ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

11年帝王賞回顧

☆帝王賞予想結果☆
◎スマートファルコン……1着
○エスポワールシチー…2着
▲バーディバーディ……3着

 スマートファルコンが圧倒的人気に応えて9馬身差の圧勝でJpnI3勝目を飾りました。好スタートからハナを奪うと、そのまま逃げ切りました。マグニフィカ、エスポワールシチー、バーディバーディがスマートの後ろ5馬身以内にいましたが、他の7頭は10馬身以上後方。3角でマグニフィカが脱落し、直線ではエスポもバーディもまるでスマートにはついていけませんでした。まるでサイレンススズカのようでした。脚質もそうですがユタカに乗り代わって連勝街道というのも重なります。少なくとももう地方のJpnIからは逃げないでしょう。地方の馬場でこの馬に勝てる馬は現在いませんから。道中で13秒台が一度もない。ハイラップで飛ばして、上がりも最速じゃあお手上げでしょう。フリオーソでもトランセンドでも無理。スマートファルコンは完成したようです。「競走」ではなかった。スマートファルコンと武豊は他馬に関係なくグルリと回ってきただけ。もうずっと中央では走っていませんが、秋は中央も試してほしい。そこで完敗するようなら、地方に専念すればいいわけで。

 エスポワールシチーは何の抵抗もできませんでした。バーディバーディを振り切るのが精一杯。まだ本調子ではない、初めてのナイター、初めての2000などかばう要素もありますが、9馬身もぶっちぎられるとかばいきれるものではない。名古屋大賞典でのワンダーアキュートの差、かしわ記念でのラヴェリータの差、そして今回のバーディバーディとの差を考えるとピークは過ぎてしまったのかな、そんな気がします。馬券的にはバーディバーディに2着まで来てもらえると嬉しかったのですが、直線ではエスポと大して変わらぬ末脚になってしまいました。アドマイヤスバル化している(笑) 面子がそろえば人気を落としそうですが、それでもやっぱり3着のような気がします。

 ここ数戦いいところのなかったボンネビルレコードでしたが、夏馬なのか、今年も帝王賞では奮起して4着でした。とは言え、3着のバーディバーディからは4馬身も離されており、今後の交流重賞でどうこうとは言えない。5着に長期休み明けでは初めて完走したフィールドルージュ。正直、今のフィールドルージュにタートルベイやシーズザゴールドが負けてほしくはなかった。フィールドルージュが次にどこを使うか分かりませんが、これを好走とは呼べないと思います。頑張ったとは思うけれども。マグニフィカはスマートに付き合って逃げたのだから、これはもうしょうがないです。他地区馬は交流重賞を勝ち負けできるレベルじゃないと無理ですね。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ラーメンドライブ | HOME | 11年帝王賞展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |