ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

17年マイルCS回顧

★マイルCS結果★
Bレッドファルクス…8着
Bエアスピネル………2着
Bイスラボニータ……5着
Bマルターズアポジー15着

 またまたまた……ミルコでした。オークスから10戦連続でGI馬券内。3歳馬ペルシアンナイトがゴール寸前で、計ったようにエアスピネルを交わして重賞2勝目をGI制覇で飾りました。今のミルコはなんでもかんでも持ってきますね。とどのつまり……神(GOD) 3歳馬はアグネスデジタル以来17年ぶりの勝利。大外18番枠もファインモーション以来14年ぶりの連対。ハービンジャー産駒も絶好調。秋だけでGI3勝です。エアスピネルは馬場も味方して大チャンスでしたが、GI制覇がスルリと逃げてしまいました。3着に4連勝中だった3歳馬サングレーザー。4歳世代が弱いこともあるでしょうが、3歳馬は重賞で猛威をふるっています。あれ……今の4歳世代は最強世代だったんじゃないの?(笑)

 そもそもペルシアンナイトはミルコでなければ、4人気になるわけもなかった。二走前が戸崎でしたが、戸崎だったらサングレーザーより不人気だったのは確実。そして、ミルコでなければ誰でも勝つこともなかった気がします。道中、後方追走で、ああ、今日はないな……と思ったんですが、追えば追っただけグイグイ伸びて、ソツなく乗ったムーア・エアスピネルも飲み込まれました。これでミルコは年間GI6勝目で最多タイ。しかも6頭で6勝。1人気だったのは菊花賞のキセキだけ(それも抜けた人気でもなく) ミルコの腕だけではなく、馬場も合っていたでしょうし、皐月賞2着馬ですし、地力はあったわけですが……。微妙に時計のかかる馬場がハービンジャー産駒には合っているんでしょう。

 エアスピネルが残り200では勝ったか?と思われたのですが……。馬場も展開もいろいろ向いたと思います。良血ではありますが、この一族はGIで勝ちきれないことが多いですね。1,3、4着が3歳馬というのもエアスピネルにはつらいところ。安田記念は馬場が重くなることが多いですし、重や不良になればチャンスはまたあるかもしれません。ただ、1,3、4着馬も渋った馬場をあまり苦にしそうにない。サングレーザーはディープ産駒の割に馬力ありますね。福永騎手も「来年が楽しみです」との談。問題はこの先も福永が乗っていられるのかどうか?前走はCデムでしたしね。レーヌミノルも距離短縮で巻き返してきました。しかしここで4着になると、次は旨みもないなあ。

 イスラボニータは長きに渡って一線で戦い続けていますし、今回も他馬とぶつかってバランスを崩した……のがなくても、勝ちはなかったかな。もう一列前にいてほしかった気がします。レッドファルクスは安田記念3着でしたし、それならここも大丈夫と思ったのですが、Cデムの談にもあるように、マイルも少し長いのか……?1200がベストで、1400はまあまあ、1600はギリギリって感じなのでしょう。伸びを欠いてしまいました。18頭立てだったわけですが、6人の外国人騎手の馬は8着以内で賞金確保。これでは外国人騎手を乗せたくなるわけだよなあ。さーて、来週のミルコさんはサトノクラウンかシュヴァルグランのようです。うん、また勝ち負けですな。

 ずーっとミルコ軸の人も世の中にはいるでしょうが、笑いが止まらんでしょうね。抜けた人気じゃなくても馬券圏内に持ってくるわけですから。マルターズアポジーとか買ってる場合じゃなかった(笑) 4人気までの外国人BOXで何の問題もなかったのか。ペルシアンナイトはさすがに過剰人気に思えたのですが、結果的に勝ったわけですから過剰でもなかったわけで。いやあ、世の中の人は馬券がうまくて困ってしまいます。また養分になってしまいました。デムーアで馬複2480円はウマウマーだったのかもしれませんね。3着も4連勝中の馬だったわけで、それで3複9300円、3単55000円。3連は俺には無理でしょうが、馬複は取りたかったし、取らないとダメでした。うーん。無念。

スポンサーサイト

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

17年マイルCS展望

 今日のメイン。東スポ杯2歳Sは人気でも規格外の末脚を見せて2戦2勝のワグネリアンで鉄板。相手に2人気のルーカスでは買う意味がないので、ワグネリアンから3,4,5,6人気馬へと流したのですが、2着争いはルーカスが制してガッチガチ。ワグネリアンは2着争いを尻目に3馬身差の完勝。自分で動いたので、これまでよりは上がりもかかっていますが、むしろ競馬の幅は広がった感。これは強い。福永はこの馬でダービーを取れるか?もっとも、ワグネリアンがダービー馬になったとしても、その背中にはデムーロかルメールが乗っているかもしれませんが……。

それはさておき、マイルCS。ポツポツと馬券は当たっていますが、GIではないなあ。今年に限りませんが、グレードが上がれば上がるほど、先入観が強くなって外れるような気がします。消去法でしぼりこむこと自体は間違いではないと思うのですが、残った馬の人気上位馬を買ってヌケて玉砕ばっかり。残った馬でBOXを組んで、人気下位となる組み合わせを買っていれば、多少的中率が落ちても、回収率は上がるんじゃないかとも思えます。というか、人気上位を買っても外れているのだから、的中率に変動はないか(自分で書いてて哀しくなりますがw) いつものようにまずは消去法から。

◇チェックポイント◇
・13人気以下/単60倍以下…ブラックムーン、ヤングマンパワー、ダノンメジャー、ガリバルディ、ムーンクレスト、ジョーストリクトリ
・重賞2勝未満の3歳馬…アメリカズカップ、サングレーザー、ジョーストリクトリ、ペルシアンナイト
・連勝中以外の7歳以上馬…いない
・前走で重賞5着以下の牝馬(できれば連対)…レーヌミノル
・前走が重賞以外で負けている…いない
・前走で条件問わず10着以下/1.0以上差…ブラックムーン、サトノアラジン、レーヌミノル、グランシルク、ガリバルディ、ジョーストリクトリ
・GI馬以外で中3ヶ月以上…ウインガニオン

 残ったのは、レッドファルクス、マルターズアポジー、クルーガー、エアスピネル、イスラボニータの5頭だけ。人気3頭に目が行ってしまうのですが、マルターズアポジーやクルーガーを重視すべきなんですかね。ただ、クルーガーは重でも良でもエアスピネルに勝るとは思えないのでさすがに軽視(これがダメなのか?) となると4頭ですが、4枠2頭と6枠2頭だけ。枠複3点でいいや。手を広げれば、負けたときの傷も大きくなりますしね。もちろん連勝中のサングレーザーや前走は最後流していた春の覇者サトノアラジン、GIハンター・ミルコのペルシアンナイトも不気味ではありますが。

Bレッドファルクス
Bエアスピネル
Bイスラボニータ
Bマルターズアポジー

 マルターズアポジーが粘った場合の保険として枠の4-4、4-6を買っておき、あとは馬複7,11,12BOXで。レッドファルクスが絡んで当たれば、枠複との両取りにもなりますので。枠の4-4で当たれば67倍見当なので、それが一番ですが、まあ、そう上手くはいかんでしょう。今日も重馬場でしたし、明日は良としてもパンパンはありえない。33秒後半ぐらいの上がりの決着か?そうなると後ろよりは前、好位の馬かなあと思います。極限の上がりを求められないのなら、6枠2頭なんでしょうが、そこでデムはデムでもCデムの渾身の騎乗炸裂……じゃないの?(笑)

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

17年エリザベス女王杯回顧

★エリザベス女王盃結果★
Bヴィブロス………5着
Bクイーンズリング7着
Bスマートレイアー6着
Bモズカッチャン…優勝
Bディアドラ………12着

 GI馬、重賞をいくつも勝った馬など実績馬がそろい、人気も割れて混戦が予想されたエリザベス女王杯を制したのはまたミルコ。モズカッチャンでした。ミルコはエリ女連覇。モズカッチャンも鮫島師もGI初制覇。2着に2番手追走から粘りこんだクロコスミア。和田サンの悲願のオペラオー以外でのGI制覇はまたもスルリとこぼれてしまいました。3着に中団後方から差してきたミッキークイーン。やはり強い。1人気のヴィブロスは今ひとつ伸びを欠き、なだれ込んだ5着でした。ムーア騎乗のルージュバックは見せ場ばく9着沈没。

 良馬場発表とはいえ、雨続きの開催が続き、前日も午後までやや重馬場。キレ味勝負にはなりませんでした。1000が62秒とペースも遅かった。1,2着馬はいい位置にいましたし、こういう馬場も合っていた。あとはキッチリ勝ちきる鞍上のウデでしょうか。モズカッチャンは2000~2400ぐらいがいいのでしょう。展開はともかく、条件がそろわないとローズSのようにコロっと負けることもありそうですし、逆に条件があえば牡馬相手でもヌーヴォレコルトやショウナンパンドラのようにやれるとも思います。問題はミルコがずっと乗り続けるのかどうかですかね。

 クロコスミアはハナを切りませんでしたが、スローの流れに乗り、上手く立ち回ったと思いました。和田サンは最高の騎乗だったと思いますが……残念です。クロコスミアも展開や馬場に注文がつきそうですが、ここに来て高いレベルで安定してきたように思いますし、勝馬よりも距離の融通が利きそうではあります。ミッキークイーンが一番内容があったように思います。この流れで僅差3着ですし。ただ、なかなかGI3勝目が遠いなあ。重馬場でも勝てる馬ですが、パンパンの良のほうがいいのでしょうね。あとは鉄砲でも好走しますが、ベストは叩き二走目な印象。

 ヴィブロスは前走、前々走をやや重で勝ち負けしていたし、時計のかかる良馬場程度ならこなすと見たのですが、ルメさんのコメ「最後は馬が疲れてしまった」……うーん?距離かな。2000より長いのは今回が初めてでしたし。兄や姉からして2200や2400もこなせそうな気がしましたが、微妙に長いのかなあ。スマートレイアーは主戦が乗れない時点で流れが悪かった。ルージュバックもムーアが上手く乗ったとは思えないし、北村宏の継続騎乗でよかったんじゃないかな。結果論になりますが。T崎?いや、彼は福島記念に乗るから京都に来るはずがないですね(笑)

 5人気、9人気、3人気で馬複8000円、3複20000円。こういう荒れ方は取りづらいですね。少なくとも俺にとっては。たまには波乱の馬券を取ることもありますが、だいたいが1~3人気馬が軸を取って手広く流して、ヒモ穴がキター!という……なんというかヒットの延長線上でホームランになってしまったという形。BOX買いでしたが、もし軸をとっていたら取れ……ないな(笑) たぶんデムはデムでもCデムから買ってましたね。デムはデムでもMデムかあという愚痴になっていましたね、きっと。

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

17年エリザベス女王杯展望

 秋が深まると忙しくなってきます。そのせいか日記の頻度も落ちてきました(笑) 月別の日記の数を見ると例年1,2月は少ないです。忙しいだけでなく、寒いし、それにGIレースや交流重賞の数も少なく、ともなって競馬の展望や回顧も少ないからかもしれません。今週は重賞が5つもありますが、展望はもちろんエリ女。去年は人気薄シングウィズジョイが食い込んで、波乱となりましたが、個人的には割とよく当たっているGIの部類です。その去年はデムルメ決着。今年の流れを考えても、外国人ジョッキーが馬券に絡まないというのは考えづらいですね。

 ◆チェックポイント◆
・前走が牝馬限定戦で7着以下/7人気以下(外人騎手騎乗は除く): クインズミラーグロ、ハッピーユニバンス、デンコウアンジュ
・ 古馬で前走が重賞ではない: タッチングスピーチ、ジュールポレール、エテルナミノル
・ 8人気以下の3歳馬: リスグラシュー?
・単勝100倍以上…クインズミラーグロ、ハッピーユニバンス、トーセンビクトリー、タッチングスピーチ、デンコウアンジュ、ウキヨノカゼ
・7歳以上: スマートレイアー、ウキヨノカゼ
・ 京都芝を複数回(GIを除く)走って連対歴がない: ハッピーユニバンス
・ 中3ヶ月以上:ミッキークイーン

 残ったのは、クロコスミア、モズカッチャン、クイーンズリング、ディアドラ、マキシマムドパリ、ヴィブロス、ルージュバックの7頭。

 クロコスミアは単騎逃げを打てそうですが、前走の府中牝馬Sを逃げ切っています。マイペースで行けるでしょうか?和田サンも中央GIを16年ほど勝っていませんしね。距離も少々気になります。モズカッチャンはミルコ騎乗で過剰人気は否めない。キレではやや見劣るのはミルコも分かっているでしょうから、早めに仕掛けそうではある。

 クイーンズリングは前年の女王なのに、それ以後が連敗のため人気落ちしそうですが、着順はあげている。一叩きの府中牝馬4着でCデム。買いやすい。ミッキークイーンも休み明けが嫌われて、人気落ちなら逆においしい……というのはワナなのか?去年も休み明けで3着には着ている。でも、去年よりも面子はそろった感じはしますね。

 モズカッチャンとディアドラは似たようなローテ、同じ父ですし、セットで考えるべきかなと思います。買うのも消すのも両方セット。マキシマムドパリを買うぐらいなら、普通にスマートレイアーを買いたいです。ヴィブロスはこの戦績と鞍上なら消しにはできない。ルージュバックはGI以外なら強いですが、GIでは一押し足りない。ムーアがなんとかできるのだろうか。

Bヴィブロス
Bクイーンズリング
Bスマートレイアー
Bモズカッチャン
Bディアドラ

 土曜はやや重開始で、最終的に良馬場になりましたが、時計がかかってそうな馬場。パンパンならディアドラ、モズカッチャンを軽視するつもりだったのですが、なんかきそうな馬場ですな。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

17年JBCレディス&スプリント回顧

★JBCレディス結果★
◎アンジュデジール…5着
○タガノヴェローナ…6着
▲ホワイトフーガ……11着
△ララベル……………優勝
△プリンシアコメータ2着

 勝ったララベルは史上2頭目の地方所属のJBCウイナーとなりました。レディスとしては初。社台の共有馬主で良血とはいえ、南関の生え抜きであることには変わりない。直線で2着馬に不利を与えたのは頂けないですが、それでも地方馬が勝ってくれたことは嬉しいです。馬券は外れましたが(笑) 展望でも書きましたが、古馬になって順調に連続出走してきたのは初めて。そして勝ちきった。交流重賞の好走は何度もありながら、無冠の女王でしたが大一番でタイトル獲得。繁殖入りも決まっているそうですし、いい土産を手にできてよかったなと思います。この次で引退でしょうし、東京大賞典か川崎記念で牡馬相手も見てみたい。3歳時には東京ダービー(4着)を使った馬ですから。

 最近の砂の女王はラヴェリータ→ミラクルレジェンド→メーデイア→サンビスタ→ホワイトフーガという感じと思います。そして3連覇をかけて、1人気に推されたホワイトフーガでしたが、まさかの大惨敗。南関A2B1の馬に先着される始末。蛯名騎手は「長い距離がしんどくなってきたのかも」と談話を残していますが、そういうレベルじゃあないような?5着ぐらいなら、まあそうなのかもなとも思うんですが……。ケガとかしてなければいいんですけどね。プリンシアコメータはユタカの談話にあるように、着差が着差だけに、不利がなければ結果は違ったかも……とは思います。ただ、やはり準OPでやれるぐらいの力があれば牝馬重賞は足りますね。今後のこの戦線を担う一角になりそう。

「常識的に考えればララベルVS中央馬で九分九厘決まり。残りの一厘?ラインハート」なんて書いたら、本当にきちゃったよ。買ってもいないのに。力があるのは示しましたが、次は南関重賞ならもちろん交流重賞でも人気の一角になりそうで買いづらいなあ。ワンミリオンスは半年ぶり、-16kgでむしろよく4着にきたと思います。次は……と思いますが、次また減っているようなら、やはり買いたくない。仕上がり次第か?本命にしたアンジュデジールはスタートで後手を踏んで、中団からのレースになったのが痛かった。前走3着でクイーンマンボにちぎられる馬なら、この結果もやむなしといえばやむなしなのかな。成長に期待したい。タガノヴェローナも同様。

☆JBCスプリント結果☆
Bブルドッグボス…3着
Bキタサンミカヅキ5着
Bニシケンモノノフ優勝
Bコパノリッキー…2着

 レディスとクラシックは1,2人気馬が沈没し、穴馬激走で大波乱でしたが、難解と思われたスプリントだけガチガチの決着。そして俺もここだけ当たりました(笑) ニシケンモノノフが内からスルスル差して悲願のJpnI制覇達成。この馬の成績は、父メイショウボーラーと似ていますね。2歳時に活躍して、一時低迷して、古馬になってJpnI制覇。ノリ騎手の談話に「来年も再来年も頑張ってほしいです」とありますし、そうであってほしいですが、JpnIを勝ってしまったばかりに、斤量を背負わされ続けて、勝てなくなるケースがかなり多い。古馬スプリント路線はここしかJpnIがなく、JpnIIも東京盃しかないですので。これからは他馬との戦いもそうですが、斤量との戦いにもなりそうです。

 コパノリッキーは若干出負け。ただ、過去にも出負けはありましたし、テンの速い馬でもなく、ましてスプリント戦。出負けしなくても森騎手はこういう競馬をしただろうと思いますし、ユタカや田辺の騎乗だとしても同様だったんじゃないでしょうか。リッキーの競馬はしたと思います。初のスプリントも何ら問題なかったですね。むしろ問題なのは、次がチャンピオンズCか東京大賞典でしょうから、一気の距離延長という形になります。その点は気がかりです。ブルドッグボスは尻の筋肉の張りなど、デキの良さは光ってました。内田騎手の談話にもあるけれど中団ではなく、好位を取れたらなあ……最速の上がりで突っ込んできてはいたのですが。

 キタサンミカヅキも同様に、最速タイの上がりで差してはいるのですが、もう少しペースが上がって、差し馬向きの流れになってくれれば。ただ、リッキーやタルマエがそうであったように、自分で流れを作れるのも強さの一つ。現役中央馬と遜色ないのは証明できている。来年は超えてほしいところ。初ダートのネオは見せ場たっぷりの4着。リッキーに交わされてからもズルズル下がらずに食らいついていて、じょ、冗談じゃない!?と冷や汗ものでした。レディスの笹川、スプリントの中野と若い南関の騎手が腕を見せてくれたのも嬉しかったですね。古巣の祭りに来ようともしない戸詐欺なんぞ、最初からいらんかったんや(笑)

テーマ:南関東競馬予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT