ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

13年新潟記念展望

◇新潟記念予想◇
◎ダコール
○ニューダイナスティ
▲カルドプレッサ
△エクスペディション

 重賞で掲示板に何度も載っていますが、勝ちきれないダコールですが、ここはOP特別のような手薄な面子。加えて鞍上も内田に強化。新潟は速い上がりが出ていますし、この馬のキレが活きそうです。この面子、この条件でも勝てないのなら重賞は勝てないな。とはいえ惜敗ばかりの馬なのであくまでも連軸としての◎で、アタマ鉄板などとは思っていません。

 相手もは前走で準OP勝ちのニューダイナスティ、カルドプレッサ。前者は戸崎騎乗と前走で小倉記念を勝つメイショウナルトに完勝。この面子ならアタマもあるかもしれません。カルドプレッサもこれと言った減点材料はない。ただ、鉄砲駆けする馬のようなので、叩いて大幅に良化とは行かないかもしれません。

 トレイルブレイザーも人気になっていますが、買うなら明らかに全回だったと思います。新潟は新馬戦を勝った場所ですが、上がりがかかり、小回りのコースのほうが向いているイメージがあります。もう少し待ってオールカマーあたりを使ってきたら面白いと思うんですがね。2000も気持ち短い気もします。

 サンシャインは重賞では荷が重そう。アシュラマンも一緒じゃないとダメだな(笑)

☆札幌2歳S購入結果☆
◎レッドリヴェール……優勝
◎マイネルフロスト……2着
◎オールステイ………9着

 2歳重賞なんて馬の適性や能力が判然としないので、基本的には手が伸びないのですが、1人気が三浦の馬だったので、それを消して買いました。平場ならいざ知らず、重賞で1人気の三浦なんて買う気にならなかったので。案の定、三浦の馬は出が悪い上に強引にマクるもマクりきることすらできず5着。5着とは言え、勝ち馬から21馬身とクビ差ですが。強引な騎乗に馬がついてこなかった感があります。

 マイネグレヴィルが引っ張る流れで、ドロドロの不良馬場で押し切れるか?と道中では思ったのですが、岩田のレッドリヴェールがソツないコース取りからのムチ連打に馬も応えて、おいすがるマイネグレヴィルを振り切って優勝。上がり41.3という欧州競馬もビックリのタイムですが、それだけの馬場でした。上がり2位は逃げた2着馬の42.0ですしね。先週の新潟2歳Sとは上がりが9秒近く違う(笑)

 勝ち馬の父はステイゴールド、2着馬の父はブライアンズタイム。こういう馬場には強い父です。レッドリヴェールは前走が上がり33.3で勝ち、今回は泥沼馬場でも差しきり。牡馬の活躍が目立つステイ産駒ですが、オンナ馬の大物かもしれません。クビ差負けたとは言え、マイネグレヴィルも一端は半馬身以上交わされたのに、ゴール前では差し返そうとしていました。こちらも立派。
スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

エロのカリスマ

 このところの俺の晩飯店一位の座はラーメン花月嵐です。どこにでもあるチェーン店ですが、時間的にひいきにしている井上家には行けないので。夜の井上家は20~21時ぐらいで閉めちゃうからなあ。で、その花月嵐で今、一押しのラーメンが「ブラックモンスター」です。背脂とんこつ&濃厚みそのラーメンで、「黒のカリスマ」蝶野正弘さん(プロレスラー)一押しだそうな。濃い味好きな方にはオススメです。カロリーが凄まじいことになってそうですが……(笑)

 ちなみにここまでは前振りです。遠くまで行っているので、指導の際に国道はよく通りますが、国道7号沿いのエロビデオ店の看板が【偶然に】目に入りました。するとそのお店に来月、9月某日(詳しい日付は失念)に吉沢明歩さんが来るそうな。吉沢明歩さんと言えば、女性は知らない方も多いでしょうが、「黒のカリスマ」ではなく「エロのカリスマ」ともいえるトップAV女優です。個人的には吉沢明歩さんはそこまで好みではないのですが、こんな田舎街に「エロのカリスマ」が来るとなれば、DVD一枚買ってサインがほしいかも……なんて思ってしまいました。

 昨日今日の俺のBGMも浅倉大介……ではなく、乃木坂46です(笑) かけ離れすぎでしょうが、気に入れば何でも聞きますから。既に6thシングルまで出てますが、ハマったのは4thシングル『制服のマネキン』。ダンサブルナンバーで、歌詞も初期のAKB48っぽい(『制服が邪魔をする』など)速攻でレンタル。PVも気に入ったので投売り新品があれば落札しようかと思ったのですが、投売りが全然ないよ……。発売されたのが去年暮れだけに投売りの時期を過ぎちゃったか。まともに新品を買うまでには思わないので、そのうち出るであろうアルバムの投売り待ち。

乃木坂46『制服のマネキン』

テーマ:どうでもいいこと。 - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

帰ってきたヨッパライ

 よくもまあ、いい年こいて泥酔できるもんだと思います。それがこの写真。泥酔して寝転がっているオヤジを撮影したものです。もちろんメインとなる酔っ払いにも目が行くかとは思いますが、右上の光る目のほうが目立ちます。もちろんこれはしばおです。暗闇でフラッシュをたいて撮影したらこんな写真になりました(笑) 俺は幼少からオヤジのこんな醜態を見続けてきたこともあって、酒で意識が飛んだことは一度としてありません。二日酔いも一度もない。飲むときは尋常じゃない量を飲むときもあるのですが、理性がアルコールを押さえ込むのか、気分が若干、高揚するぐらいで前後不覚になることはないですね。

ヨッパライ


 そんな迷惑なオヤジですが、交友関係が広いので、しばしばあちこちからお届けものが送られてきます。昨日はうなぎが届きました。浜名湖産。今年、初めてうなぎを食べたような気がします。うなぎの価格は高騰していますからね。中国産でさえ安くない。いやあ、国産高級うなぎは美味しかった。中国産の養殖と違って、味にクセがない。たまには美味いものを食わないとなー(笑) その前日には向かいのお宅(テキ家?)から、おでんとヤキソバをもらいました。露店で出した残りのようですが、これはこれで美味しかった。家庭用コンロとフライパンではなく、業務用コンロと鉄板で焼いているからなのか美味しかったです。

COSMIC RUNAWAY

 ここ1週間ほどは浅倉大介熱が高まっており、車の中ではT.M.RevolutionやAccessばっかり聴いてます。浅倉さんはいろんな人に無数の曲を書いていますが、ソロシングルデビュー曲になる『Cosmic Runaway』が一番好きだなあ。浅倉さんの曲も貴水さんの声も良いのですが、詩が秀逸だと思っています。曲や声を引き立てる世界観。access名義じゃないし、マイナーな曲だと思うのですが、数々のヒット曲よりもこれが一番好き。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『ヒトと人間』

『ヒトと人間』

人間の行為とは思えぬ事件が

絶え間なく報じ続けられている

「ヒト」として生まれながらも

「人間」であるのはなんと難しいことか

そして僕もまだ「人間」になりきれない



周りの社会を見渡せば 

仕切っているのはアンドロイド

歩いているのはカメレオン

群がっているのはハイエナだ

生まれてくるのはアメーバか



「早く人間になりたい」なんて

アニメのセリフが昔、あったけれど

共感してしまう僕は半人前



2007年05月02日作『Human being』
2013年08月08日加筆修正
2013年08月25日ラジオNIKKEI『私の書いたポエム』放送分

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年小倉日経OPほか回顧~ワープしたー~

★小倉日経OP予想結果★
◎ドリームトレイン……8着
○スピリタス…………3着
▲サワノパンサー……5着
△タガノエルシコ……7着

 このところバタバタしていて、あまり馬券検討に時間をかけられないでいるのですが、少頭数なら当たりそうな気がして、今週は小倉日経OPを買いました。さらに一頭、除外馬が出て9頭立てになったのに、俺の軸馬ドリームトレインは4角手前で手ごたえが怪しく、直線では他馬に交わされるだけのブービー負け。これはひどい。俺の見る目が(笑)

 9頭立てでしたが人気は割れまくりでしたし、購入レース選択も間違っていたと感じました。買わないで一応の予想はしていたキーンランドCは予想通りの結果。買わないレースの予想は当たる。競馬ってそんなもんですよね……。小倉日経OPはこの頭数、この面子ですし、勝ち馬のミキノバンジョーにしてもこの先どうこうは言えないでしょう。

 エルムSは土曜日だったんですね。毎年、土曜日だったと思いますが、ついうっかりして買いそびれました。逃げるエーシンモアオバーを2番手フリートストリートが交わし重賞初勝利。3着に3番手にいた1人気ブライトライン。重馬場で小回りの函館、行った行ったの決着でした。従来のレコードを大幅に短縮するレコード決着でした。

 フリートストリートはこれで3連勝。東京、福島、函館と異なる競馬場での3連勝なのは価値があると思います。デビューから3連勝の素質馬が一皮むけて表舞台に帰ってきました。フリートストリートダンサーはアドマイヤドンをねじ伏せて、海外馬唯一のJCダート馬になりましたが、「ダンサー」のつかないフリートストリートはどこまでいけるでしょうか(笑)

 エーシンモアオバーは今年も逃げ切ることができず、3度目の挑戦のエルムSは惜敗。4角のフリートストリートの手ごたえがあからさまに悪かったので、押し切れるかな?と思ったのですが、内田が追いまくるとフリートは伸び、エーシンは逃げ切れない。小回りが合っているのは疑いようもないのですが、なかなか勝ちきれないですね……。それは函館や札幌だけでなく、地方交流重賞でも同じ。3複の軸なら信頼できるんですが。

 今日の新潟2歳Sでは、4角最後方にいた1人気のハープスターが32.5の鬼脚で17頭をまとめて差しきり、さらに2着に3馬身差の圧勝。新潟2歳S勝ち馬でJpnIになったのは、08年セイウンワンダー、04年マイネルレコルト。近20年ではこの2頭だけ。この2頭とは比べ物にならんほどの圧巻の内容と思います。「来年の話をすれば鬼が笑う」とも言いますので、クラシックはさておき、暮れの阪神JFの有力馬とは十分にいえそう。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

競馬人気の再燃を望む

 ◇7月下旬、種馬を見学しようと思い七戸町とおいらせ町を訪ねた。単なる見学客だった私に、親切に応対してくださった皆さんにまず感謝したい。ありがとうございました。
 ◇本県は北海道に次ぐ馬産地であり、古くから枚挙にいとまがないほど、競馬界で活躍した馬を輩出してきた。しかし、20年前には400頭を超えたサラブレッドの生産頭数が、今では100頭を大きく割り込むほどだ。県内唯一の競走馬市場・八戸家畜市場での競りも県外からの上場馬なくして存続が困難なほどらしい。
 ◇競馬は娯楽であり、スポーツであり、畜産業である。それらを総括して一つの文化でもある。競馬は馬がいなくては当然成り立たない。馬の生産頭数が年々減っていくのは、その文化の衰退が年々加速しているように感じられてならない。
 ◇情報技術の進歩により、馬券の購入もレースの見物も格段に便利になったが、一方で競馬そのものの人気が落ちているのは皮肉にも感じられる。
 ◇一ファンにすぎない私には馬券を購入することでしか、馬産や馬事文化の応援をできない。1990年代以前のように、競馬人気が再び盛り上がることを願ってやまない。

(2013年8月20日東奥日報夕刊掲載分)

テーマ:競馬なんでも - ジャンル:ギャンブル

ねぶの投稿マシンガン | コメント:0 | トラックバック:0 |

ユカイにやろうぜ?

 この頃、疲れがたまってるなあと感じます。もちろん夏の暑さのせいもあるんですが、それよりもボロボロのベッドで寝ている悪影響が大きいと考えています。どのぐらいボロかといえば、ベッドの四肢の間の中脚が折れてるし、底板が複数箇所割れていて、その部分にベニヤ板を置いてごまかしているという状態(笑) ついでにしばらく布団を干しておらず、せんべい布団もここに極まれりといったところです。こんなんじゃ疲れが取れるわけないよなー。というわけで、ベッドを買うことにしました。ベッドの下に衣装ケースなどを置いているので、また安いパイプベッド。とは言え、2,3年は実用に耐えるでしょう、たぶん。GWに吉原へイってるカネがあれば、パイプベッドなんぞ2,3つ買えますが、それは禁句だ(笑)

 新たな生徒の依頼も相次いで舞い込み、指導中の面白ネタもいくつかストックがあるので、その一部をご紹介。

☆その1☆

ねぶ:高校受験の範囲でも「take」の意味は複数抑えておかねばならん。

Sちゃん:はい。

ねぶ:とりあえず4つぐらいかなあ。1.~を撮る、2.~に乗る、3.(風呂に)入る、4.~を連れて行く、などかな。「take」だけに「連れテイク」……なんちゃって?

Sちゃん:(失笑)

ねぶ:いや、おやぢギャグじゃないよ?ホント、ホント!



☆その2☆

ねぶ:たいへん言いにくいのだが、「at six」の部分が「at sex」になっているよ……。

Sくん:あ、ホントだ!(焦りを隠しきれない様子で)

ねぶ:まあ、そういう年頃だ。気持ちは分かる。始業時に起立、礼があるよね?

Sくん:あります。

ねぶ:俺が中学生の頃はナニも起立したもんだ……(遠い目)

Sくん:じゃあ今は?

ねぶ:言わせるなよ(笑)



☆その3☆

ねぶ:高校野球見た?

Kくん:見てます。見てると野球したくなってくるんで、キャッチボールを今日もしました。

ねぶ:勉強だけでなく、身体も適当に動かしたほうがいいね。で、関西勢は全滅してしまったなあ。

Kくん:はい。

ねぶ:で、突然ですが近畿地方を全部言ってみてください。

Kくん:えっ?(焦りを隠しきれない様子で)

ねぶ:さあ、どうぞ!

Kくん:大阪……京都……兵庫……滋賀……あとは……。

ねぶ:あとは……?

Kくん:今年の甲子園出場高を教えてください。

ねぶ:それでわかるかな?じゃあ、箕島と櫻井。

Kくん:え……。

ねぶ:じゃあ、特大ヒント。智弁学園がある。

Kくん:和歌山と奈良(即答)

ねぶ:正解。



 ※基本的にノンフィクションですが、事実を損なわない範囲で若干の脚色も入っています。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年札幌記念回顧~逃系ヘイロー~

★札幌記念予想結果★
◎トウケイヘイロー……優勝
○アイムユアーズ……4着
▲タッチミーノット……8着
△ルルーシュ………15着
△マルセリーナ……9着

 1人気はロゴタイプでしたが鞍上不安で、重賞連勝中のトウケイヘイローから流しました……がアスカクリチャンの激走で玉砕。ロゴタイプを切ってるのだからもっと手広く行っても良かったのかなあ。トウケイヘイローはハナを奪うと道中でジリジリと差を広げ、直線ではさらに突き放して6馬身差の圧勝。完全に本格化。そしてユタカとも手が合っている。そもそもユタカはサンデー産駒全盛時代に追い込みを多くやってましたが、豪腕タイプではなく、あたりが柔らかいですし、逃げ馬のほうが向いていると思います。今回は馬場も向いたと思いますが、この勢いなら天皇賞でもダークホースとして楽しめそう。人気はバリバリのGI馬にも流れるでしょうし。

 4角で5馬身ほど後ろのアイムユアーズ、ロゴタイプ、アンコイルド、アスカクリチャン以外は脱落。2番手集団の後ろはさらに5,6馬身離れていましたから。そして、アイムユアーズ以外は持ってないので粘れー!粘れー!と思ったのですが、アッサリと内からクリチャンにすくわれて、さらにはゴール前でアンコイルドにも交わされてしまいました。終わってみれば函館記念の上位3頭がここも上位でした。2,3着が逆になっただけ。アイムユアーズの前走も函館のクイーンSでしたし、馬場適性がそのまま結果に結びついたという印象。勝ち馬はともかく、その他の馬はこの先どうなるか微妙な印象を受けました。

 1人気のロゴタイプは3角で2番手に上がろうとしてそこまででした。上がりに限界のある馬ですし、父を振り返っても重馬場は向いてそうな感じもしたのですが、40秒台の上がりになるような馬場は重すぎなのか?鞍上の差(デムーロ兄弟→村田)もあるんでしょうが、それだけでは片付かない着差。皐月賞馬に対して書くのもなんですが、2000はこなせるという程度で、もう少し短いほうがベストなんじゃないかとも思いました。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年クラスターC&ブリーダーズGC回顧

★クラスターC予想結果★
◎ラブミーチャン………優勝
○セレスハント………5着
▲ノーザンリバー……3着
△タイセイレジェンド…2着

 1人気の笠松のラブミーチャンが中央の猛者を相手にまたも完勝。昨年からぐっと戦績が安定してきましたが、ここにきてデビュー当初以来の4連勝です。完成の域に達した感があります。行く馬がいなければラクにハナを奪えますが、2,3番手で前を行く馬を見ながらという競馬も板についてきました。今ならよほどの急坂じゃなければこなすのでしょう。ただ、今後は東京盃→JBCスプリントが規定路線であり、坂のあるコースを走ることもなさそうですが。JpnIは未だに全日本2歳優駿のみですが、ここ数年のダート短距離を引っ張ってきたのは、タイセイレジェンドでもセイクリムズンでもセレスハントでもなく、やはりラブミーチャンだったと思います。残り数戦、記憶に残る走りを期待したいです。

 ミーチャンのやや後ろで繰り広げられた中央馬による熾烈な2~4着争いは先行したタイセイレジェンドが、他の中央馬を振り切って2着。外から差してきたノーザンリバー、スノードラゴンは3,4着まで。休み明けで59kgとラクな条件ではなかったのですが、伊達にJpnIを勝ったわけじゃないというのを見せてくれました。秋の金沢でもミーチャンの有力なライバルになりそうです。ノーザンリバー、スノードラゴンは出直しですね。賞金面で交流重賞に出走するのもおぼつか無いはず。脚質的にも小回りの地方向きではないかもしれません。セレスハントに期待したのですが、大して見せ場なし。ムラ馬だなあ。人気のあるときは薄く抑えて、人気のないときに厚く抑えればいいんでしょうか?セレスハントの好走条件がイマイチわからん(笑)

★ブリーダーズGC予想結果★
◎シビルウォー………2着
○ハタノヴァンクール…優勝
▲グランドシチー………4着

 人気はランフォルセ以外の中央3頭に集まりました。そして実際、勝ったのも2人気のハタノヴァンクール。マクリ気味に進出し、前を行くランフォルセをラクに捕まえ、追いすがるシビルウォーを振り切りました。この頭数、この面子では格が違った。ただ、前を行くのがランフォルセならアッサリ捕らえられても、ホッコータルマエやニホンピロアワーズを捕らえられるかは今回の内容からは分からない。真価は次走で問われそう。陣営の談話でも中央よりは地方向きと考えているようで最大目標は東京大賞典のようです。JBCクラシックへ直行もあるようですね。それだと馬券的には悩ましいんですが……。

 シビルウォーは一叩きされて良くなっていたのかもしれませんが、ハタノヴァンクールがマクってきたときについていけなかった。顕著に衰えていると現時点では言えませんが、伸び盛りの4歳勢を相手にするのは今後、厳しいかもしれませんね。3,4着の差は騎手の腕の差。戸崎は南関じゃなくても競馬場に応じた乗り方を熟知している。一方、津村は工夫が見られない。前走も詰まって脚を余す騎乗でしたし。津村にこだわる理由がわからない。丸田か松岡にしてくれんか?丸田や松岡でも勝っていますしね。

テーマ:地方競馬 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年クラスターC展望

 明日は盛岡でJpnIIIクラスターCが行なわれます。お盆の交流重賞第二弾。過去10年で連対した地方馬は08年のプライドキムのみ。プライドキムはもともと中央馬でしたし、しかもJpnI全日本2歳優駿の勝ち馬でした。これぐらいの実績がないと厳しい。

 地方馬はラブミーチャン以外の8頭は九分九厘無理。ラブミーチャンは中央馬を含めても格では最上位と言えますが、一昨年はドスライスごときにぶっちぎられて、坂が不得意なのを露呈してしまった過去があるだけに全幅の信頼はおけない。

 中央馬ですが、ドスライスはその一昨年のクラスターC以来、勝つどころか惨敗しかない。OPで3連続ブッチギリでビリの馬など買えません。JBCスプリント馬・タイセイレジェンドもその後の3走はすべて惨敗。59kgの斤量も気になります。去年のようには行かないか?

 ノーザンリバーはダートでは準OP勝ちしかありませんが、別段悪いところはないですし、この面子なら好走していい。セレスハントはアテにならないところのある馬ですが、なんだかんだで重賞4勝の実力馬。去年のこのレースは2着。1人気にならないならコレかな?と思います。

◎ラブミーチャン
○セレスハント
▲ノーザンリバー
△タイセイレジェンド

 ラブミーチャンとドスライス以外の中央3頭で十中八九は決まりでしょう。問題はどう買うか。オッズを見ないとなんとも言えませんが、複式馬券は配当的に買えないでしょう。

★サマーチャンピオン予想結果★
◎サマリーズ……6着

 3人気のエーシンウェズンが3角でまくり気味に進出し、追いすがる1人気ガンジスを振り切っての重賞初制覇。2人気のサマリーズは3角からズルズル下がって、地方馬2頭にも先着されました。4人気ダイショウジェットは5着でした。サマリーズはもまれ弱いのかなあ。ペースが速いようには見えなかったし、後続に脚を使わせるような逃げのほうが合っているような気がします。鞍上弱化が響いたか……?

 馬の力があってこそですが、佐賀競馬場育ちの川田騎手の腕が光りましたね。勝ちにいっての競馬で完勝。ただ、評価は次走まで保留にしたい。ガンジスも同様。中央の重賞ではカベを感じた2頭のワンツーだけに。ダイショウジェットは、「らしさ」を感じない内容でした。3,4着馬とは斤量差があったけれど、それでも2,3着確保するのがダイショウジェットだと思うんですが。次もこんな内容だと衰えたと考えてしまいますね。

 サマーチャンピオンは外してしまったのですが、次の霧島賞の3単を4点で手堅く取ったので、お盆の馬券資金はやや増えました。明日もクラスターCだけでなく、黒潮盃も買ったほうがいいのかもしれない。

テーマ:地方競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年サマーチャンピオン展望

 お盆は地方競馬の稼ぎ時。というわけで交流重賞3連発+大井では地方全国交流の黒潮盃が行なわれます。佐賀の九州産馬頂上決戦の霧島賞も注目です。まずは佐賀のサマーチャンピオンの展望です。

 昨年のラブミーチャンを含めて比較的地方勢が健闘しているレースと言えそうです。ラブミーチャン、キングスゾーン、ヨシノイチバンボシ、カシノオウサマと10年で4頭連対しています。ただし、ラブミーチャンは推しも推されぬJpnI馬であり、キングスゾーン、ヨシノイチバンボシも交流重賞で何度も馬券になった実績馬でした。カシノオウサマはそうではないけれど、佐賀で3連続圧勝と、一応、JpnIIIで3着1度はありました。

 交流重賞で馬券になったことのない地方馬は、ここでもやはり来れないようです。上記の条件に当てはまる地方馬は……メトロノース。ただし、2歳時のことであり、準OPで頭打ちで佐賀へ行った経緯からして、バリバリの中央馬に敵うとは思えない。むしろ甘くすればコスモワッチミーが交流重賞で4着が2回あるので、3着ならといったところ。連対ということでは中央馬で九分九厘決まりでしょう。

 中央馬はダイショウジェット、エーシンウェズン、ガンジス、サマリーズの4頭。ダイショウは10歳ですが3年ぐらい前から変わらぬ走りと戦績。このレースでは2010年2着、2011年3着とコース実績もある。近走より手薄な面子ですから今年も2,3着があっていい。エーシンウェズンは重賞ではカベがありそうですが、この面子なら能力的には遜色ないはず。ただ、脚質と小回りで重い砂の地方競馬が合うかどうかは未知数。

 ガンジスもエーシンウェズンと同じ印象ですが、前で競馬できる分だけこちらのほうが地方向き。ただし、似たような実績なのにこちらがエーシンより1kg増。加えて佐賀競馬育ちの川田騎乗のエーシンに対し、ガンジスは蛯名。出遅れたらおしまいですね。人気の中心はサマリーズでしょう。3歳牝馬のためか52kgと地方馬同様のハンデ。前走で暫定現役砂の女王のメーデイアと僅差。ただ、鞍上弱化が多少キニナル。

◎メーデイア
○ダイショウジェット
▲ガンジス
△エーシンウェズン

 鞍上弱化と言えども、藤岡弟で2歳優駿を勝っていますし、杞憂に過ぎないでしょう。むしろ52kgで出走できるのは他馬に比べて大きなアドバンテージ。人気でも逆らえない。マイペースでの逃げ切り濃厚。相手は実績からダイショウジェット。◎→○⇔▲△の3単4点を考えていますが、この面子では3単4点でもガミりかねない。その場合は◎-○の馬複1点か、◎→○→▲△で3単2点というところでしょうか。

テーマ:地方競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

聖愛

 正直、聖愛が勝つとは思ってなかった。青森山田と光星学院は例年よりも弱かったと思うし(それでも強いが)、弘前高校に辛勝した初出場のチームでは厳しい。玉野光南もときどき甲子園に出てくる高校だし、甲子園は甘くない。聖愛は今年の経験を来年以降に活かして欲しい。1,2年生の多いチームだしね……と昨日までは思っていました(笑)

 ホームラン含む2ケタ安打、守ってもエースが4安打完封で終始圧倒。津軽人オンリーな青森県の初出場高校とは思えない内容でしたね。昔、弘前実業やら八戸高校が90年代に出場してたときは、選手が浮き足だって、自滅してた記憶があったので、そこまでひどくないにしろ、乱れる場面があるのでは?と思っていたのですが、堂々としたものでした。

 ずーっと山田と光星が出場していた期間に、青森県の野球のレベルは上がっていたと感じてはいましたが、それが目に見える形になった日だったと思います。ちなみに聖愛は津軽一円から見所のある野球少年をかき集めているようですが、皆が皆、聖愛に行くわけではまったくありません。これまでに甲子園に出たことのない高校ですし、中学で野球部でも自分の学力に合った県立高校へ進学するのがほとんどです。

 ただ、この勝利で、弘前工業や弘前実業に進んでいた野球少年の一部は聖愛へ流れるかもしれないなあと感じました。さて、次は沖縄尚学戦。さらなる強敵相手にどういう試合をするのか注目しています。昨日の試合はほとんど見られなかったからなあ(指導と被っていた) 次は第一試合なので寝過ごさなければ試合観戦できます(笑)

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

熱中時代

 弟が帰省してきました。某大手電機メーカーの子会社で修理工をしていましたが、社用車も携帯の支給もなく、ガソリン代も一部自腹。その他もろもろあって、同業他社へ鞍替え。他社での勤務開始が8月下旬からだそうで、帰省して遊びまくっています(笑) 新しい勤務先は大手ではないけれど、待遇がこれまでよりはずっと良いそうな。弟も一種の職人なので、すぐに次の会社が見つかるようです。資格の世の中ではありますが、資格もいろいろですし、有効と言えない資格よりは経験のほうが重いのが実態だろうと思います。

 7月は例年並の気温で、青森はそう暑くもなかったのですが8月に入って暑さが本番といった感じ。今日も明日も熱帯夜のようです。非常に寝苦しい。若干、夏ばて気味でもあります。温度差が大きくなるので、極力エアコンを使いたくなかったのですが、ここ数日は移動中に車のエアコンを入れてしまいますね。そして軽なのでアクセルが重くなる(笑) 燃費も2,3km/L落ちるかもしれません。ガソリンの値上がりが大きい昨今ですから、できるだけエアコン使用は控えたいのですが、体調を崩しては元も子もないですしね……。西日本で最高気温が35度以上というのを見聞きするだけでも気分が悪い。

 相変わらず東野圭吾作品を読みまくっています。主に真夜中。毎日、夕方以降には指導がありますし、真昼間は暑くて読書をする気分にもなれません。昨日は『悪意』『パラレルワールド・ラブストーリー』をブコフにて購入。その前は『白夜行』を読んだのですが、正直、評判ほどではなかったなあ。非常に緻密なプロットに基づいて書かれていると感じましたし、中盤以降は一気に読み終えてしまったのですが、どうにも後味が悪い。いや、他の作品も後味の悪い作品は多いのですが、それなりのカタルシスは得られたし、後味の悪さを気に入った作品もあるのですが、『白夜行』は後味の悪さの質が違う。ジメジメとして陰湿というか、どうにも馴染めなかったなあ。

 『ガリレオ』全作品、『秘密』『手紙』『さまよう刃』『赤い指』『宿命』『変身』『分身』は読了。『悪意』『パラレルワールド・ラブストーリー』は購入済み。他でオススメあれば教えてください。ただ、『白夜行』が合わなかったので『幻夜』は当分、読むつもりはないです。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

夏の3歳馬

 結局、昨日は中央競馬の馬券を買いませんでした。買っていたらレパードSは取れたろうけど、小倉記念は外したでしょうし、買っても買わなくても金銭的には差がなかっただろうなあ。ユタカはいい流れが来ていますね。リーディング上位としてWSJSに出るのは難しいでしょうが、サマージョッキーシリーズで現在1位。このまま優勝してほしい。できれば、「またユタカかよ!ユタカばっかりだな。チキショウ」というような勝ちすぎて憎たらしい(笑)ユタカが帰ってくるのを待ってます。馬券的相性は良くないけど、俺はユタカが好きなんだなあと再確認した次第です。石橋守調教師、鞍上ユタカのメイショウ○○という大物が出るのを気長に待ってます。

 新潟のレパードSではインカンテーションが完勝。1,2着馬は前走で古馬1000万下勝ちの馬。やはり3歳夏の時点で1000万下を勝ちあがる馬は強い。インカンテーション陣営は秋の最大目標をJCDにしたようですが、現状では賞金不足でしょうから、重賞をもう1つ勝たねば。また古馬相手に重賞を勝てるようでなければJCDを勝てるわけもない。今後が楽しみな馬です。サトノプリンシパルも気にはなりますが、「サトノ」だけに準OPかOP特別どまりな気がしてなりません(笑) ケイアイレオーネはマクる馬だけに新潟は向いてなかったのかも。中央よりは地方のほうが合ってそう。3戦連続3着ですが前にはちぎられているし、距離も微妙に長いような感じもします。

 秋に向けて芝1000万以上で勝っている3歳牡馬、連対している3歳牝馬を列挙してみたい。備忘録代わりです。

函館 芝2600 松前特別(10下)  ヒルノドンカルロ
福島 芝1200 バーデンC(OP)   マイネルエテルネル
中京 芝1600 長久手特別(10下)マジェスティハーツ
中京 芝1400 豊明S(準OP)    プリムラブルガリス
阪神 芝1600 皆生特別(10下)  プリムラブルガリス

 全部牡馬です。牝馬なら1000万2着でも良かったんですが1頭もおらず。今月一杯気にかけておきたい。ただ、ダートは目標が少ないせいか、1000万、準OPを勝っている馬が7,8頭はいました。菊に向けてという点ではヒルノドンカルロだけ。2,3頭はそういう馬がいるかなあと思ったんですが。ヒルノドンカルロは距離を伸ばして結果が出ているという点もいかにも菊穴くさい。いや、別の意味じゃないですよ(笑) 次に神戸新聞杯で4,5着に負けるのが理想的。8月中に面白そうな馬がもう何頭か出てきて欲しいところです。キズナは凱旋門賞に向かうし、距離適性的にロゴタイプ、コディーノも菊には出ないでしょう。エピファネイアも気性的になあ。

テーマ:競馬 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『送受信』

『送受信』

僕のつづる詩は

僕の僕による僕のための詩

共感してもらえたら

もちろん嬉しいけれど

それは単なる偶然

とても素敵な偶然



君の聴いた詩は

君の君による君のための詩

作者の手からは離れている

感じたままに受けとっていい

それはまったくもって当然

受け手がいてこその完全



書き手の満足と

受け手の満足は

必ずしも一致しない

でも、決して不愉快じゃなくて

むしろ予期せぬ一致が面白い

予定調和じゃつまらないだろう?



2013年07月17日作
2013年08月04日ラジオNIKKEI『私の書いたポエム』放送分

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |