ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

アシなき世界

 ねぶごん(ワゴンR RR)が臨終のため、現在は俺のアシがありません。そのため、車庫証明の申請で警察署へ行くにも徒歩&バスです。昨日もけっこう歩いたなあ。まあ、いい運動にはなりますけどね……。公共交通機関の発達した都会ならともかく、東北の地方都市にすぎないここでは、クルマがないととにかく不便です。10年前は免許を持っていなかったので、それが当たり前だったのですが、一度便利になると不便にはそうそう馴染めないものです。普通車に慣れてしまうと、もはや軽なんて乗れなくなるのかもしれません。最初はアルトワークス(MT)ばかりを乗り継いでいた弟ももう軽には乗りたくないと言っているしなあ。

 先週末はアシがないために、指導をすべて中止/延期にしたのですが、2週連続で指導をつぶすわけにもいかないし、逆に指導回数増加の依頼もあったのでなおさらです。都合よくGWで弟が帰省してくるので、弟のフィットを無理矢理借りて、次回は無事に指導へ行けそうです。何があるかわかりませんから、常に指導は一回分前倒している状態がベストなのかもしれません。非常時に備えて、余裕があるときに原付の一台でも用意したほうがいいかなと真剣に考えています。豪雪地帯ですので、原付があっても真冬じゃ用なしですが、冬以外なら対応できますしね。自転車で行けよと言われそうですが、今みている子たちは全員市外でとてもチャリで行ける距離でもなく……。

 話は変わりますが、警察署へ行った帰りにイトーヨーカドーへ行き、ちょっとした買い物をしました。呼び出しアナウンスがあり、「○色のフォルクスワーゲンでお越しの◎◎様、お連れ様がお待ちです」とのこと。聞き流す人が大半なのでしょうが、ちょっとおかしくね?フォルクスワーゲンは社名であり、車種名ではないわけで……。おそらくはザ・ビートル(ニュービートルかも)を指していると思うのですが、このときゴルフやポロ、あるいはティグアンなどで来店中の客がいないとも限らないしね。言ってみれば「○色のトヨタでお越しの◎◎様、お連れ様がお待ちです」と言われたらたいへんなことに……(笑) トヨタのどの車だよ!と。まあ、アナウンスした人ではなく、「お連れ様」が車種までわからなかったのかもしれないね。

スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『まぶたのスクワット』

『まぶたのスクワット』

退屈な授業は僕らのまぶたに筋トレを課す

国語や数学の教師でも授業内容はまるで体育

まぶたのヒンズー・スクワット 

一コマの授業で数百回、それを一日数セット

とてつもないハードトレーニング



周りは次々と脱落していき

学生たちは机に倒れこむ

だが、教師は決して見逃さずに

まぶたのスクワットを継続させる

もはやトレーニングを越えたシゴキ



毎日、まぶたのスクワット

全国大会でもあればいいのにな



2004年03月06日
2015年04月14日加筆修正
2015年04月26日ラジオNIKKEI「私の書いたポエム」放送分

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

2015年4月上京~好事魔多し~

 続々4月23日
 靖国神社を出て、新宿に向かいましたが、待ち合わせにはまだ時間があったので、ヨドバシカメラとビックカメラでイアホンを片っ端から視聴。正直、買おうと決めていたイアホンはあったのですが、視聴してみるとどうも俺の好みの音ではなかった。ネット上で高評価でも、食事と同じで音色にも好みがありますしね。もちろん1万、2万出せばさすがにおおー!というレベルにはなりますが、今のイアホン(クリエイティブ・EP630)よりも1ランク上なら良かったので。ビックでは目だったところにはなかったのですが、ヨドバシでは推していたラディウス・HP-NEF31を購入しました。下位機種NEF21やNEF11もありましたが1000円ずつ安くなるぐらいでしたし、NEF31のほうが高音がクッキリしていたので。まあ、ドンシャリ型です。今まで使ってたEP630とは明確な差を感じましたし、EP630からのランクアップにはちょうどいい値段と音質と俺は感じました。

靖国の空

 19時にKくんと合流。なんだかんだでけっこう歩いていたので若干お疲れモード。疲れているとついついジョジョ立ちになってしまう俺。たぶん、俺のバックには「ドォーーンッ」とかいう効果音が文字で表記されていたはず(笑) それはさておき、半年ぶりの再会を祝して乾杯。そして、いつものようにガバガバと俺は飲んでいたのですが、少し酔いやすくなったような気がしないでもない。その場でKくんにも話したことですけどね。もちろん酩酊して前後不覚になったり、吐くようなことは全然ないんですけど、最高にハイッって感じになりやすくなったというか。ある意味、酒に弱くなったというより、健全になったのかもしれません。親には言えないことやネットにも書けないこともあります。持つべきものは友ですね、やはり。

 俺はさほど気にしてなかったのですが、Kくんのほうが俺のバスの時間を考えてくれたようで、10時ぐらいに店を出て、バス乗り場に向かいました。新宿駅新南口付近から西口のセンタービルまではさほどの距離でもないですが、センタービル内でバス乗り場にすんなりたどり着くことができず、乗り場についたのは10時35分ぐらい。バスは行ってしまいました。俺を残して……。ガックリと両膝をつき、明日の昼行便はありますか?などと酒臭い息で窓口の人に尋ねる俺。いや、その時、箱根駅伝で繰り上げスタートになる人ってこの気持ちに近いのかな?なんてことを一瞬思いましたよ。Kくんは両膝ついている俺を遠目で生暖かく見ていたようです。分かります。もう見ちゃいられないはず。

 仕方なく新宿駅へ逆戻り。突然上京して、そしてバスに乗り遅れる始末。Kくんには毎度、迷惑をかけてる気がしますよ、ホント。Kくんも帰宅したら日付変わってしまいそうだしね。翌日も仕事なのに。とりあえず一服してから、電車に乗り込み、再会を期しKくんと分かれました。俺は?俺は池袋に戻って、前日と同じラブホへGO!平日だったので、すんなり泊まれました。駅から近くて安いラブホを見つけられたのは旅の収穫の一つです。で、前日のお店に電話して、前日の子を呼ぼうとしたら呼べず。この日は23時上がりだったようです。これはもうさっさと寝ろ!ということと判断して、ラブホの広い風呂に浸かってから寝ました。ラブホなのに純粋な宿泊のために利用。安普請の建物のためか、隣の部屋から女性のあえぎ声……というかエクスタシーの叫びが聞こえたりもしたんですけど(笑)

 4月24日
おむはやし

 翌日は昼前まで寝て、もうしょうがないので金券ショップに立ち寄ってJR株主優待券を2枚購入。そしてみどりの窓口でそれを使用しての東北新幹線はやぶさに乗って帰りました。しめて15160円なり。うーん、痛い出費。でも、逆に考えることにしました。もともとはやぶさに乗るつもりだったのに乗れなくてバスで帰ったんだ、と。そうすれば損害軽減される……と思い込ませてください(笑) 新幹線に乗ること自体、5,6年ぶりかなあ。はやぶさに乗るのは初めてでしたがさすがに速い!1時間ちょいで仙台、2時間弱で盛岡。時速300kmはダテじゃない。ただし、盛岡以北は線形が悪くなるし、トンネルだらけになり、性能を出し切れていないように感じます。単に青森までってことならフル規格ではなく、秋田や山形のようにミニ新幹線でも良かったとも思います。すべては北海道新幹線を視野に入れてのことなんだろうなあ。

はやぶさ内

 バスに乗り遅れたのは、いつもの弘南バスの夜行が取れず、ツアーバスに乗ることにして、乗車場所を正確に把握していなかったため。そもそもが急な上京にしたためにそうなったわけですし、もっと言えば、女川から戻ってきた時点で、クルマに異常があったので、馴染みの店にクルマを頼みつつ、首都圏の店との取引をもっと早くに並行して進めるべきだったと反省しています。納車の際にまた上京しますが、慣れない道を慣れないクルマで運転します。法定速度をやや下回るぐらいのペースで走行車線をゆっくり走りたい。きちっと計画立てて行動しないとダメだなあ。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

2015年4月上京~寺社参拝~

 続4月23日
本門寺

 ディーラーの近くに日蓮宗大本山の本門寺があったので脚を運びました。まあ、うちは日蓮宗ではなく曹洞宗だけどね(笑) さすがに大本山だけあって立派なお寺ですよ。それに敷地が広いので、散策するのも良さそうです。平日の真昼間でしたがパラパラとは観光客らしき人もいたしね。結局見なかったけれど、ここに力道山のお墓もあるとか。まあ、世代違うしなあ。ちょうど昼過ぎだったので、敷地内のお食事処でランチを食べました。牛肉どんぶりと冷やしたぬきそばのセット。今の東京ぐらいの気温だと熱いそばよりは冷やしのほうがいい感じでした。味はまあまあかな。でも、居心地は良かった。見物して食事をした後は、池上駅へ向かいました。西馬込駅に戻っても良かったのですが、一度通った道よりは知らない道を歩いたほうが面白いしね。

本門寺仁王像 (2)

 母が俺の上京のたびにくず餅買って来い買って来いとやかましいので、本門寺の前(池上側)にあった和菓子屋でくず餅購入。お寺の前に和菓子屋はつきものですから。フラフラとある程度適当に歩いてたら池上駅到着。池上の街は繁華街ではないけれど、昔からの商店街って感じで住みやすそうだなあと思いました。東急沿線でも俺の軽いトラウマでもある田園都市線沿線とは全然違う(笑) 通勤時間帯とかでも殺人ラッシュにはならない……よね、たぶん。友人Kくんと19時に新宿で待ち合わせしてたのですが、この時点でまだ14時半。時間があるので、靖国神社へ向かいました。前日がギャンブル&エロスだったのに、この日はクルマの商談と寺社参拝。真人間っぽいね、ねぶのくせに(笑)

靖国神社

 市ヶ谷で降りて靖国通りを750m歩いて、かの有名な靖国神社到着。境内を歩いてみると、古武道の披露が行なわれていたので、それを30分ばかり見物していました。剣術、棒術、槍術などいろいろ。もちろん参拝もしました。ああ、中国と韓国にガタガタ言われないか心配です(爆) 中国人や韓国人は知りませんが、白人や黒人の方もちらほら見られましたし、若い女性のグループなども見られました。若い女性で仏閣巡りをするのが流行っているとも聞きますし、そういう流れなのかな。いや、もちろん近くの法政大学の学生が暇つぶししてたのかもしれませんが(笑) そうそう、もちろん戦争で亡くなった方を奉っている場所ですが、人だけではありませんでした。馬や犬も奉られています。写真は戦没馬慰霊碑。未来の大種牡馬になるべき馬も死んだりしたのかもね。いろいろ考えさせられますし、そういう契機になるという点でも重要な場所です。

戦没馬慰霊碑

 また、靖国神社は大都会のオアシスにもなっていると思います。緑が多いですし、神社の外に比べればずっと静かですしね。ホっと一息つくのにちょうどいい。一服するにもちょうどいい。というわけで靖国神社の喫煙所。え、昔のバス?なかなか趣があっていい感じ。本門寺でも靖国神社でもおみくじを引きました。寺社でおみくじを引くのは俺の定番行動。そして、本門寺では大吉でした。旅先で大吉を引いたのは記憶にない。大凶は3回引いてるんですが(京都の地主神社、鎌倉の鶴岡八幡宮×2) 靖国神社でも吉を引きました。悪くない。だから、前日にいい子を呼べたのかな?なんてバカげたことを考えていたのが、のちの失態の始まりだったのです……。

靖国喫煙所


 

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

2015年4月上京~ねぶでみおと煩悩の夜~

 続4月22日
 はるばる弘前から大井まで参戦したのに負けた負けた。しかも雨。少々ガックリしながら、無料バスに乗り込みました。行き先を確認しなかったのが失敗でした。てっきり品川か大井町、大森、蒲田に向かうものと思い込んでいたのです。なんか東に向かっているような……着いた先は錦糸町でした(笑) まあ、タダだし予定外の場所に到着でもよし。下町や千葉方面のファンのために、錦糸町まで大井競馬では運んでくれるんですね。すごいな。錦糸町は喫煙所が分かりやすくて良い。プクイツして気を取り直して、総武線で新宿、山手線で池袋着。先月の女川遠征の宿がデリれない宿だったもので、いっそ最初からラブホに泊まればいいじゃん!ということで、今回はラブホ泊(笑) で、チェックインの前に、もっと安い部屋が空いてないか確認。すると系列店だと4500円で泊まれるとのこと。じゃあ、そっちでいいと急遽、宿を変更。これで大井競馬の負けをだいぶ浮かせました。

大井競馬場内

 ラブホなので当然デリOKです。事前に調べておいたお店に電話。正直、このお店の受付の対応はあまり良くなかった。が、来た子はめっちゃかわいかったです。格安店(激安ではない)ですが大当たりを引きました。で、めくるめくエロスの世界は元より、普通のマッサージも20分ほどしてもらったのですが、いや、こちらも気持ちよかった。人にマッサージしてもらうことなんてないのですが、けっこう凝っている部分もあったようです。気が向いたら揉み屋に行くといいのかな。本格的にOSSANって感じですが。俺はいつもですが、エロスなお店のおねーちゃんにささいな手土産をあげます。ささいな気遣いで気持ちよくプレイできるか変わってきますしね。今回もたいへん喜んでもらえました。それにとても話が弾みました。その結果なのか、なんなのかLINEのアドレスを交換しました。いや、こっちから頼んだわけじゃないんですが。また上京したら呼びたいですね。俺は同じ子を二度呼ぶことはないのだけれど。

 4月23日
 10時頃まで寝て、そこから主目的であるクルマの商談のため西馬込駅付近へ。目的のデミオ15Cの外観に傷は見当たりませんし、内装もキレイでした。カーナビ、テレビ、ETCは元より、増設したであろうⅰPOD接続端子、さらにバックモニターまで装備しています。走行距離3.8万km。3,4kmほど試乗もしましたが、さすがに軽く踏むだけで必要十分以上の加速。ハンドルは軽すぎってほどではないけれど軽め。クルマ全体のテーストが軽快感強し。1000kgに113馬力なら十分ですよ。先代デミオ(DE型)の最上位モデルは「スポルト」ですが、15Cもスポルトもエンジン自体は同じ。足回りや7速パドルモード、シートなど相違点もありますが、スポルトのほうが総じて高いし、荒く使われてそうなので15Cで問題なし。スポルトはホイールも16インチ、15Cは14インチ。16インチなんて不経済(笑) 15Cは1000kg、スポルトは1020kgなので車検時の重量税も違う。

でみお1

 せっかくなので現行デミオの最上級のXDツーリングLパッケージにも乗りました。いや、乗ってエンジンをかけただけで運転はしてないんですけどね(笑) 最上級ということもあるんでしょうが、内装がすさまじい。国産コンパクトって次元じゃねえ!!叔父さんが乗っているVW・ジェッタGTスポーツ(国内350台限定)を思い出してしまうレベル。乗り出し価格が200万を越えてしまうモデルなので、国産コンパクトと値段で比べればどうなの?と思いますが、外車と比べればずっと安いし、ディーゼルなので軽油で済むのは良いですよね。ガソリンスタンドに行く度に喜びを感じそう(笑) エンジン音はディーゼルだからかガソリンのデミオよりはうるさいし、多少の振動もある。でも、軽乗りだった俺からすれば、音も振動もマシと思いました。この価格帯(車体200万)にすれば気にする人は気にするのかもしれないが。次はコレだな、と思いました。5,6年落ちで4万kmぐらいのを関東まで買いに来ればコミコミ100万以下ぐらいでは買えるんジャマイカ?

でみお3

 弘前に連れてかえる車なので、関東マツダ独自のサービスをカットしてもらう代わりにいくらか値引いてもらえました。もちろん全国保証は1年/10000km付帯しています。じゃないと万が一が怖い(笑) 本来陸送は必須と思っていたのですが、ディーラー陸送ではなく、代行業者に頼めば3万ほど安く上がると言われたのでそうしてもらうことにしました。ただし、自宅納車ではなく店頭納車。それでは意味がない!ところですが、自宅納車は納車日が少なくとも2,3日は遅れるそうです。ねぶごん(ワゴンR)が臨終して、1日でも早く車が必要なので、時間的にはメリットがあります。というわけでGW明けあたりに再度上京。これもまた急遽決定。【ねぶでみお】となった途端に、東北道完走の荒行となります。東北道はいいのですが、都内を脱出するまでに多少の不安があります。首都圏で運転したことがないですしね。そこでさっそくカーナビが生きてくるかとは思いますが。帰りに現行デミオがデザインされた缶入りのアメちゃんもらいました。こういうささいなサービスってとても大事。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

2015年4月上京~大井競馬場~

 4月22日その1
 上京するのは半年ぶりですが、旅行そのものは先月の宮城県石巻&女川に続いての2ヶ月連続です。主目的は車の商談のため。首都圏の中古車相場は安いですし、逆に青森の相場はめちゃくちゃ高い。選択肢自体も首都圏がもっとも多いのは当然。となるとわざわざ上京してでも、首都圏で購入するのがお買い得なのは明白。もちろんアフターサービスなどの問題もあるので、ディーラー(関東マツダ)からの購入です。現行スイフトか先代デミオのどちらか(現行デミオは予算的に無理)だったのですが、弘前市周辺であまりデミオを見かけないのでデミオにしました。ただ、友人Kくんも言っていたのですが、首都圏ではスイフトよりもデミオのほうが多いですね。

大井競馬場門

 交通費を節約するために、いつものように高速バスで上京です。夜行ではとても寝られないので、昼行便を使いました。GWの前週の上、平日ですのでバスはガラガラでした。隣の席も前の席も空席。身長184cmの大男ですので、隣に人がいないのはラク。前席もいないので背もたれを倒されることもなく快適でした(バスにしては) 弘前を出発したときはまずまずの天気でしたが、南下するにつれて曇ってきて、埼玉県に入ったあたりで小雨交じり。9時間かけて上野駅前に着いたときはさらに雨あしが強まりました。この日は大井競馬場で三冠レースの第一弾・羽田盃があるので、上野から浜松町経由で大井競馬場へ直行。しかし……モノレールは高いよねえ。

能登牛カレー

 大井競馬場に着くといよいよ雨も本降り。そのせいかSI(AVじゃないよw)なのに、客の入りはイマイチ。先着9000人限定の懸賞のスクラッチカードが19時でももらえたし。即けずってみましたが、無料入場券でした。イラネ(笑)夕飯を食べてなかったので、まずは腹ごしらえ。常設のお店ではない金沢能登牛カレーがあるようだったので、それを食べました。写真参照。650円。うん、スパイシーで美味しかったな。水沢の勝カレーよりはこっちのほうが好みだし、競馬場向きな味でもあると思う(辛口なので) どうもこの日は天気だけでなく馬券も荒れ模様で、メイン前の10Rも3頭に人気集中してましたが、そのうちの1頭しか馬券に絡まなかった。最終もそんな感じでしたね。

馬時間

 手短に羽田盃回顧。特に出遅れた馬はなかったですし、3~4角でオウマタイムが先頭に立ったときは、ああ、今日も「オウマタイムの時間だ!」と思ったのですが、案外、追いすがるラッキープリンスやヴェスヴィオを引き離せない。そうしているうちにゴール前で外からストゥディウムが剛脚一閃で差しきり。メインレースも波乱。波乱の予感を感じたのでオウマを含めた3複6頭BOXという買い方。オウマが飛ぶんじゃないか?と思ったのですが、オウマは飛ばず、3着に大穴ラッキープリンスで波乱。ヒモ穴で荒れるほうだったのね……。現地には「馬時間」と背中にかかれたジャケットを着ている方もいました。どこで売ってるの……?関係者?(笑)

石崎駿

 大井のトゥインクルレースといえば、生ファンファーレが名物です。おねーちゃん5人ぐらいによる演奏。通称プペ隊。むしろ正式名称を俺は知らない(笑) ネットでレース観戦する際には、プペ隊のルックスとか考えたことなどなかったですが、なかなかかわいい子たちが多かったと思います。近所に住んでる人ならプペ隊目当てで来場する人もいくらかはいるのかもしれませんね。そうそう、最終レースでめちゃくちゃエキサイトしてる客がいましたよ。1番馬(真島騎乗)を買ってたんでしょう。スタートするなり「真島あああ!!内から離れろ!!離れろ!!ナニやってんだ!!死ね!真島!死ね!死ね!ぐがあああ!」ってな感じ。失笑を禁じえないですよ……。というか最内なんだから、最初の直線で内から離れろと叫ばれても真島だって困るだろwww で、1番馬はブービー惨敗。いくらぶっこんでたのやら。馬券は計画的に(笑) ちなみに俺はもういっちょを期待して石崎駿の2番馬を買って、直線半ばまでは逃げねばってましたが最後は垂れて7着。300円だからいいけどさ。

ぷぺ隊


テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

 『カレーライ詩』

 『カレーライ詩』
 
同じ文字と同じぐらいの字数でも

同一のものを一晩、寝かせても

最後の一手間を誰かに任せても

まったく違った味わいとなる

それはまるでカレーライス



2015年3月8日作

【あとがき】
10年も寝かせてみると、
ワインやブランデーのように
独特の風味になってたり。
カビてることもありますが……(笑)

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~モザイクハーツ~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

15年羽田盃&東京プリンセス賞展望

 ねぶごん(ワゴンR RR)が動かなくなってしまいました。エンジンはかかるけれど、もう進みません。家の庭で臨終したのは不幸中の幸いでした。昨日の指導の帰りに人気もないようなところで臨終しなくて本当に良かった。今日は市役所へ印鑑証明および住民票を取得に向かいましたが、ねぶごん臨終なので、やむなくバス利用。毎時2本しかないのは不便だなあ……と思いますが、弘前市内で毎時2本(朝夕は4本ほど)もバスがあるのはむしろ多いほうだったりします(笑) 

 明日上京、明後日の夜行で帰還という弾丸上京です。エロエロとおウマちゃんとクルマの商談のための上京です。都合よく22日も23日も大井競馬場ではSIレースがあるので、両日ともに大井参戦します。大井競馬に行くのはいつ以来だろう……たぶん、トーシンブリザードが負けた帝王賞(勝ち馬カネツフルーヴ)のような気がします。13年も前の話。そもそも大井には2回しか行ったことないしね。今回が3回目&4回目になります。というわけで羽田盃と東京プリンセス賞の予想だけ備忘録的に記したい。

 何はなくとも羽田盃の予想には京浜盃の結果。羽田盃を圧勝して負けた馬というと数年前のパンタレイを思い出しますが、京浜を圧勝した馬はパンタレイ以外は連を確保しているようです。正直、パンタレイは京浜以前の戦績が微妙だったし、押し出された人気馬という印象があります。今年の京浜の勝ち馬オウマタイムは、京浜以前に鎌倉記念勝ち、ハイセイコー記念2着。南関では崩れていない。ただ、前走を鵜呑みにして頭テッパンと考えないほうがいいような気もします。あくまでも連軸。

 さて、その相手ですが、南関では大井だけ右回り。大井実績のある馬を重視したい。また前日の今日が不良馬場なので明日も不良か重か。その辺も考えたい。中団からの差しもけっこう決まってるような……?京浜のようにオウマがちぎって、2,3着も前の馬ってことにはならないように思います。前走負けすぎとも思えますがストゥディウム、安定感あるし、社台だし、吉原騎乗のヴェスヴィオ、差し脚鋭いコンドルダンス、ドライヴシャフト、一応京浜2着を評価してフラットライナーズあたりまでか?

◎オウマタイム
○ヴェスヴィオ
▲ストゥディウム
△コンドルダンス
△ドライヴシャフト
△フラットライナーズ

 オウマを軸に3複1軸ヒモ5頭だと大井……もとい多いかなあ。まあ、ガミってもいいです。ヘタに絞って高配当を逃すほうがイヤですしね。しかも、わざわざ現場に出向いて。その翌日の東京プリンセス賞ですが、普通に考えればSIを連勝中のララベルでいい。大井実績もありますし、番手で競馬ができるし、社台産で父ゴルア。ここまで連を外したことのない馬。距離2000は多少気にはなりますが、素直に連軸でいいかと思います。ただ、相手探しは難解。例年そうですが桜花賞とリンクしませんしね。

 こんなアンちゃんで大丈夫か?とも思いますが、馬自体はフィールドスラッピが気になる。中央2勝は大きい。あとはカリエンですね。浦和の2戦大敗で人気を落としそうですが、2歳優牝4着、桃花2着なら巻き返してもいい。あとはノーザンFで吉原騎乗で連勝してるジェットシティ、これは人気かな。前走がちょっとだらしなかったけれどリボンスティック。桜花賞で人気を裏切ったけれど重賞勝ちもあるスターローズまでかな。ヒモにわけわからんのが来る予感もあるのですが。

◎ララベル
○ジェットシティ
▲フィールドスラッピ
△スターローズ
△リボンスティック
△カリエン

テーマ:南関東公営競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

15年皐月賞回顧~近代日本競馬の結晶~

★皐月賞予想結果★
◎ サトノクラウン………6着
○リアルスティール………2着
▲ドゥラメンテ…………完勝
△ ブライトエンブレム…4着
△ キタサンブラック……3着
△ ベルーフ………………12着
△ ダノンリバティ………8着

 3人気のドゥラメンテが大外一閃で他馬を差しきり、三冠ロードの一冠目を制しました。デムーロはこれで現役最多の皐月賞4勝目。皐月賞男ですね。2着に2人気のリアルスティール。3着に4人気のキタサンブラックと上位人気馬が上位を占めました……が肝心の1人気のサトノクラウンは直線で伸びを欠いて6着に沈みました。勝つのはルメールとデムーロに決まってる。サトノ……関東馬……でも無敗の弥生賞馬。ならルメールか?と思ったのですがデムーロでした。2,3,4人気馬の3複で3110円かあ。これは取っておきたいレースでしたよ。ううむ。

 デムーロは4角で他馬の前を大きくカットして来週から4日間の騎乗停止。当然の処分ですが、勝った馬の能力とは別の話。中山で、あの位置から他馬をブッコ抜く脚は尋常ではない。この馬だけ上がり33.9と33秒台。2番目の上がりがリアルスティールとサトノクラウンの34.5で0.6も違う。他馬の上がりは概ね35秒前後。他場で上がり33秒台は今時珍しくないですが、皐月賞でこの上がりは驚愕。33秒台の上がりで勝ったのは過去にダイワメジャーのみ(33.9、負け馬なら他に3頭) デムーロの談話では、今日も少しカカっていたようです。これが完成したらどんな馬になるのやら。曾祖母ダイナカール、祖母エアグルーヴ、母アドマイヤグルーヴ。まさに近代日本競馬の結晶たる馬。気性面は気になりますが、血統的にはむしろ2400でもっといいはず。将来が楽しみな馬です。

 リアルスティール・福永はソツなく乗りましたし、普通なら勝っていた内容。相手が悪かった。猛烈にカカって普通なら大敗して当然の共同通信杯ドゥラメンテを考えれば、一応、抑えが効いた状態のドゥラメンテとはこれだけの差があったということでしょうか。リアルスティールにしても、キャリア1戦で重賞制覇の馬ですし、並みの馬ではないはずです。事実、3着の3戦無敗のキタサンブラックを突き放している。でも、ドゥラメンテの剛脚の前にはかすんでしまった。キタサンブラックは交わされそうになりながらもリアルに抵抗し、ブライトエンブレムの追撃は振り切っている。伊達に無敗でTRを勝った馬ではなかった。ただ、ちょっと決め手に欠ける馬のような気がします。キタサン史上最強馬ではあろうと思いますが。

 サトノクラウンは4角でドゥラメンテの煽りを受けましたが、ダノンプラチナやベルラップのように前をカットされたわけではなく、ドゥラメンテ並みに強ければ2着争いに食い込めた。4角よりも、スタートでやや出負けした結果、後方からの競馬になったほうが痛かったと思いました。すっと好位を確保して抜け出す競馬をイメージしていただけに。ただ、勝ち馬にあれほどの鬼脚を見せ付けられると、スムーズな競馬だったとしても2,3着争いだったのかもしれません。ルメールも上手いけれども、デムーロはもっと上ですね。少なくとも日本では。TRでは弥生賞組を上に見たのですが、既にそれが間違っていたようです。スプリングS組を中心視すべきだったようです。

 それにしても、俺が大学生時代に何度も現地で見ていたエアグルーヴの孫がGIを勝つ時代かあ。時の経つのは早いものです。俺も白髪が年々増えて、OSSANになるわけだなあ。グラスワンダーの孫(スクリーンヒーロー産駒)も活躍しているしねえ。アグネスレディー、アグネスフローラを生で見ていた人が、アグネスフライト/アグネスタキオンを見ていたときにこんな気持ちだったのかなあと、ふと想いをはせました。

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

 『日本列島』

 『日本列島』

ベッドにゴロリと横になり

目に入るのは日本地図

目をつむったら走り出す



北海道はアタマで

東北はクビだろう

北陸や山陰は背中

房総半島が右前脚

紀伊半島が左前脚

四国は右後脚で

九州は左後脚だ



負けるな、日本列島

途中で不利があっても

駆け出せ、日本列島

栄光のゴールへ向かって



2015年3月25日作
2015年4月19日ラジオNIKKEI「私の書いたポエム」放送分

【あとがき】
ベッドの脇に日本地図を貼っているのですが、
前からウマみたいな形だなと思っていました。
ウマのことを考えない日がないので、
そんな風に見えてしまうのでしょうか。

P.S.日本列島の胸前の張りはなかなかですが、
ちょっとトモの力強さが足りない感じがするので、
本格化するのは古馬になってからだと思います(笑)

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

15年皐月賞展望

 今年の皐月賞の出走ボーダーラインは高いと少々話題になりましたが、フタを開けてみればフルゲート割れ。ダメ元で挑戦してくる馬もいないというのはさみしいなあ。とはいえ高いレベルで拮抗しているメンバーがそろったと思います。府中や新潟にばっかり行っていますが、久しぶりに中山にも行ってみたいところですねー。今年も馬柱が見栄えする馬ばっかりで、嬉しい悲鳴。人気も割れそうですし、馬券的にも楽しめそうです。人気薄でも馬券になって不思議ない馬が多すぎる(笑) 三冠馬の権利を得られるのはどの馬になるんでしょうね。今週もウダウダと短評は書かずに消去法から。

◆チェックポイント◆
・前走・弥生賞で5着以下:クラリティスカイ、コメート、ベルラップ
・前走・スプリングSで4着以下(京成杯勝馬を除く):いない
・前走・若葉Sで6人気以下:ワンダーアツレッタ
・前走がTR以外で負けている:ダノンリバティ、ドゥラメンテ
・前走がTR若葉S以外のOP、500万下:スピリッツミノル
・前走で1秒以上の負け:コメート、ベルラップ
・3ヶ月以上の休み明け:いない
・中2週以内:アンビシャス、ミュゼエイリアン、ダノンリバティ
・キャリア3~9戦ではない:スピリッツミノル、
・ 重賞未勝利馬かつ、中山芝に出走済で3着内の実績がない:ダノンリバティ

残ったのは、キタサンブラック、サトノクラウン、タガノエスプレッソ、ダノンプラチナ、ブライトエンブレム、ベルーフ、リアルスティールの7頭。半分ぐらいに減りました。普通に考えて、TR重賞を勝ったキタサンブラック、サトノクラウンは消せない。また、人気は微妙でしょうが、同条件の京成杯を勝ったベルーフも要注意。

クラシックで猛威を奮っているディープインパクト産駒ですが、このレースは未勝利。2着馬もワールドエース一頭だけ。実際、ディープ産駒は主要4場では勝率、連対率とも中山がダントツで一番悪い。東京14.7/25.1、中山10.8/19.7、京都15.6/28.5、阪神15.0/28.9(勝率/連対率。2013、2014年の合計) イメージだけでなく、数字にも出ています。

 有力馬でディープ産駒でないのは、キタサンブラック(全兄ブラックタイドの子だが)、ドゥラメンテ、ブライトエンブレム、ベルーフあたりか。中でもネオユニヴァース産駒は過去2勝しています(自身も勝っている)。そういう意味ではブライトエンブレムに血統的には一番魅力を感じます。母も中山のフラワーCを勝ってもいますし、自身も弥生賞2着。中山適性は一番でしょう。

タガノエスプレッソは京都がベストかもしれません。鞍上も不安。逆に人気になりそうなのが関東馬中心というのもなんだか気になります。関東馬の1,2着独占は1989年を最後に、この四半世紀ありません(逆に関西馬の1,2着は12回もある) 関東馬から入るなら相手は関西馬と思います。

◎ サトノクラウン
○リアルスティール
▲ドゥラメンテ
△ ブライトエンブレム
△ キタサンブラック
△ ベルーフ
△ ダノンリバティ

本命はサトノクラウン。戦績、鞍上、コース&馬場適性、血統、脚質とスキがない。逆に不安なのは関東馬であること、そして……サトノ馬であること(笑) でも、トーセンやダノンの馬がGIを勝つ時代ですから、そろそろサトノが勝ってもおかしくはない(笑)
2番手にリアルスティール。戦績、コース適性、厩舎は心強い。不安なのは鞍上、血統。ただ、皐月賞を勝つ気でなければ、スプリングSを使わなかったと思うんですよ。前走の内容は勝ち馬以上。いい感じに負けられたのも良かった。
 3番手にドゥラメンテ。実際にリアルスティールに負けているのだから上には置けない。ただ、今回は鞍上がデムーロ兄。大幅強化。父がキングカメハメハというのもディープよりは中山に合うと思います。これも関東馬ってところだけ、ちょっとね。
 馬券は3複F ◎―○▲-△△△△の8点。◎○▲だとガミだし、3複1人気で決まるのは考えにくいなあ。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

被災地女川町の「復幸祭」訪ねて

 先月下旬、東日本大震災の被災地である宮城県女川町で「女川町復幸祭2015」が行なわれた。各種報道で伝えられたように、女川駅は新築され、JR石巻線も全線復旧し、電車の中は祭りへ向かう人などで混雑していた。私もその中の一人だった。女川駅前は観光客で大にぎわい。ご当地グルメや被災地支援グッズを売る店のテントが並んでいた。ご当地ヒーローのショーや数組のミュージシャンやアイドルのライブもあり、私も十二分に楽しんできた。
 ただ、帰り際に駅前を見渡すと、テントがなければ駅前は何もない更地である。また、石巻線は復旧したものの仙石線はいまだに不通区間がある。震災から4年余り。決して短い時間ではないのに、復興がスムーズに進んでいるとは思えなかった。
 宮城県へ私は車で向かったが、がれきの山をいくつか見かけた。そして、途中で立ち寄った道の駅に張られていたポスターが強く印象に残った。「観光という形の支援がある」。そんなコピーがあった。私が飲み食いしたり、楽しんだお金が復興につながるなら、まさに一石二鳥である。来年か再来年か、もう一度、女川町を訪れたい。たとえ祭りはなくても、活気あふれる町になっていることを願ってやまない。

(2015年4月8日東奥日報夕刊掲載分)

テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

ねぶの投稿マシンガン | コメント:0 | トラックバック:0 |

えいぷりる日記

 ここ2,3ヶ月の間、わりと頻繁に怪しげな精力増強剤関連のメールが迷惑メールフォルダに届きます。「女性も十分に満足させられる」「デリヘル利用で失敗しないために!」「風俗嬢も認めたアレの凄さ」「男の悩み完全復活だ!」とメールタイトルを列挙してみましたが、ツッコミどころが多すぎる。本当に風俗嬢に聞いたのかよ?!デリヘルで失敗したと思うのはナニの勃ち具合じゃなくて嬢次第だし、そもそも悩みが完全復活したらダメだろ?!でも、こういうバカなタイトル、嫌いじゃないぜ?(笑)もちろんメールの中身は読んでないし、買うつもりもまったくありません。

 またまたクルマの話。ターボが壊れた車はただの車……じゃないですね。自然吸気エンジンでもなく、不自然吸気エンジンですよ。NAじゃなくてUNA(Un-Natural Aspiration)とでも言うべきか。加速もトルク感も著しく悪いし、3000回転以上回すのが怖すぎる。本来、軽上限の64馬力だったわけですが、32馬力ぐらいしか出てないと思う(笑) 多少の坂でも露骨に減速します。とにかく運転が非常に疲れる。ただ、燃費は若干良化しています。タービンを回せず、回転数も上がらないからですかね。近々乗り換えたら、爽快感もひとしおだろうなあ。排気量を上げますから(0.66L→1.5L)。

 上京してクルマの商談をする予定で、ディーラーの方とも話をしているのですが、「4WDですが、当社の4WDは生活四駆なので、お客様の地域によっては対応しきれないかもしれません」と言っていた。現状、FFのワゴンRでも何とかなっているので、できれば四駆というぐらいで、四駆の車も候補に挙げたらそういう話になった。うむ、配慮のあるセールスだな、と思いました。都合のいい話ばかりする人間は信用ならん。都合が悪いことも言うほうが信頼置ける。俺自身もそういう態度で人に接しているつもりだしね。だから、ハズレ予想も載せているし消さない(笑)

テーマ:ひとりごと。 - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

15年マリーンC回顧~ガチガチンコ~

☆マリーンC予想結果☆
◎サンビスタ…………圧勝
○トロワボヌール……2着
▲アクティビューティ3着
△マーチャンテイマー5着

 1~5人気まで人気どおりの着順、全賭式とも1人気(複、ワイドは2,3人気まで)で決まりました。まさに船橋銀行(笑) レース内容も俺が……というか過半数の人は予想したであろう内容のまんま。逃げるサマリーズをサンビスタ、トロワボヌールが番手でマーク。止まったサマリーズを人気3頭がすんなり交わして終了。そんなレースをガミらずに取れたのは良かった。ケンでも良かったのでしょうが、ケンではレースを見てエキサイトできませんので。

 サンビスタは58kgだろうが、泥田馬場だろうが、マイルだろうが何の問題もなかった。ホッコータルマエやコパノリッキーと0.4差の競馬を出来る馬です。そんな馬は現役牝馬で他にはいない。公開調教を難なくこなして、次はかしわ記念でしょうか。コパノリッキーは故障。タルマエは遠征帰りで不在。相手はベストウォーリア、インカンテーション、ダノンレジェンドあたりでしょうか。軽視できる相手ではないですが、反面、絶対に勝てない相手でもない。楽しみですね。

 トロワボヌールもこの馬の力は出したと思いますが、4角の反応が違っていました。追いまくっていたトロワとサマリーズに対して、サンビスタ岩田は直線まで待つ余裕がありましたし、瞬発力でも完敗。左回りならと期待されましたし、前走からの前進はありましたが、他はともかくサンビスタとの力差をまざまざと見せ付けられました。この後、どこを使うんでしょうね。一息ついて7月川崎のスパーキングレディCでも良さそうですが。かしわ記念は勝機がないし、そもそも賞金で弾かれそう。

 アクティビューティはスタートでつまづき、やや後手を踏み、事実上の最後方。内田騎手はもう腹をくくったんでしょうね。無難に着を拾った印象。まあ、いつもアクティビューティでした。サマリーズは2歳優駿勝ち馬ではありますが、展望にも書いたように今はマイルでも長い。案の定、去年と同じような結果。マーチャンテイマーは休み明けでなければ4着だったろうと思いますが、上位3頭との力差は歴然としていました。この馬の大駆けに期待したんですが……。

 特に言うべきことはないレース。人気順で決まっていますし、ダート牝馬戦線の力関係を再確認しただけ。南関馬がもっと力を入れて欲しいものです。


テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

15年マリーンC展望とお詫び

 まず私事からのお詫びです。今年こそは関西遠征を!と計画し、宿も一応は押さえてありましたが、アシが確保できておりません。最悪、ねぶごん(ワゴンR RR)を駆ってでも!と意気込んでおったのですが、そのねぶごんが先月の女川への旅行後に故障。街乗りするのもビクビクする状態では、ねぶごんで遠征はとても無理。関西で落ち合おうと複数の方と話を致しましたが、今回の関西遠征はキャンセルさせてください。たいへん申し訳ない。

代わって、来週にも首都圏へ上京するつもりです。その理由もクルマです。ねぶごんがいつご臨終してもおかしくない状況、なじみの店に希望の車探しを依頼するも音沙汰なし。閑散期とはいえ、指導依頼もそこそこにはあるので、故障した車に延々と乗ってはいられない。というわけで、首都圏へ出向いて購入します。既にメールで見積もりなども取っております。行きはバスで、帰りは買ったクルマで、東北道爆走で帰還予定。可能ならば、福島競馬場へ立ち寄って、福島牝馬Sを観戦したり、福島観光も織り交ぜる予定です。

 まずは旅行計画の大幅な変更についてのお詫びでした。ごめんなさい。さて、明日は交流重賞・マリーンCです。水曜日ではなく火曜日の南関重賞です。うっかり間違えて買ってしまいそうです。中央4頭はもちろん有力。Netkeibaのデータによれば、この10年で「複勝圏内に好走した地方勢は、04年のベルモントビーチ以外いずれもダートグレードで3着以内があり、ベルモントビーチは地方転入後無敗だった」とのこと。合致するのは、マーチャンテイマーとカイカヨソウのみ。

・ アクティビューティ…一昨年のエルムS11着後は牝馬交流重賞のみを12戦してすべて掲示板。でも勝ったのは一昨年のクイーン賞のみ。勝てず崩れず。百戦錬磨の馬です。コースも馬場も問題なし。去年のこのレースは2着で、カイカヨソウ、サマリーズに先着。目だった衰えはないですし、今年も2,3着が極めて有力。

・ マーチャンテイマー…南関移籍緒戦。前走までは中央所属で、4走前は門別のブリーダーズGCでサンビスタに0.8差3着。その後、牡馬相手に苦戦していますが、牝馬交流重賞なら巻き返しの余地もある。中央所属でなくなっただけで人気ガタ落ちならば馬券的妙味は大きいでしょう。

・ サンビスタ…昨年のダート女王。しかし、その後、牡馬相手のGIに果敢に挑戦し、敗れはしましたが、2度とも勝ち馬とは0.4差と善戦。先代の女王・メーデイアよりも上でしょうし、ミラクルレジェンドやラヴェリータに迫る力がありそう。湿った速い馬場も得意。フェブラリーSであれだけやれるならマイルも牝馬同士なら問題なし。

・ カイカヨソウ…昨年の3着馬ですが以後、馬券になっていません。中央馬相手ならともかく、暮れのシンデレラマイルも大敗(2着以下は混戦だったが)去年以上の成績を望むのは酷かと思われます。鞍上もぼっちゃんでは、勝負気配とは思えない。

・ トロワボヌール…3走前からダート交流戦に参戦。JBCレディス2着、クイーン賞勝ち。うん、これはアクティビューティの後継者でしょうね。寄寓にもどちらの父もバゴですし。前走は完敗でしたが、これは右回りが不得手だからでしょう。左回りでサンビスタとの斤量差が2kgもらいなら、好走必至。

・ サマリーズ…左回りの短距離は良いはず。ただ、現状ではマイルは少し長い。明確な逃げ馬不在で、この馬がハナを切りそうですが、他の中央馬の目標にされそう。どこまで粘れるだろうか?去年と同じような結果しか浮かんできません。

◎サンビスタ
○トロワボヌール
▲アクティビューティ
△マーチャンテイマー

 三単が最低5倍つくのなら、◎○-◎○▲-◎○▲△で問題ない。◎○▲の馬券を分厚く、△は100円だけ。3複で◎○▲が2倍つくならこれも分厚くして、◎○△を少しだけでいい。前日オッズのままならそれでいい。でも、どう考えてももっと配当は下がるでしょう。買うのはこの4頭、あるいは△を切るかもしれませんが、馬体重発表ぐらいまでは買い目を決められそうにありません。

テーマ:南関東公営競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

15年桜花賞回顧~魔逆の桜花賞ペース~

☆桜花賞予想結果☆
◎ クイーンズリング……4着
◎ ココロノアイ…………10着
◎ レッツゴードンキ……圧勝
◎ アンドリエッテ………6着
◎ コンテッサトゥーレ…3着

 圧倒的人気を集めたルージュバックは9着に沈み、5人気のレッツゴードンキが4馬身差の圧勝で、牝馬三冠の一冠目を奪取しました。離れた混戦の2着争いは後方から突っ込んできたクルミナル。さらに3/4差の3着にコンテッサトゥーレが入りました。2人気のココロノアイも見せ場なく10着、3人気のクイーンズリングは4着でした。ゴール前で青帽子のキャロットの勝負服が飛んできたので、やはり2着には着たな……と思ったらルージュバックではなくクルミナルだったでござる(笑) 

 ハイペースの魔の桜花賞ペースというのが時折見られますが、今年は真逆の超スローペース。3歳牝馬とはいえ、多少湿った馬場とはいえ、マイルGIで最初の1000mが1分02秒5。勝ちタイムも1分36秒0。おそっ!こんなに遅い勝ちタイムはいつ以来か検索したところ、21世紀には存在していません。1997年のキョウエイマーチの勝ち時計が1分36秒7。ただし、これはドロドロの不良馬場です。良馬場で36秒台というのは、1994年のオグリローマン(1分36秒4)以来。いつの話だ(笑)

 岩田騎手は誰も行かないのなら、押さえつけてカカるぐらいならと先頭に立ったようですが、誰も競りかけてもこない。圧倒的人気馬が後ろにいるから、他の騎手の気持ちが後ろに向いていたのかもしれませんが、あまりにも消極的に見えました。レッツゴードンキがらみの馬券を持っていなければ、ムカムカすること必至。俺はたまたま持っていたので、ニヤニヤしていましたが(笑) 今回はペースがあまりにも異常なので、これを持ってレッツゴードンキが抜けて強いとは思いません。ただ、どういう競馬でもできて、馬場もコースも気にしない自在性は強み。これまでがそうであったように、今後も大崩はなさそうな馬だなと感じました。オークスでもNHKマイルでも馬券にはなるんじゃないでしょうか。次はもっと人気しそうですけど。

 ルージュバックは揉まれ弱かったんでしょうか。異常なペースで、あの位置取りでは勝てるわけもなかったですが、出負けして、同じような位置にいたクルミナルは2着まで押し上げているのに、この馬は遅れを取った。道中もドンドン囲まれて位置取りは悪くなる一方。後々まで響きそうな負け方のように思えました。上がり勝負でディープインパクト産駒ほどには弾けないようですし。ローテーションが不可解だったので、アタマまではないと踏んでいましたが、まさかここまで大敗するのも予想外でした。普通のペースなら、パンパンの馬場なら、外枠を引いていたなら、勝ち負けしたのかもしれませんが、それはほとんどの馬がそうです。終わってみればよくいる重賞勝ち馬。それだけ。オークスで巻き返すこともありえますが、多少人気が落ちても、次も上位人気。旨みはないなあ。

 2,3着は2連勝でトライアルに挑んで、人気に推されながら大敗した2頭が巻き返しました。クルミナルもコンテッサトゥーレも前走は重馬場が響いただけで、湿っていても良馬場で巻き返してきました。コンテッサに関しては鞍上がルメールに戻って強化されたことも大きいと思います。クルミナルもGIに定評のあるいけg……もとい池添ですしね(笑) コンテッサは母系がマイラーとしか思えないですし、800mも伸びるオークスでどうかとも思いますが、クルミナルはオークスが楽しみになりました。ただし、どちらもキレを身上とする馬だけに馬場が渋るとマズいでしょうね。クイーンズリングは馬体が戻れば楽しみです。キャットコインもこれで見限るのは危険な感じがします。ただ、正直、どの馬が抜けてるわけでもなさそうです。忘れな草賞で一番人気に応えたミッキークイーンにだって十分チャンスはありそう。

 情けない単勝複数買い。ルージュバックが勝つか負けるかの丁半ばくち的買い方でしたが、俺にはそれが正解でした。クルミナルを買わなかったでしょうしね。圧倒的人気馬、それも死角がいくつもありそうな馬なら、これでよかった。

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

15年桜花賞展望

 昨日、11日の土曜日に秋田でも桜が開花したと夜のニュース番組で報じていた。にも関わらず、今週の阪神競馬場でも桜が咲き誇っているのは、例年通りで馬場造園課の皆さんの努力の賜物なのか?まあ、先週の関東以南では真冬のような寒さの日もあったので、開花が意外と進んでいないのかもしれませんが、本州最果ての地にいる俺にはよく分かりません(笑) ただ、ここ弘前の桜の開花予定日は4月18日のようで、そんな開花日ではGWまで桜の花は持たないだろうなあ。近年、開花が遅れて、GW過ぎまで弘前桜祭りが行なわれる年が多かったのですが、今年はGW過ぎまで祭りを延長ということはないと思われます。以上の桜の話でした。そんなことよりも桜花賞、桜花賞。今週は短評を省略して、いきなり消去法から。

 ◆チェックポイント◆
・前走・チューリップ賞で6番人気以下:アンドリエッテ
・前走・Fレビューで5着以下:レオパルディナ、クールホタルビ
・前走・フラワーCで2着以下:ノットフォーマル、アースライズ、ローデッド
・前走・その他の重賞で7着以下:トーセンラーク
・前走・アネモネSで3番人気以下:いない
・前走・OP特別で負けている:メイショウメイゲツ
・前走が1200m以下:いない
・中1週以下/中9週以上(GI馬は除く):ルージュバック
・9戦以上:いない
・2戦馬で2勝ではない:いない
・1~3枠:コンテッサトゥーレ、ムーンエクスプレス、ノットフォーマル、トーセンラーク、ペルフィカ、レッツゴードンキ

 残ったのは、クルミナル、キャットコイン、クイーンズリング、テンダリーヴォイス、ココロノアイの5頭。ルージュバックもローテから消えてはいます。ただ、去年も間隔の開いていた2歳女王・レッドリヴェールが2着でした。これをどう考えるか。馬券になっています。でも、初黒星でもあります。3月に走っていない馬が桜花賞を勝ったのは1976年のテイタニヤ以来ありません。2着ならレッドリヴェール以外でもレッドディザイアだのマヤノメイビーだの何頭か挙がるのですが……。そういう意味では中8週ですがキャットコインも同様です。ただ、クイーンCから桜花賞2着というのはヴィルシーナ、ホエールキャプチャと近年に前例があるだけに難しい。

チューリップ賞1人気惨敗から桜花賞を勝った例としてチアズグレイスが思い出されます。クルミナルは渋馬場でキレをそがれたのが前走の敗因でしょう。ただ、今回も馬場はパンパンとは思えない(おそらく良馬場でしょうが)。しかも面子が強化されるとなるとどうだかなあ?テンダリーヴォイスはアネモネS組というのがどうにも印象が悪い。鬼門。それに比較するとココロノアイやキャットコインよりも下に置かざるを得ない。それで今回の面子で足りるかといわれると非常に難しいように思えます。クイーンズリングは無敗の重賞馬にミルコ。これだけでエイヤ!と買う手もありますが、前走20kg減は気になりますし、Fレビュー組というのも今ひとつ結果が出てない。そこはかとないムーヴオンサンデー臭がするのですが(笑)

 キャットコインも3戦無敗ではありますが、輸送競馬は初めてですし、ヨシトミさんが4戦無敗の桜花賞馬の鞍上?想像しがたい。それにルージュバックは牝馬路線にいなかったので比較しようもないのですが、これを除けばやはり王道路線で、好走を続けているココロノアイおよびレッツゴードンキを上位にみるのが至極妥当と思えます。ルージュバックの取捨がこのレースのすべてと思います。ルージュバックを信頼するなら軸にして流すしかない。消すなら自分で選んだ馬のBOXでも十二分に元が取れます。ただ、俺は去年のレッドリヴェールや数年前のレッドディザイアがそうであったように2着には来るように思えて仕方ありません。かといって2着付けは怖い。というわけで……単勝複数買い。格好悪いことこの上ないですが、ローリスクでそこそこのリターンは狙える。

◎ クイーンズリング
◎ ココロノアイ
◎ レッツゴードンキ
◎ アンドリエッテ
◎ コンテッサトゥーレ

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

15年東京SP&大阪杯回顧

★東京スプリント予想結果★
◎ダノンレジェンド………完勝
○ドリームバレンチノ……6着
△シゲルカガ………………2着
△グレープブランデー……4着
△サトノタイガー…………7着

 終わってみれば人気のダノンレジェンドの完勝。逃げたシゲルカガを番手マークから、直線半ばでアッサリ捕まえました。これは多くの人が予想したことだろうと思いますが、ドリームバレンチノがあんなに伸びないとは予想外。3連複2軸3点で買ったのですが玉砕しました。地方馬最先着はサトノタイガーではなく、ジョーメテオがしぶとく伸びて5着でした。この面子で5着なら南関重賞だけでなく、他地区の小回り交流重賞でまた馬券に絡むこともありそうです。

 ダノンレジェンドはこれで重賞3連勝。不良馬場で時計の出る馬場も合ってそう。絶対的なスピードが他のダートスプリンターとは違う印象。中山でも高知でも大井でも、まるで違う条件でも完勝。交流重賞に染まりきっていないので、中央重賞に出てきても勝ち負けだろうと思います。今年のJBCスプリントの最有力候補なのは衆目の一致するところだろうと思います。この馬がターニングポイントとなるとまで、丸田くんは言っています。そうかもしれません。この馬ならGIを勝てる器でしょうしね。

 ドリームバレンチノは外枠でしたが、道中でインにもぐりこむといういつもの岩田的騎乗。コースロス少なくいい感じと見ていたのですが、4角過ぎても一向に伸びず……最後はジョーメテオにも交わされる始末。岩田は敗因に言及していませんが、年齢と交流重賞になれすぎたことでしょうか。かつてはロードカナロアと芝で接戦だったこの馬も、もはや速い時計には対応できないのかもしれません。今後はセイクリムズンのような馬になるような気がします。

 逆に新味のあったシゲルカガは不良馬場で快速が活きたように思えますが、勢いがあり格上のダノンレジェンドはさすがに振り切れなかった。芝ダとも1200でしか連対のない馬ですが、交流重賞なら、今なら1400でもやれると思います(かつて兵庫ジュニアGP4着) グレープブランデーとノーザンリバーは一緒に伸びるも離れた3,4着争い。グレープは1200にも対応はしてもベストではなかった。ノーザンはやはり休み明けでしょうか。ただ、どちらも主役にはなれなかった馬という印象。

★大阪杯予想結果★
Bラキシス………………完勝
Bエアソミュール………3着
Bロゴタイプ……………5着
Bカレンブラックヒル…8着
Bデウスウルト………6着

 キズナに来られたら仕方ないと思って買いましたが、キズナに来られました(笑)仕方ない。単なら取れたかもしれませんが、そうなると高配当までは望めないですしね。キズナがきたので複式馬券はついていませんが、2着だったので単式馬券は逆にけっこうな配当だと思います。

 ラキシスは昨年のエリザベス女王杯馬ですが、牡馬相手の重賞でも再三再四、好走をしており、ここでも通用するとは思いましたが、不良馬場でキズナ以下を差して突き放す圧巻の内容。気難しくないスイープトウショウという印象になってきました。去年のVマイルで大敗していますし、マイルは短いようです。宝塚記念を狙ってくるのではないでしょうか。有馬記念でも0.2差6着の馬です。勝負になるはず。

 キズナはダービー馬ですが、ここまでGIはそのダービーだけ。仏遠征の内容を考えても、GIがダービーだけという力ではないと思いますし、馬場が渋っても対応はできるわけですが、ベストは府中や京都のパンパンの良だろうと思います。再度の仏遠征を示唆していますが、オルフェーヴルほど強いわけじゃないし、馬場適性も同様でしょう。秋は普通に秋天からJCというローテで見てみたいところです。次は春天のようですが、距離がどうなんですかね?

 正直、スピルバーグは一銭もいらんと思っていましたし、実際に馬券にはなっていないわけですが、道中最後方から4着まで突っ込んできました。阪神内回りの不良馬場でここまで来るとは予想外。府中なら馬場が渋っても軽視はできない。エアソミュールは毎度、大して人気になりませんが、3戦連続のGII3着。4走前ではスピルバーグを破って毎日王冠も勝っています。GIには届かないのかもしれませんが、どこかで高配当の使者になると思っています。

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

15年東京スプリント展望

 中央競馬の収支は例年通り75%ほどで平凡きわまりないのですが、地方競馬の収支は黒船賞の万馬券などが功を奏して、115%ほどと4月なのにプラス収支です(トータルでは100%弱) 俺が回収率を上げるには配当がどうであれ、的中しやすい交流重賞で大きく張るのが得策なんだろうなあと考えます。それに交流重賞を楽天競馬で買うと、楽天ポイントが10%もつきますので、仮に2000円買って、払い戻しが1800円でもトントンってことになりますし。それはさておき、明日は大井で東京スプリント。いつものように各馬の短評から。

1. ピエールタイガー…この1年、休み明けのサンタアニタTこそ大敗しましたが、以降の7戦はすべて掲示板。一方で勝ってもいません。というか2012年10月のマイルGP以来未勝利。もう7歳ですし、南関重賞も勝ちきれない馬が中央馬相手ではどうもならないでしょう。大井も外回り1400よりは内回り1600のほうが向いてそう。

2. シゲルカガ…中央準OP,OP特別と連勝中。OP特別を勝てるのなら地方JpnIIIでも期待できそうですが、勝ちきるまではどうですかね?ダノンレジェンド、ドリームバレンチノにガッチリとマークされる展開が目に浮かびますが、振り切れるものなのかどうか?むしろ直線で垂れるおそれのほうが高いように思います。

3. ジェイフォース…園田A1A2で勝ったり負けたり程度では掲示板も難しいでしょう。

4. アイディンパワー…昨年のこのレースの4着馬。前走はJpnIIIクラスターC5着ですが、8ヶ月の休み明けで中央馬相手は厳しいでしょう。戦績を見ても鉄砲がけするタイプにも見えませんしね。

5. ゴーディー…この馬も休み明け。安定した戦績ではありますが、セイントメモリーあたりと比べると歴然とした差がある。それとピエールタイガーと同様ですが、大井外回りよりは内回りのほうが向いている。いかに大井の帝王のフミオさん騎乗でも、どうにもならないと見ます。

6. カネトシディオス…完全に売り切れての南関移籍。そもそもダート適性がなさそうです。

7. ダノンレジェンド…カペラS、黒船賞とJpnIIIを連勝中。小回りのほうが安定感ありそうですが、4走前に府中1400でも勝っている。行きたい馬が何頭かいますし、番手で競馬して直線でスッと抜け出すシーンが容易に目に浮かびます。56kgというのも他の中央馬と比べて有利です。

8. グレープブランデー…一昨年のフェブラリーS馬で4年前のJDD馬。フェブラリーS後の故障で、大成しそこねた感が強いですが、使われているうちに徐々に持ち直してはいます。ただ1400ってのがどうなのか?前々走の根岸Sでは完敗。馬券にはなるかもしれませんが、アタマまではどうでしょうか。

9. アルゴリズム…去年の3着馬。南関移籍直後は良かったですが、徐々に尻すぼみの戦績。前走、3走前とセイントメモリーには大差をつけられています。去年の快走の再現は難しいような気がします。

10. ジョーメテオ…4走前の兵庫GT2着、前走の黒船賞も4着と安定した成績。前走3着だったら43000円だったのにと思い返すと未だに悔しい(笑)この馬、明らかに小回り向きで、大井なら内回りのほうがいい。それと鞍上はピンクですか。勝負がかってる感じがしない。勝負するなら坂井でも左海でも乗せるような?

11. サトノタイガー…JBCスプリント、カペラS2着馬。3走連続して中央戦。吉原を呼んで、こちらは気合い入ってるなと感じます。まあ、サトノタイガーが出ないなら、ジョーメテオに吉原を乗せたのかもしれませんが。展開次第では馬券に絡む余地もあるかと思います。

12. コアレスピューマ…馬場掃除要員。

13. ノーザンリバー…昨年の勝ち馬。その後、東京盃も勝っており、大井外1200はベストと言える条件。ただ、近二走が冴えませんし、休み明けなのも気になります。昨年同様の末脚を繰り出せるかどうか?

14. ドリームバレンチノ…昨年のJBCスプリント勝ち馬。安定した成績を残していますし、鞍上は重賞請負人の岩田。大井外1200も東京盃2着がありますし、連軸として考えるなら、この馬が一番無難なように思えます。反面、勝ちきれるかどうかはなんともいえない。

 このレースで連対した地方馬は2頭のみ。ラブミーチャンとフジノウェーブです。どちらもGI馬です。今回出走の地方馬にGI馬はいません。よって地方馬は難しい。ただ、サトノタイガーは昨年のJBCスプリントでクビ差2着なので、まったくのノーマークは怖い。他の地方馬は実績的に厳しいと見ます。セイントメモリーが使ってくれば面白かったんですけどね……。

年明け緒戦の連対馬もおりません。人気の一角となりそうなノーザンリバーは、過去の傾向を覆せるでしょうか?1,2人気でしょうが、ダノンレジェンドVSドリームバレンチノという見立てでいいかと思います。グレープブランデーは久しく勝っていないし、1200も初めてです。まだ未知数なシゲルカガのほうが面白いかな。意外と荒れるレースですが、今年は堅そうに思えます。

◎ダノンレジェンド
○ドリームバレンチノ
△シゲルカガ
△グレープブランデー
△サトノタイガー

 オッズを見ないことには買い目を決められそうにないですが、◎○を中心に買うことは決めてます。まあ、多くの人がそうだとは思うのですが。

テーマ:南関東公営競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

続・くるま選び

 実は半月前の女川への帰り道、東北道を北上している最中に、車のパワーがガクンと落ちました。その後もだましだまし乗っていたのですが、不安になってきたので先週、馴染みの車屋さんへ向かい、依頼中の中古車探しを早くしてほしいと急かしたついでに、ねぶごん(ワゴンR RR)を見てもらいました。結果、ターボチャージャーがお亡くなりになっていました。正直、そんな気はしていたのですが。で、エンジンオイルが流れるべきところではないところへ流れた結果、マフラーから白煙上がる始末。いつかは誰にも分かりませんが、遠くないうちにウンともスンとも言わなくなるおそれがあります。春先は車検も多いので、代車をすぐには用意できないそうで、仕方ないので完全にご臨終になるまではねぶごんで頑張ります。いやあ、仕事が繁忙期の最中でなくて良かったよ(笑) 15年落ち、10万kmの軽自動車にムチ打って新潟行ったり、女川行ったりしたのが寿命を縮めたのかなあ。

 当初、白か銀【以外】の3代目デミオ(DE型)の後期型、13CVで4万km以下という条件で探してもらっていたのですが、ねぶごんがこんな有様なので、条件を拡大して、色は不問、距離も5万km以下でDEの前期型でも1500CCならOKにしました。さらにもしも予算内で見つかるなら、現行スイフトXL/XGで5万km以下ならそれもOKにしました。ただ、このお店の在庫に、初代フィット(2002年式)、FF、6,2万kmってのが14,8万円(コミコミ22、3万円?)がありました。価格相応の年式ですが、走行距離は少ないし、激安なので正直、少し心が揺れています。フィットは石投げたら当たるぐらいあちこちで走っていますし、正直、見た目が好きじゃないし、弟の車もフィット(初代)なので、なんだかなあとは思っているのですが、乗り出し20万ちょいと格安なのは魅力。求めるデミオやスイフトより5~10年も年式は古いものの、走行距離で見れば2万kmほど多いだけ、それで価格は何十万円も安い。皆さんはどう考えますか?

テーマ:車関係なんでも - ジャンル:車・バイク

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

レース名にモノ申す

 この間の週末はドバイミーティングが競馬ファンの注目を集めましたが、その影でオーストラリア遠征をしていた昨年の有馬記念2着馬・トゥザワールドがGI・ザBMWで1.3馬身差の2着と好走していました。オーストラリアは決して賞金も低くはないですし、近年、日本馬の好走も目立っています。ただ、今回書きたいのは馬の話ではなく、レース名です。「ザBMW」……インパクトあるレース名です。世界には「ザ・ポルシェ」や「ザ・フェラーリ」「ザ・FORD」なんてレースもあるんでしょうか。「ザTOYOTA」「ザNISSAN」「ザHONDA」や、さらには「ザHINO」「ザISUZU」なんてレースがあったら面白いのになーと思います。

 海外のレース名ではなく、地方競馬と比べても中央競馬のレース名は無味乾燥というか面白みもなく、愛着のないレース名が多すぎる。そもそも施行条件もころころ変わりますし……。地方では「おらが競馬場の名馬」を記念したレースがスムーズに作られます。近年だと、フジノウェーブ記念やラブミーチャン記念でしょうか。中央競馬には名馬の記念レースが少なすぎる。カブトヤマ記念は廃止になりましたしね。副題ではなく主題として命名されているのはシンザン記念とセントライト記念のみ。近年、「○○メモリアル」だの「●●カップ」という条件戦を当年のみで行なったりしていますが、やはり「□□記念(GIII)」と例年開催されるレースとして欲しいものです。

 そもそもがつまらないレース名が多すぎる。フェブラリーSしかり、ヴィクトリアマイルしかり、果てはチャンピオンズCですか……。GIですらこれですから、GII、GIIIは言うまでもない。できれば顕彰馬に選出された馬、すべてに記念重賞があっていい。いきなりそこまでは無理としても、牡馬三冠を制した馬の記念レースはあっていいと思うのです。それならセントライトとシンザンは既にあるので、ミスターシービー記念、シンボリルドルフ記念、ナリタブライアン記念、ディープインパクト記念、オルフェーヴル記念の5つを既存のレース名を改称すればいいだけの簡単なお仕事です(笑) できればそれぞれの馬とゆかりのあるレースがベストですが。

 きさらぎ賞は歴史がありますが、思い切って「オルフェーヴル記念(NHK賞)GIII」。ディープは……出走重賞を変えにくいので、歴史もクソもないホープフルSを「ディープインパクト記念GII」にしちゃいましょう!ブライアンは重賞に成り立ての京都2歳Sを「ラジオNIKKEI杯 ナリタブライアン記念GIII」でどうでしょうか。ルドルフは新設重賞のいちょうSの前身の前身であるいちょう特別を勝っているので、いちょうSを「シンボリルドルフ記念GIII」でOK。シービーは「朝日」も取れて意味不明になったチャレンジCあたりを「ミスターシービー記念GIII」に。チャレンジCなんぞよりシービー記念のほうがよほど重みがあって良い。

 まあ、芝のレース、特に古馬のレースは歴史の重みが大きいものが多いので、いじりにくいですが2歳戦は新設重賞が少なくないので、記念競走にしてほしい。ただ、王道路線よりもダート重賞や牝馬重賞はひどすぎるレース名が多いので、これも代えて欲しいものです。武蔵野SとかマーチSとかアンタレスS,プロキオンS、レパードS、マーメイドS、フローラS、フィリーズレビュー……ほかいろいろ。フィリーズレビューなんぞにするぐらいなら4歳牝馬特別(西)で良かったと思う俺はOSSANなんですかね?(笑)ともかく、中央競馬のレース名はなんとかしてほしいと常々思っていたので、あれこれつづってみました。

テーマ:競馬 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |