ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

野球留学

 「青森県代表」の光星学院が三沢高校以来の夏の甲子園で決勝進出を決めました。しかし、青森県民の俺はまったく応援する気になれません。同じように感じる青森県民の方は少なくないかと思われます。なぜかといえば、書かなくてもお分かりの方もいるでしょうが、野球留学者で固められた学校だからです。監督以下、キャプテン、エース……皆、関西人です。県内のローカルニュース番組で甲子園へ向かう前に意気込みを語る監督以下選手達が関西弁なまり。応援する気が失せます。レギュラーメンバーだと今大会3本塁打の川上選手は沖縄県出身で、あとは関西人です。青森県民はベンチに2人ほどいるだけ……うーん。

 別に選手に非がないなんてことはわかっています。問題があるのは野球留学というシステム。県外人で固められたチームが「青森県代表」として出場してしまうと、都道府県別に出場する意味がないのではないでしょうか。ラグビーの高校選手権などは東京や大阪代表の枠が2つも3つもあります。夏の高校野球も以前、記念大会で行なわれたように、神奈川、大阪、兵庫も2枠にすればいい。高校野球、それも夏の大会はプロ野球をしのぐほどの盛り上がりを例年見せますが、それは国民的な人気の野球という競技で、郷土の代表が出場するからという面があると思います。郷土の代表が他県の人間ではゲンナリですわ。

 たとえば……サッカーの日本代表でもかつてのラモス、ロペス、昨今もトゥーリオなどの日本に帰化した人がいます。それが問題になってはいない。しかし、ベンチ入りメンバーのほとんどが帰化した選手で応援できるでしょうか?プロ野球では外人選手枠がありますがこれがなかったとして、グランドにいるナインが皆、外国人……応援できるでしょうか?光星学院を見守る青森県民ってのはそんな立場です。そして、先述したように、都道府県別代表というシステムが形骸化している。個人的にはプロ野球の外人選手枠と同じように、県外人選手枠でも設ければいいんじゃないかと思います。導入にはいろいろ障壁があるかとは思いますが。

 いっそ、光星学院は優勝すればいい。そして、青森県代表が関西なまりで優勝インタビューに答えればいい。そうすることで現状のいびつさが浮き彫りになってほしいと思います。ちなみに、関西人ばかりだから関西なまりを問題にしているのであって、これが土佐弁なまりだろうが、薩摩弁、博多弁なまりだろうが同じことです。
スポンサーサイト

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

晴れ時々ウツ | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<恐怖の山 | HOME | 何も買えなくて……夏>>

この記事のコメント

光星学院、負けちゃいましたね。残念です。身内が青森(八戸)にいるので応援してたんですけど。
高校野球の事情には疎いので、かえって“象徴”としての県別対抗をイメージできるのかも。

光星学院を見守った他県民より(笑)。
2011-08-20 Sat 23:05 | URL | 小春日和 #-[ 編集]
 >小春日和さん
 返信遅れて申し訳ない。ええ、疎いと気にならなくても、欠かさず見ているような人には気になることってたくさんあります。準優勝したはいいものの、レギュラーメンバーの飲酒などが発覚するというオチがつきました。好事魔多しですね。
2011-08-31 Wed 16:29 | URL | ねぶ #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |