ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

大京都展

 今日はばあちゃんの通院のために、青森市まで車を出しました。特に用事もないし、ガソリン節約もあって、遠出することはほとんどないのですが、たまにちょっと遠出すると楽しいですね。今日一日で100kmは運転したと思います。ばあちゃんは4月10日から1週間、神奈川県の娘(俺からすれば伯母さん)の家に行ってきます。そのため、今日の診察は身体のメンテナンスの意味もあったようです。特に問題ないようで何よりでした。

 弘前まで戻ってきて、さくら野百貨店併設のホテルでランチバイキングを食べる……つもりでしたが、ホテルはつぶれました(笑) ただし、資本が変わって、装いも新たに4月上旬にオープンするらしいです。ここは全国でもあまり例がないような気がしますが、百貨店と温泉ホテルが合体しているのです。ランチバイキングは食べられなかったので、同じフロアのレストランでざるそばとミニ天丼のセットを食べました。まあまあの味かなあ。

 せっかく立ち寄ったので、いろいろ見ていこうとばあちゃんが言ったので、下のフロアに下りると、「大京都展」をやっていました。京都の飲食店が出張してきていました。ついでに舞妓さんとの撮影会もありました。お店を一回りしてきてから、舞妓さんと一緒に写真を撮ろう!と思ったのですが、一回りしてきたら舞妓さんはいなくなっていました=( ̄□ ̄;)⇒いつ戻ってくるかもわからないので、撮影はあきらめました。無念。八つ橋買いました。京都といえば八つ橋です。
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:2 | トラックバック:0 |

09年高松宮記念回顧

 ☆予想結果☆
◎スリープレスナイト……2着
○アーバンストリート……8着
▲アーバニティ…………14着
△ローレルゲレイロ……1着
△トウショウカレッジ……4着
△ドラゴンファング………11着

 3番人気のローレルゲレイロが、いったんはスリープレスナイトに交わされましたが、差しかえして優勝。悲願のGI初制覇を果たしました。高松宮記念は父キングヘイローに続く父子制覇となります。休み明けで1番人気のスリープレスナイトは差しかえされて2着。3着に斜行しながら追い込んできたソルジャーズソング。2番人気ファリダットは伸びずに6着。

 ジョイフルハートが好スタートから行きかけましたが、ローレルゲレイロは譲らずにハナを主張して、主導権を確保。直線ではスリープレスナイトにいったんは交わされながら、差しかえす根性を見せました。2歳時から活躍している馬ですが、まだ成長しているのだと思います。今日は強かったのですが、今後もこんな競馬ができるかと言えばあやしいと思います。そもそも、高松宮記念を勝った馬で「これは強い!」と思えるような馬があまりいません。この馬もオレハマッテルゼ、アドマイヤマックス級じゃないでしょうか。

 むしろ休み明けながら強い競馬をしたスリープレスナイトのほうが今後に期待が持てます。一叩きされて次はもっと良くなるように思います。ただし、勝ち鞍はすべて1200mで、距離が伸びると明らかに成績が悪いです。今の勢いなら1400mまでならこなせそうな気もしますが、マイルまで伸びるとどうなんでしょう。父クロフネで、叔母にヒシアマゾンやヒシピナクルがいるという血統からはマイルどころか2000mくらいまでこなせそうなイメージはあるんですが。なかなか適鞍が見つからないかもしれません。

 ファリダットは追い込み一手の競馬ではアテにしづらいです。人気先行で買いにくい。前年の覇者・ファイングレインは不利もありましたが、本調子ではないようです。キンシャサノキセキは去年がピークで、徐々に衰えてきているかもしれません。まだまだ人気になりそうですし、これも買いにくい。大敗した中ではビービーガルダンが次走で狙いたいところ。予想の回でも書きましたが、アンカツ→幸四郎と鞍上が大幅弱化ですし、中山や札幌で好走して、京都や中京で惨敗。次回、中山出走&アンカツ騎乗なら巻き返しがあっておかしくないと思います。

 今日の「みんなのケイバ」は☆のあきがドバイ遠征のため、今井りかさんがMC。俺がりかさんファンなのもありますが、☆のはいつも見ていてさわがしい。川合と一緒にいると騒がしさが二乗されます(笑) りかさんは女性誌の表紙を飾るモデルさんですが、ブログで競馬(地方含む)ネタを頻繁に扱っていて、競馬への愛が感じられます。☆のが降板したら、りかさんをMCで使ってほしいです。フジテレビの競馬番組は、進行役の局アナ(福原さん希望)と華としてりかさん、解説に井崎さん、細江さんの4人が理想。☆のと川合はいらない(^▽^;)

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

09年高松宮記念展望

 現在の時期になった過去9年のデータを見ていきます。連対馬は1人気が3回、2人気が4回、3人気が3回、4人気が4回と1番人気の信頼度は高くはないですが、その分を他の上位人気がカバーする形となっています。勝ち馬は4番人気以内に収まっています。最も低い人気で来たのは昨年の2着馬・ペールギュントの13番人気です。馬連万馬券になったのは00年、07年の2度(5月開催時代を含めても同様)。3ケタ配当も5月開催時を含めても2度しかなく、4ケタ配当の中波乱になることが多いです。

 年齢別では4歳が3連対、5歳が10連対、6歳が4連対、7歳が1連対、8歳以上の連対はありません。牝馬の連対は2度ありますが、いずれも既にGIを勝っていました。6月開催(高松宮杯)時代にシーキングザパールが連対していますが、これもGI馬でした。5歳馬が連対馬の過半数を占めています。騎手では武豊が2勝でトップ。次いで福永が1勝2着3回と好相性を示しています。

 ステップレースを見てみると阪急杯組が11連対で圧倒的に多いです。3年前から阪急杯の距離が1400mになっていますが、変わらずに毎年欠かさず連対馬が現れています。シルクロードSから2連対、フェブラリーS、オーシャンS、マイルCS、中山記念からそれぞれ1連対ずつとなっています。阪急杯組が圧倒的に強く、他のステップレースであるシルクロードS、オーシャンS(OP時代含む)からは計3頭しか連に絡んでいません。それも勝ち馬のみです。休み明けは既にGI馬だったデュランダルのみ連対。

 当該コース実績は強いマイナスにはなりませんが、もちろんあるに越したことはありません。当該コースに複数回出走して実績のない(中京芝0-0-0-3のような)馬では難しそう。そして本格化前に1度重賞を使って、敗退していたショウナンカンプを除いては、重賞連対がありました。GIですし重賞で壁を感じさせる馬では厳しいでしょう。

◆チェックポイント◆
・8歳以上馬……ジョイフルハート
・GI勝ちのない牝馬……コスモベル、ウエスタンダンサー、ヘイローフジ
・重賞で複勝圏内がない……ヘイローフジ
・中京芝で複数回出走かつ複勝圏内がない……いない
・前走・オーシャンS、シルクロードSで2着以下……コスモベル、ソルジャーズソング、アポロドルチェ、ウエスタンダンサー、キンシャサノキセキ、アイルラヴァゲイン、スプリングソング
・前走・阪急杯で6着以下(G1馬なら10着以下)……ファリダット、ファイングレイン、ヘイローフジ
・前走・OP特別、条件戦……ジョイフルハート

 残ったのは、スリープレスナイト、トウショウカレッジ、アーバンストリート、ローレルゲレイロ、ドラゴンファング、アーバニティ、ビービーガルダンの7頭。
 軸は休み明けだろうがスリープレスナイトで堅いと思います。調教では動いているようですし、鉄砲がけする馬ですから。GI連勝を期待します。その他の馬ですが、ビービーガルダンは洋芝だったり、直線に急坂があったりするような上がりのかかるコースが向いているように感じます。京都や中京は向いていない気がします。鞍上がアンカツから幸四郎と弱化しているのも難点です。しかもそこそこ人気ですしね。

◎スリープレスナイト
○アーバンストリート
▲アーバニティ
△ローレルゲレイロ
△トウショウカレッジ
△ドラゴンファング

 馬連4-5、7、13、14、15の5点流しにします。前哨戦を勝ってきた「アーバ」のどちらかは来るように思います(笑) 鞍上もこのレースに強い福永と絶好調のノリですしね。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『無菌室をぶっ壊せ!!』

とある唄があった

その唄は不感症の僕の心の琴線に触れ

聴いているうちに自然と涙があふれてきた



けれども、その唄は放送禁止だった

「土方」という単語が差別用語だという

「土方」のひたむきさ、健気さを唄い

「土方」を肯定的に表現していたのに

文脈を無視した言葉狩りなんてクソ食らえ!!



男には「TIMPO」がついている

女には「MAMKO」がついている

だが、これも放送禁止らしい

実際に誰もに「TIMPO」や「MAMKO」がついているのに

マスメディアの「TIMPO」をちぎってやれ!!



たとえ、単語自体がネガティヴだとしても

大事なのは使う人の意図次第じゃなかろうか?

「メクラの鍼灸師さんにいつもお世話になっていて……」

このような言葉から差別的意図があるだろうか?

文意を無視した言葉狩りなんてクソ食らえ!!



美辞麗句で綴られたイカサマの楽園はぶっ壊せ!!

あるべき言葉を排除した邪悪な無菌室はぶっ壊せ!!

無菌室で純粋培養しても、世の中はバラエティー

お膳立てされた無菌状態は幸せなんかじゃない

大切なのはあるがままを受け入れる許容性だろう


テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~モザイクハーツ~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

フルーツデニッシュ

 東日本以南ではさくらも咲いたそうですが、弘前はまだ冬です。春が来たか!と思えた日もありましたが、ここ3,4日は冬が戻ってきています。昨晩は7,8cmの雪が積もり、車を出す前にのっそり積もった雪を掃わないといけませんでした。先日の日記で、助手席側の窓が開閉できなくなったと書きましたが、今日スイッチを入れたら開きました。もともと助手席側の窓はスムーズに開閉しないなあと思っていたので、ガタがきているのかもしれません。でも、開いてよかった。

 図書館で本を3冊借りてきました。姜尚中さんの『在日』、瀬尾まいこさんの『図書館の神様』『温室デイズ』。どちらも最近、お気に入りの人の作品です。姜さんは在日朝鮮人の東大教授で、コメンテーターとしてよくテレビにも出ていますが、この『在日』は自伝的な作品です。「基本的に」俺は在日が嫌いですが、在日の人の葛藤がとてもよくにじみ出ていて必読の作品かもしれません。特に韓流オバサン(北東北に多い)は読むべき(^▽^;) 

 帰りにお気に入りのパン屋「ブランジュリー」で、フルーツデニッシュ(写真参照)を2つ購入。遅く行くと売切れてしまうので、今日は昼過ぎに来店したところ、3つ残っていました。最近、店の前を通ると開店してなかったりするので、どうしたのかな?と思ったのですが、日曜のほかに隔週で木曜日もお休みらしいです。店主の方も身体が丈夫じゃないらしくて(前に入院してしばらく店を閉めていたようです) しかし、パンはどれも美味い。弘前近辺では一番おいしいと思います。
フルーツデニッシュ

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

09年名古屋大賞典/京浜盃/マイルGP回顧

 昨日今日と地方競馬で大きなレースが続きました。名古屋大賞典(JpnIII)、京浜盃(S2)、マイルグランプリ(S2)。俺の馬券はというと名古屋大賞典は単を、京浜盃は枠連を的中。マイルGPは枠連を外しました。まあまあです。

 名古屋大賞典は地方巡業を続けるスマートファルコンが、ワンダースピード、メイショウトウコンといった名古屋コースに実績もある強豪を相手にどこまでやれるかに注目が集まりました。いつものようにハナをきったスマートファルコンでしたが、岩田騎手のレース後のコメントにあったように、少々カカり気味。2番手に虎視眈々とワンダースピードがつける展開。メイショウトウコンはいつものように後ろから。直線では粘り込みを図るスマートファルコンにワンダースピードが襲い掛かりましたが、半馬身差でスマートファルコンが押し切りました。2着にワンダースピード。さらに5馬身差の3着にメイショウトウコン。

 人気どおりの決着で単勝130円、複勝はすべて100円、馬複160円、3連複110円、3連単320円という交流重賞にしても堅すぎる決着となりました。特に3連複110円なんてなかなかお目にかかれませんよ(笑) スマートファルコンの次走はまた名古屋でかきつばた記念だそうです。地方巡業はまだまだ続くようです。弱い相手ばかり倒して……という意見もあるようですが、相手が弱い(今回はそうでもないが)といえども、きっちり勝ち続けるのはなかなかできるものではないです。地方競馬が舞台ならサクセスブロッケンやフリオーソとも遜色ないように思います。ワンダースピードやメイショウトウコンは出られればかしわ記念あたりでしょうか?

 南関クラシックを占う重要な1戦である京浜盃でしたが、これも圧倒的一番人気・ナイキハイグレードが押し切りました。2着に猛追してきたシャレーストーン。3着に大穴・スーパーヴィグラスで3連馬券は大荒れになりました。ナイキハイグレードの全日本2歳優駿3着は伊達ではなかったというところですが、シャレーストーンが浦和桜花賞2着のモエレエターナルに惜敗しており、浦和桜花賞ではネフェルメモリーがモエレエターナルに圧勝しています。ネフェルメモリーは牡馬クラシック(羽田盃)参戦という話もあります。力関係から言ってナイキハイグレードのライバルは牡馬ではなく、牝馬女王かもしれません。

 そして、先ほどマイルGPが終わりました。1年1ヶ月ぶりのJpnI5勝馬・アジュディミツオーの走りに注目が集まりました。調教では今ひとつ動かなかったそうですが、内枠から快調に逃げを打ち、直線半ばまで先頭をひた走っていましたが、最後は3番人気のロイヤルボスに差しきられてしまいました。それでも、3着のクレイアートビュンには3馬身差をつけていますし、一叩きされれば状態も上向きそう。カネヒキリやサクセスブロッケン、ヴァーミリアン相手はキツそうですが、メイショウトウコンやワンダースピードあたりとならまだまだ好勝負できそうです。もちろん南関重賞でなら中心でいけそうです。思えばナイキアディライトも長く走っていましたし、ミツオーもまだまだ活躍できそうです。

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ネイティヴ津軽弁

■「じぇんこ出せ」にリアリティー…供述調書は津軽弁のままで
(読売新聞 - 03月26日 14:36)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090326-OYT1T00677.htm

 「金を出せ!」と言って、強盗に入る津軽衆はあまりいないかもしれません。やはり「じぇんこよごせ!へぐしろ!」(金をよこせ!早くしろ!)とか言って押し入るように思います。これを標準語にしてしまうと、青森県警が言うようにリアリティーが薄れてしまうかもしれません。これは面白い試みだと思います。

 ただ……濃い津軽弁は弘前生まれ、弘前育ちの俺もよくわからんですね。ATV(青森テレビ)の人気番組「いいでば英語塾」の津軽弁もたまにわからんことがあります。中弘南黒地区(弘前周辺)の津軽弁と、西北五地域(五所川原周辺)の津軽弁も異なるように感じます。西北地域の津軽弁こそネイティヴ津軽弁って感じがしますが。

 話が脱線しますが、先ごろインドネシアからむつ市などに外国人介護職員が招聘されたということが報じられていましたが、インドネシア人に下北半島の方言がわかるのかなあと思います。標準語の勉強はしたでしょうが、高齢者は標準語をまず話さないでしょうからね……。外国から人を招くにあたっても、方言の問題というのは大きいと思います。

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

わさお

■ブサカワイイ「わさお」に新居プレゼント、誘客に貢献と
(読売新聞 - 03月25日 07:16)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090325-OYT1T00043.htm

 わさおは全国紙に載るようにまでなったのですね。青森県のローカルニュース(NHKも)では頻繁にわさおについて報じられているのですが。タマちゃん(アザラシ)、ハルウララ(ウマ)、風太(レッサーパンダ)の次はわさお(いぬ)かもしれません。

 雪も溶けてきたし、鯵ヶ沢まで出て海を見に行きたいなあと常々思っていたので、ついでにわさおも見てこようかな。イカ焼き小屋にいるようですが、一発でわさおのイカ焼き小屋がわかるのだろうか。コンビニや通りすがりの人に「わさおはどこにいますか?」と聞けばいいのかな(笑)

 わさおには及びませんが、うちのしばお(柴犬)も、いろいろな人がやってきて遊んでいきます。中には車で乗りつけて写真を撮っていく人までいる始末です。うちは庭を柵や塀で囲っていないので、入ってきやすいのかもしれません(^▽^;) しばおも人間には愛想がいいので。

テーマ:本日気になったネタ - ジャンル:ニュース

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

ぐらさん

 見た目が優男なので、人になめられやすいような気がします。それに人と支線を合わせるのが苦手なので、サングラスを買おうと思いました。しかし、近視乱視矯正のサングラスなんて買ったら高いし……。いつものメガネにかぶせられないものかと思ったら、100円ショップでメガネに引っ掛けるタイプのサングラスがありました。これはいいですね。サングラスで都合の悪いときは外せばいいし。ミラータイプ、ブラウン、ブラックなどがありましたが、無難にブラックにしました。ミラータイプのほうが良かったかなあ。で、かけてみたのが下の写真。似合っていないという意見は却下(笑) 本人はサマになっていると思っているのです(^▽^;)

ぐらさん

テーマ:▼どうでもいい話 - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

ヴィヴィオ・ビストロSS

 オヤジがネパールに行っているので、愛犬しばおの散歩は朝は母が、夕方は俺が行っています。オヤジが家にいるときは、オヤジが目が覚めると(起床ではない)、しばおは「散歩に行くぞ!」とゴネ出すのですが、今はゴネる相手がいないので静かなものです。夕方も普段ならワンワン吠えて、散歩を催促したりするのですが、今はピーピーと申し訳なさそうに哀願してきます(笑) ゴネるのを放っておくと人の言うことを聞かなくなるので、オヤジにはしばおに厳しく接するように言うのですが、「自分としばおは心が通じ合っている」と思っているので、態度を改めません。オヤジがいない間に、しばおをしつけたいと思います(^▽^;)

 近頃、愛車ヴィヴィ男の調子がおかしいです。エンジンなどがおかしいわけではないのですが、助手席側のドアロックをかけても、しばらくするとロックが解けてしまいます。取られて困るようなものを車に置いていませんが、かなり気になります。さらに先週の土曜日に雪が少々多めに積もった際、雪を掃わないで、ウインドウの開閉を行なったためか、助手席側のオートウインドウが効かなくなりました。窓が開いた状態で開閉ができないならば、すぐに修理が必要ですが、窓が閉まった状態で開閉できないので気にしないことにしますヾ(--;)ぉぃぉぃ それに運転席側ではなく助手席側の窓ですしね。やはり古い車ですので、乗っているとあちこちガタがきますね。

 年内に海外に行ければと思っていますし、そうでなくても車検が切れたら今のヴィヴィ男とはサヨウナラです。スバル・ステラLS(C型)がいいなあと思っているのですが、現行車種でとても買えそうにないので、ヴィヴィオ・ビストロSSがいいなあと思っています(またヴィヴィオ)。ヴィヴィオといえば素の状態では軽自動車最速とも言われるRX-Rが有名ですが、ビストロSS(とRX-SS)もRX-R同様にDOHC/Sチャージャーですし、RX-RはMTですが、ビストロSSはECVT&6速スポーツシフトで、初心者ドライバーの俺でも用意に運転できそうなのがいいです。RX-SSでもいいのですが、ビストロのかわいい感じの見た目で爆速というのがいいです。「羊の皮をかぶった狼」という感じで(笑)


スバル ヴィヴィオビストロ ビストロ-SS
http://www.goo-net.com/catalog/SUBARU/VIVIO_BISTRO/4501484/index.html

テーマ:軽自動車 - ジャンル:車・バイク

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

09年スプリングS/阪神大賞典回顧

 ★予想結果★
 ◎アンライバルド………1着
 ○フィフスペトル………3着
 ▲リクエストソング……7着
 △キタサンガイセン……9着
 △セイクリッドバレー…5着

 1番人気のアンライバルドが内でねばるレッドスパーダをねじ伏せて完勝。同父のクラシック本命馬であるロジユニヴァースのライバルに名乗り出ました。フィフスペトルは内から突っ込んでくるものの3着まで、リクエストソングは7着。

 正直、アンライバルドはもっと楽勝するかと思っていましたが普通でした。まあ、これまでとは相手も違いますし、万が一今回賞金加算できないと今後のローテーションが危ぶまれるので、結果が出たことは良かったと思います。枠は外目でよかったと思います。もし本番で内を引いたら前につけてほしいなあとは思いますが。

 レッドスパーダは競馬が巧いと思いました。ただ、父タイキシャトルで母父Storm Catというのはメイショウボーラーと同じですね。皐月賞はごまかして上位にこれるかもしれませんが、本質的にはマイラーだと思います。フィフスペトルは連こそ外しましたが今回も崩れなかったですね。中山が向いているのかも。皐月賞はともかく、ダービーは厳しそう。NHKマイルCに行くのかな。

 勝ったアンライバルドを除けば、大外枠から上がり最速で突っ込んできたセイクリッドバレーが見どころありました。3着でもいいから権利を取って、皐月賞に出てほしかったのですが、賞金800万では抽選にもならないかな。残念です。

 予想は載せていませんでしたが、阪神大賞典も買いました。そして外れました。どうも一番人気とはいえ、オウケンブルースリの能力が半信半疑でしたし、アサクサキングスは渋った馬場と坂のあるコースがどうなのかと思ったので、好調で長距離にも強いノリのスクリーンヒーローからヒカルカザブエ、ナムラクレセントへのワイド2点だけ買いました。

 抜け出したヒカルカザブエ、伸びてくるナムラクレセント。おお!と思いましたが、肝心のスクリーンヒーローはイマイチ伸びずに4着まで。イヤな予感がしていたオウケンブルースリは老兵デルタブルースにまで先着を許す惨敗。十数年ぶりに1番人気馬が複勝圏を外しました。

 勝ったのはアサクサキングス。阪神コースに良績がなく、渋った馬場でも結果が出ていなかったので、厳しいのではないかと思ったのですが、それよりも1回叩かれて、勝ったことのほうが大きかったようです。GII2連勝。これで春天は一番人気でしょう。ですが、これまでの惨敗続きを見ているとどうも信用ならない(笑)

 テイエムプリキュアは結局沈みましたが、見せ場タップリでしたね。これがまたハンデ49kgとかだったら逃げ切ったのでしょうが、7kg増とメンバー強化はいかんともしがたかったようです。もう軽ハンデはもらえないでしょうし、思い切ってダート長距離路線なんてどうなんでしょうね。

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

09年スプリングS展望

 過去10年の結果から見ていきます人気は1人気が6連対、2人気が2連対、3人気が2連対、4人気が1連対、5人気が2連対、6人気が2連対、7人気が1連対、8人気が2連対、11人気2連対となっています。ちなみに11年前も11番人気が来ており、11番人気は侮れません(笑) 1番人気はそれなりに来ていますが、それ以外はまんべんなく連対しています。98年と05年、08年に馬連万馬券となっています。人気で絞るのは難しいレースと言えそうです。騎手では横山典が2勝2着1回でトップです。以下、四位が1勝2着1回で好相性です。

 前走別で見ると、きさらぎ賞組が5連対で最多となっています。ついでアーリントンC組が4連対、以下、朝日杯FS、共同通信杯、500万下平場組がそれぞれ2連対、京成杯、シンザン記念、すみれS、ジュニアC、うぐいす賞がそれぞれ1連対ずつです。前走がダートの馬も2度連対していますが、いずれも芝での勝ち星もありました。ダートでしか好走してない馬では不要でしょう。重賞・OP特別を使っていた馬は巻き返しがありますが、2ケタ着順からの連対はありません。すべて9着以内です。前走500万下組は3頭連対していますが、いずれも前走を勝利しています。ちなみに12年前の勝ち馬・ビッグサンデーも500万下2着からでした。500万下で連を外しているような馬ではキツそうです。新馬・未勝利からの連対はありません。

 芝・ダート問わず、マイル未満を使っての参戦馬は連対例がありません。連対馬の出走数は3~9戦となっています。最多は00年の2着馬・パープルエビスの9戦。10戦以上使っている馬は使いすぎかもしれません。一方でキャリア2戦、2連勝してスプリングSに参戦したような馬の連対もありません。重賞好走歴もあったほうがベターです。よそのサイトからの引用ですが、栗東所属馬のほうが圧倒的に好成績、特に人気の関西馬の信頼度が高いようです。
 
◆チェックポイント◆
・キャリアが3~9戦の範囲外……いない
・芝での勝ち星がない……リスペクトキャット、セイクリムズン、メイショウダグザ、サイオン
・前走が新馬・未勝利……いない
・前走が500万下で3着以下……いない
・前走がOP特別・重賞で10着以下……リスペクトキャット、ツクバホクトオー
・前走がマイル未満……サンカルロ

 残ったのは、リクエストソング、フィフスペトル、トップクリフォード、マイネルエルフ、イグゼキュティヴ、メイショウドンタク、アンライバルド、キタサンガイセン、セイクリッドバレーの9頭。

 トップクリフォードは前走のすみれSを勝ちましたが、それまでの3走を見ると一線級の馬とは差がある感じがします。マイネルエルフはデムーロの手腕でアーリントンCで2着に粘りましたが、デムーロから津村へ鞍上が大幅弱化。消し。メイショウドンタクは東スポ2歳Sで惨敗しているのが気になります。中山の坂をこなせるか不安です。マンハッタンスカイのような馬の予感。若駒Sではアンライバルドの2着でしたが、3馬身半もちぎられています。間に他の馬が挟まりそう。イグセキュティヴも中山の坂が気になります。平坦巧者を多く出している父がチーフベアハートですし。キタサンガイセンはアンカツが引き続き乗ってくるのが不気味なので残します。

 ◎アンライバルド
 ○フィフスペトル
 ▲リクエストソング
 △キタサンガイセン
 △セイクリッドバレー

 馬券は枠連6-1,7,8を考えています。アンライバルドは京都しか走っていませんが、兄がフサイチコンコルド、ボーンキング、甥にヴィクトリーですから坂を苦にしないと思います。ただ、柏木集保さんのコラムにもあったのですが、春に完成して、その先の伸びしろがあやしいように感じます。母系だけでなく、父ネオユニヴァースも同様でしたので。

 ユタカに乗り替わりというのが逆に不安ですし、朝日杯を勝ったセイウンワンダーが弥生賞で大敗しているのが気になりますが、中山実績がありますし、連をこれまで外していないのでフィフスペトルは外せません。リクエストソングも連を外していませんし、シンボリクリスエス産駒は力馬っぽい馬が多いので、中山は初めてですがむしろ合いそうです。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

心が折れました。

 心身ともに限界でバイトは辞めてしまいました。夏場の荷物運びも何とかこなせていたし、そこまではキツくないと思っていましたが、さらにキツい上に、長丁場、低賃金で気持ちが折れてしまいました。職場の人たちの性格は悪くなかったので、申し訳ないところです。
 辞めてしまったものはしょうがないので、来週からまたハローワークに行って、何か適当な稼ぎ口がないか、探してみます。協力隊に採用される保証はないし、採用されるにしてもまだ間がありますから。とりあえず明日明後日は野球と競馬を眺めてのんびりしようと思います。

テーマ:ダメ人間日記 - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:2 | トラックバック:0 |

『みたいに』

『みたいに』

あの人みたいに書けたらいいな

なんて思うことがよくあるんです

でも、実際に書き出してみると

それはやっぱりあたしの言葉で

あの人みたいじゃ全然なくて

ちょっぴり寂しかったりします



そんなあたしの言葉も知らない誰かに

あの人みたいに書いてみたい

そんな風に思ってもらえているのかな

もしそうだとすれば最高にうれしいです



あたしはあたし

あの人はあの人

誰かは誰か

みんながみんなの言葉を持ってる

みんながみんなの言葉を待ってる

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~モザイクハーツ~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

ブルートレイン

 先日、ブルートレイン「富士」「はやぶさ」が廃止になりました。これで東京駅を発着するブルートレインは全廃だそうで、残るブルートレインは「北斗星」(上野-札幌)、「あけぼの」(上野-青森)、「北陸」(上野-金沢)、「日本海」(大阪-青森)の4本だけです。ほかに寝台特急には「カシオペア」「トワイライトエクスプレス」もありますが、それらを含めても6本しか運行されないことになります。

 スピードでは飛行機や新幹線にはかなわず、料金では夜行バスに太刀打ちできない。寝台特急は中途半端な存在になってしまったのかもしれません。でも、俺は飛行機、新幹線、夜行バスよりも寝台特急が好きです。飛行機も新幹線も夜行バスも移動中に旅情が感じられないんですよね。飛行機は空輸ですし、新幹線や夜行バスは街をほとんど通らない(東北の場合)。寝台特急は在来線の線路を通って進みますし、停車する駅名のコールで、こんなところまで来てしまったか……という漂流感のような感情を味わいやすいと思うのです。

 飛行機や新幹線はもちろん、夜行バスでも9時間で弘前から東京につきますが、対するブルートレイン「あけぼの」は12時間ほどかかります。ビジネスでの利用は厳しいかもしれませんが、観光での利用ならブルートレインで旅情にひたりながら、のんびり寝転がりながらの移動は最高に贅沢だと思うんですが……。また「あけぼの」の場合、青森・弘前・秋田・酒田など東北を起点として往復する場合には、リネン類を省いた格安のB寝台の往復きっぷ「ごろんとシート」もあります。青森・弘前~上野の往復で16000円と夜行バス(ノクターン)の往復17500円よりも格安です。

 日本海沿岸部には新幹線が走っていないので、その部分だけのブルートレインが残る形となりました。新青森まで新幹線が延伸されたら、「あけぼの」も廃止されてしまうのではないかと危惧しています。新幹線なんていらないのになあ。おそらく最後まで残るブルートレインは「日本海」だろうと思います。これは代替路線がないので、まだまだ残ると思います。数年前までは日に2往復していたほどですし。今度、上京するときは「あけぼの」に乗って、チューハイ飲んで、タバコを吹かして、のんびり揺られたいですね。寝台特急では喫煙車両が残っているのもすばらしい(´ー`)y━~~

テーマ:鉄道の旅 - ジャンル:旅行

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

09年フィリーズレビュー/中山牝馬S回顧

 競馬用の口座にそれほどお金が入ってなかったのと、何よりバイトが忙しすぎて馬券を買うどころではなかった(昼飯を食べたのが17時)のですが、帰宅してからJRAのHPでフィリーズレビュー、中山牝馬Sのレース映像を見ました。

 フィリーズレビューはミクロコスモスは伸びず4着。正直、やっぱりなあと思いました。阪神JF3着ですが、単勝1,6倍なんてかぶりすぎ。ブエナビスタは抜けて強いですが、その馬の馬はほとんど差がないと思います。本番もブエナビスタのヒモには人気薄が絡む予感がします。ミクロコスモスは今回の敗戦で桜花賞に出られるか微妙になりましたが(抽選でしょう)、もしも出られるなら人気次第で買おうと思います。人気なら切り、5,6番人気まで落ちるなら買いたいです。

 ワンカラットは阪神JFの大敗で人気を落としていましたが、重賞連対歴もありましたし、これくらい走って不思議ないです。藤岡くんや今回は負けたけれど川田くんは思い切った騎乗ができるので馬券を買っていて楽しみが大きいです。アイアムカミノマゴもOPで好走が続いていましたし、順当なところでしょう。GIIの2着で賞金加算できたのも大きいと思います。これで秋華賞までは賞金ではじかれないでしょうから。

 中山牝馬Sではキストゥヘヴンが最内から突き抜けて完勝。桜花賞を含む重賞4勝目を挙げて、引退の花道を飾りました。初年度の相手はチチカステナンゴが有力らしいです。社台はチチカステナンゴに相当の期待をかけているんでしょうね。いい仔を産んでほしいものです。父アドマイヤベガは既に世を去り、この馬が代表産駒でしょうから。惨敗続きのGI馬ピンクカメオが逃げ粘って2着。当初言われていましたが、やはり輸送のない関東で走ったほうが良さそう。後藤騎手とも手があってそうです。

 今週はスプリングS、阪神大賞典とGIに向けた重要な前哨戦があります。スプリングSのアンライバルドがどれだけの競馬ができるか注目しています。弥生賞よりもメンバーはそろった感じですしね。

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

キツい!安い!遅い!

 バイトを4日間やり終えましたが、キツい!安い!遅い!ですね。それをまとめると朝10時出勤で、21時30分まで延々と食器類を拭きつづける作業ということになります。時給630円。だいたい今日のシフト表(勝手に作成された)では俺は12:00~19:00のはずだったのですが、チーフのおっさんに「早く来れるか?明日みんな早いし」とか言われて、嫌ですと断言できるほどに社会不適合者ではないので、「まあ、大丈夫です」と答えましたが、まさか終わるのもこんなに遅いとは……。オッサン「9時までかかるなあ。ねぶ君、その後の予定はあるの?」俺「いえ、特にないですが」オサン「じゃあ9時まで頑張ろう」ってな感じです。しかも、さらに遅れて9時半ですわ。

 明日は休み、明後日は14;30~21:00の予定……ですが、ここのシフトはあてにできんので、14:30~23:00とかになりそうな悪寒がします(;゜(エ)゜) アセアセ それでも時給800円くらいもらえるなら、まだ頑張れそうですが、630円では……残業手当や夜間手当がついているのか定かでありません。単純に630円×勤務時間にされてしまう悪寒もあります。腰はガクガク、指はボロボロ……ただし、うつは悪化していないのが救いです。疲れすぎてわけわかんなくなっていますよ(笑) 2、3ヶ月やるつもりでしたが、身が持ちそうにないので1ヶ月でやめてしまいます。ただ、過重労働を強いられているので、1ヶ月でもバイト代がそこそこになりそうです。10万は越えそう。

 夏場、週1kgやせると言っていたデパートでの荷物運びのバイトありましたが、そっちのほうがまだラクでした。食欲はありましたからね、夏場でも。今回は食欲(ついでに性欲)も落ちてきています。腹は減っているのですが、口を開くのもだるいと言った感じ。大丈夫なのかなあ、俺(^▽^;) 振り返ると昨春までやっていた障害者施設の仕事がとてつもなく素晴らしかったんだなあと感じます。なんか、やるたびに待遇悪化、負担超過という流れですよ。海外脱出して、この流れを、人生の流れをも変えることができたらいいなと思っています。逃避行動なのかもしれないけれど。

 昨日はバイトに行く前にJICA東北主催のセミナーがあったので、参加してきました。弘前大学医学部の海外ボランティアサークルの発表や、理数科教師の海外青年協力隊員としてバヌアツに行った方のレポートなどがありました。それなりに収穫はあったのですが、発表者は確固たる社会的基盤を持っている人たちで、日本に居場所があります。俺はありません。クソバイト?冗談じゃない(;゜(エ)゜) でも、実際には日本国内で学歴や資格をもってくすぶっているような人の参加もあるようです。そういう人の話を聞きたかったんですよね。来月下旬に今度は応募希望者を対象とした説明会があるので、そちらに期待したいと思います。

テーマ:アルバイト - ジャンル:就職・お仕事

晴れ時々ウツ | コメント:2 | トラックバック:0 |

粟生戦・長谷川戦の感想

 バイトで試合を見れないと思って、残念に思っていたのですが、バイトが予想外に早めに終わったので、ボクシングのWタイトルマッチの生中継を見ることができました。明日は休前日なので13:30~23:00とかなりの長丁場なのですががんばります。

 まず粟生VSラリオスのリベンチマッチでしたが、挑戦者の粟生選手が終始、チャンピオンのラリオスをスピードとテクニックで圧倒して、大差の判定勝ち。最終ラウンドにはダウンも奪って完勝。判定結果を見るまでもなく、ラリオスが粟生選手の手を掲げたように、納得の内容だと思います。ただ……粟生選手も試合後に「ツメの甘さ」を語っていたように、もう少し積極性があれば、KOまで持っていけたのではないかと感じずにはいられません。カウンター狙いの受けのボクシングとは言え、ここぞというところでの勝負強さがあれば、もう一段強くなれると思いました。「巧さ」という点では文句がないんですが、「強さ」という点ではもの足りなさがあります。まだ24歳と若いですし、今後の進化に期待します。試合後に泣き崩れ、インタビューも最後は言葉にならないのは、ちょっと感動しました。競馬で初めてGIを勝ったジョッキーのようで。

 続いて長谷川VSマリンガ。ランキングの1位の最強の挑戦者を迎えて、長谷川もこれまで2戦のように楽勝とはいかないかもしれないと思ったのですが、終わってみれば2分あまりでカタがついてしまい、これまで以上に長谷川の楽勝でした。150秒で秒殺。「戦闘民族」「王族の末裔」とアナウンサーが語っていたので、激戦を期待したのですが拍子抜けしてしまいました(笑) 長谷川がどうこうというよりも、マリンガは初の世界タイトルマッチのせいか、見ていてわかるほどに動きが堅かったです。車高を低くしまくって、サスペンションを殺した車のようです。ガクガクしていました。パンチをもらうとさらにガクガクして、3度のダウンでアッサリ陥落。こんなに簡単に勝ってしまう日本人のタイトルマッチを初めてみたような気がします。はるばる南アフリカから来たマリンガ、会場まで駆けつけたファン、そして勝った長谷川自身も、すべてが申し訳なさそうに見えました。

 競馬のライブは何百回と通いましたが、ボクシングのライブは一度も見たことがありません。東京で暮らしていた頃に一度は行けばよかったなあ。今後、機会があれば世界戦でなくても、タイトルマッチでなくても、一度は生で見てみたいです。競馬も音楽もビールも別のものもナマが一番ですよね(笑)

テーマ:ボクシング - ジャンル:スポーツ

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

ノースフライト

 先ほど青森空港からソウル経由で、カトマンズに向けて出発しました。俺ではなくて、もちろんオヤジですが。ここ数日、オヤジの買出しに使われておりました。今日も青森空港まで片道1時間ほど運転して送ってきました。本来、12:55の離陸予定だったのですが、冬将軍の逆襲で、4時間遅れの離陸になったようです。遅れても出発できたようなので良かったですが、これが今日は飛ばないとなると、明日のソウル発カトマンズ行きの飛行機に乗れなくなるので、予定が滅茶苦茶になるところでした。

 大韓航空で遅れのお詫びにと、青森空港のレストランの1000円割引券を渡したので、俺とオヤジは昼食を取りました……が、空港の食事はたっかいなあ。ハンバーグサンドイッチ2個セットで1000円って……。味はまあ普通。500円でいいんジャマイカと思いました。俺は4時間も待っていられないので帰宅しました。帰りの道のりは、今年最大の猛吹雪でしたよ。空港道路~国道7号では先が見えません。半分くらいの車は昼間でしたが点灯していました。俺も点灯しながら運転しました。

 話が前後しますが、空港に行く前にガソリン満タンにしました。前回も満タンにしていたので、満タン法で愛車ヴィヴィ男M300typeSの燃費を割り出してみました。計算してみるとリッター14,1kmと出ました。雪道の街乗り主体にしてはよく走っているなあと感じます。カタログ燃費が18,8kmですので。加給機がついていないからですかね。でも、次は燃費が多少落ちてもスーパーチャージャー付がいいなあと思います。ヴィヴィオに愛着があるので、次もヴィヴィオで。ヴィヴィオ・ビストロSSの状態のいいものを買いたいところです。

 明日からホテルでの皿洗いのバイト開始です。春季採用で海外青年協力隊で海外に行きたいと考えていますし、長くバイトするつもりもないのですが、小遣い稼ぎ&貯金に頑張ります。土曜日には国際協力機構(JICA)主催のセミナーがあるので、協力隊経験者の話を伺ってくる予定です。どれだけ集まるんだろ?青森県はなおさらですが、不景気極まりないですから、けっこう人が集まるのかな。ちなみに大学はとりあえず休学するつもりです。俺の先行き不明ですし、何よりカネがないので(^▽^;)

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

09年ダイオライト記念回顧

 ☆予想結果☆
◎フリオーソ……………1着
○ロールオブザダイス…3着
▲マイネルアワグラス…2着
△ルースリンド…………5着
△クレイアートビュン……6着
△コウエイノホシ………10着

 単勝1,1倍の圧倒的一番人気のフリオーソが、道中で他馬に絡まれながらも、直線では楽に抜け出して圧勝。G3級の中央馬相手では格が違ったようです。2着に出遅れたマイネルアワグラス。3着に先行して粘ったロールオブザダイス。すべての券種において1番人気で決まりました。俺の馬券はフリオーソとロールオブザダイスの2頭軸3連複を4点買ったのですが、3連複390円で10円ガミりました=( ̄□ ̄;)⇒ フリオーソとロールで堅いと思ったなら、ワイド1点で良かったですね。馬券下手です。

 マイネルアワグラスが出遅れたときには、これでヒモ荒れで取れるかな?とも思ったのですが、何の波乱もありません……いや、カメラワークに波乱がありました。最後の直線、残り200m!一番ワクワクするシーンだと思いますが、なぜかカメラが通常のスタンド側からの視点ではなく、馬の正面からの視点に変わりました(^▽^;) これではどれだけ着差があるかわかりません。フリオーソが抜け出したのはそれでもわかりましたが、2,3着争いは実況音声頼み。2馬身差ですから、横から見れば一目瞭然だったのですが。

 それと船橋競馬のキャンペーンガール「サラブレッチョ」。3月上旬でハイレグ水着で屋外はうれしいんですが、見ているだけでも寒そうだと感じました。ミニスカートくらいでも良かったのではないでしょうか。季節はずれすぎます。3月でハイレグなら、かしわ記念やマリーンCの頃にはTバックくらいになっちゃうのでしょうかヾ(--;)ぉぃぉぃ 船橋競馬に対する期待が高まります(笑)

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

おわび

 いつもこのブログをご覧の方々、閲覧ありがとうございます。コメントがなくても、アクセス数が増えて読んでもらっているというだけで、何かを書こうという気持ちも湧いてきます。

 このブログのコメント欄ですが、業者によるヒワイなコメントがしばしばつくので、禁止ワードを20語ほど設定しております。たとえば「エロ」という単語が入っているとコメントは自動的にはねられます。「ピエロ」という単語が入っていても、「エロ」を含んでいるのではねられると思われます。コメントを下さる読者の方々にはご迷惑をかける場合もありますが、どうかご了承願います。

 総合アクセス数のカウントだけで、このブログの一日あたりのアクセス数はカウントしていませんが、だいたい一日平均20アクセス前後でしょうか。この程度のブログに、業者が広告かけてもしょうがないと思うのですが、機械的にプログラムでコメントやトラックバックをかけてきて、いちいち削除するのもうざったいのでこうした措置を取っています。

 加えてこのブログはコメント、トラックバックを承認制にしているので、業者のコメントやトラックバックは表に出ないようにしているんですけどね……。まっとうな読者の方にご迷惑をかける事態が生じたので、たいへん申し訳なく思っております。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:2 | トラックバック:0 |

09年弥生賞回顧

 ★弥生賞予想結果★
◎ロジユニヴァース……1着
○セイウンワンダー……8着
▲アーリーロブスト……6着
△ケイアイライジン……5着

 単勝1,3倍の圧倒的一番人気・ロジユニヴァースが予想外の逃げを打ちました。前走も逃げたリーチザクラウンの直後につけていましたし、横山典騎手も馬場を考えての逃げだったのだろうと思います。ラップを見ればわかりますが、セイウンスカイの逃げと同じですね。中盤でかなりラップを緩めて楽をしています。そして、4角過ぎで後続が迫ってきても、余力がありますし、そもそも性能が違うので楽に突き放して完勝。今年は有力馬がたくさんいるので、ダービー確勝!とまでは言えませんが、皐月賞では不動の本命でいいと思います。どこからでも競馬ができる巧さを備えた馬ですね。父ネオユニヴァースも早くから完成度の高い馬でしたが、この馬も父同様かそれ以上の完成度だと思います。

 アーリーロブストはここ2,3走からして、もっと前につけるのかと思いきや、中団よりも後ろ。ロジにハナを叩かれたなどではなく、鞍上に行く気が感じられませんでした。中山コース、馬場状態を考えれば早めの競馬をしてほしかったです。ケイアイライジンは後方から追い込んできましたが5着まで。こんなものなのでしょうね。2番人気のGI馬・セイウンワンダーはまったく伸びずに8着に惨敗。中山実績も重実績もある馬だけに不可解です。勝ち負けできないならまだしも、掲示板に乗れないほどに負けてしまうとは……。この馬はJRAブリーズアップセール出身馬ですが、マイネルの馬によくあるように仕上がりの良さでポンポン勝っただけで伸びしろがないのかも……と危惧したくなります。ちょっとしばらく静観したいですね。

 前日のチューリップ賞と同じで大本命馬が楽勝で、ヒモに人気薄が突っ込んできて波乱となりました。どの券種の配当も昨日のチューリップ賞とだいたい同じですね。昨日取れた人は今日も馬券を取ってそうです。昨日外れた人は……今日も外れた人が多そうです。俺もその一人です=( ̄□ ̄;)⇒ ロジユニヴァースの強さだけが目立ちました。本番でも通用するのはロジユニヴァースだけでしょう。あとはスプリングSの結果次第だと思います。

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ネットカフェ難民へのスタンス

■定額給付金から漏れるネットカフェ難民…住民登録拒否へ
(読売新聞 - 03月07日 14:38)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090307-OYT1T00564.htm

 この件に関するほかの人の意見を読んでみましたが、キッパリ2つに割れていますね。「税金を納めていない人間には配る必要はない。実家に帰ればいいだろ」という意見と、「ネットカフェが住民登録を拒否するのは当然だが、同じ日本国民なのだから行政はサポートすべき」という意見。

 見解の差は現在の社会的立場もあるんでしょうが、本質的な人間性の差からくるものだと俺は感じています。俺は後者の意見を支持したいところです。所得税などは所得が基準に達しなければ非課税になりますし、各種税金が免除になっていたとしても、消費活動を行なっているならば、消費税を払っていない人はいません。

 ネットカフェ難民になったのは個人の努力が足らないからだという意見にも賛同しかねます。確かに努力が足りなくて、その結果として路頭に迷っている人もいるのかもしれません。ですが、ネカフェ難民になった人とどうにか収入を得ている人との間に決定的な努力の差があったとは思えません(一般論です) むしろそのときどきの雇用・経済情勢によるところが大きいと思います。

 90年代後半~00年代前半の就職氷河期にある量の努力をして大学を卒業したAさんは、正社員としての採用を受けられず派遣やバイトになったけれど、00年代中盤に景気が持ち直したときに、Aさんと同じ程度の努力で大学を卒業したBさんは正社員になって、今現在生活しています。これはたとえ話ですが、こうしたケースが多く存在すると思われます。個人の問題に矮小化すべきではない。

 派遣のシステムが問題視されることが多いですし、実際に問題があると思いますが、もっと問題があるのは新卒が過剰に尊重され、既卒者(若年者であっても)にはかなり不利に働く就職の現状にあると思います。言い方を変えれば、レールの上にいる分には安定が保証されるが、何らかの事由(個人的過失に限らず)で、レールから転落したものに対するセーフティネットがあまり機能していないように感じられます。

 ネットカフェ難民の人であっても、免許証であったり、銀行口座であったり、何らかの術はあると思うので、時間がかかったとしても行政は必要な人にきちんと給付金が行き渡るように、それこそ努力をしてほしいと思います。そういう人こそ給付金をあますことなく消費してくれるでしょうしね。

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

晴れ時々ウツ | コメント:1 | トラックバック:0 |

09年弥生賞展望/チューリップ賞回顧

 過去10年の結果から見ていきます。人気は1人気が6連対、2人気が7連対、3人気2連対、4人気が3連対、6番人気が2連対となっています。人気をラインとするなら6番人気まででしょう。7番人気以下が連対したのは1990年の2着馬ツルマツミマタオーまでさかのぼります。ずっと馬連万馬券がありません。過去10年においては、3着まで含めても7番人気馬が2度3着に入っているだけです。8番人気以下は基本的には消し。騎手では武豊が3勝2着4回とズバ抜けて良い成績ですが、今年は参戦していません。

 前走別で見ると、朝日杯FS、きさらぎ賞、京成杯、ラジオNIKKEI(たんぱ)杯2歳S組がそれぞれ3連対で最多となっています。京成杯、こぶし賞組がそれぞれ2連対です。共同通信杯、シンザン記念、若駒S、新馬戦がそれぞれ1連対となっています。前走がダートの馬は過去10年では連対がありません(97年オースミサンデーまでさかのぼる)。前走が新馬だった馬は2頭馬券に絡んでいますが、未勝利戦だった馬は1頭もいません。前走でダートを使った馬は割引でしょう。連対馬20頭中、16頭までは前走を勝っていました。16-1-0-3となります。着外に負けた2頭にしても重賞です。前走が条件戦で負けている馬はそれだけで切ってもいいかと思います。

 連対馬の出走数は2~9戦となっています。最多はエイシンチャンプの9戦。この時期ですのでコース適正を判断するのは難しいですが、複数回走って馬券に絡めない馬はコース適正、さらには根本的に能力も疑わしいです。中山芝(0-0-0-1)の馬が何頭かいますが、マイネルシアター以外は朝日杯での敗戦です。また、重賞未出走馬とフサイチゼノン、ブラックシェルを除く13頭には重賞連対歴がありました。3着まで含めても重賞で(0-0-0-2)のような馬はいません。この時点で重賞の壁を感じさせる馬ではこのレースを勝つのは難しそうです。
 
◆チェックポイント◆
・前走が未勝利戦……リアライズナッシュ、ミッキーペトラ
・前走が条件戦で負けている……キタサンアミーゴ、レオウィザード
・前走が重賞で8着以下……モエレエキスパート
・前走がダート戦……リアライズナッシュ
・今回7番人気以下……???
・10戦以上している……いない
・中山芝で2度以上出走かつ複勝圏内がない……いない
・重賞で2度以上出走かつ複勝圏内がない……ハイローラー

 残ったのは、アーリーロブスト、セイウンワンダー、ケイアイライジン、ロジユニヴァースの4頭。おそらく人気上位4頭でしょう。数日前まではフィフスペトル、ナカヤマフェスタ、アントニオバローズと重賞勝ち馬がほかに3頭いて、馬券的にも面白そうだと思っていたのですが、一気に馬券的妙味のまるでないレースになりました。もともと堅いレース傾向です。ましてや今回は10頭立てで、連対を外していない朝日杯馬、無敗のラジオNIKKEI賞馬がいます。波乱の要素はありません。

 ◎ロジユニヴァース
 ○セイウンワンダー
 ▲アーリーロブスト
 △ケイアイライジン

 馬券は◎○2頭軸3連複2点のみ。2点なら◎○▲でも4,5倍はつくでしょうから問題ないと思います。◎と○の差ですが、単純にラジオNIKKEI賞ではロジの単を取って、朝日杯ではセイウンを消して外したからです。好みの問題です。ただ、ロジが前走ちぎり捨てたリーチザクラウンがきさらぎ賞を圧勝していますし、ロジユニヴァースが現時点では世代最強のように思います。無敗ですしね。朝日杯馬がクラシックはもとより、このレースでも3着どまりなのも気になります。マイネルレコルトもドリームジャーニーも3着でした。

 ★チューリップ賞予想結果★
 ◎ブエナビスタ…………1着
 ○ジェルミナル…………5着
 ▲ブロードストリート……4着
 △カウアイレーン………13着
 △マイティースルー……7着

 単勝1,1倍というディープインパクトばりの圧倒的な支持を受けた1番人気ブエナビスタが完勝しました。少々出負けして最後方からのレースとなったブエナビスタでしたが、徐々に進出し、3角ではやはりディープインパクトのような大外まくり。前方では逃げたサクラミモザが後続を突き放し、完全な逃げ切り体勢に入っていましたが、残り30mにして一瞬で交わすと、逆にサクラミモザに1馬身1/4の差をつけて完勝。阪神JFでもそうでしたが、ちょっとモノが違うというところを見せ付けました。他世代や牡馬と比較してどうかはわかりませんが、アドマイヤジャパン、アドマイヤオーラといった重賞ウィナーの兄たちとは格が違う印象です。また、同じく阪神JF(当時は阪神3歳牝馬S)勝ち馬だった母・ビワハイジが敗れたチューリップ賞で、母の雪辱も果たしました。春の二冠は無事なら結果がついてくるでしょう。

 逃げたサクラミモザは、ついてきたカウアイレーンやメイクデュースが垂れるなか、よく頑張りましたが相手が悪かったです。藤岡騎手の好騎乗と思います。ダートで2戦2勝。父ティンバーカントリーということから、ダート馬じゃないの?と思っていたのですが、ティンバーはティンバーでもヤマカツリリーのように芝も走れるティンバー産駒だったようです。朝は稍重馬場でしたし、湿り気のある馬場状態も味方したかもしれません。勝ち馬を除けば、今回いない馬も含めて差がなさそうなので、本番でも好走する余地はありそうです。3着のルージュバンブーは小牧騎手がロスなく立ち回りました。ガッカリしたのは藤原英厩舎の人気2頭。ジェルミナルは熱発明けということが影響したのかもしれませんが、ブロードストリートはなんとも煮え切らない競馬になりました。2頭とももっと積極的な競馬ができなかったのかなあと感じます。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『虚光の世界-Love the shadow-』

『虚光の世界-Love the shadow-』

太陽、月光、街灯、ネオン、車のライト……

街にはまばゆいばかりの光があふれている

しかし、多くの光は後ろに影を浮かばせない

こんなに光に照らされているというのに

あの人もこの人も、ビルも車も影がない



人々が影を忌み嫌うにつれて

光は影を伴わなくなったのか?

道行く人々は気にも留めていないように見えた

夜であっても、こんなに光はあふれているのに

一方の影はほとんど見当たらない



光と影は表裏一体、切り離せないもので

影なき光はまやかしなんじゃないか

そう思うと、このギラギラした光が

とてつもなく薄気味悪く思えてきた

自分の影のなかに隠れてしまいたかった



ああ、ああ、ああ、ああ

振り返ってみると僕の影も

みるみる薄くなっていく

早く本当の光を見つけなければ

影ある人に足元を掬われてしまいそうだ


テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~モザイクハーツ~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

09年チューリップ賞展望

 過去10年の結果から見ていきます。人気は1人気が7連対、2人気が4連対、3人気3連対、4人気が1連対、5人気2連対、6番人気が1連対、7人気1連対、11人気1連対となっています。1番人気馬の信頼度はそれなりですが、2人気、3人気の連対も多く、基本的に堅いレースと思います。00年、05年と馬連万馬券になっていますが、他の年は馬連2000円台が最高です。騎手では武幸が2勝2着1回と良い成績。他では安藤勝、池添が1勝2着2回とこれも好成績です。関東騎手は蛯名、後藤、岡部(引退)の2着があるのみで、過去10年で関東騎手の勝利はありません。

 前走別で見ると、エルフィンS組が6連対で最多です。阪神JF(阪神3歳牝馬S)組が5連対、紅梅S組が3連対、シンザン記念組が2連対。その他がそれぞれ1連対です。前走がダートの馬も3連対していますが、基本的には芝優勢と思います。連対馬20頭中、半数は前走を勝っていました。また15頭は掲示板に載っていました。掲示板に載れない大敗馬4頭中3頭はGIでのものでした。GI以外で大敗していたジョーディシラオキのチューリップ賞はどしゃぶりの不良馬場での逃げ切り、昨年のエアパスカルは前走が降雪で芝→ダート替わりでした。

 連対馬の出走数は1~12戦となっています。が、12戦したジョーディシラオキは○地馬なのでこれも例外と言えそうです(○地馬でない限り)。これを除く最多はダンツシリウスの10戦となります。この時期ですのでコース適性を判断するのは難しいですが、複数回走って馬券に絡めない馬はコース適正、さらには根本的に能力も疑わしいです。
 
◆チェックポイント◆
・前走がエルフィンS以外のOP特別以下で負けている・・・・・・バージンサファイヤ、メイクデュース、ハッピーシャトル、フェイズシフト
・前走がエルフィンSで6着以下・・・・・・いない
・前走がG2、G3で3着以下・・・・・・イナズマアマリリス
・○地馬以外で11戦以上している・・・・・・いない
・阪神芝に2度以上出走で3着内がない・・・・・・いない
・重賞に2度以上出走で3着内がない・・・・・・メイクデュース
・芝実績がなく、前走がダート……バージンサファイヤ、サクラミモザ、ミキノクレシェンド

 残ったのは、ルージュバンブー、ブロードストリート、ジェルミナル、ブエナビスタ、カウアイレーン、マイティースルーの6頭。おそらく人気上位6頭でしょう。この中だとルージュバンブーは時計がないですし、牝馬未勝利勝ち上がりでは厳しいように思います。
 下馬評ではGI馬のブエナビスタが抜けていて、続いて重賞勝ちのジェルミナルといったところだと思います。ブエナビスタは阪神JFでジェルミナルを下しています。そのジェルミナルはフェアリーSでマイティースルーを下しています。カウアイレーンも未勝利戦でマイティースルーを下しています。このことを考えるとマイティースルーは来ても3着までという感じ。

 ◎ブエナビスタ
 ○ジェルミナル
 ▲ブロードストリート
 △カウアイレーン
 △マイティースルー

 馬券はオッズを見て考えますが、◎からの馬単2点か、◎○2頭軸3連複を考えています。前者が無難な感じだとは思いますが。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

老人は雪道を自転車で走るな!

自転車の96歳に有罪判決 衝突回避の運転手死なす 水戸地裁支部
http://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/090303/trl0903031107001-n1.htm

 この96歳の老人が逮捕されたときから、この件は注目していました。産経新聞のソースによれば「赤信号を見過ごして自転車で交差点に進入し、避けようとしたトラックの運転手を死亡させたとして重過失致死罪に問われた茨城県取手市白山、無職、秋田正夫被告(96)の判決公判が3日、水戸地裁土浦支部であり、伊藤茂夫裁判官は『厳しい非難に値すると言わざるを得ない』として禁固1年4月、執行猶予3年(求刑・禁固2年6月)を言い渡した」そうです。

 正直、被疑者の年齢を考慮した判決のような気がします。執行猶予のない実刑判決でもよかったのではないでしょうか。これが高齢者(65歳以上)でなければ、実刑もあったように思います。被害に遭われた運転手の方は働き盛りで妻も子もある身だったそうです。それが前後不覚状態の老人によって、亡くなってしまいました。遺族の方はさぞやりきれないだろうと思います。

 車を運転するようになって感じましたが、老人の自転車ほど恐ろしいものはありません。フラフラしながら走るのは当たり前。それどころか平気で車道の中央を走ったり、雪国の冬道を自転車でヨタヨタ走っているのも日常茶飯事です。マナーも判断力もあったものではないです。老人以外で雪道を自転車で走るのはほとんど見ません。夏場は自転車通学の中高生も冬場は徒歩やバス、電車による通学ですし。老人による冬道の自転車なんて自動車とは無関係にして、滑って転んだだけでも大怪我、ヘタすれば死ぬかもしれないのに。

 このニュースはそれなりに大きく扱われていますが、老人は他人事だと思わないでほしいです。特に雪国在住の老人。徒歩で移動するのが面倒なのかもしれませんが、冬場に自転車を乗り回すのは本当にやめてもらいたい。初心者マークの取れていないドライバーの俺は見かけた瞬間にハラハラしてしまいますよ。いや、ホント。

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

ねぶの詩集~モザイクハーツ~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

ヌケなかったらイきたくない

現役女子大生のキャバ嬢に学ぶ! プロフェッショナルなトーク術(前編)
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0903/03/news010.html

 1時間で3万以上も払うのであれば、そこそこのランクのソープランドに行ったほうがいいと思うのは、俺が即物的な人間だからでしょうか?安いソープランドなら2回いけますし、ピンクサロンだったら6回はいけます。総じてキャバのおねーちゃんのほうが若くてきれいだとは思いますが、ヌキがないとモヤモヤ感が拭えません。年に1,2回は風俗に行く(風俗でイく)俺ですが、キャバクラには一度も行ったことがないし、付き合いかなにか特別な事由でもなければ、今後もキャバクラに行くことはないだろうなあ。

 女性と話したいって理由ならば、おばちゃんがやってるようなスナックでも充分です。実際、大学を休学していた頃(7年ほど前)は時折、スナック(半ば食堂)でメシとビール一杯でだらだらと愚痴を聞いてもらっていたものです。この記事のおねーちゃんはプロ意識のあるしっかりとした会話ができそうですが、大半はそうではないでしょうしね……。

テーマ:今日、気になったネタ - ジャンル:ニュース

晴れ時々ウツ | コメント:2 | トラックバック:0 |

青森県立美術館

 約2年ぶりに青森県立美術館に行ってきました。現在は常設展のほかに、青森県出身の写真家・小島一郎の写真展も催されていました。オヤジが知り合いから招待券を2枚いただき、小島一郎の作品にも興味があるようだったので、俺が車を出して向かうこととなりました。むろん、カネがないのでガソリン代はもらっています(笑)

 小島一郎の写真は絵画的な趣きを感じられました。主にモノクロ写真で、青森県をテーマにした作品が多いのですが、モノクロであることが逆に高度経済成長期の華々しい都会と、経済的に伸び悩み、厳しい気候の田舎の山村との対比を描いている……そんな気がしました。常設展は2年前に見たときとさして変わっていませんでした。シャガールの超巨大な絵画3点は一見の価値がありますが、何かピンと来る企画展がなければ、またしばらく行かないと思います。

 写真は青森県立美術館の外観と、企画展の広告、そして、この美術館のシンボルでもある奈良美智作の「あおもり犬」です。これも一見の価値はあります。写真では伝わりにくいですが、超巨大です。まあ、青森県立美術館まで行かなくても、弘前市にも同様の「あおもり犬」はいるんですが。
美術館2
美術館1
あおもり犬

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

続・週末雑記

 先のことはわかりませんが、とりあえずバイトは決まりました。ホテルでの皿洗いです。時給は最低時給ですし、ホテルで宴会などがあるときだけなので、月によって勤務日数が大きく変わるようです。でも、3~5月は歓送迎会が多いので、それなりに忙しくなるようです。外食するのもためらってしまうような金銭状態だったのですが、これで気が向けばラーメンぐらいは食べられそうです。でも、今後も無駄遣いは控えようと思います。海外青年協力隊の二次試験は東京で受験のようですから、そうなると軽く数万飛びますので。競馬が一番の無駄遣いなのですが、これはライフワークなのでしょうがない(笑)

 銀行とパン屋とTSUTAYAに行ってきました。月末はいろいろ引き落としがあるので、記帳して残高をチェックしないと落ち着きません。前にも日記に書いたお気に入りのパン屋「ブランジュリー」で、フルーツデニッシュを買いたかったのですが、フルーツデニッシュは売っていませんでした。売り切れのようです。変わりに新作のパンがいくつか売っていました。キャラメルを浸して焼いたパンや、栗あんをパンで包んでチョコレートでコーティングしたパンなど。でも、結局買ったのはラスクといちごデニッシュ。この店のパンはどれもハズレがないのですが、ついついいつも同じようなパンを買ってしまいます。

 TSUTAYAで『たいようのマキバオー』7巻、『PLUTO』7巻を購入。『マキバオー』は話のテンポが早くなったように感じます。ダービーグランプリでは何着になるのか気になる……ところですが、インターネットを散見していたら4着だと見かけてしまいました。先を知ってしまうと楽しみ半減ですね(^▽^;) 最終的な落としどころはどの辺になるのかなあ。高知の馬が海外GI制覇、中央GI制覇は非現実的ですし、100歩譲って、交流重賞(地元・高知の黒潮賞)制覇あたりでしょうか。『PLUTO』は8巻で終わりのようですね。掲載誌ではそろそろ最終回でしょうか。いたずらに長くせず、スパっと終わったほうが質は高くなると思います。もう少し読みたかったけれど(笑)

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT