ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

高木アナグッジョブ!

 青森選挙区は民主党の平山氏が当選しました。カルト集団が推薦する自民党の現職が当選しなかっただけマシではありますが、平山氏個人には政治的信念があまり感じられませんでしたね。抽象論ばかり語る平山氏の当選後のインタビューでNHK青森の高木アナは3度も具体的には?突っ込んでいました。茶吹いたwじゃいご(在郷)の民放のアナではこうは行かないだろうなあ。高木アナはいい仕事してましたよ。
 俺は民主党候補にも自民党候補にも入れておりません。共産党に入れました。アンチ自民、アンチカルトとしては共産党に入れざるを得ない。共産党がかなりの議席を得る時代になったら、そのときは他の党に入れると思いますが。
スポンサーサイト

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

水不足

 今日はバイトが休みなので、家でゴロゴロしとります。こないだの休みの日はチャリでウインズ(片道70分)に行っていたので、身体を休めていませんでしたから。しかし、暑いなあ。31度くらいでしょうか。九州などは35度前後のようですから、それと比べればマシですが暑いものは暑い。それに加えて水不足になってきています。水道局の宣伝車が3日ほど前から、市内を回っています。弘前には海がないですし、プールが暑さしのぎにおいて重要なんですが、小中学校のプールは閉鎖だそうです。市民プールも閉鎖かな?弘前で水不足になることは滅多にない(10数年ぶりらしい)のですが、昨冬は記録的暖冬で雪が少なく、梅雨も空梅雨だったので、水不足になりました。明日、明後日は雨の予報なんですが、どれだけ降るのかなー?降るなら小雨などではなく、思いっきり激しく降って欲しいです(笑)給水制限などになってはたまらんですし。

テーマ:青森のあれこれ - ジャンル:地域情報

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『フタ』

『フタ』

器に満ちた愛情はいつしかからっぽになる

たとえば、故意に器を倒すようなことがなくても

きっと愛情は冷えると気化し、沸騰すると凝固するのだろう



冷えそうな愛情ならば、フタをすれば良かったのかもしれない

だけど、僕にはフタを作る技術も、買うお金もなかったんだ

自分のふがいなさ、甲斐性のなさに唇を噛み締めてしまう



とりあえず今は、フタつきの保温容器を買おう

僕が未だ知りえぬ愛情を守れるように

テーマ:誰かへ伝える言葉 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~モザイクハーツ~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

07’函館記念回顧

◆予想結果◆
◎シルクネクサス………7着
○アドマイヤフジ…………4着
▲ナムラマース…………6着
△サクラメガワンダー……3着
 
 函館記念2連覇中のエリモハリアーが見事に3連覇を達成しました。前走・巴賞でシンガリ負けで、コース適性に疑いの余地はないけれども、復調はまだまだ先かと思われましたが、力強く伸びて完勝。3連覇達成。巴賞も函館記念もウインズで見ていましたが、前走とは別馬のようですね(・・;)中央競馬の平地重賞の3連覇はセカイオー、タップダンスシチーに続いて3頭目の快挙です。前の2頭は3連覇したレース以外も間に多数勝っていましたが、エリモハリアーはこの3連覇の間、函館記念しか勝っていません。まさに函館記念を勝つためだけに生まれてきた馬ですね。次走は昨年の雪辱を果たすために札幌記念に挑むそうですが、たぶん3~5着くらいでしょう。そしてまた来年、函館記念を勝つのでしょう(笑)

 本命にしたシルクネクサスは終始行きっぷりが悪いように見えました。1800mはいいけど、2000mは合わないのかなあ。よく分からない馬です。なんだか重賞に手が届かないで終わってしまいそうな気もします。アドマイヤフジはこんなものかもしれません。伸びずバテない馬ですから。どんな相手でも相手なりにしか走れず3~6着くらいを繰り返していますね。それとやはりベストは京都だろうと思います。ナムラマースはまともなら勝ち負けだったと思いますが、秋山のクソ騎乗のせいで惨敗。ナムラマースから買っていた人はブチ切れたくなるでしょうね。思えば秋山は巴賞のフィールドベアーでもクソ騎乗を炸裂させていました。ヘタな騎手ではないけれど、信用もできない騎手です。いつもヒモで買うくらいがいいのかも。

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

07’函館記念展望

★函館記念過去10年★
       馬名(性齢)斤量 人気 騎手   父馬          前走(条件)着順     全成績 函館芝  重賞実績 
97年1着アロハドリーム56(牡4) 2 加藤  クリエイター(ノーザンテースト)  新潟大賞典(芝20新)1人2着 5-5-2-4 0-0-0-1 1-1-0-0
良 2着グロリーシャルマン52(牝7)14 四位 カッティングブレード(ネプテューヌス) 巴賞(芝18函)5人9着 10-6-9-19 0-0-1-2 0-0-2-1 2-3

98年1着パルブライト53(牝6) 9 木幡 ペイザバトラー(モガミ) 巴賞(芝18函)7人9着 7-5-3-24 1-0-1-2 1-0-1-6
良 2着サクラエキスパート56(牡4)5 四位 サクラチヨノオー(ノーザンテースト) 中日新聞杯(芝18名)1人9着 6-4-2-5 1-0-1-0 1-1-0-4 7-7

99年1着ジョービッグバン50(牡4) 6 田面木 サンデーサイレンス(ノーザンテースト) 500万下(芝20函)1人1着 3-1-2-3 1-0-0-0 未出走
良 2着エイシンガイモン55(牡6) 10 芹沢 シアトルダンサーII(Irish River) 新潟大賞典(芝20新)11人3着5-3-5-19 未出走 2-2-4-17 3-1

00年1着クラフトマンシップ52(牡5) 14 勝浦 フレンチグローリー(パドスール) 七夕賞(芝20東)9人8着 4-2-3-19 0-0-1-2 0-0-0-1
稍重2着オースミタイカン52(牡5) 7 小林徹 サンデーサイレンス(ノーザンテースト) 八雲特別(芝18函)1人1着 4-2-2-10 4-1-2-1 未出走 7-6

01年1着ロードプラチナム56(牡5) 9 松永幹 トニービン(Seeking the Gold) 巴賞(芝18函)4人7着 4-3-1-7 1-0-0-1 0-2-1-5
良 2着クラフトマンシップ55(牡6) 14 勝浦 フレンチグローリー(パドスール) 巴賞(芝18函)9人8着 5-2-3-23 1-0-1-3 1-1-1-3 5-8

02年1着ヤマニンリスペクト55(牡5) 4 横山賀 サンデーサイレンス(ヤマニンスキー) 米子S(芝16阪)1人3着 4-1-3-11 1-0-1-1 0-1-1-7
良 2着トップコマンダー57(牡5) 3 菊沢隆 コマンダーインチーフ(ミルジョージ) 巴賞(芝18函)6人3着 5-5-3-14 1-0-2-0 1-1-0-7 4-6

03年1着エアエミネム58(牡5) 1 蛯名 デインヒル(Alysheba) 金鯱賞(芝20名)7人3着 6-0-3-5 1-0-0-0 2-0-2-2
良 2着ヒマラヤンブルー54(牡5) 11 四位 ネーハイシーザー(Saint Cyrien)巴賞(芝18函)3人6着 4-2-0-8 2-0-0-1 0-1-0-4 3-5

04年1着クラフトワーク55(牡4) 2 横山典 ペンタイア(パドスール) 中京記念(芝20名)1人5着 3-3-3-4 未出走 0-1-1-3
良 2着ファインモーション57(牝5) 1 武豊 Danehill(Troy) 安田記念(芝16東)3人13着 7-2-0-3 1-0-0-0 4-2-0-3 5-7

05年1着エリモハリアー55(セ5) 6 北村浩 ジェネラス(ブレイヘヴェストローマン) 巴賞(芝18函)7人1着 6-4-4-18 1-0-0-1 0-0-0-1
良 2着ブルートルネード54(牡4) 2 横山典 ジェイドロバリー(シンボリルドルフ) 巴賞(芝18函)3人2着 4-3-1-6 0-1-0-0 0-0-0-1 4-4

06年1着エリモハリアー56(セ6) 1 安藤勝 ジェネラス(ブレイヴェストローマン) 巴賞(芝18函)1人2着 7-7-5-21 2-1-0-1 1-1-1-4
稍重2着エアシェイディ57(牡5) 2 後藤 サンデーサイレンス(ノーザンテースト)福島TVOP(芝18福)1人1着 5-2-2-2 未出走 0-1-2-2 2-2

********************************************************

 過去10年の結果から見ていきます。人気は1人気が3連対、2人気が4連対、3~5人気が1連対ずつ、6人気2連対、7人気1連対、9人気2連対、10番人気以下が5連対となっています。函館記念といえば荒れるレースの代名詞ですらありましたが、近年はそれほどでもありません。過去10年では2ケタ人気馬が5連対ですが、過去5年に限定するとヒマラヤンブルーの1回のみ。反面で1、2番人気での決着が2度あります。今年はどうでしょうか?

 性齢別で見ると、牡馬(セン馬含む)が17連対で牝馬が3連対です。過去10年ではパルブライトが勝利しています。総出走数はわかりませんが、牝馬があまり不利にならないレースといえそうです。年齢別では、3歳が連対なし、4歳が4連対、5歳が11連対、6歳が5連対、7歳が1連対です。8歳以上の連対はありません。5歳馬が連対馬の過半数を占めています。

 騎手では横山典が1勝2着1回、四位が2着3回と好相性です。99年以降の函館2000mの連対率では安藤勝がトップ(0,461)ですが騎乗回数があまり多くない(13回)です。実質、四位(0,340)がトップと言えそうです。3位以下は藤田(0,336)、横山典(0,323)、蛯名(0,294)、菊沢隆(0,244)、芹沢(0,212)、北村宏(0,192)、二本柳(0,181)などとなっています。連対率が3割を超えている4人の騎手の騎乗馬には注目です。

 父馬を見ると、サンデーサイレンスやトニービンの連対もありますが、他の競馬場とはかなり異なるラインナップです。ジェネラス産駒のエリモハリアーが連覇したり、フレンチグローリー産駒のクラフトマンシップも2度連対しています。よく言われることですが、重厚で切れないけれど、バテないようなイメージの血統の馬を選ぶとよさそう。重馬場に強そうな馬がいいかもしれません。

 前走別で見ると、巴賞組が9連対で最多です。次いで新潟大賞典組が2連対。以下、安田記念、金鯱賞、中京記念、中日新聞杯、七夕賞、米子S、福島TVOP、八雲特別(900万下)、500万下平場組が1連対ずつとなっています。巴賞組以外は多様なステップから連対馬が出ています。巴賞組ですが、近5年で見ると、3人気以内あるいは3着以内の馬が連対しています。人気にもならず、結果も出ない馬では難しそう。過去10年で見ても、2ケタ人気あるいは2ケタ着順だった馬は来ていません。巴賞でもそれなりの結果を出していることが必要。ちょい負けくらいがいいのかも。巴賞以外のOP戦からの参戦馬ですが、安田記念で大敗したファインモーション以外は、前走9着以内でした。また前走2ケタ人気だったのもエイシンガイモンのみ。当たり前ですが前走でもそこそこの期待や結果を出していることが必要です。条件戦から参戦の2頭はいずれも函館の条件戦を1人気で勝っています。函館の条件戦を人気で勝っている以外は不要。

 函館で複数回出走していて、複勝圏に入れない馬はコース適正が怪しいと思われます。函館未出走馬と函館(0-0-0-1)のアロハドリームを除けば、函館で馬券に絡んでいます。できれば函館で1勝以上していてほしいところ。過去10年の函館記念の連対馬20頭のうち、16頭までは既に重賞で連対していました。残りの4頭のうちの3頭は、重賞では(0-0-0-1)で、まだこれからの馬でした。残りの一頭のグロリーシャルマンも重賞で3着は2度ありましたし、地方出身馬でした。

◆チェックポイント◆
・前走で2ケタ人気かつ2ケタ着順……サクラメガワンダー、マイソールサウンド
・前走・巴賞で3人気、あるいは3着以内ではない……モノポール、ロフティーエイム、エリモハリアー、メイショウオウテ
・前走の条件戦で2着以下……いない
・重賞に複数回出走して連対がない……メイショウオウテ、マチカネキララ
・函館芝に複数回出走して連対がない……コスモテナシャス
・3歳馬、8歳以上馬……ナムラマース、マイソールサウンド、モノポール

 残ったのは、アドマイヤフジとシルクネクサスだけになりました(^▽^;)この2頭のワイドが本線。12時現在のオッズではワイド2-11は5,5―6,1倍。悪くないと思います。欲を出して3連複もちょろっと買ってみます。3歳馬が馬券に絡んだことはありませんが、出走数自体も少ないですし、ナムラマースは買わないわけにはいきません。あとは、1項目だけ消しになっている馬で、騎手を考慮してサクラメガワンダー、マチカネキララを。

 ◎シルクネクサス
 ○アドマイヤフジ
 ▲ナムラマース
 △サクラメガワンダー
 △マチカネキララ

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

じろう

 今日はバイトが休みです。明日明後日出て、日曜日はまた休みみたいです。昨日のバイトの話。昨日もまたマイナーな歌手がやってきました。その名は「遠藤じろう」さん。自分のCDを店頭で流して欲しいとCDとポスター、名刺を置いていきました。もらった手前、一応流したのですが、マネージャーに流さなくていいと言われました(笑)。先日やって来た「大佳秀」さんの歌は祭りコーナーに活気が出そうな歌でしたし、店頭で公開ライブしたり、CDやテープも並べたので、お店のほうでも後押ししていたんでしょうが、遠藤さんは飛び入りですからね……。それに歌自体もいかにもな演歌でしめっぽい(・・;)これでは曲を流すのをためらわれます。googleで「遠藤じろう」を検索したところ、30件でした。「大佳秀」さんよりもマイナーっぽい気がします。今後もマイナー演歌歌手が営業に来るのかなあ。

 話変わって、今年も甲子園への予選が始まっていますね。沖縄では既に代表が決定したようです。皆さんの母校は勝ちあがっていますか?俺の母校は2回戦で早々と負けてしまいました……。一所懸命に練習してるみたいなんですけどね。青森県大会は、甲子園の常連である青森山田と光星学院が優勝候補なんですが、関西からの野球留学生で固めているので、県民としては素直に応援できません。やはり県立高校、できれば弘前勢の活躍を期待したいです。今日、ベスト8が決まるのですが、ベスト16に弘前勢は4校残っています。頑張って欲しいなあ。野球留学に関してですが、プロ野球の外国人枠のように、ベンチ入りの野球留学生枠を設ければいいと思うんですけどね。それでも地元を離れて、プレイしたいならすればいいと思いますし。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『指先に』

 『指先に』

ああ、しんどいなあ

ああ、かなしいなあ

目指す夢なんて見当たらない

そんな風に思っていると自然と頭が垂れてくる



でも、下を向いていても夢なんて転がってない

目指すべきものはいつだって上にあるんだよ

全身を伸ばして、ジャンプしたその指先にある

届きそうで、決して届かないそんな場所にある



見上れば目に映るから、簡単には諦められない

目の前ににんじんをぶら下げられた馬のように

夢に向かって走りつづけるのだろう



いつだってハラペコな僕らは

夢に向かって今日もわずかに

そして、確かに近づいている

テーマ: - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~モザイクハーツ~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

だいかしゅ

 今日も元気にバイトをこなしてきました。でも、祭日だと言うのに客が全然来なくて暇でした(笑)。みんな海にでも行ってるのかなあ。あと、全国各地の地方都市と同様に、弘前市も中心市街地ではなく、郊外のショッピングセンターのほうが活気があるので、中心市街地は客がまばらです。今日は概ね暇なバイトだったんですが、大ブレイク中の歌手がデパートの前に歌いに来てくれました。来年の紅白に出場希望(本人談)らしいです。
 その名は……大佳秀(だいかしゅう)さんです!今日の13時~、15時~、17時~と3回に渡って、『ねぶた』『祭り三代』を歌っていました。今日一日で5枚CDが売れました。演歌系には関心もないのですが、悪くない歌だと思いました。ちなみにどちらの歌もDAMのカラオケには入っているらしいです。名実ともに大ブレイクになることを期待したいと思います。ブレイク


テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

バイト始めました。

 一昨日からバイトを始めました。デパートでのねぷた祭り用品の売り子です。祭り用品なので1ヶ月だけの短期です。時給700円。ずっと立ちっぱなしなので、ちょっと脚が痛くなりますが、一緒に働く人たちもいい人たちで良かったです。まだ祭りまで日がありますし、今はハッキリ言って暇です。多くの人の給料日である7月25日から、祭り直前の7月30日くらいが一番忙しいらしいです。やることは把握したのですが、祭り用品の知識がないので、混みだす前にいろいろ商品について覚えなければと思います。ちなみに今日はおやすみ。祭りが終わって、バイトも終わったら、体重が数kg落ちてそうな気がします。ちょうどいい運動にもなりそうです。

 話変わって、みなさんはもうエアコン使ってますか?うちではまだ使っていません。まあ、青森県で比較的、涼しいというのもありますが、エアコン使ってしまうと、エアコンのない場所に行くのが苦痛になってしまいますから、できるだけ扇風機でしのごうと思っています。さすがに最高気温が32度とかになると扇風機では厳しくなってきますが……。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

07’プロキオンS回顧

◆予想結果◆ 
◎ワイルドワンダー……1着
○ボードスウィーパー……10着
▲キングスゾーン ………7着
△リミットレスビッド………2着

 蛯名お得意の出遅れが懸念されましたが、普通にスタート。4角ではやや後ろかなあ?とも思いましたが、抑えきれない手ごたえで、リミットレスビッドとともに上がっていき、ゴール前では楽にリミットも突き放して完勝。ここでは能力が完全に違っていたようです。プロキオンSは今年も外枠決着、1番人気の連続連対も8に伸びました。来年も人気馬が外枠なら信頼できそうですし、人気馬が内枠なら悩ましい(笑)。ワイルドワンダーが次にどこを使うかわかりませんが、マイル前後のダートならかなり信頼が置けそうです。勝ったとはいえ、蛯名だと出遅れるんじゃないかと心配になるので、できれば岩田でお願いしたいところ。

 2着も実績馬で大外枠のリミットレスビッド。減っていた馬体も戻り、ユタカ騎乗で2着確保。抑えるは抑えていたんですが、正直、2着に来るとは思いませんでした。戻っただけだったんでしょうが、体重が大幅に上下するのは好ましく思えませんでしたし、中央のダートではそろそろ厳しいのではないか?とも思われたので。終わってみるといらぬ心配だったようです。能力落ちはないようですし、地方交流路線ではまだまだうるさい存在になりそうです。終わってみれば3着も実績馬のドンクール。久々と内枠が気になりましたが、するどく伸びてきましたね。勝利からかなり遠ざかっていますが、いつもこの馬なりの能力は出していると思うので、手薄な交流重賞なら勝ち負けできそうです。佐賀記念とか浦和記念あたりなら。

 プロキオンSは当たったのですが、堅い決着だったのでさほど儲からず。他のレースがサッパリ当たらなかったので、今日もマイナス収支でした。回収率も68%まで下落。フィールドベアーとシルクネクサスで堅いだろうと思ったのに、フィールドベアーが出負けするわ、1年半ぶりに出走の最低人気・プラズマが突っ込んでくるわで外れました……。今週も自転車でウインズに行こうと思っていたのですが、弟が突然帰ってきたので、弟の車でウインズに送ってもらいました。楽は楽でしたが、運動にならなかったです(笑)

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

07’プロキオンS展望

★プロキオンS記念過去7年★ ※06年は京都開催。
       馬名(性齢)斤量   人気 騎手   父馬(母父)      前走(条件)着順      全成績 阪神ダ 重賞実績 ダ1400
00年1着ゴールドティアラ(牝4) 1 武豊 Seeking the Gold(Chief's Crown) かきつばた(ダ14名)1人1着 6-2-2-6 1-0-0-0 3-2-2-5 2-0-0-0
重 2着エイシンサンルイス(牡4) 2 太宰 Conquistador Cielo(Devil's Bag) 栗東S(ダ12京)2人2着 5-2-0-4 3-0-0-0 未出走 3-0-0-1
3着サンフォードシチー(牡5) 5 村山 ヤマニンゼファー(タイテエム) 立夏S(ダ14東)1人1着 6-5-2-5 1-2-1-2 未出走 3-1-0-1

01年1着ブロードアピール(牝8) 1 デザーモ Broad Brush(Valid Appeal) かきつばた(ダ14名)2人1着 10-4-4-11 未出走 3-4-2-10 1-0-0-0
良 2着レイズスズラン(牡8) 4 熊沢 Woodman(Danzig) 欅S(ダ14東)7人3着 9-6-2-28 未出走 1-2-0-10 2-1-1-4
3着トシザミカ(牝7) 13 小牧 ポリッシュネイビー(マイニング) 欅S(ダ14東)12人11着 8-3-3-17 0-0-0-1 1-0-1-4 0-1-0-2

02年1着スターリングローズ(牡5) 1 福永 アフリート(Danzig) 欅S(ダ14東)1人1着 8-8-2-9 3-2-1-0 0-1-1-3 4-1-1-1
良 2着ヤマカツスズラン(牝5) 5 池添 ジェイドロバリー(コリムスキー) かきつばた(ダ14名)4人10着 4-2-1-11 未出走 2-2-0-11 0-0-0-2
3着メイショウキオウ(牡5) 4 宝来 コマンダーインチーフ(ハードツービート) 欅S(ダ14東)4人4着 5-3-1-11 0-1-0-0 0-0-1-3 3-2-0-1

03年1着スターリングローズ(牡6) 1 福永 アフリート(Danzig) かしわ記念(ダ16船)2人1着 12-9-2-10 5-2-1-0 4-2-1-4 6-2-1-1
良 2着ツルマルファイター(牡4) 8 角田 フォーティナイナー(サッカーボーイ) 欅S(ダ14東)4人11着 4-4-2-9 1-2-0-1 0-0-0-2 3-2-0-2
3着インタータイヨウ(牡4) 12 秋山 ダンスインザダーク(Forty Niner) 欅S(ダ14東)6人9着 5-4-0-10 1-0-0-0 1-3-0-4 3-1-0-1

04年1着ニホンピロサート(牡6) 2 小牧 スターオブコジーン(ニホンピロウイナー) 欅S(ダ14東)3人2着 9-8-6-8 5-1-0-2 1-1-1-4 4-4-2-3
良 2着エイシンハンプトン(牡4) 1 武豊 Dynaformer(Strawberry Road) サウジアラビア(ダ16東)1人1着 5-3-1-3 2-3-0-0 未出走 3-2-1-0
3着インタータイヨウ(牡5) 9 秋山 ダンスインザダーク(Forty Niner) 栗東S(ダ12京)6人5着 7-4-2-13 1-0-2-1 1-3-2-5 3-1-2-2

05年1着ブルーコンコルド(牡5) 1 幸 フサイチコンコルド(ブライアンズタイム) 栗東S(ダ12京)1人1着 5-4-0-13 1-0-0-2 1-2-0-10 2-0-0-4
良 2着サンライズキング(牡6) 6 池添 キンググローリアス(ノーザンテースト) 欅S(ダ14東)1人3着 6-9-1-9 1-2-0-1 0-0-0-3 3-4-1-1
3着テイエムアクション(牡4) 3 橋本美 フジキセキ(ダンシングブレーヴ) 欅S(ダ14東)2人1着 5-2-2-6 未出走 未出走 1-0-0-0

06年1着メイショウバトラー(牝6) 7 佐藤哲 メイショウホムラ(ダイナガリバー) 欅S(ダ14東)13人12着 5-6-1-8 未出走 1-4-1-6 0-0-0-1
良 2着シーキングザベスト(牡5) 1 福永 Seeking the Gold(Summer Squall) 北海道SC(ダ10札)1人2着 6-4-0-3 3-0-0-0 0-1-0-0 5-0-0-1
3着サンライズキング(牡7) 9 和田 キンググローリアス(ノーザンテースト) バーデンBC(芝12福)13人11着 7-10-2-15 4-5-0-3 0-1-0-5 3-5-2-4

***********************************************************

 現在の開催時期になった過去7年の結果から見ていきます。人気は1人気が7連対、2人気が2連対、4~8人気がそれぞれ1連対となっています。現在の時期に施行されるようになってから、1番人気馬が必ず連対しています。そのヒモにしても、8番人気までで満遍なく来ている印象があります。配当も馬連万馬券は一度もなく、一方で馬連3ケタ配当は3度あります。1番人気馬から8番人気以内へ流す馬連を買えば、過去7年は的中していたことになります。今年はどうでしょうか?ただ、3着には2ケタ人気馬も食い込んでいるので、穴を狙う人は3連馬券でしょう。

 性齢別で見ると、牝馬の連対が4度(3勝)あります。牝馬のほうが牡馬よりも連対率で言えば高いです。ただし、連対した牝馬4頭はいずれも重賞を勝っていました。年齢別では、3歳は連対なし、4歳が4連対、5歳が4連対、6歳が4連対、7歳の連対はなく、8歳馬が2連対しています。8歳馬が連対していますし、7歳馬の連対がないのはたまたまでしょう。過去7年で見ると騎手は、福永が2勝2着1回、武豊が1勝2着1回、池添が2着2回といったところが目立っています。秋山、小牧なども相性が良さそうです。3着には地味な騎手が入っている印象を受けます(笑)

 前走別で見ると、欅S組が6連対で最多です。かきつばた記念組が3連対、栗東S組が2連対。かしわ記念、北海道スプリントC、サウジアラビアRC組がそれぞれ1連対です。前走で芝を使っていた馬の連対はありません(3着には昨年のサンライズキングがいる)。また、2ヶ月以上、間の空いた馬も馬券には絡んでいません。欅S組が何頭も馬券に絡んでいますが、欅Sの結果とこのレースの結果は結びついているとは言いがたいです。昨年のメイショウバトラーや03年のツルマルファイターのように大敗から巻き返す例があります。次いで連対馬を送り出しているかきつばた記念組は、着順にばらつきがありますがいずれも4番人気以内でした。交流重賞でてんで人気薄では、ここも見込み薄でしょう。サンプルが少ないですが、それ以外のレースから連対した5頭はいずれも連対していました。着順で絞るのは難しい感じですが、馬券に絡んだ21頭は例外なく前走が1600m以下でした。これは重要かも?

 阪神ダート(昨年は京都)で未出走だった馬を除けば、連対馬はみな、当該コースで勝ち鞍がありました。複数勝っている馬も多いです。コース適正は重要です。重賞実績もあるに越したことはないですが、ツルマルファイターやサンライズキングのように実績のない馬も連対しています。それよりもダート1400mでの実績が大事のようです。芝が主戦場だったメイショウバトラーとヤマカツスズランを除けば、連対馬はみな、ダ1400で勝ち鞍がありました。さらにいえばブロードアピール(これも芝が主戦場だった)を除けば、ダ1400を複数勝っています。また、スターリングローズ、インタータイヨウ、サンライズキングと連続して馬券になっている馬が目立ちます。今年もサンライズキングが出ていますがどうでしょうか。そして、枠順にも偏りが見られ、明らかに6~8枠の外枠が優勢に見えます。2枠が2度連対していますが、1、3枠の連対馬はいません。

 ◆チェックポイント◆
・2ヶ月以上の休み明け……ドンクール、サンライズキング、エイシンボーダン、ツムジカゼ、ワイルドワンダー、メイショウサライ
・当該コースに既出走かつ未勝利……ツムジカゼ
・ダート1400で未勝利……オースミヘネシー、エイシンボーダン、ツムジカゼ
・前走・芝レース……アンクルリーサム、エイシンボーダン
・前走・1700m以上……ドンクール、オースミヘネシー、ブルーフランカー、ツムジカゼ、ワイルドワンダー


 残った馬は、ワキノカイザー、フーバーダム、オフィサー、トシザヘネシー、キングスゾーン、ボードスウィーパー、リミットレスビッドの7頭。ただ……交流重賞に実績なく、距離も1F長そうなフーバーダムはいらんでしょう。ワキノカイザーも1枠というのが気になります。逆にワイルドワンダーは2ヶ月以上と言っても、2ヶ月とちょっとですし、何か故障があったわけじゃないですし、狙えそうです。阪神1400mという舞台も前々走でOP特別を勝っていますし問題ない。外枠というのも魅力です。騎手が出遅れしなければ連対必至と思います。

 ◎ワイルドワンダー
 ○ボードスウィーパー
 ▲キングスゾーン
 △リミットレスビッド
 △サンライズキング
 △オフィサー
 △ツムジカゼ

 消去法と枠順を考慮にいれてこんな予想です。ワイルドワンダーから無理のないところへ流せば問題なさそうです。1番人気からの6頭流しでは、トリガミになりかねないので、あと2頭ほど絞るかもしれません。

テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

久々に病院へ

 今日もママチャリで街を疾走しました。2ヶ月ぶりに病院に行ったのですが、担当医は不在で、代理の医者に薬を出してもらいました。ここ2年くらいずっと同じ薬を飲んでいましたが、飲んでると眠気がキツいので、1種類減らしてもらいました。ようやく実感できるほどに気力も回復してきましたし、眠気がひどいとバイトやら就職して働くにも影響がありますからね。この調子で行けば、あと一年もすれば通院しなくても良くなるのでは?と思っています。なんだか身体を動かすのが楽しくなってきました。夏になりましたし、海にでも行きたいものです。しかし一人で海に行っても寂しさ爆裂という感じですな……。プールならなおさらです(苦笑)。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

ちびっこ

 2ヶ月弱ぶりに床屋に行ってきました。平日の午前中、しかも雨混じりの天気でしたが、けっこう混んでいました。「ちびっこ」というお店なのですが、少子高齢化のせいか、ちびっこが来なくなりました。俺のように20年来の客というのも少ないように思います。代わってこのお店のメインの客層はおばさん、おばあさんですね。看板に偽りありになっていますが、そういう時代だからしょうがない(笑)。本当はカット&シャンプー&顔そりの総合調髪で2000円なのですが、俺は値上げ前からの客なので、以前と変わらず1500円で切ってもらっています。東京の同価格帯の床屋と比べて丁寧だと思います。弘前を離れたとしても、たまに帰ってきたときに切ってもらうと思います。

 午後はデパートへバイトの面接に行ってきました。まあ、特筆することもありません。短期の仕事ですし、職安の人の話では、俺しか応募してないとのことだったから採用になる……はず。屋外での売り子なので、1ヶ月やればだいぶ日に焼けると思います。というか最近、自転車で出歩くことが増えているので、既に若干焼けてきている気がします。夏ですし、いくらか焼けているほうが健康的に見えていいかもしれません。基本的に青白いですので、俺(笑)今週末はまた、自転車でウインズまで行こうかなあ。「スーパー競馬」も今週は青森県での放送がないようですし。DocomoではラジオNIKKEIのライブ放送(競馬)も対応しているようですが、AUではまだ対応していません。早く対応してほしいものです。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

07’函館SS&ラジオNIKKEI賞回顧

 春のGI戦線が終わり(地方でJDDがあるけれど)、競馬ファンとしては若干気の抜ける時期ではあります。そんな時期に行われた昨日のラジオNIKKEI賞と函館スプリントS。勝ち馬は夏が終わっても活躍できそうな雰囲気を漂わせています。

 函館スプリントSのアグネスラズベリは、反応良く内からスルスルと抜けてきて快勝。前に行った馬が有利な馬場でしたし、スタート良く前目につけられたのが勝因かもしれません。角田騎手の好騎乗も光ったと思います。アグネスラズベリはこれが初重賞勝ち、ついでにエアジハード産駒も初重賞勝ち。どちらも意外と重賞まで時間がかかりましたね。ラズベリもOPに上がってから好走するもなかなか勝ちきれず……。エアジハードも既に4,5世代ほど送り出していますが、ラズベリ以外ではナスノストロークが目立つくらいでしょうか。ジハード自身もそうでしたし、産駒のラズベリ、ナスノを見てもそうですが、どちらかといえば晩生なのでしょうね。一頭でいいので、父を彷彿とさせる牡馬が出てきて欲しいです。ラズベリが牡馬なら面白かったんですが。この後は札幌のキーンランドCを使うという話も聞こえます。できれば、一休みしてセントウルS→スプリンターズSなんてローテを取ってほしいんですが……。

 ラジオNIKKEI賞は2戦2勝の豪州産馬・ロックドゥカンブが3連勝を決めました。南半球産ということで2kg軽減されていますが、あんまり関係ないと思わせる強さでした。直線ですぐに先頭に立ち、後続が迫ってくるか?と思わせながらも、最後には逆に突き放していました。これは強い勝ちっぷり。父レッドランサムの日本での産駒を調べてみると、どれもマイル前後が適距離と思われる馬ばかりですね。ロックドゥカンブは自身、2000mで既に勝っていますし、母系の字面の印象からも2000mまではこなしそうな感じがします。ただ、菊花賞の3000mというのはいかにも長そう。また、ラジオNIKKEI賞からGIを勝った馬というと、1992年のシンコウラブリイまさかのぼります。この後、GIどころか重賞を(それどころか何も)勝たない馬ばかり。ヴィータローザあたりでも出世しているほうです。ロックドゥカンブはこの後も重賞を勝てる素質を秘めていると思いますが、どこまで出世するでしょうか。注目したいところです。

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |