ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

13年川崎記念回顧

★川崎記念予想結果★
◎ワンダーアキュート……2着
○タカオノボル…………4着
▲グラッツィア…………3着

 JBCクラシックを圧勝した舞台で、その時の再現を期待したのですがなんとも煮え切らない内容でワンダーアキュートは2着。勝ったのは昨年のJDD馬ハタノヴァンクール。完全復活をアピールするJpnI2勝目。3着にグラッツィア。以下タカオノボル、クリールパッションの順で中央5頭が掲示板独占。5着から5馬身後ろにカキツバタロイヤル。ううむ。

 グラッツィアがスタートでやや後手を踏み、タカオノボルが2周目の向こう正面で物見をしてバランスを崩し、直後にいたワンダーアキュートの走りもスムーズさを欠いてしまいました。一番スムーズな競馬をしたのがハタノヴァンクール。一番強かったのもハタノヴァンクールでした。四位だからどうせ4着ぐらいだろ……とか書いて、四位さんゴメン(笑) ハタノは完全復調と言えそうです。中央のダートでは不安もありますが、今回で左回りもクセのあるコースも問題ないのが分かったのは大きい。明け4歳になったばかりで、今後の期待も高まります。何よりここ2走で賞金を上積みできたのは大きい。もうJpnIでも除外になることはほぼないでしょうから。

 ワンダーアキュートはややタカオノボルの走りの影響を受けた感もありますが、先にグラッツィアやハタノヴァンクールに仕掛けられて、外を回され、追いかける形になったのは辛かった。それでもグラッツィアを交わしたのは馬の地力の差でしょうが、ハタノには前回も先着されてますし、それでは勝てなかった。JBCクラシックこそ圧勝しましたが、今年も2,3着が多くなるのかもしれませんね……。乗り方ひとつなんでしょうが、正直、和田ではなく、この馬こそアンカツさんに乗って欲しいですよ、俺は(笑) 自分から仕掛けて消耗戦に持ち込んだほうが活きる感じがしますし。タカオノボルは物見してバランスを崩さなければ、あるいは3着はあったかも。どのみち1,2着馬は抜けてましたが。

 終始、勝負圏外にいたクリールパッションから5馬身も離れてカキツバタロイヤル。カキツバタロイヤルも勝負がかりなら鞍上は駿のままだったろうし、ここは調教代わりだったのかもしれませんが、それでもこの結果は悲しいなあ。1,2着馬は昨年のJpnI馬です。大賞典の2,3着馬です。カキツバタがどうにかできる相手ではない。でも、3,4着馬はOP特別1勝馬、5着馬は重賞馬ですがかれこれ2年も勝ち鞍のない馬です。それらにすらぶっちぎられる地方馬たち。フリオーソやボンネの偉大さがわかります。老いたといえどもフリオーソなら3着は確保、ボンネも追い込んできて掲示板のスミを確保する姿が俺には見えますよ(妄想?) 今年、交流重賞を地方馬は何勝できるのだろう?牡馬の交流重賞ウイナーは出るのだろうか?不安になります。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年川崎記念展望

 バタバタしていたので久しぶりの競馬展望です。今年の最初のJpnI川崎記念が明日、行われます。ただ、Jpn1.5という印象は毎年否めません。今年も微妙な面子がそろいました……。そのためか毎年、配当は超鉄板。過去10年で1人気は7勝2着2回と連対率9割。単勝平均配当は224円(笑) 最高が04年のエスプリシーズで560円。今回の面子を見ても波乱の要素は皆無に等しい。

 この10年で地方他地区馬の連対例はありません。05年の3着に岩手のウツミランカスター。その一例のみ。ウツミランカスターは4走前の南部盃5着、2走前の浦和記念で4着と交流で掲示板に載っていました。そのレベルの他地区馬は……いませんね。

 南関馬で馬券になったのはこの10年、ジーナフォンテン、エスプリシーズ、アジュディミツオー(2回)、フリオーソ(5回)、ボランタス。ミツオーとフリオーソは川崎記念の時点でJpnI勝ちがありましたし、中央馬と互角以上の人気にも推されていました。他の3頭ですが、ジーナとボランタスも交流重賞勝ちが既にあったし、エスプリシーズにしても交流で何度も好走して、南関重賞を連勝しての参戦。実績がない馬は来れない。交流重賞実績と言う点では、サクラロミオは中央馬時代に平安S3着などがありますが、2年以上前の話。売りきれ。カキツバタも一昨年はダイオライト記念2着、日テレ杯3着などがありましたが、南関重賞でも勝ちきれない現状ではどうでしょう?わずかに馬券に絡む可能性もありますが。

 普通に考えて中央馬……というか東京大賞典の2,3着馬の再戦ムード。ただ、アキュートはJBCを圧勝した舞台で、鞍上は主戦の和田。ハタノも主戦の四位ですが、主戦だろうがなんだろうが内田から四位では鞍上弱化。南関ならなおさらです。内田騎乗でもなんとか漁夫の利的に2着確保ですから、馬だけ見ればアキュートのほうが上。四位だと4位かもしれない(半分冗談、半分本気) かといって他の中央馬はグラッツィア、タカオノボル、クリールパッションですか……。クリールパッションは大崩こそないもののもう2年近くも馬券になっていません。格下ですが岩田と内田のグラッツィア、タカオノボルの食い込みのほうがありそう。

◎ワンダーアキュート
○タカオノボル
▲グラッツィア

 四位のハタノヴァンクールじゃ信用できない。2人気は確実ですし、アキュートとなら1点勝負。ハイリスクローリターンもいいとこです。岩田と内田の食い込みに期待したほうが良さそう。◎からの馬複が本線ですが、念のために○▲の馬複も100円だけ買っておきます。

テーマ:南関東公営競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

抗えない。

 毎週、土曜日を過ぎれば一山越えた感じがします。週末だからってのもありますが、土曜日だけ日に3件の指導を入れているからです。1件目は良いんですが、3件目になると頭にある言葉と口をつく言葉がズレることがときどきあります。島根県と鳥取県の人口を逆に言うのはザラ……で、30秒後ぐらいに訂正したり。疲れてるんですね、脳が。やはり週に1回はヒキコモリの日が必要です。今日明日の指導を終えれば火曜日は半月ぶりのヒキコモリ日……のはずだったのですが、ばあちゃんの買い物に付き合うことに。高校受験が終わるまで、ヒキコモルのは無理みたいです。

 トイレに行く。鏡を見る。そして少し悲しくなる。なぜかと言えば、日に日に白髪が増えているのを実感するから。30代も半ばになったけれどシワはまったくありません。抜けちゃうよりはよほどマシだけど、これ以上、白髪が目立つようなら染めないといかんかなーと思う。仕事柄、あんまり老けて見えても良くはないしね。身体の疲れも溜まりやすくなった気がするので、ここのところ毎日、栄養ドリンク飲んでます。サークスKで売ってる「ビタロージャー3000」。88円と安いんでね。タバコとセットで買っても500円でお釣りが出るのが嬉しい。週に1度は温泉にも行ってます。

 先週半ば、2ヶ月ぶりに診察に行ってきました。大きな病院は待ち時間が長いのがイヤなのですが、こないだの診察はさほど待たされなかったですね。まあ、ウツの状態はここ2,3年でだいぶ良くなりました。とはいえクスリを切らすと調子がおかしくなるので、まだ止めることはできません。ただ、2年前までは3種類飲んでいましたが、今は2種類。この点からも回復していると思います。完治するには俺が俺を誇れるようになる日が来ないと無理だと思ってますけどね(そんな日は来るのか?) また、ウツは徐々に快方に向かってますが、偏頭痛の頻度が増してます。これもまたやっかいです。とんぷく薬は手放せません。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

睦月徒然日記

 競馬、詩、時事ネタばかり書いてましたが、今回は普通の日記。オヤジが知人の熊打ちから譲ってもらったのがコレ。熊の毛皮をなめしてもらったものです。全長180cmほど。これぐらいのサイズのものはあまり取れないそうです。滑らかな肌触り……ではないですが、そうだなあ。良質な髪の毛みたいなさわり心地でしょうか。布団の敷布にするみたいですよ、オヤジは。母は「気持ち悪い」と言ってますが、まあ、本人がやりたいならそれでいいんじゃね?と思います。

熊の毛皮


 しばしば俺のつぶやきに出てくる「井上家」。写真をアップしてくれとの声があったので、こないだ食べに行ったときに撮影しました。これが井上家のラーメン。完全なる横浜家系ラーメンです。ハマったら中毒化しますが、こってりしてますので、合わない人は二度と食べたくなくなるかも。「中盛」ではなく普通でも女性には量が多いと重います。この味は首都圏ではザラにありますが、弘前市周辺ではここでしか食べられない味です。わかりにくい場所にありますが、小さな店のせいか混んでいますね、いつも。

井上家のラーメン


 昨日の弘前の最高気温は3度ぐらいだったみたいですが、真冬日が続いていたせいか、温かく感じました。2,3日前は積雪が100cmを越えたようですが、今日は80cmほど。十分に多いですがね……。郊外に出ると雪はさらに多く、黒石市郊外の某所の道路端はこんな感じ。シャレにならん。12月上旬に降った雪がいきなり根雪となったのですが、関東以西で何度も雪が降るのを見ていると春の訪れは案外早いのかもしれないとも思ってます。2月になれば温かくなってほしいところ。

国道102号


テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『死ぬ権利』

『死ぬ権利』

私に死ぬ権利などない

私は皆に生かされているから

私に死ぬ権利などない

私は未だやりきっていないから

私に死ぬ権利などない

それは権利ではなく、ただの蛮勇だから



どうせ放っておいても誰しもいつかは死ぬ

短い人生、そんなに生き急ぐ必要などない

そんな理屈はゲップが出るほどに反芻した

それでも悲しくて苦しくて折れそうなんだ



被害者は私自身

加害者も私自身

私は自殺教唆犯



私に死ぬ権利などない

私に死ぬ権利などない

私に死ぬ権利などない



本当は生きていたいと強く強く願っているから



2008年09月15日作
ラジオNIKKEI『わたしの書いたポエム』2013年1月20日採用分

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年AJCC回顧ほか

★AJCC予想結果★
◎アドマイヤラクティ……3着
○ダノンバラード………1着
▲ルルーシュ…………7着
△サトノアポロ…………4着

 トランスワープが来なければ取れるだろうと踏んでいたのですが、そのトランスワープが2着に来て撃沈。勝ったのはダノンバラード。ラジオNIKKEI2歳S以来、およそ2年ぶりの重賞勝利。3着にジリジリ伸びたアドマイヤラクティ。人気のルルーシュは何の見せ場もなく7着に沈みました。

 ダノンバラードは前走こそ完敗でしたが、重賞でもまれてきたのは伊達ではなく、自分から動いての競馬で勝利。中山実績がないのが気になりましたが、渋馬場をこなしていますし、競馬場を問わず走っていたので何の問題もなかった。鞍上の騎乗には問題がありましたが、それは後述。

 トランスワープを然したる根拠もなく切ってしまったのですが、返り討ちにあいました。休み明けでしたがポン駆けもある馬ですし、重賞2勝はここでは実績上位。これぐらい走って不思議なかったし、5人気と手ごろな人気だっただけに買っておくべきでした。ルルーシュなどよりも。

 本命に推したアドマイヤラクティでしたが、またも煮え切らない競馬で差を詰めただけの3着。砂と芝の違いがありますが、かつてのアドマイヤスバルの芝バージョンですかね。崩れないけど勝ちきれない。いつでもヒモの馬。本命にした俺がどうかしていた(笑)

 ルルーシュは中山も合わないんでしょうが、デキにも問題があったように思います。調教で動かず、レースに行っても3角で既に鞍上マクドノーが追いまくる有様。ちょっと強いミレニアムウイングって感じ。危険な人気馬とは思ったのですが、鞍上が外人ってだけで買ってしまった。猛省。

 ダノンバラードは直線で内に寄って、トランスワープがのけぞるほどの不利があり、そのまた内のゲシュタルトにも不利がありました。ゲシュタルトはともかく、トランスワープはその後、再び加速して差を詰めていただけにあの裁定はどうなのか?被害陣営からの申し立てがあって審議というのもなんだかなあ。

 JRA公式見解では「降着の裁決を求める申立てがありましたが、その影響がなければ5番トランスワープ号は3番ダノンバラード号より先に入線したとは認めなかったため、棄却しました」とある。先着したかどうかは神のみぞ知る世界です。ただ、「トランスワープとゲシュタルトはダノンバラードによって明確な不利を受けた」「トランスワープは不利の後に再加速して差を詰めた」のは事実。不利がなければどうなったかわからないレベルでしょう。ならば1,2着は逆にすべきだったと思います。これでは加害者ばかりが得をして、被害者は泣き寝入り……あれ、裁定じゃなくて裁判みたいだな(笑)

 今年から降着、失格のルールが変わりましたが、変わるべきはルールではなく、ルールを運用する裁定委員の意識じゃないでしょうか。ルールもより不明瞭になった感があります。ルールそのものというか、裁定委員の恣意性が高まったという点で。もっと明確にしたほうがいいんじゃないかなあ。「不利を受けても再加速して、2馬身以内の差なら降着」とかね。さすがに3馬身も5馬身も離れては言い訳しづらいですので。終わったことはしょうがない。でも、ルールおよびその運用を早速ですが見直す契機にしてほしい。ちなみに八つ当たりしてるわけじゃないです。トランスワープが1着だろうが2着だろうが、買ってなかった俺はどのみち外れでしたから。アハハハ……(涙)

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年AJCC展望

 今週の中央競馬では4つの重賞が行われます。AJCCと延期になった京成杯はまあ、例年通りですがこの週に京都牝馬S、ましてや東海Sが行われるのは違和感があるなあ。東海Sは12月→5月→1月ですか。鳴尾記念並にコロコロと施行時期が変わるなあ。予想しづらくなるので、番組をしょっちゅういじるのはやめてほしいところ。

 AJCCは今年で54回目の伝統あるレースですが、1972年に馬インフルで4月施行になった以外は、時期は1月末で固定です。1984年のグレード制導入後は今と同一条件です(府中改修の2002年以外)。条件が安定しているのでデータ派には予想しやすいレースです。まあ、当たるかどうかは別として(笑)

 思い出のAJCCは5年前でしょうか。重賞での好走を続けながらも、勝つのはOP特別ばかりだった良血・エアシェイディが、7歳にしてついに悲願の重賞制覇をしたレース。結果的にはそれが最後の勝利となったわけですが、その年の有馬記念の波乱の立役者になったり、その後も重賞での好走は続きました。父サンデー、母はオークス2着のエアデジャヴー、1こ下の妹は秋華賞馬のエアメサイアという超良血ですが、名脇役の印象が強い。昨年から韓国で種牡馬入りしたようです。日本では飼い殺し状態になるでしょうし、需要のある場所へ望まれていったのは幸せなのかもしれません。ウマの気持ちは分かりませんが。

 京成杯は先週、予想しており、京都牝馬Sと東海Sは施行時期、条件が変わっているので、展望は当然AJCCです。まずは各馬の短評から。

1.サトノアポロ…ここ6戦連続で馬券になっています。中山で3勝をあげている中山巧者。昇級緒戦ですが、この頭数、この面子なら連下はあっていい。

2.マカニビスティー…中央入りしたはいいものの、結局1勝もあげていません。芝を使いたいのかダートを使いたいのかどっちつかず。ただ、芝は京都の長丁場以外で馬券になっていません。中山は向いてなさそう。

3.ダノンバラード…重賞勝ちとGI3着があるだけでここでは実績上位。距離も問題ない。鞍上も怖い。あとは初めての中山がどうか。渋馬場巧者の面もあるので、パワーもありそう。こなしそうとは思うのですが。

4.アドマイヤラクティ…実に11戦連続して3着内。すごい安定感。初の重賞だった前走も3着。中山は2戦2勝。乗り代わりですが内田騎乗でも勝っており問題ではなさそう。ここもいい勝負かと。

5.トランスワープ…秋天は大敗しましたがGIですのでしょうがない。重賞2勝はここでは実績上位。ただ、馬体重の変動の大きい調きょ……いや、馬だけに当日の体重や気配に注意。休み明けでもあります。中山でも2勝してますし、条件自体は良さそうです。

6.ゲシュタルト…昨年のこのレースの3着馬。ですが、その後順調さを欠いています。鉄砲でも走ったことがありますが、やはり叩いてからのほうが良いような気もしますし、俺は京都がベストだろうとも考えています。中山実績もありますが。ここは軽視。

7.トップカミング…1年半も馬券になっておらず、2年半以上連対もない。買えるわけもない。故障して……などでもなく普通に使われてですし、言い訳もできん。

8.シンゲン…重賞3勝の実績はここでは最上位ですが、順調に使えないままピークを過ぎてしまった感じ。ここも大敗なら引退ですかね?10歳までよく頑張ったと思いますが、買えないですよ。

9.ルルーシュ…有馬記念ではGIでもまれた馬との違いを見せ付けられました。ここは1人気ですかね。ただ、現実に中山では2戦2敗。オールカマーは馬場が……と藤沢師は述べてましたが、重でも馬券になってた馬だしなあ。軸にはできない。そして、今回、この面子でも4着以下なら中山は苦手と見ていいんじゃないでしょうか。

10.マルカボルト…中山で2勝、前走も中山のOPで2着。中山は良さそうです。ただOP実績に乏しく、GIIも3戦して馬券にはなってない。連穴としてなら面白そうですが。

11.ネコパンチ…蹄のトラブルで半年休養しての出走。日経賞では衝撃の逃げ切りを見せましたが、ラクに逃げさせてもらえるかどうか?この馬以外に逃げ馬は見当たらないので、ハナは切れるでしょうが。買いづらい。

12.サンテミリオン…同着とは言えオークス馬です。牡馬なら走るのもわかるんですが、引退して繁殖で頑張ってもらったほうが良さそうなのに。繁殖として問題あるのかな。もちろん買えるはずもない。

◆チェックポイント◆
・10番人気以下……???
・前走が重賞以外で負けている……マカニビスティー、マルカボルト
・前走がダート……いない
・半年以上の休み明け……ネコパンチ

 3頭しか絞れていませんが、短評からゲシュタルト、トップカミング、シンゲン、サンテミリオンも消し。すると残るのはサトノアポロ、ダノンバラード、アドマイヤラクティ、トランスワープ、ルルーシュの5頭。鞍上の実績と休み明けを考慮してトランスワープも消し。

◎アドマイヤラクティ
○ダノンバラード
▲ルルーシュ
△サトノアポロ

 ダノンとルルは鞍上が外人、でも中山実績がない。アドマイヤとサトノは中山実績があるが、鞍上は日本人。ただし、アドマイヤの鞍上はマル地だし、関西馬。総合的に考えればアドマイヤラクティが一番信頼できそう。馬券は◎からの馬複流しと一応、○-▲の外人コンビの馬複も押さえ。4点なら何とかガミは回避できそう(4-9で600円弱)

テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『命の値段』

『命の値段』

「人間一人の命は地球よりも重い」

昔のエラい作家さんの言葉である

「ヒト」の命の重さは平等かもしれない

ホモサピエンスが一匹死んだだけだ

だが、「人間」の命の値段は不平等



若者と高齢者では命の値段が違う

これから稼ぐであろうカネが違うから

大臣と会社員でも違うのだろう

保険会社や裁判所の視点ならば

善し悪しではなく、それは現実



カネがあれば最先端医療で救われる命がある

一方で、食べるものさえなく失われる命がある

明るい明日を夢見ながら絶ち切られる命がある

夢見ることさえできずに絶たせられる命がある

好き嫌いではなく、それも現実



オバマ大統領と俺のばあちゃん

オバマ大統領のほうがずっと若い

オバマ大統領には強大な権力もある

地球上における重要度は他者とは比較にならない

でも、小さな俺にはばあちゃんのほうが大切なんだ



裁判所や保険会社が値をつけない命

自分自身でさえも無価値だと感じる命

でも、あなたの命はあなただけのものじゃない

あなたの周りの人にとってはかけがえのない命

あなたの命の処遇には周囲の人間の許可が要る



そして、その価値を受け止めるのは自分自身

価値のものさしなんて、どこにも売っていない

降り注ぐ雪のような冷たい判断と

行き場のない燃え盛る熱い感情

それらは矛盾しながらも釣り合っている



命の価値は不平等

知らない誰かの命は僕にとっては数字でしかない

知っているあなたの命は数字ではとても表せない



2010年08月15日作
2013年1月2日加筆修正
ラジオNIKKEI『わたしの書いたポエム』2013年1月13日採用分

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年京成杯展望

 年始の馬券収支はいかがでしょうか。俺は川崎の報知オールスターCこそ外れましたが、船橋競馬で4連続的中後、払い戻しか一つ。中央競馬は中山金杯とシンザン記念を買って、中山金杯は当たり。例年と比べるといい調子の新年の馬券です。京成杯は割と相性の良いレースなので、さらに弾みをつけて1月をスタートダッシュとしたいところ。それでは出走各馬の短評です。月曜の中山は暴風雨予想で馬場悪化は必至。渋馬場の巧拙も重要な要素となりそう。

1.リグヴェーダ…ゴールドアリュールの弟ですが、1戦馬ですし、特筆すべき時計でもない。素質と鞍上の力でどこまででしょうか。兄がダートGI馬で、渋ったダービーで粘っています。渋馬場はプラスのはず。

2.ノウレッジ…新馬で度肝を抜く勝ち方。続く新潟2歳でも見せ場たっぷりの2着。その後は勝ちきれていませんが、この面子なら期待は大きいです。朝日杯6着ならそれなりに中山適性もありそう。ダートで新馬を勝っていますし、パワーもありそう。

3.フラムドグロワール…いちょうS勝ちで朝日杯4着ならここでは実績上位。母はオークス馬という超良血。勝ち負けして不思議ない馬ですが、人気ほど信頼できるかは微妙。やや重で新馬勝ち。自在性のある脚質で渋馬場もこなしそう。父母ともにパワー型。

4.ケイアイチョウサン…未勝利を買ったばかりでどうですかね?ステイゴールド産駒というだけで不気味ではありますが。やや重で2度馬券になっていますが、後ろからの競馬だと不安ではあります。

5.アクションスター…7頭立てとは言え、前走はエピファネイアとそう差はなかった。今回のほうが面子はラクですし、巻き返していいと思います。やや重で2着4着。先行馬ですし、ソツなくこなしそう。

6.クロスボウ…中山芝1800勝ちというのは好材料ですが、時計も良くないし、ゴールドアリュールの子だとやはりダートでこそじゃないかなあ。渋馬場は脚質的にどうでしょう?

7.マイネルマエストロ…2勝しているだけで、ここでは信頼感があります。2000で連勝というのもいいですね。関西馬でもあります。ここは好走できそうです。自在性ある競馬を見せていますし、父BTなら渋っても大丈夫のような気がします。

8.ホワイトフリート…芝の新馬で大敗して、ダートで2勝。クロフネ産駒でもありますし、ダート馬と思われます。そもそもクロフネ産駒の牡馬で重賞勝ったのがフサイチリシャールだけですしね。未だに。芝のやや重の新馬で大敗。渋るうんぬん以前に芝馬じゃないような?

9.マイネルストラーノ…中山で未勝利勝ち、OP2着の実績。母が重賞馬で姉もGII2着。地味ながらしっかりした血統背景。人気はなさそうなだけにここは妙味ありそうです。やや重で未勝利勝ち。鞍上の位置取り次第か?

10.フェイムゲーム…バランスオブゲームの弟。同条件の未勝利勝ちというのはいい感じですが、兄と同様に渋った方が持ち味が活きるのかな。ベリー騎乗は不気味。

11.ラウンドワールド…札幌2歳2着馬。ここでは実績上位。前走は超スローペースで動かず、後方ままの大敗。中山向きって感じはあまりしないですね。今回も人気ですし。一番渋馬場が向かないのはこの馬のような気がします。前走のような競馬ならダメでしょう。

 前走が重賞なら9着以内、OPなら3着以内、500万以下なら2着以内が連対には必須。過去13年では例外がありません。新馬・未勝利からの連対例もありますが、トウショウシロッコ、スズカドリーム、ボーンキング、イーグルカフェ、デボネア。いずれも前走(初勝利)が3番人気以内と人気でした。加えて新馬戦と言ってもかつて存在した折り返しの新馬勝ちの馬であり、1戦1勝馬の連対はありません。年が明けて1戦1勝の馬が重賞を勝つのは難しいです。前走がダートの馬の連対もありません。ただし3着は2度あります。

 ☆チェックポイント☆
・前走・重賞10着以下……いない
・前走・OP特別4着/4人気以下……マイネルストラーノ
・前走・500万下3着/5人気以下……マイネルマエストロ
・1戦馬……リグヴェーダ、クロスボウ
・牝馬……いない
・前走・新馬・未勝利で4人気以下……ケイアイチョウサン、クロスボウ、フェイムゲーム
・2ヶ月以上の休み明け……いない

 残ったのは、ノウレッジ、フラムドグロワール、アクションスター、ホワイトフリート、ラウンドワールドの5頭。ただ、ホワイトフリートはダート馬の疑い濃厚で、ここは軽視。ダート代わりでねらい目か?

◎フラムドグロワール
○ノウレッジ
▲アクションスター
△ラウンドワールド
△マイネルマエストロ

 実績上位のフラムドグロワールを素直に信用します。3番あるいは3枠からの流しで。当日のオッズを見て馬複か枠複かを決めます。日経新春杯は絞れないし、どうも気の乗らない面子なのでケン。自信のない時は無理に勝負しないほうが良さそう。

テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ねぶとろから、ねぶごんへ

 2年半乗ったねぶとろ(スバル・ヴィヴィオビストロSS)とサヨナラして、新たにやってきたねぶごん(スズキ・ワゴンR RRリミテッド)です。2年半後に買ったので、1997年式のねぶとろと比べて、3年新しい2000年式。走行距離は当初のねぶとろが9万kmほどでしたが、ねぶごんは6.9万km。どちらもその年のその車種では最高グレードではあります。総費用としては、レアなことと4WDであることで、ねぶとろのほうが10万ほど高かった。ねぶごんのほうが安いですが、安いワリには6.9万kmと距離を走ってないのが魅力で買いました。

ねぶごん


         ねぶとろとねぶごんの違い
       ねぶとろ         ねぶごん
メーカー  スバル          スズキ
車種    ヴィヴィオビストロSS  ワゴンR RRリミテッド
ミッション ECVT+6MTモード   4AT
シフト   フロアシフト        コラムシフト
駆動方式 4WD           前輪駆動
加給    スーパーチャージャー ターボチャージャー
車重    780kg          800kg
最小回転 4.9m           4.2m
広さ    狭い(笑)        広い
レア度   高い           低い
小物入れ 少ない          多い

 常人にはどうでもいいレア度が俺にとっては極めて重要なので、その点で非常に不満なのですが、道具として考えた場合には売れているだけあって、ねぶごんのほうが使い勝手は格段に上ですね。圧倒的に広いですので。それとFFの分だけ軽いので、単純な加速ではどちらも大きな差はないです。車高があるのでねぶとろのイメージでカーブに入るとグラグラするかも……。一方で最小回転半径はねぶごんのほうが大幅に小さいので小回りがきいて良いです。ねぶとろは見た目の小ささのワリに小回りがきかなかったので……。

 珍車から普通の車になったので相違点が多々ありますが、まあ、慣れの問題かなあ。2000年代半ばまでの軽自動車に多かったですが、コラムシフト&足踏みパーキングブレーキは慣れるのに時間がかかるかも。一人乗車がほとんどだし、個人的にはベンチシートの必要性がない(哀) 普通にフロアシフト&サイドブレーキのほうが操縦性はいいよね……。7月に車検がやってくるので、1回だけ車検を通して2年半、10万kmまではねぶごんと共に過ごします。その間に満足できる珍車(高級車に非ず)購入の資金と発掘を考えたい。

テーマ:中古車 - ジャンル:車・バイク

晴れ時々ウツ | コメント:2 | トラックバック:0 |

13年中山金杯&シンザン記念回顧

☆中山金杯予想結果☆
◎ジャスタウェイ………3着
○ダイワマッジョーレ…5着
▲アドマイヤタイシ……2着
△タッチミーノット……1着

 地方競馬は初っ端からコケてしまいましたが、中央競馬は初馬券で初当たりを飾ることができました。人気上位4頭BOXという芸のない買い方でしたが、当たらないとドツボにハマりかねないので良かった良かった。

 勝ったのは2人気のタッチミーノット。道中は中団待機から、直線半ばで粘るドリームセーリングを交わしての押し切り。7歳にして重賞初勝利。2着に先行してジリジリ伸びたアドマイヤタイシ。1人気のジャスタウェイは最後に伸びてきましたがアドマイヤタイシにも届かず3着まで。4着に逃げたドリームセーリングで、3人気のダイワマッジョーレは見せ場なく5着に敗れました。

 タッチミーノットは7歳馬ですが、休養が多かったのでまだこれが27戦目。これからもっと強くなるとは言えないけれど、GII、GIIIではうるさい存在になりそう。サマー2000シリーズあたりで期待できるんじゃないでしょうか。1800から2500まで対応できる距離が広く、苦手コースもないですので。次はAJCCあたりでしょうが、面子次第では次も勝ち負けできそうです。成長はなくても叩いた上積みはあるでしょうしね。

 アドマイヤタイシはこれで3戦連続で重賞2着。鞍上のベリーの談では、交わされたらまた伸びたそうですし、ソラを使うというか、気を抜くところがあるのかもしれません。善戦マンなんですかね。ジャスタウェイは2000が長いとは思いませんが、中山はあんまり向いてないのかも。広くて直線の長いコース向き。ドリームセーリングはよく粘ってました。昇級緒戦だと思えば上々。OP特別ならすぐに勝てそう。

 しかし……16頭中7歳以上馬が9頭と過半数。老人会……までいかないけれど、中年会か?(笑) 初当たりの余勢を買って、シンザン記念も購入しましたが、こちらはハズレ。枠連で手堅く行ったのですが、1人気のエーシントップを軽視して痛い目に遭いました。ただ、エーシントップは馬場の良いインベタで走り、かつ絡まれることなくマイペースの逃げをうって、ギリギリしのいでの勝利。勝ちましたがマイルでも微妙に長い印象を受けました。

 先行したカオスモスとタマモベストプレイが競り合っていましたが、逃げるエーシントップに並ぶこともかなわず、逆にインから伸びてきたヘミングウェイにも交わされました。タマモベストプレイはまあ、兄のタマモホットプレイやタマモナイスプレイのような馬になるんでしょう。古馬になってからが本番なのかもしれません。カオスモスは大崩しませんが、勝ち馬と同じでマイルは微妙に長いのかもしれません。いや、500万特別を勝ってはいるけれども……。

 ヘミングウェイはこれで1勝2着5回。6戦してすべて連対というのは立派なものですが、ここまで2着が多いのはどうなのか。最後の伸びを見ていると詰めが甘いとかそういう感じはしなかったのですが。ネオウィズダムは岩田が道中で強力に押さえ込んでいました。現状、気性に難があるのかなあ。ルメール騎乗というだけでアルバタックスを抑えましたが、いいところなくて残念。あまりこの先のGIでどうこうとは思えませんでした。

Bタマモベストプレイ…3着
Bアルバタックス……9着
Bアグネスキズナ……12着
Bレッドアリオン……5着

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『キャンバス』(再)

『キャンバス』

僕の瞳に映るモノクロームのキャンバス

かつては何もかもが鮮やかだったはずなのに

いつの間にやら視界から色が失せてしまったようだ

モノクロームに見えるのはキャンバスの経年劣化なのか

あるいは、それを見つめる僕の視力が落ちたからなのか

理由が僕にはまったくわからなかった



そんなキャンバスをカラフルにしたのは君だった

僕は絵筆で君は絵の具だったのかもしれない

2人でいればどんな絵も描けるような気がしていた

夏の太陽が僕らに嫉妬して熱射しようとも

冬の吹雪が僕らの仲を冷やそうとも乗り越えられる

そんな素敵な白昼夢を垣間見た



手元には君の残した一式の絵の具とキャンバス

キャンバスは片付け、絵の具のキャップを開ける

そして僕は視線を上げ、空に向かって明日を描いた



 追記:なぜか昨年最後の通常放送で既に読まれた作品にも関わらず、年明け1回目の放送でも再度読まれました(笑) 番組側の手違いか?まあ、いいんですが。
 番組内でも触れられたのですが、この作品は7年以上前に書いたものです。そして、俺にとっては非常に思い入れもある作品です。予知夢ならぬ予知詩になったので。

2005年10月10日作、2012年12月加筆修正
ラジオNIKKEI『私の書いたポエム』2012年12月23日採用
ラジオNIKKEI『私の書いたポエム』2013年1月6日採用

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『どうでもいい』

『どうでもいい』

「どうでもいい」

最近、そんな言葉を口にすることが増えた

別に投げやりになっているわけじゃない

でも、どうにもならないことがあまりに多すぎて

割り切って考えないとやりきれないんだ



遠い異国では今も紛争が起こっていて

罪もない子どもたちが次々と死んでいく

芸能人の何某ができちゃった結婚をした

歴史を覆すような出土品が見つかった

いずれも僕にとってはどこかファンタジー



明日も大雪だったら運転するのはうんざりしそう

請け負った仕事の結果を出さねばならないなあ

仕事の合間にでも久しぶりにアレを食べようか

そんなありふれた日常以上のリアリティはない

こんな僕は想像力が足りないのだろうか?



目の前の液晶画面はリアルをこし取るフィルター

フィルター越しのリアルでも気持ちは揺れるけれど

目の前にあるリアルには遠く及ばない実感だから

しばらくすれば、やっぱりどうでもよくなってしまう

どうにかできる目の前の物事を精一杯やるだけ



自分でどうにかできることはなんとかしたい

自分でどうにもならないことはどうでもいい

そんな風にうそぶいている僕だけれど

割り切れなさがこびりついて離れない

どうにもならないのに、どうにかしたい


テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~モザイクハーツ~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年シンザン記念展望

 連日の中央重賞開催で、東西金杯が終わったと思ったら、すぐさまシンザン記念です。以前はクラシックと結びつかない重賞と言われていましたが、02年のシンザン記念馬タニノギムレットがダービーを勝った頃から流れが変わってきた感じがします。昨年のこのレースの勝ち馬は牝馬三冠+JC勝ちのジェンティルドンナ。勝ち馬ではないけれどオルフェーヴルやダイワスカーレットらもここで連対して、飛躍への足がかりとしています。

 ただ、俺が一番印象に残っているのはジェンティルドンナでもタニノギムレットでもダイワスカーレットでもないです。1998年のダンツシリウス。人気は既に重賞2勝をあげ、朝日杯でも好走したアグネスワールド(後の英GI2勝馬)でしたが、穴人気に留まっていたダンツシリウスがアグネスワールド以下を5馬身ぶっちぎる圧勝劇を見せました。今思えばアグネスワールドに1600は長かったと思いますが、あの時点ではほとんどの人がそうとは考えていませんでしたから驚きましたね。

 ダンツシリウスは続くチューリップ賞も制し、一番人気で桜花賞に挑みましたが惨敗。その後、故障で引退。桜花賞が最後のレースとなりました。産駒も4頭だけで、目立った産駒もないまま、2008年にこの世を去りました。ダンツシリウスがもっとも輝いたのはこのレースを勝ったときだったように思います。ちなみにダンツシリウスの最後のレースである桜花賞を制したのはファレノプシス。ナリタブライアン、ビワハヤヒデの従妹であり、先日のラジオNIKKEI2歳S3着のキズナの姉になります。

 さて、今年のシンザン記念も昨年のように大物が出てくるのか。あるいはダンツシリウスのように一瞬の輝きを見せる馬が勝つのか。出世レース化してきたので注目ですね。

◇チェックポイント◇
・13番より外……テイエムシングン、カオスモス、ヒルノクオリア、アットウィル
・連闘/中9週以上…いない
・前走がダート戦…ヒシアメジスト
・前走がOP特別で3着以下…テイエムシングン
・前走が重賞、新馬、未勝利で当日7人気以下…ヒシアメジスト、ネオウィズダム、サイモンラムセス、ザラストロ、ヘミングウェイ、ヒルノクオリア、アットウィル

 残ったのは、アジャストメント、エーシントップ、エールブリーズ、タマモベストプレイ、アルバタックス、レッドアリオン、アグネスキズナの7頭。

 1200しか走っておらず、500万下で負けているアジャストメントは買いにくい。京都で1人気で飛んでいるというのもイヤな感じ。エーシントップは実績上位ですが、見せ場なく敗れた朝日杯からして1600でも長いような気がします。そもそもGIとは言え前走完敗の馬を1人気で買いたくないです。5枠のタキオン産駒2頭も積極的に買いたいとは思いませんが一応、押さえ。アルバタックスはルメールが乗っているだけで怖い。タマモベストプレイは兄がこのレースで2着してますし、京都で2戦2勝。これが一番有力に感じます。

Bタマモベストプレイ
Bアルバタックス
Bアグネスキズナ
Bレッドアリオン

 枠連3,4,5BOXと5-5のゾロ目も。

テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年中山金杯展望

 今年の中央競馬が開幕です。開幕日のメインレースはもちろん東西金杯。まあ、俺は金杯の前に川崎の報知オールスターCを買って外れました。それは地方の馬券初めで、中央の馬券初めはキッチリ当てたいところ。基本的に本命党なので、負けが込むと年間回収率で挽回がきかなくなります。穴党なら一発逆転も可能でしょうが……。今年も俺の雑文にお付き合い願えればと思います。

 今年は展望を書くレースの想い出を語ってみたいと思います。過去の中山金杯で印象に残っている馬をざっと挙げてみるとイシノサンデー、サイレントハンター、ヴィータローザ、アサカディフィート、アドマイヤフジあたりでしょうか。ここ数年の勝ち馬を思い出せない(笑) そこで検索して見てみると、アドマイヤフジでも2009年の勝ち馬なので4年前。月日が経つのは早いな。アサカディフィートが勝ったのは9年も前です。

 ここ7,8年ほどはPATで購入しているので馬券も買っていますが、それ以前はレースを見ても馬券は買っていないことが多かった。帰省中かつ免許も車もなかったので、WINSまでのアクセスが良くなかったので。「新年の計は金杯にあり」なんて言葉もあるぐらいで、金杯はGI以外ではもっとも馬券の売れるレースですが、そんなこともあってか、俺の中では存在感が薄いレースだったりします。さて、中山金杯の短評です。

1.ニシノメイゲツ…全4勝中3勝を中山で挙げており、中山がベストとは思うのですが、重賞……というかOPでは力不足な感は否めない。

2.タガノエルシコ…前走の朝日CCでは3着に入り複穴を空けてます。やたら3着の多い馬ですし枠も良いので3着なら?

3.キョウエイストーム…中山巧者で重賞2着2度も中山。このレースの一昨年の2着馬でもあります。ただ、昨夏、戦線復帰してからの内容が冴えない。

4.ドリームセーリング…クロフネ産駒の牡馬というだけで重賞ではどうかなあと思ってしまいます。内枠の逃げ馬だけに展開が向けば勝ち負けもあるかも。

5.シンゲン…重賞3勝馬でここでは格上……ですがもう10歳馬。まだ現役だったのか。半年の休み明けで、この年齢、この近走、このハンデはいかにも厳しい。

6.タッチミーノット…こちらも休み明けながら、勢いが違いますね。中山は3走して3走とも3着内。ここは重賞勝ちのチャンスでしょう。

7.セイクリッドバレー…古くはセントライト記念でナカヤマフェスタの2着などもありましたが、中山よりは府中や新潟のほうが合っている。現状はそれに拍車がかかっていると感じます。

8.コスモオオゾラ…昨年の弥生賞勝ち馬。皐月賞でも4着と踏ん張ってましたし、中山芝2000はベスト。昨秋は冴えませんでしたが、2度叩かれて見直す手も。

9.ジャスタウェイ…中山は初めてですが、阪神で重賞勝ちがあり、府中で好走しているので、急坂も輸送も苦にはならなさそう。微妙なメンバーだけに勝機十分。

10.ダイワマッジョーレ…前走の金鯱賞で有馬記念2着のオーシャンブルーと0.1差。戦績を見ると中山がベストという感じはしないのですが、実際、2,3着が1度ずつあり、普通にこなしてます。55kgのハンデも恵まれた気がします。

11.アドマイヤタイシ…重賞2着を連続しての参戦。中山は初ですが、洋芝実績や福島記念2着なら中山適性もうかがえます。目下の勢い、このハンデならここも勝ち負けしてもいい。

12.テイエムアンコール…昨秋の復帰からの2戦。着順の字面は連続最下位ですが、タイム差で見ればさほどでもない。中山実績もありますし、激走して波乱を巻き起こす可能性もなくはないと見てます。

13.ダンツホウテイ…昨春、二度重賞で穴を空けてます。ただ、いずれも左回り。右回り、小回りが向いている感じがしない。特筆するほどの中山実績があるわけでもないですしね。

14.トップカミング…そこそこ走って掲示板前後をキープしていますが、一方でもう1年半も馬券になっていないし、2年半以上も連対していない。中山の鬼というわけでもないし、強調材料に乏しい。

15.ヒットザターゲット…昨年の新潟旅行時に単勝馬券を取らせてくれたお馬さんです。ただ、その新潟大賞典の後がスランプ突入。ローカルが良いのか、福島記念では4着と好走。でも、中山は2度走って2度とも大敗。平坦巧者だと思います。

16.イケドラゴン…ちょっとこの戦績では買えるわけがない。これを買うぐらいなら買う馬は他にいくらでもいる。

◇チェックポイント◇
・単30倍以上…???
・7歳以上でハンデ55kg以下…タガノエルシコ、キョウエイストーム、トップカミング、イケドラゴン
・前走が57.5kg以上…シンゲン
・前走が2.0秒以上の負け…いない
・半年以上の休み明け…いない

 残ったのは、ニシノメイゲツ、ドリームセーリング、タッチミーノット、セイクリッドバレー、コスモオオゾラ、ジャスタウェイ、ダイワマッジョーレ、アドマイヤタイシ、テイエムアンコール、ダンツホウテイ、ヒットザターゲットの11頭。netkeibaの予想オッズを一応、参考にして単30倍以下の馬に絞ると残るのはジャスタウェイ、ダイワマッジョーレ、タッチミーノット、アドマイヤタイシ、コスモオオゾラ、ヒットザターゲットまで。

 ただ、ジャスタウェイやダイワマッジョーレは人気でも消せないですが、コスモオオゾラは中山でも良馬場で買いたいとは思いません。ヒットザターゲットは中山の急坂が向かないと見ます。明け4歳で勢いのある関西馬、5枠2頭を中心に考えて良さそう。関東馬だとドリームセーリングあたりが気になりますが、クロフネの牡馬だしなあ。前走は人気薄の逃げ切りだけに評価していいものか。

◎ジャスタウェイ
○ダイワマッジョーレ
▲アドマイヤタイシ
△タッチミーノット

 人気上位4頭でしょうが、馬連4頭BOXで今年の初当たりを狙います。

テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

謹賀新年

 A happy 乳 いやーん、ばかーん、そこはYEAR!!!去年の使いまわしで吸いません(ナニを?) 去年の上記メッセージを上回るモノを昨日今日と考えたんですが、さすがに浮かびませんでした(笑) 競馬ファンの方は年間回収率が1%でも上回るように、競馬ファン以外の皆さんにも良いこと(前年比1万円ぐらい)の幸せが訪れるように願っております。

 31~2日は完全休養でしたが、例年同様に2泊3日で隣町のばあちゃんの家に行って戻ってきたら、もう明日は3日。2件の指導が始まります。明日の弘前は最高気温が-6度、最低気温が-7度という冷凍庫状態です。雪も例年並かやや多いぐらいに積もっていますが、それ以上に寒さが堪えますね。春の足音は耳だけは良い俺にも聞こえません。

 31日は梅酒をちびちびと飲みながら21時まではボクシング、21時からは紅白を見ていました。井岡は圧巻の二階級制覇でした。正規王者が不在なのか、暫定王者(5位)のタイ人との対戦でしたが、ボクシングの次元が違っていた。相手のパンチを完全に見切っており、クリーンヒットはほとんどなかった。そして6Rの右ストレート一閃でダウンを奪い、その後、何とか立ち上がった相手に数発のパンチを打ち込みレフェリーストップ。11戦目での2階級制覇は最短だそうで。井岡はまだ若いし、叔父さん(井岡会長)の成しえなかった3階級制覇が見えてきましたね。11戦ですが、前の八重樫戦(団体王座統一戦)など内容も濃い。強いなあ。今後が楽しみです。

 紅白は後半だけ。ももクロと美輪明宏さんだけに注目していたんですが、斉藤和義さんの『やさしくなりたい』は良い曲ですね。一昨年、『家政婦のミタ』の主題歌でヒットしましたが『ミタ』を見たことがなかったし、初めて聞いたのですが。ストレートな歌詞だけど陳腐ではなく、胸に刺さりました。いいわ……。美輪さんの『ヨイトマケの唄』はやはり名曲。これも別段、凝った表現があるわけでもないけど、全然陳腐じゃないし、時代を経ても色あせないですね。金髪のいつもの格好じゃなかったのも良かった。

 ももクロは……やってくれました。『サラバ、愛しき悲しみたちよ』→『行くぜっ!怪盗少女』のメドレーでしたが、『怪盗少女』は脱退したあかりん在籍時のバージョン。地味に『サラバ』の照明なども青いあかりを多用してたし……OSSANの涙腺がゆるむじゃないの(笑) 今のももクロとあかりんの関係はSMAPと脱退したオートレーサーの森くんとの関係に近いのかもしれない。ももクロもあかりんもSMAPや森くんのレベルにはまだまだ遠いけど、いつかそういうレベルにたどり着いて欲しいと願ってます。

 1日は初詣して、温泉に行って、ホームセンターの初売りへ。初詣で願うのはやはり、今指導している3年生の合格ですね。これが第一。あとは車のトラブルがないこと。昨年、何度も悩まされましたから。後はこまごまと。5円しか賽銭しないくせにそんなに願うなよって話ですが(笑) おみくじは吉でした。可もなく不可もなくでいいんじゃないでしょうか。占いの類には一切、興味がないですが、おみくじを引くのは好きなんですよね。旅先で寺社仏閣を訪ねることが多いですが、その度におみくじ引いてます。

 いろいろありながらも昨年は前進した実感がいくらかある年でした。今年は躍進の年になればと思っています。今年もよろしくお願いします。

テーマ:あけましておめでとうございます(´∀`*)!! - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |