ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

07’天皇賞・春/青葉賞回顧

 ◆青葉賞予想結果◆
 ◎ヒラボクロイヤル……1着
 ○ナタラージャ…………中止
 ▲ダノンヴィッター……11着
 △メイショウレガーロ…4着
 △フィニステール………3着
 △ホクトスルタン………12着
 △エルソルダード………9着
 △エフティイカロス………5着

 レース直前に急な雷雨になり、ゲート入り前に2頭が放馬しましたし、1番人気オーシャンエイプスは明らかな過剰人気でした。どうにも不穏な雰囲気の中レースが始まりましたが、実際にレースは大荒れになりました。2着に大穴トーセンマーチが突っ込んできましたし、俺も軸馬の一頭にしていた2番人気のナタラージャがレース途中で故障発生。ゴールすることなく黄泉の世界へと旅立ってしまいました……。なんてこった。ひどいレースになったものです。馬券買わなきゃ良かったな。

 そんなレースを勝ったのは、俺の本命のヒラボクロイヤル。完勝でしたね皐月賞5着馬に完勝していることから、本番でも馬券に絡める馬だと思います。稍重の毎日杯でも2着でしたし、パンパンの良馬場よりは、今日のように水を吸った馬場のほうが良さそうな気がします。新種牡馬タニノギムレットは3頭目の重賞勝ち馬を輩出。ポストサンデーとして期待がかかります。正直、サンデーの孫よりはサンデー系じゃない種牡馬のほうが今後活躍する気がします。

 トーセンマーチはまったく人気がありませんでしたが、安定した走りをこれまでも残していました。相手なりに走る馬なのかもしれませんね。これでダービーに出れますが、ダービーどうこうという感じはまったくしません。フレンチデピュティというのも距離が持つ感じがしないし、トーセンの馬が大舞台で活躍するイメージも湧かないので。1番人気・オーシャンエイプスはどうしていつも人気なのでしょう。いくらユタカ騎乗とは言え。次走・500万下を使えばまた人気でしょうけど、そこでまた負ける気がします。

 ◆天皇賞・春予想結果◆
 ◎アイポッパー………4着
 ○マツリダゴッホ……11着
 ▲ダークメッセージ……8着
 △ファストタテヤマ……10着
 △メイショウサムソン…1着
 △デルタブルース……12着
 △ネヴァブション………13着

 単勝10倍以下が5頭もいる大混戦の天皇賞でしたが、2番人気の昨年の2冠馬・メイショウサムソンが激戦を制しました。メイショウサムソンはネオユニヴァース(03年の2冠馬)と同じじゃないかと思っていたのですが、見たて違いでした。むしろ同父のテイエムオペラオーに近いのかもしれません。早めに先頭に立ち、一旦はトウカイトリックのほうが前に出ていたような気がしますが差し返して、猛追してきたエリモエクスパイアをハナ差を抑えての勝利。ゴール前の勝負根性はものすごい。肉食獣のような感じです。今日のようなレース展開だと、仮にドリームパスポートやソングオブウインドがいても厳しかったでしょうね。サムソン時代が始まるかはわかりませんが、古馬戦線の主役は確定ですね。

 エリモエクスパイアは父ミスプロ系なので切ってしまいましたが、そろそろトウカイトリックあたりが連対するのでは?とも思っていました。エルコンドルパサーは菊花賞馬を出しましたしね。ミスプロが来ましたが、大穴エリモエクスパイアとは……(゜-゜;)ウーン。日経賞の負けで人気の盲点になっていました。この馬が今後、活躍するイメージは湧かないのですが、サンライズジェガー的な戦跡を残しそう。俺の本命・アイポッパーはちょっと後ろ過ぎたかもしれません。あそこから差しきるほどの末脚はなかったということですね。あと終わってみれば7歳馬ではキツイのかなあとも思いました。

 マツリダゴッホはどうも窮屈な競馬になってしまいました。やっぱり距離も長かったのかな……。ノリの一工夫を期待したのですが、微妙な騎乗でした。デルタブルースはスムーズな競馬と思ったのですが、まったく伸びず。今日のようなパンパンの馬場はあまり得意ではないのでしょうし、正直、衰えてきている気もします。JCでも3着に食い込んだ3歳時の走りなら、ここも勝ち負けだったでしょうし。外国を転戦したほうが案外結果が出るかもしれません。実は印はつけていませんが、トウカイトリックも買いました(笑)。まあ、軸馬が来なかったので出費が増えただけに終わりましたが。好位からジリジリ伸びて3着。いかにも短い宝塚記念ではなく、目黒記念を狙ったほうがいいかもしれません。

 馬券が今日も外れて、回収率が106%まで下がってしまいました。ううむ、100%割れ目前。来週は3連複ではなく、馬連/枠連でキッチリ勝ちに行きたいですね。
スポンサーサイト

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『眠りに就く前に』

『眠りに就く前に』

眠りに就くのが怖かった

理由はないのだけれど

このまま目を閉じたら

もう二度と起きられない気がした

意識のある僕が

無意識の僕を信じられない

そういう感じだった



余裕がなかったのかもしれない

無駄なものをを手いっぱい抱えて

そして、手にすべきものを失っていた

そんな気がする

人間の容量には限りがある

時間、体力、心のスペース、その他諸々

今はそれにほんの少しだけ余裕ができた



だいぶ遅れてしまったけれど

失ったものを今からでも詰め込めるかな

そんなことを考えながら眠りに就こう

今夜はきっと良い夢が見られるに違いない

テーマ: - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~モザイクハーツ~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

07’青葉賞展望

★青葉賞過去10年★
        馬名    人気 騎手          父名(母父)            前走(着順)   全成績 東京芝 重賞実績
06年1着アドマイヤメイン 1 武豊 サンデーサイレンス(ヘクタープロテクター) 毎日杯(芝20阪)1人1着 3-2-1-2 未出走 1-0-0-1
良 2着マイネルアラバンサ 5 佐藤哲 スペシャルウィーク(ブレイヴェストローマン) 毎日杯(芝20阪)3人3着 1-1-1-0 未出走 0-0-1-0
3着エイシンテンリュー 4 内田博 サンデーサイレンス(キャロルハウス) 毎日杯(芝20阪)2人6着 2-0-0-2 0-0-0-1 0-0-0-1

05年1着ダンツキッチョウ 1 藤田 サンデーサイレンス(パーソロン) すみれS(芝22阪)2人1着 2-2-0-0 未出走 0-1-0-0
良 2着ニシノドコマデモ 6 田中勝 キングヘイロー(サッカーボーイ) 弥生賞(芝20中)5人7着 2-2-1-3 1-0-1-1 0-0-1-2
3着ブレーヴハート 2 柴田善 サンデーサイレンス(Garde Royale) 弥生賞(芝20中)6人5着 2-1-0-1 未出走 0-0-0-1

04年1着ハイアーゲーム 2 蛯名  サンデーサイレンス(Law Society) 弥生賞(芝20中)4人4着   2-1-1-1 2-1-0-0 0-0-1-1
良  2着ホオキパウェーブ 5 岡部  カーネギー(Mr.Prospector) ゆりかもめ(芝24東)3人1着 2-0-1-1 1-0-0-0 未出走
3着シェルゲーム 1 オリヴァー Swain(Chief's Crown) 毎日杯(芝20阪)1人2着 2-1-0-0 1-0-0-0 0-1-0-0
   
03年1着ゼンノロブロイ 1 横山典 サンデーサイレンス(Mining) 山吹賞(芝22中)1人1着 2-0-1-0 未出走 未出走
良  2着タカラシャーディー 2 佐藤哲 シャーディー(ナイスダンサー) 毎日杯(芝20阪)9人1着 2-1-0-2 未出走 1-1-0-0
3着クラフトワーク 3 勝浦 ペンタイア(パドスール) フリージア(芝20名)1人1着 2-2-1-1 未出走 0-0-0-1

02年1着シンボリクリスエス 1 武豊  Kris S.(Gold Meridian)   山吹賞(芝22中)2人1着 2-1-2-0 1-1-1-0 未出走
良  2着バンブーユベントス 8 村田  マヤノトップガン(ワッスルタッチ) 毎日杯(芝20阪)3人6着 2-0-0-1 未出走 0-0-0-1
3着ヤマノブリザード 2 柴田善 タイキブリザード(ファルコン) 皐月賞(芝20中)6人10着 3-2-2-2 未出走 1-1-0-2

01年1着ルゼル 3 後藤   Zafonic(Tom Rolfe) 毎日杯(芝20阪)2人4着 2-1-0-1 1-0-0-0 0-0-0-1
良  2着プレシャスソング 7 福永   サンデーサイレンス(ナイスダンサー) アザレア賞(芝20阪)1人13着 1-1-0-1 未出走 未出走  
3着ユノピエロ 13 北村 サザンヘイロー(Key to the Kingdom)マーガレットS(芝14阪)1人6着 2-1-0-5 未出走 0-0-0-2

00年1着カーネギーダイアン1 藤田  カーネギー(Mr. Prospector) スプリングS(芝18中)2人6着 2-0-0-2 未出走 0-0-0-2
良 2着タニノソルクバーノ 2 岡部 ロドリゴデトリアーノ(シービークロス) 毎日杯(芝20阪)3人4着 2-0-1-3 未出走 0-0-0-1
3着マイネルブラウ 8 横山典 アンバーシャダイ(ネプテューヌス) 君子蘭賞(芝16阪)2人1着 2-2-0-0 未出走 未出走

99年1着ペインテドブラック 1 加藤 サンデーサイレンス(リアルシャダイ) 若草S(芝22阪)1人2着 2-1-1-0 0-0-1-0 未出走
良  2着マイネルシアター 2 蛯名 オペラハウス(ミスターシービー) 皐月賞(芝20中)11人5着 2-1-1-2 2-1-0-0 0-0-1-1
3着タイクラッシャー 5 松永幹 コマンダーインチーフ(ロイヤルスキー) 皐月賞(芝20中)12人7着 2-3-1-3 未出走 0-1-1-3

98年1着タヤスアゲイン 2 柴田善 サンデーサイレンス(ピットカーン) 皐月賞(芝20中)6人8着 4-1-2-1 1-0-0-0 0-0-2-1
良  2着メジロランバート 10 吉田 メジロライアン(ミスターシービー) 500万下(芝16中)4人4着 1-0-0-4 未出走 未出走
3着エスパシオ 3 横山典 メジロマックイーン(タマモクロス) 山吹賞(芝22中)4人1着 2-1-1-2 未出走 未出走
 
97年1着トキオエクセレント 1 吉田 ゴールデンフェザント(Storm Bird) ベンジャミンS(芝18中)1人1着 3-3-1-1 2-1-0-0 未出走
良  2着フジヤマビザン  2 村本 アンバーシャダイ(スカイマスター) 皐月賞(芝20中)12人3着 2-2-1-0 未出走 0-0-1-0
3着スリーファイト 11 小野 アサティス(テスコボーイ) ぶっぽうそう(芝20名)9人2着1-1-1-3 未出走 未出走

**********************************************************

 過去10年のデータを見ていきます。

 連対馬は1人気が7回、2人気が6回、3人気が1回、5人気が2回、6人気が1回、8人気1回、7人気が1回、8人気が1回、10人気が1回です。1番人気馬は7連対、2番人気も6連対とかなり信頼感があります。他は10番人気以内で満遍なく連対しています。また、勝ち馬は1番人気が7勝と圧倒的に強く、2番人気2勝、3番人気が1勝です。人気薄が2,3着に紛れることもありますが、基本的には堅いレースといえます。過去10年中8回は馬連3000円以下で、馬連万馬券は98年のみ。騎手ですが過去10年では武豊と藤田が2勝しています。吉田豊が1勝2着1回、佐藤哲も2着2回と相性が良いです。GIで勝ち負けしそうな勝負強い騎手の連対が多いような気がします。今年は、武豊がオーシャンエイプス、藤田はフィニステールです。

 ステップレースを見てみると毎日杯組が6連対で最多。特に近年は連対が目立ちます。次いで皐月賞組が3連対ですが、青葉賞との間隔が詰まった結果、近年は連対例がありません。そして弥生賞と500万下条件の山吹賞組が2連対です。以下、スプリングS、すみれS、ベンジャミンS、若草S,アザレア賞、ゆりかもめ賞、500万下平場がそれぞれ1連対ずつです。新馬・未勝利を勝ち上がったばかりの馬、前走がダートの馬、3ヶ月以上の休み明けの馬の複勝圏はありません。毎日杯組で複勝圏に入った馬はすべて前走・6着以内でした。さらにタカラシャーディー以外は前走・3番人気以内でした。近年、馬券に絡むことのない皐月賞組ですが、その前走は3~10着でした。皐月賞で連対するような馬はTRを使わないでしょうし、大敗しすぎる馬でも厳しいようです。弥生賞やスプリングS組も皐月賞組と似たような傾向があります。それ以外のOP特別を使って連対した馬は、みな連対していました……が、プレシャスソング、メジロランバートのように500万下で大敗していた馬の巻き返しもたまにあるのが難しい。無理に括れば、500万下で連対もしていない馬は4番人気以内に押されていた、くらいでしょうか。苦しいですね(笑)

 連対馬の戦績は3戦が最少、8戦が最多です。ただし3着には9戦していたヤマノブリザード、タイクラッシャーもいました。3~9戦が理想的です。重賞実績はあるにこしたことはないですし、JRAのサイト内のデータ分析にあるように、少なくともOP特別での連対実績はほしいところ。東京芝に出走していながら3着以内に入れない馬は連対していません(3着ならエイシンテンリューがいる)。コース実績は重要です。同じ府中2400mのゆりかもめ賞勝ち馬からホオキパウェーブ、トキオエクセレントと2頭の青葉賞勝ち馬が出ています。また、府中2000m(1800m)ですが、セントポーリア賞勝ち馬からもハイアーゲーム、ルゼルと2頭の青葉賞勝ち馬が出ています。

◆チェックポイント◆
・キャリア3~9戦の範囲外……イイデレインジャー、マルカハンニバル、ツバサドリーム
・東京芝に出走し、連対歴がない……ノワールシチー
・3ヶ月以上の休み明け……いない
・前走がダート戦……レオエンペラー、ノワールシチー
・前走が新馬・未勝利……トーセンマーチ
・前走がOP特別で3着以下……マルカハンニバル、マイネルアナハイム
・前走がG2、G3で8着以下……マイネルヘンリー
・前走が皐月賞で11着以下……エーシンピーシー

 残ったのは、エフティイカロス、エルソルダード、オーシャンエイプス、ダノンヴィッター、ナタラージャ、ヒラボクロイヤル、フィニステール、ホクトスルタン、メイショウレガーロの9頭。半分にしか絞れてないですし、しかもこれが人気上位9頭っぽい(笑)。この中ですとオーシャンエイプスは1勝馬かつ人気を集めそうなので妙味はまったくないので消したいですね。本命はヒラボクロイヤル。毎日杯組の好走が近年目立ちますし、この馬自身の成績も極めて安定しているので。勝つと言い切れませんが、軸としてはかなり堅いと思います。おそらく1番人気はナタラージャでしょうし、1番人気が強いレースですのでこの馬も買わないわけにはいきません。ヒラボク&ナタラの2頭軸3連複で▲以下に流します。印がちょっと多くなりましたがトリガミはないでしょうし、これでいきます。
 
 ◎ヒラボクロイヤル
 ○ナタラージャ
 ▲ダノンヴィッター
 △メイショウレガーロ
 △フィニステール
 △ホクトスルタン
 △エルソルダード
 △エフティイカロス




テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

さくら咲く

 長年住んでいた隣の家の住民が先月引っ越しました。それはいいのですが、一昨日から買い取った業者がリフォーム工事を始めました。ドタバタガンガンうるさい……。彼らも仕事でやってるわけだし、我慢するしかないのですが、どれくらいの期間に渡って工事するのだろうか。あんまり長くなるようなら、しばしば図書館にでも逃げないとなあ(笑)。勉強の邪魔になるだけでなく、落ち着かないのです。昨秋に引っ越した向かいの邪悪な住民のせいで、騒音に対して過敏になっているのかもしれません。

 一昨日、弘前公園のさくらが開花したそうです。ただ、一昨日に実際に弘前公園に行ったのですが、せいぜい1分咲きという感じでした。バスガイドに引率された団体客もいましたが、全体的に客はまばらでした。平日ですし、開花予定日直後ですしね。満開は4月29日~5月1日くらいのようです。いろいろなさくらがありますし、GWいっぱいはさくらを楽しむことができるようです。今年もGWの行楽地では最大の人出(210万人)になるらしいです。写真を撮って来たので載せておきますね。

■東奥日報の弘前公園のさくら開花についての記事■
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2007/20070424112030.asp


さくら2007

弘前城

おばけ屋敷


テーマ:青森のあれこれ - ジャンル:地域情報

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

07’天皇賞・春展望

★天皇賞(春)過去10年★
        馬名(性齢)    人気 騎手      父名(母父)        前走(着順)   通算成績 京都芝  重賞実績
06年1着ディープインパクト(牡4) 1 武豊 サンデーサイレンス(Alzao) 阪神大賞典(芝30阪)1人1着 8-1-0-0 2-0-0-0 6-1-0-0
良 2着リンカーン(牡6) 2 横山典 サンデーサイレンス(トニービン) 日経賞(芝25中)1人1着 6-4-3-8 2-3-0-2 3-2-3-8
3着ストラタジェム(牡5) 8 ボス サンデーサイレンス(Sadler's Wells) 日経賞(芝25中)6人2着 5-7-4-12 0-3-4-6 0-1-1-2
 
05年1着スズカマンボ(牡4)   13 安藤勝 サンデーサイレンス(Kingmambo)  ハンブルグ(芝25阪)3人3着 3-3-1-7  1-1-0-1 1-2-0-6 
良  2着ビッグゴールド(牡7)   14 和田   ブライアンズタイム(Mr.Prospector) ハンブルグ(芝25阪)7人1着 6-7-3-30 2-2-1-8 1-2-3-19
   3着アイポッパー(牡5)    4 藤田   サッカーボーイ(サンデーサイレンス)    阪神大賞典(芝30阪)1人2着 6-6-0-2  4-2-0-0 0-1-0-1

04年1着イングランディーレ(牡5) 10 横山典 ホワイトマズル(リアルシャダイ)    ダイオ記念(ダ24船)4人2着 7-2-1-16 0-0-0-1 4-1-0-7
良  2着ゼンノロブロイ(牡4)   4 オリヴ  サンデーサイレンス(Mining)  日経賞(芝25中)1人2着  4-2-2-1  0-0-0-1 2-2-1-1
   3着シルクフェイマス(牡5)  5 四位   マーベラスサンデー(Caerleon)  京都記念(芝22京)1人1着  8-3-2-8  3-1-0-1 2-0-0-1
 
03年1着ヒシミラクル(牡4)     7 角田   サッカーボーイ(シェイディハイツ)    大阪杯(芝20阪)8人7着  4-2-3-11 1-1-1-2 1-0-0-4
良  2着サンライズジェガー(牡5) 8 後藤   リアルシャダイ(トウショウボーイ)    阪神大賞典(芝30阪)4人10着6-3-5-10 2-0-1-5 1-0-0-2
   3着ダイタクバートラム(牡5) 1 武豊  ダンスインザダーク(サクラユタカオー)  阪神大賞典(芝30阪)1人1着 6-6-6-6 2-1-1-3 1-1-2-3

02年1着マンハッタンカフェ(牡4) 2 蛯名   サンデーサイレンス(Law Society)  日経賞(芝25中)1人6着 5-0-1-4 1-0-0-0 2-0-0-3
良  2着ジャングルポケット(牡4) 3 武豊   トニービン(Nureyev)      阪神大賞典(芝30阪)2人2着 5-2-2-1 0-0-0-1 4-2-2-1
   3着ナリタトップロード(牡6)  1 渡辺   サッカーボーイ(Affirmed)    阪神大賞典(芝30阪)1人1着 7-5-7-6 3-3-4-1 6-4-6-6

01年1着テイエムオペラオー(牡5)1 和田  オペラハウス(Blushing Groom)   大阪杯(芝20阪)1人4着 12-3-3-2 4-2-1-1 10-2-3-1
良  2着メイショウドトウ(牡5)   3 安田康 Bigstone(Affirmed)  日経賞(芝25中)1人1着 9-7-1-5 3-2-0-0 4-5-1-0
   3着ナリタトップロード(牡5) 2 渡辺   サッカーボーイ(Affirmed)    阪神大賞典(芝30阪)1人1着 5-5-5-4 2-3-3-0 4-4-4-1

00年1着テイエムオペラオー(牡4)1 和田  オペラハウス(Blushing Groom) 阪神大賞典(芝30阪)1人1着 6-3-3-1 2-2-1-1 4-2-3-0
良  2着ラスカルスズカ(牡4)   2 武豊   コマンダーインチーフ(Miswaki)  阪神大賞典(芝30阪)2人2着 4-1-2-1 1-0-1-0 0-1-2-1
   3着ナリタトップロード(牡4) 3 渡辺   サッカーボーイ(Affirmed)    阪神大賞典(芝30阪)3人3着 4-4-3-1 2-2-1-0 3-3-2-1

99年1着スペシャルウイーク(牡4)1 武豊   サンデーサイレンス(マルゼンスキー) 阪神大賞典(芝30阪)2人1着 7-2-2-0 2-2-0-0 6-1-2-0
良  2着メジロブライト(牡5)    3 河内 メジロライアン(マルゼンスキー) 阪神大賞典(芝30阪)1人2着 8-6-3-3 2-2-2-0 7-5-3-3
   3着セイウンスカイ(牡4)   2 横山典 シェリフズスター(ミルジョージ) 日経賞(芝25中)1人1着  6-1-0-2 2-0-0-0 4-1-0-2

98年1着メジロブライト(牡4)   2  河内   メジロライアン(マルゼンスキー) 阪神大賞典(芝30阪)1着1着 6-3-3-1 0-1-2-0 5-2-3-1
良  2着ステイゴールド(牡4)  10 熊沢   サンデーサイレンス(ディクタス) 日経賞(芝25中)5人4着 3-6-1-6 0-3-0-3 0-1-0-3
   3着ローゼンカバリー(牡5) 5 横山典 サンデーサイレンス(ノーザンテースト) 日経賞(芝25中)1人3着 6-2-3-10 0-1-0-2 3-1-3-9

97年1着マヤノトップガン(牡5)  2 田原   ブライアンズタイム(Blushing Groom)阪神大賞典(芝30阪)1人1着 7-4-5-4 2-2-4-2 4-4-0-3
良  2着サクラローレル(牡6)  1 横山典 Rainbow Quest(Saint Cyrien) 有馬記念(芝25中)1人1着 9-4-4-3 2-0-0-0 5-1-2-1
   3着マーベラスサンデー(牡5)3 武豊   サンデーサイレンス(ヴァイスリーガル) 大阪杯(芝20阪)1人1着  9-1-0-2 4-0-0-0  5-1-0-1

**************************************************************

 過去10年のデータを見ていきます。連対(3着内)馬は1人気が5(7)回、2人気が5(7)回、3人気が3(5)回と上位人気は比較的安定していますが、最近は荒れることも多いです。最も低い人気で来たのは05年ビッグゴールドの14番人気です。年齢別は4~7歳以上馬が52、44、29、23頭出走して、4歳11連対、5歳6連対、6歳2連対、7歳1連対、8歳以上は連対がありません。4,5歳馬が中心と考えて良さそうです。また牝馬が複勝圏内に来たことは過去20年で一度もありません。騎手で武豊が2勝2着2回、和田が2勝2着1回、横山典が1勝2着2回などとなっています。武豊と横山典は3着も多く、3連馬券に絡めたほうが良さそう。まあ、武豊は今回いませんが。

 過去10年の連対(3着内)馬の前走は阪神大賞典が9(14)頭、日経賞が5(8)頭、大阪杯が2(3)頭、大阪ハンブルグCが2(2)頭、ダイオライト記念1(1)頭、有馬記念1(1)頭、京都記念(1)頭です。かつては前哨戦の結果が本番に直結していましたが、近年は前哨戦である阪神大賞典、日経賞、大阪杯で大敗していても一概に切れません。ただ、前哨戦4着以下から巻き返した馬は2500m以上の重賞で連対実績(それもステイゴールド以外は勝っている)がありました。距離実績もなく前哨戦で大敗している馬は狙えません。前哨戦以外の路線から参戦の馬は例外なく3着以内です。3着というのも昨年のスズカマンボのみで他は連対しての参戦です。奇抜なステップで負けている馬は狙いづらい。

 重賞未勝利馬の2着は2度、3着が2度ありますが、ラスカルスズカは菊花賞3着で阪神大賞典2着馬、ステイゴールドもダイヤモンドS2着、アイポッパーも阪神大賞典2着、ストラタジェムも日経賞2着がありました。重賞連対歴のない馬が複勝圏に入ったことはなく、前記4頭以外はすべて重賞勝ち馬です。重賞連対実績のない馬は大きく減点でしょう。ホッカイルソー、ジャングルポケット、ゼンノロブロイ、イングランディーレ以外の馬は京都芝で連対歴がありました。前記4頭も菊花賞で4着などですし、複数回走って連対歴がないような馬は京都芝に難がありそうです。父馬はサンデーが8連対、ブライアンズタイムが2連対、オペラハウス、メジロライアンも2連対ですがいずれも同一馬によるもの。むしろヒシミラクル、ナリタトップロードのサッカーボーイのほうが注目でしょう。重厚な血統の連対馬が多いです。ヘイルトゥリーズン系、ノーザンダンサー系重視。父ミスタープロスペクター系の馬は微妙。1986年以降(それ以前にあったとも思えないが)では一度も複勝圏に来ていません。

8歳以上馬=ファストタテヤマ、マイソールサウンド
長期休み明け=いない
日経賞、大阪杯、阪大以外で4着以下=ウイングランツ、スウィフトカレント、チャクラ、トウカイエリート
前走条件戦=ユメノシルシ、サクラキングダム
重賞連対歴がない=アドマイヤタイトル、アドマイヤモナーク、サクラキングダム、ダークメッセージ、ユメノシルシ
父ミスプロ系=エリモエクスパイア、トウカイトリック、トウショウナイト、フォルテベリーニ

 残ったのは、アイポッパー、デルタブルース、ネヴァブション、マツリダゴッホ、メイショウサムソンの5頭。馬場が渋らなければアイポッパーの軸は堅いでしょう。父サッカーボーイ、鞍上アンカツですしね。次点としてはマツリダゴッホでしょうか。父サンデー、鞍上がノリですし、近親にナリタトップロードというのもいいですね。意外と距離は持ちそうな気がします。逆にメイショウサムソンは案外距離が持たないような気がします。それはずっと前、中京2歳Sをレコード勝ちしたときに感じましたし、菊花賞でもアドマイヤメインも交わせなかったときにも感じました。大阪杯から天皇賞というステップも不安です。ヒモまで。デルタとネヴァは鞍上が不安です。北村はGIを勝ったとは言え、天皇賞・春という大舞台でどうなのか?デルタは岩田で菊花賞、メルボルンCを勝っていますが、前走の阪神大賞典で「ペースが遅いので下げた」などという意味不明な発言をする人ですし、去年の天皇賞・春を考えても軸にはしづらいです。むしろ重賞では3着が最高ですが、父ダンスインザダークで長距離戦で好走中のダークメッセージがクサイような気がします。年齢だけがひっかかりますがファストタテヤマも気になります。

 ◎アイポッパー
 ○マツリダゴッホ
 ▲ダークメッセージ
 △ファストタテヤマ
 △メイショウサムソン
 △デルタブルース
 △ネヴァブション

 アイポッパーとマツリダゴッホ……というかアンカツとノリの2頭軸から▲△へ流します(馬場が渋れば変更します)。デルタ、ネヴァ、サムソンあたりはアンカツとノリにさっと交わされる気がします。アイポ―マツリダ―ダークメッセージだと3連複でも万馬券近くになりそうですね(笑)。本命党の俺にしては若干穴狙いです。

テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

スカイプ

 彼女さんの部屋の電話回線が開通したので、インターネットを使ったテレビ電話「スカイプ」で話しました。前からその存在は知っていましたがこれは便利ですね。WEBカメラ、イアホン、マイクのキットが必要ですが、使用料などもかかりませんし、気兼ねなく長電話ができます。会って話すのにはかないませんが、携帯で話したり、メールするよりも顔を見ながら話せるのはずっといいですね。遠距離恋愛の強い味方ですよv( ̄ー ̄)v遠距離恋愛じゃなくても、遠方の友達と携帯で話すのが馬鹿馬鹿しくなってきますよ(笑)マイミクの皆さんでもスカイプを使っている人がいましたらお話しましょう。

 今日はこれから図書館に本を返しに行って、頼まれたお使いを済ませて、弘前公園をちょっと散歩してこようと思います。今日が開花予定日だそうです。満開は4月30日頃で、GWいっぱいはさくらを楽しめるらしいです。昨年は彼女さんと花見したのですが、今年は一人でブラブラはちょっと寂しいですね。でも、しょうがありません。秋には院試にちゃんと受かって、来年は東京で一緒に花見ができればなあと思っています。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

07’アンタレスS回顧

 ◆アンタレスS予想結果◆
 ◎キクノアロー………2着
 ○クワイエットデイ……8着
 ▲ワイルドワンダー…1着
 △メイショウトウコン…3着
 △トーセンブライト……6着

 先行して直線で先頭に立ったアンカツ・キクノアローを、中団にいた岩田・ワイルドワンダーがアッサリと交わして決着。1番人気メイショウトウコンは追い込むも3着まで。芝(特に重賞)での岩田はあんまりアテになりませんが、ダートでは信頼できますね(笑)。ワイルドワンダーは近走ダート1400が多かったですが、1800でも勝ったことがありましたし、十分にこなせるだろうと思っていました。ただ、キクノアローとは2kg差ありましたから、この着差を鵜呑みにはできないと思います。ダートは着差もつきやすいですしね。でも、重賞を勝ったことで交流重賞へ出るチャンスも生まれましたし、まだまだ重賞を勝てるでしょうね。

 キクノアローはスムーズな競馬でしたが、今回は勝ち馬の末脚に屈しました。現段階ではまだGI級のパンチはないですが、まだ4歳馬ですし、今後の活躍が楽しみな馬です。アンカツのお手馬であるサンライズバッカスは距離に壁がありそうですし、今後もダート中距離でキクノアローに乗ってくれれば買えそうです。3着のメイショウトウコンは追い込み脚質がアダになりました。基本的にダートの追い込み馬はムラが多すぎて軸にしづらいです。いつもヒモに引っ掛けておくくらいで良さそう。一方、クワイエットデイは見せ場もなかったですね。次も角田騎手が乗るなら、人気が落ちて一発!なんてありそうですがどうでしょう。

 結果的に、今年も7歳以上馬は来ませんでした。来年はよほどの有力馬でない限りはバッサリ切ってしまおうと思います。また今年も堅い決着となりました。ハンデ戦の頃は荒れ放題だったんですが、別定戦になってからは平穏な決着が多いですね。

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

投票2

 今日は統一地方選の後半戦。天気はあまり良くなかったですが、散歩がてら投票に行ってきました。選挙前になったあさましく「おねだり」する大半の候補者には無論入れません。日ごろから議会の広報、見解をチラシにして配っている感心な議員さんがいるので、その人に入れました。俺は今回の投票であまり迷いませんでしたが、多くの人はどれも似たような候補ばかりで、投票する決め手に欠いてしまうのでしょう。泡沫候補でも何でもたくさんの候補者というメニューを用意してほしいものです。首長選挙でしばしば見られる無投票当選とかは有権者をナメてますね(笑)。

 日曜なので勝ち馬投票のほうもしっかり行いました。詳しい回顧は後日するとして、アンタレスSの枠連的中。別定戦になってから堅いレースになりましたね。ダートはやっぱりアンカツ、岩田だなあ。アンカツの今年の連対率は0,450くらいですので、アンカツの馬を軸にして買ってればだいたい勝てますね(苦笑)。それにしても3人気→2人気→1人気の3連単で万馬券ですか……。万馬券を取ったことのない俺ですが、今回のは取れそうだったなあ(笑)。皐月賞で連続重賞的中が4回で途切れましたが、今週も好調が続いています。この勢いで来週の青葉賞、天皇賞・春も取りたいです!

 話変わって俺の弟。パチンコの周辺設備の会社に入ったのですが、あまりの激務&酷使に耐え兼ねて辞めることにしたそうです。特に入社試験もなくすんなり入れて、高い給料をくれるなんてうまい話があるわけもなく、代わりに寝る間もないくらいの酷使だそうです。弟はまだ新潟大学を休学中なので、これで心を入れ替えて、復学して頑張ったほうがいいと思うのですが、そうもいかないんだろうなあ……。復学して卒業を目指すのも甘くないのは俺もわかってますが。いわゆる弟はスチューデント・アパシーなのかもしれません。まあ、とりあえずは実家に戻ってくるらしいので、しばらくのんびりすればいいと思います。こうしてみるとやはり昨秋の判断(敢えて書かないが)は間違ってなかったのだろうと思います。

テーマ:選挙 - ジャンル:政治・経済

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

07’アンタレスS展望

★アンタレスS記念過去7年★ ※02年まではハンデ戦、以降別定戦。
       馬名(性齢)斤量  人気 騎手   父馬(母父)      前走(条件)着順      全成績 京都ダ 重賞実績
00年1着スマートボーイ(牡5) 1 伊藤直 アサティス(ノーリュート) マーチS(ダ18中)2人2着 6-4-1-16 1-1-1-6 0-1-0-0
良 2着ホーマンスピリット(牡5) 10 熊沢 ワッスルタッチ(カウアイキング) マーチS(ダ18中)5人7着 5-3-1-10 4-0-0-3 0-0-0-4
3着バクシンヒーロー(牡4) 7 秋山 Sea Hero(Temperence Hill) マーチS(ダ18中)3人4着 3-0-0-8 0-0-0-1 0-0-0-2

01年1着スマートボーイ(牡6) 7 伊藤直 アサティス(ノーリュート) マーチS(ダ18中)9人12着 7-5-2-25 2-1-2-7 1-2-0-7
良 2着リージェントブラフ(牡5) 4 吉田 パークリージェント(グッドリー) ダイオライト(ダ24船)5人1着 7-5-5-15 0-0-0-1 1-0-0-2
3着タマモルビーキング(牡4) 12 和田 デインヒル(サウスアトランティック) マーチS(ダ18中)10人16着 4-2-0-9 4-1-0-3 0-0-0-1

02年1着ハギノハイグレイド(牡6) 3 武豊 コマンダーインチーフ(ラシアンルーブル) ダイオライト(ダ24船)4人2着 7-7-1-14 2-2-0-3 1-6-1-3
不良2着アルアラン(牡6) 13 藤田 アルカング(ミルジョージ) マーチS(ダ18中)12人14着 6-4-3-23 2-1-1-6 0-0-0-2
3着ワンモアマイライン(牡4)  9 石橋 サッカーボーイ(ナグルスキー) 甲南S(ダ18阪)5人1着 4-1-1-7 1-0-0-2 未出走

03年1着ゴールドアリュール(牡4) 1 武豊 サンデーサイレンス(Nureyev) フェブラリーS(ダ18中)1人1着 7-1-1-5 1-0-0-0 4-0-0-2
稍重2着イーグルカフェ(牡6) 4 田中勝 Gulch(Nureyev) フェブラリーS(ダ18中)4人3着 5-3-3-20 未出走 4-2-2-20
3着ディーエスサンダー(牡4) 9 勝浦 タヤスツヨシ(マルゼンスキー) マーチS(ダ18中)5人5着 3-3-1-7 0-1-0-0 0-0-1-3

04年1着タイムパラドックス(牡6) 2 安藤勝 ブライアンズタイム(Alzao) コーラルS(ダ14阪)3人4着 8-3-2-10 4-1-0-4 1-0-0-3
良 2着サイレンスボーイ(牡5) 1 デムーロ マーベラスサンデー(ホリスキー) コーラルS(ダ14阪)5人1着 7-2-1-2 2-1-0-0 未出走
3着ヒシアトラス(牡4) 4 郷原 ティンバーカントリー(Alydar) マーチS(ダ18中)3人4着 5-3-1-5 0-0-0-1 0-0-0-2

05年1着ピットファイター(牡6) 5 安藤勝 Pulpit(Danzig) フェブラリーS(ダ16東)8人6着 8-3-0-5 0-0-0-1 1-0-0-2
良 2着オーガストバイオ(牡6) 10 池添 エンドスウィープ(トニービン) 甲南S(ダ18阪)1人1着   4-5-1-7 1-2-0-4 0-0-0-1
3着サワノブレイブ(牡4) 12 小牧 ブライアンズタイム(トニービン) コーラルS(ダ14阪)6人6着 4-6-1-7 4-3-0-1 0-0-0-1

06年1着フィフティーワナー(セ4) 2 武豊 Fusaichi Pegasus(Irish River) 摩耶S(ダ18阪)1人1着 4-0-1-0 2-0-0-0 未出走
良 2着ヒシアトラス(牡6) 1 横山典 ティンバーカントリー(Alydar) マーチS(ダ18中)2人1着 9-7-6-10 1-2-1-4 2-0-5-6
3着サカラート(牡6) 3 岩田 アフリート(サンデーサイレンス) フェブラリーS(ダ16東)14人6着 8-4-1-14 2-2-1-5 3-0-0-10

***********************************************************

 現在の開催時期になった過去7年の結果から見ていきます。人気は1人気が4連対、2人気が2連対、3人気が1連対、4人気が2連対、5人気が1連対、7人気が1連対、10人気が2連対、13人気が1連対となっています。1番人気の信頼度は高いですが、その他の上位人気の信頼度はイマイチです。馬連万馬券は01年、02年、05年の3度、3ケタ配当は03年、04年、06年の3度。大荒れになるかガチガチになるかのいずれかのようです。ただ、03年に別定戦になってからは順当に決まることが多いように見えます。

 性齢別で見ると、牝馬の連対はありません。過去10年で見てもありません。牝馬は消し。年齢別では、4歳が2連対、5歳が4連対、6歳が8連対、7歳以上は連対がありません。6歳馬の活躍が目立つ一方で、7歳以上馬は3着もありません。過去10年に範囲を広げても7歳以上は馬券に絡んだことがありません。ただ……最近、高齢馬の活躍が顕著なのでそろそろ7歳馬が来てもおかしくない気はします(笑)。過去7年で見ると騎手は武豊、安藤勝、伊藤直しか勝っていません。伊藤直はダ1800の鬼・スマートボーイによるものですが、他の連対騎手を見ると概ねリーディング上位の騎手です。

 前走別で見ると、マーチS組が5連対で最多です。フェブラリーS組が3連対、ダイオライト記念組、コーラルS組がそれぞれ2連対。甲南S、摩耶S組がそれぞれ1連対です。前走で芝を使っていた馬の連対はありません。順当に使われた馬が馬券に絡んでいますが、昨年フィフティーワナーが年明け緒戦のこのレースを制しています。休み明けだからと言って必ずしも消せません。マーチS組は大敗から巻き返す例がありますが、その他の重賞・OP特別組はレースを問わず6着以内が目安になりそうです。前走・1600万下から連対した3頭はいずれも前走を勝っていました。

 重賞未出走で馬券に絡んだ3頭はいずれも前走を勝っていました。京都ダートに複数回出走して、馬券に絡めていない馬はこのレースでも馬券になっていません。当たり前といえば当たり前ですが、このコースを苦にするような馬では上位に来れません。調べていないのですが、コースを問わず同距離のダ1800mで実績のある馬がよく来ている気がします。距離適性、コース適性に注目したいです。
 
◆チェックポイント◆
・7歳以上馬……クワイエットデイ、ストロングブラッド、カイトヒルウインド、クーリンガー
・牝馬……いない
・京都ダに複数回出走して、3着内がない……トーセンブライト
・前走・重賞(除マーチS)あるいはOP特別で7着以下……タガノサイクロン、エイシンラージヒル、ワンダーハヤブサ、マンオブパーサー、メイショウトウコン、ストロングブラッド
・前走・1600万下で2着以下……いない

 残ったのは、キクノアロー、ワイルドワンダー、オーガストバイオ、ヒシハイグレード、スナークファルコン、ヤマタケゴールデンの6頭。マーチS組が今回の出走馬の半数を占めて再戦ムードが強いですが、本命はキクノアロー。前走は岩田騎乗でしたが、アンカツに戻って鞍上強化。京都で1600万下を勝っていますし、軸馬としては信頼できそうです。年齢だけ引っかかりますが、大挙出走のマーチSを含めて2連勝中のクワイエットデイも外せないですね。上で書いたようにそろそろ7歳馬が馬券に絡んでも不思議じゃないですし。2枠流しで堅いと思います。枠だとヘンな馬がヒモに来ても対応できそうですし(笑)。枠連2-3、5、8の予定。配当があんまり付かないようならキクノアロー流しでもいいかな。

 ◎キクノアロー
 ○クワイエットデイ
 ▲ワイルドワンダー
 △メイショウトウコン
 △トーセンブライト

 



テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

07’東京競馬場グランドOP記念展望

★東京競馬場グランドオープン記念過去10年★ ※03年は東京競馬場リニューアル記念、それ以外はメトロポリタンS。02年以前は2300m。
       馬名(性齢)斤量   人気 騎手   父馬(母父)      前走(条件)着順      全成績 東京芝 重賞実績 
97年1着マウンテンストーン(牡4)57 1 田中勝 ダンスホール(パーソロン) 日経賞(芝25中)2人2着 3-6-2-10 1-3-0-4 1-2-1-2
良 2着エアダブリン(牡6)59 6 四位 トニービン(Nijinsky) 宝塚記念(芝22京)6人3着 5-1-4-3 3-1-0-1 3-1-4-1

98年1着サンデーカイザー(牡5)57 3 村山 サンデーサイレンス(Gleaming) 大阪ハンブルグ(芝25阪)4人1着 6-2-1-5 未出走 0-0-0-2
良 2着ツクバシンフォニー(牡5)58 1 横山典 Danehill(Top Ville) エイプリルS(芝20中)1人3着 2-7-3-4 2-4-0-3 0-4-1-3

99年1着セイウンエリア(牡4)56 1 岡部 シェリフズスター(ダイコーター) 日経賞(芝25中)6人2着 4-3-2-7 1-1-1-3 0-1-0-1
良 2着ホッカイルソー(牡7)56 3 蛯名 マークオブディスティンクション(ホッカイダイヤ)日経賞(芝25中)4人10着 4-3-6-6 1-0-2-1 1-1-4-5

00年1着メイショウドトウ(牡4)57 1 安田 Bigstone(Affirmed) 日経賞(芝25中)4人3着 5-3-1-5 未出走 1-1-1-0
良 2着クラフトマンシップ(牡5)53 6 北村 フレンチグローリー(パドスール) 内外T杯(芝16中)10人4着 4-0-3-17 3-0-1-5 未出走

01年1着ジーティーボス(牡4)52 10 小野 パラダイスクリーク(テンパレートシル) マーチS(ダ18中)11人14着 2-4-2-12 0-1-0-3 0-1-0-8
良 2着ファイトコマンダー(牡5)55 3 横山典 コマンダーインチーフ(ミホシンザン) 但馬S(芝20阪)4人1着 6-6-5-11 未出走 未出走

02年1着ツルマルボーイ(牡4)55 4 横山典 ダンスインザダーク(サッカーボーイ) 大阪杯(芝20阪)5人5着 4-1-2-8 未出走 1-0-0-4
稍重2着レディパステル(牝4)55 2 蛯名 トニービン(Blushing Groom) 中山牝馬S(芝18中)2人3着 4-3-3-1 1-1-0-0 1-1-2-1

03年1着タップダンスシチー(牡6)58 7 佐藤哲 Pleasant Tap(Northern Dancer)有馬記念(芝25中)13人2着 5-5-6-11 0-0-1-1 1-2-4-4
良 2着レディパステル(牝5)56 3 蛯名 トニービン(Blushing Groom) 中山牝馬S(芝18中)3人1着 5-4-5-3 1-2-0-1 2-1-4-3

04年1着シャドウビンテージ(牡4)53 3 後藤 コマンダーインチーフ(ノーザンテースト) アルゼンチン(芝25東)3人6着 3-2-0-2 2-1-0-1 0-0-0-2
良 2着タニノエタニティ(牡6)54 8 岡部 ラムタラ(カツラギエース) 中京記念(芝20名)12人15着 6-4-2-23 0-1-1-3 0-0-1-9

05年1着キーボランチ(牡6)53 5 柴田善 キンググローリアス(イエローゴッド) エイプリルS(芝20中)5人5着 4-4-6-22 未出走 0-1-1-6
良 2着エルノヴァ(牝6)54 2 デザーモ サンデーサイレンス(Sadler's Wells) 大阪ハンブルグ(芝25阪)2人5着5-9-2-10 2-2-1-4 0-1-1-2  

06年1着ハイアーゲーム(牡5)56 2 内田博 サンデーサイレンス(Law Society) ダイヤモンドS(芝34東)2人6着 3-1-4-10 3-1-1-4 1-0-3-10
良 2着エイシンニーザン(牡4)53 6 蛯名 フォーティナイナー(キャロルハウス) 大阪ハンブルグ(芝25阪)6人5着 3-3-1-8 1-0-0-1 0-0-0-3

***********************************************************

 過去10年の結果から見ていきます。人気は1人気が4連対、2人気が3連対、3人気5連対、4人気が1連対、5人気が1連対、6人気が3連対、7、8、10人気がそれぞれ1連対ずつとなっています。1番人気の信頼度はあまり高くありません。ただ上位3番人気までがそろって連を外したことはなく、11番人気以下の馬の連対もありません。馬連万馬券は01年の1度だけ、3ケタ配当も98年の1度だけ。1000~3000円くらいの配当になることが多いようです。性齢別で見ると、牝馬の連対が3度あります。東京芝およびオープン以上で実績のある牝馬なら狙えそうです。年齢別では、4歳が8連対、5歳が6連対、6歳が3連対、7歳1連対、8歳以上は連対がありません。総出走頭数を見てないのでハッキリとは言えませんが、高齢馬は若干不利かもしれません。

 99年以降の東京芝2400mの騎手連対率ではペリエ(0,470)がトップです。以下、藤田(0,294)、武豊(0,288)、佐藤哲(0,277)、デザーモ(0,272)、蛯名(0,247)、柴田善(0,247)、内田博(0,239)などとなっています。このレース自体では、横山典が1勝2着2回、蛯名が2着4回で目立った成績を挙げています。

 前走別で見ると、日経賞組が4連対で最多です。大阪ハンブルグC組が3連対、エイプリルS、中山牝馬Sがそれぞれ2連対。有馬記念、宝塚記念、アルゼンチン共和国杯、ダイヤモンドS、中京記念、マーチS、大阪杯、但馬S、内外タイムズ杯組がそれぞれ1連対です。前走でダートを使った馬は1連対のみで、芝を使った馬が優勢です。また3ヶ月以上の休み明けの馬も3頭います。休み明けと言って消せません。さまざまなレース、さまざまな着順から連対馬が出ているので、絞り込むのが難しいのですが、クラフトマンシップ以外は前走が1800以上でした。2400mのレースですし、極端に短い距離から参戦の馬は厳しそう。重賞を使った馬は人気・着順が関係ありませんが、OP特別、1600万下を使った馬は6着以内が目安。1000万下からの連対はありません。

 OP特別ですが、2頭を除いて重賞の出走経験がありました。しかも馬券に絡んでいる馬も多いです。ここがOP初挑戦という馬ではきつそう。それと関係しますが、ハンデが重い馬のほうが連対が多いように見えます。もっとも軽いハンデで連対したのはジーティーボスの52kg。その他は53kg以上です。連対馬のハンデの平均値を出してみたところ55,35kgでした。また、府中で未出走だった5頭を除けば、みな東京芝で複勝圏に入った経験があります。さらにタップダンスシチーを除く14頭は連対経験がありました。コース適性も重要と言えそうです。
 
◆チェックポイント◆
・8歳以上馬……ゴーウィズウインド、ダディーズドリーム、ブリットレーン、ラヴァリージェニオ
・東京芝で連対がない(府中未出走馬を除く)……サザンツイスター、ブリットレーン、ホーマンアラシ、ユメノシルシ
・重賞出走経験がない……ユメノシルシ
・11番人気以下……???
・ハンデ52kg以下……アドバンテージ、ゴーウィズウインド、ブリットレーン、ホーマンアラシ、メジロトンキニーズ、
・前走がダート……いない
・前走が1800m未満……いない
・前走がOP特別、1600万下で7着以下……アドバンテージ、ウイングランツ、サザンツイスター、チャクラ、ボンネビルレコード、メジロトンキニーズ、ラヴァリージェニオ
・前走が1000万以下……トロフィーディール

 残ったのはコスモプロデュース、チェストウイング、トウショウシロッコ、ブラックタイド、ラッキーブレイク、ルーベンスメモリーの6頭。この中ですとルーベンスメモリーは近走からいって買いにくい……。ラッキーブレイクはここ3走、芝を使ってみたもののサッパリ結果が出ていません。むしろ2項目で消しになっていますが、近走好調のユメノシルシのほうが気になります。母父もトニービンですしね。穴だとブラックタイドでしょうか。近3走の着順は冴えませんが、2走前の大阪城Sは勝ち馬と0,1差。G2ではキツイでしょうがG3やOP特別ならまだまだやれそうです。ここはチャンスと思います。正直、ディープインパクトよりも、怪我から復帰してOP特別や重賞で頑張っている兄・ブラックタイドのほうが俺は好きだなあ。頑張って欲しいです。

 ◎コスモプロデュース
 ○ユメノシルシ
 ▲ブラックタイド
 △チェストウイング
 △トロフィーディール





テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:1 | トラックバック:0 |

ガイセンシャ

 今週末は統一地方選の後半戦です。ここ弘前市でも市議会選挙があります。県議会選挙よりも地域あたりの候補者が多いので、街宣車のうるさいこと、うるさいこと(怒)。

 さっき通ったガイセンシャはこうのたまっていました。
 「思いやりと行動力の○○△△△!よろしくお願いします!」
 行動力はともかく、思いやりがあるなら身勝手な大音量での街宣を止めろよと問いただしたい気分になりました。寝ている赤ちゃんが目を覚まして泣いちゃうかもしれんだろ。

 もはや「街宣車」というよりは「害染車」ですね。選挙になれば騒ぎ出す連中を条例で規制してくれんかなあ。あ、条例を作るのは連中だった(笑)

テーマ:日記 - ジャンル:政治・経済

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

寒い春

4月になりましたが、青森県はなかなか暖かくなりません。最高気温が8~10度くらいの日が多いです。しかも天気が悪い日も多いので、かなり寒いです。関東以西では夏日の日もちらほらあるようですが、こちらではまだまだストーブが手放せません。もう少し暖かくなれば、公園で本を読んだりできるのですが、まだそうしたことはできませんね。ここ弘前は桜の名所ですが、開花は4月22日だそうです。でも、最終予報が出たあとも寒い日が続いているのでもう少し後にズレこんで、ちょうどゴールデンウィークに満開になるのでは?と思っています。

 昨日はばあちゃんと母と3人で食事をしてきました。弘前のイトーヨーカドーの8階の青森ロイヤルホテルのカフェです。量は若干少なめな気がしますが、値段が手ごろでおいしいです。俺はカレー&ハンバーグセットを食べました。日曜の昼間ということもあったのでしょうが、我々が店を出るときには、3組ほど外で待っていました。人気が出てきているお店のようです。毎月期間限定で、平日にはランチバイキングを980円で行っているそうです。彼女さんが帰省したときにでも一緒に行きたいものだと思いました。

 勉強のほうはボチボチやっております。毎日英書の和訳と、臨床に限らず心理学書をいろいろ読んだりしています。臨床じゃ食べていくのは難しいし、そのくせ入るのは難しいし、現実的なことを考えると心理学は心理学でも臨床じゃないほうがいいのかな?とも思うようになってきました。もう少ししたらまた研究計画書に取り掛からないといかんし、あんまり迷っている暇はないのですが、なかなか考えがまとまらないでいます。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

07’中山GJ&皐月賞回顧

 ◆中山GJ予想結果◆
 ◎カラジ……………………1着
 ○メルシーエイタイム……3着
 ▲リワードプレザン………2着
 △テレジェニック…………14着
 △スリーオペレーター……4着
 △アグネスハット…………落馬競争中止

 オーストラリアのカラジが見事3連覇を達成しました。安定した飛越、スコット騎手のペース配分も抜群で、まさに王者の走りでした。冷めたことを言えば、勝負に勝つためなら別に水車ムチはつかわんでもいいと思います。でも、ファンの期待に応えるあたり、スコット騎手は本当のプロですね。過去3年、同じようなステップ、同じような着順、同じような馬体重。もはや脱帽です。加えて日本勢もテイエムドラゴン、スプリングゲント、マルカラスカルと不在で、コウエイトライも回避してしまってかなり薄いメンバー。これでは王者カラジには勝てません。来年も元気にカラジがやってきて、スコット騎手の水車ムチが見られるのを心待ちにしたいです。

 メルシーエイタイムはカラジに勝ちに行っての3着なのでしょうがありません。というかよく3着に持ちこたえたように思います。未だに重賞未勝利ですが、勝てる日も近いでしょう。リワードプレザンは障害のキャリアが浅いですが、中山コースへの適性の高さがうまく発揮されたように思います。この馬も重賞を勝つ日は近いだろうと思います。父マチカネフクキタル。障害でもいいから重賞勝ち馬が出ればうれしいなあ。アグネスハットは最初の障害で落馬。正直、カラジとメルシーの2頭軸ではなく、カラジとアグネスの2頭軸にしようかとも思っていたので危ないところでした(笑)

 俺はほとんど障害の馬券を買わないのですが、障害も面白いですね。いや、馬券が当たったから言うわけじゃないですけど。今後は普通に障害重賞も買っていきたいと思います。

 ◆皐月賞予想結果◆
 ◎アドマイヤオーラ………4着
 ○フサイチホウオー……3着
 ▲ナムラマース…………11着
 △ドリームジャーニー……8着
 △アサクサキングス……7着
 △ヴィクトリー……………1着
 △フライングアップル……12着

 勝ったヴィクトリーの強さには参りました。調教でもレースでも我の強さを出して、ひっかかり気味にハナに立ちそのまま押し切り。「調教師も騎手も俺の邪魔をすんじゃねえ!勝てばいいんだろ?勝てば?」みたいな馬ですね(笑)。カツハル騎手もヴィクトリーの邪魔をせず、馬の気のままに走らせたのが良かったように思います。岩田騎手よりもあたりの柔らかいカツハル騎手のほうが合っているかもしれません。気持ちのいい勝利ジョッキーインタビューでした。GIはなかなか勝てなかったですが、JpnIなら勝てるのかもしれません。ブライアンズタイム産駒としても久々の大物出現ですね。ダービーでも人気はホウオー、オーラでヴィクトリーは3番人気くらいになりそうですが、侮れないように思います。ペースうんぬんよりも絡まれないですんなり行けるかがポイントでしょう。

 フサイチホウオーは惜しかったですね。4角で膨れなければ……。着差がハナ、ハナだけにスムーズに回ってこれれば勝ち負けだったと思います。たらればを言ってもしょうがないんですけども。あと、今までは根性の良さばかりが目立っていた気がしますが、今回の前に迫ってくる脚はかなりのものがありました。オペラオー的な脚だと感じました。しかし父と同じ3着、ついでに去年のフサイチジャンクとも同じ3着でしたね。アドマイヤオーラも去年のアドマイヤムーンと同じ4着。出負けして後方からの競馬になったのが痛かったですね。最後はいい脚で伸びてはいましたが……。次にどっちを使うかわかりませんが、ダービーでは厳しいような気もします。1600~2000くらいが適距離ではないでしょうか。

 サンツェッペリンは惜しかったですね。脚質は全然違いますが、京成杯1着→スプリングS大敗→皐月賞2着という戦跡はオースミブライトにちょっと似ていますね。一旦は前に出たのに、ヴィクトリーに差し返されてしまいました。戦前にネットで読んだのですが、この馬100万円で取引されていたそうです。血統もかなり地味ですしね。牧場の方は無事完走、できれば中小牧場に元気を与えるために優勝してほしいと語り、初めて生産馬の応援のために競馬場へ向かうと語っていました。本当に惜しかった。ダービーでこの馬が来るイメージは湧かないのですが、重賞の1つや2つは勝てそうですね。ラジオNIKKEI賞とか中山金杯あたりかなあ。

 馬券的には俺にはどうしようもないですね。ヴィクトリーはまだしも、サンツェッペリンは買えません。気を取り直して来週のレースを当てていきたいです。フローラSも福島牝馬Sも荒れがちですし、アンタレスSで勝負したいと思います。

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

07’中山グランドジャンプ展望

★中山グランドジャンプ過去8年★
        馬名(性齢)  人気 騎手          父名(母父)              前走       着    全障害 障害重賞 中山障害
06年1着(外)カラジ(セ11)      2 スコット Kahyasi(Shantung) ペガサスJS(障33,5中)2人4着 1-1-1-0 1-0-0-0 1-1-1-0
良 2着テイエムドラゴン(牡4) 1 白浜 アドマイヤベガ(マルゼンスキー) 阪神SJ(障39阪)1人1着 4-0-0-1 3-0-0-0 1-0-0-0
3着テレジェニック(セ6) 3 金子 サクラバクシンオー(スリルショー) ペガサスJS(障33,5中)6人1着 3-5-4-10 0-1-0-5 1-2-4-4

05年1着(外)カラジ(セ10) 1 スコット Kahyasi(Shantung) ペガサスJS(障33,5中)6人3着 0-0-1-0 未出走 0-0-1-0
良 2着チアズシャイニング(牡6) 5 横山義 コマンダーインチーフ(ノーザリー) 阪神SJ(障39阪)1人5着 3-3-2-10 0-0-0-5 2-0-0-2
3着ローレルロイス(牡5) 10 山本 ジェニュイン(ジェイドロバリー) 障害OP(障31,7阪)6人9着 3-2-0-2 0-1-0-1 未出走

04年1着ブランディス(セ7) 2 大江原 サクラバクシンオー(Alleged) 中山大障害(障41中)3人1着 5-1-1-1 1-0-0-0 5-1-0-1
良 2着メルシータカオー(セ5) 7 出津 サクラユタカオー(マルゼンスキー) 障害OP(障31,7阪)2人3着 2-1-5-2 0-0-0-1 0-0-1-1
3着メジロオーモンド(牡6) 14 林 リンドシェーバー(ノーザンテースト) 障害OP(障32,1中)2人2着 1-3-1-4 0-0-0-1 1-2-0-0

03年1着ビッグテースト(牡5) 4 常石 ノーザンテースト(Crafty Prospector) ペガサスJS(障33,5中)2人3着 4-2-3-3 未出走 2-0-1-0
良 2着ギルテッドエージ(牡6) 1 ロケット ティンバーカントリー(ノーザンテースト) ペガサスJS(障33,5中)1人1着4-2-2-13 1-0-0-2 3-0-1-1
3着(外)セントスティーヴン(セ9)2 スコット Hula Town(In the Purple) ペガサスJS(障33,5中)3人4着 1-0-0-2 1-0-0-0 1-0-0-2

02年1着(外)セントスティーヴン(セ8)5 ソーントン Hula Town(In the Purple) ペガサスJS(障33,5中)3人6着 0-0-0-1 未出走 0-0-0-1
良 2着ゴーカイ(牡9) 1 横山義 ジャッジアンジェルーチ(カツラノハイセイコ) ペガサスJS(障33,5中)2人5着 8-7-3-7 4-3-0-3 4-5-2-3
3着フサイチゴールド(牡6) 2 三浦 ノーザンテースト(Beldale Flutter) ペガサスJS(障33,5中)8人1着 2-0-0-1 未出走 1-0-0-1

01年1着ゴーカイ(牡8) 2 横山義 ジャッジアンジェルーチ(カツラノハイセイコ) 春麗JS(障33東)1人2着 6-5-3-5 3-2-0-3 3-3-2-2
良 2着ミナミノゴージャス(牡6) 6 田口 Trempolino(Chief's Crown) ペガサスJS(障33,5中)2人2着 3-4-0-4 0-1-0-2 3-2-0-2
3着ダンシングターナー(牡6) 4 熊沢 ダンシングブレーヴ(イエローゴッド) 阪神SJ(障39阪)10人1着 2-0-0-3 1-0-0-0 未出走

00年1着ゴーカイ(牡7) 1 横山義 ジャッジアンジェルーチ(カツラノハイセイコ) 障害OP(障32中)1人1着 4-3-2-5 1-1-0-2 2-2-1-2
稍重2着(外)ボカボカ(セ6) 11ドゥーメン Mandalus(Bonne Noel) ジャーナリスト賞(障38仏)1着    日本では未出走
3着(外)ジアウトバックウェイ(セ10) 10 ウィリアム Kambalda(Menelek) クイーンマザーCC(障32英)4着 日本では未出走

99年1着メジロファラオ(牡6) 6 大江原 アレミロード(モガミ) 障害OP(障32,1中)3人5着 2-1-1-3 未出走 0-1-0-2
不良2着ケイティタイガー(牡10) 4 田中剛 スーパールーセント(ダイコーター) 阪神SJ(障38阪)7人3着 7-11-5-10 2-5-5-1 1-1-2-2
3着ヨイドレテンシ(牡5) 9 嘉堂 エルセニョール(Grey Dawn) 阪神SJ(障38阪)13人10着 2-1-2-4 0-0-0-3 未出走

**********************************************************

 過去8年のデータを見ていきます。連対馬の人気は、1人気が5頭、2人気が3頭、4人気が2頭、5人気が2頭、6人気が2頭、7人気1頭、11人気が1頭です。1番人気馬は(2-3-0-3)とそれなりに信頼できそうですが、他は満遍なく馬券に絡んでいる感があります。2ケタ人気馬が1連対、4頭馬券になっていますが、連対したボカボカは外国馬(しかし海外での前走を勝利していた)でした。日本馬は本番で7番人気以内が連対の目安になりそうです。騎手では引退した大江原騎手が2勝、横山義騎手が2勝2着2回、スコット騎手が2勝3着1回などとなっています。騎手での注目は横山義騎手とスコット騎手と言えそうです。年齢では4歳馬1連対、5歳馬2連対、6歳馬5連対、7歳馬2連対、8歳馬2連対、9歳馬1連対、10歳馬2連対、11歳馬1連対。数だけみれば6歳馬優勢に見えますが、率で見ると各世代に大きな差はないようです。牝馬は過去3頭参戦していますが、いずれも着外に終わっています。

 ステップレースを見てみると前哨戦のペガサスジャンプS組が7連対で最多です。以下阪神ジャンプS組が3連対、中山の障害OP特別が2連対、中山大障害、春麗ジャンプS、フランスのジャーナリスト賞、阪神の障害OP特別がそれぞれ1連対となっています。注目すべきはやはりペガサスジャンプSでしょう。ここを使って馬券に絡んだ9頭は皆ペガサスJSで6着以内でした。阪神スプリングJから連対した3頭の前走着順は1,3,5着。中山・阪神の障害OP特別から連対した馬の前走着順も3,1,5着。これもやはり掲示板に載っているのが望ましい。というか中山グランドジャンプの連対馬16頭のうち、前走で掲示板を外しているのは、02年の勝ち馬セントスティーヴンのみで、それも6着でした。レースを問わず前走で掲示板を外している馬は狙いにくいです。ただし連対ではなく、3着馬ですとヨイドレテンシやローレルロイスが前走の大敗(人気もない)から食い込んできています。3着には穴馬が来るかも?

 連対馬の障害での戦績(海外馬を除く)はテイエムドラゴンの5戦が最少、33戦のケイティタイガーが最多です。経験が豊富な分には何戦していても良さそうですが、5戦未満ですと障害でのキャリアの浅さを露呈するかも?ただし、3着にはキャリア3戦のフサイチゴールドも入ってはいます。また、連対した日本馬はみな2勝以上していました。未勝利しか勝ったことのない馬では連対は困難。また、中山実績はかなり重要です。中山で未出走だった馬と外国馬を除けば、馬券に絡んだ馬(15頭)はみな3着内の経験を持っていました。しかもメルシータカオーを除いた馬はみな連対、さらにメジロファラオを除いた馬は中山の障害で勝利経験がありました。国内馬で中山障害(0-0-0-1)(0-0-0-2)という馬では、中山……というかこのレースを乗り越えるのは厳しそう。


◆チェックポイント◆
・前走・ペガサスJSで7着以下:キャピタルゲイン、トウショウトリック、パーソナルドラム、ノーヒーロー、リアルトニック
・前走・それ以外のレースで6着以下:ドゥーワンズベスト
・このレースで8番人気以下:???
・牝馬:キャピタルゲイン
・障害で5戦未満:メジロハスラー、リワードプレザン
・障害で1勝のみ:ファントムスズカ、ドゥーワンズベスト、トウショウトリック、キャピタルゲイン
・中山の障害に既出走かつ複勝圏がない日本馬:キャピタルゲイン、ストームセイコー、ドゥーワンズベスト

 残った日本馬は、アグネスハット、スリーオペレーター、テレジェニック、マウントフォンテン、メルシーエイタイム。この中では中山実績が未勝利で3着があるのみのマウントフォンテンはちょっと微妙。逆に近走を考えれば、キャリア4戦ですがリワードプレザンのほうが気になります。3連覇を狙うカラジはもちろん外せません。日本馬の面子が寂しいですし、3連覇の可能性も十分でしょう。

 ◎カラジ
 ○メルシーエイタイム
 ▲リワードプレザン
 △テレジェニック
 △スリーオペレーター
 △アグネスハット

テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

07’皐月賞展望

★皐月賞過去10年★
        馬名    人気 騎手          父名(母父)            前走       着   全成績 重賞  中山芝
06年1着メイショウサムソン 6 石橋 オペラハウス(ダンシングブレーヴ) スプリング(芝18中)4人1着 4-3-1-1 1-2-0-0 1-0-0-0
良 2着ドリームパスポート 10 高田 フジキセキ(トニービン) スプリング(芝18中)2人3着 2-3-2-0 1-0-1-0 0-0-1-0
3着フサイチジャンク 2 岩田 サンデーサイレンス(Bellotto) 若葉S(芝20阪)1人1着 4-0-0-0 未出走 1-0-0-0

05年1着ディープインパクト 1 武豊 サンデーサイレンス(Alzao) 弥生賞(芝20中)1人1着 3-0-0-0 1-0-0-0 1-0-0-0
良 2着シックスセンス 12 四位 サンデーサイレンス(デインヒル) 若葉S(芝20阪)2人4着 1-2-1-4 0-1-0-3 0-1-0-0
3着アドマイヤジャパン 3 横山典 サンデーサイレンス(Caerleon) 弥生賞(芝20中)3人2着 2-1-1-0 1-1-1-0 1-1-0-0

04年1着ダイワメジャー 10 デムー サンデーサイレンス(ノーザンテースト) スプリング(芝18中)11人3着 1-1-1-1 0-0-1-0 0-1-1-0 
良 2着コスモバルク 1 五十冬 ザグレブ(トウショウボーイ)        弥生賞(芝20中)2人1着 5-2-0-0 2-0-0-0 1-0-0-0
3着メイショウボーラー 6 福永 タイキシャトル(Storm Cat) 弥生賞(芝20中)3人2着 4-2-0-0 2-2-0-0 0-2-0-0
   
03年1着ネオユニヴァース 1 デムー サンデーサイレンス(Kris) スプリング(芝18中)2人1着 4-0-1-0 2-0-0-0 1-0-0-0
良 2着サクラプレジデント 2 田中勝 サンデーサイレンス(マルゼンスキー) スプリング(芝18中)1人2着 2-2-0-0 1-2-0-0 0-2-0-0
3着エイシンチャンプ 3 福永 ミシエロ(Manila) 弥生賞(芝20中)2人1着 4-4-0-2 2-0-0-1 2-0-0-0

02年1着ノーリーズン    15 ドイル ブライアンズタイム(Mr. Prospector)  若葉S(芝20阪)2人7着 2-0-0-1 未出走 未出走
良 2着タイガーカフェ 8 デムー サンデーサイレンス(Bellotto) 弥生賞(芝20中)7人3着 2-0-2-2 0-0-1-1 1-0-2-0
3着タニノギムレット 1 四位 ブライアンズタイム(クリスタルパレス) スプリング(芝18中)1人1着 4-1-0-0 3-0-0-0 1-0-0-0

01年1着アグネスタキオン 1 河内  サンデーサイレンス(ロイヤルスキー) 弥生賞(芝20中)1人1着 3-0-0-0 2-0-0-0 1-0-0-0
良 2着ダンツフレーム 3 藤田  ブライアンズタイム(サンキリコ)  アーリント(芝16阪)1人1着 4-2-0-0 1-1-0-0 未出走
3着ジャングルポケット 2 角田 トニービン(Nureyev) 共同通信杯(芝18東)1人1着 3-1-0-0 2-1-0-0 未出走

00年1着エアシャカール 2 武豊  サンデーサイレンス(Well Decorated) 弥生賞(芝20中)4人2着 2-2-0-1 0-1-0-0 1-1-0-0
稍重2着ダイタクリーヴァ 1 高橋亮 フジキセキ(サクラユタカオー) スプリング(芝18中)1人1着 4-1-0-0 2-0-0-0 1-0-0-0
3着チタニックオー 13 角田 トウカイテイオー(リアルシャダイ) 弥生賞(芝20中)9人6着 1-2-2-4 0-1-0-1 0-0-0-1

99年1着テイエムオペラオー5 和田  オペラハウス(Blushing Groom) 毎日杯(芝20阪)3人1着 3-1-0-1 1-0-0-0 未出走
良 2着オースミブライト 6 蛯名  ラストタイクーン(モーニングフローリック)スプリング(芝18中)2人7着 3-0-2-2 1-0-1-2 1-0-0-2
3着ナリタトップロード 2 渡辺 サッカーボーイ(Affirmed) 弥生賞(芝20中)2人1着 3-1-1-0 2-0-0-0 1-0-0-0

98年1着セイウンスカイ 2 横山典 シェリフズスター(ミルジョージ) 弥生賞(芝20中)3人2着 2-1-0-0 0-1-0-0 2-1-0-0
良 2着キングヘイロー 3 福永  ダンシングブレーヴ(Halo) 弥生賞(芝20中)1人3着 3-1-1-0 1-1-1-0 0-0-1-0
3着スペシャルウィーク 1 武豊 サンデーサイレンス(マルゼンスキー) 弥生賞(芝20中)2人1着 3-1-0-0 2-0-0-0 1-0-0-0
 
97年1着サニーブライアン 11 大西  ブライアンズタイム(スイフトスワロー) 若葉S(芝20中)1人4着 2-1-1-4 0-0-1-1 1-1-1-2
良 2着シルクライトニング 10 吉田  ブライアンズタイム(イルドブルボン)  若葉S(芝20中)5人1着 2-5-1-0 未出走 1-2-1-0
3着フジヤマビザン 12 村本 アンバーシャダイ(スカイマスター) 若葉S(芝20中)6人2着 2-2-0-0 未出走 0-1-0-0
 
96年1着イシノサンデー 4 四位  サンデーサイレンス(Alydar) 弥生賞(芝20中)1人3着 3-1-2-0 0-1-1-0 0-0-1-0
良 2着ロイヤルタッチ 1 南井  サンデーサイレンス(マルゼンスキー) 若葉S(芝20中)1人2着 3-1-0-0 2-0-0-0 0-1-0-0

**********************************************************

 過去10年のデータを見ていきます。連対馬は1人気が5回、2人気が3回、3人気が2回、5人気が1回、6人気が2回、8人気1回、10人気が3回、11人気が1回、12人気が1回、15人気が1回です。1番人気馬は(3-2-2-3)とそれなりに信頼できそうですが、他は満遍なく馬券に絡んでいる感があります。2ケタ人気馬が6連対、8頭も馬券になっています。今年は上位拮抗で人気も割れそうですし、一筋縄ではいかないように思います。騎手ですが過去10年では武豊とデムーロが2勝しています。ただしデムーロは今回は不在。武豊は通算では3勝しています。今年も有力馬のアドマイヤオーラ騎乗ですので当然ながら要注意。他では横山典が1勝3着1回、福永が2着1回3着2回で好成績です。ただ、武豊と外人騎手が目立つくらいで、若手からベテランまでいろいろな騎手が馬券に絡んでいます。あまり騎手は気にしなくてもいいかもしれません。

 ステップレースを見てみるとトライアルレースの弥生賞組、同じくTRのスプリングS組が7連対で最多です。以下、TRの若葉S組が4連対、毎日杯、アーリントンC組が1連対となっています。3着まで含めてもTR以外ではジャングルポケットの3着があるのみです。TR以外の重賞からの参戦馬は例外なく勝利しています。弥生賞からの連対には前走3着以内が必須です。4着以下から巻き返した例は90年の2着馬アイネスフウジン(弥生賞は4着)までさかのぼらないとなりません。ただし、3着ならチタニックオー(弥生賞9人6着)もいます。スプリングS組は3着以内が望ましいですが、オースミブライト(スプリングS2人7着)のような例もあります。人気で負けた場合は巻き返す余地があるかもしれません。若葉S組の解釈が難しいですが、5人気以内であることが条件となりそうです。サニーブライアンやノーリーズンのようにある程度の人気を背負って負けているならば、着順はあまり問題ではなさそうです。

 連対馬の戦績は3戦(ノーリーズン、セイウンスカイ、ディープインパクト)が最少、9戦のメイショウサムソンが最多です。3~9戦が理想です。ただし3着には10戦していた03年のエイシンチャンプもいました。重賞に出走していながら3着内に入ったこともない馬(0-0-0-1、0-0-0-2など)は不要。3着まで含めても同様です。そして、中山芝に出走していながら3着以内に入れない馬は連対していません(3着ならチタニックオーがいる)。父サンデーサイレンスの馬が圧倒的に強く8連対しています。芝2000はサンデーのベスト条件でしょう。ブライアンズタイム産駒も4連対と活躍が目立ちます。また父系がミスタープロスペクター系の馬は03年の3着馬エイシンチャンプがいるのみで連対はありません。

◆チェックポイント◆
・前走・弥生賞で4着以下:モチ、メイショウレガーロ
・前走・スプリングSで4着以下(重賞勝馬を除く):フェラーリピサ
・前走・若葉Sで6人気以下:サンライズマックス
・前走がTR以外で敗退:コートユーフォリア、ニュービギニング、ローレルゲレイロ
・前走がTR若葉S以外のOP、500万下:エフティイカロス、ブラックシャンツェ
・3ヶ月以上の休み明け:いない
・キャリア3~9戦ではない:ココナッツパンチ、ナムラマース
・重賞に出走済で3着内の実績がない:モチ、フェラーリピサ、コートユーフォリア、ブラックシャンツェ
・中山に出走済で3着内の実績がない:モチ、フェラーリピサ、ブラックシャンツェ
・父ミスプロ系:エーシンピーシー

 残ったのは、アサクサキングス、アドマイヤオーラ、ヴィクトリー、サンツェッペリン、ドリームジャーニー、フサイチホウオー、フライングアップル、マイネルシーガルの8頭。全然絞れません(笑)。ただレースのレベルを考えるとスプリングS組は不要と思えます。買うとしても勝ったフライングアップルだけで十分でしょう。そしてきさらぎ賞を買ったアサクサキングスですが、きさらぎ賞から直行して皐月賞で馬券になったのは、90年の勝ち馬ハクタイセイ以来いません。きさらぎ賞から直行する馬が多くないということもありますが、微妙なローテ。それはフサイチホウオーにも言えます。3着だった父と同じローテというのは気になります。

 ◎アドマイヤオーラ
 ○フサイチホウオー
 ▲ナムラマース
 △ドリームジャーニー
 △アサクサキングス
 △ヴィクトリー
 △フライングアップル

 なんだか印が多くなってしまいましたが、混戦なのでやむなし。馬券は◎○2頭軸3連複、あるいはヒモを絞って◎からの馬連を考えています。◎も○も勝ちきるかは微妙ですが、騎手の腕で複勝圏には持ってきてくれるでしょう。ナムラマースが人気の盲点になる気がしますが、昨年のメイショウサムソンやかつてのテイエムオペラオーに似ている気がします。若手も馬券に絡むレースですし、ナムラマースと藤岡(兄)も手が合っているように見えます。田中勝や蛯名はGIで軸にはちょっとできません(笑)

テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:2 | トラックバック:0 |

07’桜花賞回顧

 ◆桜花賞結果◆
 ◎ウオッカ………………2着
 ○ダイワスカーレット…1着
 ▲アストンマーチャン…7着
 △カタマチボタン………3着
 △ショウナンタレント…13着

 今年一番の会心のレースでした。1角崩れるならアストンマーチャン、崩すならカタマチボタンと公言してそのとおりになりました。去年の桜花賞もアンカツで的中、そして昨日の阪神牝馬Sでも藤田のおかげで的中。この2人にはしばらく足を向けて寝られません(笑)。アストンマーチャンはパドックでも入れ込んでいましたし、道中もひっかかっていてこれはダメだと思いました。血統的にも気性的にも1600をこなせますが、ベストではないということでしょう。次はNHKマイルCでしょうが、軸にはできないかなあ。ヒモにはするかもしれませんが。

 ダイワスカーレット&アンカツは思い通りの競馬だったのではと思います。アストンと違って気性が大人で、鞍上の意のままに動く自在性がこれまでのレースから伺えましたが、今回も遺憾なく発揮されました。母のレースは見ていませんが、母スカーレットブーケ&姉ダイワルージュの雪辱を果たす桜花賞勝利でした。2000mでデビューしているように、オークスの2400mも問題なさそうですし、オークスの軸としては堅そうです。先々が楽しみな馬です。

 ウオッカは、「スーパー競馬」で解説陣が語っていたように、直線では内にヨレ気味で足があがって苦しそうでした。2着まで押し上げたのはさすがの地力ですが、距離が伸びるのはどうなんでしょうかね。血統的にはむしろ距離が伸びてこそという風にも見えるのですが。戦前はダービー挑戦も視野に入っているという話でしたが、ダイワスカーレットに雪辱を果たさねばならんでしょう。オークスもウオッカ&ダイワの2頭軸で良さそうな気がします。

 そしてカタマチボタン。桜花賞展望の日記でも書いたように、穴馬はこの馬しかいないと思っていました。藤田には昨日も今日もお世話になりました。今回も3着と複勝圏をキープ。いい根性を見せてくれたと思います。ただ……オークスはベッラレイアだのザレマだの今回いなかった馬も出てくるでしょうし、この馬自身、父がステイヤーのダンスですが、母がスプリンターだったタヤスブルーム。距離延長はプラスではないと思います。今回儲かったので、オークスでもヒモにはしますけど。

 受験後のフェブラリーSの前に入金してから、勝ったり負けたりしながら入金せずにやりすごしてきましたが、ここに来て大幅プラスになりました。今年の回収率も113%まで押し上げましたv( ̄ー ̄)v。このままマイナスに落ちることなく年末まで行きたいものです。調子に乗らずチビチビと1000円未満の勝負を繰り返しますよ。「勝って兜の緒を締めよ」ともいいますしね。

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

投票

 さっき県議会選の投票に行ってきました。明確な争点がないので、投票率は伸び悩むだろうと新聞に書いてありましたし、俺もそう思います。何の選挙でもそうですが、「投票に行きましょう!」と広報で呼びかけています。しかし、呼びかけているだけでは投票率が上がらないのは事実。そこで……投票率が一定以上の自治体には交付金を与えるというのはどうでしょうか(もしも既に行われていたらすいません)?

 国民や自治体の自主性に任せていたのでは、よっぽどのこと(EX.テポドンが着弾など)がない限り、投票率は上がらん気がします。それによっぽどのことがあってから、国民が政治に危機感を持ってももう手遅れだと思うのです。そこで交付金というエサで釣ってみる。自治体は……ファミリー向けに選挙にきた人には缶ジュースの一本とか選挙マスコットキャラクターを作って、それのストラップをあげるとか。選挙に行くとこれがもらえる!というようなエサを用意しましょう。

 即興で考えたんですが、ダメですかね?というか投票率が上がると困る人たちが国会議員をやってたりするから実現が難しいかなあ。

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『魔法の鏡』

『魔法の鏡』

風呂あがりに鏡に自身の姿を映してみれば

仮面の下の素顔に嫌気が差してくる

たるんだ腹には怒りが込み上げてくる



その顔を美しいと思えるほど面の皮は厚くないし

その腹でいい身体と思えるならひどいナルシスト

思わず鏡から目をそらしたくなりそう



でも、モノは捉え方一つで変わるだろう

鏡に映っているのは欠点でもあり改良点

それを素直に受け止められたなら

きっと明日は今日より美しい姿



もしも鏡が魔法の鏡で心まで映すとしたらどうだろう?

ほとんどの人は直視できないかもしれない

けれど、それを受け止められたなら

きっと明日は今日より美しい心



たとえそれで自己嫌悪に陥っても

過去の自分自身を乗り越えようとするなら

周りの人は、そして僕だって手を差しのべよう



他人に勝つ必要はない

昨日の自分に克てればそれでいい

僕も今ならばそんな風に思えるんだ

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~モザイクハーツ~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

07’桜花賞展望

★桜花賞過去10年★
        馬名      人気 騎手      父名(母父)        前走    着   全成績  阪神芝   重賞
06年1着キストゥヘヴン 6 安藤勝 アドマイヤベガ(ノーザンテースト) フラワーC(芝18中)6人1着 2-3-0-0 未出走 1-0-0-0
良 2着アドマイヤキッス 1 武豊 サンデーサイレンス(ジェイドロバリー) チューリッ(芝16阪)2人1着 2-2-0-0 1-1-0-0 1-0-0-0
3着コイウタ 5 横山典 フジキセキ(ドクターデヴィアス) クイーンC(芝16東)1人1着 4-0-1-2 0-0-0-1 1-0-1-1

05年1着ラインクラフト 2 福永 エンドスウィープ(サンデーサイレンス) Fレビュー(芝14阪)1人1着 3-0-1-0 1-0-1-0 2-0-1-0
良 2着シーザリオ 1 吉田稔 スペシャルウィーク(Sadler's Wells) フラワーC(芝18中)1人1着 3-0-0-0 1-0-0-0 1-0-0-0
3着デアリングハート 10 デムー サンデーサイレンス(Danzig) Fレビュー(芝14阪)7人2着 1-2-1-2 0-1-0-1 0-1-0-1

04年1着ダンスインザムード 1 武豊  サンデーサイレンス(Nijinsky)  フラワーC(芝18中)1人1着 3-0-0-0 未出走 1-0-0-0
良 2着アズマサンダース 7 蛯名  サンデーサイレンス(シンボリルドルフ) チューリッ(芝16阪)3人2着 1-2-0-1 0-1-0-1 0-2-0-1
3着ヤマニンシュクル 4 四位 トウカイテイオー(Nijinsky) チューリッ(芝16阪)2人3着 3-1-2-0 1-0-1-0 1-0-2-0
   
03年1着スティルインラブ 2 幸 サンデーサイレンス(Roberto)  チューリッ(芝16阪)1人2着 2-1-0-0 1-1-0-0 0-1-0-0
良 2着シーイズトウショウ 13 池添 サクラバクシンオー(トウショウフリート) チューリッ(芝16阪)5人4着 1-3-2-2 0-1-0-2 0-1-0-2
3着アドマイヤグルーヴ 1 武豊 サンデーサイレンス(トニービン) 若葉S(芝20阪)1人1着 3-0-0-0 2-0-0-0 未出走

02年1着アローキャリー    13 池添  ラストタイクーン(サンキリコ) アネモネS(芝14中)1人8着 2-3-3-3 0-1-0-0 0-1-0-1
良 2着ブルーリッジリバー 7 四位  フジキセキ(ノーザンテースト) Fレビュー(芝14阪)3人4着 2-1-0-3 0-0-0-1 0-1-0-2
3着シャイニンルビー 1 岡部 サンデーサイレンス(ノーザンテースト) クイーンC(芝16東)2人1着 2-0-0-1 未出走 1-0-0-0

01年1着テイエムオーシャン 1 本田  ダンシングブレーヴ(リヴリア) チューリッ(芝16阪)1人1着 4-0-1-0 2-0-0-0 2-0-1-0
良  2着ムーンライトタンゴ 4 四位  ダンスインザダーク(トニービン)  500万下(芝16阪)9人1着 2-1-0-1 1-0-0-0 未出走
3着ダイワルージュ 2 北村 サンデーサイレンス(ノーザンテースト) アネモネS(芝16中)1人1着 3-1-0-0 0-1-0-0 1-1-0-0

00年1着チアズグレイス    6 松永幹 サンデーサイレンス(Al Nasr) チューリッ(芝16阪)1人10着 2-2-0-3 0-0-0-2 0-0-0-2
良  2着マヤノメイビー    7  幸 Miswaki(Nijinsky) 阪神3牝S(芝16阪)2人3着 2-0-1-0 1-0-1-0 0-0-1-0
3着シルクプリマドンナ 3 藤田 ブライアンズタイム(Northern Dancer) 4歳牝特(芝14阪)2人2着 2-1-0-0 0-1-0-0 0-1-0-0

99年1着プリモディーネ 4 福永  アフリート(マルゼンスキー)      チューリッ(芝16阪)3人4着 2-0-0-1 0-0-0-1 1-0-0-1
良  2着フサイチエアデール 2 武豊  サンデーサイレンス(Mr. Prospector) 4歳牝特別(芝14阪)1人1着 3-2-0-2 2-1-0-1 2-0-0-0
3着トゥザヴィクトリー 5 幸 サンデーサイレンス(Nureyev) アネモネS(芝16阪)1人3着 2-1-1-0 1-0-1-0 未出走

98年1着ファレノプシス    3 武豊 ブライアンズタイム(Storm Cat) チューリッ(芝16阪)1人4着 3-0-0-1 1-0-0-1 0-0-0-1
良  2着ロンドンブリッジ   4 松永幹 ドクターデヴィアス(Danzig)  4歳牝特別(芝14阪)1人4着 3-0-0-1 0-0-0-1 1-0-0-1
3着エアデジャヴー 9 横山典 ノーザンテースト(Well Decorated) クイーンC(芝16東)4人2着 1-3-0-1 未出走 0-1-0-0
 
97年1着キョウエイマーチ  1 松永幹 ダンシングブレーヴ(ブレイヴェストR) 4歳牝特別(芝14阪)1人1着 4-0-1-0 1-0-1-0 1-0-0-0 
不良2着メジロドーベル 2  吉田  メジロライアン(パーソロン)    チューリッ(芝16阪)1人3着 4-0-1-1 1-0-1-0 1-0-1-1
3着ホーネットピアス 8 木幡 サンデーサイレンス(ノーザンテースト) フラワーC(芝18中)5人5着 2-1-1-1 未出走 0-0-0-1

***********************************************************

 過去10年のデータを見ていきます。連対馬は1人気が5連対、2人気が4連対、3人気が1連対、4人気が3連対、6人気が2連対、7人気が3連対、13人気が2連対。最も低い人気で来たのは02,03年アローキャリーとシーイズトウショウの13番人気です。馬連万馬券に02、96年になっていますし、その他でも数千円の中荒れもあります。吉田、蛯名は桜花賞の連対があり、阪神芝1600の連対率もいいですが、他の関東騎手はサッパリです。割引が必要かもしれません。関東騎手が乗って連対した関東馬はメジロドーベルのみです。関東馬の乗る関東馬は上位人気(1番人気?)に押されるくらいでなければ連には不要でしょう。

 ステップレースを見てみるとチューリップ賞組が9連対で最多。フィリーズレビュー(4歳牝馬特別・西)組が5連対、フラワーC組が3連対、アネモネS、阪神JF、500万下が1連対となっています。クイーンC組は11年前にイブキパーシヴが2着に入っていますが、近10年では連対がありません。3着には3度入っていますがいずれもクイーンCで連対した馬です。チューリップ賞で負けた馬の巻き返しもありますが、前走で5番人気以内でした。トーナメント戦の様相を呈すクラシック戦線ですので、TRで人気にもならない馬では本番でも不要なのでしょう。Fレビュー組も同じような感じで、デアリングハートを除いては前走で3番人気以内で、実際の着順も4着以内の馬が本番でも好走しています。フラワーC組が3年連続で連対していますが、3頭ともフラワーC勝ち馬です。フラワーCは勝ち馬だけ狙っていれば良さそうです(ただし10年前に5着馬が3着に入ってはいる)アネモネS組は連対がなく、3着が2度あるのみです。そしてその2頭は前走の1番人気馬でした。01年の2着馬・ムーンライトタンゴは前走500万下からの参戦ですが、これは例外的と考えて良さそうです。

 近10年の連対馬でチアズグレイス以外は阪神芝あるいは重賞で連対歴がありました。桜花賞が重賞初挑戦という馬はムーンライトタンゴしか連対していません。サンデー産駒は6連対。他にフジキセキ、ダンスインザダーク、スペシャルウィーク、アドマイヤベガ産駒の連対もあり、サンデー系としての影響力が増してきています。戦績は3戦が最少、11戦のアローキャリーが最多です。ただ、アローキャリーは地方出身なので、中央のみで走った馬ではシーイズトウショウの8戦が最多。3着まで含めても同様です。3~8戦が理想のようです。またアズマサンダース、シーイズトウショウ以外は2勝以上です。12年前のダンスパートナー、ワンダーパフュームも1勝馬でしたが、望ましくはないでしょう。トライアルでギリギリ権利を取ったような馬は微妙。

 旧コースでの桜花賞では内枠不利が顕著でした。新コースではどうなのか?ということで新コースの芝1600の結果を調べてみました。昨年12月から先週までで阪神芝1600mのレースは22レース行われ、連対数は……1枠=6回、2枠=6回、3枠=6回、4枠=5回、5枠=4回、6枠=8回、7枠=5回、8枠=4回となっています。展開や馬場状態もあるでしょうが、結果だけを見ると枠の有利不利はなさそうです。

 ◆チェックポイント◆
・前走・チューリップ賞で6番人気以下:いない
・前走・Fレビューで5着以下:クーヴェルチュール
・前走・フラワーCで負けている:いない
・前走・クイーンCで連対していない:アポロティアラ
・前走・アネモネSで1番人気ではない:フローラルカーヴ
・前走がダート戦:ベリーベリナイス
・重賞連対無く、かつ阪神芝連対も無い:エミーズスマイル、クーヴェルチュール、ハギノルチェーレ、ピンクカメオ、フローラルカーヴ、ベリーベリナイス、レインダンス、ローブデコルテ
・関東騎手騎乗の関東馬:イクスキューズ、ショウナンタレント、アポロティアラ、ピンクカメオ
・9戦以上使っている:ハギノルチェーレ
・休み明けで今年緒戦:ニシノチャーミー、ベリーベリナイス

 残った馬は、ウオッカ、ダイワスカーレット、アストンマーチャン、カタマチボタン、カノヤザクラ。関東騎手騎乗の関東馬ということで、3強以外の有力馬がバッサリ消えてしまいました(笑)。8割がた3強で堅いと思いますが、もし一角を崩すならカタマチボタンを挙げておきます。藤田が騎乗予定というのも一発ありそうですし、血統も良い(ダンスインザダーク×タヤスブルーム)ですし、成績も2-2-1-0と3着を外したことがありません。カノヤザクラは消去法で残ってしまいましたが、父がサクラバクシンオーで、なおかつ1600を走ったこともないというのはどうなのか……?それならショウナンタレントのほうが魅力あります。関東馬に関東騎手の代表・柴田善というのは不安ですが、フラワーC勝ち馬が3年連続好走していますし、アサヒライジングくらい走れれば、3強のいずれかがダメだったならば、つけこめる……かも?それでも4着かもしれませんが(笑)。他の関東騎手騎乗の関東馬3頭は、間隔が空いているというのが厳しそう。

 3強ではウオッカ→ダイワスカーレット→アストンマーチャンの順とみます。ウオッカは消す材料がないでしょう。ダイワとアストンの比較では、アストンは血統的にも自身のパフォーマンスとしても、1600よりも1400のほうが適正が高いように見えます。一方のダイワは半兄にダイワメジャーがいますが、半姉にダイワルージュもいて、実際に桜花賞で3着に入っています。それを考えれば、ダイワルージュと互角以上と思われるダイワスカーレットが3着を外すことも考えにくいです。

 ◎ウオッカ
 ○ダイワスカーレット
 ▲アストンマーチャン
 △カタマチボタン
 △ショウナンタレント


テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:2 | トラックバック:0 |

07’大阪杯回顧

★大阪杯予想結果★
◎メイショウサムソン…1着
○シャドウゲイト………2着
▲アサカディフィート……9着
△コスモバルク………8着

 昨年のクラシック2冠馬で1番人気のメイショウサムソンが完勝しました。俺を含めて多くの人がその戦跡と同じ厩舎(転厩したが)であったことから、ネオユニヴァースと被せて見ていたと思います。そして、今回のレースもネオユニヴァースの大阪杯とよく似ていましたね。身体能力で走るというよりは、気力で走るタイプの馬なので、あまり着差をつけないのでしょうね。わずかでも競り落とせばOKとサムソンは思っていそうです。さて次は天皇賞・春ですが、そこで2,3着は有っても、勝ちきるのは難しいと思います。ネオユニヴァースと被るのもありますが、阪神2000から京都3200というまったく異なる条件では、馬が戸惑うように思います。それは神戸新聞杯(阪神2000)→菊花賞(京都3000)と連勝した馬が、近年ではディープインパクトくらいしかいないことからも言えそうです。余談ですが、今年から神戸新聞杯は2400mになるので、より本番につながりやすくなるかもしれません。

 シャドウゲイトはやはり逃げたほうが持ち味が生きそうですね。番手の競馬ではどうもスムーズではない感じ。それと馬場がいくらかでも渋ったほうがいいですね。渋らなくても時計のかかる展開のほうがいいようです。次は新潟大賞典あたりでしょうか。ただ、この馬、東京実績があまりないので、コース形態の似ている新潟でどうでしょうか。新潟は速い時計も出やすいですしね。アサカディフィートはやはり平坦コースじゃないと厳しいようです(中山金杯も勝ってはいるが)。コスモバルクは行きっぷりも今ひとつでした。休み明けが良くなかったのかもしれませんが、さすがにそろそろ落ち目のような気もします。でも、近年は高齢馬の活躍も目立ちますし、この馬ももう一花咲かせて欲しいですね。

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『イド』

『イド』

何をするにも始終思案して

思案の挙句にやめちゃって

身体は寝たきり

思考はから回り

始める前から失敗にビクビク



開き直って居直って

根拠もないのに大威張り

そんな彼らがうらやましい



知った風して諦めて

根拠もないのに意気消沈

そんな自分が腹立たしい



朝が来るまで徹夜して

胃に穴が開くほど腹減って

10代男子のように勃起して

無心に何かをむさぼるような

そんな衝動があったらいい



それがかなわぬ願いとしても

せめてこの引き金を引く決意を!


テーマ: - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~モザイクハーツ~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

白馬初勝利

JRA初、白毛馬ホワイトベッセルが勝利
http://www.netkeiba.com/news/?pid=news_view&no=19615&category=A

 白毛馬というのは極めてまれな存在で、テレビなどで白馬として使われている馬も、その多くは歳をとって白くなった芦毛馬かと思います。

 そのとっても珍しい正真正銘の白馬・ホワイトベッセルがJRA初の勝利を挙げました。緒戦も見所たっぷりの3着で、初勝利は近いと思われましたが、2戦目で勝利しました。しかも完勝だったようです。血統もいいですし初勝利だけではなく、普通に2つ3つと勝ちそうですし、重賞(ユニコーンSあたりでしょうか)にも出走してきそうです。

 白毛ということに加えて、父クロフネ、母の父サンデーサイレンスと良血ですし、種牡馬入りするのではないでしょうか。父が黒船なのに子が白毛というのもいいですね。ホワイトベッセルとは「白い帆船」=「シロフネ」という意味らしいです(笑)。シャレていますよね。父クロフネ並の衝撃を与えて欲しいものです。

テーマ:競馬なんでも - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |