ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

らいぶ

 来週末はいよいよ待ちに待ったBUMP OF CHICKEN「BFLY」大阪公演参戦です。弘前市から片道1000km以上を銀デミを走らせます。国道7,8号を完走予定(笑) 無論、1日では無理なので、新潟県の弟宅で一休みして2日がかりで。そこまでするなら飛行機でいいじゃないの?と思われるかもしれませんが、下道1000km往復という荒行を敢行すれば交通費は15000円程度で収まります。飛行機で往復したら30000円でも足らない。浮いたお金でヌキヌキですよ(下劣) 大阪観光もしますが、新潟観光もします。何度も新潟には行っていますが、ライブと競馬場ぐらいしか行ってなかったですしね。「BFLY」はもちろん、2月発売のアルバム『Butterflies』の曲が主体でしょうが、BUMPは会場ごとにセトリが違いますし、アンコールはすべてバラバラ。2012年、2014年のツアーで聴いていない曲が聴けるといいなあ。

 BUMPのライブは既に席(Aブロック前列)を確保していますが、5月のミスチルのホールツアー『虹』の秋田公演のサイト先行、セブンイレブン先行にも応募して結果待ち。このツアーは都会での開催は一切なし。行ったことのない県を中心に回るようです。ミスチルでホールなんて激戦もいいところ。取れたら今年の運を使い切ってるな、確実に。弘前市から秋田市までも車で3時間はかかるのですが、泊まらないでも済むといえば済む距離。参加できれば、ホール公演は2001年の西城秀樹さん、2010年のいきものがかりに続いて3度目になります。ホールは後ろの席でも余裕で表情まで分かるのがいいですよね。というか会話が成立した(笑) いきものがかりのときに俺は「ホトケー、ホトケー」と連呼してました。当時、きよえちゃんの「オールナイトニッポン」で、「ホトケのきよえ」というコーナーがあって、それをふまえて「ホトケ」連呼してたんですが、ラジオを聴いてない人には不可解な連呼。で、「ホトケ」について説明してましたから(笑)

 それはさておき、ミスチル『虹』のセトリが読めない。アルバム『REFLECTION』の曲は昨年の『REFLECTION』ツアーおよび『未完』ツアーでやっている。アルバムツアーではない。これまで行かなかったところでやるわけですし、ベストアルバムっぽいセトリになるのかなあ。あるいは、これまであまりやらなかった曲をやるのかもしれん。まあ、しょっちゅうやってますが、ツアータイトルが『虹』だけに虹の彼方へ放つのさ~♪と「INNOCENT WORLD」は確実にやりそうな気はします。こちらも参加できたなら、生で聴いていない曲を聴けたらいいなあ。まあ、過去2度しか参戦してないので、聴いていない曲だらけなんですがね。過去の2回で2回聴いた前記「INNOCENT WORLD」と、あとは「フェイク」「光の射す方へ」は個人的にはもういいや(笑) まあ、チケットを取れる可能性は1/100ぐらいの確率と思うので、取らぬ狸の皮算用になりそうですが。

1993年弘前 リンドバーグ/スターダストレビュー/谷村有美
2001年弘前 西城秀樹
2009年青森 Mr.children
2010年青森 いきものがかり
2012年新潟 BUMP OF CHICKEN
2013年弘前 ビリーバンバン/上田正樹/立川俊之
2014年新潟 BUMP OF CHICKEN
2015年女川 ももいろクローバーZ
2015年新潟 Mr.Children
2016年大阪 BUMP OF CHICKEN

 来週のBUMPでライブ参戦10回目か。行く人は年に10回行くだろうし、行かない人は1度も行ったこともないだろうし、10回というのは多くも少なくもないのかな。お馬ちゃんのライブには100回じゃ利かないほど行ってますが(笑) しかし、こうして見るとナゾなラインナップだなあw 

スポンサーサイト

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

レース名と暦

 何年か前ですが、JRAのレース名は面白みがないというようなことを書いた覚えがある。そして、もっと(名馬の名前)記念のようなレースを増やすべきとも書いた。そこでちょっと英語の暦名や陰暦名のレースと格を確認してみました。

ジャニュアリーS(中山ダ1200のOP特別)
フェブラリーS(東京ダ1600のGI)
マーチS(中山ダ1800のGIII)
エイプリルS(中山芝2000のOP特別)
メイS(東京芝1800のOP特別)
ジューンS(東京芝2000の1600万下)
ジュライS(中京ダ1800のOP特別)※1996~2007は開催なし。
オーガストS(中山ダ1800のOP特別)2000年のみ開催。
セプテンバーS(中山芝1200の1600万下)
オクトーバーS(東京芝2400の1600万下)
セプテンバーS(東京芝2000の1600万下)
ディセンバーS(中山芝2000のOP特別)※1800だったりもする。

 こうして見てみると、英語の暦名レースは関西では開催されていません(代替開催などを除く) またローカル開催は極力したくないようです。結果、7、8月の扱いが悪い。特に8月のオーガストSはずーっと開催さえない。OPですらなくとも、オーガストS以外は毎年開催されているというのに。オーガストSを函館か札幌でやってもいいのにね。漫画『聖闘士星矢』でいえば、フェブラリーSが乙女座のシャカのような扱いで、オーガストSはかに座のデスマスク……以下の扱いですよ、これ。名前も覚えてない白銀聖闘士並みの扱い……と特定の世代にしか通用しないたとえをしてしまった。ごめんちゃい。続いて、陰暦レース名を確認してみましょう。

睦月賞(京都芝2400の1000万下)
きさらぎ賞(京都芝1800のGIII)
弥生賞(中山芝2000のGII)
卯月S(中山芝1600の1600万下)※2010年以降開催なし。
皐月賞(中山芝2000のGⅠ)
水無月S(阪神芝1200の1600万下)※2002~2009は1000万下。
文月特別(阪神芝1400の1000万下)※2008年以降開催なし。
葉月S(中山芝1600のOP特別)※1996と1986の単発開催。
長月特別(阪神芝2200の900万下)※1987年以降開催なし。
神無月S(東京ダ1400の1600万下)※1999年以前はOP特別。
霜月S(東京ダ1400のOP特別)※2000年以前は主に1600万下。
師走S(中山ダ1800のOP特別)※たまに1600万下。

 陰暦レースも英語暦レースと同様に、ローカル開催はしたくないようで、中京開催さえありません。結果、7,8、9月の扱いがヒドい。特に葉月S、長月特別はもうずっと開催がありません。皐月賞はGI……それも牡馬三冠レースのひとつだというのに。ただ、英語暦とは違って、関東開催にこだわっているわけではないようで、きさらぎ賞を筆頭に京都、阪神開催も行われています。それと英暦レースと違って、1000万下もいくつかあるので、「○○S」ではなく「○○特別」も混在している。しっかし、ローカル開催したらダメなんですかね?文月特別を福島や新潟で、葉月Sを小倉でやったって別にいいじゃないと思うんですよ。釜山Sなんてやるぐらいなら、ただちに葉月SかオーガストSにすればいいのに。

☆結論☆
・暦名レースをなぜかローカル開催したくない模様。
・結果、7,8,9月の暦名レースは開催されない。
・陰暦レースは1000万下もあるので、○○Sに統一されていない。

 以上、馬券の何の役にも立たない競馬マメ知識でした。

テーマ:競馬【話題・ニュース・情報】 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

16年高松宮記念回顧ほか

★高松宮記念予想結果★
Bミッキーアイル………2着
Bウリウリ………………9着
Bエイシンブルズアイ…5着
Bローレルベローチェ…16着
Bスノードラゴン………7着
Bレッツゴードンキ……8着

 重賞未勝利馬なのに1人気ってどうなの?と思ったのですが、ビッグアーサーが重賞初勝利をGI勝利で飾りました。サクラバクシンオー産駒は15年連続の重賞勝利。この馬がバクシンオー産駒の最後の大物かもしれませんね。人気を分け合ったミッキーアイルも、逃げ馬を交わして、直線で踏ん張っていましたが、最後はビッグアーサーの差し足に屈しました。力の差というよりは位置取りの差かな。松山騎手はソツなく乗ったとは思いますが。アルビアーノはよく伸びたと思いますが、前が止まりませんでした。1人気で単3.9倍と人気は割れ気味でしたが、すべての券種で1人気(複・ワイドは2,3人気も)決着。こんなに堅く決まるとは予想外もいいところ。

 福永騎手はマイルを中心に短距離GIに強いですが、これは彼のスタートの上手さに拠るのではないでしょうか。位置取りや仕掛けに傍から見ているとイライラすることもありますが、スタートは文句なしに上手い。彼の馬が出遅れるのをあまり見かけませんし。日経賞も2着、阪神大賞典もフラワーCも勝って絶好調。故障明け直後はサッパリでしたが、ここ数週は以前よりも積極的な競馬が目立ちます。そして、それが結果にもつながっている。降ろされたリアルスティールがドバイの地で悲願のGI制覇を挙げましたが、リアルスティールは皐月賞のような競馬が合っているんだと思います。

 ミッキーアイルはこの馬の競馬をしたと思いますし、あれで差されるのは仕方ない。最後まで止まっているわけではありませんし。やはり阪急杯で勝ち負けした馬は強いですね。適鞍がないし、次は安田記念でしょうか(京王杯SCを挟むかもしれんが) 1200も1600もこなせるけど、ベストは1400のような気がしないでもない。アルビアーノはよく差してきましたし、前走より着順は上がっていますが、番手で競馬した2頭が勝ち負けしているのを見ると、柴山騎手騎乗時のように先行したほうが良かったのかも?これでスプリント戦線の主役がビッグアーサーかと言われると、まだ次を見ないとわからない。中山向きじゃないように思えるしなあ。

 土曜の深夜、日曜の未明にかけてドバイワールドシリーズが行われ、日本馬はUAEダービーのラニ(武豊)、ドバイターフのリアルスティール(R.ムーア)と2勝を挙げました。リアルスティールの好走は予想できたのですが、ラニが勝つとは思いませんでした。ドバイワールドCでホッコータルマエが追走もままならなかったように、日本の砂コースと米国やドバイの土コースは異質ですから。しかも、ラニはヒヤシンスS5着馬です。兄姉が砂コース(それも地方の)で完勝する馬だっただけに。7頭と頭数少なく、内日本馬が3頭(ラニ以外は1勝馬)という面子に恵まれた部分はあったかと思います。でも、ラニもスタートでつまずいてバランス崩してるんですよね。次はケンタッキーダービーらしいですが、期待しすぎずに応援したい。

 勝ったラニも、3着ユウチェンジ、5着オンザロックスも無事に帰国してほしい。そして、帰国緒戦は人気を集めて飛んで欲しいと思います(笑) 実際、その可能性は高いと思います。ホッコータルマエにしても、古くはアドマイヤドンにしても、他もたくさんいますが、帰国緒戦は調整が難しいのか、苦戦を強いられるケースが多いですしね。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『ハッピーエンド』

『ハッピーエンド』

ひとりでに生まれるものはない

何かがあって

誰かがあって

生まれてくる



逃れられない結末への途中

大勢でにぎわうこともある

時には孤独になることもある

過程で一喜一憂したくはない



誰かが見届けてくれたなら

それだけでいい

愛惜の想いが満ちていたなら

それはもう最高だ



2016年3月20日作
2016年3月27日ラジオNIKKEI『私の書いたポエム』放送分

テーマ: - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

16年高松宮記念展望ほか

 今日は春天の前哨戦の日経賞、東上最終便の毎日杯が行われました。毎日杯はスマートオーディンは怪しいと思いましたが、他にピンと来る馬もいなかったのでケン。ただ、そのスマートオーディンが上がり32秒台の末脚を繰り出して完勝。買わなくて良かった(笑) ただ、スマートオーディンがGI級かといえばそうは思えない。3着タイセイサミットとの差を思うと、エアスピネルの2馬身後ろぐらいじゃないの?というイメージがします。おそらくはいつものマツクニローテで、皐月賞は使わずNHKマイル直行ですかね?

日経賞は有馬記念馬ゴールドアクターがなぜか2人気で、有馬記念2着でデムーロ→福永と乗り代わりのサウンズオブアースが1人気でしたが、勝ったのはゴールドアクター。終始サウンズをマークし、上がりだけの競馬で2kg軽いサウンズをねじ伏せました。これでゴールドアクターは破竹の5連勝!春天も最有力でしょう。馬複4,9-3,7という馬券を買っていたのですが、最終的にゴールドの単が330円もつくのなら、これは単1点で良かったなあ。個人的ポリシーとしてF騎手はアタマで買うものではないと思っているので。失敗した。今日の負けは明日取り返したい。

 1ヶ月ぶりのGI高松宮記念。いよいよ春のGI戦線の開幕です。この頃になると北国の冬も終わりだなと感じます。寒暖の差が激しくて体調を崩しやすい時期ではありますが。去年もこの時期はプラス収支ではありましたが、黒船賞の3連単万馬券で一気に巻き返してのプラス。今年は年始からコツコツ、コツコツ積み上げてのプラス収支。去年より、やや購入レースを絞っているのも良い流れになっているかもしれません。流れを保ちたいです。各馬の短評は省略。

◆チェックポイント(連対馬ベース)◆
・8歳以上馬(GI馬は除く)……サクラゴスペル、スギノエンデバー
・GI勝ちのない牝馬……アルビアーノ、ウキヨノカゼ、ウリウリ
・重賞で複勝圏内がない……ヒルノデイバロー
・GI馬以外で年明け緒戦…サクラゴスペル
・前走・オーシャンS、シルクロードSで3着以下(GI馬は除く)……アースソニック、アクティブミノル、アルビアーノ、サトノルパン、スギノエンデバー、ビッグアーサー
・前走・阪急杯で8着以下(G1馬なら10着以下)……ティーハーフ、ヒルノデイバロー
・前走・OP特別、条件戦……いない
・前走・ダート戦……いない

 残ったのは、エイシンブルズアイ、スノードラゴン、ハクサンムーン、ブラヴィッシモ、レッツゴードンキ、ミッキーアイル、ローレルベローチェの7頭。1200mとなって以降、4人気以下で勝ったのは1999年のマサラッキのみ。ただ、2,3着に人気薄が食い込んで波乱になることが多いレースです。データ的には割としぼりやすいレースではあります。
7頭はちょっと多いのでさらにしぼります(ここで間違うケースが多いのだがw)

 ブラヴィッシモとハクサンムーンを切れば、3,6,7枠の3枠に収まるので、枠連でいいかなと思います。ハクサンムーンは昨年の2着馬ですし、前走も2着ですが、ピークは過ぎてると思うんですよね。GIを勝つチャンスはあったのにツキもなくて逃したというか……。ブラヴィッシモは人気もないし面白そうですが、準OPしか勝ってないのと、内枠不利なこのレースで最内はあまり良い気がしません。あとはウリウリを抑えたかった。中京でCBC賞勝ちを含む2戦2勝は無視できない。

Bミッキーアイル
Bウリウリ
Bエイシンブルズアイ
Bローレルベローチェ
Bスノードラゴン
Bレッツゴードンキ

 枠連3,6,7BOX3点。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ヤル気と騒音とチケット

 センバツが始まると春の訪れを感じ、選手権が終わると夏の終わりを感じるねぶです。こんばんは。今年もまだ3月だというのに、ベッキー&ゲス川谷、自民党の宮崎元議員、そして、乙武さんも不倫ですか。すごいですよね。手足なくとも第三の脚さえ元気なら不倫はできると。不倫を擁護する気はまったくないし、むしろ批判したいですが、功挙げ名を成す人間には「ヤル気」(だぶるみーにんぐ)は欠かせないとも思います。逆に言えば、草食系男子とかいうのは、功名心、向上心に欠けるのではないかな(偏見かもしれませんが) 中学生でも、しかもモテそうなルックスの男子でも、二次元に走ってるのを何人か見てきたしなー。

 仕事柄……というわけでもないが、俺は夜行性です。昼間まで寝ていることもザラ。そんな俺の最近の悩みが、向かいの家の新築工事。1年ほど空き地になってたんですが、買い手がついて、数日前から地ならしなどで朝8時から重機フル稼働。ついでに作業員連中が総じて声がデカい。安眠妨害。しかし、うるさいから工事すんなと言えるわけもないし、安らかに寝れる日々はしばらく来ないようです(笑) 土日も作業するのかなあ。土日は休んでくれないか。どうも俺は騒音に巻き込まれやすいようです。上京して最初に住んだアパートは東名高速の間近だったし、二度目のアパートは米軍厚木基地の戦闘機の爆音が。帰省してからもいろいろ。

 話変わってミスチルのホールツアーに申し込みました。秋田公演。2000弱の箱だからチケット取れれば、最後部でも近いでしょうし、盛り上がれそうだがファンクラブ先行でたぶん多くの席は埋まっただろうから、半分諦めています。ダメ元で応募。秋田なら泊りがけでなく、日帰りもできるしね。ドームツアーやスタジアムツアーは話題になりやすいけど、ホールかアリーナで多数やってくれたほうがファンはありがたいよね。スタジアムはなあ……良席だとしてもホール最後部に見劣る感じがする。そんなドームツアー(BUMP大阪公演)のチケットが今日から発券できます。こちらは1次先行(最速)で確保したチケットなので良席であると信じたい(笑)

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

オイル交換

 先日、ディーラーへ行き、銀デミのエンジンオイル&エレメントの交換をしてきました。オイルを換えるとやはりエンジンの回りがスムーズになりますね。皆さんはどれぐらい走ったらエンジンオイルを換えているんでしょう?5000km?1万km?ターボ車やスポーツカーはこまめな交換が必要と言いますが……。俺はタイヤ交換の時期に、オイル交換もすることが多いのでだいたい7000kmほどでオイル交換でしょうか。弟は5000kmぐらいでしていると言っていましたが……。冬タイヤを夏タイヤへ換えれば、もっと走りが軽やかになるだろうし、燃費も良くなると思うのですが、なんか雪が軽く積もっています。3月中はタイヤ交換できないかなー。4月上旬の大長編ねぶ旅行の前には、タイヤも換える予定ではいますが。

 このお店に来るのは4度目ぐらいですが、1,3回目のショールームにはフレアクロスオーバー(要はハスラーのOEM品)、2度目は車が展示されておらず、スーツの即売会会場に(なぜだ……?) 今回、やっとデミオディーゼルが置いてありました。MAZDAのお店なのに(笑) 世の中、お金があるところにはあるようで、オイル交換を待つ間、他のお客さんがセールスとCX-5かアテンザディーゼルの商談をしていました。300万コースですなあ。そんなお金は俺にはないし、そもそも大きいと取り回しが不便そうでね。長々とデミオディーゼルを眺めてみると、先代(銀デミ=DE型)と比べて、現行(DJ型)は一回り大きくなった感がある。全長で200mm、全高で100mmほど大きくなっているようですが。

テーマ:車関係なんでも - ジャンル:車・バイク

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

16年阪神大賞典回顧ほか~復活のF~

☆阪神大賞典予想結果☆
◎シュヴァルグラン……完勝
◎アドマイヤデウス……3着

 最終的には1人気に推されたシュヴァルグランが人気に応えて完勝。近走好調な馬はこの馬だけでしたし、順当勝ちと思います。2人気の一昨年の菊花賞馬トーホウジャッカルは好位追走も直線で失速の7着。タンタアレグリアも伸びてきましたが、伸び脚がまるで違いました。アドマイヤデウスは前走と同じく3着。ただ、GIでどうこうという内容ではなかった。伸びずばてずなだれ込んだだけ。2番手から粘りこんだタマモベストプレイとクビ差ではなあ。

 春天でどうこう言えるのは勝馬だけでしょう。京都ならもっとキレる脚を出せそうですし。今回は10kg減と絞れたのも良かったのかもしれません。こないだの名古屋大賞典と同じで、勝馬が強いというより、他馬が弱すぎたという印象が強いです。来週の日経賞に、ゴールドアクター、キタサンブラック、サウンズオブアース、マリアライトら有馬記念上位馬が登録しています。大阪杯組は春天にあまり参戦しないでしょうし、シュヴァルグランVS日経賞組という見立てで良さそう。

☆スプリングS予想結果☆
◎ミッキーロケット……5着
◎マウントロブソン……優勝
◎ドレッドノータス……7着

 単1.7倍の圧倒的人気はロードクエストでしたが、出遅れたミッキーロケットと一緒に走っているようではシメシメ……と思い、実際、猛追するも3着撃沈。ただ、これで株を落とすようなら次が狙い目かもしれません。あの戦法と中山が合ってないだけで、俺が思ってたよりは強かった。次が府中や京都なら巻き返していい。むしろ、直線、いや残り200ではああ、マイネルハニーに逃げ切られてしまうと思いました。実際、柴田大知騎手の談話でも「うまくいったと思いました。直線でも離したので『よし!』と思っていました。あれで差されますか......。難しいですね」とあります。

うまくいった逃げ馬を差しきったマウントロブソンは地味に強い。キレませんが追って味があるタイプ。シュタルケ騎手とも手が合ってるんでしょうね。伯父がクロフネですから、豪腕タイプの騎手のほうが良さそう。Fとかはダメ、ゼッタイ(笑) 皐月賞では、3連勝で重賞制覇の馬なのに、今回よりも人気が落ちるのが必至。穴馬扱いになりそうですが、それだけに皐月賞でも妙味はあります。去年のキタサンブラックもそんな感じでしたね。皐月賞でも2,3着はあると思います。リオン、マカヒキ、サトノDの3頭で決まりとは思えない。層が厚いですからね。

 ドレッドノータスは中山が合ってないと思いますが、そもそも大して強くない可能性が大きい。2歳重賞が濫造されましたが、京都2歳S馬は、京都2歳S馬でしかなく、ホープフルS馬はホープフルS馬でしかないようです。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

16年阪神大賞典展望

 明日は天皇賞・春の前哨戦・阪神大賞典と皐月賞トライアルのスプリングSが行われます。来年から大阪杯をGIにするというニュースを見ました。毎年、この時期の古馬の中長距離の有力馬は、ドバイ、香港、さらにはシンガポールと海外遠征に出て、国内の春天は閑散とした面子になりがち。だから2000mの大阪杯をGIに、ということなのでしょうが、またGIを増やすのか?と思わないでもない。個人的には長距離戦が好きなので、3200の春天に有力馬が集結してほしいですが、そうもならないこの時勢です。大阪杯をGIにするぐらいなら春天を2400mに短縮のほうがマシ。それに大阪杯を2000のGIにした場合、春の王道路線のGIが阪神2つになりかねない。京都と阪神に分散したほうがいいんじゃないでしょうか。

 そうなると阪神大賞典はどうなってしまうのか?というのも気がかりですが、そんな気がかりな阪神大賞典の展望です。昨年まではゴールドシップが3連覇。4年ぶりにゴールドシップじゃない勝馬が誕生します……が、GI馬は順調さを欠くトーホウジャッカルのみで、頭数も11頭。予想しやすくていいですが、熱戦になるかどうか?

1. カレンミロティック…鉄砲駆けするので休み明けは問題ない。去年のこのレースは4着。大崩しない反面、勝ち味に遅い馬でしたが、昨年は結局、連もありませんでした。手薄な面子ですし、マイペースで行ければ粘れそうな気もしますが、多少なりとも衰えがあるかもしれません。

2. アドマイヤデウス…昨春のこの時期は重賞連勝でしたが、いざGIとなったら大敗ばかり。で、前走の京都記念で久々のGIIになると3着。上がりがかかる競馬のほうが向いているのだと思います。血統的には距離が長いほうが良さそうですし、阪神はかなり前ですが2戦2勝。ただ、鞍上が今年、調子悪いんですよね。

3. トーホウジャッカル…一昨年の菊花賞馬ですが、昨年は順調さを欠いて、宝塚記念と札幌記念の2走だけ。7ヶ月の休み明け。GI馬は今回、この馬だけですし、何より鞍上ミルコで売れているのだと思いますが、取捨が難しい。調教は普通に動いていますが、実戦でどうなのか?

4. アドマイヤフライト…日経新春杯で一昨年、去年と馬券になっていましたが、今年は8着。前走のOP特別も4着。結局、重賞のカベは厚かったということでしょうか。

5. マイネルメダリスト…一昨年の目黒記念を8人気で勝ちましたが、以後、4着が2度あるものの馬券には一度もならず。今回よりも手薄な面子の重賞でも馬券になっていないのにどうですかね?

6. タンタアレグリア…去年の菊花賞4着馬。ダイヤモンドSではマイネルメダリストの7馬身前の4着。ただ、この馬も勝馬から10馬身以上はなされてるんですよね。長いところは向いてそうですが、力が足りるかどうか?

7. カムフィー…出負けしたダイヤモンドSは惨敗ですが、その前のステイヤーズSは2着。勝ったアルバートにはちぎられてますが。父ダンスインザダークというだけで、長距離では不気味ではあります。今年の面子ならなおさら。

8. ストロベリーキング…さすがにダート500万下しか勝ってない馬は場違い。芝では500万も勝ててません。場違いな馬でも色気を持ちたくなる面子ってことですかね。

9.タマモベストプレイ…昨夏、札幌の長丁場で好走したからここなんですかね。兄たちよりは距離が持つのは明らかですが、でも、本質的には中距離馬だろうと思います。実際、一昨年のこのレースでは8着ですしね。手薄な面子ですが、一昨年よりこの馬が強くなったとも思えない。

10.サイモントルナーレ…「こんな実績で来るわけがない。芝適性自体あやしい。名古屋や園田に行ったほうがもう一花咲かせるにはいいんじゃないかな」と去年書いたのですが、今年も中央馬だった。無論、99.999999999%来るわけが無い。

11.シュヴァルグラン…馬に勢いがあるのはこの馬だけ。前走を勝った馬が1頭もいない。前走2着もこの馬だけ。阪神2400も500万、準OPと勝っていますし、距離も持つでしょう。ここ5走で先着されたのもアルバートとレーヴミストラルとのちのGII馬だけ。問題は鞍上。ルメールは先を見据えて、中山のミッキーロケットを選んじゃったのかなあ。これにミルコ乗るなら迷わず本命なんですが。

 ◇チェックポイント◇
・8人気以下……マイネルメダリスト、ストロベリーキング、タマモベストプレイ、サイモントルナーレ
・中半年以上…トーホウジャッカル
・前走・GI以外で10着以下…カムフィー、タマモベストプレイ
・前走・GIIIかつ3000m超の重賞で複勝歴がない…マイネルメダリスト、タンタアレグリア、タマモベストプレイ、サイモントルナーレ
・前走・万葉S以外のOP特別…アドマイヤフライト
・ 前走・条件戦で当日5人気以下…ストロベリーキング

格下感のすごい面子なのでザクザク消えました。残ったのはカレンミロティック、アドマイヤデウス、シュヴァルグランの3頭のみ。休み明けのトーホウジャッカル以外の実績馬3頭。カレンミロティックがアタマまで粘りとおすとは考えにくいので、デウスとシュヴァルの単2点。トーホウジャッカルはミルコ騎乗を加味しても、なお怪しい印象がぬぐえないです。それで、重賞で勝ちきれないF氏と今年は不調なY.イワタを買うのかよ?と言われたらつらいですが、今回はそれで。

◎シュヴァルグラン
◎アドマイヤデウス

 スプリングSはロードクエストが抜けた人気ですが、単1,9倍……え、いいの?ハートレーが馬脚見せまくりだったのに。乗るのもミルコじゃないよ?かと言ってドレッドノータスも京都2000で連勝されても、中山1800は別物だしなあ。こんなときこそ外国人騎手ですよ。おあつらえ向きに連勝中の馬と今日の若葉Sでぶっちぎった2頭に微妙に負けた馬といういかにも怪しい馬に騎乗。

◎ミッキーロケット
◎マウントロブソン
◎ドレッドノータス

 先週の中山牝馬S同様に、抜けた人気馬を切っての単勝勝負。3頭とも6倍見当ならこれでいい。馬複の3頭BOX(どれも16倍前後)も考えましたが、2着にロードクエスト来られてもイヤだなあということで手堅く単で。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

2016年秋田県北温泉旅行

 こないだの火曜、水曜と母とばあちゃんと秋田県の温泉ホテルに泊まってきました。毎年、地元スーパーのイベントに参加して、宿泊券を確保しています。オヤジは仕事もあって、あちこち行きますし、俺も一人であちこち旅をしていますが、母はなかなか旅行する機会がないのでね。俺にしても、一人だとちゃんとしたホテルや旅館に泊まらないので、いい機会になっています。俺の仕事が一段落する3月に、毎年のように小旅行しています。母もばあちゃんもリフレッシュできたようで良かった。ただ、俺はもともと不眠症ですので、旅先だとなかなか眠れず、この日はほとんど寝なかったですね。だから、午前4時に温泉に浸かるなどというわけのわからんことをしてました(笑)

夕食

 ホテルはいい感じに空いていました。閑散期の平日ということもありますが、周囲に集客力のある何かがあるわけでもないですしね……。でも、泊まるほうにすれば空いているほうがありがたい。夕飯はかなりボリュームがありました。きりたんぽ鍋、すきやき、豚の蒸し焼き、寿司、刺身、はたはたの煮付け、鴨そばなど。とても美味しかったです。母やばあちゃんと泊まった宿の中では一番美味しかったかもしれない。朝食も良かったです。ただ、温泉がやや温く感じたのと、温泉から風景を楽しむ余地が皆無なのが残念。露天もあるけれど、これも風景は楽しめないな。近くにもう一軒、ホテルがあり、そちらに泊まったこともあるけれど、そちらは露天から川の流れを見られたので。

 受験が終わり、結果も出て、指導回数も半減して、旅で疲れを癒す……つもりでしたが、なんか溜まっていた疲れがドッと出てきた気がします。忙殺されていて心身が麻痺していたのか、一区切りついたから緊張の糸が切れたのか、心身がぐったりしています。小旅行ではなく、大旅行。家族旅行ではなく一人旅。メインは3週間後。それまでに心身を立て直して、思い切り楽しみたい。大阪で3泊するつもりでしたが、2泊にして、ライブ後、即長岡へ戻って、そこから福島、宮城、岩手と太平洋側を1泊2日かけて周って帰宅しようかと思ってます。BUMPライブまでは細かく旅程を組んで、帰りはアバウトに行こうかと。

テーマ:小さなしあわせ - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

16年名古屋大賞典回顧~またまたまたユタカ~

★名古屋大賞典予想結果★
◎アウォーディー……大圧勝
○ダブルスター………4着
▲マドリードカフェ…6着
△バンズーム…………2着
△モズライジン………3着

 展望で▲をアクロマティックと書いていましたが、正しくはマドリードカフェでした。まあ、マドリードカフェにアクロマティックが先着して掲示板に載ってますが(笑) 先週、先々週に続いて、今週もユタカは交流重賞で圧倒的人気馬に乗って、人気に応えて完勝です。単1.4倍の支持を受けるのは当然ですし、勝つのも当然ですが、ここまで大圧勝するのは予想外。2着に2.4秒差。12馬身差ぐらい?重賞ウイナーが1000万勝ち馬らとの格の違いをまざまざと見せ付けました。ぶっちぎられた2着にバンズーム、3着に差してきたモズライジン。2人気のダブルスターはアウォーディーに潰されました。地方馬最先着は先述のアクロマティック(兵庫)。もう一頭の中央馬マドリードカフェは見せ場なく6着でした。

 アウォーディーは休み明けはまったく問題なく、重賞ウイナーなので他馬より1kg背負わされてましたが何のハンデにもならず大圧勝。ただ、アウォーディーが強いというよりも他馬が弱すぎただけに感じます。ダブルスターはOP馬ですが、バンズームとモズライジンは準OPですし、マドリードカフェはOP馬ですが芝のOP勝ち馬。アウォーディーの時計もごくごく普通。2分を切る年だってありますしね(2011年のエスポワールシチーの1.58:4がレコード) アウォーディーはこの先の大舞台へ向けて、まずは良いスタートを切れたと思います。現状ではJpnIに出るのに賞金面で不安ですから。面子はさておき、地方の小回りも何ら苦にしないのを証明できたのも良かった。帝王賞にも出てくると面白いですね。

 勝馬以外は今後の交流重賞で買う気はサッパリ起きません。ダイオライト記念で馬券外だった中央馬のほうがマシ。ダブルスターはアウォーディーにガッツリとマークされたのが堪えたと思いますが、それでもあまりにだらしない。勝馬に3.1秒差。地方馬じゃないんだから……。アウォーディーに7馬身差、バンズームの5馬身前ぐらいにいて欲しかった。◎○の2軸3複だったので馬券もハズレ。4角では粘れ!粘れー!と思いましたがバッタリ止まった……。バンズーム、モズライジンはダブルスターがだらしなかっただけで、別に伸びていません(笑) 上がり40秒も切れてないし、時計も遅すぎる。南関馬が遠征してくれば2着もあったんじゃないですかね。先週、クリソライトやクリノスターオーを相手にするよりも、ここで準OP馬の相手をするほうがラクだったのでは……?

 このレースの一つ前のレースがSP1の新春ペガサスC。雪で中止となった重賞の振り替え開催です。黒船賞の日に、話題の藤田菜七子騎手が高知で6鞍乗って、地元・高知の別府真衣騎手との対決が~などとテレビのワイドショーでも大きく扱われていました。一方で、地方競馬ファン以外の話題になることはないのでしょうが、木之前葵騎手がこの新春ペガサスCで待望の重賞初勝利を挙げました。カツゲキキトキトは4連勝、重賞連勝です。(ジャパンダート)ダービー出走も普通にありそうですし、(東海)ダービー制覇も視野に入ってきたかもしれません。葵ちゃん、おめでとう!名古屋では女王・宮下瞳騎手が現役復帰を目指しているとも聞きますし、今年は女性騎手の熱い一年になりそうです。菜七子騎手だけではなく、地方には女性騎手が何人もいるわけですし、そっちにもスポットライトを当ててほしいものです。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

16年名古屋大賞典展望

 今週2度目の交流重賞。明日は名古屋で名古屋大賞典が行われます。黒船賞はやや荒れ気味で決まることもありますが、名古屋大賞典はガッチガチもいいところ。名古屋競馬をまさに象徴しているともいえます。この10年で1人気が飛んだことは一切なし。というか07年以外は連を外していません。さらに馬券に絡んだのはすべて5人気以内。6人気以内は馬券に絡んでいません。さらにその07年以降は中央馬しか馬券になっていません。これ、ケンでいいんじゃないの?とも思えてきます(笑) あとはダート交流は高齢馬が平気で好走しますが、このレースは9歳以上は馬券になっていません。

 今年の地方馬で、グレードレース実績のある馬はタッチデュールしかいませんが、牝馬重賞でしたし、交流重賞3連闘なんてローテで来るわけがない(笑) 馬柱だけ見れば4連勝中のアクロマティックが目を引きますが、いかんせん時計が遅すぎる。前走で同条件の梅見月杯を勝っていますが2:06:2……。時計を5秒は詰めないと話にならない。残念ながら今年も中央馬同士での決着が極めて濃厚。というわけで中央馬のみの短評。

・ ダブルスター…前走でOP特別勝ち。門別デビュー馬だけに地方コースは問題なさそう。5走前に南部盃4着に敗れており、JpnI級にはほど遠いですが、前々で競馬のできる馬ですし、ここはいかにも面子が軽いです。鞍上もルメール。ルメールが地方でどうなんだ?というのはありますが、これまで松山、大野、石橋修だったのにルメール。陣営の意気込みは感じます。

・ アウォーディー…先々週、先週とダートグレード勝ちのユタカさんです。3週連続勝利なるか?重賞を勝っている中央馬はこの馬だけ。この面子では実績上位。ただ、5ヶ月ぶりというところが気にはなります。前を見ながら2,3番手からの競馬でしょうか。ダートでは2戦2勝と底を見せていませんし、この馬が一番人気か?

・ モズライジン…準OP勝ちまででOP勝ちはありませんが、この面子ならそこまで問題ではない。師走Sでは今回出走のダブルスター、バンズームに先着してもいますし。問題は鞍上と脚質。中谷で結果が出ている馬ではありますが、地方でどうですかね?

・ バンズーム…田辺も3週連続でダートグレード参戦ですね。違うのはユタカは人気馬でキッチリ勝っているのに対し、田辺はまずい騎乗で2週とも人気以下に沈めていること。馬はモズライジンとどっこいでしょう。脚質も似たような感じ。田辺は三度目の正直か、二度あることは三度あるのか。果たして?

・ マドリードカフェ…芝を4戦してからの砂戻り。今年の万葉Sを勝っていますが、ダートでは1000万まで。準OPでアタマ打ちでした。前々で競馬ができるのと、地方……というか笠松出身の柴山ですから名古屋は勝手知ったる競馬場のはず。ダートへ戻ってきたのが吉と出るか凶と出るか?

◎アウォーディー
○ダブルスター
▲アクロマティック
△バンズーム
△モズライジン

 実績、勢い、鞍上からいって◎はアウォーディーで仕方ない。人気でしょうが、人気馬が極めて強いレースですし、ユタカは2週連続でダートグレード勝利。今週も期待したい。○もOP勝ち馬でルメールです。正直、他3頭は人気ほど差はないと思ってます。アクロマティックだけ人気薄になってますが、芝とは言え前々走でOP勝ちですし、笠松出身の鞍上・柴山にとって、名古屋は庭も同然。バンズームやモズライジンに先着しても驚けないと思います。

テーマ:地方競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

16年黒船賞回顧~馬は連覇、人は初勝利~

☆黒船賞予想結果☆
◎ダノンレジェンド……連覇
○ニシケンモノノフ……2着
▲ドリームバレンチノ…4着
△タールタン……………3着
△メイショウオセアン…ビリ
※ラブバレット…………7着
※ドリームコンサート…6着

 ここ3年連続で的中しているレースであり、昨年は3単万馬券も取っています。去年の夢をもう一度!と今年も3単で勝負!そして見事に当たった……のですが、人気順の決着で万馬券どころかガミでした(笑)3着に人気薄を期待したのですが、1,2,3人気の順ではどうもなりません。まあ、結果論です。一発ホームランを狙ったら内野フライ。気を取り直して、明日の名古屋大賞典で巻き返したい。まあ、今日の大井の京浜盃でも軽く負けたのはナイショです。

 ダノンレジェンドは連覇達成。ミルコは高知で初勝利だそうで。好スタートを切りましたが、ラブバレットが行きたければ行かせて、ドリームバレンチノがまくってきてもマイペース。58kgも休み明けもなんのその。ここでは格が違ったとしか言いようがない。去年、取り損ねた勲章を今年は取ることができるでしょうか。今年は川崎1400。事前に川崎を走ることはないでしょうが、様々な競馬場で結果を出している馬ですし、不安はないかと思われます。去年と同様のローテーションでしょうね、きっと。

 ニシケンモノノフは一時、低迷していましたが、重賞の舞台に戻ってきました。門別デビュー馬で、交流重賞勝ちもある馬。地方のほうが合ってそう。乗るのが戸崎ならなおさらです。交流路線としては5歳は若いほうですし、今後のこの路線では注目の一頭となりそう。どこかで再び交流重賞勝ちのチャンスはありそう。タールタンはFなので……というか、小回りの高知が合ってない。地方でも大井や盛岡なら巻き返しがあって良さそう。その際はルメールかユタカにしてほしいもんです(笑)

 ドリームバレンチノは向こう正面でマクリをかけましたが、ダノンレジェンドに並んだところで力尽きました。早漏騎乗などと揶揄する人もいますが、俺はあれもアリとは思います。馬に2、3年前の力があれば押し切っていた。残念ながら衰えが否めないのと斤量でしょうか。なんか晩年のセイクリムズンみたいになってきたなあ。メイショウオセアンは何の見せ場もなくズルズル後退のビリ。落鉄していたそうですが、それでもこの面子でビリってのはどうなのか?

 地方馬最先着は地元のスクワドロン。意外にも交流実績のある馬ではなかった。格下ですが、タールタンから5馬身差、ドリバレから2馬身差で、ドリームコンサートにクビ差先着。地の利もあるんでしょうが、やはり東海・近畿地区でならいい勝負になりうる馬なのかもしれません。ラブバレットは逃げて完全燃焼。今回は残念な結果でしたが、今後も遠征を続けて欲しい。夏場はスーパースプリントシリーズ制覇が目標でしょうか。南関馬相手でも面白いと思います。

 余談。朝の情報バラエティを旅先のホテルのテレビで見ていました。黒船賞のことは一言も触れずに、ななこ、ななこですわ。で、ななこVS別府真衣というテーマで番組は扱っていました。黒船賞の日の3Rで、ななこは1人気、勝ったのは別府真衣で、女性騎手対決は別府真衣勝利という様に報じやすいからなんでしょうな。で、番組内で……「『悩殺クイーン』の異名を持つ別府騎手は~」。俺はそっとチャンネルを変えました(笑) どこで呼ばれてるんだ?どこで?高知競馬場の常連が呼んでるの?んなわけないよなあ。マスゴミのテキトーさにあきれはてましたよ。ちなみに、俺はななこ派でもまいーご派でもなく、愛知の葵ちゃん派だ(誰も聞いてないw)

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

サクラサク16……そして旅行へ。

 昨日の朝、スマホの着信で寝てるところを起こされた。普段なら朝っぱらから電話してきやがって……と思うところだが、今日だけは別。むしろ、今日、起こされることなく、昼まで惰眠をむさぼれていたらマズい(笑) 昨日は県立高校入試の合格発表だったから。今年、受験したのは高校生が1人、中学生が4人。高校生は既に某国立大に合格確認済み。中学生は4人だけど、1人は直前1ヶ月に15回指導の依頼で、非効率的なこと、この上なく、出願済みだった志望校も1ヶ月では十中八九難しいレベルなので、これはどうにもならず。他の中学生3人は無事に合格した。ほっとしました。最終指導日にコーヒーギフトやらケーキやらもらったりしたのに、ダメでしただと非常に後味が悪いので(笑)

 馬の調教師(先ごろ引退した橋口師など)は「ダービーに始まり、ダービーに終わる」という。俺も似ていて、「受験に始まり、受験で終わる」。まあ、ダービーが終わっても、デビュー直前の2歳馬が厩舎にいるように、俺も受験が終わっても、来年の受験生を既に何人も抱えていますし、数ヶ月単位ではなく、2,3年見ている子が多い来年は、今年以上に結果が問われるのですが、とりあえずは一段落して、指導数もほぼ半減。繁忙期から閑散期です。春じゃないと何日も休むのは難しいので、今日明日は母と祖母と秋田県の温泉に行ってきます(スーパーの企画チケット)。母やばあちゃんを連れてじゃないと、「ちゃんとしたホテル」に泊まらないしね、俺。一人だとだいたいビジネスホテル、果ては一人ラブホまで敢行する漢なので(笑)


テーマ:雑記 - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

16年黒船賞展望

 昨日、一昨日の中央重賞は桜花賞TRのFレビュー、アネモネSがあったものの、谷間な印象が否めないので、展望はお休みしました。馬券を買わなかったのか?といえば、もちろんそんなことはなく、中日新聞盃と中山牝馬Sで単勝勝負。前者はアルバートドック、後者はシュンドルボンら3頭の単を買いました。アルバートドックはスタートして100mで終了。松若……あんな狭いところに突っ込んでいかんでもなあ。はー……と思いましたが、中山牝馬Sでルージュバック消しの単で巻き返し成功。芝でもダートでも言えることですが、牡馬相手の準OPで勝ち負けできる力があれば、牝馬限定重賞なら通用することが多いと思います。シュンドルボンは準OP勝ってましたので。逆にルージュバックは過大評価されすぎ。ただ、人気に見合ってないというだけで、弱いとは思っていませんし、これで人気がいくらかでも落ちるなら、次が京都や府中の中距離なら見直してみたい。

 明日は高知競馬で唯一の交流重賞・黒船賞です。当日は一般ニュースでも話題になっている藤田菜七子騎手も高知で乗ります。黒船賞には乗りませんが、初勝利なるかが注目ですね。3Rのメトロノースはチャンスでしょう。1人気かもね。っていうか2008年の北海道2歳優駿勝ち馬・メトロノースはまだ現役だったのか。中央から佐賀へ、佐賀から南関へ、南関から高知に渡ったようで。それはさておき、黒船賞は昨年、3単万馬券を取ったレースですし、振り返ると3年連続で当たってますね。昨年も3着にタガノジンガロが入ったように、ときどき地方馬が食い込んでいます。今年はどうでしょうか?交流重賞で好走歴もあるサクラシャイニー、ラブバレットがどこまでやれるか?以下、出走馬の短評です。

1. サクラシャイニー…昨年の暮れには船橋でもOP特別を勝っており、一昨年の暮れには兵庫GT3着もあります。ただし、去年は9着。1枠ですし、脚質的にもハナを譲らないような気がしますが、ダノンレジェンドにマークされるのはつらそう。乗るのもミルコですから、かわいがることなく、さっさと潰しにかかりそうだしなあ。

2. タールタン…4歳時に門別で一戦して圧勝。ただ、4年も前のことですし、F騎手が乗るのも2年半ぶり。前走で連に持ってきたルメールなら良かったのですが、F騎手ではちょっと不安ですね。少なくともアタマまで、というイメージは湧かない。

3. ラブバレット…昨年はさきたま盃4着、クラスターC3着、笠松GP勝ちと中央馬や南関馬とも五分に走れています。現実にホームのクラスターCでダノンレジェンドにぶっちぎられているので、対ダノンでは勝ち目がなさそうですが、その他の馬とならいい勝負になるかも。時計が出やすい笠松とは言え、1400で1分25秒1なんて時計もある。

4. メイショウツチヤマ…県知事賞こそ大敗していますが、これは距離が長すぎたんでしょう。それを除けば9戦9勝。ただ、高知1400では1分30秒を切るのがやっとでは、時計的に通用しそうにない。

5. シャトーコジーン…無理。

6. ダノンレジェンド…昨年は重賞4勝を挙げましたが、肝心のJBCスプリントではコーリンベリーの逃げ切りを許してしまいました。休み明けですが、この面子で今年緒戦を落とせない。昨年の勝馬ですから、適性は申し分ない。

7. バンブーバッジョ…無茶。

8. ドリームコンサート…前々走は兵庫GT4着と中央馬に割って入っています。時計的にはここで通用しそうなものがあります。ただ、ドリームバレンチノには先着されていますし、となるとダノンレジェンドにもかなわない感じ。あって3着か?

9. スクワドロン…マウンテンダイヤを破って重賞勝ちもしてますし、高知馬としてはトップクラスなんでしょうし、あるいは近畿、東海でも通用するかもしれませんが、中央馬相手は荷が重すぎる。

10. ドリームバレンチノ…一昨年のJBCスプリント馬ですが、以降、勝っていません。JpnI馬になってしまったので、斤量を常に背負わされるのがキツいのかなあ。鞍上・岩田は4年連続連対中ですし、馬も去年、一昨年と2着なので適性面で不安はない。

11. メイショウオセアン…オープンに上がったはいいものの、カベにぶつかっている印象。脚質的には向きそうなんですが、取捨難解。2着まであるかもしれないし、地方馬に先着されても納得。人気もなさそうだし抑えるのが無難か?

12. ニシケンモノノフ…元々、道営デビュー馬で、兵庫ジュニアGP勝ちと交流実績もあります。一時期、冴えませんでしたが、OPを2つ勝つなどして、重賞の舞台に戻ってきました。乗るのも地方出身の戸崎というのも強み。

 この面子、条件ならダノンレジェンドのアタマは揺るがないとみます。相手も馬も人も地方慣れしているドリームバレンチノとニシケンモノノフでしょうか。タールタンとメイショウオセアンがその次ですが、ラブバレット、ドリームコンサートも3着ならありそう。交流実績ある地方馬は侮れませんし、3着に来れば3単万馬券になっちゃいそうですしね。

◎ダノンレジェンド
○ニシケンモノノフ
▲ドリームバレンチノ
△タールタン
△メイショウオセアン
※ラブバレット
※ドリームコンサート

テーマ:地方競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『効能』

『効能』

仕事のかき入れ時で疲れがたまり

冷え込むこの時期の温泉は最高だ

体の外へ排出される乳酸も

骨の髄までしみわたる温もりも

手に取るように感じ取れるのさ



そして、温泉から上がったら

腰に手を当て栄養ドリンクを一気飲み

くあーっ!と声が漏れそうなほど

バッチリ効く、効いてしまう

そんな身体が少しだけうらめしい


2016年1月16日作

【あとがき】
中高生の頃なら水を飲んでも
栄養ドリンクを飲んでも
何ら変わりはしませんでした。
今は1本100円ぐらいのドリンクでも
効能を感じ取れてしまいます。

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~モザイクハーツ~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『好き嫌い』

『好き嫌い』

好き嫌いは誰にでもあるよ

好き嫌いは何にでもあるよ

甘酒は好きだけれど

粕汁は好きじゃない

ロックは好きだけれど

演歌は好きじゃない

それは良し悪しとは別のもの

とやかく言われるものじゃない



好きも嫌いも自分だけのもの

誰かが何と言っても

好きならそれでいいじゃない?

嫌いなものだっておんなじだ

嫌いなものに誰かを巻き込むなよ

袋叩きなんてかっこ悪いだろう

抗うがゆえに我在り

死ぬまで僕は反抗期



2016年1月25日作


【あとがき】
「判官びいき」なんて死語でしょうか。
「寄らば大樹の陰」「強いものには巻かれろ」
誰かがそれを選ぶのは自由だけれど
僕はそれを選べそうにありません。

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~モザイクハーツ~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

『心が冷える前に』

『心が冷える前に』

暖冬でも冬は冬

手先が冷える

つま先も冷える

心まで冷えそうだ



防寒着は必需品

手には手袋

脚には靴下

心には何を?



愛情?やさしさ?思いやり?

心は誰かの心でしか温められない

だから、誰もが誰かを求めている

ホっと(HOT)一息つきたいんだ



2016年2月3日作

【あとがき】
私は冷え性なもので、この詩ができました。
最初はタイトルも『冷え性』だったのですが、
書いているうちに内容が変わってきました(笑)
幸いにも、今年は馬券の調子が良くて、
手足が冷えても、フトコロは冷えてないのが幸いです。

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~モザイクハーツ~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

16年ダイオライト記念回顧~今週も交流はユタカ~

☆ダイオライト記念結果☆
◎ユーロビート…………3着
○クリソライト…………連覇
▲クリノスターオー……2着
△ストロングサウザー…6着
△マイネルバイカ………5着

 唯一のJpnIであり、昨年の勝馬でもあるクリソライトが、骨折休養明けながら逃げ切って完勝。ダイオライト記念連覇達成です。2着に先行したクリノスターオー。3着にマクリ気味に進出してきた大井のユーロビート。4着も船橋のクラージュドールで、やはりこの条件では中央馬の上位独占は簡単ではない。ユーロビートに◎を打ってますが、あくまで3連の軸として買ったので、3着でもOK。ただ、クリソライトが飛ぶわけはやっぱりなかったので、◎○の3複2軸にして、額を2倍にして買うのがベストだったか。来週も交流重賞、高知で黒船賞があります。昨年、3単を獲ったレースですし、勝負に出たいところ。週末の中央重賞はまあ、さらっと(笑)

 クリソライトは内枠だし、やはり逃げましたね。昨年の日テレ盃がそうでしたが、常軌を逸したハイペースでガリガリやっても、粘ってしまう馬です。こんなチンタラした流れなら押し切って当然。勝ち時計は21世紀に入ってからは2005年と並んでワーストタイ。骨折後の慣らしにはちょうど良かったんじゃないでしょうか。着差はそれほどでもないけれど、2周目4角でのユタカと幸の手ごたえの差は歴然。音無師の談話では、中央重賞を使って、帝王賞のようです。平安S→帝王賞といったところでしょうか。ユタカはコパノリッキーに乗るでしょうし、川田に戻すのか、デムーロでも乗せるのか(ルメールはノンコがいますしね)

 クリノスターオーは前走で緩かった馬体もいい感じに絞れていた。負けたのは実力差でしょう。この馬の競馬はした。ナゾなのはマイネルバイカ。なぜ中団にいるのか(笑) 前で競馬して結果を出してきた馬なのに。ましてこの馬場、この展開で差せるわけがない。展望でも書きましたが使い詰めの疲れもあるんじゃないでしょうか。ストロングサウザーは位置取りもそうですが、前走が前の出入り激しく、漁夫の利で勝ったようなフシがあるし、距離が伸びるのも決してプラスではなかったのかもしれません。ユーロビートは吉原が道中インで溜めて、直線で外に出すソツのない競馬。船橋コースがどうかでしたが、対応しましたね。次、小回りに出てきたら消して美味しいはず(笑)

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『半熟偽善者』

『半熟偽善者』

バスの中で立っているお年寄がいたら

僕は一声かけて、席を譲るだろう

お年寄は「ありがとう」の一言

その一言でささいな満足感



イイ人なんかじゃない

イイ人だと想われたい

イイ人だと想い込みたい

ただ、それだけのこと



間に入りたそうな車を見かけた

僕は車を止めて、譲ってみたけれど

相手の車は当然かのように走り去った

僕はそれを見て、イライラが募る



もちろんワルイ人なんかじゃないよ

でも、イイ人だと想い込みたいのに

それじゃイイ人と想い込めないだろう

ただ、それだけのこと



僕の偽善を持ち逃げしないで

偽善でいいから返してくれよ

世の中はGive&Takeだろう

社会の潤滑剤を減らすなよ



自分の身を犠牲にしてでも

他人を助けたいと思うなら

それがきっと善意なのかもしれない

つまらぬ僕にはそんな気持ちはない



でも、自分が足し引きゼロで

それであなたが+になれるなら

助けてあげたいとは思うんだ

打算的かな?利己主義かな?

それよりちょっとはマシだろう



幸福と不幸を電卓ではじき

ささいなことで幸せになり

ささいなことで憤慨する

そんな僕は半熟偽善者

聖人君子にはなれそうもない



2010年12月16日作
2015年11月10日加筆修正

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~モザイクハーツ~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

16年ダイオライト記念展望

 明日は船橋競馬場でJpnIIダイオライト記念が行なわれます。先日のエンプレス盃がそうであったように、地方馬は要無しというレースが多いですが、このダイオライト記念は地方馬に脂が乗った馬が少なくない。ダート2400という昨今では特殊な条件だから、地方馬にもつけこむチャンスがあるのかもしれません。2009年のフリオーソ以来、地方馬の勝利はないけれど、その後もカキツバタロイヤル、トーセンルーチェ、サミットストーンらが馬券になっています。昨年は馬券になっていませんが、ドラゴンエアルが4着と中央馬に割って入っています。

1. タイセイローマン…5走前の船橋でのOP特別11着がこの馬の実力。高知でも大敗ばかりのこの馬が来る可能性は中央馬がいなくてもほぼゼロ。

2. クラージュドール…ローズS馬レクレドールの仔、ステイゴールドの甥と良血ですし、南関リーディングとなった森の騎乗。6歳とそこまで高齢でもないのですが、前走を見ると厳しいのでは?中央OPでアタマ打ちとしても、前走で勝ち負けしてれば穴っぽかったのですが。

3. クリソライト…今回、唯一のJpnI馬であり、昨年の勝馬でもあります。実績、適性ともに断然。こんな面子で負けてはいけない馬ですが、骨折休養明け、揉まれ弱いのに内枠と気がかりな面もなくはない。もっとも、絶対逃げたい馬はいないし、この馬がハナを切れば、道中で他馬はついてこない(これない)と思います。

4. ストロングサウザー…前走の佐賀記念で初重賞制覇。今回も一緒のマイネルバイカ、クリノスターオーに完勝しています。佐賀よりは直線長い船橋のほうが合ってるのでは。今回ももちろんチャンスでしょう。クリソライトの出来次第では連勝もなくはない。

5. サミットストーン…一昨年の浦和記念馬。昨年の浦和記念も2着。一方で、何度も何度も中央一線級のカベに跳ね返されもいて、クリソライトとの差は歴然。それと交流重賞で勝てないのは仕方ないですが、前走の金杯で完敗もどうなのか。もう8歳。徐々に衰えているんじゃないのかな。掲示板に載ったら健闘と感じます。

6. クレバーサンデー…南関でのここ4走でビリ3回。馬場掃除要員。今回も最下位の最有力馬。連闘の笠松・タッチデュールにさえとてもかなわないでしょう。

7. ブランクヴァース…高知の有馬記念である県知事賞馬。ただ、県知事賞を10人気で勝っており、その前後は大敗。もちろんここでどうにかなるわけがない。

8. マイネルバイカ…前走は出入りの激しい競馬で、どうにもチグハグでした。白山大賞典、中央OP連勝後に川崎記念4着と、バリバリの中央OP馬。ここももちろん馬券になっていい馬ですが、中央馬としては使い詰めの感もあります。

9. ドラゴンヴォイス…準重賞の2100を2勝。ただ、南関重賞でも馬券にはなっていない。中央馬も加わるここでは掲示板に載るのも容易ではない。

10. ユーロビート…昨年のマーキュリーC馬。ソリタリーキングだのトウショウフリークだの微妙な相手とは言え、6馬身もちぎった力は侮れない。一方で浦和だの笠松だの小回りはてんでダメ。船橋、船橋……大井や盛岡ほど広くないけど、浦和や笠松よりは広い。どうなんでしょ?地方馬で食い込む余地があるのはこの馬だけなのですが。

11. クリノスターオー…中央重賞3勝の実績馬。この面子ではクリソライトに次ぐ実績。ただ、この1年弱、伸びずばてずの競馬の繰り返し。交流なら面子も手薄だから違うかと思ったら、何も変わってない。2400の距離がどう出るかですが、バテないこの馬にはむしろ向いているような気がします。

12. タッチデュール…トウホクビジンの後継馬。エンプレス盃からの連闘なんて勝つ気があるとはまったく思えません。出走手当目当てなのは明白。怪我なく回ってくれば任務は果たせる。

 人気順は、クリソライト、ストロングサウザー、クリノスターオー、マイネルバイカ、ユーロビートでしょうか。普通に考えればクリソライトのアタマ固定で、3連単のフォーメーションをどう組むかというレースなのでしょうが、それ、ガミらずに組むのが難しいと思います。ユーロビートを切ったりするとなおさらです。クリソ→サウザー→クリノなんてのは3単10倍もつかないし、3複なら3倍つくかもあやしいw ユーロビートが中央2頭に先着することに賭けたほうが妙味はある。妙味があるだけで可能性は高くはないが、なくもない。

◎ユーロビート
○クリソライト
▲クリノスターオー
△ストロングサウザー
△マイネルバイカ

テーマ:南関東公営競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:2 | トラックバック:0 |

カネと学

 ふー、今年の受験指導も終わった。終盤は休日返上で巡回指導。今年は暖冬で雪が少なく、さらにはガソリン代も安くて非常に助かりました。あとは1週間後に良い知らせが届くのを待つのみです。結果が出てないのに、箱菓子やコーヒーギフトをもらったりして、恐縮だなあ。合格したあとなら気にならんけど(笑) 「受験に始まり、受験で終わる」のが俺の一年です。なんか「ダービーに始まり、ダービーで終わる」に似ていますが(笑) 一人を除き、普通に力を出せば受かる水準に仕上げたつもりです。一人を除いたのは1ヶ月間だけの指導で、志望校も高望みすぎるから。最低でも3ヶ月、できれば半年はほしいです。正直、今年は俺にとって谷間の世代。年単位で見た子がいませんから。逆に1年後は結果が絶対に必要な世代となっています。

 思うところがあります。青森県は県立高校の統廃合が進んでいますし、今後はもっと進むらしい。少子化ですしある程度はやむを得ないと思うのですが、弘前市内においては、県立高校に進むには、平均点以上がほぼ必須。平均点未満の学生は私立か市外へGO。それってどうなの?私立高校保護政策のように思えるのだが。カネも学もあれば問題ない。カネか学のいずれかがあれば、どうにかなりうる。ただ、カネも学もなければ、その子も同様になりがちなのが否めない。最近は、支援策として、一部の自治体では村営や町営の塾まであるが、そうなると小中学校はなんなの?ってことになるわなー。

 ワイセツ教師や暴力教師は論外だが、そうでなくても学習支援能力は教師によって、大きな差がある。ほう、変わった解き方、面白い解き方を習ってるんだなあと感心することがある一方で、授業の進度が遅すぎだろ……とか、手抜きすぎるだろうと思える定期テストの問題を見かけることもしばしば。まあ、学校教員の指導が大幅に底上げされてしまったら、俺が糊口をしのぐこともできなくなるんで困るのですが、社会にとってはそのほうがいいはず。俺の目標はいくつかありますが、一つは、一つの学校に何人かの顧客を抱えられるのであれば、公民館を借りて指導すること。今日はA町、明日はB町、明後日はC町というように。家庭を巡回するのではなく、公民館を巡回する。顧客を抱えられるのなら、独り独りの単価は下げられるのでリーズナブルにできますしね。

 やはり若い人が選挙に行かなきゃ世の中変わらんよなー。ジジババのジジババによるジジババのための政治になってる。いや、無論、ジジババが皆ダメだというわけではないのですが、議員の世代構成がジジババに寄りすぎ。政治屋もジジババが票田になるのなら、コビも売るだろう。選挙に行っても何も変わらないというのが、既に為政者の都合のいい存在に洗脳されてるんじゃないかと思う。為政者も本気で投票率上げたいなんて思ってないしね。本気で挙げたいなら、昨年、全国的に行われたプレミアム商品券、あれの販売と統一地方選をセットにすりゃ良かった。思うところは山ほどある。できることを、少しずつこなすしかない。あれ?受験の話を書いてたはずが、政治の話になってたわ。ま、いっか。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

16年弥生賞回顧~デムルメばかりの重賞競走~

★弥生賞予想結果★
◎リオンディーズ……2着
○エアスピネル………3着
▲マカヒキ……………優勝

 3強の3強による3強のための弥生賞でした。下馬評通り。4着の4人気タイセイサミットは3着から5馬身も後ろ。5着も5人気アドマイヤエイカン。ほぼ人気順で決まっていますが、1,2着だけが人気と逆で、勝ったのは2人気のマカヒキ。2歳王者リオンディーズは2着惜敗。リオンディーズの朝日杯の競馬を、今回はマカヒキにされたという印象。エアスピネルも途中まで、マカヒキと一緒になって伸びていましたが、途中で置いていかれました。ここ2週、先々週のメインも先週のメインも、ミルコ→ルメールでしたが、今週はルメール→ミルコでした。3週連続でデムルメの馬複1点で良かったんですね。

 展望でマカヒキを「勝つかもしれないけど、馬券にならないかもしれない」「外れるなら▲がアタマまで」などと俺はのたまっており、負けフラグを立ててしまっていたようです。リオンディーズが抜け出して、2,3番手もマカヒキ、エアスピネルの残り200では、もう伸びるな!そのままそのままあああ!と、出先でスマホに向かい念じましたが、無情にもマカヒキ差しきり。ただ、今回の勝利をもってマカヒキが、この世代の最有力馬とは言えません。サトノダイヤモンドをはじめとして、有力が他にもゴロゴロいますし、そもそも、マカヒキはここで4着以下なら春クラシック出走が厳しくなりますし、連対での賞金加算は至上命題であり、できるなら勝たねばならなかった。結果が求められる一戦だったのに対し、リオンディーズ、エアスピネルは賞金的にクラシック出走は既に確定的。その差もあったかと思います。ただ、京都巧者?だの関東でどうか?だのという書いたのはまるで的外れだったようで……。

 リオンディーズは前走のような後方一気ではなく、新馬戦同様に前々での競馬。自力で勝ちにいく競馬。結果、マカヒキの目標とされ、差しきられてしまいましたが、レースの幅を広げていると思いますし、今後へ向けては有意義だったはず。ややカカっていた面もあったから行かせたのかな。下手に無敗でいるより、陣営の気も楽になるでしょう。GIIで惜敗しようが、GIで勝てばいいわけですしね。今日は負けましたが、1600よりは2000、2000よりは2400の馬だろうと思います。しかし、シーザリオは名牝ですね。さすが、ジャパニーズスッパスタアアア!と呼ばれただけありますよ(笑)

 エアスピネルは朝日杯に続いて、後続の500勝ち馬だの札幌2歳王者などをぶっちぎっているのですが、また負けました。ユタカの談話にも「普通なら勝てるレベルの内容で3着」とあります。見てる側もそう思いますよ。ここ数年の勝馬よりもエアスピネルのほうが上じゃないかと思えるのですが負けてしまう。ただ、やはり競馬っぷりが器用で、大崩しそうにない馬だと改めて感じました。本番は面子がさらにグっと強化され、今回、前2頭に2馬身差をつけられたこともあり、人気が落ちそうですが、本番でもソツなく立ち回って2,3着に持ち込めるだけの実力はありそう。反面、勝ちきるイメージもまるで湧かなくなってしまいましたが(笑)

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

16年弥生賞展望

 昨日のチューリップ賞は先週の土曜と同じで、穴馬の複。フォールインラブの複を買って、道中はいい感じかな?とも思ったのですが、直線でまるで伸びず惨敗。新馬戦は先行して2着でしたが、ここ二走は差しての勝ち負け。差しのほうが結果的に良かったのか?ただ、最内ですし、前走のように出負けしたわけでもないし、前々で競馬してまけたのは仕方ないかもしれません。勝ったのは3人気シンハライト。3戦3勝で桜花賞の出走権を獲得。重賞騎乗機会5連勝中だったミルコのジュエラーは叩き合いの末、ハナ差惜敗。ただ、負けはしたものの、賞金加算できたのは大きい。これで春のGIで賞金的に弾かれることはなさそう。ただ、昨日の上位馬が怪物にしか思えないメジャーエンブレムに対抗できるかといえば微妙かもしれません。

 さて、今日は弥生賞。皐月賞の前哨戦です。昨年は前日オッズで単勝10倍以下が5頭と人気は割れ気味でしたが、今年は10倍……というか4倍以下が3頭で、4人気のタイセイサミットは20倍見当と3頭に人気が集中。でも、人気3頭って1頭コケるイメージが強いです。ただ、割って入れそうな馬もそのタイセイサミットしかいないような。札幌2歳S馬で5人気のアドマイヤエイカンは前走大敗の上に連闘というナゾのローテですし、6人気以下の馬は未勝利しか勝っていない上に、前走惨敗馬ばかり。うーん。一応、短評も。

1. アドマイヤエイカン…札幌2歳王者。暮れの重賞で3,5着はともかく、前走が先週のすみれSで惨敗。そして連闘というのはどうなのか?岩田も今年はイマイチですね。やけに3着が多い……のはこの面子、この馬にはいいことかも?(笑)

2. シャララ…マイル以下しか使っておらず、目だった時計もなく、前走は人気もなく、その人気どおりに惨敗。買えない。

3. タイセイサミット…前走500万勝ち。今回と同じ中山2000を勝ったというのは良い。しかも、ホープフルSよりも1秒以上早い時計。3強に割って入るならこの馬しかいないように思えます。ただ、実際に朝日杯ではリオンディーズ、エアスピネルにちぎられている点がどうか。

4. エアスピネル…デイリー盃勝ち、朝日杯2着。前走は完全に勝ちパターンと思えましたが、勝馬だけ異常な脚で伸びてきて敗北。まるでその10年前のオークスの母馬同士のような。マイルまでしか経験ないですが血統的に2000が持たないわけがないし、立ち回りの巧さは母譲り。大崩は考えにくい。

5. ヴィガーエッジ…芝で勝てずにダートで未勝利勝ち。芝でまるでダメだったわけでもないし、500万なら芝でも面白そうとも思うのですが、ここはさすがに家賃が高いと思います。

6. モウカッテル…未勝利勝ち以外はすべて掲示板にも載れぬ大敗。その未勝利勝ちもダートです。とても買えない。

7. ケンホファヴァルト…前走未勝利勝ち。距離実績があるのはいいのですが、それだけでどうこうなるとも思えません。それと前々で競馬する馬はエアスピネルに掃除されそうな感じがします。

8. イマジンザット…前走が500万4着。ここが4戦目と使われてないことや鞍上が戸崎なのは不気味。時計に目立つものはないですが、人気3頭以外、買いづらい馬が多いので、この馬が6人気なのでしょうね。

9. モーゼス…前走500万3着。目だった時計はないし、OPや重賞で大敗しての500万3着。使われ方もクラシックを狙う馬って感じではないですね。軸を絞って3連のヒモ穴でなら、というところでしょうか。

10. リオンディーズ…2歳王者。前走は完全に抜け出したエアスピネルを、一頭だけ図抜けた末脚で差しきりました。母はシーザリオ、兄はエピファネイア、乗るのはミルコ。エアスピネルも以上に、こちらのほうが距離が伸びて良さそう。事実、2000の新馬を勝ってますしね。勝ち負け必至。

11. マカヒキ…新馬、若駒Sと連勝中。乗るのはルメール。前走は上がり32.6という尋常じゃないタイムで差しきり。ただ、姉が京都巧者なんですよね。そして、中山……というか関東では馬券になってない。姉とはモノが違う可能性もありますが、朝日杯の2頭より上とは考えていません。勝つかもしれないけど、馬券にならないかもしれない。人気3頭で一番、不安定なのはコレかな。

12. エディクト…母が京王盃SC勝ちのサンクスノート。初仔がこの馬。血統はいい。でも、未勝利勝ちの後の500万がいずれも10着。これを買うなら、先着しているモーゼスのほうがマシ。

 ◆チェックポイント◆
・前走が新馬・未勝利戦で1番人気ではない……いない
・前走がOP特別で5着以下/4人気以下……アドマイヤエイカン
・前走が500万下で3着以下/4人気以下……シャララ、イマジンザット、モーゼス、エディクト
・前走が重賞で8着以下……いない
・前走がダート戦……ヴィガーエッジ
・今回10番人気以下……モウカッテル、ケンホファヴァルト、エディクト
・10戦以上している……いない
・中山芝で2度以上出走かつ複勝圏内がない……いない
・重賞で2度以上出走かつ複勝圏内がない……タイセイサミット

 残ったのは、エアスピネル、リオンディーズ、マカヒキと人気3頭だけ。絞れましたが、ある意味当然。上記の消去法は連対馬ベースですし、3着は紛れるおそれもありますが、2連馬券は堅そうです。元々、弥生賞はあまり荒れないレースですしね。

◎リオンディーズ
○エアスピネル
▲マカヒキ

 馬券は馬単2点。リオンディーズの単は2倍もつかないようですし、それなら馬単のほうがマシかな、と。2着も○▲のどちらかでしょうし。外れるなら▲がアタマまで、なんでしょうが、ミルコとルメールなら、やはりミルコが勝ちきると考えるべきでしょう。そもそも馬の実績も血統もリオンのほうが上でもある。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

16年エンプレス盃回顧

☆エンプレス盃予想結果☆
◎アムールブリエ………優勝
○イントロダクション…4着
▲ティンバレス…………3着
△ヴィータアレグリア…2着

 単1.1倍の圧倒的人気のアムールブリエが快勝。エンプレス盃連覇で重賞4勝目を挙げました。2着に3番手から伸びてきたヴィータアレグリア、逃げたティンバレスが3着。以下イントロダクション、タマノブリュネットで、大方の予想通りで掲示板はすべて中央馬という結果となりました。地方馬最先着はトーセンマリオンで5着とはクビ差。惜しかったですね。

 1頭だけ重賞3勝、しかも昨年の勝馬。他は1000万勝ちの馬と地方馬では、アムールブリエが勝つのは当たり前です。ただ、ワイルドフラッパーを突き放した昨年や、持ったままでニホンピロアワーズを寄せ付けなかった2走前と比べると、ちょっと物足りない内容。今後は帝王賞が目標となるようです(ミキオ師の談話) 可能な限り2000以上を使っていくのでしょうね、たぶん。

 ヴィータアレグリアは「時計が遅い」と展望で書きましたが、中央で走る分には問題だったかもしれませんが、川崎で走る分には問題なかった。むしろ連勝中の勢いと戸崎騎乗のプラスが勝っていました。「立ち回りが巧い」と書きましたが、戸崎の談話にもそんなことがありますね。差しきってしまうんじゃないかと一瞬ドキっとしました。ただ、スタートしてからちょっとカカっているようにも見えました。

 ティンバレスは4角前の手ごたえがアムールよりも良さそうでしたが、残り100で力尽きました。ただ、完全燃焼はしたのではないでしょうか。終始、アムールブリエにマークされる形で、展開はラクじゃないと思いましたが、大崩しませんでしたから。逆に後ろにいたイントロダクション、タマノブリュネットは見せ場なかったですね。田辺は談話で「どれを負かそうかと構えていましたが、どれも負かせませんでした」……あのね(笑) 

アムールが勝って、タマノが来なければ良かったので、1周目向正面でもらったと思いました。アタマが鉄板のレースでしたし、もっと大きく張れば良かったかなあというのと、馬単よりも枠単のほうがついたのが少し残念でした。まあ、枠単のほうがつくというのはしばしば見られることではありますが。週末には弥生賞、チューリップ賞、来週はダイオライト記念。GI戦線へ向けて、この調子で負けない競馬で行きたいですね。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

16年エンプレス盃展望

 ミルコは中央重賞で騎乗機会5連勝を飾りましたが、ヒッソリと俺も中央重賞購入機会3連勝中とまあまあ好調です。でも、自信があったわけでもないし、ほんの少ししか張っていません。勝負をかけるのはやはり交流重賞です。今日は川崎でエンプレス盃が行われます。10頭立ての少頭数。川崎開催なのに川崎所属馬はいないという完全なる馬場貸し状態。中央5頭、笠松2頭、高知、浦和、船橋が1頭。

地方馬で実績上位は、浦和のトーセンマリオンでしょうが、3走前の関東オークスは3着と言えども、相手がのちの女王ホワイトフーガといえども、3.1秒はちぎられすぎ。3.1秒差の間に中央5頭は収まりますよ。中央馬のどれかがしくじったときに掲示板に載れるかというところでしょうか。あるいはタッチデュールのほうが上かも。TCK女王盃でホワイトフーガと2.2秒差ですので。ユーセイクインサーはそんなタッチデュールにも先着される始末だし、オープンベルトは南関B級で大敗。そんな馬、重賞に出しちゃダメだろ……。ララベルやノットオーソリティはどこへ行ったんだ?(笑) 悲しいことですがこの面子の地方馬が馬券になることは九分九厘ない。川崎競馬なのに、中央馬の、中央馬による、中央馬のためのレースです。

 そして、中央馬もアムールブリエの実績がダントツです。ほか4頭は重賞どころかOP馬ですらありませんしね。アムールブリエのヒモに何を買うか。それだけが問題のレースです。去年こそ2人気のアムールブリエが勝ちましたが、この10年、2人気は1-1-3-4であり、あまり芳しくない。3人気のほうが3-3-1-2と結果を出しています。以下は中央馬の短評。

・イントロダクション…準OPで2度2着。準OPで勝ち負けなら、牝馬交流重賞では足ります。事実、この馬が2着の北総Sで8着だったタマノブリュネットはTCK女王盃で3着。問題は脚質ですが、アムールの前にいる馬は掃除されそうな気もしますが、昨日のレースを見ると前残りが顕著なんだよなあ。

・ ヴィータアレグリア…間隔を開けながら500万、1000万と連勝中。正直、時計は遅いのですが、鞍上が南関を知り尽くしている戸崎。巧く立ち回れそうな馬と鞍上なんですよね。

・ アムールブリエ…重賞3勝で、昨年の勝馬で、前走は川崎記念3着。実績だけでなく、コース適性もダントツでしょう。浜中が戦線離脱のため、ユタカへスイッチ。ユタカもこのレース3勝ですし、何の問題もなさそう。

・ ティンバレス…1000万勝ちからの参戦。時計はヴィータよりもこちらのほうが断然良い。川田で実績をあげている馬でもあります。少し気になるのは、右回りと比べて左回りの成績が見劣ること。杞憂でしょうか?

・ タマノブリュネット…TCK女王盃3着。川崎でも昨夏、A2の交流戦を勝った実績もあります。この馬が2人気でしょうが、2人気がイマイチなレースですし、この馬自身、二度の重賞でいずれも3着。また3着のような……?


◎アムールブリエ
○イントロダクション
▲ティンバレス
△ヴィータアレグリア

 アムールブリエが単1.1倍ほどの圧倒的人気。当たり前です。ほか中央4頭の単が10倍ほど。地方5頭はすべて単万馬券。アムールブリエの相手が何かだけ。3,4点に絞れるなら3単でもいいですが、俺は自信がないので馬単でいい。アムールをアタマにバラバラ買うなら馬単も3単も大差ないですから。ガミはなさそうなので、馬単3点で。

テーマ:南関東公営競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |