ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

11年アイビスサマーダッシュ展望

 明日は新潟でアイビスサマーダッシュ(G3)が行なわれます。先週のプロキオンSほど露骨ではないですが、外枠優勢。1枠は連対がなく、2枠1勝、3枠2着1回のみ。新設レースだったのに気づけば今年で11回目。過去10回で1~3枠が2連対というのはいかにもひどい。前走OP以上なら5着以内、条件戦なら3着以内というのがだいたいの傾向です。ではいつものように短評です。

1.バイラオーラ……前々走で直1000を勝っているのは魅力ですが、死に目の1枠ですし準OPで大敗続きの馬では力不足でしょう。

2.テイエムキューバ……未勝利・ひまわり賞勝ちしかなく、中1年で一叩きなんて馬はとてもじゃないが買えません。1枠なのも良くない。

3.エーシンヴァーゴウ……前日売り1番人気の馬です。直1000のOPを勝っているのは大きい。重賞と言っても例年手薄な面子だけに問題はない。あとは枠がどうか……。

4.アイアムマリリン……特筆するほどの実績もなく、内枠ですので買いづらいです。直1000勝ちがあるわけでもないし。

5.サアドウゾ……直1000で連勝中。条件は最適で勢いもあります。後は3枠という微妙な枠順がどうなのか?

6.マルブツイースター……去年の3着馬。この条件の適性はあるのだと思いますが、いかんせん近走が悪すぎます。3連のヒモ穴なら……。

7.アポロドルチェ……一昨年の2着、去年の4着馬。ただし、去年は大外でした。年々、成績が先細っていますしどうですかね。

8.マヤノロシュニ……直1000で3勝。それを含めて新潟でしか勝っていない。ただし、前々走はその直1000でセブンシークイーンの5着。

9.セブンシークイーン……前々走の直1000の準OP勝ち。内枠ながら勝利。枠もまずまずですし、好走は期待できるのではないでしょうか。前走よりも枠も良い。

10.ストロングポイント……直1000で2勝、前走も同条件で2着。前走で0.1差の1着だったエーシンヴァーゴウが単4倍で、この馬が単20倍?気になります。

11.ヘッドライナー……直1000は未出走ですが、同じ平坦左回りの中京で実績があります。今回は実績も最上位です。枠も手ごろで勢いもあります。ここは勝ち負けでしょう。

12.エーブダッチマン……中山が得意で、京都であまり結果が出ていないというのは気になります。新潟1400の準OPで4着もありますが、この馬向きの条件じゃないように感じます。

13.アポロフェニックス……この馬も中山を中心に函館、福島の勝ち。京都で結果が出ていないのはどうなのか。実際に一昨年のこのレースでは大敗しています。それに近走不振。買えない。

14.シャウトライン……昨年の5着馬。前々走の直1000OPで3着。直1000は合っている。枠にも恵まれましたから好走できるかもしれません。

15.スピニングノアール……2年ぶりの実戦で買えるわけがない。6年前のこのレースの3着馬ですが、その後2度もこのレースに出ていますが掲示板に載れていません。

16.ジェイケイセラヴィ……去年の2着馬ですが、成績が下り坂なのが気になります。ただし、大外枠と良い枠を引けました。でも、けっこう人気しているのがなんとも……。

◆チェックポイント◆
・1~3枠……バイラオーラ、テイエムキューバ、エーシンヴァーゴウ、アイアムマリリン、サアドウゾ、マルブツイースター
・7歳以上……ヘッドライナー、シャウトライン、スピニングノアール、ジェイケイセラヴィ
・半年以上の休み明け……スピニングノアール
・前走OP特別で9着以下……マルブツイースター、
・前走条件戦で4着以下……バイラオーラ、テイエムキューバ、アイアムマリリン、マヤノロシュニ

 残ったのはアポロドルチェ、セブンシークイーン、ストロングポイント、エーブダッチマン、アポロフェニックスの5頭。直1000に実績ある馬は内枠へ、外枠には7歳以上馬が多く、悩ましいです。そんなに人気になってもいませんが5枠の2頭に期待してみたい。

◎セブンシークイーン
○ストロングポイント
▲エーシンヴァーゴウ
△サアドウゾ
△ヘッドライナー
△エーブダッチマン

 馬券は枠連5-2,3,6 2-3,6の5点。どうもこの頃の予想がぱっとしないので当てにいきました。
スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<11年アイビスSD回顧&マーキュリーC展望 | HOME | 『1/1』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |