ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

12年スプリンターズS回顧

☆スプリンターズS予想結果☆
Bカレンチャン……2着
Bパドトロワ………8着
Bロードカナロア…1着
Bエピセアローム…4着

 2番人気のロードカナロアがレコードでGI初勝利。スプリントGI3連覇を狙ったカレンチャンは惜しくも2着。3着に内から伸びてきたドリームバレンチノでした。エピセアロームは4着、香港のラッキーナインは5着、リトルブリッジは10着、シンガポールのキャプテンオブヴィアスは15着でした。馬券は当たるには当たりましたがガミりました(笑) 

 最初の3Fが32.6という猛ラップ。高速馬場を考慮しても速過ぎた。前にいたマジンプロスパー、パドトロワらは持ちませんでした。直線で女王カレンチャンが伸びてきましたが、それを見るように競馬をしていたロードカナロアが差しきり勝ち。春の雪辱を果たしました。12戦11連対3着1回。すごいな。まだ4歳、これからはこの馬がスプリント戦線を引っ張っていくのでしょう。なんだかビリーヴがデュランダルに差しきられたときをふと思い出しました。

 カレンチャンは叩かれて馬体も絞れ、いい内容だったと思いますが……。位置取りが逆ならとも思いますが、カレンチャンが女王だったわけですし、ロードカナロアより前にいて、先に仕掛けるのはやむなしというか当然。しょうがないです。惜敗ですので今後の巻き返しに期待。ドリームバレンチノは主戦・松山がコースロスなく、馬群を縫って上手く乗ったと思いますが、それで外を回った2頭に負けるのですがこれは力負け。力は出し切っている。

 エピセアロームはもっと内枠なら……とも思いますが、外枠の2頭が勝ち負けしているのですが、現状、1,2着馬には力負け。まだ3歳。来年、再来年に期待ですね。ラッキーナインは陣営の談にもありましたが出負けが痛かった。1,2馬身遅れてる。長距離戦ならともかく、これは1200。どうも日本ではツキに見放されているのか……この時計にも対応できただけに残念。香港に戻れば日本馬のカベになりそうですね、また。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

12年スプリンターズS展望

 台風の進路が気になりますが、今週末は秋のGIシリーズの開幕戦・スプリンターズSです。シンガポールからキャプテンオブヴィアス、香港からラッキーナイン、リトルブリッジと海外からも3頭が参戦。一筋縄ではいかない結果が待っているような気がします。とはいえ、このところ馬券の調子は良いですし、このままの勢いで年末まで行きたいですね。まずは出走各馬の短評から。

・エピセアローム…セントウルS勝ち馬。穴馬扱いでしたが好位から人気馬をまとめて差しきる強い内容。オークスが終わった時点ではよくいる早熟馬かと思ったのですがとんでもなかった。ユタカと手も合っているようです。中山は初めてですが坂は苦にしませんし、やや重で2戦2勝。不良はわかりませんが、少々渋っても苦にしなそう。3歳馬で2kgもらいは大きい。ここも好走していい。

・エーシンヴァーゴウ…ここ2走とも着順ほど負けていませんが、勢いのあった昨年でも3着。去年ほど走れるかは疑問。昨年の3着馬なので適性は問題ない。重や不良でも勝っており、渋馬場も問題なさそうですが、テン乗りの内田がどう乗るか、ですね。

・カレンチャン…1200のGI連勝中の短距離女王。鉄砲駆けしない馬なので前走4着というのは案の定といった感じ。一叩きして変わると思います。重で4着でしたがこの時も休み明けなので度外視できるし、やや重で勝ってもいます。父クロフネで、新馬とはいえダートの2着もあるし馬力はあるでしょう。超高速馬場ではなく、消耗戦になったほうが力を出せそう。当然、有力です。

・キャプテンオブヴィアス…マレーシアのローカルGIを勝ってシンガポールへ移籍。移籍後もドバイ遠征して勝っています。遠征慣れしている。ただ、5月から月1以上のペースで走っており、使い詰めじゃないかと思います。また1200で1:10を切ったことが一度しかなく、時計勝負では分が悪いのではないかと思います。ロケットマンですら4着でしたしね……。

・サンカルロ…寒い時期ばかり好走していますが、一昨年のこのレースでは3着ですし、かつてはNZT勝ちもあり中山を苦にすることはない。不良馬場で1戦1勝。シンボリクリスエス産駒ですし、500kgほどの馬格もあり、馬場が渋るようなら出番があるかもしれません。穴で一考。

・サンダルフォン…9歳馬ですし、この実績ではちょっと荷が重い。年末のアンコールSで買えばいいんじゃないですかね?中山は8戦して一度も馬券になっていませんし、コースも向いてない。

・スプリングサンダー…重賞の1つも勝っていない馬では荷が重いかもしれません。重でも苦にはしませんが、得意ってほどでもなさそう。1200は1F短いような気もしますし、勝ち負けまでは厳しいのでは。

・ダッシャーゴーゴー…重賞3勝の実力馬。近走も好調。ただ、GIで2度も降着とツキもなさそうですし、性別違いますがシーイズトウショウみたいな馬じゃないかと思います。ここ2走よりもGIだけに面子もそろっていますし、連下までかと。

・ドリームバレンチノ…前走は主戦の松山が騎乗停止で三浦騎乗でしたが、何の見せ場もなく完敗でしたが主戦が戻ってきました。この馬、8勝もしてるのに松山でしか勝っていませんし(笑) やや重まではこなしています。中山では1戦して4着。府中でも阪神でも馬券になっておらず、坂が苦手なのかも……?ただ、人気がないようなら押さえてはおきたい。

・パドトロワ…昨年の2着馬が重賞連勝でGI獲りに挑みます。コース適性は問題あるわけがないし、昨年以上に勢いがあります。さらに不良馬場でも勝っており、渋れば渋るほど勝機が高まりそう。不良にでもなればカルストンライトオの再現があってもいい。渋らなくても勝ち負けじゃないでしょうか。キーンランドCからというステップも好感持てます。

・フィフスペトル…昨年の6着馬。中山実績は今回の面子でも屈指。ただ、昔はともかく今は1200じゃ距離が足らん気もします。加えて安田記念以来の休み明けというのも気がかりです。去年より走れというのは難しいんじゃないでしょうか。

・ブルーミンバー…重賞勝ちどころか、重賞で馬券になったこともない馬では格下すぎる。特別、勢いがあるわけでもない。やや重での勝ちはありますが、重は3戦して未勝利。春先の重のオーシャンSでは大敗。中山適性でももっと上の馬がいますし、実力不足。

・マジンプロスパー…今年は重賞2勝。重のCBC賞勝ちもありますが、前走は謎の惨敗。調教では復調をアピールしているようですが、今思うと阪急杯もCBC賞も手薄な面子だったような気もします。前走からの前進はあるでしょうが、勝ち負けまで来れるかは疑問。人気次第で押さえ、でしょうか。

・ラッキーナイン…昨年のセントウルS2着、スプリンターズSは不利を受けての5着。香港スプリントではカレンチャンらを返り討ちにしています。実績十分ですし、日本の馬場もこなすことは証明済み。多少でも馬場が渋れば勝機も十分と見ます。前走が安田記念11着で人気を落としそうなのも魅力。陣営はシーズン末期で調子落ちしていたとの談。状態がどうかがポイント。

・リトルブリッジ…3連勝中。前走は英国のキングススタンドSを制しています。もしここも勝つようならグローバルスプリントシリーズ制覇はほぼ決まり。1:07秒台の高速決着だと厳しいでしょうが、1:08秒台以上の勝ち時計で決まるようなら勝ち負けしてもいい実力はあるはず。香港と英国でのものですが、やや重で5戦5勝。

・ロードカナロア…11戦して6勝、2着4回3着1回と複勝率100%、連対率でも9割以上。前走もマジンをつぶして、カレンチャンを振り切りながらもエピセアロームの強襲に遭っての2着。中山でもジュニアC2着がありますし、苦にはしないでしょうし、やや重で勝ってもいる。勝つかは分かりませんが、連軸にするには打ってつけじゃないでしょうか。3着は確保してくれそう。

 ☆チェックポイント☆
・8歳以上馬(海外馬以外)……サンダルフォン
・7歳で3人気以下……キャプテンオブヴィアス、サンダルフォン、ブルーミンバー
・関東馬で4人気以下…サンカルロ、フィフスペトル、ブルーミンバー
・牝馬で重賞勝ちがない……スプリングサンダー、ブルーミンバー
・前走が重賞ではない……いない
・前走が10着以下(GI馬&海外馬以外)……サンカルロ、サンダルフォン、マジンプロスパー
・前走がGI以外の休み明け(海外馬以外)……ブルーミンバー

 残ったのは、エピセアローム、エーシンヴァーゴウ、カレンチャン、ダッシャーゴーゴー、ドリームバレンチノ、パドトロワ、ラッキーナイン、リトルブリッジ、ロードカナロアの9頭。

 ダッシャーゴーゴーは何度もGIを走っても勝てないわけですから、連までは厳しいと見ます。ツキもないしね。エーシンヴァーゴウは勢いに乗った昨年でも3着ですし、今年も連までは来れないと思われます。ドリームバレンチノは平坦巧者じゃないでしょうか。気にはなるんですが……。

 残ったのはエピセアローム、カレンチャン、パドトロワ、ロードカナロアと香港の2頭。海外馬は何度も来日した馬よりも未知の馬ほど好走する傾向がありますし、目下の勢いを考えてもラッキーナインよりはリトルブリッジじゃないでしょうか。ただ、よくわからない馬の上、穴人気しているので妙味もさほどない。取捨に悩む。

Bカレンチャン
Bパドトロワ
Bロードカナロア
Bエピセアローム

 芸がないですが、人気上位の日本馬4頭BOX。台風の影響が懸念されましたが、明日までは持ちそう。月曜の中山競馬場は暴風雨予想ですが(笑) 1分7秒台では海外馬は対応できないと見ました。カレンチャンとロードカナロアではガミりかねないですが、それで決まればしょうがない。逆に前哨戦を勝ったのにパドトロワとエピセアロームで決まれば3000円以上つく。これなら美味しい。軸を絞るのは難しいです。

テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『傀儡』

『傀儡』

何のために生きているのか?

誰のために生きているのか?

容易く分かることではないかもしれない

でも、それを探すことさえあきらめたなら

傀儡師の格好のターゲットになるだろう



熟練者が見えない糸で操っているならば

傀儡は自らが操られているとも気づかない

いつか気づいたときには既に手遅れで

クモの糸のように幾重に絡め取られている

行き着く果てはエサになるより他にない



生き馬の目を抜く世の中で

必要なのは網の目をくぐるテクニック

モザイク模様の繁華街を駆け抜けて

モノクロームの林道でショートカット

逃げながら、探し続けたい



行き着く果てがやっぱりエサだとしても

のたれ死んだ末なら諦めもつくだろう

誰かをあやつることができなくても

誰かにあやつられたくはないんだ

誰の人生でもない僕の人生ならば

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~モザイクハーツ~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

ラジオ

 中高生の頃から割とラジオを聴くほうでした。ラジオは基本的に生放送ですが、その頃からリアルタイムの重みをなんとなく感じていたのかもしれない。インターネットなんてない時代だったけど、葉書きでリスナーとのコミュニケーションがあり、情報を一方的に垂れ流すテレビより好きだった。ラジオパーソナリティの人もテレビよりも聴取者を強く意識しているのを感じますしね。で、地元局のラジオを聞いていたかといえばそうではなくて、受信しづらいのですがニッポン放送や文化放送などの東京の局、あるいは北海道の局のラジオを聞くことが多かったです。

 今は携帯アプリあるいはPCのインターネット上のラジコで首都圏の放送もクリアに聞けるようになりました。先日のオルフェーヴルが挑んだフォワ賞もラジコ経由のラジオNIKKEIで聴いていました。グリーンチャンネル(競馬を主とした局)を契約してないもので。で、ラジオNIKKEIの番組表を見たら、フォワ賞の直前の番組が『私の書いたポエム』で、パーソナリティも競馬実況やコラムをされる長岡一也さんだったので興味を持ちました。んで、大量にある詩のストックから載りそうなものを2つ選んで送ってみたら、いきなり読まれた(笑) ラジオNIKKEIの詩の番組をどれだけの人が聴いているかはわからんが、俺がインターネットの片隅で公開するよりは比べ物にならんほど聴いてもらえたと思う。嬉しいですね。

私の書いたポエム
http://www.radionikkei.jp/poem/

 この番組の最新(9月23日付)で読まれてました。実名は伏せて、そのまま「ねぶ」で出してます。いや、伏せる意味は別になかったんですけどね。ノンフィクションは実名で、詩などは「ねぶ」で使い分けようかな、と。ネット上で公開しているのは「ねぶ」の作品だから。詩はまったくカネにはなんないです。自費出版ではなく詩集を刊行するのは、今の時代で演歌でミリオンセラーを出すぐらいに難しいです。ただ、1冊でいい。死ぬまでに1冊でいいから自費ではなく、詩集を出せたらいいなとは思ってます。もっともっといろいろ書きまくらないとダメだな、俺は。今の10倍ぐらい。で、読まれたのは『がんばれ』。以前、中国の日本語雑誌にも掲載になった作品です。今の俺にとっては2度メディアで扱われた作品なので代表的な詩作品かも(笑)

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

12年日本テレビ盃回顧

★日本テレビ盃予想結果★
◎ソリタリーキング……1着
○サイレントメロディ……2着
▲ランフォルセ…………5着
△ダイショウジェット……4着

 本命が勝ち、買った馬は掲示板に載っているのに馬券は外れました(笑) 人気は◎○▲の3強を示していましたが、後ろから行くサイレントメロディ、距離が足りない気もするし、状態が信用できない○▲のどっちかがコケルと見て、◎△の2軸3複で買ったら、確かに▲がコケたのですが買ってないマグニフィカに食い込まれました。手堅く◎→○▲の馬単2点で良かったか……んなこと書いてもあふたーかーにばるです。

 マグニフィカとランフォルセが並ぶようにハナに立ちましたが、交流重賞には珍しく一固まりの展開。1000が1:01:3ならそりゃ南関馬ならついていける。他地区馬はそれでも置かれましたが。そして、ランフォルセがマグニフィカを振り切るのではなく、マグニフィカがランフォルセを振り切って直線半ばまで踏ん張りましたが、残り100ほどで3番手につけていたソリタリーキングが交わし、中団からサイレントメロディが伸びるも届かずにゴール。マグニフィカは粘って3着。ランフォルセはダイショウジェットにも交わされての5着でした。

 ソリタリーキングはこれで3連勝。シリウスS、南部盃にも登録していますが、JBCクラシックの優先出走権を得ましたし、JBCへ直行でしょう。そこからJCD、東京大賞典でしょうね。ダートの鬼の血統が完全に覚醒しました。アフリート、エルコンドルパサー、ウォーエンブレム、キングカメハメハと父馬(ミスプロ系ではあるが)が違うのに、スカーレットレディの仔は皆、晩成のダート馬になりますね。もうサカラート級なのは疑いない。ヴァーミリアンの域まで達するのかが焦点。まだ5歳。これからのダート界を背負う一頭でしょう。

 サイレントメロディは初の地方でしたが、鞍上が戸崎ですし何の問題もなかった。惜しかったですが東海Sに続いてソリタリーの後塵を拝す結果。力負けでしょう。脚質的にも直線の短い地方では取りこぼしがありそうな気もします。マグニフィカが健闘の3着。直線半ばまで的場騎手の激に応えて粘っていましたが、さすがに中央馬は強かった。でも、見せ場は充分でしたね。的場騎手と手が合うのかもしれません。復活してきたみたいですし、南関重賞ならいくつか勝てそうです。まあ、前走のように大敗をしながら。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

12年日本テレビ盃展望

 明日はJBCクラシックの前哨戦、日本テレビ盃が船橋競馬場で行われます……がひどい面子だな。南関の有力馬は東京記念に回り、この場にふさわしいのは前々走で重賞勝ちしたJDD馬マグニフィカだけ。トーセンの2頭とダブルウェッジは元中央馬だし。それでもトーセンの2頭はダート馬だからまだいいが、ダブルウェッジはダート適性もない。トウホクビジンやシーアクロス以上に場違い。

 中央で稼げなくなった馬が交流重賞荒らし、それも無理な馬が南関、あるいは他の地方へ。まるで天下り。『マキバオー』のサトミアマゾンやアマゾンスピリッツのような馬が船橋から出てこないかね……。フリオーソがそういう存在だったけど、さすがに衰えが否めないし脚部不安だし、代わりに弟に頑張って欲しかったが、弟は東京記念で4着に負けちゃうし。うーん。馬券的妙味も薄いし、これでは中央馬呼んでも売上が上がるとも思えん……。

 その開催場の出走枠だけ用意して、あとは最近1年の獲得賞金やレーティングで出走の可否を決めたほうがいいんじゃないかと思う。それでもラブミーチャンやクラーベセクレタなら弾かれることはないだろうしね。俺は判官びいきなんで地方馬の活躍が見たいよ。メイセイオペラやアブクマポーロが中央馬を粉砕しまくっていたのもあっという間に一昔前だわ。

 その一昔前、20歳の俺はメイセイオペラのフェブラリーSで「地方馬が府中のGIで中央馬相手に勝ち負けできるわけないだろwww」とか思って、タイキシャーロック(3着)から流して玉砕して、ヤケクソで「イサオ!イサオ!」と叫んでいましたが(メイセイオペラ絡みの馬券なんて買ってない) 前置きが長くなりましたが、日テレ盃の展望です。

 他地区馬で勝負になる馬はいません。南関勢もマグニフィカ以外は南関重賞で勝てないのに、ここで勝ち負けになるわけがない。マグニフィカだけはJpnI勝ちもあるし、前々走でナゾの激走をしているので若干不気味。ただ、連下と思えないので激走するなら勝ちきると思います。単穴。ただ、9割以上は中央4頭の争いで衆目が一致するところと思います。

・サイレントメロディ…地方で走るのは初めて。それでも船橋はクセのないコースなのでこなすような気がします。距離も1800はビッタリでしょう。エルムSでは大敗しましたが、+14kgで出走と馬体が緩かったのかも。500kgを割ってくれば買える。さらにプラス体重で出てきたら……どうしよう(笑)

・ダイショウジェット…中1週という中央の重賞馬としては詰めたローテ。叩いた上積みがあれば連はあると思います。ただ、距離が伸びるのがプラスには思えない。1400がベストで、1800はこなすレベルじゃないかな。それと前日段階で鞍上が柴山になってるが、柴山は左足人差し指を骨折したから乗れないだろ……。今野や駿あたりが乗るのかなあ。

・ランフォルセ…かしわ記念は距離が短いで済むが、帝王賞の敗退は不満。馬体の増減が激しすぎるので、当日のパドック、せめて体重を見てからでないと扱いを決めかねる。帝王賞ぐらいしか走れなければ、トウホクビジンにも先着されるかも。グランシュヴァリエには先着されたわけで……。

・ソリタリーキング…連勝で東海Sを制覇。言わずと知れたヴァーミリアン、サカラートらの弟。地方の砂が合わないわけはない。勢い、実績ともにここでは最上位。ここは負けられないんじゃないかと思います。ここで負けたら賞金的にJBCクラシックに出られないおそれも多少あります。

 ソリタリーキングが単1倍台の圧倒的な人気になると思われます。「普通に走れば」ぶっちぎるように思われます。ソリタリーを軸にすえて他3頭の中央馬へ流せばガミりかねない。3単だとしても、です。切るなら4人気でしょうがダイショウジェットでしょうか。臨戦過程、年齢、距離を考えると強気にはなれない。

◎ソリタリーキング
○サイレントメロディ
▲ランフォルセ
△ダイショウジェット

 一応は◎→○⇔▲の3単2点。ただし、○▲の体重やパドックに納得行かない場合は◎→△⇔○▲の4点に換えるかも。ダイショウを絡めて3単4点ならガミはないでしょうし。いずれにしても本命は人気でもソリタリーキングで。

テーマ:南関東公営競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

12年オールカマー&神戸新聞杯回顧

☆オールカマー予想結果☆
◎ナカヤマナイト………1着
○ヒットザターゲット……11着
▲ユニバーサルバンク…3着
△ダイワファルコン……2着
△コスモファントム……5着

 中団につけたナカヤマナイトがまくり気味に進出し、先行するダイワファルコンをアッサリ捕まえて重賞2勝目を飾りました。これで中山は5戦5連対。中山巧者のナカヤマで何の問題もありませんでした。2着も近走が奮いませんでしたが、中山巧者のダイワファルコンが粘りこんでの2着。人気のルルーシュは直線で一旦3番手に上がりましたが、ユニバーサルバンクに差し返されて4着。3人気のダコールは何の見せ場もなく9着大敗。

 このレースはやっぱり上がり馬はダメですね。今年も3着まで前走重賞組。そして1,2着馬は中山巧者でした。フェノーメノ、オルフェーヴル、ゴールドシップ、そしてナカヤマナイトとステイゴールド産駒の勢いは止まりません。ナカヤマナイトも掲示板を外したのは宝塚記念だけ。府中でも重賞勝っていますが、秋天でスピード勝負だとツラい感じもしますが、また重馬場だったりすると一発あっていい。それに秋天、JCで負けても有馬で好走しそうな雰囲気ありますね。古いですがダイワテキサスっぽい感じ。GI級とは思えないですが、名脇役として今後も重賞の2,3つ勝てる馬だと思います。

 ダイワファルコンは差し馬なのか先行馬なのかよく分かりませんが、今日は重馬場でしたし、前に行った北村の判断は良かった。中山に出てきたらとりあえず抑えるべき馬だと思います。いつもいつも連対できるとは限りませんが、今日のように忘れた頃に走るというのは今後もありそう。北村も母ダイワルージュの主戦でしたし、この馬で重賞を!という想いは強いんじゃないかなあ。ユニバーサルバンクは中山実績がなかったですが、やはり合ってないわけではなかったようです。ただ、これでナカヤマナイトに3戦3敗。ピンナが乗ってこれですから、ナカヤマナイトには分が悪いんだろうなあ。

 人気のルルーシュは結果がどうであれ、過剰人気だと思いました。今回も崩れませんでしたが馬券にもならない4着。重でも勝っていますし、洋芝もこなしていますし、レース内容からして単純に力負けじゃないかと思います。もう一段階パワーアップしないと重賞を勝つのは難しいような気がします。ノリさんも上手く乗っていたと思うんですがね。コスモファントムは暮れに向けて調子が上がっていると思います。12〜2月ぐらいの重賞で一発あるんじゃないでしょうか。ダコールはクラス慣れしないとダメなんじゃないかな。ポンポン勝つタイプではなさそう。

 神戸新聞杯は結局ケンで、オールカマーを買い増したのですがそれで正解でした。軸は良かったけれどロードアクレイムを拾えなかったと思いますし。人気はゴールドシップとマウントシャスタの2強を示していましたが、勝ったのは皐月賞馬ゴールドシップ。完勝で二冠へ向けて幸先のよい船出。相変わらずズブいんですが、追えば追っただけどこまででも伸びそうな馬です。3000の本番はなおさら良さそうです。春のライバルは故障や路線変更でほとんどいません。同じステ仔のフェノーメノぐらい。ただ、実績もレースぶりもゴールドシップのほうが上でしょう。二冠に王手。

 マウントシャスタはインから馬間を突き破ってきましたが、大外を悠々と突き抜けた勝ち馬どころか、同じく外から伸びたロードアクレイムにまで差される始末。2400でも長いんでしょうね。3000では掲示板にも載れないんじゃないか。ロードアクレイムは母レディパステルの良血馬だと後から気づきました。本番でも面白いかもしれませんが、むしろユウキソルジャーのほうが菊向き。3000に伸びるのは実績、血統的にもプラス。正直、もうちょっと負けて欲しかった。これではみんなが穴で狙って穴でなくなってしまう(笑) 昨日の九十九里特別を3連勝で制したフェデラルホールも本番では気になりますね。

 ヒストリカルは展望でも書いたように長い目で見たほうが良さそう。重賞勝ち馬にこんなこと書くのもなんですが、本格化はやっぱり古馬になってから。上が父馬違ってもみんな晩成傾向にありますしね。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

合唱曲

 4、5日前は最高気温35度、最低気温23度などという真夏以上の暑さだったのですが、突然に秋がやってきました。最高気温が25度程度、最低気温17度ほど。過ごしやすいはずなのですが、あまりに急激に気温が下がったので、寒さに耐性の強い俺でも夜は肌寒く、4,5日前まで自室にいるときは常時扇風機を回していたのが、毛布をカブって寝ないと寒い状態です。寒暖の差が激しすぎるだろ……。まあ、これぐらいの気温で平年並、あるいはまだ多少平年より気温が高いのかもしれませんが。

 9月下旬なので中間テストの時期になってきました。中2は4人みていますが、英語は助動詞の指導をすることが多いです。で、「Can you~?」の説明では……。「安室奈美恵は知ってる?曲は知らなくても名前は知ってるよね。で、その安室がかつて結婚前に発売した最大のヒット曲が『Can you celebrate?』って言うんだよ。「祝福してくれますか?」ぐらいの意味なんだが、Can you~?で「~してくれますか?」ぐらいの意味になる」という説明をよくします(※「celebrate」は自動詞なので正確には不適だが、自動詞、他動詞の説明は割愛している)

 で、安室の存在を知っていれば良かったんだが、昨日、指導に行ったら安室の存在も知らない子もいて、じぇねれーしょんぎゃっぷに打ちのめされました(笑) 同様に「Shall I/we~?」の説明だと役所広司さん主演の映画「Shall we dance?」で説明するんですが、これはもちろん中学生が知っているはずもないので一から説明……一から説明する時点で不適な例だとは分かっている。分かっているが他に浮かばんのよ。今は世代共通で知っている歌や映画、漫画、ゲームなども少ないから、今の曲を例にするにしてもなかなか難しいね。

 合唱用の冊子をパラパラと眺めてみたら、定番の『大地賛唱』などはもちろん載っている。アンジェラ・アキの『手紙』やいきものがかりの『YELL』も載っていた。これらは合唱用に作られているから、掲載は想像通りなんですが、なぜかモンゴル800『あなたに』も載っていてカルピスウォーター噴いたwww パンクロックじゃん!どういう合唱になるのかにわかに想像しがたい。というか、今の中学生がモンゴル800を知っているかも怪しいと思うが(笑) モンパチで良いなら、もうB'zもミスチルもスピッツもラルクもGLAYもBUMPも載せちゃえばいいと思いますた。

 B'zなら『光芒』なんて良いと思うがマイナーすぎる?では『イチブトゼンブ』や『OCEAN』でもいい。ミスチルなら『彩り』……だとファンじゃないと知らんから、『くるみ』『GIFT』あたりでいいかな。スピッツなら『チェリー』でも『空も飛べるはず』でもいいんじゃね?俺は『楓』が好きだが……。GLAYの『WAY OF DIFFERENCE』、ラルクの『NEO UNIVERSE』もBUMPの『魔法の料理』も入れちゃえ、入れちゃえと思ってしまったわ。

テーマ:なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

12年オールカマー展望

 今週の重賞は中山でオールカマー、阪神で神戸新聞杯です。オールカマーと言いつつ、外国馬も地方馬も来ないむしろ「ノンカマー」ですが。どうせならセン馬限定の「オーカマー」にすれば面白い……かも(笑) 地方競馬では特定の毛色限定戦とかありますしね。似たようなもんだ……たぶん。そんなオールカマーの短評です。

1.アースシンボル…休み明けの新潟記念でビリ。年齢も年齢だけに一変を望むのも難しい。7歳牝馬なのに現役なのはテイオー×リアルシャダイなんて20年近く前のような血統のせいなんですかね。

2.ルルーシュ…5戦連続連対中で、そもそも連を外したのは2度だけ。それも3、4着が1度のみと安定感抜群。一方で勝って負けての繰り返しで連勝は一度もない。中山は初めてですが洋芝実績があり、渋馬場も苦にしないので問題なさそう。力が足りるかどうかでしょう。

3.ダイワファルコン…中山は得意ですが、OPでは厳しいのか、6走前から3走前まで4戦連続で中山で走りましたが金杯の2着以外は馬券にならず。ただ、この面子なら馬券になっても不思議ではないと思います。

4.コスモラピュタ…形は昇級緒戦ですが、菊5着、阪神大賞典4着の実績馬です。中山実績もありますし、一方で新潟実績もあり速い時計にも対応可能。穴っぽいですね。

5.メイショウカンパク…ここ7戦重賞を走ってますが、馬券になったのは新潟で2回だけ。しかも、前々走、前走も新潟でしたが大敗。状態に疑問符。中山は初めてですが中山向きにも見えません。

6.マイネルキッツ…3年前の春天馬。中山でも重賞2勝してますし、適性は問題ない。実績も適性もこの面子なら一番ですが、半年ぶりの9歳馬だけに厳しい。鉄砲駆けもしない馬です。一発あるとしたらまたステイヤーズSじゃないでしょうか。

7.ラッキーバニラ…中山ダートでの勝ち鞍はありますが、中山芝は2戦して掲示板にも載れず。クリスエス産駒のワリに芝の渋馬場でまるでダメ。明日も良馬場にはなりそうにない。中途半端に時計がかかる馬場なら面白いかもしれないんですが。

8.ユニバーサルバンク…4ヶ月の休み明け。中山で2度とも10着以下というのが気になります。また良馬場以外を3度走って3度とも大敗。重賞2着2回、OP2勝は今回の面子では上位ではあるんですが、条件が悪いと思います。鞍上ピンナがどうするか?

9.ダコール…20戦もしてすべて掲示板ってのは地味にすごい。ただ、中山が初めて、5勝が小倉と京都。昇級緒戦でGIIというのは懸念材料。ただ、重でもやや重でも苦にしないようです。連下は普通にありそう。

10.サンテミリオン…アパパネと同着で優勝したオークスから2年半。9戦して掲示板に1度載っただけで馬券には一度もなってない。ただ、中山は合っているようで、今年のAJCCで4着、日経賞で6着。今日の中山は一日中、雨のようですし不気味ではあります。

11.スノークラッシャー…5ヶ月ぶりの実戦で、22ヶ月も馬券になっていない馬は買えない。最低人気も当然。中山で1000万下勝ちもありますが、向いていないように見えます。

12.ヒットザターゲット…中山ではセントライト記念で大敗。その1回のみ。本格化前ですし、1回だけでは適性はなんとも。洋芝、渋馬場実績もあり、ここ2走は相手が強かったと思えば、見直す手もあっていい。人気もガタ落ちですし、個人的に春の新潟遠征で生で見て、その日の馬券をトントンにしてくれた馬なので思い入れもあります。

13.ナカヤマナイト…中山では4戦4連対。府中ですが重賞も勝ってますし、宝塚8着というのは実績上位。渋馬場は今年のAJCCの通りこなします。この馬が一番軸としては信頼できるように思えます。調教もよく動いているようですね。勝ち負け必至。

14.ネヴァブション…中山は得意だったのですが、寄る年波には勝てないようで、1年半以上馬券になっていません。連ということでは2年半以上連対がありません。劇走しても3着までかと。逆に言うと単万馬券ですが3連の穴では面白いかも。

15.マイネルスターリー…中山は1回使って10着(11年金杯)ですが、向かないとは思えません。ただ、もっと得意なはずの洋芝で結果が出なくなってきている現状では狙いにくい。渋馬場も向いていない。

16.コスモファントム…ここ3走は馬券になっていませんが、年始の金杯は3着、昨年は勝っており、中山は向いています。この面子なら普通に巻き返しても良さそう。単30倍超と人気ないですけどね。面白い一頭だと思います。

☆チェックポイント☆
・3歳馬……いない
・7歳以上で中山重賞勝ちがない……アースシンボル、スノークラッシャー、マイネルスターリー
・重賞の3着以内がない……ルルーシュ、コスモラピュタ、ラッキーバニラ、ダコール
・牝馬……アースシンボル、サンテミリオン
・前走が中1週以内……いない
・前走が重賞ではない(地方馬除く)……ルルーシュ、コスモラピュタ、ラッキーバニラ、ダコール、スノークラッシャー
・重賞勝ちがなく、前走が10着以下……アースシンボル、メイショウカンパク、スノークラッシャー

 条件戦組が多いので調べなおしてみましたが、条件戦からオールカマーで連対したのは1996年にサクラローレルの2着だったファッションショー(1500万下・博多S1着)以来ありません。OP特別からの連対は06年バランスオブゲームの2着コスモバルク(札幌日経OP1着)以来ありません。勝ち馬となると1991年の大井のジョージモナーク、1986年のジュサブローがいます。ただ、これも南関/東海重賞勝ちからなので適当ではない。この四半世紀、OP特別だの条件戦を使ってオールカマーを勝った馬は1頭もいません。2着も10年に1頭ぐらいですかね。

 残ったのは、ダイワファルコン、マイネルキッツ、ユニバーサルバンク、ヒットザターゲット、ナカヤマナイト、ネヴァブション、マイネルスターリー、コスモファントムの8頭。04年は最低人気(9人気)のトーセンダンディが勝っていますが、それ以外は1,2人気のいずれかが連対しています。よって軸はナカヤマナイトで決定。実績も申し分なく、いかにもヨシトミさんが勝ちそうなレース(1回しか勝ってないが)です。中山競馬場だし、ナカヤマですよ(笑)

 7点流しでもガミらんでしょうが、さすがにネヴァブションやマイネルキッツ、マイネルスターリーあたりはキツいような。これでこれらに連対されると激アツですが……。

◎ナカヤマナイト
○ヒットザターゲット
▲ユニバーサルバンク
△ダイワファルコン
△コスモファントム

 ◎からの馬複流し。8-13でも17倍見当。13-16で37倍見当。

 神戸新聞杯は深く考えずにゴールドシップとマウントシャスタの一騎打ちと見ます。2軸3複。ヒストリカルは上がニューベリー、レニングラード、カンパニー。早くから素質を見せつつも本格化は4歳、5歳、あるいは8歳かも(笑) 

◎ゴールドシップ
○マウントシャスタ
▲ミルドリーム
△ベールドインパクト
△ヒストリカル
△カポーティスター

 ユウキソルジャーにも期待していますが、ここは5,6着で本番で一発を期待。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

残暑という名の猛暑

 一旦、残暑が収まったかと思えたのですが、ここ数日また毎日が真夏日です。昨日の弘前市の最高気温は32.5度、今日は35.2度。首都圏より暑いんじゃないの?青森県では9月の史上最高気温を軒並み更新。明日までが猛暑のピークらしいが異常すぎる。だいたい夏の高校野球が終わる頃には涼しくなってくるんですが……。週間予報では今週末には最高気温が27度ほどとなっていますが、それでも平年より高温のように思います。昨日、今日なんて平年よりも7,8度は高温。どうなってるんだろう。

 熱帯産のいぬなら残暑厳しくても平気なのかもしれませんが、しばおは国産の柴犬ですから、年々温暖化する夏は苦手です。しばおを見かけた通りすがりの人が「倒れてるよ。死んでるんじゃないか?」とまで言っていました(笑) 家族が帰宅するとおもちゃを口にくわえて「遊んでくれ」と訴えるのですが、知らん人にまで愛想を振りまく体力的余裕はないみたいです。夏バテしているのかも。まあ、毎年のことなんですがね。逆に冬は元気ですね。童謡にあるように、雪が降れば庭を駆け回りますし、食欲も増すので。

 昨日は敬老の日だから……ってこともないんですが、ばあちゃんの脚としてスーパーやしまむら、靴屋などをハシゴ。暑いんでバテバテでした。ばあちゃんのほうが元気のような……長々と買い物してたしね(笑) 時々「お迎えがくる」みたいなことを言ってますが、80歳過ぎの同年代よりよっぽど足腰しっかりしているし、100まで生きるんじゃないかと思うし、そうあって欲しいものです。俺が孫で一番可愛がられていたのは確実だし、だからこそ俺が俺を誇れるようになった姿を見せないとならん。これは義務だと思ってるんで。

テーマ:なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

格闘家たたえる記念館建設を

 ◇本県は著名な文化人を数々輩出しているが、一方で著名な格闘家も数多く生んでいる。先のロンドンオリンピックで女子レスリング63㌔級の伊調馨選手が3大会連続で金メダルを獲得したことは記憶に新しい。
 ◇文筆家や美術家などの文化人を顕彰するように格 闘家を顕彰する施設があっても良いのではないだろうか。「青森格闘記念館」とでも名付けて。もちろん県内各地に格闘家個々の顕彰施設や石碑などはあるが、一カ所に集約して偉大な業績を一覧できる場所があっても良いはずだ。本県は大相撲力士や柔道家、ボクサー、レスリング選手、総合格闘家などさまざまな競技の名選手を「枚挙のいとまもない」ほど輩出しているのだから。
 ◇施設の場所は、弘前市の県武道館か駅前地区再開発ビル・旧ジョッパル内に開設できないものか。優れた先人を顕彰するばかりでなく、未来の名格闘家を育む土壌づくりにつながるはずだ。さらには、県内の観光活性化に一役買うに違いない。
                                      (東奥日報2012年9月13日夕刊掲載分)

テーマ:どうでもいいニュース - ジャンル:ニュース

ねぶの投稿マシンガン | コメント:0 | トラックバック:0 |

12年フォワ賞&セントライト記念回顧

 日本時間の昨晩21:30過ぎに現役日本最強馬オルフェーヴルが欧州の頂点たる凱旋門賞の前哨戦のフォワ賞に参戦。そして完勝しました。若干出負けした感もあり、しんがり……と言っても5番手追走。そして、ペースメーカー役で逃げたアヴェンティーノが直線では、オルフェーヴルのためのスペースをぽっかり空ける見事なサポート。空いた最内を鋭く伸びて、追いすがるメアンドル、ジョシュアツリーを振り切りました。

 メアンドルとの着差が1馬身というのが不満な人もいるかもしれませんが、遠征緒戦をきっちり勝ちきるというのは並の馬にではできることではない。サクラローレルやヒルノダムール、ナカヤマフェスタらはみなフォワ賞で負けていますし、フォワ賞を勝ったエルコンドルパサーにしても、遠征緒戦のイスパーン賞ではクロコルージュに差しきられています。無難、そして順調な遠征緒戦じゃないでしょうか。

 50年、100年に1頭の怪物フランケルが凱旋門賞に出てこないのは幸い。GI馬を条件馬のように見せてしまう怪物がいてはオルフェーヴルでも厳しいですので。本番ではメアンドルのほかデインドリーム、ナサニエル、スノーフェアリー、セントニコラスアビー、あるいはキャメロットあたりが出走と今回より断然層が厚い面子になりますが、好走は十分期待できそう。国内の実績は十分すぎますし、仏の馬場適性も見せた。あとは運でしょうか。

 オルフェーヴルを見ても思いますが、やはり日本のダートをこなすパワー、あるいは芝の渋馬場をこなすパワーがないと欧州では厳しいと思います。シーキングザパールはそこまででもなかった(やや重勝ちはある)が、タイキシャトル、エルコンドルパサー、アグネスワールドはダート重賞も圧勝していた。タイキシャトルに至っては不良馬場の安田記念をぶっちぎっていました。現地で見ていたのですが……。

 内国産にしてもディープインパクト、ローエングリン、ゼンノロブロイらは遠征前に芝の重や不良で勝ち負けしていた。そういう点からもオルフェーヴルは不良のダービーでちぎるパワー、3000の菊を完勝するスタミナを兼備していますから、今回の結果は当然。オルフェーヴルで勝てなければ、期待できる馬が出るのはいつになるやら。ディープインパクトのときの5倍、エルコンドルパサーのときの2倍ほど期待しています。とにかく本番まで無事に。それだけです。

★セントライト記念予想結果★
Bエタンダール…………4着
Bベストディール………11着
Bニューダイナスティ…9着
Bラニカイツヨシ………5着

 取捨に悩んで結局切った単勝2倍のフェノーメノでしたが、好位追走から早めに抜け出して押し切る強い内容で完勝。中山が苦手というわけではなかったようです。フェノーメノでの岩田の騎乗がマズかっただけだったか。フェノーメノ以外の人気馬は大して見せ場もなく、見せ場があったのは単92倍のスカイディグニティ。1頭だけ馬群を抜け出してフェノーメノに詰め寄りました。この馬が一番中山が合ってたのかな。それだけに本番ではやっぱり要らんかな。

 フェノーメノはもちろん本番でも有力ですが、他は……いないな(笑) 京都実績が十分で、中山は厳しそうと見えたのに掲示板には載った。そんな馬がいれば菊の穴馬として期待できそうだったんですが、今回、掲示板に載った馬で京都で勝った馬はいない。京都で走っていないフェノーメノ、ダノンジェラートはともかく、スカイディグニティ、エタンダールは2度京都で走って連になれない。ラニカイツヨシも京都で1戦(5着)。

 そもそもセントライト記念組で菊でも馬券になるケースはなくはないですが少ない。セントライト記念→菊と連勝した馬がシンボリルドルフ以来いないってのはどうなのか(笑) 今回の面子ではフェノーメノが本番で2,3着候補であとは要らんと思います。注目はやはり来週の神戸新聞杯。それと1000万下組でしょうね。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

12年セントライト記念展望&ローズS回顧

☆ローズS予想結果☆
◎ジェンティルドンナ…1着
○ヴィルシーナ………2着
▲ハナズゴール………取消
△トーセンベニザクラ…5着
△キャトルヴィーユ……4着
△ラスヴェンチュラス…3着

 ジェンティルドンナは+12kg、ヴィルシーナは+18kg、ラスヴェンチュラスは-10kg、トーセンベニザクラは+10kgと人気馬が大きく体重を変動させての参戦となったローズSですが、結果は人気通りの極めて順当でした。2,3番手追走の二冠牝馬・ジェンティルドンナが逃げたサンマルクイーンを直線で早々と交わすと後続を寄せ付けず完勝。ヴィルシーナも追いすがりましたが差は詰まらずまたまたまた2着。3着に川田が追いまくってラスヴェンチュラスがキャトルフィーユを交わして3着。

 ジェンティルドンナは自在性もあるところを見せましたね。本番は京都内回り、直線が長くない。ペースが遅ければ前付けもできるでしょうし、ハイペースなら鬼脚で差しきることもできそう。鞍上の意のままに動ける素直な気性は強力な武器。秋華賞のトライアルが終わりましたが、クイーンSはアイムユアーズ、紫苑Sはパララサルーと春に勝負付けの済んだ馬が勝っており、順調でならばジェンティルドンナの牝馬三冠達成は濃厚でしょうし、姉を見れば古馬になっても期待できそう。ここは通過点。

 ヴィルシーナは今回、ジェンティルドンナを見る形でレースをしましたが、直線で差を詰めるどころかむしろ突き放されました。馬体重が示すように、春からどちらも成長したんでしょうが、ジェンティとの差は詰まっていないようです。3戦連続2着ですが、本番で逆転……というよりはむしろアイムユアーズほかに2着を脅かされないかのほうが気になります。桜花賞、クイーンCを見るとベストはマイルで、2000までは許容範囲という印象を受けました。

 3着は接戦でしたが、ラスヴェンチュラスが優先出走権をGET。キャトルフィーユ、トーセンベニザクラは賞金で秋華賞に出れますが、ラスヴェンチュラスは4着だと本番に出走できないおそれが高かった。その辺の鞍上の意識が鬼追いに現れていたように思います。そして、キャトル、トーセンは休み明けですが、ラスヴェンチュラスは使われていた強みもあったのかも。ラスヴェンチュラスは本番でもそこそこ人気になるんでしょうが、本番は叩いた上積みを考えればキャトル、トーセンのほうが期待大。

 トーセンベニザクラは1馬身出負けして、直線でも10頭しかいないのに、ユタカが馬群をさばくのに手間取って脚を余した感が……。「スムーズなら2着はあった」とユタカの談話にありましたが、まったくその通り。2着はともかく、スムーズに伸びたら3着はトーセンだったでしょう。それだけに「この頭数で詰まらないでよ……ユタカ」と言いたいですよ。3着がどれでも当たっていたわけですが、ラスヴェンチュラスではなく、トーセンならもう1000円ぐらい配当が増えていたので。

 京成杯AHの世界レコードから1週経ちましたが、相変わらずの超高速馬場。芝1600の500万下で1.32.2……。スローペースのレースでは新馬戦でも上がり33秒が出ます。府中や阪神よりも速い爆速馬場。セントライト記念の1人気は当然、青葉賞圧勝でダービーでハナ差2着のフェノーメノ。ただ、この馬、(内回りだが)中山で2戦2敗。右回りや急坂がダメなら今回もダメなんでしょうが、上がりのかかる競馬がダメなのなら、今回はアリということになります。だから、できれば馬場が渋ってくれたらバッサリ切れたのですが、取捨に悩みます。

 フェノーメノの取捨がすべてと思います。勝たれても納得できますが中山で2度も人気で飛んでいる馬から流すのは俺のスタイルではないので消し。調べてみたら中山で出走歴があり、かつ馬券に絡んだことのない馬がセントライト記念で連対したのは1994年のウインドフィールズ以来ない。逆にフェノーメノ的なパターン(中山で馬券になってないのに人気)でその間に飛んだ馬は複数います。エアダブリン、テイオージャ、マイジョーカー、ミレニアムウイングの4頭。ミレニアムウイング(2人気)以外は1人気。フェノーメノはエアダブリンと被って見える。青葉賞勝ちでダービー2着、ついでに単200円程度ってのも同じ。

 フェノーメノ以外で有力なのはベストディール、エタンダール、ニューダイナスティ、ラニカイツヨシあたりでしょうか。前2頭は中山実績と重賞実績があります。後2頭は中山実績はないですが1000万下を勝っているので。ちなみに危険な人気馬と見ているのはダノンジェラート。重賞の三浦は怖くて買えないし、調教師も信用ならんし、未勝利、500万をこの程度のタイム、着差で勝ったにしては過剰人気。さらに言うと昨日、一昨日と中山芝で8枠の連対は1度もない。セントライト記念自体はどちらかといえば外枠のほうが結果が出ているんですが。

Bエタンダール
Bベストディール
Bニューダイナスティ
Bラニカイツヨシ

 上記4頭馬複BOXで。一番つかないのでも1-5で2900円見当。逆に一番つくのは8-14で91倍見当。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

12年ローズS展望

 今週の重賞はセントライト記念とローズSです(エルムS、阪神JSもあるが)。三冠レース最終戦への前哨戦。セントライト記念のほうが荒れそうですが、本番に直結するのは明らかにローズSです。二冠牝馬ジェンティルドンナが出てくるためか11頭と少頭数です。ただ、のちの三冠牝馬・アパパネもスティルインラブも飛んでいます。春の実績馬が勝つのか?夏の上がり馬が勝つのか注目が集まります。では、出走各馬の短評から。

1.スズカウインダー…東海地区で重賞連勝しての参戦。ただ、完全にダート馬。2歳時に北海道の芝を3戦していますが、掲示板にも載れていない。買える馬ではない。

2.スピークソフトリー…阪神で2走して馬券になっていない。坂がどうかも怪しいし実績不足。500万下を僅差で勝ちあがってるようでは……。

3.キャトルフィーユ…阪神では2戦2連対でOP勝ちもあります。ただ、重賞では2戦して馬券になっていない。フラワーCとオークスがこの馬の実力では?人気次第で連穴というところ。

4.トーセンベニザクラ…フェアリーS勝ち馬。春の二冠では見せ場もありませんでしたが、この面子なら3着はあるかもしれない。鞍上が津村からユタカへと大幅強化されているのは魅力。

5.サンマルクイーン…牝馬未勝利、牝500万下を僅差で連勝。そこから4ヶ月ぶり。格下感たっぷりですし、京都でしか走ってないというのもどうか?厳しい戦いになりそう。

6.ジェンティルドンナ…二冠牝馬。熱発明けのチューリップ賞こそハナズゴールに敗れましたが、叩かれた桜花賞を完勝、そしてオークスでは5馬身ちぎる独走劇。状態がまともならこの面子で負けるとは思えない。

7.ヴィルシーナ…クイーンC勝ち馬で春二冠はいずれも2着。ジェンティルドンナの状態に不安があるならつけ込む隙もありそうですが、何の不安もない。むしろ調教だけ見ればヴィルシーナのほうが見劣る。2着までか。

8.ラスヴェンチュラス…穴っぽいのはこの馬でしょうか。牝馬戦ってのは気になるけど、1000万で好走した馬がここや本番で穴を開けるケースは少なくないので。大穴候補。

9.サトノジョリー…芝で5走して全部5着。未勝利でもGIIでも5着。芝適性が皆無とは言えないですが、このメンバーですしまた5着じゃないの?(笑) 交流重賞に出てくるのを待ってます。

10.ハナズゴール…チューリップ賞ではエピセアローム、ジョワドヴィーヴル、ジェンティルドンナ相手に圧勝。春のGIではイマイチでしたが、札幌記念で差のない4着。もまれない外枠というのもいい。末脚爆発すれば女王に食い下がれるかも。

11.ニコールバローズ…1200の500万下を勝ちあがられてもなあ……。2歳時ですがマイルの新潟2歳で大敗。1800なんて走ったこともない。長いし、そもそも力が足りないと見ます。

 去年も一昨年も消去法自体は合っていたので今年も流用。

 ☆チェックポイント☆
・前走・クイーンSで10着以下:いない
・前走・OP特別以下で4着以下:いない
・前走・未勝利:いない
・前走がダート戦:スズカウインダー、サトノジョリー
・12戦以上使っている:スズカウインダー
・中1週あるいは半年以上:いない
・当該レースで2ケタ人気:???

 全然絞れません。とりあえずダート馬は要らないでしょう。500万を勝ったばかりの馬も厳しいでしょう。オークス組の4頭とハナズゴール、ラスヴェンチュラスまで。他の5頭は九分九厘無理と見ます。そして、ラスヴェンチュラス以外はオークスでジェンティルドンナにちぎられており、逆転は厳しい。もちろん1000万も勝てないラスヴェンチュラスは言うまでもない。アタマ鉄板。その相手もヴィルシーナとハナズゴールでいいと思います。ただ、この2頭のどちらかが3着も外して、トーセンベニザクラやキャトルフィーユの食い込みを許す可能性も多少あるかも。

◎ジェンティルドンナ
○ヴィルシーナ
▲ハナズゴール
△トーセンベニザクラ
△キャトルフィーユ
△ラスヴェンチュラス

 2連馬券なら◎→○▲しかないと思います。たぶん300円ぐらいでしょうが。それならケンしたほうがマシなので7,8割外れるでしょうが、妙味を考えて◎○-△、◎▲-△の3複6点で。◎○▲で決まったらしょうがない。3倍もつかないでしょうし。○▲のどちらかがこけて、△の食い込みがあれば2000円以上つくはず。ラスヴェンチュラスだったら5000円はつくか?

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

12年オーバルスプリント回顧

★オーバルSP予想結果★
Bスエズ……………5着
Bアースサウンド……1着
Bダイショウジェット…4着
Bトーセンアレス……2着

 シルシだけ見れば取れてたはずなのですが、枠複だとガミの組み合わせが出てきそうだったので、トーセンアレスも切って、残りの中央3頭の馬複BOXを買いました。そしたら、直線でトーセンアレスが猛然と突っ込んできて2着。何をやっているんだ、俺は。ガミったとしても昨日、間違い馬券でいい配当になっていたのだから、数十円のガミなんて気にせず初志貫徹すべきでした。結果も枠複1430円だったので、ガミどころか1030円浮いたのに……俺のバカ者(笑)

 レースはピエールタイガーがハナを切り、アースサウンドがマークする展開。4角でアースサウンドが先頭に立つと、デュアルスウォード、その外から伸びたトーセンアレスの猛追を凌いで、アースサウンドが重賞初勝利を挙げました。2着はハナ差でトーセンアレス、3着にデュアルスウォード。1人気のダイショウジェットは離れた4着、スエズが5着と中央馬は掲示板に皆載りました。トーセンアレスも移籍緒戦ですから「なんちゃって中央馬」。ピエールタイガーは失速して7着。戸崎のトーセンピングスは10着でした。

 アースサウンドは平坦は走りますね。2歳時に園田や川崎で馬券になっていましたし、初の浦和も問題なかった。地方の平坦小回りなら1400、あるいはマイルもこなせるのかもしれません。この馬にとってこの勝利は大きいと思います。これで今後も交流に出走できる可能性がグンと高くなりましたし(賞金的に) トーセンアレスを切る理由はなかったのですが、なんとなく切って、順当に連対されました。展望に書いたように売り切れての移籍じゃないし、中央で2100で勝っていても地方じゃ短くてもこなすケースは多いですから。まだ5歳、新天地の南関で活躍しそうですね。

 デュアルスウォードは馬も人も地方適性に疑問と書きましたが、これは的外れだったようで、あわやのシーンを作りました。中央じゃ1400で厳しいのかもしれませんが、交流重賞なら1400も問題なさそう。ただ、3着だと賞金加算できないので、まだまだ思うように交流に出て来れないかと思います。ダイショウジェットは着順こそ4着ですが、見せ場はなかった。昨年のようにマクリ気味に上がっていけたら良かったんですが、休み明けのせいか、あるいは歳のせいか、もう一つ伸びを欠きました。スエズは距離が短かったのかも?

 チキショウ!と思って最終にも手を出したら、まさかの折笠の馬の2着で、これもハズレ。折笠の馬なんて買えないよ。昨日までで1038回騎乗して1着1回、2着10回の人ですよ。生涯勝率0.001、生涯連対率0.01の人ですから……。あわや勝ってしまうかと思いました。どうせ外れるなら折笠2勝目の記録的レースで良かった(笑)

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

12年オーバルスプリント展望

 JRAは釜山Sなんて施行するぐらいなら、さっさと竹島Sを施行すべきと思う。竹島は敏感な問題すぎるからダメ?じゃあ対馬……は既に対馬特別があった。では札幌開催で、歯舞特別、色丹特別、択捉特別、国後特別やればいい。ロシアは2島返還なら応じると行っているわけで、現状、日本領土であることを認めてはいるようなのだし。キーンランドCとかやっている場合じゃないよ(笑)

 それはさておき、てっきりいつもと同じで南関重賞は水曜日だと思って、昨日、水曜日の浦和メインを買ってしまいました。枠複1,5,7BOXと7-7。そしたら……出走馬が2頭足りず、画面を見てたら「菊月特別」の文字。買い間違えました。やっちまった……1,5なんて単勝万馬券の馬だし、抜けた人気馬もいたし、こりゃダメだと思ったらオレンジ帽の馬が抜け出した瞬間、大外からもう一頭オレンジ帽が飛んできてまとめて差し切った。間違えて買った馬券が当たっただけでも良かったのに、それが5250円といい配当になりました。こんな偶然ってあるんだなあ。52.5倍は今年の俺の最高配当でした。今日の軍資金どころじゃない(笑)

 前置きが長くなりましたが、オーバルスプリントの展望です。中央4頭、南関4頭、他地区4頭ですが、他地区馬は厳しいでしょう。南関重賞でも通用しないチュニジアンブルーは論外。南関時代もB級条件で岩手のB級でも勝てないイーグルビスティーも論外。シーアクロス、トウホクビジンも掲示板に載れたら御の字じゃないでしょうか。南関馬の数頭には先着できるかもしれませんが……。

 南関馬ですがケイアイライジンは去年のこのレースで8着。交流では荷が重そう。シーアクロスやトウホクビジンに先着されるかも……鞍上もぼっちゃんじゃ怖くて買えない。ピエールタイガーもここ2戦の南関重賞で勝ちきれないようでは中央馬相手に連対するイメージが湧きません。トーセンの2頭のほうが期待はできそう。ただ、ピングスのほうが前走で謎の大敗。春先のさきたま杯で今回より骨っぽい相手に4着ですし、まともに走れば連下はあっていい。アレスのほうも2月に準OPを勝っており、売り切れての移籍じゃないし、この程度の相手なら勝ち負けできていい。ただし、1400が合っているかは未知数。

 中央馬ですが、スエズは前々走でJpnIIIマーキュリーC4着、前走はOP特別2着。ふつーのOP馬ですが、今回は相手に恵まれました。ただ、これも1700だの2000で実績を残している馬で1600未満は初出走。距離がどうか?デュアルスウォードは逆に1200中心で1400は長いかも?1600で勝っていますが未勝利戦だしなあ。武士沢を重賞……ましてや地方で買いたいとも思えない。アースサウンドも1400は1F長いような気もしますが、平坦巧者ですし、浦和ならごまかせる気もします。2歳時には兵庫ジュニアGP2着もある。ダイショウジェットが実績上位ですし、昨年のこのレース圧勝です。9歳の今年も衰えはない。ただ、ザ石、ハ行での休み明け。その辺がちょっと気になる。

 どれも「帯に短したすきに長し」といったところですが、安定感で言えばスエズでしょう。次いでアースサウンド、前年の覇者だけにダイショウジェットも外せない。これらは地方重賞で馬券になってもいる。その鞍上の川田、後藤、柴山も地方慣れしている。というか柴山は元々地方騎手ですしね。馬も人も地方経験で見劣るデュアルスウォードは軽視。代わりになんちゃって地方馬なトーセンの2頭……流しなら両方買うべきですがBOXにするので、アレスのほうで。これでピングスに来られたら悔しいですが……。

Bスエズ
Bアースサウンド
Bダイショウジェット
Bトーセンアレス

 昨日は買い間違えましたが、今日も同じく浦和11Rは枠複1,5,7BOX、7-7で。これで外れたら、ある意味、俺は買い間違えてなかったといえるのかも(笑)

テーマ:南関東公営競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『Firefly』レビュー

 注文していたBUMP OF CHICKENの新曲『Firefly』が届きました。ここ2作のシングルはDVD付、ライブツアー先行申し込み券付でしたが、今回はDVDなし、1種発売とシンプルです。正直、200円、300円高くてもいいからPVのDVD付があってもいいかなと思ったけれど。

 久しぶりに疾走感のあるシングル曲です。『モーターサイクル』以来久しぶりでしょうか。このところスローな曲が多かったですから。疾走感ありますが曲調は陰。『Sailing day』のような陽のイメージはない。『Firefly=蛍』だから当然なんですが。サビまでは抑えた印象を受けました。。『Firefly』というタイトルですが、歌詞にFireflyだの蛍だのという表現はない。比喩のみ。それも今のBUMPらしいと感じました。

 11年前の『天体観測』のヒットからのファンも多いでしょうが、10代、20代のファンのほうが多めだと思います。でも、BUMPと同世代の人にこそ聞いて欲しい歌が多い。『R.I.P.』にしても『HAPPY』にしても『Firefly』にしても。大人になっていろいろとカベにぶつかる。思い通りになんてならないことばかり。そんなときにそっと背中を押してくれるような唄。「色々と難しくて 続ける事以外で 生きていること 確かめられない 報われなくなっても 感じなくなっても 決して消えない 光を知っている」というサビに集約されていると思います。

 カップリングの『ほんとのほんと』は一転してバラード。シングル表題曲向きの曲調ではないけれど、『Firefly』と甲乙つけがたいデキ。こちらも大人になった今のBUMPだから歌える唄ですね。なんとなく『同じドアをくぐれたら』を思い出しました。歌詞の内容は違うんですが、同じような想いでも今ならこう言える、そんな感じを受けました。隠しは……隠しなので内容に詳しく触れませんが、「スポーツの秋」なんでしょう(笑) 『ほんとのほんと』からさほど間もなく始まります。これまでのように5分、10分待たなくてもOK。

テーマ:BUMP OF CHICKEN - ジャンル:音楽

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

加齢なるカラオケ

 昨日は久しぶりに一人カラオケ(ヒトカラ)してきました。4時間で40曲ほど。うーん、いい汗かいた気がします(笑) カロリー表示されてませんでしたが、俺は1曲だいたい10~15kcal消費するので500kcalぐらい消費したはず。下手な運動よりも運動になっているかも。

 悪趣味かもしれませんが、前の人がどんな唄を歌ったかの履歴はときどき見ます。そしたら、YUIの曲14連発。その前後にaikoと絢香が多数。20代後半の女性でしょうか。たぶん、当たっていると思います。その点、俺の履歴では世代不詳。というか1人で歌っているだなんてとても思えない履歴です。そもそも性別不詳な履歴になってます。

 それがこの写真(笑) ああ、でもよく見れば1990年代の香りがするかもしれません。これだけ歌っても90点は一度も出ませんでした。ただ、2位はありました。中西圭三『Woman』は俺含めて3人しか歌ってなかったので。1位は95点、俺が84点、3位は73点でした。この曲、かなり難しいと思うんですが、よく1位の人は95点なんか出せるなあと感心しましたね。
カラオケ履歴

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

12年京成杯AH回顧

★京成杯AH予想結果★
◎コスモセンサー………4着
○レオアクティブ………1着
▲スピリタス……………3着
△エーシンリターンズ…7着
△ドリームバスケット…10着

 馬場が異常な高速馬場だったこともあるのでしょうが、最初の3Fが34.0、1000が56.2、1200が1:07.4というスプリンターズSかと思えるようなラップが刻まれた結果、勝ち時計は1:30.7などという『ダビスタ』のような時計になりました。芝1600の世界レコードだそうです。ただ、直前の芝1200の準OPで1:06.9なんて時計が出ていますので、時計には意味がない。これが直前のレースの時計が1:08.1あたりなのに、京成杯AHの勝ち時計は1:30秒台なら、レオアクティブが後続をちぎっているならすごい!と思えるんですが、「世界レコード?馬場造園課張り切ったな」としか思えない(笑)

 ただ、時計はさておくにしても、インコースを後方からスルスルと抜けてきたレオアクティブは3歳馬ながら競馬が巧いんだなと思いました。これが12戦目と使われている馬ということを差し引いても、です。今回、前走と上がり33秒台で差しきっていますが、やや重で上がり34.9で2着というのもありますし、馬場もコースも問わず、1200から1600までと距離の融通も利く馬なので、今後、大きなところも狙えるかもしれません。スマイルジャックは枠の利を活かしたと思いますが、差しきられてしまうあたり、少なくともレオアクティブには力負け。俺が思っていたほどには衰えてなかったようですが、この先どうこうは言えない。

 スピリタスも7歳馬ながらよく走ってます。ポルトフィーノだのアクシオンだのと準OPで競っていた馬が7歳でGIII連続3着。ここ4走連続で馬券になっているわけですし。ただ、2,3着馬よりは4着に負けたとはいえコスモセンサーのほうを評価したいです。殺人的ハイペースを2番手追走で一旦は抜け出しましたから。最後は持ちませんでしたが、これは展開のアヤでしょう。逃げたゼロスは13着、併走していたスペシャルハートはブービーに沈んでいることからもコスモセンサーはよく粘っています。3歳春のアーリントンC以来、重賞は勝っていませんが、GIIIならすぐに手が届くはず。次は富士Sあたりですかね?

 阪神ではスプリンターズSの前哨戦・セントウルSが行われました。人気はロードカナロア、カレンチャン、マジンプロスパーの3頭に集まり、直線の入り口ではやはりこの3頭か?と思えましたが、マジンは逆噴射して11着。休み明けが響いたかカレンチャンも伸びがイマイチ。ロードカナロアが押し切るかというところで後ろから一気にエピセアローム、アンシェルブルーが突っ込んできて、エピセアロームの差しきり勝ち。ロードカナロアはまだ惜敗。

 ユタカはこれが京都記念以来の今年の重賞2勝目だそうですが、その間も穴馬で2,3着は何度もありました。やっぱり巧いなあと思います。エピセアロームも1200がベストなんでしょうね。桜花賞は負けすぎですが、オークスはいかにも長すぎた。斤量差があるとは言え、3歳牝馬でこれだけやれれば本番も楽しみです。負けたとはいえカレンチャンは鉄砲駆けしないので、3,4着は陣営も想定内なんじゃないかと思います。次はやってくれそう。

 ロードカナロアは11戦して4着以下無し。3着1度だけであとは連対と実に安定感ありますが、GIを勝つには展開や枠順が向くなど、何か外部要因がないと厳しいのかな。連軸にするには安定感ありますが、デビューからずっと1人気なので旨みがない(笑) マジンはどうしたんですかね……?同じような位置にいたカレンチャンやカナロアが粘っているだけに、逆噴射が目立ちました。ペースは速かったけれど……うーん。本番の取捨が難しくなりました。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

12年京成杯AH展望

 青森県ってバッファローマンみたいな形ですよね。こんばんは、ねぶです。このところ、日記の更新頻度が激減し、競馬日記も予想ではなくなっていますが、秋競馬も始まったので予想も復活です。まずは京成杯AH。各馬の短評から。

1.スマイルジャック…最内を引いたのは良いのですが、1年半も連対していませんし、ハンデもキツい。衰えは否めないと思います。微妙に人気しているのも買いづらい。

2.コスモセンサー…こちらも1枠といい枠を引きました。5戦連続で馬券になっており、7戦連続で掲示板にも載っています。中山のニューイヤーS(芝マイル)を連覇しているように適性も十分。先行脚質も魅力。勝ち負け。

3.レオアクティブ…内枠なのはいいですが、開幕週で追い込みは届くか疑問。中山実績はありますが、マイルで連対がありません。それと新潟で好走しての参戦というのもあまり好ましくはないですね。

4.レインボーペガサス…順調さを欠いていますし、関屋記念を勝っての参戦の昨年でさえ3着。去年より上に来れるとは思えない。中山実績にも乏しいですしね。強気にはなれない。

5.ファイアーフロート…一昨年の勝ち馬ですが、その後は順調に使えず、4戦しかしておらず、すべて11着以下の大敗。買えないなあ。

6.ネオサクセス…中山で2勝、他に今春のダービー卿CT3着もあり、コースはいい。一叩きされて見直す手もアリ。連穴としては面白そうです。追い込み一手が不安ですが、オッズもついてますし悪くはない。

7.ゼロス…春は重賞で10着以下3連発。3勝はすべて京都。2着2回はいずれも新潟。坂がダメなんじゃないかと思います。重賞実績も中山実績もないし、それでいて穴人気。一番、旨みのない馬だと思います。

8.キョウエイストーム…一昨年の2着馬。その時の勝ち馬ファイアーフロートと同じで満足に使えていません。16ヶ月ぶりの出走の前走でも13着。叩いてガラリ一変は望めそうにない。中山実績はありますが……。

9.スペシャルハート…15ヶ月も掲示板に載ってもいません。中山芝は3戦3敗。マイル実績もない。これでは買えるわけもない。

10.ガンダーラ…中山は初めてですが、勝ち鞍はすべて京都か小倉。阪神でも勝ってない。平坦巧者でしょう。順調に使えていますが、重賞では掲示板にも載れていない。適性も実力も不足。枠も好くはない。

11.スピリタス…近走は安定しています。昨年の不振からは脱したようです。中山でも準OP2着があり、一概にダメとは言い切れませんが、外目の枠で内田がどう乗るか?半信半疑。

12.エーシンリターンズ…関屋記念2着。ただ、中山ではターコイズS1人気7着のみ。外枠でしたから枠のせいとも言えますが、今回も外枠。人気ほどは信頼できない。実力的にはこの面子では上位。

13.ラインブラッド…中山では今春の東風S3着。適性はそれなり。ただし、外枠ですし、重賞で9戦して馬券になってない。実力不足。

14.マイネルロブスト…昨年の朝日盃FS、今年初めの京成盃2着。中山実績は十分。春はパっとしませんでしたが、状態が良ければチャンスもありそう。外枠というのは気になりますが。

15.ドリームバスケット…中山で4勝しており適性十分。近走もOPで好走しており、勢いもあります。問題は枠。先行脚質だけにいい位置を取れれば……。これぐらいの人気なら面白いと思います。

16.ロードバリオス…ここ1年勝ち星なく、中山は2戦して結果が出ていません。しかも大外枠。重賞も4戦して馬券内なし。買えない。

☆チェックポイント☆
・中1週以内、半年以上……レオアクティヴ、ファイアーフロート、スペシャルハート、ラインブラッド、ロードバリオス
・前走OP特別、条件戦で10着以下……ファイアーフロート、ロードバリオス
・前走OP特別6人気以下……ファイアーフロート、スペシャルハート、ラインブラッド、ロードバリオス
・追い込み馬…スマイルジャック、レオアクティブ、ネオサクセス、ロードバリオス

 残ったのは、コスモセンサー、レインボーペガサス、ゼロス、キョウエイストーム、ガンダーラ、スピリタス、エーシンリターンズ、マイネルロブスト、ドリームバスケット。

 短評から絞り込むとコスモセンサー、スピリタス、エーシンリターンズ、マイネルロブスト、ドリームバスケットというところでしょうか。この中で最内なのはコスモセンサー、中山実績豊富なのもコスモセンサー。関西馬でもありますし、連軸としては信用できそうです。

◎コスモセンサー
○レオアクティブ
▲スピリタス
△エーシンリターンズ
△ドリームバスケット

 前日最終オッズを見ると1人気から2,3,4,6人気に流した形ですね。でも、人気が割れていますから馬連10倍を切る組み合わせはありません。12倍以上ついてます。ドリームバスケットが相手なら25倍見当。混戦模様ですが案外普通に決まるんじゃないかと思います。


テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『華麗なる枯れ』

『華麗なる枯れ』

誕生は死滅への第一歩

神ならざれば抗いようもない

動物も植物も、生物でなくとも

栄枯盛衰、盛者必滅の理

何時の世も変わらぬ普遍的真理



咲かせた華を保ちたい

枯れて生きたくはない

そんな想いは理解できる

でも、枯れ木に造花をくっつける

それはとても珍妙で滑稽な行為



たとえ青葉が芽吹くことがなくとも

もしも可憐な華が咲くことがなくとも

誰も彼もとがめられるはずがないだろう

青葉や華よりも趣きのある老木もあって

枯れねば出せぬ味を年輪は静かに刻む



枯れを装飾ではごまかるはずもなく

虚飾は枯れをより際立たせるのみ

そもそも恥ずべきものじゃない

むしろ恥じるよりも、隠すよりも

華麗に枯れて、潔く散ればいい

テーマ: - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~モザイクハーツ~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

献血

 AMAZONに注文していたGF-GT520-LE1GHが届きました。なんだ?その暗号は?と思われるかもしれませんが、要はパソコンの描画機能を担う基盤(ビデオカード)です。俺のPC用ではなく、オヤジのPC(これも自作)の描画がおかしくなっていたので換装しました。性能的には換装前とそんなに差はない(というかやや劣る)のですが、現行製品だけに低発熱、低消費電力、静音なので処理速度以外の面でだいぶ快適だと思われます。どーせオヤジはワープロ、ネット以外には使いませんし、これで十分。もっとも負荷がかかることでGOOGLE EARTHやYOU TUBEですし(笑)

 俺は別段、不都合を感じていませんが、俺も新たにいろいろとパーツを買いたいという物欲に駆られます。超コンパクトで無音PCとか。そんなことを考えながら、ネットやPCショップでウインドウショッピングしています。年内かもしれないし、来年かもしれないが、今度、上京するときは秋葉原をじっくり散策したいと思う。いや、学生時代もアキバをウロウロしてたんですけどね(笑) AKBもメイドも喫茶もない、ゲーマーと機械ヲタの街だった頃。学生時代、部屋を出て行く場所は渋谷6割、秋葉原1割、府中1割、その他2割ぐらいだったなあ。もっとあちこち行けば良かったと思う。

 昨日の昼間はばあちゃんの買い物に付き合っていたんですが、大型スーパーの前に献血車。血液が足りないというのは以前から知っていましたし、できることなら献血したいんですが、俺の血は穢れているんでダメなんだよなあ。自嘲しているのではなく自重しています。γ-GTPやら何やらコレステロールなんかの値が異常なんで……。俺はともかく、献血者を増やすにはそれこそAKB48や嵐を担げばいいんじゃないかと思う。献血しなければ入手できないグッズを用意する、CM出演も要請するとかさ。AKBや嵐のイメージアップにつながるだろうし、5回献血しないと、10回献血しないともらえないグッズを用意するとかさ。

 それはあざとい真似かもしれませんが、あざとい真似は今に始まったことじゃないし、それで救われる命があるのならやる価値は十分にあるんじゃないかとマジで思うのです。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

12年小倉2歳S&新潟記念回顧

 今年からサマースプリント、サマー2000シリーズに続いて、サマーマイルシリーズも始まった。しかし、こんなの競馬ファンが求めているとは思えないんだけどなあ。欧米で短距離志向が強まっているのは分かる。ただ、日本でマイル王、スプリント王になったからと言って、種牡馬価値があるかといえば微妙。ステイヤーよりはあるだろうけど、やっぱり2400で強い馬が評価される。ならば、サマーマイルなんかやるよりも夏じゃなくてもいいから、2400シリーズでもやればいいのにと思う。仏ダービーは短縮されたが、各国のダービーはだいたい2400。凱旋門賞もBCターフもキングジョージもJCも2400だ。2400の充実を望む。ここ10年ほどでもいろいろGIが作られたけど、そんなのより京都2400でGIやればいいのにと思うんだが。

★小倉2歳S予想結果★
◎エーシンセノーテ…4着
○マイネヴァイザー…17着
▲エピカ……………14着
△メイショウユウダチ…8着
△クロフネサプライズ…9着

 軸にしたエーシンセノーテは案外伸びずの4着でした。勝ったのは既に英ダービー1次登録を済ませているマイネルエテルネル。英ダービーを狙う馬が小倉2歳Sを勝つのもどうかと思いますが、スプリンターとしての適性は高そう。ハイペースを好位で追走して、しまい伸びることから2400はともかくとしてマイルまではこなせる素性はありそう。マイネルマックスやマイネルラヴのような馬になるんじゃないかなあ。朝日杯では有力な1頭でしょう。

 クラウンレガーロも上手く抜け出したと思ったのですがゴール前でマイネルにハナ差交わされての2着。グラスワンダー自身、そして産駒もスプリンターのイメージは薄いですが、フェリシアのような馬もいますし、母系が強く出たのかもしれません。ラヴァーズポイントは父マイネルラヴですし、小倉1200という条件も合っていたのでしょう。エーシンセノーテは去年のエイシンキンチェム化するのかなあ。次が大事な一戦になりそう。

 新潟ではトランスワープは重賞連勝でサマー2000シリーズ優勝を決めました。牝馬の活躍の目立つファルブラヴ産駒ですが、ここにきて……ってトランスワープもセン馬だった(笑) タマキンがあるとファルブラヴの仔はダメなのか?シモな話はさておき、陣営の談にあったように7歳とは言え、まだ20戦目で使い込まれていませんし、GIでもいいところを見せられるかもしれません。

 一方、人気に推されたトーセンラーは使い込まれすぎ。蛯名騎手の談でも「疲れがあるのかも……」とありました。ここ3ヶ月で5走。昨年のクラシックをにぎわし、今年も重賞戦線で頑張っている馬の使われ方じゃないよなあ。条件馬じゃあるまいし。トーセンはジョーダンが裂蹄、ホマレボシは屈腱炎で引退。ラーは一息入れて立て直してほしい。故障なんてことにならないうちに。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

12年小倉2歳S展望

 札幌開催が前倒しされた結果、先週の新潟2歳S、今週は札幌2歳Sと小倉2歳Sと2歳重賞が2週で3つという状態になりました。固まりすぎじゃないの?秋の東京では今年からアルテミスSなる2歳牝馬重賞が設置されました。重賞を濫造すること自体、あまり好ましいとは思わないのですが、どうせなら福島の重賞を増やせばいいのにと思います。被災地支援の役にも多少はなるでしょうから。福島2歳Sを重賞化、夏の福島にもサマースプリントシリーズ対象重賞を設けるなどのほうがアルテミスSなんぞよりマシだと思います。キーンランドCなんぞ重賞にするよりもバーデンバーデンCを重賞にすれば良かった。

 それはさておき、今日は札幌2歳Sが行われました。既に3戦して2勝のラウンドワールドのキャリアがここでは活きるだろうとラウンドからトーセンパワフル、コディーノ、マイネルホウオウに流して取りました。まあ、軸にしたラウンドは2着でしたが(笑) 勝ったコディーノは藤沢和厩舎に久々の重賞プレゼント。母がハッピーパスと藤沢厩舎ゆかりの血統ですから、藤沢師も嬉しかっただろうなあ。今回は出遅れもなく、すっと好位につけ抜け出すというソツない競馬。母系を見れば2歳、3歳で終わる馬ではなさそう。反面、距離にカベがあるかもしれません。2000ぐらいまでかなあ?

 ラウンドワールドは後方から大外マクリでしたが、コディーノと最後は同じ脚色。後方からの競馬ばかりでは今後も取りこぼしそうな予感。大物感はあるんですが……。ロジユニヴァースの弟、トーセンパワフルは見せ場なく大敗。兄と同じで渋馬場で見直したい。府中や京都の良馬場だとあんまり買いたくないなあ。今日の札幌2歳Sはレコードに近い勝ち時計でしたし、高速決着には向いてないのかも。

 明日は小倉で2歳Sです。フェニックス賞を圧勝したエーシンセノーテが1本かぶりの人気になるかと思ったのですが、英ダービーへ1次登録も済ませたというラフィアン・岡田総帥の言葉が効いているのか、マイネルエテルネルが1人気のようです。ここの勝ち負けはともかく、英ダービーを狙う馬が小倉1200を走っている場合じゃないと思うんですが(笑) 持ち時計もエーシンのほうが上ですし、キャリアも実績もエーシンが上。ついでに母もこのレースの2着馬。なのにエーシンは単4倍台の2番人気。有無を言わさず本命です。フェニックス賞もこの馬から買ってましたしね。

☆チェックポイント☆
・前走ダート/0.3以上の勝ち馬以外で10人気以下…ジャネクラージュ、トルークマクト、スマートアレンジ、マルシゲサムライ、スイートドーナッツ、ピンゾロ、テイエムシングン、ケイアイウィルゴー
・前走0.6秒差以上の負け…テイエムシングン、マルシゲサムライ、トルークマクト
・前走オープンで4着以下…テイエムシングン、トルークマクト
・前走5人気以下…メイショウユウダチ、トルークマクト
・前走1400m戦…いない
・関東馬…トルークマクト

 残ったのはメジャーミノル、エピカ、マイネルエテルネル、クラウンレガーロ、クロフネサプライズ、エーシンセノーテ、ラヴァーズポイント、マイネヴァイザーの8頭。軸はエーシンで鉄板と見ます。ただ相手が分からない。マイネルエテルネルだと馬連5倍。来たらしょうがないと割り切って他馬を数点買ったほうが良さそう。

 夏は牝馬。実際、このレースも牝馬優勢です。というわけで牝馬のエーシンの相手にも牝馬優先。

◎エーシンセノーテ
○マイネヴァイザー
▲エピカ
△メイショウユウダチ
△クロフネサプライズ

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |