらに絞れていません。普通に前哨戦を使ってきて普通に結果を出している馬が多いですからね……。スカスカな面子の年もある春天ですが、今年はなかなかの面子が揃いましたしね。まあ、上記で消えている馬はさすがに厳しそう。

 枠順が取りざたされることが多いですが、1枠が異常に強く、7,8枠がかなり不利……浦和1500や1600か?みたいな傾向です。京都3200の春天だけか?と思ったら、菊花賞も似たような傾向です。1枠はプラス材料、5、7,8枠はマイナス材料。6枠だけよく来ていますが、回収率が低いので、人気馬が不利をカバーしているということか?枠は重要。あとは先行しないと、これもまた厳しい。

 この10年1人気馬が勝っていないということだけが気がかりですが、それ以外にキタサンブラックのマイナス材料が見当たらない。内枠の逃げ先行馬で、昨年の勝馬で前走GI勝ち、乗るのが平成の盾男のユタカ。もしかしたら勝ちきれないことがあるかもしれませんが、キタサンブラック自体がダービー以外はすべて馬券になっている馬。故障以外で馬券圏外に飛ぶなんてデータ的にはありえない。

 問題は相手。人気を分け合いそうな菊花賞馬サトノダイヤモンドは大外枠。大舞台で怖いミルコ(菊2着馬)も大外枠。サトノダイヤモンドが連を外すとして、キタサンから数頭の馬に流すのが手堅く、そこそこの配当が見込めていいのかも?基本的には4枠から内で探すのがベターでしょう。ここで10人気以下で穴を空けたお馬さんについて考えてみたい。

16年カレンミロティック 13人気2着 2枠 4角3番手 GII1勝 宝塚2着、春天3着
15年カレンミロティック 10人気3着 1枠 4角先頭  GII1勝 宝塚2着
14年ホッコーブレーヴ  12人気3着 3枠 4角10番手GII2着
12年ビートブラック   14人気優勝 1枠 4角先頭  GII2着 菊3着
10年メイショウドンタク 16人気3着 3枠 4角2番手 
09年マイネルキッツ   12人気優勝 1枠 4角4番手 GII2着
07年エリモエクスパイア 11人気2着 8枠 4角4番手 GIII2着
05年スズカマンボ    13人気優勝 5枠 4角8番手 GIII1勝
05年ビッグゴールド   14人気2着 8枠 4角先頭  GIII1勝
04年イングランディーレ 10人気優勝 3枠 4角先頭  重賞4勝
98年ステイゴールド   10人気2着 6枠 4角6番手 GIII2着

 20年で11頭。重賞実績が皆無だったのはメイショウドンタクだけ。道中で11番手以下の馬は一頭もいませんので、純粋に追い込んできた穴馬はいない。また、かつては外枠からも穴馬が出ていますが、この10年の穴馬はみな3枠より内です。これに合致するのはラブラドライドとファタモルガーナ。くるわけないと思いますが、メイショウドンタクだのエリモエクスパイアだのもそんな存在。

 キタサンブラックからサトノ以外へ手広く買うのが面白いのかな。シュヴァルだシャケトラだのは厚めにしておいて。2強に人気集中ですから、シュヴァルやシャケトラとの馬複も、前日昼間のオッズですが12倍見当。これでいいかな。2強決着は諦めがつく。キタサンブラックからの馬複流しで。

◎キタサンブラック
○シュヴァルグラン
▲シャケトラ
△アルバート
△レインボーライン
△トーセンバジル
△ラブラドライト

スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

17年福島牝馬S&マイラーズC回顧

★福島牝馬S購入結果★
Bクインズミラーグロ3着
Bクロコスミア………7着
Bフロンテアクイーン2着
Bエテルナミノル……9着
Bブリガアルタ………11着
Bウインファビラス…14着

 先週から波がきてるぞー!イケイケドンドン!それにどうせ福島牝馬Sは荒れるだろうし、馬場を見ていれば前が残りそうだなーということで、上記の3複BOX20点で勝負したのですが、結果は3複4人気決着で3600円。そして、上位人気馬ではウキヨノカゼ以外は買っているのに、そのウキヨノカゼが後方一気の差しきりで重賞三勝目。うん、俺の見る目は節穴だったようです(笑) 調子に乗っていたようです。終わってみれば中山牝馬S組の1,2,3、5着。4着デンコウアンジュも阪神牝馬S組ですし、今年は条件馬の出る幕などなかった模様。

 1800の右回りで施行時期も近いし、こういう結果が割と多いですよね。中山牝馬S組が1,2,3着というのは極端にしろ、軸を選ぶなら中山牝馬Sで1ケタ着順の馬が無難なんでしょう。ただ、福島牝馬S組はこのあとのヴィクトリアマイルでは結果出ません。それも福島1800と府中1600では、コース形態が全然違うからということなんでしょう。ウキヨノカゼは府中1600のクイーンC勝馬ですし、去年のVマイルも7着なので、府中1600がまるで合わないということもないでしょうが、単純に福島牝馬の面子とVマイルの面子は全然違うので厳しいかな?あって3着か。

★マイラーズC購入結果★
◎エアスピネル……2着
◎ブラックスピネル4着

 調子に乗りすぎていたようなので、アテにいって、Wスピネルの単勝で勝負したのです。そうしたら、前日に続いて、人気上位で買わなかった2人気イスラボニータに勝たれました。グハッ!(喀血) 見る目ないなあ、俺は。人気3頭のBOXももちろん考えて、結果的にはそれが正解だったんでしょうが、1,2着の間に4人気以下馬が挟まるような気がしたのです。挟まったのは3着でしたが。イスラボニータが2年7ヶ月ぶりの復活勝利。ルメールと手が合っているんでしょうね。ユタカは内にもぐりこんだイスラボニータを閉じ込めておきたそうに見えましたが、最終的にはスルスルと抜けてこられて、半馬身差でイスラの勝ち、エアスピネルは2着。

 マイラーズCと安田記念もあまりリンクしないのですが、イスラボニータは自身に府中実績があるので、人気にもなるでしょうが本番でも侮れません。エアスピネルは勝ちきれなかったというよりは、ねじ伏せられた感じ。京都金杯こそなんとか勝ちましたが、この先も2,3,4着ばかりの予感。エアスピネルのほうがイスラより府中適性なさそうだもんなあ。ブラックスピネルは猛追するも4着。この勝ち時計、この上がりでは中団からは届かない。しかも外回して、ですもんね。でも、府中マイルの東京新聞杯ではエアスピネルに先着していますし、スピネル対決はまだ決着していません。というかエアスピネルがこの路線を使う限り、スピネル対決はまだまだ続きそう。

テーマ:中央競馬(JRA)予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

17年東京スプリント回顧

☆東京スプリント購入結果☆
◎キタサンサジン……優勝
○ブライトライン……2着
▲ドリームバレンチノ5着
△レーザーバレット…3着
△ダノングッド………4着

 旅から帰ってからバタバタしてたもので、展望を書くヒマもなく、MIXIのつぶやきでふれただけですが、普通にあたりました。まあ、まったく威張れるような予想でも配当でもないのですが、万馬券的中の福島、連続的中の水沢からのいい流れを引っ張っているような気がします。俺は当たるときはガンガン当たるし、ハズレも続くときは長引きますが、いいバイオリズムな感じがします。3連複である程度手広く勝負するのが一番合っているのかな。

 キタサンサジンとダノングッドが5歳、レアヴェントゥーレが7歳。あとの7頭は8歳以上というベテラン通り越して高齢競馬の東京スプリントでしたが、勝ったのは1人気のキタサンサジン。馬が若いし、同じ5歳のダノングッドにはここ2戦で先着していますし、舞台が大井ではウチパクさんと福永では手腕に大差がある。オーナーの北島三郎さんも勢いがあるし、キタサンサジンに逆らう手はなかった。ハナを奪うと、最後にブライトラインに詰め寄られたものの逃げ切って重賞制覇。ここに出走していた馬がそうであるように、ダート馬は息が長いケースが多い。キタサンサジンもこの路線の常連となっていくのかもしれません。キタサンサジンは母系もキタサンであり、オーナー自ら配合も考えたとか。思い入れもひとしおでしょうね。

 ブライトラインは4年前からダート路線にうつり、みやこSとOP3勝を挙げていますが、近走を見ると1600、1800よりも1200、1400のほうがよさそうですね。賞金面で不安が少ないですし、こちらもキタサンサジン同様にこの路線で行くのでしょう。鞍上が川田ですし、サマーチャンピオンとか勝つんじゃないですかね?既に8歳なので、勝馬と違って、ここからさらに強くなるという感じはしませんが、2歳時からOPで走り続けて、8歳でもこれだけやれるのは立派。馬も陣営もすごい。9歳のレーザーバレットもよく伸びてきましたが、休み明けなのと、広い大井よりは小回りコースのほうが合ってそう。一叩きされた次こそが狙い目じゃないでしょうか。次は人気しそうですが。ドリームバレンチノは斤量も背負わされますし、10歳。さすがに衰えてきた?ヒモには入れておきたいですが。

 浦和のレアヴェントゥーレは浦和以外での実績に乏しかったので軽視したのですが、逃げ馬なのに出遅れて、それで勝馬から0.8差、ドリームバレンチノとは0.2差なら、大井だから、川崎だからと軽視はできないような気がします。もっとも、次に南関限定戦なら圧倒的人気にもなりそうなので、積極的に軸で買うというのもまたためらわれますけどね。サトノタイガーもお年を召されてしまったかな。

テーマ:南関東競馬予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

17年皐月賞&中山GJ回顧

★皐月賞予想結果★
◎アウトライアーズ…12着
◎ウインブライト……8着
△ファンディーナ……7着
△カデナ………………9着
△スワーヴリチャード6着
△ペルシアンナイト…2着

 皐月賞前から今年は牝馬が強くて、牡馬は弱いのではないかとしきりに言われていましたし、俺もそんな感じに思っていました。だからなのか牝馬であるフラワーC馬ファンディーナが参戦し、1人気にも推されましたが、直線入口では先頭に立つかというシーンもありましたが、伸びきれずに7着。勝ったのは毎日杯馬アルアイン。レコードタイム。松山騎手は中央GI初制覇。強かったですね。2着にアーリントンC馬ペルシアンナイト。ファンディーナに先着したのは3着ダンビュライトを除けば、すべて裏街道というか、皐月賞のトライアルではないレースから参戦した馬。目立つどころにいた牡馬が弱かったというだけだったのかもしれません。そして、ファンディーナ自体が弱いということもないと思います。ダービーとオークスの両にらみのようですが、傍から見てればオークスでいいんじゃないの?と思います。

 裏街道組だから人気になりづらかったのでしょうが、流れがゆるまないのに、最後まで止まらない馬場状態だったので、前づけできる器用さ&スピードと、先行して押し切るスタミナも問われるキツい展開。2000を走っていても、弥生賞のようなちんたらした流れでは、本番とつながらなかったということだと思います。それよりはマイルや1800で強い内容を見せていた馬が上だった。ただ、この早すぎる時計はダービーとつながるのかな?1,2着馬はイスラボニータやジェニュインの類のような気がします(距離適性として) 速さが勝ちすぎているような……?でも、前記2頭もダービー2着だし、ダービーまでなら軽視はできない。皐月賞連対馬の割りに、今回の結果を軽く見られるような……そんな雰囲気を感じます。松山騎手はいい馬が回ってきて、それをキッチリとモノにした。さらなる飛躍のステップになるといいですね。

 終わってみれば◎はペルシアンナイトで良かった。理由:デムーロだから。それだけで良かった(笑) しかもありえないような馬に乗っているわけでなく、重賞馬で5戦してすべて3着内の馬なのだから。カデナとか弥生賞は遅すぎだし、Fだし軽視しましたが、それで買ったのがスプリングS組では大差なかった。終わってみればこれが現状の実力順なのかなと納得もできます。レイデオロはダービー前の一叩きだったんでしょう。次は良くなるでしょうが、たぶん2,3着。3連馬券が大荒れだったのは、ダンビュライトによるものですが、ユタカの積極的な騎乗と、あとはこの馬、かつてのメイショウジェニエみたいな馬なんだと思います。暮れに1000万で上位人気するも、やはり3着だった……。1000万を勝ちあがるのに5戦かかるとかさ。オークスだけでなく、ダービー戦線も混沌とした人気になりそうですね。馬券的には面白そうですけど。


☆中山GJ予想結果☆
◎オジュウチョウサン…連覇
○アップトゥデイト……3着
▲メイショウヒデタダ…ビリ
△ルペールノエル………5着
△タイセイドリーム……4着
△サンレイデューク……2着

 競馬のファンファーレではこのJ・GIのファンファーレが一番で好きです。次いで関東GIのファンファーレかな。なんか昂ぶってきます。展望文でこの印を打ったのは木曜日。買い目も大まかには考えていました。そして、何のことはなくふつーに3連複を取ったのですが、冷静に考えると◎○2頭軸で3連複を買う意味が分からないですよね。いや、オジュウチョウサンに不安を感じる……と思っていたなら良いのですが、「先週のソウルスターリングとは信頼度がまるで違う。落馬しない限りは負けようがない。アタマ鉄板」とかほざいていたわけで。大もうけの機会を逸した……ように思えました。

 オジュウチョウサンは見ていて安心できました。3番手で前を見る形で進めて、徐々に仕掛けて4角先頭。サンレイデュークも頑張っていましたが、オジュウとの差はジリジリ開く。アップトゥデイトは前を追うどころか4着まで落ちないでくれ!と願うばかりで勝ち負けとは程遠い。オジュウの圧倒的な強さが際立ちました。かなり気性の激しい馬のようですが、それがいい形となって表れているのは父ステイゴールドと同じですな。これだけの馬ですから「海外」という話もあるようです。でも、ダート以上に、障害は国内外のレースの違いが大きそう。和田師の「国内で」という趣旨のコメントもありました。ともかく危なげなく勝っているうちは、オジュウに逆らう理由がない。

 オジュウはさておき、やっぱり大障害コースはこのコースで実績ある馬が強い。一昨年の勝馬であるアップトゥデイトもそうですし、サンレイデュークも一昨年の3着馬。この1年あまり、アップが惨敗したのは去年の夏の新潟だけ。この現状では、もうオジュウを負かすのは難しそう。というか今回のように他馬に割って入られそう。そして、サンレイデュークのように、再来年の中山GJや大障害で、人気落ちしたところで2,3着!ありそうだと思いません?(笑) メイショウヒデタダが3人気だったようですが、中山実績と大障害実績は似て非なるものですしね。中山実績もないよりはあったほうがいいけれど……。

テーマ:中央競馬(JRA)予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

17年皐月賞展望

 いよいよ今週は牡馬三冠の第一戦・皐月賞です。先週の桜花賞では断然人気のソウルスターリングが敗れましたし、昨年のこのレースも3強と言われていましたが、勝ったのは7人気のディーマジェスティ。昨日の船橋マリーンCでも1人気のワンミリオンスは出負けして事実上の最下位と言える6着大敗。わけの分からない馬が来たわけじゃなくても、1人気馬が崩れるだけで配当が跳ね上がります。3~5人気あたりを軸にするだけで、1人気が飛べば配当は跳ね上がると痛感する次第。もっとも今年の皐月賞は混戦模様なので、1人気がどれなのかもはっきりはしないのですが……。ただ、今週末も旅に出るので予想は早めに行います。買い目まではオッズを見ないことにはいえないけれど。

アウトライアーズ…スプリングS2着馬。5戦してすべて3着内の安定感。大して人気にならないでしょうが、桜花賞のレーヌミノルっぽい雰囲気ありますね。乗るのも田辺。一発あるかも。

アメリカズカップ…若葉S馬。桜花賞を制した池添騎乗。ただ若葉Sは皐月賞にあまりつながらないし、京成杯12着というのは気になります。中山合うのかな?

アダムバローズ…きさらぎ賞馬。底を見せていないともいえますが、前走は展開がハマったと思います。ただ、人気ほど勝機がないかといえばそうでもなさそう。

アルアイン…毎日杯馬。ディープ産駒ですがキレで勝負するタイプじゃないというのが、逆に皐月賞には合っているような気がします。

ウインブライト…スプリングS馬。中山で連勝中。スプリングSの時計や内容も悪くなかったし、アウトライアーズともども好走しても良いような気がします。

カデナ…弥生賞馬。正直、中山向きか疑問だったし、休み明けだし、F騎手だし、弥生賞を勝つとは思いませんでした。思った以上に強い。ただ、弥生賞で下した相手が微妙だし、時計も遅い。人気ほどには信頼していません。

キングズラッシュ…東スポ杯4着からの休み明け。ヨシトミさんもコレじゃなくてブレスジャーニーに乗りたかったでしょうね……。さすがにこれは厳しい。

クリンチャー…連勝中。乗るのがYフジオカで、この戦績、この血統では手が出ないですね。

コマノインパルス…京成杯馬。弥生賞は6着でしたが、勝馬とは0.4差。乗るのは江田照。人気は暴落必至。これはあやしい。手広く買うなら抑えたい一頭。

サトノアレス…昨年の2歳王者。でも、カズヲ師に鞍上が戸崎。朝日杯もクラシックとつながらないですしね。

スワーヴリチャード…共同通信杯馬。3年連続して、共同通信杯の連対馬が皐月賞も勝っています。今年も?戦績的には過去3年の皐月賞馬と遜色はない。人気でもこれを消すのは怖い。

ダンビュライト…朝日杯こそ大敗しましたが、他は崩れていません。ただ、この馬に先着している馬が多数いるここではどうですかね。いかにユタカ騎乗といえども。

トラスト…札幌2歳S馬。その後はずっと4,5着。決め手不足の感が否めません。キレというだけでなく、前々で競馬しても粘りこめない。なだれ込むだけ。ある意味、この馬が一番要らないような気がします。

ファンディーナ…3戦3圧勝のフラワーC馬が牡馬に挑みます。前走は公開調教状態でしたが、それでいて時計はスプリングSと大差ない。ただ、強い相手とやってないんですよね。1人気になるかもしれない牝馬。取捨難解。

プラチナヴォイス…この馬がモノサシになるんじゃないでしょうか。今回の主要な面子と走っており、着差や着順もそんなに変わらない。弥生賞組もスプリングS組もきさらぎ賞組もどっこいなのかも。

ペルシアンナイト…アーリントンC圧勝。鞍上はデムーロ。戦績も安定しています。ただ、ハービンジャー産駒というのがGIで気になりますし、3走続けてマイル戦というのも気にはなります。

マイスタイル…弥生賞2着。スローペースがハマった感があります。逃げるのはこの馬かもしれませんが、前走のようなペースにはならないと思われます。

レイデオロ…3戦無敗。中山2000も2戦2勝。ただ、ローテと厩舎が不安です。それでも人気の一角になるでしょうし、ルメールは汚名返上できるでしょうか。


◆チェックポイント◆
・前走・弥生賞で5着以下:コマノインパルス
・前走・スプリングSで4着以下(京成杯勝馬を除く): サトノアレス
・前走・若葉Sで6人気以下:いない
・前走がTR以外の重賞で3着以下:キングズラッシュ、トラスト
・前走がTR若葉S以外のOP、500万下:クリンチャー
・前走で1秒以上の負け: いない
・3ヶ月以上の休み明け:レイデオロ、キングズラッシュ
・中2週以内: アルアイン、トラスト
・キャリア3~9戦ではない:いない
・ 重賞未勝利馬かつ、中山芝に出走済で3着内の実績がない: アダムバローズ
・ 京成杯馬以外で10人気以下…キングズラッシュ、トラスト、プラチナヴォイス、マイスタイル、クリンチャー、ダンビュライト、アメリカズカップ、アダムバローズ

 残ったのは、アウトライアーズ、ウインブライト、カデナ、スワーヴリチャード、ファンディーナ、ペルシアンナイトの6頭。最後の項目でザクっと切りましたが、穴をあけるのは京成杯馬なんですよね。そういう意味ではコマノインパルスは見限れないかもしれない。天気予報を見れば、馬場はおそらくは良。あとは展開。最内を引いたし、マイスタイルは行くしかない。ファンディーナ、アルアイン、アダムバローズあたりが先行でしょうか。先行して粘りこむのはけっこう難しいです。軸は差し馬から取りたいなあ。

◎アウトライアーズ
◎ウインブライト
△ファンディーナ
△カデナ
△スワーヴリチャード
△ペルシアンナイト

 ファンディーナはキャリアが浅い上に、自分の競馬しかしていない。この面子でもそれができればまさに怪物。ただ、1人気?でリスクもある馬を軸にはしたくない。ローテから言えばカデナでいい。ただ……時計がおっそーいですよね。前走に限らず。加えてこの鞍上。内枠引いちゃったし、また詰まっちゃうんじゃないの?(笑) 面子がどうかとも思いますが、普通にスプリングSの1,2着馬でいいように思えます。きれいな馬柱だろ?これで不人気なんだぜ?買うしかない。◎2頭からの馬複フォーメーション9点。あとは単2点も買っておきますかね。6,7人気っぽいようですし、9点でもガミはない。◎の2頭で決まれば5000円以上。8000円ぐらいつくか?皐月賞をバシっと当てて、亜鉛とマカとアルギニンを買うんだwww

テーマ:中央競馬(JRA)予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT