ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

13年エンプレス杯回顧

★エンプレス杯予想結果★
◎ミラクルレジェンド◎…1着
○ダートムーア…………3着
▲アドマイヤインディ…7着
△ママキジャ…………6着
△プレシャスジェムズ…4着

 ここが引退レースとなるミラクルレジェンドが有終の美を飾って完勝。スタートはゆっくり出して、徐々に位置を押し上げ、2週目4角では逃げるエミーズパラダイスの直後につけ、直線では豪脚でねじ伏せて、圧倒的な人気に応えました。まさにエンプレス(女帝)であり、この牝馬ダート路線では無敵状態なだけに、もう少し走ってほしいとも思いますが、第二の仕事がありますので、数年後にさすがミラクルレジェンドの仔だ!と思える馬をターフ……ではなくダートに送り込んでほしいものです。

 正直、2周目の向こう正面ではもう馬券は外れたと諦めていました(笑) プレシャスジェムズやダートムーアよりもエミーズパラダイスのほうが手ごたえが良く見えて、しかもエミーズのほうが前にいる。よって届かない、と。実際、そうなってしまいました。逃げ馬だけに自分の競馬ができれば強い。できないとモロい。そんな感じなんでしょうね。3月から中央入りする戸崎騎手にとっては、大井所属として最後の南関重賞でしたが、こちらは有終の美を飾れず。明日も川崎で乗りますが重賞はないしねえ。

 ダートムーアはジリジリと伸びて、バテたプレシャスジェムズを交わしただけ。昨秋のレディズプレリュードと同じような競馬。差し馬ですがもう一つキレが足りません。プレシャスジェムズは出遅れたら惨敗。出遅れないと4,5着とどうにも煮え切らない馬になってしまいました。ママキジャは準OPで惨敗の馬だからこんなものか。ママキジャを買うより、素直にロジータ記念勝ち馬で戸崎騎乗のエミーズを抑えるべきだった。反省。アドマイヤインディの末脚に期待しましたが不発。何度も関東へ輸送で疲れも溜まってきたのかな。

 ミラクルレジェンドは牡馬相手ではレパードSしか重賞を勝てなかったけれど、JDD4着、帝王賞5着、東海S5着など牝馬戦に留まらず、果敢に牡馬相手に挑んだ点を評価したい。女帝・ミラクルレジェンドが競馬場を去り、ダート牝馬戦線はどの馬がリードするのか注目ですね。レッドクラウディア?メーデイア?アスカリーブル?既存の勢力ではなく、新星が出てきたほうが面白いし、実際、そうなるような気がします。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年エンプレス杯展望

 正直、エンプレス杯よりも4月10日発売のももいろクローバーZの2ndアルバムの初回Aを買うか初回Bを買うか、それが問題です(笑) CD2枚組の初回Aを買うのが無難ではあるんですが、初回BのDVDの内容がわからないだけに……。1stアルバムの初回Bのように、PV収録とかなら要らんけど、オリジナル要素タップリのDVDだと悔しいしなあ。うーん。それはともかくエンプレス杯です(笑) 

 短評は書きません。書くまでもなくミラクルレジェンドのアタマは鉄板だからです。中央重賞で掲示板に載れる馬はミラクルレジェンド以外にはいないし、地方重賞でもミラクルレジェンドの実績は図抜けている。芝重賞勝ちがあって、新味を求めて参戦!みたいな馬がいたら不気味ではありますが、そういう馬もここにはいません。ミラクルレジェンドはここが引退レースだそうですし、メイチの仕上げでしょう。逆らえない。

 相手探しだけ。アドマイヤインディ以外の高知馬はここでは家賃が高すぎる。南関馬も交流重賞で連続大敗のエミーズパラダイスと南関重賞でも勝ちきれないマニエリスムじゃ厳しい。B級条件の馬は論外。プレシャスジェムズは衰えを感じるし、前に行く馬なのにちらほら出遅れているのも気になる。ママキジャは準OPを勝てませんが、そういう馬でもこの面子なら連下はあるか?ダートムーアも1000万までしか勝っていませんが、3走前のレディスプレリュードで3着があり、交流での目処がつく。

◎ミラクルレジェンド◎
○ダートムーア
▲アドマイヤインディ
△ママキジャ
△プレシャスジェムズ

 ◎→○⇔▲△の3単6点。オッズ次第ではプレシャスジェムズも切っての4点でしょうか。アドマイヤインディが2着にでもなれば3単2000円ぐらいつきませんかね?しっかし、ミラクルレジェンドがいなかったらとんでもない面子ですね。JpnIIどころか重賞でもない。OP特別ですよ、これ。

テーマ:南関東公営競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『追憶』

『追憶』

大切に思っていたはずの記憶

それなのに検索できなくなる

忘れたくないと願っていながら

忘れたいことは忘れられないのに



君の笑い声が思い出せない

君の喜んだ顔もぼやけていく

冷え切った手を握ってくれた温もりも

やがて君の名前さえも忘れるのかな



深く深く沈んでいく

意識から前意識へ

前意識から無意識へ

僕の届かないところへ



それでも

出会えたときの喜び

過ごした日々の楽しさ

別れたときの悲しさ

感情だけは色褪せない



忘れたとしても消えはしない


2009年11月15日作
ラジオNIKKEI『わたしの書いたポエム』2013年2月24日採用分

テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年中山記念&阪急杯回顧ほか

 青森県八甲田山麓の酸ヶ湯では先日、日本国内観測史上最深積雪となる512cmを記録しましたが、さらに雪が降り積もり530cmにまで達したそうです。酸ヶ湯は山奥ですが、ここ弘前市内も猛烈な吹雪で、雪が降り積もり現在、弘前市としては観測史上2位の積雪(148cm)です。最深が150cmなので更新も時間の問題。

 さらには除雪費が尽きたらしく、市道はロクに除雪もされていません。路盤がデコボコの上に大量の砂でもまいた状態。とはいえ、受験生の指導を抱える身なので昨日も車を駆り出したわけですが、俺の前のタクシー(4WDじゃないの?)がタイヤ空転でハマりました。運ちゃんは越していけとサインを送るも、ねぶごんもハマってしまいました。FFだからとかではなく、今は亡きねぶとろでもハマってたろうな。前車の運ちゃんと後ろの車の方が押してくれて脱出できました。サンクス。メシ食った後、同じ道を逆方向から通ったのですが、別なタクシーやらおばちゃんの乗るプリウスがハマってましたね。県道3号(片側2車線区間)でもこの有様。

 さあ、冬が大逃げを打ちました。後続とは12,3馬身あるか?1番人気の春はどうした?春は後方でもがいている!冬逃げる!まだ5馬身のリード。冬!冬!人気の春は来ない。2月末ですが冬が逃げ切って完勝!住民からの野次が飛んでいます!「春!カネ返せ!」「冬、ナニ大穴開けてるんだよ!」……みたいな感じですよ。今日のシルポートのように差しきられれば良かったんですが。

 ☆中山記念予想結果☆
Bダイワファルコン……2着
Bダノンバラード………6着
Bタッチミーノット………4着
Bナカヤマナイト………1着

 予想通りのシルポートの大逃げ。後続は12、3馬身後方。直線に入ってもシルポートはセーフティリードと思われましたが坂で失速、2番手のダイワファルコン、さらには好位にいたナカヤマナイトが急追して交わして優勝。2着はハナ差でダイワファルコン。シルポートは3着でした。終わってみれば昨年のオールカマーと同じ1,2着と昨年の2着馬という決着。中山適性が上位の馬が普通に好走。

 休み明けでも有馬記念7着以外は中山で連を外していないナカヤマナイトの実績、適性が上位でした。乗り代わりの激しい昨今ですが、この馬は一貫してヨシトミさんが騎乗しています。有馬記念を見るにマツリダゴッホにはなれそうにないですが、ローエングリンやバランスオブゲームのような存在にはなれるかもしれません。ステイゴールド産駒ですし、丈夫で長持ちしそう。来年も再来年も中山重賞で勝ち負けしているイメージが湧きます。

 ダイワファルコンも中山巧者ですが、適性……というか地力でナカヤマナイトより一歩劣るんでしょうね。決め手に欠く印象もありますし。とは言え面子次第ではまだ重賞の1つは勝てる馬でしょう。シルポートは展開向きそうと展望で書きましたが、実際、マイペースで押し切り寸前でした。溜め逃げよりは飛ばして、どこまで粘れるかのほうが向いているような気がします。タッチミーノットは開幕週であの位置からは厳しかった。トーセンレーヴは鞍上の談話にあるように中山はあまり向いてない。

 阪急杯はケンだったのですが、「世界のロードカナロア」が休み明けだろうが、1400だろうが、58kgだろうが問題なく完勝。1400までは生粋のスプリンターでも持つイメージあります。高松宮記念は何もなければこの馬で決まりでしょう。その後は安田記念ではなく、海外の適鞍に向かわないかな?「グローバルスプリントチャレンジ」にでも挑んでほしい。シンガポールあたりで。

 マジンプロスパーも不振から立ち直ったのか粘るオリービンを交わして2着確保。1400のほうが合っているのかも?サンカルロは4着でしたが、これぐらいの着順のほうが次に適当な人気になって良さそう。連対されると2人気になっちゃいそうですから。エピセアロームはちょっと間が空きましたし、叩かれて変わってくるかもしれません。ミトラは……重賞のカベにぶつかったかな。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年中山記念展望

 中央競馬も来週は弥生賞、チューリップ賞です。弥生賞の時期になるといよいよ春だと感じます……例年なら。今年は2月下旬というのに未だに真冬日続き、積雪量はうなぎ上りで春の足音は聞こえません。ともかく今週は中山記念。ちなみに阪急杯は黙ってサンカルロから。阪神C、阪急杯、宮記念でだけ買って、あとは放置プレイが定石(笑)

 中山競馬場のレースは同じ馬が何度も馬券に絡むことが多いですが、中山記念も同様です。過去20年で2回以上馬券に絡んだのは、サクラチトセオー、ローゼンカバリー、ダイワテキサス、アメリカンボス、ローエングリン(3回)、バランスオブゲーム(3回)、エアシェイディ、カンパニーの8頭。多いなあ。昨年の勝ち馬はいませんが、昨年2着のシルポート、3着のリアルインパクトは参戦しています。それではいつものように短評から。

1.スノークラッシャー…中山競馬場ではなく、青森県にやってきて雪を破壊してくれんか?(笑) 冗談はさておき、2年3ヶ月も勝ちがなく、4ヶ月の休養明けの馬なんて買えない。そもそも中山適性も疑わしい。

2.リアルインパクト…去年と同じ2枠2番。安田記念で名前通りのリアルインパクトを見せ付けたのも今は昔。以降、1年8ヶ月も勝ちがなく、丸一年馬券にも絡んでいない。尻すぼみの現状から買う気にはなれません。強調材料は中山では2戦して2,3着が1度ずつと、意外と中山は上手そうなところでしょうか。

3.カリバーン……丸2年勝ち星がなく、4ヶ月の休養明けというのはスノークラッシャーと似た感じ。順調に使えていませんし、相手関係も然ることながら、この馬自身の力も落ちてそう。勢いのあった一昨年でも重賞では足らなかった馬が今更どうにかなるとは思えない。

4.トーセンレーヴ……一走ごとに好走と凡走を繰り返しているので今度は好走か?(笑) 土日の中山は晴れ模様ですし、馬場は向きそう。距離もこれぐらいがベストでしょう。あとは中山でどうか、ですね。それにしても、この馬は全走の鞍上が外人。日本人騎手お断りなのか?

5.シンゲン……11ヶ月ぶりで勝った2010年のオールカマーには驚きましたが、それが現時点で最後の勝利。もう2年5ヶ月も前の話。社台馬ですし、ここまで現役を引っ張る理由がよくわかりません。引退させてあげて欲しい。種牡馬は無理でしょうが、乗馬ではなく誘導馬になれんかなあ。もちろん買える馬ではない。

6.ルールプロスパー……障害OPで2勝。ここは中山GJなのは明白です。99.999999%馬券にならない。ただ回ってくるだけでしょう。併せ馬一杯の追いきりです。

7.スマイルジャック……昨秋の京成杯AHではまさかの2着に驚きました……がスプリングS勝ち馬ですし、中山も上手いんでしょうね。でも、もう8歳。他の8歳馬よりは脈があるとは思いますが、あって連下まででしょう。

8.アンコイルド……目下4連勝中、7戦連続で馬券になっており、人気にもなりそうです。中山で走ってないので適性は未知数ですが、福島で勝ち、やや重もこなしているので、小回りも重い馬場もこなすとは思います。あとは重賞の面子でどこまでやれるか?それとここ2走出遅れている点が気がかり。

9.シルポート……昨年の2着馬。昨年のマイルCSもそうでしたが、ハマればまだまだ渋とさを見せますね。この馬以外に逃げを主張する馬は見当たりません。展開は向きそうですし、馬場の助けもほしいところでしょうか。人気がなければ抑えるぐらいでいいかと。

10.ダイワファルコン……中山巧者。昨年のオールカマーは美味しかったなあ(笑)ただ、昨年の中山記念で9着に沈んでいるように、中山でもいつもいつも来るわけではない。とは言え、この面子では適性上位だけに抑えは必要でしょう。

11.トシザマキ……昨年半ばは勢いがあったようですが、休み明けの白富士Sでビリ。輸送がダメなのかなあ。関東で4走していますがいいところがありません。腐ってもGII。前走以上の面子で、ここでは荷が重そう。

12.ダノンバラード……物議をかもした前走のAJCC。走行妨害がなければどうなっていたかはわかりませんが、いずれにしても勝ち負けだったわけで中山も合っている。ロートルばかりの面子では、勢いも実績も上位。今度はキレイな競馬をして欲しいものです。それでも好勝負できる相手関係です。

13.ニシノメイゲツ……4勝中3勝が中山ですが、準OP以上ではまるで通用していない。それは前走の中山金杯11着が示す通り。ここでどうにかなるとは思えない。

14.タッチミーノット……昨春に戦線復帰してからは、徐々に調子を上げ、前走で待望の重賞初制覇。完勝でした。中山では2勝2着1回3着1回と全て馬券になっています。重賞の1,2着を含んでいますし、コース適性はかなり高い。ここも勝ち負けしていい。

15.ナカヤマナイト……前走の有馬記念はさすがに相手が強かったですが、有馬を除けば中山では3勝2着1回。中山巧者なのは衆目一致のところ。フレグモーネでAJCCをパスしましたが、ここを目標に乗り込まれており、巻き返しがあって不思議ない。

◆チェックポイント◆
・7歳以上で中山芝重賞の連対歴がない……スノークラッシャー、ルールプロスパー
・牝馬……トシザマキ
・前走が白富士S以外のOP特別/条件戦……スノークラッシャー、カリバーン
・前走がGII、GIIIで10着以下……リアルインパクト、シルポート、ニシノメイゲツ
・前走がGII、GIIIで10人気以下……スマイルジャック
・半年以上の休み明け……ルールプロスパー

 残ったのは、トーセンレーヴ、シンゲン、アンコイルド、ダイワファルコン、ダノンバラード、タッチミーノット、ナカヤマナイトの7頭。

 ただ、短評で書いたようにシンゲンが今更来るとは到底思えないので消し。アンコイルドは人気次第ですが、人気の一角になりそうなだけに軽視したい。単で10倍以上つくようなら見直しますが……。トーセンレーヴは、1人気のときは6勝3着3回ですが、2人気以下のときは馬券になっていません。ここは1人気まではならないでしょう。外人騎乗は不気味ですが、他の中山巧者を差し置いてまで買う馬ではないように思います。

Bダイワファルコン
Bダノンバラード
Bタッチミーノット
Bナカヤマナイト

 枠複6,7,8BOX&8-8の4点。馬複で買っても点数が2点増える割りにオッズの旨味がほとんどない。枠のほうがいい。8-7,8は200円、他は100円の計600円。6-7で決まれば3000円弱つくようだが、どうだろうなあ。リアルインパクトやシルポートがこんなに売れるとは思わなかった。アンコイルドとトーセンレーヴの人気は予想通りだが。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

アクセス&リンク

 こまめに閲覧してくれる皆さんはもちろんのこと、一見さんでも日記更新の頻度やその分量から、俺が文章を書くことを好むのは一目瞭然だと思います。ネットはもちろん各種メディアに書き散らかすのも根本的に「書くこと」が好きだからです。そうでなければ続けられない。

 不特定多数に向けて書くのも良いのですが、「メル友」も欲しいんですよね。返信が届いているとウキウキするし、多数に向けては書けないことも書けたりしますから。しかし……SNSの隆盛の一方で、メル友募集サイトってめっきりなくなってしまったなあ。たまに有ってもあからさまに業者の集会所だったりしますし、SNSで共通点が多そうな人にメールしても、返信率は高くはない。「メル友」を欲しているのではなく、日記やつぶやきで絡んでくれる人が多数だからなんでしょう、たぶん。

 あとは一昔前と違って、女性にメールすると、過剰に警戒される場合も少なくない。ネット利用者が一昔前からすれば激増し、結果、マナーやモラルの低いユーザーの絶対数が増えてトラブルも起こる。だから、警戒される。理屈は分かる。でも、誰かと「つながった感覚」が欲しいから「絡んで~」とか書くんでしょう。それも分かる。でも、それは相反しているように思うんだがなあ。そこでフィルターとして、「出会い系お断り」とか書くんだろうが、そもそもさ、「出会い系」の定義って何なの?と思わずにいられん。

 「性交」を目的としたアクセスのこと?でも、思うんだよな。そこを見極める術を持たないのなら、「出会い系お断り」なんて書いても何の意味も持たない。俺自身が出会い系か否かと言えば、出会い系だろう。ただ、それは「出会い系お断り」と掲げた人間が考える出会い系とは違う。もちろん若いおねーちゃんとメシ食ったりするのは楽しい。実際、一緒にメシ食いに行ったおねーちゃんなんて数え切れないほどいる……が、別に性交などしていない。男性とも何人かは会っているがもちろん性交などしていない(爆)

 ネット上の知人と友達、友達と恋人は違う。友情と愛情と肉欲も基本的に別だ……が、過剰に警戒する人はごちゃ混ぜになってるんじゃないかと思う。ぶっちゃけさ、やりたいだけならソープにイくよ、俺なら(笑) 下調べしておけばそれなりに外見的に好みの子を見つけ出せるしさ。ついでに言えば、ソープとセックスも別物。どちらも性行為ではあるが、ソープ嬢とは恋愛感情がないわけで。それはセックスとレイプが違うのと似ている。長々と書いているが、精神的な充足感が欲しいんだよね。一人ではどうやっても満たせない部分もあるから。

 メールが欲しい。たまには遊びにも行きたい(気が合えば老若男女は問わない) ああ、どこか遠くへ行きたい。あ、メールをくれる方へ急かしているわけではないので、その辺は気を使わないでOKです。人には人のペースがあるから、それを崩しては長続きしない。ただ、俺はもっと頻繁に受信したい。だから、メル友の人数を増やしたいんだけど、なかなか増えないんだよなあ。それはこの文章の前半で述べた通りです。1人と週に1往復でいい。メル友が5,6人いれば。そういうことです。

 OSSANだけど、寂しいんだろうな。この頃。そんな寂しさも気づけばなくなってたりするんだけどさ。こんな日記を書くと業者からのコメントやトラックバックがありそうだが、無駄だからやめてね(笑)

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:2 | トラックバック:0 |

走り、歌う。

 昨日の話。自作PCを持って100km離れた十二湖付近まで行ってきました。日本海側の青森・秋田県境です。片道3時間弱かかりました。風が強かったですしね。国道の表示板では「西の風10m」とあったので、瞬間的には20mほどの風が吹いていたと思います。4WDで背の低いねぶとろなら何の不安もなかったのですが、FFで背の高いねぶごんでは風にかなり煽られました。ネットの接続設定が上手く行かずにオヤジの友人宅を出たのが20時過ぎ。晴れた日の海沿いを走るのは気分良いものですが、猛吹雪の夜道の海沿いはヒヤヒヤしましたね(笑)

 遠出したので燃費は良かったように感じます。200km走って、燃料が残り半分ぐらい。街乗りでは11km/Lほどですが13km/Lぐらいは出てそう。冬道、冬タイヤでこれなので、雪が溶けて夏タイヤ(エコタイヤ)で遠出すれば、カタログ燃費ぐらい(18km前後)は出るんじゃないかと思われます。円安になってきたせいか、ガソリンの値段もまた上がってきましたしね……。1L150円ぐらいのガソリンスタンドも少なくない。郊外へ指導に行くことも多いし、月に1000kmは走るので、燃費の良い車に乗りたいものです。ねぶごんの次こそはコンパクトカー(速くて燃費も良い車)にしたい。

 今日の話。今日は受験生の2人の指導に行ってきました。まあ、九分九厘落ちるはずがないのですが、当然、私立には合格していました。地方では総じて私立高校は県立高校の抑えですから。受かって当然とは言え、少なからずほっとしたのも事実。万が一にも私立に落ちたら、高校浪人まっしぐらで俺は切腹モノですよ(笑) そして、今年も俺は歌った「『もう……終わりだね♪きーみがちいさーく見える♪』『らーらーらー、ららーら♪言葉にできない♪』という状況にならなくて本当に安心した」と(爆) もちろん受かっているから言えるシャレです。

 本番は2週間後。本番に合格させてこそ任務完了なので、何とかしたいですね。去年、一昨年と俺の母校にも1人以上入ってます。今年も入れば3年連続ですし、来年も有力な若駒……ではなく志望している2年生がいるので、4年連続後輩育成としたいところです。

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年フェブラリーS回顧

★フェブラリーS予想結果★
Bグレープブランデー…1着
Bワンダーアキュート…3着
Bイジゲン……………12着
Bシルクフォーチュン…5着

 1人気に推された昨年のNHKマイルC馬のカレンブラックヒルは、好位追走から壮絶な逆噴射でブービー負け。言わんこっちゃないという感じ。何度も何度も見てきた光景ですね。勝ったのは前走の東海Sで完全復活をアピールしたグレープブランデー。一昨年のJDD以来のGI2勝目。浜中騎手もスリーロールスの菊花賞以来の久々のGI制覇です。2着に逃げねばった古豪エスポワールシチー。3着にジリジリ伸びたワンダーアキュートでした。

 グレープブランデーは中段の内で脚を溜めて、直線に入ってから意外と伸びなかったのですが、坂を駆け上がってから一気の加速でエスポワールシチーを差し切りました。ただ、これをもって世代交代と言えるかはまだわからない。スマートファルコンもトランセンドもフリオーソも去った群雄割拠のダート戦線がより混沌としてきた印象です。グレープブランデーがダート界を制するにはもう一度古豪を粉砕し、ローマンレジェンド、ニホンピロアワーズらも倒さないことには。

 エスポワールシチーは尻すぼみの成績で……とも思ったのですが、前々走はともかく、前走の東京大賞典は出遅れたので度外視して、ベストのマイルで見直す……というのが正解だったようです。ここまで粘りこむとはGI7勝馬を侮っていました。昨年もJpnIを2勝してますし、往年の力はないにしろ、まだまだGI戦線でやれるというところを見せました。ワンダーアキュートは使い詰めの影響はなかったんでしょうが、決め手に欠けますね。ジリジリとしか伸びない。崩れないですが、勝ちきれないですね……。

 イジゲンは毎度毎度の出遅れ。今日も4,5馬身ほど遅れ、その時点で終了。ダート版の劣化ペルーサという感じ。OP特別や手薄なGIIIなら出遅れても勝てるんでしょうが、GIは甘くなかった。それはガルボやカレンブラックヒルにも言えます。今はダートも適性のある馬が経験を積んで、このGIの舞台に出ているので、芝のGI馬だろうがいきなり出てきて勝ち負けできるほど甘くない。終わってみると追走で一杯一杯だったんでしょうね。今後も芝馬はバッサリ切っていい。

 グレープブランデーも紆余曲折を経て、再びダートの頂上戦線へ帰ってきましたが、2~9着馬は8歳、7歳馬。若駒は揉まれてこないとダメですね。ガンジスやイジゲンの入る余地はまだないようです。ハタノヴァンクールやホッコータルマエならそれなりにやれたんでしょうが……。ダートも層が厚いですね。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年フェブラリーS展望

 今年初の中央GI・フェブラリーSです。あっという間に府中開催も終わりかあ。ホント、年月の経つのは早いものです。フェブラリーSは99年、02年を現地観戦していますが、それが10年以上前という感じがしません。久しぶりに府中に行きたいなあ。さておき、出走各馬の短評です。

1.マルカフリート…東京ダートでは昨秋の2戦2敗。距離も1F長いし、それが直線の長い府中ではますます向いてなさそう。ここは条件不向き、相手も強い。苦戦必至。

2.グレープブランデー…一昨年のJDD馬。休み明けはぱっとしませんでしたが叩かれて良くなってきました。この条件ではユニコーンS2着がありますし、長いところ向きなのも府中のマイルに合っていると思います。実績馬が前走で重賞勝ち。勝ち負けもあっていい。

3.セイクリムズン…根岸Sは10人気ながらタイム差なしの3着に激走。いや、重賞を何勝したかわかんないほど勝ってる馬だから激走は失礼なんでしょうが驚きました。ただ……1400ベストで、1600になるとまるでダメなんだよなあ。一昨年は14着、去年は15着。勢いも落ちてきているだけにここで好走は難しい。

4.ナムラタイタン…府中のマイルで武蔵野S勝ちやOP2勝で条件はベストですが、GIでは荷が重いような気がします。前走もグレープブランデーに完敗。ここはさらに面子が厚いだけに期待はしづらい。

5.タイセイレジェンド…府中ダート1600で準OPを勝ってはいますが、距離短縮で出世してきただけに、この条件がプラスとは思えない。前走も休み明けで59kg背負ってるとはいえ負けすぎです。交流スプリント路線で期待でしょう。

6.エスポワールシチー…3年前の勝ち馬。3年前の力はないでしょうが、昨年もマイルJpnIを2勝。好走の余地がまるでないとは言い切れない。ここ2走は距離も少し長かったですしね。ただ、主戦の哲三さんを欠いているのは痛い。松岡でも重賞を勝ってはいるが……。

7.ガンジス…内田が前走も今回もJpnI馬であるタイセイレジェンドではなく、こちらに乗っているというのは、こちらのほうが脈があると踏んでるんでしょうね。ずっと乗っていたのはタイセイレジェンドだったわけですし。ただ、重賞勝ちもない馬がここではどうですかね?

8.イジゲン…出遅れなければここでも面白そうです。今回も外人騎乗なのは心強い。武蔵野Sで大出遅れから完勝だけに、この条件は合っている。

9.ヤマニンキングリー…芝でも砂でも重賞を勝っていますが、マイルは少し短いのかも。父は芝でも砂でも1600でも2000でも国内でも国外でもGIを勝ちましたが、この馬は父の劣化コピーという印象。昨年のこのレースでは9着。この1年で強くなった感もなく、去年と同じような結果じゃないでしょうか。

10.ワンダーアキュート…昨秋のJBCクラシック馬。ちょっと使い詰めなのが気になります。GIを4連戦して崩れていないのは地力の証と思いますが、ここは距離が短いし、交流GIよりも層も厚い。勝ち負けして不思議ない馬ですが、正直、半信半疑。

11.カレンブラックヒル…昨年のNHKマイルC馬がダート初参戦。この手のパターンで連対した馬はただの1頭もいません。最高がトゥザヴィクトリーの3着。ドバイWCで2着になるほどの馬でも初ダートは3着。脚質や自身の走り、血統的に砂も向くとは思うのですが、いきなりはどうなのかなあ……メイショウボーラーのようにGIIIでワンクッション置いてからなら良かったのですが。しかも1番人気。

12.ダノンカモン…武蔵野Sで3年連続馬券になっており、府中の南部盃2着、フェブラリーSは2年連続で4着。府中ダート1600はベストと思いますが、でも勝てない。この1年で勢いも無くなった感じですし、去年以上を期待するのは酷かもしれません。

13.エーシンウェズン…マイルは芝の未勝利を勝ったっきりで、以後は連対もない。1F長いと思いますし、重賞の1つも勝っていない馬ではここは敷居が高い。

14.テスタマッタ…昨年の勝ち馬です。はっきりと衰えているわけでもないし、折り合いがギリギリでつけば今年も勝ち負けできるだけの馬だとは思うのですが、ペースの緩急を問わずかかってしまいますからね……。2000よりはマイルのほうが向いていると思います。ここ2走で人気も落ちそうですし、警戒は必要と思います。

15.ガルボ…初ダート。意外とダートもこなせそうな気はするんですが、いきなりのGIでは厳しいでしょう。

16.シルクフォーチュン…昨年の2着馬。マイルは少し長いような気も以前はしたんですが、問題はなさそうです。問題は距離ではなく展開でしょうか。それなりに流れてくれれば、末脚爆発していい。

 ◆チェックポイント◆
・前走がOP特別……マルカフリート
・前走がG3で5着以下……タイセイレジェンド、ダノンカモン、エーシウェズン、テスタマッタ、ガルボ
・前走が東京大賞典で8着以下……いない
・ダート初挑戦かつ前走が芝……カレンブラックヒル、ガルボ
・7歳以上で前走4番人気以下……マルカフリート、セイクリムズン、ナムラタイタン、エスポワールシチー、ヤマニンキングリー、ダノンカモン、テスタマッタ、シルクフォーチュン
・9歳以上馬……いない
・牝馬……いない
・東京ダで既出走かつ未連対……マルカフリート、ヤマニンキングリー

 残ったのは、グレープブランデー、ガンジス、イジゲン、ワンダーアキュートの4頭。7歳以上馬の出走も多いですが、勝ち馬は出ていません。4,5歳馬の活躍が目立ちますので、軸を取るなら若くて勢いのある馬でしょうが、俺が流してもロクなことにならんし、こんな混戦ですからBOXで。重賞の1つも勝ってないガンジスを外して、代わりに前走も鬼脚炸裂の昨年の2着馬・シルクフォーチュンを入れます。馬複4頭BOX。

Bグレープブランデー
Bワンダーアキュート
Bイジゲン
Bシルクフォーチュン

 昨年の2,3着馬、JCダートの2,5着馬に、外人騎乗でハマれば怖いイジゲン。これでいいと思うんだけどなあ。1人気で初芝の馬を買うのは出遅れクセのあるイジゲンを買うよりギャンブル過ぎる。来たらバケモノだったと諦めるのみ。妙味皆無ですし。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ねぶ指導

 私立受験が終わりました。まあ、ざっと回答をチェックしてみましたが、まあ、十中八九受かってるはずだが、前哨戦を圧勝して本番に向かう……という感じではないなあ。アネモネSで2着で桜花賞という感じだ(笑) 中2週でどこまで仕上げられるかにかかっています。受験直前ですから、馬なりではなく、強めの追いきりですわ。下記はノンフィクションですが、無論、3年生ではなく2年生の指導の際の話です。

 3年生の子で指導を延期にするほど体調を崩す子は今のところいませんが、1年生、2年生の子の何人かは体調を崩しています。インフルエンザも流行ってるのかなあ。うがい、手洗いをこの時期は欠かせません。ついでに不規則な生活なので、栄養ドリンクを飲んだり、合間を見て温泉に入ったりして、滋養強壮に努めています。タバコのお供にコーヒーではなく、栄養ドリンク。栄養ドリンクもカフェインが入ってますし、けっこう合いますね。

☆ねぶ指導その1

ねぶ:というわけで物質の最小単位が原子なんだよ。氷を鉄拳で破壊しても原子が壊れるわけでも、水素と酸素の結合が分離するわけでもない。電気分解とかしないとさ。

生徒A:分かりました。

ねぶ:まあ、聖闘士は原子をも砕くけどね(笑)

生徒A:「せいんと」?

ねぶ:いや、昔、そんな漫画が流行ったのよ。今でも「チャンピオン」で続編やってるみたいだけど。まあ、それは漫画の話なんで忘れていいです。

☆ねぶ指導その2

ねぶ:というわけで日本最大の前方後円墳は大阪府堺市にある仁徳天皇陵です。この写真のように鍵穴みたいな形をしてます。わかりやすいよね?

生徒B:はい。

ねぶ:まあ、これ、地球の磁気を止めるための鍵穴だったりします。

生徒B:え?なんですか、それ?

ねぶ:昔、そういう漫画があったんだよ。ゆでたまご理論です。どーでも良すぎるネタなので忘れてください……(笑)

☆ねぶ指導その3

ねぶ:というわけで、「take」にはいろいろな意味があります。高校受験でも、「~を撮る」だけじゃ足りない。「~に乗る」「時間やお金を費やす」「連れて行く」あたりは覚えておきたい。「take」だけにつれテイク。

生徒C:……しゃれ?

ねぶ:OSSANだからね……(笑) 

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:2 | トラックバック:0 |

『このトンネルを抜ければ』

『このトンネルを抜ければ』


この暗く長いトンネルに入ってから

いったいどれだけの月日が経っただろう?

いつまで経っても出口の気配を感じなくて

入口へ戻りたいなんて何度も何度も思っていた

でも、それじゃあここまでの歩みが無駄になるし

今更、力を振り絞ってふりだしなんてバカらしい



少しずつ少しずつ、でも確かに進み続ける

目の前に先に通った誰かの足跡があるから

この先はきっと行き止まりなんかじゃない

諦めかけたときに限って、隙間から光が射す

それはトンネルの先の世界を予感させるから

立ち止まったとしても、後ずさりなんてできない



どこかのエライ作家さんは言ったんだ

「人生はメリーゴーラウンド」なんてさ

グルグル周っても、また元の場所

でも、それを認めてしまったら、もう動けないだろう

たとえここが円周状のトンネルだとしても

螺旋階段のように上がったり下がったりするはず



どれだけ歩いてきたかなんて、もうどうでもいい

でも、いつしかうっすらとトンネルは明るくなって

それは暗闇でもがく者の心に灯をともすんだ

トンネルを抜けた先に新たなトンネルがあっても

出入口という白に挟まれば、それまでの闇さえ白

そんなオセロゲームが幾度となく繰り返されつづける



2012年4月19日作
ラジオNIKKEI『わたしの書いたポエム』2013年2月10日採用分

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年佐賀記念回顧

☆佐賀記念予想結果☆
◎エーシンモアオバー…2着
○ホッコータルマエ……1着
▲オースミイチバン……4着
△クリールパッション…8着
△グランシュヴァリエ…5着

 人気2頭の実力が抜けているのは衆目の一致するところで、オッズに示された通りです。3着がどうなるかだけのレースだったのですが、3着も3人気のキングスエンブレムが入り、3連馬券以外は1番人気での決着。印を5点打ち、当初は3着をどうしようと悩んだのですが、指導が立て込んでいるこの時期、考えるというか悩むのに疲れて、馬複1点勝負にしました。購入した15時前は150円だったので、十分と思ったのですが、最終的には130円。まあ、でも馬単裏表を均等買いなら元返しですし、3複や3単を買ってたら外れていたので、無難すぎますが賢明な買い方だった気がします。昨日今日と重賞連勝で、ここ1ヶ月のスランプから脱出?

 レースは予想通りの逃げを打ったエーシンモアオバーを、終始マークしたホッコータルマエが交わしただけ。3着も3番手追走、4着も4番手追走。着順も着差も人気も実力通りなんでしょうね。ホッコータルマエは重賞では3着続き、OPでは2着とレパードS勝ちの後、賞金を上積みできずにいましたが、ここでやっと上積み。ただ、使い詰めで来ているだけに、ここで一休みしてほしいところ。フェブラリーSを連闘で使うとは思えないし、そうなるとかしわ記念までJpnIもない。手ごろな交流重賞を叩いて帝王賞に出てきてほしいですね。最近は交流JpnIでも格下の中央馬が出るパターンも多く、この馬の賞金でも出走できそうな気がしますしね。

 悲願の重賞制覇を前走で果たしたエーシンモアオバーでしたが、今回はまた2着。終始マークされる辛い展開でしたが、この馬はこれしかないですしね。JpnIどうこうという馬でもないし、この後はダイオライト記念や名古屋大賞典を使ってから一休みで北海道へ、というところですかね。しぶとく頑張ってほしい。キングスエンブレムはいくらなんでも前走は負けすぎだろうと思ったのですが、叩いて良くなったのかなあ。とは言え、ここは1,2着馬以外は空き巣同然。オースミイチバンやグランシュヴァリエに先着しても威張れるものでもなんでもないですしね。クリールパッション的な存在になりそう。そのクリールは高知の2頭と佐賀の馬にも先着され……もう限界かもしれません。

 グランシュヴァリエはそのクリールと同じ8歳ですが頑張るなあ。前走で高知県知事賞を勝ち、ここも5着で賞金GET。まだまだ手堅く稼ぎそう。リワードレブロンも佐賀馬には先着してますし、漫画『たいようのマキバオー』の序盤では佐賀馬にバカにされる場面もあるマキバオー(高知馬)でしたが、現実の世界では高知馬のほうが佐賀馬より明らかに上。というか、南関の次に古馬のレベルが高いのは高知なんじゃないかという気すらする。俺の気のせいですかね……?果敢に高い賞金、高いレベルへ挑んだ結果、馬も人も遠征慣れして、揉まれて強くなっていると思います。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年京都記念回顧&佐賀記念展望

★京都記念予想結果★
Bジャスタウェイ………5着
Bサクラアルディート…8着
Bトーセンラー………1着
Bショウナンマイティ…3着

 熱弁振るった京都記念はゴール寸前でハズレ、何も触れなかった共同通信杯は取れました。いずれも枠連。片方だけでも取れたので、明日の佐賀記念の資金分ぐらいにはなってよかった。でも、京都記念は残り50mまで取った!と確信していただけに悔しい。ゴール板が長く感じましたよ……。

 勝ったのはトーセンラー。ユタカはこれで27年連続の重賞勝ちです。直線平坦の中距離がベストなんでしょう。アタリの柔らかいユタカとも手が合っているように感じます。このまま鞍上はユタカでいってほしい。休み明けですが、故障していたわけでもなく、十分に乗り込まれてもいました。本質的には中距離馬でしょうが、菊花賞で3着の実績もありますし、ユタカの腕次第では春天でも2,3着がないとは言えない。この春で一皮むけるかどうか。剥けなければ昨年同様、サマー2000狙いか。

 ベールドインパクトは坂のあるコースのほうが活きると思いましたが、元々京都重賞でも馬券になってましたし、順調さを欠く馬が多い今回の面子で、前走を無難に勝っての参戦ですからこの結果も自然か……。GIはともかくGII,GIIIなら近々順番が回ってきそう。浜中騎手の談話にもありますが、ショウナンマイティは抑えが効かなかった。かみ合わない競馬でもさほど差のない3着で、変わらぬ実力は示せたと思います。連に絡めなかったせいで、俺の馬券はハズレになりましたが(笑)

 ビートブラックは特に見せ場もなくなだれ込んだ4着。決め手がない馬ですから、展開の助けがないと今後も勝ちきるまでは難しいかも。ジャスタウェイには期待していたのですが弾けませんでした。前半かかってましたがそのせいもあるのかなあ。好位につけて伸びるか?と思ったのですが、伸びずバテず……うーん。ジョワドヴィーヴルは人気通りの7着。フジテレビの中継ではやたらと煽ってましたが、馬券購入者は冷静に見てますね(笑) 母のように復帰後1つでも重賞を勝てば御の字でしょう。

 明日は佐賀で佐賀記念です。中央馬はキングスエンブレム、エーシンモアオバー、ホッコータルマエ、オースミイチバン、クリールパッションの5頭。地方他地区からはいつものトウホクビジンとグランシュヴァリエ、それとリワードレブロンです。佐賀の馬には先着するかもしれませんが、中央馬との間には越えられないカベがあるのは明らか。佐賀の馬もエスワンプリンスやそれを前走で破ったレイズミーアップは出てこない。中央馬5頭をどう買うか、それだけのレースなのは九分九厘決まり。

 さらに中心は前走で悲願の重賞制覇を果たしたエーシンモアオバーで堅い。小回りコースは実績、脚質から向いている。連を外すとは思えない。ホッコータルマエもダート一線級を相手に差のない競馬を続けていますし、逆転があっても不思議ではない。キングスエンブレム、オースミイチバン、クリールパッションはかなり差があると思います。地方馬よりはマシというレベル。ナムラダイキチだのオオエライジンぐらいの馬がいれば先着されかねない……がそんな馬は今回いません(笑)

◎エーシンモアオバー
○ホッコータルマエ
▲オースミイチバン
△クリールパッション
△グランシュヴァリエ

 ◎○の一騎打ちが極めて濃厚。◎○は重賞クラスですが、他3頭の中央馬は中央で走ったら準OPも勝てなさそう。オッズ次第ですが、グランシュヴァリエの3着もなくもない……か?

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年京都記念展望

日曜重賞は共同通信杯が10頭立て、京都記念が11頭立てといずれも少頭数です。とは言えどちらも伝統の一戦ですし、春のGIへつながる重要なレースです。昨年は共同通信杯を制したゴールドシップがクラシック二冠と有馬記念を制しました。去年の回収率は良かったのですが、ゴールドシップのおかげという面もあります。去年は展望を書いた京都記念が外れて、過剰人気と感じたゴールドシップの単を共同通信杯で取ったのですが、懲りずに今年も展望は京都記念で。まずはいつものように各馬の短評から。

1.ベールドインパクト…前走のディセンバーSで久々の勝利。京都でも好走していますが、勝っているのは中山、阪神なんですよね。それに前走はミルコ騎乗。ミルコと比べると小牧さんには悪いが鞍上弱化。しかも人気してますしね。うーん。

2.ビートブラック…昨年の春天馬。春天は大逃げがハマったというのもありますが、ステイヤーなんでしょう。元々、菊花賞でも3着だった馬ですし。京都はいいと思いますが、2200はちょっと短い気がします。何がなんでも逃げたい馬はいないし、ハナは奪えるでしょうが、どこまで粘れるか。

3.ヤマニンファラオ…ラジオNIKKEI賞以来は半年ぶり。それまでは大崩してませんが、何分休み明けの上に初の古馬相手。鉄砲も未知数です。ここは様子見かなあ。

4.ジャスタウェイ…中山金杯では1人気に推されましたが、イマイチ伸びを欠き3着まで。中山はあまり向いてない気がします。広いコースのほうが末を活かせそう。人気ですが既に上の世代相手に実績ありますし、今度は差し届くかも。

5.サクラアルディート…サクラプレジデントの弟。初勝利までに時間がかかったようですが、勝ち始めたら一気の快進撃でOPまで上がってきました。京都実績は問題ない。重賞初挑戦ですが、この面子なら勢いでどうにかするかも。

6.ジャミール…1年半の休養明け。その休養前でも尻すぼみでしたし、勢いがあったころでも重賞に手が届かなかったのに、今回の条件では厳しい。休んでる間に主戦のアンカツさんは引退しちゃったよ(笑)

7.リッツィースター…半年の休養明け。重賞は5度走っていずれも最下位付近。ここで通用する理由はない。

8.ジョワドヴィーヴル…桜花賞以来10ヶ月ぶり。なんだか休養明けの馬ばかりだなあ。今にして思うとチューリップ賞や桜花賞の結果は実力通りだったのかなと思います。ブエナビスタの影を見ている向きもあるでしょうが、姉というより母にダブって見えます。叩かれてから重賞の1つも勝てば立派なもんじゃないかな。この人気と条件じゃ買えない。

9.カポーティスター…前走は10人気ながら日経新春杯を快勝。似たような条件で抜けた馬もいません。ただ、前走はロスなく立ち回りましたし、今回は一気の4kg増。いろいろ条件悪化しても勝ち負けできるのか、試金石の一戦。

10.ショウナンマイティ…またまたまた……休み明けのお馬さんです。8ヶ月ぶり。京都でも勝っていますが、坂のあるコースのほうがいいのでは?鉄砲実績が豊富ですし、一番時計を出すなど調教でも動いていますね。陣営は慎重なコメントを残していますが果たして?

11.トーセンラー…これまた休み明け。5ヶ月ぶり。好走はするものの、一昨年のきさらぎ賞から2年も勝っていません。直線平坦でこれぐらいの距離があってそうですが、去年も休み明けでここは4着。昨年より上積みがあるとは思えないなあ。

◆チェックポイント◆
・単100倍以上……ジャミール、リッツィースター
・7人気以下の関東馬……リッツィースター
・半年以上の休み明け……ヤマニンファラオ、ジャミール、リッツィースター、ジョワドヴィーヴル、ショウナンマイティ
・8歳以上馬……いない
・重賞勝ちのない7歳馬……ジャミール
・重賞勝ちのない牝馬……いない
・前走が条件戦で3着以下……いない
・前走がOP特別……ベールドインパクト、ジャミール
・前走がG2,G3で10着以下……リッツィースター

 残ったのはビートブラック、ジャスタウェイ、サクラアルディート、カポーティスター、トーセンラーの5頭。ビートブラックはこの面子、この人気ではラクに行かせてもらえるかどうか?カポーティスターをここで追うのはちょっと怖い。

Bジャスタウェイ
Bサクラアルディート
Bトーセンラー
Bショウナンマイティ

 枠連4,5,8BOXと8-8ゾロ目の4点で。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

テレビ界の現状を憂う

◎テレビ界の現状を憂う

 ◇「テレビ離れ」という言葉を耳にするようになって久しい。私もテレビを見ることはまれだ。その反面、頻繁に接するメディアはパソコンを通じてのインターネットだ。もちろん新聞やラジオにもそれなりに接している。
 ◇新聞は速報性の面では他のメディアに劣るが、詳細な情報を入手できる。ラジオは生放送の番組が多く、番組を制作する側が聴取者のことを強く意識していることが感じられる。また、車を運転しながらでも聞けるし、持ち運べる受信機さえあれば災害時の情報入手も簡単だ。
 ◇テレビ離れが進んでいるのは、生放送が減ったことや、視聴者参加型の番組が少ないことも要因になっているのではないか。言い方を変えれば、情報の速報性や双方向性の低下である。高度情報化の進む現代社会において、遅い情報を一方的に発信するだけでは、視聴者が離れていくのも当然だろう。
 ◇卵が先か鶏が先かではないのだろうが、視聴者離れが進んだ結果、速報性や双方向性の求められないドラマやバラエティー番組を粗製乱造していると見るのは私の懐古趣味なのか。テレビというメディアが、らせん階段を下っていっているように感じられてならない。

 (東奥日報2013年2月8日夕刊掲載分)

テーマ:テレビなんでも - ジャンル:テレビ・ラジオ

ねぶの投稿マシンガン | コメント:0 | トラックバック:0 |

PCとCD

 スーパーやコンビニなどではバレンタインムード一色ですが、俺はここ数年、無縁ですわ。女子中学生も3人指導してますが、たぶん誰もくれないな(笑) 義理と分かっていてももらうと指導に力入るんですけど(笑) こんばんは、ねぶです。受験直前になりましたが、今日の指導は中1男子1件のみ。火曜日は予備日として空けていたのですが、いつもの時間に用事があるそうで、前倒し指導……だったのですが、頭痛がするというので、2時間のところを1時間で切り上げて帰宅。風邪だのインフルだのをうつされてもたまらんし、具合悪いのにやっても意味ないしね。

 オヤジの友人に頼まれてパソコンを一台組むことになりました。普通に通販で買っても、最近じゃ価格に大差はない……どころか安い場合もありますが、メーカー製は作りが特殊だったりするので、故障したときに汎用部品と交換できなかったりします。というわけでただいまパーツの納品待ち。慣れるとミニ四駆を組むのとあんまり変わらんしね。ヨソに出すPCなので安価かつ安定性重視。Ivy Bridge最廉価モデル(CeleronE1610)でどれくらいのベンチ出すのかな。性能次第では俺も組み替えようかなw 今のパソコンに不都合など感じてませんが単なる物欲です。

 毎日、ねぶごんを乗り回しているわけですが、オーディオが純正のCD/MDプレイヤーのまま。ねぶとろにつけていたUSB/AUX端子付のもあるんですが、ガレージもないし、クソ寒い屋外でオーディオの脱着もしたくないので、雪が溶けて温かくなるまで純正オーディオのままの予定。MP3プレイヤーをつなげられないので、CDに何枚か焼いて車の中で聴いています。ももクロ集、BUMP集、ミスチル集などなど。しかし、USB接続に慣れるとCDの入れ替えですらやや手間に感じてしまう。便利さは人間を堕落させるのだろうか……(笑)

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『レンズクリーナー』

『レンズクリーナー』

寒空の下で僕は車を走らせる

何のアテもなく、目的地もない

心のガソリンも底をつきそうだった



車を止めようと駐車場を探したけれど

見かけるのは「馬主車場」ばかり

なんてセレブな世の中なんだろうと

わけのわからない敗北感を感じながら

よくよく見てみればそれは「駐車場」だった



メガネのレンズがくもっているのか

ココロのレンズがくもっているのか

たぶんその両方だろう

こんな視界がくもった状態じゃ

安心してドライブができやしない



ナビなんてしゃれたもんはないので

地図を見ながら、目をこすりながら

メガネ店に向かって僕は車を走らせる

メガネ店の店員に事情を話すと

店員は奥からレンズクリーナーを持ってきた



そのレンズクリーナーを使ってみたら

眼球がメガネを突き破るほど驚いた

「辛いカレー」が「幸いカレー」に見える

「変心」が「恋心」に見えてしまうんだ

すばらしいレンズクリーナーを即決購入



これでしばらくは安心してハンドルを握れそう

今度はお金を貯めてナビを手に入れようか

うっすらと僕の目的地が見えたような気がした



2008年12月19日作『メガネマン』の加筆修正
ラジオNIKKEI『わたしの書いたポエム』2013年2月3日採用分

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年きさらぎ賞回顧

★きさらぎ賞予想結果★
Bバッドボーイ………4着
Bクラウンレガーロ…5着
Bラストインパクト…6着

 兄タマモホットプレイと似た戦績でここまで来ていたので、兄同様にきさらぎ賞では大敗するんじゃないかと思ったのですが、弟は逃げねばるマスルファイヤーをゴール前で交わして重賞初勝利。ペースや馬場、何より面子にもよりますが、兄のタマモホットプレイ、タマモナイスプレイよりは距離の融通が利きそうですね。それでも2000が限界だとは思うのですが、兄と同様に長く重賞戦線で楽しませてほしいものです。

 マズルファイヤーはスローな流れと馬場にも恵まれた気もしますが、こちらのほうが距離が伸びて良さそうな気がします。ホワイトマズル産駒ですし、渋馬場やダートでもやれそう。ここ2走からして前で粘る競馬が合ってるんでしょう。アドマイヤドバイは道中後方ですが、一頭だけよく伸びてきましたが、展望でも書いたように相手なりに走る馬なんでしょうね、やっぱり。この2,3着の差は出世の差になるかも。

 バッドボーイは道中、ややかかり気味に見えました。それを押さえ込んでいたような。ペースがペースだけに前走同様に逃げちゃっても良かったように感じます。勝浦とウイリアムズの差なのかな。クラウンレガーロは平坦の京都で巻き返していいと思ったのですが、なだれ込んだだけの5着。アルムダプタはダート馬なんでしょうね。先行していたのに3角過ぎから後退してしまいました。ダートで一変してほしいところ。

 人気のディープインパクト産駒2頭は見せ場なく大敗。ラストインパクトは下がってきたアルムダプタとリグヴェーダを交わしただけ。リグヴェーダは内をついて4角で進出しましたが、前を捉えるどころか逆噴射。リグヴェーダはやっぱり食わせ者でした。展望にも書きましたが「幾度となく見てきた1戦1勝馬の食わせ者っぽい。ここで来るかはわからないが1人気で買うのは長い目で見て正解とは思えない」です。

 3歳重賞の1戦1勝馬は、よほどのウリがあって、なおかつ3,4人気ぐらいなら勝ってもいいかなと思うぐらいです。父ディープですし、ゴールドアリュールにはとてもなれないでしょうし、ゴールスキーやニルヴァーナになるのも厳しそう。わけのわからないメンバーでしたし、ケンが正解だったようです。クラシックでどうこう言えそうな馬は今回の面子にはいないんじゃないでしょうか。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年きさらぎ賞展望

 俺の太巻を食べないか?こんばんは、ねぶです。今日は節分ですが、マメを投げる予定も食べる予定もいじくる予定もありません(笑) あっという間に2013年も1月が終わって2月です。1月も半ばまでは馬券の調子が良かったのですが、下旬で失速して終わってみれば4240/5700。回収率74.4%。ごくごく普通。2月は巻き返したいところです。今週の勝負レースは9頭立てと少頭数のきさらぎ賞。元から9頭と少なかったのですが、インパラトールが出走取消で8頭立て。ますます少なくなりました。手堅く当てたいところです。では、各馬の短評。

1.バッドボーイ…前走はラジオNIKKEI2S2着。超絶スローペースを逃げねばったので、展開利はありましたが、4着馬が京成杯で2着でしたし、それなりの能力はあるのでしょう。鞍上がウイリアムズからテン乗りの勝浦という点がどうか?最近、重賞で勝浦の名前もあんまり聞かなくなったなあ。確認したら07年の朝日杯のゴスホークケン以来勝ってない。重賞で何十連敗してるのか……?

2.マズルファイヤー…前走の未勝利を4馬身差の圧勝。しかし、この時計やラップはどうなんだろう?レベルが高いようには感じないのですが。これも鞍上はテン乗りの秋山。人気ないなら面白いけど、それなりに人気してるので買いづらい。

3.タマモベストプレイ…2連勝の後のシンザン記念で3着。この馬自身の前走や兄2頭を思うと前走からさらに距離が伸びていいとも思えませんが、この頭数や面子なら地力でどうにかしてしまうかもしれない……が、そんなときはタマモホットプレイの戦跡を見るのがオススメ。

4.クラウンレガーロ…デイリー2歳、小倉2歳で2着。朝日杯だけでは断言できませんが、平坦のほうがいいのかもしれません。この面子なら見直す手があっていい。前日オッズでは大した人気でもないですし。この馬は鞍上そのままでプロゴルf……もとい幸騎手です。

5.アルムダプタ…初芝。前走の全日本2歳優駿では2人気で大敗。ダートで重賞を勝ってることからして、母父Rubiano(代表産駒タイキエニグマ)が強く出ているのでは?

6.リグヴェーダ…新馬勝ち後の参戦。ただ、その前走が特筆すべきタイムでも面子でもないような……?前日売りで1人気になっていますが人気しすぎじゃないですかね?3歳重賞を1戦1勝から制した馬は滅多にいない。9割以上は食わせ物。

7.アドマイヤドバイ…ラジオNIKKEI2歳Sではなだれ込んだだけの5着。そして前走の福寿草特別はハナ差2着。京都では崩れていませんし、ラジオNIKKEIも相手なりに走っているのかもしれません。

8.インパラトール…出走取消。

9.ラストインパクト…前走のエリカ賞はマイネルマエストロの2着。タイムは水物だけどおっそいなあ。距離もコースも不安ないし、GIIIとは言えこの頭数、面子ならどうにでもなりそうですが、これも人気しすぎのような気がしないでもない。

☆チェックポイント☆
・前走重賞で6着以下…クラウンレガーロ、アルムダプタ
・前走重賞で6人気以下…クラウンレガーロ
・前走OPで3着以下…いない
・前走OPで5人気以下…いない
・前走500万で5着以下…いない
・前走500万で3人気以下…アドマイヤドバイ

 最低人気のアルムダプタはないと思います。ダートからの参戦でレインボーペガサスが勝っていますが、レインボーは全日本2歳優駿3着でしたし、芝で2,3着とこなせるところを見せてもいました。アルムダプタ以外の7頭は1:00時点でみな単勝1000円未満。少頭数だから簡単だろうと思ったのですがムズいなあ、これ(笑)

 マズルファイヤーは戦績からピンと来なかった。タマモベストプレイは兄をダブって見える。アルムダプタはダート馬だろう。リグヴェーダは幾度となく見てきた1戦1勝馬の食わせ者っぽい。ここで来るかはわからないが1人気で買うのは長い目で見て正解とは思えない。アドマイヤドバイは前々走を見ると重賞級とはやや差があるような?というわけで、他の3頭(1,4,9)の馬複BOX。

Bバッドボーイ
Bクラウンレガーロ
Bラストインパクト

 ちょろっと買って眺めるのが正解のような気がします。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『わいやれす』

『わいやれす』

言っても理解されないのなら言わないでおこう

意思疎通を諦めているのに口を開くのは無駄だし

理解されないならまだしも、誤解されても困るから

「話せば分かる」なんて誰もに通用することでもない



言ったら余計な心配をさせるから言わないでおこう

思ったままを伝えるのは、良く言えば正直かもしれないが

視点を換えれば周りへの配慮不足になるかもしれない

自分自身で消化できるなら、喉奥へと押し込めばいい



でも、自分自身だけでは、自分のことは知り尽くせない

自分自身ではどうにも消化できない想いだってあるんだ

言葉は人と人とをつなげるワイヤレスケーブル

つながないケーブルなら猫に小判、豚に真珠



誰でもいいわけじゃないけれど

誰かとつながっている実感は欲しい

一人は自由気ままで良いけれど

独りでいるのは寂しすぎるから



声無き想いは届きませんか?

口を開けば一の言葉に十の想いを載せて

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~モザイクハーツ~ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |