ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

11年ジャパンダートダービー回顧

★ジャパンダートダービー予想結果★
◎クラーベセクレタ………3着
○タガノロックオン………4着
▲エーシンブラン………10着
△グレープブランデー…1着
△ボレアス……………2着
△キスミープリンス……5着
△ヴェガス……………7着

 クラーベセクレタについては展望で「連軸鉄板。アタマ鉄板としないのは、この馬を頭にしても妙味はないし、何が起きるかわからない」と書きました。世間の人も分かっているのか、一番人気はクラーベセクレタではなく、グレープブランデーでした。そして勝ったのもグレープブランデーでした。そして、ここ2走と同じくグレープブランデーの直後にはボレアス。グレープブランデーを信頼していたら、当然ボレアスもセットで買うので当たります。グレープブランデー&ボレアスよりも他路線を上に見ると俺のように外れます(笑) 

 往々にして、戦前から騒がれすぎるとロクなことになりません。古い話ですがエアグルーヴのエリザベス女王杯の際、伊藤雄(元)調教師は「8分の出来でも勝てる」と語り、結果は3着でした。次走のJCでは2着に来れていたのに。サイレンススズカにしてもJCへ、アメリカへと語っていたら悲劇が起こりました。あとは松田国師の活躍馬の多くもそうです。今回、クラーベ陣営は浮かれていませんでしたが、マスコミやファンの感じに多少の不安を感じていました。それでも連は外さないと思っていたんですがね……。

 レースを引っ張ったエーシンブラン、ピュアオパール、ベストマイヒーローは4角で終わっていました。前の馬は掃除されるだろうとも思っていましたが、掃除するのはクラーベセクレタだと考えていました。しかし実際に掃除したのはグレープブランデー。グレープブランデーは道中ずっとクラーベセクレタの1馬身前。その差は最後まで詰まることがありませんでした。そして、その1馬身の間にボレアスがねじ込んできました。タガノロックオンは外から伸びるも4着まで。以下南関4頭、中央2頭、他地区馬……に混ざってピュアオパールでした。

 配当も堅かったですし、順当な結果だったと思います。しかし、ボレアスは来ないで欲しかった。中央では陰りも否めないですが、地方のユタカは今でもやっぱり巧いなあ。外を回していたら4着だったかもしれない。タガノロックオンとの差はコーナリングだと思います。中央3歳ダートは小粒の評が散見されましたし、俺自身もそう書いたのですが、粒は粒でも粒ぞろいなのかもしれません。傑出した馬はいなくても。今後の成長が望めそうな馬にも見えてきました。逆に2歳時に活躍していた馬たちは交流では脇役に追いやられそうです。

 グレープブランデーはダートでの連続連対を8に伸ばしました。それだけではなく掲示板に載った馬たちは皆安定感があります。すぐにスマートファルコンやフリオーソに敵うとはまったく思いませんが、その2頭も上の世代(カネヒキリ、ヴァーミリアンら)に跳ね返されながら、やがては引導を渡しました。この世代もそういう世代に育っていくように感じます。それは俺の願望でもありますが。3着に敗れたとはいえクラーベセクレタも立派なものです。ラヴェリータはあと2戦で引退しますし、トーホウドルチェやアイアムアクトレスともいい勝負になりそうです。

 俺の馬券にありがちなギリギリハズレで……まあ、多少はムカムカしますが、それを帳消しにするぐらい見ごたえのあるレースではありました。最後に、ベストマイヒーローはやっぱりこんなものか。昨年のロックハンドスターよりも悪い結果になってしまいました。ロックハンドスターがダービーGPで他地区馬を一蹴したように、岩手の門番になってほしいと思っていました。それだけにミサキティンバーやアムロにも突き放されているのは残念を通り越して悲しくなります。こんなときだからこそ岩手競馬からスターホースが出てきて欲しい。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『1/1』 | HOME | ワクワクさせてくれる車を>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |