ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

11年南部杯回顧

☆南部杯予想結果☆
◎トランセンド…………1着
○ランフォルセ…………6着
▲オーロマイスター……10着
△ダノンカモン…………2着
△シルクフォーチュン…3着

 盛岡ではなく東京で行なわれた今年の南部杯。スタート直後に岩手のロックハンドスターが故障発生というアクシデントがありましたが、結果は順当でした。ダッシュよくエスポワールシチーがハナを切り、押して押してトランセンドが2番手。その後ろにバーディバーディ、ダノンカモン。直線に入ってもエスポの脚色は衰えず、逆にトランセンドの藤田は4角から追いまくり。不安になりました。実際、一度はダノンカモンに交わされたのですが、そこから根性でトランセンドは差し返し、追い込んできたシルクフォーチュンも抑えて優勝。2着にダノンカモン。3着にシルクフォーチュン。エスポはさらに1馬身半差の4着でした。

 トランセンドは調教で乗り込まれたとはいえ久々は久々です。休み明けが響いたのか、鞍上の藤田は追いまくりでした。ダノンカモンと併せる形になったのが勝利につながったように思います。これが、併せる馬がなく、単独でエスポを追っていたら、エスポに届かずに、さらにはシルクフォーチュンに差し切られていたかもしれません。一叩きで変わってくると思うので、次がJBCクラシックかJCダートかわかりませんが期待したいと思います。トランセンドの強さはこの勝負根性にあるんだろうなあと感じました。ドバイでもそれが現れていましたが……。

 エスポは昨年のアメリカ遠征から歯車が狂ってしまった感じです。結果論にすぎないので遠征しなければ良かったとは思いませんが……。中央ではトランセンド、地方ではスマートファルコンに勝つのはもう厳しいかもしれません。ダノンカモンは無冠の帝王になりつつあります。OPは4勝もしているのに重賞は勝てない。交流重賞を1度試して欲しいところ。1つ勝てれば波に乗れるかもしれませんし。シルクフォーチュンは唯一、後方から伸びてきました。最近は1200、1400ばかりでしたが今はもう少し長いほうが向いているのかもしれません。

 馬券は当たったのですが配当はショボショボです。もっとエスポが人気するかと思ったのですが、2人気とはいえ単もダノンカモンと大差なく……。シルクフォーチュンが差しきってくれたら最高だったのですが、上を見れば切りがありませんし、外れなかっただけ良かった。一時の馬券不振から脱してきたかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<古田敦也トークショー | HOME | 11年毎日王冠回顧&南部杯展望ほか>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |