ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

11年宝塚記念展望

 昨年の宝塚記念は人気薄のナカヤマフェスタが一気の差し切り勝ちを決めました。昨年の俺の馬券で最高配当(79倍ほど)だったので印象にも残っています。年によってはこれがGIなのか?というようなメンバーになる年もありますが、今年は勢いのある4歳勢が多く出走し、豪華メンバーとなりました。いつものように各馬の短評を述べていきます。また、梅雨どきですし、今週末の阪神の天気も微妙です。良馬場以外での実績にも注意が必要。

1.ナムラクレセント……阪神コースは合っていますが、ここ2走長距離で結果を出しています。菊3着馬です。中距離での勝ち鞍もありますが、長距離のほうが合っているのかなとも思います。去年は9着に敗れていますし、トップクラス相手だともう少し距離がほしい。

2.アーネストリー……昨年の3着馬で昨年と同枠です。休み明けから金鯱賞を叩いてというステップも同じですが、昨年より勢いはない。また、昨年よりも面子も強い。もちろん注意は必要なんですが、去年より着順を落とすかもしれません。

3.ルーラーシップ……前走は出遅れて、スタートで終了か……と思いきやまくり勝ち。少なくともアーネストリーに先着されるとは思えない。ただ、この馬の戦績が勝って5着、勝って6着のように連勝がない。たまたまかもしれませんが、ちょっと気にはなります。

4.エイシンフラッシュ……昨年のダービー馬。ここ2走、善戦及ばずに負けていますが、勝たれた相手に勢いがありました。距離はこのぐらいのほうが良いかと思います。故障で離脱の内田に変わって、必殺仕事人のアンカツ。鞍上が変わるのはマイナスにはならない。

5.フォゲッタブル……無理。勢いがまだあった昨年でも10着です。ここ4走続けて、しかもOP特別でも10着以下のこの馬が好走する余地はない。そもそも距離が足らない。ジャギの如く「兄より優れた弟などいねえ!」と言いたいところですが、弟ルーラーシップには勝てないでしょう。

6.アサクサキングス……いくらなんでも1年以上の休み明けでは厳しい。もっとも休み明けでなくともどうにかなるとは思えませんが。

7.ハートビートソング……勢いのある上がり馬です。目黒記念は2着でしたが、勝ち馬とはハンデ5kg差もありました。ただ、今回はハンデをもらいたいぐらいのメンバーだけに……。重とやや重で1勝ずつしており、渋馬場は得意。

8.ブエナビスタ……昨年の2着馬で昨年と同枠です。コース適性も実績も申し分ない。しかしながら、もともと2,3着も多い馬ですが、ここ4走は勝ちきれていない。距離延長はプラスでしょうが、相手は大幅に強化。全盛期は過ぎつつあるのかなと思わないでもないです。

9.ローズキングダム……春天ではよもやの大敗ですが、その前から勝ちきれていない。そもそもJCも繰り上がりだしなあ。連下まででしょう。朝日杯はG1.5で、JCが2着だと思えば、実にバラ一族らしい戦績です。渋るとつらいようにも思えます。

10.ドリームジャーニー……GI3勝馬ですが、一昨年の有馬記念以来勝っておりません。このままでは「オルフェーヴルの兄」になってしまいます。穴人気になりそうですが、もうピークは過ぎたのでしょう。苦戦必至と見ます。

11.ダノンヨーヨー……2000以上を使うのは初めてですが、距離は持つと思います。ただ、能力自体が足りてなさそう。富士S勝ちはありますが、さすがにトップクラスでポンポン勝てるほどではないようですし。

12.シンゲン……骨折による7ヶ月の休み明け。10ヶ月の休み明けで昨秋のオールカマーを制したように鉄砲駆けする馬ですが、さすがにGIではどうでしょう。ただの休み明けではなく病み上がりですから。鉄砲じゃなくてもGIは勝っていないのに。

13.トーセンジョーダン……筋肉を痛めての5ヶ月の休み明け。条件は良いと思います。春の頓挫で勢いをそがれていなければいいのですが。

14.トゥザグローリー……春天は馬の押さえがきかずに大敗。福永に手が戻るのはプラスと思います。3200という距離も長かったのかもしれない。現状では2000~2500ぐらいがベストのようです。ただ、短期放牧を挟んだとは言え、ここ数ヶ月使われすぎが気がかり。

15.トレイルブレイザー……重賞勝ちもないのでは荷が重い。それに距離もやや足りない。菊花賞でも買っていましたし、期待をかけている馬なんですが、本格化はもう少し先のようにも感じます。

16.ビートブラック……重賞勝ちもないのでは荷が重い。それに距離もやや足りない。菊花賞でも買っていましたし、期待をかけている馬なんですが、本格化はもう少し先のようにも感じます。

 ◆チェックポイント◆
・8歳以上馬……いない
・混合GIでの連対のない牝馬……いない
・重賞勝ちがない……ハートビートソング、トレイルブレイザー、ビートブラック
・中2ヶ月以上……アサクサキングス、ドリームジャーニー、シンゲン、トーセンジョーダン
・前走・GIII以下で負けている……いない
・前走・金鯱賞以外のGII……フォゲッタブル、アサクサキングス、ハートビートソング、ドリームジャーニー、トーセンジョーダン、トレイルブレイザー
・前走・金鯱賞で3着以下……アーネストリー
・前走・GIで2ケタ着順かつ前々走で重賞を勝っていない……ローズキングダム、ダノンヨーヨー、シンゲン

 残ったのは、ナムラクレセント、ルーラーシップ、エイシンフラッシュ、ブエナビスタ、トゥザグローリー、の5頭。昨年もちょっと荒れましたし、ガチガチのGIではないのですが、来る馬の傾向はかなりハッキリしています。腐っても春のグランプリですので、重賞未勝利なんて馬はまず連対しない。ステイゴールド以来おらずこの10年では1頭もいない。3着まで含めてもローエングリンしかいない。

 残した馬ではナムラクレセントがこの距離のGIで連まで来れると思えないので消し。一番人気の可能性もありますが、ルーラーシップがここでGI勝ちを飾ると見ました。金鯱賞勝ちというステップは昨今の宝塚記念では最良のステップです。しかも勝ち方がすごかったですから。馬券はルーラーシップからの馬単裏表。馬複と同じことですが、馬単にしたほうが多少は配当が良さそう。裏がつけば特に。

 ◎ルーラーシップ
 ○トゥザグローリー
 ▲エイシンフラッシュ
 △ブエナビスタ
スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<犬とPC | HOME | IT'S A WONDERFUL WORLD>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |