ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

ビストロSSを買いました。

 こんなに早く購入するつもりもなかったのですが、捕獲できたのでヴィヴィオビストロSSを購入しました。ただし、車検・整備は春に行なうのでまだ乗れません。今のヴィヴィオ・M300タイプSの車検が来年4月29日までなので。でも、実車を見ると興奮しますねー。内装は特に問題なく、外装に軽微な凹みがあるくらいです。まあ、その凹みも近づいてみないとわからないレベルです。ディーラーの人の話では内燃機関も良好だそうです。加えてタイミングベルトが2年半前(55000km時点)で取り替えられていたので、とりあえずタイベル交換は保留しました。2年間あるいは4年間乗った後にでも交換します。

 ディーラーの人は少し乗ったそうなのですが、顔が引き気味になるくらいの加速があったそうです。いつも仕事で乗っているバモスターボなどとは次元が違うようです。というかそうでなければ、ビストロSSを買う意味がありません(笑) 一見するとどこにでもあるビストロですが、ボンネットに空いたエアインテークと純正の金色ホイールが普通のビストロではないことを主張しています。今乗っているM300タイプSは、特別なこだわりがあったわけではなく、信用できそうなお店で手ごろな価格、手ごろな走行距離で売っていたAT/CVTで四駆の軽だから買ったのですが、1年半の運転の結果、ヴィヴィオの虜になりました。

 現行のミラに2週間乗ったりしましたが、満足できませんでした。確かにミラやムーヴが売れるのはわかりますが、俺の趣向とは違っていました。CVTで四輪独立懸架じゃないと落ち着きません(^▽^;) ダイハツならソニカ、スズキならセルボSRなら乗ってもいいですが、いかんせん予算に限りがあるので買えませんしね。ヴィヴィオの後継であるプレオも考慮しましたが、車重が重いせいか加速、燃費ともにヴィヴィオに劣るそうですし、スポーツモデル(RS/RM)はハイオク指定であること、そしてコラムシフトというのが気に入らないので、またヴィヴィオになりました。

 ローカルネタですが、千葉商会はいいお店です。接客丁寧でサポートもしっかりしていますし、弘前周辺の方にはオススメできます。ただ、フィアット/アルファロメオの正規ディーラーなので、新車を買うには値が張りすぎるのと、欧州車のコンパクトカーはだいたいそうですが、4WDがないのが……。展示車のフィアット500(チンクエント)を見るたび、いつか乗ってみたいなあと思います。日本車にはない外観、セミオートマ(デュアロジック)というのも面白そうです。『よつばと!』のとーちゃんもジャンボにチンクを勧められています(笑) ただ、雪国で乗るにはFFだとちょっと不安です。フィアットは4WDのチンクを作ってくれ(^▽^;) いつか買うから。

ビストロSS
ビストロSS内装

スポンサーサイト

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

09年ジャパンカップ回顧

 ★予想結果★
◎スクリーンヒーロー……13着
○コンデュイット…………4着
▲ウオッカ………………1着
△マーシュサイド………17着
△レッドディザイア………3着

 1番人気のウオッカが道中4番手につけ、直線では早々と前にいたリーチザクラウン、エイシンデピュティを交わして先頭へ。一瞬、圧勝か?とさえ思えましたが、大外から2番人気のオウケンブルースリが強襲。写真判定となりましたがハナ差でウオッカがしのぎきってGI7勝目。3着に差してきた秋華賞馬・レッドディザイア。コンデュイットは4着、昨年の覇者であるスクリーンヒーローは13着に沈みました。

 ウオッカはこれでシンボリルドルフ、テイエムオペラオー、ディープインパクトと並んでGI勝利最多タイ記録となりました。日本の牝馬がJCを勝つのは初めてですし、牝馬がGI7勝をしたのも初めてです。2年連続の年度代表馬および顕彰馬への選出も確実と思われます。阪神JFを除いたGI6勝が府中であり、古馬になってからは緒戦の京都記念以外、国内の他場で走ってすらいません。ですが、さすがにJC、天皇賞・秋、安田記念連覇、ヴィクトリアマイルと府中の古馬GI(芝)を総なめの上、ダービーまで勝っていますし、名馬(名牝ではなく)と言わざるを得ません。陣営もユタカを降ろして、ルメールにスイッチしましたがこれも結果につながったと思います。また、前が競り合ってハイペースを4番手追走で押し切った内容も濃かったです。ただ、鼻出血で有馬記念へ不出走になってしまったのが悔やまれます。馬券的には絶好の消し時だと思っていたのに……(^▽^;) これでウオッカは引退かもしれません。あるいはドバイへ遠征してから引退でしょうか。

 オウケンブルースリは大外から最速の上がりで突っ込んできましたがハナ差届かずの2着。音無調教師は外を回した騎乗に不満のようでしたが、この流れで差しきれなかったのはウオッカを誉めるしかないと思います。内田騎手の騎乗も騎乗ミスと呼べるほどのものではないでしょう。ハナ差だけに内をすくえたなら逆転できたのに……という思いもわからなくもないですが、内に入ってスムーズに抜けられた保証はありません。実際、レッドディザイアは少々抜けてくるのに手間取っていました。まあ、スムーズに抜けても3着でしょうが。ウオッカが出てこないとなるとオウケンブルースリが有馬記念では人気になるでしょうが、これも中山向きとは思えません。実績あるのが東京、京都、新潟……広いコース向きではないでしょうか。使ってくるかわかりませんが、レッドディザイアは器用さがあるので向きそうです。あとはエイシンデピュティも良さそうです。レースを使うごとに確実に良化しています。

 俺の本命・スクリーンヒーローはなんでこんなに負けてしまったのか……。コスモバルクにも先着を許す有様。直線ではまったく伸びませんでした。前走であれだけ走っているので典型的な二走ボケですかね?前走からしてハイペースだからダメだったとは思えないのですが。有馬記念では人気ガタ落ちだろうと思いますが、ぜひ狙いたい1頭です。アル共とJC勝ちで府中巧者に思われていそうですが、ラジオNIKKEI賞2着、セントライト記念3着、札幌で1000万下勝ちと小回り適性も十分あります。去年の有馬記念も勝ちにいっての5着で内容はありました。年末までデムーロもいるようですし、次に期待。コスモバルクは頑張りました。このメンバーでも12着。なぜそんな馬が盛岡で南関C1クラスの馬に大敗したのかが謎です(^▽^;) アサクサキングスやインティライミはもう潮時かもしれません。一方でカンパニーと同期のエアシェイディは衰えないですね……強くなってもいませんが。有馬記念でも3着はあるかも。

 外国馬が期待されましたが、コンデュイットの4着が最高でした。コンデュイットは少々出負けしましたね。位置取りも良くなかったです。それと欧州→米国→欧州→日本とこの1ヶ月で移動を繰り返し、状態も本調子よりはやや下り坂だったのかも。出走が不透明な時期もありましたしね。ジャストアズウェルは人気以上の走りでしたが、インターパテイション、マーシュサイドはさっぱりでした。2分22秒台の決着には対応できなかったようです。米国はダートが主流ですし、米国の芝馬では能力的に足りないのかもしれません。狙うならやはり欧州馬かつ速い時計に対応できそうな馬でしょうか。コンデュイットほどの実績がなくても、適性が高ければアルカセットやファルブラヴ……というか身もふたもないですが、デットーリが乗っている海外馬だけ買えばいいのかもしれませんヾ(--;)ぉぃぉぃ あるいは来年以降、ルメールが外国馬に乗っていた場合はそれも買えば良さそうです。

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

不愉快だがやむなし。

 注目の内藤VS亀田戦でしたが、3-0で亀田の判定勝ち。メディアがあおり始めた頃(ランダエタ戦よりずっと前)からアンチ亀田でしたから、残念な結果になってしまいました。世界戦の場数とパンチ力の差で、内藤のKOか判定勝ちだろうと思っていたのですが……。亀田は「3Rでしとめる」などと戦前は語っていましたが、脚を使ってのカウンター狙い。したたかというかあくまでも勝ちにこだわっていたのがわかります。何せここまで日本人と対戦してこなかった男ですので。

 リング前と違って亀田よりも内藤のほうが気負っているのかなと序盤は見えました。内藤は手数で上回り、積極的に前に出る姿勢は出ていましたが、ダウンを奪えるようなクリーンヒットはほとんどありませんでした。対する亀田は手数こそ少ないものの、正確に効果的なパンチを当ててポイントでリード。内藤のパンチも巧みにブロックしていました。2度のランダエタ戦よりもかなり成長している感じはうかがえました。内藤に勝って欲しかったけれども、今回は勝者と敗者の顔がすべてを物語っていると思います。

 内藤はこれで引退と思われます。それにしても鼻が完全に曲がっています。確実に鼻骨骨折でしょうね。勝った亀田は前回のタイトルを防衛せずに返上するという非常識なことをしていましたが、今回は最低1度は防衛戦を行なってもらいたい。王者の義務だと思いますので。勝っても負けてもそれで階級を上げればいい。ただ……ファイティング原田や何度も挑戦を続けた井岡も3階級制覇していないのに、亀田に3階級制覇されるのは非常に不愉快です。3階級目の王者には何とか王座を死守してもらいたい。

テーマ:ボクシング - ジャンル:スポーツ

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

羊の皮を被った狼を手なずけよう!

 秋田県の玉川温泉に置いてもらっていた冬虫夏草の回収に行ってきました。国道282号碇ヶ関~小坂間はヘアピンカーブの連続で運転に神経を使ってしまうので、国道7号で大館まで出て、秋田県道2号(樹海ロード)~国道282号~国道341号で向かいました。碇ヶ関で国道282号に入るよりずっと走りやすいですし所要時間も大差ないのですが、かなり遠回りしているので往復で50kmほど多く走っています(^▽^;) 金額にして500円ほど損しています……これなら前回同様に1250円払って鹿角八幡平IC~大鰐弘前ICへ東北道を使ったほうがいいのかも……。お金がさらにかかりますが、1時間は短縮できるので。国道341号は雪が舞っているかな?と思っていましたが、降雪はなかったです。道路脇の雪が平地より多いかなというぐらいで。

 弘前から3時間ほどかけて玉川温泉到着。冬虫夏草は35パック(パック詰めは手作業)置いてあったのですが、1パックも売れていませんでした。お店の人によれば本物なのかどうか疑われていたようです……。何せ幻の霊薬ですからね。毎年ネパールに行くうちのオヤジがネパールの奥地で買い付けてきたものなので正真正銘の本物なのですが……。栽培物ではありません。来年は原産地証明書を添付して、ついでにオヤジの著作も脇に並べておきたいと思います。信憑性を高めないといけないようです。1つも売れないのでは、口コミで広がりようもありません。ちなみに回収してきた冬虫夏草はオヤジの知人で欲しがっている人がいるので完売されます。来春までにまた冬虫夏草を用意して、再度、玉川温泉に並べる予定です。

 話代わって、行きつけのディーラー(以下D)の人に頼んでおいたヴィヴィオ・ビストロSS(4WD)を業者のセリにて競り落としてもらいました。予算を微妙に超えたのですが希少車ですのでやむを得ません。四駆のビストロSSをカーセンサーで検索すると0件(FFなら2台)、GOO-NETで検索すると1台のみヒット。その1台との比較では妥当な価格です。ネット調べればもっと安いものが出ることもありますが、地元で買わないとサポート面で不安ですから。近日中に車の代金のみ支払い、Dにて保管してもらいます。で、今のヴィヴィオが来年の4月末で車検切れとなるので、その前に車検を通して春から乗ることになります。

 走行距離9.0万kmなのでタイミングベルトも交換してもらいます。先日のように突然切れられても困りますから。そして、今のヴィヴィオを引き取ってもらうのと引きかえにキーレスエントリーをつけてもらうことになっています。代車のミラに乗ったときに便利さを実感したので。ビストロSSの発売時のキャッチコピーは次のとおりです。「クルマが身体の一部になる。手足のように自由に操ることができるクルマが欲しかった。
スポーツシフトならDOHCスーパーチャージャーも身体の一部のようだ。このドライビングフィールは、あいつのとは違う」だそうですよ。他社はみなターボチャージャーですが、スバルだけスーパーチャージャーですし、今でも3ATや4ATの軽自動車が多いですが、ECVT+スポーツシフトはヴィヴィオRX-SS/ビストロSSのみです。ドライビングフィールは「あいつのとは違う」と思います。

 ビストロ自体はバカ売れした車種ですから今でもゴロゴロ走っていますが、ボンネットにエアインテークが空いた加給機付は極めてレアです。天邪鬼な俺としてはショッピングセンターに行って、同車種、同色がたくさんいるような車は絶え難いです。近日中にプロフィール画像を購入したビストロSSに差し替えます(笑) 最近の車は釣り目で威嚇するような車が多いですが、ビストロはかわいい見た目です。が、エンジンは軽最速との呼び声もあるヴィヴィオRX-Rと同一なので爆速です。アルトワークス(MT)、ミラTR-XX(MT)などには負けるかもしれませんが、車重の重いタ○トだのパ○ットだのワゴ○Rスティングレーだのム○ヴカスタムなんぞ一瞬で置き去り(予想)。「羊の皮をかぶった狼」です。このギャップがたまらんと思います。

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

晴れ時々ウツ | コメント:4 | トラックバック:0 |

09年ジャパンカップ展望

 過去10年のデータを見ていきます。連対馬は1人気が3連対、2人気が5連対、3人気が2連対、4人気が2連対、5人気が4連対、9人気と11人気と12人気が1連対ずつです。2ケタ人気で連対したのは外国馬だけであり、日本馬は5人気以内だけ狙えば良さそう……でしたが、去年は9番人気のスクリーンヒーローがまさかの完勝でした。騎手ではデットーリ、ペリエ、武豊がそれぞれ2勝でトップです。デットーリとペリエは3着も複数回ありますが、残念ながらデットーリもペリエも不在。この冬はペリエは短期免許で来ないのかなあ。ただ、今年は外国馬が5頭参戦とJCらしくなりました。スミヨン、デムーロ、ルメールもいるので外人騎手が8名も参加。戸崎、五十嵐と地方騎手2名、元地方騎手が3名、生粋の中央騎手は5名のみ。現在の日本競馬を象徴しているようです。

 性別で見ると、牡馬(セン馬含む)が20連対、牝馬の連対はありません。牝馬がよく来る印象がありましたが、牝馬の連対は11年前のエアグルーヴまでさかのぼります。その11年前のJCは現地で見ていて馬券も取ったのですが、もう11年前……早いなあ。牝馬だから言って消せませんが、10年以上前を含めて馬券に絡む牝馬はGI馬なので、今年のウオッカには十二分に当てはまりますが、実際に去年も一昨年も走って連までは来れませんでした。今年も連まではどうでしょうか。年齢別では、3歳が5連対、4歳が9連対、5歳が3連対、6歳が3連対、7歳以上の連対はありません。連対率で見ると各世代に目立った差はないですが、7歳以上は完全に不利です。3着もありません。

 前走別で見ると、天皇賞・秋組が9連対で最多です。以下、菊花賞組が4連対、凱旋門賞組が2連対、京都大賞典、アルゼンチン共和国杯、英チャンピオンS、ナショナルパナソニックCH、モーヴィックH組がそれぞれ1連対です。JCともなれば当たり前ですが、重賞……しかもGIかGII以外を使ってきた馬の連対はありません。というか、エルコンドルパサーとタップダンスシチー、スクリーンヒーロー以外の日本馬はGIをステップにしています。GIIからの3頭はいずれも前走で連対していました。GIIで連を外してきている馬では、能力的に足りないでしょう。中2ヶ月以上空くような休み明けの馬の連対もありません。天皇賞・秋組は基本的に連対馬がJCでも連対しますが、本番でも上位人気に推されるようなら大丈夫そう。菊花賞組は4着以内の馬がJCでも馬券に絡んでいます。インディジェナスやサラファンのような馬がいるので、前走成績で外国馬を絞り込むのは難しいです。

 JCともなれば当然かもしれませんが、重賞未勝利の馬の連対はありません。もっとも、外国馬は重賞未勝利では呼ばれないでしょう。しかもインディジェナスとハーツクライ、スクリーンヒーロー以外は複数の重賞を勝っています。東京芝未出走馬とザッツザプレンティ以外は当該コースで連対歴がありました。ただし、ザッツザプレンティは連対していないと言っても3着(ダービー)の1度だけ。東京を苦手とするには当たらないでしょう。複数回走って連対できないようでは適性に疑問符がつきます。

◆チェックポイント◆
・7歳以上馬:エアシェイディ、エイシンデピュティ、インティライミ、インターパティション、コスモバルク
・重賞未勝利馬:いない
・東京芝に複数回出走かつ3着内の経験がない:オウケンブルースリ
・3ヶ月以上の休み明け:ネヴァブション
・前走が天皇賞で7着以下:アサクサキングス、ネヴァブション、エアシェイディ、ヤマニンキングリー、コスモバルク
・前走が菊花賞で5着以下:リーチザクラウン
・前走がGIIで3着以下:マイネルキッツ
・前走がGIII以下:インティライミ

 昨年、的中しているのでチェックポイントはそのままです。去年は3点で3連複、3点でワイド的中で9000円近い配当でホクホクでした。今年も一発狙って、回収率100%を目指します。残ったのはウオッカ、レッドディザイア、スクリーンヒーローとインターパティション以外の外国馬4頭の7頭。

 外国馬の取捨が悩ましいですが、基本的に北米実績のある欧州馬は買うべきと思っています。ウィジャボード、ピルサドスキー、シングスピールなどがそうでした。そういった意味で今回の目玉・コンデュイットは外せません。愛国馬なのにBCターフ連覇ですから。適性は申し分なく、あとは体調面がどうかだけだと思います。シンティロは2歳時にGI・グランクリテリウムを勝ってはいますが、その後はGII、GIII勝ちしかなく、近走がボロボロですね。近3走でいずれも勝ち馬から3秒以上も離されており、今年のキングジョージでは、今回出走するコンデュイットから実に17秒も離されたビリ。適性以前に能力がまるで足りていないと思います。

 他の3頭は米国馬ですが、そのなかでレーティングがもっとも高いのはインターパティションの118です。前走ではGIを4連勝中で、のちにBCクラシック2着になるジオポンティを下しました。ただそのレースは重馬場で芝2400mで2;41.2もかかっています。ほかの出走レースを見ても時計勝負でどうなのか?と疑問符がつきます。本番が重馬場なら買いたいですが、良ならいらんと思います。ジャストアズウェルとマーシュサイドですが、近2走が同じです。ジャストは5着、1着でマーシュは4着、4着です。ただ、前々走のノーザンダンサーターフSでのマーシュサイドの4着は1着降着によるものなので、実質はマーシュが2走とも先着しています。去年も来日(感冒で回避)していますし、陣営も自信があるからこその再来日だと思います。管理するドライスデール師はサラファンで2着の実績もあります。

 外国馬はコンデュイットとマーシュサイドでいいと思います。コンデュイットはともかく、マーシュサイドを含む4頭の外国馬はまったく人気なさそうですが、マーシュサイドの食い込みを期待しています。

 日本馬ですがスクリーンヒーローは前年の覇者で、前年同様にデムーロ騎乗。休み明けの天皇賞・秋でも2着に食い込み、一叩きされての上積みも見込めそう。今年は人気でしょうがこの馬が軸でいいでしょう。ウオッカはダービーを勝っていますが、昨年、一昨年とJCで連対できていませんし、本質はマイラーでしょう。鞍上がユタカならバッサリ切るところですが、今や世界のトップジョッキーでハーツクライでディープインパクトを倒してしまうルメールなので切れません(^▽^;) レッドディザイアはブエナビスタを前走で破っていますし、春の二冠を見てもブエナビスタと遜色ない能力がありそうです。

 5頭残していますが、3,6,8枠に固まっているので、枠連3,6,8BOXと3-3、8-8を買います。3-8は一番人気が予想されるので厚く買います。3-8で5倍、3-3、8-8で20倍、3-6、6-8で40倍くらいじゃないかなあと思っています。5枠の2頭も気にはなりますが、リーチザクラウンでは力不足だろうと思います。重なら考え直しますが。オウケンブルースリは勝ったレースの面子が微妙ですし、天皇賞もウオッカに3馬身も差をつけられていては連まで来れないと思います。昨年同様に5着ぐらいじゃないでしょうか。

 ◎スクリーンヒーロー
 ○コンデュイット
 ▲ウオッカ
 △マーシュサイド
 △レッドディザイア

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

続・青森弁などない

 テレビでタレントの田中義剛さんが青森県代表として出演して、津軽弁を話していました……だばって、おめ南部の人だべよ?なして津軽弁喋っちゅうんずよ。ヨソの方言を話すなじゃ。つか、南部の人も不愉快なんでねぇべが?南部人のくせに南部弁こと喋らねえんだはんで。南部人だば南部弁ことアピールすればいいべな。津軽弁を青森弁として紹介すんだば、吉幾三さんを出せばいいべよ。吉さんは西北の人だはんで、津軽弁も濃いはんでな。義剛さんには青森県民を代表して欲しぐねえな。たげ不愉快。

 ※訳注 しかし、あんた南部の人だろうが?なんで津軽弁喋ってるんだよ。ヨソの方言を話すな。というか、南部の人も不愉快なんじゃないか?南部人のくせに南部弁で喋らないのだから。津軽弁を青森弁として紹介するなら、吉幾三さんを出せばいいだろう。吉さんは西北(津軽西北部)の人だから、津軽弁も色濃いので。義剛さんには青森県民を代表して欲しくないな。かなり不愉快です。

 先日も青森弁など存在しないという日記を書きましたが、今回はその続編です。青森県には津軽弁、南部弁、下北弁が別個として存在しています。東北弁=津軽弁のようなイメージが強いですが、全然違います。青森県内でも津軽弁と南部弁ではまったく別物。大阪弁と京都弁が違うというレベルではないです。大阪弁と薩摩弁ぐらい違うと思います。ついでに文化もまったく違います。津軽人はせんべい汁など食べませんし、南部人は甘い赤飯など食べないだろうと思います。俺は甘くない赤飯は食べたくないです(笑)

 その一方で津軽と秋田県や北海道、南部と岩手県では言語や文化に共通性も見られます。東北は日本海側、太平洋側で言語が違うのです。青森県の場合、日本海にも太平洋にも面しているし、藩政時代の経緯もあって、異なる文化を持っています。かつて弘前県だった時期もありましたが、青森県で良かったと思います。もしも弘前県だったならば、南部地方は独立するか岩手県になっていたと思います(^▽^;) 

 若い人は津軽と南部で対立することが少ないと思いますが、年配の人は対立するようですね。東北自動車道にしても、浦和→福島→仙台→盛岡と太平洋側を北上しているのに、なぜか八戸には向かわず(八戸道)、無理やり弘前周りにしています。先日、青森県の信金が青い森信金として一つにまとまろうとしていたのに、弘前市にある東奥信金は合併構想から離脱。存続信金が八戸信金という形になるのが不愉快なようです……でも、青い森信金の通帳、カードなどに掲載の写真はうちのオヤジ(津軽人)の撮影した写真ですけどね。

 南部地方には国公立大学がありませんが、南部の人は弘前大学ではなく、岩手大学に進学する場合が多いです。地理的な問題が大きいのでしょうが。参考までに八戸高校の進学データを見ると過去8年で岩手大よりも弘前大への進学者数が多かったのは平成15年のみ。他の年は岩手大への進学が多い……というか岩手大への進学者が弘前大への進学者の2倍程度です。弘前大には南部の人よりも秋田県や津軽海峡を越えて道南の人のほうが多いと思われます。

 ちなみに青森大学を国立と勘違いする人がいますが、あれは私立です。スポーツで有名な青森山田高校の大学です。青森県の国立大学は弘前大学です。信州大学と長野大学、九州大学と福岡大学と同じような関係です(後者が私立) 

テーマ:青森県の話題 - ジャンル:地域情報

晴れ時々ウツ | コメント:4 | トラックバック:0 |

09年浦和記念回顧

 ☆予想結果☆
◎スマートファルコン……7着
○エーシンモアオバー…5着
▲ブルーラッド…………1着
△テスタマッタ…………3着

 印を上記のように打っていますが、Mixiボイスに書いたように馬券はブルーラッドとテスタマッタの単だけ買いました。◎○を絡めると買い目ばかり増えてハイリスクローリターンなので、ダメ元でブルーラッドとテスタマッタの単のみ。結果ブルーラッドの完勝で美味しい馬券にありつけました。戸崎ありがとうヽ(▽^〃ヽ)ヽ(〃^▽^〃)ノ(ノ〃^▽)ノ ワーイワーイワーイ♪2着もルースリンドで南関が意地を見せてくれました。これで東京大賞典が面白くなりそうです。

 逃げると思われたエーシンモアオバーは若干出負け。高知のポートジェネラルがハナを叩きます。一周目のゴール板過ぎでは力尽きたので全力逃げだったのでしょう。それに競りかけるエーシンとスマートがレースを引っ張り3角に向かいますが、余裕の手ごたえでブルーラッドが交わし、エーシンとスマートはズルズル後退。中位にいたテスタマッタ、最後方にいたはずのルースリンドも交わして直線へ。ブルーラッドが突き放し、追いすがるルースリンドを振り切って優勝。テスタマッタは3着。

 スマートファルコンは遂にダートで連を外しました……というか掲示板にも載れず、無茶使いの笠松・トウホクビジンにまで先着を許す有様。いくら早いペースで飛ばしたとしてもこの負け方は衝撃的です。古い話ですが、メイセイオペラが東京大賞典で惨敗したときのような気分です。故障などしていなければいいのですが。しかし、故障も何もなくてこの程度では、今後台頭してくる3歳、4歳勢を相手に賞金稼ぎはできないでしょうね。そうなるとGIにも出てくるのかなあ。

 エーシンモアオバーは飛ばしすぎですね。息つくヒマもなかったのではないでしょうか。これが実力とは思いませんが、南関勢に容易く勝てるほどの能力はなかったということでしょうか。テスタマッタは道中でブルーラッドと同じような位置にいたのに、ルースリンドに差されました。はじめての地方競馬、それも浦和ではスミヨンも仕掛けどころがわからなかったのだろうと思います。中途半端な競馬でした。スミヨン乗せるくらいなら、南関が庭だった内田博を乗せたほうが良かったと思うのですが。

 先日の日記で地方からアジュディミツオーやアブクマポーロ、メイセイオペラのような馬が出てきてほしいと書きました。ブルーラッドは期待できそうです。ブルーホークに期待していましたが、亡くなってしまいましたので。東京大賞典ではブルーラッドはまだ荷が重いようにも思いますが、少なくとも数頭の中央馬に先着して3着を取れるようなら、少なくとも掲示板に載れるようなら来年の飛躍が期待できそうです。ただブルーラッドはサウスポーっぽいのが……。大井で結果出せるなら本物でしょう。

 今年も残り1ヶ月あまりになりましたが、現在の回収率は中央が22630/26800で84.4%、地方が48820/51300で95.2%、合算すると71430/78100で91.5%です。例年は70%前後なので、今年は好調ですがここまで来たら100%超えを狙いたいです。例年までのようにガッチガチの馬券は控えて、2000~5000円あたりの小波乱の馬券をこまめに取れているのが大きいと思います。JCもJCダートもガッチガチにはならなさそうですし、ここで連勝と行きたいところです。

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

軽自動車考&その他雑記

 ダイハツ・タントやスズキ・パレットが売れているようですが、ここまで鼻が短くなると、ダイハツ・アトレー、スズキ・エブリィでいいんじゃないかと思います(^▽^;) どっちでもそんなに変わらんような……。スズキ・エブリィ(4WD・4AT・ターボ)は1383900円、パレットSW・TS(4WD・CVT・ターボ)は1679000円、ダイハツではアトレーワゴン(4WD・4AT・ターボ)が1491000円、タントカスタムRS(4WD・CVT・ターボ)が1737750円……エブリィかアトレー買ったほうがコストパフォーマンスはずっと良いような気がします。商用車のイメージが強くてイヤなのかもしれませんが、ハタから見れば大して変わらん(^▽^;) 軽でも普通車でもワゴン車ばっかりですよね。ダイハツのソニカは面白そうだったのに、あっさり絶版に……。コペンもそのうち無くなりそうですだ。軽い軽自動車を出して欲しいものです。ダイハツ・エッセにターボ付モデルはないですが、軽いですし、4WD・4AT・ターボを出してくれないかな……?

 昨日は山から降りてきた教授と留学生を迎えに再度、西目屋村へ行きました。2人は山奥ではなく、ふもとへ降りてきてテントを張っていたそうです。そのためか、ヴィヴィオが積載車に載せられて行くのを見ていたそうです。それで昨日は朝から電波の届くところまで歩いて(7~8kmはある)うちに電話をかけてきたので、事情を説明しました。本当はオヤジも乗せて2人を迎えに行ければ良かったのですが、ヴィヴィオでそれは無理です。2人は帰りも夜行バスで帰るのかと思いましたが、帰りは盛岡までバスで、盛岡からは新幹線に乗って、昨日のうちに帰宅したようです。別れ際、俺はりんごを手渡し、俺は謝礼に1万円頂きました。本来はこれでホクホクのはずだったのですが、紛失したカギの処置で15000円かかったのでマイナスになってしまいました。まあ、俺の過失なのでしょうがありません。2人は来春にまた来ると言っていました。世界自然遺産制定後にゴタゴタしているのは白神山地が顕著なので、ベトナムの国立公園を世界遺産にするときの参考になるそうです。

 今日は家庭教師としての指導の日なのですが、教え子が新型インフルでダウンしたのでお休みです。先週の時点で、その中学校の1学年が学年閉鎖になっていたのですが、他の学年にも蔓延しているようです。今週末に期末試験の予定だったのですが、学年閉鎖のために来週に延期になったそうです。うーん、マイミクの中にも新型インフルにかかった人が出てきましたし、俺の近くでも罹患者が出てきました。今日は年賀状を大量に印刷中です。うちの分(120枚)とオヤジの知人の分(60枚)とばあちゃんの分(20枚)です。毎年、我が家に届く年賀状の総数は200枚前後と、たぶんよそより多いと思われますが、切手シート以外に当たったためしがない……。ふるさと小包くらい当たっても良さそうなもんですが。

 TSUTAYAで『たいようのマキバオー』10巻を購入。それと木村カエラの最新アルバムを借りてきました。先月の従弟の結婚式でも流れていて、しばしばテレビでも聞く曲が気になっていたのですが、これはカエラの『Butterfly』という曲でした。てっきり着うたで流行っている歌手の曲かな?と思っていたのですが、そうではなかったようです。実際、カエラはこの曲を友人の結婚式のために作り、歌ったそうですから、従弟(あるいはその奥さん)がこの曲を流したのも納得。ここ数年の結婚式のスタンダードナンバーになるかもしれませんね。キャッチーなメロディですし、これ、シングルカットしても売れそうな気がしますが、そうはならなかったようです。ドリカムの『未来予想図II』みたいなものでしょうか。

テーマ:なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

09年兵庫ジュニアGP回顧/浦和記念展望

 ★予想結果★
◎アースサウンド……・2着
○ナリタスプリング……3着
▲ラブミーチャン………1着
△タガノバロット………8着
△タマモコントラバス…4着

 好スタートを切った3番人気の笠松・ラブミーチャンが直線ではアースサウンドに並ばれながらも、二の足を使って突き放して優勝。2着はアースサウンド。1番人気のナリタスプリングは出がイマイチで、直線でなんとか3着。またしても中央勢は地方馬に敗れました。2歳ダート戦線は地方馬優勢のまま、年末の全日本2歳優駿を迎えます。

 馬券は完全なるトリガミでしたが、いいレースが見られたと思います。ラブミーチャンは前走の中央500万下レコード勝ちは伊達ではなかったですが、アースサウンドにしても昨年のスーニのレコードを破っていた馬です。1,2着は騎手の差だと思います。濱口騎手は園田経験もありますが、後藤騎手は園田でどれだけ乗っているだろう?たぶん数えるほどしかないと思われます。それと南関以外の地方競馬の平場は1着賞金20万円、重賞で300万円などという世界ですので、このレースの2200万円という1着賞金はラブミーチャン陣営にしてはとても大きいです。気迫が違ったかもしれません。ラブミーチャンの馬主は風水で有名なDr.コパ氏で、中央にも馬を持っているので移籍するかもしれませんが、できれば笠松所属のままで走って欲しいなあ。引退したミツアキタービンを次いで、笠松の看板馬になってほしい。まあ、マルヨフェニックスもいますが。

 アースサウンド、ナリタスプリングと中央の500万を勝っている馬が出てきましたが、ラブミーチャンには敵いませんでした。比較しづらいですが、地方で走る限りはビッグバン、ナンテカ、ブンブイチドウにも敵わないように思いますし、全日本2歳優駿の人気上位は地方馬……というかグランド牧場産馬で占められそうです。中央1勝馬には素質ありそうな馬が何頭かいますが、賞金面で出走できないでしょう。北海道の先述3頭も道営のまま走って欲しいなあ。遠征はいろいろと負担が大きいでしょうが、それで結果が出ていますから。やはり地方馬が強くないと地方競馬はつまらないですね。中央馬に蹂躙されるのを見ているのはつらいです。フリオーソも衰えが感じられますし、フリオーソは中央馬を含めたトップ馬という感じではないですし。やはりアジュディミツオー級、できればアブクマポーロ、メイセイオペラクラスの馬が出てきて欲しいですし、ビッグバンやナンテカにはそういう馬になってほしいです。

 明日はJpnII・浦和記念があります。GIを回避しつづけるスマートファルコンの登場です。JCダートには登録すらしてない(^▽^;) まあ、JpnIを7つも勝ったブルーコンコルドが乗馬になり、それ以上の実績を持ちながら引退できないカネヒキリを見ていると、陣営がJpnIを回避して、賞金稼ぎに走るのも分からないではないです。しかし……ダートGIの存在意義が問われているように思えてなりません。それはさておき、スマートファルコンは相手もさることながら、大井2000、盛岡2000で2着に敗れているように、広いコースよりは小回りコース、2000よりは1400のほうが合っていると思われます。今回は2000ですが小回りの浦和ですし、まず取りこぼさないと思われます。ただ、これまでは高齢馬ばかりが相手でしたが、今回はエーシンモアオバー、テスタマッタ、南関からもブルーラッドと未知の3歳馬相手です。レース前の楽しみはありますね。

 テスタマッタは脚質的に浦和がどうなのか?スミヨン騎手は浦和はおろか地方競馬に乗ったことがないでしょうし、あんまりアテにならないように思います。2番人気でしょうがエーシンモアオバーのほうが信頼できそう。中館騎手は地方経験も中央騎手にしては豊富なほうですし、逃げ馬のこの馬とは手も合ってそう。あとはモアオバーの地方砂適性だけでしょう。もう1頭の中央馬・マルブツリードは2度交流重賞を走っていますが、2度とも掲示板にも載れず。地方が向いてなさそう。したがって南関馬の食い込む余地も十分ありそうです。一番手は前哨戦の埼玉栄冠賞を圧勝のブルーラッド。それと8歳とはいえまだまだ元気なルースリンドでしょうか。ライジングウェーブはちょっと見劣る感じがします。

 ◎スマートファルコン
 ○エーシンモアオバー
 ▲ブルーラッド
 △テスタマッタ
 
 馬券は◎⇔○▲△の馬単6点。スマートファルコンは十数戦もして、ダートで連を外していません。ここで未知の3歳馬に不覚を取っても2着を外すとは思えません。○が連対してしまうと妙味も何もありませんが、▲△が勝つようだと面白いです。ブルーラッドはいけると思うんですがね……。

テーマ:地方競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

やり取り。

「第60回NHK紅白歌合戦」の出演者が決定、ジャニーズは嵐ら4組出場。

 ジャニ枠はこれまで2枠でSMAPとTOKIOで決まっていました。CD売上はともかく、世間の認知度はこの2組がヌケていますしね。しかし、今年は(去年もだが)認知度はともかく嵐が売れに売れているので、NHK的には嵐も出したいところです。嵐が初出場は当然だろうと思いますが……NYCboys?2ちゃんからのコピペですが、以下のようなやり取りが容易に想像できます。

NHK「嵐を出してください」
ジャニ「分かりました。ではジャニ枠を3枠に広げてください」
NHK「もちろんです、3枠にしますよ!」
ジャニ「それと・・・」
NHK「それと?」
ジャニ「今売り出し中のNYC boysというのがいるんですよ」
ジャニ「それも出してほしいんです」
NHK「え?4枠になりますよ?」
ジャニ「そうですよ」
NHK「私たちはTOKIO、SMAP、嵐の3枠で行きたいと思ってるんですよ?」
ジャニ「じゃあ嵐も出しませんよ?」
NHK「・・・」
ジャニ「どうしますか?」
NHK「分かりました、4枠にしましょう」
ジャニ「ありがとうございます。それではまたお会いしましょう」

 リアルな書き込みですな。秀逸。

テーマ:NHK紅白歌合戦 - ジャンル:テレビ・ラジオ

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

09年マイルCS回顧

 ★予想結果★
◎カンパニー…………1着
○キャプテントゥーレ…4着
▲スマイルジャック……6着
△ザレマ………………11着

 ここが引退レースとなる1番人気カンパニーが有終の美を飾りました。2着に逃げ粘ったマイネルファルケ、3着に2番人気の仏国馬・サプレザ。

 カンパニーは道中で7,8番手の内を進み、直線半ばで抜け出して完勝。京都外回りだと内が空きますから、ノリとしては予定通りの騎乗だったろうと思います。3歳時から活躍し、最後は重賞3連勝、GI連勝で引退。無事是名馬を地で行ったような馬です。大した馬がいませんし、現役を続けてもまだまだ勝てると思いますが、引き際も肝心でしょうからこれでいいのでしょう。父ミラクルアドマイヤはカンパニー以外に活躍馬がいませんし、Wikipedeiaによれば現在の消息不明(肉?)だそうですが、兄フサイチコンコルド、妹グレースアドマイヤ、弟ボーンキング、アンライバルドという良血、母もニューベリー、レニングラードと活躍馬を出しています。種牡馬としてのポテンシャルは大きいと思います。良血ですがサンデーサイレンスの血が入っていないので、配合しやすいでしょう。いい仔が出るのを楽しみにしたいと思います。8歳までお疲れ様と言いたいです。

 2着には人気薄のマイネルファルケが逃げ粘りました。1000mが59秒を少し切るくらいとゆるいペースでしたが、まさかここまで粘るとは思いませんでした。春にダービー卿CT2着があるとは言え、前々走で準OP勝ちで前走の富士Sでは9着と完敗。まして古馬のマイネルでは狙いづらいです。和田騎手のファインプレーだと思います。和田騎手はオペラオー以来GI勝ちがないですが、よく穴を空けますよね。カネになる騎手です。今日のマイネルファルケは粘りましたが、今後も活躍するかといえばどうでしょう?仏国のサプレザは堅い馬場への適性がありそうだと思いましたが、やはりいい脚を使いました。タイガーテイルといい、サプレザといい、コレ調教師は日本向きの馬を分かっているようです。加えて鞍上も日本競馬を熟知していますしね。先週も今週も外国馬が好走しました。来週のJCも外国馬が好走しそうです。日本馬の層が薄いですし、コンデュイットの状態がまともなら完勝されそう。

 直線に入った時点ではカンパニーとキャプテントゥーレで決まるなと思ったのですが、キャプテントゥーレはマイネルファルケとの差をなかなか詰められず、サプレザに差しきられる始末。故障明け4戦目、よくここまで立ち直ったと思いますが、反面モノ足りなさもあります。こんなものなのかなあ。カンパニーは引退しますし、マイル戦線は混沌の度合いが増しそうです。一応、4着に粘っていますから前残りの競馬だったようです。アブソリュートは上がり33.0で突っ込んできましたが、キャプテントゥーレまでも届かず。カンパニーの近走がそうですが、よほど極端なペースでなければ、道中好位~中団を進み、33秒台の上がりを繰り出せる馬が強いですね。新潟だと31秒台の上がりが出たりしますが、他場ではそんな上がりは出せませんしね。

 明日は交流GII・兵庫ジュニアGPがあります。中央のアースサウンド、ナリタスプリングが人気になりそうです。もう2頭中央馬はいますが、アースサウンドに2.1秒もちぎられたタマモコントラバス、九州産限定OPのひまわり賞以降不振続きで初ダートのパリスドールでは地方馬の食い込む余地は十分でしょう。たぶん3番人気になりそうな笠松のラブミーチャン。笠松で2戦2圧勝の後に挑んだ中央500万下でも重馬場とは言えレコード勝ち。人気上位3頭で堅そうですが、地元で2戦2勝のタガノパロット、ハイパーフォルテも気になります。アースサウンドが圧勝でもすれば別ですが、ナリタスプリングあるいは地方馬が勝つようだと、来月の全日本2歳優駿の人気上位馬がみな道営馬になりかねないですね。ナリタスプリングが前走2着に退けたココカラが北海道2歳優駿で道営馬に歯が立たなかったので。

 ◎アースサウンド
 ○ナリタスプリング
 ▲ラブミーチャン
 △タガノバロット
 △タマモコントラバス

 馬券は◎○2頭軸3連複。上位人気3頭で決まるとトリガミでしょうが、△のどちらかが絡めば10倍はつく……はず。

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

09年マイルCS展望

 過去10年の結果から見ていきます。人気は1人気が5連対、2人気が2連対、3人気3連対、4人気が6連対などとなっています。上位人気馬がそろって崩れることは少ないですが、アグネスデジタル、トウカイポイントと10人気以下の馬も勝利しています。また3着に10人気以下の馬が入ったことが半数の5度もあります。騎手ではデュランダルによる池添騎手の連覇、蛯名騎手、ペリエ騎手の2勝が目立ちます。ルメール騎手、福永騎手も2連対しています。96~98年にかけては岡部元騎手の3連覇などもありました。その一方で武豊騎手が未だに勝ったことのない数少ないGIでもあります。今年は勝つどころか乗り馬さえいません(^▽^;)

 性齢別で見ると、牡馬(セン馬含む)が16連対で牝馬が4連対です。昨年はブルーメンブラットが勝っていますし、牝馬が不利にならないレースといえそうです。3年前もダンスインザムードが連対しています。年齢別では3歳が3連対、4歳が8連対、5歳が7連対、6歳が2連対、7歳以上の連対はありません。6歳以上で馬券に絡んだのは02年の勝ち馬・トウカイポイントと、11年前ですが98年のヒロデクロス(3着)のみです。7歳以上は3着もありません。重賞未勝利の馬の連対はありません。GIともなれば当然かもしれませんが。京都芝実績を見ると京都芝で連対していない馬もいますが、それは皆0-0-0-1と1度のみの出走。複数回出走して連対していないのはコース適性が疑われそうです。昨年も一昨年もそうだったのですが、1,2枠の馬はこのレースできておりません。最後に連対したのが20年前のオグリキャップです。

 前走別で見ると、天皇賞・秋組が8連対で最多です。以下、毎日王冠組が4連対、スプリンターズS組が3連対、富士S組が2連対、スワンS、武蔵野S、府中牝馬S組が1連対ずつとなっています。昨年のダイワメジャーもそうでしたが、天皇賞・秋組は前走で人気や着順が悪かろうと関係はなさそうです。スプリンターズS組も人気と着順を推し量るのが難しいです。富士S組は勝ち馬よりも3~5着くらいに負けた馬が良さそうです。毎日王冠組は1人気あるいは1着馬の連対という過去の結果。今回はどうでしょう?過去10年において、スワンS組から連対したのは一昨年の2着馬・スーパーホーネットしかいませんが、3着に入る馬がやたら多くて6頭もいます。スーパーホーネットを含めた7頭を見るといずれもスワンSで5着以内でした。ちなみに12年前にスワンSから連対したタイキシャトルもスワンSを勝っています。その他のステップでは連対必須です。総じて距離短縮組が優勢です。また、2ヶ月以上の間隔を空けた馬の連対はありません(3着にエイシンワシントンがいるのみ)。条件戦からの連対もありません。

 ◆チェックポイント◆
・前走・天皇賞・秋、スプリンターズS、毎日王冠、富士S、スワンS以外で3着以下:ヒカルオオゾラ
・前走・富士Sで6着以下:マイネルファルケ、ストロングガルーダ、サンカルロ、ライブコンサート
・前走・スワンSで4着以下:トレノジュビリー、ファイングレイン、フィフスペトル、スズカコーズウェイ、
・7歳以上馬:カンパニー
・重賞未勝利:トレノジュビリー、ヒカルオオゾラ、マイネルファルケ、ライブコンサート
・京都芝に複数回出走して、連対がない:いない
・1枠、2枠の馬:エヴァズリクエスト、トレノジュビリー、マルカシェンク、カンパニー
・外国馬:エヴァズリクエスト、サプレザ

 昨年も一昨年もこのレースを当てているので、消去法もそのままです。残ったのは、スマイルジャック、アブソリュート、キャプテントゥーレ、ザレマ、サンダルフォンの5頭。

 スプリンターズS組が3連対していますが、ゼンノエルシドは前々走でマイル重賞をレコード圧勝していました。03年のデュランダルは前走のスプリンターズSを制していますし、翌年のデュランダルは前年度の覇者です。これらと比べるとサンダルフォンはダートでこそ1700で勝っていますが、芝では1200mでしか勝っていません。しかも、父がサクラバクシンオー……マイルが持つような感じはしません。アブソリュートはカツハルなので勝つイメージが湧きません(笑) 馬自体も安田記念で大敗しているあたり、一線級相手ではキツいように思います。

 ◎カンパニー
 ○キャプテントゥーレ
 ▲スマイルジャック
 △ザレマ

 カンパニーは内枠かつ8歳馬ですが、年齢に関しては自身が中央平地GIの8歳馬初制覇をしており、問題ないと思います。目下の勢いを考えるととても消せません。ただ絶対視はしていないので馬連BOXで買います。サプレザは日本を知り尽くしたペリエ騎乗で、しかも欧州のマイルを1:34台前半で勝ち負けし、重馬場で負けているあたり、先週のシャラナヤ同様に日本の馬場への適性が高い気もしますが、調教が軽いのと、人気の外国馬は基本的に疑いたいところ。


テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

雪山歩き

 7時起きで、朝食&身支度を終え、駅前まで教授と留学生を迎えに行ってきました。途中でオヤジから連絡があり、オヤジが先行して山に向かっていて、白神山地ビジターセンターで待っているとのこと。直接、暗門の滝へ向かわず、ビジターセンターを経由することに。30分ほど、教授、オヤジ、留学生、センター館長のやり取りを聞いていました。留学生の彼はカタコトの日本語を話せますが、基本的に英語です……が聞いていると7割方は分かりますね。あとで山歩きをしているときなど、俺のカタコトの英語&ジェスチャーでやり取りできましたし。

 教授と留学生の山の荷物があるため、4人乗車はできません。そのため、センターの館長の車に館長、オヤジ、留学生の3人が乗り込み。ヴィヴィオに俺と教授が乗車。教授の専門は環境学だと思われますが、以前、来宅したときに話していると中国文学も俺などよりも数段上の知識を持っていました。山歩きの最中、話しながら歩いていましたが、PCを自作するのが趣味のようで、余ったパーツで1台組めるから、それをオヤジにくれるそうです。OSはどうなのかと思ったのですが、WINDOWS-XPを3本も持っているそうで(笑) さらにデータが飛んだら困るのでHDDは常に2つつけているそうです。先日もハダカのHDD250GBを2800円ほどで買ったと言っていました。75歳なのにすごすぎる(^▽^;) それに比べるとうちのオヤジはまがりなりにも8年もPCを使っているのに、ソフトのインストールさえできません。

 暗門の滝に行くはずでしたが、滝へ向かう橋は冬季期間は外されるようで、もうありませんでした。工事関係者はいましたが。俺は送迎と滝の見物に行ったのでもう帰りたかったのですが、そうも行かないので、2時間ほど雪山登りです。洋ナシ体型のオヤジですが、さすがに山歩きのプロですからスムーズに登っていきます。教授と留学生は大きなザックを背負っていましたが、普通に歩いています。一方の俺は息も絶え絶えです。しんどい……。昼間になったので食事です。一応、おにぎりは持ってきていましたが食欲なかった……ですが、教授がパンと牛肉(保存食)、留学生はベトナム風の豚肉(保存食)ときゅうりを差し出したので頂きました。冬山だからかカロリーがありそうな感じ。俺はカタコトの英語で、ベトナムの気温はどのくらいなのか尋ねましたが、10~12度(最低気温?)だそうです。こんなに寒いのは初めてだそうです。北海道はもっと寒いのか?雪が多いのか?と尋ねられました。教授は京大卒&京大名誉教授だから、留学生の彼も京大かと思ったのですが、農工大だそうです。しかし、それでも日本の、それも国立大へ留学できるのだから、ベトナムのエリートと思います。

 食事後、しばらく歩いたところで、教授と留学生と別れました。2人はさらに奥地へ向かい、山の中で2泊します。月曜日の15時頃に俺が再度、迎えに行きます。俺とオヤジは下山です。登るのは息も絶え絶えでしたが、帰りは楽でしたね。登るのに2時間ほどかかっていますが、下るのは1時間もかかっていません。途中でカモシカを見かけました。遠いので写真には取れませんでしたが。またクマやウサギの足跡(写真参照)がありました。ついでにクマゲラの巣も発見(写真参照)。人が集まるとマズいので詳細な場所は書きませんが、作ってそれほど経過していない模様。話が前後しますが、ビジターセンターから暗門の入口までの運転中、2匹のサルが道路を横切りました。それほど飛ばして走行していたわけじゃないので、アクセルを緩めるだけで回避できました。その後、「サルに注意」の看板が……遅せえよ!と思いました。

 下山して、さっさと帰ろうとジャケットをまさぐるも車のキーがありません。何度も携帯電話を取り出して撮影していたので、山中にキーを落としてしまったようです。しかもスペアキーもありません。携帯電話も圏外です。そこで5分ほど歩いて、アクアビレッジ暗門へ。ここでも圏外ですが公衆電話があったので助かりました。とりあえず某ガソリンスタンド系列のロードサービスに電話しましたが、施錠&キー作成で21000円と言われたので高いのでキャンセル。やはり頼れるのは行きつけのディーラー(以下D)だと思い、Dへ連絡。すると14000~15000円&代車を運んでいくというのでお願いしました。1時間ほど経過したところでDの人到着。先月、タイベルが切れたときは2,3年落ちのミラと良い車を用意してくれましたが、今回は旧規格アルトでショボーンです。しかも、4WDではなくFF(^▽^;)代車が出払っていたのか?

 贅沢言っている場合じゃないので、アルトに乗りましたが……狭い、狭いよ。それに内外装ともにチャチだよ。年式的には俺のヴィヴィオとそう大差はないと思うのですが。ヴィヴィオは極端に後部収納部が狭いのですが、それだけシートを広く取っていたというのがよく分かりました。加えてヴィヴィオは運転席側を広く取って、助手席側を狭くしています。この違いのため、アルトはブレーキとアクセルの間隔が狭いし、そもそもペダルが細い。ただ、ECVTとATの差か、車重の差か、アルトのほうが停止時からの加速は良いですね。明日中にはカギの処置を終えるそうなので、アルトとはすぐにオサラバです……が15000円の出費は痛すぎます。明後日、首尾よく教授から1万円頂いたとしてもマイナス5000円=( ̄□ ̄;)⇒ 常にスペアキーを財布のなかかどこかに用意したいと思います。
そら
あしあと
クマゲラの巣

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:2 | トラックバック:0 |

退院したばあちゃん、過積載のヴィヴィオ

 今日、ばあちゃんが退院なので、付き添いに行ってきました。母も仕事を休んで協力。ばあちゃんは腰にコルセットをつけた状態ですが、もう痛くはないようです。イトーヨーカドーで買い物したときには杖を車のなかに置いていきましたし、だいたい元の状態に回復したようです。内臓が悪いのではなく、腰ならまあ大丈夫でしょう。退院の荷物および多量の買い物(食料、快気祝など)で、ヴィヴィオの中はものの置き場がないほどになってしまいました。かつ3人乗車はキツい。余談ですが、弘前のヨーカドーのB1Fの「ポッポ」ではクレープ全品200円均一でお得です。たぶん今週末までしょう。ふだんは買わないフローズンレアチーズクレープ(普段は380円)を買ってしまいましたよ(笑)

 話を戻して車に。来春の車検時にばあちゃんが半額出すから別な車を買えというので、ヴィヴィオビストロSSをディーラー(以下D)の人に探してもらっていたのですが、予定されていた今週の業者オークションには出てこなかったそうです。Dの人の話では来週出てくるかもしれないし、出品予定の業者が他に買い手を見つけてしまったかも……よくわからないそうです。別に高級車でも人気の車でもないですが、1年のみの生産だったので希少車ではあります。ただ、共同出資者のばあちゃんも3ドアではなく5ドアにしてくれと言っているので、やむなくビストロSSではなく、プレオLSあたりにするかも……。年式が新しいのに、プレオLSのほうが走行距離の少ない車が多いですし、何より希少でもないのですぐに見つかりますしね。もう少しじっくり考えます。

 明日は明日で、オヤジのなじみの京大名誉教授&助手のベトナム人留学生と白神山地の入口・暗門の滝まで行ってきます。ちなみにオヤジは同乗しません(^▽^;) 別な用事を済ませてから追いかけてくるそうです。俺とオヤジは暗門の滝から引き返して帰宅しますが、名誉教授&留学生はさらに山奥へと向かうようです。その名誉教授には俺も何度か面識がありますが、もう74、75歳くらいじゃないかなあ。俺やオヤジのような凡人とは違い、本当に頭のいい人はこういうものかと感じました。山岳部で鍛えられていたとは言え大丈夫なのかと若干気がかりです。明日は雪予報ですしね。2日間、山に滞在し、月曜日に再度俺が迎えに行きます。「心ばかりのお礼を」とあったのでゼニですかね?(笑) 箱菓子とかだとゲンナリするんですがヾ(--;)ぉぃぉぃ

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

サマーバードなオヤジ

 昨日、「葬儀屋」という単語がとっさに出てこなかった親父は「死体処理業者」と言っていました。なんだそれ?(笑) まあ、元々「ポカリスエット」を「ポカリス」と略したり、氷川きよしを「ハリガネ男」、船越栄一郎を「ニヤケ」と呼ぶ異端の感性の持ち主なので仕方ありません。ちなみにバカにしているわけではなく、船越さんについてはかなりのファンで、彼が出るドラマを楽しみにしているようです(口には出さないが) 船越さんと共演したら、きっとかなり喜びそうです……がそんな機会はないだろうなあ。ちなみに10年ほど前に共演した女優?タレント?のA.S.についてはかなり罵っていました。あまり宣伝されてないので宣伝もしときます。青森県では4つの信金がありましたが、そのうち3信金が合併して、東北最大の青い森信金が誕生しましたが、通帳、カード、ポスターなどに用いられるのは親父の撮影した写真です。カードはともかく、通帳にはオヤジの名も記されているはず。

 先週、ASKAのベストを買ったのは日記にもちょいと書きましたが、ASKA作曲で光GENJIの大ヒット曲『Starlight』『ガラスの十代』『パラダイス銀河』がないかとYOU TUBEで検索したところ、チャゲアス版『Starlight』を発見。同じ曲、同じアレンジですが、印象が変わるなあ……。でも、違和感はないですね、当たり前ですが。

 話が変わりますが、来年のJRAの開催日程、変更点などが発表されました。中京競馬場改装の関係で、冬場の小倉開催は中京開催、年末の中京開催は小倉開催、その他の中京開催は京都開催に変更になっています。3歳クラシックおよびステップレースが外国馬にも解放されました……が、皆、自国のクラシックを優先するでしょうから遠征してくる馬がいるとは思えません。またJCダートのステップレースとして、現行のトパーズSを格上げする形でみやこS(GIII)が新設されました。また重賞を増やすのかよと思わないでもないですが、世界標準化ということはレースレートが低ければ、GIからGIIに格下げ、GIIIからOPへ格下げもあるかもしれません。それとユニコーンSが安田記念週の土曜から、安田記念当日に設定されました。ダービーデーの目黒記念的存在になるのでしょう。

 またWSJSが阪神開催からJC週の府中開催へと変更になっています。JCダートよりもJCのほうが遠征してくる馬が多いからですかね……?その他、サマージョッキーシリーズが期間内のすべての重賞が対象となり、対象レースが現行の10から20へと倍増。夏競馬を盛り上げようという施策の一貫でしょうか。一番興味をひかれたのは2011年からの5重勝単式導入です。ばんえい競馬で導入の話がありましたが、システムの関係で延び延びになっているので、JRAが先に導入するかも?高配当と言えば3連単ですが、3連単はどうしても買い目が増えます。総じてハイリスクハイリターンになります。メディアも高配当を喧伝しますが、3連単なんて宝くじを買っているようなものです(交流重賞などは除く)その点、5重勝単式は100円で高額配当を見込めるので、財布に優しいです。LOTOなどと同様にキャリーオーバーもあるそうです。導入されたら毎週、5重勝単式を買っちゃうなあ(笑) 100円で複数レースを楽しめますしね。5重勝単式で一発狙いながら、1つ1つのレースは枠複、馬複、3連複で手堅くいけます。

 注目していたJCダートへ参戦のサマーバードが来日。米三冠の最後のベルモントSと「真夏のダービー」のトラヴァーズS、ジョッキークラブGCを勝ち、BCクラシックで4着だった馬です。この馬が大敗するようだと今後、米国から大物が来ることは二度とないと思います。先日のシャラナヤでも3番人気でしたし、サマーバードはヴァーミリアン、エスポワールシチーに次いで3番人気あたりでしょうか。晴れたら取捨に悩みますが、重か不良なら軸にするか、単を買うと思います。スピード勝負になったら日本のダート馬では太刀打ちできないと思います。それこそクロフネのような時計を出せるなら別ですが。というか、米国ダートの大物はJCダートではなく、JCに出たほうが勝機があるような気がしてなりません。サマーバードにしても、ベルモントS(約2400m)で2分27秒台で走る馬です。欧州のビッグネームよりもよほど、日本の芝が合いそうな気もしますが……。ともかくそのレースぶりには注目しています。

テーマ:なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

カテキョでMAGICな平和賞

 昨日は指導日だったので、教え子に数学を教えてきました。先週出した宿題は分からない問題以外はちゃんとやっていました。チャラい子ではないので、2,3ヶ月もすれば結果がついてくる……というかついてこないと俺が困る(笑) 前回の指導後にはお宅からリンゴを大量にもらったのですが、昨日はダイコン、ハクサイ、キャベツなどを頂きました。恐縮してしまいます。ちなみにその子の中学校で新型インフルエンザによる学年閉鎖がなされていたので、自宅待機だったの?と訊いたのですが、1年生だけ学年閉鎖だそうです。中学1,2年生だと受験に直結するわけではないですが、もうすぐ期末試験もありますし、多少なりとも影響がありそうです。今年、受験する人は新型インフルエンザには気をつけて欲しいですね。

 今日の午前中に予約していたB'zの新アルバム『MAGIC』が届きました。CD店で買うと発売前日に購入できますし、くじが引けてB'zグッズがもらえるらしいですが、通販で買って安いほうがいいほうがいい。さっそく何度も聴いていますが、かなりキャッチーな曲ばかりです。前作『Action』でもそういう傾向がありましたが。1990年代の売れまくっていたB'zが好きな人、『イチブトゼンブ』のヒットでファンになった人は気に入るだろうと思えるアルバムです。反面で『Brotherhood』や『ELEVEN』あたりのゴツゴツしたロック曲が好きな人には軽すぎると思えるかもしれません。アルバム曲では3曲目『Time files』、5曲目『Long time no see』がイイ感じ。一方で表題曲『MAGIC』はなんか他の曲に埋没している感もあります(^▽^;)

 夕方、船橋競馬のメインレースの平和賞(S3)を買いました。1番人気のナンテカを軸にブンブイチドウ、ポシビリテ、エスケイガナールへ流しました。3連複3点買い。結果はナンテカ→ブンブイチドウ→エスケイガナールで3連複1300円GET。道営勢が1,2フィニッシュ。ナンテカは南関重賞連勝です。来月の全日本2歳優駿でも有力……というかナンテカが一番人気になりそう。道営勢はナンテカよりも強そうなビッグバンもいます。ナンテカですが、父スマートボーイ(伊藤直人Jとのコンビでダ1800重賞勝ちまくり)という渋すぎる血統。オーナーブリーダーのグランド牧場の馬だから種馬になれたのですが、ナンテカという結果が出ました。他に中央で2勝馬が2頭、今年の東海ダービー2着のトウホクビジンもいます。意外と結果が出ています。ちなみに今日は名古屋メインの単、名古屋最終の3連複も取り、300円が4000円以上になりました。今日はついてるなあ。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『追憶』

『追憶』

大切と思っていたはずの記憶

それなのに検索できなくなる

忘れたくないと願っていながら

忘れたいことは忘られないのに



君の笑い声が思い出せない

君の喜んだ顔もぼやけていく

冷え切った手を握ってくれた温もりも

やがて君の名前さえも忘れるのかな



深く深く沈んでいく

意識から前意識へ

前意識から無意識へ

僕の届かないところへ



それでも

出会った日の喜び

過ごした日の楽しさ

別れた日の悲しさ

感情だけは色褪せない



忘れたとしても消えない

テーマ: - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~モザイクハーツ~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

09年エリザベス女王杯回顧

 ★予想結果★
◎ブエナビスタ………3着
○ブロードストリート…6着
▲リトルアマポーラ…7着
△シャラナヤ…………4着

 5年に1度程度のクソレースが展開されました。クイーンスプマンテ、テイエムプリキュアが逃げることは戦前から予想されましたが、1000mを60.5、2000mを2:00.7で通過しており、前の2頭はちっとも早くはありません。ミドルペースですね。それなのに3番手のリトルアマポーラ以下が20馬身以上後ろを走っていたのは異様としか言いようがない。1馬身差で0.2秒差とよく言われますが、20馬身差だと4秒差ですか。実際、前の2頭と最速の上がりと繰り出したブエナビスタの上がりではほぼ4秒も違います。それでも捕まえられませんでした。3番手以下の騎手は何をしたかったのか……。3角回った時点でもうダメだと分かりました。前が速くもないのに20馬身も差をつけられるなよ……。

 展開に大きく恵まれましたが、スプマンテもプリキュアも牡馬相手に勝てる馬なので、レースが壊れなくても5着くらいには来れたのかもしれません。プリキュアは引退を伸ばしたのが結果に出ました。田中博騎手も熊沢騎手もしてやったりとは思いますが、気の毒なのが荻野琢騎手。プリキュアは前走まで荻野騎手が乗っていましたし、スプマンテも前々走のみなみ北海道Sを勝ったのは荻野騎手でした。プリキュアで年初の日経新春杯を勝ったときの荻野騎手のインタビューが好印象だったので、今日の1,2着のどちらかに荻野騎手が乗っていてほしかったと思います。今日の展開ならば鞍上で結果が変わったとも思えませんしね。がんばれ、荻野!めげるな、荻野!

 アンカツはやばいと思ったのか3角からポジションを上げ、4角では3番手付近まで上がりました。そして、ブエナビスタも良馬場発表とは言えまだ湿り気のある馬場で、上がり32.9という究極の足を繰り出しましたがプリキュアにも届かずの3着。3F32.9ですが、4F44.0くらいの脚を使っていると思われます。レースの上がりは勝ったクイーンスプマンテの4F48.6、3F36.8ですから、やはり4秒は違う上がりを出しても届きませんでした。3番手以下の騎手の騎乗はヒドいものでしたが、ブエナビスタの能力自体はものすごいモノがありますね。俺はずっとテイエムオーシャンやメジロドーベル並で、牡馬と勝ち負けできるレベルにはないと思っていましたが、上方修正したいと思います。

 リトルアマポーラとスミヨンにはがっかりしました。他の騎手にも大問題がありますが、3番手以下のペースを作ったのはスミヨンなので。もっと差を詰めておけよ……。リトルアマポーラ自体も34.0の上がりしか出ていません。3番手以下の瞬発力の限界を見ることができたレースではあります。ブロードストリート……というか藤田は4角でまだ後方。やばいと思わなかったのだろうか(^▽^;) 逆に日本の馬場への適性が危ぶまれていた外国馬のシャラナヤですが、普通にキレていましたね。前走オペラ賞の時計から早い馬場にも対応できそうだと思って買っていたのですが。この馬にはぜひJCに出て欲しいです。適性や調子の怪しい他の外国馬よりもやれそうだと思います。


テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

09年エリザベス女王杯展望

 3歳上戦となった過去13年のデータを見ていきます。連対馬は1人気が7回、2人気が8回、3人気が4回と上位人気はよく来ています。最も低い人気で来たのは99年フサイチエアデール、06年のフサイチパンドラの7番人気です。過去13年において、1人気、2人気馬が共に来なかったことはありません。3歳が8連対、4歳が11連対、5歳が7連対です。6歳以上の連対はありませんし、5歳馬もGI級の実績を既に示していないと厳しいです。騎手については、騎乗回数が少ないこともあるのでしょうが、関東騎手はあまり良くないようです。武豊は01年~04年まで、このレースを4連勝しています。どのGIでも好成績ですが、このレースは特に良い成績です。他では吉田豊が2勝(メジロドーベルで連覇)、ルメールが1勝2着1回、横山典、川島が2着2回というところが目立っています。

 ステップレースを見てみると府中牝馬S組が9連対で最多。次いで秋華賞組が8連対。天皇賞・秋組が3連対、京都大賞典から2連対、札幌記念、ドバイWC、毎日王冠、エルムSから1連対となっています。OP特別以下からの連対はありません。府中牝馬S組は掲示板に載っている事が必須。秋華賞組も6着以内、できれば連対が望ましいです。天皇賞・秋、毎日王冠などの牡馬混合戦からの参戦に関しては着順・人気とも度外視で良いようです。牝馬戦からの馬は前走で6番人気以内。前走、大穴で激走したとしても信用できません。実績と勢い重視。基本的には堅いレースですし。

 例外なく連対馬は既に京都で連対歴がありました……が、去年の勝ち馬リトルアマポーラは京都では(0-0-0-1)でした。1戦だけはノーカウントで(笑) 重賞実績では、エリモシック、フェアダンスを除く連対馬は既に重賞勝ち馬でした。その2頭にしても重賞での連対はありました。当たり前ですがGIですので重賞の1つも勝っていない馬は不利でしょう。

 ◆チェックポイント◆
・前走が牝馬限定戦で7着以下/7人気以下:ウェディングフジコ、チェレブリタ、ピエナビーナス、ブラボーデイジー、サンレイジャスパー、ニシノブルームーン、ムードインディゴ、レインダンス
・前走が重賞ではない:メイショウベルーガ
・6歳以上:カワカミプリンセス、テイエムプリキュア、サンレイジャスパー
・京都芝で複数回走って連対歴がない:ピエナビーナス、ブラボーデイジー
・重賞連対実績がない:ウェディングフジコ、メイショウベルーガ、クイーンスプマンテ、ミクロコスモス
・当日8番人気以下:???

 残ったのは、ジェルミナル、リトルアマポーラ、シャラナヤ、ブロードストリート、ブエナビスタの5頭のみ。

 昨年の1項目は牝馬戦で6着/6人気以下だったのですが、秋華賞で6人6着だったリトルアマポーラが勝ってしまったので7人7着までに拡大されています。ニシノブルームーンのような7着馬(4人)が来たりして……(^▽^;) 前走が重賞でなかった馬は過去13年間、1度も3着内に来ていません。去年のポルトフィーノも血統と勝ちっぷりから人気でしたがダメでした……まあ落馬ですし、カラ馬で1位入線ですが(笑)6歳以上の連対はないのですが、3着は一度あり、一昨年のスイープトウショウです。スイープトウショウは2年連続このレースで連対していました。そういう意味ではカワカミプリンセスも2、3着ならあるかもしれません。このレースは特にリピーターが強いレースですので。

 前日17時時点での人気はブエナビスタ、ブロードストリート、シャラナヤ、カワカミプリンセス、リトルアマポーラ、ジェルミナル、メイショウベルーガの順で、8番人気ムードインディゴは微妙に離れているので、おそらく上位人気7頭はこのままだと思います。残した5頭は7番人気以内なので問題ありません。3歳上戦になってのこの13年、1人気か2人気の少なくとも一方は連対しているので、ブエナから4頭流し、ブロードからも3頭流しと買えばデータ的には当たります。ただ、ブエナとブロードで決まるとガミってしまいます。そこでジェルミナルは切ります。実力馬ですが秋の2戦でブエナ、ブロード、そして今回はいないレッドディザイアとの力差を感じます。また過去10走して2着が1度もありません。ここで勝てるとも思えないので3着ですかね。

 ◎ブエナビスタ
 ○ブロードストリート
 ▲リトルアマポーラ
 △シャラナヤ

 ◎○の2頭軸馬連流しも考えましたが、それは▲△を切っているだけなので、馬連4頭BOXで行きます。去年の勝ち馬と海外GI馬、外人騎手の1,2フィニッシュもなくはないと思えますから。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

あこがれのビストロSS

 天気の週間予報を見ると来週半ばにかけて、雪マークが2日並んでいたので、タイヤ交換をしてきました。来週は秋田県の玉川温泉まで行ってこないといけないので、冬タイヤ必須ですし。ディーラーに脚を運んだので、ついでに車検の切れる来春から乗りたいヴィヴィオビストロSSの話をしました。それほど需要のある車ではないですが、11~12年落ちと古い上、たった1年しか作られなかった車なので、モノ自体が市場に出回っていません。GOO-NETでヴィヴィオビストロを検索したところ、全国で281件ヒット。さらに「SSの4WD」となるとたった3台しかヒットしませんでした(笑) 担当の方も「そこまで指定しますか?(苦笑)」というほどです。だから車検間近ではなく、まだ5ヶ月残っている段階で相談したのですが、調べてもらったところ来週の業者のオークションに出品されるそうで、担当の方も驚いていました。

 色は白、走行距離9万km、状態は5段階評価の3。古い車ですから3でも上等ですし、修理された車だとRと表記されるそうなので、事故車などではないようです。タイミングベルトが交換されていれば、それも記載があるそうなので、交換はなされていない模様。総額で40万以下でと微妙な条件を出しました。青森県の中古車は総じてかなり高いですが、全国標準並の価格を要求しました(^▽^;) したがって予算内で落札されるかは微妙。来週末に結果がわかります。落札できた場合は、車代だけ払って春まで店に保管してもらい、4月に整備点検・車検を通します。ついでに今乗っているヴィヴィオが不要になるので、1万でも2万でもいいから引き取ってもらおう、キーレスエントリーも付けたいと話したら、今のヴィヴィオとキーレスエントリー(工賃込み)で相殺されることになりました。落札されて購入した場合、10年は乗るつもりです。俺は年間5000~6000kmしか乗りませんし。

 見た目はかわいいビストロですが、中身はツインカム・スーパーチャージャー、6速MTモード付ECVTです。ヴィヴィオの最速型であるRX-Rの最終バージョン(E型)はハイオク仕様ですが、ビストロSS(およびRX-SS)はレギュラー仕様というのも財布にやさしいです。まさに「羊の皮を被った狼」という車です。某ワ@ンRスティングレーだのム@ヴカスタムなどのようにいかつくないですが、車重の重いそれらの車よりもビストロSSのほうがかなり速いと思われます。5年くらい乗ってエンジンが死んでも、20万くらい払ってエンジン載せかえてでも乗りつづけるつもりです。まあ、でもR1/R2のスーパーチャージャー付が手ごろな価格まで値下がりしたら買い換えるかも……。タイヤ交換に行ったはずなのに、商談になってしまった(笑)

テーマ:旧車 - ジャンル:車・バイク

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『ソープランドとエロソングが大好きな彼は、ゴムを欠かしはしないだろう』

ねぶ:街中でマスクを着けている人がかなり目立ってきたなあ。

S:新型インフルエンザ感染者は拡大の一途ですからね。

ねぶ:電車の中もマスクマンだらけだよ。

S:電車のなかはウイルスが充満してそうですし。

ねぶ:うかつにクシャミもできないよなあ。

S:白い目で見られそうですね。

ねぶ:しかし、みんな気にしすぎのようにも思えるんだが……。

S:社会人だと万一感染してしまうと自己管理能力が問われるかもしれませんから。

ねぶ:まあ、俺もソープランドに行ったら、泡姫がゴムなしでも良いと言っても、ゴムつけるしなあ。

S:ゴムうんぬん以前にソープランドに行かないのが最善なのでは……?

ねぶ:飲む・打つ・買うは漢の華だよ。酒飲んで、博打打って、女買わないでどーする?

S:ねぶさん、ねぶさん、おおっぴらにそんなことを言っていると女性団体に攻撃されますよ。

ねぶ:そんなもの知るか。だいたい何でも禁止すればいいってもんじゃないぞ。

S:どういうことですか?

ねぶ:禁止されたものが水面下で行なわれて、より陰湿、悪質化するかもしれない。

S:なるほど。さすがねぶさん、理屈でごまかすのがウマいなあ。

ねぶ:ちがうっつーの!むしろ俺は風俗嬢を国家資格にすればいいと思うほどだ。

S:どういう名前、試験、資格なんですか?

ねぶ:うーん……セクシャルヘルパーってのはどうだ?

S:どうだ!と言われても言葉に詰まっちゃいますよ(笑)

ねぶ:セクシャルヘルパーになるには、まず顔や体型のルックスチェックがある。ただし、これで不合格にはならない。デブ専やスレンダー派などの多様なニーズに応える必要があるからな。

S:それで?

ねぶ:次は実技だ。素人とは違うというワザがないとな。マンゾクにスマタができないなどは論外だ。

S:……。

ねぶ:あとは知識だな。男の性感を知り尽くす必要があるし、自分の身を守る意味でも性病などにも精通していないとな。このセクシャルヘルパー資格のある人しか風俗店は使ってはいけないという法律ができればいいのだ。

S:女性団体の人が聞いたら卒倒しそうな話ですね。

ねぶ:いやいや、もちろん男性のセクシャルヘルパーも育成するんだよ。スマタではなく、クンニなどが上手くないとだめだ。

S:……。



タッタッタッ



M子:ねぶさん、S君、何の話をしてたの?スマ……?

ねぶ:いや、セクシャル……フガッ!

S:いや、『セクシャルバイオレットNo.1』はいい曲だなあと。音楽の話だよ。

M子:古い歌でしょう?よくS君知ってるね。

ねぶ:S、違うだろうがスマッ……うおっ!

S:スマッタスマッタとなまりながら、SMAPの話もしていたんです。なにしろねぶさんは東北の人だしね。

M子:古い歌から新しい歌までいろいろかあ。S君、歌上手いの?

S:いやあ、それほどでも……。

ねぶ:よし!これから3人でカラオケに行こう!

S:僕はまだ5時限目があるんですが……。

ねぶ:いいから来い来い!

M子:カラオケは久しぶりだなあ。

S:しょうがないなあ。


(2時間後)


S:ねぶさん、もっと選曲を考えてくださいよ。

ねぶ:歌いたい曲を歌わないと面白くないじゃないか。

M子:うーん、でも、ねぶさんらしくていいんじゃない?

ねぶ:ほら見ろ。Mちゃんだってそう言ってるんだし。

S:うーん、最後はねぶさんのエロソングリサイタルになっちゃったし。

ねぶ:リサイタルだなんて俺はジャイアンかよ。

M子:面白かったからいいじゃない、ね?

S:まあ、たまにはカラオケも楽しかったですね。

ねぶ:じゃあ、来週もだな。朝までコースで。

S:カンベンしてくださいよー。



(カラオケ送信履歴)

サザンオールスターズ『マンピーのGスポット』

コブクロ『蕾』

嵐『Love so sweet』

平井堅『Strawberry Sex』

サスケ『青いベンチ』

トラジ・ハイジ『ファンタスティポ』

Mr,Children『フェイク』

レミオロメン『粉雪』

羞恥心『羞恥心』

B'z『SPLASH!』

森山直太朗『さくら』

NANA starring MIKA NAKASHIMA『GLAMOROUS SKY』

KUWATA BAND『スキップ・ビート』

Mr.Children『しるし』

酒井法子『蒼いうさぎ』

THE YELLOW MONKEY『So Young』

コブクロ『ここにしか咲かない花』

修二と彰『青春アミーゴ』

SUPER CHIMPANZEE『クリといつまでも』

hide with Spread Beaver『ROCKET DIVE』

サザンオールスターズ『エロティカ・セブン』

テーマ:ショート・ストーリー - ジャンル:小説・文学

連作短編『ねぶとS君の平凡なキャンパスライフ』 | コメント:0 | トラックバック:0 |

外国馬と外国騎手

 春のGIでは安田記念にしかほぼ外国馬の出走がない(春天のマカイビーディーヴァなどもいるが)ですが、秋のGIはスプリンターズS、エリザベス女王杯、マイルCS、JC、JCDと外国馬が出走が目立ちます。まあ、JCとJCDは外国馬に来てもらうためのレースなので当然なんですが。今週のエリザベス女王杯にもフランスのGI馬・シャラナヤが参戦します。過去にもエリザベス女王杯には外国馬が参戦していますが、GI馬の参戦は初めてだそうです。外国馬の最高着順は03年のタイガーテイルの3着ですが、シャラナヤは上回れるでしょうか。タイガーテイルは遠征経験がありましたが、シャラナヤは欧州内どころか、フランスから出たことがない馬です。馬場が渋ればあるいは馬券に絡むかもしれませんが、たぶん5~10着あたりの微妙な成績になるような気がします。全然人気がなければ抑えてもいいですが。

 来週のマイルCSにもイギリスのエヴァズリクエストが参戦します。前走でイタリアで唯一の牝馬GIであるリディアテシオ賞(芝2000)を制しています。ちなみにそのレースは稍重で2;04.3という時計。イタリアは欧州では時計が出る馬場として知られていますが、稍重だったので参考にしづらい。1700と1400のGIIIも勝っていますが、良馬場の1700mで1:43.8……遅すぎ。過去にはもっとビッグネームであるコートマスターピースやらラクティが参戦していますがサッパリでした。この馬もたぶん無理でしょう。マイルCSよりは安田記念のほうが脈があると思うんですけどね。安田記念は梅雨時で馬場が渋りやすいので、欧州馬に向くように思います。

 JCやJCダートの外国馬はまだ不透明ですが、JCダートに今年のベルモントS、トラヴァーズSを勝ったサマーバードが招待受諾しています。いまさらJCダートにこんな大物が来るとは思いませんでした。日本で言えば先頃引退したディープスカイが3歳時にJCターフに参戦するのに近いと思います。これ以上の米国馬となるとケンタッキーダービー、BCクラシック、ドバイWCを勝った馬になってしまいます。サマーバードがリドパレス並に惨敗してしまうともう米国から大物が来なくなってしまいそうなので、JCダートの日にはぜひ雨が降り、時計の出る馬場になってほしいです。実際、米国馬(フリートストリートダンサー)が唯一勝ったJCダートも田んぼ馬場でした。田んぼ馬場ならサマーバードの圧勝もあるでしょう。良馬場だとトータルインパクトと同じく4着くらいかなあ。

 JCには昨年、風邪で出走回避したカナダのマーシュサイドが今年も参戦です。マーシュサイドは昨年同様にカナディアンインターナショナルSを勝ち(連覇)して、JC参戦です。さらにマーシュサイドは有馬記念にも出走登録しています。未だかつて有馬記念に外国馬が参戦した例はありませんが、JCで上位に入るようなら使ってくるんでしょう。インターパティション、ジャストアズウェルの2頭も今年の米GI馬です。さらにラフィアン・岡田総帥が購入したコンデュイットも参戦の可能性があります。BCターフ連覇、今年のキングジョージ勝ち馬も参戦となれば、久々にJCらしいJCになるかもしれません。

 ウオッカは過去2度のJCで4着、3着で、1600~2000がベストでしょうから来ても3着でしょう。レッドディザイアも出走予定ですが、エリ女に間に合わないのでJCに向かうそうですから、体調面で疑問もあります。そもそも面子が強化されます。ロジユニヴァースもいますが、ダービー以来のぶっつけというのはどうなのか?時計のかかる馬場でしか好走していないので、良馬場なら不要でしょう。今度は人気になるでしょうが、日本馬では昨年の覇者・スクリーンヒーローが中心。あとはオウケンブルースリあたりでしょうか。日本馬がパッとしませんし、マーシュサイドやコンデュイットが調子良ければ、久々に海外馬の勝利もあるように考えています。

 馬だけではなく、欧州騎手も続々来日、スミヨンは早速に重賞を勝っています。ルメール、クラスタス、スボリッチ騎手も来日中です。ルメールは日本の実績も十分ですし、今年もGIを勝っていくのではないでしょうか。外国人が出稼ぎになる季節になると秋も深まってきたなあと感じます。でも、ペリエやデムーロといった常連さんがまだ来ていませんね。月末に来るのかな。ペリエのいない有馬記念は炭酸じゃないペリエのようなものです(笑)

テーマ:応援馬 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

おなごぢから

 最近、化粧品店やドラッグストアで見かける「女子力」という単語。読み方は「じょしりょく」でいいのかな?「おなごぢから」じゃないよね(笑)

 昨日から5年ぶりの家庭教師ねぶ本格始動しました。主に数学主体ですが、テスト近くには指導回数を増やして、ほかの科目も多少ケアします。現時点5教科500点満点中200点程度ですが、1年後には300点超にします。最低限そこまで上げないと本人や親御さんの希望する高校には入れないので。口数の少ない子ですが、野球部(一応エースピッチャー)なので、やるべき宿題はきっちりやってくれると思います。昨日は四則計算、文字式、一次方程式の計算をやらせましたが、まったくわからないわけではなく、うろ覚えになっている感じ。それとケアレスミスが目立ちました。まあ、これは繰り返し繰り返しの計算で改善されると思います。俺もカンを取り戻すことと咀嚼して指導するために、同時に問題を解いています(笑) 指導されるほうは必死だと思いますが、俺はゲーム感覚で問題に取り組めましたヾ(--;)ぉぃぉぃ 帰り際、お母さんから大量のりんごをもらいました。恐縮してしまいます。専用座布団も用意していただきましたし。成績がきっちり上がれば、口コミで教え子が増えればいいなと思っています。

 今日は久々に通院してきました。予約入れているのに1時間も待たされるのはなんだかなあ……。最近、寝つきが改善されましたし、わずかながらも目標ができて精神的にも安定しているので、クスリの量をいくらか減らしました。正直、俺はうつ病がクスリで治るとは思っていません。悪化させないかもしれませんが、良化はしないと思います。必要なのは休養と、自分の状態に合わせた負荷だと思っています。限界以上の負荷をかければ台無しになりますが、限界付近までの負荷は自信につながり、限界を伸ばします。俺はともかく、基本的にうつ病になる人は頑張りすぎる傾向がありますから、「無理せず、今できるだけのことをやる」。これで回復すると思っています。医学的根拠なんてないですし、あくまでも経験論ですけれど。俺はまだまだ負荷が足りないんだと思います。まだやれる、もっとやれる。

 帰りに必要な資料を図書館でコピーし、ちょいと脚を伸ばしてブックオフへ。105円コーナーに使える中学生用の数学・国語・英語の問題集がないかと思ったのですが、どうにもピンとくるのがなかったですね。指導先のお宅では訪問販売の高い教材を買ってしまったそうなのですが、学校で使う教材と計算ドリル、漢字ドリル、英単語ドリルがあればそれでいいんですけどね。結局、目的のものは見つからなかったのですが、何も買わずに帰るのもムダ足でイヤなので、格安CDコーナーをプラプラ……。B'z『Mixture』、ASKA『ASKA the BEST』、小沢健二『LIFE』のどれかにしようと思って、10分ほど検討したのち、ASKAのベストを買いました。今、聴いています。味わいがあるなあ。前記の3枚を全部買っても1000円なんですが、1000円以上の買い物をするには熟慮が要るのです(笑)

 明日は天気が良いようですが、最高気温は8度まで。晩秋です。そろそろタイヤを冬タイヤに替えてこようと思います。週末だと混みあうでしょうし、オヤジの脚として来週あたり、秋田県の玉川温泉まで行くので。4月下旬に訪れた際には夏タイヤだったのですが、玉川温泉付近(国道341号)は吹雪いていたほどなので、冬タイヤに替えておきたい。車と言えば、今日、街中で俺の欲しがっているヴィヴィオビストロSSとすれ違いました。ただのビストロはゴマンと走っていますが、エアインテークがついていました。「ビストロスポーツ」にもエアインテークはついていますが、ビストロスポーツには4WDの設定はなくFFのみですから、弘前で走っていること(ホイールも鉄だった)からして、4WD設定のある「SS」と思われます。年明けから行きつけのディーラーの人に探してもらいます(^▽^;)

テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

常連さん

 タスポ(たばこ購入用成人識別カード)がなければ、自動販売機でたばこを買えなくなりましたが、俺はタスポを未だに持っていません。いちいち申請しなければならないのが不便なのと、信頼できない政府や行政に喫煙者だと知らせたくない気持ちもあります。何よりも近所の商店やコンビニでたばこは買えるので、別段不便に感じることがないというのが大きいです。近所の商店では銘柄を言わなくても「2つください」と言えば、マイルドセブンメンソールワン(ロング)が2つ出てきます。近頃は近所のコンビニでも店長が店番しているときには、俺が入店するなり上記のたばこに手を伸ばします(笑) 常連さんになってきたようです。ただ、たまにマールボロブラックメンソールワンなども吸うのですが、「いや、今日はいつものではなくて……」とちょっと言いにくい(笑) 気に入った店、気に入ったものばかり使う傾向が俺は強いです。奇抜な考えや話をしがちですが、本質的に保守的です。

 常連さんというと、K学院大時代(たまプラーザ在住時)に、よく脚を運んでいたとんかつ「むさし」を思い出します。1998年~2000年にかけて、週に2回は通っていました。家庭教師のバイトの後、決まって21時半ごろに入店し、常にレディースセット(一番安い)を注文していました。ご飯のおかわり3杯までOKで、キャベツのおかわりは無制限だったと記憶しています。いつもご飯は2杯食べていました。K学院大生ならおそらく誰もが知っている店だと思います。2000年秋に病気で休学して、2002年の春に再上京しました。2002年からはたまプラーザではなく、東急田園都市線の終点である中央林間で暮らし始めました。だから、「むさし」へ行くことも減ったのですが、久しぶりに(1年半ぶり?)店を訪れたときに、店のオヤジさんが俺を覚えていてくれたのは嬉しかったですね。いつも決まった時間に、決まったものを食べていた人間がぷっつり来なくなったから印象に残っていたんでしょう。2年半前にたまプラーザを訪れたときには、街並み(特に南口)がまったく変わっていましたが、「むさし」の繁盛を願ってやみません。

テーマ:愛おしい日々 - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

09年アルゼンチン共和国杯回顧

★アルゼンチン共和国杯★
 ◎エアジパング………13着
 ○トウショウウェイヴ…10着
 ▲ジャガーメイル……5着
 △モンテクリスエス…7着
 △ミヤビランベリ……1着

 ハナを切った11番人気のミヤビランベリが、2番手追走から追いすがるアーネストリーを振り切って完勝。3着にはどっと押し寄せるなかでヒカルカザブエがハナ差で入りました。人気のジャガーメイルは5着、スマートギアは12着。

 昨日は買い方が合っていましたが、今日は買い方を間違えました。当初の予定通りに単勝多点買いで良かった……残り600~200mまではモンテクリスエスも伸びていたので、枠連3-3!伸びろモンテ!とテレビ画面越しに激を飛ばしましたが、モンテは残り200mで失速して後続に飲み込まれました。俺が来ると思った馬は来ましたし、来ないと言った馬は来ませんでした。そして、何も触れなかったアーネストリーが2着に来てしまいました……。父グラスワンダーは昨年の勝ち馬を出していますし、距離や走りからこの馬を消す理由はなかったのですが、なんとなく消したら来られてしまった( ´△`)アァ-

 ミヤビランベリが単11番人気はなめられすぎです。春に目黒記念を勝っているのに。過去の上位馬の上がりは昨年と04年こそ33秒台ですが、ほかは34~36秒台の上がりです。去年などはテイエムプリキュアが飛ばした影響があったでしょう。今年もミヤビランベリが34.7で押し切っています。やはりキレ過ぎる馬は本質的にこのレースには合いません。ヒカルカザブエやサンライズマックスは地力があったのか、33秒台で突っ込んできましたが3着争いまで。スマートギアなどは中団からまったく伸びず。その一方でトウカイトリックなどが6着に奮闘しています。

 去年はこのレースが出世レースになりましたが、今年はそうは思えないです。ミヤビランベリはまた上がりのかかる競馬になれば来るのでしょう。中山は金杯の3着があるだけですが、中山は合うと思います。有馬記念に出てくればまさかの3着があるかもしれませんし、金杯やAJCCなら有力と思います。アーネストリーはコースの得手不得手はなさそうですが、現状はGIでどうこう言う馬ではないでしょう。ここを勝っていれば話は別ですが。ヒカルカザブエはステイヤーズSに出てくれば有力でしょう。まあ、人気になるでしょうけど。サンライズマックスには向かない条件と思ったのですが頑張りました。まあ、春天でも4着に来る馬なのでこのメンバーでは地力が上なんでしょう。中距離平坦に戻れば巻き返しそう。

 エアジパングがここまで負けるとは思いませんでした。今回のトウカイトリックくらいには走れると思っていたのですが……。次は連覇のかかるステイヤーズSでしょうが、取捨に悩んでしまいます。ジャガーメイルはまた好走どまり。良馬場になりましたが、ミヤビランベリとの差は大して詰まらず、着順は悪化。これが実力なのかもしれません。スマートギアは中日新聞杯か鳴尾記念あたりを使ってきそうですが、どうでしょうか。条件的には良いと思うのですが、今回は条件不向きに加えて、春から使い詰めで調子の問題もあるような気がします。

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

予期せぬ来訪者

 両親と夕食のすき焼きをつついていたところ、呼び鈴も鳴らさずに戸を開けずに入ってくる音がしました。何者?と身構えたのですが、新潟の愚弟が突然やってきました。先週、会いに行ったばかりなんですが……。愚弟には「ばあちゃんの腰には腫瘍ができている。良性か悪性かは不明。とりあえず1~2ヶ月の入院。退院したら連絡する」と言っておいたのです。実際にはばあちゃんは入院していますが、腫瘍ではないです。脊柱神経狭窄症とやらです。ただ、そうでも言っておかないとヤツは連絡になかなか応じないので。もっとも今は弟の彼女の携帯番号も控えているので、連絡がつかないことはまずないはずですが。

 レンタルビデオ店のバイトをしているので、年末は休みが取れそうもないそうで、だから今来たそうです。昨日、愚弟にメールしたんですが、今日帰ってくるなどとは返信に書かれていませんでした。「明日、一度帰る」と一言書けばいいだけなのに。ヤツはいつもそうです。突然やってきます。突然、入院中のばあちゃんに会ってきたそうです。驚くだろうが!そもそも7年前に新潟大学を受験したときも、身内には何も言わずに勝手に受験して、突然やってきて(俺は休学中で実家にいた)、「よお、おにい!新潟大学に受かったや!」などとほざく始末。アポを取る習慣がないようです(^▽^;) ちなみに今回は彼女も一緒に青森県に戻ってきているそうで、実家に帰ったそうです。

 明日の夜にまた新潟へ戻るそうですが、弟は高校時代の仲間と飲み会があるそうで、俺が送迎することになりました。弟とは言え、足代を徴収しましたけどね(笑) ヤツから電話が来るまで俺は寝ることができません。まあ、俺はいつも1時、2時まで起きていますが。愚弟の車はワゴンR(18万km以上走行)ですが、彼女の車がサニーなので、それでやってきました。先週の俺は9時間も一人で運転していましたが、弟は彼女と交代で運転してきたそうで、途中で特に休憩も挟んでいないそうです。それでメシ食って、フロ入って、飲みに行く……普通は疲れそうですが、弟の仲間はそれが普通だそうです。もっとも俺も旅するときは超過密日程を組みますが(笑)

 後述のネタで日記を書くはずでしたが、突然の来訪者が来たのでそちらの話がメインになってしまいました。昨日、オヤジが本に載せる写真を撮るために車を出したのですが、その帰りにシバオの生家(重要文化財)を訪れました。シバオの母犬は既に亡くなっていますが、妹犬と父犬はいました。でも、父犬はもう14、15歳で歯がボロボロですし、肛門付近に腫瘍もできています。父犬も妹犬も亡くなった母犬も赤毛ですが、シバオはなぜか胡麻毛ですし、両親と妹と異なり毛も剛毛です。シバオの祖母犬(全国品評会上位犬)が胡麻毛だったそうで、隔世遺伝しているようです。写真はその妹犬です。シバオよりも一回り小さいです。ついでにシバオの写真も。
しばおの妹
しばおの雪やぶ

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:2 | トラックバック:0 |

09年アル共展望/武蔵野S回顧

 ☆武蔵野S☆
◎ワンダーアキュート……1着

 前日の展望では単勝多点買いをするつもりでしたが、ワンダーアキュート以外が思いのほか配当が低かったことと、3歳馬のなかではワンダーアキュートの勢いが上と判断したので、この馬の単複のみ買いました。複は取れるだろうと思っていましたが楽勝でしたね。安心して直線は見ていられました。まだ3歳ですが既に兄・ワンダースピードよりも強いかもしれません。これで重賞2勝を含む3連勝です。JCダートでも人気の一角になりそうですね。3歳馬はどの馬が強いのか判然としない部分がありましたが、ワンダーアキュートが一歩抜け出しました。ただ3歳ダート馬は総じて強いです。

 いつもいい線の予想をついても馬券の買い方がおかしくて外れることが多いのですが、今回は単複で正解でした。どの馬にもチャンスがあると思っていましたし、かといってダイショウジェットまで俺が拾えたとは思えませんから。しかしこの3頭で馬連15000円、3連単65万円ですか……安いような気がするなあ。ダイショウジェットは混戦の2着争いを制しましたが、GIでどうこうという馬ではなさそう。来年のGIIIでまた人気薄でやってくるような感じがします。休み明けのワイルドワンダーはよく走りました。やはり府中は合います。それだけにJCダートが阪神の今はどうでしょうね……?

 マチカネニホンバレはこんなものでしょう。実力は出せていると思います。藤沢和厩舎のダート重賞はタイキシャトルのユニコーンSからニホンバレのエルムSまで空いていたほどです。かつて同厩舎にいたウインデュエル、スパイキュール並のように思います。GIIIまでの馬。ラヴェリータはここで5着なら上出来。この馬はJCダートではなく、船橋のクイーン賞→大井のTCK女王杯でしょうね。牝馬交流重賞で大暴れしそう。トランセンドは直線平坦なコースのほうが向いているのかもと思いました。テスタマッタは休み明けと58kgが堪えたのかもしれません。ビッグウルフ化しないといいのですが。

 サクセスブロッケンは唯一59kgを背負っていましたが、そういうレベルの負け方ではないですね。ここまで負けてしまうとは……。2,3番手のいい位置にいたはずなのにズルズル後退。しかも逃げたワンダーアキュートが押し切っているだけに。交流重賞ならともかく、次はJCダートですしちょっと買いたくなくなるような惨敗。去年もJCダートでは負けています。建て直しに時間がかかるかもしれません。JCダートへの前哨戦が終わりましたが、ヴァーミリアン、エスポワールシチー、ワンダーアキュート、マコトスパルビエロ、ワンダースピードらが中心でしょうか。

 ◇アルゼンチン共和国杯◇
 府中2500mで行なわれるアルゼンチン共和国杯ですが、あまり府中実績と直結していない感があります。100m短いだけの府中2400mとあまりリンクしていない。ユーセイトップランやトシザブイ、アクティヴバイオなどのように目黒記念、ダイヤモンドS、万葉S、札幌日経OPなど2500m以上のレースで実績がある馬の台頭が目立ちます。サンデーサイレンス産駒はトウカイオーザ(テイオーの弟)しか勝っておらず、むしろ重苦しいステイヤー血統の馬が活躍しています。

 一番人気のジャガーメイルは去年のこのレース2着、目黒記念2着があるので適性を疑う余地はありません。普通に勝ってもおかしくはないです。しかし、実際にはこの1年好走すれども勝ちきれないレースを繰り返しています。3連複の軸には最適と思いますが、必勝かと言えばそうも思えないです。2番人気のスマートギアはこのレースを勝つにはキレ過ぎていると思います。32~33秒台の脚を繰り出せる馬は逆に向かないと考えています。サンライズマックスやハイアーゲームもキレ過ぎる感があります。

 適性がありそうなのはトウカイトリック、モンテクリスエス、ミヤビランベリ、ブレーヴハート、エアジパング、トウショウウェイヴ、ヒカルカザブエといったところでしょう。みんな人気薄ですが、こういう馬が馬券に絡むのがこのレースだと思います。まあ、去年は堅かったですが。ただ、トウカイトリック、ヒカルカザブエ、ブレーヴハートは休み明けですから割引が必要でしょう。意図したわけではないのですが、3枠と6枠の4頭だけになりました。枠3-3、3-6、6-6を買っても面白いのですが、ジャガーメイルが食い込んできそうなので8枠も足します。ゾロ目を含んだ枠連BOXですが、印としては以下。

 ◎エアジパング
 ○トウショウウェイヴ
 ▲ジャガーメイル
 △モンテクリスエス
 △ミヤビランベリ

 穴狙いしていますが、普通にジャガーメイル→トウショウウェイヴで決まりそうな予感がします(^▽^;)

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

09年武蔵野S展望

 今週はGIの谷間の週ですが、今後のGIへのステップレースとして注目のレースばかりです。中でも注目は明日、土曜日の武蔵野Sだと思います。人気はGI馬・サクセスブロッケンでしょう。当該コースで2戦2勝、フェブラリーSでのレコード勝ちもあり実績上位。前走の南部杯でエスポワールシチーに完敗の2着でしたが、地方の砂より中央の砂のほうが合っている感があるので上出来と思います。ただ、ただ1頭59kgを背負わされるのがどうかというところ。GIIIとは言えかなり骨っぽいメンバーがそろっているのでアタマ鉄板かと言えばそうでもなさそう。3着は外さないと思いますが。

 このレースは3歳馬が結果を出しているレースでもあるので、3歳馬の単を買いたいと思います。テスタマッタ、トランセンド、ワンダーアキュート、ラヴェリータ。このなかでは3連勝中でGI馬、しかもスミヨン騎乗のテスタマッタが人気になるだろうと思いますが、それでも単6~8倍はつくだろうと思っています。ただテスタマッタは58kgを背負うのであくまで抑え。期待しているのはほかの3頭です。トランセンドはレパードSがグレード外なので55kgで出走といかにも有利。前走は4着でしたがまだまだ見限れません。ワンダーアキュートは前走、前々走と古馬相手に圧勝。この馬が一番脈がありそうと思っています。そして3歳牝馬ですがラヴェリータ。3歳牝馬で芝とは言え、前走で大敗。いかにも人気なさそう。しかし、破った相手がツクシヒメ、クイーンオブキネマと骨っぽいです。ここでも通用する下地はあります。

 正直、まるっきり来ないと言える馬はいません。ダイショウジェット、トーホウドルチェ、ネイキッドも本年の重賞連対がありますし、ヴァンクルタテヤマも距離がやや長いですが実績十分ですし、ワイルドワンダーも休み明けさえ問題なければ得意の府中コースで走って不思議ないです。マチカネニホンバレは前走重賞勝ち、ダートでは底を見せていませんし、この馬が2番人気でしょうか。セレスハントは1600万下、OPと連勝中ですし、マルブツリードもここ4戦でOP2勝です。シルクメビウスも当該コースでユニコーンS勝ちです。サイレントプライドも血統的にはダートもこなせそうな感じがあります。3連単どころか馬連を当てるのも難しそうです。

 ◎ワンダーアキュート
 ◎トランセンド
 ◎クイーンオブキネマ
 ◎テスタマッタ

 ダートJpnIを7勝のブルーコンコルドが引退して乗馬だそうです。需要がなかったのだろうと思いますが、JpnIを7つも勝った馬が種馬になれないというのは、ダート競馬の存在が否定されている気分がします。しかも2歳時とは言え芝のGIIも勝っているのに。トーセンダンスやオンファイアのような良血とは言え駄馬でも種牡馬になっているのに……。需要がないのに種牡馬廃用→行方不明になっても困りますが、ファンとしてはブルコンの子を見てみたかったですね。トーシンブリザードやエスプリシーズ、トーホウエンペラーでも種牡馬になっているだけに……。トーホウエンペラーはクレイアートビュンを筆頭にそれなりに走る馬も出しています。この分ではカネヒキリやヴァーミリアンもノーザンファームで乗馬かな。カネヒキリは春先の故障で引退させてもよさそうなのに引退しませんし。

 クロフネは芝GI馬でダートで異次元の走りを見せました。アドマイヤドンは母系が優秀かつ芝GI馬でした。ゴールドアリュールは芝でもそこそこで、何よりサンデー直仔でした。そういう意味ではヴァーミリアンは母系が優秀ですし、父は既に世になく、芝でも重賞勝ちがあるので多少なら需要もあるのかな……。ただ、母父サンデーなのでやや配合しづらいかもしれません。サクセスブロッケンもエスポワールシチーもスマートファルコンも将来的にはブルーコンコルドやカネヒキリと同じ末路なのかと思うとさみしくなります。正直、芝よりもダートのほうが面白いと思えるだけに。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

寒波とヴィヴィオと家庭教師

 一昨日とその前の日と弘前の最高気温は6度、最低気温は0度というかなりの寒波に見まわれました。そして初雪が降り、愛車にもうっすらと雪が積もっていました。一昨日は祝日でしたから、ガソリンスタンドに給油に行ったら大混雑でしたよ。まあ、今日は最高気温15度ほどまで上がりましたし、しばらく暖かな日が続くようなので、冬タイヤに替えるのは10日後くらいにしようかと思っています。雪国だと冬タイヤがいるし、冬ワイパーもいるし、そもそもFFではつらく、FRなんて論外です。4WDじゃないと厳しいです。新車だろうが、中古車だろうが4WDのほうが高いですしね。北国のほうが何かと物入りです。

 愛車の車検は来年4月29日までなのですが、ばあちゃんはそれなりに出資するから買い換えろと言います。ただ、買い換えたい車がない……いや、なくはないです。スバル・R2タイプSやダイハツのソニカ、スズキのセルボSRでも良いです。でも、高くて中古でも手が出ません。80万以上は普通にかかりますから。ヴィヴィオの後継のプレオなら買えそうですが、DOHC・Sチャージャーモデルがハイオク仕様というのがちょっと……それとフロアあるいはインパネシフトではなく、コラムシフトというのも好きになれません。慣れの問題だろうとは思いますが。

 結論として買い換えるならまたヴィヴィオしかないです。代車のミラはいい車だったのに、満足できなかったのはCVTじゃなかったからだと思います。良い悪いではなく、ミッションが違うので違和感を感じたのです。安いCVT車はヴィヴィオとプレオ(後期レックスも)しかないので、やはりヴィヴィオ。加給機なしにもの足りなさを感じていたので、加給機は必須。どうせなら希少なら車をということで、やはりヴィヴィオ・ビストロSS/4WDしかないです。RX-SSでもいいですが、そうすると見た目が現状と大差ないので買い換えた気分がしないので(笑) 店は替えたくないので、行きつけのディーラーで探してきてもらいます(^▽^;) 古い車ですからコミコミ40万円で買えるはずです。

 やはり速いのは旧規格軽ですね。同乗者は新規格軽のほうが広くて快適でしょうけど、運転していてつまらなさそう。ただ、俺はMTを動かすのは不慣れですのでAT/CVTになります。アルトワークスのAT(ie)は3ATの上、60馬力。ビストロSSに見劣ります。ミラTR-XXは4ATですし、64馬力だからアルトワークスよりは良いですが、CVT+スポーツシフト+見た目でビストロですね。もう8割方、来年の春にはビストロSSを買うつもりでいます。10年は乗りたいとすら考えています。年次点検は欠かさず、異常があれば即ディーラーで、大事に乗りたいです。今のヴィヴィオには何も手を入れていませんが、ビストロSSを買ったら、音響面での強化、シートを替えたり、オービス探知のレーダーを付けたりします。足回りなどは良いタイヤを履かせるくらいかな。

 ところで今日から俺は久しぶりに家庭教師を始めました。相手は中二男子。といってもどっかの斡旋所を通してではなく、個人契約です。個人契約ですから斡旋所に中抜きされないので、安価で済みますし、俺自身の時給もかなり下げました。東京では時給1900円でやっていましたが、今回は1200円まで下げました。まあ、1500円でも良かったかなと思わないでもないですが。それで今日(もう昨日だが)、お宅をうかがって本人とお母さんと話を一時間ほどしました。主に数学を教えて欲しいとのことでしたので、当面は数学中心。前回の定期テストは27点という有様。3年生になるまでに計算問題(四則計算、一次方程式、連立方程式、因数分解)を定着させたいところ。それだけで50~60点には届くでしょうから。

 春までに結果を出せば、口コミなどで他からの依頼もあるかもしれません。できればもう一人二人は生徒を抱えて、そこそこの収入にしたいところです。斡旋所が中抜きするわけでもないので、激安の家庭教師ですので塾通いよりもお買い得です(笑) 東京時代3年あまり、計4人を担当していたので、多少のノウハウもあります。通信教育は本人が勉強のやり方を知っていれば良いですが、成績の悪い子はやり方を知らないですからね。本人よりもおかあさんのほうが焦っているようで、高い訪問販売の教材を買ったりもしたそうです。正直、もったいない。生徒ですが、口数少な目、小規模中学の野球部のピッチャーだそうです。チャラい感じの子ではないので、打ち解ければきっちりやってくれると思います。

テーマ:軽自動車 - ジャンル:車・バイク

晴れ時々ウツ | コメント:2 | トラックバック:0 |

 『トンネルの先』

 『トンネルの先』

8年前、僕はトンネルの中に入ってしまった

こんなに長いトンネルだなんて思わなかった

どれだけどれだけ歩いても終わりが見えない

一応、途中途中に灯りがついてはいたから

僕は次の灯りまで、また次の灯りまで

そうやって自分を叱咤しながら歩きつづけた



いつかトンネルを抜けられたなら

そこには入る前と同じ景色が広がっている

そんな風に思いつづけていた

トンネルの入口と出口で同じ風景

そんなことがあるわけないのだけれど

僕はなぜか元に戻れるような気がしていた



8年後、遂に僕は長い長いトンネルを抜けた

当然だけれどそこは入口とは違う景色で

でも、ささやかながらも満ちたりた場所だった

ここにずっといられたらいいと願ったけれども

僕の背中を時は無情にも押し流していく

そして、僕の前には新たなトンネルが待っていた



今日も僕はわずかな灯りだけを頼りに進んでいる

今度はどれだけ歩けば抜けられるのだろうか

もしかしたら、この先は行き止まりかもしれない

絶望と恐怖が僕の胸をかすめるとヒリヒリするんだ

その一方で、この先にどんな景色が待っているんだろう?

そんな期待や希望が僕の脚を前へ前へと押し出している


テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~モザイクハーツ~ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT