ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

地方競馬雑感

 こないだの水曜日、大井競馬場で地方競馬初の国際交流競走となったサンタアニタTが行われました。従来からあったレースですが、内回り1600mから外回り1800mへ、南関限定から国際競走へと変更されました。そして、早速アメリカからの招待馬・レッドアラートデイが参戦。調教師はフリートストリートダンサーでJCダートを制しているオニール師です。人気の一角に支持されましたが、終わってみればビリでした(笑) 俺は買いませんでしたが、それなりに好走してほしかったところ。東京大賞典が今年から国際GIになりますが、この結果を受けて遠征してくる馬がいなくなってしまうかもしれません。思えばかつてのフリートストリートダンサーにしても、不良馬場の時計勝負になったので勝てたような気がしないでもありません。

 そんなサンタアニタTを制したのは昨年の勝ち馬・カキツバタロイヤルでした。施行条件が変わったものの内から鋭く抜けて完勝。石崎駿騎手も巧く乗りました。オヤジさんの衰えが顕著になってきましたが、その分、息子が成長してきています。2着、3着は戸崎、的場の騎乗の高齢馬マズルブラストとボンネビルレコード。マズルブラストは距離が短いんじゃないかと軽視してしまいましたが、ジリジリ伸びて2着確保。ボンネビルレコードは……道中の位置取りが後ろ過ぎましたし、往年のキレはもはやありませんでした。南関重賞を勝ちきるのも厳しくなってきたかもしれません。しかし、それに先着できないカキツバタロイヤル以外の馬は情けない。南関の短距離路線はナイキマドリード、ヤサカファイン、ジーエスライカーなどコマがそろっていますが、中長距離戦線はフリオーソの後に続く馬が出てきません……。

 お盆の風物詩とも言えるブリーダーズGC、クラスターC、サマーチャンピオンの交流重賞3連発がもうすぐです。既に出走予定馬も発表になっています……が、中央馬の面子が微妙だなあ。ブリーダーズGCはエーシンモアオバー、シビルウォー、ピイラニハイウェイ、メイショウタメトモ、ロールオブザダイスの5頭。クラスターCはサンエムバーム、スマートブレード、ドスライス、トーセンクロス、グランドラッチの5頭です。ブリーダーズGCの5頭で重賞勝ち馬は近走不振のロールオブザダイスだけ。クラスターCに至っては、準OP勝ちしかない馬が4頭です。ひでえ(笑) これなら普通にラブミーチャンが完勝しそうですね。輸送に問題がなければ、ですが。まあ、抜けた馬がいないので馬券的には面白くなるかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ:地方競馬 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<将棋を指してみた | HOME | 『One』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |