ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

12年東京大賞典回顧ほか

 じっくり展望を書くヒマがなかったので、予想を載せませんでしたが、東京大賞典は枠単2⇔6の折り返し2点のみで勝負しました。エスポがスタートでつまづいたのは誤算でしたが、直線でローマンレジェンドとワンダーアキュートの火の出るような叩き合いになったときは「取った!」と思ったのですが、残り50mでアキュートがローマンに振り切られたところで、内田のハタノヴァンクールに突っ込んでこられて1、3着……グハ!有馬記念こそそれなりの配当を取れましたが、年末の交流重賞3連発はいずれもハズレ。馬券的にはイヤな流れで年を越すことになりそうです。

 ローマンレジェンドはJCダートで連勝がストップしましたが、初の地方参戦でGI制覇。GIに届くのは来年かなあとも思ったのですが、年内にGI馬となりました。阪神には坂がありますが、大井には坂はない。坂があるからダメとは思いませんが、ないほうがベストなんだと思います。エルムS、みやこS,大賞典の内容と比べるとJCDは着順だけでなく、内容も見劣りますしね。それとさらに成長するのかもしれませんが、今、ローマンの絶頂期だとするなら、抜けて強いとは言えない。アキュートやNアワーズとの勝負付けが済んだとは言えないし。ダート戦線は混沌としてきました。

 ワンダーアキュートはローマンにねじ伏せられましたね。叩き良化型だったはずなんですが、この秋は1→2→3着と徐々に下がってしまいました。ある程度距離があったほうが良さそうですし、兄が兄だし、フェブラリーSよりは川崎記念で見たい馬ですね。来年も楽しみです。ハタノヴァンクールもこの面子なら好走できると思いましたが、連まで来られてしまった。四位から内田から鞍上強化。それも舞台が大井なら超強化と言えます。ロスなくうまく立ち回られた。ただ、安定して走るかといえば半信半疑ですね。内田が主戦としても、です。

 エスポワールシチーも衰えは否めなくなりましたし、トランセンドは終わりました。エスポはつまづいて後方からの競馬で差して来ての5着。これは弁護のしようもあるし、主戦の哲三さんを欠いてもいる。手薄なJpnIで勝ち負けできるかもしれませんが、トランセンドは出遅れたわけでもなんでもなく、単にテンのスピードがますます遅くなり、自分の競馬ができなくなった。長期休養明けでも4角までハナを主張して、6着に敗れたフリオーソのほうが見せ場があったし、内容もあった。フリオーソは自身のような産駒を送り出して欲しいし、見せ場もなかったけどボンネビルレコードもお疲れ様。種牡馬にはなれないけど、慣れ親しんだ大井で誘導馬というのはいい馬生になりそうです。種牡馬を挟んで行方知れずになる馬もいるわけで……。

 今年の馬券収支は中央地方合算で93.6%でした。中央も地方も90%越え。中央だけ、地方だけなら100%越えという年もありましたが、合算で年間回収率90%超というのは、収支を付けはじめたここ7,8年ではなかった(たぶんそれ以前もない)ので、馬券収支的には良い年でした。今日明日明後日だけのんびりして、3日からは通常日ですね。競馬的にも、です。例年、金杯ではなく、川崎の報知オールスターCが馬券初めなので。

 それでは残り少ない今年、良いお年を。この一年、ご愛読ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

代車と風邪なセンチュリー

 ワゴンR RRリミテッド(FF/4AT 69000km)買いました。値段も出しちゃいますが、車両価格は199000円。正直、全国相場を考えても安い。なんでそんなに安いかといえば事故車……とかじゃないですよ(笑) やはり雪国の人はFFを敬遠しがちなのです。ノンターボで70000kmのタントは499000円(お買い得とは思えんが)が売約済みになる土地柄なのです。FFというのは正直、俺も気になりますが、外車やハイブリッド車はごく一部を除いてFFですし、まあ乗って乗れないこともないはず。亡きねぶとろに乗っていたときは、10m先しか見えない猛吹雪の夜でも国道を60kmで走ってましたが、ワゴンR RR(ねぶごん)では40kmで安全運転ですね。

 代車のアルトに文句を書きましたが、ワイパーがギクシャクすると話したら、代車が変わりました(笑) クレーマーじゃないですよ。どうもワイパーのヒューズが切れかけのようで。すぐには直せないようなので、アルトではなくプレオRMになりました。スバルの軽(スーパーチャージャー&CVT)に馴染んでいた俺にとってはプレオRMになってよかった。車重が140kgも重いのでねぶとろほどの加速はないものの気になるレベルではないし、ボディの剛性の高さに驚きました。ドアを閉めた時の音が軽じゃない(笑) バスンッですから(笑) 車内の質感もヴィヴィオよりも上。ただ……燃費がかなり悪いなあ。140km走って燃費計の針が真ん中ってのは。

 受験まで過密スケジュールでの指導が続いていますが、一昨日、早くもダウンしてしまいました。下痢と高熱。一昨日は一日で30回はトイレに駆け込む有様。熱も38.8度まで上がりました。トイレに駆け込むのもしんどかった。なんか年に一度は39度前後の高熱を出してます。元々、身体はデカいが虚弱体質なもので……。ただ、高熱を出しても1日休養すれば完治しますね。疲れを抜けばそれでいいんだろうなあ。病み上がりですが、今日も3件こなしてきましたが、病み上がりよりも休み明けのほうが大きいのか、普段の3件指導よりもラクにこなせた気がします。数をこなすために過密日程になりがちですが、質の高い指導をするためにも週に1度は休まないとダメですね。

 注文していたももクロの『僕等のセンチュリー』が届きました。キングレコード、仕事早いね(笑) 表題曲『僕等のセンチュリー』(ローリー作曲)も悪くはないんだけど、むしろカップリングの『空のカーテン』のほうが好み。ももクロのバラードは多くないけれど、どれも安定して良いですね。あと、小西康陽さんによるリミックスメドレーの『ももクロ特盛』『メガ盛』もいい感じ。『猛烈』『Z女』『サラバ』の今年発売のシングル表題曲を中心としつつ、『怪盗少女』『サンタさん』『黒い週末』などもちょっと混じってます。もしかして、紅白もこのリミックスバージョンにさらに手を加えたものだったりするのかなと思ったり。テンポも原曲よりも若干上がってますし。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

12年名古屋GP&兵庫GT回顧

★名古屋GP予想結果★
◎ナムラダイキチ………4着
○クラシカルノヴァ………2着
▲エーシンモアオバー…1着
△トリップ………………5着

 重賞挑戦10度目にしてエーシンモアオバーが待望のタイトル奪取。道中2番手追走から、2週目の3角でバテたトリップを交わして、追いすがるクラシカルノヴァとの叩き合いを制しました。北海道でのOP勝ちが多いですが、北海道が合っているというか小回りコースが合っているんだと思います。年が明ければ7歳になりますが、ダート馬は息の長い馬が多いですし、去年や一昨年と別段変わったところもないので、来年もこれまで同様か、この勝利をきっかけに重賞勝ちをいくつか積み重ねるかもしれません。鞍上の岡部誠騎手にとっても待望のグレードレース初勝利。岡部騎手にとってもこの勝利が来年への弾みになると良いですね。

 クラシカルノヴァは重賞初挑戦でしたが、このぐらいの面子なら準OP勝ちからでも普通に通用しますね。ただ、ダートのステイヤーという感が強いので適鞍がなかなかないのが辛いところ。佐賀記念からダイオライト記念あたりでしょうか。人気のトリップはいつも通りの逃げに出ましたが、2週目3角前でガス欠。JDD2着馬ではありますが、クロフネ産駒ですし、2500というのはちょっと長いのかもしれません。2000未満のほうが良さそう。期待したナムラダイキチでしたが、バテたトリップを交わしましたが、中団から伸びたオースミイチバンに交わされました。結局勝ち負けを意識させる場面はなかった。この面子なら、と期待しましたが中央の壁は厚い。

 オースミイチバンは3着になりましたが、2着馬から1.8秒も離されては復調とは言いがたい。前の2頭とは上がりもまるで違いました。今回は面子に恵まれた。キングスエンブレムは休み明けとは言えこれはヒドい。ブービー。地元の東海勢にも大きく遅れを取りました。年が明ければ8歳。勢いがあれば、8歳でもまだまだと思えますが、この馬は完全に勢いがなくなりましたし、グレードレースでどうこうとはもう言えないかもしれません。オ馬券は人気上位4頭の3複BOXを買っていたので玉砕。オースミが来なければバッチリだったのになあ。

★兵庫GT予想結果★
◎セイクリムズン……5着
○スーニ……………7着
▲ティアップワイルド…1着
△ダイショウジェット…2着

 中央4頭ですんなり決まるだろうと安易な予想をしたのですが、地元のオオエライジンが奮起して昨年同様の3着。僅差の4着も高知のコスモワッチミーが突っ込んできて、セイクリムズンはその後ろ。スーニに至っては3角で既に手ごたえが怪しかった。そんな後方を尻目にマイペースの逃げを打ったティアップワイルドが危なげなく逃げ切り、重賞初制覇。2着に中団から伸びたダイショウジェットでした。

 重賞も勝っていないテイアップワイルドのハンデ58.5kgというのは正直、背負わされたなあと思ったのですが、結果を見れば58.5kgは正しかったようです。今回、賞金を上積みできたのは大きいと思いますし、小回りコースも向いてそうです。ダイショウジェットは相変わらず勝ちきれませんが、確実に末は伸びますね。明け10歳になりますが、衰えはまったく見られません。今年同様の活躍を来年も期待できそう。

 スーニは59.5kgとはいえ背負いなれた斤量ですし、ハンデどうこうではないですね。前走で復調か?と思ったのですが、まるで変わっていない。結局、今年は一度も勝つどころか連対もなかった。さすがに衰えてきたのかなあ。セイクリムズンも斤量が堪えたとかそういう話ではなさそう。59kgで中央OP勝ちがありますし、馬格もありますしね。この秋は本調子になかったのかも?

 有馬記念でそれなりの配当を得ましたが、若干、交流重賞2戦で溶けてしまいました。今年は東京大賞典1本ですね。大賞典が取れたら東京2歳優駿牝馬やシンデレラマイルも買うかも。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

モズのはやにえ

 代車に文句つけるなよ……って話なんですが、今乗っている代車のアルトは自然吸気(NA)エンジンということもあり、パワー不足が否めません。ある程度の勾配の坂だとアクセルベタ踏みでも30kmそこそこしか出ません。またNAでもミニカは割りと軽快にエンジンが回って、あまりもたつきを感じなかったのですが、このアルトはアクセル踏んでから加速するまでのタイムラグが長い。

 あと10日ほど乗るだけなので、それは辛抱するだけなんですが、指導後に次の指導先へ移動しようと思ったら新たな積雪に足を取られて、抜け出すのに若干の時間を要し、さらに踏み切りの前では2度、タイヤが空転。亡きねぶとろはそんなことは1度たりともなかったのに。スバルとスズキの差か?とも思いましたが、むしろタイヤの差が大きいのかも。ねぶとろが履いていたのはファルケンのEP03→BSのREVO1→BSのREVO2でしたが、このアルトはハンコックのよくわからんスタッドレス。この差が大きいんだろうなあ。夏タイヤならハンコックだろうが、ナンカンだろうがいいんでしょうが、豪雪地帯ではヒヤヒヤさせられます。これもいい勉強になりました。

 次の移動先がかなり遠くて、1時間ほど運転していたのですが、国道339号某所でガードレールにつっこんでいる車がいました。スケートリンクみたいな路面状況で暴風雪だからなあ……と思っていたら、その事故車の直前で、俺の前の車もスピンしてガードレールに突っ込みました。あ、あぶねえ!!なんとかギリギリで回避しました。車の流れが遅くて30~40km程度で走っていたのが幸いしました。普通に60km出してたら交わせなかったな。車のトラブル続きの一年は、ねぶとろ臨終でも終わらないのか?と思いましたが、ギリギリで交わしたことが車運(?)の上昇だと思いたい。雪国に限らず、あちこちで積雪が多いようですので、皆さんも運転にはくれぐれもご注意ください。

モズ


 話かわって、昼間、我が家の庭に見慣れない鳥が妙な声で鳴いていました。それが写真のコイツ。母は鳥獣図鑑を見ながらあーでもない、こーでもないと言ってたのですが、生きる鳥獣図鑑のオヤジはモズだと言ってました。ネット検索したら、やはりモズでした。しかも、有名な「モズのはやにえ」もやってました。「はやにえ」とは捕らえた獲物を木の枝に挿す行動ですが、このモズはスズメを食べてました。その写真もありますがグロいのでUPは控えます。モズの写真をUPしますが、毛が血の赤で染まっている部分が分かるかと思いますが、スズメを食べて、食べ残しを木に挿した後だからです。食べ残しなんかしないで、全部食べてからどっか行って欲しいんですが(笑)

テーマ:なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:2 | トラックバック:0 |

愛車にまつわるトラブルが連続

 ◎愛車にまつわるトラブルが連続

 ◇先日、愛車のトランスミッション(変速機)が故障した。何かと忙しいこの時期に、金銭的にも精神的にもこたえた。この1年を振り返ってみると、愛車に関わるトラブルに繰り返し見舞われた年だった。
 ◇列挙すると、1月は雪道にはまって動けなくなった。3月にはバッテリーが故障した。6月には他の車にぶつかられ愛車が破損した。10月はぎっくり腰を患いながら近所までの運転ということでシートベルトを着用せず警察に摘発されて減点された。そして今回の故障である。
 ◇なじみの自動車販売店などに迷惑を掛けつつも、自分が被害者だったり、軽微な行政処分で済む違反だったりと、他人に害を与えることがなかったのは不幸中の幸いだった。加害者になることは、たった一度でも取り返しのつかないことがあるのだから。
 ◇愛車のトラブルが続いた一年を教訓に、普段正常に動いているうちからこまめにメンテナンスするよう心掛けなければならないと、身に染みて感じている。来年は安全で快適なカーライフを送れるように、より一層注意していきたい。

 (東奥日報2012年12月25日夕刊掲載分)

テーマ:どうでもいいかもしれないニュース - ジャンル:ニュース

ねぶの投稿マシンガン | コメント:0 | トラックバック:0 |

『キャンバス』

『キャンバス』

僕の瞳に映るモノクロームのキャンバス

かつては何もかもが鮮やかだったはずなのに

いつの間にやら視界から色が失せてしまったようだ

モノクロームに見えるのはキャンバスの経年劣化なのか

あるいは、それを見つめる僕の視力が落ちたからなのか

理由が僕にはまったくわからなかった



そんなキャンバスをカラフルにしたのは君だった

僕は絵筆で君は絵の具だったのかもしれない

2人でいればどんな絵も描けるような気がしていた

夏の太陽が僕らに嫉妬して熱射しようとも

冬の吹雪が僕らの仲を冷やそうとも乗り越えられる

そんな素敵な白昼夢を垣間見た



手元には君の残した一式の絵の具とキャンバス

キャンバスは片付け、絵の具のキャップを開ける

そして僕は視線を上げ、空に向かって明日を描いた



2005年10月10日作、2012年12月加筆修正
ラジオNIKKEI『私の書いたポエム』2012年12月23日採用分

テーマ:詩・ポエム - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

12年名古屋GP展望

 有馬記念も終わり、今年の競馬も……まだまだ終わりません!今日も中央競馬が行われ、メインはGIIの阪神C。地方競馬の名古屋ではJpnIIの名古屋GPが行われます。買うのは阪神Cではなく、名古屋GPです。短距離より長距離戦、多頭数よりも少頭数が好きですし、楽天競馬で買えばポイントも還元されますしね。もしも外れても10%ポイントで戻ってきますから(笑) そんなわけで名古屋GPの予想です。

1.キングスエンブレム…サカラート、ヴァーミリアンの弟で、ソリタリーキングの兄です。一昨年のシリウスSを勝ったときは本格化?とも思ったのですが、どうにもぱっとしません。そして今回は10ヶ月の休養明け。地方では昨年のダイオライト記念5着、今年の川崎記念7着と結果が出ていません。順調さを欠いていますし、いきなりはどうですかね?

2.ミサキティンバー…グレードレースを4度走って、最高が昨年のこのレースでの5着。尻すぼみの成績で、現状では重賞やオープンどころかA2でやっと勝ち負け。とても中央馬には敵わないでしょう。

3.クラシカルノヴァ…前走の準OP勝ちで再度OP入り。ダートのステイヤーという成績ですし、ここは条件的にピッタリでしょう。鞍上に笠松の濱口騎手を配して、勝ちにきていると思います。抜けた馬はいませんし、好勝負が期待できそうです。

4.オースミイチバン…今年の兵庫CS勝ち馬ですが、どんどん成績が下がっています。秋はみやこS13着、霜月S11着。前走から1100mもの一気の距離延長というのもどうなのか?この面子では中央馬というだけで人気なりそうですが果たして?

5.トリップ…今年のJDD2着馬ですが、春の3歳ダート戦線をにぎわせた馬で今も一線にいるのはホッコータルマエだけ。オースミイチバンほど悲惨じゃないけれど、この馬も伸びしろがないような?とはいえ前走よりも面子は軽いし、重賞未勝利の3歳で斤量も軽い。距離さえ持てば……。

6.ノゾミカイソク…4連勝中。しかし、名古屋のB3だのA3で連勝してもここで通用する根拠にはならない。5走前の重賞・岐阜金賞では6着と完敗。東海重賞も勝てない馬にはここは相手が強すぎる。

7.ナムラダイキチ…金沢で18勝2着5回。23連続連対中の金沢の王者が満を持しての遠征です。ここ2走は地元馬相手に3.0、2.3差と超圧勝。3走前はのちのJCD馬のニホンピロアワーズ相手に真っ向勝負で4馬身差の2着で、エーシンモアオバー以下に先着。今回の中央馬はその白山大賞典以下です。勝ち負けしていい。

8.エーシンモアオバー…毎年、OP特別は勝ちますが、重賞では勝ちきれません。前走もよく粘ってましたがピイラニハイウェイに差しきられました。昨年2着のこのレースですが、前々走で先着されたナムラダイキチ、新手のクラシカルノヴァに先着されそうな気がしてなりません。岡部騎手の腕頼みですね。

9.リワードレブロン…今年の名古屋大賞典5着、白山大賞典9着がこの馬の実力でしょう。掲示板に載れたら御の字。

10.ブライトシンプー…今年、重賞を2つ勝っているだけノゾミカイソクよりは上と思いますが、A2やA3で取りこぼす馬がここでどうにかなるとは思えません。

11.ニシノファイター…道営馬ですが南関に3度、水沢へ1度遠征しており、鎌倉記念勝ち、ダービーGP2着と結果も出しています。地元の愛知、笠松勢よりは上だと思いますが、中央馬の相手はどうですかね?グレードレースは昨年の全日本2歳優駿8着だけですが。

 ここ5年、連対馬10頭はすべて中央馬で、5年前の3着に兵庫のチャンストウライがいるのみ。チャンストウライはこのレースの時点で、地元では敵なし、JpnIII名古屋大賞典5着、JpnI帝王賞4着の実績がありました。今回の金沢・ナムラダイキチはそれと同等の実績と見ていい。他の地方馬は論外。

 中央馬も休養明けでその前もぱっとしないキングスエンブレム、秋になって尻すぼみのオースミイチバン、トリップ。善戦マンのエーシンモアオバーに、昇級緒戦のクラシカルノヴァ。これならナムラダイキチで普通に勝ち負けになると思います。曲りなりにも中央馬なので何かに先着されるかもしれませんが3着を外すとは思えない。

 というわけで本命はナムラダイキチ。馬複か3複の連軸としますが、できれば勝ってほしい。フリオーソやボンネビルレコードが引退する今、新たな地方の大将出現となってほしいです。善戦マンのエーシンや未知数のクラシカルノヴァは切れない。トリップもまだ見限れないので、切るのはオースミ。オッズ次第ではキングスも切るかも。

◎ナムラダイキチ
○クラシカルノヴァ
▲エーシンモアオバー
△トリップ
△キングスエンブレム

テーマ:地方競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

12年有馬記念回顧

☆有馬記念予想結果☆
◎ゴールドシップ………1着
○ルーラーシップ………3着
▲エイシンフラッシュ…4着
△ダークシャドウ………6着
△スカイディグニティ…5着
△オーシャンブルー…2着

 移動中の車のラジオで有馬記念を聞いていましたが、ルーラーシップが10馬身ほどの出遅れ、ゴールドシップも出遅れと聞いて、かなり焦りましたが、スタミナおばけのゴールドシップと「6000mでも勝てる(笑)」と豪語していた内田なら何とかしてくれると思っていました。そして、道中最後方ながら3角からの一マクリで他馬を一蹴。出遅れてこの結果ですから、今回のメンバーとはモノが違うとしか言いようがない。2着に内から鋭く伸びたオーシャンブルー。3着に大出遅れから差を詰めてきたルーラーシップでした。

 ゴールドシップも3馬身ほど出遅れましたが、内田は愛馬の能力を信じて道中はしんがり待機。2週目の向こう正面で加速していき、大外からマクリきりました。無尽蔵のスタミナがあるから、それを鞍上もわかっているからできる内容。ステイゴールドの子は小型ながらも俊敏なキレとパワーがあるので、かつて俺はドリームジャーニーをジムニー(ターボ)と評したことがあったのですが、 ゴールドシップは馬格があり、パワーはあるけれどそこまで俊敏ではない。大排気量の車みたいです。メジロマックイーンの血が強く出てるのかな。あし毛ですしね。

 ルーラーシップは1秒以上の大出遅れ。ルーラーからめまいがしたでしょうね。陣営も尽力したようですが出遅れ癖が直りませんね……。出遅れなければ2着は確実でした。勝ち負けと言わないのは、道中の位置取りの差も大きかったと思うんですよね。道中で位置取りを上げながら、直線では勝ち馬の後ろにいたり。もちろん出遅れが最大の要因ですが……。オーシャンブルーはルメールが上手く立ち回ってくれました。現状では1,3着馬には見劣りますが、エイシンフラッシュを一瞬で差しきった脚は見事。まだ4歳。来年が楽しみです。

 今年最後の大一番をバッチリ取ることができて満足です。ゴールドシップから外人という単純な予想で、なかなかの配当になりました。4着は三浦ですがデムーロが乗っていても着順が上がりこそすれ下がらないでしょうしね。三浦は上手く乗ったと思いますけど。有馬記念は世相を反映すると、オカルト派の人は言いますが、勝ち馬には今年の漢字に選ばれた「金(ゴールド)」がついていました。1,2着馬の父はステイゴールドですしね……。地味にスカイディグニティも5着。今年の3歳はやはり全体的に高水準かもしれません。

 これで今年の競馬も終わり……ではなく、明日も中央競馬はあります。メインは阪神C。地方競馬の名古屋では名古屋GPも行われます。地方競馬はこれから重賞目白押しですし、グレードレースだけでも名古屋GP、兵庫GT、そして東京大賞典。まだまだ今年の競馬は終わりません(笑)

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

12年有馬記念展望

 師走。一応、師のはしくれ(謙遜ではない)なので、走り回っており、実にせわしいこの時期です。その結果、中山大障害は予想をしたのに買いそびれました。ただ、買いそびれて結果オーライでした。マジェスティバイオが連に絡まなかったので。買えなかったので、バアゼルリバー粘れ!バイオ届くな!と思って、先ほど動画を見ました(笑) 

 ラジオNIKKEI2歳Sは買ったのですが、こちらも買いそびれたほうが良かったなあ。軸にしたラウンドワールドが1000が66秒なんて超絶スローペースをしんがり追走していた時点で諦めてました(笑) デルタブルースを「スローペースだったので下げた」などとのたまう騎手ですしね(今は変わったのかもしれんが) もっとも俺も外人が馬券に食い込むと思っていたなら、ウイリアムズから人気3頭への3複、ルメールからも人気3頭の3複の6点勝負でもすれば良かったと反省しています。離れた4,5人気馬ですので、それでも全然ガミらなかったですしね。ちょっと競馬への集中力が切れているかもしれませんが、今年最後の中央GI。バシっと当てて来年に向かいたい。有馬記念出走各馬の短評から。

1.ローズキングダム…中山で朝日杯を勝ってはいますが、広いコースのほうが向いていると思います。それに少頭数かつ手薄な面子の昨年の京都大賞典を勝って以来、GIではいいところがない。ここも厳しいでしょう。

2.エイシンフラッシュ…今年の秋天馬で昨年のこのレースの2着馬。GI2勝は府中ですが、中山でも実績十分です。時計のかかる今の馬場状態も向いてそう。いつ走るかわからん馬ですから常にヒモにしておきたい。

3.スカイディグニティ…セントライト記念、菊花賞と連続2着。中山適性はあるようですし、勢いもある。あとは力が足りるかどうかだけ。ただ、重賞の1つも勝っていないようでは厳しいかなあと思わないでもない。クミヨンの腕でどこまで、でしょうか。

4.アーネストリー…昨秋のオールカマー以来、GIIIで掲示板が1度あるだけ。さらに主戦の哲三さんが怪我で戦線離脱。衰えがうかがえる現状だけに苦戦必至でしょう。鞍上もテン乗りですしね。

5.ネヴァブション…なんかカツハルさんがGIに乗るのを久しぶりに見た気がします。気のせい?さておき、ステイヤーズSでは5着と健闘。勝ち馬は10歳馬でしたし、この馬もGII、GIIIならあるいは勝ち負けできるのかもしれませんが、さすがにここは荷が重い。

6.オーシャンブルー…前走の金鯱賞で重賞初制覇。鞍上も引き続きルメール。ただ、中山が不向きとは言いませんがベストではないと思います。それとこのメンバーで力が通用するか。試金石。大きな減点材料はないと思います。

7.ダイワファルコン…前走の福島記念で重賞初制覇。中山も時計のかかる馬場も合っていると思います。穴ならこれかなと思います。ナカヤマナイトに2度も先着されてますが、人気ほどの差はないと思っています。妙味はこちらのほうがありそう。

8.トレイルブレイザー…春先はチグハグな流れでしたが、米遠征で好走して地力をアピール。中山2500重(1000万下)を勝っていますし、2500はアルゼンチン共和国杯も勝っている。遠征疲れがなければここで好走しても不思議ない。

9.ルーラーシップ…どうも勝ちきれないレースが続いていますが、逆に言えば安定しています。スタートに難のある馬だけにすんなりゲートを出れば勝ち負けしていい。渋馬場は鬼。中山巧者のナカヤマナイトをAJCCでちぎっていますし、昨年の金鯱賞も出遅れて圧勝。過去2年の有馬記念よりも順調に使われており、JCで先着された2頭も不在。ここはチャンス。

10.ダークシャドウ…キレる末脚の印象が強いですが、やや重で2戦2勝だったり、今年の京都記念、札幌記念のように時計がかかっても伸びてきます。掲示板を外したのはドバイだけ。ここも確実に末を伸ばしてくると思います。鞍上のムーアの腕にも期待。

11.トゥザグローリー…昨年、一昨年の3着馬。去年も惨敗続きからここでガラリ一変で3着。陣営も言ってますが「冬馬」なんでしょう。「2度あることは3度ある」で3度目の3着か?ただ、馬格がある馬で、それゆえにダートを使ったりもしたんでしょうが、思ったほど馬力馬ではないような気もします。

12.オウケンブルースリ…3走前の京都大賞典は2着と気を吐きましたが、中山は向いているとは思えませんし、さすがにGIではもう厳しいのではないでしょうか。ウオッカと叩きあった頃の力を期待するのは酷かと思います。

13.ゴールドシップ…今年のクラシック二冠馬。ズブいところがある馬ですが、走り出したら止まらないですね。内田騎手も冗談まじりに「6000mでも走れそう」と言うほどです。スタミナはこのメンバーでもダントツでしょうし、中山は皐月賞を勝った舞台。渋馬場も苦にしない。古馬とは初対戦ですが期待は大きいです。

14.ビートブラック…JCは7着ながら見せ場たっぷり。渋馬場でも実績がありますし、展開が向けば残り目もあるかもしれません。曲りなりにも今年の春天馬ですので。

15.ナカヤマナイト…中山では4勝2着1回と連対率100%。とはいえGIではダービー4着が最高。渋った馬場や中山が得意と言えどもAJCCではルーラーシップにちぎられてもおり、ちょっと人気しすぎかなあと思わないでもない。

16.ルルーシュ…前走のアルゼンチン共和国杯で重賞初制覇。勝って負けてを繰り返しており、順番でいえば今回は負ける番(笑) 札幌で2勝していますし、オールカマーも負けたとは言え4着。コースが向かないとは思いませんが、意外と乗り難しいのかも。

☆チェックポイント☆
・15、16番枠……ナカヤマナイト、ルルーシュ
・GI勝ちのない牝馬……いない
・前走がGIではない……アーネストリー、ネヴァブション、オーシャンブルー、ダイワファルコン、ルルーシュ
・前走が2000m未満……トゥザグローリー
・前走から中2週以下、中9週以上……いない

 中山巧者が強いのは言うまでもなく、ここ2年は皐月賞馬(オルフェーヴル、ヴィクトワールピサ)が制しています。そこで1984年のグレード制導入以降の当年の皐月賞馬が有馬記念に挑んだ際の成績を調べてみました。

11年オルフェーヴル   優勝
10年ヴィクトワールピサ 優勝
09年アンライバルド   15着
08年キャプテントゥーレ 不出走
07年ヴィクトリー     不出走
06年メイショウサムソン 5着
05年ディープインパクト 2着
04年ダイワメジャー   不出走
03年ネオユニヴァース 不出走
02年ノーリーズン    6着
01年アグネスタキオン 不出走
00年エアシャカール  不出走
99年テイエムオペラオー3着
98年セイウンスカイ   4着
97年サニーブライアン  不出走
96年イシノサンデー   不出走
95年ジェニュイン     10着
94年ナリタブライアン  優勝
93年ナリタタイシン   不出走
92年ミホノブルボン   不出走
91年トウカイテイオー  不出走
90年ハクタイセイ    不出走
89年ドクタースパート  14着
88年ヤエノムテキ    不出走
87年サクラスターオー  競走中止
86年ダイナコスモス   不出走
85年ミホシンザン    2着
84年シンボリルドルフ  優勝

 結果は4-2-1-6という結果。不出走が多いですが、連対率5割弱。この中で3冠全てに出走し、皐月、菊の二冠馬はセイウンスカイのみ。セイウンは4着でしたが果たしてゴールドシップは?

◎ゴールドシップ
○ルーラーシップ
▲エイシンフラッシュ
△ダークシャドウ
△スカイディグニティ
△オーシャンブルー

 1人気馬からの3複では大してつかない上にリスキーなので、普通にゴールドシップからの馬複流し。相手は外人。先週、デムーロだけ外したらデムーロにやられたので、今週は外人全員へ流します。ゴールドシップが連対すればこれでOKだと考えています。

テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

12年中山大障害&NIKKEI2歳S展望

 明日は障害の大一番である伝統の中山大障害と出世レースであるラジオNIKKEI2歳S、明後日はグランプリ・有馬記念……で、中央競馬は終わるのがこれまででしたが、今年は翌日にも中央開催があり、中央競馬の今年最後の重賞は阪神C。違和感あるなあ。月曜日には阪神Cのほか、名古屋で名古屋GPもあります。月曜日は阪神Cよりも名古屋GPのほうが気になります。それは後日の展望で。ここでは明日の2重賞の展望を記します。まずは中山大障害。

1.トウシンボルト…春先に中山未勝利で2着、1着。OP入り後は3着が4度ありますが連はない。OPで勝てない馬がここでどうにかなるとは考えづらい。

2.カピターノ…中山では未勝利2着が1度。前走の秋陽ジャンプ5着。重賞経験自体がない。強調材料に乏しいですね。

3.スプリングゲント…3年前の中山GJ勝ち馬で4年前の大障害の2着馬でもあります。ただ、去年の大障害は5着。今年も長期休養を叩いての同じローテ。実績馬ですが昨年を考えると馬券に絡むまではどうでしょう?もう12歳馬だしなあ。

4.セクシイスイート…中山は2走して未勝利3着が最高。前々走で未勝利勝ちで、前走OP7着。買える要素はないと思います。

5.マーベラスカイザー…障害入り後5戦してすべて3着内。OP勝ちもある。安定しています。ただ、中山は初めてなので適性は未知数。人気次第でしょうか。

6.ナリタシャトル…2勝馬。重賞2着も2度あります。実績的にはこれぐらいでも良いのですが、中山は初めて。鞍上の西谷の腕に期待でしょうか。これも人気次第ですね。

7.アイティゴールド…障害は未勝利勝ちの後は掲示板も1度のみ。重賞は初めて。中山は2走して13着、6着。これでは買えないな。鞍上も5年で6勝の大江原では。

8.メルシーエイタイム…5年前の勝ち馬です。その後の勝利はないですが、毎年、中山GJと大障害に照準を合わせて、昨年の中山GJも2着。年齢で嫌われるようならいくらか妙味もあるか?

9.マジェスティバイオ…昨年の覇者で今春のGJの勝ち馬でもあります。現在の障害王。前走のイルミネーションJSもきっちり勝利。中山では5戦して4勝2着1回と連を外していません。不動の連軸。

10.ドラゴンハンター…障害を25戦して、前々走で未勝利脱出の馬なんて買えません。

11.マイネルネオス…昨年の中山GJ勝ち馬。昨年の大障害は4着。休養明けというのがどうですかね。メルシーエイタイムのように、平場で叩いてとかならまだいいのですが。骨折休養明けでぶっつけという悩ましい存在。

12.アグネスラナップ…今春のGJでは9着。オープンは2勝していますが、重賞勝ちはなく、コース実績もない。GJ1戦で見限るのは早計かもしれませんが特殊なコースだけに気がかり。

13.セイエイ…中山で未勝利勝ち。ただ、OP入り後は馬券になっていません。イルミネーションJSも7着。厳しいでしょう。

14.バアゼルリバー…今春の阪神JS勝ち馬で、中山GJ2着。前走も京都JS2着と順調。好走できると思います。

15.ブチカマシ…中山も重賞も初めてで、1年の休養明けと一叩きしての参戦。実績もないし苦戦必至でしょう。

16.トーセンオーパス…バランスオブゲームの全弟ですね。中山でOP勝ちがあり、春のGJでも4着と好走。安定感もありますし、穴っぽいのはこの馬じゃないでしょうか。

 何かに足元をすくわれるおそれがないとは言えませんが、マジェスティバイオが連軸としては信頼できると思います。圧倒的人気でも本命。相手探しが難しいですね。

◎マジェスティバイオ
○バアゼルリバー
▲トーセンオーパス
△メルシーエイタイム
△マーベラスカイザー
△ナリタシャトル

 阪神メインはラジオNIKKEI2歳Sですが……7頭?少な!枠連が発売されませんし、ワイドや複勝も2着までとなります。エピファネイア、キズナ、ラウンドワールドの3強ムードで、実際にこの3頭で決まっても不思議はないのですが、ルメールとウイリアムズが3強以外の馬に乗っており一角崩しも十分ありそう。小牧のリアルマイスターは4走前にラウンドワールドに1秒以上ちぎられており、その後急速に強くなった感もないしこれはないかと。池添のアドマイヤドバイも、平坦でしか走ってないし、時計も平凡……。

 無敗ゆえにエピファネイアとキズナのほうが人気しそうですが、連軸として考えるなら普通にラウンドワールドでいいように思います。エピファネイアは派手な勝ち方ですが、破った相手は大したことがないように見えるのですが……。鞍上も他馬よりは見劣る。トーセンパワフルに完勝のキズナのほうが上じゃないでしょうか。馬券はラウンドワールドから3複。ただ、1-6-7はガミるんで買いません。きたらしょうがない。ルメール、ウイリアムズ頼むぞ!

◎ラウンドワールド
○キズナ
▲アクションスター
△エピファネイア
△バッドボーイ

 

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『因果応報』

『因果応報』

何もかも誰かのせいにして生きるのは楽だろう

でも、自分に全く落ち度がなかったのだろうか?

誰かのせいが何度も続くのならそれは自分のせい

災いを招く要因がたぶん自分のどこかにあるはず



たとえば、落馬によって馬券が外れたとして

騎手を責めたとしても何も変わりはしない

もしこうだったら、もしああだったら

そんなことを言い出したらキリがない



そもそも、誰かの言動なんて容易く変えられない

自分自身を変えることのほうがまだしも容易い

どうにしかして自分自身を変えることができたなら

きっとそのときは「誰か」の言動も変わっている



誰かのせいにはしたくない

それが実際に誰かのせいであっても

誰かのために生きてみよう

それは自分のためにつながっている

テーマ:詩・ポエム - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~モザイクハーツ~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

12年全日本2歳優駿回顧

★全日本2歳優駿予想結果★
◎アルムダプタ………8着
○アップトゥデイト……3着
▲サマリーズ…………1着
△タブローム…………6着
△ドコフクカゼ…………11着
△インサイドザパーク…5着
△アメイジア…………落馬中止

 2歳戦ということもあり、交流重賞にしては人気の割れたレースでしたが、勝ったのは藤岡兄騎乗のサマリーズ。スタート直後にアメイジアが落馬して、鞍上のいないアメイジアに絡まれての逃げになりましたが、その他の馬には並ばせることもなく完勝。芝の新馬で4着の後、ダートを3連勝で2歳王者となりました。2着にジリジリと伸びたジェネラルグラント。3着に1人気のアップトゥデイト。2人気のアルムダプタは見せ場なく8着に沈みました。ただ、悩んだ末に枠複で買ったので代理馬(ジェネラルグラント)が来てくれたおかげで馬券は的中(笑)

 サマリーズは1200、1400、1600と距離を伸ばして結果を出しているのは好感が持てます。展望で書いたように、このレースはダートの朝日杯のようなもの。ここを勝ってもダート王道路線で活躍するとは限りません。でも、サマリーズは牝馬であり、牝馬交流重賞はそのレベルに比べて数が多いので、故障さえなければ長く重賞戦線を戦っていける馬だと思います。少なくともレマーズガールぐらいはやれるんじゃないかな。そんなこと言わずにJpnIを今後も勝って行ける馬ならいいのですが、このレースだけではなんとも言えないですね。

 これまで逃げて結果を出していたジェネラルグラントでしたが、ジリジリ伸びてアップトゥデイトを交わして2着。違った脚質で結果を出せたのは今後の収穫になると思います。初の川崎コースも問題なかった。南関重賞でならやっていけるでしょう。交流では一段の成長が欲しいかも。アップトゥデイトは前走もそうですが、2歳馬なのにズブく見えます。伸びずバテずの3着。決め手がない。今後も勝ちきれないレースが続くような気がします。本命にしたアルムダプタは見せ場もなかった。前走は上手くハマっただけだったのかなあ。

 掲示板に中央馬よりも船橋(移籍組含む)馬のほうが多かったのは、地方競馬にとっては良かったと思います。現時点の中央2勝馬と互角以上にやれる馬がそれなりにいるようですから。東京大賞典を最後にフリオーソは種牡馬入り、ボンネビルレコードは大井で誘導馬として引退です。ジェネラル2頭、インサイド、ソルテらはそういうレベルにまで成長してほしい。そうじゃないとロマン派も馬券派も交流重賞が面白くならないですので。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

代々木(DVD)と新潟のセトリ比較

 BUMP初のライブDVDかあ。新潟公演には行ったけど、BUMPは同じツアーでも会場ごとにセットリスト(特にアンコール)をいじっているので、新潟では聞けなかった曲もいくつもあるので、これは絶対買いますよ。代々木のDVDだけど、DVDを見るたびに新潟公演を思い出すだろうなあ。出だしの息が合わずに『R.I.P.』をやり直したり、とか(笑)

 DVD(代々木)の内容は
01.「三ツ星カルテット」
02.「宇宙飛行士への手紙」
03.「HAPPY」
04.「ゼロ」
05.「友達の唄」
06.「Smile」
07.「グッドラック」
08.「ハルジオン」
09.「sailing day」
10.「embrace」
11.「星の鳥~メーデー」
12.「イノセント」
13.「supernova」
14.「beautiful glider」
15.「カルマ」
16.「天体観測」
17.「ガラスのブルース」

 のようですが、新潟公演(アンコール除く)は

1 三ツ星カルテット
2 宇宙飛行士への手紙
3 HAPPY
4 ゼロ
5 ギルド
6 66号線
7 smile
8 グッドラック
9 R.I.P.
10 ホリディ
11 fire sign
12 星の鳥~メーデー
13 angel fall
14 supernova
15 beautiful glider
16 カルマ
17 天体観測

 でした。アンコールは2曲だけのとこもあったようですが、新潟では3曲(スノースマイル、バトルクライ、ガラスのブルース)でした。青森からだと距離的に新潟でも仙台でも大差なかったのですが、仙台はツアーファイナルでチケット無理だろうと判断して、新潟公演へ。今思うと新潟で良かったなあ。ついでに新潟競馬(新潟大賞典と同日)も観戦できたしね(笑) まあ、かなりの強行日程の旅でしたけどね……俺の旅行はいつもそうだけど。

 代々木と新潟を比べると、代々木には「友達の唄」「ハルジオン」「Sailing Day」「embrace」「イノセント」があり、代わりに「ギルド」「66号線」「R.I.P.」「ホリディ」「Firesign」がない。5曲入れ替わってます。地味な存在だと思うんですが、俺は「イノセント」がすごく好きなんで、DVDを見るのが楽しみです。最近のBUMPは「誰か」に向けた唄が多いけど、「イノセント」は「自分」を唄った唄だと感じますので。

 DVDもいいけど前のアルバムから2年。いつも3年おきとかですが、シングルもたまってるし、そろそろ次のアルバムを聴きたいなあと思うところです。そして、またツアーに参加したいですね。

テーマ:最新音楽ニュース - ジャンル:音楽

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

ねぶごん

 ねぶとろは下取り(1万円)してもらい、2000年式ワゴンR RRリミテッド(FF/4AT、車検来年7月まで)の購入決定。諸費用込みで27万円。69000kmで修復歴もないし、相場よりも若干安めの価格だと思います。ずっと使っている馴染みの店(フィアット/アルファロメオ正規D)ですから、安心感もあります。一応、1ヶ月/1000km保証。ねぶとろは購入直後にラジエーター周りがおかしくなり無料修理してもらいましたし、わずかでも保証があるかないかは違いますね。

 試乗もしたのですが、まあ、普通の雪道なら問題なさそう。問題は新雪が大量に積もったときにハマってしまわないか、それだけ。FFで軽い(800kg)ため、ねぶとろと遜色ない加速はしました。ただ、ワゴン車だけに腰高ですし、ベンチシートなのでシートのホールディングも良くない。あと、コラムシフトや足踏みサイドブレーキ(?)は初めてなので違和感ありますね。まあ、すべては慣れでしょうか。冬道ですし、慣れない車ですし、春まではのんびり運転を心がけたいと思います。

 良い点は今や当たり前ですがキーレスエントリー、Wエアバッグ、ABS、オートエアコン付なところですかね。装備は充実している。収納もいろいろあって便利かもしれない。それと新規格(1998年10月以降)軽自動車ですし、ワゴン車なので広い。やる気になれば車中泊もできるでしょうしね。実際、やってる人も多いようですし。今年は新潟までしか行けなかったけれども、もっと遠くへ。北陸や関西まで行きたいですね。「ねぶごん」と。代車を引っ張って、納車は年明けの予定です(笑)

テーマ:軽自動車 - ジャンル:車・バイク

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

12年全日本2歳優駿展望

 明日は2歳ダート王決定戦の全日本2歳優駿です。地方馬はトーシンブリザード、フリオーソ、ラブミーチャン。中央からはアグネスワールド、アグネスデジタル、ユートピア、スーニなど次代のダート界を担う馬を輩出しています……が、翌年のJDDを勝ったのはトーシンブリザードとフリオーソだけですね。これから伸びてくる馬や中央勢だと芝から移ってきた馬に大物がいたりして、砂の朝日杯という印象があります。まずは各馬の短評から。

1.ルード…既に5勝もしていますが、反面で地方重賞勝ちも1度もない。南関遠征は2度目ですが、鎌倉記念では7着。中央馬もいるJpnIでどうにかなるはずもない。

2.インサイドザパーク…6戦6連対で2敗していますが2度とも出遅れてのもの。南関馬筆頭。ただ、クラグオーをモノサシにすると強気にはなれない。地の利を生かしてどこまでやれるか?

3.サマリーズ…芝の新馬は負けましたがダートで2連勝。父HARD SPUNは聞いたことない種馬ですが祖父はDANZIG。1200で圧勝。1400で辛勝。1600では負け。距離が伸びてどうか?

4.キタサンオーゴン…重賞連勝中のインサイドザパークですら半信半疑なのに、ハイセイコー記念5着馬で、コース経験もない馬では普通に考えると厳しいでしょう。

5.ジェネラルグラント…3人気に推された北海道2歳優駿ではバテて5着。そのときに完敗したアルムダプタもいます。ただ、人気ガタ落ちでしょうから穴で一考。

6.アルムダプタ…7人気ながら前走の北海道2歳優駿を完勝。まだ底を見せていません。人気でしょうが消す要素は特にない。問題はどの程度の人気になるかですね。

7.オグリタイム…水沢で重賞を勝っていますが、前々走の平和賞では大敗。3走前のサンライズCでも大敗。この面子では荷が重過ぎると思います。

8.ドコフクカゼ…ダートばかり使って2-1-0-1の成績。父ワイルドラッシュというのもいい感じ。問題は15年で80勝。重賞10戦未勝利という鞍上が不安すぎる。

9.アップトゥデイト…兵庫ジュニアGP2着馬。勝ち馬にはちぎられましたが、500万勝ちでJpnII2着の実績はこの面子では上位。鞍上の岩田も心強い。

10.アウトジェネラル…交流重賞も含め、重賞で好走を繰り返していますが勝ちきってはいない。前走以上に面子のそろったここではどうですかね?人気ガタ落ちであろう今回は連穴として面白そうですが。

11.アメイジア…5戦してすべて3着内という安定株。インサイドザパークとはさほどの力差はなさそう。今野騎手の乗り方次第では上位争いもできるかも?

12.クラグオー…ここ2走を見ると南関馬相手ならどうにかなっても、中央馬まで混じるとなると苦戦を強いられそう。目標はやはり父母姉が制した北海優駿制覇か?

13.ソルテ…人気薄ながら前走のハイセイコー記念を圧勝。前走は過小評価されすぎていたか?ただ、今回はJpnIです。大井でしか走っておらず、左回りの適性もわかりません。

14.タブローム…芝の3戦は大敗ばかりでしたがダートに変わって2連勝。ただ、こちらもドコフクカゼと同じで、12年で105勝。重賞21戦未勝利という鞍上が不安すぎます。

 地方他地区馬は交流重賞5着以内かそれに匹敵する実績が必須。今年の他地区馬3頭で合致する馬は不在。南関馬も南関重賞で3着内程度は必須。キタサンオーゴンは論外。

 残りの10頭はどれも馬券にならないと言い切れないのですが、500万をタイム差なしで勝ちあがり、鞍上が微妙すぎるドコフクカゼ、タブロームは軽視。勝つ気なら内田でもユタカでも乗せればいいわけだしなあ……。

 交流重賞連対歴のあるアルムダプタ、アップトゥデイトは実績上位、実力上位と見ます。人気でしょうが、この2頭を軸にした3複勝負。ヒモが穴なら3複だけにそこそこつくかと思います。相手は微妙な鞍上でも中央の3頭、そして地方勢ではインサイドザパーク、アメイジアまで。ジェネラルグラント、アウトジェネラルのノーザンF&サンデーRのジェネラル2頭は前走での差はひっくり返せないと見ました。未対決の生え抜き南関馬のほうが未知の魅力がある。

◎アルムダプタ
○アップトゥデイト
▲サマリーズ
△タブローム
△ドコフクカゼ
△インサイドザパーク
△アメイジア

テーマ:南関東公営競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

12年朝日杯FS回顧

★朝日杯FS予想結果★
◎コディーノ……………2着
○ラブリーデイ…………7着
▲ゴットフリート…………3着
△フラムドグロワール…4着

 展望で「素直にコディーノ本命でヒモは外人中心」と書いて、事実そのように買ったのですが、外枠を嫌ってロゴタイプを消したら、勝たれてしまいました。ロゴタイプを消してもガミるわけでもなかったのに、俺のバカバカバカバカ……。枠でも1380円、3複なら4530円とそれなりについたのに俺はバカすぎる。2,3,4着で玉砕しました。

 ロゴタイプというかさすがミルコという騎乗でしたね。ミルコの談話にもあったし、事実、ラップは緩急入り乱れるものでしたが、外枠からすっと好位につけ、直線半ばで抜け出すとコディーノに並ばれても決して抜かせない。ノリが下手に乗ったわけではないけれど、鞍上の差なのかなあと思いました。2000まで持つとミルコは言ってますし、ローエングリン×サンデーなら確かに2000までは持ちそう。2400だとキツイかもしれない。重賞でも崩れていなかったし、連下はあると見るべきでした。俺は連単馬券は基本的に買わないですしね。

 圧倒的人気のコディーノはラクな手ごたえで前を行くロゴタイプに並びかけましたが、並んでから追っても追っても抜けずに2着。着差はタイム差なしのクビですが、どこまで行っても詰まらない差に見えました。完敗。父も中山の京成杯で負けていますし、母も叔母もやや晩成傾向でしたから、これからの馬でしょうか。3着にもローエングリン産駒で外人騎手(スミヨン)のゴットフリートが抜けてきました。決して多くはないローエングリン産駒がGIで1,3着。まあ、ローエングリンがGIには手が届かなかったけれども、重賞4勝の良血馬ですしね。

 4着も外人騎手(ウィリアムズ)騎乗のフラムドグロワール。母がオークス馬ですし、距離が伸びてこそでしょうか。もちろん馬の能力もあるのですが、今回の着順を見ると、概ね騎手の腕の順に見えるのは気のせいですかね……?

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

12年朝日杯FS展望

 2012年も残すところ2週間を切りました。皆さんの馬券成績はどうだったでしょうか。俺はまあまあかなあ。10月下旬あたりは回収率100%目前まで迫ったのですが、残り2週の時点で中央と地方の合算回収率は87.0%。残り2週で逆転の100%超え……とまで行かなくても連勝で90%越えをして、来年に弾みがつくような予想と結果になればと思います。このごろ、せわしいのとねぶとろ臨終のショックのため、短評は割愛させていただきます。すいません。

 コース的に外枠が不利であり、過去10年の朝日杯で7,8枠から連対したのは03年のメイショウボーラーのみです。メイショウボーラーはそれまで重賞2勝を含む4戦無敗であり、単勝2倍の1番人気馬でした。しかも、逃げ馬で外枠の不利を受けにくかったとも言えます。それが2着ですので、やはり外枠は不利であると言わざるを得ません。基本的に7,8枠は消しでいいと思います。逆に内枠の馬は要注意です。

 グレード制を導入した1984年以降の枠順の出目を調べましたが、8枠の連対は1986年の勝ち馬・メリーナイス(2番人気・先行)と03年の2着馬・メイショウボーラー(1番人気・逃げ)のみ。人気馬かつ前に行ける馬じゃないとダメみたいです。27年間・計54頭の枠の内訳は1枠8頭、2枠6頭、3枠7頭、4枠8頭、5枠11頭、6枠11頭、7枠3頭、8枠2頭となっています。5,6枠は活躍しているので「内枠だから良い」のではなく、「外枠だからダメ」というほうが適切なようです。

◇チェックポイント◇
・前走・新馬戦:いない
・前走・重賞以外で3着以下:いない
・前走・500万下以下で1人気ではない:ネオウィズダム、ゴットフリート、ワキノブレイブ、ロゴタイプ
・前走・重賞で8人気以下/10着以下:ザラストロ、アットウィル
・前走・1200m以下:ティーハーフ、ディアセルヴィス
・7、8枠:ディアセルヴィス、ロゴタイプ、マイネルエテルネル、ノウレッジ
・11番人気以下:ワキノブレイブ、ディアセルヴィス、マイネルエテルネル、アットウィル、ノウレッジ、ネオウィズダム

 残ったのはテイエムイナズマ、コディーノ、ラブリーデイ、クラウンレガーロ、エーシントップ、フラムドグロワールの6頭。3戦無敗・重賞連勝中のコディーノは3枠5番と好枠を引きました。レースセンスの良さを見せていますし、かつてのバブルガムフェローを彷彿とさせますね。連は手堅く確保すると見ます。素直にコディーノ本命でヒモは外人中心。先週の結果を受けてデイリー杯組は軽視しました。馬連でも枠連でも大きなオッズ差がないので枠連3-2,3,5,6を考えています。3-5が400円前後なので、あるいは3-5を切るかもしれません。

◎コディーノ
○ラブリーデイ
▲ゴットフリート
△フラムドグロワール
△エーシントップ

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

さらば~スバル~よ~♪

 さらば~スバル~よ~♪こんにちは、ねぶです。愛車ねぶとろは電磁クラッチどころではなく、ECVT(変速機)がいかれたそうです。工賃だけで10万。中古のECVTが最低で10万。新品なら50万。もっとも基本的に同じ車には同じミッションじゃないとダメだそうですし、ねぶとろのミッションはECVT+スピードシフト(6速手動変速)というキワモノなので、中古でみつかりっこありません。見つかったら移植するのではなく、そのまま乗り換えたほうがいいわけで……。

 というわけでねぶとろは廃車です。ねぶとろに乗れなくなるのはとても悲しいし、突然の大出費で泣きたくなります。いつまでも代車に乗ってもいられないので、いつもの店へ買い替えの相談へ。本当ならまたビストロSSが良いのですが、そんなもんはないですね。GOO-NETでビストロSSの4WDを検索すると……1台だけ。車体価格だけで35万円。車検なども考えると50万近くなる。そこまで急には出せないので、何年もヴィヴィオを乗ってきましたが諦めます。サラバ、愛しきビストロたちよ。

 いつもの店には平成12年式ワゴンR RRリミテッド(70000km、FF、199000円)ってがあり、FFに目をつぶればそれでも良かったんですが、やはりどこへ行かねばならなくなるかわからん仕事柄、FFは不安です。お店の方もそれだとFFはオススメできないとも言われました。当たり前ですね。昨日、弟とも電話で話しましたがFFだと使いもんにならないと言われました。うちの周りは郊外で、除雪も丁寧にやってくれないし、実際、弟のワゴンR(FF)がスタックしたこともあったので。

 というわけでお店に条件に合う車を探してきてもらうことにしました。ターボ/スーパーチャージャーで4WDの手ごろな値段の軽。車種までこだわってられないので、玉数が豊富なワゴンRかムーヴで良いと伝えました。まあ、条件を満たすならアルトでもミラでもライフでもプレオでも良いんですけどね。半月ぐらいあれば余裕で見つかるでしょう、たぶん。しかし、今年は車関連のトラブルばかりだ。そして、〆の12月はねぶとろ死亡ですか。来年はほんといい年になってほしいです。

テーマ:軽自動車 - ジャンル:車・バイク

晴れ時々ウツ | コメント:2 | トラックバック:0 |

郵送物と体重変動とねぶとろと。

 JRAから電話投票会員向けに郵送物が送られてきましたが、チラシだけだな……WINS(場外馬券売り場)に行けば置いてあるレベルの。数年前まではDVDだのコースター(コップの下敷き)、卓上カレンダーとか送ってきたのになあ。チラシだけなら送ってこなくていいわ(笑) もらった人の多数には不要だろうし、JRA的にも出費削減したいだろうし。送ってくるなら以前のようにDVDの一枚でも送ってくれよ。『ウマドンナ2』(JRAによるブラウザ恋愛ゲーム)とか作ってないでさ。『ウマドンナ2』よりも俺は「ハリボテエレジー」のほうが良いんだが……。

 このところ、またエアロバイクをこいでいます。真夜中に(笑) ゆっくりできるのが真夜中なので(23時頃まで出先の場合が多い) 俺は年中、出不精ですが、まあ、冬場はなおさら運動不足になるのとロクに運動しないと筋力がドンドン落ちちゃいそうですから。30~60分ほどこいでます。3,4日でも少し絞れた気がします。体重の変動が激しいんですよね、俺。馬で言えばランフォルセ並に(笑) この10年でも83kg→106kg→85kg→92kg→79kg→85kgという感じで変動しています。身長を考えても80kgを切るぐらいでベストだろうなあ。

 今年4度目の入院になったねぶとろですが、車屋からは連絡がない。年末で慌しいから後回しになってるのかな。まあ、代車借りているんで問題はないんですが。ただ、乗りなれない車だと落ち着かないですわ。おっそいしね。同じNA(自然吸気)の3段ATでも、アルトエポよりもミニカバンのほうがずっと良い。車検時、ぶつけられた時など代車がミニカバンだったのですがあれは良かった。NAの軽で最速じゃないの?と思えるほどキビキビ動くし、燃費もすごく良かった。各所の口コミを見ても俺と同じような意見が見られます。ともかくねぶとろカムバック!

テーマ:日々のつぶやき - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

12年香港国際競走回顧ほか

 昨日は2歳女王決定戦・阪神JFが行われましたが、2歳牝馬戦なんて取れる気もしなかったので、ロクに予想もしなかったし、結局ケンしました。勝ったのは秋山騎乗の5人気ローブディサージュ。先行して粘るクロフネサプライズを外から差しきってGI制覇。秋山騎手は今春のNHKマイルCまでGI未勝利でしたが、今年だけでGI2勝目。1つ勝つとポンポン勝てるのかな。おめでとうございます。昨日の朝日CCもショウリュウムーンで制し、土日重賞連勝。勢いありますね。

 馬券を勝ったのは中山メインのカペラS。前走でOP勝ちのエーシンウェズンとスリーボストンの単を勝ったのですが、スリーボストンは先行して失速。エーシンウェズンは馬群から伸びてきましたが2着まで。勝ったのは末脚炸裂のシルクフォーチュン。地方はかしわ記念の1度だけ、それもいつもとは違う先行策でしたが、地方の砂よりも中央の砂のほうが向いているのかもしれません。それに地方は中山よりもさらに小回りなコースが多いですしね。この後は根岸SからフェブラリーSのようです。

 香港では香港国際競走も行われました。香港ヴァーズではジャガーメイルが短頭差の2着。不良の目黒記念で2着だったのが記憶に残っていますし、香港Vは過去3回挑戦して、3,4,4着。今回は2着。時計のかかる芝が合ってるんでしょう。それにしてももう8歳馬なのですが頑張りますね。GIIならまだ勝てるのかもしれません。春天だの菊だけでは種牡馬になれないんだろうなあ。オウケンブルースリやマイネルキッツも未だに現役ですし……。

 香港マイルにはマイルCSの1,2着馬であるサダムパテックとグランプリボスが挑みましたがそれぞれ6着、12着に敗れました。両馬とも中山重賞を勝っており、時計のかかる芝への適性はあると思うのですが、昨今のマイル戦線は勝ち馬がコロコロ変わっていますし、現状の日本もマイル戦線のレベルがあまり高くないのかもしれません。メインの香港Cに日本馬の出走はありませんでした。パン屋の主人がオーナーの仏ダービー馬・サオノワも出走していましたがブービー負け。取消ましたがシリュスデゼーグルなども遠征していましたし、JCよりも豪華メンバーでしたね。どう見ても。

 これまで何頭もの日本のスプリンターが挑戦して、そのほとんどが大敗ばかりの香港スプリントでしたが、今年のスプリンターズS勝ち馬のロードカナロアが先行抜け出しで完勝。1200で2馬身半差というのは決定的な差。香港のスプリントの層は厚いですし、ロードカナロアの今後が楽しみです。正直、高松宮記念で負けたときはプレシャスカフェみたいなもんじゃないの……とか思ったりもしたんですが、全然違ってましたね。それとこの馬の漢字表記が「龍王」ってのはカッコいいですね。イカス!(笑)

 昨年、好走した今年の高松宮記念馬カレンチャンはスタートでつまづいて7着。普通にスタートできればもう少し上の着順はあったのかもしれませんが、カナロアに勝てたとは全く思えませんし、これで引退。怪我なく勲章を持って繁殖入りできて良かった。母と同じように香港へ遠征できるような仔を送り出してほしいと期待します。それにしてもクロフネの仔は牝馬ばっかり活躍しますね。阪神JFのクロフネサプライズもそうでしたが。フサイチリシャール以外のクロフネの牡馬は記憶にないんだが。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:2 | トラックバック:0 |

ねぶとろ、本年4度目の入院。

 愛車ねぶとろに乗って2年半。今年は実に多くのトラブルに見舞われました。1月に雪道でハマった(俺の過失)、3月にバッテリー死亡→交換、6月に他車にぶつけられる(100%相手保障)、10月にシートベルト不着用で捕まり減点1(腰痛かつ近場なのでたまたま不着用)、そして12月の今日、トランスミッショントラブルでねぶとろ入院。旧車と呼んでも差し支えない車ですし、あちこちおかしなところが出てきますね。

 ヴィヴィオはCVTですが、トルクコンバーターではなく内部的にはクラッチ(電磁/パウダー)があります。それゆえに昨今のAT/CVTとは違ったダイレクト感がありつつ、運転もラクラクなのですが、やや耐久性に問題があったようで、後継のプレオでは普通のトルコンCVTになっています。たぶん、ねぶとろの症状も電磁クラッチ周りと思われます。10万kmほどで交換すべきもののようなのでクラッチの寿命か……?

 電磁クラッチの交換は部品代と工賃で10万強が相場の模様。2,3万ならともかく10万強など気軽に出せるお金ではないけれど、車がなければ仕事にならんし、10万強で買える車なんて10万km以上走ったNAの軽しかない。クラッチ交換して乗り続けるしかなさそうです。つい先日、冬タイヤを新調したばかりでもありますし、ねぶとろに愛着もあるので、納得の行く車に買い換えるまで、だましだまし乗るしかない。

 上記のように、今年は車のトラブルに頻繁に見舞われましたが、他人に被害を与えるようなことはないのが不幸中の幸いか……。俺のフトコロと精神にダメージを与え、馴染みの店に手間暇かけさせただけなので。他人に怪我や物損を与えたら1回でも大問題ですしね。しかし、今回が一番、フトコロに大ダメージ。額で言えばぶつけられたときのほうが大きいけれど、それは相手の保険で全額修理しましたし。

 で、代車がやってきたので、今日の指導は1件目は順延。2件目は代車でGO。ただ、代車のアルトエポは狭い。脚がなg……いや、長身の俺には狭苦しいです。代車は新規格軽自動車、ねぶとろは旧規格ですが、ヴィヴィオは運転席が車の中心から助手席側まで張り出しているので、運転席が広いのです。あとNAだから坂道登ると力不足です。他にもいろいろ……ねぶとろカムバック!

 ともかく今日は疲れた。疲れたよ、パトラッシュ……(寝る)

テーマ:修理 - ジャンル:車・バイク

晴れ時々ウツ | コメント:2 | トラックバック:0 |

雪の降る町

 早いもので今年も12月。年賀状を刷らねばなりません。去年送ってくれた方には返信致します。カラーインクを切らしていたので、AMAZONに注文中。たぶん明日あたりインクが届くでしょうから、近日中に刷るつもりです。俺自身の年賀状は10枚出すかどうかってとこですが、オヤジの分の年賀状が200枚。届くのは250枚ほど。かなり多いと思うのですが、毎年、切手シートしか当たらない……。1回だけふるさと小包が当たったかな?引きが悪い我が家です。皆さんも年賀状の準備してますか?

 まだ12月に入ったばかりなのですが、昨夜はまとまった雪が降りました。早くもこの雪が根雪(春まで溶けない雪)になっちゃうのかなあ。ここ数年、本格的に積もるのは12月中旬、下旬だった記憶があるのですが。雪が積もると道幅が狭くなり、慢性的な渋滞が起こりますし、何より滑るので夏場よりも運転に気を遣います。暖冬であって欲しかったのですが、例年並の積雪になるのかな。1ヶ月ほどで痛みも収まった腰ですが、雪かきでまたイっちゃわないか心配でもあります。

 ところで、ファッションやアクセサリなどにまったく気を遣わない俺ですが、オヤジが部屋を整理していたら出てきたというワニ革の財布をもらいました。バンコクへ行ったときに買ったものだそうです。ブランド品ではないし、外国で買ったものだからさほどの値段ではないと思いますが、本ワニ革だけに高級感はありますね。常にカジュアルな格好ですから、ワニ革財布でも問題ない。ただ、カード類を入れるポケットがやや不便。それと財布は立派でも、中に入るべきお金が多くないのが悩みです(笑)

テーマ:日々のつぶやき - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

12年クイーン賞回顧

★クイーン賞予想結果★
◎捕鯨………………13着
○プリンセスペスカ…7着
▲アスカリーブル……9着
△クラーベセクレタ…2着
△アクティビューティ…8着

 単勝10倍以下が6頭もいる交流重賞としてはかなり人気の割れた一戦でしたが、勝ったのは内田騎乗の3歳馬レッドクラウディアでした。好スタートからそのまま逃げ切り、直線では他馬につけいる隙も与えませんでした。2着にジリジリと伸びてきた1人気のクラーベセクレタ。3着に大穴で高知のアドマイヤインディが突っ込んで、3連馬券は大波乱になりました。クラーベ以外の人気馬は総崩れ。2人気のプリンセスペスカも3人気の捕鯨も、アスカリーブルもエミーズパラダイスも大敗しました。

 レッドクラウディアは休み明けと、その休み明け前のスパーキングレディーCが52kgで4着。一kg増になりますし、その時以上のパフォーマンスを望むのは酷かなと思ったのですが、伸び盛りの3歳馬だけに、休養中にパワーアップしてたんですかね……。ニホンピロアワーズが圧勝したのと同じぐらい驚きました。この後は年始のTCK女王盃へ向かうようですが、牝馬戦線に新星誕生でしょうか。ミラクルレジェンド以外のダート一線級相手に圧勝ですから。

 クラーベセクレタはラクに先行し、ジリジリと伸びていましたが、逃げた勝ち馬が0.4も早い上がりですので、差を詰めるどころか広げられました。このところのこの馬の戸崎の騎乗にはクビを傾げます。地力で逃げ馬を潰すぐらいの気迫が欲しかった。アドマイヤインディがまさかの大金星。スルスル伸びてきて、最後にグイっとクビだけハルサンサンを交わしての3着。高知の調教師は遠征が多いから、人の経験が活きているのかな。ヒノデマキバオーレベルはさすがにいないが、ゴールデンバット、グランドコブラレベルはゴロゴロ実在しますね(漫画だがw)

 ずっとダート馬に違いないと力説してきた捕鯨だったのですが、いきなりスタートで躓いてしまいました。その後盛り返していきましたが、中団まで上がったところで力尽きたのか3角前でズルズル後退。勝つか惨敗と思ってはいましたが、半馬身後ろに1頭いるだけの大惨敗は予想してなかった。ダート適性が微妙だったのかもしれませんが、馬のデキも良くないのかな……。このまま使い続けても調子が上向く感じもしません。牝馬だし、GI馬だし、ここが引き際なのかも……。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『価値と価格』

『価値と価格』

「ローマは一日にしてならず」

わざわざそんな格言を持ち出すまでもなく

求める何かが容易く手に入るはずもない

容易く手に入ったならそれはたぶん偽物

得るのが難しいからこそ価値が生まれる



先のことは全くわからないのに

ハナから諦めてどうするんだ?

漠然としてたって何の問題もない

雲の彼方に頂きが見えれば十分

不安はとりあえずカバンに詰めとけ



がむしゃらに進んでいけば

曖昧な願望は鮮明な展望に

くじけずに続けていれば

鮮明な展望は確固たる結果へ

仮に至らなくとも、その過程はプレミアム



傍から見れば無様でも、ジタバタあがこうぜ

解った風な顔して諦めるなんてつまらない

そこが下りのエスカレーターだとしても

上へ向けて一生懸命に逆走してやろう

激しい鼓動と乱れる呼吸はプライスレス

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~モザイクハーツ~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

12年クイーン賞展望

 明日は船橋でJpnIIIクイーン賞が行われます。交流重賞はなんだかいつも似たような面子で行われますが、明日のクイーン賞はなかなかにフレッシュな面子です。しかもハンデ戦なので馬券的妙味もありそうです。ほとんどの交流重賞は当てるのは簡単だけど、買い方をガミるというおかしな現象が起こりますが、明日はそれはなさそうです。

1.レッドクラウディア…鞍上が南関を知り尽くした内田なのは心強いけれども、3歳牝馬でこの実績では買いづらい。スパーキングRCよりも面子はそろっているし、それ以来の5ヶ月ぶりの実戦。苦戦必至。

2.スズリスペクト…A3で掲示板の馬など通用するはずもない。

3.ホエールキャプチャ(捕鯨)…今年のVマイル馬。この馬はダートで真価を見せると何度も書いてきたので、やっと使ってきたかという印象。近走不振ですが、予想通りのダート適性があるなら、普通に完勝していいはず。血統や脚質、走りっぷりからダートは良いと思うんですが果たしてどうなるか。

4.ネオグラティア…前々走でエミーズパラダイスに圧勝ですが、前走は人気を背負ってダブルウェッジに負け。ハンデも軽いし、町田だし、3連の穴では面白そうです。

5.アドマイヤインディ…中央1000万で通用せず高知で連勝中。とはいえ高知重賞では3着でした。通用するはずも無い。

6.トウホクビジン…一昨年の3着馬。一時期の不振からは脱したように思えます。とはいえここは敷居が高すぎる。追い込んで掲示板に載れたら健闘でしょう。

7.ロッソトウショウ…金沢馬ですが、名古屋、姫路、園田と遠征して結果を出しています。ただ、個人的に期待したレディスプレリュードでは見せ場なく大敗。中央馬が引っ張るレースでは置いていかれて勝負にならないのかも。

8.エミーズパラダイス…前走は快進撃を続けていたアスカリーブルを振り切ってロジータ記念勝ち。ただ、ベストは1600~1800あたりと思うので距離短縮はプラス。なんだかんだで成績も安定しており、春先のマリーンC4着もあります。馬券になっても不思議ない。

9.ハルサンサン…年始のTCK女王盃では中央馬を下しての交流重賞勝ち。前走を叩いての参戦ですが、一叩きでガラリ一変と行くでしょうか。駿がヘタなわけではないけれど、主戦の今野がアスカリーブルに乗るので乗り代わりでもあります。ここは様子を見たい。

10.アスカリーブル…南関牝馬二冠馬。前走は同厩のエミーズパラダイスの後塵を拝しました。デビューから休みなく月1で使われており、デキがどうなのか少々気がかりです。デキが普通なら好走して当然でしょう。

11.ショウリダバンザイ…これまでの交流重賞実績を考えれば買える馬ではない。門別や盛岡でなら勝ち負けなんでしょうが。

12.アクティビューティ…前々走で準OP勝ち。前走はイジゲンに完敗。普通なら準OP勝ちの実績があれば勝ち負けなんですが、今回は南関勢の面子が厚い。それだけに馬券的な妙味はありそうです。穴で一考。

13.プリンセスペスカ…前走ではミラクルレジェンドに交わされてもしぶとくすがっていました。今回の中央馬で一番安定感があるのはこの馬でしょう。

14.クラーベセクレタ…南関の女帝。ミラクルレジェンドに苦渋をなめさせられまくりでしたが、その宿敵は不在。ただ……近走の走りに疑問があります。キレる脚はないし、行く馬がいなければハナに立つぐらいの競馬のほうが合ってそう。戸崎の手腕が問われる一戦と思います。

捕鯨が牝馬クラシックを走っていた頃から、勝手に「砂の怪物」だの「少なくともミラクルレジェンド、ラヴェリータ級」などと書いてきた手前、捕鯨本命。地方重賞の前日オッズなんて、中央GIの前々日売り並にアテにならんけれど、単3.6倍の1人気。2倍を切るようならちょっと考えますが、2~3倍程度の単人気なら捕鯨から流します。

◎捕鯨
○プリンセスペスカ
▲アスカリーブル
△クラーベセクレタ
△アクティビューティ

テーマ:南関東公営競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『素数』

『素数』

素数はあまり好きじゃない

なんだかとっても寂しそう

どうにも不安定な感じがして

今の僕と重なって見えるから



その一方で偶数は好きなんだ

見かけるとホッとする僕がいる

自分自身が2でさえなければ

自分の他に1と2はついてくる



放っておけなかったのか?

見ていられなかったのか?

自分でもよくわからないけれど

いつもテレビの音量を偶数へと変える



こんな風に思う僕はやっぱり素数

僕と掛け合える偶数を探さなくちゃ

あるいは、僕に足りない「1」を加えよう

いつかは合成数になれると願いながら



2007年9月20日作
ラジオNIKKEI『私の書いたポエム』2012年12月2日採用

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

12年JCダート回顧

★JCダート予想結果★
Bローマンレジェンド……4着
Bエスポワールシチー…10着
Bイジゲン………………15着
Bワンダーアキュート…2着

 展望で「騎手、厩舎、血統と地味な印象が拭えませんが、実力は確か」「目下の勢いを考えれば馬券になっても不思議ない」と評したニホンピロアワーズが、2着ワンダーアキュートに3馬身半差の圧勝で、馬、騎手、厩舎にとっての初GI勝ちを挙げました。2,3着は十分あると考えていましたが、まさかこんな圧勝を飾るとは予想外。馬券は外れたんですが、基本的に判官びいきなので、地味な人馬が挙げた初GI勝利で良かったなあと素直に思いました。この勝利がニホンピロアワーズや関係者にとっての転機になるといいですね。

 ワンダーアキュートも伸びましたが、ホッコータルマエを交わすのが精一杯。叩いてデキは少なくとも前走並ではあったと思いますが、昨日は勝ち馬が強すぎた。勝ち馬の後ろにいましたが、勝ち馬のほうがより自在性で勝っていたそんな感じがします。ホッコータルマエは前走も大健闘だと思ったのですが、今回もまた3着。緩むところがなく、ラクなペースではなかったと思いますがよく粘りました。今後が楽しみですが、前走も昨日も3着では賞金が上積みできない。どこかの交流重賞で1つ勝ってほしいですね。一番強い3歳馬はこの馬だったのかなあ?

 人気のローマンレジェンドはジリジリとしか伸びず完敗。「勝っても4着でも不思議ない」と書いたら4着でした(笑) GIII連勝の馬ですからある意味納得。ダートで連勝する馬は多いけれども、GIまで一気に駆け上がる馬はなかなかいないですし。まだ4歳ですし、来年以降に期待。姉を見ればたぶん交流重賞でも砂を気にするということはないかと。その姉であるミラクルレジェンドは今年も6着。牡馬相手のGIだとやや苦しいか……。ただ勝ち負け必至のクイーン賞を蹴ってJCDに出てきた経験が今後に活きると思います。そういう意気込み、嫌いじゃないぜ(笑)

 人気のイジゲン、トランセンド、エスポワールシチーは直線で逆噴射。トランセンドは藤田が出ムチを入れてもエスポ他にラクに先手を取られてしまいました。ここまで負ける馬ではないと思いますが、昨年までの力はもうない。4角前にズルズルですので、GIどうこうはもう言えないでしょう。エスポも南部盃を圧勝したとは言え弱面相手だったので過大評価だったかなあ。どちらもそろそろ潮時かもしれませんね。イジゲンはまたも出遅れ。前走同様にまくって行きましたが、まくりきる前に失速。出遅れをどうにかしないと重賞では厳しい。

 カネヒキリ、ヴァーミリアン、エスポワールシチー、、トランセンド、スマートファルコンとここ7、8年ほどはその年におけるダート王がハッキリしていましたが、今年は混沌としています。ダートGI(JpnI)を2勝以上したのがエスポワールシチー(かしわ記念、南部盃)だけです。近年にない大混戦。そして、今回勝ったのもダートGI初勝利のニホンピロアワーズ。メディアでは「新ダート王」などと煽ってますが、ファンも関係者も誰もそんなことは思っていないはず。「有力候補に名乗りを挙げた」が適切でしょう。今年のダートGI勝ち馬で、年の瀬の東京大賞典を制すれば、その馬が「最有力候補」だろうと思います。さて、大賞典にどの馬が出てくるかなあ。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

12年JCダート展望

 外国馬の全然来ないジャパンカップダートです。ただでさえ日本のダート……というかサンドは異質だと知れているのに、米国と異なる右回りじゃ海外馬は来ないよなあ。ユタカが自分のHPに書いていましたが、JCDを中京開催にするという手もあっていい。中京なら人も入るでしょうし、GIをもう1つ増やしてもいいんじゃないのと思います。代わりに阪神か京都でVマイルでもやればいい。古馬で府中マイルGIを走りたいなら安田記念があるわけですし。それはともかく出走各馬の短評から。

1.ハタノヴァンクール…今年のJDD馬。前走のみやこSはまったく見せ場なく大敗。JpnIを勝ったので57kgを背負わされましたが、あの負け方はそういう問題ではないように見える。ホッコータルマエ以外、JDDを使った馬のその後がぱっとしませんし、JDD組のレベルが低かったのかなあ。そもそもここは相手が強すぎる。

2.シビルウォー…重賞4勝、前走のJBCCは2着。このところ地方でばかり走っているせいなのか、単勝60倍前後と穴馬もいいところ。しかし、今年の東海Sで6着ですし、中央ダートに対応できるスピードもあるはず。この人気はなめられすぎとしか思えないのですが。ハタノよりはよほど買えると思います。

3.ミラクルレジェンド…重賞7勝馬。前走はJBCレディスを完勝。牝馬だからなのか、地方でばかり走っているせいからか、まったく人気なし。ただ、弟が一番人気なのに姉のこの人気のなさ。昨年のJCDは6着。勝つのは厳しいかもしれませんが、3着があってもまったく驚かないです。

4.エスポワールシチー…GI7勝馬。GIを総なめにしてた頃の勢いはないけれど、昨年よりは復調していると思います。前走の南部盃圧勝。前々走はローマンレジェンドと叩きあっての2着。このときはローマンより3kg多く背負っていました。問題は主戦の哲三さんが大怪我でユタカに乗り代わり。主戦でないのは気がかり。

5.トゥザグローリー…重賞5勝のGII大将。ウイリアムズ騎乗と母や叔父らのダート実績、本馬自身の馬格や走りから穴人気しているのでしょうが、初ダートがGIで好走したのは母(3着)ぐらいしか浮かばない。穴人気するのも分かるんですが、正直、不安や懸念のほうが大きい。

6.ナムラタイタン…安定感はありますが、この相手では実績や勢いで見劣りますし、1800が長いようにも見えます。加えて熊さんがまた落馬するんじゃないかと心配です。

7.トランセンド…GI4勝で去年・一昨年の勝ち馬。遠征帰り、長期休養明けのJBCCでは休み明けらしい垂れ方。一叩きされて条件もベスト。巻き返して不思議ないのですが、昨年より面子がそろっており、その点がどうか。

8.イジゲン…前走の武蔵野Sでは4,5馬身もの大出遅れから一まくりで完勝。まさに異次元の強さを見せ付けました。武蔵野S組はこの馬だけでいいと思います。正直、前走は手薄な面子でもあった。陣営も出遅れしないように取り組んだようですし、ムーアも2度目なので巧くやってくれるはず。

9.ホッコータルマエ…レパードS勝ち馬。人気はないですが、前走は人気のローマンと0.1差。ローマンが前詰まり起こしていたのもありますが、この馬自身も相当に成長していると思います。勝ち負けは厳しいかもしれませんが、掲示板に載るぐらいして、来年へ弾みをつけて欲しい。

10.ローマンレジェンド…ダートで8勝2着1回。岩田は騎乗停止ですが乗るのはデムーロ。人気になるのは分かりますが、GI級が何頭もいるここで抜けているかと言えばなんとも言えない。好走はするでしょうが人気に見合っているかどうか?勝っても4着でも不思議ない。10着なら悪い意味で驚くけれど(笑)

11.ダノンカモン…芝を使って迷走していましたがやはりダートでは走りますね。ただ、何度走っても重賞で勝ちきれないこの馬が、重賞初勝利をGIで飾るとは考えられない。前走もイジゲンには完敗ですしね。

12.ワンダーアキュート…休み明けのJBCCを圧勝。和田騎手は11年ぶりのGI制覇。今度は11年ぶりの中央GI制覇がかかります。去年の2着馬で、フェブラリーSも3着。休養を挟んで良くなってきたそうですし、前走ぐらい走ればここも勝ち負け。ただ、この人気で買うには不安もあります。面子が前走よりぐっと強化されていながら、人気もぐっと上がっている。

13.グレープブランデー…昨年のJDD馬ですが、その後が冴えません。OP特別を勝ちましたが、少頭数かつ手薄な面子で評価しづらい。前走、前々走で先着された馬が何頭も出てくるここでは苦戦必至。ルメールでもどうにもならんと思います。

14.ニホンピロアワーズ…騎手、厩舎、血統と地味な印象が拭えませんが、実力は確か。重賞勝ちは3つとも地方でのものですが、東海S、みやこSと中央でも連対しています。人気のローマンとも僅差の競馬。目下の勢いを考えれば馬券になっても不思議ない。昨年のこのレースでは不利もあった。

15.ソリタリーキング…前走の完敗で人気暴落。それもやむなしかと。この馬にヴァーミリアンの姿を見た人は多かった(俺も)が、兄は兄でもサカラートだったのかなあ。近走の戦績はサカラートをなぞっています。GIでは厳しいのかもしれません。正直、手堅く浦和記念でも良かった気がします。

16.ナイスミーチュー…シリウスS勝ち馬。ただ、前走を見ればGIでは荷が重いんじゃないかなあ。

☆チェックポイント☆
・7歳以上…シビルウォー、エスポワールシチー
・牝馬、セン馬…ミラクルレジェンド
・中9週以上…いない
・GI連対歴がなく、前走4着以下…トゥザグローリー、ナムラタイタン、ソリタリーキング、ナイスミーチュー
・前走10着以下…ハタノヴァンクール、トゥザグローリー
・前走2秒以上の負け…トゥザグローリー、ソリタリーキング
・ダート重賞連対のない前走芝…トゥザグローリー

 残ったのは、トランセンド、イジゲン、ホッコータルマエ、ローマンレジェンド、ダノカモン、ワンダーアキュート、グレープブランデー、ニホンピロアワーズの8頭。ただし、短評からダノンカモン、グレープブランデーは自信の消し。

 スムーズさを欠いた競馬でもローマンに負けてしまったニホンピロアワーズとホッコータルマエも厳しいと見ます。ホッコーは斤量差が1kgに縮まるのでなおさらです。ニホンピロも前走は1kg差、エスポのように3kg差もあったわけじゃないですし。どちらも連まではどうか?これで4頭に絞れたのでBOXで良いのですが、エスポも入れたいんですよね。昨年よりは復調している感じがしますし。というわけで、前走でちぎられたトランセンドか、一線級と走ってないイジゲンのどちらか……悩みましたがやはり外人は切れないのでトランセンドも切り。

Bローマンレジェンド
Bエスポワールシチー
Bイジゲン
Bワンダーアキュート

 前哨戦を勝った人気4頭BOXというひねりも何もない買い目(笑) ただ、ローマンが飛べば概ね20倍。馬複で。

テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

師走徒然日記

 こちら、青森県津軽地方に冬がやってきたようです。たぶん、昨日は真冬日。午後3時ごろに国道7号の温度計を見たら-3度、午後6時ごろに再度見たら-5度。夜中の今は-7度ぐらいかな。雪はさほどでもないのですが、とにかく寒い。この時期としてはかなり寒い。圧雪状態よりも今ぐらいの凍結路のほうが運転に気を使いますね。今期の冬道の始まりということもありますし。USB端子付のカーオーディオに変えて良かったです。これまでだと今日ぐらい寒いと、きっと結露してCDは読み込まなくなってただろうから。

 あんまりブラウザゲームはやらんのですが、最近、YAHOO!モバゲーの「100万人のウイニングポスト」にハマってます。ベースはウイニングポスト5~7そのものですし、ウイポでありがちな前詰まりもないし、適度に簡略化されているので気軽にプレイできていいですね。しかし、なかなかレベルの高い馬ができんなあ。GIクラスのライバルホースに勝つのに一苦労。GIはまだ朝日杯、NHKマイル、宮記念、安田、マイルCS、スプリンターズS、JCD、かしわ記念、南部盃、JBCスプリントしか勝ってない。2000m以上のGIは未勝利。もちろん課金なんぞしませんが。競馬ゲームが好きな方にはオススメです。ウイポの最新作をプレイするよりも、こちらをプレイしたほうがタダだし、協力してプレイできるので楽しいかも。

 昨日は久々にマイミクというかメル友さんと遊んできました。GWに旅したとき、旅先のマイミクとカラオケに行って以来かなあ。半年ぶり。6時間ほどカラオケしましたが、なんかあっという間でした。一人だと4時間歌うとヘロヘロになるんですが、2人だと倍の8時間以上でもたぶん余裕。ただ、今日の俺は3件の指導があったため、適当な時間で切り上げました。ジョイサウンドよりもDAMの採点のほうが厳しいのですが、ももクロを歌うと安定して高得点が出ました(笑) ももクロだけ得意なOSSAN、それが俺(笑) あと、なんでDAMでいい点でないんだろうと思ってたのですが、「独自のアレンジで歌うと高得点にならないよー」という趣旨の解説が(笑) どうも俺は勝手にアレンジして歌っていたようです。参考になったなあ。

テーマ:日々のつぶやき - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |