ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

08年ジャパンカップ回顧

 ☆予想結果☆
◎ウオッカ………………3着
○ディープスカイ………2着
▲スクリーンヒーロー…1着
△トーホウアラン………10着
△オウケンブルースリ…5着

 道中5,6番手から、直線坂を上がって伸びてきた9番人気スクリーンヒーローが勝ちました。1番人気ディープスカイは中団後方から差してきましたが2着まで。2番人気ウオッカは折り合いを欠き、直線でも若干スムーズではなく3着でした。

 穴を空けるならスクリーンヒーローだろうと考えていましたが、今週からやってきたデムーロに導かれてものの見事に突き抜けました。近走の勢い、特に前走のアルゼンチン共和国杯は完勝でしたし、鞍上デムーロも魅力でした。予想の回でも書きましたがここへ来て一気に本格化です。来年以降も主役を担える馬と思います。人気薄での勝利ですが決してフロックと思いませんし、次回も好走できそうです。昨年、ラジオNIKKEI賞やセントライト記念でも好走していたように小回り向きの器用さも備えていますし、むしろ中山のほうが向くような気さえします。4歳牡馬にようやくヒーロー登場です。

 ディープスカイは追い込んできましたが届きませんでした。ペースが遅く、流れも向かなかったように思います。府中がベストですが阪神や京都でも力は出せそうです。ただ中山向きには思えませんし、陣営も有馬記念には使ってこないのではないでしょうか。来春は国内の使いどころか難しいでしょうし、京都記念あたりをステップにドバイを目指すのが一番良いのかもしれません。ウオッカは終始カカっているように見えましたし、直線でネヴァブションがちょっとカベになりかけました。それでもマツリダを押さえ込んだのはさすがですが、鞍上の落馬など、直前でツキも少々落ちたのかなという気がしないでもないです。

 おおむね予想通りだったのですが、マツリダゴッホがこんなに走るとは思いませんでした。ウオッカとの3着争いは心臓に悪かったです(笑) 調教ではバツグンに動いていたようなので、それが結果に結びついたのだと思います。ただ、直線で追って味がないですね。3角から4角にかけて強引にまくるような競馬、やはり小回りコースのほうが向いていると思います。それに結果の出てない府中でもこれだけ人気しましたし、連覇をかけた有馬記念では1番人気もありそう。有馬記念では外せませんが、期待できるかといえば微妙な感じ。むしろ今回2ケタ着順に大敗してくれたほうが買いやすかった。

 久々の石橋騎手騎乗のメイショウサムソンですが、先行して伸びずばてずなだれこみました。本当に良いときなら4角ですっと先頭に立てそうなのですが、もう往時の力はないのかなという感じ。そもそも春は良くても秋はピリっとしない馬なので、有馬記念に出てきても厳しいように思います。それなりに人気もしそうですしね。アサクサキングスは超一線級相手では見劣る感じ。トーホウアランは少々スケールアップしたタスカータソルテという感じ(両馬ともに京都新聞杯、中日新聞杯勝ち)。直線平坦コースがベストでしょう。オウケンブルースリはこれだけ走れれば来年が楽しみです。有馬記念でもヒモにはします。

 せっかくやってきてくれた外国馬4頭ですが、マーシュサイドは取消。ほかの3頭もパープルムーンの9着が最高という有様。特に今回は上がりの勝負になって、外国馬には向かなかったように思います。外国馬が来ないと何のためのJCだかわからなくなってしまうので、JCの賞金を半減させてでも、JCスプリント(たとえばです)あたりを作ってGIを2レース、JCダートもJCデーにもってきてGIを3レースにするなどしたほうが、世界的な注目度も増すような気がします。現状、国際的な注目度は完全に香港国際競走に奪われています。外国出走馬の質量で一目瞭然です。香港に来る欧米馬がステップに使ってくれるようになってもらいたいのですが。

 質も落ちていますが数も3頭では泣けてきます。欧米の一線級が来なくても、南アフリカやニュージーランド、シンガポール、果てはアルゼンチンあたりからナゾの大物を連れてきてくれると面白いです。昔は「インドのシンザン」が来たそうですし、「南アフリカのディープインパクト」や「アルゼンチンのウオッカ」、「シンガポールのアグネスデジタル」のような馬を呼んでくれないものでしょうか。馬券的にはたいへん難しくなりますが(笑)
スポンサーサイト

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ショッピング

 昨日、街に出たついでで久しぶりにブックオフ国道102号高田店に立ち寄ったのですが、250円のCDは105円均一、105円じゃない文庫本は2冊で500円と特売を行なっていました。安いCD,高い文庫本を買うには絶好の機会でした。初期のB'z、および稲葉さんのソロアルバムを買いあさりました。バカ売れしたから安いだけで、質が悪いわけではまったくないですしね。普通に『IN THE LIFE』『RUN』などの初回版が105円で買えました(笑) むろん、これらのアルバムを聴いたことがないのではなく、一昔前にレンタルにしてカセットなどに落としていたのですがやはりCDが欲しかったのでちょうど良かった。

 最近、お気に入りのパン屋ができました。ローカルな話ですいませんが、桔梗野の「ブランジュリー」というお店です。うちからも比較的近いので試しに行ってみたのですが、予想以上においしかったです。正直、地元で話題になっていても、個人的には案外……という店もあるんですが、ここのパンは絶品ですね。弘前で一番おいしいかもしれない。お店のだんなさんと奥さんの愛想も良く、感じのいいお店です。オススメはフルーツがさまざま入ったデニッシュです。生地やクリームの甘さとベリーやオレンジの酸味が絶妙にマッチしています。食パンなどもおいしいのですが、取り置きしてもらわないと売り切れていることが多いです。

 しかし、食べ過ぎると肥えてしまうなあ(笑) 今年の春は85kgでした。夏にキツいバイトの結果80kgまで落ちたのですが、「天高く馬肥ゆる秋」なので、馬年馬好き馬並(誇張あり)の俺も肥えて85kgに戻ってしまいました。これ以上、体重が増えないように節制したいと思います。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

08年ジャパンカップ展望

★ジャパンカップ過去10年★※02年は中山開催。コース実績も中山芝。
         馬名         騎手 人気   父馬           前走(条件) 全成績 重賞成績 東京芝  
98年1着エルコンドルパサー(牡3) 蛯名 3 Kingmambo 毎日王冠(芝18東)3人2着 5-1-0-0 3-1-0-0 2-1-0-0
良  2着エアグルーヴ(牝5) 横山典 2 トニービン エリザベス女王杯(芝22京)1人3着 9-4-3-1 7-3-3-1 3-1-0-0
3着スペシャルウィーク(牡3) 岡部 1 サンデーサイレンス 菊花賞(芝30東)1人2着 5-2-1-0 4-1-1-0 1-0-0-0

99年1着スペシャルウィーク(牡4) 武豊 2 サンデーサイレンス 天皇賞・秋(芝20東)4人1着 9-3-2-1 8-2-2-1 2-0-1-0  
良  2着インディジェナス(セ6) ホワイト 12 Marju ナショナルパナソニックCH(芝10香)9人10着 15-3-4-14 1-1-0-2 未出走
3着ハイライズ(牡4) デットーリ 7 ハイエステイト 英チャンピオンS(芝20英)3人6着 4-2-0-3 2-1-0-3 未出走

00年1着テイエムオペラオー(牡4) 和田 1 オペラハウス 天皇賞・秋(芝20東)1人2着 10-3-3-1 8-2-3-0 1-0-1-0
良 2着メイショウドトウ(牡4) 安田康 5 Bigstone 天皇賞・秋(芝20東)2人3着 8-5-1-5 3-3-1-0 1-1-0-0
3着ファンタスティックライト(牡4) デットーリ 2 Rahy BCターフ(芝24米)7人5着 7-3-2-5 4-3-1-5 未出走  

01年1着ジャングルポケット(牡3) ペリエ 2 トニービン 菊花賞(芝30東)1人4着 4-1-2-1 3-1-2-1 2-0-0-0
良 2着テイエムオペラオー(牡5) 和田 1 オペラハウス 天皇賞・秋(芝20東)1人2着 14-5-3-2 12-4-3-1 2-1-1-0
3着ナリタトップロード(牡5) 渡辺 5 サッカーボーイ 京都大賞典(芝24京)2人中止 5-5-6-5 4-4-5-5 0-1-0-1

02年1着ファルブラヴ(牡4) デットーリ 9 Fairy King 凱旋門賞(芝24仏)7人9着 7-4-3-1 2-2-1-1 未出走
良 2着サラファン(セ5) ナカタニ11 Lear Fan モーヴィックH(芝13米)2人4着 7-7-3-11 2-6-2-9 未出走
3着シンボリクリスエス(牡3) ペリエ 1 Kris.S 天皇賞・秋(芝20中)2人1着 5-2-2-0 3-1-0-0 2-0-1-0

03年1着タップダンスシチー(牡6) 佐藤哲 4 Pleasant Tap     京都大賞典(芝24京)1人1着 8-5-7-11 3-2-5-3 1-0-1-1
重 2着ザッツザプレンティ(牡3) 安藤勝 5 ダンスインザダーク 菊花賞(芝30京)5人1着 3-1-1-3 2-0-1-3 0-0-1-0
3着シンボリクリスエス(牡4) ペリエ 1 Kris.S 天皇賞・秋(芝20東)1人1着 7-2-3-1 5-1-1-1 3-2-1-0

04年1着ゼンノロブロイ(牡4) ペリエ 1 サンデーサイレンス 天皇賞・秋(芝20東)1人1着 5-4-2-2 3-4-1-2 2-1-0-0
良 2着コスモバルク(牡3) ルメール2 ザグレブ 菊花賞(芝30京) 2人4着 7-3-0-2 3-1-0-2 1-0-0-1
3着デルタブルース(牡3) 安藤勝 7 ダンスインザダーク 菊花賞(芝30京)8人1着 4-2-0-5 1-0-0-1 1-0-0-1

05年1着アルカセット(牡5) デットーリ 3 Kingmambo 英チャンピオンS(芝20英)2人5着 5-6-0-3 2-3-0-1 未出走
良 2着ハーツクライ(牡4) ルメール2 サンデーサイレンス 天皇賞・秋(芝20東)2人6着 3-3-2-6 1-3-2-6 0-1-0-2
3着ゼンノロブロイ(牡5) ペリエ 1 サンデーサイレンス 天皇賞・秋(芝20東)1人2着 7-6-3-2 5-6-2-2 3-2-0-0   

06年1着ディープインパクト(牡4) 武豊 1 サンデーサイレンス 凱旋門賞(芝24仏)1人失格 10-1-0-1 8-1-0-1 1-0-0-0
良 2着ドリームパスポート(牡3) 岩田 5 フジキセキ 菊花賞(芝30京)2人2着 3-5-3-0 2-2-2-0 0-0-1-0
3着ウィジャボード(牝5) デットーリ 3 Cape Cross BCフィリー&メアターフ(芝22米)1人1着 10-3-4-4 8-3-2-4 0-0-0-1

07年1着アドマイヤムーン(牡4)  岩田  5 エンドスウィープ    天皇賞・秋(芝24東)2人6着      8-1-1-3 6-1-1-3 1-0-1-2
良  2着ポップロック(牡6)     ペリエ4 エリシオ       天皇賞・秋(芝24東)4人4着 7-3-8-6 2-3-1-2 2-0-0-1
   3着メイショウサムソン(牡4) 武豊 1 オペラハウス      天皇賞・秋(芝24東)1人1着      9-5-1-4 6-4-0-3 2-1-0-1

*******************************************************

 過去10年のデータを見ていきます。連対馬は1人気が4連対、2人気が5連対、3人気が2連対、4人気が2連対、5人気が4連対、11人気と12人気が1連対ずつです。2ケタ人気で連対したのは外国馬だけであり、日本馬は5人気以内だけ狙えば良さそうです。去年もそうでした。騎手ではデットーリ、ペリエ、武豊がそれぞれ2勝でトップです。デットーリとペリエは3着も複数回ありますが、残念ながらデットーリも武豊も不在。ペリエはいますが、大穴のトーセンキャプテンではどうでしょうか。

 性別で見ると、牡馬(セン馬含む)が19連対、牝馬が1連対です。牝馬がよく来る印象がありましたが、牝馬の連対は10年前のエアグルーヴまでさかのぼります。その10年前のJCは現地で見ていて馬券も取ったのですが、もう10年前……早いなあ。牝馬だから言って消せませんが、10年以上前を含めて馬券に絡む牝馬はGI馬なので、今年のウオッカには十二分に当てはまります。年齢別では、3歳が5連対、4歳が8連対、5歳が4連対、6歳が3連対、7歳以上の連対はありません。連対率で見ると各世代に目立った差はないですが、7歳以上は完全に不利です。3着もありません。

 前走別で見ると、天皇賞・秋組が8連対で最多です。以下、菊花賞組が4連対、凱旋門賞組が2連対、毎日王冠、京都大賞典、エリザベス女王杯、英チャンピオンS、ナショナルパナソニックCH、モーヴィックH組がそれぞれ1連対です。JCともなれば当たり前ですが、重賞以外を使ってきた馬の連対はありません。というか、エルコンドルパサーとタップダンスシチー(奇しくも両馬マルガイ)日本馬はGIをステップにしています。GIIからの2頭はいずれも前走で連対していました。GI以外で連を外してきている馬では、能力的に足りないでしょう。中2ヶ月以上空くような休み明けの馬の連対もありません。天皇賞・秋組は基本的に連対馬がJCでも連対しますが、本番でも上位人気に推されるようなら大丈夫そう。菊花賞組は4着以内の馬がJCでも馬券に絡んでいます。インディジェナスやサラファンのような馬がいるので、前走成績で外国馬を絞り込むのは難しいです。

 JCともなれば当然かもしれませんが、重賞未勝利の馬の連対はありません。もっとも、外国馬は重賞未勝利では呼ばれないでしょう。しかもインディジェナスとハーツクライ以外は複数の重賞を勝っています。東京芝未出走馬とザッツザプレンティ以外は当該コースで連対歴がありました。ただし、ザッツザプレンティは連対していないと言っても3着(ダービー)の1度だけ。東京を苦手とするには当たらないでしょう。複数回走って連対できないようでは適性に疑問符がつきます。

◆チェックポイント◆
・7歳以上馬:アドマイヤモナーク
・重賞未勝利馬:いない
・東京芝に複数回出走かつ3着内の経験がない:トーセンキャプテン、マツリダゴッホ
・3ヶ月以上の休み明け:コスモバルク
・前走が天皇賞で7着以下:トーセンキャプテン、オースミグラスワン、アサクサキングス、アドマイヤモナーク
・前走が菊花賞で5着以下:ダイワワイルドボア
・前走がGII、GIIIで3着以下:ネヴァブション

 残ったのは、オウケンブルースリ、メイショウサムソン、ウオッカ、トーホウアラン、ディープスカイ、スクリーンヒーローの日本馬6頭とペイパルブル、シックスティーズアイコン、パープルムーンの3頭の外国馬の計9頭。

 ジャパンカップは基本的にとても堅いレースです。日本馬が穴を明けたのは1996年の秋華賞馬・ファビラスラフインまでさかのぼりますが、それでも7番人気でした。穴を明けるのは決まって外国馬です。今年の外国馬では、前走のカナダ国際Sを人気薄で制したマーシュサイドが一番面白いと思っていましたが、来日後に熱発で調教を4日間延期、さらには感冒で取り消してしまいました。残念。

 ウオッカもディープスカイも府中では崩れていませんし、この2頭が軸というのは衆目の一致するところと思っていましたが、ウオッカ騎乗の岩田騎手が今日の京都6Rの落馬負傷で、以後のレースが乗り代わりとなっています。先ほどパトロールビデオを見ましたがけっこう踏まれているように見えましたが、先ほど明日の東京での騎乗が発表になりました。大したことはなかったと判断したいと思います。ただ……武豊に続いて、岩田も2週連続の落馬で、「ツキ」も落ちていないか心配です。馬自体は昨年よりよほど順調なのでそこに期待です。

 減点がないということならばディープスカイと思いますが、現時点ではまだウオッカ、そして今回不在のダイワスカーレットとは差がありそうです。メイショウサムソンは「スケールダウンしたオペラオー」というような戦績ですが、5歳時に戦績が落ちているのもオペラオーと同じです。石橋騎手に手綱が戻ったのは心情的にはうれしいのですが、勢いのあった昨年でも3着。今年はどうでしょうか。

 菊花賞上位だったザッツザプレンティ、デルタブルース、コスモバルクなどが健闘していますし、今年のオウケンブルースリも普通に抑えるべき馬と思います。マツリダゴッホやアサクサキングスは来るかどうかは神のみぞ知るところですが、馬券的妙味はまるでないと思います。中山と北海道じゃないマツリダはただのマツリダです(『紅の豚』風に)。アサクサキングスは超一線級相手では見劣りするような……?

 むしろねらい目は前走アルゼンチン共和国杯を完勝したスクリーンヒーロー、京都大賞典勝ちのトーホウアランと思います。スクリーンヒーローは一気に本格化したように感じます。鞍上もデムーロと藤田、これは一発ありそうです。しかしペイパルブルよりも人気がありませんね……。

 今年の外国馬を買うのは気がすすみません。外国馬は日本の高速馬場への適性がないと、モンジューのように大物でも飛びます。まして今年の3頭は大物でもないです。かつてのピルサドスキー、一昨年のウィジャボードのように欧州馬かつ米国実績があればかなり強くプッシュできそうなんですが、そういう馬はいません。今年の3頭なら穴人気しているペイパルブルよりは、GI馬(英セントレジャー)であることと、前走で米国遠征している(ダートだが)という点でシックスティーズアイコンを上位にみたいです。でも、買えないですね(笑)

 ◎ウオッカ
 ○ディープスカイ
 ▲スクリーンヒーロー
 △トーホウアラン
 △オウケンブルースリ

 馬券は◎○からの3連複3頭流し&◎から▲△へのワイド3頭流しを考えています。オウケンが相手だと大してつきませんが、スクリーンとトーホウが激走ならワイドでも30倍程度。ウオッカ軸なのにいい配当です。

 しかし、質量ともに外国馬はさみしいですね。香港国際競争に負けてしまった感じです。今にして思えば、モンジューやウィジャボード級じゃなくて、ゴーランやウォーサン級でも十分にビッグネームだったなあと感じます。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

08年浦和記念回顧

  ★予想結果★
 ◎スマートファルコン…1着
 ○マズルブラスト……8着
 ▲クレイアートビュン…3着
 △トーセンブライト……7着
 △ルースリンド………5着

 圧倒的一番人気のスマートファルコンがハナを切り、そのまま危なげなく押し切りました。2着に休み明けの昨年の東京ダービー馬・アンパサンド、3着にクレイアートビュン。フィールドルージュは4着、トーセンブライトは7着でした。

 現状の力関係がそのまま出た結果のように思います。このメンバーで今後の交流重賞どうこう言えそうなのは、勝ち馬しかいないように思います。スマートファルコンはここで賞金加算できたのは非常に大きいでしょう。もうGIだろうが、交流重賞だろうが除外されることはなさそうです。1400~2000まで対応できますし、まだ3歳。これからのダート界を担う一頭でしょう。自分でレースを作れるのも強みです。

 まさか半年ぶりかつ交流でカベを見せていたアンパサンドがここで来るとは思いませんでした。御神本騎手に変わって新味が出てきたのでしょうか?ただ、今回は多分にメンバーに恵まれた感も否めません。南関重賞なら主軸を担えるのでしょうが、交流重賞で安定して走れるかといえば怪しいと思います。クレイアートビュンも今回は買いましたが、浦和以外ではどうでしょうか。次走は疑ってかかりたいところです。

 フィールドルージュはフェブラリーSでの故障前の状態に戻っていないようです。長くかかりそうですし、このまま終わってしまうかもしれません。着順は前走より1つ上がりましたが、内容はむしろ悪化しているように感じます。川崎記念を完勝して、さあこれからというときの故障はたいへん惜しまれます。トーセンブライトやキングスゾーンも加齢で競走馬としてのピークを超えてしまったかもしれません。

 小銭しか賭けていませんが、今日のハズレは俺の馬券技術のレベルを痛感する結果となりました。スマート頭固定で、ルージュやキングスを切って、南関馬をヒモに考えながらアンパサンドを拾えない。オッズも枠単1→3と1→5では、かなりの差がありました。アンパサンドとクレイアートビュンのクビ差が俺の博才の有無のようにも感じます。あと100円余計に出せばいいだけだったのに。かなり悔しいなあ。

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

08年浦和記念展望

 ◎スマートファルコン
 ○マズルブラスト
 ▲クレイアートビュン
 △トーセンブライト
 △ルースリンド

 スマートファルコンは兄が東京大賞典馬のワールドクリークという血統、未だダートでは連を外していない勢い、3歳のG3馬なので斤量54kg、2000mへの距離延長とプラス要素が目白押し。ここで負ける要素はほとんど見当たりませんし、ここで負けているようでは来年のGIにはつながらないと思います。頭不動でしょうが、この馬を頭で買ってもオッズ的には大差ないでしょうから馬連で。

 2番人気と思われるフィールドルージュですが、故障中止したフェブラリーSを引きずっているおそれもなくはない。58kgという斤量も他馬と比べて2kg以上重いです。函館や名古屋で完勝しているので、「小回りコース」自体の適性はあると思いますが、浦和適性があるかどうか。だいたいスマートファルコンを軸不動と見れば、オッズ的にフィールドルージュを馬連で買うなら1点勝負になってしまいます。そこまで信頼できません。

 もう一頭の中央馬のトーセンブライトは函館、札幌や金沢など小回りコースで実績がありましたし、状態面を考えればフィールドルージュよりも死角が少ないと思います。ただ、突き抜ける強さは感じません。むしろ南関勢のほうが連下としては妙味がありそう。実績的にはルースリンド上位ですが、鞍上が不安です(調教ではいつも乗っているが) 東京記念では負けていますが、鞍上込みなら今回はマズルブラストを上位に見たいです。近走が安定しているのもいいですね。

 人気はないと思いますが、前走の埼玉栄冠賞をぶっちぎったクレイアートビュンは抑える価値があると思います。浦和所属馬ですのでコース適性は言うまでもなく、鞍上は的場文、父はかつてこのレースで2着だったトーホウエンペラーです。地味に父の雪辱もかかっています。大井の重賞では人気の有無に関わらず、常に的場文さんの馬は抑えないといけないということが、この1年南関重賞に手を出した結果わかりました(笑) 万が一スマートファルコンを食うとしたらこの馬のような気がします。

 キングスゾーンは鞍上が不気味ですが、馬自体は徐々に勢いが落ちているような気がします。浦和記念は一昨年2着、去年3着。さきたま杯では去年2着、今年3着。メンバーの違いもあるかもしれませんが、妙味のあるオッズにはならんでしょうし、連までは厳しいように思います。アンパサンドは交流重賞では限界があるように思います。加えて今回は半年ぶりです。ここを叩いて、年明けの報知オールスターC狙いでしょう。その他の馬は力量的に見劣りします。

 馬券は◎からの馬連流しです。

テーマ:南関東公営競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

面接に行ってきました。

 就職の面接に行ってきました。採否はわかりませんが、実際に施設まで行ってみるとどうにも気が乗らなくなりました。理由はいくつかあるのですが、まず遠いです。その種の施設は人里離れた山奥にありますが、市内でうちからもっとも遠い地区にあり、今日は車で55分かかりました。これから雪が積もったり、夜間だと片道で1時間半はかかりそうです。夜勤明けなどに視界の悪い山道を1時間半運転することを考えるだけで気が滅入りそう。

 それだけならば採用されたら行くつもりでしたし、だから応募したのですが、職員の利用者に対するアタリがキツいように感じました。重度の利用者が多いせいなのか、そういう職員が一人だけいるのか理由はわかりませんが、印象が良くなかったです。面接した方の応対は別段気になることはなかったのですが。加えて、建物自体がもともと病院だったようで、言葉は悪いですが雰囲気がとても重苦しく閉塞感を感じました。

 諸々を勘案すると、敢えてここじゃなくてもいいかなと思いました。とりあえず時節柄アルバイトの求人も多いですし、バイトを探そうと思います。もちろん、同業のほかの施設で気になる求人があれば、面接を受けようとは思います。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『星を見上げる人』

『星を見上げる人』

僕は夜空を見上げることが好きだ

僕の心の闇と夜の闇と溶け合う中で

一筋の光明を見出す作業は

地道だけれど、とてもワクワクするんだ

そして、それなしでは僕は生きられない



時には灰白い雲が押し寄せてきて

星がまったく見えなくなってしまう

そんなときには眺めることを止めて

湯気にまみれて温泉にでも入ろう

闇にも時には中和が必要だから



一人で眺めることも楽しいけれど

客観的な意見を話してくれる人が

そばにいてくれたらいいとも思う

星の数ほどの人のなかで

僕は見つけられるだろうか?



そして、今日も僕は空を見上げる

師走の風は身に染みることもある

それでもまたキミに出会う日まで



僕は……

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~モザイクハーツ~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

08年マイルCS回顧

 ☆予想結果☆
◎スーパーホーネット……2着
○ブルーメンブラット……1着
▲サイレントプライド……14着
△エイシンドーバー……16着
△カンパニー……………4着

 大外から伸びた1番人気のスーパーホーネットですが、内をついたブルーメンブラットの強襲に合い2着まで。3着にしぶとく伸びたファイングレインでした。

 枠順からして、スーパーホーネットがああいう競馬を取るのは大方の予想通りだったと思いますが、少々、藤岡騎手が大事に乗りすぎた感じがしないでもないです。ホーネットがGIを勝つなら、この舞台の今回しかないと思いましたが、千載一遇のチャンスを逃してしまったかもしれません。ただ、ロドリゴデトリアーノ産駒はゴールデンロドリゴやミヤギロドリゴなど、高齢になっても衰えない馬が多かったので、ホーネットには来年も期待したいと思います。

 ブルーメンブラットは吉田豊騎手の内を突いたファインプレイが光りました。中の枠でしたが、俺はホーネットやカンパニーと一緒に外から上がってくるものと想定していました。ホーネットとの差は3/4馬身でしたが、これは距離ロスの有無に他ならないと思います。あくまでも今回、このレースに関してですが、吉田兄と藤岡兄の技術の差が出たように思います。吉田兄がメジロドーベルとともに成長したように、藤岡兄もホーネットとともに成長してほしいです。鞍上はこのままで。

 ファイングレインは調教での動きの良さが今回の結果につながったように思います。それと近走だけでも明らかですが、直線に坂のあるコースは苦手にしているように感じられます。来年も京都や中京で好走して、東京、中山、阪神では沈むおそれが高いと思います。スズカフェニックスはお年を召してしまったようです。カンパニーはいつもの通りカンパニーでした。マイネルレーニアもいつものマイネルという感じでしたし、やはり1400mがベストなんだろうと思います。

 ここ数年、牝馬が牡牝混合GIで活躍していますが、今年はその傾向がより一層強いように感じます。米国遠征が取りやめになってから、音沙汰のないエイジアンウインズあたりの復帰も待たれますし、今日勝ったブルーメンブラットの今後に注目が集まります。『みんなのケイバ』では、クラブの規定によって今年度で引退と報じていましたが、来年もブルーメンブラットの走りを見たいものです。

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『TIMPOのテーマ』

『TIMPOのテーマ』

穴があったら入りたい

上でも下でも前でも後でも

それでも残念マン入りだ……そんなときは!



TIMPO!TIMPO!TIMPOPPO!

TIMPO!TIMPO!TIMPOPPO!

人のフリ見てナニ振り回せ!



俺のムスコは引きこもり

ムテキの男になるために

ステキなゴムをプレゼント……ヤるしかない!



TIMPO!TIMPO!TIMPOPPO!

TIMPO!TIMPO!TIMPOPPO!

一皮向けたら栗の雪を降らせて恋!



じさまのがんもは縮こまり

必要だのはバイアグラでばなく

初心に返ってイメトレイメトレ……勃ち上がれ!



SICO!SICO!SICCOCO!Uh!

Math!Math!Mathmatics!Oh!

半世紀ぶりの春が巡ってきた!



ヤル気を出していこうぜ!

我マンの限界になる前に

たまたまこそが明日への活力


テーマ:恋愛:エロス:官能小説 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~モザイクハーツ~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

08年マイルCS展望

◆マイルCS過去10年◆
馬名(性齢) 人気 騎手 父名 前走 全成績 重賞実績 京都芝
98年1着タイキシャトル(牡4) 1 岡部 Devil's Bag ジャックルマロワ賞(芝16仏)1着 10-1-0-0 7-0-0-0 2-0-0-0
良 2着ビッグサンデー(牡4) 6 高橋亮 サンデーサイレンス アイルランドT(芝16東)3人2着 5-5-4-7 3-1-1-7 0-0-0-1
3着ヒロデクロス(牡6) 9 吉田豊 タマモクロス スワンS(芝14京)9人3着 7-9-6-20 0-0-2-6 0-1-1-2

99年1着エアジハード(牡4) 1 蛯名 サクラユタカオー 天皇賞・秋(芝20東)5人3着 6-2-1-2 2-1-1-2 未出走
良 2着キングヘイロー(牡4) 4 福永 ダンシングブレーヴ 天皇賞・秋(芝20東)9人7着 5-4-3-8 3-4-3-8 2-1-0-1
3着ブラックホーク(牡5) 2 武豊 Nureyev スワンS(芝14東)1人1着 6-3-3-2 2-1-2-1 1-0-0-1

00年1着アグネスデジタル(牡3) 13 的場 Crafty Prospector 武蔵野S(ダ16東)4人2着 5-3-3-3 3-1-2-2 0-0-0-1
良 2着ダイタクリーヴァ(牡3) 1 安藤 フジキセキ 富士S(芝16東)4人3着 4-2-1-1 2-1-1-1 2-1-0-0
3着メイショウオウドウ(牡5) 12 飯田 サンデーサイレンス 天皇賞・秋(芝20東)9人10着 5-4-2-6 1-3-2-6 0-0-2-1

01年1着ゼンノエルシド(牡4) 4 ペリエ Caerleon スプリンターズ(芝12中)1人10着 5-1-1-5 1-0-0-2 0-1-0-1
良 2着エイシンプレストン(牡4) 2 福永 Green Dancer 毎日王冠(芝18東)5人1着 7-2-1-8 5-1-1-8 1-1-0-4
3着タイキトレジャー(牡5) 10 横山典 Miswaki スワンS(芝14京)4人2着 8-4-3-8 1-3-2-7 1-2-0-0

02年1着トウカイポイント(セ6) 11 蛯名 トウカイテイオー 富士S(芝16中)6人5着 6-8-2-18 1-2-0-5 未出走
良 2着エイシンプレストン(牡5) 3 福永 Green Dancer 天皇賞・秋(芝20中)5人8着 9-4-1-11 7-3-1-11 1-2-0-4
3着リキアイタイカン(牡4) 15 武幸 アフリート スワンS(芝14京)9人2着 5-1-1-10 1-1-1-6 1-1-0-4

03年1着デュランダル(牡4) 5 池添 サンデーサイレンス スプリンターズS(芝12中)5人1着 6-1-1-3 1-0-1-2 0-0-0-1
良 2着ファインモーション(牝4) 2 武豊 Danehill 毎日王冠(芝18東)1人7着 6-1-0-2 3-1-0-2 2-0-0-0
3着ギャラントアロー(牡3) 10 幸 リンドシェーバー スワンS(芝14京)11人1着 4-3-1-3 2-2-1-3 1-0-0-1

04年1着デュランダル(牡5) 1 池添 サンデーサイレンス スプリンターズS(芝12中)2着 7-3-1-3 2-2-1-2 1-0-0-1
良 2着ダンスインザムード(牝3)4 ルメー サンデーサイレンス 天皇賞・秋(芝20東)13人2着 4-1-0-2 2-1-0-2 0-0-0-1
3着テレグノシス(牡5) 5 横山典 トニービン 天皇賞・秋(芝20東)2人11着 5-4-1-9 3-3-0-8 0-0-0-2

05年1着ハットトリック(牡4) 3 ペリエ サンデーサイレンス 天皇賞・秋(芝20東)11人7着 6-0-0-5 2-0-0-5 3-0-0-0
良 2着ダイワメジャー(牡4) 4 ルメー サンデーサイレンス 毎日王冠(芝18東)1人5着 3-2-1-6 2-1-1-5 未出走
3着ラインクラフト(牝3) 2 福永 エンドスウィープ 秋華賞(芝20京)1人2着 5-2-1-0 4-2-1-0 2-1-0-0

06年1着ダイワメジャー(牡5) 1 安藤勝 サンデーサイレンス 天皇賞・秋(芝20東)4人1着 6-4-1-8 5-2-1-7 0-1-0-1
良 2着ダンスインザムード(牝5)3 武豊 サンデーサイレンス 天皇賞・秋(芝20東)5人6着 5-4-1-10 3-4-1-10 0-1-0-2
3着シンボリグラン(牡4) 8 柴山 Grand Lodge スワンS(芝14京)8人2着 5-3-4-11 1-1-2-5 1-1-0-1

07年1着ダイワメジャー(牡6)   1 安藤勝 サンデーサイレンス 天皇賞・秋(芝20東)3人9着 8-4-4-10 7-3-4-9 1-1-0-1
良  2着スーパーホーネット(牡4)4 藤岡祐 ロドリゴデトリアーノ スワンS(芝14京)3人1着 7-1-1-9 1-1-1-8 3-0-1-1
   3着スズカフェニックス(牡5) 5  武豊  サンデーサイレンス スプリンターズ(芝12中)2人9着 7-2-5-5 2-0-2-4 2-0-0-1

*******************************************************

 過去10年の結果から見ていきます。人気は1人気が5連対、2人気が2連対、3人気3連対、4人気が5連対などとなっています。上位人気馬がそろって崩れることは少ないですが、アグネスデジタル、トウカイポイントと10人気以下の馬も勝利しています。また3着に10人気以下の馬が入ったことが4度もあります。騎手ではデュランダルによる池添騎手の連覇、蛯名騎手、ペリエ騎手の2勝が目立ちます。ルメール騎手、福永騎手も2連対しています。96~98年にかけては岡部元騎手の3連覇などもありました。その一方で武豊騎手が未だに勝ったことのない数少ないGIでもあります。

 性齢別で見ると、牡馬(セン馬含む)が17連対で牝馬が3連対です。過去10年で勝った牝馬はいませんが、過去にはノースフライトの勝利もあります。総出走数はわかりませんが、牝馬が不利にならないレースといえそうです。一昨年もダンスインザムードが連対しています。年齢別では3歳が3連対、4歳が10連対、5歳が5連対、6歳が2連対、7歳以上の連対はありません。6歳以上で馬券に絡んだのは02年の勝ち馬・トウカイポイントと98年のヒロデクロス(3着)のみです。7歳以上は3着もありません。重賞未勝利の馬の連対はありません。GIともなれば当然かもしれませんが。京都芝実績を見ると京都芝で連対していない馬もいますが、それは皆0-0-0-1と1度のみの出走。複数回出走して連対していないのはコース適性が疑われそうです。昨年もそうだったのですが、1,2枠の馬はこのレースできておりません。最後に連対したのが19年前のオグリキャップです。

 前走別で見ると、天皇賞・秋組が8連対で最多です。以下、スプリンターズS組が3連対、毎日王冠組も3連対、富士S組が2連対、スワンS、武蔵野S、ジャックルマロワ賞、アイルランドT(OP)組が1連対ずつとなっています。昨年のダイワメジャーもそうでしたが、天皇賞・秋組は前走で人気や着順が悪かろうと関係はなさそうです。スプリンターズS組も人気と着順を推し量るのが難しいです。富士S組は勝ち馬よりも3~5着くらいに負けた馬が良さそうです。毎日王冠組は1人気あるいは1着馬の連対という過去の結果。今回はどうでしょう?過去10年において、スワンS組から連対したのは昨年の2着馬・スーパーホーネットしかいませんが、3着に入る馬がやたら多くて6頭もいます。スーパーホーネットを含めた7頭を見るといずれもスワンSで3着以内でした。ちなみに11年前にスワンSから連対したタイキシャトルもスワンSを勝っています。その他のステップでは連対必須です。また、2ヶ月以上の間隔を空けた馬の連対はありません(3着にエイシンワシントンがいるのみ)。条件戦からの連対もありません。

 ◆チェックポイント◆
・前走・天皇賞・秋、スプリンターズS、毎日王冠、富士S、スワンS以外で3着以下:キストゥヘヴン、スマイルジャック、ラーイズアトーニー。
・前走・富士Sで6着以下:ショウナンアルバ、マルカシェンク、コンゴウリキシオー
・前走・スワンSで4着以下:ファイングレイン、スズカフェニックス
・7歳以上馬:ジョリーダンス、カンパニー
・重賞未勝利:アドマイヤスバル、リザーブカード
・京都芝に複数回出走して、連対がない:ジョリーダンス、キストゥヘヴン
・1枠、2枠の馬:ローレルゲレイロ、ファイングレイン、スズカフェニックス、マイネルレーニア

 昨年のこのレースを当てているので、消去法もそのままです。残ったのは、ブルーメンブラット、サイレントプライド、スーパーホーネット、エイシンドーバーの4頭。ザックリと消えてしまいました。最初の項目で外国馬のラーイズアトーニーも強引に消していますが、実際に外国馬は来ていないので問題ないと思います。コートマスターピースやラクティといった大物も惨敗していますので。

 1,2枠の馬は人気をそれなりに集めそうですが、ファイングレインもスズカフェニックスも宮記念勝ち馬で、マイルよりはスプリントよりの馬と思います。加えて勢いにも欠けます。ローレルゲレイロは2走ボケが懸念されますし、マイネルレーニアは1400m巧者の印象が強く、両馬とも前走以上のパフォーマンスができるかといえば微妙です。

 1番人気でしょうがスーパーホーネットの軸は堅いと思います。ウオッカのこれまでの東京実績は歴代最強クラスですが、そのウオッカを府中の毎日王冠でねじ伏せています。ここでは能力が違うでしょう。ヒモには残った3頭。7歳ということで消していますが衰えが見られないのでカンパニーも抑えます。日曜までは京都も晴れ予報ですし、大外から◎○△が飛んでくるのが目に浮かびます。

 ◎スーパーホーネット
 ○ブルーメンブラット
 ▲サイレントプライド
 △エイシンドーバー
 △カンパニー

テーマ:中央競馬(JRA)予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『コントラスト』

『コントラスト』

小春日和の秋空を見上げれば

蒼く蒼く、海より蒼く澄んでいて

どうしようもなく哀しくなってくる



うつむいた僕の気持ちの奥をのぞけば

まるで暗い暗い底なし沼のようなのに

否応なく鮮明に浮きあがらせてしまうから



あんなにきれいな青空が

笑顔で僕を責めたてる



そんなことは妄想だって?

そんなことはわかってる



わかっているからもどかしい

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~モザイクハーツ~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

雪道ドライヴァー

 週間予報では前々から雪が降るとされていたのですが、まだ11月だし大して積もるわけがないだろうと思っていました。ところが今朝起きたらかなりの積雪。しかも日中も降り続き、完全に街は真冬の装いになりました。一昨日、タイヤ交換を済ませていたので難を逃れましたが、弟はまだまだ大丈夫だろうとタカをくくっていてタイヤ交換を済ませておらず、自分の車に乗れない状態で、友達から車を借りて乗っていますヾ(・・;)ォィォィ

 一昨日は、車を買ったお店でタイヤ交換に行ったのですが、その店を通じて保険に加入したたので俺はVIP会員だそうです。そのため初回のタイヤ交換代は無料とのことでした。金欠なのでありがたかったです。そして今日はオートバックスに行って、スノーワイパーと解氷ウォッシャー液を買いました。なんだかんだで出費が……。まあ、安物なんですが。車体自体が古いのに、いいワイパーをしてもなあ(笑)

 今日はその後に大学病院、図書館、職安、ホームセンターとハシゴしました。ひとつの用だけを済ませるために、車を出すのがなんだかもったいないんですよね。職安では条件に合うものがあったので応募してみることにしました。うちからけっこう遠いのが難点なのですが(雪道だと40~50分はかかりそう) 雪道自体はそれほど苦もなく運転できそうです。みんなゆっくり走っていますしね。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

08年エリザベス女王杯回顧

 ★予想結果★
◎カワカミプリンセス……2着
○ポルトフィーノ…………中止
▲ベッラレイア……………3着
△ムードインディゴ………6着
△エフティマイア…………13着
△マイネレーツェル………4着

 ポルトフィーノがまさかの落馬でした。GIで2回も落馬したのは武豊だけじゃないでしょうか。最近、中央重賞での調子が上向いているからと武豊を買った俺がバカでした。そのポルトフィーノ、内からスルスルと器用に馬群を縫って1角では先頭に、そのまま道中を進みましたが、4角では大きく外へ逸走。これでおしまいかと思いきや、大外から馬群に合わせるように伸びてきて、きれいにリトルアマポーラを差しきりました(笑) 役者馬だなあ。これ、リトルアマポーラ自身は負けたと思っているんじゃないでしょうか。しかしつくづくGIに縁のない馬ですね。桜花賞は熱発、オークスは骨折、秋華賞は次点で除外、エリ女は落馬ですから。

 勝ったリトルアマポーラは叩き2戦目、鞍上がルメールでしたが、ポルトフィーノ以上にいやな人気の売れ方と思いました。買いにくいなあと思っていたのですが完勝でした。世間の人は馬券がうまいなあと感じました。道中5番手につけ、直線早めに先頭に立って押し切りました。強い競馬でした。ルメールはこういう先行抜け出しの競馬が巧いなあ。これでGI馬となったリトルアマポーラですが、正直この現3歳世代はムラがありすぎてなんとも買いづらい。他の世代と比べても能力に遜色はないのでしょうが、リトルアマポーラが安定して活躍するかといえばそうでもないような気がします。

 カワカミプリンセスとベッラレイアは猛追するも2,3着まで。カワカミプリンセスは今もがんばっていますが、前走、そして今回と牝馬に先着を許していますし、やや競走馬としてのピークは越えてしまったような印象を受けます。一昨年のエリ女で降着、翌年の骨折で歯車が狂ってしまった感があります。順調ならもう1,2つはGIを勝っている馬だろうと思うのですが、今後GIを勝つかといえば難しいかもしれません。ベッラレイアはなにかの馬に似ているなあと思ったら、ディアデラノビアに似た経歴と気づきました。強いことは強いんでしょうが、GIを勝ちきるまではこれも難しいように思います。

 終わってみれば今年も一番人気馬が連対し、勝ったのは4番人気馬、3着も2番人気馬と普通に買えば良かったんですね。条件戦上がりの馬を買っている場合じゃなかったです(笑)

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

08年エリザベス女王杯展望

★エリザベス女王杯過去12年★
         馬名        騎手 人気   父馬           前走(条件)         京都芝実績 芝実績(重賞実績)
96年1着ダンスパートナー(牝4) 四位  1 サンデーサイレンス 京都大賞典(芝24京)2人4着    1-4-0-2 3-7-1-5(2-6-1-5)
良  2着フェアダンス(牝4)   藤田 3 フェアジャッジメント 府中牝馬S(芝18東)4人2着  0-2-2-3 6-4-3-8(0-2-1-5)
   3着シーズグレイス(牝3) 福永  11 サンデーサイレンス 秋華賞(芝20京)12人6着   1-0-0-6 3-2-1-6(0-2-0-6)

97年1着エリモシック(牝4) 的場 3 ダンシングブレーヴ 府中牝馬S(芝18東)2人4着   1-1-0-2 3-2-2-8(0-2-1-4)
良 2着ダンスパートナー(牝5) 河内 1 サンデーサイレンス 京都大賞典(芝24京)1人2着 2-5-0-2 3-8-3-8(2-7-3-7)
   3着エイシンサンサン(牝5) 土肥 8 キャロルハウス 府中牝馬S(芝18東)6人3着 0-1-1-9 4-4-2-24(1-1-1-16)

98年1着メジロドーベル(牝4) 吉田 2 メジロライアン 府中牝馬S(芝18東)1人1着 1-0-0-1 8-2-1-5(5-2-1-5)
良  2着ランフォザドリーム(牝4) 河内 5 リアルシャダイ 府中牝馬S(芝18東)2人5着 1-1-0-3 4-3-1-5(2-2-1-2)
3着エアグルーヴ(牝5) 横山典 1 トニービン 札幌記念(芝20札)1人1着 0-0-0-1 9-4-2-1(7-3-2-1)

99年1着メジロドーベル(牝5) 吉田 2 メジロライアン 毎日王冠(芝18東)7人6着    2-0-0-1 9-3-1-7(6-3-1-7)
良 2着フサイチエアデール(牝3)福永 7 サンデーサイレンス 秋華賞(芝20京)3人5着 1-1-0-1 3-5-0-4(2-3-0-2)
3着エガオヲミセテ(牝4) 蛯名 5 サンデーサイレンス 府中牝馬S(芝18東)1人2着 1-0-0-4 4-1-2-9(2-1-2-7)

00年1着ファレノプシス(牝5) 松永幹3 ブライアンズタイム 札幌記念(芝20札)1人7着 2-0-0-1 5-1-1-7(3-1-1-7)
良 2着フサイチエアデール(牝4)横山典1 サンデーサイレンス 府中牝馬S(芝18東)2人3着 1-2-0-1 5-6-1-7(4-4-1-5)
3着エイダイクイン(牝5) 二本柳10 メジロマックイーン  府中牝馬S(芝18東)3人6着 0-0-0-1 3-2-1-8(1-2-1-7)  

01年1着トゥザヴィクトリー(牝5) 武豊 4 サンデーサイレンス ドバイWC(ダ20U)?人2着 1-1-0-2 5-3-2-4(3-3-2-4)
良 2着ローズバド(牝3) 横山典2 サンデーサイレンス 秋華賞(芝20京)2人2着 0-1-1-1 2-4-2-2(1-3-1-0)
3着ティコティコタック(牝4) 武幸 5 サッカーボーイ 府中牝馬S(芝18東)2人2着 1-0-1-1 4-1-3-6(1-1-1-3)

02年1着ファインモーション(牝3) 武豊 1 Danehill 秋華賞(芝20京)1人1着 1-0-0-0 5-0-0-0(2-0-0-0)
良 2着ダイヤモンドビコー(牝4)ペリエ 2 サンデーサイレンス 府中牝馬S(芝18中)1人1着 0-1-0-0 6-4-0-6(3-3-0-4)
3着レディパステル(牝4) 蛯名 4 トニービン 府中牝馬S(芝18中)2人3着 0-0-1-1 3-4-4-3(1-1-3-3)

03年1着アドマイヤグルーヴ(牝3)武豊 2 サンデーサイレンス 秋華賞(芝20京)1人2着 1-1-0-0 4-1-1-1(1-1-1-1)
良 2着スティルインラブ(牝3) 幸 1 サンデーサイレンス 秋華賞(芝20京)2人1着 2-0-0-0 5-1-0-1(3-1-0-1)
3着タイガーテイル(牝4) ジレ 10 Priolo                      未出走    不明

04年1着アドマイヤグルーヴ(牝4)武豊 2 サンデーサイレンス 天皇賞・秋(芝20東)9人3着 2-1-0-1 6-1-2-4(3-1-2-4)
良 2着オースミハルカ(牝4) 川島 5 フサイチコンコルド   府中牝馬S(芝18東)5人1着 1-0-0-2 6-1-2-6(4-0-0-6)
3着エルノヴァ(牝5) ペリエ 4 サンデーサイレンス 府中牝馬S(芝18東)2人5着   未出走 5-7-1-4(0-1-0-1)

05年1着スイープトウショウ(牝4) 池添 2 エンドスウィープ 天皇賞・秋(芝20東)4人5着 4-0-0-2 6-2-1-6(4-2-1-5)
良 2着オースミハルカ(牝5) 川島 5 フサイチコンコルド 府中牝馬S(芝18東)4人3着 1-1-0-2 6-2-3-8(4-1-1-8)
3着アドマイヤグルーヴ(牝5)上村 4 サンデーサイレンス 天皇賞・秋(芝20東)17人17着 3-1-0-2 7-1-2-9(4-1-2-9)

06年1着フサイチパンドラ(牝3) 福永 7 サンデーサイレンス 秋華賞(芝20京)4人3着 1-0-1-1 2-2-4-2(0-2-3-1)
良 2着スイープトウショウ(牝5) 池添 2 エンドスウィープ 天皇賞・秋(芝20東)1人5着 6-0-0-2 8-2-1-7(6-2-1-6)
3着ディアデラノビア(牝3) 岩田 4 サンデーサイレンス 府中牝馬S(芝18東)1人3着 1-0-0-2 3-1-5-4(1-1-5-4)

07年1着ダイワスカーレット(牝3) 安藤勝 1 アグネスタキオン   秋華賞(芝20京)2人1着     2-1-0-0  5-2-0-0(3-2-0-0)
良  2着フサイチパンドラ(牝4) ルメール3 サンデーサイレンス エルムS(ダ17札)4人11着 2-0-1-1 4-2-4-8(2-2-3-7)
   3着スイープトウショウ(牝6) 池添  2 エンドスウィープ    スワンS(芝14京)4人4着 6-1-0-3 8-4-1-10(6-4-1-9)

*******************************************************

 3歳上戦となった過去12年のデータを見ていきます。連対馬は1人気が6回、2人気が8回、3人気が4回と上位人気はよく来ています。最も低い人気で来たのは99年フサイチエアデール、06年のフサイチパンドラの7番人気です。過去12年において、1人気、2人気馬が共に来なかったことはありません。3歳が7連対、4歳が11連対、5歳が6連対です。6歳以上の連対はありませんし、5歳馬もGI級の実績を既に示していないと厳しいです。騎手については、騎乗回数が少ないこともあるのでしょうが、関東騎手はあまり良くないようです。武豊は01年~04年まで、このレースを4連勝しています。どのGIでも好成績ですが、このレースは特に良い成績です。他では吉田豊が2勝(メジロドーベルで連覇)、横山典、川島が2着2回というところが目立っています。

 ステップレースを見てみると府中牝馬S組が8連対で最多。次いで秋華賞組が7連対。天皇賞・秋組が3連対、京都大賞典から2連対、札幌記念、ドバイWC、毎日王冠、エルムSから1連対となっています。OP特別以下からの連対はありません。府中牝馬S組も秋華賞組も掲示板に載っている事が必須。できれば連対が望ましいです。天皇賞・秋、毎日王冠などの牡馬混合戦からの参戦に関しては着順・人気とも度外視で良いようです。牝馬戦からの馬は前走で5番人気以内。前走、大穴で激走したとしても信用できません。実績と勢い重視。基本的には堅いレースですし。

 例外なく連対馬は既に京都で連対歴がありました。京都で連対歴の無かった馬はエアグルーヴ、レディパステルでさえ3着どまりです。重賞実績では、エリモシック、フェアダンスを除く連対馬は既に重賞勝ち馬でした。その2頭にしても重賞での連対はありました。当たり前ですがGIですので重賞の1つも勝っていない馬は不利でしょう。

 ◆チェックポイント◆
・前走が牝馬限定戦で6着以下/6番人気以下:レインダンス、レッドアゲート、マイネレーツェル、アルコセニョーラ、ピサノジュパン、ムードインディゴ、リトルアマポーラ、レジネッタ
・前走が重賞ではない:ポルトフィーノ、アスクデピュティ、コスモプラチナ、トウカイルナ
・6歳以上:トウカイルナ
・京都芝で連対歴がない:レッドアゲート、エフティマイア、アルコセニョーラ、ピサノジュパン、リトルアマポーラ
・重賞連対実績がない:ビエンナーレ、ポルトフィーノ、ピサノジュパン、コスモプラチナ、トウカイルナ

 残ったのは、外国馬2頭とカワカミプリンセス、ベッラレイアだけです。外国馬2頭は実績不足に思えますし、来てもタイガーテイルのように3着までではないでしょうか。オッズはカワカミプリンセスが抜けた人気になっていますが、それも当然だと思います。過去の結果を見ればわかりますが、一度来た馬がまた来る傾向にあります。そういう意味でも一昨年、1着入線したカワカミプリンセスは有力です。

 ベッラレイアも抑えますが、この馬の実力を俺はあまり信用していません。あくまで抑えで。そうなると消えた馬から選ばないとなりませんが、現状2番人気に推されているポルトフィーノを2番手にしたいと思います。1番人気が飛んだときに2番人気がカバーしているという傾向がありますし、この馬は京都コースで2戦2勝と得意にしていますので。

 GI2着の実績を勝ってムードインディゴとエフティマイアは抑えますが、桜花賞馬のレジネッタはなんだかいろいろな意味でピークを過ぎている気がします。むしろいつ走るかわからない上に、鞍上の川田も不気味なマイネレーツェルをもう一回買ってみます。所詮はマイネルか……という結果になりそうですが。馬券は◎からの馬連、○からも馬連です。

 ◎カワカミプリンセス
 ○ポルトフィーノ
 ▲ベッラレイア
 △ムードインディゴ
 △エフティマイア
 △マイネレーツェル

 

テーマ:中央競馬(JRA)予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

病院

 一昨日は病院に行ってきました。ここ3ヶ月、調子が非常に悪いので薬を変えることになりました。今回処方された薬は急に強くは出せないそうなので、1週間分飲んで慣らしたところで強くするそうです。というわけで来週また病院です。しかし、なんで調子がガタ落ちになったのかがよくわかりません。8月ごろに薬の量が減ったのが影響しているのかな。脳にエネルギーがまわっていない感じがします。

 地元のタウン誌の方が高齢になってきたので、後釜になる人を探していました。それで何度か原稿を書いたこともある俺にも声がかかったのですが、モタモタしている間に他の人に決まってしまったようです。しょうがないので、手持ちの資格でやれる求人はないかと調べてみたのですがなかったです。時期的なものもあるのかもしれません。焦ってもしょうがないですし、逆に悪い流れになりそうなので、のんびり構えようと思います。

 ここ4,5日の弘前は暖かい日が続いているのですが、そろそろ冬タイヤに替えねばなりません。皆さんはいつごろタイヤを替えているのでしょうか。雪の降らない地域だと、冬でも夏タイヤなんでしょうか。北国だとタイヤ代もかかります。2WDではなく4WDに乗らざるをえませんが、4WDのほうが高いですしね。北国に住んでいるといろいろ出費がかさむような気がします。ああ、でも一般に北国のほうが地価は安そうだ(笑)

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

池添

JRA騎手の池添謙一とタレントの堀あかりがオメデタ婚
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081112-00000006-oric-ent

 池添騎手がタレントの堀あかりさんとできちゃった再婚だそうです。いつの間に離婚していたのだろう?前の奥さんは「恋のから騒ぎ」出身だそうですが、今回もまたタレントです。池添騎手は若手女性タレント好きなんだろうなあ。しかし、タレントの方はまだ大学生なのにはらませるとか……うーん。このオリコンの記事では「オメデタ婚」とか書いて、ポジティヴ感を出そうとしていますが、どうにもいただけない。いや、犯罪をしたわけでもないですし、稼ぎがいいでしょうから前妻との子のための養育費などは大丈夫なんでしょうけど、どうにもうらやまし……もといけしからんな印象があります(笑)

 なんだかんだ言っても男は稼ぎ、女は若さの世の中なんだなと痛感する次第です。

テーマ:競馬情報 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:2 | トラックバック:0 |

検閲

田母神氏の「独演」防止、TV中継なしでネットはパンク
http://www.asahi.com/politics/update/1111/TKY200811110142.html

 田母神氏の論文および主張はさておき、このことに関する政府やマスメディアの対応のほうが気になります。この記事によれば、「独演」予防のために政府やNHKは参考人招致の中継を行なわなかったようですが、それはある種の検閲ではないのでしょうか。そして、そのような検閲を行なおうとする意図を考えると空恐ろしい気がします。

 お上にとって都合のいい情報だけを恣意的に流そうとしているようにも感じられます。なんでも垂れ流しで放送すればいいというものではないですが、この騒動は国民の注目を集めていますし、国民の「知る権利」とも関わっているようにも思うのですが……。インターネットで見られる人(パンクしていたようですが)ならいいですが、テレビでしか情報収集しない人はどうなるのでしょう。

 誰もが問題だと感じる内容ならともかく、賛否が分かれるような内容ならばそれは公開すべきと思います。賛否が分かれるような内容ならば、それが問題かどうかは発信者ではなく、受取手に判断を委ねるべきではないでしょうか。

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『標的』

『標的』

標的もなく銃を撃てるかと言われたら

それは難しいと言うよりほかにない

銃を撃つことに意味を見出せないし

弾数がもったいないと感じてしまうから



僕の考えは間違っているのかもしれない



乱射して思わぬ獲物を打ち落として

その獲物を拾いに向かったところで

新たな標的にばったり出くわす

そんなことの繰り返しなんだろう



それにも関わらず、僕は動けないでいる



標的を撃ちもらすことに脅えているんだ

言い訳ばかり、評論ばかりで、テクはなし

ハズしてハズしてだんだん当たるハズなのに



標的が見つかるかどうかわからないけれど

明日は狩りに出かけよう



明日はきっと良い日だ


テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~モザイクハーツ~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

08年武蔵野S回顧

 予想を載せませんでしたが、今日のメイン・武蔵野Sは買っていました。普通にユビキタスからカネヒキリ以外の有力馬へ馬連で流しました……が、ユビキタスはユニコーンSと同じようないい感じの手ごたえに見えたのに、直線ではのびずばてずなだれ込んだだけの3着。なんとも追って味のない馬だなあと感じました。560kgを超える巨漢馬だからでしょうか。これでJCダートは賞金的に厳しくなったと思われます。

 勝ったキクノサリーレは鋭く伸びて完勝。これで4連勝。父ジェイドロバリーは何年か前に亡くなっていましたし、この世代が最終世代でしょうね。ユビキタスよりもこちらのほうが先々楽しみです。3歳時のサンライズバッカス的な雰囲気をどことなく感じます。ただ、この馬にしてもJCダートに出るには賞金が足らないと思われます。外国馬が何頭か出てきたらはじかれそう。高齢の賞金持ち馬が多いので、ダート馬は使いどころが難しいですね。

 そのサンライズバッカスがゴール寸前でユビキタスを交わして2着確保。東京ダート1600はベストの条件ですね。それとやはり地方の砂よりは中央の砂のほうが合っているんだなあと改めて感じました。いくらかでも賞金を加算できたのは大きいと思います。この馬はなんとか賞金的にJCダートに出られるでしょう。この馬もヒモで買っていましたが、ユビキタス軸なので来なくて良かった(笑) どうもこの馬とはあまり馬券的相性が良くないです。

 カネヒキリはただまわってきただけでした。2年4ヶ月ぶりですしね。ただ、道中の行きっぷりは良かったですし、それほど追うところもないにも関わらず9着だったので、むしろ好走だったと思います。いかにも次は変わってきそうな感じに見えます。ただ、GIを4勝した馬なのに種牡馬として引退できず、復帰せざるを得ないダート馬の評価の低さになんともいえない気持ちになります。タケミカヅチは内からスルスル伸びて、これは!と思ったのですが一瞬だけでした。6着でしたが今後もダートを使ってほしいと思います。

 今週は武蔵野Sが勝負レースで、しかも外れたので明日の馬券はおやすみです(笑)

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

アクティヴ

 オヤジが近所に取材に行くので、車で乗せて行ってくれというので、昨日は弘前市郊外(旧相馬村)の山奥へと行ってきました。車があるとアッシー(死語)にされてしまいます。岩屋不動尊という岸壁の奥に作られた尊体を見てきました。一応、公的な看板も設置されてあったので、由緒のあるものなのだろうと思います。山奥なので近辺にはニホンザルもいました。2匹。川も近くにあったのですが、いかにも魚が釣れそうな雰囲気でした。俺は釣りをしませんが。

 昨日の夕方は床屋に行ってきました。2,3ヶ月も床屋に行っていなかったので、かなりむさくるしい頭になっていましたヾ(--;)ぉぃぉぃ かつては子どもたちでにぎわっていた床屋なのですが、少子化の影響で客層が児童・学生から、高齢者へとシフトしています。俺の通っていた小学校もかつては1学年4~5クラスでしたが、今では1~2クラスだそうで、もはやクラス対抗戦ができません(笑) 本当の散発料は2000円なのですが、俺は上京時代を挟んで、20年来の客なので値上げ前の1500円でカットしてもらっています。

 今日は母方のじいちゃんの妹(4親等離れている)が入院しているので、ばあちゃんと一緒に、弘前市郊外のオフィスアルカディア・弘前脳卒中センターへと見舞いに行ってきました。外観も相当に立派なのですが、中身はさらに立派でした。さらに立派なのはスタッフの態度……というか接客です。スタッフの誰もがただの見舞い客である我々にきちんと挨拶をします。当たり前のようですが、実際は当たり前じゃないですよね。従業員教育が徹底されているんだと思います。さらに個人的な感想では、美人ナースが目立った気がします。俺もここに入院したい……と思ったけど、脳卒中になるのはイヤだなあ(笑)

 見舞いのあと、いつものようにばあちゃんの買い出しにつきあい、帰りにすし屋(弘前市安原「鮨覚」)に行きました。昨日、床屋のおばちゃんとすしの話をして、ここがおいしいと言っていましたし、俺も前前から気になっていたお店だったので。回転すしですが、ネタによってはかなりのお値段がします。一方で、ランチタイム限定のミニ三色丼(525円)などはネタを思えばリーズナブルです。ウニ、ホタテ、イクラの三色です。欲をいえばご飯がもう少しほしいところです。他にカニミソ、まぐろヅケなどを食べ、最後にプリンカクテルを食べました。か●ぱすしのカニミソやうになどは、これはカニミソやうに風味の別のナニカだと思いましたが、ここのはちゃんとカニミソやうにですね。おいしかったです。ばあちゃんは回転寿司が初めてと言っていましたが、あまり落ち着かないと言っており、むしろ隣接するお好み焼き屋のほうが気になっていたようです。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

08年JBCスプリント/クラシック回顧

★JBCスプリント予想結果★
◎ブルーコンコルド…4着
○スマートファルコン…2着
▲バンブーエール……1着
△メイショウバトラー…5着

 3連勝のバンブーエールがまんまと逃げ切りました。3歳のスマートファルコンも2着粘り込み、地元兵庫のアルドラゴンが3着。一番人気のブルーコンコルドは4着でした。

 園田競馬場の特性なのかもしれませんが、外をまわった馬のコースロスがとても大きいなあと感じました。最後のコーナーと直線に入ったときでは、ブルーコンコルドと先頭との差がかなり開いたように見えます。バンブーエールは勢いもありましたが、園田コースへの適性が高かったんだろうと思います。スマートファルコン、アルドラゴンにしても同様です。

 一方のブルーコンコルドは鞍上の幸騎手が向こう正面で必死に追っているのに、ちっとも伸びません。バテてもいませんでしたが……。馬体重が+10kgというのもあるのでしょうが、レース後の陣営のコメントにもあったようにズブくなっているようです。スピード勝負ではもうつらいのかなあと思います。おそらく今年で引退でしょうし、あと数戦がんばってほしいものです。

 メイショウバトラー、リミットレスビットはさすがにもうJpnIではキツいのかもしれません。昨年の覇者フジノウェーブは流れに乗れませんでしたね。距離なのか、コースなのか、たぶん両方とも合わなかった感じがします。やはり大井でこその馬なんだろうなと思います。以前のレイナワルツ、昨年のフジノウェーブ、今年アルドラゴンを見ると地の利は大きいのだと感じました。

★JBCクラシック★
◎ヴァーミリアン………1着
○フリオーソ……………4着
▲ボンネビルレコード…6着
△フィールドルージュ…5着

 逃げたサクセスブロッケンを見るような形で、フリオーソ、ヴァーミリアンが位置しましたが、フリオーソは直線でついていけず、サクセスブロッケンとの競り合いの末、ヴァーミリアンが勝ちました。フリオーソは出遅れたメイショウトウコンにも差されて4着どまり。フィールドルージュはレースの流れに乗れていなかった感じです。故障明けですのでやむなしでしょう。

 正直、サクセスブロッケンは人気しすぎだろうと思ったのですが、終わってみればオッズにふさわしい内容だったと思います。来年はダート戦線の主役でしょうし、来年まで待たずに主役交代があるかも……?と思わせる内容でした。スプリントのスマートファルコンも2着でしたし、春先から巷で言われていた3歳ダート馬のレベルの高さが証明されたようです。

 ヴァーミリアンはさすがでした。ドバイでの惨敗、そして休み明けが気になりましたが、結果はレコード勝ちと健在ぶりをアピールしました。叩いての上積みもあると思います。国内GI6連勝、地方では7戦無敗を維持しました。ただ、地方ではともかく、中央では一抹の不安も感じます。リミットレスビットやメイショウバトラーもそうですが、歳をとると中央でのスピード勝負では分が悪くなりがちなので。

 メイショウトウコンは出遅れました(藤田騎手の談では「ゲートを出ない」)が、直線では猛然と追い込んできました。直線平坦のコースでは買っておいたほうがいいのでしょうね。ただ、次がJCダートなら馬券的には不要と思います。フリオーソはあの流れなら粘ってほしかったなあと思います。中央馬とも互角に戦えますが、トップクラスが相手だとやや見劣ってしまいました。

 

テーマ:地方競馬 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

コムロック

 『Too shy shy boy!』で『wanna Be A Dreammaker』だったはずのコムロさん、『Love Train』に乗ってたどり着いた『Departures』で『WOW WOW TONIGHT』した結果が『Wanderin' Destiny』だったのならば、彼の『humansystem』や『self control』はうまくなかったのかもしれませんね……。今の彼に『Can you Celebrate?』と聞かれても、誰も祝福できないですよ。

 彼が『一途な恋』だったらこんな『Wanderin' Destiny』にはならなかったようにも思います。ちょっと『Get Wild』しすぎでしょう。『CRAZY GONNA CRAZY』な考えに至る前に、『Chase the Chance』を見つけられなかったのかな……?刑務所の中で彼は何を思うのでしょうか?次なる『ドリームラッシュ』を考えているのでしょうか。もう11月、『寒い夜だから……』刑務所の中は厳しいかもしれませんね。

 平成を代表する大作曲家ですし、『恋しさとせつなさと心強さと』を抱えながら、きっと『BRAND NEW TOMORROW』を信じていると思うし、オツトメを終えて出てきたときには、『MY Revolution』を見せてくれると信じております。

***********************************

 それにしても小室逮捕はショックでした。部屋にもTMNのCDが3枚、Globe2枚、安室1枚あります。90年代は音楽バブルだったと思いますが、その頂点にあった小室さんが極貧でオリジン弁当やマックばっかり食べてるなんて聞いているほうが泣けてきますよ……。貧乏学生と変わらん。やっぱり素人の事業って危ないですね。というか本業以外に手を出すのは、ちょっとね。

 流行り廃りの激しい芸能界ですが、小室さんはまだやれる、まだ才能は枯渇していないと思うので、ムショの中で曲作りまくって、復活してくれることを本当に期待しています。

テーマ:小室ファミリー - ジャンル:音楽

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

08年JBCスプリント/クラシック展望

☆JBCスプリント☆
◎ブルーコンコルド
○スマートファルコン
▲バンブーエール
△メイショウバトラー

 実績断然のブルーコンコルドを素直に本命にしました。ただ、連軸としての本命であって、足元をすくわれることもあるかと思います。その場合でも2,3着には踏みとどまると思われます。ここ2年半の間で崩れたのは2000m以上だけです。マイル以下ではまったく崩れていません。スマートファルコンは園田出身の岩田が乗るのが魅力ですし、地味にダートで連を外したことがありません。バンブーエールはOP特別3連勝中の勢いを買います。また、この馬は一昨年のジャバンダートダービー、ダービーグランプリでも2着に入っており、地方砂適性も高そうです。鞍上が園田経験だけが気にかかりますが。メイショウバトラーは前走・南部杯の内容が良かったですし、調子がいいのだろうと思います。ユタカは中央重賞では不振が続いていましたが、それも昨日で終止符が打たれましたし、地方交流重賞では今年も普通に乗れています。2,3着なら。

 昨年の覇者・大井のフジノウェーブは遠征が気になりますし、春のマイルグランプリ(S2)でいったんは完全に抜け出したのに、勝ったデスモゾームに差し返されたシーンが印象に残っています。1400mという距離は微妙に長いのかもしれません。リミットレスビッドは近走に冴えがみられませんし、もう9歳。さすがに少々衰えてきたかも……。兵庫勢だとアルドラゴン(元中央馬ですが)が気になりますが、ちょっと手が回りません。その他の地方馬では力が足りないように思います。馬券はブルーコンコルド3連複1頭軸から、スマートファルコン、バンブーエール、メイショウバトラーへの流しを買いました。

☆JBCクラシック☆
◎ヴァーミリアン
○フリオーソ
▲ボンネビルレコード
△フィールドルージュ

 休み明けですが、昨年の覇者で地方交流重賞6戦6圧勝のヴァーミリアンの力を信用します。予想外にサクセスブロッケンに人気が集中しているので、ヴァーミリアンからでも馬券的な妙味があります。調子さえ本物なら、まだまだ他馬を寄せ付けないと思います。順調に使われているフリオーソ、ボンネビルレコードも有力です。フリオーソは鞍上強化されていますし、小回りコースも足質的に向くんじゃないかと期待しています。ボンネビルは主戦の的場文が乗れないのが残念ですが、ウチパクでも実績あるので問題ないでしょう。フィールドルージュは故障明けなので、正直に言ってさほど期待していませんが、実績はありますし、妙味のあるオッズなので手が出ました。

 ダートでは5戦5圧勝のサクセスブロッケンですが、3歳馬ですし、ここは古馬のカベに跳ね返されるのではないかと思います。アドマイヤドンは3歳時に圧勝していますが、ユートピアの3歳時には惨敗しています。サクセスブロッケンはどちらになるでしょうか。いずれにせよ、こんなオッズでは買えません。メイショウトウコンは今年、ブリーダーズGCこそ勝っていますが、明らかに不調だと思います。年齢的な衰えなのか、使いすぎで体調が崩れているのかはわかりませんが……。今回のメンバーでは掲示板が精一杯ではないでしょうか。一発あるなら地元兵庫のチャンストウライでしょう。地力はつけていますし、ホームの利を生かせれば3着ならあるかも。

 ネット/電話投票は早めをオススメします。地方競馬の大レースでは、直前でつながりにくくなり、投票が間に合わなくなることもありえます。去年の東京大賞典や今春の羽田盃(S1)などではあせりました。祝日ですし、今日も馬体重を見てから……なんて悠長なことを言っていると買えなくなるかも。それは現地・園田競馬場ならなおさらでしょうね。



テーマ:地方競馬 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

08年天皇賞・秋回顧

  ☆予想結果☆
 ◎ダイワスカーレット……2着
 ○ウオッカ………………1着
 ▲ディープスカイ…………3着
 △アサクサキングス……8着
 △ドリームジャーニー……10着
 △アドマイヤモナーク……12着
 △タスカータソルテ………17着
 △アドマイヤフジ…………11着

 15分以上にも及ぶ長い長い写真判定の末、一番人気のウオッカが逃げ粘る二番人気のダイワスカーレットを差しきりました。勝ちタイムは従来のレコードを0,8秒も上回る1:57:2という破格のタイム。三番人気の今年のダービー馬・ディープスカイは僅差の3着まで。戦前が好勝負が期待されましたが、その期待をも上回る日本競馬史に残るであろう一戦となりました。競馬に関心のない人にも見てもらいたいです。今日の夕方、あるいは明朝のニュースでも扱うでしょうから。

 俺がウオッカよりもダイワスカーレットファンだからということもありますが、ダイワは負けて強しという内容だったと思います。一頓挫あって7ヶ月ぶりの実戦、初めての東京コースでしたが、自分で競馬を作って寸前まで粘りきりました。レコードを生むハイペースの逃げで寸前差しきりという意味では04年有馬記念、接戦という意味では99年有馬記念を彷彿とさせる内容だったと思います。過程も順調ではなかったのですが、ゴール寸前でクビが上がっていたのが残念です。まさにクビの上げ下げが勝敗を分けたと思うので。次は有馬記念を使うと戦前に陣営は語っていましたが、中山コースなら負けないと思います。ウオッカ、ディープスカイ、今日はいなかった昨年の有馬記念馬・マツリダゴッホにも。

 ウオッカは一叩きされて状態が上向いていたと思われますし、東京コースが合っているのだと思います。加えて3着のディープスカイと叩きあいながら伸びてきており、展開面でダイワよりも恵まれた感もあります。それでもやはりこの馬も歴史的名牝です。牡馬相手にGI3勝した牝馬は俺の記憶にはありません。さらっと調べただけなので間違いがあるかもしれませんが、かつての八大競走を2勝した「牝馬」というのも、戦前の第二メルボルン、クリフジ、戦後のガーネツトとトウメイの4頭のみと思われます。競馬の巧さという面では、ダイワに一歩譲りますが、爆発力の面では優っても劣ることはないです。次はジャパンカップだと思われますが、東京芝2400ではダービーを勝っていますし、勝ち負け必至でしょう。

 ディープスカイは今日の時点では、上記2頭に力負けという感じです。GIでのキャリアの差かもしれません。世代比較において、08年クラシック世代は強くは無いのかもしれませんが、ディープスカイ自身はダービーを勝った世代最強馬ですし、それにふさわしい競馬をしたと思います。3歳の代表馬が上の世代に僅差で屈したというのは、先に述べた99年有馬記念(テイエムオペラオー)を彷彿とさせます。俺が思っていたよりもずっと強かったです。今日は相手が悪すぎただけで、3歳で天皇賞・秋を制したバブルガムフェロー、シンボリクリスエスよりも強い競馬をしたと思います。

 カンパニーも最後に上がり33,5の鬼脚で猛然と突っ込んできました。去年のような明らかな不利はなく、濃い内容の競馬をしましたが、着順が去年よりも1つ下がってしまいました。去年よりも強い馬が多かったということでしょう。馬体が回復したのも良かったです。今後も重賞戦線で活躍できるでしょうが、もう7歳ですしGIを勝つ運はなかったのかなあと思います。エアシェイディは相変わらずかな。勝てず負けず。ただし、まだ俺が東京で暮らしていた5年前から一線級でいつづけています(03年のホープフルSで軸にしていました)し、エラいお馬さんだなあと思います。

 アサクサキングス、アドマイヤモナーク、ポップロックあたりは距離が足らないんでしょうね。ポップロックに関しては今年に入ってから明らかに衰えも感じられます。上位に入った馬の名前を見ても、この距離に強い馬が入ったという印象があります。

 それにしてもすばらしいレースでした。末永く語られるレースと思いますし、10年以上前のエアグルーヴやヒシアマゾンが今でも名牝として語られているように、今日の2頭の牝馬も伝説となる馬だと思います。目の飛び出るような高配当が出なくても、事前にワクワクさせてくれて、それに違わぬ好勝負(中波乱くらいでもいい)が続けば、競馬ファンが増えていくんじゃないかなあと感じました。いやあ、よかったよかった。

 

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |