ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

16年JC回顧

★JC予想結果★
◎リアルスティール…5着
◎レインボーライン…6着
△シュヴァルグラン…3着
△ゴールドアクター…4着
△ディーマジェスティ14着

 「消去法で残った6頭のうち、1人気で逃げ馬のキタサンは消し」と展望で書いて、キタサン以外の5頭を買って、キタサンに完勝されました(笑) さらにデム・ルメ・ムーアのどれかが来るのは分かっていましたが、デムではなく、ルメ・ムーアを買って、完全なるハズレ。まあ、そのほうがサッパリ諦めもつくのでいいです。キタサンを買ってて、デムが抜けたら1,3着になって、それこそ悔しいですから。それにしてもGIが当たらないなあ。この秋は秋天しか当たっていません。GIじゃない……というか土曜の重賞は毎週のように当たっているのですが。

 府中2400で逃げ、しかも1人気馬ではマークされてキツいのでは?と思われましたが、武豊・キタサンブラックは特につつかれるわけでもなく、マイペースの逃げに持ち込んで、その時点で勝負アリあったのかもしれません。逃げ切りなのでレースラップ=キタサンのラップですが、13.3-11.3-12.6-12.3-12.2-12.5-12.7-12.3-11.9-11.2-11.4-12.1というラップ。スタートを除いては13秒台のラップはなく、中盤は12秒台半ばのラップを踏んで、残り800から加速。正確な武豊の体内時計と、その通りに動けるキタサンブラックのスタミナ、スピード、気性がフルに活きたレースだったと思います。それぞれの馬が自分の競馬に徹したら、こうなったという感じでしょうか。他に逃げ馬いませんでしたしね。直線の坂で突き放したあたりはさすが菊・春天馬でした。ズブくないヒシミラクルという感じでしょうか。迅速なギアチェンジができる。父ブラックタイドに「隠れたギアがある」と一昔前、ユタカの談にあったけれど、そのギアは息子のキタサンブラックの中に潜んでいたようです。この馬こそ来年、凱旋門賞へ挑めばいいのでは?

 2着にはまたサウンズオブアース。主な勝鞍:はなみずき賞(3歳500万下)の状態がいつまで続くのだろう。善戦マン要素がこれほど強い馬もいません。ステイゴールドなどは重賞で2着だけでなく3着も多かったですが、この馬は重賞の3着はなく、2着か4着以下。ステイゴールドの場合、鞍上のせいでそういう馬になった感もありますが、サウンズは既にいろんな騎手が乗っていますし、重賞請負人のミルコが何度乗ってもやはり2着。しかも、勝馬に完敗の2着が多い。次は当然、有馬記念でしょうが、有馬記念のあとは休まずに、日経新春盃かAJCCで勝ちを狙ってもいいんじゃないでしょうか。一回勝てば変わるかもしれない。シュヴァルグランもサウンズとともに伸びてきましたが3着まで。来年が楽しみ。中山を走ったことはないですが、こういう馬場でも差してくるあたり、中山もこなすでしょう。キレすぎる馬は合わなかったりしたりもしますが。父もディープではなく、ハーツクライですしね。


 ゴールドアクター・吉田隼人の騎乗はちょっと気になりました。いや、大負けしたわけではないし、こんなものといえばこんなものかもしれませんが、伸びずばてずなだれ込んだだけ。もう一つ前、ワンアンドオンリーの位置にいれば、やっぱり同じような伸びで、2,3着だったんじゃないの?と思ってしまいます。後ろにいるのがワンアンじゃなくてゴールドだったら、ユタカにもう少しプレッシャーをかけられたかもしれませんしね。JCで4着なら、得意の中山、連覇のかかる有馬なら!とマスコミが煽るのは想像に難くないし、実際、ファンもそういう目線が多くなりそうですが、俺は逆に去年と違って、人気を背負って吉田隼人が強気な騎乗をできるのか不安がよぎってしまいます。リアルスティール・ムーアは積極的に位置を取りに行って、4角ではおおお!と思ったのですが、坂で止まった(笑) 仕方ない。キタサンブラック、ゴールドアクターよりスタミナがなかったということでしょう。矢作師の戦前のコメントも「ムーアなら持たせてくれるのではないか」みたいな趣旨でしたしね。やっぱり2000前後がベストか。

 一瞬、イキートスが伸びかけたときはまさか?と思いましたが、上がり34.4はレインボーラインについで2番目に速かった。2分33秒でバーデン大賞を制した馬ですが、意外と高速馬場にも対応できた。イラプトやナイトフラワーにも言えますが、日本と比べれば香港のほうが時計はかかりますし、JC参戦の外国馬が香港C(ヴァーズ)に出てくれば、今回よりも手ごわいだろうと思います。

スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『アップダウン』

『アップダウン』

誰かを見くだしてみても

立場があがるわけじゃない

残るのは卑しい自己満足

哀れみの目にも気づけない



誰かと比べて浮き沈むより

以前の自分と比べればいい

それに上回ったと思えるなら

ささいな充実感さえすばらしい



誰かを気にするヒマなどない

昨日の自分を置き去りにして

今日の自分に並んだら

明日の自分を抜きさるだけ



2016年11月18日作
2016年11月27日ラジオNIKKEI「私の書いたポエム」放送分

テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

16年JC展望

 今日はJCです。ちょっと前まで一着賞金25000万円だったと思ったのですが、気づけば3億円。GI3勝分ですよ。大盤振る舞いだなあ。2着でも12000万円でGI勝ちとほぼ同じ。5着でも3000万円でGIII勝ち並み。でも、海外馬は来ませんね。欧州馬より南米馬とか面白そうなんですが。前走のアルゼンチンGI(芝2400)を2分22秒台で勝った!とかさ。あと、南アフリカとかシンガポールとか。香港馬も来なくなってしまったなあ。1着賞金は15000万に戻して、浮いたお金で、東日本産限定新馬、未勝利を組んでくれないか?短評は省いて消去法から。

◆チェックポイント(連対馬ベース)◆
・7歳以上馬: ヒットザターゲット
・重賞未勝利馬: トーセンバジル、サウンズオブアース
・GIII勝ちまでの牝馬:ビッシュ
・3ヶ月以上の休み明け: いない
・前走が天皇賞で7着以下(外国人に乗り代わりは除く): ルージュバック
・前走が菊花賞で5着以下:いない
・前走がGIIで3着以下:ラストインパクト、ワンアンドオンリー、フェイムゲーム、サウンズオブアース、ヒットザターゲット
・前走がGIII以下: いない
・ GI馬ではない海外馬:いない
・4人気以下の海外馬:イラプト、ナイトフラワー、イキートス

 残ったのは、キタサンブラック、ゴールドアクター、ディーマジェスティ、レインボーライン、リアルスティール、シュヴァルグランの6頭。主に格下の馬が消えています。馬場悪化が懸念されましたが、雨が降るのは日が沈んでからのようで、良馬場で行われそうです。たた、中間の積雪もあってか、多少時計がかかってそうではあります。

海外馬は10年前の3着ウイジャボード以来、馬券になっていません。その前が11年の勝馬アルカセット。いずれも3人気でした。もっとも人気になっていても、コンデュイットやデインドリームなどは飛んでいます。今年の海外馬ではキツい。ただ、去年のJC回顧で「イラプトが来年、古馬になって実績をもっと重ねて再来日なら面白いかも」と書いて、その通りになってやってきた。イラプトだけ少し気になります。

最内を引きましたし、他に行きそうな馬も見当たりませんから逃げるのはキタサンブラック。これは確実。ただ、GI2勝は実績上位の1人気馬。マークされるのも確実で、それを鞍上ユタカがいかに振り切るか。振り切れるのかが最大の焦点。馬券にはなるかもしれませんが、さすがに逃げ切るまでは難しいような気がします。他の馬(特に外国馬)が意表をつく逃げをうってくれればユタカはラクになりそうですが。

 海外馬が来ないとしても、外国人騎手……というかデムルメムーアは猛威を奮っています。残した馬でデムルメムーアなのは、レインボーラインとリアルスティール。リアルスティールは調教でも動いていますね。距離が……という向きもありますが、ダービー4着、菊2着。2400がこなせないはずはない。安田記念を考えればマイルこそ合わないような(遠征帰りもあったでしょうが) ムーアもテン乗りでもない。軸はこれか。

 あとはこの10年。関東騎手はまるでダメ。0-1-1-40はヒドすぎる。っていうかこの2着も大井出身のウチパクさんであり、生え抜きの関東騎手の連対例は……。1998年の蛯名→横山典までさかのぼります。ああ、これ、学生時代に現地で見てたし、馬複500円取りました……って古!これを思うとゴールドアクターやディーマジェスティはいいのかなあと思ってしまいます。

◎リアルスティール
◎レインボーライン
△シュヴァルグラン
△ゴールドアクター
△ディーマジェスティ

 消去法で残った6頭のうち、1人気で逃げ馬のキタサンは消し。残った5頭のうち、ムーア、ルメール騎乗の2頭を軸。馬複F 14、16-3,9,14,16,17で7点。切ったなかではルージュバックがちょっと怖い。戸崎も昨日勝ちまくってましたので。サウンズオブアースも気にはなったものの、実際にミルコが何度も乗っても2着まで。去年のJCもミルコで5着。去年と何も変わってない。今年も4,5着でしょ、たぶん。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

霜月指導日記

 11月なので指導依頼もかなり増えてきました……が、来週末は上京します。さすがに年が明けてからは受験終了までどこへも行けそうにないですが。ただ、皆が皆、一般入試を受けるわけでもないので、一人、合格が決まった子もいます。そして、年明け前にもう一人の合否も分かります。できれば全員合格。最悪で一人落ち。それ以上だと自分の仕事に自信がなくなります。そして、指導日記。できたてホヤホヤのやり取りです(笑)

ねぶ:では、次の問題だけど、空欄は良くない。ダメ元で何でもいいから埋めてみよう。書かなければ、その問題は100%バツ。書けばもしかして当たるかも……。

問題:(古墳時代)日本へ中国や朝鮮の文化を伝えた人々をなんと言うか?

Rちゃん:ちゃん……。

ねぶ:ん?ちゃん?

Rちゃん:チャンミン。

ねぶ:チャンミン?誰だ、それは?韓流スターか何かか?

Rちゃん:ええっ!チャンミン知らないの?

ねぶ:知らんよ……どれ、ググってみるか。ふーん、東方神起のメンバーなのか。でも、俺が若手のジャニタレを分からんのと同じレベルでしょ?チャングンソクとやらも仲間なのかな?

Rちゃん:ええええ!チャン・グンソクを知らない人に初めて会った。信じられない。怖い……。
(軽蔑の眼差しでw)

ねぶ:むしろRちゃんの周りが全員知ってるほうが俺は怖いんだが(笑)

Rちゃん:ペヨンジュン並みの人気なのに。人生、損してる……。

ねぶ:(ググった後)ああ、こっちが韓流スターなのね。なるほど、ペヨンジュン並みの人気のようだ。でも、それで人生、損してないぞ、俺は(笑)

Rちゃん:知らない人は1000人に1人ぐらい。

ねぶ:んなバカな。それ、SMAP並みの知名度でしょ。そこら歩いているジッチャやバッチャがチャングンソク知ってるわけないでしょwww

Rちゃん:アハハハハハハハwwwwww

ねぶ:知らん人からすれば、チャングンソク。誰だば?それ?チャンだはんで、中国か朝鮮だべな?北朝鮮から脱北してきた奴でねえべが?と思っても仕方ないと思うぞ(笑)

Rちゃん:ダハハハハハハハwwwwww 笑い死ぬっ!!!

ねぶ:話を戻すが、この問題の答えは「渡来人」だよ。これを分からないほうが損をするぞ、たぶん。そもそも問題が「人々」ってあるのになんで個人。それも現代人なんだよ……。


テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

16年兵庫ジュニアGP回顧ほか

★兵庫ジュニアGP購入結果★
◎ネコワールド……6着
○ハングリーベン…2着
▲ゲキリン…………4着
△アズールムーン…5着
△リンクスゼロ……8着

 前日の浦和記念も完勝して、9-2-1-0と複勝率100%を維持し続けていたユタカのネコワールドを軸にした3連複を買いました。実況にも「ネコまっしぐら」と呼ばれて、果敢に逃げを打ちましたが、4角手前で手ごたえあやしくなって失速。2番手を追走していた道営ローズジュレップが代わって、先頭に立つと激戦の2~4着争いを尻目に2馬身差の完勝。見事に中央2勝馬たちを撃破しました。混戦の2着争いこそ4人気の中央馬ハングリーベンが確保したものの、3着も道営のバリスコア。道営馬が強さを見せ付けました。1人気のアズールムーンは初ダートが響いたか、見せ場もなくなだれ込んだだけの5着。1人気のルメール騎乗のゲキリンも2、3着争いに敗れて4着。3連複は3万馬券、3連単は30万馬券という大波乱となりました。

 ローズジュレップ、バリスコアの道営2頭が馬券となりましたが、この2頭はオープン馬ではあるものの、重賞馬ではない。格でいえば、北海道2歳優駿でエピカリスに2.4秒ちぎられた2~4着馬のほうが格上です。しかも、今回の2頭は北海道から園田への遠征でもあります。それが1,3着。エピカリスだけ数年に一度レベルの怪物で、他の中央2勝馬のレベルは例年並みか、やや低いのかなあ。ロースジュレップは驚きました。重賞馬でないとはいえ、4-2-0-0で連を外していなかったバリスコアは侮れないと見ていましたし、実際3着なんですが、ローズジュレップのほうが勝つとはなあ。両馬ともに全日本2歳へ向かうのでしょうが楽しみです。エピカリスが全日本2歳に出るかどうかがはっきりしないようですし。

 かつて初ダートのゴーイングパワーが勝ったこともありましたが、やはり中央馬はダート2勝組を優先して考えるべきと思います。だからネコワールドから流したのですが、馬券になったのはもう一頭のダート2勝馬のハングリーベン。ぐあ!ネコは逃げ一辺倒では、今後は厳しくなりそう。ハングリーベンのほうが現状、立ち回りのうまさがありましたね。ローズジュレップの影も踏めなかったけれど……。アズールムーンはこれをもって、ダートがダメとは言い切れないような気もしますが、現状は芝のほうがいいのでしょうね。リンクスゼロは出負けした時点で終了。逃げて2連勝だったわけで……。競馬にならなかった。ローズジュレップ、バリスコアは楽しみですが、中央馬は厳しいな。ここで負けた馬の何頭かは全日本にも出てくるかもしれませんが……。

★笠松グランプリ購入結果★
◎ラブバレット……圧勝
○オヤコダカ………2着
▲サトノタイガー…3着
△エイシンニシパ…7着

 グレードレースではないものの、地方としては豪華メンバーがそろった一戦だったので、買いました。◎○-▲△という変則的な馬複4点で。で、ハズレ。ぐあ!印の通りの3連単で良かったんだな、結果論ですが。岩手のラブバレットはやや間隔が空いていたのが不安だったのですが、何の問題もなく、このレースを2連覇。しかもレコードのおまけつき。これは強い!道営・オヤコダカの1400は、一昨年の兵庫ジュニアGP2着以来でしたが、何の問題もなかった。単純にラブバレットのほうが強かった。それだけ。浦和のサトノタイガーは去年の2着馬ですが、徐々に衰えはあるのかもしれません。

 今回の1,2着馬は中央の移籍馬ではなく、岩手生え抜き、道営生え抜きの馬です。生粋の地方馬の活躍にはワクワクします。ラブバレットはこのあと兵庫GTでしょうか。昨年は出走取消でしたから、1年越しの出走を期待したい。相手は昨年の1,2着馬レーザーバレット、ドリームバレンチノあたりでしょう。真の「バレット」はレーザーか?ラブか?(笑) いや「バレ」だけならドリーム「バレ」ンチノもか。名前に被っている部分もあるし、実力も今なら大差なさそう。オヤコダカも2年前2着だった園田1400での巻き返しがあっていい。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

上京予定とダイエット

 昨日は祝日・勤労感謝の日でしたが、カレンダー通りに働くわけじゃないので、新規案件も含めて3軒指導していました。3軒指導の日が混ざってくると、本格的に繁忙期って感じがしてきますね。それに雪も降ってきましたし、冬になりつつあるなあとも感じます。ただ、そんな時期ですが、この文章を額に汗をかきながら書いています。

なぜかって?そりゃエアロバイクをこいだ直後だからです。寝る2,3時間前に運動すると、E感じに眠れるのです。ここ三週間あまり、1日も休むことなくトレーニングしています。夜食が食べたくなることもありますが、そういうときはゼリーなどを食べています。ローカロリーですから。

昨日の晩飯はいきつけの中華料理店で麻婆飯を食べました。ただし、普通盛です。以前は「麻婆飯大盛辛め」がお決まりだったので、今日も店員に「並み盛でいいですか?」と確認を取られるレベルで、大盛だったのですが普通盛です(笑) 極端に食事制限しているわけでもないですが、腹八分目で。

 その甲斐あってか3kgほど落ちましたし、腹回りがスッキリしてきました。もう2ヶ月もやれば、7,8kg落ちて、顔も一回りスッキリしてくるんじゃないでしょうか。身体のキレも良くなったような気がします。以前の筋肉痛や関節痛は過度の運動不足だったのかもしれませんね。

 話変わって、来週末には1年半ぶりに上京します。宿は抑えていますが、まだアシを確保していません。往復1万強のバスで強行するか、往復3万弱の新幹線にするかで迷っています。2万円近く違うのは大きい。2万円あったら……この文章を読んでいる皆さんなら、2万円でナニをするかは言うまでもないですね(笑)

 上京は週末ですから、空席がなくなっても困るので、今日明日にチケット予約は入れないと、とは思ってます。どーすっかなー。ちなみに土曜は学友Kくんとラジオの公開収録&飲み。翌日は未定。未定ですが、十中八九、中山競馬場に行くと思います。メインが北総S(1600万下)ですが……。一週早ければJCだったのに。うーん、残念。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

16年浦和記念回顧

☆浦和記念予想結果☆
◎ケイティブレイブ……圧勝
○ストロングサウザー…9着
▲クリソライト…………2着
△メイショウヒコボシ…4着
△ハッピースプリント…3着

 展望で「◎○の3複2軸流しか、◎-○▲-△△△の3複Fで6点か。オッズを見てどちらかにしたい」と書いたのですが、最終的には後者を選択。そして、買い目を減らすために、大穴ダイヤノゲンセキは切ったのですが、それで正解だったようです。勝ったのはケイティブレイブ。古馬相手でも普通に通用しているのに、他馬から1~3kgもらいなら、そりゃ3500万円タダもらいですよ。クリソライトはかぶされず、スムーズな競馬でしたが、ケイティとの差はまったく詰まらず2着。3着は去年の勝馬ハッピースプリントでした。まだ終わってはいない。メイショウヒコボシは3馬身ほど出遅れたのも響いてか4着。2人気ストロングサウザーは、調教も悪かったらしいですが、ズルズル下がって9着と大惨敗でした。

 ケイティブレイブは小回りの地方が合っているし、番手での競馬も板についてきました。クリソライトに完勝したことで、いよいよGIと行きたいところですが、大賞典はおそらく賞金不足ですし、ユタカもアウォーディーがいるので乗ってくれない。名古屋GP→川崎記念が現実的でしょうし、期待したい。それにしても今年のユタカは地方で9-2-1-0と勝率75%、複勝率100%。強すぎる。そして、この浦和記念の勝利で、交流重賞100勝も達成しました。交流重賞未勝利で引退する騎手が大半なのに、一人で100勝。途方もない。まあ、GIを100勝する人だから不思議でもないのか(笑) 次世代のダート戦線を担う馬でしょう。他の3歳ダート馬は賞金が足りないですしね。

 クリソライトは斤量面でラクではなかったですが、ほとんど持ったままで4馬身もちぎられてはそういう問題ではない。今後はこのぐらいの面子と戦っていくのでしょう。ただ、気性が難しく、安定感がないので、軸というよりは常にヒモという感じ。ハッピースプリントは、今年は冴えない結果が続いていましたが、ここで馬券に絡みました。前走よりは面子が上ですが、浦和も合っているんでしょう。前年の勝馬は抑えないとダメですね。ただ、もうGIでどうこう言う馬ではなくなってしまったなあ。3歳時、少なくともナイキアディライト級と感じたし、それに近い結果も出しましたが、上回るほどではなかった。フリオーソ、アジュディミツオーとは行かなくても、ナイキアディライトは越えてほしかったんですがね。

 メイショウヒコボシは出遅れも響きましたが、それがなくても3着が精一杯だったように思います。現状は普通に走ったときのストロングサウザーといい勝負。そんなレベルだと思います。佐賀記念あたりなら侮れないか。そのストロングサウザーは途中からズルズルと後退して9着。すべての南関馬に先着されました。馬場掃除要員にしか思えないメジャーアスリートやヴァーゲンザイルにすら。調教がサッパリだったようですが、状態が全然良くなかったんでしょう。ちょっとこれは時間がかかるんじゃないですかね。一休みして、とか何ヶ月か空けば変わるかもしれませんが。サミットストーンはメジャーアスリートとヴァーゲンザイルの間では、もう南関重賞も厳しいと思います。金沢に戻ればやれる……か?

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:2 | トラックバック:0 |

16年浦和記念展望

 今年の浦和記念は水曜日なんですね。南関重賞はだいたいが水曜日ですが、たまに火曜や木曜の日があるので危ない(笑) JBCクラシック→チャンピオンズC→東京大賞典というダートチャンピオン路線の谷間にあるからか、一昨年は南関勢が1,2,3着独占。去年も1,2フィニッシュを決めましたが、今年はどうでしょうか?正直、中央馬はここ数年よりもコマがそろっている印象を受けますし、逆に南関勢は去年、一昨年の勝馬がいますが、どちらも近走が冴えない。果たして?

1. メイショウヒコボシ…2走前に準OP勝ち。前走はみやこSで0.8差5着。オープンでやれる目処はついたかも。小倉や福島で実績があるようで、小回りは向いてそう。内枠もいいんじゃないでしょうか。

2. タマモホルン…今年に入って、準重賞を2勝。ただ、2走前のオーバルSPで8着に沈んだように、交流重賞で馬券になるには力不足かもしれない。逃げ馬ですが、この面子では先手を取るのも容易ではない。

3. ミッキーヘネシー…無理。

4. ハッピースプリント…去年の勝馬ですが、以降6,7,6,7着。特に前走は2年ぶりの南関馬限定戦だったのに完敗。斤量は言い訳にならない。今回もGI馬クリソライト以外は同斤量か1kg増ですから。ここが正念場。

5. サミットストーン…一昨年の勝馬で去年は2着。こちらもそれ以降勝っていません。コース適性を生かしてどこまで、というところでしょうか。もう8歳ですし、一叩きされて激変も考えにくい。

6. ケイティブレイブ…前走の白山大賞典で古馬を一蹴。地方ダートは3戦して2勝2着一回。鞍上・武豊も今年の地方成績8-2-1-0で勝率72%、連対率90%、複勝率は100%です。3歳なので斤量も軽い。ここも勝ち負け。

7. ダイヤノゲンセキ…春先に障害未勝利を勝って、そこからの移籍。半年の休み明けは気になりますが、元・中央OP馬だけに、不気味な存在に思えます。

8. ヴァーゲンザイル…無茶。

9. クリソライト…チャンピオンズCにも出られたろうに、こちらを使ってきました。王道路線に見切りをつけ、勝てるところを勝ちに来たという印象。前走と前々走でもそうですが、ハデに勝って、ハデに負ける馬。ここなら侮れない。

10. メジャーアスリート…論外。

11. ストロングサウザー…佐賀記念、マーキュリーCと重賞2勝。前走は白山大賞典3着。前走の勝馬と再戦ですが、前走は同斤なのに、今回は1kgあげないとなりません。大崩はなさそうです。

地方馬が活躍するレースですが、中央の面子が手薄かつ勢いのある地方馬が順当に馬券になっている感があります。連勝中だったり、南関重賞勝った直後だったり、交流重賞で掲示板に載っていたり。中央馬が上位人気になるので、地方馬は5~8人気になりがちですが、ありえないような馬は来ていない。今年の地方馬は前走勝利は障害未勝利勝ちから半年ぶりのダイヤノゲンセキのみ。この面子だと去年、一昨年の勝馬だけにハッピーやサミットもヒモとしてはそこそこ売れそうで、妙味もなさそうだなあ。

 軸はケイティブレイブで仕方ない。鞍上も地方では鬼。ミルコはもちろん戸崎もまったく寄せ付けない。相手探し。その相手も残りの中央3頭とハッピー、サミット、超大穴でダイヤノゲンセキ。なかでも安定感を考えればストロングサウザーで仕方ないように思えます。クリソライトは勝ちきってもおかしくないけど、ナゾの大敗でダイヤノゲンセキに先着されても驚かないです。ムラっぽいし、被されるとこれもモロい。外を引いたのは良かったとは思いますが。

◎ケイティブレイブ
○ストロングサウザー
▲クリソライト
△メイショウヒコボシ
△ハッピースプリント
△ダイヤノゲンセキ

 ◎○の3複2軸流しか、◎-○▲-△△△の3複Fで6点か。オッズを見てどちらかにしたい。クリソが壮絶に飛んで、◎○△(ダイヤノゲンセキ)なら万馬券にならないかな……?

テーマ:南関東公営競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

16年マイルCS回顧

★マイルCS予想結果★
Bサトノアラジン……5着
Bサトノルパン………ビリ
Bマジックタイム……8着
Bヤングマンパワー…16着

 上記のように「枠連」で買いました(1,3,5BOXと5-5)。全然自信がなかったし、マイルCSよりダービーGPのほうがよっぽど自信があったので。実際、マイルCSはハズレ、ダービーGPは当たりました。回収率向上だけを考えるなら、マイルCSはケンで、マイルCSの分のゼニもダービーGPに回せば良かった訳ですが、なかなかそこまでドライにはなれないなあ。小銭で遊んでいるだけなので。でも、後味の悪いレースになりましたね。

 ミッキーアイルが逃げ切ってGI2勝目をあげましたが、大斜行でディサイファは立ち上がってユタカは落馬寸前。ユタカだから落ちなかったけれど、若手騎手ならあるいは落ちて大惨事になりかねなかったかも。浜中はウイニングランもせず、4週間の騎乗停止。俺はイスラボニータも消していたので、馬券的な諦めはつくのですが、枠連1-4も買っていたらそれこそふざけるな!と思ったでしょう。被害馬は1枠2頭と3枠ダノンシャークだっただけに。ミッキーアイル自体は展開を作って、よく粘っただけに今後の活躍も期待できるのですが……ケチがついてしまいました。

 イスラボニータはよく差を詰めてきましたが2着。古馬になってから2着2回、3着3回、5着3回、9着2回。堅実に走ってますが勝ちきれない。父フジキセキはあっという間に引退しましたが、産駒は息の長い活躍馬が多いですね。まずはどこかで重賞を一つ勝って欲しい。ネオリアリズムも斜行のあおりを受けた形。展開や馬場も向いたのでしょうが、モーリスに完勝した札幌記念はダテじゃなかったということでしょうか。4,5,10着馬は不利がすべて。不利がなければミッキーアイルに先着できたかはわかりませんが3着もなかったかといえばどうでしょうか?

  結果的に2,3人気馬で決まったので、降着がなくて助かった人は少なくないかと思うのですが、イスラボニータとネオリアリズムの馬連、馬単を持っていた人は降着しやがれ!と思ったはず(笑) 良し悪しは一言で片付けられるほど簡単ではないけれど、俺は以前のルール(降着・失格制度)のほうが納得はできました。それで儲けたことも外れたこともありますが。たとえばですが、その年度、あるいは直近1年で制裁点数が過大な騎手はGIには乗れないなどの制裁もあっていいような気がします。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『晩秋ふたたび』

『晩秋ふたたび』

陽のかげりは早くなり

夜中に響く白鳥の声

葉は紅くなり落ちていく



もうすぐ終わるこの一年

哀しくなるのはなぜだろう



吐く息はもう真っ白で

予感するのは白い雪



冷えないように靴下を

冷えないように手袋を

心までは冷えないように


2016年11月10日作
2016年11月20日ラジオNIKKEI『私の書いたポエム』放送分

テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

16年マイルCS展望

 ここ3ヶ月ほど+-0で持ちこたえて、回収率だけ上がってきていたのですが、ここ1週間ほど中央・地方ともに連敗。JBC3レースで普段より、金額も気持ちも強く勝負したのに、冴えない結果だったのが良くなかったのかな。年末に向けて、+-0ではなく、具体的に5000~10000円は勝って、回収率90%越えで景気よく年末、来年へ向かいたいところです。競馬と関係ないですが、身体の検査もして、性病でも重篤な内臓疾患でもなく、脂肪肝気味ってだけだったし、「天高く馬肥ゆる秋」ですが、俺は急ピッチで絞っています。有馬記念ごろには-10kgにする勢いで(笑)

◇チェックポイント◇
・13人気以下/単60倍以下…ダノンシャーク、テイエムタイホー、ウインプリメーラ、ダコール、クラレント、サンライズメジャー
・重賞2勝未満の3歳馬…いない
・連勝中以外の7歳以上馬…ディサイファ、スノードラゴン、ダノンシャーク、フィエロ、テイエムタイホー、ダコール、クラレント、サンライズメジャー
・前走で重賞5着以下の牝馬(できれば連対)…いない
・前走が重賞以外で負けている…いない
・前走で条件問わず10着以下/1.0以上差…テイエムタイホー、ダコール、クラレント、サンライズメジャー
・GI馬以外で中3ヶ月以上…ネオリアリズム

 残ったのは、サトノアラジン、ロードクエスト、ヤングマンパワー、イスラボニータ、サトノルパン、マジックタイム、ミッキーアイル、ガリバルディの8頭。消した馬は重複して消去対象になっている馬が多いです。高齢、近走不振で不人気。荒れる要素もありそうですが、大穴が突っ込んできて……ではなく、4,5,6番人気で3連がつくとかそんな感じではないでしょうか。5枠2頭なんてものすごく怪しい。

 展開を考える。前走こそ逃げ切りですがウインプリメーラは逃げないとダメってわけじゃないですし、逃げるのはミッキーアイルでしょう。ただ、外を引いたのがどうなのか?NHKマイルCを逃げ切った馬でもありますが、最近はスプリント路線。NHKマイル後のマイルGIは3戦してどれも大敗というのは気になります。でも、そう思われるがゆえに、近走がGIで連続2着で、その前は1400重賞勝ちなのに人気はさほどでもなさそう。

 ヤングマンパワー、サトノルパン、マジックタイムは外国人騎乗ですし、問答無用で買い。抜けた人気になるでもないし。イスラボニータは買わないのか?ということになりますが、去年買って失敗したし、某アナの落雷予想に当たっているので軽視。ガリバルディはこの血統で、この鞍上。良くて兄(マルカシェンク)並みのような。「兄より優れた弟なぞいねえ!」という名言(というか世迷言)もあるので、それにしたがってみたい。

 ロードクエストが非常に悩ましい戦績で、人気も悩ましいポジション(単10~15?) ただ、3歳でここを勝ち負けした先例と比べると、どうにも安定感に欠けます。内枠を引いたのもこの馬には良くないような。あとは京都は土曜雨模様のようで。日曜は晴れのようですがパンパンにはならなさそう。

Bサトノアラジン
Bサトノルパン
Bマジックタイム
Bヤングマンパワー

 この4頭BOXで。1人気で前哨戦を制したサトノアラジンとあとは外国人騎手。バルザローナ、ルメール、デムーロ、シュタルケ、アッゼニ、ムーアと6人もいます。これで外国人騎手が一人も連対しないとは考えにくい。むしろワンツーさえ濃厚と思います。またデムルメなのか、デムーアなのか、あるいはデムザローナやルメタルケ、ルメーアかもしれない(錯乱w) まあ、ルメールのイスラボニータは切ってますが、怖くないと言ったらウソになる。でも、ちょっと人気になりすぎかなあ。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ユキとユメ

 普段、俺はあまり夢を見ないのだけれど、ここ数ヶ月、いや半年かな。たびたび見る夢がある。なぜか高校生活を送っている夢。見た目は高校生、中身はおっさんなので、当時持ち合わせていなかった社交性を持っていて、ばら色の高校生活。でも、中身がおっさんだとバレてはいけない。そんなシチュエーション。ナニ、そのコナ○みたいな話と思われるでしょうが、そういう夢を見ています。でも、いい夢じゃないんだよなあ。よくわからんが、正体がバレそうになってヤバイ!これは夢だ!夢に違いない!というところで目が覚める。高校生に悔いがあるからというのがたぶん一因。毎日、中高生と接しているのも一因。でも、ヤバイ状況で終わるのはなんなんだろうなあ。そして何度も繰り返し見るということもね。ちなみに俺の夢はモノクロです。カラーの人もいるらしいですね。

 先日、つぶやきにはうpしましたが、先週半ばの寒波で、弘前に初雪が……というか数センチ積もりました。夜、田の中の県道を銀デミで走ってたら猛吹雪ですよ。11月上旬だったのに。事故ってる車も見かけましたしね。正直、暑いのと寒いのなら寒いほうがマシだと俺は思います。熱中症で亡くなる人は毎年、両手の指じゃ足らないほど出ますが、寒くて死んだって話は普通聞かない。冬山で死ぬ人ぐらいでしょう。ただ、雪がやっかい。雪かきもしんどいし、夕方からの仕事なので、運転に気を使いますしね。去年は少雪で助かったけど、2年前、3年前と自宅間近で、クルマが雪にハマってロードサービス頼んだしなあ。うちの周りの除雪頻度が低いんですよ……。根雪(春まで融けぬ雪)が積もるのが一日でも遅れることを願うばかりです。

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

16年エリザベス女王盃回顧

★エリザベス女王盃予想結果★
◎ミッキークイーン……3着
○クイーンズリング……優勝
▲タッチングスピーチ…8着
△シュンドルボン………6着
△パールコード…………4着

うん、勝った馬はだいたい上位に着ている……が2着ヌケた。勝ったのは3人気クイーンズリング。結果論ですが、前哨戦を勝っていてデムーロ騎乗でこの人気は美味しかったなあと思います。距離に一抹の不安がありましたが、馬群を割って33.2の末脚で、先行して粘る12人気シングウィズジョイを差しきりました。3着にジリジリ伸びた2人気ミッキークイーンが3着。連覇を狙った1人気の宝塚記念馬マリアライトは、ジリジリとしか伸びず6着に沈みました。

 終わってみればまたデムルメか……多くの人が感じたと思います。クイーンズリングはデムーロ騎乗が大きいですが、前哨戦を完勝ですし、休み明けだの高速馬場が不安だのという他の上位人気馬よりは信頼度も勝っていたといえそうです。距離がどうか?と思わないでもなかったですが、去年の秋華賞2着で、府中牝馬勝ちなら、京都2200は何の問題もなかった。キレますが、重でも実績あるように、力のいる馬場もこなすでしょう。次は牡馬相手でも通じるのか?まだまだ伸びシロがありそうです。

 シングウィズジョイはスローの流れに上手く乗っていました。上がりも33.7でまとめていますし、これで差しきられるなら勝馬が上としか言いようがない。戦績を見ると坂のあるコースのほうが良いんじゃないかと思えたし、ここ2走を見ればルメールでも掲示板がせいぜい……じゃなかった。神ってるルメールなので、そんな馬でも僅差2着。デムルメの1,2ですが、地味にマンハッタンカフェ産駒の1,2フィニッシュでもあります。他にルージュバックもいます。死んだ種牡馬の子は走るといいますがホントだなあ。

 ミッキークイーンと浜中はコースロスなくソツのない騎乗でしたが、クイーンズリングにズバっと差され、粘るシングウィズジョイには届かず。展望で、「鉄砲は2着までで勝っていない」と書きましたが、今日は3着。本質は叩き良化型なのかもしれません。マリアライトが来る馬場じゃないと思ったので、人気でもバッサリ切りましたが、馬場もそうですが、浜中に先に動かれて、蛯名は外を回して……これでは勝てるはずがない。1角でFによる不利も受けてますが、蛯名の位置取りもどうだったのかなあ?

 来年に向けた反省としては「やはり休み明けは軽視」「デムルメに逆らうな」これは大事。当たり前すぎて、忘れがちですがGIでは重要なことです。

 福島競馬も開催中で、福島記念もありました。ただ、触れたいのは福島記念ではなく、九州産馬限定戦があるのだから、東北産馬限定戦。いや、栃木県や千葉県なども含めて、東日本産馬限定戦があってもいいのにな、とときどき思います。福島で夏と秋に限定2歳新馬を1Rずつ、秋に未勝利を1Rでもいいのでさ。東日本では青森の生産頭数が一番多いけれど、それも年間100頭を切るほどになっているようで。20年前は400頭ぐらいだったようですが。わけのわからん重賞を濫造するぐらいなら、地味でも馬産の裾野の維持で、こういう案があってもいいのにな、と思わずにはいられない。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『穴』

『穴』

ポッカリと空いた穴がある

普段は意識することもない

仕事中も、運転中も、そして今も



でも、穴はしっかり空いていて

ふとした拍子にハマってしまう

落ちないように、落とさぬように

強く意識していても



一度落ちたらたいへんだ

揺すって、つついて、転がしても

なかなか出てはこられない

意識したくなくても意識させられる



でも、そんな日々を繰り返すうちに

いつかは穴もふさがっていき

そんなこともあったなあと振り返られる

それが生きているってことなんだろう


2016年10月26日作
2016年11月13日ラジオNIKKEI『私の書いたポエム』放送分

【あとがき】
この穴は比喩ではなくて、
親不知を抜いた歯ぐきの穴です(笑)


テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

16年エリザベス女王盃展望

 今年もエリザベス女王盃の時期になりました。このレースはいろいろインパクトのあるレースが多いような気がします。03年は牝馬三冠すべて1人気で負けたアドマイヤグルーヴが牝馬三冠馬スティルインラブに雪辱。06年は無敗の牝馬二冠馬カワカミプリンセスが完勝……からの降着。08年ポルトフィーノがカラ馬で完勝……当然ですが失格w 09年は大逃げ2頭がそのまんま逃げ切り。10年はスノーフェアリーがすんごい脚!11年も間からスノフェアリッ!!今年はどんなレースになるんでしょうね。ここ数年は割とふつーな結果となっていますが。ここ数年、当たっているので消去法もそのまま流用です。

 この消去法ですが、特記ない限りは最低でも過去10年の連対馬を対象としています。そして特記ない限りは例外ゼロです。例外があるときは触れています。それとあまり特殊な条件を設けないようにしています。結果、大して絞れないこともあるのですが、「買う馬」というより「買えない馬」のピックアップに使っています。まあ、絞り込んだ先の買い方が外れることがけっこうな頻度で起こっているのは、この文章を読んでいる貴兄ならご存知のはず(笑) でも、エリ女は割りと相性がいいから、きっと今年も当たると決めているのです。

 ◆チェックポイント◆
・前走が牝馬限定戦で7着以下/7人気以下: メイショウマンボ、シングウィズジョイ、デンコウアンジュ、アスカビレン、シャルール
・ 古馬で前走が重賞ではない: ヒルノマテーラ、プロレタリアト、マキシマムドパリ、プリメラアスール
・ 8人気以下の3歳馬:デンコウアンジュ
・7歳以上: いない
・ 京都芝を複数回(GIを除く)走って連対歴がない:プリメラアスール
・ 中3ヶ月以上:ミッキークイーン、タッチングスピーチ

 残ったのは、マリアライト、クイーンズリング、シュンドルボン、パールコードの4頭のみ。ミッキークイーンもタッチングスピーチもぶった切っての4頭ならもうBOXで何の問題もない……ですが、ミッキーとタッチを切っていいのか、自分で設定した消去法に不安を感じます(笑) 複数項目に引っかかっているならともかく、休み明け。その一点ですから。タッチングスピーチには世界のGI請負人・ムーア騎乗。ミッキークイーンは去年のJC以外はすべて連対。調教でも非常に動いています。ただ、鉄砲では勝っておらず2着まで。ううむ、悩む。

 それと去年の勝馬マリアライトですが、この馬自身は33秒台、32秒も繰り出した実績はあるものの、そのときは連対すらなく、連対しているときは34秒、35秒と上がりがかかったときだけ。兄がクリソライト、弟がリアファルですし、明らかにパワーが勝ったタイプ。ディープ産駒というより母父のエルコン産駒っぽい。良馬場じゃないならこれで鉄板とも思えるのですが、良馬場必至。ただ、ミッキークイーンも勝ったときは34.0以上で、33秒台のときは2着まで。35秒台なら完全にマリアですが、34秒台はミッキー有利な気もします。

 と書いたように、人気のミッキークイーンとマリアライトはタイプが違うので、これが両方来る展開になるとは考えにくい。加えてデムーロとムーアがどちらも来ないというのも考えにくい。ルメールもいますが、シングウィズジョイでは力不足。

◎ミッキークイーン
○クイーンズリング
▲タッチングスピーチ
△シュンドルボン
△パールコード

 今日の最終が芝2200の同条件でしたが、1000万下でも33秒台で決まっています。無論、ペースの違いもありますが、ハイペースにならなければエリ女も33秒台でしょう。何がなんでも逃げたい馬もいませんし、ペースも落ち着くんじゃないでしょうか。そう思うとマリアライト向きの展開にはならなさそう。1人気ですが切り。逆に休み明けですが、調教は動いていますし、ミッキークイーンを軸。馬複◎-○▲△△。念のためにデムーア馬券の○▲も抑えての5点で。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ねぶメンテ3~フォワグラマンと桃色脳細胞~

 11月に入ってから朝晩の冷え込みがだいぶキツくなってきました。先日、青森市では初雪も舞ったようです。あちこちの指導先で風邪をひいている子も見かけます。かくいう俺も風邪をひきかけました。すぐに風邪薬を飲んだので、悪化する前にやり過ごすことができましたが……。今日、11月9日の弘前市の最高気温は4度、最低は2度らしいです。ただその後は最高15度まで上がる日もあるようで、寒暖の差が激しい。いつ積雪に見舞われるかわかりませんので、既に冬タイヤ(ピレリ・アイスアシンメトリコの2シーズン目)に交換済み。以前の冬タイヤは夏タイヤから交換したときに、フニャフニャと腰くだけ感を感じたものですが、最近のものはそんなこともないですね。むしろ冬タイヤのほうが走りなめらかで、乗り心地もいいような気さえします(笑)

 風邪は悪化する前にやり過ごしました。そして、肝臓も投薬治療の前にやりすごすことができそうです。入院はないだろうが、通院だろうなあと思っていたのですが、肝臓がしもふり状態。フォワグラマンって感じではあるのですが、それ以外はなんら問題がなかった(笑) 街の健診ではなく、大学病院で血液を細かくチェックしてもらいましたが、気がかりだった肝炎でもなかった。性病に思えた症状はなんだったのか……?いつの間にか筋肉痛や関節痛も治まっています。検査もしたわけだし、検査後にエロいこともしていないし、良いということにしておこう。肝臓は痩せればそれでいいようです。現在184cm、86kgって感じですが、理想は79kg。少なくとも82kgまでは落とさないといけない。3ヶ月後に血液検査という名の再テストがあるので。

 大学病院なので、治療だけではなく、教育・研究機関でもあります。そのため?俺のエコー検査は女子大生(医師や技師のタマゴか)に観察されるハメになりました。中年太り気味の腹を何度も大きく膨らませて、そこで息を止めて下腹部の映像をとっていましたが、ちょっと羞恥プレイですよ。思わずこうふん……しません。そういう嗜好はないので(笑) まあ、高校時代に体験した直腸検査ほどではないけれど。あれは、ホント羞恥プレイでしたね。検査中にナニを考えているんだろうね(笑) ああ、問題があるのは風邪でも脂肪肝でもなくて、ピンク色の脳細胞のようです。 

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

16年JBCクラシック回顧

☆JBCクラシック予想☆
◎アウォーディー……優勝
◎コパノリッキー……5着
△ホッコータルマエ…2着
△ノンコノユメ………4着
△サウンドトゥルー…3着

ちょっと間が空きましたが、JBCクラシックの回顧。結局JBCはこのクラシックしか当たりませんでした。3つとも当てるって難しいなあ。JBCデーのトリプル馬単(対象レースはJBC3レース)でも15万円(50円での払い戻し)もついている。レディスが1人気→4人気、スプリントが3人気→1人気、クラシックが2人気→3人気で、15万。来年のJBCデーはトリプル馬単で勝負してみるのも面白いかもしれません。最少購入単位が50円なので、60通り買っても3000円。問題はSPAT4でしか買えないのですが、地方競馬は楽天競馬でばかり買っているので、俺のSPAT4の口座が無くなってるかもw

 勝ったのはアウォーディー。ダートで6連勝。重賞5連勝で一気にJpnI馬に上り詰めました。2着にロケットスタートから粘りを見せたホッコータルマエ。3着に差してきたサウンドトゥルーでした。1人気のコパノリッキーはスタートがいまひとつだった上、タルマエにロケットスタートを切られ、サミットストーンもハナを主張するなかで、逃げ損ねてしまい、終始アウォーディーに被されるという、完全な負けパターンで5着に沈みました。地方馬の最先着は6着のユーロビート。ただし、5着コパノリッキーとは7馬身も離されています。うーん……。

 アウォーディーは新旧交替を告げる勝利だったと思います。他馬が凡走しての勝利ではなく、コパノリッキーを負けパターンに追い込み、得意の条件、叩いて上積みを見せたホッコータルマエをねじ伏せましたから。ユタカは「次は中京で会うォーディー(笑)」と言っていました。中京で勝ったら、「大井で会うォーディー」と言うんですかね?中京の舞台でも、今回の面子には負けないでしょう。他に何がいるかといえば、前走で破っているとはいえ、フェブラリーS馬モーニンか。チャンピオンズCでも連勝は続くか注目。妹や弟よりも脚質にも距離にも融通が利くのが大きな強み。

 ホッコータルマエはチャンピオンズC、東京大賞典の2戦で引退らしいですが、川崎記念も使えばいいのにと思わないでもない(笑) 負けはしたものの、今回はタルマエらしい粘りや立ち回りのウマさを発揮したと思います。負けたのは勢いの差か。衰えが気になったのですが、今年の初めからは衰えてない。川崎記念と同様にサウンドトゥルーの追撃は振り切っていますしね。4,5,6,7歳とJpnIを勝ち続けたのは立派。ドバイにも3度も挑みましたしね。ドバイWCに3度も挑んだ日本馬はいないのでは。あと2戦、正直勝てないとは思いますが、ヒモには警戒。

 サウンドトゥルーとノンコノユメはセットで伸びてきます。ほぼ毎回。どちらにも言えますが、他力本願タイプでレースを作れない弱みが否めない。今回はコースや距離も考えて、どちらも普段より前目、4,5番手で競馬をしましたが、結果、どちらも前を行く馬と同じような上がりしか使えませんでした。なし崩し的に脚を使わされてしまった。ダート、それも小回りの地方じゃどうしたって差し追い込み馬は、よほど展開に恵まれないと勝ちきれそうにない。クリソライトは負けすぎ。逃げたサミットストーンにも先着では、そりゃ浦和記念に登録したくもなるわけです。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『橋』


『橋』

前人未到の地の前に

横たわるのは大きな川

向こうに見えるのは

希望という名の蜃気楼



渡るのは無理だと誰もが言う

それでも渡ろうとした想いを

渡らない人がどうして笑えるだろうか?



簡単に渡れる川じゃない

飲み込むような渦巻く川

水面から見えるのは

成りそこねた夢の残がい



他を目指すべきと言うけれど

そこで諦めてしまうのならば

残がいが本当の無駄になりかねない



無駄にするのも活かすのものちの人

たとえ、ヨコの想いがとどめても

一方で、タテの想いが背中を押す



向こう岸へ届くその時までは

無駄に思われた残がいでも

届いた時には橋となる

想いを繋いだ橋となる



2016年10月5日作
2016年10月18日加筆修正
2016年11月6日ラジオNIKKEI『私の書いたポエム』放送分

※これ、今週、放送されたら困るんですよーーーーー。
 特番のコンテスト用の作品だったのに。
 だから、あえて手書きの封書で送ったわけで。
 スタッフの手違い?ああああああああああ!!!!

テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

「憲法改正は 慎重な論議を」

 憲法改正問題が毎日のようにニュースとして取り上げられている。70年以上前に起草された憲法は、確かに時代にそぐわなくなってきた面もある。自主制定の憲法ではないというのも確かにそうであろう。しかし、自主制定かそうでないかがそれほど重要なことであろうか。自主制定かどうかと、良しあしはまったく別の話だろう。たとえお仕着せの憲法だとしても、今を生きる日本人の多くが不都合を感じていないのならば、大きな問題ではないのではないか。
 ◇他国による領海・領空侵犯については、憲法を変えずとも毅然とした対応を取れば良い。果たして改憲すれば、脅威に対して断固とした措置を取れるのだろうか。直ちに論議されるべきなのは、憲法改正でも集団的自衛権でもなく、当然に存在するはずの個別的自衛権の使い方だろう。
 ◇国政、地方政治を問わず、不祥事を起こす議員は絶え間なく現れる。国民の政治家への不信感は日増しに高まっている。信頼できない人たちにどうして国家の最高法規を改めさせることができるだろうか。為政者にとって都合の良い憲法に改められることを最も危惧している。

(2016年11月4日東奥日報夕刊掲載)

テーマ:時事ネタ - ジャンル:ニュース

ねぶの投稿マシンガン | コメント:0 | トラックバック:0 |

16年JBCレディス&スプリント回顧

 JBCデーが終わりました。リニューアルされた川崎競馬場には3万人近いお客さんが来て、大盛況だったのがテレビ画面越しにも伝わりました。スプリントこそ前年の売上を若干割ったようですが、レディスとクラシックは売上増加で、JBCデーの売上レコードを更新したそうで何よりです。JBCをきっかけに地方競馬ファンも増えてくれればと想います。基本的に出走頭数が多くないし、力関係が分かりやすいレースが多いですから、本命党にはオススメです。逆に穴党は……海外競馬がいいのかも(笑)

 レディスとスプリントの予想には自信があり、クラシックの予想に自信がなかったのですが、結果はレディスとスプリントは外れて、クラシックだけ当たりました。と言っても微々たる儲けなので、レディスとスプリントの負けをとても相殺できませんでしたが。なんか、例年、クラシックだけ当たっているような気がします。スプリントはロクに当てたことがないような……?来年こそ3つとも当てるぞ!来年は……また大井か。浦和でもやればいいのにね。

★JBCレディス予想結果★
◎ホワイトフーガ……優勝
○トロワボヌール……5着
▲トーセンセラヴィ…3着
△タマノブリュネット4着
△アムールブリエ……9着

 前哨戦でまさかの敗戦を喫した女王ホワイトフーガでしたが、本番ではきっちり巻き返して完勝。2着に初ダートの昨年の桜花賞馬レッツゴードンキ。3着に浦和のトーセンセラヴィでした。以下タマノブリュネット、トロワボヌール。タイニーダンサーは7着、アムールブリエは9着と大敗しました。

 ホワイトフーガは若干、行きたがる場面も見られましたが、2,3番手追走から、直線ではにげるレッツゴードンキを容易に捕まえて完勝。このレースを連覇しました。連覇はミラクルレジェンドに続いて2頭目。まだ4歳ですから、メンバー次第では3連覇も期待できるかもしれませんし、牡馬相手の交流重賞での活躍も期待したい。

 初ダートを嫌って買わなかったレッツゴードンキ。スタートは早くなかったけれど、押してハナを奪うことに成功。ブルーチッパーもいましたが、無理なく逃げられた印象。先行力のある馬は初ダートでも侮れないですね。芝ではアタマ打ちの感もありますし、今後は本格的にダート交流路線に参入してくるのかも。

 時計面では通用していいと見たトーセンセラヴィは、1,2着馬には離されたものの3着をしぶとく確保。南関重賞なら楽勝でしょうし、ホワイトフーガがいなければ、グレードレースでの勝ち負けも期待できそう。母が南関移籍後大活躍したトーセンジョウオーですから、母のような活躍を期待したい。

 前が止まらない流れでタマノブリュネットは弾けませんでした。まあ、どこかで重賞をまた勝つ機会はありそうです。トロワボヌールが案外でした。二走ボケ?あるいはもう6歳ですし、故障もあったし、去年、一昨年ほどの力はないのかな。タイニーダンサーは距離もあるでしょうが、早熟という印象を強く感じました。

 アムールブリエは見せ場一つなく大惨敗。去年、1800でも距離不足を見せた馬。1600はまるで合わないようです。ズブい。(浦和記念)→名古屋GP→川崎記念(エンプレス盃)→繁殖入りでしょうね、たぶん。牝馬でダートのステイヤーというのはいかにも使いどころがむずかしい。

★JBCスプリント★
◎ベストウォーリア…2着
○ソルテ………………6着
▲コーリンベリー…3着
△レーザーバレット…4着
△ドリームバレンチノ10着

 内枠でかぶされて前走の二の舞となるのではと危惧したダノンレジェンドでしたが、まずまずのスタートを切ると押して押してハナを奪いきることに成功。1角過ぎからは快調に一人旅。こうなると強さを発揮して、2着ベストウォーリアを並ばせることなく逃げ切って完勝。悲願のGI制覇。3着に伸びずバテずでコーリンベリー。以下レーザーバレット、サトノタイガー。地方の期待を一身に背負ったソルテは失速して6着。前哨戦を制した一昨年の勝馬ドリームバレンチノは中団から垂れて10着でした。

 未完の大器・ダノンレジェンドが重賞9勝目にしてついにJpnI制覇。長かった。ただ、この馬、かぶされるとモロい面がありますし、出の悪いところもある(鞍上もそうなので二重に)。今後は斤量も背負わされますので、安定して勝ち続けるかといえばそうでもないでしょう。たまにポカがあるので、馬券的に過信はしづらい。陣営からは海外も、という声もあります。来春はドバイでしょうか。春先、黒船賞まで適鞍もあまりないですしね。さすがにマイルは長そうですし。

 ベストウォーリアは安定感ありますし、この馬なりの力は出し切っていますが、勝馬に振り切られました。まさに門番。この馬に勝てない馬はGI馬にはなれない(笑) 6歳ですが3歳時から変わらぬ強さを保ち続けています。エラい馬です。コーリンベリーは逃げ馬に大外はキツかった。3,4番手に控える形で格好はつけましたが、力を出し切れなかったかもしれません。1年前はチャンピオンズC→フェブラリーSと使いましたが、マイルは長い。でも、小回りならごまかせそうな感じもしました。

 ソルテはダノンレジェンドのペースについていけなかった。あれ以上飛ばせばダノンと共倒れになったのかもしれませんが、結果、単騎逃げを許してしまいました。吉原騎手は不完全燃焼だったようです。サトノタイガーに先着され、オグリタイムと1馬身差なんて力じゃないのは明らかなだけに。巻き返しに期待したい。逆にサトノタイガーは頑張りました。でも、相手なりに走るタイプで、このあと、笠松グランプリとか参戦しても2,3着に負けるのが定め(笑)

 レーザーバレットはこの馬の競馬をして、この馬なりの力は出したと想います。このあとは兵庫でしょうね、きっと。そこでは勝ち負けでしょう。3歳春にUAEダービーに挑戦した馬が8歳秋でもこれだけ走ってる。頑張ってますよね。同じような位置にいたはずのドリームバレンチノは垂れてしまいました。岩手のシークロムだの馬場掃除要員のメジャーアスリートと大きな差がない10着。故障などでなければいいのですが。ソルテ以上に不可解な大敗。気になります。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

16年JBCクラシック展望

 レディスとスプリントの展望を書いていたら力尽きました(笑) クラシックこそがメインなのに簡略展望です。スプリントはそうでもないのですが、クラシックはリピーターがとにかく多いです。過去2年もコパノリッキーが連覇しており、今年は3連覇がかかっています。JpnI3連勝中と、過去2年よりも勢いがありますね。

 前日オッズでは、アウォーディーが1番人気。ダートでは無敗。前走はフェブラリーS馬モーニンを叩きあいの末にねじ伏せました。ただ、GI/JpnI馬でないのはアウォーディーだけですし、モーニンを破ったのは立派ですが、それ以外の一線級との対戦はここが初です。JpnI挑戦も初なので当然ですが、それでこの人気では妙味は薄い。

 ホッコータルマエは川崎記念を3連覇。今回は同じ舞台で条件はベスト。ただ、この一年は徐々に衰えを感じさせる印象。好走はありそうですが勝ち負けまではどうか?サウンドトゥルーは去年の東京大賞典勝ち。前がやりあってくれれば食い込む余地もありそうですが、前走はアウォーディーとモーニンとの差を詰められず。連下まででしょうか。

 クリソライトは韓国で圧勝。それを含めてGI2勝ですが、正直、この面子では正直、勝負付けがついてしまっている印象。短期免許の藤井騎手が新味を引き出してくれるかどうか。ノンコノユメが一番つらいかもしれません。休み明け、それもタマキン摘出明けというのは不安。脚質も不安。それなりに人気。うーん。

☆JBCクラシック予想☆
◎アウォーディー
◎コパノリッキー
△ホッコータルマエ
△ノンコノユメ
△サウンドトゥルー

 アウォーディーというよりも、JBCクラシックの鬼で、今年、ダート重賞勝ちまくりのユタカの手腕に期待してのアウォーディー本命。相手は実績上位のリッキー、タルマエ。リッキーは近走が最高ですし、タルマエはコース実績が上です。ノンコノユメ、サウンドトゥルーが両方来るのは考えにくい。来てもどっちかだけ。それもアタマはないと想います。クリソライトも怖いですが、基本的に堅いレースですからね……。

 馬券は馬単で、◎◎→△△△の6点。◎-◎で決まったら仕方ない。人気馬から入るなら3複よりは馬単のほうが良さそう。自信があるのなら3単がいいのでしょうが、なんかヌケてしまいそうなので馬単でいい。

テーマ:南関東公営競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

16年JBCスプリント展望

 いよいよ明日……というか日付が変わって今日、川崎でJBCの3レースが行われます。こう、1日にJpnIレースが3つもあるというのはやっぱりワクワクしますね。中央ではJCとJCダート(現チャンピオンズC)を同日にやっていたのをやめてしまいましたが、地方の場合、南部盃やかしわ記念でもかなしいかな、中央の条件戦並みの売上だったりするので、まとめてやったほうが注目されるし、相乗効果で馬券も売れるのかもしれませんね。川崎競馬場も新しくなったようですし、機会があれば行ってみたい。アブクマポーロの勝った99年川崎記念の1回しか行ったことないしね(いつの話だw) レディスクラシックの展望は書いたので、スプリントの展望です。まずは短評。

1. ダノンレジェンド…重賞8勝の実力馬ですが、最内は馬にも鞍上にも出遅れ癖があるだけに怖い。出遅れたら包まれてジ・エンド。そうでなくても1400はこなせてもベストではない。1400でも6-2-1-3ですが、1200は7-1-2-2ですし。それに前走で逃げて止まってしまった内容がイマイチで。軸にするのは怖い。

2.ベストウォーリア…南部盃3連覇は阻止されましたが2着。去年のJBCは1200、一昨年は2000とちょっと合わない条件でしたが、今回は左回りの1400とベストな条件。南部盃よりはメンバーも楽だと想いますし、鞍上の戸崎の勝手知ったる競馬場。勝ち負けは濃厚でしょう。

3.プラチナグロース…前走・東京盃は7人気で3着と中央一線級を相手に好走。ただ、左回りがあまり良くなさそうなのが気になります。1400よりは1200という感もあります。大穴で一考。

4.メジャーアスリート…無理。

5.レーザーバレット…前々走のオーバルSPを連覇。ソルテを差しきりました。重賞は3勝していますがすべて1400。というか重賞は1400でしか馬券になってない。そういう意味では中央勢でこの条件が一番合うのはこの馬のような気がします。条件が最適というだけで、力が足りるかは微妙ですが、微妙な人気で、乗るのはルメール。妙味はある。

6.ソルテ…さきたま盃勝馬。ここ3戦、グレードレースを使って2,1,2着。中央馬にヒケを取っていません。ただ、前走は勝ちきってほしかったのが本音。距離もコースも問題ないですし、地方馬(それも南関生え抜き)の意地を見せてほしい。吉原も他場、それもJpnIで、人気になる馬。超本気モードのはず。

7.サトノタイガー…一昨年の2着馬。その一昨年がピークだったような気がします。今年もさきたま盃4着など、重賞での好走がときどきありますが勝っていない。良くて掲示板までかと。緩やかですが、確実に衰えてきている印象があります。

8.シークロム…ホームの南部盃でブービーの馬が、アウェイのここでどうにかなるわけがない。

9.バーンザワールド…A2で勝ったり負けたりの馬がここで通じるとは思えない。

10.ドリームバレンチノ…一昨年のこのレースの勝馬。以来、斤量を背負わされることもあってか、好走すれども勝ちきれないでいましたが、前走・東京盃で2年弱ぶりの勝利。それも鮮やかに。元々小回り向きですし、JpnI馬のこの馬は斤量面も相対的にラクになる。9歳でも侮れない。

11.オグリタイム…この戦績では……。

12.コーリンベリー…昨年の勝馬。逃げたい馬だけに大外を引いてしまったのは痛い。それにダート1200は5-1-1-0と馬券を外していませんが、1400だと4-2-0-2と1200よりは良くない。去年のようなスムーズな競馬はできないと見ます。

 中央馬とソルテ以外は98%ない。残る1%はプラチナグロースが1%、その他1%ですかね。問題は川崎コースと1400と枠です。ダノンレジェンドやコーリンベリーにはプラスと思えない。ダノンレジェンドは斤量面も相対的に不利になるし、揉まれ弱いのに最内はつらい。勝ちきるかは半々と思いますが、戦って来た相手や安定感を考えれば軸はベストウォーリアが無難と思います。相手はソルテ、レーザーバレット、ドリームバレンチノか。レーザーバレットは人気の盲点になってますが、展開が向きそう。ダノンレジェンド、ソルテ、コーリンベリーがスローにするわけがないと思います。

◎ベストウォーリア
○ソルテ
▲コーリンベリー
△レーザーバレット
△ドリームバレンチノ

 買い目は◎の3複1軸4頭BOX。人気の組み合わせは厚くして強弱をつけます。ダノンレジェンドは枠が悪いし、展開も向きそうにないので軽視。

テーマ:南関東公営競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

16年JBCレディスクラシック展望

 俺にとって……というか地方競馬ファンにとっては北海道2歳優駿はもちろん、天皇賞・秋もJBCへの前哨戦にすぎません。メルボルンCなんて買う気も起きません。待ちに待ったJBCです。今年もいいメンバーがそろいました。いいメンバー過ぎて、JBCクラシックでは、今年のフェブラリーS勝馬なのに、モーニンが除外されてしまう始末。スプリントでもレーザーバレットが除外されそうになっていたぐらいで、これは目が離せません。まずはJBCレディスクラシックの展望から。牝馬ダートの常連、初ダートの桜花賞馬・レッツゴードンキらを、ララベル、トーセンセラヴィ、ブルーチッパーら南関勢がどう迎え撃つのか注目です。短評もしていきます。

1. トーセンセラヴィ…南関移籍後11戦10勝2着1回と完全連対。川崎は5戦5勝。まだA2クラスの馬で格下ですが、勢いがハンパじゃないですし、川崎1500で1分34秒前後で勝っています。時計的には足りてそうです。この実績でも大して人気にはならないでしょうし、複穴として面白そう。

2. ホワイトフーガ…去年の女王。唯一のJpnIを勝ってしまったために、斤量を常に余計に背負わされる立場になってしまった。それでもTCK女王盃、スパーキングレディCは完勝だったのですが、前走はスムーズな競馬でないとはいえ、トーコーヴィーナスと同着の2着で、タマノブリュネットに完敗。不安はありますが、川崎コースは2戦2勝ですし、距離短縮も向きそうです。大崩は考えにくい。

3. ケンブリッジナイス…南関どころか地方他地区での重賞でも勝ち負けが難しい現状では荷が重い。

4. リュウグウノツカイ…B2も勝てない馬は及びでない。時計も遅すぎる。3,4秒詰めないと(笑)

5. トロワボヌール…昨年3着、一昨年の2着馬ですが、故障休養明け2戦目。前走は府中1400で58kg背負って牡馬相手に0.7差7着。一叩きと思えば十分。状態面で叩いた上積みもあるでしょうし、アタマまではどうかと思いますが、馬券に絡んでなんら不思議はありません。左回りダートで連を外したのはその前走だけ。鞍上も川崎を知り尽くしている戸崎です。同父のアクティビューティと重なって見えます。

6. プリンセスバリュー…近走に勢いがありますが、重賞は2着まで。ただ、時計が遅いんですよね。川崎マイルで1分43秒前後。時計を2秒以上は詰めないと勝ち負けには遠い。厳しい戦いになりそう。

7. ララベル…休養明けのLプレリュードで差のない4着。4歳ですし、あまり使われてもいないし、叩いた上積みありそうですし、ゴールドアリュール産駒ですし、社台ですし。ただ、意外にも交流重賞は前走が初めて。川崎マイルも2歳時に1度走っただけ(ローレル賞1着) 読みにくい面もありますが、前走内容とその経緯、南関での実績を考えると連下ならあっていい馬。それなりの人気にもなりそうですが。

8. アムールブリエ…重賞5勝の実績馬。ただし、マイルは走ったこともなく、去年のこのレース(大井1800)も4着でした。川崎は2勝3着2回で問題ない。マイルの流れについていけるのか。それだけ。コース適性と実績で勝っても驚きませんが、また4着でも納得。軸にするには向かないような気がします。

9. ブルーチッパー…行くしかない馬ですし、距離はマイルがベスト。夏のスパーキングレディCではホワイトフーガの2着に粘り、タイニーダンサーはちぎっています。ただ、目標にされる不利は否めない。面子もそろっているだけに。

10. ユッコ…岩手で重賞を勝てず、Lプレリュード9着の馬が通用する道理はない。

11. タイニーダンサー…グレードレース3勝の実績馬ですが、古馬相手には苦戦しています。ここ3走、3着、2着、7着ですが、勝馬からの着差はどれも1.5秒以上離れてる。距離もあるのでしょうが、それよりも上が2歳から3歳春で打ち止めなんですよね。成長度に疑問を感じています。ルメール騎乗で売れるようなら、むしろバッサリ切りたい。

12. タマノブリュネット…1000万、Lプレリュードと連勝中。前走は鮮やかな内容でした。ただ、ホワイトフーガからは2kgもらいでしたし、末脚勝負の馬だけに、川崎よりは大井のほうが向いているように想います。前々走も新潟でしたしね。連下は十分でしょうが、オッズ的に買い難しい存在になるように感じます。

13. セイエスパーニャ…高知の世代重賞も勝てない馬はおよびでない。でも、ここでもまれる経験が、先につながるかもしれません。園田や笠松あたりでの地方重賞などで。

14. レッツゴードンキ…昨年の桜花賞馬。以降、重賞ばかりを使われて連はない。でも、ここ3走はいずれも0.2差と着差はわずか。ダート適性があれば……と言いたいところですが、初ダートがGI/JpnIという馬で好走するケースはかなりレアケース。こなせそうな血統ですし、岩田がこのレースと相性いいのが強み。人気がないのならヒモで一考でしょうか。

◎ホワイトフーガ
○トロワボヌール
▲トーセンセラヴィ
△タマノブリュネット
△アムールブリエ

 連軸としてホワイトフーガを信頼したい。オッズを見るまで買い目は決められませんが、3複なら◎-○▲-○▲△△の5点。○▲がそこまで人気しないでしょうし、ガミはないはず。馬複ならアムールブリエを切っての3点。こちらのほうがローリスクハイリターンが見込めるかもしれません。たぶん人気順は、ホワイトフーガ、アムールブリエ。ここまでは確実。以下、タイニーダンサー、タマノブリュネット、トロワボヌールという感じじゃないかと。こうして考えるといかに連勝してようが、トーセンセラヴィが人気になるわけないね(笑) ララベルやブルーチッパーよりも人気がないかもしれないし。でも、勢いあるし、良血だし、時計も足りてる。複穴でありそうなんですよね。


テーマ:南関東公営競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

16年北海道2歳優駿回顧

☆北海道2歳優駿購入結果☆
◎エピカリス…………大圧勝
○ストーンリバー……4着
▲ヒガシウィルウィン2着
△スウィフトハート…3着

 新馬、500万と5,6馬身差の圧勝のエピカリスが単勝元返し1.0倍に推された北海道2歳優駿でしたが、1.0倍も当然だったという大圧勝で重賞勝利を挙げました。2着のヒガシウィルウィンとは実に2.4秒差。3着にはスウィフトハート、前走で川崎へ遠征して重賞・鎌倉記念を勝った2人気ストーンリバーは4着。2~4着は道営の実績馬が入線。一頭取消で中央馬は3頭でしたが、ビービーガウディは5着、ララベスラーナは8着でした。荒れることも多いレースですが、今回は概ね人気通りの入線順と言ってよさそうです。

とにかく勝ったエピカリスの強さだけが目立ったレースでした。無理に逃げたわけでもなく、能力の絶対値が違いすぎるので、ハナになったという印象。3,4角で軽く仕掛けると、後続が勝手に離れていくような状態。大方のファンは圧勝だろうなとは思っていたと想いますが、想像のさらに上を行く圧勝劇。軽自動車のレースなのに、なぜか2000ccターボ車が混ざっているような感じ。大差だから当然ですが、最後は流していましたね。これから中央500万を勝つ馬もいるでしょうし、兵庫ジュニアGPもありますが、暮れの全日本2歳優駿ももはや通過点にしか思えません。ドバイでどれだけやれるのかを期待せざるをえない。ゴールドアリュール産駒ですし、エスポワールシチー、スマートファルコン、コパノリッキーらに続くのはこの馬。いやあ、強かった。モノが違う。

 他の中央2頭は1勝馬の上、時計や着差に見るべきものもなかったので、さほどの人気でもなく、実際、キャリアや実績豊富な道営馬の後塵を拝しました。重賞での経験を次に活かせれば、というところでしょうか。2,3着馬はこのレースと関連が深いサンライズCの1,2着馬、4着馬は先述したように川崎で鎌倉記念を勝っています。重賞実績のある馬が順当に上位にきました。今年の道営馬はどれか一頭が抜けているというよりは、それなりのレベルで混戦なのでしょう。おそらくは歳が明ければ、南関へ移籍するのでしょうし、南関クラシックをにぎわす存在になるのかもしれません。ただ、エピカリスとの差はたやすく埋まるものではない。今回の2-4着馬は次にどこを使ってくるんだろうなあ?兵庫かな。川崎へ遠征する気がなえてしまうでしょう(笑) 

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |