ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

11年白山大賞典展望

 白山大賞典の1着賞金が3100万円になっていて、「え?誤植?」と思ったのですが、誤植ではないようです。年々、地方・中央問わず賞金が減額されるレースが多い中で、前年度から一気に1000万円UP!総賞金だと1500万UPです。ど、どうしたんだ?大丈夫なのか?金沢競馬?正直、白山大賞典にそこまでお金をかけるなら、かつて開催されていた統一重賞・サラブレッドチャレンジCを復活させて、交流重賞を2つに戻したほうがいいように思うんですけどね……。あるいはその1500万を使って、地方競馬全国交流のレースでもいい。順に1000万、200万、150万、100万、50万の賞金で。南関以外で1着1000万の地方馬限定レースなんて皆無に近いですから、南関以外の猛者が集結して面白くなりそうな気がするんですけど。

 キングローズ、コロニアルペガサス、ナムラアンカー、ウインクゴールド、サムデイシュアーの5頭は中央馬相手じゃお呼びでない。タガノマーシャルは2年半も休んでの園田で移籍緒戦(A1)を完勝するのはすごいと思うのですが、バリバリの中央OP馬相手ではつらいと思います。人気はないでしょうからヒモ穴で狙うには面白いかもしれませんが。普通に考えると地方馬は昨年の2着馬であるジャングルスマイルだけだと思います。ナムラアンカーも昨年の盛岡・ダービーGPで2着に入るほどの強豪で、地方馬同士なら格上ですが、そのナムラをジャングルスマイルは何度もぶっちぎっています。金沢で敵無しは当たり前。園田や名古屋はおろか南関でもやれる器だと思います。このレベルの中央馬なら今年も連下はありそう。

 問題は5頭の中央馬ですが、昨年の勝ち馬のパワーストラグルはこの1年未勝利です。連勝で参戦した去年より勢いがないです。シビルウォーも前走のブリーダーズGCは圧勝でしたが、超小回りの金沢は合うのかどうか。門別は地方競馬としては広いですので。ダノンエリモトップは重賞初挑戦です。準OPをタイム差なしで勝ちあがるレベルでどうなんでしょうか。3走前(1年前)の大井でツルオカオウジをクビ差で下していますが、昨年3歳だったツルオカと同斤量でクビ差……。予想の段階では、地の利を考えるとジャングルスマイルより上には思えないです。メイショウタメトモは離された2着ばっかりですが、札幌、中京、福島で勝っているように小回りのほうが向くような気がしています。安定感はありますし、地方のユタカは信頼できます。軸はコレかなあ。ニホンピロアワーズは3着以下がありませんし、脚質的にも向きそうな気がしますが、5走前にメイショウタメトモに負けています。その点と鞍上の差でメイショウを上に見ます。

◎メイショウタメトモ
○ニホンピロアワーズ
▲ジャングルスマイル
△パワーストラグル
△ダノンエリモトップ

 馬券は◎○2軸の3複流し。シビルウォーをヒモにすると3倍しかつかずガミるので切りました。シビルウォーが3着内に着たら、これはしょうがないです。
スポンサーサイト

テーマ:地方競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『MIX一気飲み』 | HOME | 西岡ベガスで防衛>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |