ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

『窒息社会』

『窒息社会』

一年間で約3万人

一日あたり約90人

一時間では約4人



この詩を書き終えるまでに

この国のどこかで

誰かが死を選んでいる



息が詰まりそうだよ

生きられないんだよ

居場所がないんだよ

死にたくないのに

殺されるんだよ



誰に?



僕に

君に

彼に

彼女に

社会に



現代社会はオカシイと思うだろう?

オカシな社会には異常者だらけさ

僕も、君も、彼も、彼女も、彼らも

正気で生きていられるほど強くない

朱に交われば赤くなってしまうんだ



それでもどうにか今日も僕らは生き延びている

たとえ死んでも、殺されるのなんてまっぴらだ



逃げろ!逃げろ!逃げろ!オカシな社会の追手から

逃げろ!逃げろ!逃げろ!笑って死ねるその日まで



2010年04月03日作『The people killed by the mad society』
2013年06月18日大幅な加筆修正
2013年06月30日ラジオNIKKEI『私の書いたポエム』採用分

スポンサーサイト

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

まるでゴミのようだ

 ここのところ、夏場なのに指導が立て込んでおり、競馬日記以外はほとんど書いていませんでした。詩も今月は新作を1つも書いていません。ラジオでは相変わらず読まれていますが、それは過去のストックを送ったものです。まあ、依頼が繁忙期じゃなくてもそれなりにあるってのはありがたい話です。来月、車検もありますし、その他、まだ公言しないけれどお金のかかる目標があるもので。

 でも、今日はひさーしぶりに指導がなし。家から一歩も出ずにヒキコモリたかったのですが、髪が伸びてきていたので1000円カットのQBハウスで散髪。オヤジも連れて。しかし……QBハウスの散髪の終わりのほうで、掃除機(みたいなもの)でアタマを吸われますが、まるで自分がゴミのようだ……と感じたり、感じなかったり(笑) 首都圏のQBハウスほど客の回転はないので、時間をかけて刈ってくれるのはありがたいですがね。

 オヤジはパソコンの使い方をまったく分かってないので、デスクトップ画面は散乱、何でもかんでもダウンロード。結果、WINDOWS XPが立ち上がっても、直後に再起動を繰り返す状態になりました。XPのサポートは10ヶ月後に切れますので、オヤジのPCに新たなHDDとWIN7を購入、増設しました。既存のHDDをフォーマットしてから、XPをクリーンインストールすれば、出費はかからなかったわけですが、そうもいかず。

 オヤジにPCの扱いを説明するのは本当にイヤです。オヤジはその場がしのげればいいと考えていて、覚える気がまるでない。そもそも関心のない分野のことはアタマに入らない人ですから(比喩でもなんでもない。たぶんアスペルガーだと思う) 俺自身のPCにもXP入れてますが、WIN7の必要性をあまり感じていないので、UBUNTUでいいかなと思ってます。XPとのデュアルブートにでもして。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年帝王賞回顧~砂の新帝王君臨~

☆帝王賞予想結果☆
◎ホッコータルマエ……優勝
○ローマンレジェンド…6着
▲ニホンピロアワーズ…2着
△ワンダーアキュート…3着

 田んぼ馬場で行なわれた今年の帝王賞。勝ったのは3人気のホッコータルマエ。破竹の5連勝、JpnI連勝で帝王賞を制覇しました。2着に1人気のニホンピロアワーズ。3着にワンダーアキュートでした。2人気のローマンレジェンドは見せ場もなく6着に沈みました。そして地方馬最先着はそのローマンよりもさらに1馬身ちょい後ろの7着トーセンルーチェでした。中央馬が1~6着独占でした。

 ホッコータルマエは11月からの8ヶ月で9走とほぼ月1ペースで休みなく使われていますが、馬体は右肩上がり、ここに来て5連勝。成長期なんでしょうか。泥んこ馬場もまったく問題なく、前々走に続いてニホンピロアワーズをねじ伏せました。ローマン、テスタにも連勝。帝王不在の帝王賞でしたが、この馬が新たな帝王と呼んで良さそうです。まだ4歳。まだ強くなりそうですし、コースも馬場も不問。距離も融通が利く。今後が楽しみです。

 ニホンピロはアンタレスSに続いてホッコーに敗れました。今回は同斤量でしたし、並んでからしぶとい馬なのにねじふせられました。阪神でも大井でも。JCダートでつけた差はこの半年あまりのホッコーの成長で逆転されてしまったようです。ワンダーアキュートをマークしての競馬で、この馬にも展開は向いたと思ったんですが。この馬らしさは出したと思いますし、力負けと言わざるをえない。

 3,4番手の好位からの競馬することの多かったワンダーアキュートでしたが、この泥馬場では前残りになると感じたのでしょうか。テン乗りのユタカはよどみないペースでハナを切りました。決め手のある馬じゃないし、これはこれでアリだったと思います。ただ、結果は相変わらずの伸びずバテず。広いコースではなく、小回りのほうがごまかしが利くかもしれません。そういう意味では今秋の金沢JBCは向いているかも。

 馬場の影響もあったのでしょうか。中団につけたハタノ、テスタ、ローマンは直線早々と前の3頭から置き去りで馬券圏外へ。テスタマッタはスタートから向こう正面へ入るまでかかり通し。展望でも書いたことですが、現状では2000は長すぎると思います。今日ほどかからなくても勝ち負けは厳しいだろうなあ。2000よりはむしろ1200でどうか見てみたい。ローマンは叩いた上積みどころか、前走より全然ダメ。見せ場なし。大賞典も重でしたし、馬場がどうこうとかそういう話ではないと思います。

 大したプラスでもないのですが、上半期最後のGI(JpnI)で、今年初のGI的中です。4月5月はさーっぱり馬券が当たらなかったのですが、6月になってぼちぼち的中。ジリジリと回収率を上げて、秋競馬へ迎えたらと思います。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年帝王賞展望

 こんばんは、今年のGI(JpnI)無勝の帝王・ねぶです。破竹の大連敗をそろそろ止めたいです……。そんな俺の事情はさておき、いいメンバーがそろいました。中央から参戦の6頭はすべてGI馬で、過去の実績で出ている馬はいません。対する地方所属馬の面子も頭数も寂しいですが、ここを勝った馬が現在のダートの帝王でしょう。昨年、スマートファルコン、トランセンド、フリオーソ、ボンネビルレコードと中央も地方も一時代を築いた馬が去り、ダートの帝王は不在でしたが……。まずは短評から。

1.フォーティファイド…南関勢ではこの馬が筆頭。母がファストフレンドという良血です。4戦連続連対中、前走の大井記念では2着を2秒ちぎる楽勝。とはいえ、半年前の東京大賞典は8着。さらに主戦・御神本が疾病で騎乗できず、前々走で騎乗した山崎騎乗。中央馬のカベは厚過ぎると思います。掲示板に載れれば御の字かと。

2.ハタノヴァンクール…JDD勝ち馬ですし、今年も川崎記念でワンダーアキュートを振り切ってGI2勝。ただ、前々走でオースミイチバンに逃げ切られたり、どうも磐石の強さというものを感じないのが本音。昨今の相撲の大関陣のような印象。弱くはないんだろうけど、この面子で勝ちきれるほどの決め手もなさそう。

3.ワンダーアキュート…そんなハタノヴァンクールに2,3走前と続けて先着された昨年のJBCクラシック馬。安定感はあるのですが、やけに2,3着が多い。相手なりに走る馬なのかなあ。それだけにアタマまではわかりませんが、好走する可能性はこの面子でも十分。休み明けですが調教でも動いているようですし、ユタカに変わって新味が出るか?

4.トウホクビジン…この面子では掲示板狙いも難しい。

5.スーニ…落ち目、距離も長い。

6.ローマンレジェンド…現地で観戦していたかしわ記念でしたが、ジリジリとしか伸びませんでした。マイルはやや短かったのかもしれませんし、休み明けが響いたと見ています。それだけに1回叩かれての代わり身に期待したい。条件は前回よりずっといいはずですし、他馬との地力がどうかだけでしょう。

7.エリモアラルマ…園田で一番の馬なんでしょうが、交流実績がないしね。どうにかなるメンバーではない。

8.ホッコータルマエ…昨秋は勝ちきれないレースを繰り返していましたが、ここに来てかしわ記念を含む重賞4連勝。勢いは一番。マイルでJpnI馬になりましたが、1800~2000を中心に使われていた馬だけに距離不安は皆無。

9.テスタマッタ…前走で久しぶりの重賞勝ち。気性に難がありすぎて大成しきれていない。前走を見ると岩田よりは戸崎のほうが手が合いそう。騎手がコースを知り尽くしているのも大きな優位点。とは言え前走はかしわ記念4着馬と5着馬のワンツー。それとさきたま盃の回顧にも書きましたが、現状は1200~1600あたりのほうがいいのかもしれない。面子、距離を思うと強調はしづらい。

10.エナージバイオ…論外。

11.ニホンピロアワーズ…昨年のJCダート馬。前々走はホッコーに2kgあげての0.1差負け。前走は着差こそないものの完勝。6戦連続連対中。ただ、地方実績よりも中央実績のほうが目立つだけに、雨で早い時計が出るならプラス材料。とはいえ終始、ホッコータルマエにマークされそうな気もしますし、展開的にはラクではないかも。エスポがいれば良かったのですが。

12.トーセンルーチェ…フリオーソの弟。大井で長距離重賞3勝と実績を挙げていますが、交流重賞では昨年のダイオライト記念3着が最高。去年よりも勢いがやや落ちていますし、掲示板に載るのも難しいかもしれません。前走もフォーティファイドにぶっちぎられたしなあ。

 下馬評どおりで九分九厘は中央6頭の争いでしょう。テスタマッタは戸崎が怖いけれども、現状で2000は長いと思います。去年の3着馬ですが去年よりも面子がそろってますしね。消す……というか手が回らない。残り5頭は甲乙つけがたい。それは皆さん同じのようで、残り5頭は前夜も現在(13時半)も単10倍を割っています。ここからどう買うかが問題。

 4連勝中だけにホッコータルマエは上位に評価するしかない。ベストの条件でエスポを破っていますし、ここ2走で人気のローマン、ニホンピロに勝っているわけですから。ワンダーアキュートは2,3着まででしょう。ユタカに替わってもアタマまではどうか?ホッコーに先着するなら、ローマンかなあ。一叩きと距離延長を買って。ニホンピロもホッコーに2kgあげての惜敗ですが、ホッコーにマークされて逃げる展開を予想しているので、流れ的に厳しいと見ます。

◎ホッコータルマエ
○ローマンレジェンド
▲ニホンピロアワーズ
△ワンダーアキュート

テーマ:地方競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年宝塚記念回顧~沈まぬ黄金の舟~

★宝塚記念予想結果★
◎フェノーメノ…………4着
○ゴールドシップ……優勝
▲ジェンティルドンナ…3着

 下馬評では3強対決。オッズにもそれが表れていましたが、2着にダノンバラードが粘りこみ、3連馬券どころか2連馬券も3強で決まりませんでした。ダノンバラードは5人気でしたが、大きく離れた5人気だったので馬複5150円といい配当になりました。まあ、自分が取れなければいい配当もクソもないわけですが……。

 翌日の雨だけならまだしも今日も雨が降り、発走時間には晴れていましたが、良馬場とは言え、湿った重めの馬場になりました。それでも目下の勢いと調教での動きが目を引いたのでフェノーメノを軸に馬券を買ったのですが、フェノーメノは伸びずバテずでなだれこんだだけの4着。展望で「気になるとすれば、それは馬場」と書いたのですが、重でなくとも渋ると持ち味が活きないようです。それはジェンティルドンナも同様。上がりがかかる競馬はあまり向いていない。

 勝ったゴールドシップは内田騎手がスタートから押して押してですが、先行できた時点で勝負があったのかもしれません。展望で「理想的にはロングスパートというよりも、昨年の共同通信杯のような前々の競馬ができれば圧勝すら、あると思うのですが、気難しいところがあるような。激しさという意味ではなく、やる気があったりなかったり」と書きましたが、前々の競馬を決めたので。やる気の面も内田騎手の談話にも「馬は生き物なので、いいデキでも当日走りたくないと思ったら走らない。今日は走りたいと思ってくれて良かったです。やる気満々でしたから」と、【今日は】やる気マンマンだったようです。それが前づけできた大きな要因だったのでしょう。

 ステイゴールドの良くも悪くもズル賢い面がゴールドシップにもあるようにも思えてなりません。今後もやる気を引き出せるか、陣営の手腕に期待したいところ。身体能力はオルフェーヴルにもヒケを取らないものがあると思います。距離はさすがにマイルは短いでしょうが皐月賞馬ですし、2000~4000までどこでも良さそう。しかし……内田騎手はこの馬に乗ると疲れるだろうなあ。スタートで追いまくり(軽く見せムチも入れてた)、3角前から再びゴールまで追いまくり。芦毛とレースぶりも相まってヒシミラクルを思い出さずにいられません。ついでにミラクルおじさんがPATで購入していたら、先日の脱税扱いになったサラリーマンのような憂き目に遭ったのかなあと思ったり。

 ジェンティルドンナは休み明けのせいかテンションが高めでした。そして湿った馬場に、前々での競馬を余儀なくされ、持ち味が活きなかった。フェノーメノもトーセンラーもですが、京都や府中のパンパンの良馬場で、上がりの競馬が良いんでしょうね。有馬、宝塚の両グランプリ向きではなさそう。それとシルポートのような逃げ馬とゴールドシップのようにスタミナ&パワーでゴリゴリ来る馬がそろってると分が悪いと感じました。ジェンティルドンナよりもゴールドシップが凱旋門賞で走るのを見てみたい。去年の皐月賞や今日見せた悪路お構いなしのパワーと菊や有馬で見せた無尽蔵のスタミナは欧州向きと思えます。

 ジェンティルやフェノーメノ向きの馬場でも展開でもなかったので、ゴールドシップに完敗するのはしょうがないし、想定内といえば想定内。しかし、ダノンバラードにまで先着されたのは頂けない。ダノンバラードにベストの距離、馬場、展開だったとは思いますが、それでも昨年の年度代表馬と春天馬ですから、ねじ伏せてほしかった。タラレバ言ってもしょうがないですが、オルフェーヴルがいれば、ゴールドシップとの叩き合いになっていたんだろうか。それともオルフェーヴルはゴールドシップさえも突き放していたのか。見たかったなあ。アクシデントが本当に残念でした。マスコミが煽ったほどの名勝負にはならなかったなあというのが正直なところです。

 今のところ今年の回収率は70%ほど。巻き返してきましたが、GIに限って言えば全敗です。中央だけでなく、地方も川崎記念、かしわ記念と外しています。去年の有馬記念で3複取って以来、GIはぜんぶハズレ。南関の条件戦をぼちぼち当てて、この回収率でしのいでいます。下半期に弾みをつけるためにも帝王賞でGIの連敗を止めたいところです。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『マグロと赤魚』

『マグロと赤魚』


マグロは好きだけど

赤魚は好きじゃない

ロックは好きだけど

演歌は好きじゃない

どれも好みの問題

良し悪しじゃない



誰かが赤魚の良さを力説しても

嫌いなものは嫌いでしょうがない

食わず嫌いは良くないけれども

食べても嫌いなんだからしょうがない

嫌うことを嫌う

そんな誰かが大嫌い



自分の好みを誰かに押しつけるなよ

自分の嫌いで他人を振り回すなよ

好きも嫌いも自分自身で決められる

嫌いなものがあるのなら華麗にスルーすればいい

千差万別、十人十色、自分は自分、他者は他者

受け入れなくていいから、割りきればいい



もしも割り切れなくてあまりが出たならば

それは心の片隅に押しやっておけばいい

それでもやりきれない思いがあるなら

独りでそっとそこから去ればいい

たぶんそれは逃げることとは違っていて

もっと遠くへ行くための助走なんだろう



2012年08月06日作
2013年06月23日ラジオNIKKEI『わたしの書いたポエム』採用分

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年宝塚記念展望

一昔前の一流馬の春の大目標はあくまでも天皇賞で、宝塚はおまけ。あるいは回避する馬が多かったのですが、長距離軽視の昨今は春天回避で、宝塚が春の大目標という馬が増えてきました。出走傾向が変わってきましたが、最近も宝塚が初めての、そして唯一のGI勝ちという馬は少なくない。ナカヤマフェスタ、アーネストリーなどがそうですね。3強ムード一色ですが、あっといわせる伏兵が出てくるでしょうか。まずは短評から。

1.ヒットザターゲット……昨春の新潟遠征時にお世話になったお馬さんです。その後、スランプになりましたが小倉大賞典で復活。どう見ても平坦巧者。そうでなくても格で見劣るのに買えませんね。次のローカル重賞で期待。

2.タニノエポレット……論外。

3.フェノーメノ……距離がどうかと言われた春天を完勝。対ゴールドシップでは2戦2先着。同距離のセントライト記念も完勝していますし、前走で遠征競馬の不安も払拭。この馬自身に問題はない。一つだけ気になるとすれば、それは馬場なのですが、渋馬場は回避されそう。好走必至。

4.ダノンバラード……物議をかもしたAJCC勝ち馬。阪神では2歳時ですが重賞を勝っていますし、条件的にはベスト。渋馬場実績も豊富なので、馬場が渋るようなら、それを苦にする人気馬がいれば3連の穴で食い込めるかもしれません。

5.シルポート……3連続大敗。距離不安もささやかれますし、ここは一発……ないなあ(笑)ゴールドシップが本来のデキならマクって潰しにくるでしょうから。馬場の助けがあれば面白かったのですが、馬場もパンパンとまでは行かずとも良馬場になりそうで。

6.トーセンラー……ユタカと手が合ってるんでしょうね。それと京都も合ってる。それがここ2走の結果につながっていると思います。坂を苦にするわけではないけれど、平坦に越したことはないし、調子の上がってきた鞍上の手腕でどこまでというところではないでしょうか。

7.スマートギア……前走は差のない5着でしたが、面子が全然違いますし、1年3ヶ月も馬券になっていませんし、本質的に平坦巧者と見ています。どうにもならないでしょう。

8.ナカヤマナイト……ここ2走は完敗ですが条件がまるで向いていませんでした。当然の敗退。平坦だのマイルだの。それに比べれば阪神2200はずっと良い。あとは渋馬場の助けがあれば、3強の一角崩しもあると考えたのですが、どうも良馬場になりそう。掲示板まででしょうか。

9.ローゼンケーニッヒ……1000万を連勝で、母はローズバドという良血。鞍上もウイリアムズ!格上挑戦でもこれは買い……OP特別やハンデGIIIなら(笑) 格の問題もありますが、この馬、母譲りの末脚が武器のようですし、末が生きるレースにはならないと思います。

10.ゴールドシップ……重賞4連勝で春天も鉄板と見たのですがまさかの沈没。どうにも行きっぷりが悪かった。理想的にはロングスパートというよりも、昨年の共同通信杯のような前々の競馬ができれば圧勝すら、あると思うのですが、気難しいところがあるような。激しさという意味ではなく、やる気があったりなかったり。

11.ジェンティルドンナ……昨年の年度代表馬。前走はドバイSC2着。上がり33.0前後の鬼脚が武器なだけに渋るのが不安でした。事実、不良の新馬戦でその後勝つこともなかったエーシンフルマークとやらに完敗。良で行なわれそうなのは良かった。あとは休み明けがどうか。シンボリクリスエスをはじめ、休み明けでここに挑んだ馬の成績が良くないだけに。

 ◆チェックポイント◆
・8歳以上馬……シルポート、スマートギア
・混合GIでの連対のない牝馬……いない
・重賞勝ちがない……タニノエポレット、ローゼンケーニッヒ
・中2ヶ月以上……ジェンティルドンナ
・前走・GIII以下で負けている……タニノエポレット、ダノンバラード、スマートギア

 残ったのは、フェノーメノ、トーセンラー、ナカヤマナイト、ゴールドシップの4頭。馬場が渋ればナカヤマも面白いと思ったのですが、土曜のうちに馬場は良に回復。渋馬場は望めそうにない。トーセンラーは平坦ベストでしょうし、調教で遅れを取ったのも不安。元より地力では3強に見劣る。

◎フェノーメノ
○ゴールドシップ
▲ジェンティルドンナ

 目下の勢い、そして調教の動きから見て本命はフェノーメノ。馬場が渋ることだけが不安でしたが、それも回避されそう。ステ仔にしては自在性がありますし、春天を勝ちましたが、2000~2500ぐらいがベストと見ます。相手は残りの2強。良馬場だと他に連に割って入る馬は見当たらない。馬券は◎⇔○▲の馬単。フェノーメノは連軸として信頼しているので、ゴールドシップ、ジェンティルドンナに勝たれても驚きはしません。ただ、ゴールドシップとジェンティルドンナは適性がまるで違うと思うので、この2頭の組み合わせはないんじゃないかと見ています。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

夏冬長く、春秋短し。

 取り立てて書くこともないので、競馬予想&回顧しか書いていません。すまむこ。受験が終わって3ヶ月。例年だとまだ閑散期……なのですが、今年は閑散期と繁忙期の中間ぐらいの忙しさではあります。日に1,2件ですが6月半ばから7月に入るまで指導のない日がない。新規の依頼も入ってますしね。ありがたいことです。依頼が全然なければ家庭教師でもなんでもないただの無職になっちゃいますからね。最新の依頼はうちから4km弱、150分と長くて、中2なので長期指導、時給もまずまず、現状の学力はほどほどだけどやる気はある子です。理想的だ(笑) 話も弾んでいますしね。話が弾むと150分でもあっという間です。たぶんそれは生徒にとっても同じです。逆に俺が長いなあと感じていれば、たぶん生徒もそうです。

 東北南部も梅雨入りしたようです。東北北部はまだ……というか、梅雨入り宣言があっても、明確な梅雨らしさはあまりない。それでも、青森も蒸し暑い日が続いているのですが、首都圏での大学時代を思えばまだマシだと思ってやりすごせますね。ところで、ここ2,3年は夏と冬が長く、春と秋が短い気がしてなりません。ここ、青森県弘前市で言えば、寒さで桜の開花が遅れて、去年も今年も弘前さくらまつりの期間が延長されています。これは冬の長引きの一端だと思います。それでいて夏は普段どおりにやってきます。同様に、9月に入っても真夏日が続いたりと夏は長引くのに、秋はあっという間に終わって冬になります。逆ならいいんですけどね。夏と冬が短くて、春と秋が長いのなら(笑) 

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年ユニコーンS回顧~「中央の戸崎」初重賞勝ち~

☆ユニコーンS予想結果☆
◎サウンドリアーナ……2着
○ベストウォーリア……優勝
▲サウンドトゥルー……3着
△ベリートゥベリー……6着
△エーシンレンジャー…13着

 うーん、展望を書かずに、あまり深く考えずにつぶやきにだけ買い目を書いた先週、今週と当たり。4月5月と大スランプでしたが、スランプは脱してきた感があります。勝負事には流れもありますからね。来週は宝塚記念ですが、熱弁奮って書き込むよりも、サラっと予想を書いたほうが良いのかもしれない。

 単勝1番人気はサウンドリアーナでしたが、連勝馬券はむしろチャーリーブレイヴから売れていました。ただ、久々、しかもフレグモーネ明けの馬なんてまったく買う気になれなかったです。挙句に出遅れというか出負けして、後方からの競馬になる始末。ウイリアムスの談話では「この馬らしさがなく、体調面に何かあったのでしょうか。こんな馬ではないはずなのですが...」とありました。間隔が空いたなりの状態だったんだろうなと思います。次走は状態次第、面子次第では狙い目。少なくとも人気はガタ落ちしそうですから。

 サウンドリアーナがここもぶっこ抜くと俺は考えていました。実際、いい脚で外から伸びてきました。重馬場というのもありますが、前走以上の上がり34.9です。ただ、ユタカの談話にもあったし、映像を見ても感じましたが、道中で行きたがってましたね。身体的にはマイルでも問題ないんでしょうが、気性的にはギリギリといった印象。ストライドが大きめですし、今後もダートを主戦場とするなら、交流重賞にも出てくるでしょう。脚質や走法から小回りが向かないような気がしてなりません。未成熟なブロードアピールといったイメージです。

 勝ったベストウォーリアは戸崎がソツなく乗ったと思います。ソツなく乗れる自在性を兼ね備えているとも言える。なかなか中央移籍後、重賞を勝てなかった戸崎でしたが、ようやく重賞勝ち。それがダート重賞というのは地方出身騎手らしくていいんじゃないでしょうか。これをきっかけにグレードレースでもバンバン活躍してほしいです。しかし……この馬に圧勝したコパノリッキーはどんだけ強いんだって話ですね。コパノは故障してしまいましたが。おそらく次はJDDでしょうが、今年は南関4強も手ごわいですからね。この馬を含めて予想が面白い感じになりそうです。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年北海道スプリントC回顧~今年もセレスが北海道SCをハント~

★北海道スプリントC予想結果★
◎ティアップワイルド……3着
○マルカバッケン………2着
▲セレスハント…………優勝

 枠複も馬複も3複も1人気は2倍前後。中でも3複は170円。3連は紛れがあるかもしれないし、それなら◎○の1点でいい!と枠複5-7の1点勝負に出たのですが、ティアップワイルドはジリジリとしか伸びない……。一方で昨年の覇者であるセレスハントは馬場の中央を一気に突き抜けて、このレースを連覇。2着に先行して粘ったマルカバッケン。ティアップワイルドは3着でした。逃げたサマーウインドは6着に沈みました。

 セレスハントは買い時は難しいのですが、コーナーが2つだけのワンターンのコース。広いコースが合っているんだろうなと思います。過去には佐賀のサマーチャンピオンも勝ってはいますが。府中、京都、大井、盛岡、門別では実績を出しています。ただ、前の3つは面子が強い場合が多く、現状では盛岡、門別なら勝ち負け、大井は穴で少しという感じでしょうか。これで地味に4年連続の重賞勝ち(4勝目) 

 マルカバッケンは1人気でしたし、自分で勝ちに行っての2着ですからこれはしょうがない。それで押し切れるほどの力はまだないということなんでしょう。GIでどうこうの決め手はなさそうですが、重賞でもっと揉まれれば、それこそセレスハントのようにはなれるかもしれない。ティアップワイルドは崩れないけど、勝ちきれないですね。この面子なら勝ち負けだろうと思いましたが3着まで。本命にした俺の目は節穴だった。

 サマーウインドは引退できないのかなあ。テンのダッシュ力はさほど衰えていないと思いますが、スタミナがまるでない。800mだの900mのレース(そんな重賞はないが)なら逃げ切れるのかな。地方馬は地元のアウヤンテプイがティアップとアタマ差の4着。まだ4歳。もともと東海でゴールドジュニアや駿蹄賞を勝っている馬。中央馬も南関馬もいない重賞なら今後も勝つチャンスは大いにありそうです。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年北海道スプリントC展望&関東オークス回顧

☆関東オークス予想結果☆
◎アムールポエジー…優勝
○オメガインベガス……2着
▲イチリュウ…………7着
△ティズトレメンダス…11着

 2人気→1人気(→3人気)という堅い決着でしたが、オメガインベガスに人気が集まったため、単式馬券は悪くない配当になりました(組み合わせにしては) 向こう正面でマクッていったアムールポエジーが、追いすがるオメガインベガスをラクラク振り切って5馬身差の圧勝。3着はさらに4馬身差でモンシュシュ。4着も南関に移籍緒戦のフォレノワール。5着に笠松のエイシンルンディーが大健闘で入線。浦和桜花賞馬イチリュウはなだれ込んだだけの7着。もう一頭の中央馬・ティズトレメンダスは2周目でズルズル後退して11着に沈没。

 オメガは久々、モンシュシュはヤネが不安、ティズは惨敗続き&距離不安。そういう意味では最も減点材料の少ないアムールポエジーは順当勝ちと思います。これで3連勝。成長してきているとは思いますが、この面子に圧勝しても評価は保留。次走で真価が問われると思います。できればJDDに出てきてほしいところですが。オメガインベガスは久々のせいなのかなあ。今日は完敗だったと思います。モンシュシュは……もう少し前につけるべきだったと思います。それで勝ち負けしてきたわけですし、まして小回りの川崎ならなおさら。勝ち馬から9馬身離されていますが、鞍上の差も何馬身かあったんじゃないかなあ。

 ティズトレメンダスは距離も長かったと思いますが、南関馬すべてに先着されるのは負けすぎ。これで3連続大敗。状態も良くないんじゃないのかな。イチリュウはもう少しやれるかと思ったんですが、東京プリンセス賞がメイチで、状態下降線だったのかなあ。掲示板に載れるだけの力はあったと思うのですが。枠単780円を本線で取っても威張れたもんじゃないけれど、4月、5月とハズレ馬券ばかりを量産し続けていたので、徐々に調子が上向きつつあるのかな、と思いました。俺は馬券の好不調の波が大きいタイプのようで。現役馬で言えばスーニのような馬券成績(笑)

 今夜も交流重賞・北海道スプリントCが行なわれます。十中八九……というか九分九厘は中央馬のワンツーフィニッシュだと思います。地方馬が一発あるなら地元の道営勢ではなく、勢いもあり、わざわざ川崎から遠征してきたキョウエイロブストでしょうか。落ち目すぎる上に59kgを背負うサマーウインドには先着できそうですし、他の3頭の中央馬もどうにもならないほど強いわけでもないので、3連の穴ならあるかもしれません。おそらく離れた5番人気でしょうしね。まあ、俺はこのレースで3連馬券を買うつもりはまったくないのですが(笑)

◎ティアップワイルド
○マルカバッケン
▲セレスハント

 底が割れた感のあるティアップワイルドですが、いつもこの馬なりの力は出していると思います。連軸としては信頼できそう。たぶん勝つでしょうし、この面子なら2着は死守できるはず。セレスハントは昨年の勝ち馬ですし、実績的にはティアップより若干上ですが、ムラ馬なので勝たれても、崩れても納得。軸にはしづらい。マルカバッケンは中央OPで安定している今ならアタマまであるかもしれません。サマーウインドはもう終わっている。59kgもキツい。馬券は◎⇔○▲の馬単4点を考えています。

テーマ:地方競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年関東オークス展望

 今日、明日とナイターの交流重賞2連発です。明日はリアルタイムで見れるが、今夜は無理だなあ。こうして展望を書くぐらいですので、今日も明日も買いますけどね(笑) ダービーウィークは兵庫ダービーしか当たらないという悲惨な結果でしたが、何気なく買った大井の条件戦、府中のエプソムCと取れたのでダービーウィークの負けは相殺されてあまりある。俺の買わない人気馬はキッチリ連に絡むという悪循環もようやく終わってきたかな。

 まずは今夜の関東オークス。中央馬でダートのOPを勝った馬がいれば、軸馬として信頼できるのですが、牝馬でOPの端午Sを勝ったサウンドリアーナはユニコーンSへ向かいました。賞金的には大差なく、勝機は関東オークスのほうが高いと思うんですが、どういう思惑なんだろう?地元の南関勢も、東京プリンセス賞を勝ったカイカヨソウは東京ダービーに周って不在。一筋縄では行かない面子だと思います。

1.ウインターマジック…論外

2.イチリュウ…浦和桜花賞馬。地元勢では筆頭ですが、浦和桜花賞馬は関東オークスで良績少ない。浦和1600は特殊なコースですしね……。ただ、その前後でカイカヨソウと0.3、0.4差の競馬をしていますし、中央で抜けた馬がいないなら好走の余地もある。川崎も苦にはしてない。

3.オメガインベガス…ダートで2戦2勝。いずれも完勝。鞍上は戸崎。この馬が人気の中心となりそう。ただ、3ヶ月ぶりというのはどうなんだろう?底を見せてないだけに圧勝しても不思議ないですが、モノサシ不足なので完敗しても納得してしまいそう。

4.ティズトレメンダス…ダートでは安定していたのですが、芝の2戦で調子狂ったのか、OPのカベは厚いのか、距離にカベがあるのか、昇竜Sではブービー負け。逃げないと競馬にならない感じですが、川崎も知り尽くした内田がなんとかできるかどうか?

5.モンシュシュ…芝のフェアリーSでは大敗しましたが、ダートでは崩れないですね。ダートのOPは初めて。ここは試金石。距離は問題なさそう。ただし、他の中央3頭が地方出身で場数を踏んでいるだけに、松田というのが不安。重賞未勝利、地方実績で見劣るだけに。

6.デイジーギャル…2歳優牝、桜花賞、東プリの結果から、ここは敷居が高すぎる。川崎で2歳時に重賞勝っていますが、尻すぼみの戦績。見送りが妥当でしょうね。

7.アムールポエジー…ダートに慣れてきたのか、3連続連対、2連勝中。この面子なら見劣りしないと思います。鞍上も岩田。ラフプレイの目立つ岩田ですが、なんだかんだで中央移籍しても、毎日のようにどこかで騎乗しており、馬券的には信頼できる。

8.シルバーストリーク…門別で認定新馬を1勝しただけじゃあなあ。門別の重賞でも連は無理だった馬が、交流重賞でどうにかなるとは思えない。

9.ホクザンルージュ…ユメノアトサキが出てくるならともかく、ユメノにぶっちぎられている馬なんてとても買えない。

10.フォレノワール…南関移籍緒戦。ただ、中央馬は皆、500万は勝っているのに、この馬は完敗。鞍上も森だけに穴で一発ありそうな気はしますが、どうですかね?

11.エイシンルンディー…中央、南関以外なら勝ち負けなんでしょうが、ホクザンと似たり寄ったり。

12.アラマサシャープ…高知馬は遠征、遠征で強くなりました。この馬も東海・近畿・九州でなら重賞の1つは勝てるでしょう。ただ、ここは敷居が高すぎる。

13.ケンブリッジナイス…府中のクイーンCは度外視できます。ただ、だんだん着順が悪くなっている。面子の問題もあるのでしょうが、サウスヴィグラス産駒だけに距離が伸びるのは良くないってことのような気がします。

14.アステールネオ…浦和桜花賞2着馬。ただ、ここ2走でイチリュウに先着されていますし、イチリュウ以上には推せない。鞍上が石崎父から御神本にスイッチしたのはプラス材料ですが、焼け石に水のような気がします。

 鞍上が不安なモンシュシュ、近走不振のティズよりもオメガ、アムールを上位に取るのが妥当。モンシュシュは中央馬ってだけで上位人気必至。それなら馬は実績十分、人は実績はマックスのイチリュウを狙ってみたい。

◎アムールポエジー
○オメガインベガス
▲イチリュウ
△ティズトレメンダス

テーマ:南関東公営競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年エプソムC回顧~なんで安田記念に出て来られんと?~

☆エプソムC購入結果☆
◎クラレント……優勝

 当初は買う気がなかったのですが、惰性で購入することにしました。府中巧者かつ重賞3勝と実績上位にも関わらず、大した人気でもなかったので単複クラレントで勝負しました。移動中のラジオで聴いていたので、勝ったのかどうかがわからず、指導中も落ち着かなかったですよ(笑) 複は取れているだろうから、負けがないのは分かっていましたが。しかし、長時間考えて、長文でウンチク垂れた春のGIがズタボロで、大して考えずに買ったエプソムCや新潟大賞典しか取れないというのはなんだか悲しくなるなあ。まあ、考えること自体が楽しいのですが、その対価もほどほどにはほしいわけで……。

 スズジュピターが飛ばして、離れてクラレントという道中で、ラジオだったけど、複は取れたろうと思いました。あとで映像を確認すると、聴いていたイメージどおりの映像でした(当たり前か) スズジュピターがいい感じに粘っていたのも良かった。ジャスタウェイ、サンレイレーザーが猛追してきましたが振り切って重賞4勝目。府中では重賞3勝。安田記念を除外されましたが、安田記念に出走していて掲示板ぐらい載っても何の不思議もない馬だけにこの勝利は当然。秋に向けてこの賞金加算は大きいと思います。広いコース、軽いコース向き。中山や北海道は向いてない。渋馬場も良くないですが、距離は2000までは持つかもしれませんね。

 ジャスタウェイはスタートで遅れましたが、それがなければ勝てたかと言われるとどうだろう?出遅れようがそうでなかろうが、差し届かないイメージがある(笑) 府中の芝1800というのはたぶんベストの条件なんでしょうね。勝ちきれていませんが。サンレイレーザーも本格化でしょうか。父と距離適性が違ってそうですが、勝ちきれないあたりは父・ラスカルスズカを彷彿とさせます。馬主の永井さんのオーナーブリーディングホースだけに、ラスカルからこういう馬が出てきて良かったと思います。サイレンススズカに魅了された身にも嬉しい。ラスカルの血だけでも残っていってほしい。1人気のサトノアポロは……重賞勝ち馬ですが、サトノの馬は重賞で買う気がしません。

 馬券とは別に応援していた、し続けていた青森産馬のタムロスカイはブービー負け。前走で準OP勝ちで再度のOP入りでしたが、重賞は荷が重いのかなあ。青森産馬で中央GIを制したのは、タムロスカイの母・タムロチェリーが最後になっていますが(重賞ならマイネレーツェルなどもいる)、青森、東北の馬産が活性化するために、青森産馬の活躍を願います。八戸市場も北海道の馬がいなければ存続が難しいほどになっているのは、昨年、足を運んで実感したことでもあります。タムロチェリーの早世は惜しまれます。自身がGI馬というだけでなく、こうしてOP馬も送り出しただけに。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『メタボリック乱デブー』

『メタボリック乱デブー』

テレビをつければメタボ、メタボ

新聞を読んでもメタボ、メタボ

街行く人の噂話だってメタボ、メタボ

メタボ!メタボ!メタボ!メタボ!メタボ!



メタボじゃ長生きできません

だから、仕事帰りのサラリーマンはジム通い

遊び盛りのギャルもダイエットには目がない

じいちゃん、ばあちゃんだって長々お散歩



みんな健康のためなら死んでもいいと思ってるんです

ところで、メタボってホントはどういう意味だっけ?



2008年03月21日作
2013年05月加筆修正
2013年06月09日ラジオNIKKEI『わたしの書いたポエム』採用分

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

近況

 数日経ちましたが、先日は日本海沿岸の青森・秋田県境付近まで片道100kmほどねぶごんを走らせました。3ヶ月前に、オヤジの友人の依頼で俺が自作したPCの調子が良くないそうで、俺に看てほしいとのことでした。で、ついたら先方で自己解決してました。何しに片道2時間もかけて行ったのやら……。まあ、ガス代程度はいただきましたが。ついでにご飯もいただきましたが(笑) オヤジも同行しており、途中、マックスバリュ(イオン系の食品スーパー)で、飲み物を買ったのですが、オヤジは会計が済むと同時に、レジ前でコーラを開封!フリーダムすぎる。いや、常識が通用する人じゃないし、非常識かもしれんが悪事でも何でもないからいいんですがね……。

 新たな依頼が入ったので、先日の日曜は3件指導。秋冬の週末は3件指導もザラですが、3件は正直疲れますね……。初見で指導が続く子かそうでないかは九分九厘分かりますが、この子は続くと思います。うちから比較的近いし、2年生なのも良い。収入安定のためには常に2年生(1年生)を複数抱えていたいと考えてます。中2男子で身長177cmもあった。へたすりゃこの子が卒業するまでに俺は身長を越されるかもしれん。

 昨日は愛犬しばおのフィラリアの予防接種。毎年毎年、しばおを車に乗せるのは予防接種のときだけなので、しばおは分かってるんだろうなあ。注射を打たれるということを。車に乗るのを非常に嫌がりますし、落ち着きも無い。俺はもちろんハンドルを握っているのでわかりませんが、助手席でしばおを抱えているオヤジの話では心臓が爆発しそうなほど鼓動が激しいらしい。病院で注射を打たれると、銃で撃たれたかのような悲痛な声(爆) いや……そこまで痛くないだろ?と思うんですが。

 今日はヒトカラ。カラオケ自体も2,3ヶ月ぶりですかね?いつもそうなんですが、1時間ぐらい歌わないとテンションも採点の得点も上がってきません。喉が温まるのに時間がかかるみたいです。ミスチルやBUMPやナツメロも織り交ぜつつ、今回も相変わらずももクロ連発。40曲ほど歌いましたが、10曲以上はももクロですね。声量が大きいためか、消費カロリーの出る機械では、1曲10kcal越えは当たり前。3月に歌ったときは驚愕の20kcal越え。平均15kcalほど消費しているので、40曲も歌えば、600kcalほど。ストレス発散のみならず、いい運動になります。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『方程式』

『方程式』

左辺の君と右辺の僕

性別も違えば、経歴も違う

パッと見ではまったく違う

だけど、同類項がたくさんあって

一つになれるものや

分かち合えるものも

そりゃあもうたくさんあって

その全てはイコールという名の

手と手で確かにつながっている



2013年05月28日作
2013年06月02日ラジオNIKKEI『わたしの書いたポエム』採用分

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年安田記念回顧~カナロアのVロードはとまらない~

★安田記念予想結果★
Bグランプリボス………10着
Bショウナンマイティ…2着
Bダイワマッジョーレ…9着
Bダノンシャーク………3着

 1人気のロードカナロアが5連勝で、スプリントのみならずマイルの頂点に立ちました。しかし、すごいなあ、この馬。16戦して11勝、2着4回、3着1回で着外なし。安定感が抜群。最近はあまり使われないですが「府中のマイルは中距離馬が有利」という格言があります。実際、2着のショウナンマイティは中距離実績豊富な馬でした。ロードカナロアは2000mでも好勝負できるかもしれません。

 中距離路線に参戦はしないでしょうが、マイルも大丈夫となるとローテーションの幅が広がりそうですし、種牡馬価値も上がるでしょうね。ただ、馬はともかく岩田がダノンシャークにぶつけてしまったのは頂けない。故意ではないと思いたいですが、岩田はこうしたシーンが多い。がむしゃらな追い方で馬は伸びるのかもしれませんが、コントロールが効きにくくなる面もあるんじゃないのかなあと思いました。

 ショウナンマイティは期待に応えて、32.8という鬼脚で後方から突っ込んできましたが、ロードカナロアにはクビ差届きませんでした。カナロアにぶつけられて、右に寄れたダノンシャークの影響も多少はあったかも。クビ差ですしね。着順は変えなくていいので、岩田は過怠金10万ではなく、騎乗停止2日とかでも良かったような気がします。ショウナンとダノンの馬連を持っていた人間としてはしては後味は良くないです。

 ダノンシャークはグランプリボスと差のない競馬をしていましたし、鞍上がデム弟騎乗で12人気というのは過小評価。よく伸びてきましたが、不利が痛かった。不利がなければあるいは2,3着が逆だった可能性は否定できない。まあ、2,3着が逆でも俺の馬券は当たりにならんのですが(笑) ダノンは外人騎手が乗ると崩れないですね。GIを勝つまでは難しいのかもしれませんが、マイル路線の安定勢力として期待できそうです。

 すべてのラップタイムが12秒以下。最初の1000が57.0、勝ち時計の1.31.5というのもレコードに大差のないタイム。かなりキツい流れだったと思います。飛ばして逃げたシルポートは最下位に沈みましたが、それでも1.32.9と1.33秒を切ってます。着順で大差がついた部分もなく、各馬のマイルでの限界をさらけだしたレースだったと思います。それで勝ちきるカナロアは鬼門だった香港スプリントを制しただけのことはありました。

 人気馬では、カレンブラックヒルは結果論ですがフェブラリーSを使ってから、流れが変わってしまったかもしれません。いきなりのダートGI挑戦はロクなことがないな、過去をさかのぼってみても。グランプリボスはマイルもこなしますが、どちらかといえば1400よりなのかな、と思いました。この馬の実績や血統からして。カナロアと逆でこの馬、1200を一度も使っていませんが、1200も試してみてほしいところ。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年安田記念展望

 春の東京のフィナーレを飾るのは伝統のマイルGI・安田記念です。しかし、ここ数年の安田記念の勝ち馬をとっさに思い浮かべられない。最初に浮かんだのが日本馬ではなくブリッシュラック。香港馬(笑) 次にウオッカ。去年がストロングリターンでその前が……なんだっけ?マイル戦線で軸になる馬がいない。そんなマイル戦線を統一するような馬が出てくるでしょうか。短評は省略でいきなり消去法です。

 ◆チェックポイント◆
・前走・京王杯SCで8着以下……シルポート
・前走・マイラーズCで4着以下(GI連対馬を除く)……いない
・前走・OP特別で3着以下……いない
・前走・ダービー卿CT組……いない
・前走・国内戦で10着/10人気以下……スマイルジャック、シルポート
・重賞未勝利の古馬……いない
・複数回走って東京芝未連対……いない
・8歳以上馬……スマイルジャック、シルポート
・GI勝ちがない牝馬……いない
・GI連対歴のない7歳馬……いない
・前走で連を外していた香港馬……グロリアスデイズ

 11項目もあるのに消えたのがスマイルジャックとシルポートとグロリアスデイズのみ。スマイルジャックとシルポートは99%ないと思いますが、あとは全然わかんねえ(笑) 一応、1人気はスプリント王のロードカナロアですが、距離を不安視されているのか、単4.5倍ほどと1人気馬としては人気がありません。単10倍以下が5頭。大混戦です。

Bグランプリボス
Bショウナンマイティ
Bダイワマッジョーレ
Bダノンシャーク

 ロードカナロアはマイルに不安なしと見ているのですが、府中コースと先行脚質に不安を感じます。これがマイルCSなら買ったと思いますが。カレンブラックヒルは頭打ちの近況とこの人気では買いづらい。ヴィルシーナも捕鯨を抑えたぐらいでは……。ウオッカやスイープトウショウなど牡馬ともやれる能力がないと。大阪杯で完敗している馬では買えない。ナカヤマナイトはやはり中山でこそ、と思います。新潟大賞典同様に軽視。ダークシャドウはマイルもこなせると思いますが、近走がイマイチ。この馬向きの展開でもショウナンマイティにキレ負けしそう。

 馬券は馬連2,7-2,7,16,17の5点と枠連8-8の計6点。2-7以外が俺にしては穴っぽいので100円ずつで。先週、人気に応えられなかったCデムの逆襲に期待しています。グランプリボスと差のない競馬をしていますしね(負けてるけど)

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |