ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

『パラレルリンク』

『パラレルリンク』

ときどき喉の奥のそのまた奥の方から

胃液が逆流するような想いが込み上げてくる

さっさと吐き出しちまえば楽になれんのに

ただただ、歳ばかり大人になった僕は

何食わぬ顔してソレを飲み込み返す



それでも耐えられない夜だってあるさ

そんな夜はほこりまみれのアルバムを開いてみる

充実した青春なんてちっとも送ってないけれど

わずかばかりの甘さや刹那さが頓服のように

胃液のような想いをどうにか鎮めてくれる



ああ

僕の前から去った君も

同じような気持ちを抱えていたのかなぁ?

ああ

いつか僕の前にいる君も

同じような気持ちを抱えているのかなぁ?

僕だけじゃない、だいたいがそう

そう想って生きている



開いたアルバムを見ると、若い僕が蒼い夢を語っていて

今日の僕は恥ずかしさと申し訳なさで土下座したくなる

若い僕は今日の僕をたぶんきっと許さないだろうけど

未来の僕が今日の僕を許してくれたらそれだけでいい

それも無理かな?いいや、たぶん大丈夫



昔、夢見たようには生きられないけど

昔、夢見た夢は今も僕の中で生きていて

それが若い僕と今日の僕

今日の僕と未来の僕を結んでいて

僕の周りの人達をも結んでいる



ああ

僕の前から去った君も

同じような気持ちを抱えていたのかなぁ?

ああ

いつか僕の前にいる君も

同じような気持ちを抱えているのかなぁ?

僕だけじゃない、だいたいがそう

そう想って生きている



まるで孫悟空の元気玉のように

僕は出会った人達から元気をもらっていて

それでなんとか生きている

たまには哀しみや憤りももらっているけど

僕だけじゃない、だいたいがそう

そう想って生きている



今日の僕が周りに元気を与えているかなんて知らないけど

もしも与えていないなら、いつかまとめて返さないとなぁ

謝辞を述べて、利子をつけて、愛を込めて

これまでに僕が出会ったすべての人達へ
スポンサーサイト

テーマ: - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~モザイクハーツ~ | コメント:2 | トラックバック:0 |

雪の降る町

 なぜか昨日はあまり寝付けず、2,3時間しか眠らずに朝5時に違和感を持ちながら起床。違和感は偏頭痛の前兆でした。こういう時のために以前、医者からとんぷくをもらっていたので即座に服用。そして、1時間ほど2度寝。偏頭痛は起きる前に治まり、何事もなくばあちゃんの病院送迎ができました。偏頭痛は時には泣けるほど痛いですし、翌日まで痛みをひきずります。ずっと前から頓服を用意しておけば良かった。中学生あたりから年に数回は発症していたので。

 突然ですが、ここで問題です。青森市に存在しないのは次のうちどれ?
1.東北新幹線の駅
2.ベイブリッジ
3.国立大学
4.環七

 正解はCMのあと!……ではなくWEBで!……でもなく、日記の最後で。

 9時半までに青森市内の病院へばあちゃんを連れて行かないとならなかったのですが、小降りだった雪は、本格的な雪となりました。大渋滞を避けるために2区間だけですが高速を使って移動。東北道の起点である川口ICから宇都宮あたりまではいつだって混んでいるのでしょうが、終点の青森IC付近はガラガラです。いい感じ。それもICを降りてからがまた渋滞で結局、出発から1時間近くかかりました。ICを降りてから数kmの間に2台もスリップ事故を見かけました。

 病院で2時間ほど検査を行なった結果、ばあちゃんは何の異常もなく、次は半年後に定期検診にくれば良いそうです。ただ、腹部に違和感が……と言っているので、腎臓関係ではなく、腸などの消化器系に問題がある……のかも。帰りは普通に国道7号で戻りましたが、弘前までの50km弱の間で、3台の事故車を発見。青森~弘前を往復しただけで5件です。こりゃ今日の青森県内では100件以上の交通事故が起きてそうですよ。

 帰りはしばしば訪れるそば屋「一源」でざるそばとミニ天丼を食べ、ばあちゃんの買い物に付き合って終了。ばあちゃんは買い物が楽しみなのでしょうがないですが、ホームセンターとスーパーだけなのに、1時間以上買い物しています。足腰がうんたらと嘆いていますが、内蔵はともかく筋力は同世代の標準よりも明らかに上じゃないかと思います。むしろ寝不足と雪道での慎重な運転でで俺が疲れました(笑)

 帰りにWINSに寄って、昨日JRA銀行に預けた預金を払い戻しました。WINSには50台ほどの車が止まっていました。一角にある地方競馬ブースで岩手競馬を買うウマキチの皆さんでした。その数、50人ほど。たぶん1Rから買っているんでしょう。胴元はこういうお客さんを大事にしないといけません。平日に場外へ来てくれたお客さんにポイントをあげて、ある程度貯まれば何かをプレゼントとかしたらいいかも。大したものでなくていい。気持ちの問題です。

 さて、問題の正解ですが、答えは3です。1は先日完成しました。もうすぐ開業です。2もあります。「青森ベイブリッジ」なるパクr……もとい立派な橋が青森駅から左手に見えます。4もあります。無論、首都圏のものとは別ですが、国道7号の終点は青森市街地へ向かう道と市街地を迂回する道とに途中で分岐しています。どちらも国道4号につながっています。3はありません。「青森大学」は国立っぽい響きですが、スポーツで有名な青森山田学園の大学で私立。国立大学は弘前大学です。

テーマ:今日の出来事。 - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

10年ジャパンカップ回顧

☆JC予想結果☆
◎ブエナビスタ…………2着
○ナカヤマフェスタ……14着
▲ローズキングダム…1着
△エイシンフラッシュ…8着
△ヴィクトワールピサ…3着
△ヴォワライシ………16着

 競馬口座残高が地方競馬ですってなくなってしまったので、久々にWINSで出撃して購入。15時20分まで待って、レースを見て換金して帰ろうかとも思ったのですが、明日はばあちゃんの病院送迎のため、WINS付近にまた来るので、未確定馬券を持ってそのまま帰宅。というかTSUTAYAを2件ハシゴして、『よつばと!』10巻購入と『いきものばかり』のレンタルをしようと思ったのですが、『よつばと!』10巻は明日入荷(遅いよ!)、『いきものばかり』2件ともすべてレンタル。無駄足でした。カーラジオでJC中継を聞いていました。で、今、動画見ました。

 ブエナビスタが完勝したのはわかりましたが、2着がローズかピサか。どっちにしても当たりだからいいけど、妙に動画のUPが遅いなあと思いました。2,3着がハナ差で写真判定が長引いているのかと思ったらブエナ降着。これでピサが2位入線だったら、馬単数十倍だな!と思ったのですが、2位入線はローズで馬単1880円。3複を買うのをやめた時点で高配当は離れていってしまいました。ブエナビスタの能力は確かですが、どうもツキもないような気がします。GIで降着2度の馬なんて今までにいたのだろうか。記憶にない。ブエナビスタはGI7勝まではできるかもしれませんが、8勝は無理かな。なぜか8勝目にはカベがあるようなので。

 勝ったローズキングダムは直線で挟まれる不利(加害馬はブエナビスタ)がありながら2位入線。展望で書きましたがたぶん2,3着だと思っていました。実際、2位入線でしたが、この馬はこれまでのバラ一族と違ってツキを持っている感じ。朝日杯とは言えGI制覇、繰り上がりとは言えJC制覇。バラ一族のカベを超えました。ほかのバラ一族に勢いが波及するかはわかりませんが、この馬はまだまだGIを勝てそうです。苦手なコースがありませんから。有馬記念も勝ち負けでしょう。そして、ユタカは今年もGIを勝ちました。ケガで長期離脱もあり、今年は無理かとも思ったのですが、さすがですね。

 ギュイヨンの騎乗は見事でした。ブエナやローズほどキレる脚がないピサは先行粘りこみしかありません。馬も騎手も頑張りました。ピサが1位だったら……とも思ったのですが、被害対象がローズキングダムだったので、ピサが先着していたら、ピサ→ローズ→ブエナとなってしまい、俺はハズレなので、これで良かったのかもしれません。世の大多数のブエナを頭で買った人は気の毒としか言いようがないのですが。これも展望で書きましたが、ピサは府中もこなせるだけで、ベストは中山だと思います。中山でならブエナやローズを逆転可能。ただ、今回ほど軽視はされないので旨みは薄れるなあ。

 ジャガーメイルは距離が伸びて、鞍上替わって前進。この後はまた香港ヴァーズでしょうか。有馬記念よりは香港のほうが向いていると思います。ペルーサはまた出遅れ。ダービーや毎日王冠ほどではなく、秋天ぐらいの2,3馬身の出遅れでしたが、このメンバーではやはり出遅れた時点で終了。もうどうにもなりません。出遅れなくて、なおかつ面子が手薄なら勝てるかも。どこに出ても次も人気でしょうが、この馬は出遅れも含めての能力。人気のうちは買わないほうが良いです。マルカシェンクと同じ。オウケンはやはり去年の出来にはなかった。陣営が話していたぐらいですし、ここで勝ち負けできるなら、京都大賞典でメイショウベルーガに負けていない。

 ナカヤマフェスタはなんの見せ場もなく惨敗。馬が欧州馬になってしまったのか?下位の欧州馬に紛れています。やはり上がり33秒台を求められるレースは合っていないのだと思います。東スポ2歳S勝ち、ダービー4着などもありますが、ベストは中山、阪神でしょう。上がり35秒前後のレース向き。これで人気急落なら有馬記念でしこたま買いたいところ。除外されたネヴァブションも同様。今年の外国馬は高速馬場適性がなかったわけではないと思います。16着まではそう時計に差が無いので。足りなかったのは実力ですね。たられば言ってもしょうがないですが、ここにスノーフェアリーがいれば勝ち負けだったように思います。

テーマ:中央競馬(JRA)予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

長谷川、粟生おめでとう!

 長谷川選手と粟生選手が2階級制覇を達成しました。一夜にして2人も二階級王者が誕生したのは日本ボクシング史上ではないでしょう。長谷川選手は1階級飛ばして、2階級上の王者となりました。これも日本人としては初。海外にはパッキャオ(飛び級で6階級制覇)のような怪物もいますけど……。今日の試合を現地で観戦した方は死ぬまで自慢できるレベル。

 粟生選手は以前と比べれば、自分から攻めるボクシングもできるようになりましたね。以前は受身過ぎた。もちろん、スピードやテクニック、センスは以前から素晴らしかったですが。持ち前の長所を生かして、4Rではカウンター一閃でダウンを奪いました。その後も終始、粟生ペースで余裕の判定勝ち。とは言え、中継中にセコンドのコメントも紹介され、「倒せなかったら(コーナー)に戻ってくるな」とまで激を飛ばされていました。俺もまったく同感です。チャンピオンは明らかにガス欠、かなりのダメージも蓄積されていたのに、結局、粟生選手はKOできませんでした。詰めの甘さは今後も課題でしょう。

 長谷川選手は先日、お母さんを病気で亡くしましたが、母に捧げる2階級制覇となりました。長谷川選手は戦前、「判定でも良いから勝ちたい」と言っていましたが、その内容は明らかに今までのボクシングと違っていました。2階級上げたからではなく、再起緒戦ということもあるでしょうし、何よりも今日だけは母のために倒して勝つ!という気迫が見る者すべてに伝わる試合でした。脚を使ってポイントを奪うボクシングならもっとラクに勝てたはずです。相手はスピードについてこれていなかった。そんなことは本人も周りも分かっていたでしょうが、脚を止めて25戦全勝18KOの相手と真っ向から打ち合いました。そしてねじ伏せました。

 解説の飯田さんや浜田さんも「今までの相手ならとっくに倒れていますね」と言っていましたが、まったく同感です。相手もタフでした。右目の下が大きく腫れ上がり、視界をさえぎっていたと思います。というか、頬骨を骨折しているかもしれません。長谷川選手のパンチを浴びつづけても倒れませんでした。長谷川選手も久々に長丁場を戦ったせいか、まぶた(古傷か?)を切って出血、こちらも目の下が青くなっていました。いつもの華麗なボクシングではない。泥臭い殴り合い。危うい場面もいくつかあり、見ていてヒヤヒヤ、思わず「脚を使ってくれ!長谷川ー!」とテレビに叫んでしまったほどです。でも、これまでのどの長谷川戦よりも感動しました。

 TBSのスポーツ中継はバレーにしても、ボクシングにしても、陸上にしても芸能人が騒がしいし、演出過剰でうるさい。日本テレビのボクシング中継はうるさくなくていい。スポーツはそれ自体がエキサイティングなのだから、余計な飾りは要らない。NHK並に淡々と放送してくれたほうがよほどいい。

テーマ:ボクシング - ジャンル:スポーツ

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

10年ジャパンカップ展望

 今年で30回目になるJCには、久しぶりの海外勢が大挙出走してきました……が、レベルは低い。重賞も勝っていないダンディーノやらフィフティープルーフなんてのもいます。こんな格下の馬まで費用JRA持ちで呼ぶ必要があったのか甚だ疑問。JC設立初期はともかく、今や海外で格下の馬が好走する余地はありません。ある程度の実績(GI勝ち)を持ち、日本の馬場への適性を持った馬でなければ勝ち負けできません。ポイントは「ある程度の実績」です。日本国外でGIを勝てる能力があれば、あとは適性次第。これは海外へ遠征する日本馬にも言えます。日本でGIを勝ちまくったから海外で通用するというものでもない。ステイゴールドが代表例ですし、コスモバルクやシャドウゲイトもいい例です。では、今週もまずは短評から。

・ヴィクトワールピサ……凱旋門賞7着以来と遠征帰りですが、かなり乗り込まれているようです。上がりの勝負になったダービーは3着でしたが、府中はあまり向いていないように思えてなりません。馬場が渋れば一気に浮上というところ。

・エイシンフラッシュ……今年のダービー馬です。重苦しい血統なのにキレますね。ただ、一頓挫あって菊を回避したのがどう出るかでしょう。馬場は晴雨兼用。

・オウケンブルースリ……こちらも予定していた秋天を回避。休み休み使われていますが、それなりに結果を残しています。去年のJC2着馬ですから、適性は十分。デキと他の面子次第。ただ、去年より今年は面子がそろった感もあり……。

・ジャガーメイル……今年の春天馬です。秋天は降着でビリ。ただ、降着がなくても掲示板に載れたとは思えません。距離が足りていない。2F伸びるのは良いと思いますが、面子がそろっただけにどうでしょう。

・シンゲン……秋天は6着。府中芝2400では500万下を勝っています。ただ距離は微妙に長いように思えますし、面子もそろいました。それでも3着ぐらいはあるかもしれません。

・ナカヤマフェスタ……凱旋門賞2着馬です。府中芝2400では春にOP特別を勝っています。ただ……府中よりは中山、阪神がベターと思いますし、渋ったほうがなお良い馬だと思います。パンパンの良だと危うい感じもします。

・ブエナビスタ……秋天勝ち馬です。これまで海外を含めて複勝圏を外していません。ここも連軸としては鉄板。ただ、単式馬券でアタマから、というのは怖い気がします。

・ペルーサ……秋天2着馬。能力は確かなようですが、出遅れも確かなようです(笑) それでも前走は2,3走前に比べると、出遅れは小さく陣営の努力の効果もありそうです。ただ、スタートですべてが決まるので怖くて軸にはできません。

・メイショウベルーガ……エリ女2着馬。府中では3走して、4,3,3着。特に苦にしてないようですが、ベストが京都芝2000以上なのは確か。そして、前走よりも面子がずっと強化されているだけに?

・ローズキングダム……バラ一族の血なのかクラシックは好走するも勝ちきれませんでした。ダービーや菊の脚を見ると府中芝2400は合ってそうです。また勝ちきれないのでしょうが、2,3着は大いにあると思います。

・シリュスデゼーグル……GIIドラール賞勝ち馬です。昨年の香港ヴァーズでは6着とジャガーメイルに先着されています。そしてここは日本。なおさらジャガーメイルに先着するのは難しい。馬券にはならないでしょう。

・ジョシュアツリー……カナダ国際S勝ち馬。海外勢ではこの馬が格上に見えますし、海外勢ではこの馬の人気が最上位でしょう。遠征競馬で実績を挙げた点は評価できます。あとは実力が足りるかどうか。

・ダンディーノ……重賞勝ちもない馬では無理。

・ティモス……重賞勝ちもない馬では無理。

・フィフティープルーフ……重賞勝ちもない馬では無理。

・マリヌス……GIIを一つ勝ったぐらいでは無理。

・モアズウェルズ……GIIIを2つ勝って、カナダ国際S2着、愛チャンピオンS3着とそれなりの実績。大穴ならこれかも?

・ヴォワライシ……GIローマ賞勝ち馬、重賞を多数勝っています。イタリアは英、愛、仏よりもレベルが落ちるとされていますが、まがりなりにもGI馬ですし、イタリアの芝は時計が出るので日本に向いているかもしれません。海外勢ではこの馬が一番気になります。


◆チェックポイント◆
・7歳以上馬:シンゲン
・重賞未勝利馬:ダンディーノ、ティモス、フィフティープルーフ
・GI勝ちのない牝馬:メイショウベルーガ
・3ヶ月以上の休み明け:いない
・前走が天皇賞で7着以下:ジャガーメイル
・前走が菊花賞で5着以下:いない
・前走がGIIで3着以下:ティモス
・前走がGIII以下:いない
・GI馬ではない海外馬:ダンディーノ、シリュスデゼーグル、マリヌス、モアズウェルズ、ティモス、フィフティープルーフ
 
 残ったのはヴォワライシ、ヴィクトワールピサ、ローズキングダム、ペルーサ、エイシンフラッシュ、ナカヤマフェスタ、ジョシュアツリー、オウケンブルースリ、ブエナビスタの9頭。99年のモンジューの4着以来、近10年で1番人気は3着を外していません。一番人気は確実にブエナビスタですが、ブエナ自身も3着を外したことがない。不動の連軸。最悪でも3着でしょう。

 相手探しの一戦です。8頭も残せませんので、何頭か切ります。オウケンブルースリは調教で動いていないようですし、去年よりもメンバーが強いです。勝ち負けまではどうでしょう?また、外国馬では1番人気であろうジョシュアツリーですが、遠征経験があるのは良いのですが、時計の裏付けがありません。ついでに父モンジューというのも日本に合うと思えません。モンジュー自身も1番人気に推されたJCは4着に敗れています。

 むしろもう1頭のGI馬ヴォワライシのほうが良い。時計の出るイタリアのトップホースであり、父デイラミというのもいい。日本で走ったデイラミ産駒はほとんどいませんが、デイラミ自身は高速馬場を得意としましたし、ヴォワライシもそんなタイプに思えます。また、この馬がJCに出走するにあたってデムーロの進言があったそうです。手綱ももちろんデムーロです。鞍上が日本に馴染んでいるのも魅力です。

 もう一頭切るならばやはりペルーサでしょうか。秋天よりもメンバーがそろいましたし、出遅れたらおしまいです。前走ぐらいの出遅れでも、馬券には絡めないと思います。GI馬であるピサ、ローズ、エイシンを切ってまで、出遅れ癖のあるペルーサを買う気にはなれません。しかも、ペルーサのほうが人気にもなりそうです。出遅れずに100%の力を出し切られたら諦めます。馬券はまだ決めていませんが、ブエナ軸3複5頭BOXか馬単ブエナ流し裏表。どちらにしてもも10点買い。

◎ブエナビスタ
○ナカヤマフェスタ
▲ローズキングダム
△エイシンフラッシュ
△ヴィクトワールピサ
△ヴォワライシ

 

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『摩訶不思議ダイベンシャー』

『摩訶不思議ダイベンシャー』

S:あ、ねぶさん、御勤めご苦労様です!

ねぶ:はぁ?ナニソレ?

S:いや、ヤクの売買でK察署へ連行されたって聞きましたよ。

ねぶ:人聞きの悪いことを言うなよ。俺はただ事情聴取されただけだ。

どうやら2,3日の間に妙なウワサが学内に広まってしまったようだ。

S:やっぱり食事はカツ丼なんですか?「カツ丼を食わせてやるから、本当のことを吐くんだ」みたいな?

ねぶ:それは何かのドラマの影響か?だいたいカツ丼じゃなくて牛丼だったよ……。

S:まあ、牛丼のほうが安いですもんね。でも、無実が証明されて良かったですよ。ムショ行きになったら牛丼どころか、冷たくクサい飯が……。

ねぶ:それもドラマの影響か?やめろよ、K務所の人に怒られるぞ。ところで……。

S:なんですか?

ねぶ:クサいで思い出したんだが、新しいブログを作ろうと思うんだ。

S:でも、ねぶさんはもうブログやってましたよね。競馬のブログ。新しいブログはエロブログ……略して「エログ」でも作るんですか?

ねぶ:いや、エロではないよ。

S:じゃあ、クスリ関係ですか?「シャブログ」とか。

ねぶ:やめろっつーの!(笑)

Sの脳内では俺とエロとヤクが密接にリンクしているらしい。

S:じゃあ、何なんですか?マトモなブログなわけないですよね。

ねぶ:まあ、マトモではない。今朝、トイレでウンコしたら思いついたんだが……。

S:ウンコブログ?

ねぶ:いや……題して「スカトログ」だな。

S:ねぶさん……ついに普通のエロではモノ足りずそんな世界まで。

Sは俺を哀れむような目で見ている。

ねぶ:いやいや、エロとしてのウンコではなく、どれだけ立派なウンコなのかという品評会的なブログだよ。

S:品評会?まったく意味がわからないんですが。

ねぶ:Sよ……長くて太い一本グソを垂れたら、他人に自慢したくならないか?

S:別に僕はなんとも思いませんけど。

ねぶ:俺は自慢したいんだよ。そして、たぶんそういう人は少なからずいるはずなんだ。だから、各自が自慢のウンコの写真を掲載するという趣旨だ。もちろん他人のウンコや人間以外のウンコはアウトだ。年末には「年間最優秀ウンコ」も選ばれる。

S:誰がそんなの選ぶんですか?だ・れ・が?!それに「年間最優秀ウンコ」を受賞しても嬉しくない。むしろ恥ずかしくて人には言えませんよ。

ねぶ:選ぶのは俺。あとは尻愛……もとい知り合いの消化器系の医者にも選んでもらう。品評会だから権威付けもしなくてはな。

S:あまり知りたくもないですが、どんなウンコだと優秀なんですか?

ねぶ:よくぞ訊いてくれた!バランス良く大きいものが良いウンコだ。長くて細かったり、太く短いものは良くない。下痢なんて論外だ。

S:そりゃ下痢なんて論外でしょうけど。

ねぶ:あとは色やヒビが入っていないのも重要なポイントだね。

S:「だね」ってドヤ顔で言われても、どう対応していいのやら。

ねぶ:若いおねーちゃんのウンコが多数、掲載されるとアクセス数も増えて、ビジネスにもつながるかも……?

S:どこの若いおねーちゃんがそんなブログに参加するんですか?ねぶさんの脳内にはきっと精子だけではなく、ギョウ虫やら回虫も紛れ込んでいますよ、絶対。早く医者に診てもらったほうがいいです。

タタタタタタ……駆け寄ってくる足音がする。

ねぶ:あ、若いおねーちゃんだ。

M子:あ、ねぶさん!御勤めご苦労さまです。

ねぶ:Sと同じことを言うね……。俺は事情聴取されただけで逮捕されたわけじゃないよ。

M子:そうなの?それなら良かった。で、何の話をしてたの?難しい話?Sくんがもだえているように見えたんだけど。

ねぶ:ああ、実は……。

ヒュウ!プスッ!

ねぶ:ううう?(急に眠気が……)

ねぶ(S):きゅうりや大根の話をしていたんだ。長くて太いものは人気だろうけど、曲がっていても味には変わりがないのに評価が低いのは良くないなあってさ。

M子:まあ、それはそうよね。でも、逆に考えれば、同じ品質のものを安く買えてお得かも。

S:そうそう。そういう話だったんだ。ホラ、見てよ。ねぶさんの握っている新聞にも……げぇっ!

俺が電車内で読み、大学まで持ってきたのは一般紙ではなく夕刊タブロイド紙である。一面の見出しはこうだ

M子:アイドルA、深夜のスカトロプレイ……?Sくん?

S:は、はい?

M子:このドヘンタイがあああああ!オラオラオラオラオラオラァ!

MちゃんのラッシュがSに炸裂した……らしい。

S:ううう?ガク……。

M子:ねぶさんもどうせ同じ穴のムジナだろうし、まともな男っていないのかしら?


テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

連作短編『ねぶとS君の平凡なキャンパスライフ』 | コメント:0 | トラックバック:0 |

10年浦和記念回顧ほか

★浦和記念予想結果★
◎スマートファルコン……1着
○ブルーラッド…………4着
▲ドリームトレジャー……5着
△ボランタス……………2着

 単1.1倍の圧倒的人気のJpnI馬スマートファルコンが逃げ切り圧勝。6馬身差の2着にまくってきたボランタス、3着に2番手追走から粘りこんだディアーウィッシュでした。昨年の勝ち馬で2番人気のブルーラッドは4着。もう一頭の中央馬ロールオブザダイスは6着でした。中央競馬で増やしたお金をどんどん地方競馬へ垂れ流しています。中央だけなら回収率110%ぐらいなのに、地方合算だと85%ぐらい。ああああ……。

 ディアーウィッシュのハナを叩いてスマートファルコンが先頭に立つと、絡んでくる馬がいるわけもなく徐々にペースアップして、直線では後続を大きく突き放しました。ダートの一線級を相手にJBCクラシックを圧勝した馬がこのメンバーに負けたら、前走で負けた陣営は泣けてきますよ。予定通りに4000万円GETというところでしょうか。年内はこれで休養だそうです。JpnI馬になったので、今後は相手次第でJpnIも使うでしょう。年明け緒戦は十中八九川崎記念だろうと思います(笑) 重賞12勝目。おそらくノボトゥルー並に現役を長く続けそうなので、重賞20勝しそうですね。

 ブルーラッドはボランタスと一緒にまくってくるイメージだったのですが、3角での手ごたえが悪く、まくれませんでした。スマートファルコンの直後につけ、勝ちに行く競馬をしたディアーウィッシュも交わせず4着……。交わしてくれたら馬券あたったのに。ドリームトレジャーは出負けして最後方からの競馬。それで5着ならまあまあでしょう。出負けした馬に1馬身以上離れた6着のロールオブザダイスはスランプもいいところです。走れば走るほどに内容が悪くなっています。どうも馬に走る気がないような?トウホクビジンはいつものようにマイペースで走って7着。

 気が早いですが、JCの外国馬について。格で言えばカナダ国際Sを勝ったジョシュアツリーでしょう。おそらく外国馬のなかでは1番人気。ただ、今年のカナダ国際Sは微妙なメンバーでしたし、父モンジュー?モンジュー自身もJC4着でしたし、日本での産駒に活躍馬は皆無。うーん。むしろ外国馬ならむしろイタリアのヴォワライシのほうが不気味。一応、GIであるローマ賞を勝っています。イタリアは英・仏・愛・独などよりレベルが落ちるとされていますが、馬場は堅いので日本向きとも思えます。02年のJCを勝ったファルブラヴもイタリア馬でしたし、戦績も似ているような……?

 他の6頭はGI馬でありません。過去20年のJCで連対した外国馬は15頭いますが、そのうちGI馬でなかったのは1990年の2着馬オードのみ。他はすべてGI馬でした。初期のJCは格下の外国馬でも勝てましたが、近年はGI馬かつ高速芝適性がないと勝てません。これはJCに限った話ではないですが。今年は日本馬のメンバーもそろいましたし、3連のヒモにヴォワライシを絡めるぐらいで他は要らないと思います。回避しましたがスノーフェアリーの走りが見たかったですね。欧州最優秀3歳牝馬の上、エリザベス女王杯圧勝の馬でしたから。

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

10年ダービーGP回顧、浦和記念展望

 昨日は3年ぶりにダービーGPが復活しました。地方全国交流重賞なので中央馬はいませんが、南関から羽田盃馬のシーズザゴールド、S3ニューイヤーC勝ちのウインクゴールド、重賞で好走中のリュウノボーイ。兵庫からもダービー馬・ハイパーフォルテ、金沢からは金沢移籍後はほぼ完璧な成績のナムラアンカーと強豪が遠征してきました。迎え撃つのは地元岩手の2冠馬・ロックハンドスターです。他地区馬に蹂躙されまくりの岩手の重賞ですが、ロックハンドスターは太刀打ちできるのかに焦点が集まりました。

 日中はロックハンドスターが抜けた人気でしたが、最終的には2番人気で1番人気は羽田盃馬のシーズザゴールドでした。レースはナムラアンカーが後続を10馬身近く離しての大逃げ。ロックハンドスターは好位追走、シーズザゴールド、ウインクゴールドは後方から。ウインクゴールドは出もあまり良くなかったですね。4角でロックハンドスターがナムラアンカーを射程圏に入れると、直線であっという間に交わし、2馬身半差の完勝。2着は粘ったナムラアンカー。3着にまくってきたシーズザゴールドでした。

 俺はロックハンドスターと言えども、岩手馬の現状を鑑みるとまた南関馬で決まりだろうと、南関3頭とハイパーフォルテのBOXを買いましたが大ハズレ。ロックハンドスターによって南関馬も俺も撃破されました(笑) 中央競馬は回収率100%超ですし、たぶん今年は最終的にもプラスでしょうが、地方競馬に吸い取られています。明日は兵庫ジュニアGP、明後日は浦和記念と重賞は続きますが、2歳戦など当たる気がしないので明日はパス。明後日の浦和記念は買います。

 その浦和記念ですが、JBCクラシックを買ったスマートファルコンが予定通りに出走です。JpnIを勝とうが裏街道を歩くのは変わらないようです。浦和記念→川崎記念→名古屋大賞典というところでしょうか。馬主や調教師的にはきっちり稼ぎたいのでしょう。俺が馬主であってもそうするかもしれません。ただ……これでは種牡馬入りできないでしょう。たとえ惨敗しようがBCクラシックへ挑んだエスポワールシチーとは評価や人気がまるで違う。ファンは白けるよなあ。

 しかも、中央枠は4頭あるのに、出走するのはスマートファルコンとロールオブザダイスの2頭だけ。賞金の足りない馬こそ賞金を積むチャンスだと思うんですがね。来月のクイーン賞で除外対象の馬はこっちにでればいいのに。おそらくスマートファルコンがここ2年と同様に圧倒的人気になるのでしょうが、そこまで信用できる馬とは思えませんが、南関も1軍半って感じですね。フリオーソ、ボンネ、セレンら1軍は東京大賞典へ直行でしょうし。

 10頭立てですし、波乱はないでしょう。スマートファルコンのハナを叩ける馬はいない。一昨年の浦和記念のような結果が目に見えます。1着スマートファルコンで2,3着に南関馬。さすがに不振のロールオブザダイスには南関馬も先着してほしいところ。相手も去年の勝ち馬のブルーラッド、ブルーラッドを前走で下したドリームトレジャー、浦和重賞勝ちのあるボランタスの3頭でいいと思います。スマート1着固定3単も1軸3複も大して配当が変わらないでしょうから、1軸3複300円だけ。

◎スマートファルコン
○ブルーラッド
▲ドリームトレジャー
△ボランタス

テーマ:地方競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

エコポイント改正前駆け込み購入

 エコポイントの制度が12月から変わります。現行は省エネ達成度4つ星以上ならエコポイントが一定額もらえますが、来月以降は5つ星のみの支給でなおかつポイントが半減以下になります。ということで、ばあちゃんの家に置く地デジ対応液晶テレビを買いに行ってきました。一応、人気商品の相場価格を価格どっとこむ(以下、価格DC)で調べておきました。ネットショップの相場よりは高く売っているだろうけど、それに近い額まで値切ろうと。ところがヤマダ電機へ行ったら、価格DCの最安値を下回る額で売っていました。東芝レグザA1の32型ですが、価格DCの最安値は49500円だったのですが48800円とのこと。これを確認したあとにケーズデンキへ。

 ケーズでは同一商品の52300円を棒線で消して、50300円で売っていました。「ヤマダでは48800円で売っていたんですが」と店員へ交渉しましたが、48791円とのこと。これじゃ意味ないなと思ってヤマダで購入。リサイクル料3000円余り、配送設置料2000円あまりだったのですが、リサイクル料は3000円分のエコポイントでほぼ相殺されます。設置料分も48800円からさらに2000円引きの46800円で売ってくれたのでほぼ相殺されています。さらに2000円引きにしたときのヤマダ店員のドヤ顔は印象的でした(笑) どちらも在庫はなく、注文になるのですが、ケーズは12月25日、ヤマダは12月2日かと届くスピードもまるで違いました。

 弘前周辺で家電を買うならやっぱりヤマダだなあ。ケーズも太刀打ちできていない。ましてコジマは……。価格DCの最安値よりも安く売っているとはいい意味で想定外でした。ばあちゃんはCDラジカセも欲しいと言っていたので、CDラジカセも見たんですが、これは安くなかった。まあ、今時、CDラジカセは売れないんでしょうし、置いてあるだけって感じなのかな。別に設置に手間がかかるわけじゃないので、これはそのうち俺が通販で購入です。昨日は日曜、明日は祝日で混むだろうから、今日買いに行ったのですが、今日も平日なのにかなり混んでいました。エコポイント改正前の駆け込み需要でしょうか。ポイント対象外となる4つ星商品は投売りでしょうしね。

テーマ:デジタル家電・AV機器 - ジャンル:趣味・実用

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

10年マイルCS回顧ほか

☆マイルCS予想結果☆
◎ダノンヨーヨー………2着
○サプレザ……………4着
▲キンシャサノキセキ…13着
△トゥザグローリー……7着
△テイエムオーロラ……10着
△ゴールスキー………3着
△ガルボ………………15着

 人気が割れて混戦模様の今年のマイルCSでしたが、制したのは13番人気のエーシンフォワードでした。1番人気のダノンヨーヨーは直線で猛追するも2着。一緒に伸びてきた2番人気のサプレザは4着。中団から伸びたゴールスキーが3着でした。キンシャサノキセキは見せ場もなく13着。トゥザグローリーは7着でした。

 エーシンフォワードは馬の仕上がりも勝ち負けできるだけの状態だったのでしょうが、岩田騎手の好騎乗が1着という結果を生んだように思います。外枠ながらロスなく内目を走り、直線も外へ外へと回った人気馬に対して、内から伸びてきました。人気薄の穴馬だからできたというわけではなく、岩田騎手なら人気馬でもこうした騎乗をするでしょう。去年の川崎・全日本2歳優駿などもそうでしたが。地方出身騎手や外人騎手はコースロスなく乗りがちで、それ故に活躍が目立つのだと思います。サプレザ陣営は外枠を嘆いていましたが当然です。人間の陸上競技のようにセパレートコースではなく、外枠は通常、余分に走らされるのですから。ただ、エーシンフォワードが今後も安定して活躍するかと言えばとてもそうは思えません。重賞を1,2つ上積みするかもしれませんが……。

 人気のダノンヨーヨーは道中後方2番手追走。後ろ過ぎて届かないのでは……と思いましたが、やっぱり届きませんでした。スミヨン騎手の談話では「出がもう一つで、予定より2,3馬身後ろになった」とのこと。いつものように33秒台の鬼脚で突っ込んできましたが、位置取りのせいか惜敗。ただ、この馬の力は見せましたし、今後のマイル戦線はこの馬が中心になるのでしょう。キレ過ぎるだけに故障しないかがちょっと心配ですが、ダンス産駒はひ弱ではないので大丈夫だと思いたい。サプレザも力は見せましたね。欧州よりも日本の馬場のほうが合うんじゃないの?と思えるほどに。来年も現役続行ならヴィクトリアマイルにも来て欲しいところ。ゴールスキーは格下でしたが、あわやのシーンも見せました。まだ3歳。今後が楽しみな馬です。

 かなりのハイペースになった結果、掲示板に載ったのは後ろからの馬ばかりになりましたが、ジョーカプチーノは歩いてはいないですね。止まりましたが。今は1600よりも1200、1400のほうが合うのかもしれません。キンシャサノキセキはまったく見せ場がありませんでした。過去にNHKマイルC3着やマイルCS5着もありましたが、現状では1600が長いと判断するしかない。それと南半球生まれとは言え、もう7歳。やや能力に陰りもあるのかも。ショウワモダンは何も言えません。春は3連勝でGI制覇で、秋になったら大惨敗ばかり。春の走りはロウソクが消える前の一瞬の輝きだったのか……?馬券は馬複でも枠連でも大して差がないので、保険のために枠連で買ったので命拾いしました。先週と同じです。勝負で負けて試合に勝った感覚です(笑)

 来週はジャパンカップですが、その前に明日は水沢で復活したダービーGP、明後日は園田で兵庫ジュニアGPと注目のレースが続きます。ダービーGPは地方全国交流と開設当初の条件に戻りました。地元の雄・ロックハンドスターと他地区勢の対決が注目。南関から羽田盃馬・シーズザゴールド、ニューイヤーC勝ち馬のウインクゴールド、岩手デビューのリュウノボーイ。金沢からも地方移籍後9戦8勝2着1回のナムラアンカー、兵庫ダービー馬のハイパーフォルテと面子がそろいました。人気はロックハンドスター、シーズザゴールドなんでしょうが、実力が怪しいロックハンドスター、休み明けのシーズザゴールドよりは、A3戦を勝ち上がったウインクゴールドに期待しています。鞍上が的場文騎手というのも心強い。ウインクゴールドから馬複流しでしょうか。

テーマ:中央競馬(JRA)予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

10年マイルCS展望

 先週のエリザベス女王杯でのスノーフェアリーの末脚は物凄かったですね。ムーア騎手の後検量に問題があったそうですが、レース後の話なので、あの快走がどうのこうのではありません。マイルCSには前年3着のサプレザが参戦。明らかにこのレースを目標に使ってきたという感があります。GI・サンチャリオットS連覇と実績は去年以上、日本芝への適性も証明済みで怖い一頭です。さらに来週のJCには外国馬が大挙9頭も参戦です。9頭も参戦だとさすがに馬券に絡む馬が1,2頭はいると思います。もちろんエリ女圧勝のスノーフェアリーが一番怖いですが。いつものように各馬の短評から。

・アブソリュート……5ヶ月の休み明けですし、1年以上勝ち星もありません。GIでは敷居が高いようです。

・エーシンフォワード……春までは良かったのですが、以後が冴えません。また1400は阪急杯勝ちを含めて実績豊富ですが、1600に伸びると成績が悪化しています。距離も微妙に長いような?

・オウケンサクラ……前走の天皇賞ではブービー人気ながら4着に激走。渋った馬場も良かったようです。力馬。馬場が渋るようなら面白いですが、パンパンの良では厳しそう。

・ガルボ……秋緒戦の富士Sを3着。叩いた上積みもあるでしょうし、当該コースでシンザン記念勝ちもあります。穴で一考。

・キョウエイストーム……好走がほぼ中山のみ。ここまで特化している馬も珍しい。もちろん今回は京都なので不要でしょう。

・キンシャサノキセキ……繰り上がりとは言えスプリンターズS2着。一頓挫あったことを考えれば上々。叩いた上積みもあるでしょう。ただ、スプリント路線に進んで才能が開花しており、マイルは微妙に長そうです。

・ゴールスキー……ゴールドアリュールの半弟で3連勝中の上がり馬です。ただ、前走が非重賞の馬が馬券に絡んだのは98年のビッグサンデー以来ありませんし、重賞出走歴もない馬が馬券に絡んだ例は10年以上ありません。果たして?

・サプレザ……昨年の3着馬です。昨年よりも実績を重ね、昨年よりもメンバーが弱くなっています。勝ち負けだと思います。前々走の1400戦で1:19.6ですか。欧州じゃないような時計出してますね(笑)

・ショウワモダン……春は3連勝で安田記念制覇。それから5ヶ月余でここまでひどくなるものなのか。3戦とも大惨敗。前走は他馬の斜行の煽りを受けましたが、それがなくても勝ち負けとはとても思えません。重馬場になれば……?

・ジョーカプチーノ……1年半ぶりのスワンSでいきなり3着。ハイペースで飛ばして粘るという内容も濃かった。GI馬の底力を見せました。この馬が叩いた上積みが一番大きいでしょう。

・スマイルジャック……どの競馬場で走りますが、どこで走ってもツメが甘い。マイルCSは過去2年も走っていますが、掲示板にも載れていません。去年とあまり変わらない戦績ですし、馬券に絡むまではどうでしょう?

・ダノンヨーヨー……今年最大の上がり馬かもしれません。前走の富士Sも良かったのですが、前々走のPアイランドSでは他馬が止まって見えるほどの脚を繰り出しています。富士S組はあまり好走していませんが、この馬はまだ底を見せていません。

・テイエムオーロラ……今年に入って6戦5勝3着1回とこの馬も勢いがあります。ただ、脚質的に目標にされてしまうのと、牝馬限定戦が多く、牡馬相手にどうか。時計はここでも通用するだけのものがありますが。

・トゥザグローリー……血統、厩舎、鞍上で人気しそうです。まだまだ伸びる余地があるでしょうが、現段階で勝ち負けかと言えばそこまでではないように思います。過剰人気なら妙味もない。

・ファイングレイン……GIを勝ったのも今は昔。以降連対はなく、3着1度だけ。マイルでも実績はありますが、微妙に長いように思います。勢いもありません。

・マイネルファルケ……去年の2着馬ですが、中山が実績が目立ちます。今年は厳しいんじゃないでしょうか。

・ライブコンサート……今年の京都金杯勝ち馬。京都マイルはベストの条件です。前走も富士S2着ですが、人気になりそうもありません。穴のかほりがただよっています。

・ワイルドラズベリー……京都マイルはベストの条件と思います。あとは能力が足りるかどうかでしょう。ただ、いつものように大外強襲なんてやってたら届く面子とは思えません。

 ◆チェックポイント◆
・前走・天皇賞・秋、スプリンターズS、毎日王冠、富士S、スワンS以外で3着以下:アブソリュート
・前走・富士Sで10着以下:マイネルファルケ
・前走・スワンSで4着以下:エーシンフォワード、ファイングレイン
・6歳以上でG2以上勝ちがない:アブソリュート、ライブコンサート
・重賞未勝利:キョウエイストーム、ゴールスキー、トゥザグローリー、マイネルファルケ、ワイルドラズベリー
・京都芝に複数回出走して、連対がない:いない
・1枠、2枠の馬で重賞連勝中ではない:ファイングレイン、スマイルジャック、ライブコンサート、オウケンサクラ

 残ったのは、テイエムオーロラ、ジョーカプチーノ、ショウワモダン、ダノンヨーヨー、ガルボ、サプレザ、キンシャサノキセキの7頭。この中だと近走を考えるとショウワモダンは買えない。強行軍でもありますし。ジョーカプチーノは上積みありそうですが、二走ボケもありそうな。格下ですが勢いのあるトゥザグローリーとゴールスキーを抑えたほうがいいのかもしれません。

 富士S組はスワンSよりはマシとは言え、好走例が少ないです。ただ、ダノンヨーヨーはまだ底を見せていませんし、あの末脚は京都でこそ活きると思います。ダンス産駒は坂を苦にすることはあっても、平坦は総じて得意ですので。坂もこなしマイラーなダノンヨーヨーはいい意味でダンスインザダーク産駒らしくない。重馬場実績もあり、渋っても問題ない。スミヨンも上手く乗ってくれるでしょう。不動の本命。

 相手はさっぱり分かりませんので、ダノンヨーヨーから手広く馬連流し。8-5,9、14,15,16,17。たぶん今週も勝つのは出稼ぎ外国人です。スミヨン→デムーロ、ムーア、ルメールじゃないでしょうか。むしろ外国人4人BOXもありかも(笑) アンカツは病欠だし、岩田も故障明けだし、ユタカと蛯名は馬がアレだし。他はアンちゃんばっかりだし。

 ◎ダノンヨーヨー
 ○サプレザ
 ▲キンシャサノキセキ
 △トゥザグローリー
 △テイエムオーロラ
 △ゴールスキー
 △ガルボ

 人気も割れそうですし、ダノンヨーヨーとサプレザでもガミらないようです。他は14倍以上。十分。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

メモリアルレース2

 昨日の川崎競馬場のメインはS1のロジータ記念でした。勝ったのは浦和桜花賞馬のショウリダバンザイ。ロジータの現役時代をリアルタイムでは見ていませんが、繁殖としての凄さはリアルタイムで見ています。レギュラーメンバー、カネツフルーヴ、イブキガバメント、アクイレジアなどなど、ロジータを母や祖母に持つ馬は大活躍しました。まさに名牝。だから、その名を冠するS1があっても当然と思います。笠松にはオグリキャップ記念、ライデンリーダー記念、岩手にはトウケイニセイ記念もありますね。おらが村の名馬を称えるのは自然です。

 一方の中央競馬ですが、たったの2つしかありません。シンザン記念とセントライト記念のみ。カブトヤマ記念も廃止になりました。正確には共同通信杯にはトキノミノル記念という副題もついているので3つですが。新馬戦を「メイクデビュー」なんて名前にしたり、カペラSだのみやこSだのというどーでもいいレース名をつけるヒマがあるなら、顕彰馬の名前を冠したレースを作るべき。今年のユニコーンSは「タイキシャトルメモリアル」の副題がついていました。ユニコーンSなんて味気ない名前はやめて、タイキシャトルSにしたほうがいい。

 ユニコーンSは歴史も浅いし、どーでもいい名前なので変更は容易でしょう。容易でない場合は、共同通信杯の例にならって、神戸新聞杯(ディープインパクト記念)、毎日杯(テイエムオペラオー記念)などにすれば良い。カペラSだのみやこSだの何の気持ちもこもってない名前にするよりよっぽどいいと思うんですが。「顕彰」には顕彰する者の功績や善行、足跡を喧伝し続けるものあることが多く、持続的に行われるという意味合いがあります。そういう意味でもレース名にするのは合致すると思うのです。

テーマ:競馬なんでも - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ゆっくり行ってもいいんじゃない?

 たまたまですが鉄道ネタ2連発。あと半月ほどで東北新幹線が新青森駅まで延伸となります。青森県内のマスコミは連日そのネタを報道しています。ただ……新幹線開通で観光客がたくさんやってきて……なんてのは妄想でしょう。むしろストロー効果で、県内で買い物していた人が仙台や東京で買い物するようになるでしょう。というか既に仙台で買い物する人はかなり多い。青森県に限らず、東北全域において。仙台市広瀬通りのバスターミナルに行けばわかります。絶え間なく東北各地へのバスが発車していますよ。東北各地の市街地がシャッター通りになるなかで、仙台だけ続々と大型商業施設が建設されていることからも明らか。

 そもそも目的のために手段があるわけで、目的もないのに手段だけがあっても無意味。そりゃ弘前さくら祭り、青森ねぶた祭りは目玉ですから、その際に新幹線で青森県に来る観光客はいるでしょうが、何もないときに来る客が増えるとはとても思えない。いるかもしれませんが、新青森で特急に乗り換えて函館に向かうんじゃないの?5年後には北海道新幹線新函館駅延伸も予定されています。函館はいつ行っても楽しめますし、日本屈指の観光都市ですから新幹線で函館へ行きたい人は多いでしょう。実際、3月に函館に行きましたが楽しかったですね。訪れたい場所が多すぎて、1泊2日では足りない。

 テレビで街ゆくおばちゃんなどのインタビューで「新幹線が来てうれしい」なんてコメントが見聞きしますが、あんたら新幹線に乗るのかよと小一時間ほど問いただしたい。むしろ高齢者や学生の脚となるJR東北本線盛岡以北の3セク化によって、運賃4割増しになる経済的ダメージのほうがキツそう。三沢や野辺地などは新幹線が通るでもなく、ただただ3セク化され、鉄道を使う方が気の毒です。弘前市民的には新幹線が八戸周りで本当に良かった。弘前は奥羽本線が存続……むしろ新幹線に合わせるために本数が増えるでしょう。特急かもしか、いなほ(青森発着)が消滅して、新生のつがる(青森~秋田)になるようですがまだいい。

 だいたい速い=善、遅い=悪というような価値観は俺の中にはない。昨日の日記とつながりますが、渋谷駅で各駅に乗り、鷺沼駅で急行に乗り換えて青葉台駅で下車する、なんて人はザラにいますが、早く帰宅してどうするのかと。朝の出勤時ならわかりますけど。俺は帰宅は遅くなってもいいから座りたい派なので、渋谷駅で急行にはあまり乗りません。で、乗り換えで降りていく人を尻目に各駅で座ります(笑) 俺は速くて混雑よりも、遅くても空いているほうがいいので。一方で車は遅くても広い車が売れ、速くて狭い車は売れませんね。俺は逆のほうが好きですが……俺があまのじゃくなだけ?

 話がそれましたが、遅さを楽しめる心のゆとりがあってもいいんじゃないかなあ。新幹線なんかより在来特急のほうがいいね。新幹線のように山にトンネル作って最短距離を走るわけでもなく、いろいろな町並み、風景を楽しめるし。各駅だとなおさら楽しめますが、さすがに時間がかかりすぎるし、体力的にもキツくなってきた(笑) 新幹線のせいなのか、寝台特急が消えつつありますが、弘前駅はあけぼの、日本海と2つも発着します。大宮、上野、東京、京都、大阪へも乗り換えいらずで一本で行けます(笑) でも、寝台特急に乗って、大都市へ行けるって素敵だと思うんだけどなあ。


テーマ:鉄道関連のニュース - ジャンル:ニュース

晴れ時々ウツ | コメント:2 | トラックバック:0 |

追憶3

 十年ひとむかし。ふっと十年前のことを思いだす。十年前は毎朝、東急某駅で整理員のバイトをするのが日課だった。駅まで徒歩20分。大学のグランドの周りを歩いていく。グランドには誰も……いた。男子寮の学生たちが「声出し」をしていた。上級生が下級生に喝を入れていた。寮じゃなくて良かったと思っていると駅に着く。

 この駅のバイトは十人ほどだけれど、全員そろうことはまずない。毎日誰かしらが休んでいる。寝坊するのだ。それが俺のときもある。2,3人休むならまだいい。隣の某駅にも十人ほどいるはずだが、毎日2,3人しか来ない。だから、こちらの駅から毎日、誰かを派遣している。時給はいいし、仕事もキツくない。ただ、早起きができないとどうしようもない。

 7:05分の急行に始まり、8:35分の急行を見送るまでが仕事。本来は構内放送を職員がやるのだけれど、実際はバイトが交替で行っていた。皆、慣れたものだ。十年経った今でも俺は諳んじられる。ラッシュのピークは7:40~8:10頃だ。ドアに人が挟まらないように、ドアを抑える。そして客を押し込む。それがメインの仕事。

 週に一人は女性客がホームに倒れこむ。そんな時は誰かが肩を貸し、その間に休憩室の押入れから布団を出して、休めるようにする。都会の駅はサバイバル。座席が空くのをハンターのように誰もが狙っている。高校時代、電車通学にあこがれていたけれども、こんなサバイバルだとは思っても見なかった。現実は甘くない。

 一仕事を終え、休憩室へと戻る。しかし、ほとんど誰も帰らない。延々とダベっている。俺はそこまでいたことはないが、中には昼過ぎまでいて、昼寝する者さえいた。新聞や漫画を読むのも困らない。客が駅に置いていったものに目を通せばいい。ダベっているときに人身事故が起こることもある。そうなれば臨時残業だ。残業代もちゃんと出る。

 学生の春・夏・冬休みのときは十人も要らないので、交替で数人だけ出勤。2,3週間、田舎へ戻っても問題ない。帰省する前に、臨時のバイトも行われる。改札前で、スタンプラリー帳やテレホンカードの売り子をするのだ。「夏休みの思い出にお子さんとスタンプラリーはいかがですかぁ」なんてね。意外と売れるものだ。

 この管区の職員の皆さんと夏はバーベキュー、冬は忘年会を行ったりもした。学生は会費1000円だか1500円だったか。バイトにも職務乗車券が与えられる。むろん全線乗り放題なんてものではなく、この管区限定だ。しかし、隣駅に住む子の家庭教師をしていた俺には十分に役立った。往復260円が浮いたから。これでタバコ一箱分だ。

 十年前でももちろん都会の駅はすべて自動改札だ。スイカやパスモなんて便利なものではなく、パスネットカードの時代だったけれども。そんな時代だというのに、給料は振り込みではなく、手渡しだった。ハンコを持って隣の駅へもらいに行く。ATMの数字の羅列よりも、数万円のお札は温もりに満ちていた。

 2年半勤務した。半端な時期に辞めたのは、病気の悪化で、バイトどころか休学まで追い込まれたからだ。大学で部活もサークルもしていない。ただ、この駅でのバイトが俺にとっては部活のようなものだった。今ではそんな風に思えた。俺が2年半着用した制服を、今でも誰かが着て、通いなれた場所でアルバイトをしているのだろう。

テーマ:アルバイト - ジャンル:就職・お仕事

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『つめこめ』

『つめこめ』

つめこめ

つめこめ

よろこびも

いかりも

かなしみも

たのしさも



つめこめ

つめこめ

ちしきも

ちからも

ぎじゅつも

きもちも



つめこめ

つめこめ

エロも

グロも

パロも

プロも



つめこめ

つめこめ

まだまだいれられる

まだまだいきられる



つめこめ

つめこめ

いっぱいになるまで

はきだしたくなるまで

テーマ:詩【心の闇】 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~モザイクハーツ~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

10年エリザベス女王杯回顧

☆エリザベス女王杯予想結果☆
◎メイショウベルーガ……2着
○アパパネ………………3着
▲アーヴェイ……………16着
△アニメイトバイオ………15着
△プロヴィナージュ……取り消し

 英・愛オークス馬のスノーフェアリーが外を回る日本馬を尻目にラチ沿いを回って、4馬身差の圧勝。世界のトップホースの力をまざまざと見せ付けました。再来週のJCにも登録していますが、自信を持って臨めるでしょう。2着にいつものように大外強襲のメイショウベルーガ。3着はリトルアマポーラをハナ差抑えて3冠牝馬のアパパネが死守しました。アニメイトバイオは15着、アーヴェイは16着でした。

 日本馬が距離ロス覚悟で、外外へ回る中、R.ムーアとスノーフェアリーはガバっと開いたインを悠々と突き抜けました。英国馬ですのでパワーは申し分なく、インが緩んでいるといっても問題なかったのでしょう。日本の馬場も、輸送も何ら問題ありませんでした。4馬身差は決定的です。たとえ外を回っても勝っていたのは間違いない。16年ほど競馬を見ていますが、海外馬がこんな圧勝をしたのは記憶にちょっとありません。

 メイショウベルーガが大外から突っ込んでくる姿はイメージ通りでしたが、その4馬身も前にスノーフェアリーがいました。ベルーガの上がりは34.4ですが、スノーフェアリーの上がりは34.0です。キレ負けしました。ちなみに他馬は皆35秒以上でした。いつもの競馬、いつものキレを見せて4馬身差は能力が違いすぎたとしか言いようがありません。ブエナもレッドもおらず、強い日本の3歳世代を寄せ付けなかったのに、今年に限って大物が……ついてない。

 アパパネは道中ややかかっていましたが、5馬身以上もちぎられてはそんなことは関係ない。実力負け。スムーズだろうが3着でしょう。ベルーガとの差はエリ女が目標の古馬と、秋華賞で三冠を狙った馬との差。それと2200は1ハロン長いような気がします。やはりベストは1600~2000あたりではないでしょうか。オークス馬だという人がいるかもしれませんが、オークスにはスタミナはあまり関係ありません。

 アーヴェイはいい感じで3角をまくっていき、おお!いい感じ!と思ったのですが、そこで終わりました。馬場が合わないのはアーヴェイだったようです。いくらなんでもここまで負ける能力のはずがないですし。リトルアマポーラは状態が上向いていたようで、現状の力は出し切っています。サンテミリオンも急仕上げ、出遅れ、軽傷の前走よりはずっとマシでしたが、見せ場もなく。まだ完調には遠いのだと思います。

 馬券はmixiのつぶやきで書いたように、枠5-3,6と馬複9-16で若干のプラス。保険をかけて枠連にして良かった(笑) それと武蔵野Sも買いましたが、こちらもつぶやきに書いたように、ダノンカモン、ユノゾフィー、グロリアスノアの単3点で取れました。ダノンカモンでも当たりでしたが、戸崎よくやった!グロリアスノアは鉄砲駆けしますし、いかにも雰囲気が根岸Sのような感じでしたね。府中は合っています。

 バッサリ切ったケイアイガーベラですが、何の見せ場もなく敗退しました。マリーンCの4着が地方適性か、距離だったのか。俺は両方だと思っていましたが、少なくとも距離もコースも合っていないことは分かりました。それと輸送もダメなような気がします。関西で1200、1400なら圧勝でしょうが、関東に来たとき、それも1600以上なら、どんなに圧勝してようが疑ったほうが良さそうです。兵庫GT(園田1400)あたりに出てこられると取捨に悩みます(笑)

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

10年エリザベス女王杯展望

 JBCクラシックを圧勝したスマートファルコンは、次は当然JCダート。小崎調教師もGIで、と言っていたはずなのに、なぜか浦和記念に登録しているよ……(笑) 中央では走りたくないのか?しかも、去年の浦和記念では大敗しているのに。JpnI馬になってしまったし、今後はJpnIも使ってくるんでしょうが、あくまでも地方にこだわるようです。浦和記念→東京大賞典→川崎記念→名古屋大賞典あたりでしょうか。なんじゃこりゃ。一方のJBCスプリントを制したサマーウインドは冬はお休みだそうです。適鞍もないですしね。ドバイも視野に入っているそうです。

 さて、今週から年末までは毎週GI(JpnI)です。今週はエリザベス女王杯です。海外からも2頭参戦。英・愛オークス馬のスノーフェアリー、レッドディザイアも出走したフラワーボウル招待Sの勝ち馬・アーヴェイです。過去のエリ女で海外馬の連対例はなく、03年の3着にタイガーテイルがいるのみですが、今回の2頭は実績上位です。というか英・愛オークス馬以上の実績の牝馬なんて世界中にほとんどいません。ヨーロッパで走るなら、ブエナビスタやレッドディザイアでもスノーフェアリーに勝てるか怪しいもんですが、ここはジャパンです。適性がどうか?まずは出走各馬の短評から。

アニメイトバイオ……ローズS勝ち、秋華賞2着馬です。アパパネとの力差はそれほどないと思うのですが、対アパパネは1勝4敗です。前回、完全に仕上げた感があるので、デキがどうかですね。

アパパネ……世代GI完全制覇のGI4勝馬です。秋華賞回顧でも書きましたが、明らかにこの馬は叩き良化型です。秋華賞で完全に仕上げ、多少疲れも残ったようで、追いきりも順延しましたが、マイルCSも考えながらもここを使うということはそれほどのデキ落ちはないのでしょう。

アーヴェイ……前走でレッドディザイアを破っています。ただ、それよりも3,4走前のタイムを見れば、北米馬だけにスピード勝負に対応できそう。あとは能力的にどうか、ですね。人気もそうは出ないでしょうが、非常に不気味な一頭です。

アースシンボル……前走を勝ってOP入りですが、OP特別以下を使って参戦の馬が馬券に絡んだ例がありません。3走前にマーメイドSで8着ですし、ここはさすがに敷居が高すぎる。

コロンバスサークル……2走前に準OPを勝って再度OP入り。とは言え重賞で通用していません。2200というのも微妙に長いように感じますし、ここはさすがに敷居が高すぎる。

サンテミリオン……オークス馬です。ただ、休み明けの前走はブッチギリのビリでした。故障したのかと思ったほどです。叩き一変できる内容ではない。身体面というより精神面にも問題があるような?

サンレイジャスパー……3年前の小倉記念馬ですが、以降、掲示板に1度も載っていません。というか、ほとんど10着以下です。もう繁殖入りさせてあげてほしいところです。

シングライクバード……この馬も前々走で準OP勝ちでOP入り。京都実績もそこそこ。ただ、重賞実績がほとんどなく、GIの敷居は高いと思います。

スノーフェアリー……英・愛オークス馬です。凱旋門賞もBCも回避しての来日。JCも見据えているそうで、陣営も本気です。ただ、日本の馬場への適性が疑問。欧州でも英国は馬場が重いですしね。実績からそこそこ人気にもなりそうで、取捨に悩みます。

セラフィックロンプ……一時期は不振に陥っていましたが、重賞で連続2着と復調してきたようです。京都で目立った実績はないですが、直線平坦は合っているようで、穴で一考。

テイエムプリキュア……昨年の2着馬です。人気はないでしょうが、昨年の日経新春杯、エリ女と穴を空けただけに、今年は易々と逃げさせてもらえるとは思えません。今年も楽逃げさせたら、JRAに抗議メールを送りたいレベル(笑)

ヒカルアマランサス……京都牝馬S勝ち馬、Vマイル2着。ここ2走は冴えませんが、京都が得意で、鞍上もルメール。上位争いしても不思議はないです。

ブライティアパルス……マーメイドS勝ち馬ですが、前走はブービーと負けすぎ。それと京都で良績がないのも気になります。

プロヴィナージュ……未だに重賞勝ちはありませんが、重賞戦線で安定した活躍をしています。アタマは考えにくいですが、一連の成績からヒモには抑えるべき一頭と思います。

ムードインディゴ……昨年の府中牝馬S勝ち馬ですが、以後掲示板にも載れていません。というか1戦除いて、10着以下。ピークは過ぎたように感じます。

メイショウベルーガ……牡馬相手に京都大賞典、日経新春杯を買っています。去年のエリ女もブエナにこそ劣りましたが、上がり33.3という鬼脚で5着でした。条件絶好、実力上位。勝ち負け必至。

リトルアマポーラ……一昨年の勝ち馬ですが、今年に入って冴えません。そもそもエリ女を勝ったのもルメールの手腕が大きかったと感じます。尻すぼみの成績だけに……。

レジネッタ……一昨年の桜花賞馬です。戦績を見ると京都の軽い馬場は合っていない印象があります。昨秋、重のアンドロメダSでも大敗しており、この条件では厳しそう。

 ◆チェックポイント◆
・前走が牝馬限定戦で7着以下/7人気以下:コロンバスサークル、サンテミリオン、サンレイジャスパー、シングライクバード、セラフィックロンプ、ヒカルアマランサス、ブライティアパルス、ムードインディゴ、リトルアマポーラ、レジネッタ
・前走が重賞ではない:アースシンボル
・7歳以上:サンレイジャスパー、テイエムプリキュア
・京都芝で複数回走って連対歴がない:ブライティアパルス
・OP連対実績がない:アースシンボル、コロンバスサークル、シングライクバード

 残ったのは、アニメイトバイオ、アパパネ、アーヴェイ、スノーフェアリー、プロヴィナージュ、メイショウベルーガの6頭。最初の項目でザクザク消えました。

 古馬混合戦になって以来、基本的には堅いレースですし、穴を空けた馬にしても昨年の2頭をはじめ、エイダイクインやフサイチパンドラなどにしても、そこそこの実績があったけれども人気にはなっていなかった馬です。古馬になって昇級してきた馬は馬券になっていません。そして今年はそういう馬が多い。反面、テイエムオーシャンやスイープトウショウ、エアメサイア、結果的にはカワカミプリンセスも秋華賞を勝って参戦したのに馬券に絡めなかったというパターンも多いです。これは古馬はここを目標にメイチで仕上げられますが、3歳馬は秋華賞で一回仕上げきり、余勢をかっての出走が多いためと考えられます。

 アパパネはデキが一息ならマイルCSとも語っていた国枝師ですが、ここに出てきたということはそれなりのデキではあるのでしょう。少なくともローズSよりは上。馬券から外れたのもローズSだけであとは3着以内。ただ、オークスを勝ってはいるものの、本質的には2000までの馬と思います。京都2400がベストのメイショウベルーガと比べると調子も適性面でも見劣る感じがあります。しかも、1番人気がアパパネで、メイショウは2,3番人気。ここもメイショウを軸としたほうが妙味もあります。

 外国馬は過去にシャラナヤ(仏・GI馬)、トレラピッド(仏・GII2着)、フェアブリーズ(独・GII馬)、サミットヴィル(英・GIII馬)、ウォートルベリー(仏・GII馬)、タイガーテイル(仏・GI2着馬)、アナマリー(仏・GII馬)の7頭が出走して、馬券に絡んだのはタイガーテイルの3着のみ。どれも実績的には微妙な馬ばかり。実績的には昨年のシャラナヤがGI馬、しかも前走でGI勝ち、連勝中と勢いもありました。

 今回のスノーフェアリーは過去の7頭と実績では比較にならんほど格上ですが、愛オークス以外は英国でしか走っておりません。馬場適性不明で、輸送もどうなのか。むしろアーヴェイのほうが気になります。3歳秋まで英国で走り、その後カナダへ移籍しましたが、愛GIII勝ち、米GI勝ちと適応力は上です。JCでもそうですが、欧州馬なのに米実績がある馬は信頼できます。人気を見て結論を出しますが、スノーフェアリーは人気と馬場状態次第で買うかどうかを決めます。アーヴェイは問答無用で買い。

◎メイショウベルーガ
○アパパネ
▲アーヴェイ
△プロヴィナージュ
△アニメイトバイオ

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

愛なんていらねえよ……秋

 おとといの日記にも書いたようにオヤジの新刊が発売になりました。そして、昨日の全国紙での中央公論新社の広告欄にも載りました。そこまではわざわざ書くまでもない話ですが、オヤジ曰く「なんで村上春樹の新刊の半分スペースしかないんだ」と不満げでした。冗談まじりではなく、マジで言っているのです。それがねぶオヤジクオリティです(笑) 作品の質は比較しようがないですが、売上がケタ一つ……ではなく、ケタ2つ違うっつーの。数十万部と数千部です。十両力士と横綱が番付票に同じ字の大きさで載っているかって話ですよ。しかし、十両力士だって給料が出ます。俺などは序の口力士です。早く幕下ぐらいまで上がらねば!

 ヤフオクで落札したAKB48『Beginner』が届きました。確かに新品です。封も切られていない。特典は別に添付しているようです。別に個別のメンバーに思い入れがあるわけでもないので、爆安で買えてお買い得。『Beginner』目当てで買ったのですが、カップリングの3曲も良かったですね。いかにもアイドルらしい曲で。今後も熱心な信者の皆さんが数十枚まとめ買いして、特典を抜いたものを投売りするでしょうから、曲次第では買おうと思います。ベストアルバム『神曲たち』の新品も800円前後で売りに出ていますが、800円は微妙なところ。中古でよければブックオフでもそのぐらいで売っているような気がするしなあ。

 昼間、オヤジのおつかいで、ちょっと市街へ出かけていたのですが、そこでイタ車発見!イタ車と言っても、もちろんフィアットやアルファロメオではなく痛車です。『けいおん』とか『ハルヒ』とかその手のアニメではなく、ジブリ作品です。車種はサンバーだったのですが、背面にトトロ、側面にネコバス、ナウシカ。正面にキキでした。それとよくわからんのですが、背面に2枚も初心者マークを貼っており、ナンバープレート脇に「自家用」の文字も。いや、いちいち書かなくても誰も業務用とは思わないよ(笑) エロ……もといエアロパーツをゴテゴテした車はいくらでもいるから目立ちもしませんが、痛車は目立つねー。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

病院とファミレスとワタシ

 まずは宣伝からオヤジの新刊『ヒマラヤのドン・キホーテ』が明日発売になります。下はAmazonへのリンクです。
 ヒマラヤのドン・キホーテ―ネパール人になった日本人・宮原巍の挑戦

 オヤジは何も触れていないでしょうが、ヒマラヤで録音してきた音声を文章に起こしたのは俺です。疲れたなあ。Amazonなり何なりで買えますが、近々、俺自身もAmazonのマーケットプレイスでこの作品を売りに出します。サイン入りです。Amazonから直で買えば送料はかかりませんがサインなし。俺が売り出したものは送料がかかりますがサイン入りです。俺自身の著作ではないので強力にプッシュはしませんが、興味がある方は買ってね(はぁと)

 前回、ばあちゃんを病院へ連れて行ったとき、ばあちゃんが痛いという理由が写真で見ただけでは、医者も判断できなかったので、今日明日、検査入院することになりました。今日は母も仕事を休んで、3人で朝から青森市内の病院へ。ばあちゃんの検査の順番が今日の最後となり、18時ごろから検査開始。1時間はかかるかなと思ったのですが、ものの30分で終了。内視鏡検査したけれども何の異常もないそうで。良かったといえば良かったのですが、痛みの原因が判然としません。ただ、ばあちゃんは俺と同じ、いや、それ以上に神経質なので「病は気から」を地でいっているような気もします。心理学でプラシーボ効果というものがあります。小麦粉を丸めたものを薬だと行って医者が投与したら、病気が治ったという話です。無論、重病人には効果ないんでしょうが、風邪や下痢程度なら治るのかもしれません。その逆のような気がします。病気だ、病気だと思うから実際に痛くなる。ともかく身体的には問題がないようで良かった。明日には退院できるので、迎えに行ってきます。

 病院を出たのが19時過ぎだったので、家にいるオヤジには家にあるものを食べてもらって、俺と母はびっくりドンキーでハンバーグを食べました。なんでハンバーグかといえば、今夜の病院の食事がハンバーグで、食欲をそそられたからです(笑) 久々にびっくりドンキーでハンバーグを食べたけど美味しかったです。それに安いしね。弘前市内にはやたらとガ@トばっかりありますが、@ストはマズい。コ@スはマシだけど高い。弘前市内にはありませんが、ロイヤ@ホストも高いよなあ。東京時代、通学路にあったからしばしば使っていたけれど。ファミレスだとびっくりドンキーかサイゼリヤが安くて良い。あとはデニーズ。7&iホールディングスは質が高いと思っています。弘前には昔からイトーヨーカドーはありますが、デニーズはおろか、セブンイレブンもない。ファミマとかミニストップいらないからセブンできないかね……(笑) あと、帰りにスーパーにも寄ったんですが、タバコが売れないせいかJTがこんなドリンクを……

スーパーハイオク

 人間が飲んでも大丈夫なのか(笑) どうやらオロナミンCやデカビタCのような味のようです。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

へばだばわぁは神だってことになるべな。

■「セバダバヤッテミラ」仏語っぽいパッソ津軽弁
(読売新聞 - 11月08日 13:08)
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20101108-OYT1T00638.htm?from=yoltop

 意味わがったわぁは神だってことになるべな。まあ、津軽人だはんで当たり前ってば当たり前なんだばって。だばってあのCMはここらで普通にしゃべられじゅう津軽弁とはアクセントとかが違ってるばってな。仏語に似せようとして作られでらな。弘前市周辺さ来たはんでってフレンチな気分は別に味わえねえはんで気をつけでな(笑)

 ※訳 意味が分かった俺は神だということになるな。まあ、津軽人だから当たり前といえば当たり前なんだけど。だけど、あのCMはここらで普通に話されている津軽弁とはアクセントなどが違っているが……。仏語に似せようとして作られているね。弘前市周辺に来たからってフレンチな気分は別に味わえませんので気をつけてください(笑)

 他地区の人が思い浮かべる東北弁とは大抵は津軽弁ですが、東北弁は日本海側と太平洋側ではまったく別物です。津軽弁と秋田弁、北海道弁には共通性もありますが、南部弁とは共通点はほぼありません。東北6県のなかで青森県だけ日本海にも太平洋にも面していますが、そのため東西で方言がまるで違います。大阪弁と京都弁が違うというレベルじゃない。津軽弁と薩摩弁ぐらい違う。

テーマ:CM - ジャンル:テレビ・ラジオ

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

10年アルゼンチン共和国杯回顧

★アル共杯予想結果★
◎スリーオリオン………4着
○ゴールデンハインド…11着
▲マイネルスターリー…8着
△トウショウウェイヴ……7着
△トーセンジョーダン…1着
△ジャミール…………2着

 荒れることの多いアルゼンチン共和国杯ですが、今年は1人気→2人気→9人気と2連馬券までは1番人気の堅い決着。3着に軽ハンデのコスモヘレノスが粘りました。俺の本命・スリーオリオンはバテず伸びずの4着なだれ込み。うーん。

 トーセンジョーダンは内田から三浦への乗り代わり、見込まれたハンデ、そもそもトーセンはほとんど重賞を勝てないなどから考慮して、いかにも危険な人気馬と思ったのですが、普通に完勝されました。度重なる裂蹄で出世できないでいましたが、ここへきて本格化でしょうか。最近の馬はコースの得手不得手がハッキリしている馬が多いですが、この馬は少ないキャリアながら、どのコースでもソツなくこなしています。同父のジャガーメイルのようになれるでしょうか。

 ジャミールはトーセンジョーダンほどには手代わりを気にしていませんでしたが、大庭くんは上手く乗りましたね。巧みにインをついて伸びてきました。これで負けてしまったのでは、この条件においては勝ち馬が1枚上だったというほかない。これで重賞は3度目の2着。2500以上のほうが向いていると思えるので、必勝を期してステイヤーズSが良いのではないでしょうか。アンカツさんが乗る馬はたくさんいるので、ヘマしない限りは大庭くんでも良さそうです。

 コスモヘレノスは軽ハンデとはいえ大健闘。自己条件でもなかなか勝ちきれず、格上挑戦で穴を空けるタイプのような気がします。日経新春杯やダイヤモンドSあたりの。スリーオリオンは道中3,4番手につけて、いい感じだなあと思っていたのですが、直線に入ってもバテず伸びずでそのまま4着。この馬の戦績を見ると、昇級してそこそこ走って、クラス慣れしてきて勝ち上がる。これの繰り返しです。前走が5着、今回は4着。次あたりは2,3着ですかね(笑)

 エアジパングは実績ないこの条件で5着は上出来。ステイヤーズSへ向けた叩きとしては上々じゃないでしょうか。トウショウウェイヴは府中が得意ですが、重賞のカベを感じますね。マキハタサイボーグにも負けてしまった馬は何もいえません。先がありそうなのは1,2着馬、広く見ても5着馬までですね。このメンバーで掲示板にも載れないようでは適性うんぬん以前に重賞ではちょっと足りません。京都も堅かったし、今週はケンを決め込んだほうが良かった。難解なレースに無理に手を出す必要はなかったなあ。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

10年アルゼンチン共和国杯展望ほか

 米国の競馬の祭典・ブリーダーズカップ(以下BC)が行われていますが、その中の牝馬芝部門であるBCフィリー&メアターフが今朝行われました。日本から参戦した昨年の秋華賞馬・レッドディザイアですが、直線で伸びを欠いて勝ったシェアードアカウントから2馬身差の4着に終わりました。結果は残念でしたが、強ければ勝てるというものでもないですし、この馬なりの力は出せたんじゃないでしょうか。しかし、ミキオ調教師は海外志向が強いですね。レッドディザイアは今年5戦しましたが、国内はヴィクトリアマイルだけ。あとはUAEとアメリカです。どちらかというと保守的な調教師になるのかな、と思ったのですが全然そんなことはなかった。ブエナビスタがいるのでかすんで見えますが、この馬も歴史に残る名牝でしょう。できれば引退までに1つでいいから海外GIを取らせてあげたいものです。これから行われるBCクラシックへ挑むエスポワールシチーの健闘を期待します。でも、ゼニヤッタには勝てないだろうし、勝ったら大ブーイングですね(笑)

 さて、中央競馬ではGIの中休みの週です。今日はファンタジーS、明日は新設のダート重賞・みやこSと伝統の長距離戦・アルゼンチン共和国杯が行われます。予想するのは当然アルゼンチン共和国杯です。2歳牝馬戦なんて当たる気しないし、新設重賞ではデータで絞れませんから。まずは出走各馬の短評から。

1.スリーオリオン……ちょっと間が空きましたが、東京芝では0-1-2-0と堅実ですし、中京ですが2500も勝っています。ハンデ据え置き、鞍上内田、父オペラハウス。いかにもこの辺のレースで好走しそうな雰囲気があります。

2.トーセンジョーダン……度重なる故障で出世が遅れましたが、準OP、OPと連勝でようやく軌道に乗ってきた感があります。ですが、前走騎乗の内田はスリーオリオンに騎乗で、今回は三浦。鞍上大幅弱化。加えてトップハンデと見込まれたような……。

3.シルクネクサス……今年の6月に2年もの休養から戦線復帰。とはいえ以前の能力は既にありません。それに府中では3戦して馬券になっていません。買えません。

4.スマートステージ……春の目黒記念では4着でしたが、夏場の重賞でいずれも大敗。調子を上げて望んだ目黒記念で4着ですので、今回の勝ち負けはどうでしょうか?

5.エアジパング……同父ということもありますが、トウカイトリックのような馬です。ただ、府中は0-0-0-4と好走歴なく、過去2年のアル共でいずれも惨敗。ついでに目黒記念でも掲示板外。今年もダメでしょう。

6.シグナリオ……準OPからの格上挑戦です。格上挑戦や昇級緒戦で好走する馬が多いのがアル共の特徴ですが、この馬は準OPでも力不足。やってみないとわかりませんが、オッズなりの評価ですね。

7.コスモヘレノス……この馬も準OPからの格上挑戦。とは言え3歳馬ですし、ハンデも51kgと軽い。穴狙いするにはいいかも?

8.トリビュートソング……春に準OPを勝ってOP入りしましたが、そこそこ、ですね。大崩れしていませんが、どうも決め手がない馬のような。先行すると末が鈍り、溜めても差しきれない。人気してますがアタマまではどうかなあ。

9.ジャミール……重賞実績がある分、トリビュートソングよりは上と思いますが、この馬も煮え切らない馬ですね。主戦のアンカツさんが病気でお休み。鞍上は大庭。人気ですし思い切って消してもいいかと。

10.トウショウウェイヴ……東京が得意だったはずなのですが、ここ3走はイマイチ。ただ、GIIとはいえ近走と比べて今回は面子は弱化しています。一発あってもいい。

11.レッドアゲート……フローラSを勝ったのも遠い昔。日経新春杯で複穴で激走しましたが、それが限界。勝ち負けは無理。買うにしても3連の穴評価が妥当。

12.マイネルスターリー……函館記念を圧勝しました。とはいえこの馬は洋芝巧者ですからね。府中でもOP勝ちがありますが、距離的にどうなのかな?とも思います。人気馬と変わらぬ実績、近況なのに人気はないのでねらい目かも。

13.ドリームフライト……ハナを切るのはこの馬。ただ、2年近く勝っていません。その間、馬券になったのも今年のダイヤモンドS3着だけ。50kgというハンデは魅力ですが、勝ち負けまでは難しいでしょう。

14.グラスゴッド……軽ハンデとはいえ、ちょっとこの成績では……。

15.ゴールデンメイン……10歳馬にしては頑張っていますが、ここで勝ち負けは厳しい。ただ、昨年のステイヤーズS2着ですし、ここでそこそこ走れば次はねらい目だと思います。

16.マキハタサイボーグ……3年前のステイヤーズS勝ち馬ですが、以降、掲示板に一度も載っていません。府中も0-0-0-5。これでは買えません。

17.カネトシソレイユ……天皇賞・春の16着はともかく、前走の府中のOPでも11着。しかもそのレースの勝ち馬も出走しています。府中実績もない。買えません。

18.ゴールデンハインド……クロフネ×ゴールドティアラといういかにもダート馬という配合で、実際、最初はダートを使われてパっとせず、芝参戦して勝ち上がってきました。最近は三浦騎乗時だけ馬券になっていません。今回は蛯名です。一発あってもいい。府中芝でも500万下ながら勝ち鞍があります。

 過去10年を見るとハンデ戦らしく荒れることが多いです。1番人気は1勝、3連対のみ。その代わりなのか2,3番人気は好成績ですね。4~6人気は2着1度だけ。7人気以下の激走が多いです。ただ、オッズで見ると単30倍以上の穴馬の連対はありません。7人気以下で単30倍以内の馬が狙い目でしょう。
 
 また出目にも偏りが見られます。1~9番枠までで17連対に対して、外半分の10~18番枠は3連対のみ。勝ち馬では内半分が9勝、外半分は13番が1勝しているのみ。ちなみにそれは03年のアクティブバイオです。

☆チェックポイント☆
・単30倍以上……シルクネクサス、エアジパング、シグナリオ、レッドアゲート、グラスゴッド、マキハタサイボーグ、カネトシソレイユ
・7歳以上……シルクネクサス、エアジパング、ゴールデンメイン、マキハタサイボーグ
・牝馬・セン馬……エアジパング、レッドアゲート、ゴールデンメイン、マキハタサイボーグ
・前走が条件戦で3着以下……シグナリオ、グラスゴッド

 残ったのはスリーオリオン、トーセンジョーダン、スマートステージ、コスモヘレノス、トリビュートソング、ジャミール、トウショウウェイヴ、マイネルスターリー、ドリームフライト、ゴールデンハインドの10頭。

 先述したように内枠有利です。そして、1番人気よりも2,3番人気のほうが好走しています。と考えるとスリーオリオンが最有力と思います。逆にトーセンジョーダンは怪しい。スリーオリオン以外はどれも今ひとつ強調できない。というわけでスリーオリオンから手広く流します。ここ3週のように単勝多点買いも考えましたが、どれもピンと来ない。馬券は◎からの馬連流し。

◎スリーオリオン
○ゴールデンハインド
▲マイネルスターリー
△トウショウウェイヴ
△トーセンジョーダン
△ジャミール

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

退屈なヒットチャートに……

AKB珍現象 初ミリオンCDがタダ同然の怪

 以前から言われていたことですね。秋葉原のAKB劇場前に、特典を抜いたあとのCDが散乱していた、なんて話も聞きますし。まさにビックリマンチョコ状態ですね。ただ、ビックリマンチョコはシール目当てとは言え、本体はチョコレートスナックであり、シール目当てじゃない人にチョコをあげても、食べてもらえますが、CDではAKBに興味ない人には不要です。だからヤフオクで投売りされる。でも、欲しい人はみんな持っているので大して売れない。『Beginner』の初動売上は80万超ですが、実際の購入者数は半分以下でしょう。半分どころか10万人程度かもしれない。レコード業界からすれば、とにかく売れてくれればAKBの属するキングレコードに限らず、業界全体の利益になるかもしれませんが、不要なCDの濫造は資源の無駄とも言えます。CDランキングの権威なんてもはや薄いですが、それでもこれだけ売れると騒がれる。だから売上を伸ばすために同じCDの多種リリースをする。CDじゃなくて食べ物にでも特典つけたほうがいい。

 ちなみに今年のシングルCDランキングのベスト10はAKB48と嵐のみになりそうです。嵐以外のジャニーズやEXILEなどの入る余地もない。退屈なヒットチャートにドロップキック(Mr,Children『Everybody goes』より)……どころじゃないですね。ちなみに『Beginner』の80万枚というのは5種類の発売を合算集計したオリコン調べであり、サウンドスキャンの調べでは劇場版3種が除外され、普通の初回生産版2種のみ。タイプAが15万枚、タイプBが13万枚です。実際の購入者数はこれに近い人数ではないかと思います。もはやオリコン調べなんて、某レ○ード大賞並にあてになりません。複数形態のリリースは合算集計すべきではない。ジャニーズのCDは複数形態で売られますが、コレクションしたいファンが多いわけで、投げ捨てられるわけじゃないから、まだいいのですが。

テーマ:最新音楽ニュース - ジャンル:音楽

晴れ時々ウツ | コメント:2 | トラックバック:0 |

10年JBC回顧

★JBCスプリント予想結果★
 ◎サマーウインド………1着
 ○ブリーズフレイバー…13着
 ▲ミリオンディスク……3着
 △アイルラヴァゲイン…5着
 △ナイキマドリード……2着
 △スーニ………………4着
 △ノースダンデー………8着

 圧倒的一番人気のサマーウインドがスタートよく飛び出し、そのまま逃げると直線ではさらに他馬を突き放しての圧勝。勝ちタイムの57秒6というのも、昨年、スパロービートが出したタイムと0.1差です。逃げた馬が上がりもダントツではそりゃ圧勝ですね。やはり1400よりも1200、1200よりも1000と短いほうが合っていました。脚質的に同父のメイショウボーラーのような馬ですね。藤岡兄はJpnI初制覇。レース後のインタビューでも自信を持っていたのが分かりました。ついて来れるならついて来いという気持ちだったんでしょう。ダートのスプリント戦はあまりありませんし、来春はドバイGSあたりを目指してほしい。

 期待したブリーズフレイバーは見せ場がまったくありませんでした。ブービー負け。同じ3歳の道営・シシノテイオーの背中もはるか先。こんな能力なわけはないのですが、船橋1000という条件が合わなかったのかなあ。逆に惨敗続きだった船橋記念馬・スリーセブンスピンが健闘していますし。ナイキマドリードは夏場のB1戦で負けていたので、1000というのは合わないような気がしたのですが、サマーウインド以外は完封。近走を見ると今後の交流重賞でも期待できそうです。ノースダンデーはやはり1000は短すぎたんだろうと思います。最低でも1400は欲しいところ。

 ミリオンディスクはまた3着。北海道SCを勝っているように距離は問題ありません。距離や競馬場を問わずいつも90%の能力を出せる馬ですが、120%の力は出せないようです。結果論ですが、普通にサマーウインドとミリオンディスクの2軸で流すのが正解だったようです。JpnIでは勝ち負けできないでしょうが、手薄な交流重賞の2,3つは勝てるでしょう。兵庫GTあたり。スーニは前回と同じです。前走で2着のヤサカファインがいないので4着。前回負けた馬には今回も負けました。尻すぼみというしかない。アイルラヴァゲインは行きっぷりも良く、地方適性、1000も問題なかった。負けたのは歳のせいでしょう。

★JBCクラシック予想結果★
◎シルクメビウス……4着
○フリオーソ…………2着
▲オーロマイスター…10着
△ラヴェリータ………8着

 武豊騎乗のスマートファルコンが先手を主張すると、道中も気持ちよさそうにスイスイ逃げて、直線ではさらに後続を突き放して7馬身差の圧勝。スマートファルコンじゃなくて、エスポワールシチーが走っているかのようでした。中央よりも地方のユタカは上手いなあと感じることが多いです。レース後の談話では「僕は岩田くんの代打」のような趣旨で話していましたが、この馬は岩田よりもユタカのほうが手が合っているような気もします。デキも前回とは違っていたのでしょうね。

 対するフリオーソは2番手追走でしたが、向こう正面では戸崎が手綱をしごいていました。スマートファルコンをマークというよりは、ついていくのに精一杯というように見えました。それでも以前のように4,5着に沈まないだけ成長したのかもしれませんが、王者って感じじゃないですね。アドマイヤスバルは3複で買うなら抑えるつもりでした。いつでも3~5着。2連馬券だと要らないですが、3連馬券なら常にヒモで抑えたほうがいい馬です。いつも人気にもならないですし(笑)

 シルクメビウスに期待しましたが、ジリジリとしか伸びませんでした。ちょっと後ろ過ぎたかもしれません。まくり気味にあがっていけたらよかったのですが、4角では先頭から10馬身ほどの差。もう俺の馬券は終わっていました(涙) 今回で確信しましたが、シルクメビウスは雨馬場で時計の出るダートじゃないと破壊力がそがれるようです。ダートの追い込み馬ですしね。次にどこを使うか分かりませんがGIなら雨がほしいところです。

 セレンはまたしてもボンネビルレコードに先着できませんでした。もう能力の天井が見えました。先日、引退したルースリンド級ですね。南関重賞では勝てても、交流では掲示板が精一杯。むしろ、なかなか衰えないボンネがすごい。グランシュヴァリエとジャングルスマイルはこの着順なら健闘。前走がフロックではなかった。地方馬どうしなら南関S3あたりでもいい勝負。ラヴェリータは最後、歩いていました。この馬のペースではなかったのか?オーロマイスターはもう一戦様子を見たいですね。マグニフィカは今年の3歳ダート馬の弱さを改めて露呈しました。いくらなんでもビリとは……。

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

10年JBC展望

 さて、明日は地方競馬の祭典・JBCです。JCBじゃないですよ。たまに誤記している方がいますが、JCBだとクレジットカードになってしまいますので(笑) 今年は船橋開催でクラシックは1800m、スプリントは1000mといずれも史上最短距離です。クラシックの1800mはまあ問題ないとしても、1000のJpnIなんて芝を含めても初です。ただ、船橋はコース的にはクセがないので実力勝負になるでしょう。ちなみに来年はまた大井です。道営、岩手、笠松、金沢、福山、高知、荒尾あたりは財政的に開催できないでしょう。佐賀でできないもんですかね。九州で初めてのJpnI開催!なんて九州全域の競馬ファンが集結ですよ、きっと。

 前置きが長くなりましたが、まずはスプリントの展望です。短評は省略。まあ南部杯ではまさかのグランシュヴァリエの激走がありましたが、今回はさすがに中央5頭とノースダンデー、ブリーズフレイバー、ナイキマドリードまででしょう。他の馬が来るとは考えにくい。ブリーズフレイバーは9割方勝つと思いますが、もし負けるなら勝負付けのついた中央馬ではなく、ブリーズフレイバーでしょう。ただ、前日オッズですがブリーズフレイバーは2番人気で単8.1倍。うーん。しばらく交流重賞で地方馬の食い込みが続いています。そして、この面子ならブリーズフレイバーは3着に食い込めると期待しています。ヤサカファインをモノサシにすればミリオンディスクやスーニにヒケはとらないはずです。というわけで馬券は3複6-10-4,8,12、13、14の計5点。

 ◎サマーウインド
 ○ブリーズフレイバー
 ▲ミリオンディスク
 △アイルラヴァゲイン
 △ナイキマドリード
 △スーニ
 △ノースダンデー

 スプリントも良いメンバーがそろいましたが、クラシックはそれ以上ですね。カネヒキリは引退、ヴァーミリアンは回避、サクセスブロッケンはお休み、そして現役最強のエスポワールシチーはアメリカ遠征。結果、馬券的検討が過去9回よりも難しくて面白いメンバーとなりました。下馬評ではフリオーソ対中央馬と言われていますが、ボンネビルレコードもJpnIですし、帝王賞ではカネヒキリに肉薄の3着。そのボンネよりも今は上と目されるセレン。3歳ダート暫定王者のマグニフィカ。他地区からも白山大賞典2着のジャングルスマイル、南部杯3着のグランシュヴァリエ、勝ち負けはともかく出られるものには全部出るトウホクビジンと名だたるメンバーが集結しました。

 前日売りではフリオーソが抜けた一番人気です。配当はともかく最終的にもフリオーソが一番人気でしょう。ただ……この馬を俺は未だに信用できないし、馬券の相性が最悪です。買えば来ない、消すと来られる……。確かに今期は充実しているように見えます。エスポワールシチー相手に抵抗しましたし、帝王賞、日本テレビ杯では中央馬を一蹴しました。ただ、かしわ記念のエスポは調子一息でしたし、3度蘇ったカネヒキリですが、今年はさすがに往時の力ではなかったように思います。単勝1.4倍……?

 とはいえ2連続で完敗したボンネやスマファルでは相手にならんでしょう。となると充実のシルクメビウスに期待します。ブリーダーズGCではオーロマイスターも破っていますしね。当てに走るならシルクとフリオの2軸3複で良いと思います。両馬とも3着は外さないでしょう……ただ、当然ながら全然つきません。あれこれ考えましたが、シルクメビウスの単がこのまま5倍……いや4倍以上つくならメビウスの単1点にします。メビウスの単が3倍ぐらいまで下がるなら馬単に変更。その際は2着にフリオーソ、ラヴェリータ、オーロマイスターの3点で。

◎◎シルクメビウス◎◎
○フリオーソ
▲オーロマイスター
△ラヴェリータ

 予想も重要なのですが、明日は早めに購入されたほうが良いです。特に楽天競馬経由で買う場合。昨年のJBCの際にはアクセスが集中して楽天のサーバーがダウンしました。おかげでJBCスプリントを買い損ねました。3複取れてたのに……。クラシックは急遽SPATを用いて買いました。SPATはつながりやすいようですが、楽天競馬経由は午前中に買ったほうがいいかも。ポイントも増えますしね。

テーマ:南関東公営競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |