ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

11年関東オークス回顧ほか

★関東オークス予想結果★
◎マニエリスム………3着
○カラフルデイズ……1着
▲ハルサンサン……4着
△マルモセーラ……8着
△ピュアオパール…2着

 1~4着まで買ってはいるのに馬券は外れ。俺は本命党なので軸が3,4着ということはもともと多いのですが、今年は特に多いと感じています。今回の2,3着は着差がありましたが、ハナ差だのクビ差で外れることが多くてストレスたまりまくリスティーですよ……。

 展望にも書いたように中央も地方も一番強い牝馬は出ていません。そして、中央勢は初ダートの馬や尻すぼみの馬などあまり見栄えのしない面子でしたが、それでも終わってみれば中央馬の1,2フィニッシュ。中央の層の厚さを見せ付けられました。カラフルデイズはここでは力上位だったのかもしれませんが、さすがに地方での岩田は巧い(中央でもうまいけれども) アイアムアクトレスと2戦して、歯が立たなかった馬でもこの結果。JDDに出ても面白いかもしれませんね。

 ピュアオパールは初ダートでしたし、これまでもの戦績、血統から2100は長いと思われたのですが、ゴール寸前まで逃げ粘り。ダートはこなすかもしれないとは思っていたのですが、ここまで粘るとは思いませんでした。芝ではアタマ打ちでしたし、新境地を開拓したかもしれません。しかしながら、本質的にはマイルがベストじゃないかと思います。兵庫CSでだらしなかったマルモセーラ、リアライズノユメは見せ場なく大敗。今後はちょっと買えないですね。ヘタにOPの賞金を持っているのが余計につらい。

 このメンバーならマニエリスムやハルサンサンもいい勝負になるかと考えていたのですが、離れた3,4着争いまで。カラフルデイズがスパっときれたのに対して、マニエリスムとハルサンサンはジリジリとしか伸びませんでした。どちらも距離が長かったのかもしれません。中央馬に対しては分が悪かったようですが、南関の3歳牡馬相手ならいい勝負になりそう。黒潮盃や戸塚記念あたりで見てみたいですね。マンボビーンはやはり交流では荷が重かったようです。

 そして、昨日は北海道スプリントCが行われました。圧倒的な人気はミリオンディスクでしたが、戦績を見ればすぐに分かるように2,3着ばっかりの馬です。砂のエアシェイディといった雰囲気です。昨年はこのレースを勝ちましたが、昨年よりもミリオン自身の勢いが落ちていますので、マルカかヤサカの単で堅いだろうと思ってはいました。ただ、買って外れたら悔しいし、当たっても配当が見込めないのでケンにしました。結果は案の定といったところ。

 エレガントスピーチの逃げを見る形でヤサカファインは競馬。4角で抜け出して押し切るかにも思えましたが、マルカフリートが中団から鋭く伸びて差しきり勝ち。中央で準OPを勝てる馬で、地方適性があればこれぐらいやれますね。ミリオンディスクもいい感じの位置にいたのに、マルカとはキレがまるで違い、ヤサカにも3馬身離された3着。ミリオンは軸にして買える馬じゃないですね。ヘタに2,3着を続けるので人気も落ちずに妙味もないですし。

 ヤサカファインは今年も交流をにぎわしてくれそうです。最近の南関の短距離馬は粒ぞろいですね。もう一頭の中央馬・ガブリンはスタートで出遅れて、差を詰めただけの競馬。もう9歳ですし、上がり目も望めません。数年前までの交流重賞には「森厩舎枠」でもあるのか?というぐらい、ダート戦線に送り込んでいた森厩舎ですが、ガブリン程度しか送り込めないのはさみしいものです。栄枯盛衰か……。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『ライラライ』 | HOME | 11年関東オークス展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |