ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

『心海魚』

『心海魚』

深くて暗い奥底の心海魚

昔はたくさん取れたから

刺身にさばいて食べていたよ

そうすることしかできなかった



スーパーで買えるような魚が

今、心のまな板の上にある

焼いて、煮て、蒸して……

調理方法もけっこう増えたんだ



今もときどき思い出すあの心海魚

もう戻れないし、戻りたくもない

でも、今のウデで調理できたなら

いったいどんな味になるんだろう



2018年1月11日作
2018年2月18日ラジオNIKKEI『私の書いたポエム』放送分

スポンサーサイト

テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『削り節』

『削り節』

「社会が『ポエム化』している」

誰かが述べた言葉を思い出す

でも、それがポエムというのなら

俺のつづる言葉はポエムじゃない



もちろん歌詞ではないし

たぶん詩でもないだろう

そもそもカテゴリ分けに

たいした意味もなどない



世間に侵食される

ただの、心の削り節

出汁は取れるだろうか?



2017年12月22日作 
2018年2月12日ラジオNIKKEI「私の書いたポエム」放送分

(あとがき)
夜行バスの眠れぬ夜に
つづる作品の2つ目です。

テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『禁断の夜食』

『禁断の夜食』

昼間に食べても

わびしさが募るだけ

値段なりの味さ



それが、夜に食べたら

控えめに言っても

昼間の100倍は旨い



どうしてだろう?

罪悪感の反動か?

空腹のスパイスか?



それだけじゃ説明つかない

真夜中の秘密を含んだ

禁断のカップラーメン



2018年1月31日作
2018年2月4日ラジオNIKKEI『私の書いたポエム』放送分

【あとがき】
カップ麺以外のものを
真夜中に食べても
感動的な美味しさになりませんが
カップ麺を夜中に食べると
たまらない美味しさです(笑)
なぜなんでしょうね。

身体には良くないんでしょうが
それと引き換えの味のような気がします(無根拠)
だから「罪悪感」だの「禁断」だのという表現を
あえて用いています。

テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『ハートマーク』

『ハートマーク』

手足のないハートじゃ動けない

ちぢこまった手足を伸ばせ

本当は誰のハートにも手脚がある

手脚が伸びたら、筋トレしよう

そんなか細い手脚じゃ動けない



ハートの2だと愚痴るより

ハートの3を目指すんだ

たどり着ける保証はなくても

目指したものの先にだけ

ハートのA(エース)は待っている



2006年4月5日作
2017年12月15日改題、加筆修正
2018年1月28日ラジオNIKKEI「私の書いたポエム」放送分

テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『長い夜』

『長い夜』

拒絶される理由はわかる

あくまで相手側の理由で

僕の中にはないのだろう

そんなことはわかっている



わかっていてもさ

そんなことが繰り返されたら

凹まないほど鈍感じゃない

傷つかないほど強くもない



誰が悪いわけじゃない

悪いのは相性か?

それともタイミング?

やりきれなさが尽きない



嗚呼、夜が長すぎる

僕を揺する夜行バス



2017年12月22日作
2018年1月21日ラジオNIKKEI『私の書いたポエム』放送分

テーマ:詩・ポエム - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT