ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

17年宝塚記念回顧

★宝塚記念予想結果★
◎キタサンブラック…9着
○ミッキークイーン…3着
▲レインボーライン…5着
△シュヴァルグラン…8着
△シャケトラ…………4着
△サトノクラウン……優勝

 単勝1.4倍の圧倒的人気に推されたGI5勝のキタサンブラックでしたが、2年前のダービー以来のまさかの大敗を喫してしまいました。展望でもふれましたが、軸としては不動と見ていましたが、馬場と潜在能力を思えばサトノクラウンの一発に敗れる……ぐらいは想定していました。ただ、いいところなくズルズル下がっていくなんてのは衝撃でした。悪くても去年ぐらいのパフォーマンスだろうと思っていただけに。海外遠征は中止だそうですが、サブちゃんは元々乗り気でもなさそうでしたし、まだ勝っていない天皇賞・秋と有馬記念制覇を目標で問題ないと思います。

 押し出されるようにシュヴァルグランが先頭に立ちましたが、何がなんでもというわけでもないでしょうし、キタサンが来ないからそれなら……という感じでしょう。この面子なら馬なりでハナへ立つこともできたはず。それができなかったし、道中でカカる場面もあり、一応、先頭をうかがう位置での競馬はしましたが、逃げて止まったシュヴァルグランを交わすことさえできず9着。敗因は一つではなく、いろいろあるかと思うのですが、休み明け緒戦、2戦目はいいけど3戦目以降はパフォーマンスを落としています。そして蒸し暑い時期です。疲れがあったのではないでしょうか。

 勝ったサトノクラウンは冬馬のような気がしましたが、それは正しくなかったようです。最速の上がり35.4で突き抜けるなんてのは、まさにこの馬の競馬。大阪杯から間隔をあけて、狙い済ましての宝塚記念制覇。方々で言われていますが、デムーロでの3角過ぎの動きも上手すぎた。キタサンを突いて、周りも動き出したところで、自分は一息入れるなんて普通できませんよ(笑) また馬もそれに応えてくれた。力強く抜け出して完勝。堀師の談話に「海外も選択肢」という趣旨がありますね。実際、今回や香港ヴァーズを思うと、欧州に向くのはダイヤモンドではなくてクラウンなのかも。

 ゴールドアクターはここで見せ場もないなら終わりかな?と思ったのですが、終わってませんでした。2年続けて春天で大敗したように3200も京都も良くないんでしょう。秋は例によって、オールカマー→JC→有馬記念でしょう。得意な条件ではまだ見限れないようです。ミッキークイーンは、府中もマイルもダメじゃないけれど、「府中のマイル」は合わないのだと思います。1分31秒台というようなマイルでのスピード勝負は向いてない。実際、阪神のマイルや府中でも2400は勝ってますしね。長いこと、故障もせずに頑張っていますし、秋はエリ女を勝たせてあげたいところ。

 終わってみれば3,4,5人気で3複は万馬券かあ。キタサンブラックは飛ぶと思えたなら、余裕で買える馬券ですが、勝てないとは思えても、まさか9着に沈むと俺には考えられなかったので、今回のハズレは仕方ない。むしろマズいのはゴールドアクターを強い根拠もないのに消してしまったことです。なんとなく落ち目なのでは?ノリだからなんとなく不安などと考えてしまったのですが、ノリだから2GETでしたね……。まあ、終わったことは仕方ないし、俺にとっての春の大一番はここではありません。明後日の帝王賞です。バシっと当てて上半期を締めたいものです。

スポンサーサイト

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

17年宝塚記念展望

 現状、火曜と土曜を休日としているので、火曜の夜は基本的に家で晩飯を食べます。で、19時のNHKニュースが終わると「歌謡コンサート」が始まりますが、毎週毎週思うのです。もう谷原章介の番組の時間なのかと!3,4日前にこの番組の時間だった気がするのに、1週間経ってしまっている!時間の経過の早さに驚く……というか愕然とします。先日、野際陽子さんが亡くなりましたが、野際さんが81歳ということも、インタビューを受けていた佐野史郎さんが62歳ということも驚きです。『ずっとあなたが好きだった』の頃の佐野さんも、主題歌を歌っていたサザンも今の俺と同年代だったのか……。うーん、時の流れが加速しているように感じますし、あっという間に62歳になっちゃうのかなあ。でも、1週は早く感じるのですが、1年はそれほどでもないかな。去年の宝塚記念から1年経ったといわれても、まあ、そんなもんかとしか思わない(笑)

1. ミッキーロケット…大阪杯7着以来。阪神は神戸新聞杯2着があります。2ヶ月半ぶりですが、同じような間隔で日経新春杯(やや重)を勝ってます。シャケトラは人気になりそうですが、実際に半年前には破っているわけで、人気ないなら面白そう。

2. ゴールドアクター…春天7着以来。出遅れて7着。シャケトラやレインボーには先着。日経賞はややふがいなかったけれど……。ここが正念場。ムラな鞍上、微妙な人気も相まって取捨難解。しかも阪神コースは初めて。

3. スピリッツミノル…重賞を11戦して最高が前走と3走前の5着。そもそもOP特別も勝ってない。勢いがあるわけでもなく、阪神巧者でもないですが、渋馬場は得意なようです。でも、ここはさすがに敷居が高い。

4. クラリティシチー…使い詰めじゃないですか?2ヶ月半で4走目。OP勝ちと重賞2着があるだけ、スピリッツミノルよりは実績上ですが、代わりに阪神で2戦2惨敗。距離もどうなのか?厳しいでしょう。

5. シュヴァルグラン…春天2着。2強の間に割って入りました。ここ2走、攻めの騎乗が実っていると思います。気になるのは距離短縮がやや不安。事実、去年も春天好走後の宝塚では惨敗。馬場ではないと思います。先行してくれればいいのですが。

6. シャケトラ…春天9着。阪神3戦3勝で鞍上ルメールで人気しそうですが、冷静に戦績をみればミッキーロケットやミライヘノツバサと僅差。底を見せたとはいえないけれど、妙味はないよなあ。やや重までは実績もありますね。

7. レインボーライン…春天12着。阪神はGIII含む2戦2勝。札幌記念を見るに渋った馬場は向いてそう。あんな感じでの3着ならありうるのかなと思います。

8. ミッキークイーン…阪神で6戦6連対。馬場も距離も問題ない。ただ、有馬記念がそうであったように上がりのかかる競馬になるでしょうし、そういう展開は向いていないような気がします。

9. ヒットザターゲット…もう9歳。この馬の初重賞制覇は現地で見てましたよ。懐かしいなあ。懐かしいだけで買いたいとはまったく思えません(笑)得意の目黒記念でも惨敗ですしね。

10. キタサンブラック…GI5勝。実績断然。去年の3着馬。ダービー以外は馬券圏外になっていない。調教も動いていますし、去年より頭数も面子も薄い。勝ちパターンも確立されたと思いますし、崩れるとは思えません。

11. サトノクラウン…2,3走前や一昨年の弥生賞を見ると、距離や馬場は向いてそう。35.0前後の上がりの競馬。乗るのがデムーロ。キタサンを破るとすればコレでしょう。反面、寒い時期は崩れないのに、暑い時期はぱっとしません。たまたま?ちょっと気になります。

 ◆チェックポイント(連対馬)◆
・8歳以上馬……ヒットザターゲット
・GIでの連対のない牝馬……いない
・重賞勝ちがない……スピリッツミノル、クラリティシチー
・中2ヶ月以上……サトノクラウン、ミッキーロケット
・ 前走・GIII以下で5着以下……スピリッツミノル

 残ったのは、キタサンブラック、ゴールドアクター、シャケトラ、シュヴァルグラン、ミッキークイーン、レインボーラインの6頭。キタサンブラックは調教もバリバリ動いていますし、去年より実績も凄みも増しています。それでいて去年より頭数も面子も薄い。競馬ですから何があるかわかりませんが、馬券圏外に負けるのは故障以外に考えられない。キタサンブラック自体が、ダービー以外はすべて馬券になっているわけですし、飛ぶまで逆らう手はない。相手探しの一戦なのは衆目一致のところ。やや重も2戦2勝で、雨中のJCを圧勝してもいます。渋馬場は相対的に有利。日曜の大阪(というか阪神競馬場は兵庫県宝塚市だが)は雨模様。良馬場はなさそうです。

 ヒモが5頭では多い。2人気以下の人気はバラけそうな感じがしますが、それでも4頭までがオッズ的に限界と思います。ここから絞込みでよくミスってハズレるのが俺のパターンなわけですが、ゴールドアクターですかね。代わりにサトノクラウンを入れます。明日の雨で馬場がどうなるかがわかりませんが、土曜のレースを見るに、前が止まらない流れに思えます。今回のメンバーはステイヤー色が濃すぎる感じ。中距離ということを考えるとキタサンの相手上位にはミッキークイーンやレインボーラインと思えます。馬複なら2点。3複なら◎-○▲-○▲△△△で7点。不良馬場ならまた考えますが、やや重なら予想は変えません。

◎キタサンブラック
○ミッキークイーン
▲レインボーライン
△シュヴァルグラン
△シャケトラ
△サトノクラウン

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

17年関東オークス回顧

☆関東オークス購入結果☆
◎ステップオブダンス…3着
◎アップトゥユー………5着
△クイーンマンボ………完勝
△アンジュデジール……2着
△サクレエクスプレス…6着

 展望を書かず、MIXIのつぶやきで書いただけですが、もちろん交流重賞なので関東オークスも買っていました。割り切りが大事だと思うので、今回もハズレを覚悟しつつ、南関馬が割って入ることを期待して、◎の2頭から中央の人気3頭への3複6点勝負。結果はスタートでユタカと戸詐欺の馬が出遅れたこともあって的中。地方の小回りで出遅れは致命的ですね。たとえ2100mでも。しかも、道中、14秒台のラップが3回も入るほどゆるーい流れ。ソツなく先行したクイーンマンボが2周目3角で前を捕まえると、そのまま押し切って完勝。2着も中団前目から伸びたアンジュデジール。好位のインからジワジワ伸びた大井のステップオブダンスが3着。以下、アポロユッキー、アップトゥユー、サクレエクスプレスでした。

 クイーンマンボはここでキッチリ賞金を上積みできたのは大きい。ルメール人気なのか、交流実績があったからなのか、両方か?クイーンマンボがアタマ一つ抜けた人気でしたが、人気に応える走りを見せました。上がりもダントツで早かった。このあとは休養のようですが、おそらくはJBCレディスが大目標となるでしょう。レディスプレリュードから始動かな。血統的に長いほうが良さそうに思えますし、まだ奥がありそうな馬です。アンジュデジールもダートでの目処がついたとは思いますが、勝馬とは現状力差がありそうですし、また芝の条件戦を使ってくるかもしれません。パサパサの乾いた馬場でどうかとも思います。アポロユッキーとサクレエクスプレスは出遅れたので、評価が難しいですが、上がりはステップオブダンス以下。次は1000万条件でしょうけど、消して妙味がありそう。

 アップトゥユーはすんなり行ければもっと粘れたかもしれませんが、イントゥゾーンに突かれるような感じになったのが痛かった。とはいえスローペースもあって、掲示板は確保。地方馬同士なら上位。ステップオブダンスはいい位置から、ロスなく立ち回って3着。これが7戦目とあまり使われていませんし、南関生え抜きの馬。一方でノーザンF産で吉田勝己氏の馬でもあり、伸びしろが期待できそう。この馬に先着されたアポロユッキーやサクレエクスプレスよりも。7着以下の馬は交流重賞でどうこうではないでしょうね。グランダムジャパンとかでどうこうはありそうですが。特にウリャオイやタッチスプリントなどの他地区地方馬は。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

17年ベルモントS展望&北海道SC回顧

 やっと春のGI戦線も一段落です。負けに負けたので終わってほっとしている……のですが、今週は中央GIがありませんが、代わりに米国三冠の最後の一冠・ベルモントSの発売があります。凱旋門賞で40億以上売り上げた影響が大きかったのか、世界が日本の競馬ファンの財布を狙っています(笑) フランスはヴィクトリアマイルの1着どころか2,3着にも仏ジャックルマロワ賞の優先出走権を付与しましたしね。中央競馬の馬券売上は魅力なんでしょう。地方競馬もIPATとの連携で売上が2割3割上がっているのは明白ですし。もちろん各競馬場の尽力あってこそとは思いますが。というわけで、JRAはPAT会員への年末の配布物を昔みたいに戻してくれ。10年くらい前は有馬記念のDVDだのアルミ製のデスクカレンダーだったのになあ。

 ベルモントSですが、ブックメーカーのオッズではアイリッシュウォークライとエピカリスが1人気を争う形で、ルッキンアットリー、タップリット、シニアインベストメントという人気順。海外のブックメーカーでこれですから、JRAのオッズでは単1人気はまずエピカリスでしょう。ただ、単が1人気なだけで、連でどうなのかは分からない。地方競馬並みにシビアなオッズだったりしますので。ドバイWCは1,3、12人気で3複3430円でしたし……取ったときは狂喜したのですが、オッズを見て愕然(笑) 5000円~10000円だと思ってましたよ。それはさておき、エピカリスは渡航が少々ズレこんだ上に、ざ石という知らせもありますね。状態面でどうなのか?連でも上位人気は必至ですし、これは逆張りしたいですね。勝ったら勝ったで馬券抜きで祝えばいい。

Bアイリッシュウォークライ
Bシニアインベストメント
Bタップリット
Bゴームリー

 アイリッシュウォークライは勝つときと負けるときの落差が大きそう。軸で買うにはちょっと怖い。そういう意味ではKダービー2着、プリークネスS4着と二冠で好走しているルッキンアットリーのほうが買いやすいですが、ローテとしてはKダービー組が優勢のようです。プリークネスSをスキップして、ここへ照準を合わせたほうが無理もないでしょう。さらに二冠ともに出ていなかった馬も結果を出しています。米国三冠馬は1978年アファームド以来、2015年アメリカンファラオまで37年間も出ていないだけあって、短期間で激闘、連戦している馬には疲労が少なからずあるんでしょうね。そういう観点でいえば、二冠に出走、しかも好走していたルッキンアットリーは大丈夫なのかと不安もあります。そもそもルッキンは善線マンっぽい感じもある。

 というわけで上記4頭の馬複BOXで勝負。シニアやタップ、ゴームリーの単がみな10倍以上つくのなら単勝複数買いでもいいかもしれないと考えています。

★北海道スプリントC購入結果★
◎ニシケンモノノフ……圧勝
◎ショコラブラン………2着
△ゴーイングパワー……4着
△スノードラゴン………3着

 展望で記した予想にスノードラゴンを足しただけ。結果も人気順だから取ること自体は簡単なわけですが、ニシケンが200円を切って1人気になるというのは想定外。そこでスケベ心を出して、人気2頭と不人気な2頭。1,2人気から3,4人気という馬単で勝負したのですがハズレ……。前日の東京ダービーと同じような結果。3人気馬はわずかに2着に届かず。買い方が間違っていたとは思いません。間違っていたとすれば、そもそも東京ダービーも北海道スプリントCも買うべきではなかったのかもしれません。ガチガチですから、本命馬券にドカンとぶちこむしかない結果だったわけで。ともあれ、泥沼の馬券街道はまだ続くようです。小銭で豆券しか買わないわけですが、それでもロクな配当をずーっと取っていなければボディブローのように効いてきます。

 オッズ低すぎなので単を買えなかったのですが、やはり馬場状態や脚質、門別デビューを考えるとニシケンモノノフがここでは上でした。でも、レコードを叩きだすとは恐れ入りました。黒船賞はナゾの完敗でしたが、それを度外視すればこの結果は当然か。父メイショウボーラーの走りを彷彿とさせました。1200よりは1400のほうが実績を挙げていたわけですが、今回のレコード勝利でJBCスプリントへ向けて視界が開けたと思います。逆にショコラブランは着順はともかく内容は前走同様に完敗と言っていい。実績馬とは言え、9歳で休み明けのスノードラゴンに肉薄される始末。安定感のある馬ですが、反面決め手に欠く面があります。クロフネ産駒はそういう馬が多い感じですが……。次は盛岡か佐賀か?まず重賞を1つ勝ちたいところでしょう。

 スノードラゴンは先日亡くなった父アドマイヤコジーンへ捧げる勝利とはなりませんでしたが、去年と変わらぬ着順。この1年で大敗したのは1400、1600で1200では芝ダート問わず、まずまず走ってます。GI馬というかOP特別級の力になってしまった感は否めませんが。しかし、そろそろ引退できないものなのかな。血統的に需要が少ないのかもしれませんが。ゴーイングパワーは力不足だったようです。そして、地方馬はレコード決着というスピード勝負ではどうにもなりませんでした。アウヤンテプイ、コールサインゼロは前目の競馬で、勝負に出たと思いますが結果は大敗。道営勢にも先着されたとは言え、展開のアヤでしょう。依然、道営短距離を引っ張るのはアウヤンテプイやコールサインゼロだろうと思います。それじゃダメなんでしょうけど……。

テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

17年宝塚記念ファン投票結果

☆宝塚記念ファン投票結果☆
有効投票総数 1,106,746票

1 キタサンブラック 101,621 牡5 清水 久詞
2 サトノダイヤモンド 78,566 牡4 池江 泰寿
3 シュヴァルグラン 55,225 牡5 友道 康夫
4 マカヒキ 54,954 牡4 友道 康夫
5 ゴールドアクター 47,419 牡6 中川 公成
6 ミッキークイーン 37,670 牝5 池江 泰寿
7 ディーマジェスティ 32,609 牡4 二ノ宮 敬宇
8 サトノクラウン 32,460 牡5 堀 宣行
9 ヴィブロス 31,117 牝4 友道 康夫
10 サウンズオブアース 30,485 牡6 藤岡 健一
11 リアルスティール 29,950 牡5 矢作 芳人
12 ソウルスターリング 29,496 牝3 藤沢 和雄
13 ステファノス 28,037 牡6 藤原 英昭
14 ヤマカツエース 26,789 牡5 池添 兼雄
15 エアスピネル 23,239 牡4 笹田 和秀
16 レインボーライン 20,344 牡4 浅見 秀一
17 ルージュバック 20,224 牝5 大竹 正博
18 シャケトラ 19,309 牡4 角居 勝彦
19 アンビシャス 18,892 牡5 音無 秀孝
20 クイーンズリング 17,947 牝5 吉村 圭司

 キタサンブラックは当然の一位ですな。一人10票ですので、キタサンブラックに投票した人は91%です。これは相当に高い支持率のように思えます。「そして、みんなの愛馬となった」というキャッチコピー通り。宝塚記念も勝てばGI6勝。宝塚記念に出走意思を示している陣営が多くないですし、順当に勝利すれば、顕彰馬もいよいよ視界に入ってきます。キタサンに勝てそうもないというのもあるんでしょうが、ミドルペースから、上がり4Fの消耗戦を仕掛けられそうで、負けた上に身体的に負担を強いられそうなのもイヤなんでしょうね。

 しかし……オークス馬ソウルスターリングは12位なのに、皐月賞馬アルアイン(21位)もダービー馬レイデオロ(24位)も入ってない。不人気すぎ(笑) ダービー馬がそのまま宝塚に参戦してきたのはウオッカ、ネオユニヴァースぐらいしか咄嗟に出てきませんが、それにしても人気ないなあ。逆にルージュバックは根強い人気がありますね。牡馬相手に重賞勝ってるから?そんなことなら、スマートレイアーだって大差はない……むしろ安定感もあるのに、人気はないなあ。重賞3勝で、香港V5着、京都記念2着、VM4着、鳴尾記念2着なのにね。

 実際に出走してくるのは、キタサンブラック、シュヴァルグラン、ゴールドアクター、サトノクラウン、シャケトラ、ミッキーロケット、ミッキークイーンあたり?なんだか10頭も出てこないような……?さすがに宝塚はキタサンが圧倒的な人気でしょうし、逆らえないと思います。馬場が渋ればサトノクラウン……ではなく、ミッキークイーンに魅力を感じます。渋馬場を苦にしませんしね。サトノクラウンも苦にしない……というか得意に思えますが、サトノクラウンは冬馬のような気がします。暑いのが苦手なんじゃないのかな?

テーマ:競馬情報 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT