ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

11年全日本2歳優駿回顧

★全日本2歳優駿予想結果★
 ◎ゴーイングパワー……11着
 ○オーブルチェフ………1着
 ▲エーシンユリシーズ…7着
 △ヴェアリアスムーン…3着
 △メジャーアスリート…2着
 △タイセイスティング…6着

 単勝1.1倍のオーブルチェフがスタートでつまづき、大きく出遅れましたが、徐々に道中で押し上げて4角では先頭うかがう位置へ。粘るメジャーアスリートをアッサリ交わしてそのまま優勝。着差こそ3/4馬身差でしたが、他の11頭とはまるでモノがちがっていました。出遅れたことでまた違った一面が見られたのは結果的に陣営にとっても収穫だったかもしれません。スタートでつまづいたのは前回もでしたから大きな課題ですがレースセンスが図抜けています。能力はスーニ級で、距離適性はマイル以上がベストでしょうか。適鞍もしばらくないのでドバイ遠征との話も耳にします。楽しみですね。

 2着以下は条件次第で着順が変わりそうな感じ。メジャーアスリートは勝ち馬に交わされてからもしぶとく食い下がっていたのはなかなかでしたが、これ、勝ち馬が出遅れてなかったらおそらくちぎり捨てられるレベル。JDDの頃には芝に見切りをつけた新星も出てくるでしょうし、どこまで成長するか?ただし、今回2着賞金を上積みできたのは大きい。500万下勝ちの馬より優先して交流重賞に出られますからローテーションに余裕を持てます。ヴェアリアスムーンは3着でしたが、一瞬は差してきたゴールドメダルに交わされ、根性でハナだけ差し返しました。春先のOP特別で真価が問われそう。

 ゴールドメダルとアスペクトは頑張りました。地元の交流重賞(地方馬限定も)で他地区馬を迎撃できるだけの馬に育って欲しいです。で……俺の期待したゴーイングパワーは3角でもう限界。あとは逃げたヘヴンズパワーと一緒に逆噴射。道中からして鞍上の和田がおっつけおっつけで手ごたえが怪しかった。デキが今ひとつだったのかもしれませんが、やっぱりバクシンオー産駒だけに1600ですら長かったのかもしれません。しかし、ダートのスプリンターでは走る場所がないですな(笑) それでもラブミーチャンほど抜けた能力があればともかく、そんなレベルには思えませんし。

 それにしても馬券不振は深刻です。年末までこの調子なのかなあ。朝日杯は傾向がハッキリしていますから何とか当てて、流れを変えたいところです。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<11年朝日杯FS展望 | HOME | 11年全日本2歳優駿>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |