ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

14年宝塚記念回顧~銀色の不沈艦~

★宝塚記念予想結果★
◎ウインバリアシオン……7着
○ゴールドシップ…………楽勝
▲ジェンティルドンナ……9着
△デニムアンドルビー……5着
△メイショウマンボ………11着
△ホッコーブレーヴ………8着

 昨年の覇者でファン投票1位・1人気のゴールドシップが人気に応えて完勝。史上初の宝塚記念連覇を達成しました。出は今ひとつでしたが、この馬にしてはマシなほう。そして、やる気が今日はあったのか、グイグイ進んで好位をキープ。直線では馬場を苦にする他馬を尻目に、馬場の中央から豪快に突き抜けて勝利。先行したカレンミロティックが2着、逃げたヴィルシーナが3着と前残りの結果となりました。中団後方のジェンティルドンナは伸びるどころか垂れて9着。後方のウインバリアシオンも直線伸びを欠いて7着でした。勝ち馬以外の人気馬は総崩れで3連馬券は大波乱でした。

 ゴールドシップは去年の同様の馬場状態はプラスだったと思いますが、ノリさんの談話の通りだと思います。気分次第の面がある馬ですし、3週続けて栗東で調教に乗り、馬とのコミュニケーションを図れたのが大きかった。おだててなだめて気分良く走ってもらえたのが勝因でしょう。1角過ぎのゴールドシップの馬体や目つきから「この馬場状態。そしてあの走り。やる気がある。勝つな……」と思いましたよ(笑) 秋はどう使うんでしょうね。正直、府中や京都はこなすぐらいで、良いとは思えないし、ロンシャンで走るところを見たい。まあ、馬場が渋れば府中でも京都でも勝ち負けできる力はありますが。

 ウインバリアシオンは渋馬場でも実績のある馬ですが、今日は不発でした。やはり春天がメイチのデキで、ピークを過ぎてたのかなあと思わないでもない。一休みして秋にまた期待ですかね。ジェンティルドンナはこの馬場では勝ち負けはキツいとは思ったのですが、あんな見せ場もない大敗になるとは思いもしませんでした。去年並みにはやれるかな?と思ったのですが。馬場も合わなかったし、休み明けもあまり良くない。ゴールドシップと適性が全然違いますが、勝ち負けするのにいろいろと条件がつくという点では、ゴールドシップもジェンティルドンナも大差ない。それぞれGI5勝、6勝馬ですが、そこまでの強さを感じないなあ。

 カレンミロティックは相手なりに走るだろうと展望でも書きました……が、それは4,5着という意味で書きました。まさか連に絡むとは予想外。馬場も展開も向いたとは思いますが、大健闘ですね。ヴィルシーナも同様。終わってみたら、今日の条件では勝ち馬以外はどの馬もそう差はなかったということなんでしょうね。ヒットザターゲットなんて一銭もいらんと思ってましたが、もう少しで3着でしたし。馬場と展開を考えればこの組み合わせも予想できなくはないのですが、実際に買えと言われても難しい。だからこその高配当なのでしょうが。

スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『時間差』

『時間差』

日曜の夜の僕の様子はどうだろうか?

また馬券を外して落ち込み気味かな?

でも、競馬は毎週、毎週あるんだから

来週こそ当たればそれで良いと思うよ



日曜の夜のあなたの様子はどうですか?

月曜からの仕事や学校にウンザリですか?

でも、やるべきことがあるからこそ

休日のありがたみが増すのかもしれない



月曜の僕は、次の日曜の僕やあなたの顔を知らない

どうか励ましなんて必要がない笑顔であってほしい



2014年5月12日作
2014年6月29日ラジオNIKKEI『私の書いたポエム』放送分

※今週も中央競馬は外れた……ぐはあ!

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

14年宝塚記念展望

 上半期ももうおしまい。早いなあ。上半期の地方競馬は回収率100%をちょっと切るぐらいで好調でしたが、中央競馬の回収率は悲惨。50%をちょっと超える程度。宝塚で奪還するのは難しい。ただ、夏競馬、秋競馬に弾みをつけるためにもビシっと締めて終わりたい。宝塚記念は以外と人気の盲点になる馬が勝ち負けしますね。頭数も多くはないし、メンバー的にも大波乱は考えにくいですが、ちょっとした波乱はあるかもしれません。まずは短評から。

1.ホッコーブレーヴ……前走・前々走と人気薄ながら好走。阪神実績はありませんが、中山も京都も苦にしてませんし、コースの得手不得手はなさそう。目下の充実ぶりを考えると、ここも連下の可能性はある。ただ、さすがにここ2走ほどの人気薄にはならないでしょうね。

2.デニムアンドルビー…ドバイ帰りの前走Vマイルでは7着。阪神はローズS勝ちを含む2勝2着1回。コース実績は十分。牡馬相手でもJC2着の実績もありますし、穴っぽさを感じる一頭です。

3.ヴィルシーナ…前走で1年ぶりの勝利。Vマイル連覇を達成。ただ、鞍上がデビュー2戦で手綱を取った福永になっています。うーん……内田さんで良かったのでは?牡馬相手でまるで実績のない馬ですし、ここは苦戦か。

4.ヒットザターゲット…過去2年のこのレースはいずれも11着。成績を見てもいかにも平坦巧者という印象。阪神で連対したのも未勝利戦だけ。コース適性が微妙ですし、実力・実績的にもここでは見劣ります。

5.カレンミロティック…有馬記念以来2度目のGI挑戦。阪神で3勝していますし、ここ2戦も阪神の重賞で4着2回。距離やコースはベストと言えそうですが、力が足りるかどうか?ただ、安定感のある馬なので、ここでも相手なりに走りそう。

6.ジェンティルドンナ…ドバイSC勝利以来の休み明け。GI6勝はこのメンバーでも一番の実績です。ただ、去年のこのレースは3着といえども完敗でしたし、渋馬場を苦にしています。今日、明日でどれほどの雨が降るか。良馬場なら勝ち負けしていいですが、やや重、あるいは良発表でも去年のように重い馬場では連下までとみます。

7.ウインバリアシオン…屈腱炎で長い休養を余儀なくされましたが、復帰後も以前と変わらぬパフォーマンスを見せています。えらいお馬さんです。コースも馬場状態も距離も問わない。宝塚はここがGI初制覇という馬も少なくないですし、臨戦過程を見てもこの馬が一番順調だと思います。連軸には最適でしょう。

8.トーセンジョーダン…昨年のJCでは久々に馬券に絡みましたが、その後2戦はパっとしません。阪神が合わないとは思わないのですが、阪神実績に乏しいです。春天馬でJCで激走するジャングルポケット産駒……ジャガーメイルみたいな馬ですね。香港遠征でもするといいのかも。ここは厳しい。

9.ヴェルデグリーン…中山で重賞2勝の中山巧者。ただ、その得意の中山でも暮れの有馬記念では10着に沈んでおり、GIでどうこうというには力不足は否めない。加えて休み明けの一戦というのも不安。ただ、阪神は合ってそうな感じはします。

10.メイショウマンボ…昨年の最優秀3歳牝馬。今年緒戦の大阪杯は大敗でしたが、叩き一変でVマイルは2着。明らかに叩き良化型。今回は前走よりもこの馬としての条件は良いです。関西の中距離が一番良さそう。ただ、メンバーも強化されるだけに、牡馬一線級ともやれるのか、試金石となりそうです。馬場は渋ったほうが面白そう。

11.ゴールドシップ…昨年の勝ち馬でGI4勝の実績馬。ステイゴールド産駒は総じて中山・阪神が向いている印象があります。京都はあまり向いていない。問題はこの馬のやる気ですね。また乗りかわりで今度はノリさん。いやあ、怖い。昨年のような完勝もありそうですし、やる気が出ないまま沈むのもありそう。軸にはできない。

12.フェイムゲーム…ダイヤモンドS勝ち馬。春天は6着。阪神は初めてですが、中山巧者ですし、前走で輸送も苦にしてないので、コースは問題なさそう。相手関係だけだと思いますが、現状、兄・バランスオブゲームの域にも達していないと感じますし、その兄でもGIを勝てなかったと思うと、ここは苦しいんじゃあないですかね。


 ◆チェックポイント(連対馬)◆
・8歳以上馬……トーセンジョーダン
・混合GIでの連対のない牝馬……ヴィルシーナ、メイショウマンボ
・重賞勝ちがない……ホッコーブレーヴ
・中2ヶ月以上……ジェンティルドンナ、ヴェルデグリーン
・前走・GIII以下で4着以下……カレンミロティック、トーセンジョーダン

 残ったのは、デニムアンドルビー、ヒットザターゲット、ウインバリアシオン、ゴールドシップ、フェイムゲームの5頭。

 軸は素直にウインバリアシオンでいいと思います。天敵・オルフェーヴルが去った今、苦労したこの馬に最大のチャンスが回ってきた。2人気以下になるようならなお良い(笑) 問題は相手探し。ヒットザターゲットはコース不向きで面子も強い。フェイムゲームも強調材料に乏しいので軽視したい。

◎ウインバリアシオン
○ゴールドシップ
▲ジェンティルドンナ
△デニムアンドルビー
△メイショウマンボ
△ホッコーブレーヴ

 3連複◎ー○▲ー△の6点。◎○▲の3複なら6倍前後のようです。でも、それは配当面もありますが、ゴールドシップとジェンティルドンナが一緒に好走するというイメージがわかないので買いません。この組み合わせなら少なくとも15倍はつくようですね(前日正午過ぎのオッズ)

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

14年帝王賞回顧~さらば雷神~

☆帝王賞予想結果☆
◎コパノリッキー………2着
○ワンダーアキュート…優勝
▲ニホンピロアワーズ…4着
△ソリタリーキング……3着
△シビルウォー………5着
△ムスカテール………6着

 99%の人は中央馬で決まると思っていたでしょうし、実際に上位6頭を中央馬が独占。しかし買ったのはGI連勝中で1人気のコパノリッキーではなく、もどかしいほどの惜敗を繰り返していた3人気ワンダーアキュートでした。逃げるニホンピロアワーズ、2番手コパノリッキーをマークするような形から、直線力強く抜け出して、一昨年のJBCクラシック以来のJpnI2勝目を挙げました。2着にコパノリッキー。ニホンピロアワーズはソリタリーキングにも交わされて4着。兵庫の雄・オオエライジンは4角過ぎで故障発生。予後不良。合掌。

 展望では3単と書いたのですが、MIXIのつぶやきなどに後から書いたように、実際には3複を厚く買う形にしました。コパノリッキーが取りこぼすおそれもなくはないことと、抜けた1人気馬をアタマに据えてもリスクが増すばかりでリターンが見合わないからです。これ、馬複と馬単でもいえると思います。2倍を切るような人気馬をアタマに据えて、少しでもウラを抑えるなら、最初から馬複を厚めに買ったほうが無難だろうと思います。基本的に負けない馬券を考えるから、そう思うのかもしれませんが。

 ワンダーアキュートは展開が最高だったと思いますし、ユタカの談話にもあったように状態面も最高だったのだろうと思います。元より地力上位は明らかであり、やっと再び順番が回ってきたのかなと思います。馬場を問わず、コースを問わず、距離も問わず走れる馬。兄・ワンダースピードも8歳暮れの名古屋GPを勝っていますし、弟・アキュートも少なくともあと1年は一線級でやれるでしょう。衰えはまだ感じられません。一方で、1歳下のニホンピロアワーズはやはり徐々に衰えている感じが否めない。

 コパノリッキーは初のナイター、初の2000がどうかと思いましたが、2000をこなせはしてもベストはマイルなんだろうなあと感じました。距離適性でいうとかつてのブルーコンコルドのような感じでしょうか。南部盃はともかくJBCではどうですかね?秋にはホッコータルマエも戻ってくるでしょうし。ソリタリーキングは湿ったダートでは崩れないですね。早い時計のダートが向いているのかもしれません。シビルウォーはローテも良くなかったですが、もう歳かな。ムスカの馬券はまるでゴミのようだ(笑) ま、俺もヒモで買ってましたが。

 兵庫の……というか現在は「地方の雄」と言えるオオエライジンは故障で還らぬ馬となりました。レースを見直すと、ああ、これはもう現役は無理と分かりましたが、一命は取り留めてほしかった。ここ1,2年の地方競馬を牽引してきた馬です。種馬は無理でも、生きてさえいれば、園田や姫路で誘導馬という可能性も無くは無かったでしょう。冥福を祈りたい。フリオーソが去った後の地方競馬中長距離路線を引っ張り、まだ後進も出ていないのに。ここは再来週のJDDで、ハッピースプリントに期待するしかない。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

14年帝王賞展望

 先週末にはジャパンダートダービーの前哨戦となるユニコーンSが府中で行われましたが、大本命のアジアエクスプレスはまさかの大惨敗。たとえ、ここまでダート未経験としても、昨年の2歳王者で皐月賞6着の馬ですから1人気だったでしょう。ダートで2戦圧勝だったのだから、圧倒的人気は当然だったのですが見せ場無しとは……。アドマイヤドンやゴールドアリュール並みかもしれないし、そこまで行かずともサイレントディール並みは必至だろうと思ったのですが、フタを開けてみたらスシトレイン並みでした。調教がやけに軽かったですし、状態に問題があったのかもしれません。早熟マルガイでもう打ち止め……とは思いたくないですが、これほどの大敗ではしばらく手が出せない。

 ちなみにユニコーンSはケンでした。買ったのは函館スプリントS。ストレイトガールをそこまで信用していなかったので、スマートオリオンの単勝勝負だったのですが、どっちも惨敗で勝ったのはガルボ。ガルボはこれで重賞4勝目。3歳初めのシンザン記念を勝ち、今、7歳にして重賞を勝つ。実に息の長い馬です。路線が違いますがエーシンモアオバーも長く頑張っています。ちなみにこの勝利で、マンハッタンカフェ産駒としては2番目に稼いだ馬になりました。一番は春天馬・ヒルノダムールですが、差が5000万円ほどなので、このまま現役を続けて、重賞をもう一つ勝てば逆転しそうです。3歳から7歳まで、この馬が主役だった時期はなかったと思いますが、息の長い名脇役になっています。

 さて今日は帝王賞。ただ、期待したほどのメンバーにはならなかったですね。ドバイ組はベルシャザールは引退。ホッコータルマエも休養中。当初はかしわ記念を制しても、なおコパノリッキーの出走が確実とはいえない状況だったのですが。南関勢で期待されたサミットストーンはザ石で回避だそうで……。残念です。兵庫からオオエライジンが出てきてくれましたが、交流重賞ではJpnIIIで3着が精一杯。そもそも2000は長いように思います。地方勢同士なら能力差で埋められるのでしょうが、中央馬相手だと1400~1600のほうが良さそう。キスミープリンスもゴールドバシリスクもサミットにちぎられた馬ですし、サイレントスタメンは名前通り、静か過ぎていてもいなくても変わらぬスタメン。グランシュヴァリエも同様。

 GI連勝中のコパノリッキーで軸不動と見ます。マイルGI連勝中ですが、兵庫CSで1870を圧勝した馬ですし、血統的にはむしろ2000でこそとすら思えます。人気で続くのはニホンピロアワーズ、ワンダーアキュートのGI馬2頭ですが、ニホンピロアワーズは徐々にですが衰えているように思えてなりません。1歳上のワンダーアキュートよりも。ワンダーアキュートは衰えていないと思いますが、前々走を除いてGIでは2,3着を続けること1年半(笑) ここもこの面子なら2,3着と考えるのが自然。シビルウォーは鞍上が知り尽くしたコースですが、馬が順調さを欠いています。それに9歳ですしね。ムスカテールも鞍上がGI請負人ですが、よく分からないローテが気になります。そもそも川崎記念は勝ち馬以外の面子が微妙だった。ソリタリーキングも中3ヶ月がどうか?

◎コパノリッキー
○ワンダーアキュート
▲ニホンピロアワーズ
△ソリタリーキング
△シビルウォー
△ムスカテール

 目下の勢いを考えれば十中八九コパノリッキーで堅い。残り5頭ではやはりGI馬2頭が上位とは思いますが、他3頭が崩せないほどの差ではないと思います。人気3頭で決まったらしょうがない。馬券は◎→○▲=△3頭の3単12点。2,3人気のどちらかが飛ぶと踏んだ馬券なのでガミはなさそう。というか○▲が3着で、△が2着なら5000円超は狙えそう。

テーマ:南関東競馬 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ついてない男

 ネット上でつぶやいてはいましたが、ここ10日ほどロクなことがありません。週半ばの南関重賞も週末の中央重賞も当たらない……のはいつもどおりか(泣) 前回の日常の日記で書いたように、「免許更新時点で次回も違反者講習確定」に続き、「指導に行ったら生徒が体調不良で30分で切り上げ」「指導に行ったら生徒が寝てて、なかなか出てこなかった」。まあ、これはさほど後を引かないから良いのですが、「指導に行ったらタイヤがパンク」。これはちょっと参った。一輪だけ新品タイヤを買っても4000円はかかるでしょうし、冬タイヤを2セット持っていたので、古いほうの冬タイヤでこの夏・秋をしのぐことにしました。燃費は悪化するでしょうけどね。このガソリンの高い時勢で。

 まだロクでもないことが続きました。母と叔母と祖母が3人で函館に行きました。俺は新青森駅まで送る予定だったのですが、JR江差線で脱線事故があり、急遽電車はキャンセルして、青森港まで運んできました。ねぶごんタクシー(笑) まあ、これはちょっとしたアクシデントってところですが、なんか予定通りに物事が全然進まなくて、イライラ……はしないんですが、どうにももどかしいです。なんなんだろうな、これ。それにこの良くない流れはいつまで続くのだろう?ああ、でも冬タイヤにしてからの燃費が245.9/16.1=15.3km/Lでした(本日、満タン法で計測) 燃費を気にしながら(決して低速運転ではない)運転していたこともあってか、普段とあまり大差ない燃費でした(笑)

テーマ:どうでもいいこと。 - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『対義語』

『対義語』

「二度あることは三度ある」けれど

「三度目の正直」だったりもする

僕らの三度目は成功か失敗か?



時に、「一石二鳥」

時に、「二兎を追うものは一兎をも獲ず」

たぶんケースバイケース



物事が上手く行くかどうかなんて

人によりけり、場所によりけり、条件によりけり

ただ、やらなければ何も始まらない



たとえ「七転八倒」しても

その後「七転び八起き」で

ほら、元通り

経験だけは積み重ねながら



2014年6月5日作
2014年6月22日ラジオNIKKEI『私の書いたポエム』放送分

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

14年北海道スプリントC回顧~さすがのサガス~

 関東オークスの後、展望も回顧も書いていませんが、北海道スプリントCと昨日のマーメイドSも買っていました。そして、外れています(笑) どちらも深く考えないで買ったのですが、ダメですね。深く考えれば当たるってもんでもないのですが、予想のプロセスこそが醍醐味なのに、それを放棄して仮に当たっても金銭的プラス以上のものは得られないでしょうから。今回のように外れると、醍醐味が得られないところか空しさも倍増しますわ。きちんと予想できないときは、そのままケンしたほうがいいですね……。

★北海道スプリントC回顧★
◎セイクリムズン……5着
○スノードラゴン……2着
▲アドマイヤサガス…優勝
△いろいろ…………3着以下

 実績断然とは言え、たびたび自分の回顧でも1200~1400から1400~1600に適性がシフトしてきたと書いてきたセイクリムズンを本命にしている時点で、これまでの自分の予想経験を無視しているし、ついでにセイクリムズンはコンスタントに使われているのに+10kg。この時点で???と思って、せいぜいヒモ扱いにすべきだった。そもそも成績が徐々にではあるが、着実に下降線をたどっており、よほど面子が軽くなければ本命にはしづらい。当たり前ですよね……。外れるべくして外れたと自嘲気味に書きたい。

 1人気はスノードラゴンでしたが脚質から勝ちきれないのではないかと思い、評価としては○だったのですがこれは合っていた。芝なら時計のかかる渋馬場、ダートなら時計の出る渋馬場が合っているように思います。差し馬ではありますが使える脚は長いといいがたいので、地方競馬自体は向いている。直線が長くても去年のクラスターCなど届かなかったですしね。GI含む重賞3連続2着と見栄えがするので、次がどこでも人気でしょうが過信はできない。

 勝ったアドマイヤサガスは調教でよく動いていましたし、人気2頭の輸送過程に疑問符がついていました。結果論ですが、人気ほど上位2頭は堅くなかったわけでこの馬の浮上の余地はあった。それと地方での川田は信頼できますね。サガs……さすが佐賀競馬場育ち(このレースは門別でしたが) この馬はセイクリムズンと逆で1200~1400が実績からして良さそうで、そういう意味では今回が絶好の狙い目だったんだろうなあ(負け犬の遠吠え) 次が試金石となると思います。もっと賞金積まないとJBCに出られませんし。

 セレスハントは3連覇なりませんでしたが1年ぶりの馬券絡み。1ターンの競馬が合うんでしょう。とは言え今年は3着、もう9歳。衰えは明らか。どこかでもう一発ありますかね?もしあるなら来年のこのレースのように思えてなりません。アウヤンテプイは中央の差し馬が台頭する流れで、よく僅差の4着に粘りました。まあ、去年と似たようなレースで同じ着順ですが、これだけやれるなら、南関遠征でもしてくれたら面白いのになあと思います。ホームとは言え、骨っぽい今回の南関勢に余裕の先着なわけですし。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『君が誇り』

『君が誇り』

君の誇りになるように

君が誇りになるように

いつかその日が来るように



その時、僕はいなくても

その時、君がいなくても

心のすみに残るように



胸を張れる僕でありたい



2014年6月10日作
2014年6月15日ラジオNIKKEI『私の書いたポエム』放送分

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

ポリはスリル、ショック、サスペンス

 SBモラシの奴が昨夜の雷雨でまた失禁しおった。玄関が小便まみれになってしまった。もう若くないからかなあ。しかし、もれそうになったらわめくなり何なりして知らせてほしいものだ。基本的には勇ましいのだが、雷や花火の音などの轟音にやけに弱いんだよね、SBモラシは。そもそも夜になると玄関の中に入れる習慣を隣の部屋の者がつけさせてしまったのが良くない。甘やかすからなあ。世間や家人には暴言を平気で言うくせにSBモラシには甘すぎる。ちょっとでもモラシがわめくと、「おうおう、どうした?よしよし、今、中に入れてやるからな」だもん。孫か何かに見えているのかもしれない(笑) あ、SBモラシとは愛犬しばおのことです。SBというのは食品会社とは関係なくSHIBAのSとBを取っただけ。ステップワゴンやN-WGNのWGN的なものです。

 昨日は免許試験場へ運転免許の更新へ行ってきました。優良運転者の講習はわずか30分ですが、俺は違反運転者なので2時間講習でした。まあ、勉強になることも多々ありました。交通法規についてはもちろんですが、超久々に「講義を受ける側」になったのでその点で。引いて受講するのではなく、前に出て講習を受けたほうが時間が経つのも早いし、得るものが多い。前向きに受講させる技術をもっと磨かねばと思いました。講師の方も受講者に何度か質問を振ってきましたし、俺も1,2つ質問しました。というか俺以外でも質問をしていた方が何人もいました。違反者のほうが意欲的に受講しているような気がします。俺はともかくとしても、違反者の運転スキルが低いわけではないしね。違反者ほど運転頻度が高いので、ポリに捕まりやすい。よって違反者となるケースが多いのでしょう。

 まあ、講習は義務だし、為にもなったので良いのですが、俺が違反を犯したのはH24年10月にシートベルト着用義務違反、そしてH25年11月に一時停止義務違反の2つ。今回は違反者講習でしたが、近5年の違反歴を見られるので、3年後の免許更新時にもこの2つがカウントされてしまうので、これから次の免許更新まで無違反だとしても、再度違反者講習を受けることが既に確定。ぐはあ!!!!!!免許が青3年→青3年が確定でもあります。ゴールド免許になるとすれば6年間無事故(自分の過失)無違反でなければなりません。なかなかしんどいな……。昨年の一時停止義務違反については何の言い訳もできないのですが、シートベルトを俺は99.9%しています。その時はたまたまギックリ腰で車に乗るのもしんどかったのですが、近場での指導でもあったので腰の痛みをおして、ベルトはせずに運転したらパクられた。パクリたいなら国道をぶっ飛ばして走ってる連中をパクれや!と今も当時も思いますよ。ベルト違反は反則金なしで減点1ですが、この減点1がこんなに重くのしかかることになるとは……。ベルト違反で捕まるほどバカらしいことはないです。ギックリ腰だろうが、捻挫してようがベルトはしましょう(笑)

ポリは thrill,shock,suspense
見えないカゲに 隠れて…
法の扉 閉ざさずに
強く…強く…

テーマ:どうでもいいこと。 - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

14年関東オークス回顧~進撃のトーコー軍団~

★関東オークス予想結果★
◎エスメラルディーナ……圧勝
○ディルガ………………4着
▲アムールブリエ………3着

 正直、泥田のような馬場を見て、これなら芝OPで実績あるエスメラルディーナ→ディルガで決まりだなと思っていました。エスメラルディーナは出が今ひとつでしたが、すんなりとハナを奪い、後ろにイエスアイキャン、ローブデソワ、ディルガ、トーコーニーケらが続く展開。2周目3角でローブデソワの手ごたえがあやしくなり、これはやはり枠単2→8だなとの思いを強くしました。直線に入るとエスメラルディーナぶっちぎり。離れた二番手に8枠……ではなくトーコーニーケが粘りこみ、3番手はさらにずっと後ろ。差してきたアムールブリエがバテたディルガを交わすも2番手にも上がれませんでした。エスメラルディーナの強さとトーコーニーケの健闘だけが光るレースでした。

 結局、行った行ったの展開でした。逃げた馬が上がり3F最速の36.5、4角2番手の馬が上がり3Fも2番目37.5では、後続はどうにもなりません。エスメラルディーナが2000前後の馬とは思いませんが、やはり牝馬同士では距離適性というよりも絶対能力の違いで押し切れたのでしょう。兵庫CSの1,2着馬は伊達にOP特別を勝っているわけではなかった。今後どういうローテーションを取るのか注目です。斎藤調教師の談話にも「正直マイラーだと思っていましたが、今日の馬場や距離などをこなせたので、視野が広がって今後も楽しみ」とあります。あるいはJDDに挑戦してくるかもしれません。が、俺は今も「正直マイラーだと思って」います。この馬場をものともしなかったのは大きな収穫だろうと思いますが。

 展望で「トーコーニーケが0.4差で勝ったクロスオーバーに、エキマエは3.3差で勝っている(エスメラルディーナとも2.9差)。ダメだこりゃ(笑)」と書いてしまったのですが、トーコーニーケは全然ダメじゃなかった……。とはいえ地方馬では最上位の5人気に推され、2連複は1600円ちょい、2連単は2200円前後では正直買いにくい馬でした。園田や名古屋で勝ちまくっても中央や南関相手じゃちょっとね……とナメてたんですが、やられてしまいました(笑) これまでのGDJ優勝馬はこのレースで掲示板だの大敗で優勝して、正直、しらけていたのですが中央馬に割って入っての優勝なら文句はない。そもそもなんで園田デビューなのか?という血統ですしね(キンカメ×サンデー) 

 期待したディルガですが、エスメラルディーナどころかトーコーニーケにもついていけず、一方で差されたのはアムールブリエだけ。ダートの適性がないかといえば、あると思います。芝もダートもこなせるんでしょうが、実力が優駿牝馬と関東オークスの結果なりのものしか「現状では」ないということでしょう。アムールブリエのユタカは「まくって行きたいと思っていましたが、手応えがなく、進んで行きませんでした」とのこと。馬場か?ナイターか?コースか?よく分かりませんが、何かしらが合わなかったのかもしれませんね。ローブデソワはやはり距離が長いんでしょうね。マイルで大敗してしまう馬では2100は長すぎた。3角でガス欠って感じの失速でした。状態も一息だったんじゃないかなあ。

 クロスオーバーは今回も掲示板まであと一歩でしたが、強敵相手にもまれてきて強くなっている。前走でトーコーニーケと0.4差というのはトーコーニーケが弱いのではなく、クロスオーバーがそれなりに強いようです。ハープスターやワイルドフラッパーとも走った馬です(無論、大敗) 一見、無謀とも思える挑戦の結果、高知馬のレベルはかなり上がった。九州ダービーも勝ったのは九州の馬ではなく高知馬。ときどき交流重賞で連穴空けるのも高知馬。うーん、漫画「たいようのマキバオー」の「ヒノデマキバオー」クラスは無理にしても、「ゴールデンバット」クラスは現実にゴロゴロ出てきている。南関勢は地元で交流重賞がたくさんあるのだから、中央馬ともっと激突してほしいものです。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

14年関東オークス展望

 南関牝馬三冠の最終戦であり、唯一の3歳牝馬グレードレースでもある関東オークスです。正直、3歳限定のグレードレースはもっとあってもいい。1~4月に一つもないってのはどうなのか。中央にいたっては3歳のダート重賞はユニコーンSとレパードSしかないですし。わけのわからない番組改変するぐらいなら、普通にヒヤシンスSや昇竜SをGIIIにできないものか?ラジオNIKKEI2歳Sや朝日杯の時期や場所も変えてしまうJRAなんですから、いっそNHKマイルCは府中ダート1600にしてしまえとも思う。春の府中で芝マイルGIが3つってのは多すぎる。

 話がそれました。明日は川崎の関東オークス。中央勢に食い込むことの多い南関勢ですが、桜花賞馬・シャークファングは先週の優駿スプリントTRを使って不在、東京プリンセス賞馬・スマートバベルも先週の東京ダービー参戦で不在。ノットオーソリティーやブルーセレブもいません。いるのは、暮れのローレル賞を勝ち、その後も南関牝馬王道路線で堅実なクライリング、同じく南関牝馬二冠で5,3着のイエスアイキャンあたり。手薄だなあ。他地区勢のトーコーニーケは目を引く戦績ですが、トーコーニーケが0.4差で勝ったクロスオーバーに、エキマエは3.3差で勝っている(エスメラルディーナとも2.9差)。ダメだこりゃ(笑)

 中央勢は、エスメラルディーナ、アムールブリエ、ローブデソワ、ディルガの4頭。アムールブリエとローブデソワはダート500万勝ち、OP掲示板級。ただし、ローブデソワは1400でしか好走しておらず、1600で大敗しました。エスメラルディーナは兵庫CS3着、ディルガは初ダート。エスメラルディーナが実績上位。距離がどうかという向きもありますが、前走は距離の影響が皆無かは分かりませんが、単純に上位2頭の力が上だったと思います。OP特別を勝っていた馬でしたから。この面子なら多少、長くても能力の違いでエスメラルディーナは勝ち負け。負けるなら内田騎乗でダートが未知数のディルガでしょう。

◎エスメラルディーナ
○ディルガ
▲アムールブリエ

 3着ならイエスアイキャン、クライリングあたりもなくはないと思いますが連まではどうかなあ。念のために枠単で◎⇔○▲の4点。枠単のほうがつくかもしれないのと、枠単にすればイエスアイキャンもカバーできるので。

テーマ:南関東競馬 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

14年安田記念回顧~世界のジャスタウェイ、ハナ差完勝~

★安田記念予想結果★
◎ジャスタウェイ………優勝
○フィエロ………………8着
▲ホエールキャプチャ…15着
△ワールドエース………5着
△カレンブラックヒル……9着
△グランデッツァ………11着

 1998年以来の不良馬場で行われた安田記念でしたが、そのときと同様に勝ったのは圧倒的人気馬。そして2着には穴馬が突っ込んできました。勝ち馬以外の人気馬は軒並み沈みました。不良馬場というあまりない条件では馬場を越えた実力馬以外は、不良馬場の適性次第ということなのかもしれません。また2~4着馬は安田記念での好走歴もありました。俺はジャスタウェイから馬複5頭流しでしたが、フィエロも捕鯨も出遅れる始末で、正直、スタートの時点でヒモにした馬はダメかも……と諦めました(笑)

 勝ったジャスタウェイはやや重の中山記念を圧勝してはいましたが、ここまで悪化した馬場では力をそがれた面があったと思います。直線半ばでグランプリボスに抜け出されたときはこれは負けたか?と思いましたが、1分32秒~1分33秒あたりでグイっと伸びて一気に半馬身ほど伸びて、そこからのわずか3秒ほどの叩きあいでねじ伏せた内容は着差以上の強さを見せ付けたと感じました。正直、昨年の秋天や今年のドバイでの圧勝よりも強い……というか凄みを感じました。

 普段、自分の馬券が外れたレースは何度も見直したりしないんですが、このレースの直線は何度も見直してしまいました。本当に強い馬は馬場や展開を敗因にしないと思うし、たとえ9cm差であっても勝ちきる。さすが今年度の暫定世界一(国際レーティング)の馬だけあります。去年の今頃はエプソムCでも惜敗していた馬だったのになあ。ただ、この成長っぷりは父ハーツクライを彷彿とさせるものでもあります。ハーツも有馬記念でディープインパクトを破るまでは惜敗を繰り返していましたしね(GIで、だが)

 須貝師の談話ではさすがにレース後の息の入りが良くないそうで、宝塚記念への出走は名言できないそうですが、宝塚記念も制するようなら凱旋門賞のようです。凱旋門賞を考えたときに、今回の不良馬場を制した経験が活きてくるはず。2,3歳時の頃はネタ馬の割には頑張ってるなあぐらいにしか思いませんでしたが、気がつけば世界的名馬になってました。「ニコニコ大百科」の記事にあるように、漫画(アニメ)のジャスタウェイも、馬のジャスタウェイも同一なんですが、馬のジャスタウェイのほうが有名になってしまった(世界的規模で)

 グランプリボスはGI2勝馬ですが、近走がまったく冴えませんでしたし、中7ヶ月の休み明け。渋馬場でも目立った結果もない。さらに鞍上は重賞でぱっとしない三浦ということで16番人気。俺も真っ先に消したのですが、あわや大金星か?という激走を見せました。終わってみたら、この馬が一番に不良馬場の適性を持っていたようです。勝ち馬を含めた他馬がのめって伸びあぐねる中で、この馬はグイグイと伸びてきた。三浦は勝った!と思っただろうなあ。勝ち馬が強すぎたとしか言えない。今後に取捨に悩む馬になりました(笑)

 俺の展開予想は違ってたなあ。ミッキーアイルが逃げてバテて沈むのは予想通りでしたが、その後につけた好位、先行勢が残ると思ったのですが、この極悪馬場で1000が59.1は超ハイペースと言っていい。逃げ馬は逆噴射。前に行った馬は止まり、後ろの馬も追い込みなんてきくわけもなく、差し馬が伸びる……というかバテた前の馬をさばく展開になりました。グランプリボスの走りが、ジャスタウェイの強さを一層引き立てた感がありました。上がり32秒台でも37秒台でも勝ち負け。これは怪物ですわ(笑)

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『空白地帯』

『空白地帯』

しばらく空いたままの愛車の助手席

この頃、それが僕の心の空白地帯に見える

「気ままでいいさ」なんてうそぶいてみても

虚勢に過ぎないと自分が一番分かっている



高嶺の花など求めちゃいない

特別な何かも求めちゃいない

ただ、喜怒哀楽を分かち合いたいだけ

互いに必要としあいたいだけなんだ



それだけのことがとてつもなく難しい



2014年6月3日作
2014年6月8日ラジオNIKKEI『私の書いたポエム』放送分

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

14年安田記念展望

 春の東京GIシリーズのフィナーレを飾るのは伝統のマイルGI・安田記念。ただ、以前は次の週にエプソムCがあって春の東京は終わりでしたが、再来週にも開催があってユニコーンS。ころころと番組を変えるのは落ち着かないですね。今年から暮れの風物詩・ラジオNIKKEI2歳Sも無くなるし。最後のラジオNIKKEI2歳S勝ち馬がダービーを制するというのもJRAへ対する皮肉っぽくて良い(笑)

 しかし、ここ数年の安田記念の勝ち馬をとっさに思い浮かべられない。去年はロードカナロアでしたが、その前がなんだったっけなあ。ウオッカが勝ったのも5年ぐらい前ですしね。カナロアとウオッカの間がなんだったかな……(笑) ここ数年、マイル戦線で軸になる馬がいない。そんなマイル戦線を統一するような馬が出てくるでしょうか。短評は省略でいきなり消去法です。

 ◆傾向チェック◆
・前走・京王杯SCで8着以下……いない
・前走・マイラーズCで4着以下(GI連対馬を除く)……いない
・前走・OP特別で3着以下……いない
・前走・ダービー卿CT組……カレンブラックヒル
・前走・国内戦で10着/10人気以下……レッドスパーダ、サダムパテック
・重賞未勝利の古馬……フィエロ
・複数回走って東京芝未連対……グロリアスデイズ、トーセンラー、ワールドエース
・8歳以上馬……レッドスパーダ
・GI勝ちがない牝馬……いない
・GI連対歴のない7歳馬……いない
・前走で連を外していた香港馬……グロリアスデイズ

 6頭しか消えていません。こういうことも多いので、今回から過去の成績による横断比較だけでなく、展開や脚質、馬場実績を考慮した縦の比較も行っていきたいと思います。明日の府中は終日雨予報、日曜も明け方まで雨予報。その後はくもり。いくら水はけが良くても良馬場まで回復するとは思えません。渋馬場適性を考えたい。

1.グランテッツァ…やや:1勝、重:1勝と16着、不良:11着=◎
2.レッドスパーダ…やや:12着、重:13着、不良:17着=×
3.カレンブラックヒル…やや:2勝、重:1勝=◎
4.リアルインパクト…やや:5,5,17着、重:3着、不良:9着=×
5.エキストラエンド…やや:5着、重:2着=▲
6.グロリアスデイズ…対象外
7.ホエールキャプチャ…やや:1,3着、重:5,10,14,1着=○
8.ミッキーアイル…未経験
9.ダノンシャーク…やや:4,3,2,6着、重:3着=△
10.ジャスタウェイ…やや:1着、不良:4着=▲
11.ショウナンマイティ…やや:1着、重:10着=△
12.グランプリボス…やや:13,13,2,7着=△
13.フィエロ…重:2勝=◎
14.クラレント…やや:1,12着、重:3着、不良:13着=△
15.サダムパテック…やや:1,7,3,7着、不良:7着=△
16.トーセンラー…やや:11,2,2着、重:10着、不良:11着=△
17.ワールドエース…やや:1,2着、重:2着=◎

 △と×の馬は重、不良の場合には買いたくありません。コースは先週同様のCコース。今回の府中開催の初めから前が止まらないケースが多かった。馬場が渋るならなおさら後ろからなんて届くと思えません。過去に重馬場で差し切った経験がある、とかなら別ですが。逃げ馬はミッキーアイルしかいませんので、すんなりハナを奪えるでしょう。後続との差は3走前のシンザン記念程度。アーリントンCのときほど離せるとは思えない。逃げるミッキーアイルを見る位置、2~6番手あたりにつけられる馬が有力と考えます。10番手以降、中団後方からでは届かないんじゃないかなあ。

 2~6番手あたりにつけそうにない馬(枠も考慮して)は、ミッキーアイル、エキストラエンド、グロリアスデイズ、ショウナンマイティ、グランプリボス、サダムパテック、トーセンラーあたりでしょうか。

 ☆総合チェックアウト☆
・過去の傾向:2,3,6、15、16,17
・渋馬場適性:2,4,9,11,12,14,15,16
・展開:1、5,6、11,12,15,16

 残ったのは、7、8、10、13か。グランデッツァ、捕鯨、ジャスタウェイ、フィエロの4頭。世界のジャスタウェイに逆らうのは厳しいと思います。テン乗りのヨシトミさんで少しでも人気が落ちるならラッキー。ヒモには残した3頭。あとはウイリアムスだし、府中実績がないのが気になりますが、距離が長かったんだろうということでワールドエース。それ馬場と展開が向きそうなカレンブラックヒルまで。

◎ジャスタウェイ
○フィエロ
▲ホエールキャプチャ
△ワールドエース
△カレンブラックヒル
△グランデッツァ

 前々日オッズはアテになりませんが、前日正午のオッズは最終オッズとだいたい同じ。一番つかない10-17で800円見当なら、5頭だし均等流しでいいや。馬複ジャスタウェイ流し200円×5で1000円。一番つくのがジャスタウェイと捕鯨で3800円見当。無くは無いと思うんですが。ともかくヨシトミ大先生がジャスタウェイで楽勝して、制裁王なんて必要ないと思わせる内容を期待していますよ。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

「奇遇が導いた? ダービー制覇」

 ◇皇太子殿下も来訪された今年の日本ダービーは、横山典弘騎手の騎乗によるワンアンドオンリーが制した。優勝騎手インタビューで横山騎手が語っていたが、皇太子殿下も横山騎手もワンアンドオンリーも、さらにそのオーナーも誕生日が2月23日であった。なんという奇遇だろう。
 ◇「ダービーはもっとも運の良い馬が勝つ」という競馬界の格言もある。発走前に奇遇を引き寄せていたワンアンドオンリーは、勝つべくして勝ったのかもしれないと思う。
 ◇管理する橋口調教師は20頭目の挑戦で悲願のダービー制覇を果たしたが、これまでにダービー2着は4度もあった。2004年のハーツクライの2着に関係者は心で泣いたかもしれないし、2009年の2着馬のリーチザクラウンは、ダービー制覇にリーチをかけたものの2着に敗れた。「名は体を表す」という格言もある。
 ◇ワンアンドオンリー。その馬名を和訳すれば「唯一無二」だろうか。世代の頂点に立つ馬の名前として実にふさわしい名前だと感じた。

 (2014年6月6日東奥日報夕刊掲載分)

テーマ:競馬なんでも - ジャンル:ギャンブル

ねぶの投稿マシンガン | コメント:0 | トラックバック:0 |

えーご

 最近は小学校高学年から英語の授業があるらしいが、そんなもん不要だと思う。そんな時間があるなら国語と数学に時間を割くべき。中学3年になっても、百分率の使い方が分からないほうがよっぽど大問題。現在分詞や過去分詞の使い方なんぞより、満タン法で燃費計算できたり、野球の勝率、打率、防御率や競馬の馬券の組み合わせを理解できたほうが有意義じゃないかといつも思っている。

 英語なんて皆が皆、必要とするわけではないし、必要となったらそこから勉強を始めても全然遅くない。うちのオヤジは何十年経っても、俺から見てもヘタクソな英語だが、それで海外何十カ国にも行っているし、俺の従姉も大学時代から英会話を学んで外資系企業で秘書をやっている。俺自身にしても大学受験に失敗するまで英語の試験はだいたい赤点だった。浪人時代の1年間だけ英語を勉強したけどそれで十分。

 三人称単数現在形で動詞にSをつけなければいけないだの、熟語の前置詞がちょっとおかしかろうが会話する上で大して問題にはならない。中学3年レベル、英検3級に受かるレベルの英語力があれば海外にも行けるだろう。必要なのはむしろ度胸と言語を問わないコミュニケーションスキル。そして、それをベースとした活きた会話経験なんだと思う。なんでもそうだが場数こそがスキルを育てると思う。

 学校の英語は試験のための英語。死んだ英語にしか見えないんだよなあ。

テーマ:どうでもいい話 - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

14年日本ダービー回顧~名は体を表す~

☆日本ダービー予想結果☆
◎イスラボニータ………2着
○ワンアンドオンリー…優勝
▲トゥザワールド………5着
△レッドリヴェール……12着
△ショウナンラグーン…6着
△ハギノハイブリッド…13着
△ワールドインパクト…10着
△トーセンスターダム…16着

 皇太子殿下が来訪された今年のダービーでしたが、制したのは3人気のワンアンドオンリーでした。これまでの差し・追い込みの競馬から一転しての先行策。インの好位をキープして、直線では抜け出した皐月賞馬イスラボニータを交わして栄光のダービー馬の座をつかみました。3着には人気薄のマイネルフロストが伸びてきました。2人気のトゥザワールドは後方からの競馬で伸びあぐねての5着。2歳女王レッドリヴェールは見せ場なく12着に沈みました。また、逃げたエキマエは故障(ハ行)で競走中止。武豊騎乗のトーセンスターダムはラチの継ぎ目に驚いたそうで、内ラチに突っ込んでしんがり負け。故障したようではなくて安心しました。

 ワンアンドオンリー。実に頂上に立つにふさわしい名前と思います。橋口調教師はダンスインザダーク、ハーツクライ、ローズキングダム、リーチザクラウンとダービー2着が4度ありました。そのハーツクライの仔でのダービー制覇。おめでとうございます。ハーツクライでは心で泣いたでしょうし、リーチザクラウンではまさしくダービーにリーチをかけましたが上がれませんでした(笑) ワンアンドオンリーは唯一無二の王座を奪取。名は体を表すこともあるということでしょうか。横山ノリ騎手はロジユニヴァース以来のダービー2勝目。騎手も調教師もGIで2着の多い方ですから、またまた2着なのでは?と思ったのですがそんなことはなかった(笑) 

 2冠制覇を狙った皐月賞馬イスラボニータは1コーナー過ぎまで口を割り、クビをあげてカカっていました。ううむと俺もうなってしまったのですが、それでもやはり地力が上なのか、ワンアンドオンリーに交わされながらも最後まで追いすがっていました。2400はこなせるのでしょうがベストではないような気がします。2000m前後の中距離がベストなのではと感じました。血統の字面以上には距離は十分に持ちますね。秋は菊花賞へ向かうのか、秋天に向かうのかその動向が注目されそうです。血統面で距離について言われていた馬ですが、逆に言うとフジキセキとコジーンだから早枯れする馬にも思えません。秋、そして来年はもっと強くなるんじゃないでしょうか。

 トゥザワールドは自身も近親もキレる脚というよりは前で持久力を生かすタイプの馬に見えますし、いかにも位置取りが悪かった。府中よりは中山や阪神のほうが向いているように感じます。馬格もありますし力馬っぽい。母や叔父(サイレントディール)、叔母(ビーポジティブ)がそうであったように、ダート適性も高いのではないかと見ています。予想外のJDD参戦!なんてあったら面白そうなんですが(笑) レッドリヴェールはまるでいいところがありませんでした。オーナーサイドの意向だったそうですが、戸崎を福永にスイッチするメリットがあったのだろうかと思ってしまいます。そして(レッドと比べれば)格下の馬に乗った戸崎はふつーにレッドには先着。制裁王の福永はまた騎乗停止。うーん。

 トーセンスターダムは皐月賞回顧やこのダービーの展望でも少し触れましたが、気性面の弱さを露呈しました。「ユタカなら馬ごみもさばけますが、馬がそれに対応できないように思います」と最悪な意味でその通りになりました。故障したのか?と思いましたがそうではなかったようで何より。ただ、気性が成長しない限りはGIうんぬんなどととても言える馬ではなかった。というか多頭数のレースではしばらく疑いたい。身体的には素質十分なので少頭数のレースなら勝ち負けでしょうが……。逃げたエキマエも故障競走中止。ハ行とのことで不幸中の幸い。ただ……JDDは回避でしょうね。万全の状態になるとは思えない。残念だなあ。

 やはりガミでもオークスで久々に中央の馬券を取れたのは大きかったのか、週半ばの浦和・さきたま杯ではなかなかの配当を取れましたし、今日のダービーも堅いとはいえ、しっかりと的中できました。この勢いで来週の安田記念も当てたいですね。それと、13万人も今年のダービーに来場してたんですね。天気が良かったのもあるんでしょうが、競馬人気もようやく底を打って、じわじわファンが増えてきているのでしょうか。そうであってほしいものです。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |