ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

11年新潟記念&キーンランドC回顧ほか

 今日は……というか今週の中央競馬はクローバー賞のワイド2-10のみ購入しました。断然の一番人気に押されていた2番オメガホームランですが、先行してなだれ込んだだけの3着。さらに10番エクソプラネットは見せ場すらなく6着に沈みました。オメガホームランの新馬は見ていませんでしたが、別にすごいタイムでも、着差をつけて勝ったわけでもなく、単に札幌で勝っていたのがこの馬だけだったから人気していたように思います。ダリア賞のエイシンキンチェムの人気とはわけが違ったようです。勝ったのは2番人気のマイネルロブスト。母が2歳時にそこそこ走ってそのまま引退。しかも馬主はラフィアン。仕上がり早だから勝ったように見えます。この先、楽しみという馬は見当たりませんでした。

 重賞は札幌でキーンランドC、新潟では新潟記念が行なわれました。札幌では人気に応えてカレンチャンが先行押し切りしました。これで重賞3勝を含む4連勝。父クロフネのスプリンターということからも数年前のスリープレスナイトを彷彿とさせます。次はスプリンターズSですが、よくある「夏は牝馬」な馬で終わるのか、GI戦線を引っ張る馬になるのか注目です。一般的には洋芝の北海道で強かった馬は中山でも期待できると思っています。あとは調子を大一番まで維持できるかどうかでしょう。2着に入ったのがビービーガルダン。能力の衰えは否めない現状でしたが、北海道に来ると走るんだなあ。今春の高松宮記念でも4着でしたし、条件さえ合えばまだやれるようです。ただ……ピークを過ぎていると思えるこの馬に先着される他馬もどうなのか。

 新潟記念はナリタクリスタルが連覇しました。2着にサンライズベガですが一昨年の2着馬です。2頭ともリピーターで、なおかつ今年に入っても重賞を勝っている馬です。これで馬連万馬券か……。セイクリッドバレーやタッチミーノットが人気なのは分かりますが、ヤマニンキングリーだのオペラブラーボだのよりはよほど買える馬だと考えるのは結果論でしょうか。馬柱を見てもヤマニンキングリーなんてとても買う気になれないですよ(笑) ユタカも意地を見せたような気がします。以前ならナリタクリスタルの実績でユタカ騎乗なら、5番人気なんてありえなかったのですが。連対した2頭は特徴がハッキリしています。平坦ローカルでしか来ない。次に来るとすれば暮れの中日新聞杯あたりでしょうか。阪神や中山はまったく向かないと思います。

 来月7日には次の交流重賞・オーバルスプリントが浦和で行なわれます。これまで南関限定重賞でしたが、今年から交流になったようです。数年前のレパードSと同じで、格付けなしのタダの重賞です。中央の出走予定馬はスーニ、ダイショウジェット、トーホウドルチェ、ニシノステディーの4頭。前記3頭はいつもの3頭。ニシノステディーは新顔の3歳牝馬です。3歳牝馬で初の交流?と思ったらここ2走が1000万、1600万と連勝の上がり馬です。ただ、ダートは1戦して6着。うーん。他地区馬もキングスゾーン、トウホクビジン、グランシュヴァリエのいつもの皆さん。南関勢もナイキマドリードもヤサカファインもジーエスライカーもいません。飛車角落ちです。これならスーニだろ!と言いたいところですが、GI馬のスーニは60kgです。他馬は概ね55kg以下。意外と予想は難解かもしれません。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<どこか遠くへ | HOME | 近況>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |