ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

『マニュアル・ドライヴ』

『マニュアル・ドライヴ』

かつて多くの人を乗せたレールも

今では廃線となり使われていない

新幹線は増えたけれど

年々、在来線は減りゆく

レールに乗ることができたなら

苦悩少なく生きられるかな?



けれど、新幹線の定員は決まっている

乗るための運賃だってバカにならない

駅には在来線を待つ人の群れ

一方、僕はポンコツ車で走り出す

新幹線には追いつけないけれど

先発の在来線には追いつけるかも?



ポンコツ車にCVTやATなんてない

MT、それも驚異の100段MTだ

しかも、ブレーキは軽いのに

アクセルはやたらと重いときてる

一度ブレーキを踏んでしまったら

再び加速するのは一苦労なんだ



若葉マークで僕はときどきエンストしてしまう

そんな僕を尻目にCVTの車が追い抜いて行く

重いアクセルじゃなかなかギアを上げれない

クラッチを何度も何度も踏んでギアチェンジ

とうの昔にCVT車は視界から消えている

新幹線はどこまで行ってしまったのだろう?



他人と比べてしまうから活き苦しい

みんな目指す場所は違っているのに

オドメーターは昨日より10km進んでいた

改ざんしなければ走行距離は増えるのみ

前へ、前へ、ひたすら前へ

僕は僕の目的地を目指すだけ





スポンサーサイト

テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~モザイクハーツ~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

官民格差

民間給与、前年比23万7000円減=過去最大幅、09年分調査-国税庁

 青森県の場合、官民格差がこんなもんじゃないと思います。公務員も全国標準よりは安いでしょうが、民間は悲惨です。職安で募集している会社の月給は10~15万円が半数ほど。15万円以上はそれなりの資格を要する職種が多いです……があまりありません。だいたいコンビニの時給が650円の世界ですので。都心の半分ですよ。まあ、都心のコンビニは行き着く暇もないほど忙しそうですが。そりゃムーンライトジョブ(求人誌でこのように書かれていた。お水)をせざるを得ないだろうと思われます。スズメの涙ほどの給料の職にも大量の募集があり、採用されるのは困難です。

 で、官なんですが、先日のテレビ収録で、ディレクターのUさんとオヤジと俺で下見をしていた際、急にパソコンが必要になりました。まさか民家で借りるわけにもいかんので某F町役場へ。役場なら共用のパソコンがあるかと思ったのです。役場の駐車場には車がたくさんありました。混んでいるのかな?と思ったのですが、役場のなかに入ると電気が点いておらず暗かった。え?平日なのに休み?と思ったほどです。役場の人に共用のPCについて尋ねると、数年前まではあったが使われないので撤去したとのこと。この時、正午過ぎだったのですが、皆さん、カウンターの前で平然と弁当を広げていました。ありえなくないか?休憩室かどこかでメシ食えよ!と思ったものです。

 PCは文学館にあるから、そちらへ行ってくださいとのことでした。役場を後にして、オヤジがいいました。「あいつら、弁当食べるために役場に行っているんだな」と。思えば、駐車場の大量の車はすべて職員のものなのでしょう。我々のほかに外部の人間はいませんでしたから。役人天国です。ちなみに文学館のPCのOSはWIN2000、CPUセレロン、回線がやたらに遅かったのでISDNかアナログ回線でしょう。使い物にならん(笑) そして、さかのぼること数ヶ月前、別のA町へオヤジのアシとして同行。田舎の選挙は実弾(まにー)が飛び交います。さらに支援した候補者が町長になると、その子弟が役場に採用になるという話です。とんでもないことですが、前記のF町もそうだとすれば、駐車場の車の数も納得いきます。

 本当はこちらのネタを投書用に使いたかったのですが、いろいろ差障りがあるので掲載にならないだろうと判断しました。また、仮に掲載されても都合が悪い。F町の役場にはオヤジの知人の息子がいるので。いつものように実名投稿すると……実名じゃなくてもマズいので、別のネタを使いました。

テーマ:時事ネタ - ジャンル:ニュース

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

アシ

 Better be the head of a dog than the tail of a lion. こんばんは、ねぶです。昨日、アッシー1号、2号は山ごもりを終えて、宿に泊まる御大ご一行様を迎えに行ってきました。青森へ来るときは寝台特急日本海(Oさんのみ夜行バス)で来られたのですが、帰りはバラバラでした(笑) 鰺ヶ沢でもう一泊する方、鯵ヶ沢駅から東能代へ向かう方、青森空港から伊丹へ向かう方などさまざま。65歳を超えて、当日に空席があれば全国どこへでも12000円で飛行機に乗れるようです。5,6席空席があったので一人の方は飛行機で帰りました。アッシー1号、2号は手間賃GET。普段、俺の車は禁煙にしているのですが、吸うなとも言えずに喫煙車になりました(^▽^;)

 しかし……皆さんすごかったですよ。環境省の方以外は皆、後期高齢者なんですが、ふつーに山歩きしてますからね。しかも、一番の御大は朝からビールですよ。ハンパじゃない。やっぱ、若いときに鍛えていた人間は違うんだなあと感じました。その一方で同じように鍛えていたはずのオヤジは帰りに脚が痛いだの腰が痛いだのともらしていました。今回、皆さんは誰も太ってなかったですからね。オヤジ以外は(笑) オヤジの腰が痛いのは太りすぎですね。洋梨体型になっているんで。たびたびやってくるOさんから今度はGPSをもらいました。でも、GPSのデータ処理は俺がやらねばなりません。携帯電話と違って専用機なので山奥だろうが、外国だろうが足跡を計測可能。

 ところでここ10日ほどで急に秋めいてきました。弘前市の最低気温は10度ほどです。そのせいか、また風邪を引きました。くしゃみ、鼻水と微熱アリ。とは言え、勤め人ほどじゃないですが、いろいろ雑務が立てこんでいるので、一日中寝てもいられません。オヤジは11月刊行の本の詰めの作業中で、俺が代理でいくつか撮影してこないといけません。なんか本格的にオヤジのアシスタント染みてきました。俺は俺の作品を煮詰めないといかんのですが、ばあちゃんの家でカンヅメになって書くのは来週になってしまいそうです。とりあえず……寝る前に投書用のネタを一つ書くかな。これも100回たまったら一つの本にしたいので。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

10年オールカマー&神戸新聞杯回顧

★オールカマー予想結果★
◎ドリームジャーニー……2着
○ジャミール……………5着
▲トウショウシロッコ……3着
△サンライズベガ………4着
△ミステリアスライト……6着
△シルポート……………9着

 11ヶ月ぶりの実戦でしたが、内から抜け出したシンゲンが外から迫るドリームジャーニー、トウショウシロッコ、サンライズベガを抑えて優勝。鉄砲がけするのは展望に書いたように分かっていましたが、昨年が順調だったのに3着でしたから、馬券に絡むことは考えにくいと思ったのですが勝たれてしまいました。7歳馬の優勝はバランスオブゲーム以来、1年近い休み明けでこのレースを制した馬はおそらく例がありません。来年の消去法は「7歳馬、休み明けでも重賞を複数勝っている馬は除く」としないといけません。今後10年は。

 去年の天皇賞・秋でシンゲンは5着でした。しかし、1~3着馬は昨年で引退。4着のオウケンブルースリもシンゲン同様に長期休養から京都大賞典で復帰、天皇賞を目指すそうです。カンパニーが長い間、上位のカベに阻まれてGIで好走しても勝てませんでしたが、8歳秋にしてGI連勝しました。シンゲンにもこれから順番が回ってくるのかもしれません。少なくとも今回のメンバーには府中で負けないでしょう。前記オウケンやブエナビスタ、アーネストリーらとの争いになりそうです。

 ドリームジャーニーは宝塚記念に続いて出遅れ。出遅れなければ勝てたと見る向きもあるかもしれませんが、朝日杯FSでは出遅れても差しきっています。それに出遅れが続くということはそういう馬だと思うしかありません。「出遅れのスペシャリスト」マルカシェンク化しているような。京都記念は得意でもない京都で、負けたのが女王・ブエナビスタとのちに春天を勝つジャガーメイルだからしかたないですが、大阪杯は負けられないメンバーでした。そして、前回今回。さすがにピークは過ぎたのかもしれません。

 シンゲンを買わなかったのは失敗でしたが、俺には買えない馬でしたからしょうがありません。むしろ連勝中だからと消去法で消していたミステリアスライトを買ってしまったことを反省したい。3連勝中だろうが、連対した重賞馬2頭のみならず、重賞2,3着ばかりの3~5着馬の後塵を拝しました。このレースでは連勝中だろうがなんだろうが、前走で重賞以外を走っている馬は不要。コスモバルクのように指定の重賞以外は出走不可能だった馬は別にして。いろいろ反省すべき点が多いレースでした。

★神戸新聞杯予想結果★
◎エイシンフラッシュ……2着
○ビッグウィーク………3着
▲マイネルゴルト………6着
△シルクオールディー…10着

 ローズキングダムはエイシンフラッシュに勝てないと思っていましたが、内からスルスルと抜け出して、外から追い詰めるダービー馬・エイシンフラッシュに交わさせませんでした。人気どおりの2強のマッチレース。さらに3馬身差で逃げたビッグウィーク。ダービーでもエイシンフラッシュは買っていたのに、ローズキングダムを消してハズレ。今回もローズキングダムを消してハズレ。俺と馬券の相性が悪いようです。ローズキングダムを消したこと自体は間違いとは思いませんが、◎⇔○▲△ではなく、◎→○▲△だけで良かった。欲張って余計な買い目を増やして、傷口を広げてしまいました。猛省します。

 下馬評どおり2400という条件ではこの2頭が抜けていました。キレ味が他馬とは文字どおり一目瞭然に違っていました。ただ……これが本番につながるかと言われたらそうは思いません。皐月賞馬は欧州遠征中、皐月賞2着馬は札幌記念4着。菊に出るクラシック上位馬は今回の2頭だけ。本番は今回以上に2強に人気集中でしょう。2頭とも単2倍前後で他はすべて単10倍以上は必至。しかし、トライアル→菊と連勝した馬は過去10年ではディープインパクトのみ。その前となるとダンスインザダークとなります(セイウンスカイは古馬相手の京都大賞典を勝っていたが) 神戸新聞杯→菊と限定するならば、ディープの前はビワハヤヒデまでさかのぼります。

 今日は惜敗したダービー馬・エイシンフラッシュですが、こちらはもっと問題があります。3冠馬は史上6頭、2冠馬は24頭います。にも関わらずダービーと菊花賞の2冠馬は1943年クリフジ、1973年タケホープの2頭しかいません。そして、クリフジもタケホープも皐月賞には出走していません。皐月賞で負けて、ダービーと菊の2冠を制した馬は日本競馬史上いません。前例を覆すのなら、今日は負けられなかったと思います。エイシンフラッシュもローズキングダムも過去にあまり前例のないタイプです。願わくは菊花賞は重や不良であってほしい。それなら両方切って、他馬の単で勝負できますから。

 過去の例に倣うなら今回も買ったビッグウィーク、マイネルゴルト、セントライト記念で粘ったヤマニンエルブ、あるいは北海道で古馬OP馬相手に連勝したトウカイメロディが怪しい。単4頭買いでも絶対にガミらないでしょう。馬場が渋ればこれでいいと思うのですが、良馬場だと今日の1,2着馬、そしてセントライト記念で鬼脚を見せたクォークスターですね。良ならクォークスターの単1点。まあ、まだ3週あるので、ジックリ考えたいと思います。

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

10年オールカマー&神戸新聞杯展望

 明日の重賞は中山でオールカマー、阪神で神戸新聞杯です。例年どちらも荒れません。過去10年のオールカマーで荒れたのは04年だけ。そのオールカマーは現地で見ていたのでよく覚えていますが、最低人気(単66倍)のトーセンダンディが勝ちました。俺はダイワメジャー軸で外れていましたよ(笑) まさかダイワメジャーが古馬になって復活……というかむしろ躍進するとは夢にも思いませんでした。

 それぞれ天皇賞・秋、菊花賞へのステップレースですが、あまり本番とつながっていません。それでも神戸新聞杯組は着順が本番では入れ替わりますが、ここを使った馬が菊でも馬券に絡むのでまだしも、オールカマーはここを使って秋天で馬券に絡む馬が少ない。過去10年だとメイショウドトウとスウィフトカレントだけですね。中山2200と東京2000ではレースの性質がまるで違います。ドリームジャーニーしてもマツリダゴッホにしても、秋天やJCを惨敗して有馬記念を制しているので、ここを勝った馬は有馬記念でこそ注目。

1.サンライズベガ……中山は1戦1勝(1000万下特別)なんですが、この馬の戦績を見ると直線の坂は気になります。重賞を8戦して(0-1-3-4)ですが、馬券に絡んだのは直線平坦です。

2.トウショウシロッコ……中山は(2-4-4-8)、東京や新潟も好成績です。遠征に弱いのかもしれません。昨年と同じようなローテですが、今年のほうが順調ですし、面子も弱化。上位争いでしょう。

3.ドリームジャーニー……昨年の春秋GPホース。圧倒的に格上。ただ、今年は3走して連対がありません。京都記念と宝塚記念はともかく、大阪杯の敗戦はいただけない。馬券に絡むでしょうが、アタマ鉄板ではないような。

4.ミッキーミラクル……重賞初挑戦。コース適性は問題ないでしょうが、ここはさすがに敷居が高そうです。

5.シンゲン……11ヶ月の休み明け。去年の3着馬です。鉄砲駆けする馬ですし、ここでも2,3着に来るかもしれません。ただ、そこそこ人気もしており、妙味はないですね。中山もこなしますが、本質的には広いコース向き。

6.シルポート……この馬もタイプとしてはシンゲンと同じですね。父ホワイトマズル、母父サンデーも同じです。中山は1戦7着。ローカルで良績なし。人気を集めていますが果たして?

7.デストラメンテ……重賞10戦で最高が福島記念の4着。中山が得意なわけでもなく、昨年のオールカマーは12着。去年よりは今年のほうがOP慣れした感もありますが、勝ち負けという感じはしません。

8.ミステリアスライト……3連勝中で中山も(1-1-1-0)と馬券を外していません。シンゲンやシルポート、ジャミールと6倍前後で並んでいますが、それらよりはこっちかな。

9.ベンチャーナイン……条件はいいと思うのですが、古馬になってからパっとせず……。うーん。

10.ジャミール……中山は1戦1勝(1600万下)。京都もこなしてはいますが、どちらかといえば馬力型。今年の戦績を見れば、ドリームジャーニー以外なら格負けもしません。チャンスでしょう。

☆チェックポイント☆
・3歳馬……いない
・7歳以上で中山重賞勝ちがない……トウショウシロッコ、シンゲン
・重賞の3着以内がない……ミッキーミラクル、デストラメンテ、ミステリアスライト
・牝馬……いない
・前走が中1週以内、半年以上前……シンゲン、ベンチャーナイン
・前走が重賞ではない(地方馬除く)……ミッキーミラクル、デストラメンテ、ミステリアスライト
・前走が10着以下……いない

 これに当てはまる馬は過去10年で連対していません。7歳以上ではバランスオブゲームが勝っていますが、同馬は中山のGIIを勝ちまくっていました。前走がOP特別というのはコスモバルクが2着ですが、地方馬なので中央のレースに自由に出られず、62kg背負って札幌日経OP2着です。どちらも連対するなりの根拠がありました。残ったのはサンライズベガ、ドリームジャーニー、シルポート、ジャミールの4頭。血統をあまり語りませんが、中山ならホワイトマズルよりステイゴールドだろうと思います。

 実績を考えればドリームジャーニーで決まりと思えますが、前日23時のオッズは260円で支持率3割ほど。あまり信頼されていません。他に4頭も単10倍以下の馬がいますし。それでもドリームジャーニーが3着も外す頭数、面子ではありません。他に残した3頭ではジャミールでしょうか。シンゲン以外は重賞勝ちもない面子ですし、そのシンゲンは長期休養明けかつ歳です。ドリームジャーニーとジャミールのステイゴールド産駒2頭軸。相手にサンライズベガ、シルポート。消していますが、勢いのあるミステリアスライト、中山重賞で実績あるトウショウシロッコまで。3複2軸4頭流し。どれが来ても10~20倍。4点買いなのでOK。

◎ドリームジャーニー
○ジャミール
▲トウショウシロッコ
△サンライズベガ
△ミステリアスライト
△シルポート

 神戸新聞杯も軽く触れます。当然ですがダービー1,2着馬の2強ムードです。そして勝つのはエイシンフラッシュと思います。ダービーは異常なスローペースでした。ローズキングダムにはスローの上がり勝負が向いたと思います。エイシンフラッシュはそれを上回る上がりでしたが、本質は京成杯やエリカ賞で見せた走りのような気がします。先行してソツなくまとめる。調教でも猛時計をたたき出していました。本命はエイシンフラッシュ。相手は当然ローズキングダムが有力ですが、これを買うなら1点勝負になってしまいます。来たら諦めますが、ここ3走が3,4,2着とバラ一族らしさを発揮してきました(笑) アタマはないと思いますし、3,4着に沈むことを期待。

 ダービー1,2着以外の春の実績馬はクラシックで惨敗する馬たちです。それよりは1000万下を勝ち負けした馬に期待。ビッグウィーク、シルクオールディー、マイネルゴルト。単に1000万下で勝ち負けしているだけではなく、人気で勝ち負けしましたし、何走も馬券になっています。安定感があります。仮にエイシンとローズの1,2着でも3着がこれらだろうと思います。1000万組3頭はオウケンブルースリ……ではなく、フサイチソニックの可能性もあるので、馬単5⇔1,8,12。この3頭はここで馬券にならなくても本番でも買います。1000万下勝ちで神戸新聞杯4~8着なんていかにも怪しいですので(笑)

◎エイシンフラッシュ
○ビッグウィーク
▲マイネルゴルト
△シルクオールディー

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

暗門の滝と……

 淫門のねぶ。こんばんは。昨日もアッシーです。たびたび訪れるO教授だけではなく、Oさんのお仲間の皆さんと環境省の若手官僚の方の計5人がやってきました。全員京大卒。そして、ねぶとろへ……と言いたいところですが、ねぶとろに5人以上乗れるわけがないので、助っ人としてオヤジの馴染みのバーの息子(俺の高校の後輩に当たる)もアッシー2号として参上。分乗して白神山地の入口・暗門の滝へと向かいます。アッシー1号&2号以外は2日間山ごもりです。Oさんは本業の森林生態学以外に、76歳にしてPCを自作し、夜行バスでやってきて、そのまま山ごもり(今回も)もできる超人ですが、お仲間の皆さん(皆、お年より)は体力的に怪しい感じがしました(^▽^;) 吉本の影響か大阪弁が好きという人を散見しますが、俺は大阪弁は別に……ただ京都弁は好きですね。

 1時間後、暗門へ到着。祝日だったせいか、駐車場がいっぱいになるほどに混んでいました。ここで皆さん登山準備をしました。暗門の滝までは1時間ほどかかるようですが、舗装された遊歩道もあるようなので、アッシー1号と2号も滝を見に行きました。ちなみに俺はサンダルです(笑) ところが整備された遊歩道のほうは落石のおそれがあるとかで封鎖し、遠回りになりますが林道を回って欲しいとのこと。しょうがないので林道を歩きます。お年よりの皆さんはさすがに歩くのが遅いです(オヤジやOさんは早いが、ペースを合わせていた) アッシー1号&2号は山ごもりをせずに、滝を見たら帰るのでドンドン先へ進みます。それでも林道を抜けるまでに50分もかかりました。

 暗門の滝は手前から第三の滝、第二の滝、第一の滝と3つあります。奥に行くほど大きな滝です。第一の滝まではさらに40分ほどかかりました。計90分もかかった……。加えて俺はサンダル履きだったので、余計に疲れました。余談ですが第一の滝に短い洞窟、洞穴があります。この洞窟があるから「暗門」の滝なのかな?と思いました。184cmもの巨漢の俺はかがんで進まねばなりません。でも、アタマをぶつけました。復路、第三の滝の手前でオヤジ一行と会いました。皆さんを励ましてアッシー1号&2号は戻っていきます。オヤジが帰りは遊歩道を通ればいいというので、林道ではなく遊歩道を通ります。もちろん封鎖しているので我々2人以外にはいませんし、林道と違いアップダウンもないので20分ほどで駐車場へ戻れました。

 日曜の朝、先週、テレビクルーの皆さんも泊まった鰺ヶ沢町奥地の宿へ迎えに行きます。無論、ねぶとろだけでは皆が乗れないので2号も行きます。昨日は2時間半も山歩きしたので、今、身体中がビキビキきてます(笑) 運動不足もいいところだな。毎度、いろんな方と会う度に言われるのですが、俺は基本的に山に登りませんし、釣りもしません。野球選手の息子が野球選手か?と言われたらそうでもないわけで……登山家の息子が山好きかと言えばそうでもないです。それでも小中学生の頃は、そこそこ登っていましたけれど。

第一の滝
暗門
IKZO看板

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

10年日本テレビ盃回顧

☆日テレ盃予想結果☆
◎スマートファルコン……3着
○ブルーラッド…………6着
▲テスタマッタ…………4着
△フリオーソ……………1着
△トランセンド…………2着

 上位7頭は人気上位7頭でした。そして着順も掲示板の5頭は人気順。地方馬もフリオーソ、ボンネビルレコード、ブルーラッドと実績馬がそろったので波乱の目もあるかなと期待していましたが、何の波乱もありませんでした。3複を買ったので当たることは当たりましたがガミでした。ここ数年、ずっと3連複は1番人気で決まっています。もともと船橋競馬は堅いですが、それを象徴しているかのようなレースです。

 ハナを主張したトランセンドをマークする形でフリオーソが2番手。その後ろにスマートファルコン。その後ろにも有力馬が続きます。例によって他地区馬はレースの流れに乗れずに置いてきぼり。3角まではどういう結果になるのかわかりませんでしたが、フリオーソは残るだろうと確信できました。あとはスマートも粘って、トランセンドが垂れて、テスタマッタかブルーラッドに来て欲しかったのですが、4角で前の3頭が後続を5馬身以上突き放してガミ確定(^▽^;) フリオーソが余裕を持って抜け出して完勝。トランセンドにスマートファルコンが並んだところでゴール。6馬身離れてテスタマッタ。

 フリオーソは戸崎騎手の談話のとおり、今が充実期と言えそうです。そして宿敵カネヒキリは引退、ヴァーミリアンは衰えてきました。そして現在のダート王・エスポワールシチーは南部盃からBCクラシックを目指しており、JBCには出てきません。サクセスブロッケンは年内休養。今回不在でJBCクラシックでライバルとなりそうなのはシルクメビウスぐらいしかいません。地方馬初のJBCクラシック制覇へ視界良好です。それにしても、2歳時に全日本2歳優駿を制し、6歳の今まで一線級で闘いつづけるこの馬はエラいですね。馬主がダーレーですし、引退後は種牡馬入りでしょう。まあ、まだ先の話ですが。

 トランセンドは初の地方ダートでしたが、前につける馬ですし、今日は稍重でもあり、問題なかったですね。フリオーソに負けたのは現時点での実力差というしかない。テスタマッタも病み上がりだと思えばまずまずではないでしょうか。叩いて上積みも見込めそうです。ただ、トランセンドもテスタマッタも地方のJpnIに出るには賞金が足りません。どちらも武蔵野SからJCダートでしょうか。使えるようなら白山大賞典あたりで賞金を積むのも良さそうですが。スマートファルコンはこんなものなのでしょうね。交流重賞10勝ですが、相手がリミットレスビッド、メイショウバトラー、トーセンブライトらでしたし。今後は交流荒らしは難しそう。だからJpnIを狙ってきたのかも?

 ボンネビルレコードは衰えていないようですが、もう交流重賞で勝ち負けは難しいでしょう。南関重賞を2,3つ勝てれば十分。ブルーラッドはボンネビルには負けてほしくなかった。ムラ馬なんですかね。シビルウォーは上位陣とは戦って来た相手が違いすぎる。まだまだ格下。アドマイヤフジはいい感じに追走できていたのに、3角から逆噴射で惨敗。南関移籍後を見ても、ダートもこなせますが南関A2、A3レベルと言ったところ。交流で勝ち負けできるほどの力はない。これから交流重賞が目白押しです。芝もいいですが、ダートのほうが役者がそろっている感じがしますねー。

テーマ:地方競馬 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

10年日本テレビ展望

 明日は船橋でJpnII・日本テレビ杯が行なわれます。今年のJBCクラシックと同条件のレースなので、この結果は本番にも大きく影響しそうです。馬インフルで南関重賞となった07年を除いた過去10年のデータを振り返ってみます。

 人気は1人気7連対、2人気6連対、3人気4連対、4人気2連対、5人気1連対。穴馬の入り込む余地はなさそう。ちなみに近4年は3連複1番人気で決まっています。5人気以下が3着に入ったのも7番人気馬が2度あるのみ。8人気以下は馬券に絡んでいません。

 年齢は3歳1連対、4歳5連対、5歳6連対、6歳4連対、7歳3連対、8歳1連対となっています。3歳で連対したのはアジュディミツオー、8歳で連対したのはレイズスズランです。アジュディミツオーは東京ダービー馬、レイズスズランは交流重賞勝ちが多数あり、近3走でも馬券になっていました。

 所属ですが、美浦が2連対、栗東が11連対、船橋7連対です。他地区はおろか、南関他場の連対すらありません。3着まで見てもほぼ同様ですが、一度だけ金沢のトラベラーが3着に食い込んでいます。トラベラーは地元重賞を複数勝ち、交流重賞でも3度掲示板に載っていました。

 牝馬の連対はありません。3着は2度。前記トラベラーと牝馬重賞の鬼・レマーズガールです。これだけでかなり絞り込めそうです。サプライズパワー、タマモストロング、スターキングマン、ナイキアディライト、アジュディミツオー、ボンネビルレコードは複数回馬券に絡んでいます。

 ウダウダ書くまでもなく、中央馬とフリオーソ、ボンネビルレコード、ブルーラッド以外の馬が馬券になる確率は限りなく0に近いと思います。実質7頭立てですが、美浦の馬は2連対しかしておらず、しかも地方は初めてのシビルウォーでは買いにくい。ダートの追い込み馬というのもどうなのか。消し。残り6頭。普通に考えるとフリオーソを軸で良いような気がしますが、この馬、人気のないときのほうが走ります。一番人気が予想される今回、軸にはしたくありません。ボンネビルを軸にするのも勇気が要ります。

 軸は中央馬が無難。ただ、テスタマッタは病み上がりですし、どうも叩き良化型に感じます。トランセンドも間が空いていますし、スピードが勝ったタイプだけに地方の馬場でどうなのか?馬場が湿っているときは連を外していませんが、良馬場だとしばしば大敗しています。馬場次第。順調に使われているスマートファルコンが軸には良いと思います。負傷の岩田からユタカにスイッチしていますが、ユタカとは手が合いそうです。それとスマートファルコンは広いコースが向かないように感じます。去年のマーキュリーCに象徴されるように。

 馬券はスマートファルコン軸複で、相手にテスタマッタ、トランセンド、フリオーソ、ブルーラッドで。ブルーラッドは前走ぐらい走れれば馬券になると思います。ボンネビルは船橋で実績ありますが、年齢的にどうなのかなあとも思います。馬複か3複かはオッズを見て考えます。たぶん、ブルーラッドは単勝数十倍でしょうが、2,3着はあってもいい。浦和記念やマーキュリーCぐらい走れれば差はない。

◎スマートファルコン
○ブルーラッド
▲テスタマッタ
△フリオーソ
△トランセンド

テーマ:南関東公営競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

10年エルムS回顧ほか

☆エルムS予想結果☆
◎クリールパッション……1着

 いつも通りエーシンモアオバーがハナを奪い、ピイラニハイウェイが2番手。クリールパッションは中団、アドマイヤスバルはさらに後ろという展開。クリールパッションは最内枠でしたが、津村騎手がうまくさばいて直線は外へ。いっぱいになったエーシンモアオバーをオーロマイスターが交わしますが、さらに外からクリールパッションが差しきってゴール。これで札幌では4戦4勝、重賞初制覇。津村騎手は2週連続重賞制覇となりました。津村騎手の騎乗は御見事でした。春には落馬もありましたが、実りの秋にしてもらいたい。馬も賞金が貯まって来ました。白山大賞典あたりなら除外されないんじゃないかなあ。地方の馬場もこなせると思います。

 エーシンモアオバーは前走でクリールパッションに敗れているのに1番人気。それならクリール買いますよね。それとOPでは勝ち負けですが、重賞で勝ち負けになるにはもう一押しが足りないと思います。四位騎手の談話でも「今が分岐点」とありました。まさにそうでしょう。この秋に重賞を勝てれば1ランク上へ、勝てないようなら尻すぼみになるでしょう。アドマイヤスバルのアタマはないと思っていました。どんな相手と走っても、相手なりにしか走れない馬に見えます。それと地方競馬に慣れてくると中央競馬のスピードに適応できなくなるケースも多いです。軸にするべき馬じゃない。いつもヒモでいいかと思います。

 阪神のエニフSはガチガチでした。同日のメインレースにダート中距離のエルムSとエニフS。マークシートを上手く塗れないようなオッサンは逆に買ってしまうかもしれません。圧倒的人気のケイアイガーベラが2番手追走から直線では独走、圧勝。ダート1400mで強いのはわかりました。あとは1600m以上でどうなのか?地方の馬場でどうなのか?春の船橋・マリーンSでは失速しました。距離のせいか、馬場のせいか。次は出走可能ならJBCスプリント、無理なら武蔵野Sだそうです。JBCで好走できれば距離のカベ、武蔵野Sで好走できれば地方馬場に難と思われます。おそらくは距離のカベがありそう。故にJBCなら買い、武蔵野Sなら嫌いたいと思います。

 トーホウドルチェやセイクリムズンも自身の能力は出しています。これから暮れにかけて交流重賞も増えてきますので、そこが稼ぎ時でしょう。サウスヴィグラス産駒の割には距離もこなしますしね。セイクリムズンも一叩きされて次は勝ち負けかと。ワールドハンターは好走期間が終了したようです(^▽^;) さて次は来週末……と言いたいところですが、23日には船橋で日本テレビ杯があります。出走予定馬は中央からシビルウォー、スマートファルコン、トランセンド、テスタマッタ。迎え撃つ南関馬はフリオーソ、ボンネビルレコード、ブルーラッドほか。他地区馬、その他の南関馬では勝負にならんでしょうから、実質7頭立て。堅くは決まらないと思います。芝よりもダート競馬が熱い今日この頃です。

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

10年ローズS回顧&エルムS展望

★ローズS予想結果★
◎アパパネ……………4着
○オウケンサクラ………8着
▲レディアルバローザ…10着
△アグネスワルツ……7着
△アニメイトバイオ……1着
△エーシンリターンズ…3着

 JpnI3勝馬のアパパネの秋緒戦でしたが、4着に敗れました。勝ったのは中団から脚を伸ばしたアニメイトバイオ。後方から猛然と突っ込んできたワイルドラズベリーがクビ差の2着。3着がエーシンリターンズでした。アパパネ軸の3複を買った俺は大外れでした。荒れると思ったセントライト記念のほうが堅かった(^▽^;)

 アパパネは前走から24kg増えての出走。蛯名騎手の談話には「心持ち重かったですね」とありますが、そういうことではないような気がします。直線では行き場がなくて詰まってしまっていたように見えました。スムーズなら3着は確保できたろうと思います。2着のワイルドラズベリーもプラス20kgでしたしね。この時期ですから成長分も多いと思います。アパパネは牝馬3冠を達成できるのでしょうか。上がり馬に負けるならまだしも、既存勢力に負けてしまったのは印象が良くないです。

 一方、好走すれども勝ちきれなかったアニメイトバイオでしたが、ここで待望の重賞制覇。レース前、後藤騎手は2回目なのでコツはつかんだという趣旨の話をしていましたが、そのとおりになったようです。ただ、休養明けで増減なしというのはどうなんでしょう。この結果が本番に直結はしないと思います。2着のワイルドラズベリーですが、こちらのほうが次に期待が持てそうです。阪神コースも苦にしないのはわかりましたが、直線平坦な京都のほうがより適性があると今も思います。

 エーシンリターンズもプラス12kg。内容は悪くなかったですが、陣営的には2着賞金が欲しかったろうなと思います。現状では秋華賞以後、賞金的に使いたいレースに使えそうにありません。本番もあって3着でしょうか。期待したオウケンサクラ、レディアルバローザは惨敗。オウケンサクラはいいポジションにいたと思うのですが、逃げたトゥニーポート以下。なぜ……?アグネスワルツも同様。クイーンSでアプリコットフィズが勝っているように、今年の3歳牝馬は高いレベルで混戦なのでしょう。今回のアパパネの単オッズのように、どの馬もそれほど抜けてない。

 中山のセントライト記念ですが、大逃げをうったヤマニンエルブが粘りましたが、ゴール寸前でクォークスターが差しきりました。3着にアロマカフェ。一番人気のゲシュタルトはズルズル下がって惨敗。ヤマニンエルブは道中15馬身ほどのリードを奪い、4角でも10馬身近いリードで押し切るかと思いましたが、最後は上がり37.0と歩いてしまいました。1000が58.7のハイペースでしたからやむなしか。本番でも楽しみな馬です。勝ち負けはともかく、見せ場は十分にあるでしょうから。

 クォークスターは15馬身離れた馬群の中のさらに後方2番手を追走。大丈夫なのかと思いましたが、大外から鬼脚一閃。引きまくった弓矢が飛んだように差しきりました。ラジオNIKKEI賞もそうでしたが、キレる脚がありますね。藤岡兄とも手が合っているようです。スーパーホーネットっぽい感じです。アロマカフェは3着でしたが、キレずバテずという印象。武豊騎手もそんなコメントですね。JpnIどうこうというスケールは現段階では感じられません。ダービー4着のゲシュタルトは道中、アロマカフェと同じような位置にいながら、ヤマニンエルブ以下の上がり。スプリングS2着、皐月賞7着ですので中山を苦にしたとも思えません。よくわからないですね。

 今週は変則開催で明日も開催があります。札幌でエルムS、阪神では阪神ジャンプS、エニフSが行なわれます。エルムSは人気の3頭でしょうがないような気がします。馬連3頭BOX……でもガミりませんが、買う意味がない。勝つのは3頭のどれかでしょう。オッズも4倍前後。3択勝負で単クリールパッションで。エーシンモアオバーは前走でクリールに負けましたし、逃げ馬だけにペースに左右されそう。アドマイヤスバルは詰めが甘いので、重賞ではどんな面子と走っても好走しても勝ちきれないように思います。戦ってきた面子が違いますが、未だに重賞は白山大賞典の1勝だけですし。

 OP特別ですがエニフSもエルムSと大して変わらない面子です。人気でしょうがケイアイガーベラで決まりでしょう。対トーホウドルチェでは、マリーンCで先着を許していますが、ケイアイにはマイルは長かったのだと思います。そして、サマーウインドがモノサシになります。トーホウは6月に0.3差で負けてます。ケイアイは7月に0.7差で勝っています。場所が地方ならトーホウでしょうが、中央ならケイアイに分があると思います。さらにトーホウのほうが1kg重い。
相手はトーホウドルチェ、ワールドハンター、セイクリムズン。買い目はオッズを見て決めます。

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

10年ローズS展望

 明日はセントライト記念とローズSが開催されます。セントライト記念のほうが荒れそうですが、本番に直結するのはローズSですし、ここ2年連続で馬券も取れているので、展望はローズSです。サンテミリオンはいませんが、ほぼ有力どころがそろいました。二冠……というか阪神JFも含めて同世代のGIを3連勝中のアパパネが秋緒戦で好スタートを決められるかが注目です。いつものように以下に短評を述べます。

1.タガノエリザベート……昨年のファンタジーS勝馬です。もちろん例外はありますが、スペシャルウィーク産駒は総じて平坦向きと思います。この馬の2勝も小倉と京都です。コース適性、実力的に馬券に絡めるとは思えない。

2.ラガーリンリン……4度連対していますが、すべてダートです。芝での好走がない。そもそも500万下勝ちしかなく格下。単勝400倍でも当然。

3.オウケンサクラ……桜花賞2着、フラワーC勝馬です。オークスでも期待したのですが、出が悪くて後方からの競馬。スムーズに先行できればアパパネ以外とは差がないはずです。

4.トゥニーボート……前走が1000万下(牝)勝ちです。例年なら1000万下勝ちは十分な実績ですが、今年はかすんで見えます。人気もありません。ただ、3着はあってもいい。和田騎乗も穴のかほりが……。

5.アパパネ……GI3勝馬です。実績断然。ただ、チューリップ賞で2着だったように、アタマ鉄板とは言い切れない部分も感じます。連軸なら鉄板でしょうけど。

6.アニメイトバイオ……どうも勝ちきれない部分がありますが、逆に言えば安定感はあります。ここも大崩れはなさそうです。

7.アグネスワルツ……オークスは見せ場十分の3着。アパパネ以外となら好勝負……と思うのですが人気になりすぎじゃないでしょうか。阪神で走っていないのも気になります。

8.レディアルバローザ……前走は1000万下勝ち。その前走でトゥニーボートを下しています。早い段階で古馬1000万下、それも牡馬戦で勝っているのは大きい。人気はないですが好勝負できそうです。

9.ワイルドラズベリー……チューリップ賞、桜花賞といいところなかったですが、白百合SでOP2勝目。いいところなかった2戦は相手が強かったですが、阪神コースだというのも気になります。坂が良くないのでは?

10.タガノイノセンス……未勝利勝ちしかないのでは……。

11.ニチドウルチル……トゥニーボートと人気に差がないのは何故なのか。これを買うならトゥニーボートでしょう。

12.エーシンリターンズ……オークスは距離が長かったのでしょう。距離短縮で見直しも。

 去年も一昨年も同じ消去法で取れているので、今年も流用します。

 ☆チェックポイント☆
・前走・クイーンSで10着以下:いない
・前走・OP以下で4着以下:タガノイノセンス、ニチドウルチル
・前走がダート戦:ラガーリンリン
・12戦以上使っている:ニチドウルチル
・当該レースで2ケタ人気:ラガーリンリン、タガノイノセンス、ニチドウルチル
・阪神芝で複数回走って複勝圏内がない:タガノエリザベート、ワイルドラズベリー

 あまり絞れませんでした。残ったのはオウケンサクラ、トゥニーボート、アパパネ、アニメイトバイオ、アグネスワルツ、レディアルバローザ、エーシンリターンズの7頭。7戦して3着を外していないアパパネ軸の3複で良いと思います。ただ、ヒモ6頭は多すぎです。トゥニーボートはレディアルバローザと三宮特別で対戦して負けていますし、コース適性でも分が悪いので消します。まだ5頭残っていますが、3複フォーメーションで。2頭目はオウケンサクラとレディアルバローザで。馬券は3複Fで5-3、8-6,7,11の7点買い。3-5-7だと若干ガミですが、たぶんそれはないでしょう。

◎アパパネ
○オウケンサクラ
▲レディアルバローザ
△アグネスワルツ
△アニメイトバイオ
△エーシンリターンズ

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

テレビ仕事終了

 テレビ仕事終わりました。スタッフの皆さんは最終の羽田行きで帰るようです。昨日が宿泊最終日だったので、飲み会でした。俺への誘いもあったようですが、オヤジが勝手に断ったらしい(`Д´) ムキー! まあ、初日のディレクターのUさんとの飲みを俺も潰してますけどね(笑) 今日も仕事なのに、オヤジは今日の午前2時半に帰宅する始末。しかし、オヤジにとってはそれが標準。講演前日でも朝まで飲んで、酒臭い状態で演台に上がる人間です。某アナ女史や他のスタッフの皆さんはそんなに遅くまで飲んでなかったでしょうが、前記Uさんは1時半まで付き合わされたそうです。お疲れ様としか言いようがない。

 某アナ女史以外は最大手番組制作会社の所属です。来年はオヤジとネパールと行く仕事の案もあるようです。それはBSフジではないですし、俺は無関係ですが。俺のバイト料というか、出演料が半端なく高かったです。思わず「え?こんなにもらっていいんですか?」って言ってしまいましたよ。ガソリン代5500円は別に頂きましたし、いろいろ飲み食いもしたんですがね。オヤジのギャラは俺の5倍以上でしょうから、うちの家計が安定しますよ。

 ついでに告知。今回の番組は10月1日の19:30のBSフジの放送『なるほど!ザ・ニッポン』です。土曜の朝9:00から再放送もあります。さらに11月には中央公論新社から『ヒマラヤのドン・キホーテ』が刊行予定です。これは全国向け。ローカルとしては、弘前市郷土文学館(追手門広場)の常設展にも常時、オヤジの著作および略歴が展示されることになっています。今の企画展が終了後からの模様。本はともかく、テレビのほうはクセがないし、俺も出るのでオススメです(笑)

テーマ:思ったこと・感じたこと - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:6 | トラックバック:0 |

ねぶとろ、険道を行く

 免許を取得して2年半、弘前・新潟往復1000km、夏タイヤで雪がうっすらと積もる国道341号を通過など、グリーンラインの免許証を持つ人間が走るべきではない運転をしましたが、今日が一番過酷でした。朝7時におきて8時前にオヤジとロケスタッフの泊まった県道191号の先の温泉宿まで70分かけて到着。そして、俺が某アナとオヤジを乗せて運転しているということになっているので、某アナ助手席、オレ運転席、後部座席にディレクター。ピンマイクをつけて徐行運転。ねぶとろの前にはカメラマンの乗ったジャンボタクシー。会話と運転シーンです。これは何も問題なかった。天気も良かったですし。問題はここから。

 温泉宿から追良瀬川の源流を目指して町道を進み、途中から険道28号(白神ライン)を進みます。これはすべて未舗装&アップダウン、ヘアピンカーブ連続です。時速40kmなんて出したら死ねます。曲がりきれても対向車が来た場合、回避不能ですから。時速20~30kmが限界。フットブレーキも危険なので、SS(スポーツシフト)を駆使してエンジンブレーキ主体。このスピードでも後続のジャンボタクシーをちぎってしまいました。ミニバンなどで走るのにはかなりの技術を要すると思います。途中、何台かとすれ違いましたがすべてRAV4だのエクストレイルだののRV車でした。ねぶとろが壊れるかと思いましたよ。底こすりまくりで、途中で左後輪がキーキーと泣いてます(^▽^;)

 それでもなんとか目的地まで到着。ここから先は往復4時間歩くそうで、山や釣りが好きなわけでもない俺は辞退しました(おそらく放送部分) 2週間後、視聴者は「オマエも行けよ、ねぶ息子!」と思われるかもしれませんが行かなくて良かった。俺は一人、険道28号を旧・岩崎村方面へ進みます。オヤジは「岩崎に抜けたほうが早い」と言いましたが、それでも峠を一つ越えねばならず、しかも濃霧、強い雨にあたりました。来た道より酷い。国道101号まで来たときは「やり遂げた……」と思いましたヾ(--;)ぉぃぉぃ 山を降りたら天気も良くなり、快適なシーサイドドライブです。道の駅ふかうらで休憩して、五所川原のエルムの街で食事とお気に入りの喜久水庵の大福を買って帰宅。山へ入らなかったのに、家に着いたのは午後4時でした。

 オヤジとロケの皆さんは4時間も山に入った後、ミニ白神での撮影、ねぶ家に戻ってオヤジ(俺も?)と某アナとしばおの散歩を撮影して終わり……のはずでしたが、山に入らなかった俺が午後4時帰宅です。ミニ白神なんぞ撮っているヒマがあるわけない。午後7時半ごろ、皆さんがねぶ家にやってきましたが、もう真っ暗で散歩どころじゃないですし、ミニ白神は明日撮影だそうです。カメラマンなどずぶぬれでしたね。しかもスケジュールおしまくり。何も言われなかったので俺は明日はうちにいて良さそうです。ねぶとろ……というかヴィヴィオはラリーもこなせる素性があるし、4WDだから何とか走れました。雪道以外で4WDを生かせる日でした……が生かせる日はしばらく来なくていいです。

 ねぶ、ねぶオヤジに関心のある方でなくても、白神山地や紀行番組が好きな人なら楽しめる番組だろうと思います。あと、ヴィヴィオ好きな方も(笑) 険道をゆくビストロSSの走りを堪能できることうけあい。10月1日(および14日までの再放送)のBSフジをちぇきら!

テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:2 | トラックバック:0 |

アクション

 結局、俺はロケ期間中、帯同期間の多寡はあれ、毎日稼動です(^▽^;) 今日はうちでの撮影から始まりました。主役はオヤジなのですが、俺も少々会話し、30分の番組中で1,2分は映っている時間があると思います。ですが、俺よりもしばおの映っている時間が長そうです。さらに14年前に、今回のフジアナの方が来られたときは、前の愛犬であるコロがいたので、コロの写真も使われそうです。そのアナの方はベテラン(フジ女子アナでは最年長)ですが。さすがに人に見られる仕事をしているせいか、かなり若く見えました。30年前は女子アナがアイドル的に扱われることはなかったでしょうが、それこそ高島彩、中野美奈子クラスの美人だったろうと想像がつきます。オーラがありましたね。明日は9時ごろに鰺ヶ沢町奥地の宿へ向かって、帯同します。早く寝よっと。

 話はまったく変わりますが、Mixiのコミュでもどこでも、「絡んでください」「メッセージをください」という受身の募集が多いと常々感じています。男でも、です。若いおねーちゃんなら受身でも絡んでもらえるかもしれませんが、老若関係なく男が受身で絡んでもらえるわけがない。絡んでくださいと書いてる人で、共通項があるようなら自分からアクション起こせばいいのにと思わずにいられません。SNSが流行る前、メル友募集サイトが活況を呈していたころ、俺は日に5通以上、新規メル友開拓をしていましたよ。8割は女性ですが、2割は男性に送っています。趣味が被ればけっこう返信はあるものです。待っていたらメールなんて来るわけない。まあ、今の俺は筆不精気味なので、メル友開拓なんてしていませんが(笑) 

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

アッシー

 今日、明日とオヤジとテレビ局のディレクターの方のアシです。鰺ヶ沢町方面をねぶとろと共に疾走。俺は今日、明日だけの予定だったのですが、明後日も同行することになるようです。ついでに番組にもチョロっと出ることになりました。BSフジで10月1日放送だそうですが、1日以降も10月14日までの間に3,4回再放送があるようです。BSデジタル放送は、地デジとは別に受信機が必要なのか?と思ったのですが、地デジ化されていれば問題なく視聴できるようです。少なくとも首都圏では。フジのアナの方(『晴れたらイイね』の兼任Pでもある)がリポーターだそうですが、14年前にもオヤジと仕事をしたそうです。14年前はフジの23時台のニュース内で、10分ほどの放送だったそうですが、今回は30分まるまるです。

 ディレクターの方にも今日、かなり若く見えますねと言われたのですが、3ヶ月前にもデリのおねえちゃんに22、23歳ぐらい?といわれました。デリのおねえちゃんに至っては、実年齢を言ったら「え?整形してるの?」とまで言われました。勤め人じゃないし、所帯持ちでもないので、若く見えてしまうのかもしれません。ただ、自分自身では顔は若くても、白髪が増えてきたなあとは感じています。オヤジも俺が物心ついたときには既に白髪が目立っていました。俺が40歳になっても顔はそう、老けていないかもしれませんが、頭はかなり白髪混じりになっていると予想されます。というかオヤジと顔がほぼ同じなので、自分がどのように老いていくのかが分かります。それがいいのか悪いのか……(^▽^;)

 写真は今日の昼飯を食べ、明日以降の皆さんの宿泊先の宿にいるクマ、および宿の前を流れる赤石川、来年の春で廃校になる赤石小学校です。木造二階建てで趣きのある校舎だけに、廃校後に壊してしまうのは惜しいなあと感じました。俺の小中高大はいずれも後に改築されていますが、廃校にはなっていません。母校がなくなるというのはさみしいでしょうね。ちなみにオヤジの通った小学校も統廃合されています。オヤジは変人なので何の感慨もなさそうですが(^▽^;)
くま
赤石川
赤石小学校

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

10年京成杯AH回顧ほか

 今週は3つの重賞が行なわれました。3つ以上の重賞が行なわれるとローカル開催ではないなと感じますね。まずは日曜の朝日CCの回顧。

 日記で展望を書きませんでしたが、アドマイヤメジャー-キャプテントゥーレ・プロヴィナージュ-その他という3複フォーメーションを買いました……が壮絶なトリガミ。2番目にしたキャプテン、プロヴィナージュのどっちかは飛ぶのでは?と期待したのですが、どれも飛びませんでした。むしろアドマイヤメジャーが飛びそうでハラハラしました。キャプテントゥーレは皐月賞馬ですし、このレースの前年の覇者です。休み明けだの牝馬だの惨敗続きの馬だのが相手では役者が違っていました。1,2着馬はここで賞金を積めたのは大きいと思います。一方のアドマイヤメジャーはやりなおしですね。ここで連対できないようではOP特別を勝ってからでないと重賞うんぬんは言えないと思います。

 そして、昨日の中山の紫苑Sですが、ナカヤマフェスタの半妹・ディアアレトゥーサが押し切りました。母・ディアウインクは立派ですね。ステイゴールドどころかトーセンダンスからでも活躍馬を出せるとは。ただ、ここはコスモネモシン以外は条件馬ですし、紫苑S組がほとんど秋華賞で好走していません。オークス馬のレディパステルでさえそうです。今年も前記コスモ以外の有力馬はローズSに回っていますし、本番にはつながらないかもしれません。むしろ3着に負けましたが、コスモネモシンには良い叩きになったように思います。

 そして今日のセントウルS。勝ったダッシャーゴーゴーの川田は上手く乗ったと思いますが、2着馬とは4kgももらっています。それとセントウルSの結果とスプリンターズSの結果も直結していない感じがあります。セントウルSはスプリンターズSの前哨戦ですが、夏競馬の余韻をひきずっているというか。負けたとは言え香港のグリーンバーディーのほうが内容は濃かった。1枠から次々と前に入られて位置取り悪化。4角では後ろから2,3番目まで下がってしまい、こりゃダメだと思ったのですが、そこから馬群をこじ開けて勝馬とクビ差まで猛追。これは強い。本番も勝ち負けでしょう。サイレントウィットネスほど強くないでしょうが、日本馬も同じぐらいレベルダウンしてますので。

 最後に京成杯AH。メイショウレガーロの複だけ買って眺めていましたが、4角で2番手のファイアフロートに並びかけられたときに、ああ持たないと思いました。とは言え小倉で見せたような無様な競馬ではなかった。福島記念あたりでも面白そう。勝ったファイアフロートはメイショウを見ながらで競馬がしやすかったでしょう。最後も猛追したキョウエイストームを振り切って勝利。2着のキョウエイストームは展望でも触れましたが、中山でしか走らない。中山以外では500万下も勝てなかったのに、1000万下、1600万下と連勝し、中山開催がなくなると大敗。中山開催では重賞2着。なんだこの馬(笑) 福島だといくらかマシなので次は福島記念でしょうか。人気馬はいいところがありませんでした。サンカルロもフライングアップルも好位にいたのに、そのままなだれ込んだだけ。セイクリッドバレーに至っては後方ままでした。

 今夜はフランスで凱旋門賞のステップレースが行なわれます。ニエユ賞にヴィクトワールピサ、フォワ賞にナカヤマフェスタが参戦します。ここで勝ち負けできないようでは凱旋門賞制覇など無理です。ちなみに昨今の凱旋門賞馬はバーデン大賞や愛チャンピオンSを叩きにするケースが多いです。フォワ賞を使って凱旋門賞で好走した馬は11年前のエルコンドルパサーにさかのぼります……同じ厩舎じゃん(^▽^;) ナカヤマ2着、ピサ4着だったようですが、ピサもナカヤマも一叩きして参戦というのは良い。唯一、好走したエルコンドルパサーが1年がかりで欧州制覇を目指し、そして寸前までいきました。その前例を見習うべき。ちょいと行って勝てるほど甘いわけがない。ナカヤマは宝塚記念やセントライト記念で儲けさせてもらったので、凱旋門賞も頑張って欲しい。やはりエルコンのときのノウハウが活きているのかも。

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

プレオとヴィヴィオ

 2,3日前、比較的近所の郵便局に強盗が入りました。俺もたまに使う局です。110万円ほどを奪ってチャリで逃走したそうです。昨日、一昨日とその近辺を車で通ったら、警察が聞き込みをしていました。で、俺も質問されたのですが全然心当たりがありません。隠者のような生活していますので。防犯カメラの写真を見せられましたが、「40代か50代?」と俺が訊くと「40~60歳で中肉中背」とのこと。綿密な計画を立てているとは思えないので、そのうち捕まるでしょう。しかし、最近は強盗が多いなあ。うちから一番近いコンビニでも2度強盗が入りましたし(のちに逮捕) 物騒……というか不安定な世情だから当然なのか。

 弟が友人の結婚式のために帰省しました。8時間もかけて新潟市から弘前市まで御苦労なことです(^▽^;) 弟のキーレスも効きが悪かったのですが、電池を2枚重ねて6Vにすると効きがまともになっていました。俺のキーも同じなので同様に試してみましたが、改善しませんでした。受信機側に問題がありそう。せっかくなので弟のプレオRSを軽く運転しました。エンジンが同じとは言え、車重が100kgほど重いので、ねぶとろ(ビストロSS)よりも遅いだろうと思いましたが、案の定遅かった。遅いからなのか、エンジンをそこそこ回さないとまともな加速をしません。最速モデルでこれでは、とてもプレオに乗る気にはなれません。同乗者には不評ですが、運転者にするとねぶとろにして正解(笑) 

テーマ:車関係なんでも - ジャンル:車・バイク

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

10年京成杯AH展望

 夏競馬も終わり、いよいよ秋競馬です。夏競馬は交流重賞中心に……と2,3ヶ月前に書きましたが、馬券ジャンキーの悲しいサガで普通に毎週買って、収支を悪化させてしまいました。中央はまだプラス収支ですが、地方はもう今年のプラス収支を狙うにはキツくなってきました。トータルでなんとかプラス収支にしたいところ。久しぶりに各馬の短評を記します。

1.フライングアップル……藤沢和厩舎は怒涛の3頭出しです。3頭の中ならこの馬でしょう。乗せてる騎手を見れば師の期待は明らか。スプリングS勝ちもありますし、コース適性は問題ない。

2.ピサノパテック……藤沢厩舎パート2。ただ、もう1年以上馬券になっていません。伊藤工を乗せているあたり師も期待してなさそう。

3.キョウエイアシュラ……ただの早熟馬かと思っていましたが、3歳になっても重賞で好走しています。ただ古馬相手ですし、1600も微妙に長いような……?

4.ファストロック……藤沢厩舎パート3。中山実績は申し分ないですが、長期休養明けで1つ叩いたぐらいでは変わらないような前走でした。

5.ムラマサノヨートー……中山は可もなく不可もなく。2つ叩かれて良くなっていると思います。3着ぐらいなら……?

6.サンカルロ……中山でNZT勝ちがありますが、ここ数走を見ると1600は長いのかな、とも思います。この馬でトップハンデとはどんな重賞なんだと思いますが(^▽^;)

7.ファイアフロート……長期休養明けを勝って、再度OP入り。ただ、中山は12着、5着。向いているようには思えない。2走ボケも気になりますし、人気にもなりそう。

8.ダイシンプラン……重賞を8回使って、きさらぎ賞5着が最先着。重賞ではキツいような。特に買い材料があるわけでもないですし。

9.キョウエイストーム……中山得意……というかほぼ中山でしか好走しません。人気もそんなにないでしょうし狙い目かもしれません。

10.セイクリッドバレー……中山では安定して走っています。実力上位。ただ、最近は追い込みばかりです。中山マイルの外枠で追い込み……勝ちきれないイメージが湧きます。

11.テイエムアタック……重賞でもそこそこ走っています。ただ、1度走った中山では惨敗。外枠の差し馬ですし、あまり買う気にはなれません。

12.キャプテンベガ……コースの得手不得手はなさそうですが、これだけ重賞を走って0-1-3-9。今さら連対は厳しいように思います。

13.ダイワマックワン……中山は相性が良さそうです。外枠ですが前に行けるのも魅力。ただ、半年の休み明けです。うーん。

14.メイショウレガーロ……中山は向いています。小倉記念で大敗しましたが、小倉向きではないのでしょうがない。この馬も前に行けますし、休み明けでもない。前進必至。

 中山マイルの内枠有利、逃げ・先行有利は有名な話です。同じ中山マイルの朝日杯FSの1984年以降、8枠の連対はたった2頭。1986年の勝ち馬・メリーナイス(2番人気・先行)と03年の2着馬・メイショウボーラー(1番人気・逃げ)のみ。人気馬かつ前に行ける馬じゃないとダメみたいです。同様に1986年以降の京成杯AH(京王杯AH)で調べてみると、1枠7連対、2枠7連対、3枠6連対、4枠6連対、5枠5連対、6枠2連対、7枠4連対、8枠4連対です。朝日杯ほど極端ではないですが、やはり内枠有利です。

◇チェックポイント◇
・前走OP特別、条件戦で10着以下……ファストロック
・前走OP特別6人気以下……ファストロック、ダイワマックワン
・前走条件戦3人気以下……ファイアーフロート
・前走から中1週以下……ピサノパテック、ファストロック

 残ったのはフライングアップル、キョウエイアシュラ、ムラマサノヨートー、サンカルロ、ダイシンプラン、キョウエイストーム、セイクリッドバレー、テイエムアタック、キャプテンベガ、メイショウレガーロです。ハンデ戦らしく波乱の傾向にあり、人気薄がしばしば馬券に絡みます。人気はセイクリッドバレー、サンカルロ、キャプテンベガあたりでしょうが、とても信頼できる馬ではありません。まあ、どれかは3着以内に入るでしょうけど。

 内枠有利ですが、内枠の馬はファストロック以外は差し・追い込み馬です。ファストロックも買えません。ハナを切りそうなのはファイアーフロート、メイショウレガーロでしょうか。ファイアーフロートは2走前に中山マイルで惨敗しているのが嫌な感じがします。というわけでメイショウレガーロの単複で勝負します。さすがに複でも2~3倍はつくでしょう。3倍以上つくなら複のみで勝負。

 ◎メイショウレガーロ

・一番人気予報・
セイクリッドバレー
勝利確率……20%
連対確率……30%

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『バラエティ』

『バラエティ』

デジタルオーディオプレイヤーを買いに行った

どこの電器屋もiP〇DかW@LKM@Nしか置いてない

どちらも気に入らないならどうすればいい?



もしも二大政党制になってしまい

自民党と民主党しか存在しなくて

どちらも気に入らないならどうすればいい?



もしも私が左利きでハサミを探したとして

ホームセンターに行っても右利き用しかない

左利きの私はどうしたらいい?



少数派を対象にしても特にならないかもしれない

そもそも選択することが面倒と思う人もいるだろう

でも、選択の余地もないのは幸せとは思えない



世の中は白黒でも紅白でもないし

純白に染め上げることもできやしない

迷彩色にモザイクをかけた世界を愛したい

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~モザイクハーツ~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

モテ度

 親にいろいろ用事を頼まれて、弘前市内を周回したのち、旧浪岡町の梵珠山ビジターセンターまで。近々、大館市まで行かないといけないかもしれません。オヤジのアシ代わりです。梵珠山の帰り、なんだかわからないものが俺の髪をかすめて車内に侵入。ハチ……にしては大きすぎるしなんだろう?と思いました。しばらくしたら車内からギンヤンマが出て行きました。先日の地元紙への投書にも書きましたが、俺が子どもの頃はいくらでも虫がいました。近所を5,6分回れば、カブトムシ、コクワガタ、ノコギリクワガタの1,2匹は捕まえられたもんです。秋になれば空がアキアカネだらけになったりもしました。20年後の今、近所にカブトムシやクワガタは皆無。アキアカネはちらほらいますが激減。アキアカネ以外のトンボは見なくなりました。20年前はシオカラトンボ、イトトンボ、ギンヤンマ、オニヤンマなどの多種トンボが見られたのですが……。逆に増えた虫もいます。スズメバチ、クマバチなどの危険な虫です。年々増えています。温暖化の影響なのでしょうね。

 『モテキ』4.5巻を購入。青森県……というか大概の地方ではテレビ東京系列がないので、ドラマ『モテキ』は見られませんが、4.5巻を買うとテレ東のサイトから1話だけは見られるようになるそうです。ドラマ版も気になっていたので明日にも見てみようと思います。ミクシィニュースのアクセスランキングでは恋愛ネタが上位に入ることが多いです。「〇〇な男性はモテない」「女性に嫌われる〇〇」なんてのが多いですね。で、それに対する日記で多いのが「※ただし、イケメンに限る」。そりゃブサメンより、イケメンのほうがモテるでしょうが、本質はそこではないと思う。ブサメンであるという「劣等感」が異性を遠ざけるように感じます。実際、8年前の太っていた俺、今の20kg以上減の俺で、モテ度はさして変わりない。『モテキ』の作中でも、ヤセフジとデブフジでモテ方が変わったかといえばそうでもない。単なる美醜よりも人相の善悪のほうがモテ度に影響するような気がしないでもないです。まあ、歳取れば顔や話術よりもカネの多寡で決まりますけど……ってこれも劣等感だな(笑)

テーマ:恋愛心理 - ジャンル:恋愛

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

砂の王者・カネヒキリ引退

 砂の王者・カネヒキリが引退しました。両前脚の屈腱炎で優駿SSで種牡馬入りだそうです。YAHOO!のトップニュースにまで出ていますね。GIは7勝で、ヴァーミリアンよりは少ないです。でも、カネヒキリがヴァーミリアンより弱いと思う人はほとんどいないでしょう。実際、何度か直接対決していますが、カネヒキリがすべて先着しています。ダートで4着以下だったのは、ドバイワールドC4着と08年武蔵野S9着のみです。武蔵野Sは2年4ヶ月の休み明けに加え、内で包まれて脚を余しました。ほぼ完璧な戦績です。

 競馬ファンなら誰でもわかるように、カネヒキリのすごさはその戦績よりも3度の故障(休養は2度)から復活してきたことにあります。医学の進歩やスタッフの努力もあるでしょうが、何よりカネヒキリ自身の精神力によるところが大きいと思います。だから、意味不明な敗戦がなかった。ドバイでも好走できた。前述のようにGI勝数ではヴァーミリアンのほうが多い、タイムや着差はクロフネのほうが凄かった。アジュディミツオーやフリオーソにも負けました。カネヒキリは「最強」のダート馬ではないのかもしれない。でも、「最高」のダート馬だと思います。

 治療すれば1,2年後に復活できるのかもしれない。JpnIIIぐらいは勝てるかもしれませんが、さすがにここが潮時でしょう。同期、同馬主ゆえに「砂のディープインパクト」と呼ばれたりもしましたが、まったく違う。カネヒキリはカネヒキリです。ダートしか勝っておらず、種牡馬としてどれほどの需要があるかわかりません。初年度配合はいいとこ30頭ぐらいじゃないでしょうか。配合もしづらい血統ですし。でも、1頭はダートGIを出せる、出してほしいと願います。できればゴールドアリュールのような種牡馬になってほしいものです。

 良血、好成績だから子が走るとは限りません。走らなかった種牡馬は枚挙に暇がない。今年の道営3冠馬のクラキンコはクラキングオーのただ1頭の産駒です。そして父母に続いて子も北海優駿勝馬になりました。船橋で1勝しただけ(中央重賞好走はあるが)のシングンオペラが種牡馬入りして、たった2頭の産駒が計3勝しました。馬主さんの熱意に産駒が応えました。フィガロも似たようなもんです。ほんの数頭の産駒から東京ダービー馬・アンパサンド、関東オークス2着のハーミアを輩出。たぶん歴史を変えるほどの種牡馬はこうしたところから産まれるように思います。

テーマ:競馬情報 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

10年新潟・小倉2歳S回顧

 今年の新潟・小倉の最終日に2歳Sが行なわれました。新潟2歳Sは例年荒れますが、今年も大荒れでした。9人気→10人気→5人気で馬連29400円、3複10万、3単86万と大波乱。人気の1勝馬は全滅。不人気だった1勝馬・マイネイサベルがマイネルラクリマを抑えて優勝。2歳時のマイネル馬は強いですね。1,2フィニッシュです。3着にレッドセインツ。俺はエーシンブランの複勝を買ったら4着だよ……馬連買ったら軸が3着、複勝買ったら4着まで。よくある話です……が凹むなあ(笑)

 外枠の数頭の出が悪かったですが、エーシンブランも出負け気味で、後方からの競馬を余儀なくされました。最速の33.4で上がっていますが、これはこの馬の競馬ではないと思います。前走のように先行抜け出しがベスト。力負けとはとても思えませんし、メンバー次第ですが次もそこまで人気にはならないでしょうから、次に期待します。マイネルラクリマは理想的なレースだったと思いますが、マイネイサベルに差し切られました。マイネルラクリマはこの世代のモノサシ馬になるかもしれません。まあ、1,2着馬はマイネル馬ですし、GIでどうこうということはなさそう。

 もう少し先まで期待できそうなのは3,4着馬でしょう。サイレントソニックは比較的上位にいた中では際立って上がりが遅い。まあ、前2走もそうでしたが、キレる脚はなさそうです。新種牡馬で最初に重賞を勝ったのはディープインパクトでもハーツクライでもなく、テレグノシスでした。初年度登録産駒が23頭、2年目(来年)登録産駒が13頭、来年生まれる産駒はさらに少ないようですが、いきなり重賞ウイナー誕生。これで来年の種付け頭数はいくらか増えるでしょう。テレグノシスはGIをNHKマイルC(それも斜行で勝浦は罰金)しか勝っていませんが、長く活躍した馬です。繁殖の質はともかく、数が増えれば期待できそうです。

 小倉2歳Sは3着に人気薄スギノエンデバーが入りましたが、1,2着は人気馬で決まりました。シゲルキョクチョウが逃げ切りか?と思えた残り200で、4枠2頭が並んで猛追。ブラウンワイルドがキョクチョウを交わして優勝。前走のフェニックス賞でキョクチョウにまさかの敗戦を喫したブラウンワイルドでしたが、雪辱を果たして小倉2歳王者になりました。小倉デビュー馬では成績どおり、ブラウンワイルドとシゲルキョクチョウが抜けていたようです。ちなみにシゲルシャチョウも出走していましたが、シャチョウは7着です。社長よりも局長のほうが明らかに強そうです(笑)

 ブラウンワイルドは名前のとおり、ワイルドラッシュ産駒ですがワイルドラッシュ産駒が芝の重賞を買ったことはない……と思いましたが、やはりいませんでした。パーソナルラッシュ、トランセンド、ナムラハンター、クリールパッション、アンペア、ヒシウォーシィ……みんなダート馬です。それも地方適性が高そうな感じ。ワイルドラッシュ産駒は中央ダートで126勝していますが、芝では22勝のみ。それもほぼ下級条件です。血統のイメージを覆す馬というのは大物の可能性があります。ブラウンワイルドの今後に注目です。

 Kingmambo産駒はだいたいパワー型でした。エルコンドルパサーを含めてです。ただ、キングカメハメハは例外的にキレる脚を持っていたので、エリカ賞を勝った時点でNHKマイルぐらいは勝つだろうと思えました。メイショウサムソンも同様。オペラハウス産駒らしからぬキレ味を2歳時から見せていたので只者ではないと思えました。ブラウンワイルドもそんな気がします。ただ、ダートに向かないとは思えないので、芝で頭打ちならダートでも活躍するでしょう。故障しなければながーい活躍をしそうです。7、8歳まで(笑)

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

キリ番と素数

256や512はキリ番か否か?

 記事の最後にもあるが、文系か理系かは関係ない。コンピュータに興味があるか否かでしょう。俺はバリバリの文系人間ですが、高校時代に1年間新聞配達して当時の廉価機種(20万円)のパソコンを買った人間ですので、キリ番っぽい感じはします。384、768、1024、2048などにも反応します。今じゃ512MBのメインメモリでも足りないですが、前記の初めて買ったPCはHDDが420MBでした。CPUも100Mhz(486DX4)でしたが、今じゃ3000Mhz×2~6コア……隔世の感がありますな。

 キリ番と関係ないですが、俺は素数が嫌いです。すべての整数を割れる1を除けば、その数自身でしか割り切れないなんて寂しいと思いませんか?こういう考えが文系的なのかもしれないけれど。だから、テレビやオーディオの音量も素数にはしません。基本的には偶数、あるいは5の倍数のみ。数学に長じているわけではないのですが、円周率5兆ケタ計算するよりも果てしなく素数を探すほうが難しいように感じます。どうなんですかね?詳しい方教えてください(笑)

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

JAPAN WORLD CUP

JAPAN WORLD CUP

JRAの公式ブラウザゲーム『JAPAN WORLD CUP』なるものがあります。これが最高にイカれています。走るのは馬……には見えないラクダ、キリン、ウシ、ハリボテ、さらには2人乗りだのシマウマまで。実況もウケます。もちろん馬も騎手も架空……なんですが、なぜか松岡正海騎手だけ実名。ハリボテはだいたい途中で壊れます。そして中からナニか出ます。フランスからの遠征牝馬&女性騎手は直線で立ち上がり、水着姿でムチを振り回します。コレ、お上が作ったものとは思えない。イカれてる。だが、それがいい!JRAのブランドCMはともかく、クラブケイバのCMは何の印象も残らない。森三中がキャッツアイに扮した宝くじのCMを見習えよ!と思っていました。このゲームぐらいショッキングなCMを作るべき。

 さて、今週は新潟と小倉で2歳Sが行なわれます。もちろんラクダやキリン、シマウマは走りません。2歳戦は難しいです。ほとんどが1勝馬ですし、このまま中央で勝つことなく、地方行きになる馬、一方でGI戦線で好走する馬もいます。実力の見極めが難しい。人気のほうも割れ気味です。今日のBSN賞を外してしまったので明日の重賞は買いませんが、1戦1勝の馬はあまりアテにしないほうがいいように思います。なぜか人気がないですが、新潟はダリア賞の1~3着馬が狙い目だと思います。軸を他に取るなら、ダリア賞の1~3着馬への流しでもいいような。このままの人気ならエーシンブランの単複が美味しそう。小倉はブラウンワイルドでしょうか。フェニックス賞の断然人気で2着でしたが、人気も下がって今回は妙味ありそう。

テーマ:競馬 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『フェザーシューズ』

『フェザーシューズ』

ムシムシ蒸し暑い夏休み明け

宿題もまだ終わってないけど

待ち焦がれていたあなたに会える

あたしの足元にはフェザーシューズ



声も掛けられず遠くでただ見てるだけ

あなたの瞳にあたしは映らないけど

あたしの心にはあなたが焼き付いてる

いつも足元にはフェザーシューズ



あなたがあの娘と歩いてた

笑顔があたしに向けられることはなくても

あたしは太陽のようなえがお、えがお

足元には履きつぶれたフェザーシューズ



大事な大事なフェザーシューズ

そっと下駄箱の奥にしまっておこう

明日、あたしが履くのはスニーカー

でも、いつかフェザーシューズへ変わる

理由なんてないけど、そう確信してるんだ

テーマ:詩・ポエム - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~モザイクハーツ~ | コメント:2 | トラックバック:0 |

カリ太しの……

 こんばんは、カリ太しのねぶエッチィです。オヤジは明日からまた上京して、打ち合わせやら何やらあるようです。オヤジの移動の手はずなどはすべて俺が行なっています。そして、カード払いです。ポイント貯まりマクリスティーですよ(笑) 新聞への度重なる投書により図書カードを、そして大量のポイントで漫画、本やCDを買うには困らなかったりします。で、オヤジですがしばしばうなされています。で、俺が起きていれば起こしに行くのですが、起こすと「うわああああ!!」とか言って起きるので俺もビビります。オヤジはまったく正直ではない人間なので、押さえ込んだ感情が夢に出るのかもしれません。ちなみに俺は夢を滅多に見ません。ただ、夢を見るときはロクな夢じゃないことが多いですね。

 ねぶとろは4ヶ月で4000kmほどの走行。先代のヴィヴィ男は年間6000kmでしたから、ねぶとろは酷使されまくりです。このペースなら年間12000kmですよ。俺の用事で運転することはほぼなく、だいたいがオヤジかばあちゃんの用事です。まあ、でも年内に一度は遠く遠くへ向かいます。区切りがついたら、ですけど。エアコンの具合も問題ありません。大丈夫。ここ数年は東日本から出ていません。北海道、仙台、新潟、首都圏ばかりですし。車ですからもっと違うところにも脚を伸ばしたいと思っています。そして、あまりギチギチに計画を立てずにブラブラしたいなあと。俺の旅はいつもギチギチのタイトスケジュールなんで。まだ旅に出るには暑すぎますから、涼しくなるまでに区切りをつけたいところです。

テーマ:つれづれ日記 - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |