ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

11年オールカマー&神戸新聞杯回顧

★オールカマー予想結果★
◎アーネストリー……1着
○カリバーン…………3着
▲シャドウゲイト………9着
△マコトギャラクシー…5着

 東西の重賞ともに圧倒的一番人気馬が人気に応えて完勝しました。オールカマーですが、アーネストリーがいなければ土曜日のOP特別か?と思えるメンバーで負けるわけはなく、まさに完勝。2着は混戦でしたが馬群を抜けてゲシュタルトが確保。3着にカリバーン。平均ペースで逃げたシャドウゲイトでしたが、最後は歩いてビリでした。

 5馬身前にシャドウゲイトを置いての公開調教のようでした。解説で細江さんも言っていましたが、アクセルを強く踏むというか、軽く踏んでジワジワしかけて4角で先頭へ並び、後は軽く気合をつける。それだけでしたね。見ていて安心できる強さです。横綱相撲。コースの得手不得手はないと思いますが、阪神・中山のほうが合っていると思えます。

 ここでゲシュタルトかあ……。まあ大敗しているのはだいたいGIでしたから、こんなメンバーなら2着にも来れるんでしょうね。軽視しすぎました。マコトギャラクシーを買うぐらいなら買えないこともなかった……か?結果論ですが。カリバーンはゲシュタルトやコロンバスサークルと差のない競馬では重賞勝ちもすんなり行かないかもしれない。

 阪神では神戸新聞杯が行なわれましたが、二冠馬オルフェーヴルが圧勝。ウインバリアシオンとの力の差を見せ付けました。直線入り口ではアンカツ&ウインが併せに行こうとしていましたが、それを許さずに突き放しました。池添は見せムチを奮っていましたが、本気追いって感じでもなかった。3000の距離は全馬は未知数ですが、2400での力が違いすぎますし、三冠へ視界良好でしょう。

 ウインバリアシオンも青葉賞馬・ダービー2着の力は見せたのですが、オルフェーヴルとの力差はいかんともしがたい。オルフェーヴルがかかって暴走するなど何か自滅しなければつけこむのも難しそう。未対決で3連勝中のフレールジャックでしたが、オルフェーヴルどころかウインバリアシオンの影も踏めず、逃げたスマートロビンを交わすのがやっと。2400でも長いのかもしれません。

 やっぱり500万下を勝ちあがった馬はお呼びではありませんでした。ステラロッサなどはスプリングSではオルフェーヴルと0.2差しかなかったのですが、その後の数戦でついた差はあまりにも大きい。前走がダービー勝ちと500万下勝ち。そして、今回は1.5差です。ステラロッサが再びオルフェーヴルの走るレースに出られるかどうか?ちょっとした勝負のアヤでその後の馬生は変わってしまいますね。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<HT | HOME | 11年オールカマー展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |