ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

08年天皇賞・秋展望

★天皇賞・秋過去10年★※02年は中山開催。コース実績も中山芝。
        馬名(性齢)      騎手 人気     父馬         前走(条件)着順 全成績  東京芝 重賞実績         
98年1着オフサイドトラップ(牡7) 柴田善 6   トニービン       新潟記念(芝20新)1人1着    6-8-5-7 2-0-2-3 2-3-2-6
良  2着ステイゴールド(牡4)   熊沢   4  サンデーサイレンス 京都大賞典(芝24京)2人4着  3-8-2-6 1-1-1-0 0-3-1-4
   3着サンライズフラッグ(牡4) 安田康 5  リアルシャダイ    毎日王冠(芝18東)4人3着  5-4-2-13 0-0-1-0 1-0-2-1

99年1着スペシャルウィーク(牡4) 武豊  4  サンデーサイレンス 京都大賞典(芝24京)1人7着 8-3-2-1 1-0-1-0 7-2-2-1
良  2着ステイゴールド(牡5)   熊沢  12  サンデーサイレンス 京都大賞典(芝24京)7人6着 3-9-7-10 1-2-1-1 0-4-6-8
   3着エアジハード(牡4)    蛯名  5  サクラユタカオー   安田記念(芝16東)4人1着  6-2-0-2 5-1-0-1 2-1-0-2

00年1着テイエムオペラオー(牡4)和田  1  オペラハウス     京都大賞典(芝24京)1人1着 9-3-3-1 0-0-1-0 7-2-3-0
重  2着メイショウドトウ(牡4)   的場 2  Bigstone        オールカマ(芝22中)1人1着 8-4-1-5 1-0-0-0 3-2-1-0
   3着トゥナンテ(牡5)      幸    5  サクラユタカオー   毎日王冠(芝18東)4人1着   8-1-2-11 1-0-0-1 3-1-1-5

01年1着アグネスデジタル(牡4) 四位  4  Crafty Prospector  南部杯(ダ16盛)1人1着    8-3-4-5 0-0-0-3 6-1-3-4
重  2着テイエムオペラオー(牡5)和田  1  オペラハウス     京都大賞典(芝24京)1人1着14-4-3-2 2-0-1-0 12-3-3-1
   3着メイショウドトウ(牡5)   安田康 2  Bigstone        宝塚記念(芝22阪)2人1着  10-8-1-5 1-2-0-0 5-6-1-0

02年1着シンボリクリスエス(牡3) 岡部  3  Kris.S         神戸新聞杯(芝20阪)1人1着 4-2-2-0 1-0-1-0 2-1-0-0
良  2着ナリタトップロード(牡6)  四位  2  サッカーボーイ    京都大賞典(芝24京)1人1着 8-5-8-6 1-0-1-4 7-4-7-6 
   3着サンライズペガサス(牡4)柴田善 4  サンデーサイレンス 毎日王冠(芝18中)1人4着   4-3-0-5 0-0-0-1 1-1-0-4

03年1着シンボリクリスエス(牡4) ペリエ 1  Kris.S         宝塚記念(芝22阪)1人5着   6-2-3-1 2-2-1-0 4-1-1-1
良  2着ツルマルボーイ(牡5)   横山典 5  ダンスインザダーク 宝塚記念(芝22阪)8人2着  6-5-3-10 1-0-0-0 2-4-1-6
   3着テンザンセイザ(牡5)   藤田  10 トニービン       毎日王冠(芝18東)8人5着 4-1-3-14 0-0-0-2 2-0-2-10

04年1着ゼンノロブロイ(牡4)  ペリエ 1  サンデーサイレンス 京都大賞典(芝24京)1人2着 4-4-2-2 1-1-0-0 2-4-1-2
やや2着ダンスインザムード(牝3)ルメール13 サンデーサイレンス 秋華賞(芝20京)1人4着    4-1-0-2 0-0-0-1 2-1-0-2
   3着アドマイヤグルーヴ(牝4)武豊  9 サンデーサイレンス 京都大賞典(芝24京)2人4着 6-1-1-4 0-0-0-1 3-1-1-4

05年1着ヘヴンリーロマンス(牝5)松永幹 14 サンデーサイレンス 札幌記念(芝20札)9人1着 7-8-3-12 1-0-0-2 2-1-0-9
良 2着ゼンノロブロイ(牡5) 横山典 1 サンデーサイレンス 英国際S(芝21英)2着 7-4-3-2 3-1-0-0 5-4-2-2
3着ダンスインザムード(牝4) 北村 13 サンデーサイレンス 府中牝馬S(芝18東)2人8着 4-2-0-7 0-1-0-4 2-2-0-7

06年1着ダイワメジャー(牡5) 安藤勝 4 サンデーサイレンス 毎日王冠(芝18東)3人1着 5-4-1-8 1-0-0-5 4-3-1-7
良 2着スウィフトカレント(牡5) 横山典 7 サンデーサイレンス オールカマ(芝22中)3人4着6-7-1-10 0-1-0-4 1-1-0-5
3着アドマイヤムーン(牡3) 武豊 2 エンドスウィープ 札幌記念(芝20札)1人1着 6-1-0-2 1-0-0-1 4-1-0-2

07年1着メイショウサムソン(牡4) 武豊 1 オペラハウス      宝塚記念(芝22阪)2人2着 8-5-1-4 1-1-0-1 5-4-0-3
良 2着アグネスアーク(牡4)   吉田隼 7 アグネスタキオン   毎日王冠(芝18東)5人2着  4-2-1-2 1-1-0-0 0-2-0-1
3着カンパニー(牡6)      福永   6 ミラクルアドマイヤ 関屋記念(芝16新)1人1着 6-3-0-10 0-0-0-5 3-3-0-10

*****************************************************

 天皇賞・秋の過去10年から傾向を探っていきます。02年は中山開催なのでコース実績も中山のものです。連対馬は牡馬が18頭、牝馬が2頭。牝馬はスティンガーやホクトベガなどGIを含めて多数出走していますが2連対。ただ近年、牝馬の好走例がいくつかあるので軽視はできません。年齢別では、3歳、4歳、5歳、6歳、7歳、8歳上がそれぞれ2、9、7、1、1、0となっています。4歳馬、5歳馬が圧倒的に優勢です。6歳以上は好走例が少なく、8歳以上馬は馬券圏内に入っていません。過去20年前までチェックしてみましたが、6歳馬で馬券に絡んだのはナリタトップロード(02年)とアイルトンシンボリ(95年)だけ。7歳馬はオフサイドトラップ(98年)だけ。8歳馬は20年前までさかのぼっても馬券に絡んだことはありません。近年ほど高齢馬の活躍が目立つので、さらにさかのぼっても同様の傾向と思われます。

 人気別では1人気6連対、2人気2連対、3人気1連対、4人気4連対、7番人気が2連対、5、6人気、12~14人気がそれぞれ1連対となっています。1番人気はそれなりに信頼できそうですが、ほかは満遍なく馬券に絡んでいる印象を受けます。2ケタ人気馬が3連対というのがかなり目立っています。騎手では武豊が2勝3着2回でトップです。武豊はこれ以前にも2勝2着1回3着1回があります。今期は半年以上中央の重賞を勝っていませんがどうでしょうか?ペリエも2勝で相性が良いです。今週末から恒例の冬の来日(出稼ぎ)で、トーセンキャプテンに騎乗です。ペリエが来ると冬も近いなあと感じます(笑) 他では横山典が近5年で3度の2着があります。

 ステップレースを見てみると京都大賞典組が7連対で最多。宝塚記念組が3連対、毎日王冠、オールカマーがそれぞれ2連対。英国際S、秋華賞、札幌記念、新潟記念、南部杯、神戸新聞杯組がそれぞれ1連対です。春のGIからならば休み明けでも良さそうです。アグネスデジタルがダートの南部杯から天皇賞を勝っていますが、この馬は既にマイルCSでの勝利がありました。芝GIで勝ち負けした実績のある馬ならともかく、そうでないなら前走ダートはマイナスでしょう。99年は京都大賞典の7着馬、6着馬の1,2着で決まりましたが、その他の連対馬18頭は前走で5着内でした。3着まで見ても前走で掲示板を外したのは05年のダンスインザムード(府中牝馬S8着)だけです。前走で掲示板にも乗れない馬では厳しそう。前走でOP特別以下を使った馬が馬券に絡んだことはありません。さかのぼってみると1992年のレッツゴーターキンが福島民放杯1着から天皇賞・秋を勝利しています。しかし、常識的には厳しそう。

 3着馬まで含めても馬券に絡んだ馬はステイゴールドを除いてはすべて重賞勝ち馬でした……が昨年は重賞未勝利のアグネスアークが連対しました。ただ、アグネスアークも前走の札幌記念で2着していますし、重賞連対歴は必須でしょう。連対馬はアグネスデジタルとダンスインザムードを除いて府中芝コースで3着内の経験がありました。コース実績がなくても、既にGI馬なら能力でこなせるのかもしれませんが、そうでないなら割引。
 
 ◆チェックポイント◆
・前走・ダート……不在
・前走・OP特別以下……不在
・前走・京都大賞典で8着以下……不在
・前走・それ以外の重賞で6着以下……エリモハリアー、ハイアーゲーム、トーセンキャプテン
・8歳以上馬……エリモハリアー
・重賞連対歴がない……不在
・GI未勝利かつ府中芝連対歴がない……サクラメガワンダー、エリモハリアー、アドマイヤフジ、タスカータソルテ、オースミグラスワン、トーセンキャプテン、カンパニー
・GI馬以外の休み明け……不在

 ほぼ2項目しか有効ではないのですが残ったのは、アサクサキングス、ディープスカイ、エアシェイディ、アドマイヤモナーク、ダイワスカーレット、ポップロック、キングストレイル、ウオッカ、ドリームジャーニーの9頭。

 7歳馬も残してはいますが、7歳馬で馬券に絡んだのが10年前のオフサイドトラップだけです。オフサイドトラップは6戦連続馬券に絡んでおり、重賞連勝中と勢いがありました。そして何よりそのレースでは必勝と目されたサイレンススズカが故障で亡くなっています。いろいろ条件がそろわないと高齢馬は厳しいかもしれません。エアシェイディは重賞さえなかなか勝てず器用貧乏な感じ。アドマイヤモナーク、ポップロックはステイヤーでしょう。キングストレイルは府中の重賞で連対歴がありますが、それは2歳時です。中山と北海道が得意で、父も同じなマツリダゴッホのような感じ。

 正直、馬連で考えるなら「3強」でしょうがないように思いますが、3強をボックス買いしてはトリガミになりかねませんので、3強のいずれかの単1点勝負か、3連馬券に打って出るしかないように思います。馬連・馬単は買いにくい感があります。

 ◎ダイワスカーレット
 ○ウオッカ
 ▲ディープスカイ
 △アサクサキングス
 △ドリームジャーニー
 △アドマイヤモナーク
 △タスカータソルテ
 △アドマイヤフジ

 印をバラバラと打っていますが、馬券は◎○2頭軸の3連複流しを考えています。3強は甲乙つけがたいですし、心情よりはデータとカンで買うことが多いのですが、今回はダイワスカーレット本命です。単にダイワきょうだい(姉ルージュも)のファンなので。一頓挫あってぶっつけですし、そもそも東京コースも未経験ですが、兄がこのレースの覇者であることと、武豊と四位ならアンカツのほうが腕が上と思っているので、ダイワが本命です。

 ウオッカはいい馬です。いい馬ですが、鞍上が大舞台でツキに見放されている気がしますし、ダイワとの直接対決で負け越しています。連軸としては信頼しますが、アタマはどうでしょう?今年の武豊を中央重賞でアタマにするのはなかなか勇気がいると思います。

 今年の3歳馬は未だに古馬相手に重賞を勝っていないようですが、それをもって世代トップであるディープスカイの能力は測れないと思います。府中実績やこれまでに挑んだ過去の3歳馬との実績比較では上位です。ただ、神戸新聞杯の勝ちっぷりが案外だったなあと思うのです。

 ヒモは手広く。◎○△でもそれなりにつきそうですし。アドマイヤフジは買いたくないのですが、ダートのサンライズバッカス同様に3~5着がめだちますし、毎日王冠で消して痛い目を見たので今回は抑えます。



スポンサーサイト

テーマ:中央競馬(JRA)予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

マイカー

 昨日の旅行話の続きです。免許を取って初めてのトンネル突入です。少し緊張しましたが、冷静にライトをつけて走行しました。その後の数kmの急坂を愛車ヴィヴィオは積載重量200kg積んでがんばりました。スーパーチャージャーのない自然吸気エンジンですが、なかなかパワーがあります。4WDだからでしょうか。ヴィヴィオはもう絶版の古い車ですが、乗っていると楽しいし、愛着が湧いてきますね。ホテルに到着してからのことは、昨日の日記に書いたとおりです。

 そして翌日にホテルを退去して、「さあ、車に乗って出発だ!」というところで、エンジンがウンともスンとも言いませんΣ(_□_;)ii サカサガビーン!!キーに手ごたえもまるでなし。困ってしまったので、クルマニアな弟に連絡してみたところ、「バッテリーが上がってるんじゃない?」とのこと……。そういえばトンネルを抜けてからも、車を降りるときもライトが付けっぱなしだったような……。

 ホテルの人に事情を話して、電気をわけてもらって走行開始。ただ、事情を話した際に、「ライトのついていた車があったので、ご連絡したはずなのですが……」って持ち主の俺は聞いてないですよ(笑) 出発まで気がつきませんでしたしヾ(・・;)ォィォィ ただ、たいへん勉強にはなりました。それと、同じように困った人に出くわしたら、援助できるようにブースターケーブルを用意しておきたいと思います。まあ、そんな事態に出くわさなければ、それに越したことはないんですが。

 ちなみに一昨日、家を出発してからすぐに、近所のガソリンスタンド(以下GS)で給油したのですが、1L149円でした。道中のGSの価格にも気をはらっていたのですが、154円、150円(セルフ)とかでした。近所のGS(=坂岡商店&ENEOS)は安いなあ。すでに出光のカードは持っているのですが、一番頻繁に使うのがここのGSになっていくと思うので、ENEOSのカードも作っておこうかな。皆さんはGS系のカードは持っていますか?

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

ホテル

 昨晩はばあちゃんと母と3人で、弘前市近郊のとあるホテルに行ってきました。ばあちゃんがたまにはどこかに行きたいと言っていたので、いろいろホテルや旅館を探してみたのですが、結局近場にすることにしました。ばあちゃんは80歳になりましたが、心身ともにまだまだしっかりしていますが、遠くに行くのはちょっと不安なようでしたから。遠くに行くと交通費もかさむので、俺の車で移動しました。

 ホテルの位置は地図は確認していましたし、携帯電話の「助手席ナビ」で音声案内も行なっていました。ところが、ホテルのあるはずの山道を進んでいると「ルートを外れました」との携帯電話の悲痛な叫びが繰り返されました(笑) 途中までは携帯は何も言いませんでしたし、途中で分岐があったわけでもないのですが、人気のない山道で、俺に土地鑑もなかったので不安になり、5分ほど手前へ引き返し、地元の人に尋ねてみることに。すると、やはり道は合っていたようなので、携帯電話の叫びを無視して、さらに道なりに山を登っていくと、ホテルおよびホテルの管理するゴルフ場へ到着しました。電波の届きにくい山道では、ナビがアテにならないこともあるようですね。

 ホテルの外観はやや古くなっているのかなとも思ったのですが、部屋はとても広くて(45?)豪華でした(写真参照)。さっそく温泉に入ってみることにしましたが、午後4時前でまだチェックインする人も少ないのか、男湯には俺しかおらず貸切状態でした。ヒバの樹をふんだんに用いてある浴室で、良い香りがしました。温泉はややぬるいような気がしましたが、脱衣場の張り紙によれば、源泉の湯温が低いため加熱しているようです。露天風呂もありますが、景色は特筆するものはなかったです。山の中ですしね。俺が上がると、入れ替わりで母とばあちゃんも入りに行きましたが、ほかに2人しかいなくて空いていたそうです。

 晩御飯の前に、ホテルの売店などを見てまわっていたのですが、やたらと朝鮮人が多い。どうも韓国からのツアー客のようです。よくよく見てみるとホテル内の案内書きなどいたるところの文字が日本語、中国語(簡体字)、韓国語(ハングル)の三ヶ国語表記になっていました。青森空港にはソウル便がありますし、県を挙げて韓国から観光客の誘致を図っているので、その成果が出ているのかもしれません。ただ……山のホテルでのんびりしようと思っていたところで、大勢の外国人がいて、外国語が聞こえてくるとどうにも落ち着きません。東京のビジネスホテルとかなら、それほど気にはならないんですが……。

 晩御飯はバイキング形式だったのですが、値段を考えれば概ねおいしかったです。ネット上での評判でも料理のレベルが高いとあったので、ここに泊まることにしていたので、その点では満足しました。鍋物とけの汁とカレーが特においしかったです。あと、デザート類も良かったと思います。りんごの冷製スープはおいしかったので2杯ものみました。このスープは母には不評だったのですが(笑) 寿司も数種類ありましたが、これはいただけない出来でした。寿司はなくてもよかったような……。3人とも腹いっぱい食べました。本来ならこのレストランから弘前市街などが見渡せるはずですが、天気が悪かったので何も見えませんでした。

 食後、俺はゴロゴロしていたのですが、母とばあちゃんは再び温泉に向かったのですが、韓国人ツアー客集団の入浴とあたってしまい、洗い場に列ができている状態だったそうで、先ほどと違ってまったく落ち着けなかったそうです。ゴロゴロしていた俺は賢明だったようです。翌朝(今朝)の早朝に再び入浴に向かったのですが、今度はそれほどの混雑ではなかったようです。翌朝は俺も入りましたが、男湯も3,4人の客しかおらず、特に気にはなりませんでした。朝飯でごちゃごちゃ混んでいるのはイヤなので、時間を遅らせて、朝食を取りましたが、我々のほかには客が一人もおらず、落ち着いて朝食を取れました。朝御飯もおいしかったです。

 10時でチェックアウトだったので、身支度を済ませて退出しました。帰りに道の駅に立ち寄ったり、買い物などを済ませたのですが、ばあちゃんも楽しかったようで何よりでした。俺にとっても近場とはいえ、良い気分転換になりました。俺一人の旅行だとビジネスホテルばっかりで、おいしい食事のあるホテルになんて泊まらない(泊まれない)ですしね。

ホテル1
ホテル2

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『ライブラ』

『ライブラ』

日が昇ってから目覚め

日が沈む前に目を閉じる

そんなことをしてはいられない

夜にしかできないこともあるのだから



日が照っているときにのみ活動し

雨が降っているときには家にこもる

そんなことができるわけがない

雨が降ろうがやることはあるのだから



泣きたいときには泣けばいい

怒りたいときには怒ればいい

喜びのみの表情はまるで能面のようで

それを礼賛する社会はジオラマだろう



目の前に左右のT字路があったならば

力を合わせて十字路に変えられたらいい

きっと灰色の空の下でも笑って歩いていける


テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~モザイクハーツ~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

08年菊花賞回顧

 一番人気のオウケンブルースリが中団後方から、4角で大外をまくって完勝。2着に人気薄フローテーション、3着にナムラクレセント。2番人気のマイネルチャールズは5着、3番人気スマイルジャックは16着。

 レース後の内田騎手のコメントで、「馬の力を信頼して」とありましたが、まさにそういう競馬だったと思います。多少のコースロスがあっても、不利さえなければ勝てると思っていたのだろうと感じられました。終わってみればこのメンバーでは力が違っていたようです。まだこれで7戦目、菊花賞史上最短のキャリア、最短期間での制覇だそうです。上がり目がありそうです。トニービン産駒は府中巧者で有名でしたが、ジャングルポケット産駒はワリとコースを選ばずにGIを勝てるんだなあと感じました。

 スプリングS以降、いいところのなかったフローテーションがまさかの激走。昨秋の萩Sを勝っていますが、京都競馬場、稍重、同じ時期と今回の条件が向いていたのかもしれません。それと血統面で長距離向きだったのかも。俺にはとても買えない馬でしたが。ナムラクレセントは道中4,5番手でしたが、ハイペースのなか粘りきりました。フローテーションよりもナムラクレセントのほうが先が楽しみです。父ヤマニンセラフィムは同着で京成杯を勝った良血馬でしたが、いい馬を出しましたね。

 逃げたノットアローン、アグネススターチにはかなり期待していたのですが、1000m58,8という距離、馬場状態を考えればかなりのペースで飛ばし、逆噴射してしまいました。テレビ馬になってしまいました。単騎で行けていたらまた違ったのでしょうが……。スマイルジャックは離れた3番手でしたが、この位置でも早かったのだと思います。マイネルチャールズは走りも血統も馬力型なので、馬場は合っていたと思いますが、やはり直線で坂もほしかったところでしょう。

 直前でも考えがまとまらなかったのですが、結局1,2,7,8の枠連BOXで取りました。フローテーションのためでなく、ノットアローンのために1枠も抑えたのですが、代わりの馬が来てくれたおかげで助かりました。混戦のときというのは高配当にも低配当にもなりにくい(単勝オッズでもわかりますが)ですし、枠連やワイドで攻めるのは悪くない方法だと思います。来週の天皇賞も混戦になりそうですし、また枠連かワイドでいいかな。

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

08年菊花賞展望

★菊花賞過去8年★
         馬名     騎手 人気   父馬           前走(条件)        全成績 京都芝 重賞実績
00年1着エアシャカール   武豊  2 サンデーサイレンス 神戸新聞杯(芝20阪)1人3着 3-3-1-2 1-0-0-0 1-2-1-1
良  2着トーホウシデン   田中勝 3 ブライアンズタイム  セントライト(芝22中)1人2着  2-3-0-1 未出走 0-1-0-1
   3着エリモブライアン  藤田  6 ブライアンズタイム  神戸新聞杯(芝20阪)6人7着 2-2-0-6 0-2-0-2 0-1-0-4

01年1着マンハッタンカフェ 蛯名   6 サンデーサイレンス セントライト(芝22中)3人4着  3-0-1-3  未出走  0-0-0-2
良  2着マイネルデスポット 太宰   11 ペンタイア       鳴滝特別(芝24京)10人3着  2-1-3-3 1-1-3-1 未出走
3着エアエミネム   松永幹 3 Danehill        神戸新聞杯(芝20阪)1人1着 6-0-0-2 未出走 2-0-0-0

02年1着ヒシミラクル     角田 10 サッカーボーイ    神戸新聞杯(芝20阪)7人6着 3-2-3-8 0-1-1-2 0-0-0-1
良  2着ファストタテヤマ   安田康 16 ダンスインザダーク 札幌記念(芝20札)11人13着 3-2-1-5 2-0-0-1 2-0-0-5
   3着メガスターダム  松永幹 3 ニホンピロウイナー 神戸新聞杯(芝20阪)4人4着 3-3-0-8 1-2-0-1 1-0-0-5

03年1着ザッツザプレンティ 安藤勝 5 ダンスインザダーク 神戸新聞杯(芝20阪)4人5着 2-1-1-3 1-1-0-0 1-0-1-3
良  2着リンカーン 横山典 4 サンデーサイレンス 神戸新聞杯(芝20阪)5人4着 3-2-0-2 1-2-0-0 0-0-0-2
   3着ネオユニヴァース デムーロ1 サンデーサイレンス 神戸新聞杯(芝20阪)2人3着 6-0-2-1 3-0-0-0 4-0-1-1

04年1着デルタブルース  岩田康 8 ダンスインザダーク 九十九里特(芝25中)1人1着 3-2-0-5 0-0-0-2 0-0-0-1
良  2着ホオキパウェーブ 横山典 4 カーネギー      セントライト(芝22中)2人2着  2-2-1-2 未出走 0-2-0-1
   3着オペラシチー 佐藤哲 6 オペラハウス     朝日CC(芝20阪)2人7着   3-0-0-1 未出走 0-0-0-1

05年1着ディープインパクト 武豊 1 サンデーサイレンス 神戸新聞杯(芝20阪)1人1着 6-0-0-0 1-0-0-0 4-0-0-0
良 2着アドマイヤジャパン 横山典 6 サンデーサイレンス 神戸新聞杯(芝20阪)3人5着 2-1-2-2 未出走 1-1-2-2
3着ローゼンクロイツ 安藤勝 3 サンデーサイレンス 神戸新聞杯(芝20阪)6人3着 3-2-1-2 2-1-0-0 1-1-1-2

06年1着ソングオブウインド 武幸 8 エルコンドルパサー 神戸新聞杯(芝20名)6人3着 2-4-3-0 0-1-0-0 0-1-1-0
良 2着ドリームパスポート 横山典 2 フジキセキ 神戸新聞杯(芝20名)3人1着 3-4-3-0 2-2-0-0 2-1-2-0
3着アドマイヤメイン 武豊 3 サンデーサイレンス 神戸新聞杯(芝20名)2人7着 4-3-1-3 1-1-0-1 2-1-0-2

07年1着アサクサキングス 四位 4 ホワイトマズル 神戸新聞杯(芝24阪)5人2着 3-2-0-4 1-0-0-0 1-2-0-4
良  2着アルナスライン 和田 6 アドマイヤベガ 京都大賞典(芝24京)6人3着 3-0-2-2 0-0-1-1 0-0-2-0
   3着ロックドゥカンブ  柴山 1 Red ransom セントライト(芝22中)1人1着 4-0-0-0 未出走 2-0-0-0

*******************************************************

 今の時期になった過去8年のデータを見ていきます。連対馬は1人気が1頭、2人気が2頭、3人気が1頭、4人気が3頭、5人気が1頭、6人気が3頭、8人気が2頭、10人気が1頭、11人気が1頭、16人気が1頭です。上位人気馬はまったく信頼が置けません。過去10年の菊花賞では横山典が5連対で最多です。武豊が3連対となっています。蛯名、安藤勝も1勝3着1回、和田も2着が2回と好成績です。

 過去8年のステップレースを見てみると神戸新聞杯組が9連対で最多。しかも1~3着を独占したのが3度あります。圧倒的な主力ローテーションです。セントライト記念組が3連対。1000万下条件から2連対、札幌記念、京都大賞典から1連対となっています。休み明けぶっつけや500万下からの連対はありません。ただ、主力の前哨戦であるセントライト記念、神戸新聞杯の結果は本番に直結してはいません。05年のディープインパクトが神戸新聞杯→菊花賞と連覇していますが、三冠馬になるくらい同世代から突出していないと難しいのでしょう。昨年から神戸新聞杯が2000m→2400mへと変わっていますが、その昨年の神戸新聞杯勝ち馬・ドリームジャーニーも5着に敗れています。負けた馬の巻き返しが多いのですが、ほどほどに負けている馬が良さそう。

 セントライト記念と菊花賞をいずれも制したのは23年前のシンボリルドルフ以来ありません。セントライト記念馬が連対したのも1990年のホワイトストーン以来ありません。昨年のロックドゥカンブは4戦無敗、重賞連勝中でしたが3着まででした。セントライト記念もちょっと負けた馬(特に2着馬)の巻き返しがたまにありますが、基本的にステップレースの役目をあまり果たしていないといえそうです。1000万下から連対した馬も2頭いますが、いずれも2400m以上のレースでした。また前走がダートや2000m未満を使った馬もいません。過去20年まで広げてみましたが、2000m未満を使って、菊花賞で馬券に絡んだのは、1992年の3着馬・マチカネタンホイザ(1800mのカシオペアS2着から)だけです。連対した馬はいません。それまでにステイヤーとしての片鱗を見せていた馬を狙うのが良さそうです。

 出走回数はオペラシチーの4戦が最少、ヒシミラクルの16戦が最多です。ヒシミラクルよりも多く使っているような馬では、ここでの上積みも見込めないかもしれません。また、2勝馬で重賞連対もない、つまり賞金800万で馬券内に入ったのは過去7年ではマイネルデスポットのみです。調べてみたら過去10年でもこの馬だけです。重賞実績はあるに越したことはないのですが、マンハッタンカフェ、リンカーンと春は重賞のカベに跳ね返された馬もここで好走するケースがあります。

 ◆チェックポイント◆
・休み明け……いない
・京都芝で複数回出走かつ3着内がない……ホワイトピルグリム
・出走数が4~16戦の範囲外……シゲルフセルト
・1勝馬……ロードアリエス
・前走・神戸新聞杯8着以下……フローテーション、メイショウクオリア、スマイルジャック、ヤマニンキングリー
・前走・セントライト記念5着以下……いない
・前走・ダート戦……いない
・前走・2400m未満の条件戦……ドットコム、スマートギア、シゲルフセルト、ダイシンプラン
・前走・2000m未満のOP戦……いない

 残ったのは、ノットアローン、アグネススターチ、ナムラクレセント、マイネルチャールズ、ミッキーチアフル、オウケンブルースリ、ベンチャーナイン、ダイワワイルドボアの8頭。前々日オッズですが、オウケンブルースリが単1,9倍、ついでスマイルジャックが7,7倍で、あとはみんな単勝10倍以上です。オウケンブルースリは馬連、3連複の軸としては悪くないと思いますが、アタマで狙えるかと言われたら甚だ疑問です。押し出された一番人気というのは明白です。来るかもしれませんが、1,9倍で買う馬ではないでしょう。残りの7頭はオッズと馬体重を見ながら考えたいと思いますが、マイネルチャールズが不当に人気を落とすようならねらい目のように思います。中山が一番いいのは間違いないでしょうが、ダービーでも4着まで押し上げています。前走は差されましたが、自分から動いていく競馬のほうが勝機はありそう。松岡の乗り方次第と思います。

テーマ:中央競馬(JRA)予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

あっぷるぱい

 すっかり秋らしくなりました。ここ弘前はりんごの産地ですし、あちこちからりんごをもらったり、無人販売所に買いに行ったりで、常に大量のりんごが家にあります。というわけで、久しぶりにお菓子を作ってみました。アップルパイ。昨晩、NHK「きょうの料理」でアップルパイの作り方を放送していたので、触発されて作りました。中身はりんごを煮詰めるのではなく、フライパンでソテーしました。また、クルミとレーズンも混ぜていたので、それも入れてみました。クルミを混ぜるのは良い食感を生んでいますね。パイ生地は冷凍パイシート。手作りのパイ生地は手間かかるわりには、うまく仕上がらないので。1時間ほどで完成。写真はそれです。うまくできました。

 りんごの話の続きなんですが、うちのオヤジは日に2,3個食べています。漫画『デスノート』の死神リュークばりにリンゴが好きでしょうがないみたいです。なんというか好きなものはガマンできずに、いくらでも摂取するという感じ。酒もお菓子もリンゴも。山に行ったり、打ち合わせや取材で各地に行ったりとアクティヴに生活している人ですが、腹は妊婦同然です(笑) 4,5年前の俺もそうだったので、あまり人のことは言えないのですが、身体に悪いなあと思います。まあ、欲求があるというのは活力につながる面もあるので、歳をとっても衰えない活力はうらやましいなあと思います。ここ2ヶ月ばかりの俺は、日によってムラがありますが、どうにもガス欠をおこしているので。
あっぷるぱい

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

イエティ

<雪男>日本の登山家ら「足跡の撮影成功」と報告 ネパール
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081021-00000126-mai-soci

 Yahoo!のトップトピックに載っていました。記事中にある隊員の方のコメントには「人間であれば靴を履いていないと寒さに耐えられない。足跡は雪男の存在を示す証拠だ」だそうで、帰国後に写真を詳しく検証するようです。ただ、この理由がなあ……なんで、人間ではない=雪男になっちゃうの?と思わずにはいられません。雪男だと思って見れば、クマの足跡も雪男の足跡になってしまうのでしょうか。

 何度も雪男捜索隊が向かい、そして向かう度にニュースになっています。うちのオヤジがネパールやチベットに向かってもニュースになりませんが(笑) 雪男やネッシーやツチノコはいるんだ!と素朴に思える人はそれはそれでいいと思うのですが、この捜索隊はそういう考えではなく、ゼニや別の思惑が働いているように思えます。

 Wikipedeiaの「イエティ」の項目には、次のようにあります。「そもそもイギリスのエベレスト登山隊がイエティを未確認動物にして資金を集めていた事実は、R・メスナーの著書『My Quest for the Yeti』に1930年代にドイツの探検家・動物学者E・シェーファーによって証されていた」「登山家の根深誠も、2003年にチベットで調査をおこない、イエティはヒグマであったと結論している」と。俺も同感です。

 根深誠氏も早くイエティに関する総括を著せばいいと思うのですが、関係者によれば、当人はイギリスに行って、資料などを見聞きしないと書きあがらないと言っているそうです。また他の仕事が貯まっていて、そちらにはなかなか取り掛かれないらしいです。イエティに関する本を出すには、良いタイミングだと思うんですけどね……。

テーマ:UMA - ジャンル:

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

08年秋華賞回顧

 ◆予想結果◆
◎マイネレーツェル……15着
○レジネッタ……………8着

 11番人気→8番人気→16番人気の決着で重賞史上最高、歴代でも3位の3連単1098万円の高配当が飛び出しました。3連単1098万円もすごいのですが、この高配当の立役者で、3着に粘ったプロヴィナージュの複勝もすごいですよね。複勝6210円なんてなかなか見れないですよ……。まあ、世間の人がどう考えてもダート馬だと思ったからこそ、こんな配当になったのでしょうが、残り50mまで粘り、これはなにかの冗談なのか?とさえ思いましたよ。

 プロヴィナージュの出走により、ポルトフィーノは除外になったので、一部では非難する向きもありましたが、小島茂之調教師は管理馬が1,3着(しかも人気薄)で答えを出しましたね。そもそもが非難される筋合いでもないのですが。小島茂之調教師は新進気鋭の調教師さんですが、ブログで頻繁に、率直に意見を出しているのが好感持てます。ファンサービスをとても大事にされてるのだろうと思います。このブログは予想の上でもいろいろと参考になるように思います。

 勝ったブラックエンブレムは前走の大敗で、人気を著しく落としていましたが、岩田騎手のロスのない騎乗に馬は応えました。春先のフラワーCの内容が良かったので、その後買っていたのですが、見切ったところで勝たれてしまいました。本当に俺は馬券センスがないなあと思いましたよ(笑) 好時計勝ちですし、内容も良かったのですが、着順がコロコロ変わる牝馬3冠戦線は、レベルが疑わしくも感じます。ましてや昨今、牡馬相手に勝ち負けするような牝馬が多いですし、そうした上の世代と戦っていけるかというとさらなるパワーアップが必要かも。

 内枠の馬はあまり来ないとか書いた途端に、枠連1-2で泣けてきます(笑)しかも、ムードインディゴは差してきましたしね。母リープフォージョイ……前にもそんな馬がいたなあと思って検索しましたが、この馬は02年のオークスで穴を空けたチャペルコンサートの半妹(正確には3/4妹)なんですね。春先にOP勝ちなどの共通点もありますし、今後もひょっこり馬券に絡みそう。人気のレジネッタ、トールポピーらは見せ場なし。俺の期待したマイネレーツェルは道中もゴールも後方……。時計が早すぎたのかもしれません。

 ちなみに秋華賞を除外になったポルトフィーノですが、1600万下の清水Sを快勝していました。3歳牝馬で1600万下を勝つとはやはりただものではなさそうです。秋華賞に出てきたら、いいカモだなあと思っていたんですけどね。能力は明らかだと思うので、あとは足元が持つかどうかですね。無事に走ってほしいものです。アドマイヤグルーヴは故障しませんでしたが、ほかの上(イントゥザグルーヴ、サムライハートなど)は故障に泣かされて、素質は明らかだったのに大成できませんでしたし。

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

08年秋華賞展望

★秋華賞全12回データ★
         馬名     騎手 人気   父馬           前走(条件)         全成績  京都芝 重賞実績
96年1着ファビラスラフイン 松永幹  5 Fabulous Dancer  NHKマイルC(芝16東)1人14着  3-0-0-1 未出走 1-0-0-1
良  2着エリモシック     河内    3 ダンシングブレーヴ 嵯峨野特別(芝22京)2人1着   3-0-1-3 1-0-0-0 0-0-1-1
3着ロゼカラー 藤田  7  Shirley Heights   オークス(芝24東)7人4着     2-1-0-3 1-1-0-0 1-1-0-3

97年1着メジロドーベル  吉田    1 メジロライアン    オールカマー(芝22中)1人1着   6-1-1-1 未出走 3-1-1-1
良  2着キョウエイマーチ 松永幹  2 ダンシングブレーヴ ローズS(芝20阪)2人1着     6-0-1-1 1-0-0-0 3-0-0-1
   3着エイシンカチータ 山田和  9 バンブーアトラス   クイーンS(芝18中)5人3着    1-3-2-3 1-0-0-0 0-0-1-1

98年1着ファレノプシス   武豊    2 ブライアンズタイム ローズS(芝20阪)1人1着     5-0-1-1 1-0-0-0 2-0-1-1 
良  2着ナリタルナパーク 佐藤哲  14 ブライアンズタイム ローズS(芝20阪)6人5着     3-2-1-4 0-1-0-0 0-0-0-1
   3着エアデジャヴー 横山典  1  ノーザンテースト  クイーンS(芝18中)1人1着    2-4-1-1 未出走 1-2-1-0

99年1着ブゼンキャンドル 安田康  12 モガミ    ローズS(芝20阪)8人3着    2-1-5-6 0-0-0-2 0-0-1-1
良  2着クロックワーク 横山典  10 リアルシャダイ  クイーンS(芝18中)1人3着   2-0-4-1 未出走 0-0-3-1
   3着ヒシピナクル 河内   2 Theatrical      ローズS(芝20阪)2人1着     4-2-1-1 2-2-1-0 1-0-0-1

00年1着ティコティコタック 武幸   10 サッカーボーイ   大倉山特別(芝18札)2人1着 3-0-2-6 0-0-1-0 未出走
良  2着ヤマカツスズラン 池添   7 ジェイドロバリー   ローズS(芝20阪)5人14着    3-0-1-1 未出走 1-0-0-1   
   3着トーワトレジャー 上村    5 トニービン       ローズS(芝20阪)11人3着    3-0-1-2 未出走 0-0-1-0 

01年1着テイエムオーシャン本田   1 ダンシングブレーヴ オークス(芝24東)1人3着    5-0-2-0 未出走 3-0-2-0
良  2着ローズバド     横山典   2 サンデーサイレンス ローズS(芝20阪)1人2着    2-3-2-2 0-0-1-1 1-2-1-0 
3着レディパステル   蛯名   3 トニービン       紫苑S(芝18中)1人1着      4-3-1-0 未出走 1-1-0-0  

02年1着ファインモーション 武豊 1 Danehill       ローズS(芝20阪)1人1着   4-0-0-0 未出走 1-0-0-0
良  2着サクラヴィクトリア  蛯名 3 トニービン      ローズS(芝20阪)3人2着   3-1-1-2 未出走 1-1-1-2    
   3着シアリアスバイオ 安藤勝 7 タマモクロス     紫苑S(芝18中)11人2着     1-1-2-5 1-0-0-0 未出走

03年1着スティルインラブ   幸    2 サンデーサイレンス ローズS(芝20阪)1人5着    4-1-0-1 1-0-0-0 2-1-0-1
良  2着アドマイヤグルーヴ 武豊  1 サンデーサイレンス ローズS(芝20阪)2人1着    4-0-1-1 1-0-0-0 1-0-1-1 
   3着ヤマカツリリー    安藤勝 8 ティンバーカントリー ローズS(芝20阪)5人2着  2-3-1-3 0-0-1-0 1-2-0-3  

04年1着スイープトウショウ 池添   2 エンドスウィープ   ローズS(芝20阪)2人3着    4-1-1-2 3-0-0-0 2-1-1-2
良  2着ヤマニンシュクル  四位  5 トウカイテイオー  クイーンS(芝18札) 3人3着   3-1-4-1 未出走 1-0-4-1
   3着ウイングレット  田中勝 10 タイキシャトル    クイーンS(芝18札)4人8着  2-1-0-3 未出走 0-1-0-2   

05年1着エアメサイア 武豊 2 サンデーサイレンス ローズS(芝20阪)2人1着 3-2-1-1 2-1-0-0 1-1-1-1
良 2着ラインクラフト 福永 1 エンドスウィープ ローズS(芝20阪)1人2着 5-1-1-0 2-0-0-0 4-1-1-0
3着ニシノナースコール 横山典 5 ブライアンズタイム 五頭連特別(芝16新)5人1着 3-0-0-3 未出走 未出走

06年1着カワカミプリンセス 本田 2 キングヘイロー オークス(芝24東)3人1着 4-0-0-0 未出走 1-0-0-0
良 2着アサヒライジング 柴田善 5 ロイヤルタッチ アメリカンオークス(芝20米)1人2着 3-2-2-3 未出走 0-2-1-2
3着フサイチパンドラ 福永 4 サンデーサイレンス ローズS(芝20名)2人3着 2-2-3-2 1-0-0-1 0-2-2-1

07年1着ダイワスカーレット 安藤勝 2 アグネスタキオン  ローズS(芝18阪)1人1着   4-2-0-0 1-1-0-0 2-2-0-0
良  2着レインダンス     武幸  7 ダンスインザダーク ローズS(芝18阪)3人3着  3-2-2-4 0-1-0-1 0-0-2-2
   3着ウオッカ       四位 1 タニノギムレット  宝塚記念(芝22阪)1人8着 5-2-0-1 2-1-0-0 3-1-0-1

***************************************************

 全12回のデータを見ていきます。連対馬は1人気が5頭、2人気が8頭、3人気が2頭、5人気が3頭、7人気が2頭、10人気が2頭、12人気が1頭、14人気が1頭。荒れるイメージがありますが、そうポンポン上位人気が飛んでいるわけでもなさそうです。特に近年は堅い決着が目立ちます。ただ10番人気以下の穴馬も4連対しています。騎手では武豊が3勝2着1回と好成績です。まあ、ユタカはどのレースでも実績あるので特筆すべきことではないかもしれませんが。他の騎手では、武幸が1勝2着1回、横山典が2着2回3着2回、また、全般に関東騎手が奮いません。関東馬が弱いからでしょうか。

 ステップレースを見てみるとローズS組が15連対(全24連対中)で他を圧倒しています。次いでオークス組、クイーンS組、1000万下条件戦組が2連対。NHKマイルC、アメリカンオークス、オールカマーがそれぞれ1連対。春のGIからの休み明けでファビラスラフイン、テイエムオーシャン、カワカミプリンセスが勝っています。GI級の能力があれば連対は可能なようです。トライアルながら紫苑S組は大不振です。レディパステル、シアリアスバイオの3着のみ。ヤマカツスズランとファビラスラフインが前走14着から巻き返していますがいずれもGI級の馬でした。ローズSから秋華賞で馬券に絡んだのは19頭いますが、故障休養明けで大敗していたヤマカツスズランを除いた18頭は5着以内でした。ローズSで掲示板に載れない馬はここも複勝圏内は難しそうです。1000万下から複勝圏に入った3頭はいずれも前走を勝っていました。

 重賞未出走馬とナリタルナパーク(重賞:0-0-0-1)以外は過去に重賞で3着内に入っています。重賞に何度も挑戦しながら好走できない馬は、GIではなおさら厳しそう。また1勝馬は3着はあるものの連対は1度もありません。当たり前ですが多く勝っている馬が有利です。4勝以上しているような馬はかなり信頼できると思います。総出走数はファビラスラフイン、ファインモーション、カワカミプリンセスの4戦が最少、ブゼンキャンドルの14戦が最多。さすがにこの14戦より多い馬はどうなんでしょうか。馬券に絡んだ36頭のうち、ファビラスラフイン以外の35頭は前走が1800m以上でした。前走が1800m未満の馬はここへの出走自体少ないでしょうが、出てきても割引。最後に、当たり前かもしれませんが、前走がダートだった馬が馬券に絡んだこともありません。

◆チェックポイント◆
・前走・ローズSで6着以下:ブラックエンブレム、トールポピー、エアパスカル
・前走・紫苑Sで3着以下:レッドアゲート
・前走・1000万下で2着以下:いない
・前走・ダート戦:ピサノジュバン、カレイジャスミン、ユキチャン、プロヴィナージュ
・前走・1800m未満:いない
・前走・10人気以下:プロヴィナージュ
・重賞に複数回出走して3着内がない:アロマキャンドル、メイショウベルーガ
・重賞未勝利馬の休み明け:アロマキャンドル、ソーマジック
・4~14戦の範囲外:いない
・1勝馬:いない

 残ったのは、ムードインディゴ、エフティマイア、リトルアマポーラ、マイネレーツェル、ブライティアパルス、レジネッタ、オディールの7頭。

 ただ、リトルアマポーラもこのデータ的にはほぼナシです。前述したように、休み明けぶっつけから3頭が勝っていますが、G2、G3馬はファビラスラフインだけです。リトルアマポーラとファビラスラフインでは秋華賞時点での能力、期待度に大きな差があります。武幸がこのレースと相性がいいのはプラスとは思いますが……。

 絶対に来ないわけではないですが、出目に偏りも見られます。過去12回の出目は、1枠1回、2枠1回、3枠1回、4枠1回、5枠4回、6枠5回、7枠4回、8枠7回となっています。1~4枠がそれぞれ1連対ずつなのに対して、5~8枠の好成績は明らかです。なおかつ、内枠で連対した馬はナリタルナパークを除いて前前につけていました。内枠の差し馬はほとんどきません。そういう点からムードインディゴはどうでしょうか?逆に大外枠に入ったレジネッタには好材料です。

 今回もさほど人気がありませんが、マイネレーツェルの前走は勝負強かったです。オークスでも不利がなければ……というユタカのコメントもありました。ラフィアンの牝馬がGIを勝ったことはなかったと記憶していますが、青森県産で200万円の馬に期待します。狙うはタムロチェリー以来の中央GI制覇です。相手はもちろんレジネッタで。単勝9、馬単9⇔17 ワイド9-17。ローズS勝ち馬と桜花賞馬の組み合わせなのに、9→17なら46倍、17→9でも33倍もつきますね(。・ρ・)ジュル もう一頭挙げるならば、内枠ですがエフティマイア。

 ◎マイネレーツェル
 ○レジネッタ

テーマ:中央競馬(JRA)予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

10円まんじゅう

 昨日は4たび、ばあちゃんを乗せて青森市の病院へ行ってきました。また結石の衝撃波粉砕処置をされるのでは……とばあちゃんは不安がっていましたが、写真の結果、今度は石が体外に排出されていたそうで、診察だけで終わりました。良かった良かった。次は2ヶ月後くらいに来てくださいとのことでした。歳をとってくるとこまめな診察が大事になってくるでしょうね。俺も少し体調管理に気をつけようと、10日ほど前から筋トレしています(笑) 腕立て、腹筋、スクワットを30回。せっかく猛暑の中の肉体労働でいくらかやせたのに、冬場で元に戻ってしまうのはイヤですので。

 一方でまんじゅう屋に頻繁に通っています。先週の金曜日に10円まんじゅうのお店がオープンしたので、ためしに買ってみました。1個10円だと思えばじゅうぶんにおいしかったですよ。まあ、1個10円と言っても1個単位では買えず、10個1パックで110円なんですが。うちで食べる分だけでなく、オヤジやばあちゃんがよそに持っていく土産として購入するため、オープンして1週間も経たないのに、3回も買いにいっております。オープン間もないからか、かなり混みあっていますし、駐車スペースもそれほど広くないので、駐車に手間取ってしまいます。こないだの土日には警備員(それも2人)もいたくらいです(笑)

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

08年南部杯回顧

 昨日は盛岡競馬場で、交流GI・南部杯が行なわれ、2番人気のブルーコンコルドが3連覇達成、最多タイとなるJpnI7勝目を挙げました。次走はJBCスプリントの模様ですが、勝てば獲得賞金10億円突破、最多新記録となるJpnI8勝となります。注目です。今回、人気はワイルドワンダーに譲っていましたが、手ごたえよく好位を進み、粘るメイショウバトラーを残り100mであっという間に交わしました。幸騎手いわく「3回勝った中で今回がもっとも楽だった」そうです。まだまだ衰え知らずですね。2歳時から重賞を勝ち、8歳に至るまで毎年欠かさず勝ち星を積み上げています。本当にえらいお馬さんです。

 どうも中央重賞では冴えないユタカですが、昨日のメイショウバトラーは見せ場たっぷりの好騎乗だったと思います。直線に入った段階では押し切ってしまうのか?とも思いました。馬自体の仕上がりも良かったのかも知れません。この馬ももう8歳ですが、まだまだやれそうですね。牝馬限定戦ならまだ重賞を勝てそう。話題の白毛馬・ユキチャンとも対戦してほしいなあと思います。

 一番人気に推されたワイルドワンダーでしたが、どうにも行きっぷりが悪く、キングスゾーンを捕まえるのが精一杯でした。+10kgの馬体重も響いたのかもしれませんが、休み明けですし、これぐらい増えていてもいいと思います。それよりも今年に入ってから、根岸Sこそ勝ちましたが、勝ちきれない競馬が続いています。ブルーコンコルドよりも先にこちらのほうが衰えてきているのかとも思いました。この馬ももう6歳ですしね。

 スウィフトカレントは5着入着しましたが、勝ち負けには程遠かったですし、ダートが合っているとはとても思えませんでした。森厩舎お得意の地方巡業をさせるのはかわいそうな感じがします。コンゴウリキシオーは、逃げを打つことはできましたが、3角過ぎからズルズル下がってブービー。かきつばた記念を勝っていますし、こなせなくはないんでしょうが、芝のほうが合っていると思います。

 馬券は3連複を取りましたが、本当に微々たる儲けです。今回は馬連、馬単を買えた人が勝ち組だったのかなーと思います。

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

栄枯盛衰

SNSに飽きた日本のユーザーは55%、シノベイト調査
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/10/10/21151.html

 Mixiに関して言えば、確かに飽きている人が多いんだろうなーと思います。日記を書かなくなった人、そもそもログイン自体しなくなった人が多いように感じられます。話題になっているからやってみたけれど、周りがやらなくなったからやめちゃった。そんな人が多いように思います。

 Mixiのピークも過ぎてしまったのかもしれません。アクティブなユーザーに対して、休眠ユーザーやコミュニティの数が多すぎて、希薄な雰囲気になりつつあるような気がします。栄枯盛衰。個人的にはAOLジャパンの衰退期に似た臭いを感じてしまいます。

 SNSだけではなく、ブログに関しても更新されないものが大半との記事を以前どこかで読みました。SNSにしても、ブログにしても、書くことがベースとなりますから、書くこと自体が好きでないと長続きしないのではないかと思います。そして、そんな人が国内に1000万人もいるわけないですしね(笑)

テーマ:インターネット - ジャンル:コンピュータ

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

08年毎日王冠/京都大賞典回顧

◆予想結果◆
◎ウオッカ…………………2着
○スーパーホーネット……1着
▲サンライズマックス……16着
△フィールドベアー………10着

 武豊騎乗の圧倒的一番人気のウオッカはまさかの逃げ。直線に入っても脚色は衰えませんでしたが、一頭だけ猛追してきたスーパーホーネットの鬼脚に屈して2着に敗れました。末脚をためにためて、上がり最速で、2、3着に負けるよりは、今回のように行って行って負けるほうがマシです……が、なんで逃げたのかがよくわかりません。あのスタート、あの位置なら3,4番手に控えることもできたと思うのですが。乗り方ひとつで結果が変わったようにも思います。今年のユタカ(少なくとも重賞において)は、ユタカだから良かったと思えるものが全く感じられないです。ツキもないかもしれません。ただ、馬の能力が上でも、乗り代わりばかりの馬よりずっと同じコンビの馬ほうが結果が出るのは、ある意味当然と思います。

 一方のスーパーホーネットは藤岡兄がカンペキな騎乗を見せたと思います。馬を完全に手の内に入れているように感じられました。まずまずのスタートから好位につけ、直線では一頭だけすばらしい瞬発力を見せて差しきりました。上がり33,3。最近はマイル以下を使われていましたが、もともとこの距離でも実績がありましたし、2000mまでは持つと思います……が、この馬はバランスオブゲームに似ているような気がします。バランスオブゲームは1800mや2200mを得意としていましたが、スーパーホーネットも1400mや1800mなどのGIのない非根幹距離が得意なように感じられます。メンバーの強化される天皇賞でどこまでやれるか注目です。俺はまた買いますが。

 結局、馬券はウオッカとスーパーホーネットの3連複2頭軸流しを買いました。上記の印の馬以外にトーセンキャプテン、オースミグラスワンにも流していたのですが、アドマイヤフジなんて買ってない……。アドマイヤフジはどんな相手でも3~6着くらいなので、とても買いづらいです。連はなくてもいつも3着はあると思って軽く抑えておくのがベストなんでしょうが。カンパニーとオースミグラスワンはこんなに減って出てきては、このあとのGI戦線で厳しいと思います。まあ、オースミはGIを使ってこないかもしれませんが。それと▲にしていたサンライズマックスがいいところなく敗れたのが残念でした。叩き良化型としてもなあ。予想の回にも書きましたが、故障・転厩前のドリームパスポートはもういません。

 関東では比較的平穏な結果でしたが、関西では大波乱になりました。人気のアルナスライン、アドマイヤジュピタが大敗。勝ったのはトーホウアラン、少頭数だと堅く収まりそうな気がしますが、荒れることも珍しくないように思います。だから俺は毎日王冠を買い、京都大賞典は買わなかったのですが。アドマイヤジュピタはともかく、そもそもアルナスラインは過剰人気だったと思います。重賞未勝利なのにGI馬を差し置いて一番人気はないよなあ。だからといって、何が来るかもわからなかったのですが(笑) トーホウアランはインティライミと戦績が似ていますし、タイプも似ていると思います。よって、今後のGI戦線では難しそう。年明けの京都金杯や日経新春杯に出てくれば注意というところでしょう。

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『間欠強化』

『間欠強化』

生きていたって楽しいことは少なくて

つらいことのほうが多いに決まっている



人生が楽しいという人がいるならば

そのほとんどは単なる思い込みだろう

でも、その思い込みこそが何より重要

人もうらやむ生活の人が幸せで

さげすまれる人が不幸だなんて

本人以外の誰にも知りようがない



上を見ればキリがない

下を見てもキリがない

ただ、僕にはいろいろなものが欠けていて

そのことを僕自身に許してもらいたいんだ

死にたいと何度思ったかなんて忘れた

それでも僕はこうして想いを述べている



ハズレ馬券の山を築いて

もう競馬なんてやめてやる!

そんなときに限って万馬券

だからやめられない



だから生きていける


テーマ: - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~モザイクハーツ~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

08年毎日王冠展望

★毎日王冠過去10年★※02年は中山開催。コース実績も中山芝。
       馬名(性齢)     騎手 人気   父馬         前走(条件)       東京実績 重賞実績
98年1着サイレンススズカ(牡4)  武豊  1 サンデーサイレンス 宝塚記念(芝22阪) 1人1着 2-0-0-2 4-1-0-4
良  2着エルコンドルパサー(牡3)蛯名 3 Kingmambo     NHKマイル(芝16東) 1人1着 4-0-0-0 3-0-0-0
   3着サンライズフラッグ(牡4) 安田康 4 リアルシャダイ    朝日CC(芝20阪)  1人3着  未出走 1-0-1-1

99年1着グラスワンダー(牡4)   的場均 1 Silver Hawk     宝塚記念(芝22阪) 2人1着 3-1-0-2 5-1-0-2
良  2着メイショウオウドウ(牡4) 飯田 4 サンデーサイレンス 朝日CC(芝20阪)  1人2着  未出走 0-2-1-1
   3着アンブラスモア(牡5) 須貝 3 ラシアンボンド    小倉記念(芝20小) 4人1着 0-1-0-0 1-1-0-0

00年1着トゥナンテ(牡5) 幸   4 サクラユタカオー   北九州記念(芝18小)1人1着 0-0-0-1 2-1-1-5
良  2着アドマイヤカイザー(牡4) 後藤 5 Rainbow Quest   安田記念(芝16東) 5人8着 0-0-0-1 0-2-0-3
   3着エイシンキャメロン(牡4) 蛯名 8 With Approval    京成杯AH(芝16中) 8人4着 0-0-0-2 2-2-0-9

01年1着エイシンプレストン(牡4) 福永 5 Green Dancer   関屋記念(芝16新) 1人3着 0-0-0-2 4-1-1-7
良  2着ロサード(牡5)       横山典 6 サンデーサイレンス 小倉記念(芝20小) 2人1着 0-1-0-7 3-4-2-17
3着ダイワテキサス(牡8)  柴田善 10 トロメオ        オールカマ(芝22中)1人4着 3-1-0-8 5-3-2-17

02年1着マグナーテン(セ6)    岡部 2 Danzig         関屋記念(芝16新) 1人1着 1-0-0-6 2-0-0-5
良  2着エイシンプレストン(牡5) 福永 3 Green Dancer   安田記念(芝16東) 1人5着 2-1-0-2 7-2-1-9
   3着アメリカンボス(牡7)   江田照 5 Kingmambo     オールカマ(芝22新)6人10着 4-0-1-8 4-3-0-16

03年1着バランスオブゲーム(牡4)田中勝 5 フサイチコンコルド 宝塚記念(芝22阪)11人11着0-0-0-1 3-2-0-6
やや2着トーホウシデン(牡6)   蛯名 4 ブライアンズタイム 天皇賞・春(芝32京)3人10着 1-0-0-1 1-2-0-7
   3着エイシンプレストン(牡6) 福永 3 Green Dancer   QE2世C(芝20香) 2人1着 1-0-0-3 8-4-1-12

04年1着テレグノシス(牡5)    勝浦   1 トニービン      安田記念(芝16東) 4人2着 4-3-0-2 2-3-1-9
やや2着ローエングリン(牡5)   横山典 3 Singspiel      札幌記念(芝20札) 3人3着 2-1-1-3 2-3-5-8
   3着ブルーイレヴン(牡4) 四位   2 サッカーボーイ   関屋記念(芝16東)1人1着  未出走 2-2-0-6

05年1着サンライズペガサス(牡7)後藤 9 サンデーサイレンス 宝塚記念(芝22京)7人5着 0-0-0-2 2-2-1-9
やや2着テレグノシス(牡6) 勝浦 6 トニービン 安田記念(芝16東) 1人6着 5-3-1-4 3-3-2-10
   3着ケイアイガード(牡4) 柴山 13 デヒア 関屋記念(芝16新)3人8着 0-0-0-1 1-1-0-2

06年1着ダイワメジャー(牡5) 安藤勝 3 サンデーサイレンス 宝塚記念(芝22京)4人4着 0-0-0-5 3-3-1-7
良 2着ダンスインザムード(牝5) 北村 2 サンデーサイレンス 安田記念(芝16東)4人5着 1-1-1-5 4-4-1-10
3着ローエングリン(牡7) 田中勝 9 Singspiel 京成杯AH(芝16中)3人4着2-2-1-7 3-3-4-19

07年1着チョウサン(牡5)     松岡 8 ダンスインザダーク NマーケットC(芝20中)1人1着2-1-0-2 0-0-0-2
良  2着アグネスアーク(牡4)  吉田隼 5 アグネスタキオン 札幌記念(芝20札)12人2着1-0-0-0 0-1-0-1
  3着ダイワメジャー(牡6)  安藤勝 1 サンデーサイレンス 宝塚記念(芝22阪)5人12着3-0-0-5 7-3-2-8

************************************************

 過去10年のデータを見ていきます。連対馬は牡馬が18頭、セン馬が1頭、牝馬が1頭です。ファインモーション、メジロドーベル、スティンガーなど強豪牝馬の参戦も多いこのレースですが、93年のシンコウラブリイ以来、連対が久しくありませんでした。しかし、一昨年には13年ぶりにダンスインザムードが連対を果たしています。いずれも藤沢和厩舎でした。シンコウラブリイはのちにマイルCSを勝ちますが、毎日王冠参戦時点でもほぼ完璧な戦績でしたし、重賞を3勝していました。牝馬は既に重賞を3つも4つも勝っている馬が連対の最低条件です。

 年齢別では、3~8歳上馬が1、7、8、3、1、0連対。4歳馬と5歳馬の活躍が顕著です。3歳馬は出走数も少ないですが、この時点で5戦5勝のNHKマイルC馬エルコンドルパサー(のちの凱旋門賞2着馬)のみの連対。ジェニュイン、スティンガー、グラスワンダーらGIの勝ちのあった3歳馬でさえ敗退しています。8歳以上は連対がなく、01年のダイワテキサスの3着があるのみです。現役騎手では福永(1勝2着1回3着1回)、勝浦(1勝2着1回)、安藤勝(1勝3着1回)、横山典(2着2回)などの活躍が目立ちます。

 人気では、1人気が3連対、2人気が2連対、3人気が4連対、4人気が3連対、5人気が4連対、6人気が2連対、8人気が1連対、9人気が1連対です。上位人気馬の信頼度はイマイチですが、4~6人気馬が補う形になっています。2ケタ人気馬の連対はありません。実績馬が上位に来ることが多いのですが、昨年は昇級緒戦のチョウサンが勝ってしまいました。夏競馬から勢いに乗っている馬に注意が必要です。

 ステップレースを見てみると宝塚記念、安田記念組がそれぞれ5連対、札幌記念、関屋記念組がそれぞれ2連対、天皇賞・春、NHKマイルC、小倉記念、北九州記念、朝日CC、ニューマーケットCで続いています。休み明けからの連対も多いですが、それらはみな前走がGIでした。GI以外の休み明け好走例はありません。前走がGIならば着順は関係ありませんが、G2、G3ならば3着以内が必須です。昨年のアグネスアークも当てはまっています。OP特別以下から連対した馬はいなかったのですが、昨年チョウサンが勝ってしまいました。OP特別以下でも1着馬なら。前走がダートだった馬は過去10年ではいません。
 
◆減点ポイント◆
・重賞勝ちのない牝馬……いない
・8歳以上馬……エリモハリアー
・前走・GII・GIIIで4着以下……リキッドノーツ、エリモハリアー、チョウサン
・前走・OP特別以下で2着以下……いない
・前走・GI以外の休み明け……アグネストレジャー、オースミグラスワン、リキッドノーツ、サンライズマックス
・当日2ケタ人気馬……???

 残ったのは、サクラメガワンダー、スーパーホーネット、ウオッカ、キャプテンベガ、アドマイヤフジ、ハイアーゲーム、カンパニー、フィールドベアー、ドリームパスポート、トーセンキャプテンの10頭……って全然絞れていません。

 この中だとアドマイヤフジは距離が短いように思えますし、いつも伸びずバテずの3~6着ですし、買っても妙味がまるでないように思います。
 ルーキー・三浦騎乗のドリームパスポートですが、昨春の故障および転厩で以前のドリームパスポートではなくなったと思います。その割には人気にもなるので買えません。
 サクラメガワンダーは東京実績が皆無(0-0-0-4)です。同様のことはカンパニー(東京芝0-0-1-6)にも言えます。東京実績が皆無だったダイワメジャーは勝ちましたが、ダイワメジャーはGI馬でした。
 ハイアーゲームは近走からすれば買えないです。キャプテンベガは重賞連対歴がなく、格下感が否めません。昨年のチョウサンは重賞連対なく勝っていますが、過去10年における毎日王冠で馬券に絡んだ30頭中、重賞連対がなかったのはチョウサンだけです。
 積極的に買いたいと思えないのですが、勢いのない馬、格下の馬が多すぎて、ウオッカを本命にせざるを得ないです。ウオッカにとって、府中でこのくらいの距離はまさにベストと思いますし、重賞で不振のユタカと言えども、さすがに持ってくるでしょう。
 
 ◎ウオッカ
 ○スーパーホーネット
 ▲サンライズマックス
 △フィールドベアー

 サンライズマックスは消去法で消していますが、エプソムCの勝ち方に光るものがありましたし、中日新聞杯を勝っているように、左回りの1800はベスト条件、鞍上藤田も魅力なので抑えます。馬連3点流しを考えていますが、ウオッカ以外の3頭のワイドのほうがつくのなら、そちらにします。ウオッカが一本かぶりの人気になるでしょうし。

テーマ:中央競馬(JRA)予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

メル友

 メル友募集サイトって今はほとんどなくなってしまったようですね。いくつかはまだ残っていますが、投稿数が少なくなり、なんだか閑散とした感じもします。みんなMixiやらモバゲータウンやらのSNSにまわってしまったのでしょうか。SNSでメッセージを送ってメル友を作ればいいのでしょうが、「メル友募集」サイトとは異なって、SNSでは知らない人からのメッセージを必ずしも好意的に受け取るとは限らないわけで、なかなか継続的にやり取りするのが難しかったりしますね。こちらから返信をやめることはまずないんですが(笑)

 俺は頻繁に日記を更新しているほうですが、日記ではいいづらく、1対1のメールのほうが言いやすいことも多々ある(たとえば風俗ネタw)ので、メル友がほしいんですよね。7,8年前は常に10人前後のメル友を維持していましたが、今となっては、Mixiのマイミクの一部からしかメールは来ないですよ。昨日からの日課として毎日、メル友の新規開拓することにしました。誰でも……ではなく、もちろん何らかの共通点のある方に送りますが。そうじゃないと話弾まないですから。今日、3人から返信ありました。続くといいんだが……。一部、男性にも送っていますが、ホモじゃないよ(笑)

 皆さんには「メル友」はいますか?何人くらいいますか?

テーマ:メル友 友達 になろう - ジャンル:携帯電話・PHS

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

08年白山大賞典回顧/東京盃展望

 今日は金沢競馬場で唯一の交流重賞・白山大賞典が行なわれました。岩田騎乗の3歳馬・スマートファルコンが圧倒的一番人気。そのスマートファルコンは好スタートから、そのままハナを奪い、後続を寄せ付けずに逃げ切りました。ゴールドアリュール産駒の初重賞制覇です。今年の3歳ダート馬はレベルが高いですね。この勝利を以ってしても、JBCクラシックに出走するのは賞金的に難しいと思いますが、今後の交流重賞戦線での活躍が期待されます。

 道中はダイナミックグロウ、マルヨフェニックスが2番手を追走していましたが、2週目の3角付近でダイナミックグロウは足が止まり、マルヨフェニックスも伸びません。ダイナミックグロウはプラス15kgの馬体重が響いたのでしょうか。代わって3角からまくってきた紅一点のヤマトマリオンが2着に突っ込みました。3着にはサカラート。地方競馬での幸騎手はうまいなあと思います。ブルーコンコルドとともにあちこちの競馬場をまわった成果でしょうか。馬券はスマートファルコンとサカラートの2頭軸3連複を買っていたので、無事に的中しました。

 今日の予想はそれほど難しくなかったのですが、明日の大井競馬場で行なわれる東京盃は難しいですね。軸は重賞連勝中の上がり馬・ヴァンクルタテヤマで良いと思いますが、ヒモが難しいです。一応の対抗は過去のこのレースを連覇しているリミットレスビッドと考えています。アグネスジェダイは今年に入ってから、今ひとつ冴えません。タイセイアトムも年末年始の勢いは無くなってしまいました。これから南関勢の食い込む余地もありそうです。フジノウェーブ、ディープサマー、ベルモントサンダーら粒がそろっています。

テーマ:地方競馬予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

カキモト石油破産

柿本石油の負債総額70億円超
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2008/20081007125011.asp

 青森県内の石油小売大手のカキモト石油が破産しました。負債総額70億円で、今年の青森県内では最大規模の破産だそうです。俺もしばしば利用していたので、残念なことになりました。昼間のNHKニュースによれば、カキモト石油は自らの利益を抑えて、安売りしていたために、他社のGSも追随して、価格を下げる形になっていたようです。青森県のガソリン価格は全国平均と比べると安いですしね。利益を抑えて安売りしたのはいいのですが、それで潰れてしまっては……。未払いの灯油前売り券やプリペイドカードを持っている方も少なくないようです。幸い俺のプリカには残金がなかったので良かったです。このニュースの続報が気になります。

 半月ほど前に比べると、ウツも快方に向かっているように感じます。今回の波の山場は越えたかな。特別に用事がなければ、外出していないのですが、これまでのような大学のレポート作成のほかに、オヤジ経由で編集がらみの仕事をいくつか回してもらって、それもこなしております。来月、再びスクーリング(登校授業)に行こうと思っているのですが、なんとかお金が捻出できそうです。サイフの中身が暖かい……とはいきませんが、キツキツの状態でなくなると気持ちがラクになります。明日は病院での診察の日です。だいぶ快復してきたなあと思っていただけに、ここ1ヶ月半ほどの落ち込みは、落ち込んだこと自体がショックでした。天気が良ければ自転車で病院に行こうと思っています。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

08年凱旋門賞回顧

 凱旋門賞のメイショウサムソンは10着に敗れました。着順だけ見れば致し方ないとも思うのですが、レースを見るともっとやれたのではないかと感じました。まずますのスタートを切りましたが、内に押し込められ、前の馬が下がってきて、完全に閉じ込められてしまいました。あっという間に後方3番手。直線に入るまで前が空かず、空いたときには伸びてくる足もありませんでした。JRAの競馬では、まるで「モーゼの十戒」のように、ガバっと前が開きますが、欧州競馬はタイトな展開になりますね。それが当たり前なんだと思います。

 一方で最内枠だったザルカヴァ&スミヨン騎手は、直線で馬群を割って伸びてきました。馬も人も力が足らなかったように思えます。ユタカがヘタだという話ではありません。欧州競馬で乗っている人とは経験の差が歴然だったというだけです。よくある「海外競馬だからユタカにスイッチした」というのは、もうやめてもらいたいです。海外戦に向けてスイッチするならペリエやルメール、デムーロにしてほしいです。日本人騎手にスイッチするのなら、地方出身騎手のほうがいいようにも思います。アンカツ、岩田あたりで。

 もっとも仮にスムーズな競馬ができたとしても、せいぜい5着くらいだろうとは思います。上位陣、特にザルカヴァは強すぎました。三歳牝馬が凱旋門賞を勝ったのは26年ぶりだそうですが、四半世紀に一頭の傑出した牝馬だと思います。もしも来日するなら生で見てみたいものです。今回のメンバーのうち、何頭かはJCに来るのではないでしょうか。最近のJCには海外馬の出走が少なくてちょっと寂しいのですが、今年はたくさん来てほしいですね。

テーマ:競馬日記 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

08年スプリンターズS回顧

 ◆予想結果◆
◎カノヤザクラ…………7着
◎スリープレスナイト…1着
△キンシャサノキセキ…2着
△ビービーガルダン……3着
△シンボリグラン………12着

 1番人気のスリープレスナイトが人気に応えて勝ちました。鞍上の上村騎手はデビュー17年めにして初のGI制覇です。もう17年目なんですね。サイレンススズカ、ロイヤルスズカなどに乗っていたのが、数年前のような気がします。初めてGIを制した騎手のインタビュー、それもなかなかGIに届かなかった騎手のインタビューは、ちょっとジーンと来るものがありますね。馬自体もスタート良く飛び出して、中団外目から危なげなく抜け出して完勝。この馬はまだ4歳馬ですし、ダートもこなせますし、今後の活躍が大いに期待できそうです。今後はどういうローテになるのでしょうね。JBCスプリント→香港スプリントを期待したいです。

 2番人気のキンシャサノキセキもスリープレスナイトといっしょに伸びてきましたが、差が詰まることなくそのまま2着。3歳4歳時は明らかな人気先行馬だったのですが、ここに来て人気に実力が追いついてきた感じがあります。マイルもこなせる馬ですし、どちらかといえば直線平坦のほうが合っている気もするので、マイルCSでもチャンスはあると思います。逆に3着のビービーガルダンは、大敗しているのが1400、1600なのでマイルCSではどうでしょうね。そもそもマイルCSには出てこないかも……?期待したカノヤザクラは見せ場がなかったです。父がサクラバクシンオーですし、シーイズトウショウのような馬になるのかなあ。

 厳しいと書いたスズカフェニックス、ファイングレインの2頭のGI馬ですが、やっぱりダメでした。スズカフェニックスの届かずに3~5着というのは何度も見てきた光景です。もう6歳の秋ですし、少々衰えているようにも思えます。それでも阪神Cあたりならチャンスがあるのかもしれませんが。ファイングレインは道中包まれるキツい展開でしたが、直線でも脚がなかったように見えます。連続惨敗で人気を落とすようなら、スワンSや京阪杯で面白そうです。マイルCSだと取捨に悩みます。馬券は当たったのですが、馬連1番人気ですので、儲けはほとんどなし。せめてビービーガルダンが2着にきてくれれば……。

 今夜は凱旋門賞ですね。でも、田舎暮らしでグリーンチャンネルも見れない俺は生で見られません。フランスのサイトとかなら生中継のサイトもあるのかなあ。フランス語などさっぱりわからないので無理か(笑)

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

カーリンが武蔵野S登録

 米年度代表馬カーリンが武蔵野Sに登録
http://www.netkeiba.com/news/?pid=news_view&no=31229&category=A

 一昨日の話ですが、昨年の米年度代表馬で、今年のドバイワールドCを圧勝した世界最強馬・カーリンが武蔵野Sに登録したそうです。十中八九登録だけだと思いますが、本当に出てきたら面白いです。常識的に考えれば、連覇を目指してBCクラシックに向かうでしょうね。
 
 これも登録だけでしょうが、ディヴァインライト産駒の英1000ギニー馬・ナタゴラがスワンSに選出されたそうです。父馬が日本馬だけに、ナタゴラのほうが来日の可能性が高いような気もします。これから欧州はシーズンオフにも入りますしね。

テーマ:競馬日記 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

08年スプリンターズS展望

★スプリンターズS過去10年★※02年は新潟開催。コース実績の欄も新潟実績。
年度    馬名(性齢) 騎手 人気 父馬 前走   人気着順  全成績  中山芝   重賞
98年1着マイネルラヴ(牡3)   吉田豊 7 Seeking the Gold スワンS(芝14京)   1人7着 3-4-1-3 0-1-0-1 1-3-1-3
良  2着シーキングザパール(牝4)武豊 2 Seeking the Gold マイルCS(芝16京)  2人8着 8-0-2-5 1-0-1-0 7-0-2-5
   3着タイキシャトル(牡4)   岡部  1 Devil's Bag     マイルCS(芝16京)  1人1着 11-1-0-0 1-0-0-0 8-0-0-0

99年1着ブラックホーク(牡5)   横山典 2 Nureyev        マイルCS(芝16京)   2人3着 6-2-4-2 3-0-1-0 2-1-3-1
良  2着アグネスワールド(牡4) 武豊  1 Danzig        CBC賞(芝12名)    1人1着 7-3-0-4 0-0-0-1 4-2-0-4
   3着キングヘイロー(牡4)  福永  4 ダンシングブレーヴ マイルCS(芝16京)   4人2着 5-4-2-7 1-1-1-1 3-4-2-7

00年1着ダイタクヤマト(牡6)  江田照 16 ダイタクヘリオス  セントウルS(芝12阪) 7人7着 7-5-4-15 2-0-0-0 0-1-0-4
やや2着アグネスワールド(牡5) 武豊  1 Danzig        ジュライC(芝6Fニ)  1人1着 8-5-1-4 0-1-0-1 5-4-1-4
   3着ブラックホーク(牡6) 横山典 2 Nureyev        セントウルS(芝12阪) 1人2着 8-4-4-4 4-0-1-0 4-3-3-3

01年1着トロットスター(牡5)   蛯名  4 ダミスター      安田記念(芝16東)   4人14着 7-7-0-10 0-1-0-1 3-4-0-9
良  2着メジロダーリング(牝5) 田中勝 3 Green Desert    アイビスSD(芝10新)  2人1着 8-4-4-13 0-1-1-1 2-0-2-6
   3着ダイタクヤマト(牡7)   江田照 2 ダイタクヘリオス   セントウルS(芝12阪) 2人2着 10-6-4-17 3-0-0-0 3-2-0-6

02年1着ビリーヴ(牝4)      武豊  1 サンデーサイレンス セントウルS(芝12阪) 1人1着 7-1-5-6 未出走 1-0-1-2
良  2着アドマイヤコジーン(牡6)後藤  3 Cozzene       安田記念(芝16東)   7人1着 6-2-2-10 未出走 5-1-1-7
   3着ショウナンカンプ(牡4)  藤田  2 サクラバクシンオー 函館SS(芝12函)    1人4着 6-1-2-4 未出走  1-0-0-2

03年1着デュランダル(牡4)   池添  5 サンデーサイレンス  セントウルS(芝12阪) 4人3着 5-1-1-3 2-0-0-2 0-0-1-2
良  2着ビリーヴ(牝5)      安藤勝 1 サンデーサイレンス  セントウルS(芝12阪) 1人2着 10-2-5-10 0-0-1-1 4-1-1-6
   3着アドマイヤマックス(牡4) 武豊  2 サンデーサイレンス  セントウルS(芝12阪) 3人4着 2-2-3-2 未出走 1-2-3-2

04年1着カルストンライトオ(牡6) 大西  5 ウォーニング     アイビスSD(芝10新) 1人1着 8-3-7-12 0-0-0-2 2-0-5-6
重  2着デュランダル(牡5)    池添 2 サンデーサイレンス 高松宮記念(芝12名) 1人2着 7-2-1-3 3-0-0-2 2-1-1-2
   3着ケープオブグッドホ(セ6)プレブル8 Inchinor       ジュライC(芝12ヨ)  4着 7-7-6-18 未出走 2-6-6-12

05年1着サイレントウィット(セ6)コーツィ 1 EL Moxie 安田記念(芝16東) 5人3着 17-1-1-0 未出走 13-1-1-0
良 2着デュランダル(牡6) 池添 2 サンデーサイレンス 香港マイル(芝16沙)  5着 8-3-1-4 3-1-0-2 3-2-1-3
3着アドマイヤマックス(牡6) 武豊 3 サンデーサイレンス  安田記念(芝16東) 4人12着 4-2-4-10 0-0-1-0 3-2-4-9

06年1着テイクオーバーター(セ7)フォード 1 Celtic Swing セントウルS(芝12名) 2人2着 12-2-3-5 未出走 5-2-3-5
良 2着メイショウボーラー(牡5) 福永 10 タイキシャトル セントウルS(芝12名) 5人7着 7-4-3-11 0-2-1-0 5-4-3-11
3着タガノバスティーユ(牡3) 勝浦 16 ブライアンズタイム 北九州記念(芝12小) 6人9着 3-0-2-7 0-0-0-2 1-0-0-3

07年1着アストンマーチャン(牝3) 中館 3 アドマイヤコジーン   北九州記念(芝12小)  1人6着 4-2-0-2 未出走  3-1-0-2
不良2着サンアディユ(牝5)    川田 1 フレンチデピュティ   セントウルS(芝12阪) 11人1着 7-1-0-7 未出走  2-0-0-2
   3着アイルラヴァゲイン(牡5) 松岡 5 エルコンドルパサー  セントウルS(芝12阪) 3人5着 5-1-4-8 3-0-1-3 1-0-3-5

*******************************************************
 
 過去10年(あるいは8年)のデータを見ていきます。連対馬は牡馬(セン馬含む)が14頭、牝馬が6頭です。それぞれの総出走数は確認していませんが、牝馬も健闘しているように思えます。騎手では武豊(1勝2着3回)が良いですが、今年はフランス出張中で不在。池添も目立ちますがすべてデュランダルによるものなので相性はなんともいえません。サンデーサイレンス産駒の連対が目立っていましたが、昨年一昨年と連対しませんでした。サンデーは既に世にありませんが、今後は母父サンデーの猛威がこのレースにも訪れそうです。

 年齢別では3歳が2頭、4歳が4頭、5歳が8頭、6歳が5頭、7歳が1頭で8歳以上の連対はありません。人気別では1人気が7回、2人気が4回、3人気が3回、4人気1回、5人気2回、7人気1回、10人気1回、16人気1回の連対です。2ケタ人気で連対したダイタクヤマトとメイショウボーラーは奇しくも、前走が同じセントウルS7着馬でした。01年を除いては1番人気あるいは2番人気のいずれかが連対しています。荒れるときはヒモが人気薄というケースが多いようです。

 時期が00年から前倒しになった結果、ステップレースも大きく変化しました。近8年ではセントウルS組が7連対で最多。しかし、セントウルSを勝った馬がそのまま連対しているわけでもないです。セントウルSを勝って、ここを連対したのは02年のビリーヴのみ。むしろ2~7着くらいに負けていたほうがいい結果が出ている気がします。他の路線では安田記念組が3連対、アイビスSD組が2連対です。ジュライCや高松宮記念組を含めて既にGI馬ならば休み明けでも連対しています。

 年末開催だった頃を含めても前走がOP特別以下で連対した馬など1頭もいません。また、重賞で連対歴がなくここで連対したのは03年のデュランダルのみです。デュランダルとダイタクヤマトを除いては重賞勝ちが既にありました。GIなので当たり前ですが重賞実績のない馬は割引。ただし中山芝実績はあまり関係ないようです。カルストンライトオは中山実績がなかったですが圧勝しました(流れも向いたが)。そのカルストンもそうですし、昨年のアストンもそうですが、ある程度前に行ける馬のほうが良いように思います。

      ◆チェック項目◆
・8歳以上馬:タニノマティーニ
・前走・G1以外で8着以下:アポロドルチェ、ファイングレイン、プレミアムボックス、スピニングノアール、ウエスタンビーナス、エムオーウイナー、スズカフェニックス、タマモホットプレイ

  残ったのは、ジョリーダンス、シンボリグラン、カノヤザクラ、トウショウカレッジ、ビービーガルダン、スリープレスナイト、キンシャサノキセキの7頭。2項目しかないですがかなり絞れました。

 このレースでG2で7着から巻き返した馬というのは3頭いるのですが、8着以下から連対した馬というのがいません(1990年のGI化以降)。昨年・今年の高松宮記念馬が出ていますが、どちらも中山1200が向くとは思えません。実際、ファイングレインは平坦コース以外の1着は1度もありませんし、スズカフェニックスも脚質的に微妙です。ただし、スズカはユタカではなく、ノリに替わっているので違った競馬をするかもしれません。

  ジョリーダンスは7歳牝馬でもよく走っているとは思いますが、成績を見れば尻すぼみになってきているなあと感じます。トウショウカレッジはどちらかというと平坦コースに実績がありますし、後ろから行く馬なのが気になります。橋口厩舎の2頭の牝馬を軸でいいように思います。人気はスリープレスナイトに集中していますが、カノヤザクラにもチャンスは十分だと思います。馬券はカノヤからの馬連流し、スリープからの馬連流しです。馬連2軸流しですね。前日17時のオッズでは、トリガミにはならないようですし、高めに来てくれることを期待します。

 ◎カノヤザクラ
 ◎スリープレスナイト
 △キンシャサノキセキ
 △ビービーガルダン
 △シンボリグラン
  

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

GS

 再び青森市の病院までばあちゃんを乗せて行ってきました。石がなくなっていたら、とりあえずこの病院に行かなくても良くなるのですが、前回と比べて4割ほどの大きさでまだ残っていました。そのため、今回も機械による衝撃波粉砕が行なわれました。前回と比べれば痛くはなかったそうですが、それでもかなり痛かったそうです。衝撃波で体内の結石を砕くわけですしね……。

 病院に行く前に、2000円分給油したのですが、12,3Lほど給油できました。先月までは2000円で11,8Lほどしか給油できなかったので、やはりガソリンが値下がりしています。今日は163円でした。セルフのGSでは160円というお店もありますね。セルフのGSは近所にはなく、近所のGSは比較的安いので、最近の給油は近場で済ませています。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

08年凱旋門賞展望

 競馬ファン以外にはまったく騒がれていない……というかそれが当たり前なのですが、一昨年のクラシック二冠を含むGI4勝馬のメイショウサムソンが欧州最高峰レース・凱旋門賞に挑戦します。ちなみに凱旋門賞に挑戦した過去の日本馬の成績は以下のようになっています。

06年ディープインパクト 失格
04年タップダンスシチー 17着
02年マンハッタンカフェ  13着
99年エルコンドルパサー 2着
86年シリウスシンボリ  14着
72年メジロムサシ     18着
69年スピードシンボリ   10着

 エルコンドルパサーの2着を除いてはすべて目も当てられない結果となっています。シリウスシンボリ以前はリアルタイムで見ていないのでなんとも言えませんが、最近の4頭ではやはりエルコンドルパサーですね。それまでの欧州でのレースぶりから、勝ち負けになるだろうと多くの人が思い、そして実際、好勝負をしました。ほかの3頭はディープインパクトを含めて、勝ち負けは厳しいだろうと感じていました。そして、今回のメイショウサムソンも厳しいだろうと思います。

 第一に、今年のメンバーはかなり強力だと思います。6戦全勝の仏三冠牝馬のザルカヴァ、同じく6戦全勝の仏ダービー馬・ヴィジョンデタ、GI5連勝中の欧州最強古馬・デュークオブマーマレード、去年の愛ダービー馬で今年もGI勝ちのあるソルジャーオブフォーチュン、昨年の凱旋門賞2着で今年GIを勝ったユームザインなどが出走を予定しています。エプソムダービー馬であるニューアプローチこそ英チャンピオンSに向かいましたが、これは強い。少なくとも06年あたりよりはよっぽど強い。

 第二に、競馬ファンなら多くの方が感じていると思いますが、メイショウサムソン自体が競走馬としてのピークを過ぎているのではないかという懸念もあります。宝塚記念は不利もありましたが、それでもあそこまで行ったら勝てる馬だったと思いますし、春天ではアドマイヤジュピタ(出遅れ)にねじ伏せられてしまったようにも見えます。ピークは3歳春~4歳春ぐらいだったのかなあと思います。昨年、挑戦できていればなあと思うと残念です。いや、やってみないとわかりませんが。

 第三に、ローテーションが疑問です。お金がかかったり、ノウハウがないと難しいのかもしれませんが、ぶっつけで挑戦するのは厳しいような気がします。一応の成功例であるエルコンドルパサー陣営にならって、長期計画で臨まないと難しいように思えます。加えて、調教師が現時点で今年度2勝しか挙げていないし、移籍したメイショウサムソン以外ではGIを勝っていないし、手腕がどうなのかなあというのが気がかりです(笑)

 ただ、切れる脚ではなく、持久力と根性が売りのメイショウサムソンは欧州競馬に向くのではないかという漠然とした期待感もあります。メンバーは強力ですし、勝ち負けは厳しいと思うのですが、5,6着くらいにひょっこり来るような予感があります。

 それにしても日本の競馬関係者は凱旋門賞が好きですよね。半ば信仰と化している気がします。別にアメリカのブリーダーズカップに行ってもいいように思うのですが、たまーにしか挑戦がないです。3歳馬だったパーソナルラッシュは健闘しましたし、10年ほど前のタイキブリザードも2回目はまあまあでした。そもそもパーソナルラッシュやタイキブリザードはGIでしたが、トップホースとは言いがたい。トップホースが行けばどうなるのだろうと俺は期待しています。

テーマ:競馬日記 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |