ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

才と徳

松本復興相辞任

 基本的に俺は不徳の人間であっても、地位にふさわしい才があるのなら、問題ないと考えています。ベルルスコーニのように孫娘のような娘と突き合おうが、ビル・クリントンのようにホワイトハウスセックスしようが、才があるのならかまわないと思っています(ベルやクリの才は俺には計れないが) だから、以前、議員会館に愛人を泊めた議員もいましたが、そんなこともあるだろうぐらいに感じていました。

 しかし、舌禍事件を頻繁に起こす人間は大臣どころか議員に向いていない。彼らが使用するのはトラクターでも漁船でもなくて言葉です。議員は代議士とも言いますが、地域の人間に代わって、あるいは代表して議論する人間です。状況に合った言葉を扱えない人間は論外だろう。辞め際の捨て台詞もひどいもんだ。目の前の人間を見えているかどうかも怪しい。ましてや知事の後ろにいる被災者の姿を想像することなどできやしない。

 前後の文脈はあれども、九州人だから被災した町や市を知らないとか言い出すなら、復興担当大臣は東北人を任命すべき。民主党……東北……小沢。小沢でいいんじゃないの?西松建設フル稼働でやってくれるんじゃない?(笑) 福島県選出の渡部のじいさんでもいい。渡部のじいさんが原発誘致に尽力したとも聞きますので。少なくとも被災した地名は覚えているし、舌禍事件は起こさないでしょうから、ナンボかマシでしょう。
スポンサーサイト

テーマ:震災救援・復興 - ジャンル:政治・経済

晴れ時々ウツ | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<いくついえるかな? | HOME | 11年函館スプリントS回顧ほか>>

この記事のコメント

同感です。
こういう人が復興大臣なんて、とんでもない、と思うのと同時に、県を国の下に見るようなこういう感覚は、もしかして大臣になれるようなお偉い議員さんにとってはごく普通(当然)の感覚なのか!?と思うと、そら恐ろしい気がしました。
エリート官僚なんかにもこういうタイプの人がいそうです。

>西松建設フル稼働で・・・

これいいかも。はは。
2011-07-06 Wed 20:06 | URL | 小春日和 #-[ 編集]
 >小春日和さん
 県を国の下に見るかどうかは人によりけりだろうと思います。逆に県で国を見る人間もいます。上も下もなく、各人が決めているのでしょう。エリートかどうかわかりませんが、何人か官僚の方とも話したことがありますが、別段えらぶったところはありませんでした。単なる受験エリートじゃないからかもしれません(オヤジの山がらみなので)
2011-07-12 Tue 18:31 | URL | ねぶ #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |