ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

気の早い予定。

 昨日の昼間、メールチェックをしたところ、覚えのないカード請求があり、5分ほど悩んでいました。昨日の日付で8610円?そもそも昨日、カードを使っていなかったので、もはや流行の個人情報流出?カードの不正使用か?などとも思ったのですが、なんてことはなく、BUMP OF CHICKENの新潟公演チケットが取れていただけでした(笑) 昨年のツアーも2,3度申し込んだけれども取れなかったので、2年ぶりのライブ参戦です。一昨年も今年もGWの新潟公演。3月12日発売のアルバムを引っさげてのツアーなので、アルバム曲主体だろうなあ。楽しみです。

 アルバム曲以外だと、一昨年の新潟でやらなかった曲をやってくれるとうれしいところです。『ロストマン』『ハルジオン』『才悩人応援歌』『イノセント』あたり。後ろ2曲は過去のアルバム曲だから難しいか?でも、『ロストマン』『ハルジオン』はなくもない……はず。あとは席がどの辺になるかだなあ。ちなみにスタンドではなく、アリーナ席です。前回は、左・中・右と前、中、後と9分割で考えれば、中・中ぐらい。ほぼ会場中央。ふつーですね(笑) 朱鷺メッセは1万人のハコなんで、そこでもけっこう遠く感じました。青森市文化会館の5倍のキャパだもんなー。

 その一昨年の新潟は日曜のライブだったので、米沢→新潟への移動、新潟競馬観戦、ライブ参戦を1日で敢行。太ももがツりまくりでした。今回は土曜のライブ、日曜の競馬と分けられるので、無理がない。前回は最終レースを見るヒマがなく移動だったしなあ。GWは弘前から新潟まではロングドライブ。さらにその前後で新潟から関西への遠征も予定していますが、新潟・関西はバスを予定してます。暦から考えて、5月5/6日のどちらかで兵庫CSが園田競馬場であるはずなので、参戦を考えています。何度か観光した京都・奈良ではなく、大阪・神戸を中心の観光を考えています。その後、新潟へ戻って、車で帰郷予定。うーん、なかなかのスケールだな。
スポンサーサイト

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

14年川崎記念回顧~ダートマン~

☆川崎記念予想結果☆
◎ホッコータルマエ……優勝
○トウショウフリーク……3着
▲ランフォルセ…………4着
△ムスカテール………2着

 中央・地方通じて今年初めての重賞的中。しかも3連単……880円ですけどね(笑) 例年、川崎記念はガッチガチの決着となることが多いですが、今年も1→3→2人気での決着でガッチガチの決着でした。勝ったのは昨年のダート戦線を席巻したホッコータルマエ。単110円の圧倒的人気に応えてジーワン5勝目。この後はフェブラリーSからドバイだそうです。半馬身差2着に久々のダート参戦のムスカテール。3着に大逃げをうった2人気のトウショウフリークでした。ランフォルセは2周目の向正面で戸崎騎手がおっつけおっつけで手ごたえ怪しく4着。先行したフリートストリートも垂れて6着。地方馬最先着は母フサイチエアデール、兄フサイチリシャールの良血・サイオンの5着でした。

 ホッコータルマエは直線でムスカテールに迫られましたが、最後は脚色が同じとなり、半馬身差ながら完勝と言える内容でジーワン5勝目。南部盃から休みなく使われていますし、フェブラリーSは使わずにドバイでもいいんじゃないかと思いますが、中央GIの勲章が陣営としても、種牡馬入りしたときを考えてもほしいのでしょうね、おそらく。抜け出すとソラを使うところがある馬ですし、抜け出すタイミングが意外と難しいのかもしれません。自分で展開を作れますし、距離やコースも不問の馬なので、フェブラリーSでも期待したいですが、また何かに出し抜かれるおそれもなくもない。ただ、地方でのレースなら当分崩れそうにありません。まだ5歳ですしね。長期政権になるんじゃあないでしょうか。

 久しぶりのダート挑戦のムスカテールでしたが、鋭く伸びて2着。最後はタルマエと脚色が同じでしたが、久々のダートで王者相手にこれだけやれたなら、今後の目処がついたと思います。距離は芝と同様に2000以上あったほうが良さそう。マイルあたりだとどうでしょうね?逆にフリートストリートはやっぱり距離が長かった。2000以上を使うぐらいならむしろ1400ぐらいのほうが向いているかもしれません。さすがにもう陣営も2000以上のレースには使ってこないんじゃあないでしょうか。ランフォルセはいつものランフォルセでした。トウホクビジンはロケットスタートこそ決めましたが、結果はいつもどおりでした。トウショウフリークはシビルウォーにちぎられる馬ですので、ジーワンでは荷が重いのでしょう。

 近年、中央の馬券よりも地方の馬券を多く買っています。そして、回収率も的中率も地方のほうが良い。中央の馬券にしてもダートレースのほうがよく当たっています。芝のレースを控えめにして、OPや準OPであっても積極的にダートを選んで買っていったほうがいい感じに当たって、精神衛生的にも良いような気がする今日この頃です(笑) 人間がダーティーなので、ダート競馬向きだったのかもしれない。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

14年川崎記念展望

 今日は今年のジーワン緒戦となる川崎記念が行われます。しかし、さみしいメンバーだなあ。中央も地方も。ホッコータルマエに恐れをなして逃げてしまったのか?ニホンピロアワーズは中京で左回りの適性を試したかったようなので、これは理解できるのですが、ソリタリーキングやグレープブランデーはこっちに出たほうが賞金も稼げたように思います。結果論になってしまいますが。ホッコータルマエを除けば、佐賀記念なのか?というような面子ですので、オオエライジンやアウトジェネラルなどには出てきてほしかったですね。愚痴はさておき、展望です。

 この10年で地方他地区馬の連対例はありません。05年の3着に岩手のウツミランカスター。その一例のみ。ウツミランカスターは4走前の南部盃5着、2走前の浦和記念で4着と交流で掲示板に載っていました。そのレベルの他地区馬は……いませんね。オオエライジンが出走してくれば、これに該当したのでしょうが。

 南関馬で馬券になったのはこの10年で、エスプリシーズ、アジュディミツオー(2回)、フリオーソ(5回)、ボランタス。ミツオーとフリオーソは川崎記念の時点でJpnI勝ちがありましたし、中央馬と互角以上の人気にも推されていました。他の2頭ですが、ボランタスも交流重賞勝ちが既にあったし、エスプリシーズにしても交流で何度も好走して、南関重賞を連勝しての参戦。実績がない馬は来れない。

 交流重賞実績と言う点では、カキツバタロイヤルはダイオライト記念2着、日テレ杯3着がありますが、これは3年も前の話。まあ、前走が東京大賞典5着ですが、多分に面子に恵まれましたし、南関重賞でも勝ちきれない現状ではどうでしょう?ちなみに昨年の川崎記念は6着でした。掲示板に載るかどうかと見るのが妥当でしょう。ウインペンタゴン、サイオンではなおさら厳しい。

 ホッコータルマエは故障でもない限りは確勝。先日のニホンピロアワーズよりも明らかに強い上に、走る面子は東海Sよりも数段下。これでホッコータルマエが普通に走って負けるなんて想像ができません。単勝元返しレベルの人気でしょうが逆らえるわけがない。相手も九割方は中央馬でしょうが、ここをどう選び、そしてどう買うか、それだけが問題。

 トウショウフリーク、ムスカテール、ランフォルセ、フリートストリート。実績上位なのはランフォルセ、騎乗するのも南関を知り尽くした戸崎ですが、アテにならない馬なので厄介。3着以下を突き放しての2着(一昨年のように)もありえますが、5着でも不思議ない。無難なのはトウショウフリークでしょうか。距離実績もあり、鞍上もユタカならヘタは打たないでしょうから。

 フリートストリートは2000以上を3度走っていずれも馬券になっていません。鞍上がこちらも南関を知り尽くした内田ですが、内田は昨秋からどうにも乗れていない。人気のない中央馬は不気味ではあるのですが、あまり買いたくはない。ムスカテールは、ダートで2連勝のデビューだったんですね。距離は持ちますし、久々のダートとはいえ、適性皆無じゃないとわかっているのは大きい。

◎ホッコータルマエ
○トウショウフリーク
▲ランフォルセ
△ムスカテール

 面白くもなんともない買い方ですが、先週のTCK女王盃のように面白いだけの馬券で、外れてばかりでは仕方ありません(笑) ガミも覚悟です。◎をアタマ固定の3単6点で勝負……と前日は思ったのですが、6点でも複数ガミでは多いようです。5→3=4,7の4点で。これでも5→3→7なら数十円のガミになりそうですがしかたない。

 3単で1~4点買うか、2連馬券で3を切って、5-4,7の2点、あるいは5-3の1点勝負に出るかぐらいしか選択の余地はないと思います。

テーマ:南関東競馬 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

14年AJCC回顧~伝統芸を堪能~

★AJCC予想結果★
Bヴェルデグリーン……優勝
Bサダムパテック……11着
Bトゥザグローリー……13着
Bレッドレイヴン………4着

 オールカマー勝ち馬のヴェルデグリーンが同条件の重賞で重賞2勝目を挙げました。前走は面子が強すぎただけで、このぐらいの面子なら実力上位ということでしょうか。2着に外人は外人でもルメールではなく、ベリーのサクラアルディートが入り、馬連、馬単、3複、3単は万馬券の波乱の結果。3着に昨年の京成盃馬のフェイムゲーム。叩かれて良くなっていたということなんでしょうか。1人気のレッドレイヴンはヨシトミさんの伝統芸で僅差の4着。ちなみにこの直前の10Rでも僅差の4着。うん、いつものことですね……。

 ヴェルデグリーンは中山巧者ですし、順当勝ちといっていい。ナカヤマナイトのような馬になっていくんじゃないでしょうか。東京でも下級条件では勝っていますが、GII2勝の実績からして、もうGIIIも負担重量からして出にくい。府中のGI,GIIではどうですかね?人気が全然ないなら軽く抑えるぐらいかなあ。距離を伸ばして結果を出しているだけに、中山でも中山記念よりも日経賞のほうが期待できそう。陣営も中山重視で今後も使ってくるでしょうが。府中でこそのジャングルポケット……というか父父のトニービン産駒でしたが、世代を経ると傾向も変わりますね。

 サクラアルディートはここ2戦からして、中山が向いてないような気がしたのですが、叩きあいにまで持ち込みました。ベリーが巧いことやったということなのかな。ダノンバラードは沈みましたが、ベリーは2年連続でAJCC連対。鞍上が中山向きなのか?(笑) 今回は好走しましたが関東では今ひとつの結果が続いていましたし、あまり遠征競馬が良くないタイプという気もします。今回のように不人気ならともかく、関東で人気なら疑ってかかりたい気持ちもあります。フェイムゲームは兄バランスオブゲームと同じで中山がベストなんでしょうね。今後が楽しみです。

 正直、残り200ぐらいではヴェルデとレッドで取れたか?とも思いましたが、はさまれた形になると真ん中の馬はつらいですね。よほど競り合いに強い馬ならともかく。というか競り合いに弱いのは馬じゃなくて鞍上なのかも(笑) 終わってみれば過剰人気だったのかもしれません。それと+20kgというのも響いてそう。馬体重見て買うヒマはないんだよなあ……繁忙期の日曜なので。ダノンバラードはスランプですね。再々復活はどうですかね?トゥザグローリーも得意の冬場でこれだと、あとは弟に任せる時期なのかもしれません。

 買わなかったのですが、東海Sは人気のニホンピロアワーズが完勝。本命派としては買うレースをそもそも間違っていたような気がします。いつもより後ろからの競馬でしたが、この面子ならこれでもいいという鞍上の判断だったのでしょうか。脚質に幅が出てきましたね。グレープブランデーはまたの復活はあるかなあ。ダート馬なので、長く走ることになるでしょうし気長に見るしかない。当分は手が出せませんが。それとソリタリーキングはここじゃなくて、川崎記念のほうが良かったような。ホッコータルマエ以外になら先着の可能性が十分でしたしね。

 これで中央競馬は1月全敗。ぐは!地方競馬もまともな配当は取れてないし、馬年なのにいきなりスランプからのスタートです。雪が溶ける前に巻き返したいものです。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『未来よりも早く』

『未来よりも早く』

どれだけ歩いてきただろうか

ふと後ろを振り返ってみれば

落としてきたものがいくつもあった

二本の腕だけじゃ抱えられる物に限りがある

だから、くすんでいた石ころは捨ててしまった



振り返ってももう取り戻せない

あんなものがあるから辛かった

死にたくなるほど捨てたかった

そんなものを今は求めている

取り戻せないから欲しかった



くすんだ石ころを今も持っていたなら

価値あるものになっていたのかなあ

どうにもならない事が頭から離れない

誰かに捨てられたんじゃない

僕が選んで捨てたはずなのに



たぶんその石ころと同じ様なものが

それより僕にとって大切ななにかが

今の僕のなかにもきっと埋まっている

未来の僕が失って後悔する前に

現在の僕が掘り起こせればいい



掘って掘ってまた掘って……

ああ、出てくるものはゴミばかり

掘って掘ってまた掘って……

でも、そんなゴミ片付けも悪くはないんだ

僕は確かに大切ななにかへ近づいている



2011年02月16日作
2013年10月10日小改編
2014年1月26日ラジオNIKKEI『私の書いたポエム』放送分

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

14年AJCC展望

 東海Sは時期変更されて間もないので過去の傾向がどうこうと言えないので、AJCCの予想です。AJCCは1972年に馬インフルで4月施行になった以外は、時期は1月末で固定です。1984年のグレード制導入後は今と同一条件です(府中改修の2002年以外)。条件が安定しているのでデータ派には予想しやすいレースです。まあ、当たるかどうかは別として(笑)

☆チェックポイント☆
◆チェックポイント◆
・牝馬……マイネオーチャード
・10番人気以下……サクラアルディート、コスモファントム、フラガラッハ、ヴァーゲンザイル、サトノシュレン、チョイワルグランパ、マックスドリーム
・前走がOP特別か準OPで負けている……フェイムゲーム、ヴァーゲンザイル、ダービーフィズ、サトノシュレン、チョイワルグランパ
・前走が中山金杯で6着以下…サクラアルディート、コスモファントム
・前走がダート……チョイワルグランパ
・半年以上の休み明け……いない

 残ったのは、ケイアイチョウサン、ダノンバラード、ヴェルデグリーン、サダムパテック、トゥザグローリー、レッドレイヴンの6頭。1~5人気と8人気馬ですね。

 6頭も買ってられないのでさらに絞ると、中山で5戦して連がないケイアイチョウサンはあまり買いたくない。後方一気の馬と鞍上だしなあ。よほど展開が向かないと厳しい。中山で連がないというのはトゥザグローリーも同じなのですが、3着2度が有馬記念でのものですし、鞍上がルメールなので切るに切れない。もう一頭切るなら去年の勝ち馬ですが、ここ2走があまりにもヒドいダノンバラードでしょうか。秋天はまあいいのですが、中山2500なんて向いてそうなのに、秋天以上の大敗。前の馬はオルフェーヴルに潰されたとも言えますが、同じような位置のナカヤマナイトやラブリーデイからも1秒以上の差。一変はどうですかね?

 軸を決めるとロクなことにならないし、人気馬に逆らって玉砕続きなので、ここは無難に。下記4頭の馬複BOXで。

Bヴェルデグリーン
Bサダムパテック
Bトゥザグローリー
Bレッドレイヴン

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

14年TCK女王盃~メーデイアのための牝馬戦線~

★TCK女王盃予想結果★
◎4.アクティビューティ…4着
○8.メーデイア…………優勝
▲3.ワイルドフラッパー…2着
△6.ビタースウィート……5着
△9.レッドクラウディア…10着
△11.カラフルデイズ……3着

 展望で「無論、メーデイアは有力。今日のレースをいくつか見ましたが前が残る印象を受けました。よほどのハイペースでもなければメーデイアが4角先頭から押し切るはず」とまで書いていたのに、素直に軸にせず玉砕。我ながらバカな買い方をしたものだと思います。OP2着と中央実績では昨年のメーデイア以上で、鞍上もルメールのワイルドフラッパーをねじ伏せて、メーデイアはこのレースを連覇。牝馬交流重賞の連勝を6に伸ばしました。俺の本命・アクティビューティは3角過ぎからの手ごたえが怪しく、前に詰めるどころかゴール寸前でカラフルデイズにも差されて4着沈没。グハッ!!!

 この1年の牝馬ダート戦線はメーデイアのメーデイアによるメーデイアのための重賞戦線でした。クラブの規定により今春で引退だそうですし、あるいはこれで引退かもしれません。もう1戦使うならフェブラリーSではなく、エンプレス杯でしょうか。JCダートの内容からして、ラヴェリータやミラクルレジェンドよりも落ちると感じますし、牡馬相手の中央GIでは掲示板も厳しそう。手堅くJpnIIの1着賞金をGETして引退でしょうなあ。1度、牡馬相手の地方のGIで見てみたかったですね。確勝であり、事実、完勝だったここではなく、川崎記念でどこまでやれるのかを見たかった。ここを勝ってももはや繁殖価値には影響しないでしょうし。

 鞍上と中央実績から期待されたワイルドフラッパーは2kgもらいでも、女王メーデイアにねじ伏せられました。とはいえ3着は5馬身ちぎっていますし、メーデイアが去ったあとは牝馬ダート戦線を引っ張っていく馬になるだろうと思われます。カラフルデイズは予想通り、バテもせずキレもせずになだれこんでの3着。今後もこんな競馬を繰り返して、コツコツ賞金を稼いでいく馬になりそうです。馬券購入者としてはアタマはないにしろ2~4着ばかりになりそうですし、とりあえずヒモで抑えておくのが無難か。アムールとオメガはやはり通用しませんでした。展開うんぬんというか関東オークスが面子に恵まれただけだったというのを改めて証明した印象。

 期待したアクティビューティですが、前を行く2頭にレースを支配されてしまい、どうにもならなかった感じ。力負け。ただ、メーデイアがいなくなりますし、展開次第ではワイルドフラッパーに一矢報いる機会はあるんじゃないかとみています。カイカヨソウもオメガやアムールとどっこい。衰えたクラーベに先着されていた馬ですから、この結果は妥当。ビタースウィートは連勝が途切れましたが、3,4着馬とは差がないですし、メンバー次第では交流でも3着はあるかもしれませんし、南関牝馬重賞なら今後も勝って行くんじゃあないでしょうか。レッドクラウディアはどうしたんでしょうね。堅実さがウリなのにこの大敗は???

 年明けの重賞は堅いレースが多いのに、ひねくれた買い方をして外れてばかり。次からは素直に、普通に、当たり前に買いたいと思います。大反省ですよ。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

14年TCK女王盃展望

 今年の交流重賞第1弾となるTCK女王盃です。中央馬だけ買ってれば当たる……そんな交流重賞が多いですが、意外とこのレースは地方所属馬も活躍しています。一昨年は南関牝馬路線で勝ちきれなかったハルサンサンがカラフルデイズを差しきっていますし、その前も元中央馬ながらユキチャンも勝っています。この10年で他地区馬が馬券になった例はないので、他地区馬はよほどの実績がなければ無視して良さそうです。

 中央馬と南関馬だけ考えれば良いと思いますが、カイカヨソウは南関馬同士ならともかく、中央馬相手にどうこうできる器ではなさそうです。俺は関東オークスを勝ったときからさほど評価してなかったアムールポエジー、衰えが明らかなクラーベセクレタに先着されるようではここでは無理。オメガインベガスは関東オークスでアムールに負けていますが、今なら互角と見ています。ただ、アムールをモノサシにすると連下……というかあって3着かな。南関馬だと、元中央馬ですがシンデレラマイルの1,2着がやはり有力でしょう。レッドクラウディアが中央馬のまま、ここに出ても3,4番人気にはなったでしょうし、それを破って3連勝中のビタースウィートは無視できない。

 中央馬は無論、メーデイアは有力。今日のレースをいくつか見ましたが前が残る印象を受けました。よほどのハイペースでもなければメーデイアが4角先頭から押し切るはず。ただし、アクティビューティも力をつけていますし、不気味なのはルメール騎乗で、交流初参戦のワイルドフラッパー。準OP勝ち、OP2着もの実績があれば勝ち負けしていいはずです。カラフルデイズはよくも悪くも2年前と同じ。ただ、その2年前のこのレースより、明らかに面子が強化されています。そもそも決め手に欠ける馬ですから、なんとなく先行して、そのまま3,4着ってイメージです。それに先着されたアムールポエジーはここでは敷居が高い。

◎4.アクティビューティ
○8.メーデイア
▲3.ワイルドフラッパー
△6.ビタースウィート
△9.レッドクラウディア
△11.カラフルデイズ

 14時時点のオッズは女王・メーデイアが1人気ですが、中央での実績上位でルメール騎乗のワイルドフラッパーも差の無い人気。アクティビューティが離れた3人気。他は単10倍以上。ワイルドフラッパーが人気を吸っているならメーデイアの頭固定流し……というのも浮かんだのですが、ワイルドフラッパーとの力差が不明ですし、アクティビューティとの差も詰まっていると思うので、頭固定で信じられるかは微妙と感じています。

 また人気が大してないので、ここはアクティビューティからと思うのですが、今年に入って堅い馬券を妙な買い方で外しているので、ヘンな色気を出さないほうがいいのか?とも思ったりしますが(笑) 馬券は3複Fで4-3,8-6,9,11 3複1人気で決まったらしょうがない。アクティビューティが実力の割りに人気してないので、この買い方でも20~30倍は軽くつきます。当たれば、ですが。

テーマ:南関東競馬 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ハイブリッド

 今日は2週間ぶりのお休み。引きこもり日の予定です。1日の労働時間が多くの人より短めとは言え、休みなしだとさすがに疲れます。それに正月までは大して雪もなかったのですが、正月明けから連日の真冬日、雪が多い日も目立ち、昨日、1月20日時点での積雪はおおよそ70cm。例年より微妙に少ないかもしれませんが誤差の範疇。それなりに雪が積もってしまいました。去年が史上最高積雪(弘前市内で150cm以上)だったので、マシに感じてしまいますが、移動の際には運転に気を使いますし、時間を余計に使ってしまいます。ああ、春が待ち遠しいですね。

 仕事柄、車を走らせることが多いのですが、先日、妙な……というか失笑ものの車を見かけました。ただのワゴンRなのですが、背面のワゴンRのロゴマークの下に、プリウスか何かのものでしょうか、ハイブリッドのエンブレムをつけていました(笑) 「ワゴンR ハイブリッド」……そんなものねえよ(爆笑) 「ハイブリッド」のエンブレム以外はまったく普通なのです。ドライバーは何を思ってそんなものをつけたのか?気になって夜も眠れません。ほかにはたまに、スズキのSマークを外したワゴンRなども見かけますが……OEM供給されたAZワゴン(マツダ)だけど、AZワゴンじゃないことにしたくてエンブレムを外した……のかな。

 引き続いてクルマの話。正月も終わったというのに、けっこう県外ナンバーのクルマを見かけます。国道を走ることが多いせいもあるかと思うのですが、札幌、帯広、多摩、品川、つくばなどいろいろ目にします。東日本のナンバーが多いのですが、先週、国道沿いのマクドナルドのドライブスルーに並んでいたら、前車が沖縄ナンバーのトヨタ・RAV4でした。沖縄からどうやってきたのか?鹿児島まで、あるいは首都圏までフェリーに乗ってきたのかなあ。フェリーを降りてからも延々と運転しないとなりませんし、金銭的に得とはとても思えませんが、クルマで青森(あるいは北海道)まで行きたかったのかな。遠路からお疲れ様と思いました。どこの誰かしりませんが、気をつけて沖縄へ帰っていただきたいものです。

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

14年日経新春杯回顧~負け午(年男)の遠吠え~

 地方競馬の馬券はちょぼちょぼとですが的中がある一方で、中央競馬は福寿草特別、中山金杯、シンザン記念、そして日経新春盃と4連敗中。中央競馬の初的中が2月以降なんてイヤすぎる。この時期は仕事が繁忙期であるため、展望を書かずミニブログの類で買い目を書き込んだだけ。それがダメなのかな。カワキタフウジン、ステウインドの3枠2頭から1,2人気の2頭へのワイドを買いましたが、1,2,4人気の堅い決着で、本命党のクセに微妙にスケベ心を出した馬券は粉砕されました。

◎ステラウインド………10着
○カワキタフウジン……5着
▲サトノノブレス………1着
△アドマイヤフライト…2着

 サトノノブレスの地力はもちろんですが、その能力をいかんなく発揮させたルメールはさすがというほかない。無理に抑えずに、馬の行く気を損ねず、コースロスなく乗った結果が2着のクビ差だったと思います。ルメールは早くも今年の重賞2勝目。今年の勝ち星が2勝以下の騎手だってけっこういるのになあ。今年も外国人旋風が収まることはなさそうです。サトノノブレスは末もキレますが、菊2着が示すようにスタミナが勝ったタイプだけに、今日のように前々で押し切るレースのほうが合っていると思います。菊花賞馬・エピファネイアは大阪杯から香港だそうですし、GI馬が勢ぞろい!なんて春天になるとは思えません。サトノノブレスは春天でも有力でしょう。

 アドマイヤフライトはよく伸びてきましたが2着まで。脚質の差、枠順の差とも取れますが、ルメールと福永の差だと感じてしまいます。福永がヘタクソだとは思いませんが、ルメールが相手では分が悪すぎるのは否めない。フーラブライドは伊達に重賞含む3連勝していたわけではなかった。ただ、3,4kgもらってこの結果では、牡馬相手の重賞は厳しいと思います。今後は牝馬重賞路線でしょうが。期待したステラウインドはいい位置どりでしたが、4角で手ごたえが怪しかった。サトノノブレスと真っ向勝負して潰れた(笑) カワキタフウジンは前走がフロックではないところを見せましたが、伸び盛りの馬相手に9歳馬だとこれが限界なのかな。

 期待もしてなかったし、買ってもいなかったラウンドワールドはまったく見せ場もなく11着に大敗。2400をこなすだけのスタミナがなさそうです。2400ではなく、1400や1600のほうが合ってると思います。1400や1600ならガス欠にもならんでしょうし、パンパンの良でも渋馬場でもこなせるので、安定した成績になる……と見ています。2戦連続の大敗で人気ガタ落ちでしょうから、次に短いところをつかってきたら狙ってみたいと思っています。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『音のない詩(うた)』

『音のない詩(うた)』

人々が詩に触れる機会は減ってしまった

僕もどれだけの「詩」に触れてきただろうか

「歌詞」に触れる機会はあふれているのに

たぶん、積極的に「詩」を読むよりも

受け身で「音」を聴くほうが「楽」だから



音のない詩はドリンクを飲むように

たやすく心に染み入らなくて

粉薬のように、水でもなければ

奥底へは届かないものかもしれない

「声」はそんな「詩」のオブラートだろう



でも、本当は音がないとしても

心を振るわせられるはずなんだ

「詩」にもそれだけの力がある

書いて、描いて、うたい続けよう

自分のために、誰かのために



2013年12月27日作
2014年1月19日ラジオNIKKEI『私の書いたポエム』放送分

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

新年競馬雑感

 2014年が始まった……と思ったら、あっという間に半月あまりが経過。数日前に正月があった気がするんだが……。午年ですがこの半月の馬券はパっとしません。中央競馬は3レース買って全敗。地方競馬は4レース買って2レース当てていますが、300円が400円になったのと、400円が490円になったのでは勝ったとは言いがたい。初的中が京都記念なんて3,4年前に比べればまだマシだが……。

 ここ2,3年は中央競馬の倍ぐらい地方競馬(主に南関)を買っています。地方競馬はライブ配信してくれますし、楽天競馬で買うと馬券が外れても、ポイントでいくばくかは還元されるのも魅力。あと、中央競馬のパドックを見ても、馬の良し悪しなんざちっとも分かりませんが、地方競馬、それも下級条件だとまるで覇気のない馬もいたりして、来る馬はわかんないけど、これはないなという馬が分かったりしますね。

 たとえるなら、中央競馬は高級車の新車ばかりで、どれも見栄えして判別できないのですが、地方競馬は中古車だらけで、廃車寸前の馬から、新古車まで混ざっているから、見て分かりやすいというか。乗る人も年間200勝の人と、年間20勝の人と、年間1勝の人がしょっちゅう一緒に走っているので、騎手買いもしやすかったり。まあ、だからオッズも激低か、荒れたら大波乱と二極化しやすい。

 とりあえず中央競馬でも早いところ、今年の初アタリといきたいですね。シンザン記念はガチガチだったのに、2,3人気馬の単を買って玉砕。初アタリをするには絶好のレースだったのにな。勝負事には流れもありますし、負けが混んでくると、気持ちが守りに入って、どつぼにハマるってこともありますしね。

テーマ:競馬なんでも - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『ひも』

『ひも』

決して糸の切れた凧のようにはならないで

君の心にはまだひもが付いているのだから

今の君には見えないのかも知れないけれど

そのひもはとても丈夫なピアノ線なんだよ



触れれば温かくて、少し潤っているピアノ線

君にそのひもが見えたならいつでも手繰っておいで

ひもの手応えに異変を感じたなら僕らもたぐるから



ひもがあまりにも多すぎたら、絡まってしまうかもしれない

そして、君はその事をウザったく感じるかもしれないけれど

自らひもを切るような馬鹿な真似だけはしないでほしいんだ

そのひもは君のものでもあり、僕らのものでもあるのだから



たとえ、赤の他人には二束三文のヒモだって

僕らだけの確かなプレミアを感じているから

強く強くひもを握り締め続ける



2005年04月17日作
2013年10月22日微改編
2014年1月12日ラジオNIKKEI『私の書いたポエム』放送分

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

冬の日の2014

 冬場以外ではさほど実感することもないのですが、冬場は四肢末端が冷えまくりです。ただでさえ不眠症なのに、冷えが気になってなかなか眠れません。年が明けて冬の寒さも本格化してきたので、ここ数日は靴下を履いてねています。スッキリはしないのですが、冷えがおさえられて寝つきがいくらかマシかなーと感じます。昨年、同様に栄養ドリンクは週に4,5本ペースでよく飲んでいますが、それに加えて最近は野菜ジュースもよく飲んでいます。夜は外食中心だし、栄養バランスが偏りがちなので。ただ、栄養うんぬんを抜きにしても、最近の野菜ジュースは飲みやすくて味もけっこう美味しいですね。

 車のブレーキランプが片方切れていたので、先日、行きつけの車屋に行ってきました。実費189円だけ払ったのですが、新年の来店ということで、福箱をもらいました。さらにドライブ用の手袋ももらいました。189円よりも明らかにもらったものの額のほうが高いのでなんだか申し訳ない気分になりました(笑) 福箱ですが、車屋の福箱なので、ウォッシャー液や解氷スプレー、車内芳香剤、拭くピカなどカー用品でも入ってるのだろうかと思ったのですが、開けてビックリ。入っていたのはキッチンペーパー、ゴミ袋、ラップ、ティッシュペーパーといったキッチン用品。あとはうまい棒、ベビースターラーメンなどの駄菓子。車と関係ねえー(笑)

 正月に弟が帰省したときに、弟が最近買ったフィット(12万km以上走行、購入価格十数万円、1.3L/CVT/4WD)に乗ったのだが、過走行車でおそらく10年落ちの形式と思うが、それでもやはり「軽とは違うのだよ、軽とは」というのを感じました。まあ、当たり前か。ちなみに弟が言ったわけではない(笑) 時速40~50kmで走行中のエンジン回転数が1000回転ちょい。圧倒的に静かでしたし、古いとは言えフィットはフィットですので、車内もひろーいね。排気量も2倍ですので、ターボ車とはいえワゴンR(ねぶごん)とは出足が違う。燃費もねぶごんよりも良い。ただ、ねぶとろ(ビストロSS)と比べれば、燃費も出足もいい勝負かな。ねぶとろは極端に狭いが(笑)

テーマ:日記 - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

点火しにくいライターのこと

 ◇子どもがライターを使ったことによる火災が相次いだ。メーカー側は、点火するためには2重の手順が必要としたり、点火レバーを重くするなどの措置を取った。それから1年半ほどたったが、愛煙家の私は、「従来の物の方が便利だった」と思いながらも、別段大きな不都合を感じてはいなかった。
 ◇しかし、思わぬところから不都合が生じていた。祖母が、点火棒式のライターを使おうとしたら、レバーが重過ぎて点火できなかったのだ。こうした重過ぎる点火レバーは、ユニバーサルデザイン(できるだけ多くの人が利用可能であるようなデザインにすること)や、バリアフリーが求められる昨今の流れにそぐわない代物と言えよう。
 ◇火災や事故などの問題が生じると、何かしらの要因を見いださざるをえないのは理解できるが、それも度が過ぎれば単なる責任転嫁になる。揚げ句の果てに、無関係な人に不便さを押しつけることになりかねない。
 ◇事物に問題が生じた際にまず見直されるべきは、構造ではなく、あくまでもそれを取り扱う人の側だと思われる。物のせいにばかりしていては、いつまでたっても予期せぬ事態に陥る危険はなくならないだろう。物や技術を生かすも殺すも人次第なのだから。

 (2014年1月7日東奥日報夕刊掲載分)

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

ねぶの投稿マシンガン | コメント:0 | トラックバック:0 |

14年中山金杯回顧~出足がつかない午年の俺~

★中山金杯予想結果★
Bユニバーサルバンク…11着
Bサクラアルディート……9着
Bカルドブレッサ………2着
Bディサイファ…………3着

 午年の馬券を占う上で重要な東西金杯。中山だけ買いましたが、2,3着で玉砕。8人気のカルドブレッサは抑えていましたが、勝ったベリー騎乗のオーシャンブルーが抜けてハズレ。オーシャンブルーは一昨年の有馬記念2着時を彷彿とさせる内容でした。外から殺到する各馬を尻目に内からスルスルと抜けました。1人気のディザイファは外から強襲するも3着まで。

 勝ったオーシャンブルーは、実績をあげたルメールが前回乗ってダメだったのだから、ベリーじゃ鞍上強化にならないと思ったのですが、刺激があったのか、昨年の不振がウソのように内から鋭く伸びました。この馬がGIIIを走るのは初めてでしたし、面子も軽かったとは思うのですが、内枠を引けたのも良かったのかもしれません。昨年は4走してますが、すべて6~8枠と外目を引いていましたし。面子や枠、展開などいろいろなことが向いたような気もしますが、この一勝で流れが変わるかもしれません。ステイゴールド産駒はスランプに陥っても、復活してきますね。コースの得手不得手はないと思いますが、他馬には中山を苦にする馬もいるので、相対的には中山が一番良いように感じます。

 2着のカルドブレッサは勝ち馬と上がりは同じ。枠順も位置取りも似たようなものだと思いますが、インをついたか外を回したかの差が出たように感じます。ただ、前走の内容からこれぐらいやれるとは思っていました。だから、基本的に本命党の俺ですが、8人気のこの馬も抑えていたのです。それは正しかったのですが、勝ち馬がここで復活するとは思いませんでしたよ……。ディサイファは人気ほど信用してない旨は展望にも書きましたが、やっぱりこんなものかな。四位が乗っているうちは大化けする感じもしない。善戦マンって印象です。ユニバーサルバンクは2000はやや短いのかもしれません。それと2000→3600なら対応できても、3600→2000は対応しにくいように思います。この馬に限りませんが。

 今年、中央で2レース、地方で3レース買って、地方の平場で1レース当てて、今年の初アタリを取りましたが、早くも負けが混んでます。週末の中央競馬で早めに収支をトントンにしたいものです。穴党ならどこかでドカンとくれば一発で収支逆転もあるのでしょうが、俺は本命党なので負けが混むのはマズイ。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『ミックスジュース』

『ミックスジュース』

たまにはミックスジュースを飲みたい

甘さと酸味、ほのかな苦味の交じり合った……

コーヒーやお茶ばかり飲むことには少し飽きた



僕好みのミックスジュースはなかなか見つからない

たまには美味しそうなものを見つけることもあるけれど

試飲しようにも手の届かない場所に陳列してあることが多い

思い切り手を伸ばしても、伸ばした僕の手は空回りしてしまう

その手が届くように、背が伸びるように牛乳を飲んでみても

急には背は伸びなくて、回りに脚立はないかと探してしまう



今日も飲むのはブラックコーヒー

でも、ミックスジュースを飲みたい気持ちは募るばかり

愛の甘さと、隠し味にせつない酸味や悲しい苦味の混じった

そんなミックスジュースを探しに、今日もあのコンビニへ通う



2005年11月17日作
2013年12月10日加筆修正
2014年1月5日ラジオNIKKEI『私の書いたポエム』放送分

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

14年中山金杯展望

 新年の初馬券は金杯からという方も少なくないのでしょうが、俺はここ数年、川崎の報知オールスターC(S3)から買っています。そして、勝っていれば良かったのですが、軸にしたヴォルテックスは完敗。俺も完敗。金杯は完敗ではなく乾杯。いや、むしろおっぱいとイキたいところですね(笑) 酔っ払っているのか?っていいえけふぃ……もといシラフです。もっともいくら飲んでも酔わない特異体質なんですけどね。それはさておき中山金杯の展望です。京都金杯はその前の福寿草特別が取れたら買うつもりです。中央の初馬券が金杯じゃなくなりそうです。

☆チェックポイント☆
・中半年以上…いない
・単30倍以上…???
・7歳以上で55kg以下・・・イケドラゴン、ミッキーパンプキン、ドリームヒーロー、マックスドリーム、コスモラピュタ、メイショウサミット
・52kg以下…イケドラゴン、ドリームヒーロー、コスモラピュタ
・前走OP特別で10着/10人気以下…イケドラゴン、ミッキーパンプキン、セイクリッドバレー、サムソンズプライド、メイショウサミット、コスモファントム
・前走条件戦で負け/5人気以下…いない
・前走2秒以上の負け…コスモラピュタ、メイショウサミット、レインスティック

 残ったのは、オーシャンブルー、カルドブレッサ、サクラアルディート、ユニバーサルバンク、ディサイファ、ケイアイチョウサンの6頭。
 この中ではオーシャンブルーは一昨年の金鯱賞勝ち&有馬2着でトップハンデながら、昨年はいいところが全くなく、前走もその実績を作ったルメール騎乗で大敗。ベリーへの乗り代わりはプラスにはなるまい。消し。
 ケイアイチョウサンは残った馬では唯一の関東馬の上、人気ほど信頼できないので消し。出の悪いところのある馬だし、末一手の脚質と鞍上から今回も後方ポツンをやりそうだしなあ。

B 7.ユニバーサルバンク
B 5.サクラアルディート
B 4.カルドブレッサ
B 8.ディサイファ

 カルドブレッサが絡んで高目に決まることを期待。4-5や4-7なら5000円見当。朝日CCはレベルが高かったと思いますし、それで小差の5着ならここで期待できると思います。ハンデも重すぎず軽すぎず。逆にディサイファは積極的に消す材料がないので残していますが、人気になりすぎのような気がしないでもない。馬複BOX勝負ですが、並び順が俺の期待順です。

 福寿草特別は、1,2枠の人気2頭で仕方ないと思います。この頭数ですしね。他馬とは瞬発力が違いすぎる。割って入るなら7か8だろうが、当たり前だが穴人気しとる(笑) 3複1,2の2軸からヒモの7,8への2点で。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

新年大アタリ!

 新年あけましておめでとうございます。気づけば既に三が日も過ぎて4日です。皆さんは年末年始をいかが過ごされましたか?俺は30日までがっつり指導に回り、大晦日は例年通り、ばあちゃんの家でばあちゃんや母、おじ、弟らと飲み食いしながら、ボクシングを見ていました。紅白はちらっとみたぐらいかなあ。元旦も例年通りに初詣に行ってから、温泉に浸かってきました。

 まあ、ここまでは良いのですが、元旦の昼間に食べたものに問題があったのか、食あたりで俺も弟も母もダウンしました。ばあちゃんはあまり食べなかったからかさほどの影響はなかった。不幸中の幸い。食べた量に比例したのか、俺と弟の症状がひどかった。1月2日の俺はもともと引きこもり日の予定でしたが、引きこもりどころか寝たきりでした(笑) 食あたりに加え、前日に湯冷めしたのか39度近い高熱。

 昨日、3日から指導開始でマズいなあと思ったのですが、1晩寝たらほぼ回復したので良かったです。弟も2日は嘔吐するなどの症状がありましたが、もう回復したようです。母も同様。いや、新年早々ひどい目にあった。トイレで悶絶する新年なんてイヤすぎますよ。昨日、3日は俺の馬券初めでもありましたが、それも外れたしなあ。新年、スタートダッシュしたかったのに、むしろ出遅れた気分です。

 今年の目標は公言できることとできないものがありますが、公言できるものでは今年こそは西日本まで旅行に行きたいなあと思っています。かれこれ10年以上西日本へ行っていませんしね。充実した春を過ごすためにも、3月までの繁忙期はバリバリ頑張りたい。今年も欲と毒にまみれた日記をつづっていきますが、ご愛顧のほどよろしくお願いします。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『能動的に「活きる」ために』

 新年あけましておめでとうございます。午年である2014年に、午年生まれで競馬好きの私に執筆依頼が届いたのも奇遇と感じます。気がつけば早いもので、今年で私は36歳となります。「10歳の1年は10分の1で、30歳の1年は30分の1で、年々小さくなっていくから早く感じるんだよ」とある人が私に話してくれたことがあります。確かに年々、時が過ぎるのを早く感じます。鏡を見るたびに増えていく白髪が、まるで燃え尽きた線香のようにも感じられ、私に加齢を否応無く突きつけます。

 長いようで短い人生、何かしらの目的意識を持って活きなければもったいないと今更ながらに思うことが多いです。夢と呼べるほど大層なものでなくても構いません。手を伸ばしただけでは届かない。もう少しだけ先にあるもの。そんな目標があれば、日々の生活に忙殺されそうな日々でも、能動的に活きられると考えています。「新年の計は元旦にあり」と言いますし、年始に今年の目標を定めるのも有意義と思います。

 私自身の目標はいくつかありますが、気軽に書けるようなものでは、趣味である競馬の回収率(総購入額分の総返還額)を向上させることです。競馬に限りませんが公営ギャンブルの売上の25%は主催者およびお上のもとへ入り、的中者への払戻金となるのは売上の75%(一部例外有り)です。この75%の取り合いなのです。したがって回収率75%を上回れば、他の購入者よりも儲かったといえますが、自分の購入額からみれば損をしていることに変わりはないので、回収率100%を超えることが目標です。平たく言えば、できる限り損をせずに馬券を楽しみたいということです。

 このような趣味における目標でも構わないと思います。何かに追われるよりも何かしらの目標を追いかけて活きていたいものです。もちろん、時間や仕事やその他もろもろの雑事に追われることは誰もが避けられません。しかしながら「死なない」のではなく、「生きる」のでもなく、能動的に「活きる」ためには何かしらの目標が不可欠と考えていますし、日々の生活で充実感を得るための有効な手段とも思います。新年という節目はそうした気持ちを新たにし、目標を見つめなおす良い時期ではないでしょうか。皆様の新たな一年が実り多いものとなることをお祈りいたします。

 月刊『弘前』2014年1月号「新春随想」寄稿エッセイ

テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

ねぶの投稿マシンガン | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |