ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

11年帝王賞回顧

☆帝王賞予想結果☆
◎スマートファルコン……1着
○エスポワールシチー…2着
▲バーディバーディ……3着

 スマートファルコンが圧倒的人気に応えて9馬身差の圧勝でJpnI3勝目を飾りました。好スタートからハナを奪うと、そのまま逃げ切りました。マグニフィカ、エスポワールシチー、バーディバーディがスマートの後ろ5馬身以内にいましたが、他の7頭は10馬身以上後方。3角でマグニフィカが脱落し、直線ではエスポもバーディもまるでスマートにはついていけませんでした。まるでサイレンススズカのようでした。脚質もそうですがユタカに乗り代わって連勝街道というのも重なります。少なくとももう地方のJpnIからは逃げないでしょう。地方の馬場でこの馬に勝てる馬は現在いませんから。道中で13秒台が一度もない。ハイラップで飛ばして、上がりも最速じゃあお手上げでしょう。フリオーソでもトランセンドでも無理。スマートファルコンは完成したようです。「競走」ではなかった。スマートファルコンと武豊は他馬に関係なくグルリと回ってきただけ。もうずっと中央では走っていませんが、秋は中央も試してほしい。そこで完敗するようなら、地方に専念すればいいわけで。

 エスポワールシチーは何の抵抗もできませんでした。バーディバーディを振り切るのが精一杯。まだ本調子ではない、初めてのナイター、初めての2000などかばう要素もありますが、9馬身もぶっちぎられるとかばいきれるものではない。名古屋大賞典でのワンダーアキュートの差、かしわ記念でのラヴェリータの差、そして今回のバーディバーディとの差を考えるとピークは過ぎてしまったのかな、そんな気がします。馬券的にはバーディバーディに2着まで来てもらえると嬉しかったのですが、直線ではエスポと大して変わらぬ末脚になってしまいました。アドマイヤスバル化している(笑) 面子がそろえば人気を落としそうですが、それでもやっぱり3着のような気がします。

 ここ数戦いいところのなかったボンネビルレコードでしたが、夏馬なのか、今年も帝王賞では奮起して4着でした。とは言え、3着のバーディバーディからは4馬身も離されており、今後の交流重賞でどうこうとは言えない。5着に長期休み明けでは初めて完走したフィールドルージュ。正直、今のフィールドルージュにタートルベイやシーズザゴールドが負けてほしくはなかった。フィールドルージュが次にどこを使うか分かりませんが、これを好走とは呼べないと思います。頑張ったとは思うけれども。マグニフィカはスマートに付き合って逃げたのだから、これはもうしょうがないです。他地区馬は交流重賞を勝ち負けできるレベルじゃないと無理ですね。

スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

11年帝王賞展望

 上半期の芝のグランプリ・宝塚記念は終わりましたが、砂のグランプリは明日の帝王賞です。また震災による変則開催で、障害の大一番・中山グランドジャンプも土曜日に行われます。これらが終わって、初めて本格的な夏競馬になると思われます。中央の夏競馬は降級がありますし、ハンデ戦も多いのでWIN5で巨額の配当やキャリーオーバーが頻繁に発生するような気がします。いつものように帝王賞出走馬の短評から。

1.バーディバーディ……昨年のユニコーンS勝ち馬ですが、以降勝ち星がありません。GIでもOP特別でも3着ばかり。ここも3着候補筆頭としか言えない。あるいは4,5着かもしれません。

2.フィールドルージュ……2年半も戦列を離れて、今春復帰しましたが競走中止と取り消し。まともに走れるとは思えない。他に出る馬いなかったのでしょうか?

3.ナリタブラック……交流重賞では大敗続き。地方交流の西日本GPは2着でしたが、ヒシウォーシィから1.2差。ヒシウォーシィがここにいても穴馬扱いでしょうに、この馬じゃとても買えない。

4.ボンネビルレコード……南関重賞でも掲示板に載れるかどうかというレベルになりましたが、昨年の3着馬ですし、このレースと相性がいい。3連馬券のヒモ穴にはいいかもしれません。

5.イーグルビスティー……高知で重賞を勝ちましたが、今年初頭まで南関B2クラス。いかに戸崎でもどうにもならない。これを3着まで持ってきたらデットーリも腰が抜けるどころか砕けるレベル(笑)

6.スマートファルコン……言わずと知れた交流重賞の鬼。何回勝ったかも覚えていない。武豊と手も合っている。今回はエスポと初対決ですが、馬場適性を思うとこの馬の頭不動と思います。

7.シーズザゴールド……昨年の羽田盃馬。どうも近年の南関クラシック馬はその後が冴えません。この馬にしても老いたボンネとどっこいどっこいではなあ……。

8.エーシンエヴァン……西日本GPでナリタブラックに先着される始末。これまでの交流重賞の戦績通りでしょう。とても買えません。

9.タートルベイ……中央OPクラスから金沢で3圧勝を経て南関入り。ですが、シーズやボンネと似たレベル。穴で一考。

10.マグニフィカ……昨年のJDDで中央勢を撃破した実力はどこへ消えうせたのか。南関重賞でもいいところがない。調教では動いているだけになおさら不可解。手は出しにくい。

11.エスポワールシチー……昨秋からどうも精細を欠いていますが、さすがにこのメンバーならスマート以外に敵はいない……と言いたいのですが、ラヴェリータに先着されるのなら、バーディバーディに先着されないとも言い切れない。上位争いは当然必至。

 頭数も去ることながらメンバーも寂しい限りですね。フリオーソやシルクメビウスも回避してしまうし……。これ、エスポかスマートの一方がいなかったらただのJpnIIIですよ。1着賞金2500万円でいいレベル。3着賞金が1200万円ですが、南関S3と同額です。南関馬も1200円を狙ってくれよと思わずに要られません。スマートとエスポを除けば、南関の敵はバーディバーディしかいない。スーパーパワーやツルオカオウジがなぜ出ないのか……?うーん。

 かしわ記念や南部盃で負けてしまうエスポよりは明らかにスマートのほうが上でしょう。目下の勢いも違います。スマートのアタマは鉄板。2番手もエスポを上に見ますが、バーディバーディの目もなくはない。この3頭で決まりでしょうが、3連の穴ならボンネ、シーズ、タートルまで。他じゃ無理すぎる。

◎スマートファルコン
○エスポワールシチー
▲バーディバーディ

 買い目は馬単でスマート→エスポ、バーディの2点。スマート→エスポが2倍つかないようなら、スマート→エスポ⇔バーディの3単の2点。穴が来たら諦めます。これ、売上悲惨だろうな。ケンしたくなるようなメンバー。せめてフリオーソがいてくれたらなあ。自信を持ってスマート→フリオ→その他へ流せたのに。

テーマ:南関東公営競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

40000アクセス

 一度でいいから見てみたい。「フレッシュレモンになりたいの~」という木久扇さん。こんにちは、ねぶです。いや、『笑点』……というか木久扇さんが毎週、『会いたかった』のサビを歌っていたもので(笑)

 このブログを初めて6年あまり。先日、4万アクセスを突破しました。有名人のブログでもなく、何かに特化したブログでもないのに、毎日平均20~30アクセスがあります。アクセスが多ければ良いというものでもないですが、ある程度のアクセスがなければさすがにこまめに更新するモチベーションは下がってしまいますので、コメントを下さる皆さんはもちろん、見ているだけの方にも感謝しています。ありがとうございます。今後も変わらずに好き勝手に書いていきますが、よろしくお願いします。

 ここ1年あまりは新聞投稿を繰り返していますし、詩や短編も書いたりしていますが、昔から書くことが好きでした。もうずっと過去のことだから暴露しますが、ゲーム雑誌の常連投稿者だった時期もありましたね(笑) あとは1回ずつですが普通のパソコン雑誌、週刊少年マガジンにも載ったことがありました。ペンネームで投稿する人も多いですが、俺は今も昔も実名です。実名じゃないと載った気がしないので。新聞投稿にしても、学生時代からやっていれば良かったとも思います。

 投稿に限らず、文章表現はカネになろうがなるまいがライフワークとなっているので、死ぬまで書きつづけると思います。形が変わっても、内容が変わっていっても。俺のメガネは伊達メガネではなく、視力矯正のためです。身体の一部です。それと同じで俺が文章表現することは呼吸をするようなものだから。「我描く 故に我あり」

テーマ:なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:2 | トラックバック:0 |

師走を迎えて 時の速度思う

 早いもので今年もあっという間に師走である。昨年の暮れに寅年の年賀状を刷ったことがこないだのことのように感じるのだが、もううさぎ年の年賀状を刷らねばならない時期となった。歳を取れば取るほどに一年を短く感じられるとはよく言われているし、私自身の実感としてもそうである。小学校の6年間は長く感じられたのに、この10年間はあっという間に感じられる。
 数年前にある人が私に話したことがある。その内容は「10歳の子の1年は人生の10分の1、100歳の人の1年は人生の100分の1。だから、年々1年が小さくなって、どんどん短く感じる」というものである。それを聞いた私は斬新な説だと感心し、それと共になるほどと深く納得したものだった。
 今年よりも少しだけ短く感じられるであろう来年、私はどれだけの実りを得られるだろうか。師ではない私も走り出さねばならないという焦燥感に駆られている。きっと除夜の鐘の音は明くる歳のスタートの合図なのだろう。

(2010年12月15日東奥日報夕刊掲載)

テーマ:創造と表現 - ジャンル:学問・文化・芸術

ねぶの投稿マシンガン | コメント:0 | トラックバック:0 |

11年宝塚記念回顧

★宝塚記念予想結果★
◎ルーラーシップ………5着
○トゥザグローリー……13着
▲エイシンフラッシュ……3着
△ブエナビスタ…………2着

 春の大一番の宝塚記念が行われました。注目は女王・ブエナビスタVS充実の4歳牡馬勢で、人気も1人気がブエナビスタで、2~5人気が4歳勢でした……が勝ったのはそのいずれでもなく、6番人気の6歳馬・アーネストリー。佐藤哲三騎手&佐々木晶三調教師の三三コンビ(勝手に命名)はタップダンスシチー以来の宝塚記念2勝目。そのレースぶりもタップを彷彿とさせるものがありました。まあ、タップは3角先頭、アーネストリーは4角先頭でしたが、2番手から押し切ったのは同じ、好タイムで勝ったのも同じ。競艇ファンの哲三騎手は強気の競馬をしてくれるので応援しがいがあります……まあ、今回は買っていなかったのですが(笑) アーネストリーは父グラスワンダーとの父子制覇。グラスワンダーは散発的に大物を出しますね。それも牡馬ばかり。秋は凱旋門賞という趣旨の発言を哲三騎手はしていました。タップの雪辱を果たしたいという気持ちがあるのかもしれません。そしておそらく佐々木調教師にも。今年の凱旋門賞には何頭も日本馬が参戦予定で楽しみです。

 ブエナビスタはまた2着。なんか2着ばっかりになってきました。確かにペースは速かったですし、ブエナらしい末脚ではあったのですが、アーネストリーには完敗。4歳馬に負けるならまだ良かった。昨年、宝塚でも秋天でも破っていたアーネストリーに負けてしまうというのはどうなんでしょうね。競走能力に陰りがないとしても、勝ち運がJCの降着でなくなってしまったようにも思えます。それとあまりメディアでは触れていませんが、スペシャルウィークは自身も産駒もグラス産駒に敗退。去年は自身が宝塚記念で先着していたステイゴールド産駒に負けてしまうしなあ……。安定感があって崩れないし、実力を出し切るけれども、図抜けた存在でもないというのはまさに父スペシャルウィークのようです。惨敗したのは4歳時の京都大賞典だけでしたが、セイウンスカイやグラスワンダー、エルコンドルパサーらに苦渋をなめされた父のようです。それでもブエナが雄なら良かったのになあ。グラスとは逆で牝馬の大物ばっかりだ。

 俺の本命・ルーラーシップは危惧したように、今回は5,6着の順番だったようで(笑) たぶん次は勝つんでしょう。毎日王冠だの京都大賞典あたりかな。連勝できないタイプなんだなあ。今回は普通にスタートを切れていたのに、後方からの競馬となり、「まくらされて」止まりました。前走は自分から動いてつかまえましたが、今回は自分から動かざるを得なかった。これは似て非なるものです。なし崩し的に脚を使わされてしまった。ノリが上手くなかったというよりも、哲三騎手が上手かった。アーネストリーはほとんどのレース、そして調教で哲三騎手が乗り育ててきた馬です。馬が哲三仕様になっている。ルーラーシップにしろ、ブエナビスタにしろ、トゥザグローリー、ローズキングダム……誰が主戦なのかわかりません。その差も大きい。前にも書きましたが、アンちゃんが乗っているのでなければ、致命的なミスをしたのでなければ、同じ騎手が主戦として乗るのが馬にとってはベスト。たとえ短期的には結果が出なかったとしても。

 エイシンフラッシュは調教で一番動きがいいと思いましたし、仕事人のアンカツも内をついてもう少しで2着に粘れたのですが……。ダービーで32秒台の上がりを出しているように、スローの上がり勝負のほうが向いているのかもしれません。ペースが合わなくても格好はつくのでしょうが。ローズキングダムは巻き返してきましたが4着まで。今年の戦績を見ていると、他の4歳馬が成長しているのに、この馬が伸び悩んでいるように見えてしまいます。トゥザグローリーは疲れているんじゃないでしょうか。短期放牧ぐらいでは足りなかった。ドリームジャーニーとフォゲッタブルは出遅れましたが、出遅れなくても結果に大きな影響があったとは思えない。どちらももう潮時でしょう。どちらも弟にバトンタッチの時期になってきたようです。

 今日は今年初めてのWINS参戦。まあ、宝塚記念の馬券を買って、さっさと後にしたのですが入り口の出店の揚げパン?の匂いが食欲を誘いました。俺は楽天競馬で買うので関係ないのですが、水曜日は大井のナイター発売だそうですから、WINS津軽(テレトラックつがる)で帝王賞の馬券が買えるようですよ。参考までに。宝塚記念が終わっても、まだ帝王賞があります。今年はさらに来週もGIです。遅ればせながら中山グランドジャンプがやっと開催されます。なんだか得した気分になりますね。まあ、気分は得してもフトコロは損する可能性が大なのですが(笑)

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

犬とPC

 遅い!遅い!おそーい!何が遅いって俺のPCです。先月末にHDDを換装しましたが、Burning stoneにWaterですわ。クリーンインストール後に、各種設定を最適化して、ネットにつながないのならいいのかもしれませんが、Pentium4-M 1.9Ghzに384MBのRAM、ふるーいマザーボードでは、昨今のブラウザ、アンチウイルスソフトを動かすには非力すぎるのでしょう。動かないことはないですが、すべてがモッサリです。デュアルコアのスマートフォンが発売される時代です。どう考えてもスマホ以下のノートPCではもはや限界か……俺の我慢の(笑) 3ヶ月以内にはPCを新調したい。ちなみに自作予定。OSはWINDOWS XPでまだまだ十分。要はハードウェアのスペックを上げればいいわけなんで。3Dゲームなんてしませんが、ブラウザゲームですらもたつき、YOU TUBEの再生でコマ落ちするようなPCだからなあ。うがー!

 話変わって、東北地方も先日、梅雨入りしました……がさほどの雨は降っておりません。山奥の川では水量が少なく、流れが滞留して魚が動かないようです。よって釣りには不向き。それでも、一時的にはザーっと降ったりもするわけで、我が家のしばおは写真のように、自ら雨よけを立てました。小屋の中に、冬場の防寒のための発泡スチロールを入れておいたのですが、それを入り口に立てかけています。親バカじゃないけれども、しばおはどれだけ賢いのか……。昨年あるいは一昨日、犬も夢を見るという論文が学会で発表されたそうなのですが、んなこたしばおを見ていれば分かります。ごねて騒ぐと近所迷惑なので玄関に入れたりもするのですが、夜中、寝ながらうなされたりしています。おそらく悪夢を見ているのでしょう。しばおが目の仇にしているカラスや猫の襲撃を受ける夢でも見ているのか……?

しばおと雨よけ

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:2 | トラックバック:0 |

11年宝塚記念展望

 昨年の宝塚記念は人気薄のナカヤマフェスタが一気の差し切り勝ちを決めました。昨年の俺の馬券で最高配当(79倍ほど)だったので印象にも残っています。年によってはこれがGIなのか?というようなメンバーになる年もありますが、今年は勢いのある4歳勢が多く出走し、豪華メンバーとなりました。いつものように各馬の短評を述べていきます。また、梅雨どきですし、今週末の阪神の天気も微妙です。良馬場以外での実績にも注意が必要。

1.ナムラクレセント……阪神コースは合っていますが、ここ2走長距離で結果を出しています。菊3着馬です。中距離での勝ち鞍もありますが、長距離のほうが合っているのかなとも思います。去年は9着に敗れていますし、トップクラス相手だともう少し距離がほしい。

2.アーネストリー……昨年の3着馬で昨年と同枠です。休み明けから金鯱賞を叩いてというステップも同じですが、昨年より勢いはない。また、昨年よりも面子も強い。もちろん注意は必要なんですが、去年より着順を落とすかもしれません。

3.ルーラーシップ……前走は出遅れて、スタートで終了か……と思いきやまくり勝ち。少なくともアーネストリーに先着されるとは思えない。ただ、この馬の戦績が勝って5着、勝って6着のように連勝がない。たまたまかもしれませんが、ちょっと気にはなります。

4.エイシンフラッシュ……昨年のダービー馬。ここ2走、善戦及ばずに負けていますが、勝たれた相手に勢いがありました。距離はこのぐらいのほうが良いかと思います。故障で離脱の内田に変わって、必殺仕事人のアンカツ。鞍上が変わるのはマイナスにはならない。

5.フォゲッタブル……無理。勢いがまだあった昨年でも10着です。ここ4走続けて、しかもOP特別でも10着以下のこの馬が好走する余地はない。そもそも距離が足らない。ジャギの如く「兄より優れた弟などいねえ!」と言いたいところですが、弟ルーラーシップには勝てないでしょう。

6.アサクサキングス……いくらなんでも1年以上の休み明けでは厳しい。もっとも休み明けでなくともどうにかなるとは思えませんが。

7.ハートビートソング……勢いのある上がり馬です。目黒記念は2着でしたが、勝ち馬とはハンデ5kg差もありました。ただ、今回はハンデをもらいたいぐらいのメンバーだけに……。重とやや重で1勝ずつしており、渋馬場は得意。

8.ブエナビスタ……昨年の2着馬で昨年と同枠です。コース適性も実績も申し分ない。しかしながら、もともと2,3着も多い馬ですが、ここ4走は勝ちきれていない。距離延長はプラスでしょうが、相手は大幅に強化。全盛期は過ぎつつあるのかなと思わないでもないです。

9.ローズキングダム……春天ではよもやの大敗ですが、その前から勝ちきれていない。そもそもJCも繰り上がりだしなあ。連下まででしょう。朝日杯はG1.5で、JCが2着だと思えば、実にバラ一族らしい戦績です。渋るとつらいようにも思えます。

10.ドリームジャーニー……GI3勝馬ですが、一昨年の有馬記念以来勝っておりません。このままでは「オルフェーヴルの兄」になってしまいます。穴人気になりそうですが、もうピークは過ぎたのでしょう。苦戦必至と見ます。

11.ダノンヨーヨー……2000以上を使うのは初めてですが、距離は持つと思います。ただ、能力自体が足りてなさそう。富士S勝ちはありますが、さすがにトップクラスでポンポン勝てるほどではないようですし。

12.シンゲン……骨折による7ヶ月の休み明け。10ヶ月の休み明けで昨秋のオールカマーを制したように鉄砲駆けする馬ですが、さすがにGIではどうでしょう。ただの休み明けではなく病み上がりですから。鉄砲じゃなくてもGIは勝っていないのに。

13.トーセンジョーダン……筋肉を痛めての5ヶ月の休み明け。条件は良いと思います。春の頓挫で勢いをそがれていなければいいのですが。

14.トゥザグローリー……春天は馬の押さえがきかずに大敗。福永に手が戻るのはプラスと思います。3200という距離も長かったのかもしれない。現状では2000~2500ぐらいがベストのようです。ただ、短期放牧を挟んだとは言え、ここ数ヶ月使われすぎが気がかり。

15.トレイルブレイザー……重賞勝ちもないのでは荷が重い。それに距離もやや足りない。菊花賞でも買っていましたし、期待をかけている馬なんですが、本格化はもう少し先のようにも感じます。

16.ビートブラック……重賞勝ちもないのでは荷が重い。それに距離もやや足りない。菊花賞でも買っていましたし、期待をかけている馬なんですが、本格化はもう少し先のようにも感じます。

 ◆チェックポイント◆
・8歳以上馬……いない
・混合GIでの連対のない牝馬……いない
・重賞勝ちがない……ハートビートソング、トレイルブレイザー、ビートブラック
・中2ヶ月以上……アサクサキングス、ドリームジャーニー、シンゲン、トーセンジョーダン
・前走・GIII以下で負けている……いない
・前走・金鯱賞以外のGII……フォゲッタブル、アサクサキングス、ハートビートソング、ドリームジャーニー、トーセンジョーダン、トレイルブレイザー
・前走・金鯱賞で3着以下……アーネストリー
・前走・GIで2ケタ着順かつ前々走で重賞を勝っていない……ローズキングダム、ダノンヨーヨー、シンゲン

 残ったのは、ナムラクレセント、ルーラーシップ、エイシンフラッシュ、ブエナビスタ、トゥザグローリー、の5頭。昨年もちょっと荒れましたし、ガチガチのGIではないのですが、来る馬の傾向はかなりハッキリしています。腐っても春のグランプリですので、重賞未勝利なんて馬はまず連対しない。ステイゴールド以来おらずこの10年では1頭もいない。3着まで含めてもローエングリンしかいない。

 残した馬ではナムラクレセントがこの距離のGIで連まで来れると思えないので消し。一番人気の可能性もありますが、ルーラーシップがここでGI勝ちを飾ると見ました。金鯱賞勝ちというステップは昨今の宝塚記念では最良のステップです。しかも勝ち方がすごかったですから。馬券はルーラーシップからの馬単裏表。馬複と同じことですが、馬単にしたほうが多少は配当が良さそう。裏がつけば特に。

 ◎ルーラーシップ
 ○トゥザグローリー
 ▲エイシンフラッシュ
 △ブエナビスタ

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

IT'S A WONDERFUL WORLD

ミスチル「蘇生」、英ドキュメンタリー映画主題歌に

 2002年に発売されたミスチルのアルバム『IT'S A WONDERFUL WORLD』の発売後にタイアップがついた曲はこれで3つ目です(『Drawing』『いつでも微笑みを』に次ぐ) ミスチルとしては爆発的に売れたアルバムでもありません。売上的にはコケちゃった前作『Q』よりは売れましたが、CD不景気が進行する中であっても、後に発売された『シフクノオト』や『SUPERMARKET FANTASY』などのほうが売れています。もちろん大ブレイクした頃のアルバムよりは当然売れていない。

 『IT'S A WONDERFUL WORLD』収録シングル曲は『優しい歌』『youthful days』『君が好き』と若干地味です。いや、出来が悪いわけではなく『優しい歌』などは大好きなんですが。しかしながらシングルが派手すぎず、アルバム曲の出来が非常に良く、15曲収録ながらまとまりがあって、聞いていてダレません。また、『深海』や『BOLERO』は暗すぎて聴き手を選ぶ感じがしますし、『HOME』『SUPERMARKET FANTASY』あたりはヌルくなりすぎたと感じています。その点、『IT'S A WONDERFUL WORLD』はミスチルの明と暗のバランスがちょうどいい。どのアルバムが最高傑作かは人それぞれでしょうが、ミスチルとはどういうバンドなのかを一番明らかにしているのは『IT'S A WONDERFUL WORLD』だろうと思います。ミスチルに興味がない人にアルバムを勧めるならコレでしょう。

 シングル表題曲ではない曲が3曲も、それも何年も経ってからタイアップがつくのはとても珍しい。もし4曲目のタイアップがあるとするならば『ファスナー』あたりでしょうか。後にタイアップのついた3曲も良いのですが、このアルバムで俺が一番好きなアルバム曲は『ファスナー』だなあ。あたりまえといえばあたりまえですが、シングル曲が良いのならシングルを聞けばいいわけで、アルバム曲が光っているアルバムこそ良いアルバムじゃないかと思います。

テーマ:Mr.Children - ジャンル:音楽

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

増税の一方でばらまきとは

 先月、たばこの大幅増税が実施されたばかりだが、今月、総務省から自動車税と自動車重量税を一本化し、環境自動車税とする構想が発表された。軽自動車は増税、コンパクトカーは減税とするそうだが、年間480億円ほどの税収増が見込まれるらしい。
 また菅政権は第3のビールの増税を発表した。既にビールや発泡酒は増税済み、そして今回は第3のビールへ増税である。何かしらの大義名分はあるのだろうが、いずれも低所得者を狙った増税である。高級車やプレミアムビールへの増税ではダメなのだろうか。
 うがった見方かもしれないが、私にはこれらの増税が消費税増税への布石にしか見えない。次々と増税の実施や発表がなされる一方で、子ども手当てや農家の所得補償といったばら撒きが行われようとしている。そんな余裕がこの国の財政状況で存在するのか。
 つい数年前まで国の借金は750兆円だったが、今や850兆円を超えている。増税分の税収が借金返済に充てられるならまだしも、ばら撒き政策に費やされるのではどうにもやりきれないのである。

(2010年11月19日東奥日報夕刊掲載)

テーマ:民主党・菅直人政権 - ジャンル:政治・経済

ねぶの投稿マシンガン | コメント:2 | トラックバック:0 |

人間発電所

 足掛け4年も使ってきた俺の携帯W52SAですが、どうも通話に支障が出始めています。こちらの声が伝わりにくく、相手の声も聞こえない。あまり通話に使用することはないのですが、携帯電話なのに肝心の通話機能がイカれてきています。AUは電波帯域の問題によって、2012年7月で使用不可となる端末が多数となります。最近の端末はもちろん大丈夫ですが、W5○シリーズ以前の機種はだいたいダメです。そのため、使えなくなる機種を使用しているユーザーには機種変更時に補助金が出るようなのですが……

「CDMA 1X」などのサービス終了等のお知らせ〈別紙〉
http://www.kddi.com/corporate/news_release/2011/0425/besshi.html

●1. 2012年7月23日以降ご利用ができなくなる機種
(1) 「au携帯電話サービス」も同時に終了する機種
(省略)

(2)「au携帯電話サービス」は継続する機種
シリーズ名 該当機種
WIN W50シリーズ au ICカード対応 【W53SA】、W52T、W52P、MEDIA SKIN (W52K)、W51T、W51SH、【W51SA】、W51S、W51P、W51K、W51H、W51CA
WiN W40シリーズ au ICカード対応 W45T、W44T、W44T II、W44TⅢ、W44S、W44K、W44K II、W43SA、W43S、W43K、W43H、W43H II、W43CA、W42SA、W42S、W42H、W42CA、W41SH、W41S、W41H、W41CA
WIN W30シリーズ au ICカード対応 W32S、W32H
WIN E00シリーズ au ICカード対応 E02SA、E03CA

 三洋製ではW51SAとW53SAは利用不可となるのに、俺のW52SAはOKらしい(笑) 前後の機種がアウトなのに、俺のはOKだなんて……。3万ポイント以上持っていますし、補助金をプラスすれば最新のスマートフォンだろうがなんだろうが、0円で機種変更できたのになあ。しょうがないので、2年落ちぐらいの白ロムを安く買って使いますかね……。さほど通話に使わないとはいえ、電話機能に支障があるのは何かと不都合ですから。

 引き続きエアロバイクを1時間こぐというダイエットを続けております。1時間で20km平均です。またしても表ですが、時速20kmで体重85kgの俺が1時間こぐとおよそ600kcal消費されるようです。これぐらいがちょうどいいなあと感じるレベル。時速25kmに上げたり、1時間ではなく2時間にしてしまうと続かなくなりそうなんで。ちなみに600kcalとは、ビッグマック1個(545kcal)に近い。単品でビッグマックを頼む人もいないわけで、ポテトとドリンクを足せば800kcalは越えるだろうなあ。ダイエットはカロリー摂取抑制と燃焼増大あるのみです。ファストフードなんてもってのほか……なんですが、ときどき無性に家系とんこつラーメンが食べたくなる夜も……(笑)

 俺の使っているエアロバイクですが、走行時間、走行距離、時速、消費カロリーなどが液晶で表示されます。単四乾電池によって……。ここでええ?!と思った方には座布団一枚。電池なんて使わずとも、自転車こぎで生まれたエネルギーで液晶表示できんのか?と思った。あるいは、エアロバイクと充電器&充電池がセットになって、一定時間、自転車をこげばコンセントなんぞなくても充電できるなーんてシステムがあれば、ダイエットのモチベーションが上がるように思います。カロリーを消費して脂肪を落とします。その副産物として○○Wの発電もできました……なんてステキやん(笑) 調べてみるとそうした商品は量産化もされている模様。お値段が気になるが……。

 ちなみにタイトルでニヤリとしたそこのアナタ!気が合いそうです(笑)

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

週末競馬雑感

 今週の中央競馬は買いませんでした。今年になって初めてかもしれません。ロクに馬柱も見ていませんでした。見たら買わずにいられないですので(笑) ただ、フミノイマージンが普通に勝つだろうと思っていただけに、結果を見て驚きました。いや、フミノイマージンが完勝したのは当然と思うのですが、2番人気で単560円もついていたことに驚きました。これ、ボーナスレースじゃないの……。上がり馬のアスカトップレディが人気になっていたようですが、フミノイマージンは金鯱賞こそ6着でしたが、牝馬重賞連続連対、フミノに中山牝馬Sで勝ったレディアルバローザはVマイルでも僅差の3着。条件戦を勝ち上がった馬とは地力が違いすぎる。最後方追走でしたが、一塊のレースでしたから先頭まで10馬身もなく、直線では馬場の中央を突き抜けました。京都や札幌でも勝っていますし、コースの得手不得手はなさそうです。ローカルなら牡馬相手でも勝ち負けできる馬でしょう。

 日経関連のサラブネットの野元記者のコラムの更新をいつも楽しみにしているのですが、10日あまり前に最新の更新がされていました。今年の日本ダービーは入場者が8万人台、売上が200億円を割ったそうです。震災の影響も多少はあったのかもしれませんが、ダービー時には既にほとんどのWINS、競馬場での販売は再開されていました。天気が悪かったこともありますが、そんなことを言ったら一昨年のダービーのほうが悪天候でした。昨年のJRAの競馬事業単体では赤字だったそうですし、競馬の先行きは真っ暗です。ディープインパクト産駒についても触れられていました。マルセリーナ、リアルインパクトがGIを勝ちましたが、肝心の牡馬クラシックではいいところがまるでありませんでした。現実的に考えていた人には分かっていた結果だと思います。ディープの種牡馬としての能力は未知数でしたが、繁殖はサンデーに劣りますから。できる限りで最高級の繁殖をつけたでしょうが、サンデー牝馬につけられない時点で、サンデーサイレンスを越えられるわけがない。マンハッタンカフェや全盛期のアグネスタキオン級でしょう。キングカメハメハには勝てない。

 野元さんのコラムのストックも溜まったでしょうから、そろそろまた一冊にまとめて刊行してほしいなあ。あと、吉沢譲治さんの新刊も読みたいところ。馬券本にはあまり興味がないのですが、馬券に直結しない競馬本は大好きです。馬券本でも「どの馬が来るか」なんてのはどーでもいいですが、こういうオッズ、こういう馬を狙っているときにはこういう買い方がオススメ……という買い方の本があれば一読したいところ。本にするまでもない鉄則ですが、軸が人気薄なら総流しすべきと思いますし、アタマが怪しい馬が人気になっているときは他馬の単を3,4点買う。後者はしばしば実践しています。たぶん、それに徹していれば、安定して回収率90%以上になる自信はありますが、買っていて楽しくないし、爽快感もないんだよなあ(笑)

テーマ:競馬日記 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『ライラライ』

『ライラライ』

ライライライライ ライラライ

ライライライライ 先はない

知ったかぶって人生なんてこんなもん

そう決め付けちまったら道はない



ライライライライ ライラライ

ライライライライ Tell a lie.

だまされるぐらいならだましてやれ

気づいたら何が本当かわからない



ライライライライ ライラライ

ライライライライ これぐらい

すし詰め電車のEconomic animal

悲鳴をあげているのは車輪じゃない



ライライライライ ライラライ

ライライライライ 明日暗い

暗い辛いとグチっていても仕方ない

乗り越えた先にこそ照る未来



ライライライライ ライラライ

ライライライライ 止まらない

ライライライライ ライラライ

ライライライライ 諦めない



ライライライライ ライライライライ

ライライライライ ライラライ





テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~モザイクハーツ~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

11年関東オークス回顧ほか

★関東オークス予想結果★
◎マニエリスム………3着
○カラフルデイズ……1着
▲ハルサンサン……4着
△マルモセーラ……8着
△ピュアオパール…2着

 1~4着まで買ってはいるのに馬券は外れ。俺は本命党なので軸が3,4着ということはもともと多いのですが、今年は特に多いと感じています。今回の2,3着は着差がありましたが、ハナ差だのクビ差で外れることが多くてストレスたまりまくリスティーですよ……。

 展望にも書いたように中央も地方も一番強い牝馬は出ていません。そして、中央勢は初ダートの馬や尻すぼみの馬などあまり見栄えのしない面子でしたが、それでも終わってみれば中央馬の1,2フィニッシュ。中央の層の厚さを見せ付けられました。カラフルデイズはここでは力上位だったのかもしれませんが、さすがに地方での岩田は巧い(中央でもうまいけれども) アイアムアクトレスと2戦して、歯が立たなかった馬でもこの結果。JDDに出ても面白いかもしれませんね。

 ピュアオパールは初ダートでしたし、これまでもの戦績、血統から2100は長いと思われたのですが、ゴール寸前まで逃げ粘り。ダートはこなすかもしれないとは思っていたのですが、ここまで粘るとは思いませんでした。芝ではアタマ打ちでしたし、新境地を開拓したかもしれません。しかしながら、本質的にはマイルがベストじゃないかと思います。兵庫CSでだらしなかったマルモセーラ、リアライズノユメは見せ場なく大敗。今後はちょっと買えないですね。ヘタにOPの賞金を持っているのが余計につらい。

 このメンバーならマニエリスムやハルサンサンもいい勝負になるかと考えていたのですが、離れた3,4着争いまで。カラフルデイズがスパっときれたのに対して、マニエリスムとハルサンサンはジリジリとしか伸びませんでした。どちらも距離が長かったのかもしれません。中央馬に対しては分が悪かったようですが、南関の3歳牡馬相手ならいい勝負になりそう。黒潮盃や戸塚記念あたりで見てみたいですね。マンボビーンはやはり交流では荷が重かったようです。

 そして、昨日は北海道スプリントCが行われました。圧倒的な人気はミリオンディスクでしたが、戦績を見ればすぐに分かるように2,3着ばっかりの馬です。砂のエアシェイディといった雰囲気です。昨年はこのレースを勝ちましたが、昨年よりもミリオン自身の勢いが落ちていますので、マルカかヤサカの単で堅いだろうと思ってはいました。ただ、買って外れたら悔しいし、当たっても配当が見込めないのでケンにしました。結果は案の定といったところ。

 エレガントスピーチの逃げを見る形でヤサカファインは競馬。4角で抜け出して押し切るかにも思えましたが、マルカフリートが中団から鋭く伸びて差しきり勝ち。中央で準OPを勝てる馬で、地方適性があればこれぐらいやれますね。ミリオンディスクもいい感じの位置にいたのに、マルカとはキレがまるで違い、ヤサカにも3馬身離された3着。ミリオンは軸にして買える馬じゃないですね。ヘタに2,3着を続けるので人気も落ちずに妙味もないですし。

 ヤサカファインは今年も交流をにぎわしてくれそうです。最近の南関の短距離馬は粒ぞろいですね。もう一頭の中央馬・ガブリンはスタートで出遅れて、差を詰めただけの競馬。もう9歳ですし、上がり目も望めません。数年前までの交流重賞には「森厩舎枠」でもあるのか?というぐらい、ダート戦線に送り込んでいた森厩舎ですが、ガブリン程度しか送り込めないのはさみしいものです。栄枯盛衰か……。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

11年関東オークス展望

 今日、明日と交流重賞2連発です。まずは川崎の関東オークスですが、中央も地方もNo.1は出走していません。2番手以下の馬たちです。それだけに混戦で配当も面白くなるかもしれません。まずはいつものように短評から。

1.カラフルデイズ……ダートで4着以下だったのは前走の昇竜S(5着)だけで、安定した成績をあげています。鞍上も岩田ですし、アタマまでは微妙ですが好走はしそうです。

2.リアライズノユメ……2歳時のダート戦線を引っ張ってきた馬ですが、前走の兵庫CSでは見せ場なく大敗。兵庫馬2頭に先着される始末。どうなんですかね?

3.ヴィクトリーブーケ……1勝馬でここ5走は全部着外ではとても買えません。

4.マルモセーラ……前走で芝からダートへ参戦して4着。4着といえば聞こえはいいですが、勝ち馬から2.5秒も離されています。連下まででしょうか?

5.マルヒロブライティ……この馬も2歳時は良かったのですが尻すぼみの戦績。距離延長もプラスとは思えません。

6.マニエリスム……東京プリンセス賞勝ち馬。出遅れたクラウンCは度外視できます。距離延長も問題ないでしょうし、戸崎&川島コンビの勢いには逆らえません。

7.ツルノボサツ……ジャクソンライヒ、マニエリスムにまるで歯が立たないこの馬が通用するとは思えません。

8.ヴァレイオブローズ……桃花賞、東プリとマニエリスムに完敗。ついでにオーゴンヒリツにも2度負けています。メンバー的にもここでは厳しいように感じます。

9.ハートゴールド……特選で3着ぐらいの馬で通用するでしょうか?せめて重賞で連対ぐらいの実績はほしいところ。川崎では0-0-0-2というのも気になります。

10.エンジェルロード……盛岡の重賞でブービーだった馬がここで通用する余地はありません。

11.エーシンショコラ……この成績では……。

12.マンボビーン……他地区馬ならこの馬なんでしょうが、前々走で破ったリリーが馬脚を現しただけに、見栄えのする戦績とはいえここでは家賃が高そう。

13.ピュアオパール……初ダートの中央馬はあまり好走していません。昨年こそシンメイフジが勝ちましたが……。買うにしてもヒモまで。

14.ハルサンサン……休み明けのクラウンCは大敗しましたが、一叩きされた東プリでは4着。鞍上も気になりますし、連下ならあるかも。ただ、血統的に距離延長は不安です。

 中央馬のおかげでマニエリスムも抜けた人気にはならないようですし、素直にマニエリスムからの流しで良いように思います。このところ交流でも南関馬は勝ち負けしていますし。相手も普通に中央馬。ただ、リアライズノユメはここ2走で底が見えてしまった感があるので切ります。馬券は枠複4-1,3,8と保険で1-3も。

◎マニエリスム
○カラフルデイズ
▲ハルサンサン
△マルモセーラ
△ピュアオパール

テーマ:南関東公営競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

緑から青へ

 明後日で期限切れになってしまうので、運転免許の更新に行ってきました。グリーンラインからブルーラインへグレードアップです。次回更新時も無事故・無違反ならばゴールド免許になるようですので、ゴールドを目指したいものです。更新時間が短縮されますし、何かにつけて安くなりますからね。今回は初回更新だったので、2時間の講習を受けました。講習なんて受けるのは数年ぶりなので新鮮でした。講師の方が「県外出身の方はいますか?」と確認を取っていましたが、以前の講習で他県出身者に「何を言っているのかわからなかった」と言われたそうで。受講者が全員、津軽出身者なら津軽弁オンリーで講習したかったのでしょうが、今回は愛知県から越してきて2年目という方も受講していたので、極力標準語で講習は行われました(笑)

 話変わって、mixiの足跡機能が改悪されました。リアルタイムで誰が閲覧したか分かっていたのに、週間でマイミクシィの誰が見たか表示されるだけ。アクセス総数もわからなくなってしまいました。俺にとってアクセス総数は重要です。mixiでもブログでも。たとえコメントが全然つかなくても、アクセスが伸びていれば書いた甲斐があったと思えただけに。それに知らない人でもこまめに見てくれている人が10人以上いました。そこからマイミクシィになった人もいます。場合によってはユーザーを確認できるからこそ、アクセスブロックなどもできただけに、百害あって一利なしの変更でしょう。というか、現在の仕様を望んだユーザーがどれだけいたのか甚だ疑問に思います。mixiのアクティヴユーザーも減っているようですし、もうピークは過ぎたのかな。栄枯盛衰。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:2 | トラックバック:0 |

肩身狭くなる 愛煙家の昨今

 ここ数年で急速に愛煙家にとって肩身の狭い世の中となった。罰金付きの禁煙条例や病院の禁煙外来など、もはや軽犯罪者か病人扱いである。嫌煙派は副流煙を問題と言うが、分煙を徹底化すれば良い。そもそもたばこの煙よりも車の排気ガスや野焼きの煙のほうがよほど有害である。都心での大学時代、帰宅時の私の鼻穴は排気ガスによって黒くすすけていたほどである。
 そして今月からたばこが大幅に値上げされた。愛煙家には痛手だが、非喫煙者も無関係ではないだろう。たばこの次は酒の大増税で、その次は炭酸飲料だろうか。明日は我が身である。実際にニューヨーク州では炭酸飲料に課税すべきかが論議されている。肥満につながるからとの理由である。健康は善で、不健康は悪なのだろうか。過剰な健康ブームを懸念せずにはいられない。
 もちろん副流煙や歩きたばこで周りに害を及ぼすことは許されないが、リスクを負っても吸いたい人間は吸えばいい。あれもダメ、これもダメと規制だらけの世の中になるほうがよほど恐ろしいと考えるのは少数派なのだろうか。

(2010年10月19日東奥日報夕刊掲載)

テーマ:社会問題 - ジャンル:ニュース

ねぶの投稿マシンガン | コメント:0 | トラックバック:0 |

11年あおぎりS回顧ほか

★あおぎりS予想結果★
Bビエナオリオン………9着
Bドリームボルケーノ…8着
Bグランス……………10着
Bビービーアックス……11着

 ひどい予想もいいところでした。荒尾で2勝で最低人気のクラウンリバーは論外として、それ以外の下から4頭という始末。これだけ的外れだと逆にすがすがしい。この4頭に限らず、シルクシュナイダー、サウンドボルケーノら人気馬は全滅しました。馬連16280円、3複22万円、3単130万という大波乱の結果。サウンドボルケーノやシルクシュナイダーがこのザマでは、これに勝ったユニコーンSの2,3着馬・ボレアス、グレープブランデーのレベルも怪しいような気がします。順当ならJDD参戦の中央馬はアイアムアクトレス、グレープブランデー、ビッグロマンス、エーシンブラン、タガノロックオンあたりなのでしょうが、どれもうさんくさい。JDDはクラーベセクレタから人気薄へ流すのが良さそうだなあと感じています。クラーベ→ヴェガス、キスミープリンス、オオエライジンでも数十倍はつくでしょうしね。今週の関東オークスで中央と地方の差がある程度見えるかもしれません。

 メインレースは自信がなくて買わなかったのですが、どちらも一番人気の4歳馬が完勝。正直、エプソムCのダークシャドウは人気になりすぎなんじゃないの?といぶかしんでいたのですが、先行抜け出しの王道で快勝。陣営は秋には天皇賞を走らせたいと語っていましたが、この勝利で賞金的に足りたかもしれません。エプソムCは2着も4歳のエーブチェアマン。1000万、1600万と連勝して、GIIIで2着。これでOP入りです。これも天皇賞に間に合うかもしれません。4着に健闘したキャプテンベガが悲哀をさそいます。言わずと知れた超良血ですが、重賞も勝っていませんし、種牡馬になれないんでしょうか。アドマイヤベガの代わりはアドマイヤボスだけで十分なのかなあ。トーセンダンスのように、キャプテンベガでもOP馬出るかもしれないと思いますし、アドマイヤベガはともかく、アドマイヤボスとキャプテンベガではそこまで差はないと思うんですけどね。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

11年あおぎりS展望

 昨日の東海ダービーでは山本茜騎手のミサキティンバーが一番人気でした。女性初のダービージョッキー誕生かと期待されましたが、猛追するもハナ差届かずの2着でした。東海の1冠目を制していましたし、茜騎手への応援も込みでミサキティンバーから流して、馬券は取れたのですが、差しきってほしかった。残念です。見てるだけの俺でもそうなのだから、本人は想像できないほどに悔しかっただろうなあ。1番人気の実力馬での参戦なんてそうそうできるものでもないです。兵庫が誇るトップジョッキー・木村健騎手でも今年、初めてのダービー制覇ですし、大井の帝王・的場文騎手は今年も3着まででした。ダービーを勝つというのは、どこでも甘くない。ただ、茜騎手はまだまだ若いし、来年以降に期待。

 いきなり地方競馬の話から入りましたが、今週の中央重賞であるエプソムC、CBC賞はケンで。CBC賞は短距離のハンデ戦。当たる気がしません。エプソムCはワリと相性のいいレースですが、明日はまず阪神10RのあおぎりSで勝負してみたい。ただの特別レースといえばそうなんですが、3歳限定のダート1000万条件。実質的には3歳OP競走であり、中央馬におけるジャパンダートダービーの最終ステップレースになります。昨年はミラクルレジェンド、一昨年はワンダーアキュートが勝っています。本来、中京ダ1700なのですが、昨年は京都、今年は阪神での開催です。OPですらないですが、まずはいつもどおり出走各馬の短評から。

1.テイエムドンマイ……阪神では2度走っていずれも着外。坂がどうなのかなあ。前々走で負けているピエナオリオンに勝てるでしょうか。

2.ドリームボルケーノ……未勝利、500万と連勝。しかもそれが阪神ダ1800と同条件。当然買うべき馬だと思います。それほどの人気でもないですし。

3.アマノレインジャー……芝ですが1600で結果が出ていません。良績は1400まで。今回は1800。ちょっと長いかも……。

4.タガノロックオン……このところ芝ばかり使われていますが、初勝利はダート。マイル以上はGII以上なのでメンバーもあるのでしょうが、結果が出ていないのも事実。

5.ジャンナ……前走の3歳OPいぶき賞でまるで人気がなく、実際に惨敗。中山1800で2勝しているだけに坂も距離も大丈夫とは思いますが、力不足のように思えます。

6.ピエナオリオン……ダートでは3戦して2勝3着1回。ここでは実力上位と思います。今回の条件でも勝っていますし、馬場も不問。

7.クラウンリバー……荒尾で2勝。中央では未勝利。ぶっちぎりの最低人気なのも当然。とてもじゃないが買えません。

8.サウンドボルケーノ……いぶき賞5着。このときの1,2着馬がユニコーンSの3,2着馬です。そこで0.2差ですので、ここでも好走可能でしょう。

9.パクサ……ダートのみを使われて2勝3着1回。距離も馬場も良いのでしょうが、関東馬ですし、鞍上も気になります。人気にもなっています。

10.グランス……ダートばかり6戦して、2勝3着3回4着1回。安定感十分です。馬場も不問。母は交流重賞勝ちまくりのグラッブユアハート。意外と人気ないなあ。

11.シルクシュナイダー……この馬が一番人気の模様。ただ、尻すぼみの成績なのは気になります。勝ち負けもあるでしょうが、妙味はない。

12.ビービーアックス……人気薄ですが、これは非常に臭い。ダートでは4戦してすべて3着内。芝はダメ。青葉賞8着というのもダート馬ならば上出来。勝ち負け。

◆チェックポイント◆
・関東馬……ジャンナ、パクサ、ビービーアックス
・芝で勝っている……タガノロックオン、ジャンナ、クラウンリバー
・前走がダートなら5着以下……アマノレインジャー、ジャンナ、サウンドボルケーノ、シルクシュナイダー

 これは3着まで含めても概ね当てはまります。3着馬の場合は、3つ目が7着以下となるだけ。残ったのはテイエムドンマイ、ドリームボルケーノ、ピエナオリオン、グランスの4頭。ただ、短評に書いたようにテイエムドンマイよりはビービーアックスのほうがいかにも臭いので、これは入れ替えます。

Bドリームボルケーノ
Bピエナオリオン
Bグランス
Bビービーアックス

 シルクシュナイダー、サウンドボルケーノが人気のようですが、両方ぶったぎっているので、どれでも余裕でプラス。当たれば、ですが(笑) 馬複4頭BOXの予定ですが、単4点でもいいかもしれない。

テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ダイエットはじめました。

 このところ運動らしい運動もしていないし、腹の肉がまた気になってきたのでダイエットを始めました。と言っても○○ダイエットなんて、お気楽なものではありません。効果があるか疑わしい。やはり間食を控えて運動するしかありません。ばあちゃんが脚力維持のために買ったエアロバイクがあったのですが、使っていなかったのでもらってきました。ここ数日、それを1時間こいでいます。筋肉痛になったりはしませんが、1時間こぎつづけるといい汗流せます。距離にすれば1時間で18kmほどになります。実際、うちから17、18km離れたWINS津軽まで、自転車だと1時間ほどなので妥当な数字です。

 1時間こぎつづけると500kcalほどは消費されるようです。500Kcal増やすのは簡単ですが、減らすのはなかなかにたいへんです。牛丼一杯で500kcalなんていっちゃいますしね。お茶やローカロリーコーヒー、ローカロリーアルコールを飲むようにしています。エアロバイクなら雨の日もできますし、漫画や音楽を聴きながらの運動も可能なので気も紛れていいですね。どうもこのごろ精神状態があまり良くないのですが、運動をすることで緩和されるかもしれません。1ヶ月でどの程度の減量になるかが楽しみです。体力がついてきたら、自転車で若干の遠出もできればなあと考えています。北海道の日高あたりまで、とか。

テーマ:健康的なダイエット - ジャンル:ヘルス・ダイエット

晴れ時々ウツ | コメント:2 | トラックバック:0 |

ダービーウィーク

 東京優駿(日本ダービー)は終わりましたが、地方競馬は今週がダービーウィークです。ちなみにキャンペーンガールはSDN48。AKB48関連を見ない場所がないな(笑) 昨日は大井で東京ダービー(サッカーじゃない)が行われ、1番人気のクラーベセクレタが完勝で2冠達成。牝馬による南関2冠は22年前のロジータ以来だそうです。ロジータは生で見ていないので語れませんが、5年前に南関牝馬三冠を達成したチャームアスリープあたりとはモノが違う。速いのも速いのですが、騎手の意のままに動ける自在性があります。ダートは8戦7勝。負けたのはユタカ騎乗で出遅れかましたエーデルワイス賞(4着)だけ。次はジャパンダートダービーで中央勢を迎え撃つこととなります。今年の中央勢は例年に比べて層が薄いだけに、トーシンブリザード以来の3冠達成も期待されます。

 今日は園田で兵庫ダービーがありました。1冠目の菊水賞勝ち馬で、中央馬相手の兵庫CSでも2着だったホクセツサンデーと、6戦無敗ながら休み明けのオオエライジンの一騎打ちが予想され、事実一騎打ちになったのですが、2周目の3角で逃げるオオエライジンの木村騎手の手綱にはまだ余裕があるのに、ホクセツサンデーの川原騎手は追いまくり。直線ではオオエがホクセツをちぎって圧勝。木村騎手は兵庫ダービー初制覇。オオエライジンは連勝を7に伸ばしました。ホクセツのレースぶりは前走の兵庫CSに被るものがありましたし、モノサシにして考えればオオエはエーシンブラン級の能力があるのかもしれません。オオエライジンがJDDでどれだけやれるのかが楽しみです。チャンストウライ並に交流でもやれる器じゃないでしょうか。

 明日は東海ダービーです。今の地方競馬のレベルを考えると南関、東海、兵庫の馬以外は交流ではつらいでしょう。クラーベセクレタやオオエライジンは地元のみならず、地方競馬全体を盛り上げる存在になってほしいものです。こんなときだからこそ、岩手からメイセイオペラ……とまでは言わないけれども、オウシュウクラウンやサイレントエクセル並の馬が出てこないかなあ。ベストマイヒーローがそうだといいんだけど。道営馬や南関のA3・B1クラスの馬にも勝てないオープン馬というのは寂しすぎる。おらが村の競馬場からヒーローやヒロインが出てこそ、競馬場の復興にも弾みがつきますから。

テーマ:競馬コラム - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:2 | トラックバック:0 |

初夏でしょうか

 急に暑くなってきました。今日の弘前市の最高気温は29度ほど。6月は衣替えの時期ですが、未だに俺の部屋にはストーブが置いてあります。ストーブを引っ込めて扇風機を出さねばなあと感じる今日この頃。今年、初頭まで基本的に家で酒を飲むことはなかったのですが、この春からいろいろと飲んでいます。主にサワー、チューハイ、カクテルです。お気に入りはサントリー「カクテルカロリ。」のグレープフルーツスペシャルです。最初は「ほろよい」も気に入っていたのですが、甘ったるく感じてきました。寝る前に一本飲んで寝るとよく眠れるんですよね。俺はアルコール耐性が強いので、酔っ払うってこともないんですが気分の問題でしょうか。

 震災以来、普段吸っていた「マイルドセブンインパクトワンメンソール」をお店で見かけることがなかったのですが、さっき久しぶりに見つけたので即購入。久しぶりに吸ったらメンソール感がハンパじゃない。KENTやLARKのメンソールとは比較にならん。たぶん、これ、手間隙かかっているんだろうなと思います。昨今はロングサイズのタバコも多いですが、これは旧来通りのサイズですし、ロングサイズが出る気配もないので。やっぱり、いつものじゃないとねー。近所のコンビニで買ったのですが、サークルKです。次に近いのはローソン。どちらもクロネコのメール便に対応していないのでちょっと困ったりします(笑)

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

毅然とした態度 政府に求めたい

 尖閣諸島をめぐって日中間の緊張感が高まっている。日本側は「大人の対応」をして、海保船に衝突した船の船長を中国へ送り返したが、中国側の強硬姿勢に変化はない。この船長は中国では英雄扱いだとも聞く。今回の件で思い出されるのは、数年前に北朝鮮の金正男氏と見られる人物の身柄を確保しながら、何の譲歩も引き出せずに送還した件である。前回は拉致被害者、今回は拘束されていた日本人社員と引きかえに送還することはできなかったのだろうか。
 処分保留で船長は釈放された。海上保安庁の現場の方々は違法な人間を逮捕しても、易々と釈放されるのではやりきれないだろう。これはまるで治外法権である。中国はレアアースの輸出制限など経済的圧力もかけているが、経済的互恵関係にある国が一方的に損害を被るとは考えにくい。それどころか世界的な景気低迷に拍車をかけるのではないかと懸念される。
 外交や防衛は国の外殻であり、外殻を維持できなければ国家が成り立たない。中国のみならず、韓国やロシアに対しても政府の毅然とした態度を求めたい。

(2010年10月6日東奥日報夕刊掲載)

テーマ:東アジア問題 - ジャンル:政治・経済

ねぶの投稿マシンガン | コメント:0 | トラックバック:0 |

11年安田記念回顧

★安田記念予想結果★
Bアパパネ……………6着
Bストロングリターン…2着
Bシルポート…………8着
Bダノンヨーヨー………10着

 大井の戸崎騎乗の3歳馬・リアルインパクトが古馬勢を制しました。3歳馬が安田記念を勝つのは49年前のスウヰイスー以来だそうです。調べていませんが、2勝目が古馬GIという馬もちょっと記憶にありません。負けましたが安田記念に挑んだ過去のスピードワールド、メイショウボーラーらは既に重賞を勝っていました。今回のリアルインパクトは重賞初勝利でもあります。それでも9番人気というのは、鞍上の戸崎に対する期待が大きかったのだろうと思いますが、戸崎の騎乗には無駄がなかったし、馬もそれだけの潜在能力があったのでしょう。交流GI勝ちが多数ある戸崎であっても、中央GI勝ちはやはり特別だったのか、感極まって目がうるみ、声が震えていました。参りました。

 一番人気のアパパネは直線で窮屈な場面もありましたが、それがなくても3着争いまでだったと思います。位置取りこそ中団でしたが、後手後手の競馬に見えましたし、Vマイルで仕上がってしまったのか、もう一伸びがなかった。とは言えまだ4歳春ですし、0.2差の6着なら秋に改めて期待。面子的にはエリ女のほうがラクでしょうが、2200は長いと思いますし、牝馬GI5勝のこの馬が今更、エリ女を勝っても繁殖価値は上がらないでしょう。マイルCSへ挑んでほしいところ。二番人気のダノンヨーヨーは1馬身ほど出負け。後ろから行く馬だけにそれはさほどの影響はないと思いますが、キレなかったですね。4角で差のない位置にいたスマイルジャックが突っ込んでいるだけに……。

 ストロングリターンと石橋脩騎手はソツない競馬でした。勝ち馬……というか勝利騎手がうますぎたとしかいいようがない。本格化してきましたし、秋に期待。そして、この馬との出会いが石橋騎手の飛躍につながればいいなと思います。スマイルジャックも若干出が悪かった。後ろからの競馬だとこれが限界なんだろうと思います。去年もそうでした。キレもありますが、元々、先行して結果を出していましたし、東京新聞杯でも前々で競馬して勝っています。今回はしょうがないにしろ、今後は前で競馬してほしいところ。香港馬は見せ場なし。ビューティーフラッシュなどは発汗が目立っていました。やはり輸送が苦手なのかもしれません。

 地方騎手は総じて前々で競馬をして、垂れさせない騎乗が目立ちますが、今回の戸崎もそうでした。3番手で前を見ながらの競馬で、前の2頭を交わすと追って追って残しました。たとえそれで勝てなかったとしても、ファンは納得できるでしょう。折り合い重視で、脚を余して差しきれないというレースを中央の騎手はしばしば見せますが、「カネ返せ!」と叫びたくなります。そういう意味ではシルポートと小牧はあれしかなかったし、8着とはいえしょうがない。競馬は調教師や馬主のカネで動いているんじゃねえ、ファンのカネで動いている。フーリガンのようでなくていいのですが、ファンは額の多寡はあれカネを賭けている。ふざけた騎乗には多少のヤジはあってしかるべきと思います。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

FMV 7190NU4のHDD換装!

 数日ぶりにマイPC(FMV 7190NU4)で打ち込んでいます。やはり手になじんだPCで打ち込むのが一番です。オヤジのPCは現代でもまったく不都合のないスペックのPCですが、好き勝手にカスタマイズするわけにもいかないしね……。届いたハードディスクドライブ(HDD)を早速取り付けてみましたが、認識しませんでした。あれこれ調べても原因不明なので、もともとのHDDをつないでみると認識しました。つまりコネクタがおかしいわけではない。そして、もう一度、おにゅうのHDDをつないでみると認識しました。単に接触が甘かっただけのようです。

 古いパソコンに対応した(U-ATA100)HDDですから、容量は40GBに過ぎず、速度も換装前のHDDと同レベル。ただし、圧倒的に静かです。騒音が1/10。これで新品1980円ならまあ悪い買い物ではなかったと思います。中古のHDDを買ったら、いつ死亡するかわかったものではないし。自作PCを作る金銭的余裕が生まれないので、この馴染んだノートPCをいじりたおしていきます。ノートPCですが、CPUも直付けではなくソケットに挿してあるようで、交換可能な模様。Pentium4-M 1.9GhzのPCを同2.6Ghzに換装してどれだけ違うかわかりませんが、そのうち試してみたいですね。

テーマ:ノートPC - ジャンル:コンピュータ

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

11年安田記念展望

 春のGI戦線もひとまず最終週です。皆さんの予想はどうだったでしょうか?俺は年始の大不振ほどひどくはないですが、どうも波に乗り切れない感じ。ここらで5,000円以上の馬券を当てたいところです。大もうけという意味ではWIN5の破壊力はすごいものがあります。先週なんて1番人気4勝、8番人気1勝で55万円ですから。ちらほらと的中された方もいるようです。毎週、WIN5に1万円はつぎ込める方なら、買うのはWIN5だけでもいいかと思います。1万円で5レース楽しめるわけですから、1Rで見れば2000円。そう考えれば悪くない。さて、今週は安田記念。いつものように短評から。

1.ストロングリターン……京王杯SC勝ち馬。前走も含めて府中での実績は十分、マイルまでは許容範囲。好走の確率は高いと思います。いかにも渋って良さそうな血統ですが、実際にやや重での実績もあります。

2.シルポート……マイラーズC勝ち馬。マイラーズC組はあまり好走していませんが、この馬は京王杯を挟んだのがいい感じ。コース、距離ともに問題なく、重で勝ち、不良で2着もあります。脚質的にも多少渋ったほうがよさそう。

3.スマイルジャック……東京新聞杯勝ち馬。ただ、東京新聞杯との安田記念は同一コース
ですが、あまり関連を伺えませんし、マイラーズCから直行というローテはあまり良い感触ではありません。

4.クレバートウショウ……ここ3走、着差はそれほどでもないですが勝ちきれません。ましてや今回はGIです。重賞も勝っていない馬では荷が重い。

5.サンカルロ……かつてマイルのNZTを勝っていますが、最近はあまりマイルでよい結果が出ていません。人気がガタ落ちならば、軽く抑えるのもおもしろそうですが。

6.サムザップ……香港のGIを勝っていないのではここでは通用しないように思えます。GIIでも勝ちきれていませんし。ただし、鞍上のプレブルは不気味です。

7.シルクアーネスト……かつてブレイクタイムがOPのオアシスSから連に絡みましたが、条件戦からというのはちょっと記憶にない。厳しい。

8.アパパネ……昨年の三冠牝馬でVマイル勝ち馬。府中では4戦無敗。状態も良さそうです。全体的に見れば前走以上のメンバーですが、個々で見ればブエナビスタよりも強いといえるような馬もいません。好走必至。

9.ビューティーフラッシュ……香港マイル勝ちを含め、実績ではサムザップとは比べ物にならないほど上。ただ、昨年も来日して4番人気に推されながら11着に大敗。ドバイDFでも大敗していますし、輸送がどうなのか?

10.リディル……長いブランクから復帰してがんばっているとは思いますが、OPで勝ち負けの現状でGIはつらいでしょう。マイル実績がありますが、本質的にはやや短いとも俺は見ています。

11.コスモセンサー……大穴を開けるのはこういう馬だと感じます。字面ほどには大負けしていない。ただ、東京での実績が皆無。どうでしょうかね……。

12.ライブコンサート……GIを5度走っていますが、昨秋のマイルCS5着が最高。衰えはないと見えますが、ここではきついように感じます。

13.ダノンヨーヨー……東京新聞杯こそ7着に破れましたが、他では崩れていません。そのレースにしても上がり33秒2です。鞍上のウィリアムズも魅力ですし、追い込み馬なのに馬場が悪くても差してくる馬力もあります。

14.リアルインパクト……3歳馬は一昔前、スピードワールドが3着に入りましたが、それ以外は馬券に絡んでいない。メイショウボーラーでもダメでした。戸崎騎乗とはいえ、この馬では難しいだろうと思います。

15.ビービーガルダン……マイル以上は3度走ってどれも大敗。年齢的なこともありますし、ここで買えるような馬ではない。馬場が渋って良さそうですが、それでも掲示板ぐらいが限界じゃないかな。

16.ジョーカプチーノ……NHKマイルC勝ちがありますが、今はマイルが長いかもしれません。1200では勝てるのに、1400だと3着どまり。マイルでどうなのか?人気もそれなりに集めそうなだけに微妙。

17.エーシンフォワード……マイルCSこそ勝ちましたが、その後がさっぱりです。府中も実績薄で狙いにくい。

18.リーチザクラウン……ダービー2着でリーチをかけたはいいものの、他の馬に上がられたり、流局になってしまい、この馬は上がれません。名前がマズかったか。「ゲットザクラウン」とかなら良かったのかも(笑)

 ◆チェックポイント◆
・前走・京王杯SCで5着以下……クレバートウショウ、サンカルロ、エーシンフォワード、
・前走・OP特別で3着以下……リーチザクラウン
・前走・ダービー卿CT組……いない
・前走・10人気以下……コスモセンサー、ビービーガルダン
・重賞未勝利……クレバートウショウ、シルクアーネスト、リアルインパクト
・複数回走って東京芝未連対……コスモセンサー、エーシンフォワード
・8歳以上馬……いない
・前走で連を外していた香港馬……サムザップ、ビューティーフラッシュ

 残ったのはストロングリターン、シルポート、スマイルジャック、アパパネ、リディル、ライブコンサート、ダノンヨーヨー、ジョーカプチーノの8頭。ローテや実績を勘案するとリディル、ライブコンサートもあまり買いたくありません。

Bアパパネ
Bストロングリターン
Bシルポート
Bダノンヨーヨー

 馬複4頭BOX。馬場渋ってもこなせると判断していますし、良でもこれでいい。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

HDD死亡?

 ここ数日、日記の更新頻度が落ちていますが、別に心身に不調をきたしているわけではありません。不調をきたしたのは年季の入った俺のノートPCです。普段どおり(酷使)に使っていたら、ブルースクリーンになって、強制再起動。それで再起動できれば別に良かったのですが、OSが見つからないとか英語で表示されます。ああ、ウイルスにでもやられてしまったのかと思い、システムドライブを初期化してみました。パーティション(区切り)を切って使用しているので、Cドライブだけ初期化しても、大した被害はなかったので。ところがCドライブを初期化して、OSを再インストールしようとしてもだめ。あまりやりたくなかったのですが、最重要データ(文筆関連、およびその写真など)はUSBメモリに保管しているので、HDDをフォーマットしなおして、OSをインストールしようとしてもやっぱりダメ。

 これ……HDDが逝っちゃったんじゃないのといやな予感がしてきました。HDDが認識されているかどうか、LINUX(Ecolinux)のCDから起動してみます。CD-ROMドライブがいかれていないのはわかりました。で、LINUXは立ち上がったのですが、USBメモリやFDDは何もせずとも認識されているのに、肝心のHDDは認識されていない。ウイルスがうんぬんではなく、物理的に壊れたと判断しました……。お金に余裕があれば、4万もだせば最新にPCに新調できるので、そうしたいのですが何かと物入りで4万は出せない。しょうがないのでHDDのみ購入して換装予定。今更、03年製のノートパソコンにお金をかけたくもないのですがやむをえません。市内のPCショップに電話したら、目的のブツは5980から。たけえよ!

 というわけで時間が余計にかかりますが、ヤフオクで2.5インチIDEのHDDを物色。3000円前後からあるので新品購入。中古のHDDは怖いですからね。せっかく新調するのだから、少しでも早く、少しでも容量が多いほうが良い。5400回転、8MBキャッシュ、80GBのHDDを狙っています。そのうちWINDOWS XPのOSも買おうかな。メモリを限界の1GBまで増設すればそれなりに使えそうですし。俺が新品のPC(自作予定)を組むのはまだまだ先になってしまいそうです。

テーマ:問題と解決 - ジャンル:コンピュータ

晴れ時々ウツ | コメント:2 | トラックバック:0 |

11年さきたま杯回顧

★さきたま杯予想結果★
◎ラヴェリータ
〇ラブミーチャン
▲ナイキマドリード
△ダイショウジェット
△セレスハント

 圧倒的な人気は当然ラヴェリータでしたが、展望にも書いたとおり、あくまで軸としての本命で負けることもあるだろうと書きました。そして、案の定負けたのですがここまで負けるとは思いもしませんでした。一応、5着ですが見せ場はまるでなかった。危惧していた通り、小回りの浦和も1400もこの馬には合わなかったとしかいいようがない。浦和でも2000の浦和記念なら、あるいは1400でも中央でならこなせるのかもしれませんが、小回り&短距離だとこうなってしまうんでしょうね。

 ジーエスライカーが飛ばして、2番手にラブミーチャンというのは予想通りでしたが、ジーエスライカーが止まりません……。追ってきたのは戸崎騎乗のナイキマドリード。JBCスプリント2着は伊達ではなかった。サマーウインド相手はともかく、他の中央馬とは互角以上にやれるようです。ただ、交流重賞、それもJPNIIを勝ってしまったので今後の使いどころが難しくなりそうです。ジーエスライカーもいつもいつもアテにはできませんが、はまればこれぐらいやれるようです。

 中央馬で最先着は一番人気のなかったスーニでした。これもままあることです。軽視されていた中央馬に限って走る……。しかし、去年の今頃のスーニなら差しきっていてもいいのに、そうはならなかったのはまだ5歳とはいえ衰えてきたのかなあとも感じます。長く活躍する馬が増えてきて感覚が変わってきていますが、旧年齢(古いか)でいえば6歳です。それも〇外です。衰えていても不思議ではありません。セレスハントはよくわからないですね(笑)

 ラブミーチャンは3角でナイキがまくってきたときにはもう脚が残っていませんでした。前にいたジーエスが残っている以上、展開は言い訳にならない。小回りも1400も向くと思ったんですがね。遠征経験も豊富なわけですし。うーん。ダイショウジェットは重賞だとこれが限界なのかな。OPになると面子も人気も関係なく差しきれるのに。典型的なOP大将です。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |