ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

男鹿半島へ

ホテルからの風景
秋田の恋人
鶏飯

 なんだかんだで2週間経ってしまいましたが、先々週、秋田県男鹿半島まで母とばあちゃんとともに小旅行へ行ってきました。行きは男鹿半島の付け根まで国道7号、そこから国道101号経由。帰りは101号→7号→日本海東北道(無料供用区間)→7号と経由しました。帰りは30分ほど短縮できたように思います。行きは道の駅ふたつい、帰りは道の駅おおがたとJR大館駅付近にも寄っています。

 男鹿半島はなまはげで有名な場所ですが……とっても寂しい町でした。いちおう「男鹿市」と市なのですが、村か町のような雰囲気。駅前も温泉街も。温泉街はかつてはもっとにぎわっていたであろう面影が垣間見られるだけに、寂しさ倍増です。ばあちゃんなどはあまりのさみしい風景に「道に迷ってるんじゃないの?」と言い出す始末です。信号機が黄色点滅のみ(夜間に見られるような)だったり、コンビニをまるで見かけない。やっと見つけたローソンでさえ何か寂しそうです(笑)

 これで肝心の宿までがひどければ泣けてきますが、下調べしていたので宿は悪くなかったです。夕食・朝食ともになかなか良かったですし、温泉の泉質も入りやすい湯温なのに、身体の芯が温まる感じで、湯上りもしばらくぽかぽかでした。俺は1回しか入りませんでしたが、母とばあちゃんはこのときとばかりに3度も温泉に入っていました。ただ、寂れた町並みと同じでホテルの経営も厳しいのか、テレビはブラウン管で、外付け地デジチューナーでした。無論、ドアはオートロックではなく手動。

 男鹿市へ行くことはもうないのかもしれませんが、町が活性化することを願ってやみません。一度でも立ち寄った場所は印象に残りますから。途中の道の駅について書くことは特にないのですが、大館駅前の鶏飯で有名な「花善」は老舗だけあって、質も量も満足でした。料金も普通ですしね。鶏肉は箸で崩せるほどにやわらかい。俺が食べた鶏飯、親子丼では一番おいしかったなあ。事前に注文しておけば、大館駅で電車から降りずに購入も可能。大館駅を通過するときにはお勧めです。

 ばあちゃんがあまり遠くへ行きたくない、海も渡りたくないというので男鹿半島へ行きましたが、弘前から小旅行するならやっぱり函館ですね。東北・北海道で一番見所が多いのも函館だと個人的には思っています。札幌や仙台よりも、です。一般的にも函館がお勧めですし、競馬ファンとしても函館競馬場を擁している点は大きい(笑) 春までは家庭教師の指導に穴を空けられないので、遠出できませんが、来春こそはねぶとろ(ねぶマシーン1号)で遠くへ行きます。春になれば指導先がなくなるわけでもないのですが、1週間ほど個人的な春休みを取り、個人的な旅行&取材の旅へ。今はそのための貯金期間でもあります。

 じゃあパソコン作るなよ……というのは禁句で。
スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<11年エリザベス女王杯展望 | HOME | ねぶマシーン2-NEB COM->>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |