ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

『無い物ねだり』

『無い物ねだり』

お金がなければ、お金をほしがる

ヒマがなければ、ヒマをほしがる

男性ならば、女性を求める

女性ならば、男性を求める

子供は大人になりたくて

大人は若さをうらやむ



僕らはいつまで経っても無い物ねだり

他人の芝生は青く見えてしまうんだ



いつかは必ず死んでしまう僕たちは

永遠なんてどこにもないものを求める

でも、それはどこにも存在しなくって

ただ、今日という日を必死に生きるだけ

きっと手に入らないこその輝きなのだろう



2005年09月09日作
2013年09月18日微修正
2013年9月29日ラジオNIKKEI「私の書いたポエム」放送分

スポンサーサイト

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年スプリンターズS展望

 昨日はシリウスSが行なわれ、5人気の3歳馬・ケイアイレオーネが後方2番手から直線ではまとめて差しきって優勝。馬柱も何も見ておらず、つい今しがたレース映像を見たのですが、1人気のサトノなんて買う気しないよなあ。それよりならケイアイレオーネでもナイスミーチューでもグランドシチーでも余裕で買えるよなあ。まあ、結果論ですが、重賞で人気のサトノなんて手が出ないのは率直な感想。さて、今日は秋のGI戦線の幕開けを告げるスプリンターズS。人気は当然ながらロードカナロアに集中しています。出走各馬の短評から。

1.グランプリボス…GI2勝の実績馬。バクシンオー産駒ながら1200は走ったことも無い。ただ、1800などよりはよほど向いていると思います。スプリンター向きなスワンSを勝っていますし、中山で2歳GIを制しているようにコース適性も問題ない。穴人気するのも無理はない。気になるのは休み明けでどうか。戦績からは叩いてから、という印象なのですが。

2.フォーエバーマーク…前走のキーンランドCで重賞制覇。このローテは実績あるローテですね。ただ、中山実績がないのは気になるところです。逃げ宣言していますが、ハクサンムーンにマークされそうで、展開的にもキツい感じがします。

3.アドマイヤセプター…昨秋は重賞にリーチがかかったのですが、上がれず流局。そんな感じ。今年は馬券になっていません。着順は上向いていますが……。中山は可もなく不可もなくといった感じ。強調材料に乏しいですね。

4.サンカルロ…重賞4勝の実績馬。ただ、このレースには3度出走して、2010年の3着が最高。春の成績からして徐々に衰えているのは否めない。3連覇のかかった阪神Cでだけ買えばいいんじゃないでしょうか。

5.マヤノリュウジン…準OP勝ちしかない馬などGIではおよびでない。

6.ドリームバレンチノ…去年の3着馬。去年ほどの勢いはないにしろ、今年も安定感は見せています。着順の悪い函館SSにしても0.2差しかなかった。ただ、前走で先着された2頭とは現状の勢いと能力の差を見せ付けられた感もあります。どちらかといえば平坦巧者とも思っています。

7.ハクサンムーン…重賞連勝中のサマースプリントチャンピオン。前走では王者・ロードカナロアを破る金星。フォーエバーマークとの兼ね合いが気になるところではあります。逃げ馬だけにアタマまでも、との期待がある反面。逆噴射して惨敗というおそれも感じてしまう。この馬の取捨が今回の予想のキモだと思います。

8.パドトロワ…一昨年の2着馬。夏馬なんでしょうね。北海道開催から今ごろまでは例年、実績を挙げています。近2走は大敗していますが、過去の実績とこの人気なら連穴で妙味がありそう……とスケベ心が湧きますね。

9.サドンストーム…ここ2走を見ると重賞ではカベがあるとしか言いようが無い。中山実績も皆無。これを買うなら他に買う馬はいくらでもいる。

10.ロードカナロア…前走ではまさかの黒星でしたが、ハクサンとは斤量差もなくなり、叩いた上積みもあるでしょう。何よりここまで連を外したのは1度だけ。それも3着。連軸としては不動の本命。またハクサンに負けるおそれもなくはないですが、他に目ぼしい馬はいない。

11.スギノエンデバー…昨年の北九州記念勝ち馬ですが、暮れに尾張Sを勝って以来、煮え切らない競馬を続けています。ここはいかにも相手が強いですし、直線平坦コースのほうが合ってそう。この馬自身は中山を苦にするとまでは言えませんが、他に得意とする馬もしますし、相対的には良くない。

12.アウトクラトール…芝よりはダートでしょうね。中山は向いているとは思いますが、相手が強すぎる。

13.サクラゴスペル…中山1200で重賞を含む2勝。条件はベスト。春のGIでは掲示板どまりでしたが、コース適性を生かして連下に食い込むシーンがあっても良さそう。一たたきされたのもいいですね。

14.マイネルエテルネル…英ダービー馬予定だったはずですが、スプリンターになりました(笑) 小倉や京都で実績があり、GIとは言え朝日杯ではビリでした。中山向きではなさそうです。

15.マジンプロスパー…重賞3勝の実績馬。ただ、昨年のこのレースでは12着と大敗。ポン駆けするほうだとは思いますが、そもそもここにいる面子とは何度も走って、負け続けている。中山もどうなんですかね?

16.シルクフォーチュン…ダート重賞3勝の実力馬。ただし、芝は未勝利です。京王杯SCで5着になるあたり、今なら芝でもOP特別ぐらいなら勝てるのかもしれませんが、ここはGI。苦戦必至でしょう。

 去年は消去法と合致していたので、今年もそのまま流用します。
 ☆チェックポイント☆
・8歳以上馬(海外馬以外)……アウトクラトール
・7歳で3人気以下……サンカルロ、シルクフォーチュン
・関東馬で4人気以下…フォーエバーマーク、サンカルロ、サクラゴスペル
・牝馬で重賞勝ちがない……アドマイヤセプター
・前走が重賞ではない……アウトクラトール、サクラゴスペル
・前走が10着以下(GI馬&海外馬以外)……パドトロワ
・前走がGI以外の休み明け(海外馬以外)……マジンプロスパー、シルクフォーチュン

 残ったのは、グランプリボス、マヤノリュウジン、ドリームバレンチノ、ハクサンムーン、サドンストーム、ロードカナロア、スギノエンデバー、マイネルエテルネルの8頭。

◎ロードカナロア
○ハクサンムーン
▲ドリームバレンチノ
△グランプリボス
△パドトロワ
△サクラゴスペル
△マイネルエテルネル

 素直にロードカナロア本命です。ハクサンムーンはどこか危うさも感じますが、カナロア軸で2連馬券買ってもしょうがないので、ハクサンも加えた3複2軸で。マヤノリュウジン、サドンストーム、スギノエンデバーが来るとは俺にはとても思えません。それ買うならパドトロワやサクラゴスペルのほうがコース実績もあるのでマシ。

 3複7、10-1,6,8,13,14,16の6点。グランプリボスが来ても15倍見当なら当たれば十分元は取れますし、パドトロワやマイネルエテルネルなら7~8000円は見込めます。軸は堅く、ヒモ荒れを期待したい。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

秋の夜長に

 毎日、俺が活動するのは夕方以降がメインです。その日の指導を終えて、帰途についたり、食事を取るのは22時以降が多いです。そんな時間帯で、歩いている中高年をよく見かけますが、ウォーキングなのか徘徊なのか、わからん人もたまにいるな……って毒づきすぎ?(笑) 金曜日でも夜中の田舎街の中心部は人通りは少ないです……がファミレスなどはにぎわってましたね。昨晩の晩飯を珍しくガストで摂ったのですが、まー、騒がしかったね。しょうがないか。

 ここ10日ほどで青森は一気に秋めいてきました。朝晩は寒いぐらいです。寒暖の差が大きいので、図体はデカいのに体質虚弱な俺は風邪気味です。栄養ドリンクが比喩でも何でもなく、キクわーとか思ってしまう俺はOSSANですな(笑) 風呂や温泉に入ると思わず、「ふぅーう」とか声が漏れちゃうしね。でも、俺にとって繁忙期である秋冬を乗り切るには栄養ドリンクと温泉は不可欠になってきました。100円ぐらいの安いドリンクばっか飲んでますが、300円ぐらいのだとやっぱり効き目が違うのかなあ。

 最近、俺の自作PCの描画が不安定です。どうもビデオカード(AMD RADEON HD5750)の調子が悪いみたい。やむなくマザーボードの内蔵描画機能(RADEON HD 4250)にしていますが、うん、遅いな(笑) そこで、ビデオカードを買うか買わないか。買うならどれにするかで思案しています。日々使うものだから、ポンと買えばいいのに、1万円、1万円かあと思ってしまいます。根が貧乏性なもので。でも、ビデオカード買わないと、先日買った『バイオハザード5』もプレイできんしなー。

 最近の俺の車内でのBGMは、ぐるりと戻ってまたBUMPです。結局、何度も応募しましたが、ライブのチケット取れなかったなあ。昨年と比べて公演数が半分以下ですしね……。そろそろアルバム出てほしいし、来年はそれを引っさげての全国ツアーやってほしいと期待しています。

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年日本テレビ盃回顧~ロンシャンでも船橋でも~

☆日本テレビ盃予想結果☆
◎ソリタリーキング……2着
○ワンダーアキュート…優勝
▲ダイショウジェット…4着
△ランフォルセ………3着

 トーセンアドミラルが行くかなと思ったのですが行きませんでした。ソリタリーキングがスタートでやや追っ付けてハナに立ち、それを見る形でワンダーアキュートとトーセンアドミラル。その後にランフォルセ、ダイショウジェットと人気5頭が先団を形成。そして掲示板もその5頭で決まりました。ほとんどの人が予想したとおりでしょう。トーセンアドミラルが4角手前でついていけなくなり、それをランフォルセとダイショウジェットが交わし、前の2頭は叩きあいの末にワンダーアキュートがねじ伏せました。人気順で決まったので全ての券種が1人気(複勝とワイドは1~3人気)でした。せめて順番だけでも人気順でなければ配当もマシだったんですが。

 ソリタリーキングはマークされる形になったにせよ、前年の勝ち馬ですし、休み明けでもないし、ワンダーアキュートより1kg少なくてこの結果では、JBCではちょっとキツいかなと思います。というかここで2着賞金を上積みしても賞金的にJBCには出られそうに無い。次はみやこSあたりでしょうか。あるいは南部杯でも使ってくるかな。サカラート級だとJpnI馬相手だと分が悪いんだな、やっぱり。逆にワンダーアキュートにはちょうどいい前哨戦になったと思います。楽勝ではなくたたきあってねじ伏せるのも本番へ向けてのいい慣らしになったでしょう。ただ、ソリタリーキングならねじ伏せられても、本番は自身と同格かそれ以上の実績馬なので、やっぱり2,3着という感じがしないでもないなあ。

 ランフォルセは大幅に馬体を減らしてきましたが、馬体重の増減が激しいのはいつものことですし、この馬なりには走ったのでしょう。でも、この6馬身が重賞をいくつも勝つ馬とそうでない馬との差なのかなと思います。前の2頭には突き放されるだけで、バテたトーセンアドミラルを交わしただけ。内容があるとは言いがたい。ダイショウジェットも同じ。トーセンだけでなく、ランフォルセも交わすようならまだ重賞でやれるとも思えましたが、ランフォルセには届かず。ランフォルセに去年は0.5差先着、今年は0.4差後着。対ランフォルセで0.9秒落ちてる。ペースや状態などいろいろあるけれど、衰えてるのは明白。俺はもうダイショウジェットを買わないな。中央馬が3頭しかいないのならともかく。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『夢の舞台』

『夢の舞台』

まぶたを閉じれば

その幕は上がり

まぶたを開ければ

その幕は下りる

今宵も自作自演の

夢の舞台が開幕



寝覚めの良い作品を

演じて、見たいけれど

想うようにはならない

悪夢の再放送だけは

勘弁してほしい

そんなことを想いつつ

今宵も僕は床につく



2007年06月17日作
2013年04月大幅修正
2013年09月22日ラジオNIKKEI「私の書いたポエム」放送分

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年日本テレビ盃展望

 明日は船橋競馬場でJBCクラシックの前哨戦の一つである日本テレビ盃が行なわれます。いまやゆるキャラ界でその座を不動のものにしつつある「ふなっしー」さんも来場するようです。かしわ記念のときと同様にフレゼンターも勤めるのかもしれません。中の人?そんなものいるわけないだろう(笑) これが重賞なのかと悲しくなってくる面子ですが、まずは短評から。

1.ファンドリカップ…地元の高知でも重賞を勝てない馬がどうしてここで通用するだろうか。

2.ベルモントパッシオ…同上。2,3走前の交流重賞の成績がすべてを物語っている。

3.ブレーヴキャンター…1月に高知の重賞を勝ってはいますが、勝っていても通用するメンバーではない。

4.ランフォルセ…昨春のダイオライト記念以来、1年半も連対していません。3番人気でしょうが、人気上位の馬に不利があればつけこめるかもしれません。去年の5着馬。この面子なら好走しそうですね。鞍上も船橋をよく知る戸崎ですし。

5.ダイショウジェット…春の黒潮賞ではいつもの切れ味を見せましたが、その後は多くの地方馬に先着するだけで、勝ち馬には遠く及ばぬ競馬ばかりで馬券にもなっていません。去年は4着とランフォルセに先着しています。

6.ソリタリーキング…去年の勝ち馬。去年のこのレース以降、不振が続いていましたが、前走のマーキュリーCで復活の勝利。去年は兄・ヴァーミリアンになれるかなとも思ったのですが、すっかり兄は兄でもサカラート化しました。とは言えサカラート級で勝ち負けの面子でもあります。

7.ベルモントガリバー…南関重賞はおろか、A2,A3も勝てない馬が勝ち負けになるとは思えない。中央移籍馬で船橋も前走4着のみ。地の利もない。

8.サイレントスタメン…東京ダービー馬の称号も今は昔。空しく響きます。しばしば重賞にも顔を出していますが、ただいるだけ。まさにサイレントスタメン(笑)

9.ナムラオウドウ…南関移籍したものの、結果は出ていません。買える要素に乏しいです。

10.トウホクビジン…この馬こそ真のサイレントスタメン。交流重賞では中央馬よりもいつもいるスタメン。しかし、ほとんどが後方追走するのみ。ただ、この面子なら差しがハマって5着賞金をGETできるかもしれません。

11.ワンダーアキュート…昨年のJBCクラシック馬。今回の面子で唯一のJpnI馬。どうも相手なりに走るタイプに見えますが、この面子では実績断然。勝ち負け必至。先週はロンシャンで勝ったユタカが、明日は船橋で勝つ可能性は高い。

12.トーセンアドミラル…前走でオーバルスプリント3着となるジョーメテオに勝利の重賞制覇。船橋での実績もあります。ダイオライト記念では5着でしたが、そのときよりも面子がやや手薄とも思えますし、連下のチャンスはありうると見ます。

 中央4頭とトーセンアドミラルの5頭。他の7頭は九分九厘ノーチャンスというのが俺……というか大方の予想ではないでしょうか。どう買うか。いかにしてガミらないように買うか。買い方が試されるレースです。

◎ソリタリーキング
○ワンダーアキュート
▲ダイショウジェット
△ランフォルセ

 ソリタリーとアキュートの一騎討ちが濃厚です。実績はアキュートのほうが上ですが、ソリタリーは左回りが向いているのと、去年の覇者でもあるので上に見ました。3着争いですが、トーセンアドミラルは脚質的にソリタリーやアキュートに潰されるおそれが高いと踏んで、ダイショウジェットの差しが久々に決まるんじゃあないかと考えました。

 馬券は3単 6⇔11→4,5の4点。これならガミはないでしょう、たぶん。

テーマ:南関東公営競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

台風とラーメン

 季節の変わり目だからか、あるいは早めの繁忙期に入ったからなのか、最近ちょっとお疲れモードです。そのため日記の間隔も空きがちです。週の初めの台風ではここ弘前もかなりの被害がありました。田んぼが冠水して水が道路に流れ出していましたし、河川敷や川の周りのりんご園なども水没していました。弘前市の一日の降水量としては最高記録を更新したそうです。雪で悩まされることはあっても、雨に悩まされることはあんまりなかった。9月じゃなくても、です。
道路水没


 弘前市の南部は標高が高めなので甚大な被害は少なかったと思うのですが、弘前市の北部は県道が土ぼこりまみれになった場所も。川と道路の間にりんご畑もありましたが、全部水没したってことなんでしょうね。道路が土まみれってことは。俺自身はこれといって何もなかったですね。大雨・洪水警報の中も指導にまわっていました。20cm以上タイヤが沈む箇所がありましたが、車も無事です。友人曰くタイヤが半分以上沈むような危ないとか。そこまで行くとエンジンに水が入りそうですしね……。

 話変わって、いつもだいたい同じ場所でばかりメシ食ってるので、たまには新規開拓しようと、弘前市にもいくつかあるらしい「二郎インスパイア」系の某ラーメン店に行きました。写真の通りで、山盛りのもやし、大量のチャーシューは食べ応えがありました……が、肝心の麺やスープが物足りなかった。決してまずいわけじゃないんですが、これに880円も出すのはためらわれます。というわけで結局、いつもの横浜家系の井上家に逆戻り。650円でボリューム十分だし、ライスつけても700円だしね。ここも好みの別れる店ですが、学生時代に家系にどっぷり染まった身にはありがたい(笑) 
二郎インスパイア

テーマ:日記 - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年ニエル賞・フォワ賞回顧~日本馬連勝~

 日曜の夜に欧州競馬の最高峰・凱旋門賞の前哨戦となるヴェルメイユ賞・ニエユ賞・フォワ賞が行なわれました。日本馬が出走してなかったヴェルメイユ賞では・仏オークス馬のトレーヴが完勝し、通算成績4戦無敗としました。3歳牝馬で斤量も軽いので、本番でも日本馬の強敵となりそうです。

 日本の競馬ファン注目のニエユ賞では今年の日本ダービー馬・キズナが武豊騎手を鞍上に、いつも通りの後方待機から直線で伸びて、馬群を割って猛追してきた英ダービー馬・ルーラーオブザワールドをハナ差振り切って優勝。パリ大賞勝ち馬のフリントシャーは4着。前哨戦、そして欧州緒戦を勝利で飾りました。陣営は85%のデキと言っていましたし、武騎手も前哨戦仕様などと語っていましたし、そもそも欧州の芝が合うのかも未知数だったので、期待はしつつも正直、勝つまではどうかなとも思っていました。しかし、いい意味で予想が外れました。欧州の、それも重馬場もこなしましたね。一躍、本番でも有力馬の一頭になりました。

 その1時間ちょっと後のフォワ賞では前年の勝ち馬で、去年の凱旋門賞2着馬・オルフェーヴルが持ったままの楽勝。格の違いを見せ付けました。オッズも圧倒的な1人気でしたが、現地のフランス人も去年のこの馬の走りを見ていますし、当然の人気でしょう。日本のファンとしてもフランス実績が既にある馬なので、実力や適性に不安はなかったし、直前で外傷性鼻出血があったことがやや気になるぐらいでした。でも、何の問題もなかった。本番に向けて視界よし。帯同馬で武豊騎手騎乗のステラウインドも2着とは差のない5着でなかなか頑張りましたね。日本ではまだ準OP馬の身ですが、帰国後に活きる経験になるような気がします。

 欧州のブックメーカーなどのオッズでは今年のキングジョージ、バーデン大賞勝ち馬のノヴェリストが一番人気に推されているようです。次いで日本のオルフェーヴル、トレーヴ、キズナ、ルーラーオブザワールドといった人気のようです。昨年よりもライバルは手ごわいと思いますが、絶対に勝てないと思われる馬はいないはず。むしろ、去年のように大穴馬に出し抜けを食らわないかが不安です。日本馬のカベになった馬……モンジュー、レイルリンク、ワークフォース、ソレミア。並べてみるとモンジューが圧倒的な実績だったし、その後も競走馬としても、種馬としても大活躍した傑出した馬だったなあ。エルコンドルパサーは相手が悪かったと今でも思う。

テーマ:競馬日記 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『男心(おとこごころ)』

『男心(おとこごころ)』

離れてみると思い知らされる

君と一緒の日々の彩りを

オシャレで、白く小さな君は

一緒にいる僕の自慢だった



ふいに気分を損ねることもあったけど

今から思えばそれすらも愛おしく思えた

言葉を交わさずとも、分かり合えて

無言でも、君の鼓動が最高のBGM



女性は過去を上書きして

男性は過去に追記するという

確かに僕には当てはまる気がする

追記はできても上書きはできそうにない



今、僕の隣には別のパートナーがいる

両親や祖母のウケもすこぶる良い

何でもあたり障り無くこなしてくれるし

僕も大きな不満を感じることは少ない



比較するのは失礼だって分かってる

でも、一緒にいればいるほどに

僕の心には空白が増えていくんだ

男心とはなんて女々しいのだろう



もしももう一度、一緒にいられたなら

今ならもっと上手くやれると思うんだ

細かな修理箇所にも気づけただろう

ああ、スバル・ビストロSSよ



2013年9月8日作
2013年9月15日ラジオNIKKEI「私の書いたポエム」放送分

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年ローズS回顧~出負けてもデニム勝つ~

★ローズS予想結果★
Bメイショウマンボ……4着
Bエバーブロッサム…14着
Bレッドオーヴァル…13着

 霧のかかったような視界で、馬場も重。タフな馬場となりました。そして1人気に推されたデニムアンドルビーは2馬身出負け。道中ポツン。終わった……とも思えたのですが、1000が58.1というハイペース。というか馬場を考えれば超ハイペースかもしれません。逃げたピクシーホロウはそれなりに粘っていましたが、直線途中で各馬一気に殺到。デニムは先に抜けかけたウリウリ、メイショウマンボを差しきり、上がり最速で突っ込んできたシャトーブランジュも振り切って重賞2勝目。2着シャトーブランジュ、3着ウリウリ、4着メイショウマンボ。人気のエバーブロッサム、レッドオーヴァルは何の見せ場もなく大敗。泣けてくるよ。

 デニムはこれまでキレや速さを前面に出していましたが、オークスの内容からして、渋った馬場でも勝ち負けできる「強さ」も兼備していると見るべきでした。上がり33秒台だろうが、36秒台だろうが、良だろうが重だろうが問題なかったようです。強い。今回も1人気でしたが、本番はさらに人気を集めると思われます。鞍上の腹をくくった騎乗も見事でした。さすが百戦錬磨のウチパクさんです。メイショウマンボはこういう馬場、展開は向いたと思ったのですが、ウリウリに振り切られ、デニムとシャトーに差しきられる始末。本番で距離が伸びるのは良いですが、馬場が軽くなるとつらいかも。シャトーは馬場が良かったんでしょうね。ここ2走と今回と渋馬場で結果が出ていますから。

 ウリウリはよくわからない……。春はクラシック戦線に乗り切れなかった馬なのですが、夏場に成長したということなんでしょうか。レッドは重馬場でメイショウマンボに勝った紅梅Sがあったので、馬場が向いているのかなと思ったのですが、馬場うんぬんよりも距離はマイルがギリギリなのかな。エバーブロッサムのほうが、デニムより「力強さ」があるんじゃないかと思ったのですが、そんなことはなかったか……。デニムが抜けた存在で、後は横一線という状況でしょうか。そのデニムも連軸としては信頼できそうですが、アタマとしてはオークスのように何かに先着されるかもしれませんし、本番もなかなか予想が難しくなりそうです。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年ローズS展望

 今週の重賞はセントライト記念とローズSです(阪神JSもあるが)。三冠レース最終戦への前哨戦。セントライト記念のほうが荒れそうですが、本番に直結するのは明らかにローズSです。台風が接近しており、明日の時間予報を見てもレコードも出た土曜の馬場とは異なりそうで、馬場状態には注意が必要。春の実績馬が勝つのか?夏の上がり馬が勝つのか注目が集まります。では、出走各馬の短評から。

1.デニムアンドルビー…5戦して着外なしの安定株。オークスも3着でした。前日売りでは1人気。ただ、キレ味がウリなので、上がり35秒前後の勝負になると2,3着どまりかも。とはいえやや重のフローラSは完勝なので、重より悪化しなければなんとかなるか。

2.ウリウリ…前走500万勝ち。それも牝馬限定戦でクビ差ですし、面子が一気に強化されるここでどうですかね。阪神、中山で結果が出てないのでコース適性も怪しいと見ています。

3.ウインプリメーラ…重賞2着が1度ありますが、ここまでの戦績を見ると一線級相手では荷が重そう。前走の結果からして距離が伸びるのもプラスではないのかもしれません。

4.コレクターアイテム…昨秋のアルテミスS勝ち馬。阪神JFでは1人気に推されたほどの馬でしたが、尻すぼみの現状では買いにくい。

5.エバーブロッサム…未勝利しか勝っていませんが、ここ3走、重賞で連続の2着。安定感ありますね。中距離で実績を挙げているのは心強い。後は初の遠征競馬がどうでるか。

6.セレブリティモデル…忘れな草賞勝ち馬。クイーンSの結果からすると、オークスはあれが実力だったんだろうと思います。春の有力馬と比べて一叩きしているのは強みですが、完全に底を見せていると思います。

7.トーセンソレイユ…京都の新馬、OPで2勝、阪神、府中のGIで大敗。今回は阪神のGII。負けのレースのように見えます。外人から四位というのも勝負がかりとは思えない。まあ、まだ出稼ぎの季節には早いのですが。

8.ローブティサージュ…2歳女王…だったのですが、年明けはぱっとしません。前走も岩田騎乗ですが、別に変わってないですね。穴人気もしてますし、馬券的な妙味もないなあ。

9.ブリュネット…牝馬500万下で大敗している1勝馬なんて買えるわけがない。

10.レッドオーヴァル…桜花賞2着馬。オークスはブービー負け。距離にカベがあるのかも。1800は微妙な距離です。テン乗りの川田がどう乗るか。ここでも通用する実績ではありますが。

11.リメインサイレント…夏の上がり馬。ただ、函館の中長距離と阪神1800では条件がまるで違うだけに厳しいと思います。馬場がグチャグチャにでもなれば一発あるかも。

12.アサクラティアラ…牝1000万で大敗の馬では厳しい。負けてても構わないのですが、馬券に絡んでいるぐらいでないと。

13.ボロンベルラムーン…牝500万下で大敗の馬など買えるわけがない。最低人気も当然。

14.ピクシーホロウ…アサクラティアラよりも人気がないのですが、牝1000万で3着のこちらのほうがよほど買える。菱田くんもなかなか乗れているようです。

15.シャトーブランジュ…不良の500万勝ち。渋れば面白そうですが、おそらく地力不足。

16.ノボリディアーナ…春は牡馬相手のOP特別を勝って休養。京都でしか勝ちがなく、平坦巧者の可能性が高いですが、戦績や人気からは面白そうな気もします。

17.リラコサージュ…OP勝ち、重賞3着があり、オークスも8着。自分の力なりには毎度走ってる感じです。全然人気がないですが、力の要る馬場になれば浮上の目もあっていい。

18.メイショウマンボ…オークス馬。阪神でもFレビュー勝ちがあり、問題ない。距離もオークスとFレビューの中間ですし、問題ない。適度に上がりのかかる競馬のほうが向いていますが、天気予報からするとそういう馬場にもなってくれそう。本番は分かりませんが、今回はこの馬の勝利のお膳立てが整っているように思えます。

 去年も一昨年も消去法自体は合っていたので今年も流用。

 ☆チェックポイント☆
・前走・クイーンSで10着以下:いない
・前走・OP特別以下で4着以下:ウインプリメーラ、ブリュネット、アサクラティアラ、ボロンベルラムーン
・前走・1000万下:アサクラティアラ、ピクシーホロウ
・前走・500万下かつ6人気以下:ウリウリ、ブリュネット、リメインサイレント、ボロンベルラムーン、シャトーブランジュ
・前走がダート戦:いない
・前走・2000m:ウインプリメーラ、シャトーブランジュ
・12戦以上使っている:いない
・中3週以下あるいは半年以上:ブリュネット、アサクサティアラ、ボロンベルラムーン、シャトーブランジュ
・当該レースで11人気以下:ウインプリメーラ、セレブリティモデル、ブリュネット、リメインサイレント、ボロンベルラムーン、ピクシーホロウ、シャトーブランジュ、リラコサージュ

 人気馬が何頭かでも消えてくれれば良かったのですが消えませんでした。ほぼ条件組を消しただけです。残ったのは、デニムアンドルビー、コレクターアイテム、エバーブロッサム、トーセンソレイユ、ローブティサージュ、レッドオーヴァル、ノボリディアーナ、メイショウマンボの8頭。

 前走オークスで大敗した馬は穴っぽいのですが、馬場も考慮してオークス上位馬を素直に信用します。

Bメイショウマンボ
Bエバーブロッサム
Bレッドオーヴァル

 ただ、馬複の8割程度の配当にはなるようなので、馬券は枠複1,3,8BOXにします。ウリウリだのノボリディアーナに好走されてもいいように保険です(笑)

 13時53分 追記:どうも内の馬場が悪く見えますし、外伸びに感じたので人気で最内のデニムを切ってレッドオーヴァル追加。枠複3,5,8BOXを買いました。4枠の2頭も気になりますけどね……。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年オーバルスプリント回顧~晩成の聖闘士現る~

★オーバルSP予想結果★
◎タイセイレジェンド……2着
○エーシンウェズン……4着
▲ガンジス……………5着

 意外にも先手を奪ったのは大外のエーブダッチマンでした。2番手にセイントメモリー、3番手にタイセイレジェンド、その後ろにエーシンウェズン、ガンジスら。しかし、エーブダッチマンは向こう正面で早々と垂れて露払い役に過ぎませんでした。2番手、3番手にいたセイントメモリー、タイセイレジェンドが前に出ますが、明らかにセイントメモリーの手ごたえのほうが良く、直線ではあっさりタイセイレジェンドを突き放して2馬身差の完勝。5連勝、重賞3連勝でグレードレースをも制しました。3着にまくってきたジョーメテオ。人気のガンジス、エーシンウェズンはさして見せ場もありませんでした。

 展望で「圧力がこれまでの比ではない」「逆にタイセイレジェンド以下を振り切って逃げ切るようならこれはもう本物」と書きましたが、セイントメモリーは本物だったようです。南関重賞制覇まで破竹の勢いで来ても、交流のカベに跳ね返される馬ばかりでしたが、セイントメモリーはそのカベをアッサリ突破。引退したフジノウェーブの後釜になれる素質を持った馬が出てきました。前残りの馬場、タイセイとは5kg差あったとは言え、馬場はタイセイにも味方していますし、5kg差は大きいですが、5kg差あっても他の中央馬はタイセイにまったく及んでいないだけに、中央馬以上とまでは言いませんが、互角に走れそうな馬とは十分に言える。今後が楽しみです。

 前残りの馬場でしたし、タイセイレジェンドは前走だけ走れれば勝てると思ったのですが、もっと速い馬が潜んでいました。馬格がありますし、背負いなれてもいますので、59kgは言い訳にならない。そもそもJpnI馬であり、格上だからこその59kgなのですから。この馬なりの力は出したけれども、突き放されてしまったというしかない。この馬としては悪い内容ではなかった。セイントメモリーはJBCスプリントに出てくるか分からないようですし、ラブミーチャンに1400は気持ち長い。東京盃の結果を見ないとなんとも言えませんが、タイセイも有力馬の一頭であるのは確かです。

 ガンジスは前走の前後にも言われていましたが、今回は11kg減。調子が落ちてきているような気がします。今後は交流もJpnII、JpnIが続きますし、賞金的に出られないでしょう。一息入れて、暮れからやり直したほうがいいかもしれません。展望にも書いたことですが、前走で完敗しているのに1人気っていうのはいい結果が出ないことのほうが多い気がします。だいたいが人気過剰気味と思えますし。エーシンウェズンはなんとなくまわってきただけという感じ。前走のように思いきったマクリでもしていれば2,3着はあったような気がしないでもない。ダイショウジェットは老いたな……。ジョーメテオは南関があってるようで。短距離版のボランタスみたいな馬になっていくような気がします。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年オーバルスプリント展望

 去年は水曜日開催だと思って買い間違えたオーバルスプリントでしたが、今年はきちんと明日購入します。でも、月・火が船橋開催で、水・木・金がうら若い際……もとい浦和開催だと重賞が水曜だと思って買い間違えてしまう人もいるんじゃないかなあ。去年の俺のように。まずは短評から。グレードレースになって3回目なので消去法はありません。

1.ナイキマドリード…交流重賞化前のこのレースを勝っており、ここ3年のさきたま杯で1,2,3着といずれも馬券になっています。現役屈指の浦和巧者。ただ、さきたま杯の成績が年々下がっているように、もう7歳、衰えも感じさせる近況。加えてJpnIIウイナーなだけに57kgを背負わされて斤量面でも不利。3連の穴評価までかなあ。

2.タマモスクワート…1ヶ月半前、この馬のオヤジさんに腕をベロベロなめられてきました(笑) 人懐っこい馬だったなあ。それはさておき、南関重賞でも勝ちきれない馬だけに、中央馬も混ざるここでは苦戦必至。ただ、相手なりに走るのでひょっこり掲示板には載れるかも?

3.コスモワッチミー…前走はサマーチャンピオンで3着。今年、交流重賞で掲示板に載るのは3度目。そんな馬なのに高知の重賞で勝ちまくり……でもない。高知はレベル高くなったなあ。とはいえここも前走の1,2着馬がいますし、タイセイレジェンドや南関の猛者もいる。馬券に絡むまではどうでしょう?

4.ジョーメテオ…中央では準OP2着が最高でしたが、南関移籍後、重賞で連続2着。ただ、ここは中央OPどころか重賞、JpnI馬までいますし、この馬自身1400は1ハロン短いようにも思います。加えて、展開が向くかどうか?道中で置かれるようだと厳しいように感じます。

5.ガンジス…OP勝ちはありますが、重賞は3度の2着が最高。前走も3角で置かれそうになるなど、どうも勝ちきる絵が浮かばない。人気の一角でしょうし、勝ち負けしても当然の馬ではあるのですが。蛯名から岩田への手代わりはいいんじゃないでしょうか。

6.セイントメモリー…4連勝、南関重賞連勝中。ただ、今回は交流重賞です。タイセイレジェンドとどちらが逃げるかわかりませんが、ゴールまで持たないんじゃないかなあ。圧力がこれまでの比ではないでしょうし。逆にタイセイレジェンド以下を振り切って逃げ切るようならこれはもう本物。

7.タイセイレジェンド…昨年のJBCスプリント馬。ゆえにここでは59kgを背負わされます。一たたきされたのと、鞍上の勝手知ったる競馬場なのはプラス。1ハロン伸びるのはマイナスと思うのですが、盛岡1200と浦和1400なら、逃げるこの馬には浦和1400のほうが良いかも。

8.サチノシェーバー…準重賞までしか勝ち鞍がないのでは荷が重すぎる。

9.ダイショウジェット…一昨年の勝ち馬、去年の4着馬。その一昨年のこのレース以来勝っていません。2着は何度もありますが。思えば一昨年のこのレースは交流1回目でかなり手薄な面子でした。衰えも感じる現状では上手くハマって2,3着まででしょう。

10.トウホクビジン…いるだけ。出るだけ。

11.エーシンウェズン…前走・サマーチャンピオンで初重賞制覇。川田騎手の強気の騎乗が光りました。佐賀競馬場育ちだけあって、佐賀では上手いと思います。気になるのはダート右の実績は良いのに、左周りがぱっとしません。府中が合わないだけですかね。

12.エーブダッチマン…論外。

 普通に考えれば、前走・交流重賞で連対している中央3頭で決まりでしょう。ただ、こういうときに突っ込んでくるのがダイショウジェットという馬です。セイントメモリーは展開的に厳しそう。コスモワッチミー、ジョーメテオはハマれば3着あるかも。

◎タイセイレジェンド
○エーシンウェズン
▲ガンジス

 3連馬券は紛れがありそうなので2連、馬単で◎⇔○▲ ガンジスが圧倒的人気になっていますが、冷静に考えれば中央4頭で一番の格下です。実際、前走でエーシンウェズンに完敗。これを持ち上げるのは怖い。タイセイかエーシンこそ勝ち負けと思うし、妙味もある。タイセイからの馬単裏表4点で。

テーマ:南関東公営競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ソメタア!

 昨日は半月ぶりに完全休養日だったので、ヒトカラにでも行くかなあとつぶやいてみたりもしたのですが、生活が完全に夜型になってしまっているので、真昼間から俺の活動スイッチはオンにならないようです。もちろんそれが仕事ならば強引にスイッチオンにしますが、どっちでもいいことだとスイッチがオンになりません。夜、早めに指導をこなしてしまえる日がヒトカラ向きの日……ん、明日かな。平日の夜、学校帰りの学生や仕事帰りの社会人の【グループ】が多いであろう中、ヒトカラだな(笑)

 ソメタア!「メメタア!」ではありません。ソメタア。染めたあ!です。「俺は髪の毛を染めたぞー!JOJO―!」「最高にハイッってヤツだ!フハハハハハ」というようなDIOな気分です(錯乱状態) 髪の毛を染めるのは初めてですが、意外とカンタンなもんですね。わざわざ床屋や美容院でやるほどでもないな。心なしか髪にツヤも出たような気もします。染めたと言っても、仕事柄、それに歳を考えてもパツキンにできるわけもなくダークブラウンです。ほぼ黒。

 ここ1週間ほどはB’zの最新ベストを聴いています。B’zのベストは1998年の金銀、2008年の赤青と持っていますが、白黒も手が出てしまう。毎度、新曲を混ぜてくるし、DVDもつけてくるしなあ。商売上手としか言いようが無い(笑) 『愛のままに…(以下略)や『LOVE PHANTOM』なんて音源が何枚もあるのに、買う羽目に。既存のシングルも2008年以降の曲のみならず、これまで原盤権の都合などで出せなかったごく初期の作品も収録だもんなあ。ただ、運転中に繰り返し聴いているのは新曲、特に『HEAT』かな。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:2 | トラックバック:0 |

13年セントウルS回顧~白山圧逃~

★セントウルS予想結果★
◎ロードカナロア………2着
○ローガンサファイア…8着
▲ティーハーフ………12着
△サドンストーム……6着
△ドリームバレンチノ…3着

 開幕週の馬場ということもあって、前が残る流れになりました。ハクサンムーンはスタートで1馬身ほどの出負けをしましたが、出ムチを入れてハナを奪うとあとはいつものパターン。王者ロードカナロアと岩田は予想通りの好位追走から、ハクサン目掛けて猛追してきました。しかしジリジリとしか差は詰まらず、ハクサンムーンがクビ差振りきりって重賞3勝目。サマースプリントシリーズ優勝に華を添えました。3馬身半はなれた3着にドリームバレンチノ。堅い決着となりました。

 岩田は休み明けを敗因としているようです。それはあるのかもしれません。あるいはカナロアは58kgですが、他馬は56kg以下でした。でも、突然休み明けになったわけではないし、言い訳にはならない。真の王者ならば、休み明けだろうがなんだろうが結果は譲らないですので。去年のセントウルSでも2着でしたが、鉄砲よりは叩いたほうがいいタイプではあるのかもしれません。もっともカナロアや岩田がどうだというよりは単純にハクサンムーンがどんどん強くなっていたことに尽きるかもしれません。

 むしろハクサンこそ逃げ馬なのに出負けしたのは痛かったと思いますが、即座にハナを奪って、直線でもカナロアの追撃をしのいだ内容は価値あるものです。これで阪神では4戦無敗でもあります。ただ、本番でお釣りがあるかは微妙かな。中山も苦にはしませんが、得意とも言えないし、カナロアは一叩きされて、しかも同斤になります。机上の論理ならクビ差ぐらい容易にひっくり返りそう。ただ、カナロアの後ろとは決定的な差だと思います。1200での3馬身半以上ですから。

 なんだかんだで大混戦の3着争いはドリームバレンチノが制しました……が前二頭はずっと前。カナロアに追いつくどころか差を広げられ、ハクサンとの立場は逆転してしまったなあ。兄サドンストームと弟ティーハーフは兄が大きく先着。やはりジャギ(『北斗の拳』)の言うとおりだったか(笑) 馬券的には消す根拠などまるでなかったのに、願望のみでハクサンを消して、俺の的中も消えました。ただ、この組み合わせではハクサンをアタマで買う以外の妙味は見出せないし、それは何度やっても俺にはできなかったと思います。阪神ではなく中山メインを買うべきだったなあ。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年セントウルS展望

 久しく中央競馬の細かな予想を書いていませんでした。というか中央競馬をあんまり買ってなかった。今年は中央:地方=1:2の割合になってます。回収率も地方は80%を超えていますが、中央は70%を割ってます。とはいえ、夏競馬も終わり、秋競馬に突入ですから、できる限り展望をUPしていきたいと思っています。今週は堅軸と思われるセントウルSで。まずは短評。

1.サドンストーム…ティーハーフの全兄。兄弟対決です。「兄より優れた弟などいねえ」という名言もありますから、少なくともティーハーフには先着するはずです(笑) 昨年のこのレースは5着。この条件で準OPも勝っており、条件的には良さそう。後ろから届く流れになるかどうかですね。

2.クリーンエコロジー…4走前にOP入りしましたが、OPで結果が出ていません。それと関西馬なのに関西で結果が出ていない。ここはいかにも相手が強いし、苦戦必至と見ます。

3.マイネルエテルネル…英ダービーへ向かうはずだったのに、順調にスプリンター化しています(笑) 中央4場で結果が出ていない。2歳重賞とOPを買ってはいますが、ここでは格負けする感も否めない。3歳なので2kgもらいですが、2kgで埋められる差なのかどうか。

4.ドリームバレンチノ…スプリント路線の2番手にのし上がった……と思いましたが、函館SSでは7着。正直、このときはイヤな予感がしたので買いませんでした。そこからまた3ヶ月明け。鉄砲でも走る馬ですが、前走は鉄砲駆けしなかった。その辺もキニナル。2人気だと思いますが、妙味はないし、むしろ危険な匂いがするなあ。阪神で0-0-0-3という実績からも。

5.ローガンサファイア…勝ち鞍は3歳OPのみですが、前走のGIIIで4着とある程度の目処はついたと思います。阪神巧者であるのと、3歳牝馬なので52kg。乗るのは浜中。好走の余地は十分と見ます。

6.ウインドジャズ…この1年で8走して7回は2ケタ着順。1回9着。阪神で特筆すべき内容はなく、重賞では勝負になっていない。買えるわけがない。

7.マヤノリュウウン…中央に再転入してからの成績は安定しています。ただ、勝ち鞍は準OPまですし、3ヶ月半ぶり。これといった強調材料には乏しい。近走で乗ってた浜中もこちらではなく、ローガンサファイアに乗るしなあ。

8.シュプリームギフト…洋芝巧者とは言いませんが、平坦巧者なんじゃないでしょうか。阪神で良績が皆無に近いのは気になります。ここ3走で2度重賞で馬券になっているだけにヒモ人気しそうではありますが。

9.ロードカナロア…この成績表を見たら逆らう気が失せます。日本馬初の香港SP制覇(楽勝)の上、安田記念も制覇。21世紀に入ってからの国内最強短距離馬と言っていい。福永騎乗なら付け入るスキもありそうでしたが、岩田ですからね。何が何でも持ってくるでしょう。

10.モグモグパクパク…デビュー前から一部で注目を集めていた珍名馬が改めて重賞へ殴りこみ。近走は煮え切らない結果ですが、3勝とも1200のように、1400、1600よりも1200のほうがいいのでしょう。そのあたりは父の距離適性に似ている。ただ、ここは相手が強そうだなあ。

11.ビウイッチアス…昨年のアイビスSDでは1人気に推されたほどの馬でしたが、以降がスランプ突入。前走でようやく復調の気配?ただ、この馬に先着した馬が何頭もいますし、この馬を買わねばならん理由はなさそう。

12.ティーハーフ…サドンストームの全弟。弟のほうが2kgもらいですし、成績に安定感がありますし、鞍上もユタカです。1400もこなせそうですが、ベストは1200でしょう。ただし、兄と違って休み明け。その辺をどう見るか。

13.ハクサンムーン…前走で重賞2勝目。行くだけ行って粘るだけ。内のほうが良かったとは思いますが、2,3走前もメリットもない外で粘っています。阪神では3戦3勝とコース実績も十分。2,3番人気でしょうが、好走の可能性は普通にあるかと。

☆チェックポイント☆
・単50倍以上…???
・前走が条件戦…いない
・前走がOP特別で10着以下…クリーンエコロジー
・前走で1秒差以上の負け…クリーンエコロジー、ウインドジャズ

 全然絞れない。ただ、絶対王者カナロアには逆らえないので、相手探し。圧倒的人気が必至のカナロアをアタマにしても妙味は少ないので、それよりは馬複、3複で厚く買ったほうがマシだろうとは思います。もちろん、カナロアをアタマとしないのならその限りではないですが。

 ハクサンムーンがかっ飛ばして、カナロアは3,4番手の好位で様子を伺い、仕掛けるタイミングを見るだけにしか思えない。あとはハクサンがどこまで粘るか、交わす馬がいるのか、何頭なのかそれだけ。ただ、前日オッズで馬複9-13は2.0倍。こんなの買えない(笑)

◎ロードカナロア
○ローガンサファイア
▲ティーハーフ
△サドンストーム
△ドリームバレンチノ

 馬複4頭流しで。ドリームバレンチノが人気なかったので、一応、抑えますが、期待しているのは他の3頭。ローガンサファイアが4人気ですが、これでも11倍。ティーハーフとサドンストームならもう少しつきます。カナロアが普通に勝って、ハクサンが連を外してくれればいい。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『暑い季節』

『暑い季節』

遠くで聞こえる祭りの音

見かける車は他県ナンバー

雨上がりのアスファルトの臭い

カキ氷を食べて痛むこめかみ

変わることのない暑い季節



毎年のように更新される最高気温

気温が高まっても、気分はたかぶらない

近所からクワガタやカブトムシが消えた

そんな僕からは夏休みが消えて久しい

変わりつづける暑い季節



寝苦しい夜は余計な想いを巡らせてしまう

変わりゆく季節に特別な感傷はないけれど

「今」が去ることで覚える小さじ一杯の感傷



2013年8月10日作

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~モザイクハーツ~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

しらが

 床屋に行ってきました。1000円カットのQBハウスです。平日の夕方って空いているのかな。待ち時間無しでした。いつも思うが、ここでのカットの終盤は「フハハハ!まるで人(俺)がゴミのようだ」って気分になれますな(笑) 掃除機みたいな吸引機でアタマを吸われますので。なじみの床屋のおばちゃんが昨年暮れで店を閉めちゃったので、だいたいQBハウス。ときどき1980円ぐらいの床屋というローテーションを組んでいます。で、カットを終わった自分の頭を見たら……加速度的に白髪化が進んでいるなあ。面倒臭いが染めねばならんと本気で思う今日この頃です。

 まだ夏休み明けという時期ですが、今年は既に繁忙期突入です。そのせいか疲れが溜まっています。冬場を振り返ると、温泉&栄養ドリンクでやり過ごしていたことを思い出して、このところは栄養ドリンクを週に3,4本飲んでいます。そして、今日は久々に温泉に浸かってきました。やはり温泉は効くなあ。リフレッシュした感じ。今後、春までの間、週に1,2度は温泉に行かねばならんと思った次第です。体調を崩してしまうと指導スケジュールがめちゃくちゃになってしまって、調整がたいへんなことになってしまいますから……(笑)

 と言いながらも今年、もう一度は旅行しようと画策しています。11月の金沢競馬場のJBCに参戦、あるいは年末の『私の書いたポエムスペシャル』公開録音に参加のどちらか。後者は旧交を温めることができるのも魅力。でも、このタイミングで行かなければ金沢に行くことなど一生ないような気もするので迷います。いろんなところを周ってみたいですしね。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年新潟記念回顧~長い雌伏の果てに~

★新潟記念予想結果★
◎ダコール……………4着
○ニューダイナスティ…5着
▲カルドプレッサ………11着
△エクスペディション…2着

 単勝65.3倍の10人気コスモネモシンが明け3歳のフェアリーS以来の勝利を挙げました。3年7ヶ月ぶりの3勝目。長い。長すぎる(笑)逃げたエクスペディションがゴール前まで粘っての2着。最終的に1人気に推されたニューダイナスティは逃げたエクスペディションに振り切られ、後ろからの馬にも差されて5着。2人気のブリッジクライムは見せ場もない9着大敗でした。1000万を勝ったばかりの馬だから自然と思います。

 コスモネモシンはこれまでの2勝が中山。ほかフェアリーS2着や紫苑S3着もある中山巧者です。加えて昨年のクイーンSや福島牝馬S2着などから重い芝が得意なのは明らかです。ただ、一昨年の福島牝馬Sは震災で新潟での代替開催で、新潟実績はあったのに気づきませんでした(笑) 加えて今日の渋馬場に52kgの軽ハンデ、松岡騎手もロスのない騎乗。それらが重なって久々の勝利を生んだと思います。上がりのかかる競馬が向いていますが、だからといって新潟や京都でダメとは言い切れなかった。コスモネモシンというか、今後のコース適性を考える上での反省材料としたい。

 エクスペディションはやけに人気がありませんでしたが、3走前にトウケイヘイローの2着がありますし、ここ2走もそれなりに走っていました。1000万下を勝ったばかりの馬などよりはよほど買える馬だと思います。重馬場で勝ったこともありましたし、平坦巧者でもあります。あとは逃げがハマったかなとも思います。浜中騎手も納得の行く競馬だったんじゃないかと思います。ダコールはパンパンだろうが渋馬場だろうがダコールでした(笑) 走力が衰えるまでだいたい2~5着を繰り返すんでしょう。◎を打てるような馬ではなかった。いつも△が妥当。

 トレイルブレイザーはビリとまでは思いませんでしたが、前回、休み明けで激走して、今回、人気で追いかけるのはありえない。正直、復活までは時間がかかるような気がしますし、あるいは前走がロウソクが消える前の最後の輝きだったんじゃないかとさえ思います。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |