ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

11年天皇賞・春展望

 昨日からゴールデンウィークですが、競馬もかきいれ時です。土日の中央重賞はもちろん、連日のように交流重賞も開催されます。芝よりもむしろダート戦線のほうが気になっています。交流重賞展望は後日アップします。まずは日曜の天皇賞・春。天皇賞・春と言えばメジロ牧場を思い浮かべてしまいますが、このタイミングで牧場閉鎖。オーナーブリーダーということもあるのでしょうが、短距離偏重の番組になっていったことも響いているのかもしれません。ドリームジャーニーやオルフェーヴルがメジロの馬なら良かったのに……なんてことも考えてしまいます。母父がメジロマックイーンですしね。では、いつものように短評から。

1-1 ビートブラック……昨年の菊花賞3着馬。菊花賞馬は尻すぼみの上、戦線離脱してしまいましたが、3着のこの馬は着実に実績を挙げています。ただ、今年の重賞2戦で結果が出ていないので、GIは敷居が高いかもしれません。渋馬場○

1-2 ヒルノダムール……前走で1年3ヶ月ぶりの勝利。そして重賞初勝利を挙げました。しかし、この馬に3200は長いように見えます。2000をレコード勝ち、菊やダービーでは完敗、ここ4戦からも感じます。乗り方一つだろうとは思いますが。渋馬場○

2-3 ナムラクレセント……阪神大賞典を圧勝で重賞初制覇。もともと菊花賞3着がありますし、長いところのほうが合っていたのかも。ただ、今年の阪神大賞典はかなりメンバーが手薄だっただけに、前走の圧勝を鵜呑みにはできない。渋馬場○

2-4 ローズキングダム……昨年のJC馬ですが、ここ2戦は同期のライバルに完敗の内容。勝ちきるまではどうかと思いますが、なんだかんだ言っても崩れていません。ここも連下なら十分にありそう。渋馬場▲

3-5 ジェントゥー……マカイビーディーヴァ以来の外国馬の参戦です。実績は十分ですね。「フランスの天皇賞・春馬が来日」という感じでしょうか。しかし、近走が渋った馬場で、日本の馬場に対応できるのか未知数です。昨年のスノーフェアリーのようなこともあるので難しい。渋馬場◎

3-6 ペルーサ……出遅れの代名詞になりつつありましたが、前走は普通に出ました。でも、勝ち馬には完敗。ちょうど1年前の青葉賞と実力が逆転したようです。距離が伸びてどうなんですかね?父はこのレースでも2着に来ていますが。渋馬場○

4-7 マカニビスティー……前走は意外に健闘したとは思いますが、GI……というか芝ではどうにもならないでしょう。東京ダービーのために南関へ短期移籍しましたが、あのまま南関にいれば良かったのに。結果論ですが。渋馬場○

4-8 マイネルキッツ……一昨年の勝ち馬で、昨年の2着馬です。前走は長期休み明けにしては上々。勝ち馬はともかく2,3着とは距離適性の差で逆転できるかもしれません。5歳以上で期待できるのはこの馬ぐらい。手ごろなオッズにもなりそうです。渋馬場○

5-9 トゥザグローリー……有馬記念を挟んで重賞3勝。有馬記念も世界のヴィクトワールピサとタイム差なし。前走ではペルーサ、ローズキングダムを突き放して完勝。京都では京都記念を勝っています。テン乗りの鞍上がどう乗るかだけですね。渋馬場○

5-10 トーセンクラウン……昨年は降着でビリ。昨年よりも順調さに欠けますし、メンバーも強化されているだけに掲示板にも載れるかどうかあやしいところ。渋馬場◎

6-11 ゲシュタルト……この馬が出るたびにトーホウアランとタスカータソルテの名前を出しますが、そういう馬です(笑) インティライミやファストタテヤマとも同じ。中京記念や札幌記念が合いそう。京都も向くんでしょうが、相手が強すぎます。渋馬場▲

6-12 コスモヘレノス……長距離重賞では堅実に走っていますが、ジャミールに辛勝、コスモメドウにハンデ差があっても完敗の内容では苦戦必至。穴っぽさもあるのですが……。渋馬場○

7-13 ジャミール……安定感が売りの馬だったのに、前走のOP特別ではまさかの大敗。調子ももう一つなのかも。それに重賞では足りないところを見せていただけに、今回は厳しいでしょう。この次に目黒記念あたり使ってくると不気味。渋馬場○

7-14 トウカイトリック……ことしで6年連続の春天出走(阪神大賞典も)です。そんな馬は過去にいないような……。8歳時の昨年は奮起していましたが、さすがに今年は厳しそう。昨年は勝った2レースで完敗しての参戦ですので。渋馬場◎

7-15 エイシンフラッシュ……昨年のダービー馬。休み明けの大阪杯も上々の内容。有馬記念やJCも着順ほど負けていませんし、一叩きの上積みがあれば期待できそう。人気が落ちてそうなのも良いですね。妙味ありそう。渋馬場○

8-16 オウケンブルースリ……前走までは人気でしたが、さすがに人気大暴落必至。ケガなく順調に使えていればもっと大成した馬なんでしょうが、もう枯れてしまったと思います。ここで勝ち負けというのは酷でしょう。渋馬場▲

8-17 フォゲッタブル……昨年は1番人気でした。今年は10番人気以下でしょうか。この馬自体の成績が下降線ですし、昨年よりも格段に強いメンバーだけに厳しい。それとダンスインザダーク産駒が菊では強いのに、春天では結果が出ていないというのも気になる。渋馬場◎

8-18 コスモメドウ……勢いも長距離適性もありますが、前走でナムラクレセントに完敗したのがひっかかります。しかし、人気は昨年のクラシック組が中心となりそうなだけに、馬券的な妙味はありそう。距離適性の差で好走もありうる。渋馬場○

☆チェックポイント☆
・牝馬……いない
・京都芝と重賞の連対歴が共になく、前走4着以下……いない
・前走・条件戦、OP特別(大阪HC除く)……いない
・前走・大阪HCで3着以下……ジャミール、フォゲッタブル
・前走2着以下の7歳以上馬……マイネルキッツ、トーセンクラウン、トウカイトリック
・前走・大阪杯の非GI馬……ヒルノダムール
・前走・阪神大賞典で5人気以下……マカニビスティー、ゲシュタルト、トウカイトリック

 残ったのは、ビートブラック、ナムラクレセント、ローズキングダム、ジェントゥー、ペルーサ、トゥザグローリー、コスモヘレノス、エイシンフラッシュ、コスモメドウの9頭。

 日曜はくもり時々雨の予報ですが、おそらくは良馬場、悪化してもやや重だろうと思います。人気のトゥザグローリーは自在性がある馬ですし、父母ともに渋馬場を苦にしなかっただけによほど馬場悪化しない限りは問題なさそう。相手探しの一戦。

 現4歳世代の勢いを考えると相手も4歳馬でしょうがない。ここでナムラクレセントやフランスのジェントゥーが来れるとも思えない。ペルーサも人気でしょうし、出遅れの懸念がまだぬぐえません。ローズキングダムは近走の煮え切らなさがなんともなあ。これらは押さえまで。むしろ叩いて上積みのありそうなエイシンフラッシュ、距離に不安のないコスモメドウやビートブラックのほうが不気味ですし妙味もある。

 ◎トゥザグローリー
 ○エイシンフラッシュ
 ▲コスモメドウ
 △ビートブラック
 △ペルーサ
 △ローズキングダム

 前日10時半のオッズですが、そこまでトゥザグローリーが抜けた人気でもない。てっきり2倍前後かと予想したのですが3倍ぐらい。トゥザ-ローズの馬連で6.2倍?十分。トゥザグローリーが抜けていると思いますが、2着がすんなりとローズかペルーサで決まるかどうか?微妙にヒモ荒れすると見ています。
 

 
スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

SONGS FOR JAPAN

 注文していたオムニバスアルバム『SONGS FOR JAPAN』が届いた。もっと売れるものかと思ったが、今週のオリコンチャートでは2万枚弱の3位だった。欧米各国では軒並み1位なんだが……。このアルバム、収益が日本赤十字社を通じて義捐金にあてられるチャリティアルバムである。しかし、チャリティうんぬんを置いておいても、CD2枚組、37曲入りで1200円弱というのは破格の安さだ。輸入盤だから安いという次元を超えている。ジョン・レノンやエルトン・ジョン、クイーンらの大物から、レディー・ガガの最新シングル(Remix ver.)まで収録。日本のシングルCDを買うのがバカらしくなりそうだ(笑)

 このアルバムに参加したミュージシャンたちの善意はもちろん感じるが、これを機にファンの拡大も見込まれると思う。俺はほとんど洋楽を聴かない。興味がないというよりはどのミュージシャンが自分のツボに入るかがわからないので、耳にすることの多い邦楽よりも若干敷居が高いと感じるのである。そういう意味では、表現として適切かわからないがいろんなミュージシャンの曲を「つまみ食い」できるオムニバスアルバムは最適だった。37人の37曲入りだが、いいなと思ったのはフー・ファイターズの『My Hero』、Ne-Yoの『One in the Million』、ノラ・ジョーンズの『Sunrise』ですね。最近のミュージシャンでしょうか。名前を知っているので。

 輸入盤のCDは安いですし、これらのミュージシャンのベスト盤を近々買って聴いてみようと思います。そこまで気に入ってはいないけれども、クイーンの『Teo Toriatte(Let us cling together)』も印象的でした。日本語の歌詞が混ざっている洋楽って初めて聴いたような気がします。英語詞が混ざっている邦楽はあふれていますが。この曲もラジオでのオンエア回数が増えているそうな。繰り返しますが、チャリティうんぬん以前に非常にお買い得なアルバムなので、是非皆さんにオススメしたいです。洋楽好きにもたまらないでしょうが、むしろ俺のように普段、洋楽をほとんど聴かない人のほうが新鮮な発見があって良いかもしれません。

 充実した内容もすばらしいですが、仕事が早いですよね。iTunesでは3月下旬から配信されていたそうですから、震災から半月あまりでリリースされたことになる。そしてこのCDも1ヶ月ほどでの発売。早い、早すぎる。日本でも同様の動きはあるようですが、スピード負けしているような。チャリティがステータスとなる欧米各国と、ひっそりと支援することが美徳とされる日本の違いなんでしょうか。今年の初頭の「伊達直人現象」に如実に表れていましたが。日本でもチャリティがステータスになるような社会になってほしいと思う。もちろんひっそり行なうことも悪くはないけれど……。欧米のこうした部分は見習うべきだと考えます。

テーマ:復興チャリティ - ジャンル:音楽

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『誰にも言えない』

『誰にも言えない』

まるでゲロのような感情が僕の中に沈殿している

でも、僕はそれを吐き出したりなんてできないよ

吐き出したとしても何も解決しないと諦めているから

それで僕は一時のカタルシスを得られるかもしれない

一方で、ゲロみたいなものをかけられた方はたまらない

それにゲロみたいな感情を吐き出すなんて恥ずかしい



もはや市販の胃腸薬を飲んで治るような感情ではなく

麻酔をうたれて、手術で取り除くべきなのかもしれない

ゲロなんて生易しい感情ではなく、きっともっとひどい

駄々っこみたいに泣き叫べたらどんなに幸せだろうか

そんな相手はいないし、そんな真似もできやしない

せめて声にならない嗚咽を蚊のなくように漏らしたい



ホントはそれが喉元まで出かかっているんだよ

でも、今までだって無理やり胃の中へ押し戻して

喉元過ぎればいつしか不快感も薄まっていった

そんな日々をいったいどれだけ繰り返してきただろう

今はやり場のない感情 それを消化していく日常

他人が僕を諦めたとしても、僕を僕を諦めてはいない


テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~モザイクハーツ~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

遠い場所から 観光客呼ぼう

 東北新幹線の全線開業まで残り半年を切った。関係機関は新幹線開業をきっかけに観光客の誘致や目を引くような新商品の開発に尽力されているようである。しかし、思惑通りの経済効果が上がるかは未知数である。青森と東京が近くなるので、首都圏の人たちが青森県へ訪れやすくなるが、一方で青森県民も首都圏や仙台へ訪れやすくなり、地元で買い物していた人たちが県外で買い物するかもしれない。3セク化される併行在来線の問題もあり、必ずしもプラスの効果ばかりではない。
 そもそも、青森と東京の間には新幹線(八戸駅)や寝台特急、高速バス、飛行機と公共交通機関が既に一通りそろっている。むしろ首都圏よりも地理的に離れている人たちを青森県へと訪れやすくする施策が必要だと思われる。たとえば大阪や名古屋への夜行バスを新設したり、福岡便の飛行機復活などである。青森県からより遠い場所こそアクセス改善によって観光客を大きく掘り起こせるだろうし、経済効果も見込めると素人考えでは感じるのだが。こうした考えが杞憂に終わることを願う。

(2010年6月18日東奥日報夕刊掲載)

テーマ:青森県の話題 - ジャンル:地域情報

ねぶの投稿マシンガン | コメント:0 | トラックバック:0 |

11年皐月賞回顧

★皐月賞予想結果★
◎ナカヤマナイト……5着
○サダムパテック…2着
▲トーセンラー……7着
△デボネア…………4着
△プレイ……………9着

 23年ぶりに府中開催での皐月賞となりましたが、勝ったのはオルフェーヴル。直線での一瞬のキレ味は兄を彷彿とさせるものがありました。2着に1番人気のサダムパテック、3着にダノンバラード。2番人気のナカヤマナイトは5着に敗れました。

 オルフェーヴルは完勝と言って良いでしょう。兄が府中はダメだった、この馬自身も府中で大敗しているとケチをつけてみましたが、何の問題もなく完勝。俺の邪心は砕かれました(笑) 兄よりはストライドが大きく見えますが、そうしたところで府中もこなせるのかもしれません。今年は皐月賞もダービーも府中です。より春の二冠がリンクしていると思われます。大外ぶん回しの目立つ池添ですが、今日は巧く馬群を抜けて鞍上の腕も光りました。兄が兄だけに今後も長く一線で活躍しつづけそうですね。

 サダムパテックはスタートで内によれてバランスを崩しました。出遅れではないですが、位置取りが悪くなってしまいました。それでも伸びてきているのは地力というほかないですが、スタートうんぬんがなくても3馬身も離されると今日は完敗。勝ち馬は距離が伸びて良さそうですが、この馬は2000ぐらいがベストと思えるだけに、本番で逆転はどうなんでしょうね。古い話になりますが、同じフジキセキ産駒の皐月賞2着馬ダイタクリーヴァの姿が脳裏にチラついてなりません。

 ダノンバラードはユタカが巧く立ち回ったことと内枠が良かった。これよりは4着のデボネアのほうがダービーで期待できそうです。14番人気はなめられすぎ。相手なりに走るんだろうなあ。ナカヤマナイトを本命にしたのですが、展望に書いたように府中よりは中山向きの器用さが目立ちます。ただ、同父、同馬主の先輩ナカヤマフェスタのように、どこかで化けそうな雰囲気はあります。逃げたエイシンオスマンは4角でバタバタしていましたが8着。これは立派。マイルなら今後も期待できそう。

 ビッグロマンスはダート馬ですから最後歩いているのも分かるのですが、リベルタスはどうしたんですかね。故障?歩いていたビッグロマンスよりもさらに上がりが5秒も遅いとは。しかし、終わってみればスプリングS勝ち馬と弥生賞勝ち馬の決着と何の変哲もありませんでした。これで馬連1260円なら、取った人は笑いが止まらんでしょうね。結果論ですが、やはりナカヤマナイト、トーセンラー、ノーザンリバー、フェイトフルウォーのようにトライアル以外を勝ってきても本番じゃダメなんだなあ。来年に向けた反省材料にしたいところ。

 皐月賞は外れましたが、アンタレスSは取ったのでその分から募金です。

義捐金7
 

今日の義捐金 68円
累計の義捐金 1154円

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

さくらもりんごも似たようなもんだ。

 昨日は某家庭教師センターの方と話をしてきました。まあ、大した話ではないのですが、高校生も指導できますか?と言われたので難関大学受験ではない文系なら、数学は1Aまでならと話しておきました。まあ、教科書を見ながらなら2Bでも何とかなるような気がしなくもないですが。田舎町ですからできるだけストライクゾーンを広くしておかないと依頼が来にくいですからね。先方の話ではMARCH(明治・青学・立教・中央・法政)クラスを教えられる人が足りていないらしいのですが、俺では少々荷が重いかもしれない。ガンガン依頼を回してもらえるように頼んではおきました。毎日、絶対やらねばならないことができると生活のリズムが生まれますしね。

 母がテレビを置くためのローボードが欲しいと日本○販の新聞広告を見せたのですが、たぶんネットで探せばもっと安く買えると考えました。で、楽天で探したところまったく同一の品が同一価格ながら、送料無料かつポイント2倍で売られていました。2000円分ぐらい違う。そこらのホームセンターで買うよりは日本直○で買ったほうが安いのでしょうが、探せば安いところはいろいろありますね。それに商品到着がヤケに早かった。7~10日で到着予定となっていたのに、2,3日で到着。早!最近はウインドウショッピングならぬ、ネット眺めショッピングにハマっています。次のパソコンは自作予定ですが、どういうパーツ構成にしようかなどといろいろ考えています。

 所要で街を車で走っていましたが、今日から弘前さくら祭りが開幕です。一部の花は咲いていますが、大部分はつぼみです。ただし、かなり膨らんできています。震災の影響もありますし、まだ初日ですが弘前公園の周りの交通量は通常の週末よりも明らかに多い。図書館に諸資料を返却してきましたが、祭りが終わるまで図書館は使えないなあ。駐車場が満車になっちまうし。ちなみに園内が満開となるのは5月1日予想。GWいっぱい見頃が続くでしょう。そして、さくらが散ったら間髪入れずにりんごの花も満開になります。りんごもさくらも同じバラ科ですし、花も似たような感じです。弘前へさくら……ではなくりんごの花を見に来られるのもいいかと思います。

 写真は荷物を届けに行った某重要文化財に在住のしばおの妹(姉?)です。メスだからかしばおと違って優しそうな顔をしていますし、おとなしいです。そして一回り小さく、毛色も赤毛です(しばおは胡麻毛) しばおは室外犬だからか、野性味がありすぎます(笑)

しばおの妹

テーマ:日々のつぶやき - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:2 | トラックバック:0 |

11年皐月賞展望

 今週のメインレースは23年ぶりの東京開催での皐月賞です。23年前はヤエノムテキが勝ちましたが、もちろんリアルタイムでは見ていません。開幕週で高速馬場……と思ってしまいますが、今年も例年もこの週の開催であるフローラSは重苦しい血統の馬も馬券に絡んでいます。そのフローラSの結果が皐月賞の参考になるかと思います。まずはいつものように短評から。

1.ステラロッサ……1勝馬ですがスプリングS3着で出走権を得ました。キレる脚があるようですが、ここ2走を見る限り、この面子だとかなり展開に恵まれないと勝ち負けにはならないかもしれません。

2.ダノンバラード……ラジオNIKKEI杯勝ち馬。前走の共同通信杯はまさかの大敗。東京開催なのに、東京の重賞で大敗というのはどうなんでしょう。今年のラジオNIKKEI杯のレベルも怪しいだけに。

3.ノーザンリバー……3連勝で重賞制覇と勢いがあります。ただ、アーリントンC組で結果を出したのがダンツフレームぐらいしか浮かばないのですが。

4.サダムパテック……ここ2年連続して皐月賞を勝っている岩田の騎乗。東京での重賞勝ちがあり、前走は弥生賞勝ち。1番人気でしょうが消す理由は何もないと思います。一方で抜けた能力かといえばそれも疑問。

5.ナカヤマナイト……共同通信杯勝ち馬。その共同通信杯は巧く内をすくいました。器用さのある馬だと思います。東京で重賞を勝っていますが、中山のほうが向いている気がしなくもない。

6.ダノンミル……12番人気ながら若葉Sを制しました。この馬と2着のカフナの戦績を見ても、若葉Sはレベルが低かったような気がしてなりません。

7.ロッカヴェラーノ……すみれS勝ち馬ですが、前々走で東京の500万下で完敗。すみれSからというローテもあまり良い結果が出ていません。

8.ビッグロマンス……ダート馬です。芝でどうにかならないのは前走で明らか。混戦ですがこの馬は不要と言い切れます。

9.カフナ……キレる脚もないですし、前へ行ってどこまで粘れるかですが、勝ち負けは厳しいでしょう。

10.エイシンオスマン……NZT勝ち馬。マイルまでしか実績がありません。1800のスプリングSでは完敗。距離が長いのかもしれません。

11.ベルシャザール……崩れませんが勝ちきれません。アンカツさんの手腕次第でしょうか。でも、好走するかもしれませんが、やっぱり勝ちきれないように思います。

12.オルフェーヴル……スプリングS勝ち馬でドリームジャーニーの全弟です。兄は府中を苦手としていましたが、この馬も府中の京王杯では大敗しています。人気にもなりそうなだけにあまり買いたくは無いです。

13.リベルタス……若駒S勝ち馬。前走のスプリングSは大敗。ちょっと負けすぎじゃないですかね。一変があるのでしょうか。

14.フェイトフルウォー……京成杯勝ち馬。府中でも実績はありますが、やはり中山開催のほうが良かったでしょうね。間が開いているのも気になります。

15.デボネア……重賞で連続好走しています。でも、面子がそろったここでは人気にはならないように思います。馬券的な妙味がありそうです。

16.トーセンラー……きさらぎ賞勝ち馬。前走はデムーロの好騎乗が光りました。蛯名がどう乗るか次第ではないでしょうか。ただ、ちょっと間が開いたのは気になります。

17.プレイ……デボネアとプレイは買うのも消すのもセットでしょうね。重賞で好走していますし、府中も未勝利戦とは言え2連対しているのは強み。

18.オールアズワン……ネオユニヴァース産駒も皐月賞3連覇がかかっていますが、今回はこの馬だけ。力馬っぽいですね。中山なら人気が落ちてねらい目だったのですが府中ではどうですかね。


◆チェックポイント◆
・前走・弥生賞で5着以下:オールアズワン
・前走・スプリングSで4着以下(京成杯勝馬を除く):リベルタス
・前走・若葉Sで6人気以下:ダノンミル
・前走がTR以外で負けている:ダノンバラード、ビッグロマンス
・前走がTR若葉S以外のOP、500万下:
・3ヶ月以上の休み明け:フェイトフルウォー
・中2週以内:エイシンオスマン
・キャリア3~9戦ではない:いない
・府中芝に出走済で3着内の実績がない:ダノンバラード、ロッカヴェラーノ、ビッグロマンス、ベルシャザール、オルフェーヴル

 残ったのは、ステラロッサ、ノーザンリバー、サダムパテック、ナカヤマナイト、カフナ、デボネア、トーセンラー、プレイの8頭。臨戦過程が気になるノーザンリバー、相手関係が気になるカフナは軽視。安定感から言って人気でしょうがサダムパテックとナカヤマナイトが有力かと思われます。実績上位ですし、キレ味があるのが強み。オルフェーヴルもその点は負けていませんが、兄が府中を苦にしていて、この馬自身の1度の大敗は府中。コース適性がどうなのか?勝ちはないでしょうが粘っこいデボネア&プレイも抑えます。

◎ナカヤマナイト
○サダムパテック
▲トーセンラー
△デボネア
△プレイ

 買い方は未定ですが◎○2軸の馬複Fにしようかと考えています。

テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

パワーアップ!

 このごろ太ってきたように感じるので、百均でパワーリストを買ってきました。250gのものを2つ。本当は500gのものが欲しかったんですが置いてなかった。そして、本来はパワーリストですので手首に巻くべきものですが、足首に巻いています。何とか足首に巻けないこともないので。片足250gぐらいでは重さをさほど実感することもないのですが、普段はつけっぱなしで生活しています。赤いパワーリストなので、普段履きの赤いシューズとマッチしています。自画自賛になりますが、俺は意外と赤も似合いますね(笑) これまでは白・黒・青と冷寒色ばかりまとうことが多かったのですが。

 4月に入って家庭教師も休業中でしたが、新たな生徒の依頼が入ったので近々再開です。中2男子の数英。2年間も教えられれば、どこにでも入れられるという自負はあります。ただ、ちょっと遠いのが難点。うちからだと片道20km以上は離れている。まあ、夜中のドライブだと思えばいいか。先日の生徒2人は昨年暮れからの指導だから、ピンポイントでの指導しかできませんでした。国語などは実力向上に一定時間を要するので、ほとんど指導しませんでしたしね。家庭教師の仕事が俺は好きですし、どんどん依頼が来るといいなあ。生活にリズムが出るというのも俺の精神衛生上も良いので。

 先週まで心身ともに不調でしたが、だいぶ持ち直してきました。ヤクを切らしていたせいか、強めもモクを吸っていたせいか、あるいはその両方なのか。コンビニでも普通にタバコを売っているようになり一安心です。そうそう、ここ2,3ヶ月は1日おきぐらいで寝酒に缶チューハイやカクテルを飲んでいるのですが、ノンアルコールの商品も酒類売り場に置いてあります。で、ノンアルコールカクテルの種別を見たら……「炭酸飲料」になっていた(笑) それはジュースだろ、ジュース!ファンタやコーラの隣にでも置いたほうがいいんじゃないかと思うのは俺だけですかね?

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:1 | トラックバック:0 |

100円ライター 扱い方が問題

 子どもの100円ライターによる火災が相次いだことで、経済産業省は来夏を目途に現在の100円ライターを規制するという。このニュースを見聞きした際に、過去のサバイバルナイフやこんにゃくゼリーの規制問題が思い出された。
 何でも規制すればいいというものではない。100円ライターではなく、マッチによる火災が頻発すればマッチも規制するのだろうか。サバイバルナイフではなく、果物ナイフでも人を殺傷できる。こんにゃくゼリーではなく、餅をノドに詰まらせて亡くなる人もいる。 
その存在が問題なのではなく、扱い方が問題なのである。子どもの手の届くところには100円ライターを置かない。ナイフを人に向けない。こんにゃくゼリーや餅はきちんと噛んで食べる。ただ、それだけのことではないか。危ないのなら注意喚起を周知徹底すれば良い。
 嫌いだから無くせばいい、危ないから規制すればいい。そのような排除の論理が横行することは、100円ライターやサバイバルナイフによる災害よりも遥かに危険だと感じられてならない。

(2010年6月5日東奥日報夕刊掲載)

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

ねぶの投稿マシンガン | コメント:0 | トラックバック:0 |

11年マイラ-ズC回顧

★マイラーズC予想結果★
◎ゴールスキー………15着
○リーチザクラウン……9着
▲スマイルジャック……6着
△ダノンヨーヨー………3着
△ライブコンサート……10着

 人気が割れているレースは、その割れた人気馬同士で決まることが多いと感じているのですが、人気馬は軒並み惨敗。勝ったのは7番人気のシルポートで、2着も14番人気のクレバートウショウで馬連7万の大波乱の結果となりました。1番人気のダノンヨーヨーは伸びてきたものの3着まで。2番人気のゴールスキーは15着。昨年の三冠牝馬のアパパネは4着でした。買った馬が軒並み大惨敗なので、むしろすがすがしいほどです。今年の俺にありがちだった馬連買って1,3着。3複買って1,3,4着なんてことよりはずっとマシ(笑)

 シルポートが予想通りに逃げましたが、何も競りかけてこずマイペースの逃げ。ペースとしては早くも遅くもないですが、突付かれなかったのでこれはシルポートにはラクでした。余力を残して直線では粘って完勝。シルポートに勝ってくださいと言わんばかりのレースとなりました。年始の京都金杯に続く重賞2勝目。この馬、これで9勝目ですが、1人気で勝ったのは1000万下の1度きり。逆に1番人気には9度なっていますが、勝ったのは前記の1回のみ。脚質的なこともあるんでしょうが、人気で疑い、人気薄で抑えるというのが良いようです。次は安田記念。今回がフロック視されて本番も人気がないでしょうが、軽視されるなら次は抑えます。

 クレバートウショウはOP勝ちもないのにGIIで2着。逃げたシルポートでミドルペースなので、クレバートウショウの位置はややスローだと思います。騎乗した岩田が好調なのも大きかったかと思います。しかし、ここまで走るとはなあ。OPでやれるメドがつきましたね。人気馬ではダノンヨーヨーだけ馬券に絡みましたが、この馬も先行できたのが大きい。内から伸びた1,2着馬とはコース取りの差があったかと思いますが、ここ2戦は重賞で足りていない。次はこの馬の今後を問われる一戦になるかもしれません。アパパネはまあ、こんなものでしょう。展望で書いたようにいろいろ不安材料があって4着ですから、休み明けとしては上々でしょう。次は牝馬限定戦ですので前進必至。

 リーチザクラウンは位置取りが後ろ過ぎました。33.1の脚を使っていますが、どうにもなりません。ゴールスキーに至っては後方のままで見せ場もなかった。敗因をペースに求めるのは簡単ですが、自分でレースを作れない人馬の弱さだと思います。リーチザクラウンは3歳時までは逃げていたわけで、行っていけないこともないはず。勝ったシルポートと小牧は見事だと思いますが、大敗した人気馬の騎手の騎乗法には疑問が残ります。これでは外人騎手に勝ちまくられるのも必然。勝つんだ!という気迫が伝わる競馬をしてほしいです。馬のレベルはガクンと落ちますが、南関の騎手のほうがそういう気迫は伝わってきますね。向正面でまくって、結果、直線で止まっても不愉快とは思いませんし。

 今週の中央競馬はこのレースだけ買って外れたのですが、復活した南関・川崎競馬を勝って、ぼちぼち当たったので今週はその分を寄付します。

今週の義捐金:582円
累計の義捐金:1086円

義捐金6
義捐金5




テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

11年マイラ-ズC展望

 ここ数週間の重賞ラッシュから一転して、今週はマイラ-ズCだけです。本来は皐月賞、福島牝馬Sもあったのですが、どちらも来週へ延期です。そして、皐月賞は東京、福島牝馬Sは新潟での開催の模様。福島競馬場が復興したら、振替になった分の福島開催を行なって欲しい。せめて重賞を今年だけでも増やして欲しいところ。秋の福島開催で言うと、府中牝馬Sを福島芝1800、富士Sを福島芝1700、みやこSを福島ダ1700、福島記念は普通に開催という形で、秋の福島開催では毎週重賞を施行。これぐらいやったほうがいい。

 さらに言えば、スプリンターズSを福島で開催できないかとさえ思うぐらいです。改修工事の絡みとはいえ、新潟でやったんだから、福島でやってもいい。それも福島芝1200ではなく、敢えて芝1000で。これは競馬ファンなら興味をそそられるんじゃないかなあ。これらは俺の理想ですが、競馬による被災地支援の観点からは、福島での重賞連発は不可欠と思います。一昔前のGI並の混雑と熱狂を福島競馬場に満たせたらいい。多くの競馬ファンが福島へ行けば、宿代や飲食費が福島に落ちますから。

 それはさておき、マイラ-ズCです。このレースになるとローエングリンを思い出してしまいます。まずは出走各馬の短評から。

・アパパネ……昨年の三冠牝馬。この馬は明らかに叩き良化型です。今回は牡馬相手、古馬相手。人気でしょうが、連まではどうか?中間の熱発も気になるところです。

・アブソリュート……近走が冴えません。いろいろ理由付けもできますが、いくつも理由が浮かぶ時点で厳しい。それと一昨年のこのレースで5着だったのに、今さら着順が上になるとも考えにくい。

・ガルボ……GIと1800のラジオNIKKEI賞以外では4着以内です。どうにも勝ちきれないレースが続いていますし、今回は面子も強いです。それと阪急杯からここを使う組が不振なのも気になる。

・キョウエイストーム……中山以外ではまるっきり走らなかったのに、初の阪神の前走では3着に好走。急坂コースが合っているのでしょう。ただ、メンバーは前走よりも強化。どうでしょうかね?

・キングストリート……前走では1番人気に推されましたが大敗。キョウエイとは逆に急坂が良くないように見えます。それにしても騎手を換えすぎだろう。コロコロ換えるぐらいなら津村で固定のほうがいいような。

・クレバートウショウ……この馬、クラス慣れしないとダメな馬のようです。分かりやすい着順推移を示しています。ただ、ここがOP特別なら連対必至と思えますがGIIですから。人気がなければ。

・コスモセンサー……アパパネとは逆で、この馬は鉄砲駆けしますが、使っても良くならないようです。相手も強いですし、苦戦必至でしょう。同厩舎のシルポートとの兼ね合いも気になります。

・ゴールスキー……条件戦を3連勝して、いきなりのGIで3着。ただ、その後のレースが煮え切らない。マイル戦では3-0-3-0ですから3複の軸には良いのかも。

・ショウリュウムーン……正直、前走には驚かされました。この馬が33秒台の上がりを出せるとは思っていなかったので。力馬だと思っていました。ただ、牡馬相手に斤量増では楽じゃないですね。

・ショウワモダン……前走は久しぶりに「競馬」になっていました。陣営も「春になると良くなるから」と語っていますが、去年の春は春の椿事だったのかもしれません。一昨年のこの馬と考えて良いような。

・シルポート……条件は良いと思うのですが、出来がどうなんですかね。ここのところOP特別では崩れていなかったのに、前走では掲示板も外してしまいました。面子もそろっただけに……。

・スマイルジャック……前走で久々の重賞勝ち。毎年、綺麗に同じようなローテです。過去2年のこのレースでは3着、5着。今年も掲示板は堅いでしょう。1着なのか5着なのかはわかりませんが。

・ダノンヨーヨー……前走は伸びませんでした。阪神芝マイルは3戦2勝、2着1回と実績十分ですが、前走の負けがどうもひっかかります。ここまで崩れていなかっただけに。

・ダンツホウテイ……重賞ではまだ荷が重いのかなと思います。今回は初のGII戦であり、面子もそろいました。

・フラガラッハ……東京新聞杯では崩れましたが、他はすべて5着以内と安定しています。ただ、GIIIを4戦して連対はなく、今回はGII戦。力が足りるかどうか。

・ライブコンサート……一時の不振からは脱した感があります。前走で同条件の重賞2着ですし、人気的にも狙いやすそう。好走して人気が落ちる馬というのはねらい目だと感じます。

・リーチザクラウン……昨年の勝ち馬です。ただし、昨年よりもメンバーは強い。どのぐらいの人気になるかでしょうか。人気を集めるようだとあまり買いたくない馬ではあります。

・ロードバリオス……休み明けの前走を快勝。同条件のOPを勝ったというのは意味があります。ただ、今回はGIIで面子もそろっているだけに、どこまでやれるものなのか。

☆チェックポイント☆
・今回、10人気以下……???
・単30倍以上……???
・59kg……ショウワモダン
・連闘/半年以上の休み明け……いない
・前走・非重賞で負けている……クレバートウショウ、シルポート
・前走・重賞で10人気以下……ショウワモダン
・前走・高松宮記念以外の1400以下戦……ガルボ、フラガラッハ

 5頭しか消せませんでした。ただ、大穴の連対例はこの10年ありませんので、競馬予想チャンネルの予想オッズを考慮してそれらを消すと、残るのはダノンヨーヨー、ゴールスキー、アパパネ、リーチザクラウン、スマイルジャック、ショウリュウムーン、ライブコンサートの7頭までですね。アパパネは鉄砲駆けしないので消し。アパパネを買うぐらいなら、1年前のチューリップ賞よろしくショウリュウムーンを買ったほうがまだマシ。

◎ゴールスキー
○リーチザクラウン
▲スマイルジャック
△ダノンヨーヨー
△ライブコンサート

テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

若者の政治参加 促進する環境を

 「若者の何何離れ」という言葉をしばしば耳にする。なかでも久しく言われているのは若者の政治離れである。先日、ある政治家の集会に顔を出してみたが、ほとんどの参加者が私の父母、祖父母といった年代の方々であった。しかし、むしろ若者こそが政治に関心を持つべきではないだろうか。中高年よりも若者の人生のほうが先は長いのだから。
 政治家にしても中高年の割合が多すぎる。衆参両院において30歳以下の議員はたった6人しかいない。31~40歳は94人、41~50歳は188人、51~60歳は183人、61歳以上は247人にものぼる。政治に関心にある若者が少なく若い議員も少ないならば、当然ながら若者の声を政治に反映させるのは難しい。
 参院選を前にして新たな政党がいくつか誕生したが、所属議員がベテランばかりでは新しさがまるでない。斬新な政治的提案があったとも寡聞にして聞いていない。議員にも新陳代謝が必要であろう。若者や新たに政治を志す人たちが立候補しやすい環境が促進されることを望む。

(2010年5月19日東奥日報夕刊掲載)

テーマ:私の見解 - ジャンル:政治・経済

ねぶの投稿マシンガン | コメント:0 | トラックバック:0 |

気分次第

 前を走るトラック。「積載重量1500kg」の表示の上にステッカーが。「積載重量 気分次第」。おいおい。

 どうもこのところ、アタマが痛いというか重苦しいというか、ともかく調子が良くありません。睡眠が十分に取れていない感じです。寝るのは午前2時3時なのに、起床が7時前。2度寝しようにも眠くなくて、アタマがどんよりしています。どうも眼からアタマの不調がキているような気がしますし、あるいはしばらく通院してなかったことが影響しているのかもしれません。震災のあとで混んでいるだろうな、待ち時間がいつにも増して長くなるだろうなと思うと通院がおっくうになって、サボってしまっていました。こりゃいかん、と今日は通院してきました。予約時間の30分前に行って、予約時間の30分後に診察。待ち時間長いよ……。

 徐々にタバコ不足が解消されつつあるように感じます。ブラっとコンビニへ立ち寄ったら、ショーケースがカラッポではなく、1割ぐらいは埋まっていました。1mmに馴染んでいたのに、えり好みできないから8mmとか吸っていたらクラクラする。前は6mmか8mmを吸っていたんですけどね。ひょっとして頭痛もそのせいかなあ。要因を3つ考えていました。1.ヤク切れ。2.強ニコチン。3.黄砂や花粉。まあ、ヤクは補充されましたし、低ニコチンに戻りつつあるので、頭痛も緩和されるかもしれません。それにしても、黄砂がひどい。車の窓が黄ばんでしまう。拭いても拭いてもキリがないから雨待ちですけど。

 地震の影響なのか、中学校は休みなんですかね?前記のコンビニで、中学生がK察に捕まっていました。「見るからにワルそうなガキだ。おまわりさん、コイツ、何の悪事をしでかしやがったんですか?コロシですか?サギですか?」と訊きたいのはやまやまですが、そんなことができるわけもないので、遠目で眺めただけですけどね(笑) したがって容疑者の罪状は不明。万引きかな。あるいは休みではなくて補導されていたのか……?そういえば、先週も別の場所で中学生が捕まっていました。こんな田舎街でも治安が悪化しているのかな。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『SEX69』

『SEX69』

ねぶ:AKB48が2作目のミリオンセラーだってさ。

S:そうみたいですね。不景気な世の中なのに景気がいいですね。

ねぶ:そこで俺も考えてみた!

S:……。

またロクでもないことを言い出すと思ってか、Sは口をつぐんでいるようだ。よし、期待に応えてやろうじゃないか。

ねぶ:SEX69なんてグループがあってもいいんじゃないか?

S:ああ、やっぱり。別にねぶさんがグループ名を考えなくてもいいですよ(笑) それでいったいなんなんですか?それは?

ねぶ:いや、既にどこかにそんな店があるかもしれないが、AV女優を69人集めた企画物AVなんて出たら面白いなあ、と思ってさ。

S:人件費がかなりかかりそうですね。売れるんですか、そんなの?

ねぶ:そこでだ、売上の1割を世のため人のために使ってもらうなんて名目があれば、話題性もあるんじゃないか?「がんばろうニッポン」なんて白々しいエールよりも、寝た子も起きるようなほんずほぐれつのハードプレイのほうがだな……。

S:男性はハードプレイで元気になるかもしれませんが、女性はどうするんですか?!元気になるどころかドン引きですよ。子供もどうするんですか?

ねぶ:そんなことは知らん。

S:あのね……。はぁぁぁぁぁぁぁぁ。で?そのグループ名のSEX69にどんな意味があるんですか?AKihaBaraとかNihon Housou Kyoukaiのように何かがかかっているんでしょ?

Sはあきれたような表情を浮かべながらも話に乗ってくる。おお、我が心の友よ。

ねぶ:ええっと……「Special Encourager X-rated 69」の略だな。

S:18禁にされた特別な激励者?69?今とっさに考えましたね?そんなバカな話をしているよりも、あそこに献血車がいるから献血でもしたほうがよほど世のため人のためですよ。

ねぶ:う、うむ。そうだな。じゃあ、献血しようか。ジュースの一本ぐらいもらえるだろうしな。弁舌ふるったらノドが乾いた。

S:じゃあ最初から言わなきゃ良いのに……。



献血すること20分。俺たちは献血車を降りた。悪いものでも抜けたのか、良いことをしたからなのか、すがすがしい気分だ。

ねぶ:S、どこかの献血ステーションだとドーナツももらえるらしいぞ。

S:ドーナツのために献血するんですか?僕はイヤですよ。まあ、ねぶさんは血の気が多いから、ときどき献血して血を抜いてもらったほうがいいと思いますよ。

ねぶ:ヌイてもらうのは好きだが、血は抜いてもらわなくてもいいんだが……。

S:あ、もう午後の授業が始まりますよ。教室に行きましょう。

ねぶ:ううう、血が減ったせいか。具合が……。午後は自主休講にするよ。

S:何年経っても卒業できませんよ、それじゃ……。



 そして、献血してから2週間ほど経ったある日の午後のキャンパス。

ねぶ:俺のところに献血センターからこんな手紙が来たのだが……?

S:なんですか?ソレ?僕のところには届いていないですよ。

ねぶ:あー、内容を要約するとだな、「あなたの血は汚いから使えません。病院に行って診てもらったほうがいいよ」ってことみたい。

S:悪性のウイルスでも混ざっていましたか?

ねぶ:おいおい、人聞きの悪いことを言うんじゃあない。でも、悪玉コレステロールとかガンマなんとかが基準値を上回っているみたいなんだ。俺は長生きはできないのかもしれないなあ。

S:いや、憎まれっこ世に憚るといいますし、殺しても死なないような性格の人がそんなことを言っても説得力がないですよ。

Sのヤツは俺のブロークン・ハートにソルトを塗りこむようなことを平気でいいやがる。

ねぶ:ああ!

S:なんですか?妙な声を上げて。

ねぶ:今日から俺の血液の数値も基準値を上げればいいんだ。非常時なんで。

S:この微妙な時期にそんな発言はやめてくださいよ……。

Sはそういうと俺に背を向けて、校舎へ向けて歩き出した。

ねぶ:おいおい、置いていくなぁ!マジで基準値が気になってるんだからさ。

テーマ:ショートショート - ジャンル:小説・文学

連作短編『ねぶとS君の平凡なキャンパスライフ』 | コメント:0 | トラックバック:0 |

11年桜花賞回顧

☆桜花賞予想結果☆
◎マルセリーナ………1着
○ホエールキャプチャ…2着
▲トレンドハンター……3着
△スピードリッパー……10着

 無敗の2歳女王・レーヴディソールが骨折で戦線離脱し、波乱も予想された今年の桜花賞でしたが、終わってみればガチガチの本命サイドでの決着となりました。勝ったのはエルフィンS勝ち馬のマルセリーナ。直線では馬群を縫いながらすごい脚で逃げたフォーエバーマークを並ぶ間もなく差しきり、後ろから迫るホエールキャプチャ、トレンドハンターを振り切って優勝。ディープインパクト産駒の初GI勝ちを飾りました。2着に一番人気のホエールキャプチャ、3着に4番人気のトレンドハンター。母子制覇が期待された3番人気のダンスファンタジアは馬群に沈みました。

 フォーエバーマークがダッシュ良く飛び出して、直線では後続を突き放して残り200mまで先頭……だったのですが、一瞬でマルセリーナに交わされて、ホエール、トレンド、メデタシにも交わされました。フォーエバーマークを交わせた4頭と交わせなかった13頭には瞬発力に大きな差がありました。フォーエバーマークは1000が58.5、普通のペースです。これを交わした4頭だけ上がり34秒台。他は35秒以上。見た目にはマルセリーナは33.8ぐらいか?とも感じたのですが、実際は34.3でそこまで出ていない。オークスもこの上位4頭とトライアル組なのではないでしょうか。

 マルセリーナはこれで4戦3勝。牝馬には負けていません。先着したのは現在、重賞連勝中のセン馬・レッドデイヴィスとGI3勝馬・ドリームジャーニーの全弟のオルフェーヴルだけ。今回、レーヴディソールがいてもいい勝負だったのではないでしょうか。ホエールキャプチャやライステラスをモノサシにすると。マルセリーナの母MarbyeはマイルのGI勝ち馬ですが、オークスはスタミナがあまり要求されないので、次も好走が期待できそう。ただ、ベストは1600~2000ではないかと感じています。

 勝ったマルセリーナと2,3着のホエールキャプチャとトレンドハンターは解説で岡部さんが言っていたようにコース取りの差としか言いようがない。アンカツさんと池添、岩田の差。まあ、岩田なら次は手を打ってくるかもしれませんが、大外強襲ばっかりの池添ではアンカツ&マルセリーナには勝てなさそう。何かに差されそうな雰囲気はありましたが、逆に何にも差されずに、前にいた馬を差せませんでした。ダンスファンタジアはなだれ込んだだけの7着。上位とのカベは厚そうです。

 最終の被災地支援マーチSではJpnI馬・テスタマッタがついに復活しました。JDD以来1年9ヶ月ぶりの勝利。ゴール前ではスタンドの方を向く口向きのわr……いや、どうだ!これがJpnI馬の脚だ!と言わんばかりでした。力はあるのに順調に使えず、使いたいレースには除外されたりでしたが、これで少なくともGII、GIIIで除外にはならない。楽しみです。ブラボーデイジーは自分のペースで走れたら、牡馬相手でも強いですね。昨秋の武蔵野Sもそうでしたが。最終はタガノジンガロからインバルコ、ピイラニハイウェイと買ったのですが、3,5,15着……グハ!ワイドも買っていたんですがね。

義捐金4


今日の義捐金 82円
累計の義捐金 504円

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

11年桜花賞展望

 4連勝中で前哨戦のチューリップ賞も圧勝した2歳女王・レーヴディソールが骨折で戦線離脱。にわかに混戦ムードの桜花賞です。netkeiba.comの須田鷹雄さんのコラムでは「05年の馬連が堅かったのを除いて、先述した「意外に堅い桜花賞」にしては荒れているように思う。重要な馬が回避した、あるいは権利を取り損ねた年というのは、秩序が乱れるということだろうか」と述べられています。確かにそういう傾向はうかがえます。果たして今年は……?まずは出走各馬の短評から。

1-1 フォーエバーマーク……阪神で2戦2敗。朝日杯がクラシックに結びつかないのとは対照的に、阪神JFの好走は桜花賞につながります。昨年もそうでしたが。そういう意味で阪神実績のない馬では苦戦必至。この馬は遠征に弱いのか?とも思います。

1-2 デルマドゥルガー……安定感のある実績ですが、使われすぎのような気もします。既に10戦。うーん。ただ、未勝利脱出に手間取りましたが、昇級しても格負けしていません。そういう意味ではヒモ穴の臭いはします。

2-3 カフェヒミコ……ダート馬。芝がまるきりダメなわけでもなさそうですが、現状ではダートでこそでしょう。

2-4 ダンスファンタジア……母が2004年にこのレースを勝っており、母子制覇がかかっています。クイーンCは内で包まれて不完全燃焼でした。とはいえ、不利がなくてもここで傑出した能力かといえば疑問です。少なくとも現時点で母に見劣るのは明らか。そして、人気は母並に集めそう。消して妙味がありそう。

3-5 マルモセーラ……ファンタジーSではホエールキャプチャを破っています。ただ、今回は阪神JF以来の休み明け。年明け緒戦がここで馬券になった馬はこの10年では1頭もいません。11年前のマヤノメイビーまでさかのぼります。ただし、マヤノメイビーは阪神牝馬3歳S3着。この馬は実績的にどうか?

3-6 ハブルバブル……新馬圧勝でその後の2戦で人気を集めましたが勝ちきれず。今回は人気も暴落でしょう。逆に狙うなら今回という気がしなくもないです。リスポリで結果がイマイチでしたが、藤田に代わって新味が出るかもしれません。気になる一頭です。

4-7 エーシンハーバー……相手なり、人気なりに走って4戦してすべて馬券になっています。どちらかといえば直線平坦のほうがいいのかなとは思います。この馬の実績もそうですし、コジーン産駒自体にそういう傾向があります。それはさておき未だにコジーン産駒がクラシックに出てくるとは驚き。2008年にコジーンは亡くなっているので、この世代が最終世代。28歳のときの子です。すげえな、コジーン(笑)

4-8 マルセリーナ……シンザン記念ではレッドデイヴィス、オルフェーヴルに先着されましたが、どちらも牝馬ではなく、重賞勝ち馬になっています。牝馬には未だに負けていません。エルフィンSは完勝。人気でしょうが勝ち負けになりそうです。

5-9 ラテアート……重賞で実績がありません。それに父はサクラバクシンオーです。マイルは長そう。バクシンオー産駒ではかつてシーイズトウショウが2着になっていますが、シーイズは3歳春時点ではマイルもこなしていました。この馬はこなせていません。厳しい。

5-10 スピードリッパー……6戦してすべて3着以内。他に人気になりそうな馬が何頭もいるので、買いやすい人気になりそう。ファルブラヴ産駒ならダンスじゃなくてこっちなんじゃないかという気がしてなりません。

6-11 サクラベル……Fレヴューでぶっちぎりのビリ。その時点でムリ。

6-12 ウッドシップ……ダートじゃないとダメなようです。それもマイルはムリなようです。芝でマイルじゃなおさら厳しい。

7-13 ライステラス……チューリップ賞ではレーヴディソールにぶっちぎられましたが、他馬には先着。阪神JFも3着です。人気がどの程度かにもよりますが、単10倍以上つくようなら当然抑えるべき馬だと思います。

7-14 メデタシ……そのライステラスと前走でクビ差の3着だった馬。厩舎、鞍上となかなか不気味な雰囲気があります。ヒモ穴では気になるところ。

7-15 フレンチカクタス……Fレビュー勝ち馬。血統やこれまでの実績からして、馬力型なんだろうなと思います。渋らなくても好走するかもしれませんが、渋れば好走確率は上がりそうです。

8-16 ホエールキャプチャ……阪神JF2着、クイーンC勝ち馬。絶対女王・レーヴディソールに土をつける可能性があるならわずかにこの馬と思われていたフシがありますが、レーヴは戦線離脱。ここはチャンス……なんですが、安定感の一方で、何かに差されそうな予感もします。軸には良さそう。

8-17 トレンドハンター……4連続連対、3連勝中。近年、フラワーC勝ち馬がこのレースで実績を挙げていますし、増して今年のフラワーCは阪神開催でした。人気でしょうが逆らえないかもしれません。

8-18 マイネショコラーデ……尻すぼみの実績。一叩きじゃあ変わらないのではないでしょうか。強調材料に乏しいです。

 ◆チェックポイント◆
・前走・チューリップ賞で6番人気以下:メデタシ
・前走・Fレビューで5着以下:フォーエバーマーク、カフェヒミコ、ラテアート、サクラベル、マイネショコラーデ
・前走・フラワーCで2着以下:ハブルバブル
・前走・その他の重賞で7着以下:マルモセーラ、ウッドシップ
・前走・アネモネSで3番人気以下:いない
・前走が1200m以下:ウッドシップ
・9戦以上:デルマドゥルガー
・2戦馬で2勝ではない:いない
・蛯名以外の関東騎手騎乗:フォーエバーマーク、デルマドゥルガー、カフェヒミコ、ダンスファンタジア、ラテアート、サクラベル、フレンチカクタス
・7番より内:フォーエバーマーク、デルマドゥルガー、カフェヒミコ、ダンスファンタジア、マルモセーラ、ハブルバブル、エーシンハーバー

 残ったのは、マルセリーナ、スピードリッパー、ホエールキャプチャ、ライステラス、トレンドハンターの5頭。内枠の不振が際立っているので外枠のBOXでも良さそうな感さえあります。そして上位人気であろうマルセリーナ、ホエールキャプチャ、トレンドハンターらは内枠にはなりませんでした。逆にそういう意味でもダンスファンタジアは危ないように見えます。枠連でもガミらないように買えますが、妙味が薄いのでやはり馬連。ライステラスが残っていますが、レーヴとライスの4馬身の間に何頭入るかと考えて、0,1頭とは考えにくい。ましてライスは必死に追って、レーヴは流していましたから。そう思うとライスは買えない。

 馬連8,10,16,17BOX。明らかに過剰人気なダンスを切って、他の人気3頭で決まるか、穴馬が1頭まぎれると見ています。そして、それはスピードリッパーと俺は見ました……が、いつもの俺のパターンでは別な穴馬が入るんだろうな(笑) エーシンハーバー、ライステラス、フレンチカクタスあたり。

◎マルセリーナ
○ホエールキャプチャ
▲トレンドハンター
△スピードリッパー

 



テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

動揺

 震災から1ヶ月近く経ちますが、毎日どこかで震度4以上の地震が起こっていました。震度3だと数え切れない。そして最大余震発生です。2人死亡、負傷者数百人、北東北全域停電、南東北でも多数が停電となりました。いつになったら地震が終わるんだろうなあ。避難しているわけでもないけど、さすがにちょっと疲れてきますね。話が逸れますが、本来、震災後の最初の水曜日が通院日だったのですが、たぶん混むだろうと通院しませんでした。その後ものびのびにして薬を切らしていたら、うつが悪化気味です。ううむ。来週は薬をもらわないと。睡眠も不規則になってきているので。精神的にもダメージがあるのですが、アタマが痛いというかスッキリしないというか、ともかく調子が悪いです。

 と、調子が悪いのですがオヤジが九州、四国へ講演に行くので、昨日の朝は空港へ送っていってきました。ガソリンがあまり入っていなかったので、給油してから空港へ行くつもりでしたが、停電のために給油できず。自家発電で早々に給油可能なGSもありましたが、そういうGSは数十台も並んでおり、待っているヒマもなかったです。電車やバスのダイヤはストップしていましたが、空港は平常どおりのダイヤ。停電中ですが空港は自家発電があるので電力を抑えながらの営業。帰り道、ガソリンがどこで切れてしまうか、ヒヤヒヤしつつノロノロ運転で帰宅。途中で停電が回復したので、即給油で助かりました(笑) 満タンにしたのですが29.7Lの給油。なんだ、あと2.3Lも入っていたんじゃないか。ヴィヴィオやプレオのガソリンメーターはアテにならん(笑)

 停電が終わるとすぐさま叫びまくる選挙カー。空気読めないにもホドがある。まだ停電が復旧していない地区もあるかもしれないのに。昨日のように地震の被害がなかったとしても、この時期に選挙カーで叫びまくることが、自分の得票につながると思っているのかな……思っているんだろうな。特定の候補者への投票の呼びかけなんてしませんが、逆はします。統一地方選において、選挙カーでギャーギャー叫びまわる候補者には票を入れるべきではないと思います。自分のことしか考えていないのが、これほど分かりやすいのは他にありませんから。バカじゃないのか、連中は。具合が悪くて寝ていると余計にカンに障ります。

テーマ:( ;´Д`)いやぁぁぁぁぁー! - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:4 | トラックバック:0 |

参院選で危ぶむ国民の政治離れ

 鳩山首相の元秘書に有罪判決が下された。一方で首相自身は嫌疑不十分で不起訴とされた。だが「疑わしきは罰せず」というだけであり、潔白が証明されたわけではない。首相の言葉が真実として、母親からの巨額の資金提供を把握していなかったのならば、刑事責任はないのかもしれない。しかし、自らの懐具合もわからぬ人間にどうして国政を委ねられるだろうか。
 鳩山内閣は国債という名の借金を積み重ねながら、ばらまきとも取れる施策を行おうとしている。自分の懐具合もわからないからそのようなことができると思えてならない。借金のツケはいつか回ってくるが、そのツケを払うのは大人ではなく今は選挙権を持たない子どもたちである。
 昨年の衆院選で民意は自公政権の継続を拒んで、民主党中心の政権が発足したがこの現状である。七月には参院選が控えているが、どうせどの党が与党になっても、誰が首相になっても何も変わらないという諦めムードになることが一番恐ろしい。たかが一票、されど一票。チリも積もれば山となり、政治をも動かせるはずである。

(2010年5月6日東奥日報夕刊掲載)

テーマ:政治・時事問題 - ジャンル:政治・経済

ねぶの投稿マシンガン | コメント:0 | トラックバック:0 |

『ダイバーシティ』

『ダイバーシティ』

1分、1秒を惜しんで走る、走る

まるで見えない何かに追われてるみたい

14駅も各駅停車に乗ってきたというのに

15駅目のために急行電車に乗り換える



「Time is money」

それはきっと間違いじゃない

だけどそれが唯一解じゃない

解の公式なんてどこにもない



多くの人が各駅停車を降りていき

もぬけの殻にはまばらな空席

もしも「Space is money」なら

一攫千金、万馬券で億万長者



水がないなら酒を飲め

米がないなら菓子を食え

何もないのに何かある

そんなニッポン摩訶不思議



寄りかかる大樹はとっくに腐ってる!

赤信号、みんなで渡って跳ねられる!

出る杭を打てるもんなら打ってみろ!

心にかかったモザイクなんて消しちまえ!

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~モザイクハーツ~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

メイセイオペラ産駒皐月賞制覇!

 メイセイオペラ産駒が皐月賞を勝ちました!












 韓国で、ですが。韓国版皐月賞にあたるKRAカップマイルをメイセイオペラ産駒のソスルッテムンが制したそうです。韓国G2、1着賞金1800万円ほど。鞍上は世界のMr.PINK・内田利雄さんです。ピンクにとっても韓国重賞は初勝利だそうで、おめでとうございますと言いたい。
 ピンクのコメント「韓国で初めて重賞を勝つことができました。感無量です。メイセイオペラの子供で勝てたことが、なにより嬉しい。厳しい調教に耐えてくれた馬に、感謝しています。岩手競馬のみなさんに、よろしくお伝えください」 とのこと。
 今年から東京大賞典は国際GIとなります。ソスルッテムンが遠征してこないかな。欧米の馬はたぶん来ないでしょう。韓国やインドの大物呼んでくれ。韓国のG2馬でも金沢や高知の馬よりは強いんじゃなかろうか。なにより、メイセイオペラが勝てなかった大賞典を走る姿を見たい。もちろん鞍上はピンクで。

テーマ:競馬なんでも - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

弘前新市長に観光対策期待

 弘前市長選で新人の葛西氏が初当選した。総有権者数の34.5%が葛西氏へ投票しており、少なくとも三分の一の市民が新市長に期待しているといえる。当選はゴールではなく、あくまでもスタートであり、これから真価を問われることとなる。掲げた公約のすべては実現できないかもしれないが、実現する意志を持ちつづけていてほしい。
 葛西新市長は「7つの約束」や「100の施策」を公約として掲げていたが、なかでも観光対策は急務である。東北新幹線の新青森延伸は目前に迫っており、空ビルとなったジョッパルを観光客に晒し続けることは、観光都市の名折れではなかろうか。街の顔である駅前の印象はその街の印象を大きく左右する。
 また「市民との対話」を掲げた葛西新市長には広く市民の意見を募ってほしい。具体的には市長への直通メールの設置、それに対するメールマガジンの発行などである。市長メールやメールマガジンを発行している自治体は既にいくらでも存在する。他の自治体から取り入れられるべき部分は大いに取り入れてもらいたいと切に望む。

(2010年4月14日東奥日報夕刊掲載)

テーマ:地方行政と政治 - ジャンル:政治・経済

ねぶの投稿マシンガン | コメント:0 | トラックバック:0 |

11年大阪杯回顧

★大阪杯予想結果★
◎ヒルノダムール……1着
○キャプテントゥーレ…5着
▲ダイワファルコン…7着
△エイシンフラッシュ…3着
△タッチミーノット……6着

 1番人気のヒルノダムールが悲願の重賞初制覇を遂げました。若葉Sで先着された馬は青葉賞を勝ち、秋天2着となりました。皐月賞で先着された馬は世界最高賞金レースを勝ちました。皐月賞で先着した馬はダービー馬になりました。昨秋に惜敗した馬の1頭は有馬記念3着&重賞3勝、もう1頭は重賞2勝&ドバイSC6着。この馬が弱くなったわけでもないのに、ドンドンドンドン追い抜かれていきました。そして、今日も絶好調の福永が駆った条件馬に差し切られる寸前でした。でも、勝ちました。1年3ヶ月ぶりの勝利。重賞初制覇。辛勝でした。でも、好走しながら勝ちきれないという負の連鎖を断ち切りました。他馬は関係ない。この馬や陣営にとって大きな大きな1勝。本番も期待が持てそうです。

 正直、道中は取れそうだなとぬか喜びしていました。残り100まで、粘るキャプテントゥーレ、伸びてくるヒルノダムール、エイシンフラッシュを見たときはヨシヨシと思ったのですが、大外からまさかのダークシャドウ強襲。またまたまた福永でした。GI馬であるエイシンフラッシュ、キャプテントゥーレを一瞬で交わしました。前走で1000万を勝ったばかりの馬ですが2階級特進です。ここで2着賞金を得たので、準OPを走らずにOP入り。父はダンスインザダーク。ダンス産駒は菊で強い一方で春天はどうにも冴えませんが、この馬はどうなんでしょうね。ステイヤーではないような気がします。今回の走り、これまでの実績をかんがみて。ツルマルボーイに近いタイプの馬のように見えます。

 mixiのつぶやきには事前に書きましたが、ドリームジャーニーはないなと思っていました。出馬表を見たときからそう思っていたし、パドックを見て確信しました。太いというか緩い。トモの肉が緩んで見えました。そして、いつものように出負けして終了。3歳秋から4歳夏まで不振。そこから復活した馬ですが、2度目の復活はなさそう。エイシンフラッシュは3着でしたが、上々の走りだったと思います。まあ、馬券的にはダークシャドウに差されないで欲しかったのですが(笑) 2000がベストなんだろうなと思います。ダノンシャンティは最速の上がりを繰り出しましたが4着まで。昨春はもっと自在性のある馬だと思っていたんですがね。どうにもレースが巧くない。大跳びなのに小器用なピサとは真逆。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

生まれつきのスピード狂なのさ

 駆けぬけてよ 時間切れまで 生まれつきの スピード狂なのさ~♪(L'Arc-en-Ciel『Driver's high』)こんばんは、ねぶです。おとといの話。オヤジの取材のアシとして、秋田県との日本海側の県境となる旧岩崎村の山奥まで行ってきました。ただし、舗装路まで。昨秋のようにテレビ局が高いギャラ出してくれるならともかく、ガソリン代とタバコ代しかもらわんのに、未舗装路なんて走りたくない。ねぶとろが痛んでしまうので。というわけでオヤジが山奥にこもっている間、俺は国道脇まで戻って、投書のストック&スクラップブックの作成を車内で行なっていました。掲載済みの投書が溜まりすぎたので整理です。整理しないとナニを書いたのか自分でもわからなくなる……というか既に若干、内容が重複していた投書も。別な投書先にも心あたりがあったので、今後はそちらにも送ってみます。むしろそちらのほうがワリは良さそう。

 4時間ほどしたところで、オヤジが下山。イワナやヤマメを7匹釣りました。10匹釣ってくると豪語していましたが、焦ったせいかうまくいかなかったとのこと。フキノトウもたくさん採取しました。その後、近隣に住むオヤジの友人宅へ届け物をして、お茶を飲んでから帰途につきました。ちなみに往復で200kmちょい。時間にして往復4時間です。チンタラ走っている車は追い越します。すると追い越したはずの一台の車が必死こいて追いかけてくるじゃあないですか。作業服を着た運転手の日産・クリッパー(三菱・ミニキャブのOEM。商用ワゴン車)。俺が前の車を追い越したり、コーナーに入るとクリッパーは離れていきます。ただ、直線に入るとK察に余裕でパクられるスピードでクリッパーは追いかけてきます。しばらくクリッパーとつきあっていましたが、ウザいので先に行かせてやりました。

 そして、クリッパーは遠くへ消えていった……のですが、数分後、またクリッパーの直後につく羽目に。前の前の車のペースに合わせて走っていたので。あのなあ……抜いていったなら、ドンドン先に行っちまえっての!ねぶとろ(ビストロSS)は見た目がかわいいからなめられるのかもしれません。商用ワゴン車にさえも。中身も乗っている人も全然かわいくないんですけどねー(笑) そんなカーチェイスはさておき、途中でオドメーターが77777kmを指したのでなんとなく撮影してみました。3枚目の写真はただの田植え前の田んぼなんですが、白い点がいくつも見えるかと思います。これはすべて白鳥です。エサが豊富にあるのかなんなのか分かりませんが、優に100羽以上はいました。具体的な場所を言うと、青森県道3号沿いの旧岩木町の四季彩館付近です。群れをなして北へ向かう白鳥の姿も見えました。

春の海
77777
白い点


 まあ、そんなエイプリルフールでした。ウソじゃないですよ(笑)

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

11年日経賞回顧ほか

 毎週、土日の阪神では重賞が2つずつ。OP特別が1つと豪華番組です。東日本にはつらい馬券状況ですが、逆に西日本は充実した競馬観戦ができそうです。そんな今日のメインレースは日経賞。例年の中山芝2500から、阪神芝2400へ変更。そして一週遅れての開催でした。今頃、気づくなよって話ですが、なんで阪神芝2500でやらんのかと思ったのですが、3,4年前のコース改修で2500が取れなくなったんですね。どうも大阪-ハンブルグCのイメージが強くて、未だに阪神芝2500があるなんて思っていた俺は情報弱者、あるいはOSSAN(笑)

 2番人気のペルーサはスタートで決まってしまいかねないので注目のスタートでしたが、久しぶりにまともなスタート。ゲート入りの猛特訓の成果でしょうか。ハナを奪ったのはエーシンジーライン、次いでビッグウィーク、ミヤビランベリ。人気の3頭は中団追走。トゥザグローリーは好位の内で待機。4番人気の昨年の菊花賞馬・ビッグウィークでしたが、3角過ぎで早々と失速。故障していないか心配なほどです。ミヤビランベリは故障じゃないでしょうが逆噴射。直線に入るとインからトゥザグローリーが鋭く伸びました。ローズキングダムが抵抗する間もなく突き放します。ペルーサも追ってきますが、ローズを捕まえるので精一杯。トゥザグローリーの圧勝。4着にはマイネルキッツ。

 明日の大阪杯の結果と内容次第ですが、おそらくトゥザグローリーが本番でも一番人気でしょう。ペルーサやローズもそれなりに人気するでしょうが、むしろ狙いたいのはマイネルキッツ。一昨年の春天勝ち馬、昨年も2着ですが、4歳世代の台頭が目立つのでそんなに人気はしないでしょう。ここで4着というのは長期休み明けにしては上々です。元より叩き良化型ですし、距離延長の本番ではトゥザグローリーは無理でも、ペルーサとローズなら逆転できるかもしれません。ビッグウィークもここで5着前後なら本番が楽しみだったのですが、これでは……。繰り返しますが故障ではないのか、気がかりです。5着以下は春天に出てきてもまったく不要と思われます。

 ちょっとだけでしたが増えたので、最終の中山牝馬Sのディアアレトゥーサの複勝を買いました。ディアアレトゥーサは道中5番手。いい位置取りに見えましたし、さあ、直線で弾けろ!と期待したのですが弾けませんでした。ジリジリとしか伸びず。逃げたバイタルスタイルをゴール前で捕まえましたが、その前にレディアルバローザとコスモネモシンに差され、さらにはフミノイマージンにも差しきられて4着。ああ……。レディアルバローザの福永は1日で重賞2勝。過去に前例がないような。そもそも1日で重賞2つというのは、04年のJC、JCDの同日開催が最初のようですし。

 レディアルバローザはキレました。阪神コースでは滅法強い。4勝はいずれも阪神。これまでも重賞でもそれなりに走っていたので、格上挑戦とは言えこの馬が勝った事はそれほど驚きません。フミノイマージンも格上挑戦。51kgという軽ハンデが利いたのかな。これもスパっとキレましたね。コスモネモシンはジリジリと伸びました。中山巧者だったので阪神も苦にしないだろうなとは思いましたが。10→14→13番人気での決着で馬連4万、3複28万、3単244万という大波乱になりました。人気馬は全馬見せ場なし。

今日の義捐金 60円
累計の義捐金 422円

義捐金3

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

11年大阪杯展望

 ドバイワールドCでヴィクトワールピサ、トランセンドと日本馬の1,2フィニッシュ。キンシャサノキセキの高松宮記念連覇、そして電撃引退。牝馬クラシックの大本命であるレーヴディソールの骨折。今週末からの携帯電話投票の復旧といろいろあったこの1週間の競馬界でした。悲喜こもごもです。さて、今週はどんなドラマが待っているのでしょうか。詳細な展望を行うのは大阪杯です。日経賞や中山牝馬Sなどは時期も条件も変わってしまい、過去のデータが役に立たんので。いつものようにまずは短評です。

・イケドラゴン……昨年の目黒記念で2着と穴をあけましたが、以後は掲示板もなし。そもそもあの目黒記念は超スローで展開に恵まれました。常識的には買えない。

・エイシンフラッシュ……昨年のダービー馬の今年緒戦です。ここ2走はGIで7,8着ですが着順ほど負けているわけでもない。いずれも0.4差。阪神実績も問題ないし、調教も良さそうです。

・オペラブラーボ……10ヶ月の休み明け。順調さを欠いていますし、勢いがあった頃でも重賞を勝てなかったのに、今回どうにかなるわけがない。

・キャプテントゥーレ……中山記念ではのちのドバイWC馬・ヴィクトワールピサに軽くひねられましたが、2着は確保。前回は相手が悪すぎた。今回は朝日CC連覇の阪神芝2000、叩いた上積みもあるでしょうし、期待できそうです。

・ダイワファルコン……昨春も皐月賞に出たほどで素質を見せていましたが、秋から本格化したようです。東京よりは中山で実績を上げていますし、初の阪神ですがコースは合いそう。秋からは馬券に成りつづけていますし、格下とはいえ侮れない。

・タッチミーノット……園田からの再転入後は崩れていません。ダートをこなしながらも、東京で上がり33秒を切るかという脚も使える。コースが合わないことはなさそう。勢いもありますし、単純に力が足りるかどうかだけでしょう。

・ダノンシャンティ……昨年のNHKマイルC馬。京都記念では伸びもせず、垂れもせずの4着。まだ復調途上なのかなあ。ロイヤルアスコット開催へ向けて、という話もありますが、戦前に大きな展望を語るのは不吉な予感もします。調教はまずまず。

・ダークシャドウ……1000万下勝ちからの格上挑戦。さすがに荷が重いんじゃないでしょうか。これを買うぐらいなら準OP勝ちの2頭のほうがいいですし。

・ドリームジャーニー……一昨年の有馬・宝塚勝ち馬ですが昨年は未勝利。理由はあるでしょうが、致命的なものではなかった。衰えてきているのかも。昨年より1kg減ですが、昨年よりもメンバーが大幅強化。人気を見て考えますが、あまり手は伸ばしたくない。

・トーホウアラン……まだ現役だったのかと驚きました。1年半ぶりの実戦です。ときどきこの馬(とタスカータソルテ)の名前を出しますが、阪神よりも京都、中京向き。買えるわけはないのですが、ここでどんな競馬をするのかは注目しています。

・ナニハトモアレ……新味を求めての芝挑戦なんでしょうが、芝は2度走っていずれも大敗。ダートでのOP勝ちもないのに、芝の重賞でどうにかなるわけがない。これがダ→芝ではなく、芝→ダならわずかに気になりますが。

・ヒカルカザブエ……前走は最低人気でビリでした。一叩きしたぐらいで変わるでしょうか?それに実績からしてこの馬はステイヤーでしょう。2000は短い。買えない。たぶんこの次は目黒記念あたりでしょうから、そこでならやれるかも。

・ヒルノダムール……気づけば若駒S以来、1年2ヶ月あまりも未勝利です。快進撃を続ける同期をよそに勝ちきれない日々。ただ、この馬なりの能力は出しています。今回、Cトゥーレはともかく、EフラッシュやDジャーニーは休み明け、他は順調じゃない高齢馬や格下です。チャンスの順番が来たか?

・ミッキードリーム……休み明けでブービーだった中山記念を一叩きしての一戦。ただ、今回は面子がそろいすぎている。この馬を買うぐらいなら買うべき馬は他にいくらでもいます。

・リディル……1年半ぶりの白富士Sでいきなりの2着。前走はKストリートにちぎられましたが2着は確保。今回はGIIですが、叩き3走目です。メンバーがそろっているだけにそこまで人気にもならんでしょうし、穴ならコレかなと思います。

◆チェックポイント◆
・7歳以上馬……オペラブラーボ、トーホウアラン、ドリームジャーニー
・重賞連対実績がない……オペラブラーボ、ダイワファルコン、ダークシャドウ
・中1週以下……いない
・GI馬以外の半年以上の休み明け……オペラブラーボ、トーホウアラン
・前走がOP以下で2着以下……オペラブラーボ、リディル
・前走がGII、GIIIで4着以下……イケドラゴン、ダノンシャンティ、トーホウアラン、ナニハトモアレ、ヒカルカザブエ、ミッキードリーム
・前走がダート……ナニハトモアレ

 実際には7歳以上馬は3連対していますが、マグナーテンが2回とサンライズペガサスです。7歳時のマグナーテンは前走でAJCCを勝っており、サンライズペガサスは中京記念2着でした。8歳時のマグナーテンは前年度の覇者です。よほどの押しがない限り7歳以上は不要。

 残ったのはエイシンフラッシュ、キャプテントゥーレ、タッチミーノット、ヒルノダムールの4頭。ザクザクと消えました(笑) もう1頭買うならばダイワファルコンと考えていましたが8枠。3つの枠に買いたい馬が収まりました。枠連3,5,8BOXと3-3、8-8の5点。あるいは馬連5,8-4,5,8,14,15の馬連F7点買いのいずれかで。オッズを見て守りの枠連か攻めの馬連にするかを決めます。

◎ヒルノダムール
○キャプテントゥーレ
▲ダイワファルコン
△エイシンフラッシュ
△タッチミーノット

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |