ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

11年有馬記念展望

 年末恒例の中央最後の重賞・GIです。普段は馬券を買わない方も有馬記念は買うという場合も多いようですね。そこでそんな普段は馬券を買わない方へのアドバイスです。見るべき点はただ一つ。中山競馬場での実績がどうなのかというところをチェックしていただきたい。3歳時のウオッカなどがそうでしたが、どんなに能力があっても中山競馬場……それも内回りコースは特にクセのあるコースなので、適応できないと大敗します。中山競馬場での出走歴がない馬の場合は阪神競馬場、札幌競馬場、函館競馬場で実績がある馬が良いです。東京競馬場や京都競馬場での実績は軽視して構いません。

 また普段は馬券を買わないけれど、有馬記念で一攫千金を狙いたいという方もいるかもしれません。有馬記念は前記の性質があるので、中山競馬場で実績がありながら東京や京都で走って惨敗して、人気を落としている穴馬がしばしば馬券に絡んでいます。09、08年の3着馬のエアシェイディ、08年の2着馬アドマイヤモナーク、06年の勝ち馬マツリダゴッホ。近年だけでもこれだけの馬が穴を空けています。買う馬券の種類ですが、配当が高くつく3連単を買おうという方も多いかと思いますが、素人にはオススメできない。買い目も増えてしまいます。高配当狙いなら3連複(上位3頭順不同)か馬単(1,2着を順番通りに)のいずれかにすべき。とりあえず当てたい方は馬連(上位2頭順不同)で良いかと思います。それではいつものように出走各馬の短評です。

1 ブエナビスタ……去年、一昨年の2着馬で、GI6勝の女傑。中山のエキスパートではないですが、対応可能で実績最上位。ただ……JCを勝ったとは言え、やはり徐々に、でも確実に衰えていると見ます。過去2年で勝てなかったのに今年勝てるでしょうか?もちろん普通に勝ち負けするかもしれませんが、今年ずっと軽視してきて、ここで重視する気にはとてもなれません。

2 ヴィクトワールピサ……昨年の勝ち馬で、ドバイWCの覇者。そのドバイ以来の前走JCでは後方のままという惨敗。中山競馬場では4戦無敗と抜群の相性を誇っていますが、一叩きでどこまで変われるか疑問。前日オッズで10倍弱の4番人気では配当面で妙味があるとも思えない。

3 ヒルノダムール……凱旋門賞10着以来。遠征帰りの緒戦となります。少々間を空けたのは良いんじゃないでしょうか。海外の結果は度外視もできますし、中山では皐月賞2着もあります。このオッズなら軸でもヒモでもとりあえず買って損はないと思います。

4 ペルーサ……ざ石で出走取消し。残念です。人気吸い取り馬になってくれると思っていたので。

5 エイシンフラッシュ……ダービー馬の栄光もこの1年ですっかり色あせました。惨敗はしていないのですがどうにも勝ちきれないレースが続いています。鞍上のルメールの手腕でどこまで持ってこれるかでしょう。中山は京成杯勝ち、皐月賞3着と実績があります。この人気なら買ってもいいんじゃないでしょうか。

6 キングトップガン……8歳馬にして春には重賞2勝と狂い咲き。ただ、GII以上では荷が重そう。GIIの目黒記念を勝っていますが、このときは51kgとハンデが軽かった。今回はメンバーも強すぎます。

7 トゥザグローリー……春先に重賞を連勝したときには本格化か?と思ったのですが、GIではほとんどいいところがありません。でも、去年の3着馬ですし、この人気なら複穴としては面白いんじゃないでしょうか。

8 ローズキングダム……秋緒戦の京都大賞典を制しましたが、このときは少頭数かつ弱面子で勝って当然でした。また、京都や府中など広いコースのほうが向いていると思います。バラ一族に共通していえることですが……。朝日杯を勝ってはいますが、中山向きという感じはあまり感じません。

9 オルフェーヴル……今年のクラシック三冠馬。ここまで重賞5連勝中。同世代との勝負付けは済んでいます。また、この馬に屈し続けたウインバリアシオンがJCで見せ場たっぷりの5着。それを考えれば、この馬がここで勝ち負けしても不思議ではない。そもそも全兄がこのレースの勝ち馬です。ただ……兄はピッチ走法の見本のような馬でしたが、この馬はストライドが大きく、走り方は兄に似ていません。震災の影響で皐月賞も府中開催で、この馬の中山適性が判然としません。人気ほどには信用していません。

10 トーセンジョーダン……去年の5着馬ですが、遅れてきた大物がついに本格化。秋天を含む重賞3勝。中山実績も問題ない。鞍上のウイリアムズもこの馬に乗るのは2度目。先週の朝日杯も制しています。この馬が軸としては無難な気がします。単勝10倍弱と実績の割にはまだ妙味のある配当だと思います。

11 ジャガーメイル……JCでは上位2頭にはやや差がありましたが3着確保。中山はデビューして半年以内でしか走っていませんが、こなすとは思います。ただ、前回以上の走りがここでできるかと言えば正直、疑わしいです。

12 アーネストリー……宝塚記念では宿敵ブエナビスタを下してのGI制覇。秋天は大敗しましたが枠順もスタートも悪く参考外。オールカマーを見る限り、中山の馬場や坂は苦にしてなさそう。ペース次第では一発ありそうです。朝日杯では消極的な競馬だった哲三さんですが、この馬、このレースなら攻めの騎乗をみせてくれるんじゃないでしょうか。

13 レッドデイヴィス……一番、最近にオルフェーヴルを任したのはこの馬。骨折明けでいきなり古馬重賞を勝つあたり、やはり並の馬ではない。遠征競馬、初のGI、2000以上のレースで実績がないなど未知数な点が多いのですが、気になる馬ではあります。でも、去年のルーラーシップと同じ結果かなあ。ここまでの経緯が似ています。

14 ルーラーシップ……見事なまでに勝ち負けがはっきりしてます。連勝も連敗もしていません。順番から言えば今回は勝ちの順番なのですが、GIでどうこう言うにはもう一回りのパワーアップが必要とも思えます。鉄砲駆けする馬ですが、半年ぶりの実戦というのも気になります。中山実績もない(去年の有馬6着のみ)

☆チェックポイント☆
・15、16番枠……レッドデイヴィス、ルーラーシップ
・GI勝ちのない牝馬……いない
・前走がGIではない……レッドデイヴィス
・前走が2000m未満……レッドデイヴィス
・前走から中2週以下、中9週以上……ヒルノダムール、ルーラーシップ

 全然消えませんが、8枠の2頭は複数項目の対象となっているので厳しいかと思われます。残りの馬ですがペルーサは取消しですから11頭。

 実績的にキングトップガンは厳しいだろうと思います。これが中山の鬼とかなら買えるのですが。ジャガーメイルも中山実績があるでもなく、前走以上を見込むのはどうか?ローズキングダムは中山もこなせるのでしょうが、本質的には広いコース向き。ここ2走から前進するとはあまり思えません。ヴィクトワールピサは昨年の覇者で中山の鬼ですが、前走があまりにも見せ場がなかった。先行して、あるいはまくって垂れたとかなら休み明けで次は!とも思えたのですが……。馬券的に妙味もない。アーネストリーはまた外枠を引いてしまったのが微妙。

 というわけで、残ったのはブエナビスタ、ヒルノダムール、エイシンフラッシュ、トゥザグローリー、オルフェーヴル、トーセンジョーダン。いつもなら馬複、3複ですが、今年度の負債をある程度でも補填したいですし、年末のドリームレースですから今回は3単で。フォーメーションです
 トーセン・オルフェ→トーセン・オルフェ・ブエナ→トーセン・オルフェ・エイシン・ヒルノ・トゥザで16点。3単の1人気でも20倍なのでガミはない。3着が荒れてくれればと思います。トーセン→オルフェ→トゥザあたりで。これだとおよそ600倍(笑) オルフェ→トーセン→トゥザでもおよそ300倍。ありそうですけどね……。

 ◎トーセンジョーダン
 ○オルフェーヴル
 ▲ブエナビスタ
 △トゥザグローリー
 △ヒルノダムール
 △エイシンフラッシュ
スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<11年有馬記念回顧 | HOME | ボケとツッコミ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |