ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

11年秋華賞回顧

☆秋華賞予想結果☆
◎アヴェンチュラ……1着

 牝馬GIで2,2,3着と勝ちきれず、秋緒戦のローズSを制したホエールキャプチャ(以下捕鯨)が1番人気に推されましたが、勝ったのはフサイチホウオー、トールポピーの妹・アヴェンチュラでした。3連勝でGI制覇。春のGIに出走できなかった無念を晴らしました。2着にキョウワジャンヌで3着に1人気の捕鯨。桜花賞馬のマルセリーナは7着、オークス馬のエリンコートは10着と大敗。

 ほぼ展開も着順も予想していた通りでした。枠順や脚質を考えれば岩田はインからの好位差しをするだろうと思いましたし、逆に捕鯨の池添は大外ぶん回しをやるだろう、と。実際その通りでした。池添は行くでもなく溜めるでもなく中途半端な騎乗に見えました。アヴェンチュラに並んで2,3番手にいられたほうが怖かった。大逃げをかましたメモリアルイヤーを直線入口で交わしたアヴェンチュラは、セーフティーリードを保ったまま完勝。キョウワジャンヌも好位のインからロスなく立ち回って2着を余裕でキープ。直線半ばで勝負は決していました。アヴェンチュラは上が上だけに、そのうち打ち止めになると思っていますが、春に使わなかった分、もう2,3番はイケると見ています。来年になったら終わっているかもしれませんが(笑)

 捕鯨は言わんこっちゃないという結果。そもそも捕鯨がここで勝てるなら、大本命が戦線離脱した桜花賞やオークスで勝っているだろうと思います。そして馬の差、枠の差もあるでしょうが、それ以上に池添と岩田の差もある。池添は今期も大舞台で活躍していますが、正直、上手いと思ったことはほとんどない。決め打ちできるので勝負師としての度胸はあるでしょうが。マルセリーナは後方から差を詰めただけの7着、エリンコートは中団ままの10着と見せ場なし。ローズSの着順と大差ない。これが現状の実力なんだと思います。マルセリーナに2000は長いのかもしれません。また、エリンコートはもっと馬場が渋って、上がりも全体の時計もかからないと厳しいように見えます。

 アヴェンチュラは休養明けで古馬準OPを完勝した馬、2着キョウワジャンヌ、5着リヴァーレも古馬1000万を勝ちあがっています。古馬相手に実績のある馬はやはり強いです。アカンサスがなんで4着なのかはよくわかりません(笑) 来週も池添は1人気のオルフェーヴルで3冠制覇に挑みます。オルフェーヴルは2冠馬ですし、捕鯨どころではなく同世代から抜きん出ています。渋馬場のダービーでも他を圧倒しました。でも、勝負は何があるかわかりません。軸がオルフェで仕方ないとしても、1000万を勝ち上がった馬のつけこむ余地はあると見ています。ダノンマックインなんて戦績も厩舎も穴の臭いがプンプンですよ(笑) 両トライアルの上位6頭より人気になるとは思えないので、7番人気以下は必至。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『愛してるなんて言わない』 | HOME | 11年秋華賞展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |