ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

15年フェブラリーS回顧~コパの連覇~

 私立高校入試が終わった。正直、私立でもダメだろうと思っていた子もいたのだが、なぜか受かっていた(笑) とりあえず今年も誰一人路頭に迷わすことがなかったのは良かった。しかし、本番はあくまでも県立高校入試なので、生徒はもちろん、俺も気を抜くことはできません。まあ、今日はお休みなんで、温泉へ行ってリフレッシュでもしようかな。10日ぐらい前までは大雪で本当にたいへんでしたが、それは冬将軍の今季最期のあがきだったようで、冬は死にました(笑) 9ヶ月ぐらいすると復活してしまうんですが。今年も手がけた子全員の志望をかなえて、その後はブラブラと気分よく旅にでも出たいものです。

★フェブラリーS購入結果★
◎ワイドバッハ………6着
○コパノリッキー……2連覇
▲ベストウォーリア…3着
△インカンテーション…2着
△サンビスタ……………7着
△カゼノコ……………8着

 それはさておき、フェブラリーSの回顧です。買った馬は軒並み上位をしめていますが、ワイドバッハを軸にしたために玉砕です。ジリジリとしか伸びなかったなあ。勝ったのは1人気のコパノリッキーが人気に応えて、昨年に引き続きの連覇達成。着差はさほどでもないですが完勝と言って良い内容。俺はナニをひねくれてワイドバッハから入っているのか。俺のバッカ(笑) ただ、コパノリッキーは骨折で全治6ヶ月となってしまいました。秋まで休養決定。うーん、骨折は2度目ですし、丈夫ではないのかな。まあ、でも、秋までの間にJpnIはかしわ記念と帝王賞しかありませんし、じっくり治してほしいものです。

 2着にはインカンテーション。前走は出遅れて3着でしたが、すんなり競馬ができればこれぐらいやれるということでしょうか。ただ、タルマエ、リッキーの2強とはそれなりに差がありそう。それだけに2強が不在であろうかしわ記念をきっちり狙ってきそうですね。内田騎手もさすがにソツなく乗っていた。3着はベストウォーリア。左回りのマイルはベストの条件でしょうし、曲がりなりにもJpnI馬。妥当な結果。鞍上も戸崎ですし。正直、ユタカや戸崎を軸にしないで何度も玉砕しているだけに、蛯名じゃなくて普通にユタカや戸崎だよなあ。しかもJpnI馬なわけだし……と思わないでもなかったのですが。ダメだなあ、俺は。

 ワイドバッハも大外からジリジリとは伸びてきましたが、道中で流れが緩んだこと、そもそも実績上位の馬ばかりということもあってか、前走のようには弾けませんでした。甘くなかった。カゼノコも前走のようなキレはなかった。ただ、こちらは原因が明らかと思います。マイルはやはり短いのと、まだまだ成長途上なんだろうと感じました。明け4歳なんて、ベテランぞろいのダートではまだまだヒヨッコですしね(笑) 他の4歳にしても、コーリンベリーは出遅れるし、レッドアルヴィスは鞍上弱化だし、これからですね。サンビスタは確勝のエンプレス盃を蹴っての参戦、鞍上もデム弟なので、馬券になるかな?と思いましたが、見せ場もなかった。この馬もマイルはちょっと短いのかな。牝馬同士なら2100だろうが、1600だろうが問題ないでしょうが。ただ、牡馬に果敢に挑戦しているのは今後に生きると思います。


スポンサーサイト

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

15年フェブラリーS展望

 早いもので2月下旬で、今年最初の中央GI・フェブラリーSです。今年の最初のJpnIである川崎記念は今回も出走しているハッピースプリントからワイドで流して玉砕。早いところ初GI的中といきたいものです。府中ダート1600といえば、スタートしてから100m以上も芝を走る欠k……もとい特異なコースであり、内枠の成績が芳しくありません。芝でも実績ある馬なら問題ないのかもしれませんが。GIですので、今週も出走各馬の短評を記します。

1. ローマンレジェンド…昨年はエルムS勝ち、チャンピオンズC3着がありましたが、東京大賞典は5着。正直、2012年の勢いはもうないように感じました。それとマイルは短いんじゃないかなあ。2013年のかしわ記念(現地で見てた)も弾けなかったしなあ。最内を引いたのもどうかな。鞍上の岩田だけがキニナル。

2. コーリンベリー…JBCレディスのときも感じたのですが、1400以下がベストだと思います。年末とはいえ3歳で古馬OPを制したのは立派と思いますが、重賞勝ちの一つもないのでは、ここでの劣勢は否めない。行くしかない馬ですが、そもそもハナを奪えるかどうか?

3. シルクフォーチュン…重賞3勝の実績馬ですが、2年以上連対していません。末脚も徐々に鈍ってきているような。この人気のこの馬に江田照というのは不気味ではあるのですが、フェブラリーSの着順も年々に落ちてきてますしね。追いきりも微妙だなあ。

4. コパノリッキー…GI3勝の実績はここでは一番。正直、GIとしては手薄な面子でもありますし、前走の東海Sでは格の違いを見せ付けて圧勝。昨年の勝ち馬でもあるし、コース適性は疑いようも無い。2000よりも1600のほうが良いとも思います。追いきりも馬なりでしまい11.9。好調。気になるのは枠。それだけ。

5. カゼノコ…去年のJDD馬。前走の川崎記念は2着。ホッコータルマエと0.1差、サミットストーンを差しきった内容はようやく復調?と思わせる内容でした。使われつつ内容はどんどん良くなっていますし、府中は初めてですが脚質的に合いそう。穴で面白そう。

6. ハッピースプリント…カゼノコがここ2走でホッコータルマエとの差を詰めているのに対して、ハッピーは差が変わらないですね。フェブラリーSで連対した地方馬は3頭いますが、いずれもJpnI馬で、かつ前走のJpnIで3着以内。この馬もJpnI馬ですが2歳戦、前走離されての4着。その辺で過去に連対した地方馬よりも多少見劣る感じがします。

7. グレープブランデー…一昨年のこのレースの勝ち馬。ただし、以後、連対がありません。順調さを欠いているのもありますが、ピークを過ぎてしまったんじゃないかなあ。府中マイルはベストと思いますが、そこそこにしか走ってない。勝ち負けまではどうでしょう。

8. レッドアルヴィス…昨年のユニコーンS勝ち馬。前走でOP特別勝ち。ただ、鞍上が大幅に弱化。ここが試金石となりそうです。人気がなければ狙っても良さそうですが、人気では買いたくないなあ。

9. サンビスタ…ダート女王。前走のTCK女王盃でも牝馬同士では敵なしをアピールしました。その前のチャンピオンズCでも、前残り決着の中で追い込んで4着。乗るのは引き続きデムーロ弟。チャンピオンズCよりは面子もやや薄いですし、馬券になってもいいんじゃあないでしょうか。追いきりでも馬なりでキャトルフィーユと併入。時計も出ていますね。

10. ベストウォーリア…昨年の南部盃馬。ただ、あの南部盃はJpnIどころかJpnIIIという面子。その後のGI2戦は大敗。距離が短くなるのはいいですが、それだけで上位まで来れるかどうか?戸崎がずっと乗ってくれているのは心強いのですが。

11. ワイドバッハ…昨年の武蔵野S勝ち、前走の根岸Sでも後方から突っ込んできての2着。府中は合っています。前崩れの展開になれば、突き抜けるところまでありえると思います。全盛期のシルクフォーチュンといったイメージです。

12. サトノタイガー…JBCスプリント2着、カペラS2着と中央馬相手にもヒケはとらないところを見せていますが、前走、府中で大敗しているのはイヤな感じ。しかも、GIでぱっとしない三浦。テン乗りの三浦どうこうもありますが、御神本が乗りに来ないというのも勝負かけてないのかな?と思ってしまいます。

13. ワンダーアキュート…JpnI2勝、昨年の帝王賞馬です。ただ、ここ2走の内容が案外。ベリー騎乗は不気味ではありますが、さすがに明け9歳。衰えがきているのかなと思わずにはいられません。それと元来が勝ちきれない馬です。馬券になっても勝つまでは厳しいでしょう。

14. インカンテーション…前走は出遅れながらも追い込んできて3着。ただし、出遅れが無くても、勝ち馬にはとても届かなかったでしょう。外枠を引いたのは良かったですが、やや人気が先行しすぎている感もあります。テン乗りの内田騎手がどう乗るのかも気になりますね。

15. キョウワダッフィー…重賞未勝利、マイルも未勝利、ついでに府中も4戦未勝利。根岸S以上のパフォーマンスを望むのは難しいように思えます。

16. アドマイヤロイヤル…前走の根岸Sではブービー人気ながら3着で3連馬券の波乱を演出しました。左回りの1400、1600はベストと思いますが、決め手がなくて勝ちきれない馬です。鞍上はノリさん。人気もないし、お得意の後方ポツンをやって、ハマれば3着はあるかもしれません。



 ◆チェックポイント◆
・前走がOP特別の重賞未勝利馬……コーリンベリー
・前走がG3で5着以下……シルクフォーチュン、グレープブランデー、サトノタイガー、キョウワダッフィー
・前走が東京大賞典で8着以下……いない
・ダート初挑戦かつ前走が芝……いない
・7、8歳馬で前走5番人気以下……グレープブランデー、サトノタイガー、アドマイヤロイヤル
・9歳以上馬……シルクフォーチュン、ワンダーアキュート
・牝馬……コーリンベリー
・東京ダで既出走かつ未連対……サトノタイガー、インカンテーション

 残ったのは、ローマンレジェンド、コパノリッキー、カゼノコ、ハッピースプリント、レッドアルヴィス、サンビスタ、ベストウォーリア、ワイドバッハの8頭。

◎ワイドバッハ
○コパノリッキー
▲ベストウォーリア
△インカンテーション
△サンビスタ
△カゼノコ

 ローマンレジェンドは最内なのと、マイル実績がないこと、ピークは過ぎているように感じるので軽視。レッドアルヴィスは鞍上が大幅弱化したので消し。ハッピースプリントはここ2戦を見ると中央一線級とはまだ差があると思います。前走でサミットストーンと並んでの4着とかならまだ良かったんですがね。残った馬を主に買いました。

 本命はワイドバッハ。コパノリッキーに全幅の信頼を寄せにくい。内枠に入ったので、被されることを嫌う馬にはキツいような?ワイドバッハのほうが確実に追い込んでくる脚があるので、府中マイルでなら安定感も感じます。ただ、差し届かずのシーンも大いにありえるので、あくまでも連軸としての本命です。死んだ種牡馬の仔は走るともいいます。アジュディケーティングが亡くなったばかりですしね。馬券は◎1軸の3複10点で。
 

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

15年京都記念回顧

☆京都記念購入結果☆
◎キズナ…………………3着
○ハープスター…………5着
▲ラブリーデイ………優勝
△トウシンモンステラ…6着
△スズカデヴィアス……2着

 2強ムードの京都記念でしたが、2強は連対もできず、ハープスターに至っては馬券にも絡みませんでした。正直、2強の一角が崩れるというのは、過去にも幾度も見てきたことなので、予想しないでもなかったですが、両方連から外れるのは予想外。結果的に前につけたラブリーデイ、スズカデヴィアスの行った行ったで決まってしまいました。キズナは上がり33.3の末脚で追い込むももう一息で届かず。ハープスターは道中5番手から垂れず伸びずでそのまま5着。衰えの否めないレッドデイヴィスも交わせないのはガッカリですわ。

 1、2着馬は展開に恵まれたわけでもなく、よどみないペースを自ら作って、そのままたたき合いで決まりました。時計もかなり速い。ラブリーデイはこれで重賞連勝。しかも、中山金杯、京都記念と距離こそ近いですが、コース形態がまるで違うコースで連勝したのは本格化と言っていい。ロゴタイプに続き、キズナ、ハープスターも寄せ付けず。これは強い。ただ、コースは問わないのでしょうが、距離は2200までなのかなと思います。2500は3度走ってますが、どうにもぱっとしませんしね。宝塚記念あたりで期待できそう。春天はどうかなあ?

 キズナは調教では抜群に動いていましたし、レースでもいつものキズナの走りだったと思います。ユタカのブログでは「最後で少し鈍くなった」という趣旨のコメントがありましたが、まあ休み明けですし、仕方ないのかなとも思います。ただ、骨折している間に他馬との力差も詰まってるような気がしないでもない。次は大阪杯のようですが、次は負けられないところでしょう。スズカデヴィアスはすんなりマイペースで行けるといいのでしょうね。少頭数だったのも味方したかもしれません。

 ハープスターは前付けしたのが……とも言われていますが、札幌記念ではマクリ気味に進出して押し切っているだけに、世間のイメージほど不器用な馬でもないと思うのです。傑出した牝馬が最近、多すぎて感覚がおかしくなってますが、ジェンティルドンナ、ブエナビスタ、ダイワスカーレット、ウオッカなどというレベルではなく、ファインモーション並みなんじゃないのかな(それでも十分に強いが) 牡馬をばったばったとなぎ倒すほど強くないのでは。

 共同通信杯はドゥラメンテで鉄板だろうと、アタマにして馬単流しだったのですが、リアルスティールに差しきられてしまいました。石橋騎手の談話にもありましたし、ハタ絡みてても明らかですが、道中カカりまくって抑えがきいていませんでした。むしろあれでよく2着に来れたな、と感心します。一方、リアルスティールは1戦1勝馬ですが、完成度が高いですね。F騎手は課題なども挙げていましたが、次からミルコに乗ってもらえば、何の問題もないと思います(笑) あ、でも、ドゥラメンテにミルコかな。

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『幕が上がる』舞台挨拶全国行脚in弘前

 映画館で映画を見るのは10年ぶりぐらいでしょうか。ともかく何年ぶりかもわからないぐらい久々に映画館へ行きました。ももいろクローバーZ主演映画「映画『幕が上がる』舞台挨拶全国行脚」のチケットが取れたので。雪国の田舎町へ有安杏果ちゃん(緑)が来てくれました。「ライブとなると大都市が多くなってしまってなかなか来たいと思っても来られないので」と言っていましたし、「こんなにお客さんとの距離が近いなんて」とも何度か言ってました。

 それはファンの側からしてもそうです。俺はM列だったのですが、M列?前がA列だろうから後方なのでは?後方にしても小さな箱だから問題ない……と思ったのですが、後列がA列でした。大雑把に言えば前のほうの列で中央。本人まで10mなかったですね。めっちゃ近い!テレビやネット、雑誌で見てもかわいいですが、実物は5割増しでかわいかったですよ。言葉が悪いかもしれませんが「写真映りが悪い」のかもしれません。本物はかなりかわいかった(大事なことなので二度書きますw)

 舞台挨拶は映画上映後30分ほどでした。この全国行脚で一人挨拶は今日が初ですし、5人そろって、少なくとも複数での仕事が多いからか、緊張気味に見えましたが、いやいや良かった。会場に来たファンも過半数は青森県民でしたが、3割ぐらいは他県民の遠征(挙手からの推測)。都市部でのこの舞台挨拶のチケットは落選祭りらしいので、遠征してでも!という熱心なファンも少なからずいるようですね。愛知県から来たよー!と叫んでる方も。すごいな……。

 肝心の映画ですが、まだ公開前(今回は試写会?)なので、あまり詳細に語ってはまずいのかもしれませんが、「スウィングガールズ」のような青春・部活コメディという感じ。部活は吹奏楽じゃなくて演劇ですが。そういう作品が好きな方には特にオススメ。別にももクロファンじゃなくても十分に楽しめる安定した内容。OSSANが見ても十分に楽しいですが、中高生に勧めたい作品ですね。ファン向けの小ネタ(主にメンバーの担当色関連)も多いので、ファンならニヤリとするシーンも多いです。

 原作を読んでいれば感想も代わるのかもしれませんが、原作を知らないももクロファンなら十分に満足できる内容じゃないでしょうか。原作に興味を持ったので、近所のTSUTAYAに寄ったのですが無かった。明日、紀伊国屋かジュンク堂にでも寄って探してみます。ネットで注文してもいいんですが、そろそろかなり図書券がたまってきたし、本屋にもしばらく脚を運んでいないので実店舗へGO!ひさーしぶりの映画館も音響とかいいなあと感じました。

 弘前でもももクロのライブビューイングはあるのですが、やはり現場とは熱が違うでしょうし、チケット入手は今回と比較にならんぐらい難しいでしょうが、いつかライブも現地で見てみたいものです。写真は舞台脇のものです。係りの方の許可を得てから記念に撮影しました。緑のハッピを来た人や凝った衣装の方も多かったですね。俺は普通に緑の肌着の上に、緑のシャツを重ね着してただけですが(笑) なぜか黄色や赤のパーカーの人もいました(笑)

幕が上がる


テーマ:ももいろクローバーZ - ジャンル:アイドル・芸能

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『いろいろ』

『いろいろ』

生きていくうちに身についた黒い垢

ピュアホワイトな年頃は覚えてない



指しゃぶりしてるとっちゃん坊やには

マリッジブルーなんて訪れる訳がない



ピーターパンに憧れてるうちは

ロマンスグレーにもなれそうにない



それでも、ビターブラックな夜を越えた

今の僕の脳内はサーモンピンク



2008年5月23日作『カラフル』
2014年4月3日改題および加筆修正
2015年2月15日ラジオNIKKEI「私の書いたポエム」放送分

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

15年京都記念/共同通信杯展望

 今日は府中で共同通信杯、京都では京都記念が行なわれます。どちらも伝統の一戦で、春のGI路線をにらんだ注目の一戦でもあります。競馬番組的にはクラシックの足音がかすかに聞こえ、春めいてきたなあとも思えますが、実際の天候(青森県弘前市)は雪、雪、雪!一昨日は帰宅直前の自宅付近でハマったし、積雪も140cm近い。一昨年の積雪新記録を塗り替える勢い。カンベンしてくれ。それはさておき、明日は両メインレースを買うつもりでいますが、短評は古馬の京都記念。

1. アクションスター…3走前で準OPを2勝目。ただ、ここ2戦は京都の重賞で大敗。京都の準OPも勝っていますし、京都が合わないわけではなく、単純に力が足りないのでしょう。追いきりではレッドデイヴィスと併せて0.2遅れ(栗東坂路一杯)。

2. ノーステア…準OPを2勝はアクションスターと同じですが1年9ヶ月もの休み明けでは買えるはずもない。

3. レッドデイヴィス…重賞3勝の実績馬……ですが、ここ2年順調に使えていません。2度重賞を叩かれて、良くはなっていそうですが、3歳時の能力を求めるのは少々酷な気もします。調教ではアクションスターと併せて0.2先着(栗東坂路一杯)

4. キズナ…一昨年のダービー馬。ここでは実績最上位。ただし骨折休養明け。休養明けとしては動いているとユタカのコメントがありますし、事実、時計も出ています。 2着のない馬です。勝つか馬券圏外かどっちかじゃないでしょうか。

5. ヒラボクディープ…これも休養明け2戦目かあ。青葉賞勝ち馬でもありますが、メンバーに恵まれた感もありました。調教時計も微妙ですね。

6. ラブリーデイ…前走の中山金杯では皐月賞馬ロゴタイプをねじ伏せました。ずっと重賞でまずまず走っていた馬が悲願のタイトル奪取。意外にも京都は初めてのようですが、コースの得手不得手はなさそう。乗るのも戸崎。一角崩しがあるならまずこれと考えるのが自然。というかこれしかないか?

7. トウシンモンステラ…前々走の準OPを破格の時計で勝ちましたが、前走・日経新春杯は3人気に推されるも伸びきれず8着。とはいえ悲観するほどの着差じゃないし、ユタカから岩田というのも引き続き期待されてるからじゃないでしょうか。

8. ハープスター…昨年の桜花賞馬。凱旋門賞6着、JC5着。正直、凱旋門はあんな競馬でよく6着まで突っ込んできたと思います。骨折明けのキズナと違い、こちらは順調そのもの。条件戦でも33秒台が出る馬場。普通に考えれば勝ち負け。

9. スズカデヴィアス…2走前に準OP勝ち。それが京都2200だったわけで条件はベストだろうと思います。前走がステイヤーズS4着ですが、ステイヤーズSは特殊な条件なのでこれでOPのメドがついたとはいえない。ここが試金石でしょう。前々で競馬ができれば。

10. マイネルディーン…こちらも2走前に準OP勝ち。京都では準OP2着がありますが、中山や福島での好走が多く、力馬という印象があります。その中山のAJCCで前走大敗では、買いづらい。

11. ハギノハイブリッド…昨年の京都新聞杯馬。同条件の重賞を勝っているのは大きい。前走も日経新春杯5着。ここでは格上の部類でしょう。調教もまずまずの仕上がりのようです。

 勝つのは十中八九キズナかハープスターでしょう。ただ、この2頭軸で3単なら3複でもいいかなと思います。前日オッズではラブリーデイを含めた3連が人気ですが、3単なら8-4-6/4-8-6で10倍見当。3複なら4倍見当。もし2強のいずれかが3着に負けたらと思えば3複のほうが安心感もある。

◎キズナ
○ハープスター
▲ラブリーデイ
△トウシンモンステラ
△スズカデヴィアス

 馬券は◎○2軸の3複。ここは鉄板と思うのでいつもより大きく勝負したい。

 共同通信杯ですが、こちらも人気でもドゥラメンテでしょうか。過去のセントポーリア賞(2000mの13、14年と06~08年は除く)を見るとドゥラメンテの時計は異次元。というか過去20年の共同通信杯でも1分46秒台なんてのは一昨年しかない。ちょっとモノが違うんじゃあないでしょうか。相手も実績から言ってアヴニールマルシェ。東京1800で実績があるのは安心できます。

 3番手以降は混戦と見ます。3人気は新馬勝ちしたばかりの福永馬ですが、3歳重賞で1戦1勝馬は基本的に軽視。事実、過去10年で1頭もいない。同様に過去10年で前走6着以下からの連対はないようです。そうなるとかなり絞られるのですが、ティルナノーグやコスモナインボールのように連続大敗でなければ目をつぶりたい(笑) 1回だけならポカだってあるだろうし。

◎ドゥラメンテ
○アヴニールマルシェ
▲ソールインパクト
△ミュゼエイリアン
△アンビシャス
△ダノンメジャー
△リアルスティール

 馬券はドゥラメンテからの馬単流しで。ヒモ荒れを期待したい。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

15年佐賀記念回顧~新星登場~

☆佐賀記念購入結果☆
◎マイネルクロップ…優勝
○リキサンステルス…4着
▲ダノンカモン……3着
△ソリタリーキング…2着

 重賞未勝利ながら1人気に推されたマイネルクロップでしたが、追いすがるソリタリーキングをハナ差振り切って重賞初勝利。鞍上の丹内騎手も重賞初制覇。高齢馬の独壇場となっている交流重賞路線ですが、新星登場です。ただ、今回の賞金を上積みしても、まだまだ賞金持ちの高齢馬がたくさんいますので、安定的に交流重賞に出られるかは怪しい。それに全盛期を明らかに過ぎているソリタリーキングとハナ差では、さらなるパワーアップが望まれるところ。

 ソリタリーキングもダノンカモンもさすがにここまで手薄な面子なら馬券になれました。ただ、準OP勝ちしかない馬に負けてしまうようでは、今後、交流重賞で馬券になっても、勝ちきれるかどうかははなはだ疑わしい。今回のように若馬の突き上げもありますし、ニホンピロアワーズ、ワンダーアキュート、エーシンモアオバー、シビルウォーと高齢でも実績上位の馬も多いですから。ソリタリーもダノンも中間管理職みたいな存在に見えてきました(笑)

 リキサンステルスは好走が府中で多く、中山で負けているあたり小回り適性も微妙なのかもしれません。もっとも賞金も加算できなかったので、当分、交流重賞に出られるチャンスも少ないでしょう。ランフォルセは5着と言っても事実上の最下位。昨年勝っているレースでこの結果ですから、終わってしまったとしか言いようがない。どこかの地方へ移籍という話が出てきてもおかしくない。というかもはや南関重賞で通用するかも微妙な力になってしまったかも。

 展望では3単勝負を匂わす書き方をしましたし、実際、3単も考慮したのですが、3複でもガミらないなら3複でいいやと守りの馬券にしてしまいました。当たることは当たったし、ガミってもいませんが、結果的に初志貫徹で3単勝負に出るべきでした。こういうレースでガツンと回収しなければ、本命党の俺はいつまで経っても回収率100%には届きませんしね。ちなみに船橋のメインでは3単勝負に出て、ヒモがクビ差4着で抜け。グハァ!ダメだなあ、俺は。

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

徒然如月日記

 スーパーやコンビニへ寄るとバレンタイン商戦の真っ最中ってな感じですね。まー、でも学生でもないし、会社員でもなく、フリーランスで働いている身にはまったく関係ないぜ、コンチキショーってな感じです。まあ、チョコレートをあまり食べたいとも思わないんですけどね。いや、負け惜しみでもなんでもなくてさ。先月、旅行へ出かけていた教え子からお土産でネズミーランドのチョコレートをもらったけれども、まだ食べきっていない始末なので。コンビニスイーツとかも食べたいと思わん。むしろ栄養ドリンクのほうが嬉しい。いや、そんなお土産なんてねーよって話ですが(笑)

 体調を崩してからはや十日あまり。ようやく熱は完全に下がり、せきやたん、鼻水も緩和されてきました。体調がこれほど長く崩れたのは人生初です。しかも、途中、咳き込んだ際に軽いギックリ腰にもなりました。ギックリ腰になるのは3年連続。ここまで大丈夫だったので、今年は腰は大丈夫かなと思ったらコレですわ。不規則な生活習慣、栄養バランスを崩した食事、繁忙期による疲労もあるんでしょうが、ワシももう歳なのかもしれんのう……。気持ちは若いつもりでおるんじゃがな。受験を終えれば一息つけるので、日帰りか一泊でどこかへ行こうかな。それとは別にGWに、今年こそは関西遠征をするつもりでいます。

 上記のように体調が著しく悪かったのですが、悪いことばかりでもなくて、来週月曜日に弘前でも行なわれるももいろクローバーZ主演映画「幕が上がる」の舞台挨拶付試写会(全国127箇所?で開催)のチケットが取れました。都会や被災地では複数メンバーがそろっての舞台挨拶のようですが、弘前はももか(緑)のみの舞台挨拶。一人だけといえども、真冬の地方都市へわざわざ来てくれたのはありがたい。というか、ももかはインフルエンザで紅白歌合戦を欠席せざるをえなかったし、クソ寒い北東北巡りで体調を崩さないかOSSANは心配しております(笑) ちなみに同時期にB’zの新潟公演も申し込んでいましたが安定の落選。1万人のハコで2Daysなのに取れんのね……。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

15年きさらぎ賞回顧&佐賀記念展望

☆きさらぎ賞購入結果☆
◎ルージュバック………完勝
○ポルトドートウィユ…2着
▲アッシュゴールド…3着
△レガッタ……………7着
※グリュイエール……4着

 1人気の牝馬ルージュバックが良血牡馬を相手に末脚一閃で蹴散らしての完勝。デビューからの連勝を3に伸ばしました。きさらぎ賞が芝になってからの数十年で牝馬の勝利は初めてのようです。そのせいかYAHOO!のトップトピックで扱われてもいましたが、まだ騒ぐには少し早い。怪物だなんだと騒ぐのはGIを勝ってから。2着に2人気ポルトドートウィユ、3着に3人気のアッシュゴールドが入り、人気順(3単は2人気だが)で決まりました。4人気のレガッタは道中でひっかかって直線は失速の7着でした。馬券は3単を5点で取ったのですが、グリュイエールも持っていただけに、アッシュゴールドは来なくて良かった(笑)

 ルージュバックは牡馬相手に重賞を勝ったことよりも、この馬場で、34秒台の時計でもキレ味の違いを見せつけたことに価値があると思います。必ずしもパンパンの良じゃなくても問題ないことを示して見せました。それに後方ではなく、前から3番手と先行しながら最速の上がりを繰り出しており、脚質に幅を見せたのも良かった。末一手ではいくらキレても展開に左右されたり、取りこぼしが避けられないので。桜花賞直行か一戦挟むかは未定のようですが、いずれにせよ春のクラシックの主役の一頭なのは確か。怪物かどうかはさておくにしても、GI級でしょうね。ただものではない。

 ポルトドートウィユはこれで5戦5連対。4角では勝ち馬と並ぶような位置で、同じようにスパートした……はずだったのですが、相手はムチを1発入れたかどうかなのに、こちらは必死追い。しかも、突き放されました。ポルトはポルトで余裕の2着確保ではあったのですが、現時点での勝ち馬との力差は歴然。この馬もやがては重賞の1つ2つは勝てるだけの馬だろうとは思うのですが。3着アッシュゴールドも3角手前あたりでちょっとカカるような部分もありましたが直線は差をつめての3着。正直、兄は兄でもオルフェーヴルやドリームジャーニーじゃなくてリヤンドファミユなんじゃないかと思えてきました(笑)

 今日は佐賀競馬場で、JpnIII佐賀記念で行なわれます。なんで水曜日にやらないんでしょうね。祝日に開催したほうが売上も見込めると思うのですが……。中央からは去年の1,2着馬であるランフォルセ、ソリタリーキングに、去年の名古屋大賞典馬のダノンカモン。そして、3走前に準OPを勝ったリキサンステルス、2走前に準OPを勝ったマイネルクロップの5頭。

正直、微妙すぎる面子。ここならグランディオーソやジョーメテオあたりでも十分勝ち負けと思うのですが、南関から遠い佐賀には行きたくなかったのかなあ。他地区からは高知のクロスオーバーにリワードレブロン、そして引退したトウホクビジンの後継者である笠松のタッチデュールが参戦。地元の佐賀からは3頭が迎え撃ちます。筆頭はプルーフポジティブでしょうか。

 微妙すぎる中央馬ですが、これでも地方馬は歯が立たないでしょう。九分九厘中央馬で決まると思われます。昨年の勝ち馬とはいえ、ランフォルセはもう厳しいように思います。昨年は前々走の浦和記念を勝ち、力のあるところを見せていましたが、それ以後は馬券絡みが一度もありません……というか勝負になってない。ここ2走は中央馬に先着されるだけでなく、南関の有力馬にも繰り返し先着されています。うーん。

 ランフォルセ以外の中央4頭でいいと思うのですが3複BOX4点では配当的に微妙すぎますし、3単勝負をするしかない。実績ある年寄りよりも、格下でも新鮮味のある2頭に魅力を感じます。こちらを上にみたい。ダノンカモンはGIでビリでしたが、リキサンステルスやマイネルクロップでもビリにはならなかったんじゃあないかと思えますしね。まあ、賞金ないのでGIにはまだ出られないでしょうが。

◎マイネルクロップ
○リキサンステルス
▲ダノンカモン
△ソリタリーキング

 馬券はオッズを見ないとなんとも言えませんが、◎マイネルクロップを中心に買うつもりです。

テーマ:地方競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『バトンリレー』

『バトンリレー』

生まれながらに用意された専用レーン

生まれながらに握っているバトン

スタート地点は人それぞれ違っていて

うらやんだりしたこともあったけれども

自分は自分、人は人と割り切れば気楽になれた



時には誰かと並走することもあって

そんなときは自然と心が弾んでしまう

手を取り合って走ってみたりもできるんだ

ずっと並んで走っていたいと願っていても

方向やスピードが次第にずれて、いつかは離ればなれ



それでも僕らは前へと駆け出していく

抗えない時間の流れだけではなくて

いつかの僕が泣きながらバトンを渡してくれたから

未来の僕が笑顔でバトンが届くのを待っているから

そんな顔を思い浮かべれば、自然と脚は前へ出る



自分の、自分による、自分のためのレースだけれど

昨日の自分よりも少しでも前に進めたなら

明日の自分がもっと前に飛べたなら

思いもよらずに、どこかの誰かの励みになったりする

それは僕らも別のレーンの誰かに励まされているから



いつかどこかで、誰もがゴールテープを切られる

望んだ地点だろうが、夢見た場所への途上だろうが

そのとき、自分自身がバトンへと生まれ変わる

そのバトンが皆の握っている一つ一つのバトンなんだ



父から僕へ

母から僕へ

昨日から今日へ

今日から明日へ

僕から君へ



2011年8月15日作
2015年1月26日大幅加筆修正
2015年2月8日ラジオNIKKEI「私の書いたポエム」放送分

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

15年きさらぎ賞展望

 ようやくインフルエンザから回復してきました。症状自体は死ぬほどつらいというほどでもないですが、長引いてしまうし、人にうつす可能性が高いのが困りモノ。幸い俺から誰かに感染したようではないのが何より。それはさておき、今週はきさらぎ賞と東京新聞盃がメインレースですが、買うのはきさらぎ賞。フルゲートの東京新聞盃は当たる気がしません(笑) 荒れやすいですしね。きさらぎ賞はフルゲートになんてならないレースですが、今年は8頭立て。例年よりも特に少ないですね。ただし、上位人気は割れそうなメンバーです。8頭だけなので短評。

1. ムーンクレスト…5戦1勝。前走500万で3着。馬券に3度絡んだのは1400、絡まなかったのが1600で、今回は1800というのは気になります。正直、時計的にも実績的にもここでは苦戦しそう。

2. ネオスターダム…5戦1勝。前走で未勝利勝ち。距離実績もありますし、時計も1番よりはいいかなとは思います。ただ、調教の動きがかなり悪い。調教では動かない馬なのかな。まあ、実績もこの面子では微妙ですが。

3. ルージュバック…2戦2勝。距離は問題ないし、京都は初ですが新潟で勝っており、平坦は合いそう。前走は出遅れながらものちの京成盃馬ベルーフに完勝。おまけにレコード。間隔は空いてますが調教では動いてますね。期待したい。

4. アッシュゴールド…4戦1勝。デイリー盃2着馬。言わずと知れたオルフェーヴル&ドリームジャーニーの全弟。京都実績ありますし、この頭数。前走の朝日盃も8着ながら0.6差ですし、ここなら巻き返していい。

5. ポルトドートウィユ…4戦2勝2着と連を外していません。同条件のOPで2着の実績もありますし、これもまた良血ですね。3,4番に近いキレもありそうですが、前で競馬もできるのと、鞍上がユタカへ強化されているのも魅力。良さそう。

6. レガッタ…1戦1勝馬。母スイープトウショウですか。これも良血ですなあ。母譲りの瞬発力もあるようです。厩舎の思惑があって、放牧に出さずに手元で調教していたようですがどう出るか。そもそも1戦1勝馬の3歳重賞成績は芳しくない。人気馬で怪しいのはこれのような。母も母だしなあ(笑)

7. エメラルヒマワリ…門別のダートで認定含む2勝ですが、中央入りのこの2戦はまるで通用していない。不要でしょう。

8. グリュイエール…4戦1勝。ここ2戦はGIII、500万で人気に推されながら結果が出ていません。特に前走はふがいなかった。岩田からシュタルケへ乗り替わってるのもどうなんだろう。折り合い面に不安があるだけに……。

 3着はまぎれもあるような気がしますが連は人気であろう3,4,5の3頭で堅いとみます。中でも調教で動いており、2戦2勝で意欲の西下のルージュバックを中心視。エルフィンSだって使えたのに、わざわざここを使うのは、キャロットの使い分けもあるのでしょうが、当然、ここでの勝算あってのはず。

◎ルージュバック
○ポルトドートウィユ
▲アッシュゴールド
△レガッタ
※グリュイエール

 この頭数、この人気では3複を買うのでも人気3頭1点勝負の勢いになりますが、さすがに人気3頭をそこまで信頼できない。絶対視まではできないのですがルージュバックの実績、時計を信頼してアタマ固定の3単。2,3着にポルトが来ればいいというような馬券です。◎→○→▲△※と◎→▲△→※の3単5点で。レガッタやアッシュに突き抜けられると困るのですが(笑) 

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

いんふる

 昨日は節分でした。いつの頃からか、太巻きの風習も広まりましたね。コンビニの影響?久々にデリっちゃって、「俺の太巻きと米の太巻きのどっちを選びますか?」なんて低俗きわまりないシモネタ(もはやセクハラ)もかまそうか……なんて考えていたのですが、体調不良でそれどころではなくなってしまいました。こんばんは、ねぶです。

 先週の土曜日から発熱、せき、たん、倦怠感などの諸症状が出ていました。ただの風邪だろうと思って、買い置きしておいたパブロンを飲んでやり過ごしていたのですが、数日経っても一向に良くならない……というか悪化してきたので、やむなく近所の病院へ行ったところ、やはりインフルエンザでした。俺がインフルエンザになるのは人生で初めてだったと思います。熱が高熱と呼べるほどに上がっていなかったのは、市販の総合感冒薬にも解熱成分が入っているので、それで熱が抑えられていたらしいです。診察を受け、処方薬を飲んでいますが、体調はさほど変わりません。水曜は定休日にしていますが、土曜、火曜は指導をつぶしてしまいました(日、月は無理して指導を決行)。これ以上、休んでいるわけにも行かないのですが、ウイルスを撒き散らすわけにもいかんしね。明日の体調次第でしょうか。37度以下ならいいんですが。

 俺は俺でインフルエンザで具合が良くないのですが、オヤジも口蓋の上にウミがたまっていたようで、口腔外科で手術を受けていました。入院のときは俺も付き添ったのですが、手術のあった昨日はダウンしてたので、母だけ付き添い。でも、何事もなく手術は終えたようで、おかゆなどをもう食べているらしい(入れ歯をつけられないので堅いものは食べられない) 医者の話では術後1週間~10日で退院できるらしい。やりたいことがみつからない。そんな若者……いや、世代関係なくか。多いですが、オヤジはやるべきことがまだまだたくさんあるし、俺にとってもまだまだ必要な人間なので死なれては困ります(笑) 無事に手術が終わって何よりでした。ちなみに医者は俺と同世代ぐらいの女医さんでした。必死に勉強したんでしょうし、責任の重い仕事をしている人間の顔だな、と感じました。Oボカタなどの緩みきった顔とは違う(笑)

 オヤジが入院中にラジオが必要と言うので、日曜の指導後にヤマダ電機へ寄って、ラジオと電池、イヤホンを買いました。そろそろイヤホンを買い換えたいなあと思っていたので、いくつかのイヤホンを試し聴きしたのですが、3000円前後のイヤホンだと今、使っているイヤホンと大差はないなあと感じましたが、6000円前後になるとさすがに1ランク違いますね。1ランクの違いに新たに6000円出すのかと言われると少し悩んでしまいますが、それこそお馬ちゃんで一発、それぐらいの配当を取ったら買い換えてもいいかなと思いました。俺は目が悪いし、鼻も悪いし、さらには口も悪い(=毒舌)ですが、耳だけは良いですし、イヤホンを買い替えたら、その後の音楽ライフが1ランク上で楽しめる……はず。ただ、いいイヤホンにどんどんしていくと、質の悪いイヤホンに戻れなくなりそうですな。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |