ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

みちのく一人旅~2017年4月東北縦断記4~

・4月17日
はし

 この旅行も最終日となりました。3泊4日なんてあっという間ですね。シャキっとさせるために、熱めのシャワーを浴びて、ホテルの軽い朝食を摂ってから、駐車場の銀デミに乗り込み、この日もロングドライブです。一人で(笑) 一昨年、宮城県女川町を訪れましたが、いつか再び来ようと公言したので、2年ぶりに訪れることにしました……が、途中に日本三景の一つ、松島海岸もあるのでちょっと寄り道しないのはもったいない。松島に来るのは5,6年ぶりでしょうか。月曜日の午前中ですが、外国人観光客や高齢者の団体などでにぎわっていましたねー。
うみ

 ただ、松島も護岸工事などが広く行われていました。建設作業者の姿も目立ちます。海辺を歩きながら瑞巌寺の五大堂へ。なんど来てもここの橋(写真参照)は脚がすくみます。だって、すき間が空いていて、そこから海面が見えますからね……。でも、ここからの景色はまさに松島って感じで、確かにきれいです。やや薄ぐもりの空模様でしたが、それでもきれいでしたよ。往路は宮城県南部や福島県の桜が満開でしたが、2,3日後のこの日は松島の桜も見頃でした。「松島」ですから、桜はそんなになくて、松が多いんですけどね(当たり前)
五大堂

 1時間ほど散歩したあと、松島から石巻を経由して女川町へ。石巻市内に入るとますますダンプカーだのショベルカーだのをよく見かけるようになりました。コンビニで一服してても、愛車の隣の車では、作業員の人が昼食を摂っているしね。特別、被災の爪あとを見なくても、それはヒシヒシと感じます。話は前後しますが、福島市内にも「避難住宅団地」なるものをいくつか見かけましたし。都市部じゃないから、お金も人もまわらず、徐々にしかインフラ復興なども進まないのかなあとも思ったりします。それが住民の帰還が遅れる、諦める要因のひとつかもしれません。
工事

 2年前、女川駅前はなんにもない更地でした。2年後、駅前は整然とした商店街となっていました。月曜の昼間ですが、駐車場からあふれる車もあるぐらいに。足立ナンバーだの函館ナンバーだの遠いところからの車もありました……って青森ナンバーの俺も同じですが(笑) 「おかせい」で女川丼(海鮮丼)の中盛(写真参照)を食べました。う、うまい!ボリュームもあるし、海の幸も本当においしかった!味噌汁はかに汁です。いやあ、これで1400円は安いわ(普通盛なら1300円) だからこそ、入店してから食べるまで20分以上待ちましたけど、それだけにぎわっているのは喜ばしいことです。土産に「高政」のかまぼこをいくつか買いました。これもおいしいですよ。濃密。
女川丼

 女川から工事の続く石巻市内を経由して、三陸道を経由して3時間半。水沢競馬場到着。水沢は薄暮競馬のような発走時間だったので、17時過ぎに10R、11Rがありました。できれば16時35分の9Rに間に合わせたかったんですが……。月曜日ですが、2年前、3年前の水沢競馬開幕日よりも明らかに人の入りは良いような印象。地方競馬の売上が伸びていると聞きますし、そのせいか?その2年前も3年前も負けてばっかりで、今日も負けるんじゃないかと思いましたが、10Rも11Rも3複的中。たいした配当ではないけれど、勝つには勝った。10Rのビービーガザリアスとか、そりゃ勝ちますよ。前走が黒船賞(ブービー)、3走前が川崎記念(ビリ)。戦ってきた相手が違いすぎる。
水沢競馬

 水沢競馬場はホント、昭和の香りが色濃いです。パドック上の出馬表も手書きだし、入口の真横がパドックです。というか、入らなくてもパドックは見られる(笑) 失礼ながらこんなローカルすぎる競馬場から、メイセイオペラは大成したと思うと感慨深い。南関4場はもちろん、名古屋競馬場と比べても場末感が強いですが、キライじゃないぜ?むしろ宮殿のごとき東京競馬場のほうが落ち着かないわ。ここ4年で水沢に3度も来ていますが、盛岡競馬場にもう10年も行っていません。今年は盛岡競馬にも参戦したいところ。弘前からなら盛岡のほうが近いですしね。マーキュリーCかクラスターCのどっちかには参戦したい。
水沢ねぶ

 土曜も日曜も月曜もお馬ちゃんで資金を増やしたのに、高速は使わずに黙々とR4を北上。20時前、盛岡到着。腹も減ってきたので盛岡か盛岡南のイオンの中で……と思ったのですが、R4沿いにも「ぴょんぴょん舎」があったので、そこで冷麺とキムチチャーハンを食べました。昼間の女川丼のような感動するほど……ではないけれど普通に美味しかった。盛岡でメシ食わないと、食べる場所が無くなりますしね。R282で帰るか、東北道に乗るか。食べながら、そして走り出してからも迷っていましたが、結局、下道(笑) R282→R103→R7と通過して帰還。R282→R7でもいいのですが、秋田・青森県境(坂梨峠)を真夜中走りたくなかったので、大館経由です。まあ、疲れてましたから。
冷麺

 いっつもこんな詰め込み旅ですが、今回は特に楽しかったなあ。おいしいものばかりたくさん食べたし、知らない街を友人と散策し、お馬ちゃんは俺の旅費をかなり浮かせてくれるし(笑) 秋冬になれば3泊4日で旅行するのはなかなか難しいですし、夏にでもまたどこかへ行けたらいいなと思ってます。泊りがけで、かつ安価にあげるなら新潟競馬参戦ですかねー。4日で1200km、38000歩。身体はけっこう疲れたけれど、気持ちはかなりリフレッシュできました。旅から4,5日経った今日も、なんか頭はスッキリしています。

スポンサーサイト

テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

ありがとう、福島!~2017年4月東北縦断記3~

・4月16日
 ホテルよりも旅館のほうがよく眠れます。和室は落ち着きますね。なんとなく「ポケモン」を眺めながら、スポーツ紙で日曜の競馬を予想。電車の都合上、9時40分に友人Kくんと再度合流。Kくんオススメの喫茶店、「会津一番館」で軽い朝食を取りました。いやあ、大正モダンって感じの喫茶店。コーヒーも深みがありつつもスッキリしたブレンドで美味しかったです。俺はトーストを食べたのですが、Kくんが頼んだケーキセットも良さそうだなと思ったり。いつか再び来たらケーキセットも食べてみたいところ。野口英世関連の展示なども2階では行っていたようです。

 食事を摂ると、鶴ヶ城に向かいました。桜はまだ咲き始めでしたが、かなり混んでいました。梅は満開でしたけどね。仙台でマン開だったくせにとか言っちゃダメだよ?(笑) 外国人観光客も少なくありませんでした。鶴ヶ城は現存天守12城ではないので、それがゆえに内部は整備されており、階段もそこまで急ではないし、展示物なども整然と展示されており、見回りやすかった。弘前城なんて階段がかなり急ですし、狭いし、お年寄りの観光にはおすすめしかねる面がありますから(仕方ないんですがw) 絶好の観光日和で最上階からの四方の眺めは見晴らしよかったです。

 このあとは酒屋でKくんが地酒を買い足して、ガソリンスタンドで銀デミを満タンにして、会津若松ICから磐越道、東北道をかっ飛ばして福島西ICへ。できれば、福島8Rのパドックで藤田菜七子騎手を撮りたかったんですが……間に合いませんでした。この日の動き出しが遅かったり、観光に時間もかけてしまったのもあるんですが、福島競馬場の駐車場が満車。周辺の有料駐車場も空きが少なくて、やむなくななこ撮影は諦めました。俺はもちろん最終レースまで参戦のつもりだったので、翌日は仕事のKくんと福島駅でお別れして、一人、福島競馬場へ向かいます。しかし、福島県のガス代は高いなあ。1L135円ですもん。4月14日の弘前は123円だったのになー。
福島競馬場

 撮影を諦めたのでちんたら散歩しながら15時ごろに福島競馬場入り。メインレースのパドック周回が始まっていたので、一通り撮影。写真はこの日の福島メイン・OP特別の福島民報杯で馬券になったマイネルミラノ、フェルメッツァ、サンデーウィザード。混戦ですが目下の勢いからして、サンデーウィザードは外せないし、あとは福島実績などを勘案して、テキトーに16点買いました。オッズも見ていなかったのでガミの組み合わせもあったのかな。マイネルミラノが直線で抜け出して、あとはサンデーウィザード!内田!内田!よーし!と一人絶叫。そんなにつかないかな?と思った組み合わせはなんと25110円もつきました。ありがとう、丹内!ありがとう、福島!
福島競馬場ねぶ

 ななこの撮影ができなかったことなどどうでも良くなりました。丹内くんで問題なし!皐月賞の馬券も割とどうでもよくなりました(笑) 皐月賞も福島最終も外れたんですが、余裕のプラス。中央の10ある競馬場では、中京と小倉には行ったことがないのですが、福島が一番小さいんじゃないのかな。函館よりも小さい感じがします。でも、コンパクトにまとまっているし、中山あたりよりはキレイだし、いい感じですよ。福島駅からもそんなに遠くありません。やはり手に「馬券」をにぎって、観客の一人となって観戦する競馬はいいですね。福島にお金を落とすつもりが、福島でお金が増えてしまいました(笑)名所を見て、温泉に浸かり、うまいもんを食べて、カネが増えたwww また来なきゃなあ。
マイネルミラノ
フェルメッツァ
サンデーウィザード

 浮かれ気分で、競馬場と駅の間の駐車場へ戻り、飲み物を補充して、いよいよ復路のスタートです。ただし、この時点では宿も決めていないし、どこまで北上するかも決めていませんでした。というか、福島競馬で大敗したら、弘前へ直帰すら考えていました……が、翌日も存分に観光を楽しむこととなったので、直帰しなくて良かったなあ。それもこれも25000馬券炸裂のおかげなんですが。往路と同じくR4を通りました。2時間ちょい走り、仙台付近で20時前だったので、往路と同じく仙台に宿泊。この日の夕食は、仙台駅前のラーメン店。仙台付近で何店舗もある某チェーン店。久々に家系チックなラーメンを食べた気がします。腹減ってたから、ややこってり目でも完食です。

 KくんがLINEで「儲かったのなら、仙台でまた楽しんだら?それを期待している(笑)」という旨のメッセージをよこして、俺にもそういう気持ちも無くはなかったのですが、さすがに疲れたので、大浴場のあるビジネスホテル(セミダブル)に普通に泊まりました。ここは簡素ながらも朝食がつくのがありがたい。仙台で定宿にしていたホテルです。セミダブルという部分に、直前まで大欲情な気分だったことがうかがえます(笑) でも、サウナで汗を流して、浴場に浴場は置いてきました。3泊4日の旅行もあっという間に最後の夜を迎えてしまいました。楽しい時間はあっという間に過ぎます。それを忘れたくないから、こうしてつづっている次第です。

テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

17年東京スプリント回顧

☆東京スプリント購入結果☆
◎キタサンサジン……優勝
○ブライトライン……2着
▲ドリームバレンチノ5着
△レーザーバレット…3着
△ダノングッド………4着

 旅から帰ってからバタバタしてたもので、展望を書くヒマもなく、MIXIのつぶやきでふれただけですが、普通にあたりました。まあ、まったく威張れるような予想でも配当でもないのですが、万馬券的中の福島、連続的中の水沢からのいい流れを引っ張っているような気がします。俺は当たるときはガンガン当たるし、ハズレも続くときは長引きますが、いいバイオリズムな感じがします。3連複である程度手広く勝負するのが一番合っているのかな。

 キタサンサジンとダノングッドが5歳、レアヴェントゥーレが7歳。あとの7頭は8歳以上というベテラン通り越して高齢競馬の東京スプリントでしたが、勝ったのは1人気のキタサンサジン。馬が若いし、同じ5歳のダノングッドにはここ2戦で先着していますし、舞台が大井ではウチパクさんと福永では手腕に大差がある。オーナーの北島三郎さんも勢いがあるし、キタサンサジンに逆らう手はなかった。ハナを奪うと、最後にブライトラインに詰め寄られたものの逃げ切って重賞制覇。ここに出走していた馬がそうであるように、ダート馬は息が長いケースが多い。キタサンサジンもこの路線の常連となっていくのかもしれません。キタサンサジンは母系もキタサンであり、オーナー自ら配合も考えたとか。思い入れもひとしおでしょうね。

 ブライトラインは4年前からダート路線にうつり、みやこSとOP3勝を挙げていますが、近走を見ると1600、1800よりも1200、1400のほうがよさそうですね。賞金面で不安が少ないですし、こちらもキタサンサジン同様にこの路線で行くのでしょう。鞍上が川田ですし、サマーチャンピオンとか勝つんじゃないですかね?既に8歳なので、勝馬と違って、ここからさらに強くなるという感じはしませんが、2歳時からOPで走り続けて、8歳でもこれだけやれるのは立派。馬も陣営もすごい。9歳のレーザーバレットもよく伸びてきましたが、休み明けなのと、広い大井よりは小回りコースのほうが合ってそう。一叩きされた次こそが狙い目じゃないでしょうか。次は人気しそうですが。ドリームバレンチノは斤量も背負わされますし、10歳。さすがに衰えてきた?ヒモには入れておきたいですが。

 浦和のレアヴェントゥーレは浦和以外での実績に乏しかったので軽視したのですが、逃げ馬なのに出遅れて、それで勝馬から0.8差、ドリームバレンチノとは0.2差なら、大井だから、川崎だからと軽視はできないような気がします。もっとも、次に南関限定戦なら圧倒的人気にもなりそうなので、積極的に軸で買うというのもまたためらわれますけどね。サトノタイガーもお年を召されてしまったかな。

テーマ:南関東競馬予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

会津の味と名所と温泉~2017年4月東北縦断記2~

・4月15日
 長距離運転と夜間のハッスルで身体のダルさを感じながらも、熱めのシャワーを浴びて、栄養ドリンクをクイっと一本飲んで、この日もロングドライブを再開。4日間の旅行の中で、この日だけ天気がイマイチでした。R4をこの日も南下していくと、宮城県南部の白石市あたりでは桜がほぼ満開、福島市ではちょうど見頃という感じ。どんどん東京へ近づいていく形ですし、土曜日ですし、桜も見頃なので、R4は終始流れが良くなかった。ただ、混みあうのはR4だけなのか、福島市で会津方面へのR115に入った途端、ガラガラになりました。まあ、そんなもんだよなあ。

 R115は山越えの形となるので、天気も悪化、気温も低下してきました。福島市内は20度近かったのですが、10度以下に(笑) 一人、吾妻小富士OP(錯乱w)道路脇には雪が40cmやそこらは残っているように見えました。勾配はそれなりに急ではありましたが、カーブはさほど急ではない(個人の感想ですw) 走っていて気持ちのいいルートと思います。天気が良ければ、ですがね。この日も休まずにどんどん進みます。友人Kくんと13時に喜多方駅で待ち合わせだったのですが、とても間に合いそうになかったもので。後から思うと、仙台~福島を高速でショートカットすべきでした。
喜多方ラーメン

 1時間遅れで喜多方駅に到着し、Kくんと合流するとまずは腹ごしらえで、喜多方ラーメンのお店へ。Kくんがレビューサイトか何かをタブレット端末で見て、近くならここは?と示したお店「きくすい」さんを尋ねました。おそば屋さんのようですが、ラーメンも美味しいらしい。実際食べてみると、チャーシューも分厚くトロトロでしたし、もちもちの麺としっかりした和風の出汁のスープ(そば屋だけに?)がとても美味しかったです。喜多方ラーメンというのは、こういう太くちぢれた麺も特徴の一つのようですね。おいしいお店はいくつもあるようで、また食べに行きたいものです。ホント。

 店外で満開の梅の花を見ながら食後の一服。この日、満開だったのは桜ではなく梅でした。福島県は東から順に、浜通り、中通り、会津と三つの地域に分かれていますが、中通りと会津でもかなり気温も気候も違いました。この後、やや距離がありましたが、会津美里町の伊佐須美神社へ向かいました。大学時代、「神道と現代文化」なんて授業も受けたので、神社についての造詣が……俺は深くないですが、Kくんは詳しいようです。でも、まあ俺も寺社仏閣は割と好きです。前日に中尊寺にも行ってますし、昨年もわざわざ永平寺に寄るぐらいには。

 この伊佐須美神社。祭神が菅原道真であり、智の神です。学業成就などを祈願するのが良いのでしょうが、俺は明日の福島競馬での大勝と旅の無事を祈願しました。印象に残っているのは、やけにおみくじコーナーが充実していること(写真参照) この規模のおみくじコーナーがもう一ヶ所あって、20種ほどのおみくじが置いてあったような。多すぎだろ(笑) 充実したおみくじコーナーで俺が引いたのは金運おみくじ。結果は「大金運」との文字。当たるも八卦、当たらぬも八卦ですが悪い気分はしません。話が前後しますが、前日、岩手県花巻市あたりで「通称・伊勢神社」なる神社を見かけました。なんだよ?通称って……(笑)

 車を出す前に、スマホで中山GJのレース動画を見て、的中を確認。おお、お賽銭とおみくじの効果が即表れたのかと満足して、会津若松市内へと向かいました。市内に入ると、新鮮組の斉藤一(藤田五郎)さんのお墓があったのでお参りしました。72歳まで生きて、西南戦争にも参加したそうな。ほうほう。幕末の歴史が好きな方は訪れるのも良さそうです。品揃えが豊富な酒屋さんで、地酒を購入したあと、今夜の宿(旅館)にチェックインして、銀デミも駐車場へ置いてお出かけです。いや、そうしないと酒が飲めないじゃないですか。宿からはやや距離がありましたが、二人でおいしいおそば屋さんへGO!
こんにゃく

 土曜の夜ですがおそば屋さんは意外と空いてましたね。昼間のほうが混むのかな。地酒をちびちびやりながら、こんにゃくの味噌田楽やら、そば味噌などをつまみにします。で、積もる話をいろいろとしました。かれこれ10年近く交際相手もおらぬ俺ですが、いたらいたで悩むこともあるようです。Kくんの話を聞いていると。とはいえ、ここまでの旅路も気の合うパートナーがいたら、もっと楽しかったのかなと思わないでもない今日この頃……。シメに水そば(写真参照)なるものを食べました。文字通り、つゆではなく地元のおいしい水につけてあるおそばです。そば本来の味を堪能できる、そばに自信がないと出せない代物。ほんのりと甘みを感じました。なかなか美味しかった。
水そば

 俺は会津若松駅そばに宿を取りましたが、Kくんは数駅離れたところに宿を取っており、終電だとゆっくりできないので、一本前の電車に乗ることに。ただ、タクシー呼んでも間に合わないし、小走りで駅へ……と思ったら、都合よくタクシー発見!呼び止めて飛び乗るとなんとか電車に間に合いました。良かった良かった。明朝、会うことにして今日はここでお別れ。宿に戻ると、向かいの温泉「富士の湯」で汗を流すことにしました。これがとっても良かった!実にさまざまな種類の温泉があり、1時間以上はさまざまな温泉に入りました。外国人の入浴客も多かった。弘前でもしばしば入浴する「高濃度炭酸泉」もアリ。泡風呂やら露天風呂、壷湯、薬湯などなど。湯上がりから1時間以上ポカポカでした。

 ホテルではなく旅館ですから、ベッドではなく布団。洋室ではなく和室。こういうところのほうが落ち着くなあ、俺は。旅館の方の対応もとってもアットホームでしたし、駅から3分という立地の割に、宿泊代もリーズナブル。また会津にきたら、また同じ宿、同じ温泉に入ると思います。正直、前日は3時間ほどしか寝ていなかったのですが、この日は6時間ほど眠れました。駅前ですが実に静かでしたしね。詰め込み旅行も2日目が終了。あっという間に折り返し地点。翌日に続きます。

テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

スタンド使い~2017年4月東北縦断記1~

 18日(火)の未明に3泊4日の東北縦断の旅行を終えました。この春のメインイベントがこれだったので、燃え尽きてしまいました(笑) 東北から出ていませんが、運転距離は1200kmほどで、車での移動に関わらず、4日間で38000歩ほど歩いてもいます。今日はさすがにかなり疲れが抜けましたが、一晩寝ただけでは疲れが全然抜けなかった。ふくらはぎがパンパン。歳だからですかね?筋トレしておいて良かったと思いました。ちなみにいつも通りで高速はほぼ使っていません。復路の会津若松IC~磐越道・東北道~福島西ICの100kmほどだけ。あとは三陸道の無料区間なども使っていますが、ほぼ国道です。ルートは下記。いつもながらの詰め込み詰め込みの強行軍です。

4月14日
弘前→平泉→仙台
4月15日
仙台→喜多方→会津若松
4月16日
会津若松→福島→仙台
4月17日
仙台→松島→女川→水沢→盛岡→弘前

・4月14日
 当初は新潟県長岡市の弟宅から会津若松へ向かう予定だったのですが、弟が家のカギを持って出張へ出かけてしまったそうなので長岡経由を取りやめました。R7での南下は飽きてしまったので、R7→R282→R4という形で平泉へ向かいました。ノンストップで150kmほど南下して、岩手県安比高原で、岩手山を見ながら、おにぎりとお茶を飲んで一服。写真のように高原では、まだ雪が残っていますが、岩手山がきれいに見えました。いい感じ。この旅行の前後(4月13日、18日~)は風雨が強かったのですが、旅行中は概ね天気が良かったです。晴れ男だなあ、俺は。
安比高原

 盛岡まではスムーズに来れましたが、その先は車の流れがあんまり良くなかった。東北の幹線国道でも裏日本のR7と表日本のR4では交通量が違います。結局、中尊寺に着いたのは16時過ぎ。博物館や金色堂は17時で閉館だったので、ギリギリ間に合った。第一駐車場から金色堂までは上り坂で、少々距離もありました。1kmぐらい?そして、金色堂や博物館への上り道の途中にも、阿弥陀堂やら薬師堂やらいくつかのお堂、お土産やお守りを売る売店もありました。せっかくなので、ここでばあちゃん用の足腰のお守りと俺の交通安全のお守りを買いました。
中尊寺案内図

 博物館で館内のお坊さんに尋ねると、世界文化遺産である金色堂は開闢当時のものだけれど、途中の阿弥陀堂や薬師堂などは室町時代に野火で消失、その後に再建されたものだそうです。当時のお寺の人のみならず、周辺住民みんなの尽力でなんとか金色堂だけは炎から守れたそうな。その金色堂ですが意外と小さくて、金色堂そのものを現代建築で覆って保護しています。もちろん写真は撮影不可。10分ぐらい眺めて、心のフィルムには焼き付けているんだぜ?(笑) 漆塗の上に金箔を貼るというほかに類のない凝りよう。小さな金色堂の中央に仏様、その脇に地蔵、仁王像などが配置されています。
金色堂施設外観

 中尊寺は電車やバスでは多少時間がかかるのかもしれませんが、クルマですとR4沿いにあるので極めてアクセスしやすいです。それと印象深かったのは、平泉町内のコンビニやクルマのディーラーなどがおなじみの色(たとえばローソンの青)ではなく、白地とこげ茶色になっていました。ローソンもセブンもファミマもダイハツもそうでした。ダイハツのDマークが赤ではなくて、平泉ではこげ茶。これはクルマで走っているとおお!?と目を引きますよ。他にもそんな自治体があるのかな?キニナル。そして、さらに南下に次ぐ南下。
DSC_0087.jpg

 20時に仙台到着。もういい時間なので仙台で泊まることにしました。中尊寺を出るときに、ビジネスホテルをセミダブルで予約しました。なぜセミダブルなのかは言うまでもない(笑) プロのほうが性病リスクが概ね高いと感じますし、プレイがビジネス的だったりするので、去年の暮れに続いて素人相手。専門学校生。昨年暮れのようにありえないほどかわいい……ということはなかった(笑) ホテルが遠いので今回は……と言われたのですが、セミダブルで予約したし、別の子を探すヒマなどありませんから、その子のアパート近くまで送迎する形を取りました。煩悩にまみれて夜中の仙台市街を銀デミで徘徊(笑) プレイ内容はヒワイなので割愛。お互いにマン俗できたと思います。

 女の子を迎えにいく途中で、牛タン丼も食べました……が、価格ほどではない印象。牛タン定食にしたほうが良かったのかなー。世界遺産であり、国宝でもある霊験あらたかなお寺を訪ねても、その程度では俺の煩悩を消し去ることは到底不可能なのです。仙台といえば漫画「ジョジョの奇妙な冒険」の作者の荒木さんの故郷でもありますので、俺もスタンド使いになってしまいます。え?どこがって?ナニがスタンドしちゃうじゃあないですか。名づければゴールド・セクスペリエンス(性金体験)ですかね(錯乱w) チューハイを2缶開けて就寝。旅はまだまだ続くのです。

テーマ:ぶらり旅 - ジャンル:旅行

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

04/17のツイートまとめ

Nebuoo

普通の生活はたぶん理想の生活。 --- 埼玉で人並みの生活、月収50万円必要 県労連が調査 (朝日新聞デジタル - 04月17日 05:21) https://t.co/6fD7PNr0sT
04-17 08:32


ねぶの投稿マシンガン | コメント:2 | トラックバック:0 |

17年皐月賞&中山GJ回顧

★皐月賞予想結果★
◎アウトライアーズ…12着
◎ウインブライト……8着
△ファンディーナ……7着
△カデナ………………9着
△スワーヴリチャード6着
△ペルシアンナイト…2着

 皐月賞前から今年は牝馬が強くて、牡馬は弱いのではないかとしきりに言われていましたし、俺もそんな感じに思っていました。だからなのか牝馬であるフラワーC馬ファンディーナが参戦し、1人気にも推されましたが、直線入口では先頭に立つかというシーンもありましたが、伸びきれずに7着。勝ったのは毎日杯馬アルアイン。レコードタイム。松山騎手は中央GI初制覇。強かったですね。2着にアーリントンC馬ペルシアンナイト。ファンディーナに先着したのは3着ダンビュライトを除けば、すべて裏街道というか、皐月賞のトライアルではないレースから参戦した馬。目立つどころにいた牡馬が弱かったというだけだったのかもしれません。そして、ファンディーナ自体が弱いということもないと思います。ダービーとオークスの両にらみのようですが、傍から見てればオークスでいいんじゃないの?と思います。

 裏街道組だから人気になりづらかったのでしょうが、流れがゆるまないのに、最後まで止まらない馬場状態だったので、前づけできる器用さ&スピードと、先行して押し切るスタミナも問われるキツい展開。2000を走っていても、弥生賞のようなちんたらした流れでは、本番とつながらなかったということだと思います。それよりはマイルや1800で強い内容を見せていた馬が上だった。ただ、この早すぎる時計はダービーとつながるのかな?1,2着馬はイスラボニータやジェニュインの類のような気がします(距離適性として) 速さが勝ちすぎているような……?でも、前記2頭もダービー2着だし、ダービーまでなら軽視はできない。皐月賞連対馬の割りに、今回の結果を軽く見られるような……そんな雰囲気を感じます。松山騎手はいい馬が回ってきて、それをキッチリとモノにした。さらなる飛躍のステップになるといいですね。

 終わってみれば◎はペルシアンナイトで良かった。理由:デムーロだから。それだけで良かった(笑) しかもありえないような馬に乗っているわけでなく、重賞馬で5戦してすべて3着内の馬なのだから。カデナとか弥生賞は遅すぎだし、Fだし軽視しましたが、それで買ったのがスプリングS組では大差なかった。終わってみればこれが現状の実力順なのかなと納得もできます。レイデオロはダービー前の一叩きだったんでしょう。次は良くなるでしょうが、たぶん2,3着。3連馬券が大荒れだったのは、ダンビュライトによるものですが、ユタカの積極的な騎乗と、あとはこの馬、かつてのメイショウジェニエみたいな馬なんだと思います。暮れに1000万で上位人気するも、やはり3着だった……。1000万を勝ちあがるのに5戦かかるとかさ。オークスだけでなく、ダービー戦線も混沌とした人気になりそうですね。馬券的には面白そうですけど。


☆中山GJ予想結果☆
◎オジュウチョウサン…連覇
○アップトゥデイト……3着
▲メイショウヒデタダ…ビリ
△ルペールノエル………5着
△タイセイドリーム……4着
△サンレイデューク……2着

 競馬のファンファーレではこのJ・GIのファンファーレが一番で好きです。次いで関東GIのファンファーレかな。なんか昂ぶってきます。展望文でこの印を打ったのは木曜日。買い目も大まかには考えていました。そして、何のことはなくふつーに3連複を取ったのですが、冷静に考えると◎○2頭軸で3連複を買う意味が分からないですよね。いや、オジュウチョウサンに不安を感じる……と思っていたなら良いのですが、「先週のソウルスターリングとは信頼度がまるで違う。落馬しない限りは負けようがない。アタマ鉄板」とかほざいていたわけで。大もうけの機会を逸した……ように思えました。

 オジュウチョウサンは見ていて安心できました。3番手で前を見る形で進めて、徐々に仕掛けて4角先頭。サンレイデュークも頑張っていましたが、オジュウとの差はジリジリ開く。アップトゥデイトは前を追うどころか4着まで落ちないでくれ!と願うばかりで勝ち負けとは程遠い。オジュウの圧倒的な強さが際立ちました。かなり気性の激しい馬のようですが、それがいい形となって表れているのは父ステイゴールドと同じですな。これだけの馬ですから「海外」という話もあるようです。でも、ダート以上に、障害は国内外のレースの違いが大きそう。和田師の「国内で」という趣旨のコメントもありました。ともかく危なげなく勝っているうちは、オジュウに逆らう理由がない。

 オジュウはさておき、やっぱり大障害コースはこのコースで実績ある馬が強い。一昨年の勝馬であるアップトゥデイトもそうですし、サンレイデュークも一昨年の3着馬。この1年あまり、アップが惨敗したのは去年の夏の新潟だけ。この現状では、もうオジュウを負かすのは難しそう。というか今回のように他馬に割って入られそう。そして、サンレイデュークのように、再来年の中山GJや大障害で、人気落ちしたところで2,3着!ありそうだと思いません?(笑) メイショウヒデタダが3人気だったようですが、中山実績と大障害実績は似て非なるものですしね。中山実績もないよりはあったほうがいいけれど……。

テーマ:中央競馬(JRA)予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『太鼓の音』

『太鼓の音』

ドンドコ ドンドコ

響くのは

タッタカ タッタカ

バチの音



ドンドコ ドンドコ

想うのは

タッタカ タッタカ

駆ける音



そんな風に聴こえているのは

この地の文化に馬がいるから

僕の中でも駆け出してるから



ドンドコ ドンドコ

タッタカ タッタカ



2017年4月 10日作
2017年4月16日ラジオNIKKEI「私の書いたポエム」放送分

テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

17年皐月賞展望

 いよいよ今週は牡馬三冠の第一戦・皐月賞です。先週の桜花賞では断然人気のソウルスターリングが敗れましたし、昨年のこのレースも3強と言われていましたが、勝ったのは7人気のディーマジェスティ。昨日の船橋マリーンCでも1人気のワンミリオンスは出負けして事実上の最下位と言える6着大敗。わけの分からない馬が来たわけじゃなくても、1人気馬が崩れるだけで配当が跳ね上がります。3~5人気あたりを軸にするだけで、1人気が飛べば配当は跳ね上がると痛感する次第。もっとも今年の皐月賞は混戦模様なので、1人気がどれなのかもはっきりはしないのですが……。ただ、今週末も旅に出るので予想は早めに行います。買い目まではオッズを見ないことにはいえないけれど。

アウトライアーズ…スプリングS2着馬。5戦してすべて3着内の安定感。大して人気にならないでしょうが、桜花賞のレーヌミノルっぽい雰囲気ありますね。乗るのも田辺。一発あるかも。

アメリカズカップ…若葉S馬。桜花賞を制した池添騎乗。ただ若葉Sは皐月賞にあまりつながらないし、京成杯12着というのは気になります。中山合うのかな?

アダムバローズ…きさらぎ賞馬。底を見せていないともいえますが、前走は展開がハマったと思います。ただ、人気ほど勝機がないかといえばそうでもなさそう。

アルアイン…毎日杯馬。ディープ産駒ですがキレで勝負するタイプじゃないというのが、逆に皐月賞には合っているような気がします。

ウインブライト…スプリングS馬。中山で連勝中。スプリングSの時計や内容も悪くなかったし、アウトライアーズともども好走しても良いような気がします。

カデナ…弥生賞馬。正直、中山向きか疑問だったし、休み明けだし、F騎手だし、弥生賞を勝つとは思いませんでした。思った以上に強い。ただ、弥生賞で下した相手が微妙だし、時計も遅い。人気ほどには信頼していません。

キングズラッシュ…東スポ杯4着からの休み明け。ヨシトミさんもコレじゃなくてブレスジャーニーに乗りたかったでしょうね……。さすがにこれは厳しい。

クリンチャー…連勝中。乗るのがYフジオカで、この戦績、この血統では手が出ないですね。

コマノインパルス…京成杯馬。弥生賞は6着でしたが、勝馬とは0.4差。乗るのは江田照。人気は暴落必至。これはあやしい。手広く買うなら抑えたい一頭。

サトノアレス…昨年の2歳王者。でも、カズヲ師に鞍上が戸崎。朝日杯もクラシックとつながらないですしね。

スワーヴリチャード…共同通信杯馬。3年連続して、共同通信杯の連対馬が皐月賞も勝っています。今年も?戦績的には過去3年の皐月賞馬と遜色はない。人気でもこれを消すのは怖い。

ダンビュライト…朝日杯こそ大敗しましたが、他は崩れていません。ただ、この馬に先着している馬が多数いるここではどうですかね。いかにユタカ騎乗といえども。

トラスト…札幌2歳S馬。その後はずっと4,5着。決め手不足の感が否めません。キレというだけでなく、前々で競馬しても粘りこめない。なだれ込むだけ。ある意味、この馬が一番要らないような気がします。

ファンディーナ…3戦3圧勝のフラワーC馬が牡馬に挑みます。前走は公開調教状態でしたが、それでいて時計はスプリングSと大差ない。ただ、強い相手とやってないんですよね。1人気になるかもしれない牝馬。取捨難解。

プラチナヴォイス…この馬がモノサシになるんじゃないでしょうか。今回の主要な面子と走っており、着差や着順もそんなに変わらない。弥生賞組もスプリングS組もきさらぎ賞組もどっこいなのかも。

ペルシアンナイト…アーリントンC圧勝。鞍上はデムーロ。戦績も安定しています。ただ、ハービンジャー産駒というのがGIで気になりますし、3走続けてマイル戦というのも気にはなります。

マイスタイル…弥生賞2着。スローペースがハマった感があります。逃げるのはこの馬かもしれませんが、前走のようなペースにはならないと思われます。

レイデオロ…3戦無敗。中山2000も2戦2勝。ただ、ローテと厩舎が不安です。それでも人気の一角になるでしょうし、ルメールは汚名返上できるでしょうか。


◆チェックポイント◆
・前走・弥生賞で5着以下:コマノインパルス
・前走・スプリングSで4着以下(京成杯勝馬を除く): サトノアレス
・前走・若葉Sで6人気以下:いない
・前走がTR以外の重賞で3着以下:キングズラッシュ、トラスト
・前走がTR若葉S以外のOP、500万下:クリンチャー
・前走で1秒以上の負け: いない
・3ヶ月以上の休み明け:レイデオロ、キングズラッシュ
・中2週以内: アルアイン、トラスト
・キャリア3~9戦ではない:いない
・ 重賞未勝利馬かつ、中山芝に出走済で3着内の実績がない: アダムバローズ
・ 京成杯馬以外で10人気以下…キングズラッシュ、トラスト、プラチナヴォイス、マイスタイル、クリンチャー、ダンビュライト、アメリカズカップ、アダムバローズ

 残ったのは、アウトライアーズ、ウインブライト、カデナ、スワーヴリチャード、ファンディーナ、ペルシアンナイトの6頭。最後の項目でザクっと切りましたが、穴をあけるのは京成杯馬なんですよね。そういう意味ではコマノインパルスは見限れないかもしれない。天気予報を見れば、馬場はおそらくは良。あとは展開。最内を引いたし、マイスタイルは行くしかない。ファンディーナ、アルアイン、アダムバローズあたりが先行でしょうか。先行して粘りこむのはけっこう難しいです。軸は差し馬から取りたいなあ。

◎アウトライアーズ
◎ウインブライト
△ファンディーナ
△カデナ
△スワーヴリチャード
△ペルシアンナイト

 ファンディーナはキャリアが浅い上に、自分の競馬しかしていない。この面子でもそれができればまさに怪物。ただ、1人気?でリスクもある馬を軸にはしたくない。ローテから言えばカデナでいい。ただ……時計がおっそーいですよね。前走に限らず。加えてこの鞍上。内枠引いちゃったし、また詰まっちゃうんじゃないの?(笑) 面子がどうかとも思いますが、普通にスプリングSの1,2着馬でいいように思えます。きれいな馬柱だろ?これで不人気なんだぜ?買うしかない。◎2頭からの馬複フォーメーション9点。あとは単2点も買っておきますかね。6,7人気っぽいようですし、9点でもガミはない。◎の2頭で決まれば5000円以上。8000円ぐらいつくか?皐月賞をバシっと当てて、亜鉛とマカとアルギニンを買うんだwww

テーマ:中央競馬(JRA)予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

17年中山GJ展望&マリーンC回顧

 今週は土曜に中山グランドジャンプ、日曜に牡馬三冠の緒戦・皐月賞が行われます。皐月賞は中山……ではなく、福島競馬場で観戦予定です。東北唯一の中央の競馬場なのに、俺は福島競馬場に行ったことがありません。というわけで今年の飲む・打つ・買うな春旅行は福島を中心とすることにしました。銀デミを駆って向かうので、競馬場では飲みませんが、福島のおいしい地酒なんかも堪能できればと思っています。その辺りは途中で同行する学友Kくんが詳しい……はず。来年はまた西へ。できれば九州までと考えています。冬は例によって、某ラジオのために上京の予定。

☆中山GJ予想☆
◎オジュウチョウサン
○アップトゥデイト
▲メイショウヒデタダ
△ルペールノエル
△タイセイドリーム
△サンレイデューク

 こんなの考えるまでもなくオジュウチョウサン。この1年間、重賞だけを5戦5勝で中山GJ、大障害も含まれています。たぶん単は1.3倍とかなんでしょうが、先週のソウルスターリングとは信頼度がまるで違う。落馬しない限りは負けようがない。アタマ鉄板と思いますが、これをアタマで買っても3単と3複で大差はないので、3複でいい。相手もまずアップトゥデイトだとは思いますが、4走前のポカが気になります(買ってハズれたw) ◎○から4頭流しか、アップが連を外すとして、◎から▲△△△の馬複4頭流し。どっちかでいい。もちろん◎△△なんて決まり方なら、3複3000円前後つくのかもしれませんが。オジュウチョウサンではなく、アップトゥデイトの取捨がキモと思います。

★マリーンC購入結果★
◎ワンミリオンス……6着
○リンダリンダ………3着
▲ホワイトフーガ……完勝
△タイニーダンサー…4着
△ララベル……………2着

 中央4頭VSリンダリンダ&ララベルという事実上の6頭立て。パールコードは自身にも父の産駒にもダート実績が弱いのに人気なので消し。この路線で連勝していたワンミリオンスで大丈夫だろうと◎-○▲-○▲△△という3連複5点で勝負したのですが、そのワンミリオンスがスタートで後手を踏んで、巻き返すことなく終了。と、戸詐欺!南関の戸崎は信じていたのに……。勝ったのはホワイトフーガ。2着に逃げねばった休み明けのララベル。3着にリンダリンダで、女王ホワイトフーガ以外の中央馬は撃沈しました。軸を間違えた。▲を軸にできていれば3複5000円だったのに。うう。

 ホワイトフーガはノド鳴りとの話も聞きますし、湿った馬場状態も良かったのかもしれません。ノドもあるし、そうでなくてもややムラな面を見せていますが、力を出し切れば現状の面子では格が違うということか。かつての女王・サンビスタをちぎった能力は伊達ではなかった。斤量も問題なく、問題なのは相手ではなく、自分自身の状態のみ。ただ、牝馬相手では崩れても馬券からは消えませんし、牝馬戦なら軸にして3複買うのが無難なのかもしれませんね。狙うのは今回が大チャンスだったのかもしれませんが……(笑)

 ワンミリオンスは出負けが想像以上に堪えたのかもしれません。2馬身程度の遅れですから、差し馬ならあれでも勝てたのかもしれませんが、終始レースの流れに乗れなかった。自分のペースに持ち込めないとモロいのかもしれません。斤量が堪えたとは思えないのですが。ララベルは休み明け&+25kgが懸念されたようですが、何の問題もなし。力を出せばリンダリンダと遜色ないのは地方競馬ファンなら誰でも知ってること。だから抑えてたのになあ。でも、今後、順調に使えるならば、リンダリンダとともに中央牝馬を迎撃できる力をはっきりと示しました。

 リンダリンダはこの馬の競馬はしました。ホワイトフーガはともかく、それで順調さを欠いたララベルを交わせなかったのは意外。距離適性の違いがあるのかも。ララベルは1600以下、リンダは1600より長いほうが合ってそう。リンダリンダは崩れずに頑張ってますし、どこかでダートGを勝つチャンスが周ってきてほしい。タイニーダンサーもこの馬なりに走ってますが、アタマ打ちって感じです。3着はあるかもしれませんが、今後勝ち着るシーンが浮かばない。パールコードはダートがダメとは思いませんが、芝のほうが結果は出せそうですね、やっぱり。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

17年4月北東北周遊記後編

 4月10日
 朝食を摂る前に、まずは朝風呂。朝風呂ってのがぜいたくですよねー。超オサレな人とかは知らんけど、普通、朝は風呂に入らないでしょ。忙しいだろうし。この日は前日に増していい天気で、朝日を浴びながらの入浴。肌がつるつるになったような……気がする。朝食もバイキングです。母やばあちゃんは朝から和食も洋食も食べてましたが、俺は洋食オンリー。フレンチトーストが一押しだったようで、それはたくさん食べました。ヨーグルトや牛乳も美味しかったです。ものすごく濃厚!とまでは言いませんが、んん?ちょっと濃いなとは想いました。
牛乳

 チェックアウトしてホテルを出ると、道の駅雫石へ向かいました。何があるでもないのですが、長いもだのもち粉だのを買っていたようです。俺はリポビタンDを飲みながら一服。前日は200km少々、この日は下道で帰ることにしたので250kmほど運転。栄養補給は大事なのです。そのときは何も思いませんでしたが、午前中の山沿いの道の駅にしては、それなりににぎわっていたようにも思えました。車が10台、20台は止まってたしなー。国道46号。盛岡と秋田をつなぐ国道なので、まあまあ交通量もあります。
田沢湖1

 道の駅の次は、さらに30分ほど車を走らせて、秋田県へ入って田沢湖。ここが日本一深い湖です。ここへ来るのは初めてではなくて、5年ぶりです。5年前に来たときも春でしたが、霧雨交じりの曇天で、灰色の湖を見ていると、二本の脚がニョキっと出てくるのではないか(「犬神家の一族」的に)と思えるほどでしたが、この日は好天もあってか、湖はとてもきれいで、砂浜も輝いてみえました。道の駅と一転、観光客は我々以外には誰もいなかった(笑) 平日の午前中とはいえ、いい天気で、それなりに名の知れた場所だと思うんですがね……。

 さらに30分ほど走らせて角館の武家屋敷を車で流しました。歩いていないのか?歩いていません(笑) ばあちゃんが歩きたくない。車で周ってみるだけでいいというので。なんのためにきたのか……。なので、路肩に車を寄せて、写真を数枚撮っただけ。こちらは観光客がけっこういましたね。田沢湖と角館はセットで観光するのが良さそうです。外国人観光客も前日もこの日もちらほらいますが、ほぼ台湾人です。稀に中国人。この後は延々と国道105号を北上して、鷹巣で国道7号に入って帰宅しました。山の中の国道を延々と走っていると飽きてきますね。それもあって、明後日からの旅行で、南下するときは、海沿い(国道7号)をひたすら走ります。弟宅という無料宿もあるので。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

17年4月北東北周遊記前編

 例によってばあちゃんと母のアシとして小旅行をしてきました。1泊2日で、弘前→盛岡→雫石→田沢湖→角館→弘前と北東北三県をまわる旅。強行軍ですかね?昨日の指導先で話したら、そこのお母さんに詰め込んでますねーと言われたもので。でも、この日記をご覧の皆さんは、俺の詰め込み旅行はこんなもんじゃないことをご存知のはずです(笑) ホントの詰め込み旅行は明後日が本番です。

4月9日
 隣町でばあちゃんを銀デミに乗せて出発。大鰐弘前ICでも良かったのですが、黒石ICのほうが近いので、そこから東北道。まずまずの天気で空いた高速を走るのは気持ちがいいです。コンパクトカーとは言え1500ccですから、高速走行も問題ない……というか、時速100km程度なら、3人乗車でも余裕があります。盛岡までは150km弱。90分ほどで到着です。ただ、高速を降りる前に、休憩と今後のルート確認のため、岩手山SAに立ち寄っています。いきなりばあちゃんはたくさんのお土産を買ってました(笑)

 盛岡ICで高速を降りて、まず向かったのが「福田パン」(長田町店)。人気のお店のようですが、ここ面白いですね。コッペパンに挟む食材を自分で選べます。カレーパンにチーズをトッピングしたり、あんぱんにバターであんバターなどは基本として、スイートポテト&バターだのクッキー&バニラだのいろいろできます。駐車場からあふれるほどに混んでいました。その後、普通に包装されたものも他のお店で見かけました(食材のチョイスなどはもちろんできないが) 青森県民は知りませんが、岩手県民はみなが知っているパン屋なんでしょうね、きっと。おいしかったですよ。

 次に「タルトタタン」に向かいました。これも有名なお店のようで、クッキーやまんじゅうなど箱菓子となっているものは、よそでも売っていました。箱菓子としてもいくつか買いましたが、せっかくなのでフルーツタルトを3人分購入。甘さが控えめですが、味はしっかりしていますし、フルーツてんこもりで美味しかったです。福田パンほどではなかったものの、タルトタタンもかなり混みあっていました。普通に冷麺やじゃじゃ麺でもいいのですが、ばあちゃんも母も辛いものが得意ではないので、甘いもので有名なお店をチョイスして向かった次第です。
ねぶ手作り村

 ここから雫石方面へ向かい、ホテルへ向かう途中で盛岡手作り村に立ち寄りました。南部せんべいの手焼き体験やわら細工などの体験コーナーもできます……が、ここでもばあちゃんたちは買い物。俺は桜花賞の馬券がゴミになったのを確認後、近くの散策コースを歩き、御所湖を眺めて、カメラをパシャパシャ。海も湖もない街で生まれ育ったもので、水辺が好き……というか妙にありがたい気分になるんですよね、俺。首都圏暮らしの頃も、気分がかなり沈んだときなど、ふらっと片瀬海岸で海を眺めたりしてましたしね。
御所湖

 このあとホテルへチェックイン。部屋は10階立ての10階。ほぼ山しかないのですが、たいへん見晴らしが良くて、これが新緑や紅葉の時期だとさぞ見ごたえがあるんだろうなあと思いました。温泉も和風風呂と洋風風呂があり(夜朝で男女入れ替え)、温泉から景色も良さそうです……山が見頃なら(笑) でも閑散期だけに、大して混みあっておらず快適だったともいえます。温泉は熱すぎず温すぎずで、ちょうどいい湯加減でしたね。ついつい長湯をしてしまいました。旅行中は飲み食いが増えますので、サウナにがっつり入って、水分を抜きました(笑)
ホテルから

 夕食はバイキング。カニもありましたが、それはあまり大したことはなかった。むしろ出汁がよく出たかに汁で十分。寿司など海産物もありましたが、普通に肉類のほうが美味しかったように思います。ほぼ一通り食べたらお腹いっぱい。10年ぐらい前なら、これぐらい食べても、まだ腹八分目って感じでしたが、胃袋が小さくなったのかな。いっぱいいっぱい。食後はホテルのイベントで、郷土民謡や太鼓のお囃子を聴きました。雫石町内には有名な小岩井牧場がありますが、大昔は馬産も、ダービー馬を送り出したこともあります。そういう土地柄だけに、目を瞑ってお囃子を聴いていると、馬の駆ける音もイメージされました。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

17年桜花賞回顧

★桜花賞予想結果★
◎ソウルスターリング…3着
○アドマイヤミヤビ……12着
▲リスグラシュー………2着
△ミスエルテ……………11着
△カラクレナイ…………4着
△ミスパンテール………16着
△アエロリット…………5着

 もちろん過去の傾向だけで決まるわけではないですが、過去の傾向から外れた馬は来にくいですね。1,2枠馬は掲示板にも載れていないし、ミスパンテールも消えました。どうにも人気馬に引きずられてしまいます。本命しかり。オッズ、つまり世間の人と同じようにみていました。「2強」ではなく、ソウルスターリングの「1強」だと。で、ソウルから馬単で流して撃沈。ぐあっ!こう、人気馬に馬券が集中していただけに、ソウルとミヤビ以外の単を4,5点買ったりするのがベストだったのかなあと思います。池添騎乗で人気暴落は、展望で書いたように魅力ではあったけど、惜敗続きの近況ではアタマで買うのは池添並みに度胸がいる(笑)

ソウルスターリングは阪神1600をこなしていたし、やや重まで戻った馬場なら対応できると思ったんですが……。それに勝負付けの済んだと思えた馬に、前には届かず、後ろから差されるのは想定外。いい負け方ではない。結果論だし観客の意見に過ぎませんが、もう1列前で、レーヌミノルのような競馬をしてくれると思っていました。レーヌに先に動かれて、その差を最後まで詰めきれなかった(上がりも同じ35.4)。今後はNHKマイルかオークスか?どっちでもやれるとは思いますが、上がりのかかる競馬は向いてなさそう。それが馬場でも展開でも。もしオークスならむしろ、もう少し後ろでためてためての競馬を見てみたい。ルメールなら馬群もさばけるでしょうし。

 アドマイヤミヤビはヒモとして買っていただけですし、まるで伸びないのも他人事気味にみていたのですが、なんか脱糞中にゲートが空いちゃったとか……。そりゃ出が悪いし、走る気が起きないのも仕方ない(笑)阪神マイルでやや重ってのは未勝利戦で勝っていたのですが、そのときよりも着順どころか時計もまったく遅い。位置を取れるソウルスターリング以上に、上がりがかかる展開は不向きなんでしょう。オークスがパンパンの良なら巻き返していいし、狙い目と思います。この馬の力うんぬんではなくて、クイーンC勝馬が桜花賞で飛んで、4,5人気ぐらいでオークスというのは、連対例も少なくないし、妙味も大いに感じます。

 レーヌミノルがソウルスターリングもリスグラシューも振り切ったのには驚きです。これまでの戦績を見ると、マイルでも長いのか?函館SSあたり勝っちゃう馬じゃないの?なーんて思ったんですが、強い競馬を見せました。で、この馬の戦績を見ると、1,2人気馬とは逆で上がりのかかる競馬で結果を出している。いかにもダイワメジャー産駒らしい馬がダイワメジャーな競馬をやり遂げたと今は思います。これはカラクレナイやアエロリットにもいえます。そういう意味では2着のリスグラシューは、上がりのかかる競馬でも差してきたので評価できる。距離もこなしそうですし、乗るのは百戦錬磨のユタカさんですよ。オークスの軸はこれでしょう。みんな思ってそうだけど(笑)

 1強ムードの桜花賞でしたが、終わってみたら混戦模様の雰囲気になってきました。牡馬より層は厚そうですが、別にソウルスターリングが図抜けていたわけではなかった。それだけだったのか。4000万円をソウルスターリングの単にぶちこんだ人がいたようですが、大丈夫なんでしょうか?年収の1/10としても、競馬やめたくなるレベルですし、1/100としても、しばらく競馬を見たくないレベルですよ……。
 

テーマ:中央競馬(JRA)予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『因果応報』

『因果応報』

嫌い、憎しみ、恨み、怒り……

誰かに否定的な気持ちをぶつけたら

その気持ちは直に返されるだろう

「目には目を、歯には歯を」ってことさ



好き、喜び、優しさ、思いやり……

誰かと肯定的な気持ちを分かち合っても

その気持ちを返してくれないかもしれない

「情けは人のためならず」ってことさ



憎めば憎むほどに、憎まれる

愛されたいなら、愛せばいい

優しくされたいなら、優しくあれ

どんな気持ちもきっと等価交換



「待てば海路の日和あり」

焦らずに気長に待てばいい

誰かに注いだ気持ちはやがて自分に注がれる

感情の種類によって、伝わる早さが違うだけ



2017年3月29日作
2017年4月9日ラジオNIKKEI『私の書いたポエム』放送分

テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

17年桜花賞展望

 去年のこの週は関西遠征をしていました。阪神牝馬Sは現地観戦で的中(その前の条件戦で3連敗してましたがw)、桜花賞はBUMP OF CHICKENのライブ前に、大阪ドーム脇でスマホ観戦していました。うーん、もう1年も経ってしまったか。早いなあ。そして、今年は今年で、明日明後日は岩手県の温泉へ行くので、今年も桜花賞を自宅で見ることはなさそうです……というか、ここ数年、自宅で桜花賞を見るケースって少ないなあ。中央競馬も地方競馬もここ1ヶ月ほど泥沼気味だったのですが、川崎のクラウンCで中穴馬券を取ったので、流れは変わったかも?(笑)

1. ミスエルテ…人気二頭と遜色ない実力を持っていたとしても、枠順と休み明けを考えると強くは推せない。

2.ライジングリーズン…G3、OPと連勝中ですが、勝ったのがすべて中山1600。アネモネSはこことつながらないですからね。上がりに限界がありそうですし、内枠もどうか?

3.サロニカ…出走取消。

4.ジューヌエコール…阪神JF大敗、Fレビューも完敗では……。それ以前に3連勝してようが、直近で先着された馬ばかりではキツそう。内枠も鬼門。

5.ベルカプリ…重賞で2戦2惨敗の馬では足りない。鞍上もGI未勝利のY.フジオカではね……。

6.リスグラシュー…ここ2走ソウルスターリングに完敗。前走はミスパンテールにも差されましたが、安定感は魅力。鞍上も百戦錬磨のユタカ。勝つまではどうかと思いますが、好走しても当然。

7.ショーウェイ…逃げのハマった重賞2着賞金で出てこれただけにしか思えない。アネモネSは良くないし、しかも完敗ではなあ。

8.カラクレナイ…Fレビューもあまり良いローテではないけれど3連勝。それも前走は休み明けで、レーヌミノルを破っているのは強い。微妙な人気ですが一発あるかも。未対戦の馬が多いですし。

9.ゴールドケープ…例年ならこれくらいの戦績の馬でも面白そうだったりするんですが、連続してレーヌミノルに先着されているので、レーヌミノルの上には置けない。

10.レーヌミノル…小倉2歳勝ちのあと好走するも勝ちきれず。思うに1600でも微妙に長いのではないかと思います。ただ、このガタ落ちの人気は魅力はあります。

11.アロンザモナ…大穴ならこれでしょう。無論、勝てるとは思いませんが、OP/重賞勝ちからチューリップで、完敗して巻き返すというのは穴の定番。3着ならダメ元で狙える。

12.アエロリット…4戦4連対で、人気のAミヤビと前走接戦で鞍上ノリ。でも人気はない。例年ならありえない。勝ちきるまではどうかと思いますが、好走してもいい。

13.ヴゼットジョリー…これもまるで人気ないという今年の牝馬戦線は層が厚すぎ。ただ、ここ2戦を見ると一戦級とはやや差があるのか?

14.ソウルスターリング…4戦4勝の2歳女王。しかもまだ底を見せていない。関東馬ですがここ2走関西でも完勝しているのがいい。ローテ、脚質や鞍上からも崩れるとは考えにくい。

15.アドマイヤミヤビ…3連勝でクイーンC勝ち。鞍上デムーロ。逆転なら当然コレ。ただ言われているように、2000以上がベストのようにも思えます。

16.ミスパンテール…新馬以来の7ヶ月の休み明けでリスグラシューを差して2着は普通できない。買うなら前回だったのかもしれませんが、今回も軽視はできない。

17.ディアドラ…8戦してすべて4着以内。ただ、今年のメンバーなら500万でも勝ちきれないこの馬を買うなら他にいくらでもいる。

18.カワキタエンカ…500万を勝って、チューリップ5着なら良かったのですが、権利を取れず、500万を勝ってここという強行軍がどうですかね?不気味な雰囲気はありますが。


 ◆チェックポイント◆
・前走・チューリップ賞で6番人気以下: ミスパンテール
・前走・Fレビューで5着以下: ベルカプリ
・前走・フラワーCで2着以下: いない
・前走・その他の重賞で7着以下: いない
・前走・アネモネSで3番人気以下: ショーウェイ、ディアドラ
・前走・OP特別で負けている: ショーウェイ、ディアドラ
・前走が1200m以下: いない
・中1週以下/中9週以上(GI馬は除く):ミスエルテ、 カワキタエンカ
・9戦以上: いない
・2戦馬で2勝ではない: ミスパンテール
・1~2枠: ミスエルテ、ライジングリーズン、ジューヌエコール

 残ったのは、リスグラシュー、カラクレナイ、ゴールドケープ、レーヌミノル、アロンザモナ、アエロリット、ヴゼットジョリー、ソウルスターリング、アドマイヤミヤビの9頭。あまり消せていませんが、有力どころではミスエルテとミスパンテールが消えています。しかも説得力のありそうな項目で。特にミスエルテは来れるパターンではないと思います。

 デムルメを信じれば、3複2頭軸7頭流しでいい。ミスパンチラを切らずに8点でもいい。ガミらないし、ヒモが狂えば一発もある。でもそれでいいのか?勝つのはどちらかでしょうが、どっちかこけないか?あと、「デムルメ」はしばしばありますが、「ルメデム」 はあまりない。単式ならばソウル→ミヤビはあっても逆はなさそう。馬複でもソウルが勝つと思っているのなら、ヒモにミヤビはとりにくい(オッズ的にも)

◎ソウルスターリング
○アドマイヤミヤビ
▲リスグラシュー
△ミスエルテ
△カラクレナイ
△ミスパンテール
△アエロリット

 中心はソウルスターリングで不動。逆転があるならアドマイヤミヤビ。ただし、先述したようにデムルメはあっても、ルメデムは極めて稀なのと、オッズ的に◎○は○→◎の馬単で。他は◎からの馬複流しです。◎→○で馬単400円とか言われても、あっそう……で諦めつきますし。ミスエルテをけなしたくせに買っていますが、買ってもガミらないというのと、今日の阪神牝馬Sを見れば、内は空きそうです。で、馬力でインをついてこれるのでは?と思いました。軽視する材料はいくらもありますが、だからこそありそうです。まあ、どれでも10~15倍ぐらい?堅い軸馬がいますし、3複を手広く言っても、あまり妙味もなさそうなので、2連馬券でお茶をにごします。3複でミヤビ飛んでも、ソウル、リスグラ、カラクレで36倍見当、ソウル、ミスエル、ミスパンで44倍見当。それなら2連馬券を厚くしたほうが無難と思います。配当に大差はないし。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

卯月徒然日記

 関東以南では桜が満開だそうですが、こちら青森県弘前市では昨日の午前中、ようやく積雪が0cmになりました。ただ、うちは市内でもやや山側ですし、庭にはまだ雪がそれなりに残っています。もう夏タイヤへ換えてもいいと思いますが、物置から夏タイヤを出して、冬タイヤをしまうのがちょいと手間だなあ。物置前にまだけっこう雪があるのでね。でも、今週末は例によって、ばあちゃんと母のアシとして岩手県の温泉ホテルに行きますし、来週末はこれも例によって一人旅へ出るので、夏タイヤに換えておきたい。夏タイヤと冬タイヤ(どっちもピレリ)ではリッター2kmぐらい違うしね。燃費をけt……いや、省エネと地球環境のためには、さっさと夏タイヤです(笑)
ねぶ部屋

 時間のある時期なので、カラーボックスを組み立てて、ベッド脇に平積みしていた漫画やCDを整頓しました。うむ。これであと数十冊は漫画や本を収納できそうです。漫画だけで何冊あるか、おおよそカウントしてみると……800冊弱ぐらいか?1000冊はなかった。でも、活字本も合わせれば1000冊弱と思われます。でも、漫画好きはこれぐらいは普通に持ってそうな気がします。このうち続刊中の作品が10作あるので、年に15冊ペースで新刊が増えていくし、古本で気になっている漫画を大人買いしたりするのでトンでもないことになってます。今、一番アツいのはやはり『キン肉マン』ですかね。今が一番面白い。そんな俺の部屋の一部を公開してみる(笑)
ぷれせんと

 ミスチルのドーム&スタジアムツアーの追加公演が発表になりましたが、北日本はない……がびーん!横浜2日間、大阪2日間、広島、熊本。以上。仙台も新潟もない……。確実に仙台はあるだろうと見込んでいたから、ドームの応募はしなかったのですが裏目&涙目ですわ。まだ、札幌ドームは申し込めるようなので、申し込むかも……いや、申し込むでしょう!もう良席は無理でしょうがやむなし。追加公演のチケット争奪戦は激化しそうですしね。正直、青森から札幌も、青森から東京も大して変わらない……というか東京のほうがまだアクセスしやすい。というわけで、チケが取れたら6月に札幌遠征も予定。その次はいつものように暮れの某ラジオ公開収録参加かな。
梅酒

 ほかの写真2枚は教え子たちからもらったもの、あとは昨年作った梅酒。青梅ではなく、熟した梅で作ったせいか、スッキリ感は薄く、とろーっとした味わい。今年はウイスキー(ブラックニッカ)&黒砂糖&青梅で作ってみたい。超おいしいってほどでもないですが、市販の梅酒とはまた違った味わいがありますね。お店のカレーとレトルトカレーと自家製カレーの違いのような感じでしょうか。

テーマ:小さなしあわせ - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

17年大阪杯回顧

★大阪杯予想結果★
◎キタサンブラック…完勝
◎サトノクラウン……6着
△ミッキーロケット…7着
△マカヒキ……………4着

 「勝つのはキタサンかサトノのどちらか。単2点や2軸3複も考えましたが馬単で。5,7→1,5,7,14の6点」と展望で書きましたが、券種間違えましたね(笑) 不調なんだから、単2点でアテにいけば良かったなあ。「ヤマカツエースも買いたくない。理由は簡単。阪神0-0-0-4とコース実績がないので。というか関西馬なのに関西での成績が良くない」などと力説したヤマカツエースはよく伸びて3着。俺が消す上位人気馬はよく走って、イヤになってくる……。

ドバイWCでそういう買い方をしましたが、データで絞ったあとの買い目を頻繁に間違えていますし、3複1軸5頭BOXぐらいで買っていたほうがよほど当たっているような気がします。買い目を絞って、負けが混んでいるのでは意味がない。地方はまた別ですが、中央は手広く買う!中央は手広く買う!忘れるな、週末の俺(笑)

 キタサンブラックの勝利は1000が59.6の時点で確信しました。それから5馬身以上キタサンは後ろ。で、マカヒキなどはさらにずっと後ろ。勝ってくださいとお膳立てされたに等しい。前が粘られればやっかいでしたが、普通にマルターズアポジー、ロードヴァンドールは失速して、追いすがる後続を難なく振り切ってGI4勝目。ただ、大阪杯を勝ってもGI勝利のような気がしません。春天連覇へ視界良好!いざサトノダイヤモンドとの頂上決戦へ!としか思えない(笑) 

ソツがない馬ですよね。テン良し、ナカ良し、終い良し。キタサンの上がりは34.3ですが、33秒台後半の上がりの馬は皆、道中10番手以下。差し追い込み馬ではキタサンをまず差せない。キタサンを見るような位置にいないと。その位置にいたのは今回、ステファノスだったわけですが、残念ながら力差でねじふせられた。ただ、川田は上手く乗ったと思います。

 完全に歴史的名馬ですよ、コレは。特定の条件じゃないとモロい馬が昨今多いですが、キタサンブラックは1800~3200まで重賞を勝ち、渋馬場も苦にしないし、コース不問。展開は自分で作れる。鞍上は百戦錬磨のユタカ。今年度の引退はとりやめたそうですし、まだまだGI勝ちを積み上げそう。ディープインパクトの牡馬最高傑作VS兄ブラックタイドの最高傑作の対決。故障で大成しそこねたブラックタイドの「隠れたギア」はブラックタイドに受け継がれていたんだなあ。

 ステファノスは富士Sを勝っていますが、これはもう善戦マンです。GII、GIIIでも大崩しないが勝ちもせず、それはGI、海外GIだろうと変わらない。連続して好走はあまりせず、人気がないときほど警戒したほうが良い傾向もあります。次がGIなら警戒。次がGII,GIIIで人気になるなら軽視というスタンスが正しいのかも。ヤマカツエースは今がピークってことなんでしょうか。いつの間にやら重賞5勝です(笑) 立派な実力馬。

 サトノクラウンは伸びるか?と一瞬だけ思いましたが伸びもタレもせずなだれ込み。良馬場がよくなかったんですかね。阪神がダメとは思わないんですが。マカヒキは最後伸びてきましたが、勝ち負けとは無縁。ヤマカツエースからも1馬身半離れていますし。劣化版キズナ。2,3着馬はどこでもキタサンに勝てないでしょうが、マカヒキは府中2000だの京都2400だのなら勝てる……かもしれない。キタサンの上がりが33.9で、マカヒキが33.2とかで。可能性だけで厳しいのは厳しい。

テーマ:中央競馬(JRA)予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『175(イナゴ)』

『175(イナゴ)』

イナゴの群れが通った後に何も残らない

人々が大事に育てた作物も

可愛がっていた愛玩動物も

みんなみんな食い荒らされてしまう



食い荒らしたイナゴの群れは荒野を残して去っていく

あわれなイナゴの群れを憎んでも仕方がない

でも、残されたものは途方に暮れてしまう……



そんな群れの影には、イナゴを操るイナゴ使いがいるらしい

そしてイナゴ使いは用済みのイナゴを佃煮にして食べている

憎むべきはイナゴではなく、きっとイナゴ使いに違いない

イナゴ使いに矢を放ってみても、イナゴに遮られて届かない

頭を抱えてうずくまる僕の心にイナゴがかじりついて痛いよ



非力な僕に今、できることはイナゴの群れに語りかけるだけ

「その群れをほんの少しだけ疑ってほしい」と



2006年11月27日作
2017年4月2日ラジオNIKKEI『私の書いたポエム』放送分

テーマ:詩・ことば - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

17年大阪杯展望

 これまでGIIだった大阪杯がGI昇格。ホープフルSのGI昇格よりは納得できますが、そのうち毎週GIになっちゃうんじゃないのか?(笑)25年前と比べると、地方交流JpnIや海外GI勝ちもあるので、GI馬の数は2倍ぐらいになっているような……?生産頭数は2/3になっているのにね。GIをひとつ勝っても種馬になれない馬がちらほら出るのも必然か?なんだかボクシングと被って見える部分もあります。GIを勝つことではなく、どんな相手に勝ったかが問われるようになっていくのかもしれません。短評は端折って、チェックポイントから。GII時代の流用です。施行条件はほぼ同じですしね(斤量が別定→定量だが)

★チェックポイント★
・8歳以上…ディサイファ
・7歳以上で7人気以下…ディサイファ
・10人気以下…アングライフェン、スズカデヴィアス、ロードヴァンドール、ディサイファ、モンドインテロ
・1,2枠…ミッキーロケット、アングライフェン
・前走10着以下…アングライフェン
・中2週以下…いない

 うーん、全然絞れていません。去年の2着馬でダービーでしか飛んでいないキタサンブラックを素直に連軸でいいんじゃないでしょうか。勝つかはわかりませんが、飛ぶとも思えない。持ち味の粘りこみで勝ち負けでしょう。あとは連勝中であり、デムーロ騎乗のサトノクラウンか。アンビシャスは去年はノリの先行策が上手くいきました。渋馬場でしたしね。今回は陣営が後ろからの競馬を示唆していますし、Fは遵守するはず。それで届くとは思えない。

 ヤマカツエースも買いたくない。理由は簡単。阪神0-0-0-4とコース実績がないので。というか関西馬なのに関西での成績が良くない。これを消していいのか不安ですが、マカヒキは展開が向かない気がします。マルターズアポジーが飛ばして、ロードヴァンドールが2番手、キタサンブラックが3番手か。サトノクラウンも前目でしょう。よどみない流れで、しかも前が粘る流れを差しきれるだろうか?一発あるならミッキーロケットか。

◎キタサンブラック
◎サトノクラウン
△ミッキーロケット
△マカヒキ

 勝つのはキタサンかサトノのどちらか。単2点や2軸3複も考えましたが馬単で。5,7→1,5,7,14の6点。ミッキーロケットがくれば、そこそこの配当になりますし、そうでなくてもまあ2倍にはなります。3連はともかく2連馬券は手堅く決まるような気がします。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

デミオ(XD Touring Brown)試乗記

 昨日……というか一昨日ですか。座高調整レバーのリコールでディーラーへ行ってきました。そして、修理の間、待っているのもつまらないので、試乗予約していたデミオ(XD Touring Tailored Brown)に乗ってきました。写真は……ない(笑) 何が違うって走りとかそんなことよりも、内装がすごい。高級車に乗ってる人はどう思うか知りませんが、軽とコンパクトしか乗ったことのない俺にとっては異次元の質感ですわ。よくよく見れば高い素材はそれほど使ってないのかもしれませんが、プラスチッキーな先代デミオだの現行ヴィッツなどとは格が違います。叔父さん所有のVW・ジェッタGTSあたりよりも内装は立派なような気がします。内装に凝った特別仕様車だけになおさらなんでしょうが。ただし、お値段もほぼ200万円。もはやコンパクトカーの値段ではない。諸経費込みで250万円ほどに達するようですよ?た、高すぎるw VWポロなどとも被ってくる価格。デラのちゃんねーはディーゼルではなく、ガソリンを買ったと言ってました。だよなあ。

 走りもなかなかのものです。各種レビューにあるように、確かに、ディーゼルだからといって気になる振動はない。DEデミオ1.5Lとは大差ないように思いますし、加速は上だろうと思います。2車線の国道で、隣にいる軽自動車を、アクセルを「ぐっと踏めば」当然ながら置き去り。ただ、「ぐっと」踏まないとややモッサリしたところもあります。トルクのピークが1500〜2500回転のようですが、1500回転に乗るまでがモッサリのようです。踏めば速い。多少、シートへ押し込まれるぐらいの感覚もありますし、40、50km/時からの中間加速は良いんですけどね。軽油でガス代安いのも魅力ですが、DEの1.5との価格差ほどの魅力を、加速からは個人的には感じなかった。速いけれども、速度感はそうでもないんですよね。おお、もうこんなにスピードが出てしまったのか?って感じで。6ATもなめらかで、シフトショックなども普通に運転してる分には気にならない。昔の4AT車などとは違う。

 俺、アイドリングストップ嫌いなんですよ。田舎じゃ必要性もあまりないですしね。その点、マツダのI-STOPはとても好ましかったです。車が動かない程度に軽くブレーキを踏んでいるだけでは、I-STOPは作動しません。それなりにブレーキを踏み込んでストップします。隣にいたデラのちゃんねーの話では、0.4秒でエンジン作動だそうです。踏み込みの強さでストップするかどうかを選べるのは面倒くさくなくてとても良いです。ただ、これはディーゼルではなく、ガソリンでも同じ。ハンドルも先代(DE)と比べれば、重くはないけど、しっとりとした高級感ある感じ。人によっては過敏と感じるかもしれないDEとは違う(俺はDEのハンドリングが好きですが) 足回りも固いけど、一発でショックを沈めた印象。ボディの剛性が強いのもあるのか?ドアもDEならバン!というふつーな感じですが、これはバスンッ!って感じ。お、おお……と思いました(笑)

 そんなボディの剛性もあいまってか、車内は静か。軽からコンパクトへ乗り換えた俺にとってはDEでもおお、うるさくないと思えたのですが、そのときと同じような差を先代と現行のデミオでも感じました。オプションなのかもしれませんが、車の四隅に他車が接近するとアラームで知らせてくれるそうですし、ヘッドアップディスプレイで視線を変えずとも車速を確認もできます(これはガソリンでも) ただ、ダッシュパネル上にディスプレイ、そしてナビにもなるマツダコネクトがややせりあがっているためか、先代(DE)と比べてやや前が見づらいようにも感じます。先代から退化したような部分も多少はありますが、総合的には良くなっていると思います。いいもの感、所有する喜びは得られそう。ただ、お高い……。以前からネット上でも、実際に周りにも、次に買うのはデミオディーゼルだな!と言っていたのですが、実際に乗ってみると、走りの面よりも内装の良さのほうが魅力に感じてしまいました。結果、ガソリンでもいいんじゃね?という感想に。ガソリン(1.3)も機会を見つけて、試乗させてもらうつもりです。でも、1.3だとDEの1.5よりは遅いと感じてしまうのかなあ?

 走りだけで言えば、DEはDEの、DJはDJの良さがあるように感じました。あとは装備、内装と価格を購入時にどう折り合いをつけるかでしょうか。ディーゼルとガソリンの走りは別物でしょうから、両方乗り比べる必要がありそうです。新品はもちろん、中古でさえも購入価格を燃費で相殺するのはほぼ無理でしょうしね。ディーゼルターボの走りにどれだけ魅力を感じられるかどうかと思います。デラのちゃんねーも言ってましたが、たくさん走る人ほどディーゼルがオススメだそうです。そりゃそうだわな。そういう意味では俺は年間15000km以上走るし、価格を気にしなければディーゼルのほうがいいんでしょうが、価格が気になるのでガソリンでもいいような気もしてしまうのです。ま……実際に買うのは早くても東京五輪のころなんですが(それも中古w)

テーマ:新車・ニューモデル - ジャンル:車・バイク

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |