ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

17年さきたま盃展望

 どうしてこんなことになったのか。4月終了時点ではウハウハだな。こりゃあ秋まで回収率100%キープしちゃうぞ!とか思ってたのに、1ヶ月後には89%……。額は書けませんが5月の的中率を。中央は1/9(京都新聞杯だけ)、地方は2/12。合わせて3/21。しかも当たったレースも購入額の2倍にも満たない配当。これじゃあっという間にプラスが飛んでしまいます。さきたま盃はバシっと当てて、流れを変えたいところです。夏競馬は地方交流中心で、ちょっと買い控えたい。今回は短評も。

1. ラブバレット…一昨年4着、去年7着。前走かきつばた記念5着と、中央馬の間に割って入ってますし、地方馬の中では実績一番ですが、3着に来れたら大成功でしょう。連は厳しい。

2. モーニン…前走ぐらい走れば今回は勝ち負け。58kgも去年の日テレ盃でこなしていますし、1400も根岸S勝ちがあります。乗りに乗ってるルメールに逆らわないほうがいいのかも。

3. メジャーアスリート…論外。

4. アンサンブルライフ…昨年の南関クラシックで結果は出ず、暮れから条件戦で登り調子ですが、レアヴェントゥーレに完敗で、老いたゴーディーに勝てる程度では……。

5. ニシノラピート…南関馬ならこれじゃないでしょうか。この条件で連勝中。時計は1秒詰めないと勝ち負けになりませんが連下なら。人気もなさそう。

6. ホワイトフーガ…去年は5着。前走はマリーンCを圧勝。牝馬同士ならなんだかんだで崩れません。牡馬相手でもフェブラリーSで今年は9着、去年10着。馬券にはなってもいい。

7. ワイドエクセレント…中央からの移籍緒戦。大井でC1を2勝、盛岡クラスターC10着。地方でも底が見え隠れしているような。

8. ベストウォーリア…去年の2着馬。前走かしわ記念では伸びあぐねて完敗。ここならさすがに馬券圏外を外さないと思いますが、また2~4着まで想定したほうがいいのかも。

9. ミッキーヘネシー…無理。

10. カオスモス…無駄。

11. ドリームバレンチノ…去年は3着、一昨年5着。過去2年ともラブバレットには先着してます。10歳ですが、8歳、9歳のときとあまり変わらない。一発あるかも。

12. ヴァーゲンザイル…折笠はもういないんだなあ……。

 まず間違いなくモーニンがハナを奪うと思われます。ラブバレットが強引に主張すれば番手でも問題ないですしね。3,4番手にホワイトフーガ、ベストウォーリア。さらに後ろにドリームバレンチノ。3番手以降のどこかにアンサンブルライフやニシノラピートもまざっているかも。3,7,9,10,12は1角で既に置かれてそう。

 普通に走ればモーニンのような気がします。負けるとすれば決め手のある馬にスパっと交わされるパターンでしょうが、そういう馬は今回いませんね。強いて言えばドリームバレンチノか?ただ、ドリームバレンチノが近年、連対したときはだいたい重か不良。今日の浦和は良馬場でしたし、明日も晴れですから良馬場。んー、ドリバレは厳しいか?

 モーニンが飛ばないと、ラブバレットやアンサンブルライフが来ても、3複で2000円もつかない。モーニンが飛んでもベストがいれば、これも5000円つくかあやしい。両方飛ぶ?さすがにそれは考えにくい。バラバラ買っても高目で決まる気もしませんし、勝つのはモーニンかベストのどっちかでしょうから、戸詐欺ではなくルメールで。2倍つけばいい。

◎ モーニン

 馬場が渋ればドリームバレンチノを軸に馬単、3連単も面白そうだったんですがね。

スポンサーサイト

テーマ:南関東公営競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

17年日本ダービー回顧

★日本ダービー購入結果★
◎アドミラブル………3着
○アルアイン…………5着
▲スワーヴリチャード2着
△レイデオロ…………優勝
△ダンビュライト……6着

 悩みに悩んだ末に、ダービー前日も、当日の午前中も外枠は普通に来ていたので、馬場状態はフラットと判断して、アドミラブルから勝負したのですが、歴史は繰りかえす。というか勝馬の直線の走りは先週の焼き直しに見えました。2番手から抜け出したレイデオロから、追いすがるスワーヴリチャードの追撃を振り切ってダービーの栄冠を手に入れました。ルメールは日本のダービーは初。GIは3週連続勝利。藤沢和雄調教師も初のダービー制覇。藤沢師ももう65歳かあ。タイキ軍団を走らせてた頃は、30代後半?時間が経つのは早い……っていうか怖くなってくるわ(笑)1人気の青葉賞馬アドミラブルは3着、皐月賞馬アルアインは5着でした。

 レースを見た人は誰もが思うことですが、1000mが63秒なんて超スローペースの中を、向う正面で一気に2番手に押し上げたルメールの勝利。これが条件戦でもできない騎手がいるのに、ダービーの舞台で大胆にやってのけたルメールに脱帽。ルメールだからできたのですが、ルメールだからいつでもできるか?といえばそうでもないはず。2週連続でGIを勝って、良い流れがきていたでしょうし、テン乗りではないどころか、レイデオロは一貫してルメール騎乗で、馬の特徴や状態を把握できていた。あとは藤沢師も青葉賞からダービーという「藤沢ローテ」ではなかった。

「王道を歩んだ馬が一番強い」と師は言ったとか言わないとか。もちろん、レイデオロにダービーを勝つだけのスピード、スタミナ、そして従順な気性があったからこそ、ではありますが。これがラニみたいな気性なら、良し、動こう!と思っても、動かない(笑) ダービー馬となったレイデオロですが、三冠はかかっていない。菊花賞を使うだろうか?(神戸新聞杯/毎日王冠→)秋天→JC→有馬のように思えます。まだ5戦だけ。本格化はきっと来年でしょう。父キングカメハメハはともかく、母も母父も母母も藤沢師の管理馬。師がダービーをはじめて勝つにはふさわしい馬でした。

一方、「藤沢ローテ」だったアドミラブルが惜敗したのが対照的に映りました。アドミラブルの能力が1,2着に劣るとはまったく思いません。劣ったのはローテと枠でしょうか。ローテは仕方ない。ノド鳴りの手術があったから、このローテでしかダービーに間に合わなかったわけですから。大外枠だけでも辛いのに、超スローペースになったのも辛さが増しました。この馬自身は33.3なんて上がりを使っているわけですが……。格言に「ダービーはもっとも運の良い馬が勝つ」と言いますが、アドミラブルや陣営には、その運がなかった。

 スワーヴリチャードは逆に枠は絶好、四位騎手も中団前目のいい位置を確保。ダービー2勝している騎手の騎乗だったと思います。馬も左回りのほうが合っていた。でも、惜敗。四位騎手は完敗と言ったとか。何も悪くなかった、100%の騎乗に走りだったけれども負けた。これはもうルメールに120%の騎乗をされたから。マスコミはダービーは「世代の頂点を決める」というけれど、ファンはそうではないことを知っている。ダービー馬より皐月賞馬や菊花賞馬のほうが強いことのほうが、むしろ多い。この惜敗がどこかで活かされるかもしれません。

 前記の格言もそうですし、「ダービーポジション」という語も思い起こさせる結果となりました。03年の馬場改修後でもディープインパクト、ディープスカイ、エイシンフラッシュ、キズナなど道中10番手以下から差しきった馬はいますが、ディープインパクトは3枠、他は1枠です。中団よりは前、内目の枠。この両方を満たせないなら難しい。混戦と言われた今年のダービーですが、結果は2人気→3人気→1人気という堅い決着。取らなきゃいけない馬券。終わってみれば、またデムルメの3複で良かったわけで……。来週のルメールはイスラボニータ。これも来てしまうのか注目ですね。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

「変化」

「変化」

世界を変えることはできなくても

自分を変えることができたなら

視界は徐々に変わっていくだろう



たぶん、それしかできない

けれど、それだけで十分で

そして、それこそが難しい



2017年5月15日作
2017年5月28日ラジオNIKKEI『私の書いたポエム』放送分

【あとがき】
7ヶ月で8kg以上の減量に成功しました。
そんなことを思って書いた……わけではないのですが
ダイエットについても言えますし
いろいろなことにおいてもいえる気がします。

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

HOME&LIVE

 こないだの話。ホームセンターへ行ったのですが、意外と楽しいな。ホームセンターに「楽しい」なんて形容詞を使うのはおかしいと思われるかもしれませんが、実際、わりと楽しかった。ペットショップでかわいいワンコやうさぎを見ると飽きませんし、癒されますし、ダンベルやエキスパンダーで筋トレもできますし(するなよw)、なんと言ってもマッサージ機で全身をほぐすこともできちゃいます。なかなか良い(笑) い、いや、ちゃんと相応に買い物もしていますよ。枝きりバサミとか除草剤とか親に頼まれたものだけですけど。でも、見てるとカー用品とかも欲しくなっちゃいますね。

 話かわって、BUMP OF CHICKEN新潟公演が予定通り当選。大都会でもなく、平日開催なのは新潟公演だけだったと思うので、全公演のなかで一番当たりやすいような気はしていました。もっとも、遠征組の俺にとっては新潟こそベスト。遠征のたびに書いていますが、弟が新潟(長岡市だけれど)にいるので、宿代が浮きます。あと、高速道路や新幹線を使えば、早いのは仙台ですが、下道を走った場合、近いのは仙台ですが、早いのは新潟です。4号盛岡以南はガラガラとは言えませんが、国道7号はガラガラですから(新新バイパス以外)

 公演は10月3日なのでまだ先ですが、楽しみが一つ増えました。できれば、今年はミスチルの公演に行きたかったんですが、首都圏以北は札幌しかない……。ドーム&スタジアムツアーとなっていたから、新潟と仙台、少なくとも仙台公演はあると思ってたんだけどなあ。AP BANK FESが仙台であるから、仙台はカットされたのかな。残念です。25周年だし、ベストアルバムが配信限定ですがリリースされたので、今回のツアーでは懐かしいシングル曲とかもたくさんやってくれそうなだけにね……。『CROSS ROAD』とか『シーソーゲーム』とかやるんだよ、きっと(推測)

 ただ、BUMPも今回はアルバムツアーではないので、バラエティに飛んだセトリを期待できそう。俺が参戦したBUMPのライブは12年GGT、14年WP、16年BFLYとどれもアルバムツアーですが、今回は違う。直近の配信シングル『アリア』『アンサー』『リボン』と定番の『天体観測』はまず演奏すると思われますが、他はなんだろう?過去3回の参戦で聴いていない曲をたくさん聴けたらいいなあ。『乗車権』『才悩人応援歌』『LAMP』とかやらんかな。『キャラバン』でもいい。『キャラバン』はやったことなかったような(需要少なそうだがw)

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

17年日本ダービー展望

 今年もダービーの時期になりました。サッカーでやたらに○○ダービーなどと言いますが、競馬ファンとしては違和感を禁じえない。ダービーはお馬さんだけでいいのです。まあ、イギリスの競馬ファンはダービーステークス以外はダービーじゃないと言うかも知れませんが(笑) 日本ダービーにしても、正式名称は「東京優駿」ですしね。そんな東京優駿の予想。優駿牝馬の結果もあるのでしょうが、今年はやけに枠順の話が取りざたされているように感じます。実際、馬番別成績を見ると、露骨なまでに内有利。この10年で1枠1番は4-2-1-3。でも、1枠2番は1-0-0-9だったりします。これは2枠、3枠でも言えます。なぜか内枠の偶数番(後入れ)は良くない。偶数枠が良いのなら分かるんですが。

☆チェックポイント☆
・前走・皐月賞5番人気以下且つ4着以下……アメリカズカップ、マイスタイル、レイデオロ、ウインブライト
・前走・NHKマイルCで4番人気以下……トラスト、ジョーストリクトリ、キョウヘイ
・前走・GII、GIIIで2着以下……サトノアーサー、ベストアプローチ
・前走が重賞ではない……ダイワキャグニー
・前走・ダート戦……いない
・重賞未勝利……ダンビュライト、マイスタイル、クリンチャー、サトノアーサー、マイネルスフェーン、ベストアプローチ、ダイワキャグニー
・1勝馬……ダンビュライト、マイネルスフェーン

 残ったのは、スワーヴリチャード、アルアイン、ペルシアンナイト、カデナ、アドミラブルの5頭。絞れすぎ(笑) ただし、ダンビュライトは実績ある1枠(しかも先行馬)、実績ある鞍上なので、これを消すのは怖い。レイデオロも気にはなりますが、ルメールは「もういいでしょう」。ペルシアンナイトは戸詐欺になってしまったので、ここでは不要。もうだまされないぞw Fも外枠だし、大外回して伸びないか、内へ突っ込んで詰まるのが目に浮かびます。残った馬から、戸詐欺&FをカットしてユタカをIN。これで大丈夫……のはず。

Bアルアイン
Bアドミラブル
Bスワーヴリチャード
Bダンビュライト

 上記4頭の馬複BOX6点と3複BOX4点の計10点。アルアインはシンザン記念こそ完敗していますが、あれは馬場がひどかったですしね。ほかは4戦4勝です。不安視されているのは鞍上が若いからというだけ。アルアインだってディープインパクト産駒ですよ。これはもうフロックでもなんでもない!2冠達成!しかし、例によって、俺の軽視した人気馬が来るならば、レイデオロかサトノアーサー?今週もルメール&藤沢だ?そううまく行きますかね。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

違反者講習

 ひさしぶりのふつーの日記。日記の更新頻度は高いですが、お馬ちゃんと詩、エッセイ比率が高くて絡みにくいことこの上なくてすいません(笑) 先日、さんじゅう……うん回目の誕生日を迎えましたが、今のデミオを購入したのが、ちょうど2年前の誕生日だったので、乗り始めてはや2年。38000kmの状態で購入しましたが、現在のメーターは72500kmほど。2年で34000km。指導周りで乗り回していますし、しばしば1回で1000kmなんて旅行もするので、ガンガン距離が伸びていきます。来年の8月に、購入して2度目の車検ですが、その頃は90000kmってとこでしょうか。2018年の車検は通しますが、2020年の車検はどうするかな。4代目(DJ型)デミオが手ごろな値段になっていたら、3年後は買い換える……かも。むろん、中古で、ですが(笑)

 そして、昨日は3年ぶりの免許更新。5年じゃないのかよ?というツッコミが入りそうですが、4年前に一時停止義務違反、5年前にシートベルト着用義務違反と軽微な違反を2度しているので、違反者講習です。前回の講習の時点で、今回も違反者講習が確定していたと知ったときはショックでしたね。過去5年の違反歴をK察や公安に見られますので。一時停止義務違反は納得していますが、シートベルトはなあ……。当然ながらほぼ確実にシートベルトしていますが、そのときたまたまギックリ腰で、たまたま近場の指導だったので、ベルトするのも痛くてね。そのときに限って、K察に見つかって、反則金なしですが減点1。この減点がなければ違反者講習を前回も今回も受けずに済んだのに……。次回(3年後)までも無違反ならば、違反者から通常をスキップして優良運転者講習ですか(笑)

 でも、まあたまに講義を受けるってのも新鮮ではありました。で、教官次第で、面白かったりためになったり、退屈だったり。3年前の講習はタメになったし、受講者へ積極的に発言を促すような内容だったので、満足度が高かったですが、今回はうーん、退屈だったなあ。お仕事的で。日頃、子どもらに学習指導をしていますが、受講者とのやり取りが重要だと改めて思いました。一方的な教授は望ましくないと思うのです。優良ドライバーになるための3つのポイントは、キン肉ドライバーのマスター。スクリュードライバーのマスター。ネメシスドライバーのマスターが重要だとわかりました(なにもわかってないw) あと、左折時に、デムーロや岩田のようにインをこじ開けて突っ込んでくる原付だのチャリもいるので、シッカリとインをふさがないといけない(笑)

 あ、そうそう、「準中型免許」がこの3月に新設された都合上、俺の免許は普通免許から、準中型免許(5t以下)扱いになってます。もっと以前に免許取得した方は中型(7t以下)とだったのでしょうが、そういう方は次に、やはり準中型(7t以下)になるはず。今年の3月21日以降に取得した人でなければ、みな準中型免許扱いですな。昨日、今日は腰が痛いので、お休みしていますが、ダイエットの甲斐あって、免許の写真でも、顔が一回り細くなった感があります。ばんざーいw

テーマ:どうでもいい報告 - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

17年オークス回顧

★オークス予想結果★
◎リスグラシュー……5着
◎アドマイヤミヤビ…3着

 4月の馬券は絶好調でしたが、5月の馬券は泥沼です。泥沼のときは単勝勝負で立て直すのが俺のパターンなのですが、オークスはダメでした。まあ、1人気ですから、ソウルスターリングに完勝されるのは覚悟の上。もう仕方ありません。調子が上向くまで単勝や枠連で傷口を広げないようにしていきたい。降る日もあれば照る日もあります。照る日が来るまでじっと我慢。

 勝ったのは1人気のソウルスターリング。桜花賞で3着に敗れた2歳女王が華麗に復活。好位追走から、追いすがるモズカッチャンを突き放して1馬身3/4差で完勝。前走はやはり渋った馬場が敗因だったのでしょう。あとはマイルもこなすのでしょうが2000前後のほうが持ち味が活きそう。ルメール騎手はGI連勝、藤沢和師は重賞100勝目。重賞100勝ってすさまじいですよね。重賞10勝もしないで引退する調教師だっていくらでもいるので。遠征慣れもしていますし、京都2000は問題ないはず。今後は渋馬場のときに、どう扱うかでしょう。不良まで行くとキツいのかもしれませんが、桜花賞だって僅差3着なわけですし、渋っても連軸としては信頼してもいいような気はします。

 前走がフロック視された感もある(俺もそう思った)フローラS馬モズカッチャンは、最後は振り切られましたが、一頭だけソウルスターリングに追いすがっての2着。和田騎手が好枠を活かして、巧く立ち回ったのもありましたが、3連勝していたのは伊達ではなかったということでしょうか。それと1,2,3着馬はいずれも府中1800以上を勝っていた。それも新馬ではなく、500万以上で。適性あったということだと思われます。アドマイヤミヤビも前走の大敗から一変して、最速の上がりで追い込んできましたが、大外枠もあって終始外外を周らされる展開。淡々とした流れで、前が止まりませんでした。前走の大敗は、ソウル以上に馬場を苦にしたからでしょう。あとは脚質的なこともあるかもしれません。

 リスグラシューは直線で他馬にぶつかるなど、抜け出すのに少々手間取ってしまいました。もっともそれがなければ勝てたかと言われると、とてもそんな脚はなかったように見えます。あって3着。モズカッチャンまで届いたかも疑わしい。でも、末は確実ですし、1、2人気馬と違っても、渋った馬場も苦にしないパワーはどこかでまた発揮する機会がありそう。桜花賞馬レーヌミノルは4角で6,7番手に押し上げるのが精一杯。直線ではまるで伸びず。マイルまでが限界のスプリンターという見立てで良さそう。レッツゴードンキのような路線が向いてそう。マイルより長くても持つ馬だったなら、さすがにここまで負けないかと思われます。

 いよいよ来週は競馬の祭典・日本ダービーです。ダービーは1度だけ(99年)生観戦したことがありますが、有馬記念とはまた違った熱気があります。いつかまた生観戦したいところですが、俺ももう若くはないんで、指定席を確保できたときに参戦ですかね(笑) 10万人以上の観客に紛れて、観戦や馬券購入するのはもうキツいです。ふつーの重賞のときでいい。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『月と太陽』

『月と太陽』

「太陽みたいな人」はいるけれど

それは、まわりが照らしているから

きっと、あなたも照らしているから

そして、照らすあなたも輝いている

人は決して太陽にはなれない



私はあなたにどう見えますか?

私はあなたにどう見せようか?

三日月に見えるのは、私のせいだけじゃない

満月に見えるのなら、あなたのお蔭でもある

人は誰もが光を浴びて、反射する月



2017年5月9日作
2017年5月21日ラジオNIKKEI『私の書いたポエム』放送分

【あとがき】
いつもながら、我ながらカチカチとした詩ばかりです。
小説か評論かといえば、評論ばっかり(笑)
アナログかデジタルかといえば、デジタルばっかり(笑)
題名も「月と太陽を用いた人間関係考察」
なんてほうがシックリくる感じです。

月が満ち欠けして見えるのは
自転と公転と太陽があるから
実際に欠けるわけじゃない
どう見えようがほぼ球体で
それが変わることはありえない

という一連目を書いたのですが
説明くさいし、クドいのでバッサリ切りました。

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

17年オークス展望

乞われるほどカネ賭けても♪
1/3も当たらない♪
欲情な勘定は空回り♪
I want MONEY!さえ言えないでいるマイハー♪

 昨日、割と自信があったのに、京都11、12R、盛岡10Rと3連敗して錯乱状態です(笑) 特に京都最終のシルバーステートなんてカモ!超カモ!屈腱炎で1年7ヶ月ぶり。それが1人気!いや、世間の人も見る目ないなあ、アホだなあ。ルメールの馬もついでに飛んでくれれば簡単に高配当ウマウマ馬―!!!

 ええ……結果は皆さんご存知の通りで、シルバーステートは病み上がりで超絶休養明けなのに、馬なりで後続をちぎり捨てました。Fの手綱はまったく動かず。「カモ!超カモ!」「見る目ないなあ、アホだなあ」うん、つい、自己紹介してしまったようです(笑) ルメールの馬は飛んでいたので、2,3,4,5,6人気馬BOXは悪くはなかった。勝馬いませんけど……。

 回収率100%の期間はたったの1ヶ月で終わりました……。天皇賞・春は堅かったですが、他のGIは堅いとは言いがたい結果、特に3歳限定戦は全部荒れてます。オークスも力関係がハッキリしませんが、だからこそ、消去法で残った穴馬は重視したい。桜花賞から一気に800mも伸びますが、ほぼすべての牝馬にとって未知の距離であり、桜花賞で好走できるだけの能力があれば、距離はあまり問題にならない。むしろ府中適性のほうが重要だと考えています。短評は省略。

◆チェックポイント(連対馬ベース)◆
・前走がオープンではない: ディアドラ、マナローラ
・前走が桜花賞、フローラS以外で2着以下: ブラックオニキス、カリビアンゴールド
・ 前走が桜花賞(勝ち馬除く)で、かつ前々走が重賞3着以内ではない: いない
・前走がフローラSで6人気以下かつ4着以下: ホウオウパフューム、ディーパワンサ、レッドコルディス
・前走が桜花賞で2ケタ着順/2ケタ人気で重賞連対歴がない: いない
・3~9戦の範囲外:ディアドラ、ブラックオニキス
・重賞勝ちのない単50倍以上馬……ミスパンテール?モーヴサファイア?ディーパワンサ?レッドコルディス?ブラックオニキス?カリビアンゴールド?マナローラ?
・ 中2週以下……ディアドラ、ブラックスピーチ、ブラックオニキス、カリビアンゴールド

 残ったのは、ソウルスターリング、フローレスマジック、ハローユニコーン、レーヌミノル、リスグラシュー、アドマイヤミヤビの6頭とミスパンテールもかな。

 消去法ではフローレスマジックが残っていますが、そこそこ人気しそうだし、戸詐欺だし、フローラS組は全部切り。フローレスマジックは前走で3着でしかないのもそうですが、2,3走前でアドマイヤミヤビ、リスグラシューに先着されていますし、今回2頭ともに先着できるかどうか?スイートピー組もまず来ないので全切り。ハローユニコーンは不気味。乗るのが田辺というのもあるし、人気の盲点っぽい。今回の面子と未対戦なので、未知の魅力を感じます。

 桜花賞組が5頭しかいないし、この5頭でいいように思います。ソウルスターリングも負けて強しだったと思います。阪神JF、桜花賞の上位3頭は普通に強い。難しいのはアドマイヤミヤビです。人気があまり落ちそうにないですが、デムーロだし、警戒は当然必要。ミスパンテールはオッズ的には魅力です。差し馬向きの流れになれば。ダイワメジャー産駒で2400なんて、とも思いますが、マイルで勝負になるならオークスは買えます。

◎リスグラシュー
◎アドマイヤミヤビ
△レーヌミノル
△ソウルスターリング
△ハローユニコーン
△ミスパンテール

 馬券は◎の2頭からの馬複フォーメーションで9点と思っていたのですが、気持ちが萎えてしまったので、◎◎の単2点ですかね。来週はダービーですし、今日は控えめに買いたいと思います。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

皐月指導日記

 久々の指導日誌。間が空いたのはピーク時から指導回数が半減しているのもあるのですが、大量のネタを提供してくれたRちゃんが無事に志望校に受かって指導が終わったからですね。貴重な人材であった(ネタ的に) 別な意味で大物の指導が新規に始まっているのですが、なぜ大物かは諸事情により話せません。それでもネタがないことはないので、貯まったネタを公開。

☆その1☆

ねぶ:んー?そろそろ10分だな。はい、計算やめっ!

Yくん:ちょっと待てちょっと待て!

ねぶ:ん?それは8.6秒バズーカの真似か?懐かしいなあ……。

Yくん:い、いや、そんなわけないでしょ!

ねぶ:そうなの?てっきり「ちょっと待てちょっと待てお兄さん」って続くのかと……(ゲス顔で)

Yくん:あ、また出た!先生のSの視線が!

ねぶ:お、うっかり出てしまった。でも、これがご褒美になる人も世の中にはいるんだぜ?

Yくん:どこの世界ですか、それ……(あきれ顔)



☆その2☆

ねぶ:おお、もう一時間半か。集中してやってると時間経つの早いなあ。

Kくん:そうですね。

ねぶ:やる気のある子には俺もそれに応えてやる気を出すし、念入りな解説もするわけだが、そもそも基礎計算や文法がおぼつかない子もいるわけで、そうなると計算してもらってる間、俺はヒマでねえ……。

Kくん:そうなんですか?

ねぶ:そりゃそうよ?計算してる間、添削作業とか何かあれば気も紛れるけど、何もないときとか、時間の流れめちゃ遅く感じるわ。

Kくん:ほう……。

ねぶ:指導終わってからじゃないと晩飯食べないので、そんなときは晩飯のことを考えてるね、俺は!行きつけの定食屋の閉店時間までに駆け込めるかなあ、とかさ。

Kくん:だははははは!そんなもんですか?

ねぶ:そんなもんですよ(笑)


 いつも通りノンフィクションです。い、いやまともな指導もちゃんとしてるんですよ?(汗) 文頭に「将」があるし、再読するから「出で」ではなく「出でんとし」と書き下す必要が……とか書いても仕方ありませんので(笑) あ、こないだは腕相撲もしましたね。生徒が両手でも圧倒しました。筋トレの効果だな。上から、ではなく、斜め上からの指導です。俺の人生も斜め方向へ、妙な方向へ進んでますしね。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

深夜のリサイタル

 昨日は日付が変わるまで延々と5時間半に渡り真夜中のヒトカラ。観客なきリサイタル(笑) 50曲歌いました。誕生月だとケーキをもらえるとホームページにあったので、それも目当ての一つ。ケーキだけでなく、シャンメリー(ノンアルコール)もついてきました。ドリンクバーつけなくても良かったかもな(セコい) 本当は昼間に行こうと思ったのですが、完全に夜行性人間になっているので、夕方にならないと気持ちのエンジンがかかりません。それで夕飯食ってからGO!集団で朝までカラオケってのは学生時代に何度かやってますが、一人で5時間半ってのは最長かもしれません。歌ったのは下記の50曲。孤独なリサイタルのセットリスト。
けーき

BUMP OF CHICKEN アンサー
           キャラバン
           乗車権
           パレード
           Hello,world!
ジェリー藤尾     遠くへ行きたい
宇多田ヒカル     Can You Keep A Secret?
TRF         Survival dance 
中島みゆき      浅い眠り
嵐          Truth
Hide with S.B.   ever free
Mr.Children     Innocent world
           Everybody goes
           優しい歌
           HANABI
           ヒカリノアトリエ
米津玄師       Loser
L’Arc-en-Ciel     NEO UNIVERSE
           Shout at the Devil
           CHASE
           HONEY
乃木坂46      制服のマネキン
           インフルエンサー
坂道AKB      誰のことを一番愛してる?
WANDS       Secret Night
欅坂46       不協和音
爆風スランプ    涙2
ももいろクローバー 走れ!
富永TOMMY弘明  ジョジョ~その血の運命~
JO☆STARS     ジョジョ~その血の記憶~
ザ・ブルーハーツ  TRAIN-TRAIN
大江千里      かっこ悪い振られ方
BUMP OF CHICKEN HAPPY
MONGOL800    あなたに
175R        ハッピーライフ
福山雅治       HELLO
          IT’S ONLY LOVE
          はつ恋
村下孝蔵      初恋
高橋洋子      残酷な天使のテーゼ
          魂のルフラン
PENICILLIN    ロマンス
SIAM SHADE   1/3の純情な感情
B’z        Liar!Liar!
          さまよえる蒼い弾丸
          SUPER LOVE SONG
AKB48     言い訳MAYBE
Mr.Children   名もなき詩

 順番もこの通りです。りれきを見た人がナニコレ?と思うりれき(笑) 坂道AKB→WANDS→欅坂→爆風スランプってのがいい味だと思います(錯乱w) でも、これが俺の音楽の好みだなあ、だいたい。ところどころにやたら古い曲も混ざっていますが、そういうのもこのみですし、基本的にバンドサウンドが好きですが、アイドルも好きだしねー。いつもそうですが、1時間ぐらい歌って、ノドが温まってくる……というか序盤はノドで歌っているのでむせたりします。ある程度歌うと力が抜けていい感じになる傾向があります。

テーマ:とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

17年ヴィクトリアマイル回顧

★ヴィクトリアマイル予想結果★
◎ミッキークイーン…7着
○レッツゴードンキ…11着
▲スマートレイアー 4着
△クイーンズリング…6着
△ルージュバック……10着
△ジュールポレール…3着
△アドマイヤリード…優勝

 荒れるGIではありますが、今年も大波乱となりました。上位人気馬は総崩れ。勝ったのは6人気アドマイヤリード。重賞初勝利をGIで飾りました。ステイゴールド産駒は牡馬の活躍馬が目立ちます。牝馬のGI勝ちはレッドリヴェールに続く2頭目でしょうか。2着に11人気と人気薄デンコウアンジュが突っ込んできました。3着に7人気ジュールポレール。前走戦で勝ちきれなかった馬たちが、本番で好成績を挙げました。GI2勝、阪神牝馬Sを完勝の1人気ミッキークイーンは直線で伸びあぐねて7着完敗。2人気ルージュバックは10着、3人気レッツゴードンキは11着に敗れました。ああ、1ヶ月前は年間収支が+10000円以上だったのに、今日で+がほぼ消えました。回収率100%。夏まで100%以上をキープしたかったのに、次、外れたらマイナスへ逆戻り。

 上位に来た馬はこういう馬場が合っていたのだと思います。ルメールの談話にも「この馬場は上手です」と、蛯名の談話でも「少し時計のかかる馬場も合っている」とありました。そして、1~4着馬は前走に見所もあったので好走するのは分かります。逆にルージュバックは馬場も合ってないし、近走が今ひとつでもあるし、過大評価だった。不可解なのは1人気ミッキークイーンの完敗です。抜け出したアドマイヤリードに届かないとしても、去年のようにグイグイ伸びてきて2着……とかなら分かるのですが、直線で伸びない……というかもがいていましたね。鞍上ともども。浜中の談話にも「手前を3回ぐらい変えていて」とありますし、やはり苦しかったのだと思われます。なんだか尾を引きそうな負け方と思えました。ここで好走しない要因が見当たらないのですが、なぜか人気馬が不可解な負け方をするのもこのレース。ミッキーは一息入れて、秋で良いんじゃないでしょうか。エリ女を勝っていませんしね。

 アドマイヤリードはこれで6戦連続連対。今が充実期なんでしょう。渋馬場巧者で、鞍上ルメールも馬場のいいところを選んで、巧く立ち回りました。またそれができる自在性がある。強い!新女王!という感じではないですが、今後も牝馬重賞や手薄な重賞をいくつも勝てるだけの馬なのは確か。デンコウアンジュは前走が4着とはいえ、明らかに状態が良くなければできそうにない走り。とはいえ、ここで連まで来れるとは夢にも思わず。どこかで穴を空けそうとと以前、回顧(ローズS?)で書いたこともあったのですが、ここでしたか。まあ、ミッキー軸なので、デンコウを買っていてもどうにもならなかったのですが、この馬、今後もどこかで穴を空けそう。来年のこのレースとかね。普通に走ったと思うのはスマートレイアーでしょうか。4角先頭から粘って粘って0.2差4着。近走で長いところを使われて、一気にマイルへ短縮でしたから、その辺が馬に戸惑いとなったかも?

 ルージュバックはこれまでもロクに買っていませんでしたが、人気が先行していて妙味もないし、この先はなおさら、追いかけて妙味はなさそうです。まだレッツゴードンキのほうがこの先も楽しみですよ。昨秋、初ダートのJBCレディスでいきなり2着ですもんね。最終的にはダート交流路線へ向かうのではないでしょうか。クイーンズリングは叩かれたほうが良くなりそう。前走は海外遠征帰りでもあったし大敗もやむなし。今回はそれよりは前進していますから、この次は良さそう……ただ、GI馬だけにどこを使ってくるのか?デムーロは「馬場が合わなかった」と言っていますが、去年の京都牝馬Sなどを見ると、渋ってダメとはとても思えないのですが……。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

17年ヴィクトリアマイル展望

 旅行、旅行、旅行!でしばらく競馬の展望を書いていませんでした。久しぶりの展望です。まあ、展望を書けば当たるかといえば、そういうわけでもないんですが(笑) ただ、このところ的中率も悪くなっているので、初心に帰って、じっくり考えて買おうと思います。思わぬ穴馬が浮かび上がって……来るかも?昨年は年齢だけでストレイトガールをぶった切って外れたので、今年は(GI馬は除く)と注釈を挟みました。あとは馬場が重要。午前1時30分現在で、府中は小雨、重馬場。昼間は晴れるようなので、回復しそうですがやや重でしょうか。良発表としてもパンパンの良はありえない。短評は省略death。

☆チェックポイント(連対馬ベース)☆
・7歳以上(GI馬は除く)…スマートレイアー、ウキヨノカゼ
・前走が重賞ではない…アスカビレン、オートクレール
・前走が福島牝馬Sで負けている…デンコウアンジュ、フロンテアクイーン、リーサルウェポン
・前走が10人気以下かつ0.3以上負け…ヒルノマテーラ、クリノラホール、リーサルウェポン
・中3週未満/半年以上…いない

 残ったのは、アットザシーサイド、ジュールポレール、ソルヴェイグ、アドマイヤリード、ルージュバック、クイーンズリング、ミッキークイーン、レッツゴードンキの8頭。スマートレイアーを切ってしまっていいのか、甚だ不安ですが……。スマートレイアー以外の切った8頭はまあ要らないと思われます。残った馬ではソルヴェイグはスプリンターのような。去年もそんなことを書いてストレイトガールに勝たれたわけですが……。ここだ、ここからの絞込みや買い方でいつも外れるわけで。普通に考えれば昨年の2着馬であり、牡馬相手のGIでも崩れず、前走は重馬場で34.0の上がりで突き抜けたミッキークイーンで仕方ない。

◎ミッキークイーン
○レッツゴードンキ
▲スマートレイアー
△クイーンズリング
△ルージュバック
△ジュールポレール
△アドマイヤリード

 ミッキーには逆らわない。3複F◎-○▲-印の各馬。9点で。デムルメは怖いが、両方が来るような気はしない。スマートレイアーは年齢が気になるが、年齢を感じさせない走り。鞍上ユタカ。それにスマートレイアーで何度も馬券を取っている。前走も。消して後悔するなら、買って後悔したい。後悔のない馬券は大事。両方来るとは思わないが、阪神牝馬の2,3着馬のどちらかが3着は十分ありそう。不気味なのはウキヨノカゼ。8人気だが、7人気とはオッズが離れている。でも、アドマイヤリードやジュールポレールとオッズほど差があるか?重賞を3つも勝っていてむしろ完全に格上。でも、渋るとダメなのかな、過去の実績では。

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

GWドライブ~2017年5月北東北周遊記後編~

・5月5日
 夜遅くチェックインして、すぐ寝ればいいのにNHK『プロフェッショナル』の田中将広投手の番組を73分間もガッツリ視聴。旅先の宿で何をしてるのか。さっさと寝ろよって感じですが、時間はともかく質の良い睡眠は取れました。朝、シャワーを浴びてスキっとしたところで朝食。Kくんよりも先にチェックアウトして、入口で一服。彼には俺も同じホテルに泊まったことは伏せていました。いや、朝、なぜここに?と驚かせようというちょっとした茶目っけです(笑) まあ、大して驚かれませんでしたが、駐車場の銀デミも起こして出発です。

 十和田湖を目指したのですが、十和田湖へ、八甲田山へ近づくほどに車の流れが悪くなる。通常、ありえないことなんですが、GWはいつもとは違うんだなあ。他県ナンバー(主に関東ナンバー)の車が目立ちます。八戸から十和田湖まで2時間でつくと思ったのですが、3時間弱かかってしまいました。湖自体も目的地ですが、厳密にいえば湖畔にある十和田神社が目的地。そんな神社あったのか?とはじめて知りました。社務所も何もなくて無人なんじゃないの?と思いましたが、そんなことはなく、参拝客もパラパラいましたね。

 十和田湖はスワンボートが、蕪島のウミネコ並みにウジャウジャと浮いていました(笑) 親子連れやカッポーが乗ってるんですかね。昼間はスワンボート、夜は……(自主規制) 一服してから八戸へ戻ったわけですが、湖は湖畔で見るよりも、見晴らしのいいところから全景をみたほうが趣きあるなあと感じます。本当は国道102号御花部山展望台がベストなんですが、そこまで行く時間はなかったので、テキトーに見晴らしいいところで、車を停めて見物&撮影。俺たちだけでなく、他にも2組が車を停めて撮影していました。帰りは奥入瀬渓流に沿わない形で戻っています。

 3時間かけて八戸工大一高付近へやってきて、レビューサイトで高評価らしいラーメン屋で昼食。アゴだしラーメンの大盛を食べました。このとき既に14時ごろでしたが、4.5分待ち。流行っている感じのお店でしたね。実際、おいしかったです。昨夜食べた寿司よりも、俺はこのラーメンのほうが気に入りました。だしはシッカリしてるけど、塩辛いわけでもなく、OSSANの胃袋にもやさしい味わい。遠くないうちに八戸市へ、もう一度訪れる予定(オヤジのアシ)なので、その際に再び立ち寄りたいお店でした。ラーメンの種類も豊富だったなあ。

 このあと、八戸酒類で酒蔵見学をKくんはしました……俺はしないのか?していません。駐車場で車を停めて、かしわ記念の予想&馬券購入をしていました。Kくんにつきあって酒蔵見学をしていればハズレ馬券をつかむことはなかったのになあ。と、戸詐欺―!!いい感じにホロ酔いになったKくんを乗せて、八戸道&東北道を爆走して盛岡へ。Kくんが八戸からではなく、盛岡からの新幹線の切符だったので。GWですから盛岡からでも切符が取れたのはラッキーだったのかもしれません。しかし……高速は景色は単調で飽きる……というか眠くなりました(笑)

 盛岡駅で再会を期してKくんと別れたのですが、さーて、恒例のえろえろ……ではありません。それも恒例ではありますが、今回はそれはなしです。恒例の下道巡航タイムです。1ヶ月の間に4度目(2往復)の国道282号。延々と3時間ほど運転。こっちのほうが眠くなりそうですが、山道ですから適当にカーブもありますし、(夜中でも)風景も変わりますし、眠くはならなかったですね。21時ごろには弘前へ戻って、いつもの中華料理店で、麻婆飯大盛辛目をガッツリ食べたあと帰宅。2日間で656km運転。定期的にドライブしたいのですが、一人でぶらつく気にはなれないので、いいきっかけをくれたKくんには感謝している。だが、銀デミの助手席はおにゃのこも待ってるぜ?(笑)


テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

自然と寺社~2017年5月北東北周遊記前編~

 GWからもう1週間も経ちましたが、皆さんはGWにどこかへ出かけられたでしょうか?俺は先月会ったばかりですが、学友Kくんが岩手、青森へ来るというので、同行・小旅行をしてきました。彼は2泊3日で旅をしましたが、俺は指導のスケジュール的に初日はつきあえず、後半の1泊2日を同行しました。(俺にとっての)初日は弘前→八戸、2日目が八戸→十和田湖→八戸→盛岡→弘前です。ここ1ヶ月で、盛岡へ行くのは3度目。旅行しすぎだろ?と思われるかもしれませんが、しすぎですね(笑) 今年は、秋に新潟、暮れに東京でしょうか。旅行は心の換気です。

・5月4日
 14時半過ぎに八戸駅で待ち合わせだったのですが、GWということもあって、八甲田山中の国道もいつもよりは流れが良くない。山奥はまだ道路の両側に3m近い雪が残っていて、路肩に車を停めた親子連れが、雪をバックに写真を撮っていたり……だから、車の流れが悪いんですが。途中、青森市城ヶ倉大橋から撮った写真がコレ。まだ新緑が十分に進んでいませんでしたが、見ごたえはありました。山奥は雪、途中は枯れ木、その下は桜が残っていて、もっと下は青葉。山越えで移動するだけで、季節の移ろいが凝縮していました。思わず「きれいだなあ」「面白いなあ」とつぶやくも、聞く人はなし。

 結局、八戸駅に着いたのは15時20分。ただ、Kくんの乗った電車もトラブルで到着が10分少々遅れたようで、20分ほど待たせただけで済みました(待たせすぎw) 合流した時点で、もう夕方前なので、八戸市外まで出かけるのは難しく、櫛引八幡宮と蕪島神社へ向かうことにしました。やけに神社ばかりなのは、Kくんが御朱印帳を持ち歩くぐらいに神社巡りを好んでいるからです。ただ、ぱわーすぽっとだのというミーハーと違って、そういう大学に通っていたしね。キャンパス内に神社があって、神主や巫女の姿をした人々がうろつく大学に(笑)

 櫛引八幡宮ではお参りできましたが、蕪島神社は既に閉まっておりました。参拝は16時までだったようで。でも、売店(兼、社務所?)は空いていたので御朱印はもらえたようです。俺も印を集めようかなとふと思いました。御朱印ではなく、道の駅のスタンプなど。蕪島はウミネコで有名な場所ですが、この日もウミネコだらけでした。ヒッチコックの「鳥」かよ?ってなぐらいに飛び交っていました。天気が良かったこともありますが、海辺に来ると気持ちが晴れ晴れとします。海のない場所で生まれ育ち、今も暮らしているからか、海への憧憬の念があります。

 Kくんがホテルでチェックインしたあと、再び合流して今夜の晩飯。何でもいいといえば、そうだったのですが、せっかく港町に来ているので、海のものを食べたほうが良かろうと、八食センター(市場&食堂、売店など)で、寿司を食べました。GWだからということもあったのでしょうが、混んでいましたね。30分待ち。でも、実際には20分待ちぐらいだったかな。どれも美味しくてKくんは大満足だったようで良かった。ただ、俺は南東北遠征時の女川丼の超絶な美味さを忘れていなかったので、まあまあかな?という辛口のジャッジ。それだけ女川丼は感動的美味さだったなあ。

 Kくんは既に2日目ですし、この日、盛岡→宮古→久慈→八戸という行程で、疲れもあるだろうから、早めにお開きにしました。それと、俺は宿を押さえていなかったので、どうするか考える必要もありました。ねぶ+旅=エロという方程式が確率されています。旅先で土地の食べ物だけではなく、姉ちゃんも食うのが定番……なのですがナニもしませんでした。俺も多少疲れていたのと、タイミングよくKくんが停まっている某ホテルの空きを確保できたので。大手チェーンのホテルに泊まるのはすごーく久々ですが、小ぎれいですし、応対もしっかりしてますね。

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |

17年NHKマイルC回顧

★NHKマイルC購入結果★
Bアウトライアーズ…13着
Bカラクレナイ………17着
Bボンセルヴィーソ…3着
Bモンドキャンノ……9着
Bミスエルテ…………7着

 先週、木・金と友人と八戸、十和田、盛岡と回っていたので、展望も何も書いてはいませんが、馬券は当然ながら買っています。深く考えていませんが、荒れそうだったので枠複の1,2,3、6BOXと2-2のゾロ目の7点買い。難しい面子ですが、それなりの馬に乗っているし、デムーロかルメールのどっちかは来るだろう。そして裏切られ続けたので、戸崎は消し!うん……戸崎は来なかったが、デムルメも来なかった(笑) 結果としては、またも上位人気で俺が買わなかった馬が勝ちました。あとは4頭出走の牝馬で、俺が買っていない2頭のワンツーフィニッシュとも言えます。前日の京都新聞杯は取っていますが、好調モードは終了してしまったようです。春のGIはまだまだ続きますし、ここで踏みとどまれるかどうかが、今年の俺の収支にとっては大事。

 アテにならんノリを買うぐらいなら、デムルメだろうと思ったのですが、ここでノリさん勝利。パーマでゴキゲン(笑) デムルメはさておき、ミスエルテなんぞ買うならアエロリットでした。単純に、桜花賞で先着しているし、府中マイルの実績もあったわけで。父クロフネとの親子制覇となりました。能力の多寡はあれ、クロフネの子はクロフネと似ている部分があります。芝ダート両方こなせたり、キレはなく、前々で押し切る競馬が合っていたり(クロフネのNHKマイルCは追い込んできたが) 桜花賞を見るに、パワーがありそうですよね。どこかで一回ダートを見てみたい気もします。アエロリットは1800ぐらいならこなすかもしれませんが、ベストはマイルでしょう。平坦の京都(秋華賞)なら、押し切るシーンもありえますが。

 リエノテソーロには驚きました。いや、札幌で新馬・OPと勝っているのだから、芝適性もあるのは分かっていたのですが、ここ3走から芝よりはダート。芝なら洋芝。小回りな函館、札幌、中山や福島もありかな。あるいは渋れば面白いーと思っていたので。今、早い時計の出る広い府中で、しかも、前で粘る1,3着の間に最速の上がりを繰り出して突っ込んでくるなんて想像もしていませんでした。これまで先行ばかりしていましたしね。調教は抜群に良かったようですし、買えた人は買えたのかもしれませんが、買った人も差して伸びてくるなんてイメージはしてなかったのでは?ゴールドアクターから降ろされてしまった吉田隼人騎手ですが、リエノテソーロは手放したくないでしょうし、「彼を降ろすなんてとんでもない!」というコンビになってほしい。楽しみというか面白い馬ですね。

 ボンセルヴィーソが逃げそうに思えましたし、事実、逃げました。松山騎手はアルアイン以前から逃げて良い騎手と思っていました(コーリンベリーのせいか?)し、そして3着。これはイメージ通り。ただ、未勝利勝ちのあとは5連続で2,3着。次はさすがに人気でしょうが、過度に人気なら逆張りの単が面白そう。次がGIIIやOP特別ならマークもキツくなるでしょうしね。ミスエルテは早熟だったのかなあ。昔のマルガイのイメージっぽい。そうじゃないにしても、次でガラっと変わる感じはない。1人気のカラクレナイには時計が早すぎたのかもしれないし、位置取りが後ろすぎたようにも思います。結果論ですが、渋馬場なら差せるパワーもあるんでしょうが、早い決着の中で差す脚はなさそう。父や同父のロゴタイプのような競馬が理想。気性や展開もあるから、そうそう巧くいかないのかもしれませんが。

 馬券的にはこんなわけのわからないレースは買うべきじゃなかった。アエロリットを買えても、リエノテソーロを買えないので。桜花賞はケンで、新潟大賞典を買うべきだった。レース選択を既に間違っていたと反省。福島民報杯であんまりいい内容でなくても3着まで来てくれたサンデーウィザード(3複の軸で買ってた)の単複を買うべきだった。仮にサンデーウィザードが来なくても、福島でいい想い(金銭的だけでなく)をさせてくれた馬だから、悔いはなかったろうし。やる気が出ないときはGIだろうがなんだろうがケン。NHKマイルだの2歳GIぐらいならなおのこと。裏開催でコレ!というのがいれば、そっちを買ったほうがよほどいい。アタリハズレはもちろんですが、外れても後悔の少ない馬券を買いたいものです。

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

『尾と口』

『尾と口』

鶏の口が牛の口になることはあっても

牛の尻尾が牛の口になることはない

口はどこにいたって口であり

尻尾はどこにいても尻尾でしかない



だってそうだろう?

尻尾が言葉を話せるかい?

尻尾で食事を摂れるかい?

尻尾は尻尾の役目しかできない



問題は口なら良くて

尻尾はダメだってことじゃない

それぞれ持ち場があるってこと

尻尾が口にあるからおかしくなる



鼻の下から生えた尻尾が

所在無さ気に振れているが

そこは顔であって尻じゃない

目障りなことこの上ない



口ならば、口でありつづけよう

鶏の口どころか虫の口だっていい

話さなくては、食べなくては

それは口ではないのだから



2012年1月17日作
2017年4月25日加筆修正
2017年5月7日ラジオNIKKEI『私の書いたポエム』放送分

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |

17年かしわ記念&かきつばた記念回顧ほか

 GWも明日でおしまいですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?俺は取り立てて何もないはずでしたが、急遽、学友のKくんが青森・岩手観光に来るというので、同行していました。もちろん、その間も出先から楽天競馬で交流重賞3連戦を購入し、そして3連敗しました。と、戸詐欺!(涙) 展望はかきつばた記念しか書いていませんが、兵庫CSもかしわ記念もハズレ。今日の京都新聞杯は取りましたが、堅すぎて焼け石に水にもなりゃしない。プラチナムバレットが来なければ、3-2は馬複3600円なのでまあまあだったのですが、11-3じゃあ880円にしかならん……。

★かきつばた記念予想結果★
◎レーザーバレット6着
※ショコラブラン…3着
※ドリームキラリ…7着
※タイニーダンサー4着
※トウケイタイガー圧勝
※タムロミラクル…2着

 軸を間違えました。勢いならショコラブランですが、人馬ともに地方での場数が違うし、一叩きされたレーザーバレットがまあ3着以内なら堅いだろう……と思ったのですが、後方から外回して6着。と、戸詐欺!58kgはキツかったのかもしれませんし、9歳馬ですから叩いても何も変わらなかったのかもしれませんが、乗り方も無策に思えました。かしわ記念のユタカの騎乗などと比べてみるとなおさら。何がベストだったのかはわからないけれど、乗り方次第で2,3着にできなかったものかと思います。2~6着までは0.3差しかなかっただけにね。

 そんな混戦の2,3着争いを尻目に逃げた兵庫のトウケイタイガーは、後続を寄せ付けず4馬身差の圧勝。中央では1000万条件馬でしたが、園田A1で圧勝、前走では距離不向とは言え、名古屋GP、佐賀記念3着でもあるカツゲキキトキトに6馬身差圧勝。それが今回52kg。2番人気に支持したファンの目は確かでした。結果的にトウケイタイガーの52kgは軽すぎた。全兄にソルテの6歳馬が遅ればせながら本格化か。今後はこんなに軽い斤量にはならないし、中央馬のマークも厳しくなりそうですが、JpnIIIなら十分勝負になる。地方競馬の期待の星(元中央馬ですが)

 タムロミラクルは地方コースが合ってるんでしょう。立ち回りの巧さで道中で置かれずに済むのかもしれません。距離は融通利くようです。人気のショコラブランは3角でやや置かれそうになりました。中山や福島でも勝っているし、小回りは大丈夫と思ったのですが、中央の競馬場よりもパフォーマンスを上げるかと思ったらそうでもなかった。うーん。タイニーダンサーはウチパクさんが何とかするかも?とも思ったのですが、別に新味も何もなかった。4,5着を繰り返し、人気もそのぐらい。扱いづらいなあ。2連馬券ならスパっと切れるのですが。

★兵庫CS購入結果★
◎リゾネーター…4着
○タガノディグオ優勝
▲クイーンマンボ3着
△シゲルコング…5着

 リゾネーターがどれだけの競馬をするかに思われた今年の兵庫CS。単1.4倍の圧倒的支持を受けましたが、3角過ぎで前の3頭にいけず4着ですが、勝馬から2.1差、3着からも1.5差の惨敗。2着ノーブルサターンは前走・3走前で寄せ付けなかったのに。不可解。地方コースや砂が露骨にダメな馬なのか?たまーにそういう馬はいますが。でも、ダート馬でそれでは今後の活躍の幅が狭くなってしまいますね。賞金的にはJDD出走は問題ないと思われますが、これでJDDに出られたら悩ましい。人気は落ちるでしょうが、おいしいというほどにはならないでしょうし。

 勝ったのはタガノディグオ。持ち時計的にはこの馬一番良いとも言えたし、川島騎手は数年前にオースミイチバンで勝ってもいるので、そこまで驚きはしません。近走でマクって勝ち負けしていましたし、今回もそんな感じ。動くべきときに動ける脚質は地方ではなおさら活きそう。こちらはもうJDD直行でしょうね。安定感ある戦績ですし、今後も馬券の軸としては信頼が置けそうな感じ。ノーブルサターンは鞍上に不安を感じたのですが、何の問題なかった。リゾネーターを逆転できるとは想定外。地方向きではありそうですが、次が試金石のように感じます。

 クイーンマンボはタガノディグオに差され、ノーブルサターンを捕まえきれず。リゾネーターがまさかの惨敗だったので3着ではありますが、上位2頭に振り切られていますし、評価は微妙。こちらも未勝利、500万と完勝で2人気だったのにね。シゲルコングは出遅れてしまい、この馬の競馬にはならなかった。もし、シゲルコングが出遅れなかったら、リゾネーターは事実上の最下位だったのか?そう思うとホントにリゾネーターの今後の扱いは難しいな。例年堅いレースですが、今年は意外と荒れました。3複3000、3単29000ですので。

★かしわ記念購入結果★
◎ベストウォーリア…4着
○コパノリッキー……連覇(3勝目)
▲モーニン……………3着
△ブラゾンドゥリス…5着
△インカンテーション2着

 重賞で5戦連続2着で、1人気に推されたベストウォーリアでしたが、伸びあぐねてまさかの4着。馬券圏外に久々に飛びました。地方で、ということでは14年の盛岡・JBCクラシック以来2年半ぶりのこと。左回りのマイルはベスト条件だったはずなのですが……中間のザ石の影響があったのかな。勝ったのは昨年に続いてコパノリッキー。スタートがもさっとしていましたが、鞍上の巧みな騎乗で軽々差しきりました。ユタカはこの春、乗りに乗ってますね。まあ、地方ではここ数年、ずっと結果を出してはいましたが。インカンテーションが逃げたモーニンをゴール前で交わしての2着。

 コパノリッキーは意図的に出遅れたのかとさえ思うほど、結果は鮮やかでした。「出が悪かった時点で先行策は消した」とユタカの談にあったので、故意に遅れたわけではなさそうですが、もまれ弱いリッキーが内枠だっただけに、遅れたスタートから、道中中団後方、3角からまくり切るという勝ち方は理にかなっているし、むしろ好スタートから、他馬に外からかぶされつづけるよりは良かったのかもしれません。もちろん馬の地力があってこそですが、天皇賞に続いて、さすがユタカ!と思わせる騎乗。なかなか「さすが○○!」と思わせる騎乗のできる騎手っていないですよね。

 モーニンは船橋が合ってそうですね。リッキーだけでなく、インカンテーションにも差されてますので、完全復活なんて言えませんが、5歳の割には全然使われていませんし、ダート馬は息の長い馬が多い。立ち直ってくれば面白い存在になりそう。インカンテーションは前走の勝利がフロックではないと証明しました。故障もありましたが、ようやく復活してきたのでしょうか。交流重賞は初めてでしたが、結果が出ましたし、今後はこの路線に完全参入でしょう。GIII勝ちまでなので、斤量を背負わされにくいのもいい。ブラゾンドゥリスはここでは力不足だったか。

 GIを9勝したコパノリッキー。2勝だけのベストウォーリア(それも南部盃連覇のみ)。4年前のGW、兵庫CSでコパノリッキーがベストウォーリアを6馬身、1.0秒ちぎって圧勝していますが、今回の着差も0.8差であまり変わらない。ベストウォーリアは2,3着が多いことからも力は出せるけれど、GIを勝ちきるだけの力にはやや足りないのかも。対してリッキーは弱点も露呈してきましたが、出し切ったときの力はベストとは比較にならない。それは分かっていたので、リッキーをアタマの馬券も抑えてはいたのですが、まさかベストウォーリアが馬券に絡まないとはなあ。と、戸詐欺―!!!!

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

17年かきつばた記念展望

 GWも後半戦です。皆様、いかがお過ごしでしょうか?え?GWなんて関係ない。仕事だ!仕事?まあ、そういう人も少なくないと思います……っていうか基本的に俺もそうです。暦関係ないしね。俺が羽根を伸ばしがちなのも、GWだから、というよりも春で抱えている顧客が少なめの時期というだけだしなー。でも、休みだろうが仕事だろうが、競馬ファンという時点でGWも馬券を止めることはできない。むしろ勝負のチャンス!(胴元は巻き上げのチャンスw) 3日は名古屋でかきつばた記念、4日は園田で兵庫CS、5日は船橋でかしわ記念が行われます。まず、かきつばた記念。短評も。

1. ドリームキラリ…前走も名古屋。名古屋大賞典は2番手追走も、早々に垂れてしまいました。1400は1戦して大敗していますが、その前後も大敗しているので、不調だったんでしょう。問題は鞍上。名古屋で乗ったことあるのかな?地方で54鞍乗って2勝とあるんですが。

2. トウケイタイガー…ソルテの全弟。中央1000万条件から園田移籍で快進撃。前々走の黒船賞は1.0差6着ですが、前走の東海桜花賞ではカツゲキキトキトに1.2差で圧勝。時計もこのレースでも足りそうな水準。中央馬にそこまで強力な馬がいませんし、中央馬とは3~6kgのハンデ差。食い込めると見ます。

3. マルカンパンサー…名古屋A2なら勝ち負けしていますが、南関A2で勝ちきれなかった馬。さすがにここは荷が重い。ただ、「論外」「場違い」と片付けるほど弱くはない。

4. タイニーダンサー…そこそこ走っているので、そこそこの人気になりそうですが、もう1年近く勝っていません。正直、2歳時に門別で見せた力より衰えている。グレードレースを勝っているのは、ほかに9歳のレーザーバレットしかいないので実績上位ともいえますが、3~5着じゃないですかね。軸にする気にはなれない。上が早熟馬ばかりだしなあ。

5. メモリージルバ…無理。

6. ショコラブラン…準OP、OP特別と連勝中で鞍上デムーロなので、この馬が一人気と思われます。ただ、地方の場数が少ないからか、中央のデムーロほど脅威とは思いません。岩田でも乗せてきたほうが怖かった。でも、この馬ぐらいしか勢いのある馬がいませんし、例年、ガミりそうなほど堅いレースでもあるので好走必至。

7. レーザーバレット…前走の東京スプリントは休み明けでも3着。衰えのないところを見せました。重賞3勝と実績上位ですし、交流を主戦としてからは小回りで勝っています。このレースは去年3着、一昨年2着。ハンデは年々増して、着順は落ちているのは気になりますし、58kgを背負うのは初めて。そこが気になります。

8. カツゲキライデン…論外。時計がまったく足りない。

9. タムロミラクル…佐賀記念2着、アンタレスS8着という微妙な実績。その前には今回出走のドリームキラリに負けてもいます。加えて一貫して中距離を使われており、1400どころか1600も勝つどころか使ってもいない。外目の枠も有利とは言えないし、佐賀記念のように前づけできるかどうか。1角までの位置取りで決まると思います。

10. ワンダフルタイム…場違い。時計がまったく足りない。

11. ケイリンボス…記念出走。

12. ラブバレット…去年の6着馬。実績的にはタムロミラクルあたりと大差ない。勝つまではどうかと思いますが、去年の面子よりは手薄とも思いますし、ハンデも1kg減ってます。問題は大外。12番は連対例がない(02年ブラウンシャトレー3着のみ) あと行きたい馬が1,2枠というのも厳しい。あって3着か。

◎レーザーバレット
※ショコラブラン
※ドリームキラリ
※タイニーダンサー
※トウケイタイガー
※タムロミラクル

 本命はレーザーバレット。斤量は気になりますが、昨年や前走より面子はラクですし、一叩きされた上積みを考えれば好走必至。勝ちきるかは分かりませんが、差して2,3着というイメージは容易に沸く。連軸として信頼。馬券は◎を軸に3連複。ただし、3複1人気になる2,6,7はカットします。トウケイタイガー人気しすぎ。不人気な中央馬の食い込みの可能性が高そうに思えます。7-1,4,9で決まるのが理想……とか書くと6-1,4,9、果ては1,4,9で決まるんだ、これが(フラグw)

テーマ:地方競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |

「被災地の今感じた 東北南部への旅」

 「被災地の今感じた 東北南部への旅」
 先日、東北南部へ旅に出た。東北六県の中で福島県には行ったことがなかったからだ。大震災の被災県とはいえ、福島市が物理的に大きく壊されたわけではないと思うが、それでも同市内を車で走っていると「避難住宅団地」の看板を何度か見かけた。震災のかさぶたのように思えた。
 ◇旅の後半では宮城県女川町を2年ぶりに訪ねた。かつて更地だった駅前には商店が立ち並び、その駐車場はいっぱいだった。私の車以外にも他県ナンバーの車が停まり、平日の昼間でもにぎわいを感じた。しかし少し離れれば、同町も石巻市も工事現場が目立ち、多くのダンプカーが行き交っていた。震災から6年余りたったが、目に見える復興のペースは遅いと言わざるを得ないし、そこに住む人々の心の傷跡が消えることはないのだろう。
 ◇いつかまた同じ場所を訪れたい。復興を祈念する思いもあるが、福島の地酒も女川丼(海鮮丼)も喜多方ラーメンもとてもおいしかったし、さらには福島競馬場でもおいしい思いをしたからだ。被災地で楽しむことも復興への一助になると思うし、それは一石二鳥になるだろう。「知る」だけでなく「体験する」ことで、きっと「理解」や「共感」は深まっていく。

(2017年5月1日東奥日報夕刊掲載)

テーマ:伝えたいこと・残しておきたいこと - ジャンル:日記

ねぶの投稿マシンガン | コメント:0 | トラックバック:0 |

17年天皇賞・春回顧ほか

☆天皇賞・春予想結果☆
◎キタサンブラック…連覇
○シュヴァルグラン…2着
▲シャケトラ…………9着
△アルバート…………5着
△レインボーライン…12着
△ラブラドライト……ビリ

 これが王者の貫禄なのか。キタサンブラックが1人気に応えて天皇賞・春の連覇達成。1人気は11年前にディープインパクトが勝って以来、10連敗中でしたが、連敗をストップさせました。さらにそのディープインパクトが持っていたコースレコードを0.9も詰めてきました。いよいよ完成の域に入ってきたのでしょう。毎度書いていますが、「ブラックタイドの隠れたギア」はキタサンブラックに装着されていたんだなあ。鞍上のユタカも天皇賞・春の勝利記録を8に更新。2着は4人気シュヴァルグラン。「2強」の一角、サトノダイヤモンドは3着に敗れました。3人気シャケトラはスタートで後手を踏んで終了。

 買い方はこれで良かったと思います。馬複のほうが3複よりもついていますし、もし2強決着で終わったら、それは仕方ないと諦めもつきますので。先週は福島牝馬Sに俺としては調子に乗った額をぶっこんだりして負けたのですが、今週は青葉賞、春天、香港のQE2世Cと馬複ですが、手堅く取って、先週の中央競馬の負けは概ね奪還しました。先々週の大勝を簡単に目減りさせないようにしないといけません(笑) 勝負ごとにもバイオリズムはあると思いますし、いいときに余力を蓄えておきたいですし、GWは週半ばに交流重賞3連発もありますしね!というか勝負をかけるなら、福島牝馬Sなどではなく、交流重賞ですよね。俺の買い方からして。

 ヤマカツライデンが大逃げをかましましたが、1000が58.3、2000が1分59秒台。暴走と言っていいペース。ただ、キタサンブラックも道中は5~10馬身後方とはいえ、遅いペースではない。1000は1分切ってそうですし、2000も2分01秒ぐらい?そして、2周目3角からは自分で動いていって、押し切りました。キタサンの上がり「4F」は47.5。さすがにラスト1Fは12.2と鈍っていますが、後続になし崩し的に脚を使わせています。キタサンブラックとユタカが完全にレースを支配していた。枠の差もあるでしょうが、それ以上に持久力と立ち回りの差を見せ付けたと思います。1年前は2,3着もありましたが、最近は有馬の2着だけであとは勝っている。1段強くなってます。

 サトノダイヤモンドはシュヴァルグランの位置が欲しかったでしょうね。ルメールも「内枠なら2着はあった」と談話に残していますし。春天の外枠は不利なのだと改めて感じました。ただ、レース前から池江師から泣きのコメントが出ていたように、3000だの3200はこなしはしても、ベストではないんでしょう。だから、宝塚では巻き返す余地はある。宝塚こそ2強決着のような気がします。馬場が渋ればなおさらです。サトノも新馬、500万と渋馬場で完勝しています。キタサンに勝つにはキタサンをマークできる位置にいられるかどうか。対キタサンはこれで1勝1敗。次は負けられない。こういう強い馬同士の激突はワクワクします。

 シュヴァルグランの福永はいい騎乗だったと思います。前にキタサン、後ろにサトノと乗りにくい立場でしたが、ベストの騎乗。納得の騎乗です。ヘタにためたりされると詰まったりするので(笑) 福永の談話……というか誰もが思ったでしょうが、100%の力を出し切ってもなお力負け。仕方ない。姉や妹に見劣らないだけの力はある。秋はBCターフだとか。それもいいかもしれません。1枠の2頭にも俺は期待していたのですが、スタートで後手を踏んで即終了……。ゴールドアクターも同様に終了。うーん。ただすんなりスタートしても、上位4頭に絡めたかは疑問ではあります。アドマイヤデウスやアルバートはスタミナ勝負に持ち込まれたのが良かったのかもしれません。長丁場のGIIでは今後も好走を期待できそう。

 青葉賞では、人気のアドミラブルが圧勝。ミルコが皐月賞2着のペルシアンナイトのダービーでの騎乗を即決しないわけだよなあ。勝ちっぷりがシンボリクリスエスやゼンノロブロイ、フェノーメノらの雰囲気に似てます。時計もいいですしね。ダービーでも勝ち負けでしょう。皐月賞組の評価が微妙なだけにアドミラブルの勝機も十分。ミルコが乗るならなおさらに。あとは来週の京都新聞杯の結果も気になります。

 香港でネオリアリズムが海外でGI初制覇。ドバイのヴィブロス同様にマジックマン・モレイラの手綱さばきが光りました。あんなところ(向正面)から一気にしかけて大丈夫なのか?と思いましたが、持たせてしまいました。すごいなあ。もちろん陣営の尽力や、札幌記念でモーリスをちぎるなど力は見せていた馬ではありますが、モレイラの騎乗なくしては勝利までは届いたかどうか。MIXIのつぶやきには書いたのですが、ネオリアリズムというか、そんなモレイラの騎乗だから、ネオリアリズムから流して馬券も取れたのですが、日本のオッズでは2番人気。Why?Japanese people?と言いたいですよ(古) 逆に海外ではネオが1人気だったらしい。そんなにみんなワーザーに詳しかったんですかね?去年の勝馬だってことしか知らないですよ、俺は(笑) あんまり考えすぎないほうが巧く買えることもありますよね。

テーマ:中央競馬(JRA)予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |