ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

たまのお休み

 昨日は2週間ぶりの完全休養日でした。夜をのんびり過ごせるというのが嬉しいですね。完全ひきこもり日にしたかったのですが、買い物を頼まれたのでそうも行かず、電器店でばあちゃん用の電気敷布団を購入。ついで……でもないが、プリンタのインクが切れていたのでインクを購入。インクはもちろん純正などではなく、さらにはリサイクルカートリッジですらない(笑) 継ぎ足し用インクです。既存のカートリッジに穴を開けて補充するタイプです。多少の手間がかかりますが、コストパフォーマンスは圧倒的です。純正は2400円ほど、リサイクルは1700円ほどに対して、継ぎ足しは1400円で4回満タンにできますから。ただし、メーカーは純正インク以外の保証はしてくれません。壊れたら買い換えればOK。もっともそれで壊れたことなどありませんが。

 温泉で身体の疲れを取り、ブコフで東野作品を購入。昨日は『使命と魂のリミット』『昔ぼくが死んだ家』の2冊と日本史問題集。東野作品はこれで33冊目。かなり読んだなあと思いますが、80作以上刊行されているのでまだ半分も読んでいません。しかし、この夏からずーっと東野作品読みまくってますね、俺。3ヶ月あまりで33作も読める集中力が戻ってきたことがなんとなく嬉しい。買い物している最中に、ラジオNIKKEIの人から電話がありました。いつも投稿している番組の公開収録への招待です。てっきり書面で通知があるのかと思っていましたが、まさかの電話連絡(笑) 今日はたまたま休みだったので即座に電話に出られましたが、普段だと指導中だったり移動中だったりで出られないんですが(笑) 会場は東京グランドホテル。立食パーティーみたいな感じなのかなあ。

 というわけで急遽、今週末に上京します。せっかく上京したのだから、数日滞在して旧交を温めたり、競馬観戦したり、いろいろしたいところですが、俺にとっては稼ぎ時、教え子にとっては勝負の時期なので、GWの上京時のように長々と滞在できません。土曜の指導後に夜行バスに乗り込んで、日曜早朝に到着。日曜は友人と会って府中……あるいは一度、生でボクシングを見たいと思っており、ちょうど11月3日には後楽園ホールで東日本新人王決勝が行われるので、それを見るのもいいかなと思っているところです。今週も府中開催ですが、GIの谷間の週ですしね。公開収録は夕方からなのですが、夕方まで誰かに付き合ってもらう……というのもハンパなので、一人でどこかをぶらつく予定。何かイベントでもあれば見てみようかなあ。ちなみに公開収録とJBCは時間帯がかぶっているので見れない。馬券はスマホから買いますけどね。

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年天皇賞・秋回顧~ジャスタウェイ大爆発~

 馬場が乾いていたのでトウケイヘイローの逃げ切りは難しいと思い、トウケイを消して、ジェンティルドンナを買いました。

★天皇賞・秋予想結果★
Bエイシンフラッシュ……3着
Bジェンティルドンナ……2着
Bアンコイルド…………4着
Bヴェルデグリーン……8着

 アーリントンC以降、重賞で好走しても勝ちきれなかった5人気のジャスタウェイが圧勝しました。福永騎手は先週の菊花賞に続く2週連続のGI制覇。もう牝馬の福永とは呼ばせない活躍ですね。圧倒的人気のジェンティルドンナは2番手追走から逃げたトウケイヘイローを捕まえましたが、一瞬でジャスタウェイに交わされて4馬身差の2着。3人気の昨年の覇者・エイシンフラッシュは3着まで。2人気の逃げたトウケイヘイローは直線で失速の10着でした。トウケイヘイローを切って、ジェンティルドンナに変えたのは良かったですが、ジャスタウェイがまさかこんな走りを見せるとは思いもしませんでした。

ジャスタウェイ

 ジャスタウェイ……レーシングプログラムなどでは馬名の由来に「その道」などと記されているようですが、馬主さんがアニメ『銀魂』の脚本家で、本当の由来は上記キャラクターです(笑) 原作を知らないのですが、どうやら妙な形の爆弾らしい。東京競馬場で末脚を爆発させて、人気馬を粉砕しました。出遅れ癖のある馬ですが、今日はすんなりとスタートを切れましたし、良とはいえ荒れた感じの馬場。けして緩いペースではなかったのもこの馬には向いたかもしれません。それにしても上がりは最速の34.6で、2番目の上がりのエイシンフラッシュの35.5より0.9も速い。距離がさらに伸びていいとは思えませんが、有馬記念ならごまかしも利くかも。

 ジェンティルドンナはトウケイヘイローを見る形の競馬で、ジャスタウェイ以外には交わされなかったのだから、最強牝馬としての面目は保ったと思いますし、休み明け緒戦、パンパンの馬場とは言えないことを思えば、力は出している。ジャスタウェイが想像以上に強かったということもありますし。ただ、なんだかんだで今年は未勝利。ブエナビスタの5歳時のような感じになってきました。ディープ産駒も古馬になって、さらに強くなるという感じがあまりしませんしね。JCでももちろん有力ですが、勝ちきるかどうかは馬場次第でしょうか。有馬記念は向いていないような気がします。それゆえに出てきて欲しいのですが(笑)

 エイシンフラッシュも昨年の勝ち馬らしく格好はつけましたが、上がり35.5の競馬は向かない感じ。内を33.0ぐらいで突き抜けるパターンで勝つことが多いですしね。長くいい脚を使わないと勝てないようなレースは向いてない。ダービー馬で春天2着馬でもありますし、JCの舞台での巻き返しもありそうです。そして、アンコイルドは好走しても好走しても不人気でしたが、今回もまた地味に好走。JCに出るか、出られるか分かりませんが、どうせGIなら次も不人気でしょうから抑えたい。逆にGII,GIIIだと人気を集めて飛びそうな気もします。トウケイヘイローは馬場が乾いた時点で厳しかった。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年天皇賞・秋展望

 昨年は天覧競馬で行われた秋の天皇賞。エイシンフラッシュ……というかミルコの敬礼は印象的でしたね。あれからもう1年経ったのか。早いなあ。関東には台風が接近しているようですが、時間予報を見ると関東の雨のピークは明日の昼までのようで、日曜日は終日晴れ予報が出ています。ぐちゃぐちゃの田んぼ馬場を期待したのですが、やや重か重めの良になってしまうかもしれません。中央の競馬場の水はけの良さは尋常じゃないですからね(笑)

1.コディーノ…府中は東スポ2Sを勝ち、ダービー9着の2戦。相手も強いのですが、この馬自体が尻すぼみ。早熟ではないと思いますが、マイラーなんじゃないかと思います。藤沢師だからというわけではなく、母や叔母がマイルがベストでしたし、近走の成績が振るわないのは距離が伸びているからという気がします。

2.ナカヤマナイト…去年は9着。名実ともに中山巧者ですが、別に府中がダメというわけでもなく、府中でも共同通信杯を勝っていますし、ダービー(不良)だって4着でした。高速の上がりを求められるとつらいというだけだと思います。馬場が渋るようなら掲示板以上はあると思います。当日の馬場状態次第。

3.ダイワファルコン…去年は10着。馬場適性はナカヤマナイトとほぼ同じだと思いますが、一緒に出走するとだいたいナカヤマが先着。地力で劣るんでしょうね。ナカヤマでもラクじゃない面子なのに、この馬ではなおさらでしょう。強調材料に乏しいです。

4.トゥザグローリー…去年の最下位。重賞5勝の実績馬ですが、昨年の鳴尾記念以来ボロボロ。ただ、一休みして出走した前走は久々に一ケタ着順でしたし、見せ場もありました。ただ、府中は良績に乏しいですし、叩いた上積みを見込んでも、それ以上に面子が強化されるここでは苦戦必至ではないでしょうか。

5.レインスティック…レンドフェリーチェ、レインダンスの弟。レン2は良い子を出しますね。前走で府中2000OP特別を勝っていますが、2000はやや長いのではないでしょうか。そもそも前々走の新潟記念で6着の馬がここで通用するとは常識的には考えにくい。それ以前に実績あるわけでもないですしね。

6.エイシンフラッシュ…去年の勝ち馬。ポカもありますが全6勝のうち3勝が府中であり、GI2勝も府中。この条件がベストなんでしょう。前走の毎日王冠を完勝しての参戦。調教はいつもどおり動いているようです。それがこの馬の普通ですしね(笑) 鞍上もミルコ。ただ、正直、買うなら舐められていた前走だったような気がしないでもない。勝ち負けされて当然の馬ですが。

7.ジャスタウェイ…去年の6着馬。飛躍を期待されましたが、この1年、結局未勝利です。この3走は重賞2着が3連続。鬼脚が武器ですので渋るのは良くない。不良馬場でも4着とこなせるようですがプラスではない。それよりも距離が伸びるのがどうなんですかね?2000mを越えるとパフォーマンスが落ちている。穴人気していますし、あまり買いたいとは思わないです。

8.ヒットザターゲット…11人気の低評価をあざわらう前走の勝利。新潟、小倉、京都と大賞典を3勝。前から思っていましたが、この馬、坂がダメなんじゃないでしょうか。馬場が渋ってもこなせるパワーはあるようですが、前走以上に面子が強化されますし、ラクなレースにはなりそうもない。

9.ジェンティルドンナ…昨年の年度代表馬。府中ではGIを2戦2勝。舞台はベスト。ただし、馬場が渋っていい馬ではないのは明らか。不良馬場のデビュー戦でエーシンフルマークに負けています。エーシンはその後は未勝利で、先月も走っていますが500万下でビリの馬。宝塚記念は曲がりなりにも良馬場でしたが、ダノンバラードも交わせず。馬場次第ですが危険な人気馬だと思います。格好はつけるかもしれませんが、前走同様じゃないですかね。

10.トーセンジョーダン…一昨年の勝ち馬で昨年の13着馬。昨春以来、順調さを欠いており、休み休みの出走。トーセン史上最強とは思いますが、ピークは過ぎてしまったかもしれません。このレースの勝ち馬ですし、舞台はベストだとは思うのですが、昨秋はスミヨンが乗って結果が出ていませんし、メンディザバルでも変わらんように思います。

11.トウケイヘイロー…ここ1年半の成績が重賞4勝を含む8戦6勝2着1回。飛ぶ鳥を落とす勢いの上がり馬です。前走は6馬身差の圧勝。脚質的なものもありますが渋馬場は鬼のようです。重や不良なら前走の再現があってもいいとすら思っています。ただ、日曜は晴れ予報になっており、意外と渋らないかもしれません。2歳時に府中でレコード出す馬でもあるので、良でも実績ありますが、渋るに越したことはない。良だと取捨に悩みますね。

12.フラガラッハ…距離が長い。面子も強い。来年の中京記念で期待しましょう。

13.アンコイルド…まったく人気にならなさそうですが、地力強化は著しいです。俺は前走も買っていました。軸がゴールドシップだったので馬券は紙くずになりましたが(笑)トウケイヘイローに2,3走前は敗れていますが、良い位置で競馬ができそうですし、府中は2勝2着1回と連を外していません。穴ならこの馬だと思っています。3戦連続で重賞で馬券になっているのにこの人気はウマー!!

14.オーシャンブルー…有馬記念2着の実績はすっかり色あせました。府中ではあまり良績がありませんし、やや重でも結果が出ていません。渋るのもプラスではなさそう。狙うなら有馬記念ですかね。

15.レッドスパーダ…もう7歳ですが、今年も重賞を勝っていますし頑張っています……が、ベストは1400、1600なのは明らか。1800でもパフォーマンスは落ちる。さらに200伸びて、相手も強化では厳しい。ここで大敗してマイルCSで見直すというのが良さそうな気がします。マイルCSに出るか知りませんが(笑)

16.ダノンバラード…府中で3走していますが連対はなし。馬場がどれぐらいの状態なのかによりますね。上がりの競馬にはならないと思いますが、GIを勝つだけの決め手はなさそう。手ごろな人気になりそうですし、連下にひょっこりやってきそうではあるので、抑えたい一頭ではあります。

17.ヴェルデグリーン…ここ5戦で4勝。前走はオールカマー勝ち。ただし、オールカマーと天皇賞の関連性は薄いです。府中でも2勝していますが、中山のほうが合ってそうです。ただ、血統表にジャングルポケット、ウメノファイバー、スペシャルウィークが並ぶ血統は不気味。3頭で府中のGIを6勝してますからね(笑) 馬場は渋らないほうが良さそうですね。重の500万で3着というのもあるんですが。

 ◆チェックポイント◆
・前走・ダート……いない
・前走・GIII以下……レインスティック、フラガラッハ
・前走・京都大賞典で8着以下……いない
・前走・それ以外の重賞で6着以下(ただしGI馬は除く)……コディーノ、ナカヤマナイト、ダイワファルコン、トゥザグローリー、フラガラッハ、オーシャンブルー
・3歳馬でクラシック連対がない……コディーノ
・6歳以上で前走2着以下……ダイワファルコン、トゥザグローリー、トーセンジョーダン、フラガラッハ、レッドスパーダ
・GI未勝利かつ府中芝連対歴がない……ヒットザターゲット、ダノンバラード
・GI馬以外で中3ヶ月以上……ナカヤマナイト

 残ったのは、エイシンフラッシュ、ジャスタウェイ、ジェンティルドンナ、トウケイヘイロー、アンコイルド、ヴェルデグリーンの6頭。
 土曜の府中は終日不良馬場だったようですが、夜の時点で既に重に回復しています。日が沈んでいるのに……。でも、今日の競馬で馬場も荒れたろうし、水がはけても良までは厳しいか?やや重より悪化したままと仮定して、ジェンティルドンナは切ります。来ても宝塚同様3着ぐらいじゃないでしょうか。ジャスタウェイは詰めが甘いですし、距離延長も気になるので軽視。残りの4頭の馬連BOXで勝負!

Bエイシンフラッシュ
Bトウケイヘイロー
Bアンコイルド
Bヴェルデグリーン

 エイシンとトウケイでも10倍見当なのでガミはない。逆にアンコイルドとヴェルデグリーンだと……341倍?意外とつかないなあ。5~10万ぐらいつくかと思ったのに。これは夢馬券として期待。アンコとヴェルデで決まったらデリにイくわ(笑)
 

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

徒然神無月日記

 晩飯にマックでポテトSとてりやきバーガーを2個買った。しかし、マックも全般的に高くなっている気がするなあ。俺が東京で学生してた頃はてりやきバーガーは1個190円だったのだが、今は270円か290円だっけ?期間限定で150円になってるけどさ……300円弱もするならマックじゃなくてモスにするよなあ(笑) 月に2回ぐらいマックのドライブスルーで買うけど、マッククリスプ&チーズバーガー&ポテトSってパターンです、だいたい。飲み物はスーパーで買ったほうが安いし、量も多いしね……って主婦か、俺は(笑) でも、母に頼まれて指導帰りにスーパーやドラッグストアで買い物することもかなり多いです。親が免許ないのでね。

 2,3ヶ月も指導するとだいたいの子は目に見えて成績が上がるのですが、学校の定期試験は良いのに、模試に弱い子が多い。定期試験と違って試験範囲がはっきりしないので、得点が下がること自体は理解できるのだが、定期試験と模試の得点差が激しい子が多いんだよなあ。応用力に問題があるような気がする。俺の指導方法にも問題があるのかもしれないが。本どころか漫画も読まない子が多いしね……。教科書や参考書だって書籍の一種だし、読解力が低いと2,3回読んでも理解できないのかもしれないな。かといって読解力なんて一朝一夕に向上するわけでもないのでやっかいだなあ。

 ここ2,3ヶ月、昼前に起きて、雑用を済ませてから指導をこなし、帰宅したら読書してから寝る。これの繰り返し。家族と指導先以外でロクに会話してないな……(笑) ふー、気晴らしに遊びたいなあ。10月はじめにカラオケ行ったけどヒトカラだしなあ。久々にオフ会とかに行きたいところ……だが、田舎にいるとそういう機会も少ないんだよなあ。ううむ。昔は自ら頻繁に企画していたが、今はそこまでの気力もないしねー。

テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術

晴れ時々ウツ | コメント:2 | トラックバック:0 |

13年菊花賞回顧~菊の舞台で良血開花~

☆菊花賞予想結果☆
◎エピファネイア………優勝
○マジェスティハーツ…13着
▲フルーキー…………6着
△ラストインパクト……4着
△サトノノブレス ……2着

 おお、当たったよ……我ながら信じられない(笑) 俺の中央競馬の重賞連敗は9でやっとこさストップ。長かったなあ。1ヶ月半ぶりに当たったー!本線はあくまでもマジェスティハーツだったし、抑えの馬券(950円)を拾っただけですが、これで流れが変わると思いたい。

 1人気のエピファネイアが圧倒的人気に応えて圧勝。福永騎手は牡馬クラシック初制覇。父シンボリクリスエス、母シーザリオの良血馬が悲願のGI奪取。5馬身はなれた2着に5人気のサトノノブレス、3着に逃げねばった3人気バンデ。2人気のマジェスティハーツは最後方からレースを進めましたが不発の13着と大敗。

 エピファネイアは最初の1000mぐらいはカカリ気味でしたが、その後はなんとかなだめなだめて2,3番手追走。直線では逃げるバンデをアッサリ捕らえると後は突き放すだけの独壇場。この面子では格が違いすぎた。「二度あることは三度ある」のか「三度目の正直」なのかと展望で書きましたが、結果的には後者でした。春はもっとカカリながらも結果を出していただけに、スタミナは相当なもの。両親を考えると当然か。真価を問われるのは次ですね。気性的にはもう少し短くて良いのでしょうが、身体的にはこの距離が合っているような気もします。重馬場も合っていた感じがしますね。Sクリスエス産駒だけあって、軽快なスピードよりもパワー&スタミナって印象が強くなりました。圧勝しただけに。

 バンデはネコタイショウに絡まれましたが、ネコタイショウが途中で脱落。エピファネイアにはアッサリつかまりましたが、後ろからは他にサトノノブレスしか来なかった。不良馬場ですからね。前の馬には有利な流れだったと思います。ペースもまあ普通でしたしね。ただ、今回3着では賞金が加算されないので、出走レースが難しい。フルゲートになりそうもないのでステイヤーズSあたりに出るのかな。馬場が渋れば、でしょうか。サトノノブレスは「サトノ」というので買う気が失せそうでしたが、岩田騎乗で相殺できると踏んで抑えました。岩田はなんだかんだでキッチリ持ってきますね。馬券的には信頼感あります。3角ではエピファネイア-ラストインパクトで取れるかなと思いましたが、バンデにも届かずの4着。神戸新聞7着なのでやや力不足だったか?

 馬場状態を見る暇なく買わざるを得なかったのですが、不良馬場ならこの結果は順当。後ろからではとても届かない。そしてセントライト記念組はやっぱりダメでした。セントライト記念は勝つのも大敗するのもダメ。適度に走った上で、何か強調点がなければ買えないです。去年のスカイディグニティのように外人騎乗など。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『紙ひこうき』

『紙ひこうき』

紙ひこうきに夢を乗せて

紙ひこうきに愛を乗せて

僕は飛ばしたはずなのに

僕のソレは飛ぶというより落ちている



他の人のソレは遠くへ遠くへ飛んでいく

僕は嫉妬しながらソレを眺めていた

何度やっても僕のソレは落ちていく

日に日に焦りがつのるばかり



でも、人は人、僕は僕と割り切って

余計な想いを乗せないで気軽に放ると

僕の紙ひこうきは夜風に乗って飛んだ

僕のまだ見ぬ明日へと遠く遠く



2008年03月21日作
2013年10月01日微修正
2013年10月20日ラジオNIKKEI「私の書いたポエム」放送分

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年菊花賞展望

 昨日の富士Sでは人気のダノンシャークが完勝しましたが、富士Sは重賞になって16回目。俺は第1回富士Sを現地で見ていました。土曜なのになぜか必修が2コマ入っていたので、それを受講した後に府中へGO。その日の10Rか9Rで軸にした馬が故障したのを覚えています。そしてその翌週も俺の軸馬が故障してしまうわけですがそれは別の話。第一回富士Sは3歳馬(旧4歳馬)のエアジハードが完勝。このときの馬連が4300円ぐらいでした。現地観戦で馬券も取ったのでよく覚えています。しっかし、あれから16年も経ったのか。俺もOSSANになるわけだ(笑)

 以下は昨年の菊花賞展望の引用「皐月賞馬ゴールドシップは神戸新聞杯を完勝しての参戦。ここは不動の本命。しかし、ヒドイ面子だなあ。重賞勝ち馬がゴールドシップとコスモオオゾラしかいない(笑) ゴールドシップがいなければダイヤモンドSですよ、これ」と書いたのですが、今年はGI馬がいません。重賞勝ち馬が6頭いるので去年よりはマシなのかな。これでも。人気は春二冠でいずれも2着、神戸新聞盃圧勝のエピファネイア。これは当然の人気。「三度目の正直」で悲願のGI制覇か、「二度あることは三度ある」でまた2着なのか、果たして?

1.ケイアイチョウサン…ラジオNIKKEI賞勝ち馬。エピファネイア以外では実績上位なほうですし、前走も叩きと思えばまずまず。ただ、今の馬場で追い込み届くかどうか。ノリさんがどう乗るかですが、後ろからではキツそうだなあ。

2.ネコタイショウ…1000万で大敗続きの馬では厳しいと思いますが、この馬の2勝は重馬場。明日の京都は馬場が渋りそうで、重馬場の逃げ馬のネコ。ネコパンチの再来なるかどうか。鞍上が池添というのも穴っぽい。

3.エピファネイア…春二冠の2着馬で、神戸新聞盃勝ち馬。前走では格の違いをまざまざと見せ付けました。気性面で成長したようにも見えました。まともならこの馬で決まりでしょうが、気難しいところを見せれば他馬のつけこむ隙もあるかも。好走必至とは思いますが去年のゴールドシップのようにアタマ鉄板とまでは思わない。

4.フルーキー…500万1000万と連勝しての参戦。馬主が金子氏で角居厩舎で鞍上は浜中。しかもエピファネイアとは未対決。未知の魅力を感じますね。この人気なら買いたくなる一頭です。

5.テイエムイナズマ…昨年のデイリー杯2歳S馬。京都はその重賞を勝った舞台ですし、春二冠はいずれも14番人気と不人気ながらいずれも6着。そして三冠目も前日売りでは14番人気。こりゃあ6着で決まりだな(笑)

6.ヤマイチパートナー…函館で芝2600の1000万下を勝ち。前走は10着。ちょっと負けすぎのような気がしますが、牝馬二冠を達成した鞍上と、渋馬場が得意そうな馬なので、馬場次第ではいいところがあるかもしれません。

7.アクションスター…掲示板ぐらいは来れるかもしれませんが、、少なくともエピファネイアに先着するとは思えません。1勝馬というのもどうなのか。ただ、神戸新聞杯4着馬なのに最低人気?これは過小評価もいいところ。

8.タマモベストプレイ…兄たちよりも距離が持つのは確かなようですが、戦績を見ると1800がギリギリのマイラーなのかなあと思います。2000を超えて結果が出ていません。ただ、それがすべて他場であり、京都巧者の面で相殺できればいいところがあるかもしれません。

9.インパラトール…前走が休み明けで準OP2着。1000万勝ち馬と同等には扱っても良さそうですが、春は結果が出ずにダービーには出られなかった馬。全然人気はないですし、鞍上のリスポリに期待するのも面白いかもしれません。

10.バンデ…2400以上ばかりを3勝。逃げ・先行タイプのようで、馬場が渋れば面白そうですね。ただ3人気ね……GIどころか、重賞も勝ったことのない鞍上で?鞍上が不安すぎます。

11.ヒラボクディープ…ヒラボクの青葉賞馬。ヒラボクロイヤルの再来です。ダービー大敗でトライアルもダメというのも同じ。菊も先輩と似た結果じゃないでしょう。ここまでの戦績を見るとそうとしか思えない。

12.ナリタパイレーツ…うーん……。京都の重で勝っているというのはいいと思うのですが、近走が今ひとつ冴えません。

13.ダービーフィズ…セントライト記念2着馬ですが、ハナ差ですし、セントライト記念で勝とうが2着だろうが、あまり本番の実績の大差はないです。人気がないだけこちらのほうが面白いかも。ただ、こちらはこちらでGIに弱いカツハルさん騎乗というのがちょっと不安。

14.サトノノブレス…毎回毎回それなりに走っていますが勝ちきれません。「サトノ」の馬というのもGI……というか重賞であまり買いたくない。ただ、神戸新聞杯は適度に負けていた馬も多く勝ち負けしていますし、鞍上が岩田というのは心強い。

15.ユールシンギング…2連勝でセントライト記念勝ち。7戦して馬券圏外は1度のみの安定感。ただ、セントライト記念を勝って、菊も勝った馬というのは7冠馬・シンボリルドルフ以来いません。セントライト記念馬で菊で馬券になったのもホワイトストーン、ロックドゥカンブぐらい。うーん。アタマはなさそう。

16.アドマイヤスピカ…そもそもセントライト記念組があまり結果を出していませんし、それ以前が青葉賞7着、500万勝ちというのも微妙。

17.ラストインパクト…1000万勝ちで神戸新聞7着。前走で5着ぐらいがベストだったのですが、いかにも穴っぽい。鞍上が川田というのもいいですね。一発やってくれそうな雰囲気。直線平坦のほうが良さそうでもある。

18.マジェスティハーツ…神戸新聞2着で1000万勝ちもあり、鞍上はユタカ。人気になって当然。エピファネイアのために大きく離れた2人気。確かに前走は実力差を見せ付けられましたが、牡馬クラシックを勝ったこともない福永と菊だけでも何勝したか分からないユタカという鞍上を加味すれば逆転も……可能。

 ◆チェックポイント◆
・中9週以上……いない
・出走数が4~16戦の範囲外……ネコタイショウ
・1勝馬……アクションスター
・1000万下勝ちか重賞連対歴がともになく神戸新聞杯で6着以下……ナリタパイレーツ
・前走・セントライト記念4人気以下/4着以下……ケイアイチョウサン、ヒラボクディープ、ダービーフィズ、アドマイヤスピカ
・前走・ダート戦……いない
・前走・2000m未満のOP特別以下……

 全然絞れません。12頭も残ってしまいました。

◎エピファネイア
○マジェスティハーツ
▲フルーキー
△ラストインパクト
△サトノノブレス

 アタマ鉄板とは思っていませんがエピファネイアは格好はつけてくれると思います。神戸新聞杯も完勝でしたし。そのエピファネイアに先着できそうな馬が……いない(笑) 強いて言えば前走で上がり最速で突っ込んできたマジェスティハーツ。森くんがまだGIに乗れないということもありますが、ユタカに代わったのは菊という舞台を考えると心強い。

 しばらく中央競馬の馬券が当たっていませんし、つまらないですが◎軸の馬複。◎○は厚めで。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

アンナカとガソリンと私

 某ミュージシャンじゃないが、俺もついついアンナカに手を出してしまったよ……。まあ、栄養ドリンクの成分の中にふつーにカフェインだの安息香酸Naなどと書かれてあっただけなのだが(笑) 某ミュージシャンも毎日、栄養ドリンクを飲んでいれば良かったんじゃないの。本当にアンナカがほしいだけならば。寒くなってくると温泉&栄養ドリンクがホントに効くなあ。気のせい(=プラシーボ効果)ではないと思うわ。100円前後のドリンクでもキくんだから、ユンケルとかさぞ効くんだろうなあ。じゃなきゃ売れないだろうしね。

 いつもは土日に給油しているのですが、今週は火曜日に給油しました。で、ガソリンスタンドの価格表示で目を疑いましたよ。ふーん、160円か……ハイお……ゲェッ!レギュラー!」って感じ。前日はレギュラー150円とかだったはずと店員のあんちゃんに尋ねると「申し訳ないです。11円上がりました。市内どこもそうです」と言われました。事実そうだったのですが、リッター11円も上がると25L給油で275円も違うからなあ。失敗したと思いました。翌日、Uニバースに特売の卵を買いに行ったらいつもは1パック98円なのに108円。今月に入っていろんなものが値上がりしていると感じます。

 昨日の指導の話。某男子生徒に「自分のことじゃなくても、落ちればガッカリするんですか?」と聞かれました。開いた口がふさがらなかったね。「何を言ってんの?当たり前だろーが。1年半も指導してきて、落ちて何も思わないわけないだろ。たとえば、野球部の監督がチームが負けても、来年に期待してるからいっか……とか思うわけないだろw」と返しましたけどね。ちなみにこの生徒が俺が指導してきた数十人の中でもっとも成績が悪い。だから、こんなトンチンカンなことを言うんだろうけど。ハンパない脱力感ですよ、ホント。

 で、別な女子生徒の話。現状の成績は中の上というところですが、非常に本をよく読むし、大量の宿題もビシっとこなしてくれるから俺は大いに期待しています。読む作家が貴志裕介、百田直樹、あと三国志(笑) 男子か!というかOSSANか!というラインナップですが、話しやすくて良い。その子にはどんどん本を貸しています。主に東野作品。で、貸してばっかりなので、俺も借りてきました。前から気にはなっていた『悪の教典』。俺が貸すには問題がある内容だと思うが、既に持っているわけで、俺が貸してもらいました。上下巻なんですね。読み応えありそうだなあ。

テーマ:日記 - ジャンル:学問・文化・芸術

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年秋華賞回顧ほか

 昨日は待望のお休み……のはずでしたが、オヤジの友人に頼まれて作った自作PCの調子が悪いとかで、メンテナンスのために片道100km(2時間ちょい)の青森・秋田県境(日本海沿岸)まで行ってきました。楽しみがあるわけでもなく、一人で運転していると眠くなってきますね(笑) 行きも帰りもなぜかそうそう引っかかるわけでもない五能線の踏み切りで足止め食らうし、前のバスやトラックがゆっくり走っており、それに合わせて走っていたので、行きはけっこう時間がかかりました。最低限、自作PCの中のデータを保管できればいいとのことでしたから、箱開けてHDD&ケーブルを取り出して、すぐに帰途につきました。俺のPCにそのHDDをつないだらすぐに認識してるんだけどな。所有者もオヤジと同じレベルでPCオンチなので、不可解な操作をして不具合を起こしたのかもしれません。というわけでせっかくの休日はつぶれました。グハ!

★秋華賞回顧★
◎デニムアンドルビー……4着
△ティアーモ……………13着
△ノボリディアーナ………14着
△ローブティサージュ……11着
△シャトーブランジュ……5着

 2,3番人気の武兄弟を切って、1人気のデニムアンドルビーから中穴馬へと流すワイドを買いましたが、軸にした本命デニムはハナ差4着。たぶん馬連買ってたらデニムは3着だったのかもしれません。そして切り捨てた武兄弟の馬で1,2フィニッシュ。俺の馬券不振もここに極まった感を覚えました(笑) 本命党なら素直に1~3人気馬の馬複BOXでも買えば取れるのに、妙にひねくれてしまったので取れそうなものも取れなくなってしまいました。しばらく俺は軸を決めずにBOXで買ったほうが良さそうです。

 メイショウマンボにはデニムがまくって3角からペースが上がったのは幸いだったかもしれません。スローでヨーイドンの上がりの競馬では厳しかったでしょうから。デニムの前にいて、デニムに押されるようにして動いて完勝。デニムよりもメイショウマンボのほうが長くいい脚を使えるようです。オークス馬で父が春天馬のスズカマンボだけにスタミナもありそうです。2着のスマートレイアーは結果2着に着ましたが、あの人気では手を出しづらい。ユタカは一時の不調から脱していい感じですね。

 ゴールドシップ、シビルウォーに続く内田騎手のマクリはまたも不発に終わりました。毎度毎度買う俺も反省すべきですが。デニムはマクリもできますが、やはり一瞬のキレを活かすほうが向いてそうです。リラコサージュとの差は自分で動いた分の差。もっとも人気を背負っていますし、なかなか脚をためるのも難しいとは思うのですが。セキショウは見せ場たっぷりでした。中山のターコイズSを勝ちそうなイメージ。シャトーブランジュは鞍上の談話にもありましたが良でも問題なさそうですね。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年南部盃回顧~老いてますます盛ん~

★MCS南部盃回顧★
◎ホッコータルマエ……2着
○エスポワールシチー…優勝
▲グレープブランデー…4着
△アドマイヤロイヤル…5着

 圧倒的1番人気はホッコータルマエでしたが、勝ったのは2人気のエスポワールシチー。いつも通りの好発から、最後まで他馬を並ばせることなく逃げ切って完勝。3着にはセイクリムズン。今年のフェブラリーS馬のグレープブランデーは4着でした。そして大方の予想通り1~6着までは中央馬が独占。地方馬最先着はコスモワッチミーでした。ただ、コスモワッチミーが今回の地方馬の中ではもっとも旬だと思われるのに12人気というのは解せないな。馬券は3複2点で勝負して迷った挙句切ったセイクリムズンに来られて撃沈。交流重賞は調子が良かったのですが、外れてしまいました。

 エスポワールシチーの南部盃は09年、12年に続いての3勝目。GI/JpnI8勝目ですが、7勝までが左回りのダート1600。この条件なら崩れない。分かってはいたのですが、目下の勢いとかしわ記念ではホッコータルマエに負けたので、タルマエ相手はキツいのか……と思ったのですが、そんなことはなかった。次はJBCらしいですがクラシックかスプリントかは現時点でははっきりしてないようです。2100よりは1400のほうが面子もラクそうですし、適性もあるような気がします。いずれにせよ古豪健在を示したこの馬がJBCに参戦すれば、盛り上がりそうです。鞍上・後藤騎手も怪我から復帰後の初JpnI制覇。「哲三さんならどう乗るかなと考えて乗った」そうですが、実際、昨年と同じような内容でした。エスポ自身が左回りダート1600の勝ち方を知っている。そんな印象を受けました。

 ホッコータルマエにとってはアウェイの競馬になった気がします。岩手馬以外にとっては全馬アウェイなのですが、南部盃を3勝してしまうエスポには盛岡はホーム同然。エスポがムチ入れられなくても加速していくので、グレープブランデー、そしてホッコータルマエがエスポより先にムチ入れて強く追わねばならない。そういう状況になった時点で既に勝負はあった。タルマエの連勝も5でストップ。ただ、この馬の競馬はしていたと思いますし、南部盃の条件ではまだエスポが強かった。それだけでしょう。JBCに向けては悪くない内容だったと思います。ただ、エーシンモアオバーなら突き放せても、エスポやニホンピロアワーズ相手なら突き放せないし、負けもする。それは現時点ではこの馬が抜けて強いというわけではないのでしょう。もっともこの馬はまだ4歳、これから脂が乗ってくれば、もう一段上の強さを見せるかもしれません。

 グレープブランデーはいかにも休み明けの馬の負け方だなあと思いました。前二頭についていけずにガス欠。表面上は良く見えても、中身はまだ仕上がってなかった。そんな感じ。故障明けの一叩きですから、次はぐっと良くなるとは思います。セイクリムズンは展望にも書きましたが、「1200寄りの1400ベストから、1600寄りの1400ベスト」になっている印象を改めて感じました。逆に1200に出てきたら人気しそうですが、逆に軽視したい。アドマイヤロイヤルは去年より面子が強くなったから3着から5着になった。上位はGI馬や重賞を8勝してる馬ですし。ダイショウジェットはやはり掲示板に載れませんでした。中央馬が6頭もいるのでは馬券になる目はなかったですね。コスモワッチミーはこの馬なりに走っていると思いますし、またどこかの交流重賞で3着があると思っています。1600よりも1400のほうがいいのかもしれません。


テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年南部盃展望

 今日は盛岡競馬場でマイルチャンピオンシップ南部盃が行われます。中央勢は豪華メンバーがそろったので、できれば現地観戦したいなあと思っていたのですが、年々、繁忙期が前倒しになってきており、世間では3連休だったようですが、俺はぎっちり指導が詰まって、現地観戦どころかリアルタイムでテレビ観戦もままなりません。まあ、自由業者ですので、ヒマなら無職同然。忙しいのはありがたい限りです。明日もリアルタイム観戦もできないでしょうが、予想はキッチリしておきたい。まずは短評から。

1.コスモワッチミー…今年に入って3度も交流重賞で掲示板に載っており、前々走の佐賀・サマーチャンピオンでは3着と馬券にもなっています。ただ、ここは中央馬が6頭もおり、そのレベルもJpnIだけあり、これまで以上。質も量もこれまで以上の中央馬相手では掲示板も厳しい。それと距離が伸びるのも良くなさそうですね。

2.グランシュヴァリエ…3着に入って3連馬券の大波乱を起こしたのも3年前。正直、3年前から大きく衰えたとは思いません。今年も地元の重賞を勝ち、交流の佐賀記念5着。福山や金沢の重賞で今年も2着しており遠征経験はトウホクビジンにさえ見劣らない。問題はメンバーが3年前よりも上であること。常識的には厳しいでしょう。

3.グレープブランデー…今年のフェブラリーS馬。骨折休養明け緒戦となります。一昨年のJDD馬でもありますし、地方の馬場も苦にしませんし、コース形態の似たフェブラリーSを勝っているのは魅力。問題はどの程度の仕上がりなのか。骨折抜きでも8ヶ月ぶりですからね。軸にはしづらい。オッズと相談でしょうか。

4.ダイショウジェット…堅実かウリの馬でしたし、今も成績表の字面だけ見ればそこそこに見えますが、交流重賞ですからね。今回は中央馬が6頭もいますので、3頭に先着して馬券になるというのは厳しいんじゃないでしょうか。ヒモで抑えてきましたが、今回は見送りたい。それとこの2ヶ月でこれが4走目。使い詰めも気になる。

5.トウホクビジン…無理。

6.エプソムアーロン…1年半前まで中央OP馬でしたが尻すぼみで大井へ。でも、南関でもまるで通用せず高知へ。で、高知じゃ敵知らずで園田へ。園田でも負け知らず。とはいえ中央、南関で通用しなかった馬が今更どうにかなるとも思えない。7連勝中かもしれませんが、9歳馬でもあります。

7.セイカアレグロ…3走前のプロキオンS14着がすべてを物語っています。むしろそのプロキオンSで2頭に先着しているのがスゴイと思いますよ。地方馬限定重賞なら良いんでしょうけどね……。

8.エスポワールシチー…かつてのダート王もはや8歳。新世代の台頭や自身の衰えも多少はあるのかもしれませんが、昨年の勝ち馬ですし、フェブラリーS、かしわ記念とGIで連続2着。左回りダート1600というベストの条件では侮れないと思います。鉄砲駆けしますし、好走の期待は大きい。

9.アドマイヤロイヤル…4戦続けて連対中。前走で重賞初制覇。1800まで伸びるとキツそうですが1600までは許容範囲か。去年の3着馬がパワーアップして再び盛岡です。去年よりも面子が強力ですが、この馬自身も良くなっているので、馬券に絡む可能性は十分にありそうです。

10.セイクリムズン…重賞8勝の猛者。ベストが1400なのは今も昔も変わりませんが、昨年、一昨年のフェブラリーSは惨敗だったのに、今年のフェブラリーSは見せ場十分の4着。1200寄りの1400ベストから、1600寄りの1400ベストへ適性距離が変わってきている印象。ズブくなってきたせいでしょうか。

11.コスモフィナンシェ…無理。盛岡開催なのに岩手の馬は2頭だけ。まあ、勝負にならんのは確かですが……。

12.ホッコータルマエ…重賞5連勝中、JpnI連勝中の新ダート王。1600~2000までソツなくこなしています。左回りも問題なく、連勝中に阪神でニホンピロアワーズをねじ伏せており、坂も問題はない。1人気でしょうし、目下の勢いではそれも当然か。勝ち負け必至。

13.ランドオウジ…無駄。水沢で重賞も勝てない馬にここでどうしろと。

 中央馬以外は九分九厘どころか99.99%無理でしょう。来たら大事件。中央馬6頭ですが、ダイショウジェットは昨年の2着馬ですが、現状を見ると上位3頭ではなく、九割方下位3頭でしょう。掲示板に載れば頑張ったといえる。
 エスポはこの条件なら3着は外さないと思います。ホッコータルマエも同様……というか勝ち負けでしょう。グレープブランデーはデキ次第ですが、病み上がりと思えば、エスポ、タルマエ以上と評価しづらい。アタマも有り得ますが、馬券圏外でも納得。難しいところ。
 アドマイヤは安定感ありますし、昨年の3着馬。今年も同等以上には来てもいい。セイクリムズンはかしわ記念でタルマエ、エスポに格の違いと見せ付けられました。ここでどうにかなるのなら、昨年、JBCスプリントを勝っていなければならなかった。

◎ホッコータルマエ
○エスポワールシチー
▲グレープブランデー
△アドマイヤロイヤル

 無難に行くのなら◎○の2軸3複からのヒモ2点。これでガミらずに取れると思います……がそれだとこないだの白山大賞典と同じだよなあ。3複320円とかで終わりそう(笑) ただ、タルマエ頭の3単も1000円もつかないようで……。3複2点で。

テーマ:地方競馬 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年秋華賞展望

 今週のメインレースは牝馬三冠最終戦の秋華賞です。毎年思うが、秋華賞ってダサイネーミングだなあと思う。オープン特別にあるし、地方競馬にあるので使いづらかったのかもしれんが、コスモス賞を「秋桜賞」として牝馬三冠目にしてほしかったと初年度から思っていた。なんだよ、「秋華賞」って。俺にネーミングセンスがあるかはわからんが、JRAのレース名のヒドさはよくわかるよ。JCダートが中京移転ででチャンピオンCになるとか……。JRAが決めるよりファン投票でレース名を決めて欲しいと思うよ。それはさておき、秋華賞の展望です。まずは短評から。

1.スマートレイアー…4戦3勝の上がり馬です。先週はフランスで苦渋をなめさせられたユタカ騎乗。時計勝負に強そうです。そして今週末の京都は馬場も良さそうですね。今年の面子なら期待が持てそうです。

2.シャトーブランジュ…ローズS2着馬。重馬場ながら後方一気で突っ込んできました。再転入から3戦で結果を出していますが、いずれも渋馬場。パンパンの良馬場をそもそも走ったこともないので、良馬場ならさらにキレるのか、それとも渋馬場が向いているだけなのか判然としません。ただ、他馬が苦にする分だけ渋馬場のほうがいいとは言えそうです。

3.ティアーモ…4戦3勝。1敗はオークス6着とまだ底割れしてない印象。ただ、前々の脚質は秋華賞向きではないような気がします。時計もスマートレイアーと比べるとかなり見劣る。

4.コレクターアイテム…昨年のアルテミスS勝ち馬ですが、以後尻すぼみの成績。ローズSも後方ままの大敗。買える要素に乏しいですね。

5.セキショウ…紫苑S勝ち馬。紫苑S組は鬼門です。過去10年では1頭たりとも馬券に絡んでいません。それ以前もシアリアスバイオ、レディパステルの3着と創設以来連対馬は1頭もいません。この馬自身も中山巧者で適性を活かしての勝利という印象です。関西への遠征経験もない。

6.ウリウリ…500万下までしか勝っていませんが、前走はローズSで僅差の3着。京都実績もありますし、ローズS3着ってのは人気の盲点になりやすい。さほどの人気にもならないでしょうし、ヒモで一考。

7.トーセンソレイユ…ディープインパクトの妹ですが、牝馬クラシックロードでまるで通用していません。鞍上のメンディザバルだけが魅力。

8.マコトプリジャール…1000万下を勝ったのはいいですが、その後に鬼門の紫苑Sを使って、1人気で大敗。これは厳しいんじゃないでしょうか。直線平坦の京都は戦績からして向いてそうな印象はありますが、忘れな草賞、紫苑Sと3歳OPで大敗ではGIではどうにもならない。

9.ノボリディアーナ…前走のローズSは8着完敗ですが、その前の白百合Sではウリウリに完勝しています。京都で3戦3勝。前走は坂や渋馬場が向かなかったとすれば、ここで巻き返す余地はありそうです。人気もなさそうですし、これは面白いと思っています。

10.サクラプレジール…フラワーC勝ち馬。オークス14着以来の休み明け。テイエムオーシャンやカワカミプリンセス、アサヒライジングなど休み明けで勝ち負けした馬はいますが、みなGI連対馬です。この馬と上記3頭を比較するのは厳しい。関西で走るのも初めてですしね。

11.リボントリコロール…4戦連続連対中。とは言え関西での出走は初めてですし、前走が鬼門の紫苑S。これといった決め手があるでもなし、苦戦必至でしょう。

12.エバーブロッサム…安定した走りを見せていましたが、ローズSでは見せ場なく14着大敗。馬体がどんどん減っているのが気がかりです。特に前走は休み明けなのにこの馬としては最低体重で出走。馬体の回復は必須条件でしょう。実績馬ではありますが、正直、不安要素のほうが多いです。

13.リラコサージュ…スイートピーS勝ち馬。前走はビリ。その前のオークスも大敗。GIでどうこうという馬ではなさそう。血統やダート勝ちがあったりと力馬っぽい。良の京都芝向きの軽さはなさそう。

14.デニムアンドルビー…ローズS、フローラS勝ち馬。前走は大きく出負けして最後方追走から徐々に進出し、ゴール寸前で一気の差しきり。33秒台のキレを持っていますが、重馬場での36秒台のキレも見せました。ただ、京都内回りであの競馬では届かないでしょうし、内田騎手がどんな騎乗をするかに注目。ゴールドシップ、シビルウォーのようにマクっていって直線伸び切れないというイヤなシーンが目に浮かぶのですが、それでも連軸という点では信頼できそう。6戦して4着以下がありませんしね。安定感はナンバーワン。

15.ビーナストリック…函館で2連勝。ただ、それが重のダート1000と不良の芝1200。今回の条件とかけ離れすぎています。スイートピーSで大敗していますし、距離が長そうな上に、軽い馬場への対応力も疑問です。

16.メイショウマンボ…オークス馬。ローズSは4着でしたが、見せ場はありました。
重賞を勝ったのは阪神と府中ですが、京都でも2勝2着1回と安定感を見せています。ただ、オークス馬はこのレースとあまり相性が良くない。メジロドーベル、カワカミプリンセスはオークスとこのレースの2冠馬ですが、どちらも明らかに力上位でしたので。

17.ローブティサージュ…昨年の2歳女王。ただし、今年に入ってからは煮え切らない競馬が続いています。秋山から岩田に変えても内容も大して変わってないしなあ。ただ、父がウォーエンブレムというのは不気味です。大敗からこのレースを制したブラックエンブレムを送っていますし、父は規格外(性癖的に)の馬なので、意外性はありそう。

18.セレブリティモデル…忘れな草賞勝ちがありますが、以後、重賞では通用していない。重賞を走っていないのなら未知の魅力もありますが、この馬は底が割れてしまっていると思います。

 昨年は的中したので今年も消去項目はそのまま流用です。

◆チェックポイント◆
・前走・ローズSで6人気以下かつ3着以下:コレクターアイテム、ウリウリ、トーセンソレイユ、ノボリディアーナ、リラコサージュ、セレブリティモデル
・前走・紫苑S:セキショウ、マコトプリジャール、リボントリコロール
・前走・1000万下で2着以下:いない
・前走・ダート戦:いない
・前走・1800m未満:ビーナストリック
・重賞に複数回出走して3着内がない:トーセンソレイユ、セレブリティモデル
・重賞未勝利馬の休み明け:いない
・4~14戦の範囲外:いない
・1勝馬:エバーブロッサム

 残ったのは、スマートレイアー、シャトーブランジュ、ティアーモ、サクラプレジール、デニムアンドルビー、メイショウマンボ、ローブティサージュの7頭。

軸は安定感があり、トライアル完勝のデニムアンドルビーでいいはず。スマートレイアーが人気した結果、前日売りでデニムの単で3.2倍。悪くないオッズと思います。相手は残りの6頭……としたいですが、サクラプレジールは臨戦過程に問題があるので消して、ノボリディアーナ追加。

◎デニムアンドルビー◎
△ティアーモ
△ノボリディアーナ
△ローブティサージュ
△シャトーブランジュ

 ◎からワイド4点。これでもどれも10倍以上つきます。スマートは過剰人気だし、人気の幸四郎もなんかイヤ。武兄弟消し。ワイドなのでどっちかが来てもOK。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ねこに小判、ねぶにマツタケ

 NEBUは覚せい剤使用については「1度もやったことはありません」と否定。そして「使っていたのは『マイスリー』」と別の薬の名前を持ちだして説明している。マイスリーとは、酒石酸ゾルピデムのことで、超短時間作用型の睡眠導入剤である。早朝覚醒(夜中に何度も目が覚めるなど)には用いられない。医師からの処方箋があれば、薬局でも手に入る医薬品だ。NEBUは00年ごろから病院で処方されたと言い、なかなか寝付けないので使っていたという。隠し撮りされていた時に吸引していたのは「メビウス プレミアムメンソール(5mg)」だったと主張。

 もちろん俺は記者の取材を受けていないし、隠し撮りもされていません(笑)。今、話題の某ミュージシャンの覚醒剤疑惑風に書いてみました。先々週、病院に行って、上記のマイスリーや偏頭痛の鎮痛剤などを出してもらったのですが、その際に風邪薬も出してもらえば良かったなあと思っています。2週間前から昨日今日あたりまで、ずっと風邪でした。くしゃみ、鼻水、寒気がひどかった。熱もあったかも。小銭をけちって病院で風邪薬をもらわなかった結果、風邪は長引き、病院の薬よりも高くて効き目も弱そうな市販の風邪薬を買う羽目に。季節の変わり目です。風邪の処置はお早めに。

 黒毛和牛とまつたけがオヤジに届きました。貧乏作家ですが、方々に顔が利くのでこうした立派なものをしばしば頂きます。和牛は箱に包まれ、まつたけは立派な容器に入っていました。思わず写真に撮りました。無論、頂き物だから食べたわけで、普段買える代物ではない……というか売ってない。マツタケなんてエリンギよりも大きい。俺の股間のキノコよりも大きい(笑) 和牛はスキヤキにして食べました。舌どころか脳がとろける旨さでしたが、マツタケは……俺も両親もシイタケのほうが旨いという共通意見。香りも別に……。マツタケを食べるのは10年ぶりぐらいですが、10年前も特別な印象はなかったなあ。「猫に小判、一般人にマツタケ」なのか?
和牛と松茸
黒毛和牛
松茸

テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年白山大賞典回顧~ダンサーにはなれそうもない~

☆白山大賞典予想結果☆
◎ハタノヴァンクール…2着
○フリートストリート…4着
▲シビルウォー………3着
△エーシンモアオバー…優勝

 ほとんどの人の予想通り人気の4頭で決着。ただ、順番は人気通りではなく、4人気のエーシンモアオバーが勝ったので単式馬券は高配当でした。事実上の4頭立てでしたから。俺は3複2点で手堅く的中。直前まで的中の組み合わせが400円はついてたのに、終わってみれば320円。安!

 エーシンモアオバーは2週目3角あたりまで、特に絡まれることもなかったのが大きかった。うまくスタミナを温存できたのでしょう。4角ではまくってきたシビルウォー、内からもハタノヴァンクールが伸びてきましたが、何とか振り切って重賞2勝目。小回りの長距離があっているようです。そういう条件が少ないのがつらいところですが。エーシンモアオバーは勝ちましたが、賞金的にJBCにはとても出走できそうにありません。浦和記念→名古屋GPというところでしょうか。GIまでは届かないでしょうが、かつてはOP大将だったのに、徐々に力をつけてきました。重賞のもう2,3つは勝てるかもしれません。

 ハタノヴァンクールは予定通りコース経験をつめたのは大きいとは思いますが、60kgを背負ってたとはいえ、エーシンモアオバーに逃げ切られるようでは、ニホンピロアワーズやホッコータルマエを捕まえられる気がしません(笑) 去年のこのレースではニホンピロはエーシンの4馬身以上前にいました。今年になってエーシンが急成長したわけでもないでしょうしね……。自分でレースを作れない弱みがあるのかもしれません。ダイオライト記念でもオースミイチバンに逃げ切られていますし。シビルウォーはまくって伸びてきましたが、正直、内田騎手の騎乗はちょっと雑だった気がします。もう少しだけでも丁寧に乗っていたら2,3着は逆だったかもしれません。

 フリートストリートは終わってみれば、馬体重マイナス11kg、1700以上で馬券絡みなし(今回も)、地方競馬は初出走と、冷静に考えれば消せた馬だったと思います。フリートを消せていれば、3単3頭BOX6点で良かったわけですから、当たったとは言え俺の予想も雑だった(笑) フリートは上位3頭から突き放されましたし、状態面も距離面でも今回は良くなかった。地方の砂が合わないということはないと思うので、1400の兵庫GTあたりに出てきたら取捨に悩みそうです。名前が似ているフリートストリートダンサー級ではなさそうだ(笑) さて、JBCに向けては来週の南部盃が気になるところ。面子もそろってますしね。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年白山大賞典展望

 先週は交流重賞が2つ行われましたが、今週も今週重賞が2つ行われます。今日は金沢で白山大賞典、明後日は門別でエーデルワイス賞が行われます。例年の白山大賞典ならJpnI馬が出ることなどほとんどないのですが、今年はJBCが金沢開催ということもあって、例年よりも中央馬のレベルが高いです。JpnI2勝馬のハタノヴァンクールもここに出走してきています。まずはいつものように短評から。

1.マイネルエルフ…高知のA級も勝てない馬は論外。

2.ハリマノワタリドリ…高知の重賞を買っていますが、高齢のグランシュヴァリエに勝ったからと言って、ここで通用するわけもない。

3.タートルベイ…南関時代でも重賞に手が届かなかった馬が、中央馬相手にどうこうできるはずもない。

4.エーシンモアオバー…去年の3着馬。小回りコースは合っていますし、この1年、馬券圏外は1度もないだけにここも確実に馬券になるでしょうが、何かに差されるのがこの馬だけに、ここも2,3着ですかね。

5.フリートストリート…3連勝で重賞制覇と勢いに乗っています。他の中央馬よりも斤量が軽いのも強み。ハタノヴァンクールとは5kg差。函館や福島で勝っていることから小回り適性は高そうです。ただし、1700以上で4戦して馬券になっていない。スランプ時期だったので、今はこなせるかもしれませんが半信半疑。

6.ジャングルスマイル…金沢ではナムラダイキチに次ぐ実力馬ですが、中央馬相手は荷が重い。2年前、勢いがあったころでもこのレースは4着でした。去年は7着。掲示板に載れたら上出来ではないでしょうか。

7.サミットストーン…金沢に移籍して5戦無敗。重賞3連勝中。ただ、中央準OPでアタマ打ちだった馬ですし、バリバリの中央の重賞馬相手はいかにも荷が重そう。中央馬の1頭に先着して掲示板の下を確保というところじゃないでしょうか。

8.シビルウォー…故障もあってこの1年、勝ち鞍がないですが、それでもここ2走は連続2着。一昨年のこのレースを勝ってもいます。叩かれて良くなっていればここも好走していい馬です。

9.フレアリングメテオ…金沢で3歳重賞を勝ってはいますが、最近はB級で3着。そんなレベルで通用する相手ではない。

10.コスモファントム…3年前の3着馬。そのとき以来の交流参戦です。中央では芝でもダートでもアタマ打ちなので、活路を求めてというところでしょうが、ジャングルスマイルやサミットストーンに先着できるかも怪しいような……?

11.ハタノヴァンクール…JpnI2勝の実績はここでは断然です。前走も門別でJpnIIを完勝。グレード別定で上限の60kgを背負わされます。この斤量がどう出るか。名古屋、浦和に次いで短い直線もこの馬向きではないようにも感じます。無論、それでもこの面子なら勝って当たり前と言えそうですが、不安要素がないわけでもない。

12.バイオレントナイト…論外。

 中央馬、それもコスモファントム以外の4頭で九分九厘決まりでしょう。4着馬を予想する自信があれば3複1点でいいということになります……が難しいなあ。4頭とも3着には着そうに見えてしまう。というわけで3単で。ハタノは60kgで四位……本番に向けての試走っぽい感じがしますが、JBCの出走が確定してるとは言えない現状(南部盃でグレープブランデーが勝ったりすると危ない)で、試走できるだろうか。フリートは距離に不安を覚えます。そしてこの2頭が1,2人気。勝つのはハタノかフリート。飛ぶのもハタノかフリートのような気がします。

◎ハタノヴァンクール
○フリートストリート
▲シビルウォー
△エーシンモアオバー

 馬券は3単(5、11→4,8→4,8)も考えたのですが、3複でも2点ならガミらない(4倍はつきそう)ようなので、3複2軸4,8から5,11で。2点。ハタノかフリートのどっちかが飛べばOK。

テーマ:地方競馬 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年凱旋門賞回顧~今年も2着~

 昨日のフランス・ロンシャン競馬場で欧州競馬の最高峰である凱旋門賞が行われました。前日に有力馬の一頭であるノヴェリストが熱発で回避し、共に前哨戦を制したオルフェーヴル、キズナの日本馬二頭に流れは来ている……と思われたのですが、勝ったのは同じく前哨戦の一つであるヴェルメイユ賞を制した仏オークス馬のトレヴでした。直線早目に抜け出すとオルフェーヴル、アンテロらを寄せ付けず5馬身差の圧勝。キズナも見せ場を作りましたが4着まででした。

 オルフェーヴルは馬群に包まれて抜け出すのに手間取った感はありましたが、乗っていたスミヨンの談話では、それほど影響はなかったともあります。何よりあれだけちぎられると多少の不利は言い訳にはならない。5馬身差が3馬身差だったかもしれない。それだけのレベル。何より併走していたアンテロをアッサリ振り切ることができず、クビ差ねじ伏せるのが精一杯だった。トレヴは強かったけれども、オルフェーヴル自身も5歳秋。競争馬としてのピークはやや過ぎたのかもしれないと感じました。

 むしろキズナのほうがスムーズな競馬ができましたが、後方から追い込めるほど凱旋門賞は甘くなかった。あれでトレヴを差しきるならダンシングブレーヴか?というレベルですしね。ルーラーオブザワールドやフリントシャーには今回も先着していますし、ニエユ賞は実力どおりだったのでしょう。ユタカの騎乗もソツがなかった。ただ、もっと強い馬がいた。それだけでしょう。ユタカは来年もキズナと凱旋門賞に来たいと語っていましたし、ファンとしても来年また期待したい。

 日本では毎日王冠と京都大賞典が行われました。毎日王冠では3年前のダービー馬エイシンフラッシュがGI2勝馬の格の違いを見せ付けて勝利。正直、あの面子で4人気とはなめられたものだと思います。コディーノは劣化ペルーサって感じしかしなかったです。ジャスタウェイは毎度追い込んできますが、あと一歩の競馬が続きます。軒並み上がり32秒台の高速馬場では、ショウナンマイティの位置からは届かない。クラレントは府中のこの距離、こんな馬場が合っている。

 結果的に毎日王冠を買っていれば良かった。昨日は京都大賞典でゴールドシップ1軸の3複を買って玉砕。パンパンの京都の馬場が向いているとは思いませんでしたが、菊は勝っていますし、阪神大賞典のような感じで格好はつけてくれると期待しましたが、ウチパクが追いまくってもズブさを見せて反応せず(笑) なんというか昨日のゴールドシップはやる気がなかったように感じました。力負けとか馬場適性うんぬんではなく。ステイゴールドが持っていたずる賢さをゴールドシップも持っているような。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『生きがい』

『生きがい』

何のために生きているんだろう?

いつからかはもう忘れてしまったけど

ずっとそんなことを考えて生きてきた

その意味を探すのが生きる意味だ

とりあえずそうやってやりすごしてきた



途中で疲れ果ててしまって

生きるのを止めたくなったこともあった

でも、誰かが背中を押してくれて

今もこうして僕は生きている



何が普通かなんて知りようもないけど

普通よりほんの少しだけ多く悩み

普通よりほんの少しだけ多く失敗し

普通よりほんの少しだけ上手く話せる

そんな風に自分のことを思っている



自分の過去の失敗はやり直せない

でも、それを後ろの人に伝えられたら

僕と同じ失敗をしなくて済むかもしれない

あるいは、同じ失敗をしても

大怪我をしなくて済むかもしれない



誰かが僕の背中を押したように

僕も誰かの背中を押せるみたい

先の人が届かなかったところへ

僕の届かないであろうところへ

後ろの人は行けるかもしれない



後ろの人の踏み台になること

僕はそのために生きている

それはとても誇らしく思える

こんな当たり前のようなことに

どうして気づかなかったんだろう?



2013年09月12日作
2013年10月06日作ラジオNIKKEI『私の書いたポエム』放送分

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年レディスプレリュード回顧~メーデイア時代~

☆レディスプレリュード予想結果☆
◎メーデイア…………優勝
○レッドクラウディア…3着
▲セイカフォルトゥナ…8着
△アクティビューティ…2着
△アスカリーブル……6着

 中央重賞はさっぱり当たりませんが、交流重賞は3連勝中です。GIに向けて調子が上がっているのはいいですね。レディスプレリュードですが、休み明けでも圧倒的な1人気のメーデイアがいつもどおりに逃げ馬をマークする形につけ、3角過ぎでは抑えきれない手ごたえで進出して押し切りました。これで重賞4勝目。2着に好位から伸びたアクティビューティ。3着にレッドクラウディアでした。

 メーデイアは前哨戦と思えば上々ではないでしょうか。着差こそつきませんでしたが危なげなく完勝。脚質を考えれば金沢は向いていると思いますが、その本番は今年は1500m。1600のマリーンCを圧勝していますが、ベストは1800でしょうね。まあ、今回のメンバー以外に然したるライバルもいないでしょうから、本番も大本命でしょう。その後は牡馬相手にどれだけやれるかを見てみたいところです。

 終わってみれば1~3着は年始のTCK女王盃と同じ着順。同じ条件ですし、そんな風な予感もあったので、アクティビューティの2着も抑えたのですが、まあ、予想通りとなりました。アクティビューティは直線平坦右回りのこのぐらいの距離が合っているのだと思います。ただ、本番は300も距離短縮、小回りというのは脚質的にこの馬にプラスとは思えない。今日は7人気と人気もなかったですが、次は今日よりは人気するでしょうし。

 レッドクラウディアは乗り難しいのかもしれませんね。逃げることもできますが、それではメーデイアにつぶされますし、後ろにつけてもグレードレースでは決め手に欠ける。それが2,3着ばかりという成績になっていると思います。2,3着というのは予想通り。おそらく今後もそうでしょう。京都1400で2勝していますし、今回の面子で距離短縮がよさそうなのはこの馬かもしれません。それでもメーデイアとの力差は歴然なのですが。

 アムールポエジーはメーデイアと真っ向勝負に挑みましたが最後に失速。着差こそさほどでもないですが、落ち目のクラーベセクレタにも先着を許すあたり、今後も重賞戦線で活躍する馬という感じはしません。セイカフォルトゥナはクラーベとアスカどころか笠松のタッチデュールにまで先着されるようでは、交流重賞ではおよびでない。1000万勝ちで通用する馬もいますが、この馬はそうでなかった。それだけ。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年レディスプレリュード展望&東京盃回顧

 今日も重賞。レディスプレリュードです。昨日の東京盃で資金を微増できたのは良かったです。中央はさっぱり当たりませんが、地方競馬はまずまずの調子です。話がそれますが南部盃はいい面子になりそうですね。エスポ、タルマエ、グレープブランデー、セイクリムズン、ダイショウジェット、ワンダーアキュート。まあ、後ろの2頭は日テレ盃を使っているので回避かもしれませんが、それで繰り上がるのがアドマイヤロイヤル、フリートストリートと勢いのある馬です。盛岡まで見に行きたい気持ちになるなあ。

1.レッドクラウディア…昨年の暮れにクイーン賞を勝ちましたが、その後はメーデイアの後塵を拝し続けています。そして、今回もメーデイアがいます。メーデイアは休み明け、こちらは使われていますが、正直、勝負付けは済んでいる感じ。もちろん連下としては有力でしょう。

2.タッチデュール…2歳時に笠松で重賞を2つ勝っていますが、その後は地方重賞でも連対はない。ここは相手が強すぎます。

3.メビュースラブ…大井の馬ですが、ここ3走は遠征競馬。タッチデュールと大して変わらん実績じゃあ買えるわけもない。

4.アムールポエジー…関東オークスを圧勝しましたが、正直、あれは面子が手薄だったと思います。事実、関東オークス1,2着馬はレパードSでそろって大敗。人気を見て取捨を考えたい。

5.シャイニングサヤカ…前走は水沢でアスカリーブルの追撃を振り切って逃げ切り。レコード勝ち。全然人気がないでしょうが、人気よりはやれると見ています。掲示板ならあるかもね。

6.アスカリーブル…去年の南関2冠牝馬。ただし、ここ1年勝ちがありません。園田や水沢へ行っても2着。それなりに人気になるかもしれませんが、現状では中央馬相手は荷が重いかもしれません。結果の出てなかった吉原から今野に戻したのは良さそうですが。

7.セイカフォルトゥナ…1000万勝ちから前走は準OPで6着。ちょっと実績不足な感じもしますが、乗るのは戸崎ですし、メーデイアとレッドクラウディア以外はそれほどの馬もいないし、3着ならあるかも。

8.メーデイア…ラヴェリータ、ミラクルレジェンドに続くダートの女王。牝馬交流重賞は3連勝中です。休み明けですが、ポン駆けする馬なので問題はなさそう。ここは負けられない一戦でしょう。

9.レオキラメキ…無理。

10.アドマイヤインディ…暮れのクイーン賞では3着、年始のTCK女王盃でも4着と健闘しましたが、近走は今ひとつです。地方馬同士で4着、7着。7歳牝馬ですし、やや陰りもあるのかも。相手も強いです。

11.アクティビューティ…TCK女王盃では2着でしたが、レッドクラウディアがメーデイアにつぶされたのを交わして……といった感じで、レッドクラウディアに先着する可能性はありますが、メーデイアには歯が立たないでしょうね。

12.クラーベセクレタ…逃げ馬だったはずですが、ここ1年あまりハナを切ることもありません。中央馬相手でなくても、です。成績も尻すぼみ。交流重賞で2勝2着4回の実力馬ですが、落ち目の現状では買いにくい。人気が全然ないならともかく、そこそこの人気にはなりそうですしね。

13.エーシンマギー…無理。

◎メーデイア
○レッドクラウディア
▲セイカフォルトゥナ
△アクティビューティ
△アスカリーブル

 アムールポエジーは岩田騎乗もあってか人気になりそうですが、前走大敗。関東オークスは圧勝でしたが時計は前年のアスカリーブルよりかなり遅い。それならアスカリーブルのほうがマシじゃないかと思います。メーデイアはともかく他なら食い込む余地もありそう。馬券は3単で行くしかない。◎→○⇔▲△△の6点。ガミらないよね……たぶん(笑)

☆東京盃予想結果☆
◎タイセイレジェンド……優勝
○テスタマッタ…………2着
▲ハードデイズナイト…8着
△セレスハント………6着
△ティアップワイルド…4着

 終わってみれば1人気のタイセイレジェンドが3馬身半差の圧勝。上位は中央馬独占という堅い決着となりました。5着に船橋のアイディンパワーが入り、セレスハントは6着で中央馬の掲示板独占とはなりませんでしたが、セレスはムラ馬ですし、しかも今回は出遅れもありましたからね。やはり中央馬に太刀打ちできる地方馬はラブミーチャンぐらいしかいないのか。

 タイセイレジェンドはすんなり2,3番手を奪い、4角は抑えきれない手ごたえで先頭に立つと後続を突き放して圧勝。1200で3馬身半ですから圧勝と言っていい。他馬との斤量差が無く、休み明けでもなければ当然の結果か。1400もこなせますし、JBCスプリント連覇に向けて視界良好と言えそうです。今日は安心してみていられました。

 ハードデイズナイトは自分なりの競馬をしましたが、タイセイに潰されました。2着争いは混戦でしたが、内からジリジリ伸びたテスタマッタが確保。1200で新味……という内容ではなかったなあ。ロスなく乗ってこの結果ですから。1200の流れでは追走にやや苦労していたような。そういう意味では本番で1Fでも伸びるのはプラスでしょう。

 アドマイヤサガスは過剰人気でしたが、俺が思っていたよりは強いのかもしれません。ただ、ティアップワイルドにハナ差先着ぐらいでは本番では要らないと思います。暮れに兵庫GTあたりで重賞制覇。そんなイメージです。3着以下の馬は賞金的にJBCスプリントに出走すらできない。セレスハントならギリギリ足りる……かな。

テーマ:南関東公営競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年東京盃展望

 今日は東京盃、明日はレディスプレリュードとJBCの前哨戦が共に大井競馬場で行われます。昨年の勝ち馬で、地方馬随一の韋駄天・ラブミーチャンがここを回避したことで中央馬優勢と見られるのは否めない。いつものように各馬の短評から。

1.テスタマッタ…言わずとしれたGI2勝馬ですが、かかり癖がいつまで経っても改善されずムラな戦績です。ここ3走に騎乗していた戸崎から再び岩田に戻していますが、舞台が大井と思うと戸崎のままのほうが良かったような気もします。1200は3歳時の1000万特別1着以来ですが、短いほうが勢いで押し切れるかもしれません。勝っても負けても納得の馬なので軸にするには向かない気もします。

2.アイディンパワー…南関重賞では安定した成績を残していますが、交流では4度走って掲示板もない。ここでは苦戦必至でしょう。

3.サイオン…フサイチリシャールの全弟。交流重賞は初めてですが、2走前のセイントメモリーとの着差を考えると厳しいでしょうね。

4.オーセロワ…完全に売り切れての移籍。前走はビリ。この成績で買えるわけがない。

5.コアレスピューマ…南関重賞の常連さんですが、重賞は未勝利。交流にも何度も出走していますが、勝負になってない。底が割れている。

6.トウホクビジン…出るだけ。いるだけ。

7.ハードデイズナイト…重賞3勝を含む4連勝中。地方馬ならこれでしょう。3歳牝馬なので52kgと軽斤量でもあります。前走だけ走ればここでも通用する時計ではありますが、人気も集めていますし取捨に悩む一頭です。

8.ケンブリッジエル…エイシンプレストン産駒の出世頭。ただ、完全に売り切れての移籍。ダート実績もありませんし、いきなりこの面子でどうこう言うのは難しいでしょう。

9.ブレーヴキャンター…無理。

10.ティアップワイルド…重賞2勝馬。まる1年掲示板を外していません。ただ、外したのが去年の東京盃です。大井1200で3度走って2,11,4着。連下はあると思いますが、アタマまでという感じはしませんね。

11.セレスハント…4年連続で重賞を勝っている古豪。ムラっぽいですが、一昨年の東京スプリントを制していますし、この春の同レースでも3着。大井は割りと向いてそう。穴人気してますが、それも分かります。

12.スターボード…南関重賞も勝てない馬では厳しいでしょう。

13.アドマイヤサガス…現状はOP大将という成績。地方交流も1200も初めてです。にも関わらず人気ですね。結果的に勝ち負けするかもしれませんが、戦前では過剰人気と言わざるを得ない。

14.タイセイレジェンド…昨年のJBCスプリント馬。昨年のこのレースの2着馬でもあります。乗るのも大井を知り尽くした内田で、ここ2走はラクな条件でもなかったですが2着は確保。1人気ですが抜けた人気でもないし、この馬が連軸としては信頼できると思っています。

15.ピースオブパワー…無理だろ……。

 中央馬とハードデイズナイトで九分九厘決まり。あとはどう買うか、それが問題。人気が割れ気味なので14時30分時点では馬単で10倍以下は14→13だけ。どこから入ってもガミをあまり気にせずに買えそうです。

◎タイセイレジェンド
○テスタマッタ
▲ハードデイズナイト
△セレスハント
△ティアップワイルド

 アドマイヤサガスは過剰人気なので切ります。タイセイレジェンドと同じレベルで信頼できるわけもない。まだセレスやティアップのほうが重賞実績、コース実績もあるし、人気もないので魅力的。ハードデイズナイトも人気しすぎと思えるのですが、セイントメモリーの例もあるので抑えておきます。馬券は枠単8⇔1,4,6で。

テーマ:南関東公営競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年スプリンターズS回顧~王座防衛~

★スプリンターズS予想結果★
◎ロードカナロア………優勝
○ハクサンムーン……2着
▲ドリームバレンチノ…6着
△グランプリボス………7着
△パドトロワ……………15着
△サクラゴスペル……11着
△マイネルエテルネル…14着

 逃げ宣言をしていましたし、内枠を利してフォーエバーマークがハナをきるかと思われましたが、ハクサンムーンがハナを奪いました。最初の3Fが32.9というペース。200-400、400-600のラップタイムが10.5。正直、中山でこのペースでは持たないのではと思いましたが、ロードカナロア以外は振り切りました。カナロアは先行して、キッチリと差しきってGI5勝目。3着にブービー人気のマヤノリュウジンが入って3連馬券はヒモ荒れの結果となりました。

 ロードカナロアは一叩きされたのと、ハクサンとの斤量差がなければ、大方の予想通り勝てました。ただ、能力は1枚上でしょうが、前走のようにカナロア側に不利な条件があればハクサンが勝つ。そのぐらいの実力差しかないとも言えます。カナロアは香港スプリントを使って引退でしょうね。ハクサンは強くなりました。使い詰めで得意コースでもない中山でこれだけ走れれば来年が楽しみです。ゲートの出はそれほどでもないですが、二の脚が速いです。

 マヤノリュウジンはハクサンを捕まえるのか?という勢いでしたね。ロスなく上手く立ち回った池添の好騎乗と言えますし、上位2頭以外は差のないメンバーだったということでしょうか。「準OP勝ちしかない馬など論外」などと展望で書きましたが、消去法で残っていたのに切ってしまった俺が論外でした(笑)マジンはこの馬なりの力は出しています。休み明けはさほど問題ではなかった。GIで勝ち負けするには決め手を欠く感じ。鞍上も福永だと人気なりにしか来れなさそう。

 ドリームバレンチノは昨年ほどの勢いはなくなってしまった。この馬が衰えたというよりは周りが強くなったような感じ。グランプリボスは見せ場も何もなく、なだれ込んだだけの7着。1200だとややスピード不足なのかなあ。サンカルロはここで8着なら、阪神Cの3連覇に向けて視界良好。もっと寒くなれば本領発揮でしょう。シルクフォーチュンは展望にも書きましたが、芝のGIでは荷が重い。GIIIぐらいなら面白そう。GIIIでもダート馬のイメージが強いので人気にはならないでしょうしね。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |