ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

11年日本テレビ盃回顧

 フリオーソとスマートファルコンの対決に注目が集まっていた日本テレビ盃でしたが、フリオーソが疾病のために競走除外。スマートファルコンがどう勝つかだけのレースとなってしまいました。無難なスタートを切ったらあとは一人旅で完勝。連下と目されていたフリソ、カキツバタロイヤル、ピイラニハイウェイは自分の競馬をしただけ。カキツバタロイヤルは3角、4角で多少差を詰めてなんとかしようと思ったのかもしれませんが、結果、末が甘くなってフリソに差されてしまいました。フリソじゃスマートに勝てるわけないですね。オー(=王)がついてないとダメだ(笑)

 スマートファルコンが負けるとしたら、スタートで出遅れるか、誰かが玉砕覚悟で鈴をつけに行くしかないかと思われますが、ごく一部の地方馬(フリオーソ、カキツバタロイヤルなど)以外では鈴をつけに行くことも能力的に難しい。中央馬はそんなことをしたら自分の馬がつぶれて大敗しかねないので、そんなことはしない。脚質や能力を考えるとエスポワールシチー、トランセンド、フリオーソのいずれかがスマートの直後でつっつくぐらいが精一杯なのかもしれません。スマートが中央を使わないと批判の向きもありますが、以前は統一GIも使ってきませんでしたが、今は使っています。JCDも勝算が十分にあると思えば使うかもしれません。

 ピイラニハイウェイもこのところちょくちょく交流に出てきますが、4着ばっかりですね。今回のメンバーでも4着では今後も馬券に絡む余地はなさそうです。スマートを外して考えてもカキツバタロイヤルには完敗です。カキツバタロイヤルはメンバー次第では今後も2,3着はありそう。フリソはスマートに負けるのは想定内でしょうし、2着で賞金を上積みできたのが大きいと思われます。これで今後、交流GIIIに出やすくなります。白山大賞典あたりを狙っているんじゃないかな。しかし、南関馬が馬場を貸しているだけなのがなんとも……。フリオーソの回避で、カキツバタロイヤル、テイエムカゲムシャの2頭だけですから。

 長々と予想する気にもなれなかったので展望を書きませんでしたが、枠連5-8を1点で的中!やった……と思いもしませんでした。昼間の段階で140円でしたから。払い戻しはさらに少ない120円(×3)でしたが。このところちっとも馬券が当たっていなかったのでガッチガチの馬券ですが、当たったことで勝負運が変わってくることを祈るところ。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<11年オールカマー展望 | HOME | 雑感>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |