ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

13年JCダート展望

 ついに最終回となってしまったJCダートです。これで外国馬が来なかったらしまらない最終回になるところでしたが、1頭だけですがやってきてくれました。この1週間の競馬ニュースの中心はホッコータルマエでもエスポワールシチーでもなく、この外国馬「パンツオンファイア」でした。パンツの調教師・ブリーフ……もといブリーン師は、ゲーム「ギャロップレーサー」をやりこんでおり、日本の競馬を熟知しているそうです。これは手ごわそうですね(笑) それでは久々に短評です。

1.ローマンレジェンド…昨年は破竹の6連勝で参戦も4着まで。そこからカベにぶつかったのか、年末の大賞典こそ勝ったものの、今年は3戦して連対なし。順調さも欠いており、今年は昨年以上の面子がそろっただけにどうでしょうか。今期の成績の割には2人気に推されており妙味もない。一叩きされてどこまでというところでしょうか。

2.グレープブランデー…今年のフェブラリーS馬。故障で戦線離脱。復帰緒戦の南部盃4着は、よくある休み明けでのガス欠という感じでしたが、前走の大敗はいただけない。年始の勢いはなく、2度使われているだけに上積みもどうか?好調と不調がハッキリしているタイプだけに一変は厳しいのでは?

3.メーデイア…牝馬交流重賞5戦無敗の女王が牡馬相手に殴りこみ。ただ……再三この馬の2着にきているアクティビューティがエルムSで11着。この馬自身も年始ですが中央では準OP2着まで。牡馬相手に重賞を制していたミラクルレジェンドやラヴェリータでさえ、JCDでは馬券になれなかったことを思うと、この馬が馬券になるとは正直思えない。未知数ではあるけれど。

4.エスポワールシチー…GI9勝馬が8歳にして復活。今年に入ってGIだけを4戦してすべて連対。しかもここ2戦はJpnI連勝中。地方でだけではなく、フェブラリーSでも2着に粘っていましたし、過去2年よりは勢いがある。ただ、ベストは左回りのマイルなのは明白であり、右回りの1800となるとタルマエのほうに分があるでしょうね。

5.クリソライト…今年のJDD馬。JDDは圧巻でしたが、休み明けの前走が惨敗。内田騎手も大舞台で最近どうも乗れていない。ホッコータルマエとの3.1秒差が3週間で詰まるとはとてもじゃないが思えません。阪神ダートでは3戦3連対ですが、下級条件だしなあ。エスポもスマファルも本格化は古馬になってからでしたし、この馬も来年以降に期待でしょうか。

6.ホッコータルマエ…今年に入ってJpnI3勝の出世頭。かれこれ15ヶ月、12戦連続して馬券になっています。安定感は一番。阪神1800でも、春のアンタレスSでニホンピロアワーズをねじ伏せています(3着はさらに2馬身半差)。本格化前の昨年のJCDでも不人気を覆す3着と走っていますし、頭鉄板とは言いませんが不動の軸なのは確かでしょう。

7.ブライトライン…みやこS勝ち馬。ダート戦線に参入して5戦すべて馬券になっています。ただ、正直、本当に強い相手と走るのは今回が初めてと言っていい。グランドシチーやインカンテーションをものさしに考えるとここで勝負になるイメージが湧かないです。

8.ワンダーワキュート…昨年のJBCクラシック馬。それ以降、8戦してすべて馬券になっています。中央・地方問わず大舞台ばかり走ってこの結果ですから立派なものです。ただし、勝ったのはその間2勝だけ。ホッコータルマエには帝王賞、JBCで振り切られていますし分が悪い。ワンダーアキュートに先着できそうなら買い。無理そうなら消しというモノサシになると思います。

9.ナイスミーチュー…阪神ダ1800というのはこの馬にとってベストの条件と思いますが、昨年のJCDは11着と大敗。GIIIなら勝ち負けになっても、この豪華メンバー相手にどうにかなるとは思えない。未知数な要素が多いならまだしも、底が割れてしまっている。

10.パンツオンファイア…スポニチの見出しによれば「尻から火を噴く圧倒的スピード」らしいですよ(笑) 今年に入って重賞2勝。BCダートマイルでは7着でしたが、米での適性と日本の適性は違いますしね。未知数な要素が多いですが、フリートストリートダンサーが勝ったときがそうであったように、重や不良で時計勝負になったら面白かった。スピード勝負なら好走もあると思ったのですが、良馬場だと苦しいように思えます。しかも名前のせいかそこそこ売れてるしなあ。

11.ソリタリーキング…ヴァーミリアン、サカラートの弟。戦績はサカラートっぽい。昨年は13着、一昨年は8着といずれも大敗。ただ、この秋は好走を続けており、ここ2走ともワンダーアキュートとは僅差の競馬。単85倍の14人気はあんまりな評価。連穴として大いに期待したい。鞍上だって戸崎ですしね。

12.ペルシャザール…この馬もブライトラインと同じくダート参入5戦で馬券圏外なし。前走で重賞勝ちなのもブライトラインと同じ。ただ、ブライトラインと同じく、本当に強い馬と走るのはここが初めてと言っていい。アドマイヤロイヤルだのメテオロロジストあたりとタルマエ、エスポ、アキュートらでは格がまるで違う。横綱や大関と前頭中位ぐらい違う。ルメール人気なのでしょうが、この人気では妙味がない。

13.グランドシチー…今年のマーチS馬。この馬も安定感ありますが、3着を外さない安定感ではなく、掲示板を外さない安定感。シチーの会員の方には嬉しいでしょうが、馬券を買う人にはどーでもいい。それに阪神ダートは6度走って連対がない。あまり阪神は向かないようで。意外なことにGIは初めてです。とはいえ、JpnIII級なのは明らかですし、ここも5着になれたら大健闘でしょう。

14.ニホンピロアワーズ…昨年の勝ち馬。昨年は6人気と低評価でしたがあざ笑うかのような完勝。その後も連を外しておらず、帝王賞、アンタレスSとホッコータルマエと差の無い2着。問題は休み明けであること。鉄砲実績が豊富で、ここ目標に乗り込まれていたので、問題ないのかもしれませんが懸念材料ではあります。とはいえそれで人気を落としているなら逆に狙い目か?

15.インカンテーション…レパードS勝ち馬。みやこSでも2着に入っており、3歳馬ながら古馬OP級でもやれる目処がついた感じ。ブライトラインを買うならこの馬も買うべきでしょうが、この面子ではさすがに荷が重い感じ。鞍上も大舞台の経験が皆無に近い。

16.テスタマッタ…昨年のフェブラリーS含むGI2勝馬で鞍上に香港の名手D.ホワイトを配してきました。そんな馬が単160倍のぶっちぎりの最低人気。おかしいだろ(笑) 前走はエスポと0.6差ですし、帝王賞ではタルマエにちぎられましたが、ローマンには先着しているのに。どんなペースでもかかってしまう馬なので、ハイペースの消耗戦になれば浮上もありそう。連までは厳しいかもしれませんが、掲示板に載ってもそれが普通と思います。

☆チェックポイント☆
・7歳以上…エスポワールシチー、ワンダーアキュート、テスタマッタ
・牝馬、セン馬…メーデイア
・中9週以上…ニホンピロアワーズ
・GI連対歴がなく、前走4着以下…ナイスミーチュー、パンツオンファイア、グランドシチー
・前走10着以下…グレープブランデー
・前走2秒以上の負け…クリソライト
・ダート重賞連対のない前走芝…いない

 残ったのは、ローマンレジェンド、ホッコータルマエ、ブライトライン、ソリタリーキング、ペルシャザール、インカンテーションの6頭。なんか妙なラインナップですね。タルマエ軸でこの5頭でも十分な配当になりそうですが……。

Bホッコータルマエ
Bワンダーアキュート
Bソリタリーキング
Bブライトライン
Bペルシャザール

 過去のレースを見ていると、逃げ・先行と差し馬という組み合わせが多い。行くのは内枠でもあるし、メーデイア、エスポワールシチーあたりでしょう。ホッコータルマエは前を見ながらの3,4番手でしょう。4角あたりで先頭に立ってそのまま押し切る絵が浮かぶ。休み明けじゃなければニホンピロアワーズもありえますが、本当はJBCを使いたかったが間に合わなかった経緯もあるしどうですかね?

 あとは普通にJBCクラシック2,3着馬と前哨戦の勝ち馬。正直、ペルシャザールは過剰人気にしか見えないのですが、展開が向きそうではあるし、若い馬のほうが結果を出しているので。爆穴はソリタリーキング。近二走ともワンダーアキュートと僅差なのに、74倍の14人気とかふざけてるとかしか思えない。過去2年で結果が出てないのもあるんでしょうが、穴馬も抑えるなら入れたほうがいいと思います。

 ただ、正直、タルマエから流していいのか不安もあるし、連に絡まなければそれだけで高配当決定なわけで、5頭BOXにしました。タルマエとペルシャだとガミりますが、他ならガミりませんし、タルマエが飛べば数千円確定、もしもソリタリーが絡めば数万馬券が確定です。昨日、トリックじいさんの激走で久々に中央の馬券を取りましたが、調子はまだまだなので守りのボックス。

スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年兵庫ジュニアGP回顧~名将の子・モノノフ重賞制覇~

★兵庫ジュニアGP予想結果★
◎リーダーズボード…3着
○ニシケンモノノフ…優勝
▲スザク……………6着

 昨日は園田競馬場で兵庫ジュニアGPがありました。全日本2歳優駿のステップレースのひとつ。人気はスザク、ニシケンモノノフの中央2頭に集中。3人気に名古屋の無敗馬・リーダーズボード。好位追走から抜け出したニシケンモノノフは人気に応えましたが、スザクは4角前からついていけずズルズル後退。直線で鋭く伸びたマキャヴィティが2着。2番手からよく粘ったリーダーズボードが3着。逃げたシゲルカガが4着でした。俺は結局、リーダーズボードの4枠から中央2強の7,8枠へと流したのですが、ゴール前で人気薄の中央馬・マキャヴィティに差し込まれてまたも玉砕。グハア!4角では取ったと思ったんだけどなあ。

 ニシケンモノノフは門別で2歳レコードをたたき出していましたし、前走も4馬身差の楽勝。メイショウボーラー×アフリートと地味な血統ですが、父や祖父のいい面を受け継いでいる感じですね。パワーとスピードを兼備している。ただ、距離には限界がありそう。血統表を見れば1600までかなあという印象は否めない。例年なら全日本2歳優駿でも抜けた一番人気になってしかるべき馬ですし、実際、一番人気になるかもしれませんが、抜けた人気にはならないかもしれません。2着のマキャヴィティも叩いて上積みありそうですし、新馬・500万と圧勝のアジアエクスプレスあたりも出走してくれば人気になるでしょうしね。

 俺が軸にしたリーダーズボードは二番手追走から、直線では逃げたシゲルカガを交わして先頭に立ちましたが、それも一瞬で、あっという間にニシケンモノノフに交わされました。ただ、名古屋とはいえブッチギリで7戦無敗の実績は伊達ではないというところは見せてくれました。中央馬は4頭とも500万を勝っている馬、そこに割って入ったのだから立派なものです。ニシケンモノノフには完敗でしたが、マキャヴィティとは展開の差だろうと思います。逃げたシゲルカガを自分で潰しに行きましたし。勝ち負けまでは厳しいにしても、全日本2歳優駿でも期待したい。

 マキャヴィティは休み明けかつ初ダートでしたが、何の問題もなかった。叩いた上積みが期待できそうです。また戸崎を買わないでヤラれた……。今年の馬券の大不振は、NARから戸崎のサインをプレゼントでもらったのに、戸崎をろくに買ってないことの報いか(笑) 1人気のスザクは少々出が悪かったけれども、言い訳できるほどでもないし、4角前でタレた内容はひどいな。前に行けないとモロいのかも。新馬戦も前に行けずに完敗ですしね。今年の2歳ダート馬はレベルが高そうですね。さらに中央では芝からダートへ参戦してくる馬も出てくるでしょうし、来年のダート戦線が楽しみです。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年ジャパンカップ回顧~貴婦人と黄金の舟~

★JC予想結果★
◎ジェンティルドンナ……優勝
○エイシンフラッシュ……10着
▲アドマイヤラクティ……4着
△ルルーシュ…………6着
△アンコイルド………8着

 1人気のジェンティルドンナが33.2の鬼脚で突っ込んできた3歳牝馬デニムアンドルビーをハナ差退けて1年ぶりの勝利、JC連覇を飾りました。3着に先行して最後まで粘っていた11人気のトーセンジョーダン。2人気のゴールドシップは見せ場なく15着大敗。逃げた3人気のエイシンフラッシュは踏ん張りが利かず10着でした。

 ジェンティルドンナにはベストの条件だったと思います。コースも展開も。ただ、コースロスなく先行して粘らせるという内容はムーアじゃなくて岩田でもできたとは思います。テン乗りできっちり結果を出したムーアはさすがとは思いますが。この後は一休みしてドバイのようですが、5歳いっぱい走るのなら、ドバイだけではなく欧州を目指して欲しいところ。来年、Vマイルだのエリ女を勝っても繁殖価値は上がらないだろうし、ファンもワクワクしませんね、全然。ドバイでも香港でも海外で1つ勝ってほしいところです。

 ゴールドシップは条件が向かないと思ったし、この秋は内田を中心に買って、内田とともに玉砕しつづけたので切りました。それで良かったわけですが、まさかここまで大敗するとは思いませんでした。まくって来るも最後は止まって5着という春天や前走のような負けをイメージしていたのですが、まくりきることさえできませんでした。内田騎手は反省の弁を述べていましたが、騎手のせいだけではない。ステイゴールドのずる賢い面で前面に出てきて、馬がやる気をなくしているように感じます。ただ、ゴールドシップはこのままでは終わらないでしょうし、終わって欲しくない。オルフェーヴル&ドリームジャーニー兄弟もナカヤマフェスタも他多くのステ仔はスランプに思えたところから復活しています。来年に期待。有馬記念は条件好転しますが、巻き返すのはそこじゃないような気がします。馬券的妙味もなさそうですし。

 残り200mでは取ったー!と思ったんだけどなあ。エイシンフラッシュとトーセンジョーダンが粘っていたし、アドマイヤラクティも来ていたので。残り100過ぎで一気にデニム強襲で今週も俺はハズレ。内田の乗ったゴールドシップは大敗。内田が降りて、俺も買うのをやめてしまったデニムは好走。内田騎手のことを俺は言えない。俺の馬券のリズムもガタガタになっています。重賞の内田は重症なので、乗り変わったデニムは狙い目と思うべきでした。5枠を押さえてもガミるわけでもなんでもなかったしね……。デニムはローズSで重馬場でも突っ込んできましたが、キレ味が武器ですから、良のほうがいいのは確か。しかし、3歳牝馬がこの強行軍でジェンティルのハナ差2着かあ。捕鯨やヴィルシーナのように来年のVマイルでは有力でしょう。メイショウマンボよりも。

 エイシンフラッシュは押し出された形で逃げましたが、その時点で厳しかった。ゴールドシップよりもエイシンフラッシュこそ有馬で巻き返すんじゃないでしょうか。過去2年の有馬記念でも好走してますしね。トーセンジョーダンはジャガーメイルを思い出しました。レース後に(笑) ジャングルポケット産駒の落ち目の天皇賞馬が大穴激走というのは共通している。まだ終わってなかったんだなあ。ただ、レース前にジャガーメイルに似ていると思い出しても俺には買えなかっただろうな。アドマイヤラクティはよく伸びてきましたし、この馬の力は出していると思いますが、この着順は面子に多分に恵まれたものだと思います。むしろ5着のドゥーナデンに驚いた。3番目に速い上がりを繰り出すとは……。レッドカドーがいればどうだったのだろう?

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『個性』

『個性』

「個性」は大ヒット中で飛ぶように売れていく

売れ筋に便乗した「個性」のニセモノも多いらしい

「個性」を買ったつもりが「没個性」だったとしても

クーリングオフなんてできるはずもない

そもそもカネで買えるものではないのだから



個性と自由をもてはやした末に

生まれたのは傍若無人な怪物

オリジナリティという画一化の下を

一皮めくれば、摩擦熱ときしむ音

本当の個性って何だろう?



ありふれた「個性」よりも

手作りの「平凡」がほしい



2005年07月08日作『個性と平等』
2008年08月21日作『どこにもない「平凡」』
2013年09月10日再編集および加筆修正
2013年11月24日ラジオNIKKEI『私の書いたポエム』放送分

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年ジャパンカップ展望

 日本国内における国際競走の代名詞たるジャパンカップですが、来日した3頭の外国馬は存在感がまるでない。前日オッズでは11人気、12人気、13人気と低評価。何せ障害帰りで、ダート2100の準OPを勝った馬(ファイヤー)と大して変わらぬ人気。それより人気のない国内のGI馬(トーセンジョーダン)ってどうなのだろうって思ってしまいますが。10人気以下の馬が出る幕はなさそうですし、ヒモが多少乱れるかもしれませんが、大波乱の予感はありません。

 オッズは2強+1の争いの様相を示しています。ただ、先日の浦和記念などは99%人気3頭の3複で決まりと思えましたが、ここは人気3頭の3複で決まり!とまでは思えない。無論、その可能性は多いにあると思いますが、ジェンティルドンナは今年崩れていませんが勝ってもいません。ゴールドシップは馬というか鞍上が精彩を欠いている近況。エイシンフラッシュはベスト条件だとは思いますが、上記2頭に先着したことがありません。

 他馬のつけこむスキはあるのか?チェックポイント絞り込んでみたい。いつも載せているこのチェックポイントですが、特に記載しない限りは過去10年の連対馬ベースです。そして、例外は設けていません。連対馬は該当しないデータとなっています。

◆チェックポイント◆
・7歳以上馬:トーセンジョーダン、ドゥーナデン、スマートギア
・重賞未勝利馬:アンコイルド、ホッコーブレーヴ、ファイヤー
・GI勝ちのない牝馬:デニムアンドルビー
・3ヶ月以上の休み明け:いない
・前走が天皇賞で7着以下:トーセンジョーダン、ヒットザターゲット
・前走が菊花賞で5着以下:いない
・前走がGIIで3着以下:ルルーシュ、ゴールドシップ
・前走がGIII以下:ファイヤー、スマートギア
・GI馬ではない海外馬:シメノン

 残ったのは、ヴィルシーナ、ナカヤマナイト、エイシンフラッシュ、アドマイヤラクティ、ジェンティルドンナ、ドゥーナデン、ジョシュアツリーの6頭。

 ジョシュアツリーは3年前もカナダ国際優勝から参戦しましたが10着大敗。昨年はカナダ国際優勝から香港ヴァーズで9着大敗。そして、今年もカナダ国際優勝しての参戦。カナダでだけ買っていればいいんじゃないでしょうか(笑) 

 ドゥーナデンはジョシュアツリーが大敗した香港ヴァーズで5着ですが、その香港ヴァーズを勝ったのが、JCを回避した春天3着馬のレッドカドー。一昨年の香港ヴァーズを勝っていますし、ジョシュアツリーよりは脈があるかもしれませんが、高速馬場に対応できる気がしません。レッドカドーが回避したのは残念です。

 そうなると4頭しか残りませんが、ヴィルシーナは手薄な面子のVマイルこそ勝ちましたが、それ以外のレースでは精彩を欠いています。2400という距離もどうですかね?ナカヤマナイトも2年以上もの間、中山以外では勝ち負けしていない。共同通信杯があるし、ステイゴールド産駒のナカヤマ……ナカヤマフェスタのように突然激走する余地がないとは言えませんが、可能性は低そう。

 穴なら残ったアドマイヤラクティ……って一応7人気ですが4~8人気までは大差ない人気だし、穴でもなんでもないか(笑) あとは府中巧者のルルーシュもちょっと気になるので抑えます。馬券は馬連でも枠連でも大差ないので、アンコイルドを抑える意味でも枠連。4-2,3,6の3点で。2枠は厚めにします。ジェンティルが人気に応えて、ゴルシが飛べばだいたいOK。

◎ジェンティルドンナ
○エイシンフラッシュ
▲アドマイヤラクティ
△ルルーシュ
△アンコイルド

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年浦和記念回顧~乱フォルセの小波乱~

★浦和記念予想結果★
◎エーシンモアオバー…3着
○シビルウォー………2着
▲ランフォルセ…………優勝

 「ランフォルセが激走して2着という可能性も1割ぐらいはあるかもしれない」と展望で書きましたが、2着どころか完勝でした。戸崎騎手の積極的な騎乗も功を奏したと思いますが、馬の状態も上がっていたんでしょうね。1人気のシビルウォーは先に動かれた分の差を最後まで詰めきることはできず2着。2人気エーシンモアオバーは4角手前で2頭にちぎられて、2着から8馬身差の3着。4着に地方馬最先着・高知のグランシュヴァリエ、5着にダイショウジェットでした。

 ランフォルセはダイオライト記念以来、なだれ込んだだけの3,4着ばっかりでしたが、昨日は出来も良かったし、展開も向いたのかな。いろいろと上手いことハマった感じがします。これで今後も期待が持てる……とは思いませんが、佐賀記念とか名古屋大賞典あたりではメンバー次第ですが、チャンスもあるのかもしれません。前走でワンダーアキュート、ソリタリーキングにぶっちぎられていますし、GI級が複数入れば馬券にはなれないでしょう。

 シビルウォーはランフォルセに先んじて動かれて、後手に回ってしまった感じ。ウェブハロンの内田騎手の談話に「相手に展開が向いた部分はありますが、それを上回る動きをしなくてはいけなかったわけですから自分の責任です」と反省の弁。どうも内田騎手は重賞で乗れてないね、ここ2ヶ月ほど。ただ、昨年、故障前のシビルウォーならランフォルセ相手にマクリきれないなんてことはなかったと思います。ここ数戦、連を外していませんがやや衰えも感じます。

 エーシンモアオバーは出が今ひとつだったようで、すんなりハナを奪えず、結局マグニフィカの逃げに付き合いました。昨日はどう乗っても3着だったのかもしれませんが、マグニフィカに付き合わないで、出ムチ入れてでもハナを奪って欲しかった。エーシンから買った人はエーシンが逃げるものと思って買っていたでしょうしね。逃げ馬だし、自分のペースでなければもろいんでしょうね。シビルウォーやランフォルセと8馬身以上の力差があるとは思えませんし。巻き返しに期待。

 グランシュヴァリエは前を行く中央馬を交わすことができませんでしたが、後ろから差されることもありませんでした。ダイショウジェットには5馬身先着。中央交流ではなく、地方競馬全国交流なら今でもいい勝負できそうですけどね。南部盃で3着になったのは3年前ですが、今もさほど衰えていない。逆にダイショウジェットはここに来て急速に衰えてしまった感じ。日テレ杯で俺は見限ったのですが、もう重賞で馬券にはなれそうにないな。10歳馬です。引退してどこかの競馬場で誘導馬になれんかなあ?

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年浦和記念展望

 昨日・火曜日の笠松では笠松GPがありました。勝ったのは佐賀のエスワンプリンス。南関からもナターレ、コアレスピューマらのA級馬が参戦していましたが、一蹴しました。昨年は大井のSII黒潮盃3着があったとは言え、それ以前もそれ以降もほとんど佐賀でばかり走っているので、連戦連勝でもどれほどの強さなのか判然としなかったのですが、南関でもオープン特別なら勝てそう。重賞でもいい勝負になりそうな力を維持しているようです。佐賀では重賞勝っても60万円とかですし、積極的に遠征してくれるのを期待したいですね。笠松GPでも1着賞金1000万円ですしね。

 それはさておき、今日・水曜日は浦和で名物重賞・浦和記念が行われます……が馬券的には笠松GPのほうが面白そうな面子だったなあ。浦和はフルゲート12頭の小頭数ですが、フルゲートに届かない10頭立て。中央馬4頭、高知馬2頭で南関馬は4頭だけ。まあ、今年に限った話じゃないですが。残念JBCクラシック、残念JCダートとしか言いようのない面子。地方勢の筆頭はJDD馬マグニフィカですが、JDDを制したのは3年半も前。もはや今は昔。去年、やや復調の気配を見せましたが、今年に入ってからは5着が2度ありますが、馬券にはなってない。これじゃ衰えの感じられるダイショウジェットに先着できるかも怪しい。

 9分9厘は中央馬が1~4着独占でしょう。もっと言えばダイショウジェットは唯一の重賞勝ちを浦和で挙げているものの、浦和成績1-0-0-4。別に浦和が得意なわけでもない。ランフォルセも昨年のダイオライト記念勝ち以来、連対はありません。地方馬や格下の中央馬に先着しているだけ。十中八九シビルウォーVSエーシンモアオバーの一騎打ち。地方の前売りオッズなんてアテになりませんが、シビルとエーシンの馬複は160円。最終的には150円以下になるんじゃあないでしょうか。その2強にランフォルセを加えた3複が150円ですので……(笑) 格がJpnIIでも中身はOP特別以下。馬券が売れるわけないよなあ。

◎エーシンモアオバー
○シビルウォー
▲ランフォルセ

 馬券は3複1点。3単で◎○→◎○→▲なども考えましたが、それも最終的には300円ぐらいしかつかないでしょうから、それなら150円しかつかなくても3複でいい。ランフォルセが激走して2着という可能性も1割ぐらいはあるかもしれないので。あるいは最終的にも馬複/枠複で150円つくなら、それ1点でもいい。手を広げるレースではまったくない。穴馬狙いでも2強が2頭とも飛ぶとは到底思えないし、選んだ穴馬から2強への2点で十分でしょうしね。売れるわけないよ、こんな面子じゃ(笑)

テーマ:地方競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

乱高下ホリデイ

 昨日、指導へ向かう際に市内某所で、一時停止義務違反でポリスに捕まりました。グハッ!停止した、しないで揉める場合も多いようですが、俺は徐行していましたが、停止していないのは自覚していましたから文句も言えず……減点2&罰金7000円。うう、痛いわ。「罰金いくらなんです?」と尋ねたら「罰金ではなく反則金です」とポリスに返されたのですが、払う側からすればどっちでも同じだよ……と心の中で言いました(笑) 1年ちょっと前に、ギックリ腰がひどかった時に、シートベルト不着用で減点1になっていたのですが、1年経てば減点は消えるようですね。というわけで俺は現在、減点2。さらにこの日の指導後もポリスが隠れている場所がありました。さすがに捕まった日でしたので、以後は気をつけて運転していましたが、弘前警察署のポリスメンは張り切っているのかもしれません。先週、ひき逃げがあったからなのかな……?

 俺は基本的に火曜日を定休日としています。そして、昨日の昼間には、友人からいただいた日本酒を受け取っていたので、昨夜は休日前夜。日本酒をちびちびやりながら、休日前夜を楽しもう……と思っていました。減点と反則金で気分は台無しになってしまったな。でも、寝酒を飲むとよく眠れるような気がします。眠りが深くなって疲れが抜けやすい。そんな気がしました。風邪もようやくほぼ全快してきたし、休日なので、ヒトカラでもしようかと行きつけのカラオケ店に行ったら、ブレーカーの故障で、いつになれば復旧できるかわからないと言われました。グハッ!火曜日じゃないとのんびりカラオケできないのに。残念。一方で、とあるところから原稿依頼を受けました。オヤジではなく、俺にです。掲載が確約された文章だと気合が入りますね。ということで良いことも悪いことも連続して起こっています。足して割れば普通になるってもんでもない。平穏が一番だなあ。ただでさえ気分屋なのに、外的要因で乱高下です。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年マイルCS回顧~継続は力なり~

★マイルCS予想結果★
☆クラレント…………11着
☆ダイワマッジョーレ…2着
☆グランプリボス……9着

 1人気のダノンシャークでも単3.8倍と人気の割れたマイルCSでしたが、終わって見れば2人気→3人気→1人気の決着で馬複は4人気、3複は2人気での決着で堅く収まりました。スローペースからの用意ドンの決着はトーセンラーには向いていたようです。あんなにキレるとは思わなかったなあ。逃げたコパノリチャード、先に抜けたダイワマッジョーレ、ダノンシャークを一瞬のうちに飲み込んで快勝。ユタカはマイルCS連覇です。展望でサダムパテックがGIを連覇する馬には思えないと書きましたが、その鞍上は連覇しても不思議ではなかったなあ。それに幸四郎、ユタカと2週続けて武兄弟のGI制覇……あれ、春にもそんなことが(笑)

 ユタカはこれで中央、地方、海外のGIを100勝。前人未到、空前絶後の記録だと思います。GIどころか全勝利数が100勝に届かずに引退していく騎手だって決して少なくはないのに、GIだけで100勝。とある一年だけで好調なアスリートはいますし、それはそれで立派だしすごいことだと思います。でも、積み重ねた大記録は単年度の記録の10倍、100倍すごいと思います。「継続は力なり」と言います。その力を見せてくれたレースだったようにも思いますし、おのおのがおのおのの分野で継続することの重要さを感じさせられたような気がしました。やっぱりユタカはすごいわ。まあ、俺の馬券との相性は最悪なんですが(笑)

 前走がスプリンターズSやスワンSで距離を延長してこのレースに参戦した馬の成績は今ひとつですが、短縮してきた馬の好走はいくらでもある。ただ、今年の春天2着馬で、京都大賞典をステップに参戦というのは、短縮しすぎでペースに戸惑うのではと思えたのですが、なんら問題ありませんでした。京都で走るなら1600だろうが3200だろうが結果的には問題なかった。トーセン馬としてはジョーダンに続いて2頭目のGI馬です。この馬の成績を見るとユタカと手が合っているんでしょうね。直線平坦のコースなら距離問わずに押さえるべき馬だったようです。それだけに京都以外の主要3場では逆に軽視したい。

 ダイワマッジョーレは崩れないですが、勝ちきれないですね。トーセンラーと違って、京都じゃなくても中山だろうが阪神だろうが府中だろうがローカルだろうが安定しています。馬券圏外に消えたのは4度だけ。その4度とも後ろからの競馬。先行したときは一度も崩れていない。その辺りは父ダイワメジャー譲りでしょうか。2,3回続けて大敗するまでは常にヒモで抑えたほうが良さそう。同じく期待していたクラレントは「天高く馬肥ゆる秋」を地で行ったのか、12kg増。3走前と比べれば22kgも増えてる。デビューからの2戦は京都で連勝しましたが、以後の5度の好走はすべて府中。府中巧者なんでしょう。中山や阪神に出てきたら疑いたい。

 人気のダノンシャークにはベストな条件だったと思うのですが、この馬、キレまずが一瞬しかキレない。脚の使いどころが難しい馬なのかもしれません。それだけに鞍上がコロコロ変わるのは良いとは思えない。まあ、最近は主戦のいない一流馬だらけですけどね。4着でしたが、コパノリチャードはよく粘りましたね。ペース的には普通だったと思いますが、予想通りダイワやクラレント、ガルボに張り付かれながらもよく踏ん張っていた。ただ、1600でも微妙に長いのかもしれません。グランプリボスは鞍上ルメールの腕に期待しましたが、なだれ込んだだけの9着。あの内容ならルメールじゃなくて内田のほうが良かったかも。結果論ですが。

 ダークシャドウやカレンブラックヒルはもう終わりなのかな。カレンはまだ4歳ですので、老け込むにはまだまだ早いと思うのですが。父ダイワメジャーのように、低迷から脱して、もう一花咲かせられるのか注目したい。注目はしますが抑えるつもりは当面ないですけど(笑) しかし、秋に入って中央競馬で全然当たらないですね。重賞は菊花賞しか取ってない。ながーいスランプです。これほど不調が長いのも記憶にないなあ。単勝複数買いで調子を戻すしかない。当たらないからワイドで買ったりして守りの馬券に入るも、ますます当たらぬ負のスパイラル。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『大人ハードル』

『大人ハードル』

生まれたことを意識する0歳児はいない

息苦しさを感じる10歳児もそう多くない

でも、20歳になると進路や人間関係で思い悩み

深刻な状態に陥ると自ら死を選ぶことさえある



30歳を過ぎた僕の目の前にあるハードルは

20歳のときよりも確実に高くなっている

この先、40歳になったら、50歳になったら

たぶん今よりも足腰が弱くなっているだろうし

僕には跳び越えていく自信がない



でも、目の前にあるのがカベではなく

本当にハードルだとするならば

必ずしも跳び越える必要はない



ハードルを跳び越えられなくても

ハードルの下をくぐりぬけて

あるいはそれを蹴り倒しながら

きっと前に進んでいけると信じている



2009年4月21日作
2013年11月7日加筆修正
2013年11月17日ラジオNIKKEI『私の書いたポエム』放送分

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年マイルCS展望

ローソン!ローソンに行くとき、Ah,Ah,それは今♪
ローソン!ローソンに行くとき、PONTAを離しはしない~♪
甲斐バンド『HERO』のサビに乗せて詠んでください。
突然ですが替え歌でした(笑)

 今日はマイルCS。ここ数年、マイル戦線で軸と呼べる馬がいませんね……マイルGIを連覇どころか、マイルGIを連続好走している馬もあまり記憶にない。マイル王と呼べそうな馬はダイワメジャー以来いない感じです。そろそろこの路線の軸になる馬が出てきて欲しいところです。今年も海外馬は出走なし。サプレザのように日本適性のある欧州馬もいるでしょうが、シーズンオフのこの時期にわざわざ極東までやってくる馬は多くないんだよなあ。来週のJC、再来週のJCダートに向けてドゥーナデン、シメノン、ジョシュアツリー、パンツオンファイアが既に来日していますが。今週も短評なしの予想です。

 ◆チェックポイント◆
・前走・天皇賞・秋、スプリンターズS、毎日王冠、富士S、スワンS以外で3着以下:トーセンラー、カレンブラックヒル、マイネイサベル
・前走・10着以下:サンレイレーザー、ダノンヨーヨー、サクラゴスペル
・6歳以上でG2以上勝ちがない:ガルボ、ダノンヨーヨー、リルダヴァル
・重賞未勝利:レッドオーヴァル、サンレイレーザー、リルダヴァル
・京都芝に3回以上出走して、連対がない:マイネイサベル、リアルインパクト
・中9週以上:カレンブラックヒル
・6人気以下の牝馬:レッドオーヴァル、ドナウブルー、マイネイサベル

 残ったのは、コパノリチャード、サダムパテック、ダイワマッジョーレ、クラレント、ダノンシャーク、ダークシャドウ、グランプリボスの7頭。

 デムーロは怖いですがレッドオーヴァルは重賞未勝利の3歳牝馬でしかありません。重賞勝ちもない牝馬が馬券に絡んだ記憶はちょっとありません。重賞勝ちどころかできればGIを勝っているぐらいの牝馬でなければ厳しい。トーセンラーも京都巧者でユタカ騎乗とは言え、マイルは実績どころか走ったこともない。どちらも人気してますし、積極的に買いたいとは思えない。

 軸を決めて流すとロクなことがないので、BOX買いにしたいところ。もう何頭か削るならまずダークシャドウでしょうか。この1年で一度も馬券に絡んでいません。分かりやすいほどにすこーしずつ着順を落としています。ムーア騎乗は怖いのですが、この1年の間にムーアやデムーロが乗っても、大して変わっていない。今回も掲示板に載るかどうかぐらいじゃないでしょうか。

 あとは……去年の勝ち馬ですがサダムパテックで。鞍上がオペラオー以来、中央GIを勝ってない人ですしね。もちろん2,3着に来られても納得なのですが。それとサダムパテックが同一GIを連覇できるほどの馬には到底思えない。ダイワメジャー、デュランダル、タイキシャトル、ニホンピロウイナー、サダムパテック……うん、違和感ありまくりですね(笑)

 コパノリチャードは京都で3戦3勝の馬で、前哨戦勝ち馬なので怖いのですが、スワンSとマイルCSの関連性は強くないのと、21世紀に入ってから3歳馬はダンスインザムードしか連対していません。ラインクラフトでさえ3着。どちらも桜花賞馬。コパノリチャードはGI馬ではない。あと、逃げ残るのも厳しいように思うんですよね。リアルインパクトやクラレント、ガルボあたりに目標にされるのは必至。それで押し切れるほどの馬なのか? 

 で、ダノンシャークを含めて馬複BOXにするよりは、ダノンシャークも切って、3頭ワイドBOXにします。ダイワとクラレントのワイドでも9倍見当。十分です。それと夢馬券で残した3頭の3複1点。4-12-16ですね。200倍弱。十分に浮くワイド3頭BOX&3複1点ってのは手堅さと夢も買えて面白いかもしれない。特にルメール、頼んだよ!グランプリボスが絡めば、ワイド1点だけでも20倍以上ですので。

☆クラレント
☆ダイワマッジョーレ
☆グランプリボス

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

詩集刊行への道

 先ほど来月、刊行されるオヤジの新刊絡みで某出版社の方(社長)が来られた。そこで詩集の刊行について尋ねたが、いくら賞を取ろうが詩集は自費以外では厳しいとのこと。そりゃそうだよなあ。H氏賞(詩における芥川賞)を取ろうが、普通の人は全然知らないわけで、売れるはずもない。ただ、小部数印刷を行っているところもあり、200部で20万円。ただし、PDFなどでデザインなどもこちらで仕上げて刷ればいいだけの状態にすること。そこまでやれば、ISBNコードは某出版社のほうでつけてくれて、出してもいいと言ってもらった。ふつーの詩集の自費出版なんて100万超が当たり前です。手間がかかるとは言え、20万なら出せなくもないし、200部を俺がさばけば元は取れる。自費専門の出版社からの刊行でもない。それに曲がりなりにも刊行すれば、詩集の賞にも応募できる。詩集だからね……格安の自費もやむを得ないか。問題はある程度のデザインのできる人を探さねばならん。

 昨日も2件の指導があったのだが、2件目のお宅の前でひき逃げ事件が発生して、そこのお宅へ向かう道路が警察によって封鎖されてしまいました。今朝になってひき逃げ犯は逮捕されたようなのですが、昨日の指導は順延、俺は無駄足。スマホに連絡入ってたんですが、19時前から道路は封鎖されていたようだし、もっと早く連絡欲しかったですよ。封鎖された道路の少し手前で、のんきに指導前のプクイツしてたときにも連絡なかったしね……。完全に繁忙期になっているので、スケジュールが乱れるのはイヤなんだけどね。まあ、悪いのは俺でも先方でもなく、ひき逃げ野郎なわけだが、俺も間接的に被害ってほどじゃないけど、迷惑を被りました。さて、今日もこれから2件指導に行ってくるかな。

テーマ:創造と表現 - ジャンル:学問・文化・芸術

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

寒波襲来!!!!!!

 前々から週明けに冷え込むのは週間天気予報で分かっていましたが、最高6度、最低0度程度なら雪マークでも昼には溶けるぐらいのもんだろう……と思っていましたが、実際には最高3度、最低-3度ぐらいでした。予報よりも寒い。しかも昼に雪が溶けるどころか、ますます雪の勢いは増してました。夕方には一時、視界がかなり悪くなることもありました。昨日の指導前にタイヤ交換を済ませたのですが、指導前に済ませることが出来てよかった。夜はアイスバーンになっている部分があちこちにありましたから。冬タイヤに換えたとはいえ、4WDではなくFFなのでテカテカな部分では運転に気を使います。シーズンの最初ですからなおさら。実際、多少、タイヤが空回りしている感じがあります。明日はお休みで良かった(笑)

 発売されてから注文したももクロ『GOUNN』が届いたので、車内で聴いていました。『GOUNN』も悪くは無いのですが、歌詞も曲も衣装もちょっとクドいかなあ。悪くは無いのですが、奇抜!奇抜!奇抜!と奇抜な曲ばっかりだと、「奇抜」が「当たり前」になってしまう。それはそれでどうなの?と思ってしまう俺ガイル。そういう意味では2曲目のmiwa作曲でももクロ作詞のmiwaクロな『いつか君が』のほうが、王道アイドルポップで聴いていて気持ちがいい。秋晴れな雰囲気ですがすがしい。いや、聴いている俺の目の前は吹雪いていたんですけどね(笑) カレー牛丼特盛を食べた後に、りんごやみかんやなしを食べる。そんな感じの2曲ですね。表題曲が『GOUNN』ではなく、『いつか君が』のほうが「ももクロにしては奇抜」になっていたような……。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『優しさの容量』

『優しさの容量』

だれにも嫌われたくないと願う人もいる

でも、四方八方に優しさをふりまいても

きっと、四方八方がふさがるだけだろう

希釈された優しさなんてただの優柔不断

優しさには一定量の優しさが必要なんだ



人によって優しさの容量は違う

後天的に容量を増やすことはできるけれども

六十億人に振り分けられる量なんて無理だ

注ぐべき人たちに注げられたらそれで十分

いざというときに優しさが不足するほうが怖い



それに誰彼構わず優しくすることは

対立する人たちの不信を買うだろう

それはだれにも嫌われないどころか

だれにも好かれないかもしれない

嫌われることに脅えなくても大丈夫



たとえ、僕が僕を嫌いでも

そして、君が君を嫌いでも

受け止めてくれる人がたった一人いれば

それだけできっと僕らは生きていける

優しさの器は必要十分に満ちている



2010年05月11日作『キャパシティ』
2013年09月25日加筆修正
2013年11月10日ラジオNIKKEI『私の書いたポエム』放送分

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年エリザベス女王杯回顧~マンボ女王~

★エリザベス女王杯予想結果★
Bデニムアンドルビー……5着
Bヴィルシーナ…………10着
Bメイショウマンボ………優勝

 中団追走から力強く抜け出した2番人気の今年の二冠牝馬・メイショウマンボが古馬をも一蹴しました。GI3勝目。幸四郎の乗った馬では最強ですね。2着に条件戦を連勝中の3歳馬・ラキシス。3着にアロマティコでした。1人気のヴィルシーナはまったく見せ場がなく10着惨敗。3人気のデニムアンドルビーは最後方から追い込むも5着までが精一杯でした。ずっと本命にしていて、ここで来られてもイヤだからデニムが来ても良いように買いましたが、結果は凶と出ました。普通に考えればメイショウマンボですよね……グハッ!

 メイショウマンボは脚質も馬場適性も距離も自在性があり、融通の利く馬ですね。他馬が苦にする分、適度に渋った馬場のほうがベターでしょう。今年の最優秀3歳牝馬は確定ですし、古牡馬で王道GIを2勝した馬がいませんし、あるいは年度代表馬の可能性も無くは無い。現時点ではライバルはロードカナロアですかね。実力的に未知数ですが有馬記念に出てきてほしいですね。中山は未経験ですが、渋馬場をこなすし、阪神でGIIを勝つ馬なので、中山でも大丈夫なように思います。父スズカマンボですし、少なくとも4歳いっぱいは活躍するんじゃあないでしょうか。乗り代わりの多い時代ですが、馬が騎手を育てるということもあります。幸四郎の飛躍のきっかけになるといいですね。

 ラキシスはこの馬場とペースであの位置取りは最高だったと思います。もちろん馬の実力あってこそですが川田はソツなく乗りますね。勝ち馬との差は大きいですが、ここで賞金を加算できたので、牝馬重賞にも出てこられる。ただ、ディープ産駒というのが古馬になって一段と強くなる感じがしないのがね……。アロマティコは平坦コースの牝馬戦では常に注意すべきだったのかもしれません。中山で適当に負けて、京都牝馬S辺りに出てきたらねらい目かも。捕鯨は距離がやや長いんだろうな。復調してもここまでか。デニムはああいう競馬しかできないのだろうか。直線で勝ち馬と同じ上がりと使っていますし、伸びるには伸びているんですが掲示板まで。また内田を信じて玉砕しました。こないだタイセイレジェンドでもやられたしなあ(笑)

 ヴィルシーナは包まれて動きたいところで動けなかったようにも見えますが、直線でばらけてからも目だった脚はなかった。去年の捕鯨みたいな成績になってきたなあ。捕鯨は復活しましたが、この馬はディープ産駒だし、来年、5歳で巻き返すというのはないように思えます。ディープ産駒は2,3歳時から完成されていて、それを3歳時は維持して、4歳以降は尻すぼみ。そんなイメージです。タキオン産駒に近いイメージ。ジェンティルドンナにしても去年ほどではなくなっていますしね。ジェスタウェイにちぎられちゃうし。ステ仔のように長い目で見て楽しむのには向かないな。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年エリザベス女王杯展望

 先週は府中まで出向いていきましたが結果はぱっとしませんでした。春はトントンでしたが目の前の府中のレースの的中はゼロで、新潟大賞典を取ったから何とかなっただけだしなあ。相変わらず中央のレースは冴えません(地方はそこそこ取れている) 中1週空いてのGIレースですが、なんか微妙な面子ですね。いや、GI馬が何頭かいるにはいるんですが華がない感じ。あまりやる気も起きないので短評は省略してのチェックポイントです。

 ◆チェックポイント◆
・前走が牝馬限定戦で7着以下/7人気以下:ミッドサマーフェア、ハナズゴール、アロマティコ、マルセリーナ、セレブリティモデル、レインボーダリア、スピードリッパー、セキショウ
・前走が重賞ではない:ディアデラマドレ、エディン、タガノイノセンス、トーセンアルニカ、ラキシス
・7歳以上:いない
・京都芝を複数回(GIを除く)走って連対歴がない:いない

 残ったのは、オールザットジャズ、メイショウマンボ、ホエールキャプチャ、ヴィルシーナ、デニムアンドルビーの5頭。ただオールザットジャズは京都ではぱっとしない感じ。捕鯨も同様ですね。主要4場で京都でだけ勝っていない……というか連もない。ダートは合いませんでしたが、やっぱりパワー型の馬だと思うので、京都は相対的に向いてない(坂を苦にする馬も普通に走るので) 面白くも何ともないですが、あまりガッツリ勝負!という気分でもないし、人気3頭のBOX。馬複でも枠複でも大差ないので、保険を兼ねて枠複で。枠2,5,7BOX。

Bデニムアンドルビー
Bヴィルシーナ
Bメイショウマンボ

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年秋上京1~飲んで打って買う~

 ☆11月2日☆
 この日の夜の高速バスで上京でしたが、指導スケジュールは詰まっているので、普通に2件指導しました。本来は3件なのですが、先方の都合で1件つぶれています。この日に限ってはそれで良かった。問題は風邪で著しく体調が悪かったこと。家を出るまで日本シリーズの第6戦を見ていましたが、くしゃみと鼻水がひどい上に熱を計ったら37.4度。微熱だが気にしない。もう路線バスの最終が19時台だったので、やむを得ずバスターミナルまでタクシー。タクシーに乗るのなんて2年ぶりぐらいかな。夜行バスに乗り込みますが、案の定、全席満席。しかも窓側。通路側のほうが脚を投げ出せてラクだったのですが。俺の脚は長い。長いが長身なので長いだけです(笑) ただでさえ不眠症なのに満席のバスで眠れるわけもなく、導入剤&梅酒でも大して眠れなかったな。9時間の乗車で睡眠時間は2,3時間。ただ、保湿マスクが効いたのかくしゃみやセキはほぼ抑えられたので周りの安眠を妨げることはなかったはず。

 ☆11月3日☆
 東京で降りるつもりだったが、新宿まで行くバスだったので新宿で降りる。南口のバスターミナルから地下街経由で東口へ。なぜかって?そりゃ東口に歌舞伎町があるからに決まってる。今回は性地・吉原ではなく久々に歌舞伎町。下調べしておいた激安デリヘルに電話する前に、無料案内所で手ごろなラブホがないかをたずねたが、その店を使うならレンタルルームのほうがいいと言われたので、レンタルルームを使用。レンタルルームは2時間2000円だったが、疲れた身体を休めたかったのでフリータイムにしました。このレンタルルームに入る前にやけに色っぽいねえちゃんに遊んでいかない?と誘われたが美人局の可能性もあるし、そうでなくて本番アリとしても2万ぐらいはふつーにかかるだろうからやんわりと辞退。デリに電話したところ、目星をつけていた子はもう上がってた。当たり前か、この時、朝の7時半。安い店だけに地雷、怪物勢ぞろいらしいとの評判なのですが、思い切って店の勧める子にしました。で、来たのは……まあ、それなりのルックスの子でした。プレイはキッチリしてたし、大阪出身の元キャバ嬢だそうで、話術にも長けていました。それとおみやげのりんごジュースも非常に喜んでくれて、実際、ブログにうpまでしていました。喜んでもらえて何より。激安店ですからそこそこのルックスでサービスきっちりだから割りとアタリと引いたと思う。

 デリねえちゃんが帰った後、3時間ほど寝ました。狭いレンタルルームでも横になれるだけでラク。本当はもっと早くに友人Kくんと府中で落ち合う予定でしたが、一休みしないと動けなかった。昼前に起きて、軽食を済ませて府中へGO!競馬場でのことは「アルゼンチン共和国杯回顧」に書いたので割愛。Kくんからは久々にカラオケに行こうと誘われたが、風邪でノドが死んでいたので、普通に飲むことにしてもらった。GWも今回も入った店は「やる気茶屋」。弘前にはないチェーン店です。前回はやたらと食べ物のメニューが品切れだったのですが、今回は日本酒やらウイスキーやらがやたらと品切れ。在庫を極力抱えないようにしてるのかもしれんが、2度続けて品切ればっかだと次は別なチェーンに行きたくなるな、正直。お互い疲れていたのか、GWよりも飲まなかったのだけれど、早めに酔いがまわった感じ。俺はアルコール耐性があるほうですが、それでも年々、酒に弱くなっている気がするなあ。でも、今回も楽しいお酒になってよかったです。Kくんとは東府中で別れて、予約したホテルのある神田へGO!

 たまたまなのですが、GWに泊まったホテルと今回のホテルはほぼ同じ場所。斜向かいにありました。今回のホテルのほうがやや狭いし、風呂は部屋になく大浴場のみだったのですが、俺が泊まった「ビジネスホテル」のくくりでは、一番立派な大浴場でした。疲れが多少なりとも癒えました。やはり大浴場があるホテルがいいですね。ビジネスホテルでも。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年秋上京2~公開収録参加~

 ☆11月4日☆
 前日は飲む・打つ・買うの3拍子を十分に満喫しましたが、この日は夕方まで何もない。久しぶりに秋葉原へ行って、あちこち散策。話には聞いていたけれど、中国人観光客が多く来るからか、中国語が付記された看板がやけに目立ちましたね。あと、一時期は多かったのでしょうが、メイド喫茶はほとんど見かけなくなりました。AKB48劇場のあるビルの5Fにメイド喫茶があり、メニューを見たのですが、入場料だけで600円。メイドさんとの2ショット写真付ドリンクで1200円。飲み物1杯で1800円ですか……。うん、華麗にスルーですよ(笑) ノドが乾いていましたが、んなとこではなく、駅ビル内のマザー牧場のカフェでヨーグルトドリンク(280円)を飲む。この間に金沢競馬(JBC)の馬券をテキパキとスマホから購入しました。昼飯を食ってから浜松町へ移動。まだラジオの公開収録まで時間があったので、ドトールでプクイツしながら、本を読みつつ、ネットで競馬の結果をチェックしていました。前日の負けを相殺できるほどではなかったけど、いくらか損害を軽減できました。

 芝のホテルでラジオNIKKEI『私の書いたポエムスペシャル』の公開録音に参加。予想していたことではあったが、参加者の年齢層は高かったなあ。三十路の俺でも若いほうだったと思う。ゲストは作家・エッセイストの谷川直子さんと今年デビューのシンガーソングライター・麻倉さやさん。だ、誰?と思うでしょうし、俺もそうでしたが、谷川さんは作家・高橋源一郎さんの元ヨメさんですね。昨年の文藝賞を受賞しています。麻倉さんは山形出身で民謡日本一に2度なっているそうです。麻倉さんのトーク&ライブもあったのですが、歌唱力はすごいと思いました。曲や詩はいきものがかりっぽい感じかなあ。この番組が曹洞宗の提供によるものなので、いす座禅の体験コーナーもあり、俺もやったのですが、普段の姿勢が悪いせいか、座ってではなくいす座禅でもけっこう脚……というか太ももの付け根と背中にきましたよ(笑) あと雑念だらけでまったく無心にはなれない。でも、姿勢を良くするにはいいものかもしれません。この収録は12月23日のラジオNIKKEI第一で放送されます。有馬記念の日の競馬中継の直後になると思われます。いつも作品を読んでいただいている長岡一也さん(元ラジオたんぱ&NIKKEIの競馬実況アナ)と数分ほどお話できたのが良かったです。それが今回の主目的でしたので。

 帰りは新宿から……ではなく東京駅鍛冶橋駐車場からの乗車。お土産を買っていなかったので、駅で購入。「東京ばなな 限定キャラメル味」。家とばあちゃんと生徒3人分を購入。全員分は買ってられないし、普段からいろいろ頂いたり、待遇の良いお宅の分だけ購入。水も出さないような家に買ってやる義理はない(笑) 中にはそういう家もあるんでね。帰りのバスもやっぱり満席だったのですが、今度は通路側だったので、いくらかマシ。それと往路以上に疲れて……というか疲れ果てていたので、復路のバスではかなり眠ることができました。いつもながらの過密スケジュール旅行、しかも体調崩してだったので、身体的には参りましたが、精神的にかなり充実したものになりました。東京はまだかなり暖かかったのも良かった。最低気温が弘前の最高気温ぐらいでしたからね。たまに上京すると気持ちがリフレッシュできます。非日常は日常のカンフル剤になる。そんな気がしました。また住みたいとはあんまり思いませんけどね。喫煙者は肩身が狭いしさ(比喩ではない) 東京駅の喫煙所とか思いっきり迫害されてましたよwww

 

テーマ:日記 - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年JBC回顧~衰え知らずのエスポワール~

☆JBCレディスクラシック☆
◎メーデイア…………優勝
○アクティビューティ…2着
▲サマリーズ…………11着
△キモンレッド………3着

 展望では△にマニエリスムも入れていましたが、最終的には地方馬はないだろうなと思ったので、メーデイア1軸3複3点で買いました。メーデイアは単勝元返しの人気に応えて完勝。2着に5人気のアクティビューティ、3着キモンレッド。メーデイアは牝馬相手はもういいんじゃないかと思います。馬券的にはアタマ固定、軸固定にできるからありがたいのですが、ミラクルレジェンドやラヴェリータのように、牡馬に挑むところも見たい。NAR公式のウェブハロンによれば、「馬主との相談次第だがJCダートかフェブラリーS」「来春現役引退、繁殖入り」だそうです。JCダートなら次がラストラン。フェブラリーSなら一つ叩いて、フェブラリーSで引退というところでしょうか。脂が乗ってきた時期だけに、もう少し長く現役を見たいという気持ちもありますが。

 アクティビューティは大井1800がベストと思いますが、吉田隼人騎手がコースなりに合わせた騎乗をして、2着は確保。ただ、メーデイアがいなくなれば、この馬の順番になるかと言われればそれはなさそうに思えます。メーデイアよりも1つ年上ですし、今年の内容からして伸びシロはもうなさそうですし。しかし、好走しても人気の出ない馬だなあ。金沢適性はともかく、近走内容を考えればこの馬が2番手評価というのは本命党からすると自然なのですが。キモンレッドはやはりOP3着に入るぐらいの力があれば、ダート牝馬路線なら好勝負になりましたね。ただ、展望に書いたように距離はもう少し短いほうがベストのような気がします。サマリーズはラクに行かせてもらえないとモロいですね。メーデイアに潰されてしまった。ムラっぽいレースを繰り返しそうな予感がします。

★JBCスプリント★
◎エスポワールシチー…優勝
○タイセイレジェンド……7着
▲テスタマッタ…………4着
△セイクリムズン………3着

 1人気のエスポワールシチーが1400の短距離もなんのそので南部盃に続いてのJpnI連勝。全盛期の米国BCクラシック遠征の後、この馬らしくない内容が続いていましたが、ここに来て全盛期とは違った円熟味でJpnIのタイトルを積み重ねています。3番手からの好位抜け出し。これでJpnIは9勝目。賞金も10億円を越えました。来年は9歳になりますが、得意の舞台ならまだまだ勝ち負けできそうですね。同じことを思う人が少なくないと思いますが、ラストランの時のエスポの背には哲三さんが乗っていてほしい。それまで後藤騎手とのコンビで長く活躍してほしいと思います。大混戦の2着には初ダートのドリームバレンチノ。3着にセイクリムズン。2人気の昨年の覇者・タイセイレジェンドは3角過ぎで失速の7着。

 ドリームバレンチノは血統的にこなしそうでしたし、追いきりでも一番時計を出していた……と展望にも書きましたし、デムーロ騎乗はいかにも魅力的。5人気でしたし、一応抑えておくべきだったか。過去のレース結果にとらわれすぎてしまった予想は反省点。でも、初ダートがJpnIの馬を買うのは俺にとっては難しいなあ。デムーロもインをすくった見事な騎乗でした。松山くんだったらどう乗ったかは知りようもないですが、デムーロに手代わりして結果オーライというしかない。デムーロの短期免許が切れたら松山くんに戻してほしいなと思います。セイクリムズンはややズブくなってきたか。かつては1200~1400ベストでしたが、今は1400~1600が良いみたいですね。

 タイセイレジェンドはどうしたんだろう。+15kgというのがマズかったでしょうか。パドックも何も見てないのですが、内田騎手の談にも「馬体も少し重たかったかな」とありますし。あとはクラスターC→オーバルスプリント→→東京盃→JBCと休み明けから4戦目。やや調子落ちしてたのかもしれません。いくらなんでも負けすぎですしね。◎○の2軸3複という馬券を買っていたのでスプリントは外れてしまいました。地方馬最先着のセイントメモリーは5着。自分の競馬に徹して、掲示板は確保したわけですし、今後もJpnIIIなら中央馬相手でも馬券になれそう。

☆JBCクラシック☆
◎ホッコータルマエ……優勝
○ワンダーアキュート…2着
▲クリソライト…………5着
△ハタノヴァンクール…11着
△ソリタリーキング……3着

 圧倒的人気のホッコータルマエがハナを奪うとマイペースの逃げで後続を翻弄して、JpnI3勝目を挙げました。2着に2人気のワンダーアキュートが粘りこみ、3着にソリタリーキング。2.7秒も後ろの4着に地元・金沢のジャングルスマイルが入り大健闘。クリソライトはさらにクビ差の5着。4人気のハタノヴァンクールはズルズルと下がって11着とまさかの大惨敗。四位騎手の談話では「ガクガクっときた」とありますし、どうも故障したようですね。そうでなければいくらなんでもこんな大惨敗はありえない。まだまだこれからの馬ですが、あるいは引退か?

 ホッコータルマエには他の有力馬に逃げ馬がいないのが幸いしたかもしれません。幸騎手が上手くレースを支配していた。後半は他馬が仕掛ける前に先に仕掛けて振り切りました。前日のみやこSのブライトライン&福永もそうでしたが、力があるダート馬ならこういう戦法のほうが安定して勝ち負けできる。そういう意味では末で勝負するハタノヴァンクールは異常がなくても厳しかったろうと思います。逃げている馬が37.0などで上がられると後ろからではとても届かない。エスポとの再戦がいつかあるでしょうが楽しみですね。

 ワンダーアキュートはどうも煮え切らないですね。去年のJBCクラシックの圧勝だけが異彩を放って見えます(笑) ただ、兄(ワンダースピード)と違ってJpnI馬になりましたし、兄と同様に長く活躍してくれそうな雰囲気は十分感じます。崩れないので連軸としては安心して見ていられます。馬券的にはありがたいお馬さんです。ホッコーもアキュートも別に地方競馬に特化しているわけでもないので、JCダートに出てきても有力でしょう。出てくるかわかりませんが……。ところでニホンピロアワーズはどうしたんだろう?

 クリソライトはカカっていたとか重や不良より良馬場で時計がかかったほうが向くとか休み明けぶっつけだとか、いろいろ敗因はあるかと思うのですが、ジャングルスマイルにまで先着を許す始末じゃ、少なくとも現状は力不足だったとしか言いようがない。次走が重要になってきますね。次にどこを使うかわかりませんが、また大敗するようではこの馬の能力が疑われかねない(もう疑ってますがw) そういう馬と比べると偉大な兄・ヴァーミリアンには程遠くても、スカーレットレディの息子として恥ずかしくないだけの成績を挙げているさかr……もといソリタリーも立派なもんですね。急遽、3単のヒモに追加したのですがそれで助かりました。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年アルゼンチン共和国杯回顧~見ろ!まるで(ムスカを買った)人がゴミのようだ!~

★アルゼンチン共和国杯予想結果★
◎ムスカテール………8着
○メイショウナルト……14着
▲アドマイヤラクティ…2着
△ルルーシュ…………3着
△エックスマーク……5着
△シゲルササグリ……16着

 半年ぶりの府中、半年ぶりの生観戦をしてきました。年に2度府中に行くというのは都落ちしてからは初めてですね。初めて競馬場に行った時(1998年NHKマイルC)も前回も今回も友人Kくんと一緒です。時が経つのは早いなあ。競馬場も1998年と今では根本的に変わってしまいましたが。今回は京王線で競馬場に向かったのですが、京王の特急は停車駅が少なくていいですね。そしてGI開催日でもないから、競馬場の観客も適度でした。ふつーにイスに座れるレベル。まあ、日曜のGIIなのにそんな状態ではJRAは困るんでしょうが……。馬券は上記の印通りに買って玉砕。メインレース前まではトントンぐらいでしたが、東京11R、京都11R、東京12Rと1000円ずつ買って外したので、マイナス3000円ほどになりました。友人Kくんもズタボロ……はずだったのですが、ハズレ馬券ごと払い戻し機に入れたら、本人も良く分からない馬券が当たっていたようで、彼はマイナス500円ほど。

アスカクリチャン

 アスカクリチャンは内から上手く抜けてきました。それも馬に余力があったからこそですが。近走は安定していましたし、前回から3kg減を考えたらヒモでは買うべきだったんだろうなあと思いました。俺にはアタマで買うことはできなかったでしょうが。福島だったり、府中でも2500だったり、スタミナを求められる競馬になると力が出せる馬なんでしょう。ステイヤーズSあたりでも期待できる気がします。父スターリングローズはJBCスプリント勝ちが主な勝ち鞍であるダートのスプリンターでしたから、父とはまったく似ても似つかぬ成績の馬になっていますが(笑) ただ、クリチャンのような馬は少数派で、スターリングローズ産駒はダート適性のある馬のほうが多く、クリチャン自身はダートを一度も走っていませんので、どこかでダートを走るところも見てみたいですね。

ムスカテール

 外人騎乗と当該条件の実績豊富だったのでムスカテールに期待したのですが、伸びを欠いて惨敗。リスポリの談話にあるように位置取りは良かったし、さあ直線!となったら伸びない……。13秒台が一度もなく、緩まないペースを先行して脚をなし崩し的につかわされたってとこでしょうか。結果論ですがもっと脚を溜めて、それこそアドマイヤラクティのような競馬をしてくれれば……。このレースに限らないけど、日本においてはリスポリよりはメンディザバルのほうがずっと信頼できますね。この日リスポリが勝ったレースも馬の地力で勝っていた印象です。友人Kくんは『天空の城ラピュタ』つながりで、コスモラピュタとムスカテールのワイドも買っていましたが、ムスカもラピュタも沈没しました。「見ろ!(ムスカやラピュタの馬券を買った)人がまるでゴミのようだ!」。いや、俺たちを含んでますが(笑)

 アドマイヤラクティはメンディザバルが上手かったと思うし、馬自身も長距離では強いですね。春天4着馬ですもんね。有馬記念だとさすがに敷居が高いでしょうが、ステイヤーズSでは勝ち馬同様期待できそう。まあ、どちらも今回から人気が上がるんでしょうけど。ルルーシュは昨年の覇者であり、反逆する立場じゃないので負けました。いや、そのアニメはタイトルしか知らないんですけどね。メイショウナルトはカカってましたね。現地でつぶやいてもいたのですが(つぶやきといってもツイッターとかではない) タマキンとっても気性がおとなしくなったわけでもないのかな。トウカイトリックじいさんは例年同様に、ステイヤーズS前の一叩き。障害馬が平場を一叩きするのと同じように感じます。

 写真は勝ち馬のアスカクリチャン、軸にして失敗したムスカテール、それと競馬場内の風景。競馬場に行ったことのない方に見てほしい。この無駄な豪華さ(笑)

競馬場内

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『コントラスト』

『コントラスト』

小春日和の秋空を見上げれば

蒼く蒼く、海より蒼く澄んでいて

どうしようもなく哀しくなってくる



うつむいた僕の気持ちの奥をのぞけば

まるで暗い底なし沼のようだというのを

はっきりと浮かびあがらせてしまうから



あんなにきれいな青空が

笑顔で僕を責めたてる



そんなことは妄想だって?

そんなことはわかってる



わかっているからもどかしい



2008年11月20日作
2013年10月21日微改編
2013年11月03日ラジオNIKKEI『私の書いたポエム』放送分

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年JBC展望

 土曜の夜から火曜の朝まで家を空けるので、まだ枠順も決まっていませんがJBC展望です。展望しますが、ちょうど主目的と時間帯がかぶるので、昼間に馬券を買って、あとでスマホで動画チェックって形になりそうです。うーん、味気ない(笑) JBCは3レースありますが、地方馬で馬券になりそうなのはスプリントのセイントメモリーだけでしょうか。ラブミーチャンは追いきりの骨折で引退。惜しいなあ。ラブミーチャンは今年、本格化して勝機もあったでしょうし、消すつもりの人でも人気を集める馬が減ってしまうのはガッカリでしょう。笠松競馬は先日の馬と車の衝突事故で、開催できない状態になり、スターホースは突然の引退。踏んだり蹴ったりですね。

 まず、レディスクラシックですが、一叩きされたメーディアでアタマ鉄板でしょうね。行く馬がいればそれを見ながら、いなければ自分で逃げてもいい。レースを作れる強みは大きい。ほとんどの馬とは勝負付けも済んでいる。問題は相手。レッドクラウディアは出てこないんですね。アクティビューティは大井1800が合っているだけで、ここは信頼できない。人気の一角になりそうだしなあ。サマリーズもメーデイアのみならず他馬にも絡まれそうで、マイペースの逃げが打てる気がしません。トシキャンディは近走ボロボロですが、前々走ぐらい走れれば3着はあるかも。人気ないでしょうしね。キモンレッドは道営デビューですが、その道営ではさして実績がなかった。OPで3着に来れる馬なら力は足りていると思いますが、戦績を見ると距離も長いような?

 そんな面子なので、クラーベセクレタでも食い込めると考えて、クラーベもそこそこ人気になりそうですが、地方馬で買うならマニエリスムかな。牝馬交流重賞では安定していますし、レッドクラウディア不在ならば3着があっていい。地元の吉原騎手が乗るのも心強い。メーデイアには逆らえないし、馬券は3単で買うしかない。◎→○▲→○▲△△で3単6点。6点でもガミりそうな気がしないでもないですが、その場合はマニエリスムを切って4点。4点なら大丈夫でしょう、たぶん。

◎メーデイア
○アクティビューティ
▲サマリーズ
△キモンレッド
△マニエリスム

 次にスプリント。9分9厘は中央5頭とセイントメモリー。残りの1厘はコスモワッチミーですが、JpnIIIならともかくJpnIでは敷居が高すぎでしょう。だいたい予想通りの出走馬。ただし、え?ドリームバレンチノ?しかも、ミルコ?人気になりそうですが、芝馬が突然、砂のJpnI/GIに出て勝ち負けというのは記憶にないなあ。このJBCスプリントにおいても、ダッシャーゴーゴー(3着)やビービーガルダン(6着)、サニングデール(3着)と連対できていない。スプリンターズSからの参戦ではプリサイスマシーンが2着に入ってますが、もともとが地方馬で中央入り後もダートでOP入りした馬なので同列には語れない。過去の例からすれば、あって3着でしょうね。いきなりやってきて勝ち負けされるほど、エスポやタイセイ、セイクリ、テスタは弱くない。ただ、血統的にダート向きっぽい上に、水曜の追いきりで一番時計出してるんですよね。人気しないなら抑えたいけど、人気の一角になりそうで非常に悩ましい。

 実績ではエスポ、テスタ、タイセイ、セイクリの順ですが、距離適性ではセイクリ、テスタ、タイセイ、エスポの順でしょう。この1年を考えると、エスポVSセイクリはエスポの3戦3勝、エスポVSテスタはエスポの2戦2勝、エスポVSタイセイはエスポの1戦1勝。エスポは今回の中央馬に今年、先着されていません。距離がどうかが問題ですが馬券圏外は考えられない。というか連は外さない。タイセイから見れば、タイセイVSセイクリはセイクリの2戦2勝、タイセイVSテスタもテスタの2戦2勝。ただし、これはいずれも根岸SとフェブラリーSと中央でのもの。一息入ってタイセイは復調しているので何とも言えない。最後にテスタVSセイクリでは、テスタの4戦4勝。JpnI馬の3頭から見るとセイクリは重賞8勝馬とは言え見劣りします。あって3着でしょうね。連は厳しそう。3複なら簡単ですがそれだと買う意味もないので3単で行くしかない。◎○→◎○▲→○▲△だと7点か……。◎→○→▲などで決まるとガミでしょうが、セイクリが絡めば3000円ぐらいつきそうな気もします。ガミ覚悟。

◎エスポワールシチー
○タイセイレジェンド
▲テスタマッタ
△セイクリムズン

 最後にクラシック。白山大賞典で地元馬の通じる余地はないのは明白。たとえナムラダイキチがいても厳しかったろう。ホッコータルマエ、ソリタリーキング、ハタノヴァンクール、クリソライト、ワンダーアキュートの5頭の争い。クリソライトは未知数。JDDでぶっちぎったエーシンゴールド以下の成績で判断するしかないですが、エーシンはJDD後に出走がありません。3着のケイアイレオーネはレパードS3着から古馬相手のシリウスSを勝っています。一方で4着のインサイドザパークは東京記念で沈んでいます。まあ、でもシリウスS勝ち馬を歯牙にもかけないレベルですから、あるいはこの面子でも勝ち負けしてしまう可能性は十分でしょう。1,2人気になるとも思えませんし。で、ワンダーアキュートとホッコータルマエのどちらかが1人気でしょうし、実績も上位。ハタノヴァンクールとソリタリーキングは対戦成績からも分が悪い。クラシックも実質5頭立てですので、3単勝負するしかない。

◎ホッコータルマエ
○ワンダーアキュート
▲クリソライト
△ハタノヴァンクール
 
 去年のJBCも4着でしたし、何度も書きましたが兄は兄でもヴァーミリアンではなく、サカラート級のソリタリーキングはJpnI馬4頭相手は荷が重い。どれか(ハタノかクリソ)に先着しても4着。残り4頭。◎○はどちらも3着に入ると見ていますので、3複2軸なら2点で済みますが、たぶん配当も180~220円あたりの悪寒(笑) やっぱり3単か……。クリソライトが怪物の可能性もありますが、ダート戦線は層が厚いですからね。勝つまでは厳しいと思います。◎○→◎○→▲△なら4点。これかな。最終的な買い目はつぶやきに書きますが、上京前の予想は以上です。
 




テーマ:地方競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

13年アルゼンチン共和国杯展望

 急遽、上京することとなりました。そして、主目的は月曜の夕方なので、日曜日は東京到着後、腹ごしらえしたら府中直行します(笑) 学友Kくんと朝から競馬で、その後、飲んで歌って日曜は終わりかな。残念ながら日曜の府中のメインレースはGIではなく、GIIのアルゼンチン共和国杯ですが、GIシリーズの谷間の週なので、空いていて観戦しやすいかもしれませんね。朝から府中突撃なので、せっかくですから競馬博物館など関連施設も見て回りたいと思っています。府中には100回ぐらい通ったと思いますが、博物館には1度も行ってなかったんだよなあ。GIIなのと、疲れているので短評は省略です。

 ☆チェックポイント☆
・7歳以上馬…トウカイトリック、サイモントルナーレ、イケドラゴン、セイカプレスト
・前走重賞で10着以下かつ当該年に重賞2勝以下…コスモラピュタ、トウカイトリック、ルルーシュ、ニューダイナスティ、デスペラード
・前走OP特別で負けている…イケドラゴン、セイカプレスト、モズ、アスカクリチャン、コスモロビン
・前走条件戦で3着以下…マイネルマーク
・2000m以上で連対歴がない(例外1頭)…いない
・単30倍以上…???
・牝馬、セン馬…メイショウナルト
・ 10人気以下の関東馬…???

一応、残ったのは、ムスカテール、シゲルササグリ、エックスマーク、アドマイヤラクティ、ホッコーブレーヴの5頭。
 本命はムスカテール。去年の2着馬ですし、今年の目黒記念も2着でこの舞台に実績がありますし、前走は実績の薄い中山での敗戦で人気も適当に落としそうで妙味もありそうです。相手は基本的に消去法で残った馬。ただし、実力も適性も似ているルルーシュや勢いのあるメイショウナルト&ユタカを消すのは怖いので、ルルーシュとナルトを入れる代わりに関東馬で三浦騎乗のホッコーブレーヴを消します。馬券はムスカテール1軸の3複BOXで。人気が合われそうですし、当てれば3000円以上はつくでしょ、たぶん。

◎ムスカテール
○メイショウナルト
▲アドマイヤラクティ
△ルルーシュ
△エックスマーク
△シゲルササグリ

 目黒記念に続いてここも期待したい。「フハハハ、(ハズレ馬券を買った)人がまるでゴミのようだ!」と高笑いさせてください。頼むよ、リスポリ。(ムスカ馬券圏外を目の当たりにして)「目がぁ!目がぁ!」とかなりたくないので。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |