ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

17年サマーチャンピオン回顧&BCG展望

☆サマーチャンピオン予想結果☆
◎タムロミラクル………2着
○グレイスフルリープ…5着
▲ラインシュナイダー…優勝
△ウインムート…………3着

 サマーチャンピオンを勝ったといえば、競馬を知らない人にはスゴイ馬なのか?と思われそうですが、まあ、チャンピオンでもなんでもないよね(笑) 帝王賞を勝たないとサマーチャンピオンではないのが現実なわけで。佐賀競馬の夏のチャンピオンということか?それはさておき、勝ったのは2人気の武豊騎乗・ラインシュナイダー。追ってきたタムロミラクルを振り切って重賞初勝利。タムロミラクルから1馬身半差の3着が1人気のウインムート。以下、レーザーバレット、グレイスフルリープで中央馬が掲示板を独占しました。地方最先着は6着の高知・タッチスプリントで、佐賀馬は下位を独占しました。それもタッチスプリントから9馬身以上はなされて。高知馬は果敢に遠征しているから、遠征慣れしているし、強敵にもまれて強くなっているんでしょう。

 ラインシュナイダーが強いから勝ったというよりは、一番、ソツのない競馬、ソツのない騎手だったから勝ったという感が否めません。実際、過去にこのレースを勝って、その後にJpnIを勝った馬なんてのは2011年の勝馬スーニだけ。スーニとは言いませんが、セレスハントやヴァンクルタテヤマぐらいには活躍してほしいものです。タムロミラクルは道中の位置取りがうーん?と思いましたが、マクって伸びてきましたがまた2着。どこかで重賞を一つ勝てば、波に乗れそうな気もするのですが。ウインムートは最後に伸びを欠きましたが、ダートなら1200のほうがいいのかもしれません。まあ、まだキャリアが浅いですし、今後の伸びシロに期待。グレイスフルリープ、レーザーバレットはやはり年齢やハンデがキツかったですね……。

 そして、3日連続の交流重賞も今日が最後。門別でブリーダーズGCが行われます。中央重賞が当たらなくても、地方重賞をガンガンに当てて巻き返したいです。あんまりごちゃごちゃ過去の傾向を引っ張ったりしないほうが当たるのかもしれません。そうなると、このブログの展望の存在意義がますます薄れてしまいそうな気がしますが(笑) 中央馬でほぼ決まりでしょう。地方馬ならジュエルクイーンが筆頭。牝馬重賞になっての過去3年の時計を見れば、3着があるかどうかというところでしょうか。去年の道営記念くらいの時計が出せれば連下の目もなくはない。去年は4着でしたが、2,3着馬とはそこまで差がありませんでしたしね。他の地方馬は時計的に不可能と言ってもいいように感じます。

 昨日も一昨日もそうですが、今日も中央馬は微妙な面子ですな……。古馬で重賞を勝っているのがタイニーダンサーだけ。もともと道営馬でしたし、去年のこのレースもちぎられてはいますが2着。軽くは扱えませんが、正直ピークは過ぎているように感じます。去年より2kg増でもあります。ほかは1000万勝ちまでのオージャイト、スルターナ。準OP勝ちですが、交流重賞もOP特別も惨敗中のマイティティーとなれば、人気は関東オークス馬クイーンマンボでしょう。ルメさんが乗りますしね。先行力があるのも魅力。この面子なら軽く勝ってくれないと、先々の楽しみがないなあ。軸はこれで仕方ない。タイニーダンサーもここなら2,3着は確保か。

◎クイーンマンボ
○タイニーダンサー
▲オージャイト
△スルターナ
△ジュエルクイーン

 3複なら◎○-▲△△、◎-▲△の4点。馬複なら◎から▲△△で3点ですかね。オッズを見ないことには買い目を決められませんが、◎を軸なら大丈夫じゃないかと思います。

スポンサーサイト

テーマ:地方競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

17年エルムS&クラスターC回顧

★エルムS予想結果★
◎テイエムジンソク…2着
○コスモカナディアン4着
▲モンドクラッセ……10着
△ピオネロ……………7着
△クリノスターオー…12着

 また外れた……。これで中央重賞15連敗。地方重賞はいくらか当たっていますし、中央でも重賞でなければそこそこ当たっているんですが、中央重賞が当たりません。そしてまた上位人気馬で俺が消した馬が勝ちました。1人気から2,3,5,6人気へ流して、4人気に勝たれました。なんだこれ……。先週のレパードSのように1,2着ともフタケタ人気馬なら、俺には取れない馬券だなあと諦めもつくんですが。勝ったのはその4人気ロンドンタウン。佐賀記念以来の重賞2勝目を日本レコードで制しました。中央重賞は初勝利で、この重賞勝利は父カネヒキリにとっても、産駒の中央初重賞制覇。カネヒキリの不死鳥のような競走生活は忘れることなどできませんし、馬券はダメでしたが良かった良かった。圧倒的1人気のテイエムジンソクは2着。3着にドリームキラリでした。

 ロンドンタウンはどちらかといえば小回りのほうが向いているのかもしれませんね。脚質や反応の良さなど器用さを感じさせる走り。コロコロ鞍上が変わっていますが、ダートなら岩田のままで行ってほしい。また地方交流重賞に出ることもあるでしょうしね。次はコリアCのようですが、ダートは賞金持ちが多いですし、コリアCを勝つとこりあ大きいと思いますね(笑) テイエムジンソクは4角の手ごたえは良かったのに、追って案外。クロフネ産駒はこういう馬が多いなあ。追って味がない。時計が時計ですし、この馬の競馬はしたと思います。ダート重賞の常連にはなるんでしょうが、GIどうこうって感じはない。冠名のせいか?鞍上のせいか?ピオネロはスタートで後手を踏んだのが痛かったで……。まあ、もともと後ろから行く馬ですが流れも向かなかったですね。 

☆クラスターC購入結果☆
◎ラブバレット………2着
○サイタスリーレッド3着
▲ショコラブラン……4着
△ブルドックボス……優勝
△キクノストーム……5着

 お盆でばーちゃんの家に行っており、自宅のPCに触れてなかったもので、日記では展望を書けなかったクラスターCですが、こちらはテキトーに予想してテキトーに当たりました(MIXIつぶやき他には書いたが)。3複です。深く考えないほうがあたるような気がしてなりません。勝ったのは浦和のブルドッグボス。エルムSに続いてこちらもレコード勝ち。2着に地元・岩手のラブバレットと地方馬の1,2フィニッシュ。でも、まあ、去年の2,3着馬ですからね。過去2年のこのレースを勝ち、去年のJBCスプリントも勝ったこの路線のチャンピオン・ダノンレジェンドが引退して、順番がまわってきたといえそうですが、レコード勝ちですから大したものです。中央馬は3,4,5,6着に沈みました。こちらは地方なので馬券も取れました(笑)

 ブルドッグボスは浦和へ移籍して、一叩きされて良くなっていたんでしょうし、広いコースもあってそう。まだ5歳。これから地方所属として一花咲かせてくれそうです。そして、この結果から、前走でこのブルドッグボスらをぶっちぎって、現在3連勝中のスアデラは末恐ろしい馬に思えてきました。ラブバレットは過去2年3着で、3度目の正直!と行きたかったですが2着惜敗。Gレースを勝つには、今回が最大のチャンスでしたが……残念です。今回の2頭、前記スアデラ、他にもかきつばた記念圧勝のトウケイタイガーなど、地方所属の短距離馬にいい馬がそろってきましたね。こないだは久しぶりにヒガシウィルウィンがJpnI勝ちも果たしましたし、面白くなってきました。馬場貸し状態は地方競馬ファンとしてはさみしすぎますから。

 人気はサイタスリーレッド、ショコラブランでしたが、サイタスリーレッドは地方競馬で馬は未知数、鞍上はキャリア不足……結果的にテイエムジンソクと似た結果になりました。いずれは重賞でも勝ち負けの馬かもしれませんが……これが重賞のカベというものでしょうか。ショコラブランは一足早く、連勝から交流重賞参戦してきましたが、3,2,4着。重賞では決め手に欠ける感もありますし、そもそも現状、このぐらいの力なのかもしれません。かきつばた記念でラブバレットとは0.2差。地の利で逆転されるぐらいの力。そんなショコラブランから、キクノストームとタイセイファントムは0.5以上の差をつけられましたが、実績や近況からすると妥当ですし、上位2頭以外の地方馬はさらに1秒以上はなれています。正直、今年の中央の面子はかなり手薄でしたね。

 今日も佐賀でJpnIIIサマーチャンピオンがありますが、うーん、むずかしい面子。ただ、佐賀で好走実績があり、ハンデも考えるとタムロミラクルからが無難なのかなとは思います。逆にレーザーバレットは年齢、ハンデ、脚質からしていかにもキツそう。岩田騎手も盛岡から佐賀へ移動?これもキツそうだなあ。北東北は涼しいくらいですが、九州は暑そうですしね(笑) 相手にグレイスフルリープ、ラインシュナイダー、ウインムートの3複3点……でもガミるかな。

◎タムロミラクル
○グレイスフルリープ
▲ラインシュナイダー
△ウインムート

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『知らない』

『知らない』

繰り返しの毎日から

どこか遠くへ行きたい

僕が知らないところまで

僕を知らないところまで



知らない誰かは

僕の知らない僕を教えてくれる

知らない場所は

僕の場所の大事さを思い知らせる



狭い日本でもこれほど広いんだ

世界は、宇宙は……

すべてを知り尽くせなくても

知れるだけのことは知りたい



ふと気づけば

繰り返しの毎日だって

少しずつ変わっている



2017年8月2日作
2017年8月13日ラジオNIKKEI『私の書いたポエム』放送分

【あとがき】
旅先から戻って書きました。
ファストフードばかりじゃ飽きます。
家での食事ばかりでも飽きてしまいます。
違ったものを食べたくなることもあります。
旅は僕にとってそんな一面もあります。

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

17年エルムS展望

 大井の黒潮盃はJDDの前に持ってきたほうがいいんじゃないの?と思うねぶです。こんばんは。その黒潮賞は枠複ですが取れましたし、今日も2歳未勝利や三面川特別など当たっていますが、中央重賞はまーったく当たっていません。先週のレパードSも外れたしなあ(大波乱だが) GWの京都新聞杯を最後に14連敗中(笑) これはヒドい。小銭しか賭けませんが、14連敗もすれば1万円以上は中央重賞で負けてますな……。そんな当たらない人のエルムSです。

☆ チェックポイント☆
・牝馬…ラインハート
・地方馬…オヤコダカ、タマモホルン
・11人気以下…タマモホルン、ラインハート、リーゼントロック、ショウナンアポロン
・中1週以下…ラインハート
・前走芝…ラインハート
・前走6着以下の7歳以上馬…ショウナンアポロン

 うーん、あまり絞れていません。今年も10人気以下の馬はなさそうだなあとしか言えない。マリーンSからエルムSというパターンが多いですが、結果はどうだったのかを確認してみます。近年、エルムSの開催が前倒しされたので、ローテが変わった影響もあるかもしれませんが、勝馬はまだしも2,3着だから、特別に評価する必要はなさそう。特に今年は勝馬が後続をちぎってますし、そこに他馬が入る余地は十分すぎるほどある。

マリーンS(エルムS結果)勝馬
1着(2-0-2-4)11年ランフォルセ、09年マチカネニホンバレ(間にしらかばS10着を挟む)
2着(1-0-0-3)08年フェラーリピサ(間にクラスターC2着を挟む)
3着(2-0-0-3)15年ジェベルムーサ、10年クリールパッション(間にしらかばS1着を挟む)

◎テイエムジンソク
○コスモカナディアン
▲モンドクラッセ
△ピオネロ
△クリノスターオー

 テイエムジンソクでアタマも堅いと思いますが、馬単にしてもリスクとリターンが見合わない感じがしますし、ピオネロとモンドは同枠。リーゼントロックも気になるので、枠複3-1,6,7でしょうか。3-6は4倍もつかないようですので、ここを厚くすればいいんじゃないでしょうか。秋競馬になる前に、一つ中央重賞を当てて、流れを変えたい。3複で振り回して3着抜けとかしそうなので、手堅く。初心に帰りたい。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

17年レパードS回顧

★レパードS予想結果★
◎エピカリス…………3着
○ハルクンノテソーロ6着
▲テンザワールド……7着
△タガノディグオ……12着
△スターストラック…8着
△タガノグルナ………9着

 スタートでテイエムアンムートがゲートから出た……けど走らないでおもむろに横のほうへ歩くというトラブルがありましたが、他の14頭は真面目に走りました(笑) 勝ったのは11人気のローズプリンスダム。木幡巧也騎手は待望の重賞初勝利。おめでとうございます。 2着に逃げねばった12人気のサルサディオーネで、馬複は95320円、馬単251840円、3複42750円、3単807250円という大波乱となりました。圧倒的一人気のエピカリスは直線でスペースがなく、脚も余した形での3着。もし最後まで出てこられなければ5,6着とかだったでしょうし、そうなると3単が800万円になるところでした。まあ、アッシにはまったく関係ねえことでござんす。

 正直、凡戦だと思います。一番わかりやすいのは勝ち時計でしょうか。これまでで一番遅かったのが11年ボレアスが勝ったときで1分52秒0でしたが、今回は1分52秒9。おそっ!ここを勝って飛躍のステップにした馬も多いわけですが、ローズプリンスダムはどうですかね。それにこの馬、これで4勝目ですが、1走ごとに勝ち負けと凡走を繰り返してますね。次は大敗か?(笑)1年後、2年後はわかりません。ただ、すぐに秋に古馬に混じって重賞でどうこうという感じはしません。それにダートは地方で稼いでナンボの面がありますが、JDDで大敗している馬ですからね。GIどうこうはさておき、ここで賞金を加算できたことで、ローズプリンスダムはレース選択はしやすそうです。

 サルサディオーネはまったくのノーマークでしたが、スローの流れに乗って粘りました。この馬、青森産馬なんですね。父ゴールドアリュールですし、じわじわ強くなって交流重賞の常連になるかもしれません。前々で競馬ができるのは魅力です。他の人気馬はまーったく見せ場がなかったですね。圧倒的人気のエピカリスは終始もまれる形で、直線に入ってもなかなか抜け出すことができず、空いたときには既に大勢が決していました。スムーズな競馬ができれば、あるいは2着ならあったのかな?とも思いますが、ここまでの国内で見せたようなパフォーマンスができたとはまったく思えません。やはり遠征帰りというのが堪えていたんでしょうか。

 遠征するような馬は実績があるから遠征するわけで、帰国してもやはり人気になります。でも、好走するケースは少ないのが現実。ドバイ後の馬は、軽視するのが良さそうですね。まあ、軽視しても印を打って実際買った○▲△の馬たちも軒並み撃沈しているので、俺には今年のレパードSはどうやっても取れなかったでしょうけど。JDDで東京ダービー馬ヒガシウィルウィンに中央馬が破れたこともあり、今年の3歳ダート馬を疑問視する向きもありました。でも、エピカリスだけは別と思われていましたが、今日の結果を見ると……うーん。大レースは地方で行われることが多いですし、結局、実績通りで現状はヒガシウィルウィンが一番強いんじゃないでしょうか。

 まあ、それもヒガシの次走(日本テレビ盃?)を見てみないとなんともいえないわけですが。エピカリスも巻き返してくるのか注目です。古馬も含めて、ですが今は谷間の時代と感じます。絶対王者ホッコータルマエは引退し、コパノリッキーやクリソライトも全盛期の力ではない。ケイティブレイブは暫定王者。か、怪物!と思われたグレイトパールは怪我で離脱。現在のダート戦線は非常に混沌としてきましたね。エピカリスは負けたという事実もそうですが、賞金を加算できなかったのも痛いなあ。次はどこを使ってくるんだろう。去年のケイティブレイブ路線もアリだと思うんですけどね。そうしないと交流GIに出てこられませんので。

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT