ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

11年JBCレディスクラシック展望

 明後日は3連発のJBCです。今年から牝馬部門のJBCレディスクラシックが新設されました。これを知ったときから、もはやJBCは南関4場以外で行なわれることはないのではないかと危惧しています。レディスクラシックは南関以外でJBCが開催される際、SIとして大井で行なわれるようですが、それはJBCの分散開催を意味します。それにもはや南関以外でJBCを行なえる経済的体力のある競馬場は見当たりません。三大都市圏にある園田と名古屋も無理をしなければ厳しいように思えます。そうなると見どころの1つでもある持ち回り開催も厳しい。無理なんでしょうがNARやJRAも援助しつつ、南関以外でのJBCもときどきは開催されてほしい。それもできればこれまで開催のなかった競馬場で。金沢や笠松、佐賀でのJBCが見たい。金沢は「地方」にある地方競馬としてはまだ体力がありそうですし、笠松なら中京圏あるいは近畿圏、首都圏の客が来るかも知れない。佐賀も九州全域の競馬ファンが集まる……というか集まって欲しい(笑)

 前置きが長くなりましたが、レディスクラシックの出走各馬の短評から。

1.エーシンクールディ……地方勢では他地区馬ながらこの馬が最有力。前哨戦でミラクルレジェンド、ラヴェリータにこそ完敗でしたが見せ場充分の競馬でした。元々、今年の根岸S4着など重賞で通用する下地のある馬でした。連下で一考。

2.ツクシヒメ……今年のしらさぎ賞で1年あまりの休養から復帰し、使いながら状態は上がっていると思えますが、中央馬相手にどうこうなるとは思えない。掲示板が精一杯じゃないでしょうか。

3.テイエムヨカドー……九州産の頂上決戦の霧島賞で2着ですが、昨年は勝ったレースです。もう7歳、衰えも見え隠れする現状では厳しい。

4.ミラクルレジェンド……前哨戦のレディスプレリュードで宿敵・ラヴェリータに完勝。ただ、前走では1kgもらっていましたが、今回は同斤。確勝とは言えない。とはいえラヴェリータとの一騎打ちなのは必至でしょう。

5.パールシャドウ……前走で準OP勝ち。準OP勝ちの実績があれば充分。父クロフネと地方ダート適性も高そうです。もしも2強に割って入る馬がいるなら、この馬しか考えられない。地方馬や底が知れている中央馬では難しいでしょうから。

6.トウホクビジン……いつも通りの追い込みで何頭抜けるかだけでしょう。ハマれば掲示板、ハマらねば10着ぐらいでしょう。まだ5歳ですが、金沢や盛岡の地方馬同士でも4,5着と考えると、徐々に衰えてきているようにも感じます。

7.カラフルデイズ……ここ2走が完敗。今年の3歳ダート路線は低調な気がします。レパードSを勝ったボレアスでさえ南部杯で競馬になっていなかった。そのボレアスに完敗し、前哨戦7着のこの馬ではツクシヒメといい勝負。中央馬というだけで微妙には売れるでしょうし妙味もない。

8.ラヴェリータ……ここ2年、最強ダート牝馬として君臨しつづけてきました。今回がラストラン。有終の美を飾れるでしょうか。相手はミラクルレジェンドのみ。秋の中央GI戦線で格下馬ばかりに騎乗のユタカさんにはJBCでユタカ健在をアピールしてほしい。

9.ブラボーデイジー……ここ4走はサッパリですが、今回は牝馬戦。自分のペースで行ければしぶとい馬です。連下の可能性は十二分にあると思います。

10.ウェディングフジコ……散発的にダートを使い、この2年の交流重賞で2,5,3着。順調なら面白い一頭だったのですが、まる1年の休みを叩いた2戦目。激変を望むのは酷なように感じます。

11.スターオブジュリア……いくら戸崎でもB3C1でブービーの馬をどうこうできるわけもない。どうこうできたらデットーリ騎乗で5馬身違うと聞きますが、戸崎騎乗で50馬身違うと言えちゃうレベルです。無理。

12.マトリックスハート……スターオブジュリアよりはマシですがB2で7,8着あたりの馬でどうにかなるわけもない。

13.ギンガセブン……高知A級で勝ち負けという馬が交流で勝負になるわけもない。

 前評判通り、ミラクルレジェンドVSラヴェリータで九分九厘間違いないでしょう。オッズを考えると買い方が難しい。2強のいずれかの単1点というのも面白いかもしれません。どちらが勝っても150円はつくでしょうしね。2連馬券の選択肢は、大穴好きじゃないと買えない。多くの人はミラクル⇔ラヴェ→その他という買い方でしょうか。でも、それは3複を倍額買うのをたぶんオッズが変わらないような気がします。というわけで一応、3複2軸で勝負。

 3番手もエーシンクールディ、パールシャドウ、ブラボーデイジーの3頭が有力でしょう。中央馬でもブランクの長いフジコや関東オークス以外さしたる実績もないカラフルでは荷が重い。他の地方馬は論外。2強からではヒモが3頭でもガミるでしょうから、何かを切らないといけない。未知のパールシャドウは抑えます。エーシンとブラボーはオッズを見て決めます。地方馬と軽視されるならエーシンは買い、逆に前走が過剰に評価されて、ブラボーが侮られるようならブラボーが買い。

◎ラヴェリータ
○ミラクルレジェンド
▲パールシャドウ
☆エーシンクールディ
☆ブラボーデイジー
スポンサーサイト

テーマ:南関東公営競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<11年JBCスプリント展望 | HOME | 11年天皇賞・秋回顧>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |