ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

11年浦和記念&兵庫ジュニアGP回顧

 昨日今日と交流重賞2連発でした。昨日は園田の兵庫ジュニアGP、今日は浦和で浦和記念でした。年末にかけて中央でもGIが続いて熱いですが、地方競馬も熱いです。昨日は忙しかったのと人気の中心のシェアースマイルがイマイチ信用できなかったのでケン。今日の浦和記念だけ買いました。まずは兵庫ジュニアGPの回顧。

 圧倒的人気は3戦3勝のエーデルワイス賞馬シェアースマイルでしたが、向正面までかかりっぱなし。前走でも差しきりはしたものの出遅れ。こうした幼さを見せる部分がどうも信用できなかった。そして5着に沈没。勝ったのは2人気のゴーイングパワー、3着に3人気のフリスコベイ。人気の中心が消えたとは言え中央馬の1,2フィニッシュ。3着に地元のエーシンユリシーズ。ゴーイングパワーは初ダートでしたが何の問題もありませんでした。ただ、父は言わずと知れたスプリンター、母は記憶にもないですが、祖母のクールネージュもスプリンターでした。母父がフジキセキ。これで距離をこなせというのは難しい。

 2着のフリスコベイはマルガイ。スプリンターにしか見えないゴーイングパワーよりは距離をこなしそうですが、今回の3馬身半という着差は決定的。5着に沈んだシェアースマイルもアテにはならない。南関馬もこれと言った馬が出ておりません。となると川崎の全日本2歳優駿の中心は北海道2歳優駿を圧勝したオーブルチェフで決まりでしょう。ダートでは3戦3勝。しかもいずれも圧勝でモノが違う。不動の本命。2,3着探しでしょう。できれば2,3着に次代の地方競馬を担う馬の食い込みを期待したいところです。今回の3着馬で中央の新馬を勝った後、いきなり兵庫へ移籍したエーシンユリシーズには頑張って欲しいですね。

 そして先ほど浦和記念が終わりました。馬券はシビルウォーとボランタスの3複2軸流し。ヒモにボレアス、エーシンモアオバー、エイシンフレンチ、クリールパッション。シビルウォーが圧倒的人気なのは当然です。ただ、ボレアスやエーシンモアオバーなら昨年の2着馬で浦和巧者のボランタスで普通に勝負になると思いました。浦和記念もケンのつもりでしたが、ボランタスがあまりに不人気だったので購入。そしてボランタスが勝ちました。3複なので1着でも3着でも同じですし、大した配当でもなかったけれど気分は良かった(笑) まさかシビルウォーを差しきるとは予想してませんでしたが。

 ボランタスも元々は中央馬でしたが、脂の乗ったいい時期に移籍したと思います。OPでカベにぶち当たっていたときでしたから。いつもどおりの後方追走で仕掛けだしたら止まらない大マクリ。マクリきれる小回りの浦和は合っているんでしょう。お見事。鞍上の山崎騎手も完全に手の内に入れています。次は東京大賞典……なんでしょうが、大井で結果が出ていませんし、面子も大幅強化でとてもじゃないが勝機はない。かと言って年始の報知オールスターCなどに逃げても欲しくない。実際に3年前に3着に入っている名古屋GPって線はないのかな?相手はシビルウォー、ボレアス、ゴルトブリッツあたりでしょう。いい勝負と思うんですけどね。

 シビルウォーは結果論ですが前につけすぎて末が甘くなりました。前走は前の2強が速すぎ、後ろは遅すぎで見かけは先行でも、この馬のペースでした。今回は違います。前走の2強より数段下の逃げ馬エーシンモアオバーを3,4番手で見る形。これは見かけどおりの先行。マクリが武器のこの馬の競馬ではない。結果、ボレアスとエーシンを交わしはしたものの、大マクリ炸裂のボランタスに屈しました。人気を背負っていましたし、ボランタスのように腹をくくって後ろにはつけられなかったでしょうが、道中に脚を使わされてしまった感がありません。次走の内容が気になります。

 エーシンモアオバーは中央でも地方でも重賞ではワンパンチ足りません。直線短い札幌や浦和でさえ粘れない。OP大将以外の何者でもない。ここらで南関に移籍してはどうだろう。ボレアスは大敗した南部杯からは巻き返しましたが、ゆくゆくはGIうんぬんという雰囲気はないなあ。そもそも今年の3歳ダート路線のレベルが怪しい。こちらはJpnI馬ですがテスタマッタのような馬になりそうな予感がなんとなくします。クリールパッションは……もうちょい頑張って3着に入ってくれると俺の懐にとって良かったのに(笑) エイシンフレンチは場数を踏めば交流でも面白い存在になりそうです。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<11年JC展望 | HOME | 「タイヤで燃費は変わる」By織田裕二>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |