ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

『尾と口』

『尾と口』

鶏の口が牛の口になることはあっても

牛の尻尾が牛の口になることはない

口はどこにいたって口であり

尻尾はどこにいても尻尾でしかない



だってそうだろう?

尻尾が言葉を話せるかい?

尻尾で食事を摂れるかい?

尻尾は尻尾の役目しかできない



問題は口なら良くて

尻尾はダメだってことじゃない

それぞれ持ち場があるってこと

尻尾が口にあるからおかしくなる



鼻の下から生えた尻尾が

所在無さ気に振れているが

そこは顔であって尻じゃない

目障りなことこの上ない



口ならば、口でありつづけよう

鶏の口どころか虫の口だっていい

話さなくては、食べなくては

それは口ではないのだから



2012年1月17日作
2017年4月25日加筆修正
2017年5月7日ラジオNIKKEI『私の書いたポエム』放送分

スポンサーサイト

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |