ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

メメントモリ

同年代の友人達が家族を築いてく
人生観は様々 そう誰もが知ってる
悲しみをまた優しさに
変えながら生きてく

負けないように枯れないように
わらって咲く花になろう
ふと自分に迷うときは
風を集めて空に放つよ 今
(Mr.Childeren『花』)

 あらさーなOSSANの俺ですが、この年頃になると結婚しただの子供ができただのという知らせがちらほら聞こえますね。幼稚園~高校まで一緒だった幼馴染のDが結婚するそうです。大学進学以後は共通の幼馴染だったTくんが急死した際の葬式で会ったっきりかなあ。従弟も遠くないうちに結婚するようですし、長年、同棲生活の弟にしても、定職にありついたので来年あたり結婚するのかもしれない。さらには地元紙の読者投稿欄担当のNさんまでわざわざ出産休暇で8月から来年4月まで休みますと律儀に知らせてくれました(笑) そんな話を立て続けに聞いていたら、脳裏によぎったのがこのミスチルの『花』の歌詞の一節でした。俺は悲しみを優しさに変えられるだろうか?

 今日の地元紙夕刊に俺の投書が載っているはずですが、今回に限って匿名(しばお名義)にしてもらっています。理由は長くなるので割愛。35回目ぐらいですかね。50回が当面の目標。7月下旬~8月上旬にオヤジの本の売り込みを兼ねて編集者の方が弘前にきます。で、俺が例のようにアシとして同行、ついでに宿泊もしてくるのですが、その際に俺のタバコの著作を見てもらう予定です。1つカタチになれば、俺の迷いも1つ消えるような、そんな気がしています。書きまくるしかないので、自殺に関する雑文を書き溜めています。タバコ、自殺、障害者福祉、東北の馬産が俺の注目している分野です。基本的にポイズンな内容です。美辞麗句を並べたノンフィクションなんぞ何の意味もないと思っているので。

 話は変わって、近所のスーパーなんですが、なんでレジ係がみんな金髪なの……?茶髪はまだしも金髪なんてコンビニでも滅多に見ないんだが。来店者の大半がおばちゃんのスーパーに金髪店員ばかりってのはどーなんだ?しかも、母の話ではしばしば計算が間違っているらしい。レジを使っているのに計算を間違うってのもどーなんだ?
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<地方選の一票 生活を左右する | HOME | 11年マーキュリーC回顧>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |